5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

NHK職員への正しい日韓史授業

1 :ケペル先生:2006/08/26(土) 09:04:53 ID:9wlvAJ71
まずは「植民地支配」ではなく「併合統治」から。

2 :名無しさんといっしょ:2006/08/26(土) 09:19:34 ID:105RRknm
乳揉みてえ

3 :名無しさんといっしょ:2006/08/26(土) 10:45:23 ID:2gmhQKx4
「我々韓国人はいったい、いつまで日本にごり押しを続けるつもりなのか?
我々が無能だったからやられたんじゃないか。そうだよ。我々にも責任
はあるんじゃないか。」
「もう従軍慰安婦がどうのこうのいう時代じゃあないだろう?それを口実にして
無知なお婆さんたちがどっと日本のテレビに出て来て、涙を振り絞って泣くもの
だから、恥ずかしくって死にそうだよ。」
「わたしの知り合いに西洋人の子がいるんだけど、彼が言うには『あなたたちコリ
アンはまったく、すごい!』んだって。それで何が、て聞いたら、世界中が日本の
ことをすばらしい、と思っているのに、日本を馬鹿にしている国民は韓国人だけ、
だって。過去は過去でしょ。日本がそれほど強くて実力のある国なのに、わたした
ちがこの国の気分を害する必要があるのかしら?やはり現実感覚がなくちゃ、資本
主義の国では暮らしていけないんじゃないかしら。」
「我々韓国は絶対日本に二十年は遅れている。見ればわかるよ。韓国が日本を
追い越すだって!永遠にそんなことはありえないと思うよ。」

日本の地に渡ってきて暮らしたり、しばらく滞在したさまざまな階層の韓国人が日本
体験談を思いのままに語った真実の言葉だ。/わたしの体験では彼らの言葉はほとん
ど事実に符合し、もっとも、客観的に公正に日本を評価しているといえる。
わたしが一般の韓国人の言葉をここに引用したのは、それがあまりに真実を映したも
のだからだ。ところがただ一つ「日本に二十年遅れている」というが、わたしの考え
では約百五十年くらい遅れているとみるのが正解だ。それは経済、技術よりも素質と
道徳水準のレベルを指している。

     金文学 「韓国民に告ぐ!」より



4 :名無しさんといっしょ:2006/08/26(土) 10:47:19 ID:2gmhQKx4
韓国は今日、「日帝三十六年」に対する歴史的歪曲をし、さまざまな批判を繰り返し
「民族独立館」までつくり「日帝の罪業」を展示し、後世に教え、いくら日本が謝罪
してもまた謝罪要求を繰り返し、ますます、「反日感情」を拡大させる一方である。
どう考えても不思議なのは、そうでありながらも、相変わらず日本に資本と先端技術
の移転を要望することである。不即不離の関係を保ちながら、恨みつらみばかりを
喚いていることは、だれが見ても意気地なし、情けないと思われても至極、当然で
あろう。
もし、本当に「反日感情」が共に天を戴かないほど強いものなら、別に日本文化の
侵入を完全にシャットアウトしなくともいいのではないだろうか。全国民がそれほ
ど蔑み、嘔吐するほどの軽薄な日本文化であるならば、音楽であろうと、映画であ
ろうと禁止する必要もなかろう。やはり、日本の経済力の強靭さに圧倒され、日本
経済と日本文化の優越性と拡散力を恐れているから、せめて、日本文化を全面禁止
せざるを得ないのでなかろうか。むしろ、そう考えるのが常識である。
中国は文化大革命当時、過度の伝統文化を破壊を行い、中国の今日の停滞と混乱を
もたらした。
韓国人は時代が変わればすべての前代の文化を徹底的に撲滅していくので、今日で
は世界的に見ても最も伝統文化の少ない国で、言語、服装までが中国かモンゴルの
コピーにすぎない。
前王朝の文化をあきれるほど容赦なく破壊してしまうことー「断絶の思想」を克服
できず、これからもまた繰り返していく限り「二十世紀は韓国人の時代」どころか、
IMFの管理さえ抜け出せないだろう。

               黄文雄 台湾国の評論家



5 :名無しさんといっしょ:2006/08/27(日) 10:30:59 ID:k6GzC077
我が五千年の歴史はひと言でいって退嬰と粗雑と沈滞の連鎖史であった。
いつの時代に辺境を超え他を支配したことがあり、どこに海外の文物を
広く求めて民族社会の改革を試みたことがあり、統一天下の威勢でもって
民族国家の威勢を誇示したことがあり、特有の産業と文化で独自の自主性
を発揮したことがあっただろうか。いつも強大国に押され、盲目的に外来
文化に同化したり、原始的な産業のわくからただの一寸も出られなかった。
「われわれのもの」はハングルのほかにはっきりとしたものは何があるか。
我々はただ座してわらを編んでいただけではなかったか。
自らを弱者とみなし、他を強大国視する卑怯で事大的な思想、この宿弊、
この悪い遺産を拒否し抜本せずには自主や発展は期待することは出来ないで
あろう。
以上のように我が民族史を考察してみると情けないというほかない。全体的
に顧みるとただ唖然とするだけで真っ暗になるばかりである。
このあらゆる悪の倉庫のような我が歴史はむしろ燃やして然るべきである。

     「朴正熙選集」−我々は今何をいかになすべきか−  
  近代韓国の祖 「漢河の奇跡」の推進者 朴正熙 韓国大統領 (元大日本帝国少尉)


6 :名無しさんといっしょ:2006/09/02(土) 17:20:44 ID:EaZe6iDS
朝鮮の王室と政府は腐敗堕落しきっており、、頑迷な朋党は、人民の財を略奪して
いる.その上、人民はあまりにも愚昧(愚か)である。これでは国家独立の資格はなく、
進んだ文明と経済力を持つ日本に統治させなければ、ロシアの植民地になるだろう。
伊藤博文総監の施策は、朝鮮人にとって有益で、人々は反対していない。

       アメリカ人の朝鮮外交顧問  ドーハム・スティーブンソン


7 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 10:09:36 ID:I3QRvbRF

       「韓国独立運動の父」の血涙!!

 子孫は先祖を憎み、後進は先輩を怨み、我々民族の不幸の責任を己以外
 の誰かに転嫁しようとする。一体、なせ゜我々にできず、その上に他人
 のみを非難するのか?我々が独立できないのは「ああ、我々のせいだ!」
 と己の胸を叩いて悔いることができず、「あいつらのせいだ!あいつらは
 殺されてしかるべきだ!」と叫ぶだけで、どうして座り続けているのか!
 己こそ殺されてしかるべきだと、どうして悟れないのか!

         韓国独立運動の父 安昌弘  上海臨時政府での演説より



8 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 10:11:33 ID:xkByvSoN
彼らの言う「強制連行」は「徴用」のことだと
思われますが、徴用とは戦時下の国民に課せられた義務だったのです。
当時は日本の一部だった朝鮮にも徴用が適応されるのは当然だったのです。
それでも、徴用で日本に渡った朝鮮人は2000人足らずだったのです。
つまり終戦時に日本にいた約210万人のうち、99%以上が
「強制連行」とは関係ない人達だったのです。
その1%だって「徴用」であり、「強制連行」ではなかったし。



9 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 10:16:59 ID:I3QRvbRF
私は韓国で生まれて二十六歳まで韓国で生活していた間、村の女を軍や総督府の官憲が
強制的に連行したといった話はいっさい耳にしたことがありません。

 また、私が『生活者の日本統治時代』で、インタビューした植民地世代の韓国人の誰一人として、
そのような光景を見たことも聞いたこともないといっていますにもかかわらず、
最近になってそうした話が出るなんて、まったくおかしなことだというしかありません。

 日本の左翼活動家が反日民族主義の活動家に入れ知恵して以来、
「そういうことがあったらしい」「そういうことがあったに違いない」「そういうことが事実あった」
というようにエスカレートしていったことは明らかです。

 こうして「従軍慰安婦」問題は、女子挺身他(女性の徴用者たち)と意図的に混同させられ、
大量の女たちが「従軍慰安婦」させられた、強制連行でそうさせられた、という物語がつくられ、
それがあたかも真実であるかのように韓国国内で信じられるまでになってしまったのです。
      
        呉善花「反日韓国に未来はない」
 対州島出身の評論家
       反日教育を受け来日して日本罪悪観と現実の善人日本人
       のギャップに悩んだ末祖国韓国の歴史捏造から脱皮し親日家となる。

10 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 10:25:38 ID:I3QRvbRF
次いで死刑の執行を見た。囚人は足を縛られ、腕は両脇にしばられ少しも身動き
できぬようになっていた。囚人の脚の内側に棒を挟んで、執行人たちは自分の体
重のすべてを棒の片端にかけた。囚人が続けざまに吐き出す声は聞いていて実
に凄絶なものだった。脚の骨が砕けつぶれる音が聞こえると同時に、その痛さを
表現する声さえもはやないかのように、囚人の凄絶な悲鳴も止まった。

気絶した囚人はややあって意識を取り戻した。力なく首を左右にゆすりながらうめき
声を出し、その場に身を横たえている。執行人らは囚人の腕の骨と肋骨を次々と
折ってから、最後に絹紐を使って首を締めて殺し、その死体をどこえやら引き摺って
いった。  (略)
           
こんな状況がまだこの地球の片隅に残されていることは、人間そのものへの挑戦
である。とりわけ私たちキリスト教徒がいっそう恥じるべきは、異教徒の日本人が
朝鮮を手中にすれば真っ先にこのような拷問を廃するだろうと云う事だ。   [282]

         グレブスト「悲劇の朝鮮」 スウェーデンのジャーナリスト


11 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 10:33:12 ID:I3QRvbRF

韓国人の民族的気質

 「朝鮮人は正気を失うほど激しく怒る。自分の命などどうなっても構わない
ような状態になって、牙を剥き出した動物へと変身する。口から泡を吹いて、
まるで獣のような顔になるのだ。残念な事にこの怒りの衝動、自分を見失っ
てしまう癖は、男だけの専売特許ではない。朝鮮の女性も恐ろしいばかりの
ヒステリーを撒き散らす。朝鮮人は幼い頃から自分の気分を制御する事は躾
けられないようだ。子ども達も大人たちを見習って、気に入らなければそれ
こそ狂ったように駄々をこねるが、結局自分の意志を貫いて達成するか、
さもなければ長い時間をかけて沈静させる事で落ち着くのである」

      H・B・ヘルバード 著書「朝鮮滅亡」





12 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 10:45:34 ID:I3QRvbRF

   剣道、武士、忍者まで韓国発と世界にうそぶく理由は社会の隅々まで 
   日本化してしまいにっにもさっちもいかなくなった韓国の開き直りだった!

  韓国史で最も多忙だったこの十六年間は、日本社会の影響を集中的に受けた時代
 でもある。海一つ隔てた日本社会は常に模倣答案のようなもので、韓国人は猛烈
 にそれを書き写した。
 韓牛増産を目標に牛肉を輸入し、その利益を国内畜産業者に分けるというアイデア
 は、四年前の日本の牛増産策をそっくりまねたものであり、坪当たり八十万ウォン
 もするアパートの分譲価も日本のアパートの値段や不動産政策をそっくりまねたもので
 ある。それだけではない。テレビ番組、化粧品の種類や包装、ラーメン、ヤクルト
 地下商店街、正露丸、ゴキブリとり、ホテルとサウナ、流水プール、高校生の暴力
 新聞の編集とコラム等々。
 既に韓国化したものも真新しいものも、ほとんどが日本を媒介にしたものである。
 新開発の商品の品名や形に首をひねる必要はない。あまたの法令集の文章や専門
 用語に感嘆する必要もない。棒のように突っ立っていた歌手がある日突然激しい
 ゼスチャーとともに歌い始めたからといって驚くこともない。理由は簡単である。
 日本のそれをまねているのだ。
 癒着の範囲は人間に限らない。社会全体が、目に見えるものも、見えないものも日本の
 模倣で蔓延しているのだ。
 その結果、日本の絆から解放された韓国は、逆説的なことに日本の模倣社会に
 なってしまった。
      金時福「韓日関係の新たな転換期」 韓国日報 1981年8月14付





13 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 10:54:29 ID:I3QRvbRF

韓国皇帝(日本の日清戦争の勝利の結果朝鮮は独立を得王国から帝国の地位を得る)
 はもちろん、当時の朝鮮人外交官、数少ない知識人や一般の土民まで日本に
 併合を哀願した当時の韓国人(朝鮮人)

           「韓日合邦を要求する声明書」

 「日本は日清戦争を通じて韓国を独立させ、日露戦争でロシアに食われかけ 
 ていた韓国を救ってくれた。それでも韓国はこれをありがたく思うどころ
 か、あの国にくっつき、この国にくっつきし、結局は外交権を奪われるこ
 とになったが、これは我々が自ら招いたことである。丁未条約を締結する
 ことになったのも、やはりハーグ事件をおこした我々に責任がある。 
 伊藤博文公が韓国国民を見守ってくれ、太子を導いて我々韓国のためにご
 苦労されたことは忘れられない。にもかかわらずハルピンの事件がおきて
 しまった以上、こんごいかなる危険が到来するのかわからない。これもまた
 韓国人自らそうしてしまったのである。(中略)
 それゆえ劣等国民として保護されるよりは、いっそ日本と合邦し大帝国をつく
 って世界の一等国民として日本人とまったく同じ待遇をうけながら暮らして
 みよう」

         1909年 12月4日  一進会(百万の朝鮮人会員)

           


14 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 10:59:27 ID:I3QRvbRF

 大東亜戦争、日中戦争、日韓併合を知っている政治家の歴史認識

  西洋の帝国主義がアジアに牙を向いているとき、アジア・アフリカを
 通じて、西洋帝国主義を阻止できる勢力は日本以外になかった。日清
 戦争は決して帝国主義戦争ではなく、日露戦争はロシア帝国主義に対する
 痛快な反撃であった。僕はアジア・アフリカの夜明けは世界史的にみて
 日露戦争に始まると指摘したい。
 日本が明治以来、このような強大な帝国主義の牙から、アジアを守り、
 日本の独立を維持するため、台湾を経営し、朝鮮を合邦し、満州に五族
 共和の夢を託したことが、日本の帝国主義というのなら、それは栄光の
 帝国主義であり、後藤新平はアジア開放のパイオニアであろう。    
                  外務大臣 椎名悦三郎




15 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 13:15:39 ID:YBLZ/jdr

     韓国人よ!君達こそ自国の歴史を反省すべきではないのか!

 韓国の場合、いくばくのお金を与えるといわれて、何の関係もないベトナム
 に軍隊を送ったあげく、無辜の良民を見分けることができず虐殺したのは
 わずか三十余年前のことだ。当時の韓国軍がいかに残酷だったことか。ベトナム
 では「タイハン」(韓国軍のこと」が来たといえば泣いていた赤ん坊もぴたりと
 泣きやんで、恐怖に震えたという話が伝わっている。また韓国兵は幼い子どもらに
 アメをやるといって呼びよせ、悪戯半分で撃ち殺したという。このように韓国軍の
 残虐さを記録した資料は計り知れないほどある。ベトナムの人々は韓国軍に抹殺さ
 れた村ごとに碑を建て、「タイハン」の残虐行為を忘れまいと誓っている。米軍は
 ベトコンがいそうな村に入って住民を殺す必要があるときは、きまって韓国軍を
 利用したという。こうして五年足らずのベトナム参戦中に韓国軍が虐殺した
 ベトナム人は三十万人を越すと推定されている。

  韓国で青少年有害図書として言論弾圧された本「親日派のための弁明」 金完燮


16 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 13:20:24 ID:YBLZ/jdr

   韓国史学の世界的権威、ブルース・カミング氏(シカゴ大学教授)によれば
   日本の朝鮮経営は、植民地で産業化を逆行させ、農業社会に退行させた英国
   のインド経営と比較した場合、極めて対照的だったという。1930代から
   朝鮮半島に入った興南の窒素肥料工場、水豊の水力発電所、鎮南浦の工業団地
   などは当時の基準からみて世界的に最高水準の施設であった。

                       金完燮 韓国の評論家
                       ソウル大学物理学科卒
                       韓国当局の言論弾圧にあう

17 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 13:22:15 ID:YBLZ/jdr

   韓国の学生は幼い頃から10数年間、真実とはかけ離れた歴史を教え込まれ、
 根拠のない自負心を抱き日本に対してねじれた知識と感情をもつようになる。
 かくいう私も、今回韓日本史に関する著書を出すまで、学校で教えられた歴史
 を信じてきた一国民だった。(中略)
 今でも韓国人に憎まれ続ける伊藤博文だが、彼こそ教育事業に多大な関心を寄せた
 指導者だった。(中略)その結果、1940年代には(朝鮮半島)全国に1000
 を越える各種学校ができていた。(中略)
 しかし、多くの多くの文献から歴史的事実を学んだ私は、日本が明治維新以後、
 他のアジア諸国にはできなかった偉業を成し遂げ、日本のみならず、人類の歴史
 にも多大な貢献をした国であることを知っている。

       金完燮 「親日派のための弁明」の著者

18 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 17:06:54 ID:YBLZ/jdr

  労組の機関誌で左翼一色に洗脳されているNHK職員に告ぐ。こういう歴史認識
  も「戦争もの」に入れるのが「日本の公共放送」「公平な報道」ではないのか

 「ベルサイユ講和会議で、日本は五大国の一員として席に着いた。日本はアジア問題
代弁者だった。他のアジア諸国は、日本をアジアの「先頭馬」として認め、その提案
に耳を傾けた。白人人種にできることは日本人にもできる。人間は肌の色で異なるが
知能に違いはない。アジアには強い日本があるから、白人人種はアジアのいかなる人種
も見下すことはできない。日本の台頭は大和民族に権威をもたらしただけではなく、
アジア全民族の地位を高めた」

                 中国革命の父 孫文  「三民主義」より


19 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 17:17:23 ID:YBLZ/jdr

  日本人以上に大東亜戦争に狂喜乱舞して積極的に戦争に参加協力した
  韓国人に日本の靖国参拝阻止を主張する権利がどこにあるのか

 
 「別に日本人戦犯の責任を軽減するつもりはないが、占領地域で最も嫌われたのは、
 このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない」

 パリ・マッチ特派員アルフレッド・スムラー著「日本は誤解されている」日本教文社・
   昭和六十三年・119ページ


 



20 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 17:25:16 ID:YBLZ/jdr

   韓国人よ!日本を責める前に朝鮮民族の事大主義を恥じよ!

  正義人道の仮面を被り、摂取と陰謀をほしいままにしている世界の放火魔、
 世界一の偽善君子、アメリカ合衆国大統領ルーズベルト君。君は口を開けば
 人道を唱えるが、パリ講和会議の序文に、(日本人が)人種差別撤廃文案を
 挿入しようとしたとき、これに反対し、削除したのはどこの国であり、黒人と
 東洋人を差別待遇して同じ席にもつかせず、アフリカ大陸で奴隷狩りをあたかも
 野獣狩りをするが如くしたのはどこの国のものであったか。・・・
 しかし、君等の悪運は最早尽きた。一億同胞なかんずく朝鮮半島の二千四百万
 は渾然一体となって大東亜の聖戦の勇士とならなことを誓っている。
           韓国の詩人 朱耀翰 (戦後韓国国会議員)

 「祖父の代から受け継いできた黄色人種の積憤をいまこそ晴らさなければ
 ならない。一度、決戦する以上、、帝国行路のがんである敵性国家を粉砕し
 新東亜建設に邁進しなければならない。」    
     申興雨 昭和十六年十二月十日 ソウルでの決戦報告大講演会

 「米英の圧迫と屈辱から東亜民族の解放を叫ぶ決戦を開始したのである。
 いまや東亜民族は圧迫と摂取を受けて骨しか残っていないが、今やその骨
 で断固として決起し、仇敵米英を打倒しなければならない。」
               張徳秀 普成専門学校教授

   「貧欲の牙城、白人帝国主義の張本人英米をいまこそ撃滅せずには、我等
 の子孫の発展を望むことはできない。」
                李成煥 朝鮮農民運動の指導者


21 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 17:37:03 ID:YBLZ/jdr

  NHKよ、韓国のどこに「文化」があるのか。日本固有の文化
  は日本人が二千年かけて連綿として残した「宝」であり世界に誇る
  固有の文化である。
  それを簡単に横取りする韓国に「公共放送」が加担してそれが
  「公共の福祉」というNHKの存在目的に沿うのか?

 「我々にはハングルのほか何があるのか。
 我々は海外進出は念頭におかず、せいぜい座ってなわを編んでいただけ
ではなかったか。高麗磁器などがやっと民族文化として残っているのみである。
それも、かろうじて両斑たちの趣味にとどまっているだけであった。しかし、
それも、途中から命脈が切れたのだから嘆かわしいことである」


 「漢河の奇跡」の立役者  韓国大統領  朴正熙 (元大日本帝国陸軍将校)
          「我々は今何をなすべきか」より

22 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 19:26:26 ID:YBLZ/jdr

  わが国の歴史は極端にいうと、同族殺し合いの歴史でした。三韓時代がそうであ
 り、三国時代もそうであり、朝鮮王朝時代における党争も法治の枠を超えたもの
 でした。いつも不安な政情だったのです。誰もが自分を陥れる投書を一通投げこ
 めば、破滅です。どこでだれが自分を陥れるために剣を磨いているか分からない。
 枕を高くして眠ることもできないのです。/日本社会でも上下の階級はあったが
 彼らは下人を使う前に下人の生活は徹底保障してやりました。しかし、わが国で
 は、とくに朝鮮王朝時代には、両斑が常民を保障するどころか、収奪していました。
 壬申倭乱(豊臣秀吉公の朝鮮征伐)のとき、倭の側についた叛徒が大変な数にのぼった
 といいますね。王が避難するや叛徒が王城に火をつけ、はなはだしくは王をつかまえ
 て倭将(加藤清正公)に差し出し、地方官を鞭打って敵陣に引っ張っていった例もありました。/
 解放後の事情にしても、恒心がもてないようになっているじやないですか。強要し
 なければ、互いに共同など思いもよらないのが、今日の現実でしょう。

               「月刊朝鮮」1982年8月号


23 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 19:37:00 ID:YBLZ/jdr
>>22

      加藤清正に感謝状を贈った朝鮮王子たち!!

(朝鮮成敗で活躍した)加藤清正が北朝鮮の会寧にまで攻め上ったとき、
二人の朝鮮の王子を捕らえたが、礼を尽くして処遇した。
 翌文禄二年、講和談判が開かれるに及んで、秀吉の命令で、両王子を釜山
から首都・京城まで護衛(家臣・九鬼四郎兵衛)をつけて送り還した。両王子
は帰還するにあたって感謝状を清正に贈った。
 この書状は今も紀州徳川家に残っている。清正の娘が徳川頼宣の夫人となった
縁故から同家に伝えられたものである。それを要約すれば次の通りである。
 <壬辰元年七月二十四日に捕らえられてから礼遇され、厚い保護を受け、
 衣服糧食を与えられ、至れり尽くせりの待遇を受けた。このたび関白(秀吉公)
 殿下に上申して釜山から京城まで送り還された。その慈悲は仏のごとくである。
 もし一行のものがこのことを忘れ、後日、日本及び清正公に対し、僅かでも背く
 ようなことがあったら、人情を弁えぬ者であって、天地の神々もこれを知って
 いるであろう。>
 両王子は京城まで送り届けてくれた九鬼四郎兵衛にも感謝状を送り、その厚遇の
恩は永久に忘れない、と述べている。 
 このほか清正は両王子を一時、鍋島直茂に預けておいたことがある。そのため鍋島
氏の歓待を謝した書状が二通、鍋島家にも伝えられている。「神伝慈悲の道を貴官の中
に見る」という文言さえある。

              「日韓2000年の真実」名越二荒之助 編著
               (日本図書館協会選定図書)

  

24 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 19:41:27 ID:YBLZ/jdr

 「恩」という概念を持っていた四百年前の朝鮮王子

      加藤清正公の廟を作った朝鮮王子たち

両王子は京城に帰ってから、清正の恩を忘れないように、京城の南大門外に清正の
廟を作った。そこには肖像画を掲げて生きながらの社とし、両王子は親しく祭文を
読み上げたと言う。
清正に感激したのは、両王子ばかりではなかった。禮曹司という職にあった五人の
高官は、秀吉宛に長文の手紙を書いている。この文書は現在熊本の本妙寺に所蔵さ
れているが全文は「日本人の博愛」−辻善之助編−に載っている。
 要約
 <清正は利欲を求めず、ただ正事に奔走した。朝鮮北部を席巻すること、勇猛果敢
 であって、その姿は神か人か、男子中の男子であった。会寧で両王子を捕らえた時
 は辞を低くし、謙虚そのものであった。この姿に日本の風格を見る思いがした。両
 王子を釜山まで送るその態度は一貫していた。これこそ真の仁人であり、君子中の
 君子である。貴国の忠臣名将録に記録して明らかにすべきではないか。>

          「日韓2000年の真実」名越二荒之助 編著
          (日本図書館協会選定図書)


25 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 19:52:49 ID:YBLZ/jdr

 「日韓双方がその領有権を主張する竹島問題」と言って
 韓国を益するNHKよ、領土は日本国民共有の財産である。
 「NHKは日本国民の生命財産を守ります」と言うのであれば
 「韓国に侵略武力不法占拠されている日本固有の領土竹島」と言う
 義務があるはずだ!

    竹島はいうまでもなく、鬱陵島(ウルルン島)も日本の領土である!

 もともと、日本と韓国(朝鮮)の領土争いは竹島よりはるかに韓国側に位置する
 鬱陵島を巡って行われてきました。韓国は李朝初期より明治維新に至る四百五十年
 間、鬱陵島を空島とする政策をとっていたため、鬱陵島より遠くにある竹島へ朝鮮人
 がたどり着くことは困難でした。日本側は慶長年間以前から多くの漁民が竹島を経由
 し鬱陵島まで進出し、漁業を営んでいました。元和四年(1618)には米子の大谷
 甚吉、村川市兵衛が正式に江戸幕府の許可を得て、あわび、アシカの漁猟、せき木、
 桐等の木材伐採を行っています。
  元禄年間になると朝鮮人も鬱陵島へ渡航し始めたため、元禄六年、(1693)
 日本側は鬱陵島で朝鮮人安龍福らを捕らえて、宗対馬守を通じ朝鮮政府に引渡しま
 した。対馬守は、鬱陵島に対する朝鮮漁民の侵入を禁じる旨を伝え、朝鮮側は安龍福
 らを処罰することを日本側に伝えています。

         「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著より
          日本図書館協会選定図書
  

26 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 20:07:39 ID:YBLZ/jdr

    百済(今の韓国の一部)に救援軍をさしのべた天智天皇の遺徳

 現在、韓国の国定歴史教科書には、新羅軍が唐軍と連合して百済を攻撃し、滅亡
し、滅亡させたことは特筆していますが、日本軍が(海を渡り)救援に出かけたこと
は触れていません。また、百済の亡命者が大量に日本に赴いた記述もなく、それら百済
の政治亡命者を日本が暖かく受け入れたことも触れていません。こうした日本の役割が
無視されていることは残念でなりません。
 さらに現在、靖国神社には大東亜戦争中、日本軍人として戦った朝鮮の戦死者二万一千余
が合祀されています。私は靖国神社に参拝した時、異民族でありながら日本のために戦死し
た人々の事を忘れたことはありません。だとすれば、白村江の戦いの時、負けたとはいえ
百済のために戦死した多くの日本兵を韓国側も「忠霊祠」に合祠したらどうでしょうか。
毎年繰り返される慰霊祭には、日本の神職や僧侶を招いて慰霊の行事を共済したら如何でしょうか。
 いま、扶余の郡庁前に階伯将軍の巨大な銅像が建ち、また、別の場所には当時の敵将だった
金庚信将軍の銅像も建っております。さらには仁川には朝鮮動乱の時、国連軍を指揮して上陸
作戦に成功したマッカーサー元帥の銅像もたっております。だとするならば、白村江に、百済
を救援しようとした天智天皇の銅像を建てたらどうでしょうか。 
 韓国が日本の立場を理解し、大らかな立場に立てば、日本も韓国を尊敬し、日韓の友好は更に
増すように思われてならないのです。

       「日韓2000年の真実」 名越二荒之助 編著
       (日本図書館協会選定図書)


27 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 20:12:24 ID:YBLZ/jdr

       古代より韓国を助けてきた日本
  
たしかに百済は敗れました。しかし、百済の魂は滅びなかったのです。
再興を志して遺臣軍の指導者であった鬼室福信(中国名に改姓する前の
朝鮮人氏名は日本名に近い)が起ちあがりました。彼は百済再興のために
日本の救援と、在日していた百済の皇太子、余豊璋の帰国を要請してきま
した。
 余豊璋は義慈王の子で欽明天皇の三年、義慈王の命令で渡来し、在日32
年に及んでいました。福信らは王子を戴いて、百済の再興を志したのです。
 斉明天皇は神功皇后以来の長い関係に鑑み、福信らの要請を無視できません
でした。老齢を押して救援を決意され、筑紫(福岡県)まで動座されながら
そこで陣歿されました。時に68歳でした。
 皇太子であった中大兄皇子は、天皇崩御の翌年(662年)5月、豊璋に
最も高い織冠の位を与え、在日していた百済人をはじめ  五千の兵をつけて
百済に送りました。福信は感激して、泣いて感謝したということが「日本書紀」
に出ています。
 そして翌年の3月には上毛野君雅子ら兵二万七千の救援をさし向けました。
朝鮮の史書「三国史記」には、「倭船百艘」とあります。日本は文字通り国家
の総力を挙げて百済援軍にたちあがったのです。その頃日本と百済の間が、
いかに親密であったかが判ります。

        「日韓2000年の真実」名越二荒之助 編著
         (日本図書館連盟選定図書)



28 :名無しさんといっしょ:2006/09/03(日) 20:22:11 ID:YBLZ/jdr

        シナの属国の中では沖縄よりも低い地位だった朝鮮!

 そもそも、中国の属邦の中でも朝鮮の地位は最も低く、下国のなかの下国であった。
 天朝の朝賀の席では、千官が赤色の礼服を着ていたのに対し、朝鮮の使臣だけは異色
 の丸首の衣である。
 また、琉球の使臣は籠に乗って宮廷に入るのに対し、朝鮮の使臣は籠に乗ることを禁じ
 られていたこと、「渓陰漫筆」に書かれている。そして、李朝時代の臣民は琉球以下の
 扱いを受けたと嘆いている。

        「韓国は日本人が作った」 黄文雄 徳間書店



29 :名無しさんといっしょ:2006/09/04(月) 19:44:24 ID:UnCQAT3A
    併合前後の韓国人は日本人に「土民」と呼ばれていた!!
    
    (大正デモクラシーの旗手、吉野作造の見た朝鮮半島)



異民族の統治は、「威圧」だけで成功するものでないことは固より言うを俟たない。
幸いにして朝鮮政府(朝鮮総督府、もちろん日本の統治機構)は、一方に於いて国家
の威厳を示して居りながら、他方に於いて土民に近代文明の恩沢に浴するの機会を与え
殊に昔の李朝時代に見なかったいろいろの生活上の便宜を供して居る。殖産興業もだん
だん盛んになって居る。交通機関も開けた。殊に道路はどんな田舎に行っても今や立派
に造られて居る。病院も設けられた。その上朝鮮総督府は朝鮮民族の精神的満足並びに
その開発を計る事を怠って居ない。社会公共の秩序は立派に維持されて居る。権利の保障
には土民と内地人(日本人)との区別を立てぬ。比較的公平なる裁判は土民を満足せしめ
て居るようだ。
某朝鮮人は予に、「自分の父祖の代までは、その蓄積せる財産に眼をつけられて故なくして
府の長官から捕縛され、その度毎に多額の身代金を取られたものだが、かくの如き不当の
侵害は今日は全くなくなった。これ全く日本の統治以来のことだ」と言った。
殊に現在の総監寺内伯は、正義の観念の極めて強烈な人で、道に合わないことは秋毫の微と
いえどもこれを仮借しない。しかも、この点について伯は決して土民と内地人とを別たない
といわれて居る。この点は朝鮮人は皆、伯を徳として居るようだ。
かく一方には国家の威力を示し、他方に於いては土民に物質上の満足と及びその発達の機会
を与えて居るのだから、朝鮮民族の同化は十分出来ないまでも、その統治の事業に於いては
決してまごつく訳はない筈である。

        民本主義の提唱者 吉野作造 (大正五年満州と朝鮮半島を視察)



30 :名無しさんといっしょ:2006/09/04(月) 19:48:55 ID:UnCQAT3A

   伊藤博文公が韓国の自堕落官僚たちに与えた名訓示!
 
 「日清戦争後間もなく、ロシアが手を韓国にのばすや、韓国はそれを
 とがめぬばかりか、韓国独立のために謀る日本を嫌厭した。韓国は自国
 の独立の為には、不利なことは判りながらロシアに追従したではないか。
 日清の役から日露の役に至る十年間、韓国は奮って、独立の要素を滋養
 しなければならなかった時期であったにもかかわらず、これを顧みず、
 或いは右に傾き、或いは左に傾いて、その為ついに、日本が韓国のために
 ロシアと戦わねばならなくした。故に今日、日本が韓国の外交権を掌中に
 収めたのは、当然のことである。
 何故ならば、これを依然として、韓国人の手中に収めて置くとするならば
 韓国は何時までも、列強の競争場となり、日本のために極めて危険だから
 である。
 然るに韓国人は、今日にいたっても尚、外交権を回復するだけの実力を養う
 努力をしようとせず、しきりに、他国の援助によって、これを日本から取り
 去ろうとしているようである。けれども、どんな国にせよ、他国のために自国
 の財力と国民の生命を供するものではない。およそ、国家は、自ら独立する
 要素なくて、単に、他国に寄りかかっているだけで、立っていけるものでは
 ない。今日のままで進むとすれば、韓国を亡ぼすものは、他国ではなく、韓国
 自身ではなかろうか。
 故に諸君は反転表裏なく、専心一意、韓国のために謀らなければならない。
 日本は諸君を助けて、韓国を独立させるよう尽力しつつある。然るに韓国人は
 日露戦争のような大激戦を目撃しながら、尚、覚醒しないのは何事であろうか。
 そうだ。韓国を亡ぼすのは日本人ではなくて、内外の形成を察せず、無謀軽挙
 を事とする韓国人である。
 自分は韓国の改革に絶望した事もしばしばである。然しながら、韓国の形勢に
 顧みて、忍耐して従来の方針を改めないる国は自ら立たなくてはならない。
 今日のように進むならば、韓国はもはや、自滅の外ない。」




31 :名無しさんといっしょ:2006/09/04(月) 19:51:58 ID:UnCQAT3A

 伊藤博文公は世界周知の如く日本の最も偉大かつ、有名な政治家である。
彼の韓国赴任は、たいへんな自己犠牲であった。
 伊藤公が、その韓国改善のプランを打ち明けたとき、私の心は躍った。そこには
改革、公正、斡旋があった。(李朝朝鮮)が犯したあらゆる誤りがそこでは救済さ
れるはずであった。
 「私は、自分が韓国国民と日本国民との間に立って、両者の間に正義がおこなわれる
ようにすべき立場に立っていると思う」と公はそう言明したのである。

    カナダ人ジャーナリスト フレデリック・アーサー・マッケンジー
         1906年 ロンドン・ディリーメール紙


32 :名無しさんといっしょ:2006/09/04(月) 20:07:40 ID:UnCQAT3A

 私の見るところをもってすれば、伊藤侯の統治は最大なる賞賛に値する
べきものであり、大変満足しております。韓国国民は今やようやく、彼を
もって自分達の友人であると知って、これを事実の上に現し始めました。
過去三年の間における韓国の進歩の大きいことは、実に私をして統監政治
の最も熱心な支持者であることを告白せしめます。私は伊藤侯の必ず成功
すべきことを信じて疑わないものであり、また、すべての宣教師及びその他
の韓国における文明開発の義務を知る者は、等しく伊藤侯の統治を支持しな
ければならないと思います。

                      宣教師 ハリス博士 



33 :名無しさんといっしょ:2006/09/04(月) 20:34:31 ID:UnCQAT3A

  
 韓国は日本の保護によって新生命、新光明に浴している。高い政治道徳
を重んずる進歩的であり、円満である伊藤総監によって、韓国人は暗黒時代
から光明世界に導かれ、未開時代から文明時代に進むべく手をとられて
進みつつあり、旧来の久しい悪政から免れ、彼らの生命財産は確実に保護
されつつあって、あらゆる面において、三年間に二倍の進歩を遂げた。

                        宣教師 ラッド博士


34 :名無しさんといっしょ:2006/09/04(月) 20:36:05 ID:UnCQAT3A

    伊藤博文公の保護政治に感謝していた当時の韓国人!!

 韓国人の安寧と幸福、その生活の向上を図るため、母国日本の財政負担は三年間
 に三千万円に達している。日本及び日本人を益することを少しもやらないで、
 韓国及び韓国人のために図りてあまりにも忠実である。飽くまで韓国の主権を
 尊重するため、中央の各部大臣や地方長官はすべて韓国人を任用し、日本人は
 その下働きになっているに過ぎない。利権は韓国人のみに与えて、日本人には
 荒蕪地開発の第一号を与えただけではないか。なおその上、韓国通の大陸浪人を
 追放するなど、日本及び日本人から孤立した政策を採ってきた伊藤総監の心事那辺
 にあるやを疑わしめるものがある。

                      韓国発行 「邦字新聞」より


35 :名無しさんといっしょ:2006/09/04(月) 22:10:55 ID:UnCQAT3A


          欧米人が見た韓国人

読者は朝鮮人の無気力、怠惰、居候根性、貧しさをつぶさに観察されたこと
になるが、このため朝鮮の独立はきわめて困難で、将来を望むことが難しい。
 
朝鮮の事々物々はことごとく低級である。貧弱である。劣等である。

イギリス旅行家 イザベラ・ルーシー・ビショップ夫人
                    「三十年前の朝鮮」

朝鮮人は一般に頑固で、気難しく、怒りっぽく、執念深い。それは彼らが
いまだ浸っている未開性のせいである。

                ダブリュイ主教「朝鮮事情」


朝鮮人は、自己の知的水準を引き上げ、精神世界を拡大しようとする努力が
あわれにもないのに、社会的地位を高めようとする激しい欲望だけはある。

                 ホーマー・ハルバート「朝鮮亡滅」

 こんな残酷な拷問がまだこの地球の片隅に残されていることは、人間存在
そのものへの挑戦である。とりわけ、私たちキリスト教徒がいっそう恥じ
るべきは、異教徒の日本人が朝鮮を手中にすれば真っ先にこのような拷問
を廃止するだろうということだ。

     スウェーデン人 アーソン・グレブスト  「悲劇の朝鮮」


36 :名無しさんといっしょ:2006/09/04(月) 22:24:01 ID:UnCQAT3A

   日本に併合される前の朝鮮半島はまさに生きる屍、停滞した墓場であった!

  日露戦争直後の1906年、「武士道」の著者であり人道主義者の新渡戸稲造が
  朝鮮半島を旅行している。
  彼は朝鮮人を「政治的野心に欠けた、かの脆弱な女性的国民」と評して次の
  ように述べている。

 「山野は実に墳墓に充ち、予の今過ぎる所の路傍にも土饅頭を列ねて、また、
  やがて埋葬されるべき棺を列ぬ。/(朝鮮衰亡の原因は)その国の気候に非ず。
  また、その土壌に非ず。かく死と密接なる国民は自ら既に半ば死せるものなり」

        「枯死国朝鮮」 キリスト教徒 新渡戸稲造 (国際連盟事務次長) 



37 :名無しさんといっしょ:2006/09/04(月) 22:30:32 ID:UnCQAT3A
 
     赤貧、堕落、腐敗づけの怠け者民族

 韓国の政治的命脈は気息奄奄であつた。「何時滅亡するか」といふ状態
だつた。鶏林各道の山河は開拓すれば将来、大富源となることは疑ひ
ないところだつた。だが、政治は腐敗し、堕落は横行し、巨費を投じ
て官を買ふ徒は財を奪ふなど「人々を苦しめた」。十三の長官などは、三
年その職に居れば子孫は三代の後まで寝転んで我が世の春を謳歌でき
た。かういふのが実情だから、富めば役人に奪はれるため、人々は働
いて富を得ようとする者はいない。人民は怠け者となる。唯、その日
暮らしの衣食さえ足りればいい。とした。土地があつても耕さない。
鉱山があつても採掘もしない。漁民も働かない。山林は乱伐にまかせ
た。国をあげてその日暮らしである。かうして国運は日に日に衰える
一方だつた。 

        「北清戦観戦記」 坪谷善四郎



38 :名無しさんといっしょ:2006/09/04(月) 22:35:20 ID:UnCQAT3A

   自民族を「豚」と言い放った朝鮮の外交官

  「現在の朝鮮民族の力量をもってすれば、とても独立国家としての体面
 をもつことはできない。亡国は必死である。亡国を救う道は併合しかない。
 そして併合相手は日本しかない。欧米人は朝鮮人を犬か豚のように思って
 いるが、日本は違う。日本は日本流の道徳を振り回して小言を言うのは
 気に入らないが、これは朝鮮人を同類視しているからである。そして、
 日本人は朝鮮人を導き、世界人類の文明に参加させてくれる唯一の適任者
 である。それ以外に我が朝鮮民族が豚の境涯から脱して、人間としての幸福
 が受けられる道はない。
 日韓併合が問題になるのは、変な話だ。我輩の併合観は欧米人の朝鮮人観を
 基に考察したのだ」

           朝鮮全権大使 李成玉 「李完用侯の心事と日韓和合」



39 :名無しさんといっしょ:2006/09/04(月) 22:43:15 ID:UnCQAT3A

   北朝鮮と何も変わらなかった併合前の地獄の李氏朝鮮

 「朝鮮の両班は、まるで支配者か、暴君のごとくふるまっている。両班は、金がな
くなると、使者を送って商人や農民を捕えさせる。その者が手際よく金を出せば
釈放されるが、出さない場合は、両班の家に連行され投獄され、食物も与えられず、
両班が要求する額を支払うまでムチ打たれる。両班の中で最も正直な者たちも、
多かれ少なかれ、自発的な借用のの形で自分の窃盗行為を偽装するが、それに欺か
れる者は誰もいない。なぜなら、両班たちが借用したものを返済したためしが、
いまだかって、ないからである。彼らが農民から田畑や家を買うときは、ほとんどの
場合支払いなしで済ませてしまう。しかも、この強盗行為を阻止する守令は一人も
いない。」

             マリ・ニコル・アントン主教


40 :名無しさんといっしょ:2006/09/04(月) 22:52:12 ID:UnCQAT3A

  日本による善政統治の以前はは暗黒の差別社会、奴隷社会であった韓国

 「又個人的随意契約により若しくは父母に売られて奴隷となるもありて、
世襲奴隷と一時的奴隷とはその間厳重なる差違を存し、
世襲奴隷の子女は常に奴隷となり、
主人の承諾を得るにあらざれば絶対的にその自由を回贖するを得ざるも、
一時的奴隷の子女は多くの場合において解放せられ、
その奴隷自身も犯罪により奴隷と為りたるものを除くの外は、
主人の意に反すとも一定の金額を納めて自由の身となることを得るなり。

世襲奴隷は常に全く主人の専有物と見なされ、
主人は之を売買し、貸与し、贈与しその他すべて随意に之を処分することを得。」

                      シャルル・ダレ

41 :名無しさんといっしょ:2006/09/04(月) 23:05:49 ID:UnCQAT3A

  怠惰、自堕落、虚飾こそは韓国唯一の「伝統、文化」である!


「人の目に労働と映るなら、出来る限りそれから遠ざかろうとする。自分
の手で衣服を着てはいけないし、煙草の火も自分で点けてはならない。そば
に手伝ってくれる場合は別として、馬の鞍に自分でのぼるべきでない」
    
              アーソン・グレブスト「悲劇の朝鮮」


 「彼らはいつも借金で首が回らず、何かちょっとした官職の一つでも回って
こないかと首を長くしており、それを得るためにあらゆる卑劣な行為をつくし、
それでもなお望みがかなえられない場合には飢えて死んでしまう」

        イギリス人旅行家 イザベル・ルーシー・ビショップ夫人



42 :名無しさんといっしょ:2006/09/04(月) 23:11:23 ID:UnCQAT3A

李氏朝鮮時代は地獄の虐げられた奴隷社会だった韓国

 その中の「人間家畜の奴婢制度」という章の一節。
奴婢は品物のように売買・略奪・相続・譲与・担保の対象になった。
かれらはただ主人のために存在する主人の財産であるため、主人が殴っても
犯しても売り飛ばしても、果ては首を打ち落としても何ら問題はなかった。

それこそ赤子の手を捻るように、いとも簡単に主人は碑女たちを性の道具
にしたものであった。奥方たちの嫉妬を買った碑女は打ち据えられたり、
ひどい場合は打ち殺されることもあった。

外観だけは人間であるが主人の事実上の家畜と変わらなかった碑女たちは、
売却・私刑はもちろんのこと、打ち殺されても殺人にならなかったといい、
韓末、水溝や川にはしばしば流れ落ちないまま、ものに引っかかっている
年頃の娘たちの遺棄死体があったといわれる。局部に石や棒切れをさしこ
まれているのは、いうまでもなく主人の玩具になった末に奥方に殺された
不幸な運命の主人公であった。

  奴婢『ソウル城下に漢江は流れる―朝鮮風俗史夜話』(林鍾国、平凡社1987)
 

43 :名無しさんといっしょ:2006/09/04(月) 23:17:13 ID:UnCQAT3A
  
   泥水とくそだらけだった併合前の世界一不潔な町ソウル

 「韓国内地を旅行すれば、路傍や街路中に累々たる黄金の花(糞)が場所
 も嫌わず狼藉と咲き乱れて居て、足の踏み場もなく、潔癖者は一見其不潔
 と臭気に驚くのだ。
 現にこの国の中央都会の地たる京城(現在のソウル)の如き、一名を真の
 帝都と綽名されて居る程で、至る所人糞あるいは牛馬糞を見ざる無で、粉々
 たる臭気は鼻を襲い眼を顰める者とてない。
 そこで京城市内を流れて居る川の如き各戸より、排泄する糞尿を混じ、この
 水は一種の黄色を帯び、ドロドロになって居るなど、実に眼もあてられぬ光景
 で洗濯などに使って居る。なんと鼻持ちならぬ話ではないか。
 毎年夏になると伝染病が流行し、その伝染病に罹る患者の多くは韓人で、非常
 なる大流行を極め何千人を驚かすは珍しくない」

                    細井肇 「漢城の風雪と名士」


 

44 :名無しさんといっしょ:2006/09/04(月) 23:29:46 ID:UnCQAT3A

  他人依存、怠惰な遺伝子

  将来性がなく、中国人以上に散々な民族である。一千年前に眠ったその場所に留まり続け
ている。いっそう良くないのは、その眠りから覚めようとしない事だ。
 朝鮮人は独立が嫌なのだ。できれば色んな人に依存して責任回避をしたいのだ。彼らの
望むことは、何の心配もなく平和に暮らす事だけであり、「独立」と言う言葉は、彼らに取っては
恐怖を意味し、不信や無法と同じである。 仕事、悲しみ、喜びは分け合うが、収入は独り占め
にし様とする。自分の判断で動かざる得なくなると、慌てふためき、結局、一番愚かな行動を
取ってしまう。 
 日本人は楽しく働いて、その結果について自負心を持つ。所が朝鮮人は、生存の余地が
なくなると言う状態に陥らない限り働かない。
      「悲劇の朝鮮」    スウェーデンの記者・アーソン・グレブスト 


45 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 00:34:25 ID:cFckMCEv
 
 韓国兵がベトナム民間人三十万人を大虐殺したベトナム人大虐殺事件
強いものにへつらい武器持たぬ弱者を苛め抜くその卑劣極まりない民族性
 韓国の独立記念館に陳列している日本人の残虐行為は自分たちがやったことである


 韓国軍の良民虐殺方式を整理してみると、いくつかの共通した類型が現れる.

-住民たち(大部分が女性と老人, 子供たち)を一ケ所に集めた後、あるいはいくつのグループにまとめて、機関銃を乱射して抹殺する.
-住民たちを一戸に追い詰めて銃を乱射した後、家と一緒に死亡者も生存者も全部燃やす.
-子供の頭を割ったり首をはね, 脚を切ったり四肢を切断して火にほうり込む.
-女性を強姦した後、殺害して, 妊産婦の腹を胎児が破れ出るまで軍靴で踏み潰す.
-住民たちを村のトンネルに追い詰めて毒ガスを浴びせて窒息死させる.
韓国軍の大量虐殺が強行された所では、子供たちの口にキャンディやケーキが含まされていた.
                      (ハンギョレ新聞)


 

46 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 00:48:05 ID:cFckMCEv

  歴史認識すべきは韓国人

 虐殺を隠れて見ていた老人の話では、韓国兵は女性や子供を井戸に落とし、
助けを求める声を無視して手榴弾を投げ込んだという。チャウは、盛り土
をしただけの簡単な墓に家族の遺体を葬った。
 「殺されたのは女や子供ばかりだ。共産主義者なんかであるわけがない」
と、チャウは言う。「韓国人は人間じゃない。目の前に現れたら、首を切り
落としてやる」
 ベトナムで虐殺行為を犯したのは、韓国軍だけではない。アンリン郡から
海岸沿いに北へ向かえば、68年に米軍部隊が500人以上の村人を虐殺した
クアンガイ省ソンミ村がある。
 それでも戦争体験をもつフーイェン省の村人の間では、米兵の評判は必ずしも
悪くない。地方公務員のファム・トゥ・サン(47)は66年のテト(旧正月)のとき
、米兵と一緒に遊んだりチューインガムやキャンディーをもらったことを今も覚え
ている。
 だが米軍はこの年、フーイェンから引き揚げ、代わって韓国軍がやって来た。それ
から「67年のテトを迎えるまで、韓国軍は殺戮を続けていた」と、サンは語る。
「韓国兵に会ったら、死に出会ったも同然だった」と、今は地元の退役軍人会の
会長を務めているチャムも言う。
 アンリン郡の村人によれば、韓国軍はとりわけ女性にとって恐怖の的だった。
韓国兵は残忍なやり方で女性をレイプしてから、殺すケースが多かったからだ。




 

47 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 00:51:12 ID:cFckMCEv

  第二次大戦後、我々はフランスとの戦争を含めて合計三十年間にわたって
侵略者と戦ってきた。そのため国土は破壊され、経済成長は遅れてしまった。
その中で特に残虐で野蛮なのは韓国軍であった。村を丸ごと焼け払い、死者の
耳までそいでいった。アメリカの捕虜になったほうが待遇がよかった。韓国の
捕虜になったら殺されるのである。
ベトナム人には美人が多いので、女は皆、慰安婦にさせられた。韓国との混血児
は名乗り出ないので、はっきりとした数は判らないが、一万人以上はいるはずだ。

            「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著 国際企画
              (日本図書館協会選定図書)


48 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 00:56:30 ID:cFckMCEv

 歴史上常に強いものにくっつき弱いものいじめをしてきた韓国人

「別に日本人戦犯の責任を軽減するつもりはないが、占領地域で最も嫌われたのは、
このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない」

パリ・マッチ特派員アルフレッド・スムラー著「日本は誤解されている」日本教文社・
   昭和六十三年・119ページ



49 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 07:26:39 ID:cFckMCEv

      「朝日新聞」と韓国人よ、自分の過去から目をそむけるな!

 昨年の大東亜戦争開始以後の朝鮮人の戦争完遂に関する熱意は、献金にあるいは
 その他各種の銃後援護に強く表明され、内鮮一体の気運をますます頑固なるもの
 があるので、政府は朝鮮同胞のこの報国の赤誠に応え、朝鮮に徴兵制を施行し昭和
 十九年より実施し得るごとく決定した。
                       昭和十七年五月十日づけ 朝日新聞



50 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 21:18:51 ID:/w4JQ8Eo

  安重根は「反日独立運動の英雄」どころか「日露戦争」の勝利を絶賛するほどの
  「親日家」「親天皇派」だった!

 「日本の天皇の宣戦書には、東洋平和を維持し大韓独立を強固にすると書かれていた。
 そのような大義は青天白日の光線より勝っていたのであり、韓・清の人々の智恩を論
 ずることなく、みな心を同じくして、賛同し服従したのである。もう一つは、日露の
 開戦は黄白両人種の競争というべきものであって、前日までの日本に対する仇敵の心
 情がたちまち消え、かえって、一大愛種党となるにいたったのであり、これまた人情
 の順序であり、理に合うものであった。快なるかな、壮なるかな。数百年来、悪を行
 い続けてきた白人種の先鋒が、鼓を一打したたけで大破してしまったのである。日露
 戦争の勝利は一千古に稀な事業として万国で記念すべき功績であった。だからこのとき
 韓・清両国の有志は、はからずも同じように、自分たちが勝ったように喜んだ」

                          「東洋平和論」 安重根



51 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 21:21:16 ID:/w4JQ8Eo

    伊藤博文公を暗殺した安重根を賞賛しなかった当時の韓国人

市川正明編「安重根と日韓関係史」という資料には、二万語に及ぶ(伊藤公の暗殺)
各国の反応が掲載されていますが、その中で外国(サンフランシスコ・ハワイ・ウラジ
オストック等)にある韓字新聞の報道ぶりも伝えています。前年の明治四十三年三月に
サンフランシスコ在住の張仁煥らが韓国政府の外交顧問だったスチーブンスを射殺した
時には、これら韓字新聞は連日にわたって暗殺事件の犯人を賞揚し、激越な論調をみせて
いました。
しかし、伊藤公暗殺については事実を報道しただけでした。/韓国の(今の)教科書のよ
うに「全世界に大韓男児の気性を見せ、日本の大陸侵攻を世界に警告した」ことにはなら
なかったのです。
青少年に愛国心を涵養するため、韓国がこのように記述したことはよく解ります。しかし
テロという手段の持つ反作用についても教えなければならなかったのではないでしょうか。
皮肉にも、伊藤総監暗殺によって日韓併合は一挙に早まってしまったのです。

                  「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著
                   (日本図書館協会選定図書)


52 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 21:24:45 ID:/w4JQ8Eo

 安重根の伊藤博文公の暗殺に驚愕し、謝罪・追悼の意を表した官民多くの韓国人!
     (安重根の収監されている監獄に面会する者一人もなし!)

 衝撃が走ったのは、韓国の王室ばかりではありません。十一月四日の国葬(日比谷)
には、韓国の勅使はじめ政府代表者らが多数参列しました。同じ日にソウルの奨忠壇
では、李完用首相の主催で、官民一万人が参列して追悼会がも催され、追悼会は全国
各地に及びました。
 一ヵ月後の十一月二十六日には漢城府民会、その翌日は大韓商務局総会、十二月十三日
には永道寺がそれぞれ主催して、追悼式が持たれました。当時、旅順監獄に繋がれていた
安重根の所に面会に行く者はなく、伊藤博文に対しては「東洋の英雄」「朝鮮の大活仏」等
の賛辞が続きました。
 そればかりではありません。朝鮮民族の罪科を謝罪するために、全国十三道に呼びかけ、
「渡日謝罪十三道人民代表臨時会議所」を設ける団体も現れました。また一方では、伊藤公
を閔帝廟のように、神として祀る運動やら銅像や頌徳碑を建立する運動も起こりました。

                「日韓2000年の真実」名越二荒之助 著
日本図書館協会選定図書

53 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 21:30:04 ID:/w4JQ8Eo

   「伊藤公暗殺」に対する韓国皇帝の論調

<伊藤を失ったことで、東洋の人傑がいなくなった。公はわが国に忠実正義
をもって望み、骨を長白山に埋めて、韓国の文明発達に尽くすと揚言してい
た。日本に政治家多しといえども、伊藤のように世界の大勢を見て、東洋の
平和を念じた者はいない。実に伊藤はわが国の慈父である。その慈父に危害
を加える者があるとすれば、物事の理事を解さない流浪人であろう。>

                十月二十七日   太皇帝(高宗)

<伊藤を失ったことは、わが国といわず、日本のみならず、東洋の不幸である。
その凶漢が韓国人とあっては、赤面のほかない。>
                十月二十八日   太皇帝(高宗)

  ※数千年シナ大陸を制覇した諸民族の属国となり続けた朝鮮は
   日清戦争の日本の勝利よりはじめて独立を得、王国から大韓帝国に
   国王から皇帝の地位を得る

54 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 21:31:55 ID:/w4JQ8Eo

    「伊藤公暗殺」に対してのイギリス人の論調

<公を泰西の政治家と比較するに、公はビスマルクの如く武断派ではなく、
平和的であったことはむしろ、グラッドストーンに類するところである。
財政の知識が豊富であったことはビールにも比すべく、策略を行うに機敏
かつ大胆であったことは、ビーコンスフィールドに似ている。公はすべての
大政治家の特徴を抜粋して一身に集めた観がある。殊に公は驚くべき先見の
明を有し/要するに四十余年の永きにわたって終始一貫、国家の指導者たる
地位を占めたのは、実に千古の偉観というべきである。>

  「伊藤公の性格」ブリンクリー主筆 イギリス紙「ジャパーン・メール」


55 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 21:47:00 ID:/w4JQ8Eo

   「伊藤公暗殺」に対するロシア人の論調

<思えば思うほど情けない限りである。最後の大戦争(日露戦争)以前に
伊藤公爵が言われたことを、もし、ロシアが聞いていたら、あの悲惨な戦争
も、ロシアの敗戦という不名誉もなかったのである。伊藤公爵のハルピン来訪
目的は、わが大蔵大臣との外交上の空しい儀礼的なものでなかったことは、
誰もが知っていた。伊藤公は「ロシアは満州から去れ」などという、一点張り
の主張をする人ではない。尊敬すべき老大偉人の逝去は、日本の損失ばかりで
なく、わがロシアの損失であり、韓国が大損失をこうむることは必至である。>
  
     東清鉄道長官 ホルワット少将 「ハルピン・ウェストニツク紙」
                               


56 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 21:49:53 ID:/w4JQ8Eo

   「伊藤博文公暗殺」に対するドイツ人の論調

<韓国人が公を暗殺したことは、特に悲しむべきことである。何故かといえ
 ば、公は韓国人の最も良き友であった。日露戦争後、日本が強硬の態度を
以って韓国に臨むや、意外の反抗に逢った。陰謀や日本居留民の殺傷が相次いで
起こった。その時、武断派及び言論機関は、高圧手段に訴うべしと絶叫したが
公ひとり穏和方針を固持して動かなかった。当時、韓国の政治は、徹頭徹尾
腐敗していた。公は時宜に適し、かつ正しい改革によって、韓国人をして日本
統治下に在ることが却って幸福であることを悟らせようとし、六十歳を超えた
高齢で統監という多難の職を引き受けたのである。>

            ドイツ人 エルウィン・ベルツ博士 「伊藤公の追懐

57 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 21:56:13 ID:/w4JQ8Eo

       奴隷根性が染み付いた属国四千年の歴史

  考えてみると、われわれは苦労するためにこの世に生まれてきたようなものだ。
四千年を越す歴史で今日まで太平の世を知らない。はるか古代はいざ知らず、
三国時代以後は文字どおり一日も安らかな日がなかった。試みに三国時代以後の
戦争の回数をみると百を越える。内乱を除いて資料に残る他民族の侵入だけでも
五、六十回に達し、その中で全国的におよんだものが三十回にもなる。そして
そのすべての戦争が、高句麗が戦ったいくつかを除いて、みなわが領土内で
行なわれたし、最初から最後まで防戦であった。敗けた戦いである。
昔から城下の誓いは恥だといわれる。戦いをし講和条約を結ぶなら
よその地に行って結ぶべきで、わが城の中で結ぶなら敗けたのは明らかだ。
外国軍の占領下で条約を結ぶというのは、弱点を握られていることではないか。
恥ずかしいことだがわが国の歴史をみると、城下の誓いでないものは一つもない。
 
               『苦難の韓国民衆史』(咸錫憲著)


58 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:00:33 ID:/w4JQ8Eo

   弱いものは徹底的に苛め抜く!これが韓国の歴史である!
       (朝鮮人の事大主義の原点)

<動物がひどく苦しがっていることが判ときでさえ、一般の朝鮮人はまったく、関心
を示さない。道路に病気になった猫や犬や、けがをした鳥などがいると、子供も大人
も老人も手に手に棒や石を持って、この哀れな動物をいじめ殺してしまう。>

      アメリカ人 メソディスト派宣教師 ホーマー・B・ハルバート


59 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:04:49 ID:/w4JQ8Eo

     日本の敗戦直後、連合軍に相手にもされなかった韓国人
  (再び、下ろされた太極旗。 光復節は独立記念日でもなんでもない!)

 連合軍は八月十六日、総督府(日本の朝鮮統治機構)に機密命令を発し、
 しばらく総督府に朝鮮統治
 を続けることと、日本の朝鮮統治機構を保全し、これを連合軍に引き渡すよう
 に命じたのです。敗戦国日本にとって連合軍の命令は絶対です。八月十八日
 総督府はやむを得ず、朝鮮建国準備委員会に与えた行政権を取り戻しました。
 一旦は建国準備委員会の手に渡った統治機構も放送局も新聞社もすべて摂収して
 しまったのです。太極旗は下ろされました。
 朝鮮側は激怒しましたが、なすすべがありません。行政権を委譲されたとはいえ
 実際に朝鮮全土の治安を維持していたのは日本軍と総督府の警察であったからです。
 そこで呂運亭は全土に「建国準備委員会」を発足させ、、百四十五の支部を基盤に
 ソウルに一千人余りの代議員を集めて「朝鮮人民共和国」の樹立を宣言しましたが
 朝鮮半島の命運に決定権をもつ米ソ両国に否認、無視されてしまいます。

                 「日韓2000年の真実」名越二荒之助
                  日本図書館協会選定図書





60 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:08:57 ID:/w4JQ8Eo
  
             事大主義の悲劇!

  (連合軍に媚を売り、歓迎しに行ったら連合軍に殺傷された韓国人!)

 ホッジ中将率いる米軍が九月八日に仁川に着くと、「朝鮮人民共和国」の
 代表が迎えに出ましたが、全く相手にされませんでした。総督府から市民
 外出を禁止する指示があったのに、五百人ほどの朝鮮人が、太極旗や赤旗
 を掲げ、花束や贈り物をもってアメリカ軍に近寄ろうとしたところ、警備
 していたアメリカの警察部隊が発砲、死者五人を含む、多くの重傷者が出
 ました。しかし、ホツジ中将は警官の措置は正しかったと言って、誉めた
 のです。「アメリカこそ朝鮮を日本支配から解放してくれる救世主だ」と
 思い込んだ朝鮮の人々が哀れでなりません。

           「日韓2000年の真実」名越二荒之助
           (日本図書館協会選定図書)


61 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:11:13 ID:/w4JQ8Eo

    日本敗戦後、日本から独立する気も気概もなかった韓国人!
  
  (一旦は呂運亭らの「朝鮮準備委員会」に行政権を与えたがアメリカの
  命令で再び統治権を取り戻した日本に対し)
  かくまでの恣意的な凋落に対し、韓国の民衆は憤慨して決起することは
  なかった。
  かの三・一独立抗争(という名の単なる暴動)に見られる武装蜂起もなか
  った。レジスタンスもなく、本格的デモもなかった。
  連合軍が進駐してくる前に、自分達の手で帝国主義者を処分としておくと
  いう発想がなかった。/
  韓国光復軍といったところで、実はなにもしなかったのであった。
  いくら何でも正式の会戦で日本軍を破れ、ここまではルーズベルトもチャーチル
  も蒋介石も周恩来も要求はするまい。いや、考えてもみないだろう。しかし、
  重慶に本拠をおく大韓臨時政府の軍隊(?)たる韓国光復軍。せめて対日ゲリラ
  くらいには参加してもよかったのではないか。
  韓国の開放が日帝から戦いによって奪取したものではなく、日帝とアメリカの取引
  によって得られたものであること。
  この外傷が致命的な後遺症となって大韓民国を呪縛することになる。

              「韓国の悲劇」小室直樹著 光文社


62 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/09/05(火) 22:14:04 ID:gRLboneA
まず、これ全部に目を通すことだな。
http://www.jkcf.or.jp/history/report.html

63 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:18:34 ID:/w4JQ8Eo

    「現在の日本人の自信喪失は敗戦に起因しているが、そもそも大東亜
戦争は決して日本から仕掛けたものではなかった。平和的外交交渉によ
って事態を打開しようと最後まで取り組んだ。それまでの日本はアジア
のホープであり、誇り高き民族であった。最後はハル・ノートをつきつけ
られ、それを呑むことは屈辱を意味した。<事態ここに至る。座して死を
待つよりは、戦って死すべし>というのが開戦時の心境であった。それは
日本の武士道の発露であった。日本の武士道は西洋の植民地勢力に捨て身
の一撃を与えた。それは大東亜戦争だけでなく、日露戦争もそうであった。
日露戦争と大東亜戦争ーこの二つの捨て身の戦争が歴史を転換し、アジア
諸民族の独立をもたらした。この意義はいくら強調しても強調し過ぎるこ
とはない。」

                「日本文化研究所」設立者 朴鉄柱

 





64 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:22:14 ID:/w4JQ8Eo

         福沢諭吉翁、朝鮮人に三行半!!

 日本に亡命した金玉均は、福沢の支援を受けながらも刺客を避けるた
め、小笠原、北海道を転々とした。しかし、明治二十七年三月、騙され
て上海に誘い出され,そこで暗殺された。福沢は彼の最後を悲しみ、同年
四月に彼の位牌を作って自宅に安置し、供養したいからと真浄寺の往職に
頼み、法要の連絡を取っている。
 一方、金玉均の遺族を全ての朝鮮の同志が面倒を見ないのを知って、
福沢は「実に実に呆れ果てたり。事小なりと雖も斯かる腰抜けどもの
棲息にしては、亡国も固より其の処なり」と朝鮮の知人に手紙を送って
いる。

    名越二荒之助著 「日韓2000年の真実」
    日本図書館協会選定図書

65 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:24:45 ID:/w4JQ8Eo

  読者は朝鮮人の無気力、怠惰、居候根性、貧しさをつぶさに観察されたことになるが
このために朝鮮の独立は極めて困難で、将来を望むことが難しい。(中略)朝鮮を
亡ぼすもっとも大きな、普遍的な原因は国民挙げて「独立独行の精神」に欠けている
ことである。健康な体格を持ちながら親族知己に少し富裕な人かあればその家に居候
して、終日何一つの仕事もせず、暮らしている。居候も朝鮮人の居候根性は徹底して
いる。京城(現在のソウル)の高官、裕福な人の家には大の男が数十人となく寄食し
ている。二度三度の飯を食わしてもらえば、煙草一服も人のものを吹かしている。
見苦しい話である。

  「三十年前の朝鮮」 イギリスの女性旅行家 イザベラ・ルーシー・ビショップ

66 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:26:50 ID:/w4JQ8Eo

  韓国人は金儲けに目がない。金を稼ぐために、あらゆる手段を使う。彼らは財産
を保護し、盗難を防ぐ道徳的な法をほとんど知らず、まして遵守しようとはしない。

彼らは一般的に欲深いと同時に、無駄遣いが多く、金を持てば余すことなく使って
しまう。金さえあれば、豪勢な暮らしをすること、友人をもてなすこと、自己の
きまぐれを満たすことだけを考えている。そしてふたたび。赤貧に身を落とした
としても、それほど不平もいわず甘受し、運命の歯車が回り回ってまたよき日が
くるのを待っている。

                      ダレ神父 「朝鮮事情」


67 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:28:20 ID:/w4JQ8Eo

   この運動では日鮮人の精神的転換が絶対に必要な先決問題である。
真心と誠意をもって朝鮮人は帝国臣民たることを自覚、自認し、日本
人は朝鮮人を真の同胞国民として認めなければならない。内心に爆弾
と剣を抱いて日本国民でござると仮装、偽称し、同一同胞といい
ながら優越感を示すなら、これまた、渾然一体の日鮮一家は成立しな
い。朝鮮の民族性をあくまで尊重しつつも、朝鮮文化を拝崇しながらも
われわれは日本臣民たることができ、日本帝国の世界に対する使命に
貢献しながら大東亜の平和に尽力することができるのである。

                3・1運動の中心人物 崔麟


68 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:30:09 ID:/w4JQ8Eo

「私は平素学生に対して、韓国人としての自覚を促している。日本の韓国併合に抗議
する前に韓国人自身が考えなければならないことがある。日本の韓国併合に対して
アメリカもイギリスも誰も抗議しなかった。世界は当然のような顔をして受止めてい
た。それはなぜか。日清戦争のとき、清国軍がソウルを占領しても韓国人は戦わなか
った。だから日本が戦って清国を追い払った。ロシアが入ってきた時もわれわれは戦
かわなかった。日本軍が血を流して戦い、朝鮮からロシアを追い出した。だから日本
はこれ以上トラブルは嫌だと朝鮮を併合してしまった。これに対して世界の列強は、
日本がそうするのも無理はないとして一言も文句を言わなかった。このことを忘れて
はならない。韓国は自ら亡んだのだ。日本の悪口を言い、責任を日本に押し付ける前
に、われわれは戦わなかったから亡びたことを知らねばならない」

       名越ニ荒之助「日韓2000年の真実」国際企画
       日本図書館協会選定図書

69 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:32:33 ID:/w4JQ8Eo

 「路上で不運な犬が首に縄をつけて犬肉店に引っ張られていくとき、
子供の群れがガヤガヤ騒ぎながらそのあとについて行く。子供たちは
かわいそうな犬が首をしめられ、最後のあがきをするのが見たいという
期待に胸をふくらませている」

     ホーマー・ハルバート 「朝鮮亡滅」



70 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:35:11 ID:/w4JQ8Eo

  完全な日本人になる以外に別の道が朝鮮人に開かれているとするならば、
  それは苦悩衰微への道である。
  要は小乗的で朝鮮的なものを掲棄清算することである。朝鮮語と朝鮮の衣服、
  朝鮮の家、形式的な祖先崇拝、朝鮮史、こんなものを完全に止揚して、改め
  て精神的に日本的な感情に染まらなければならないのである。
  朝鮮人的心情を完全に殺して、生まれ変わらなければならないのである。

        「朝鮮人の進むべき道」玄永燮(京城帝国大学卒 無政府主義者)
         注 京城帝国大学−現ソウル大学 日本によって創立される

71 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:37:43 ID:/w4JQ8Eo

  昔から日本人には語学が無い。地理・世情に不案内で朝鮮語がわからないから、
どうしても朝鮮人の警官や憲兵補助員に頼ることになる。ところがこれらの連中
には不良が多く、住民を脅して私腹を肥やすやら、女に手を出すやらの悪辣ぶり
で、日本側はその取締りに忙しかったという。官憲の権威を嵩にすれば不可能な
ことはないのだ。事大主義はこの民族の特性である。日中戦争中でも中国語が堪
能な日本軍人はいないから、中隊単位で朝鮮人の通訳を雇うことになるのだが、
この通訳は中国人を生かすも殺すも自由自在に裁量できるから蓄財に励む悪者が
多く、日本軍が中国民衆に怨まれる大きな原因となった。通訳の中には、日本人
の名前の標札を持ち歩いて中国人の門に打ちつけて豪邸を占拠する者がいたし、
スパイだといって逮捕し、釈放するといって身代金を取ったりして聯隊高額所得
者は朝鮮人通訳だった例は多い。中には雇いもしないのに軍隊の後方をのこのこ
ついて歩く偽通訳もいた。便利だからと使用してみると、いつのまにか日本軍の
制服を貰って住みついてしまうのだった。

古野直也著 朝鮮軍司令部 1904/1945 国書刊行会




72 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:39:51 ID:/w4JQ8Eo

     シナ(清)の奴隷のまた奴隷であった李氏朝鮮

 支那(中国)と朝鮮半島の朝貢・柵封関係は、ただ「象徴的」なもので
 朝鮮人が独立を失って、国を滅ぼされたのは、「日帝の三十六年」が初
 めてである、という朝鮮近代史論が一般的、常識的である。
 しかし、この見方は歴史に対する無知であり、真っ赤な嘘だ。
 中華帝国と朝鮮半島の関係は、有史以来、外藩というよりも代表的な
 属国。藩属である。特に清帝国の時代には、李朝の地位が清帝国の奴隷
 というよりも奴隷のまた奴隷であった。/
 また、李朝国内に発生したすべてのことの委細を一つ一つ細かく清朝朝廷
 に報国しなければならない。/
 さらに宗主国に対する忠誠心を示すために、たとえば崇徳七年(1642)
 日本の日光東照宮に燭台を送ることでさえ、清朝朝廷の許可を上奏していた。/
 朝鮮国王から送られた朝貢使も、清帝国に入っても、辺門城門を通る資格が
 ないので、遠回りに迂回しなければならなかった。/
 ヘンドリック・ハメルの「朝鮮幽囚記」によれば、朝鮮国王はタルタルの汗
 (満州国王)の同意を得た後に後継者を決める。/朝鮮国王は満州人の使節
 が来ると、自ら高官を従えて、迎恩門まで歓迎に赴きいて敬意を表し、芸を披露
 し、接待しなければならなかったと書いてある。
 
       「歪められた朝鮮総督府」黄文雄 台湾国評論家


73 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:42:11 ID:/w4JQ8Eo

  怠惰な原始農業を改革し、現在の韓国農業の基礎を築いた日本農民の大功績

  そもそも日本農民は朝鮮農民の粗放農業とは違い、集約農業に慣れていたので
  集約的、多角的経営によって定着し、農民は生活が向上している。
  日本農民が開拓した(朝鮮の)農地は、決して言われているような良田ではな
  かった。開墾地は元は大河の遊水地、交通不便にして少々塩害がある干拓地で
  あったものが少なくなかった。/日本の農業移民は朝鮮半島の美田、良田を強奪
  するよりも、朝鮮半島の農民が一顧だにしなかった不毛の地の開墾や僻地の干拓
  を行う者が多かった。
  農業移民の改良農法は、成績が上がれば、朝鮮小作人のモデルになり、改良品種
  の試作によって、新品種、新農法が次から次へと普及していった。さらに移民農民
  の養豚、養鶏、養蚕などの多角経営、農業施設、農業指導、勧業奨励などは、かって
  小作人からの収奪しか知らない李朝時代には見られない光景であった。当時の朝鮮人
  の気風としては、午前中に働いて、午後は寝て暮らす、明日は明日の風が吹くという
  のが一般的であったからだ。
  雨や雪の日の労働を忌み嫌い、冬季になると室内に蟄居して無為徒食する朝鮮農民に
  とって、日本農民が老若男女の差無く、家族ぐるみの農事に従事し、激冬にも室内作業
  その他の副業に励むことは驚異であった。/
  「土地の収奪・摂取」などと机上で論じられている戦後の論理とは違い、日本の農民
  が朝鮮半島の農業近代化だけでなく、朝鮮半島の近代市民社会の成熟に多大の貢献を
  してきた、その歴史的事実について、終戦後の(韓国の)学者たちはなぜ本格的研究
  をしないのであろうか。まことに遺憾である。

    「歪められた朝鮮総督府」黄文雄 光文社カッパブックス


74 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:44:35 ID:/w4JQ8Eo

       アメリカ人が見た戦後の在日朝鮮人

 戦後の日本においては、朝鮮人少数民族は、いつも刺戟的な勢力であった。
 数においては大いに減ったもの、朝鮮人は依然として口喧しい、感情的・徒労的
 集団である。彼らは絶対に敗戦者の日本人には加担しようとはせず、かえって戦勝
 国民の仲間入りをしようとした。朝鮮人は一般に日本の法律は彼らに適用され得な
 いものとしてアメリカ占領軍の指令も同じようにほとんど意に介しなかった。
 そのため国内に非常な混乱をおこした。占領当初の数ヶ月、在日朝鮮人炭鉱労働者の
 頑強な反抗のために日本の重要産業たる石炭産業の再建は損害をこうむった。
 経済的領域における朝鮮人のいろいろな活動は、日本経済再建への努力をたびたび阻害した。
 1948年の神戸における緊急事態宣言は、日本の教育改革を朝鮮人が妨害した結果、
 行われたものである。引き上げについては占領当局が決定した政策を日本政府の手で
 実地しようとするのを妨害した。/たとえこのような事件(朝鮮人の犯罪)で朝鮮人の
 犯罪性が拡大されることがなかったとしても、この犯罪性が日本人・朝鮮人の関係に
 与えた影響は依然として甚大なるものがある。朝鮮人の略奪行為が、大部分、下層民の
 日常生活にとってきわめて重要な地域において行われたということもあった。
 さらに朝鮮人は日本に不法に入国しようとしたが、ときには伝染病も持ち込んだと
 いう事情もあって、この不安を強める実例を提供した。朝鮮人は悪者だという心理が
 時の流れとともに日本人の心から薄れていくであろうと信ずべき理由はなにもないのである。

         ハーバード大学教授 エドワード・ワーグナー(朝鮮史)


75 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:46:02 ID:/w4JQ8Eo
  
  日本人の生命・財産が韓国側の海賊的な行為によって不当に蹂躙されておる。
 あるいはまた竹島という日本の領土の一角が不法に侵略をされておる。
 国敗れたりといえども、この地球上の一弱小国であるところの韓国から、
 日本がこんな屈辱を受けても手も足も出ない。まことに醜態ではないかという
 声は、私はけだし、一般の世論、国論としては当然のことであろうと思い
 ます。
 あえて、経済的な報復措置と申しますか、少なくとも対抗措置は当然とる権利
 をわれわれはもっておるのであります。/(六十万もいる韓国人・朝鮮人に対して
 生活保護を与えていることに対して)しかも事あるごとに、動乱を好む不良韓国人
 に対しての強制送還、ないしはこれらに対するところの何らかの措置というものを
 当然今日の段階においてもはや、考えるべく、そして行うべき段階ではなかろうか。

     第十六回国会衆議院外務委員会議事録第三二号  自由党 佐々木盛雄




76 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:48:02 ID:/w4JQ8Eo

  李ラインによって日本漁民が拿捕殺害されたことについての「日本社会党」
  国会議員の国会質問

   「これは公海における日本の操業が向こうの武力、私はあえて武力と言
   いますが、武力によって脅威を受けおる。しかも急迫した事態である。
   日米行政協定二四条には「日本区域における急迫した脅威が生じた場合
   には日本国政府、および合衆国政府は日本区域防衛のために必要な共同
   措置を執り」云々とあるのであります。私は国権がまさに侵され日本の
   数十万の死活問題であり、大きな脅威である切迫した事態に、なぜこれ
   が適用されないのか、これをお聞きしたいと思います」

  1953年9月15日 社会党 赤路友蔵 第十六回国会衆議院水産委員会




77 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:50:00 ID:/w4JQ8Eo

     昭和20年時代のマスコミの韓国観、そして、その予言は的中した!

  当面の日韓交渉がどうなるにしても、見す見す威嚇と分かっている先方
  の態度に恐れをなして、不条理な主張を承認することは、わが国として
  出来る話ではない。弱者に対しては強く、強者に対しては弱い彼の伝統的
  態度に対して、わが国は二千年の経験によって免疫になっている。
  いま、軍備なき弱者にあるからとて、理不尽な先方の主張に屈服するなら
  ば、差し当たりの問題は片付くにしても、今後の対等な善隣関係を築くこ
  とはできまい。
                  「時事新報」社説1953年10月19日


78 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:52:38 ID:/w4JQ8Eo

 「だいたい韓国のマスコミは日本の対韓経済協力の成果について完全に
 黙殺している。韓国政府もダムや高速道路など日本の協力もあって完成
 したプロジェクトの完工式に日本大使を呼ぶことすらしなかったという。
 これでは一般の韓国人が日本は過去の清算をしようともしないという不満
 を持つのも当然だ」

     「日本企業はなぜ韓国が嫌いか」西岡力 拉致被害者救出に尽力


79 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:54:36 ID:/w4JQ8Eo

  日本の過保護で世界一幸福だった二十世紀の朝鮮民族

「韓国併合」と言われるもの本質は、日本の朝鮮植民地化ではなく、日韓の合併。
戦後の朝鮮人はよく、日帝の植民地略奪を強調し、日本人も朝鮮では台湾以上に
過酷な統治が行われていたと考えがちだが、事実はまったく逆である。朝鮮では
台湾よりも地租が安く、産米も逆ざや制度が取られ、地下資源の経営も中央政府
からの補助で支えられ、歳出も中央による年平均15〜20パーセントの補填で支えられていた。資本投資も台湾よ
り朝鮮の方が大きかった。そのため二十世紀初頭まで糞尿だらけで世界一不潔な都市
といわれていた現ソウルなど、美しい近代的な街に変貌し、半島の人口も倍増した。
普通の近代国家なら、国民が国防費を賄うのが義務であり、常識だが、朝鮮人からは一銭たりとも徴収し
ないという特別待遇だった。
 二十世紀の人類史において、当時の朝鮮人ほど、過保護を受けて幸福に暮らしてい
た民族はいない。
飢饉・疫病や戦乱・革命の被害も、自国民同士の朝鮮戦争を除いては、この国の人々の損害
は実に小さい。このように韓国は、日本に依存しながら成長した国家なのである。戦後の国
作りの成功、OECDの加盟の達成にしても、日米の資本と技術の移転に頼ったからこそだ。
「第二の国辱」と言われる97年末以来の金融危機も、IMFの管理下に入ること
で国際的地位を守っている。他力本願、ことに対日依存というのが、近代以降のこの国の体
質になっている。

黄文雄 台湾人評論家 「正論」六月号



80 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:57:19 ID:/w4JQ8Eo

  どんな民族にも過去の栄光史があり、それを「誇り」としているが・・・

 今になって、朝鮮人や韓国人がチェチェ思想を強調し、いくら歴史の自立性を
 吹聴しても、せいぜい半島内でしか通用しない。韓国人が書いた朝鮮半島の歴史
 を読むと、いかにも半島には英雄ばかり存在したかの記述である。
 しかし、そんな偽史は世界では通用しない。実際、韓国人の中で世界史に登場し
 世界の政治、経済、文化、思想に強い影響を及ぼした大英雄は一人もいないのだ。/
 その一方、韓国人以上に文明開化が遅れた北方騎馬民族には、東アジアや世界史に
 影響を与え、歴史を創出した民族英雄たちがいる。ジンギスカンやヌネハチもその
 中のひとりである。数千年の歴史がある朝鮮半島からも、ひとりぐらい歴史を創る
 英雄が出てもいいようなものだ。世界とは言わないまでも、アジアに名を残す英雄
 が一人ぐらいほしかったものだ。/
 韓国人は「朝鮮半島は1000回侵略されたが、すべて撃退した」と自慢するが
 それが嘘であることは言うまでもない。それにそのようなことを口にすることこそ
 他律的でる。抵抗史観、他律史観を自白しているとしか思えない。
   
              「韓国は日本人がつくった」 黄文雄 台湾人評論家


81 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:58:39 ID:/w4JQ8Eo

   古事記・日本書紀から500年も後に書かれた朝鮮神話(檀君神話)

  それでは、日本神話と檀君神話には、どのような近似性があるのでしょう。
  判りやすく表にしてみると(割愛)全体の構成があまりにも似ているのに
  驚きます。韓国のほうが歴史が古いから古事記・日本書紀の作者が、檀君
  神話を下敷きにしたのではないかと、早合点されるかも知れません。
  ところが古事記、日本書紀が書かれたのは西暦でいえば八世紀、檀君神話
  を記した「三国遺事」がまとめられたのは、十三世紀です。それでは三国
  遺事の作者である高麗の僧一念が日本の古事記・日本書紀を真似たのでしょうか。
  そんなことを言ったら、韓国、北朝鮮両国から猛反発を受けます。

               「日韓2000年の真実」 名越二荒之助編著
                日本図書館協会選定図書



82 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 22:59:57 ID:/w4JQ8Eo

    韓国は日本によって有史以来初めて「独立」の地位を得た!
 
 歴史的にみて、韓国はまぎれもなく「中華帝国」の属国であった。
 そのことは韓国で出版された歴史関係の著書や「歴史辞典」に散見
 される。韓国人自身も属国であったことを認めていたわけだ。
 私は韓国人と「属国論」を議論するときは、この彼らにとっての
 「痛いところ」を指摘する。すると必ずと言っていいほど彼らは
 しどろもどろになり、反論に窮してしまう。そんな体たらくは見るに
 忍びがたいので、ついつい、追及をやめてしまうのだが、それでも次の
 一言を言わざるを得ない。
 「では、なぜ日清戦争後の下関条約第一条には、清国からの朝鮮独立
 がわざわざ明記されているのか。朝鮮が清国の属国でなかったならば、
 日清両国がこな条文を結ぶわけないではないか。それとも両国の国家指導者
 がまぬけだつたというのか」
 たいていはこの一言が決まり文句となり、(韓国の)属国否定論者は
 「あれとこれとはちがう」とか「それは清国と日本が勝手にやったことだ」
 とかの言い逃れに走るのが常である。

                韓国は日本がつくった 「黄文雄」


83 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:00:57 ID:/w4JQ8Eo

  一般的に、政治的活気とか進歩、革命といわれるものは朝鮮には存在しない。
 人民は無視され、彼らのいかなる意見も許されない。権力を一手に掌握して
 いる両班階層が人々に関心を向けるのは、ただ彼らを抑圧してできるだけ
 おおくの富をしぼりとろうとするときだけである。/
 朝鮮における最近三世紀の期間は、ただ両班の血なまぐさい不毛の争いの
 単純な歴史にすぎなかった。
             「朝鮮事情」シャルル・ダレ(フランス人宣教師)


84 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:02:42 ID:/w4JQ8Eo

 十九世紀から二十世紀初めの帝国主義、列強諸国の時代、暗愚の李朝両班階級は、
その挑戦に直面、固唾を飲んだままで無為無策だった。その失策は、あらためて
糾弾すべきであって、日本帝国主義の植民地へと転落したことについて、責任を
他国のせいにすべきではない。大いに反省すべきなのにもかかわらず、今日にい
たるまでいつまでも錯誤を放置、愚鈍の感情に委せているわけで、今日のような
歴史の処断は、当然再発すること、火を見るより明らかである。
                  
            加耶大学客員教授 崔基鎬



85 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:04:07 ID:/w4JQ8Eo

   韓国では、四百年経っても秀吉は悪の張本人である。
 ところが韓国は中華人民共和国(中国)の侵略行為に対しては、あまり
 触れたがらない。1950年に起こった朝鮮動乱の時には、国連軍十六ケ国
 の支援を受けて韓国はわずか半年で北朝鮮を鴨緑江の近くまで追い詰めた。
 これで朝鮮半島は韓国路線で統一されるかに思われた。ところが中国軍が
 一挙に介入して三年間に及ぶ血みどろの戦争が続き、多くの犠牲者を出した。
 今から四十数年前の中国軍の韓国侵略に対しては抗議せず、四百年前の秀吉軍
 の出兵には、今も恨みを忘れない。これはどうしたことか。
 そしてもう一つ、韓国はベトナム戦争にも参加し、延べ三十一万人の軍隊を派遣
 した。ベトナムでは今も「韓国は米帝の手先となってベトナムを侵略した」
 と言っている。現在ベトナムは経済建設に多忙だが、一段落したら韓国に抗議を
 行い、謝罪を要求するといっている。そのとき韓国はどう答えるのか。
              
           「日韓2000年の真実」 名越二荒之助
              (日本図書館協会選定図書)


86 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:05:53 ID:/w4JQ8Eo

      古代から日本は朝鮮人を救援・庇護・優遇してきた

  百済が滅びると、百済の人々は新羅の支配下に置かれることを嫌いました。
  いかに多くの人々が日本に亡命してきたことか、その数は数百とも数千とも
  言われます。
  当時の日本は亡命者に対して土地を与え、税金を免除して庇護しました。九州
  はもちろん、関東の武蔵野から北陸にいたるまで住みつきました。当時の日本
  には、百済人を異国人と見ない傾向さえあったのか、百済時代の地位に見合う
  地位を与えています。鬼室集斯は学識頭(文部大臣にあたる)に任じられ、
  その墓は滋賀県日高町に今も残っており、「鬼室神社」もあります。鬼室集斯
  は「佐平(首相にあたる)福信の巧により」と「日本書紀」に書かれていますから
  福信の子ではないでしょうか。医薬に秀でた「鬼室集信」の名も出ている所
  を見ると、集信は集斯の弟かも知れません。「日本書紀」には彼ら七百人を
  蒲生郷に移したとあります。今蒲生町の石塔寺には三十塔を取り囲むように石塔群
  がありますが、彼らはここに眠っているのです。

                「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著
                (日本図書館協会選定図書)


87 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:07:21 ID:/w4JQ8Eo

    植民地時代の朝鮮では農業経済が安定し工業生産力が拡充するなど、多くの
 発展があった。それは自生的なものではなく、日本の植民地開発による部分が
 大きい。たとえばGDPは1912年から37年までの平均で4・15%の成長
 だった。これは当時の先進国の成長率を上回っていた。それは植民地化の過程
 で日本が持ち込んだ貨幣制度、土地調査などの近代的な諸制度、そして港湾、
 鉄道、道路、電信、銀行などのインフラストラクチャーの拡大によるものだった。


                        ソウル大学経済学部 安秉直教授


88 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:08:26 ID:/w4JQ8Eo

   
  総督府(日本の朝鮮統治機構)以前の李氏朝鮮社会は、司法行政の綱紀が乱れ、教育
 衛生は顧みられず、河川、林野が荒廃し、道路、橋梁もなく、港湾も船も車も
 なかった時代であった。
 それから二十年後(日本統治時代)の昭和初期に朝鮮を訪れたアメリカのブルンナ
ー博士は、朝鮮農村の実状を視察して、地方の古老にも接触して今昔を比較し、
(李氏朝鮮と日本の統治が)天と地ほどの差があることに驚愕した。
 朝鮮総督府は人さらい、草賊(盗賊)暗躍、飢民あふれる李朝末期の社会に、産業
 を興し、治安を回復し、近代社会を作ったのであった。       
                
                   「歪められた朝鮮総督府」黄文雄 光文社


89 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:09:40 ID:/w4JQ8Eo

             李朝末期のソウルの様子

   「二十五万の同市民は地上に瓦または藁を並べた一階屋の下に潜り込んで
    生活している。いや、不潔な道路に蠢動していると形容したほうがよい
    だろうか。その道路は広くとも二頭の馬が並ぶことができない。狭いと
    ころで一人の荷を担いだ者が往来を塞いだほどである。路傍には悪臭が
    芬々とする溝があり、路面は垢まみれの半裸体の子供と獰悪な犬によっ
    て占領せられている」

   「市街の中心を西から東へ流れる下水道は、市内の汚水を夜に昼に絶えず
    城外に排泄している。そのために下水道の泥は真っ黒で幾世の昔からの
    濁水によって染められ、悪臭を空中に放散して旅人を悩ましている」

        「30年前の朝鮮」   イギリス人旅行家ビショップ夫人



90 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:10:45 ID:/w4JQ8Eo

    我々は五千年の歴史を自慢し、歴史を大事にすると言う。しかし
  実際は、歴史を教えてくれる記念物、象徴物を惜しげもなく壊して
  いる。
  ソウルの歴史が六百年だと言いながら、その長い歴史の苔を教えて
  くれる建物はあまりない。五千年の歴史を訪れる外国の観光客は、
  半日もあればソウルの古跡をすべて見終わる。数百年前の史跡を
  訪れるまでもない。我々は口癖のように「日本の統治三十六年」
  を言うが、祖父母達の「恨」を蘇らせてくれる遺跡があまりに少ない。

                    「井戸の中の韓国人」洪思重


91 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:11:49 ID:/w4JQ8Eo

  韓国人の最大の悲劇は儒教にある。すなわち儒教というイデオロギーが、
韓国文化社会を形成した張本人なのだ。
 奴隷政治、道徳の腐敗、個人主義と利己主義、権勢と虚礼虚飾・・・・
という韓国社会の腐敗を生んだ最大の要因が中国の儒教思想である。儒教
というエイズを患った韓国人は、すでに長い間に無感覚となり、その弊害
に気づいてないようだ。
 一般に韓国人は、中国人のことを軽蔑して「テノム(垢野郎)」という有名な
悪口を頻繁に口走る。そして中国人のことを「非衛生的でうじゃうじゃと喧しく、
秩序を守らず、ひどく利己的なところがある。そして面子を重んじて口汚く、
団結心がない。また極端に嘘をつくし、虚礼虚飾で自身のプライドを守ろう
とし、自分の過ちを認めたり、反省したりすることはほとんどしない。保守的
で自己顕示欲が強く、怠け者で目先のことしか見えない近視眼野郎たちだ。
権力と権威に弱く、金銭と名誉の前では奴隷と化して膝まづき、うまくいけば
自分の徳であり、うまくいかなければ他人のせいにする」等々と徹頭徹尾こてん
ぱんに叩きのめす。
 ところが興味深いのは、このような中国人の特徴、性格はほとんどそっくり
そのまま、韓国人にもあてはまるということだ。私が見たところ韓国人は、こ
れよりひどいことはあっても、ましだという根拠はどこにもない。そればかりか、
さらに中国人よりも悲劇的なことは、韓国人が感情的で幼稚な点である。

          「韓国民に告ぐ!」 金文学・金明学共著 祥伝社


92 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:14:48 ID:/w4JQ8Eo

 現在の韓国人の姓名は、すでに祖先の姓氏を捨てて漢姓を使っているが
「日帝時代」の創氏改名は原則的は自己申告制だった。台湾で日本時代に
行われた「許可制」による改名運動に比べたら、むしろ韓国人にとっては
「特権」であって、非常にゆるやかなやり方だ。ましてや「日帝」は万民
平等等の原則に基づいた新戸籍制度を創設して、戸籍さえ許されなかった
人口の半数近くを占める奴婢に姓氏を与えた。さらに、「皇民化」=近代
国民運動によって日本語やハングル文字を普及させただけでなく、李朝時
代以来、両班から蔑まれていたハングル文字の教育を学校で採用し、漢字・
ハングル混じりの文章を体系化させ、伝統文化の研究と再興を推進したと
いうのが、紛れもない史実だ。
 「生命を奪われた」というのも、実に史実に反している。近代化の産業
発達によって優生学的な社会改革が行われたことで、有史以来の飢餓と疫病
を克服することができ、植物依存の生態系までも変えることができた。その
ため、米の生産量が一千万石から二千万石以上に倍増し、韓国の人口も倍増
した。このことを、生命を奪ったとは言わないだろう。日本は優生学的に
も人口学的にも、韓人の生命の質を飛躍的に向上させたのだ。
 客観的に見れば、「日帝三十六年」の「七奪」は実質的には「七恩」と
言うべきだろう。/韓人に少なくとも自国史について「正しい歴史認識」を
日本は求めなければならない。

           「龍」を気取る中国「虎」の威を借る韓国 黄文雄


93 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:17:08 ID:/w4JQ8Eo

  「裁判は金の力で正義の秤が上下する。文明国ならたちまち民衆の反乱を呼び起こす
  に相違ないような不正かつ野蛮な事件を見聞きしないで済む日はないに等しい。
  民衆がよくもこれを我慢しているものだ。」
  「反逆者の処刑後は取り壊しがあり、全財産は没収され、息子や男系親族は皆殺しに
  され、女はみんな奴隷にされた。死刑囚は笞刑を受け、罪を告白してから殺される。
  中には最後まで自分の無実を主張しながら死刑になる者もある。」
 「朝鮮では証人は囚人同様留置される。証人席は時々、最も知っていると思われると
  拷問場に変わる。イギリス人殺しで呼ばれた証人は地面であぐらをかいた格好で太
  い杭につながれた。彼は足首と膝頭を結えられ、それから両側のふくらはぎめがけ
  て棒が二度にわたり振り下ろされた。丁度テコの原理である。すると下肢の骨は
  折れはしないが、ゆっくりと曲がる。証人は失神したが事件については知らぬと
  言い続けた」

                   「朝鮮滅亡」ハルバート(アメリカ人)


94 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:19:03 ID:/w4JQ8Eo

    韓国の英雄的作家 李光洙が指摘した民族の衰退原因

一、虚言と人をだます行為。韓国人同士は、お互いに嘘とだます行為のため相互に信
  じられないので「外国人は信用しても、韓国人を信用しない」奇妙な現象あり。

一、空想と空理。韓国人は美辞麗句を 連ねるが、実行が伴なわない。他人の行動や
  話の語弊、問題点を探すだけで、空論に陥ることが多し。

一、表裏不同。人の前ではへつらい、人の背後では批判し、悪口を言う。恥知らずの
  態度。
一、怯懦、卑屈。物事におじけ恐れる。臆病である。他人のことを気にして決断する
  意思弱し。
一、非社会的利己心。社会的公益には無関心だが、自己と家族、私党のための極端な
  利己主義。



95 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:23:08 ID:/w4JQ8Eo

 韓国人は怯えながら生きてるうちに、感情が安定を失うようになった。おそらく
  韓国人ほど、怒ることを好む民族はいまい。怒ることが不安や焦燥感を解決する
  代償行為となるとともに、自尊心を守る手段にもなる。その自尊心も、外観にこ
  だわるために、薄い表皮のようなものでしかないので、ちょっとでも引っかかる
  ことがあれば、怒りの引き金がひかれることになる。

             ダブリュイ主教 「朝鮮教会史序論」



96 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:25:10 ID:/w4JQ8Eo

「私はよくよく我が子孫と朝鮮民族の将来を考えたあげくに、こうするのが当然
 だという堅い信念に到達したのである。日本人との差別がなくなること以外に
 朝鮮人は何を望むだろうか。したがって差別の除去のために、あらゆる努力を
 注ぐことが、最も重大にして緊急なこととなる。我々の在来の姓名は、支那を
 崇拝していた祖先の遺物である。今我々は日本帝国の臣民である。支那人と
 混同される姓名をもつよりも、日本人と混同される氏名をもつことが、最も
 自然だと信ずる」
       
             「創氏とわたし」

       韓国の英雄的文学者 李光洙(香山光郎と創氏改名)



97 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:26:21 ID:/w4JQ8Eo

  朝鮮の学者たち自身も、自国の文献に何ら信用を置いておらず、また決して研究対象
 にする事なく、中国の歴史書だけを読むことにしている。
 ときどき朝鮮語で書かれた簡略な歴史本に出くわすこともあるが、それは婦女子の気晴
 らし用の真偽取り混ぜた奇譚集に過ぎない。学者たちといえば、それを開いて見ること
 さえ恥辱だと思っている。

                         「朝鮮事情」 ダレ神父


98 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:28:04 ID:/w4JQ8Eo

   韓国は今や末路である。亡びざる国はなく、四千年の
   旧邦も今は断末魔に近づいている。一進会ならざるも
   哀々たる庶民は此上塗炭の苦しみにまみれたくなかろ
   う。むしろ、日本は速やかに併合して日本天皇陛下の
   政にて一千二百国民が蘇生する事を得れば、国は亡ん
   でも亡び甲斐がありと言わねばならない。」
               
           平理院裁判長 洪鐘宇
           「日韓2000年の真実」より
           日本図書館協会選定図書

99 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:31:20 ID:/w4JQ8Eo

 フランスのダレが1874年にまとめた「朝鮮事情」の第五章「法廷」
では、刑務所内の残虐ぶりをこれでもかこれでもかと書いています。そ
の中で拷問のやり方を次のように分類してます。

1、棍棒・・・柏の棍棒でふくらはぎを思い切り殴る。回数によって軽重
       がある。
2、骨の脱臼と屈折・・・二本の太い棒を使って腕の骨を脱臼させたり折る。
3、吊り拷問・・・手を後ろで縛り、腕を空中に吊りムチで打つ。
4、鋸拷問あるいは足の鋸引き・・・骨に達するまで鋸で引く。
5、まさかり拷問・・・木製の斧またはまさかりで肉片を切開する。
 これらの報告を読んでいると、思い出すのは韓国の天安市にある、
「民族独立記念館」のことです。この記念館で最もショッキングなのは
日本の警官が朝鮮人を拷問している場面です。/修学旅行にやってきた
韓国の小中学生たちは、その前で日本人への憎しみをかきたてます。
 私は眺めながら、もっと深刻なことを考えていました。こういう拷問
のやり方の中に、ここに紹介した外国人の報告の描写とダブるところが
あると気づいたのです。だから拷問を行っているのは朝鮮人であるとこ
ろに、悲劇の深刻性があったのです。
       
    「日韓2000年の真実」名越ニ荒之助
      日本図書館協会選定図書
   



100 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:32:38 ID:/w4JQ8Eo

  いったい世界の他の植民地の中で、これほどまでに本国が社会資本の整備や、
 教育、医療衛生をはじめとする社会制度を充実させるために大きな投資を行なっ
 た例があるものだろうか?イギリスも、フランスも、オランダ、スペイン、
 ポルトガル、ドイツ、イタリア、ベルギー、アメリカも、そのようなことは
 しなかった。
 韓国の王族は日本の皇族の一員であると遇された。日本はソウルと台湾の台北
 に帝国大学を創立したが、いったいイギリスかインドにオックスフォード大学
 やケンブリッジ大学をつくっただろうか?韓国人は日本陸海軍の将校として登用
 された。いったい、イギリスをはじめとするヨーロッパ諸国やアメリカが、インド
 人や、アルジェリア人やフィリピン人を本国の将官にしただろうか?  

    韓国で出版禁止となった本  「醜い韓国人」光文社 朴泰赫



101 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:34:10 ID:/w4JQ8Eo

  
  侵略者をすべて撃退したという自画自賛史観が史実に反するというのは、「壬申
倭乱」「丙子胡乱」「モンゴル軍の侵入」などを見れば明らかだ。モンゴル軍が
侵入してくると、西北や東北地方の官吏は競って土地を献上して順民を誓う。
韓人は逆に、侵入軍の先頭にたって自国の軍隊を叩く、もしくは城を明渡して逃げ
惑う。ときには抵抗する儒者や僧侶も出てくるが。その頻度は極めて低く、秀吉軍
の京城(現在のソウル)入城のように奴婢はむしろ侵入者を解放軍として敵を迎え
た。
 それだけではなく、多くの「韓奸」や「売国奴」といわれる人々が必ず現れて敵
についていく。民衆は敵軍に従軍する。朝鮮征伐のときに、さっきまで自分の国王
(仁祖)だった人へ、都落ちの国王として石を投げたり、王子を捕らえてまで敵軍
に献上することもある。あるいは、宮城攻めに民衆が協力して城攻めや攻囲をする
場合もある。/
 景福宮などの焼失は大部分の韓国の観光案内によれば「日本軍の兵によるもの」
と書かれているが、それは嘘だ。李恒福の「白沙集」によれば、秀吉軍の入城前に
はすでに灰燼となっていた。それは、民衆が兵乱と聞けばすぐに蜂起して、宮廷を
襲い略奪したからだ。ことに奴婢は秀吉軍を解放軍として迎え、奴婢の身分台帳を
保管していた掌隷院に火を放った。これが歴史の史実だ。
                           
              台湾国の評論家 黄文雄氏


102 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:37:16 ID:/w4JQ8Eo

 朝鮮人にとって、 日本統治時代が、伝統と独立時代に対する純然たる侵害として、
 大きく映っているが一方別の面においては、南北朝鮮の国家経済を著しく飛躍させ
 るための基盤は、この時代に築かれたのであり、その成果もまた大きかったといえ
 る。日本は約四十年ほどの間に厳しいやり方で自然の脅威にさらされ、大きな工業
 設備を持たず、貧しかったこの農業国家を科学的な農業と様様な工業、そして活発
 な貿易を誇る経済の調和のとれた国へ変身させた。

           フランス人文地理学者 ジャーク・ブズー・マサビュオー



103 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:38:35 ID:/w4JQ8Eo

 「日本に併合される前の朝鮮は地獄であったといってよい。」

                  玄永燮「朝鮮人の進むべき道」より
     


104 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:41:07 ID:/w4JQ8Eo

  
   「今になってみると、日韓併合は韓国人にとって不幸の始まりだが、不幸中
   の幸いだったともいえる。当時の韓国は、決して自分たち一国だけではたち
   ゆかず、遅かれ早かれロシア、中国、日本のいずれかの支配下に入らざるを
   得なかった。もし、ロシアや中国の支配下に入っていたら、今の両国の
   現状を見るにつけ、そして北朝鮮の惨状を知れば知るほど、日本の支配下で
   よかったと思う。これが私の考えだ、私はまったくの少数派だがこの考えは
   変わらない」

  日本のインスタントラーメン会社明星食品から技術提供を受け、韓国に
  初めてインスタントラーメンを導入した韓国食品会社三養食品の全仲潤
  会長



105 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:43:08 ID:/w4JQ8Eo

  日本が敗戦の廃墟の上に経済大国を建設している間に、われわれ韓国はいったい
  何をしていたのだろう。外国から何を学び、学んだ結果はどうだったのだろう。
  殊に日本から何を学び、その結果はどうだったのだろう。自分達がいったい日本
  をどれだけ知っているのか自分に聞いてみよう。
  韓国が日本に学ばなければならない第一の点は、他人の長所を学び自分のものに
  する積極で前向きな姿勢である。
  韓国は一度も侵略したことがない。これを「韓国人は平和を愛する民族だ」と美化
  して教え、民族の誇りとしているが、果たして、韓国は周辺のどこかの国をひとつ
  でも侵略する力があったのだろうか。侵略する力を持ちながら侵略しなかったなら
  誇りとすることができるが、力がなくておとなしくしていたなら話は別である。
  真理は必ず勝利する。しかし、強者は歴史を作れるが、弱者は常に引っ張られる
  というのもまた歴史の真実であることを、肝に銘じなければならない。

                 韓国高級官僚 李銅T氏



106 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:45:23 ID:/w4JQ8Eo

  われわれの政府や全政派がわが国民の進歩と開発に、もしも一致して普段の努力を
重ねたのであったならば、十年前に設定された独立の基礎(大韓帝国の成立をさす)
は保全されたであろう。独立の価値に対する認識不足によって、われわれはまさに正
反対のところに立っている。神の恩寵[日本により独立され支援を受けていたこと]
を尊重しなかったばかりに、われわれは国民の教育と強化に捧げられるべき時間と
精力を、怠惰な快楽のなかで浪費してしまった。われわれは神の贈り物をはねつけた。
われわれの今日の不幸はわれわれ自身の罪である。
    *[ ]内は書き込み者の加筆
         1907年10月1日付け「大韓毎日申報」


107 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:46:45 ID:/w4JQ8Eo

    日韓併合当時、満州には150万の朝鮮人がいた。彼らは絶えず漢人から圧迫
 され、摂取され、農奴に近い生活を強いられていた。やがて朝鮮人狩りが起こる。
 朝鮮人を最も嫌っていたのは張作霖で「満州には朝鮮人を一人も入れさせない」と
 息巻いていたほどである。この朝鮮人迫害は漢人、韓人たちの満州資源争奪の争い
 を助長した。
 このような歴史背景下で、朝鮮人たちの唯一の救いは、当時世界五強のひとつであった
 大日本帝国の臣民となることだった。唯一、中国に対抗できる切り札であったため、
 朝鮮人たちはすすんで創氏改名を強く要求したのである。日本こそが朝鮮人にとって合邦
 国家の民族の誇りであり、中国人の跋扈に対抗できるただひとつの勢力だったのだ。

                「韓国は日本人がつくった」 黄文雄    徳間書店





108 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:48:19 ID:/w4JQ8Eo

    先述したように、19世紀から20世紀初頭にかけての韓国は農村から
 都市ソウルまで、あらゆる地域においてきわめて不衛生な生活環境であった。
 今のハングル世代は常に韓国の山紫水明を誇りにし、韓国人はどこへ行って
 も生水が飲める世界でも珍しく水のきれいな国だと自慢している。
 しかし、日帝時代以前の韓国を見た外国人は、赤裸々に当時の実情を記録して
 いる。例えば、ダレ神父の「朝鮮事情」には、韓国の「水はまずく」、水が
 原因でかかる早老病をはじめ様々な、「水土病」について書いている。
 そんな朝鮮に、慈恵医院の管制が発布されたのは1909年のことであった。
 本格的に近代医学医療制度が導入されたのは、朝鮮総督府時代からである。
 総督府が設立した大韓医院は、やがて京城帝大(現在のソウル大学)付属病院
 となり、朝鮮半島の近代医学、医療発展の中心的存在となった。
 各開港都市と国境都市は1910年から厳しい防疫、検疫を実旋しており、
 疫病の浸入防止に取り組んでいた。コレラ、天然痘、ペストなどの大流行は
 1918年〜20年が最後となり、その後は乳児の死亡率が撃滅した。  
 その後、地方の医療制度は清州、金州など順次各地で確立され、医師の養成
 と疫病の防止に全力が注がれた。さらに、150万円の下賜金から済生会が
 つくられ、李朝以来存続していた階級制度の廃止とともに、各道から市町村
 に至るまで医療設備が整備されていった。賎民も国民として、近代医療の恩恵
 を受けられるようになったのである。
             
      「韓国は日本人がつくった」  黄文雄 台湾国の評論家
             


109 :名無しさんといっしょ:2006/09/05(火) 23:49:27 ID:/w4JQ8Eo

  去年の「韓国音楽友の会」で慶尚道の浦項というところに行きました。
そこには浦項製鉄という東洋一の製鉄所があります。実を言うとそれは
日本の新日鉄が、プラント輸出してできた製鉄所なんです。でも、ぼくら
がそこで見せられた浦項製鉄の成り立ちについての映画は、ぜんぶ自分たち
の力でやったことになっていて、日本の「に」の字も出てきません。「東洋一
の製鉄所である。どうだ、まいったか!」という、そればっかりですよ。/
 それどころか、その浦項製鉄はプロのサッカーチームを持っているんですが
このチームマスコットが、なんと「鉄腕アトム」なんです。「アトムというのは
は原子の意味だから、別に著作権とは関係ないんだ」と。そりゃそうだけど、
あの漫画のキャラクターは手塚治虫先生のものなのに。
 きっと手塚先生は、ご存知なかったんでしょうね。また知ってても、ご自分か
ら訴えたりなさらなかったでしょう。でも鉄腕アトムがボールを蹴っている
浦項製鉄・プロサッカーチームのキャラクターを見ると、複雑な気持ちになる。
それで日本にきた韓国人が、アトムを見て、「日本人はけしからん!無断でわれ
われのアトムを使っている」なんて言っている。

                 高信太郎 「おもろい韓国人」光文社



110 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 19:42:48 ID:Cd/7oVVV

<韓国の見栄っ張り政治家たちはもちろん、代表的な知性人たちまでもが、財力国家・
 日本に腰を折ることを自己卑下と思い、そのために生活が苦しくなっても自尊心だけ
 は高く「我々の力で生きる」という決然たる姿勢だ。それはそれなりに韓国の誇りか
 もしれない。しかし、日本がすることは事あるごとに、軍事大国だ、覇権主義の追求
 だ、統一反対だ、と非難しながら、謝罪して技術をよこせ、というわけだ。相手を叱
 って謝罪を要求しながら、それと同時に利権に属する技術までよこせと言い張るのは
 相手より優越している実力者だけだ。日本に対して米国ならともかく、韓国はそのよ
 うな立場ではない。/韓国の指導層がここまで状況の認識に鈍感だとは驚くべきこと
 だ。/韓国の人々が北朝鮮の時代錯誤的な抵抗と孤立を嘆かわしいと思いながらも、
実は日本が韓国をそのように見ているのだということに気づかないでいる。>

                金龍瑞 梨花女子大学教授 


111 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 19:44:04 ID:Cd/7oVVV

 日本は、日本統治時代に韓国に大きな投資を行ったために、韓国が
惨めだった状況から一足飛びに近代化したことは、どうしても否定で
きない事実である。日韓併合後、日本人は鉄道、架橋、用水路、植林
河川整備、堤防、港湾、学校施設の建設をはじめとする、大規模な公共
事業を始めた。このために、それまで韓国には、食うや食わずの失業者
がひしめいていたが、一般の民衆に仕事が与えられて大いに潤った。
 日本は乱脈だった李朝末期の韓国社会を正した。韓国に法治国家を
もたらした。
 日本が韓国を統治した間に、一方的収奪を行ったというのは、大きく
事実に反する。今日、日本統治時代を体験した韓国の知識人は、それが
事実と知っていながら、客観的な事実を認めることを拒んでいる。韓国
は日本の力によって短期間のうちに、日本人が咀嚼した西洋の実用主義
を定着させ、近代世界に入ることができたのだ。日本統治時代になって
はじめて真面目に働く多くの者が報いられるようになった。また韓国の
福祉が大きく増大したのだ。

                   光文社「醜い韓国人」 朴泰赫


112 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 19:47:36 ID:Cd/7oVVV

 李朝末期の韓国は、政治が乱れに乱れていた。宮廷は国民の大多数が
生活苦に喘いでいるのをよそに、政争に明け暮れていた。役人や、両班
はみな私欲にかられて、自らの栄達と蓄財のみを求めて、弱い民衆を摂取
することだけしか考えなかった。そのために社会道徳が乱れて、精神も文化
も経済も疲弊した。売官売職は普通のことだった。どこでも賄賂がまかり
とおった。黄金の力と暴力が支配していた。
 政治は不正行為の別名しかなかった。民衆への収奪が極限に達していた。
いつもハルサリ(その日暮らし)を強いられていた庶民は、こき使われるだけ
こき使われ、乱暴されるだけ乱暴されて、まったく希望をいだくことができない
日々を送っていた。社会が停滞しきっていた。火賊や山賊と呼ばれる盗賊が、
横行していた。火賊は村を襲うときは放火して、その混乱の中で略奪したために
そう呼ばれた。日本人は徳川幕府末期の日本について大いに誇ることができよう
が、情けないことだが、韓国人としては李朝末期については何一つ誇ることが
できない。 
                   「醜い韓国人」光文社 著者 朴泰赫


113 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 19:58:03 ID:Cd/7oVVV


 今日の台湾、韓国の高い教育レベルは、もし総督府時代(日本の統治)
がなかったならば、あと百年経ったとしても今日の中国とたいして変わ
りがないと言い切ることができる。
 桜田武元日経連会長は、1976年、3月に「韓国の経済的発展は、
日本の統治時代の教育のおかげである。教育制度、官僚組織、軍事制度
は日本が残した三つの功績である。韓国経済の成長を主導したのは、日本
の教育を受けた人々であった」と発言して、韓国から強い批判がわきおこ
った。それはけっして「妄言」や「暴言」ではない。そのとおりだと思わ
ないのは、むしろ歴史を知らないということだろう。  

                黄文雄 「中国・韓国の歴史歪曲」光文社


114 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:00:22 ID:Cd/7oVVV

    日韓併合時の韓国の首相、李完用の臨終の言葉

  「私の生涯は汚辱で終わるのだ。人々は栄光を度外視して汚辱の
  生涯だけを拡大して伝えるだろう。それは当然のことだ。人生は
  動機よりも残した足跡が大事だから・・・親清派や親露派には
  無関心の寛容を見せながら、なぜ親日派だけにそれほどに苛酷な
  のか知れない。きっと、結果的に国が亡びたからそうなのだろう。
  私も自主独立だけを絶対値に信じる者だ。ただその次善の策が親日
  であっただけだ。なぜ、併合条約に前後して、この国の独立主義者
  たちは私をぶち殺さなかったのか。ひそかにもの足りなく思う。
   私はなぜ農民の子に生まれなかったのだろう。それが怨めしい!」



115 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:07:16 ID:Cd/7oVVV

 今日の韓国社会の腐敗ぶりは李朝末期にその原点を求めることができる。
 李朝社会は朝鮮総督府(大日本帝国の朝鮮統治機構)によって、
 大きな変化を遂げたことは事実だとしても
 韓国人の価値観とか、倫理観とかは、まったく李朝朝鮮
 そのままに今日まで温存
 されて、引き継がれているというべきだろう。

  儒教は、批判的な思考や新しい考え方とか、好奇心をいっさい封じ込めたか
 ら、朝鮮半島は、停滞社会となり、進歩というものがなかった。

          
             −これでは韓国は潰れる− 崔基鎬





116 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:08:41 ID:Cd/7oVVV

  韓国人の最大の悲劇は儒教にある。すなわち儒教というイデオロギーが、
韓国文化社会を形成した張本人なのだ。
 奴隷政治、道徳の腐敗、個人主義と利己主義、権勢と虚礼虚飾・・・・
という韓国社会の腐敗を生んだ最大の要因が中国の儒教思想である。儒教
というエイズを患った韓国人は、すでに長い間に無感覚となり、その弊害
に気づいてないようだ。
 一般に韓国人は、中国人のことを軽蔑して「テノム(垢野郎)」という有名な
悪口を頻繁に口走る。そして中国人のことを「非衛生的でうじゃうじゃと喧しく、
秩序を守らず、ひどく利己的なところがある。そして面子を重んじて口汚く、
団結心がない。また極端に嘘をつくし、虚礼虚飾で自身のプライドを守ろう
とし、自分の過ちを認めたり、反省したりすることはほとんどしない。保守的
で自己顕示欲が強く、怠け者で目先のことしか見えない近視眼野郎たちだ。
権力と権威に弱く、金銭と名誉の前では奴隷と化して膝まづき、うまくいけば
自分の徳であり、うまくいかなければ他人のせいにする」等々と徹頭徹尾こてん
ぱんに叩きのめす。
 ところが興味深いのは、このような中国人の特徴、性格はほとんどそっくり
そのまま、韓国人にもあてはまるということだ。私が見たところ韓国人は、こ
れよりひどいことはあっても、ましだという根拠はどこにもない。そればかりか、
さらに中国人よりも悲劇的なことは、韓国人が感情的で幼稚な点である。

               「韓国民に告ぐ!」 金文学・金明学共著 祥伝社
 


117 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:09:52 ID:Cd/7oVVV

  
 公平無私なる観察を下すときは、いくら日本の朝鮮統治に反対しても善政は
 善政に相違なく、如何に伊藤(博文)公を毛嫌いしても公の真意には感謝せ
 ざるを得ない、とはある評者の言であった。
 究意するに韓国を亡ぼしたのは日本でもなければ之を責めるにも当たらぬ。
 また当時の李完用始め自余の責任者でもなければ之を攻撃するの必要なし。
 詮ずるところ、その責任は二千万同胞にあるのである。
 思うに韓国自体が独立の要素を欠き、独力独行することが出来なかったた
 めであって、古今問わず韓国国民全体が無気無力為す事なかりしの致すと
 ころであって、まことに自ら招ける禍であると云わねばならぬ。
 日露戦後、日本は前例に鑑み(日清戦争後の処理を指す)韓国の保護啓発
 に努力したるも韓国の上下は少しも日本の誠意を理解せず陰謀を策し、詭謀
 を企て陰に陽に敵対行動を取ったので日本は終に止むを得ず最後の手段とし
 て日韓併合を断行するに至った。・・・今日あるは自業自得であると云わね
 ばならぬ。

                 統治時代の道知事 朴栄


118 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:12:17 ID:Cd/7oVVV

  漢字文化圏や儒教文化圏の人々は、日本を除いて、伝統的には
 決して、教育熱心な民族ではなかった。/むしろ絶対多数の民衆
 が無学、無知の愚民であった。逆に「武士」の国の日本社会ほど
 「大衆文化」が浸透していた。/
 朝鮮総督府の教育政策について、「愚民化政策を実施した」という
 朝鮮人学者の批判はただの作文にすぎず、歴史歪曲の一つである。
 例えば、朝鮮文字のハングルは、朝鮮総督府時代に普及させたもの
 で、それまでは、両班から蔑視されていた。

        黄文雄 「中国・韓国の歴史歪曲」 光文社カッパブックス





119 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:14:16 ID:Cd/7oVVV

  「韓国人はもう来てくれないほうがいい」
1991年6月に会った、延辺の朝鮮族がため息をつきながら話した。
延辺を訪れる韓国からの観光客は、一様に金の自慢をする。できもしない約束を
乱発して、延辺の人々をぬか喜びさせる。
最近は金を餌に、中国でもモスクワでも、現地の娘をおびき寄せる。彼らは東南
アジアでは、野生動物保護法を犯す「蛇のスープ」や「熊料理」に群がる。


 ソウルの歴史が500年だと言いながら、その長い歴史の苔を教えてくれる建物
があまりない。5000年の歴史を訪ねる観光客は、半日もあればソウルの古蹟を
すべて見終わる。

           「井戸の中の韓国人」洪思重著 千早書房


120 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:16:17 ID:Cd/7oVVV

  日本が敗戦した1945年8月15日までは、日本人に気に入られよう
  うと、われもわれもとペコペコしたくせに、日本が敗けると判ると、今
  度は自分はこのように独立闘争をしてきたと嘘っぱちを並べる。昨日ま
  で警察にいて朝鮮人の思想を取り締まっていた奴まで、自分が警察にい
  て庇ってやったから、多くの思想犯が無事でいられたとぬかしやがる・・
   ・・・・
                  「山河哀号」 麗羅著
  



121 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:17:29 ID:Cd/7oVVV

   太古の昔、内地(日本)と朝鮮とが全く一つの家だったから、お互い
言葉も同じだったし、(中略)全然同じものだったのです。その後、朝
鮮が内地から離れていったために月日が経つにつれて何もかもがこんな
に違ってきたのです。食べ物も、言葉も、着物も名前のつけ方も。これ
は私たちがあまりに支那を崇拝した関係もあるのですが、とにかく悔し
くてならないのは、その名前のつけ方まで支那のまねをしてきたという
ことです。略(日本名に創氏改名することは)ただ、太古に帰るのみで
なくて、今日の内地の一切の風習に向かって、自発的に勇敢に帰還する
ことによって、進んで祖国に栄光あらしめ、ひいては我らの子孫を万代
の易に置くことができる。ならば、創氏改名するに何のためらいがある
だろうか。

    金文輯「半島風習のその祖国への合理的発展的帰還を論すの言」


122 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:22:38 ID:Cd/7oVVV

     韓国の民族的作家、李光洙が創氏改名(香山光郎と創氏改名)した動機

 私はよくよく我が子孫と朝鮮民族の将来を考えた挙句に、こうするのが当然だと
 いう堅い信念に到達したのである。/内地人との差別がなくなること以外に朝鮮
 人は何を望むだろうか。、したがって差別の除去のために、あらゆる努力を捧げ
 ることが、最も重大にして緊急なこととなる。/我々の在来の姓名は、支那を崇
 拝していた祖先の遺物である。/今我々は日本帝国の臣民である。支那人と混同
 される姓名を持つよりも、日本人と混同される姓名を持つのが自然だと信ずる。
            
                      「創氏と私」



123 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:25:00 ID:Cd/7oVVV

   かっての、日本人と生活をともにした日本統治時代について、いい時代
だったと懐かしむご老人は実は韓国に少なくないのである。それなのに
そんなことはまるでなかったかのように、「差別された体験」「差別的
制度や法」だけをもって、すべてを「おぞましき体験」と決めつけてき
た戦後の歴史。この歴史にまで真摯で深い反省意識の視線が入り込むこ
とが可能になったとき、あらゆる反日は超えられていくだろう。
     
                            呉善花


124 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:26:23 ID:Cd/7oVVV

   日本が韓国の警察制度の近代化に乗り出したのは、明治四十三年でし
た。警務総長には日本の憲兵司令官をあて、憲兵と警察を一元化しまし
た。
 一般に韓国民衆を弾圧するためと即断されがちですが、無差別に行な
われる韓国官憲の横暴や拷問を防ぎ、「義兵」などと称して行われてい
た山賊まがいのことや、親日派韓国人のテロ、襲撃を防ぐためには断固
たる措置が必要であったのです。
しかし、日本人は語学が出来ず、民情にも疎いので憲兵・警察の補助員
として韓国人を募集しました。当時、日本人憲兵一千七人、韓国人憲兵
補助員一千十二人、日本人巡査二千二百六十五人、韓国人巡査三千四百
二十八人で、いずれも韓国人の方が多かったのです。
 ところがこの補助員たちは、これまでの宿怨を日本の権力を借りて晴ら
す者が多く、悪弊を直すのに困りました。今村鞆著「歴史民族朝鮮漫談」
(昭和三年)には「朝鮮人は日本の両班取締りを感謝したが、下級補助員
(朝鮮人の補助憲兵、朝鮮人巡査、朝鮮人通訳)の横暴こそ、後の日本に
対する悪感情を生んだ。如何に横暴だったか、驚くべき事例を沢山知って
おり、一冊の本が出来る」と述べています。
               
         「日韓2000年の真実」名越ニ荒之助著
          日本図書館協会選定図書



125 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:27:33 ID:Cd/7oVVV

  
フランスのダレが1874年にまとめた「朝鮮事情」の第五章「法廷」
では、刑務所内の残虐ぶりをこれでもかこれでもかと書いています。そ
の中で拷問のやり方を次のように分類してます。

1、棍棒・・・柏の棍棒でふくらはぎを思い切り殴る。回数によって軽重
       がある。
2、骨の脱臼と屈折・・・二本の太い棒を使って腕の骨を脱臼させたり折る。
3、吊り拷問・・・手を後ろで縛り、腕を空中に吊りムチで打つ。
4、鋸拷問あるいは足の鋸引き・・・骨に達するまで鋸で引く。
5、まさかり拷問・・・木製の斧またはまさかりで肉片を切開する。
 これらの報告を読んでいると、思い出すのは韓国の天安市にある、
「民族独立記念館」のことです。この記念館で最もショッキングなのは
日本の警官が朝鮮人を拷問している場面です。/修学旅行にやってきた
韓国の小中学生たちは、その前で日本人への憎しみをかきたてます。
 私は眺めながら、もっと深刻なことを考えていました。こういう拷問
のやり方の中に、ここに紹介した外国人の報告の描写とダブるところが
あると気づいたのです。だから拷問を行っているのは朝鮮人であるとこ
ろに、悲劇の深刻性があったのです。
             
         「日韓2000年の真実」名越ニ荒之助
          日本図書館協会選定図書


126 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:30:25 ID:Cd/7oVVV

  今の韓国人は韓国は昔から栄えていたみたいな顔をしていますが
 昔の韓国は全く箸にも棒にもかからない国で、産業はゼロ、通貨
 すらなく、政治は乱れきっていたわけです。だから日本がそこに
 つぎ込んだカネは大変なものでした。統治中に、朝鮮人の個人
 から日本は税金を取ったことがありますか。ないでしょう。すべて
 持ち出しです。だから、あんなことはもう頼まれたって嫌だという
 わけです。
    
     渡部昇一上智大学名誉教授 「封印の昭和史」 徳間書店
                         


127 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:32:01 ID:Cd/7oVVV

    韓国併合へいたる道は朝鮮近代の敗北の歴史を意味する。なぜ敗北したのか。
 その自らの側の要因と責任の所在を真摯に抉りだす作業が、韓国ではいまだ
 になされていない。戦後の韓国で徹底的になされたことは、「日帝三十六年」
 の支配をもたらした「加害者」としての日本糾弾以外にはなかったのである。
               (中略)
 日本人といえば「過去を反省しようとしない人たち」と教えられ、そう思い
 続けてきた。しかし、それはどうやら、韓国人のほうにあてはまる言葉だと
 知ったのは、日本に来てから数年ほどした頃である。

               呉善花 「韓国併合への道」文春新書


128 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:39:43 ID:Cd/7oVVV
事実はこうである。例えば李氏朝鮮時代に我が国を訪れた外国人が
書いた文章を見てみよう。その時からすでに韓国人たちは自分勝手で、
不正が横行し、共同体意識はこれっぽっちもなかったと記録されている。
正しい教科書を作るなら、「かって外国人はこう言った。確かにわが
民族はこれこれの悪い点があるから、今後改善しなければならない」と
しなくてはならない。
もともと韓国人が平和的な良い心の持ち主だという描写も誤りである。
教科書には、わが国は、よその国を侵略する意思を持ったことがなく
困った時はお互い様と、助け合いながら生きてきた「白衣の民族」、
「純白の清潔さ」を持ったという感じで書いてある。
ほんとうだろうか。
私は、まず、ある民族が良い民族か悪い民族だとかいう分け方が
馬鹿げていると思う。どの国の民族だろうが、人間腹が減れば乱暴
になるし、逆に衣食住が足りれば寛容になるものだ。
韓国がよその国を侵略しないで、おとなしくしていたのは、別に
平和的民族だったからではない。そうせざるを得ない歴史的背景が
あったからだ。/また教科書で、あるものを「韓国の伝統」だと
讃える前に、本当に自分たちのものなのかどうかを疑ってみるべきである。
その端的な例がテコンドーと亀甲船だ。テコンドーは新羅時代にまで
遡る伝統武芸として知られている。しかし、一部ではその時代に
テコンドーの元になったといわれる「テクキョン」なる武芸とテコンドー
とは辻褄が合わないと指摘されている。それよりも沖縄で発展した沖縄
空手がテコンドーに直接的に影響を与えたのではないかとみている人も
いる。/
つまり、テコンドーも亀甲船も、すべて韓国のオリジナルな伝統に基づい
ているわけではないが、教科書はそれを教えない。
まったく韓国の教科書はウソつきである。     
                      国の作家 李鍾學





129 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:42:08 ID:Cd/7oVVV

  韓国においては、8月15日は、解放記念日として祝われる。
ここから、すべての誤りがはじまる。
その第一の理由は、この日に、韓国、朝鮮は解放されたのではないからである。
そして韓国の根本的不幸はこの日からはじまったからである。
昭和20年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾した。しかし、このことに
よって朝鮮が解放されたわけではなかった。
金九、暗殺の神様といわれ、植民地時代に、独立を求める人々の希望の星として
尊敬を一身に集めていた人物である。彼は日本降伏の報に接した時、天を仰いで
長嘆息した。
「韓国軍は日本軍を打ち破ることは一度もなかった。私は日本軍を撃滅してわが
同胞を解放したかった。最後まで日本軍に制圧されたままの解放なんて結局何も
なるまい。日本帝国はひとたび滅びても、よりたくましく再建されるだろう。
そのとき日。そのときわが同胞は日帝と闘う気力をもっているか。
自力で日帝から解放することもできなかったわが同胞に、とてもそんな力がある
とは思えない。」
この金九の嘆き。ここに韓国人の対日感情の原点がある。
「解放」なんて言ったところで、決して、自力で「日帝」を追ったのではない。
本当のところ、ほとんど何も出来なかったのだ。

              「韓国の悲劇」小室直樹著 光文社カッパビジネス


130 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:46:34 ID:Cd/7oVVV

   私は「歴史の立て直し」をするためには当然、李朝史を直視し、近代化
できなかった朝鮮近代史を検証すべきだと思う。史実をなかったことに
したり、なかったことを存在したかのように歴史捏造することが「歴史
の立て直し」ではない。他人を責める前に、自分を責めるべきである。
 李朝は、人類最大の災いであった。李朝社会の底流にある事大思想、
あるいは利己主義、無責任な不労所得生活などこそ最高の理想とする考
え方を検証し、その李朝社会の荒廃ぶりを根本から分析し、学ぶべきこ
とを学ぶべきであるが、これが韓国人自身には難関なのだ。

                    加耶大学客員教授 崔基鎬 


131 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:48:40 ID:Cd/7oVVV
十九世紀から二十世紀初めの帝国主義、列強諸国の時代、暗愚の李朝両班階級は、
その挑戦に直面、固唾を飲んだままで無為無策だった。その失策は、あらためて
糾弾すべきであって、日本帝国主義の植民地へと転落したことについて、責任を
他国のせいにすべきではない。大いに反省すべきなのにもかかわらず、今日にい
たるまでいつまでも錯誤を放置、愚鈍の感情に委せているわけで、今日のような
歴史の処断は、当然再発すること、火を見るより明らかである。
                 加耶大学客員教授 崔基鎬


  「われわれの民族的信用を最も失わせるものは、万事に於いて虚勢を張る
   病であろう。実力も伴わないのに、声だけ大きく発する虚偽である。」

                 韓国の代表的作家 李光洙



132 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:54:26 ID:Cd/7oVVV

  韓国は古くから中国の属国だった。国を統治する王家はあったが、彼らは
 中国朝廷に朝貢し、外交政策は中国に指導を仰いでいた。
 
                アメリカの鏡・日本 ヘレン・ミアーズ

 1910年、日本が韓国を併合したのは韓国の新皇帝が「請願」した
からだった。パールハーバー(真珠湾攻撃)以前は、日韓関係について
語る歴史家は、日本は欧米列強から教わった国際関係の規則を実に細かい
ころまでも几帳面に守っていた、と言ってほめるのだ。トリート教授に
よれば日本は「ひとつひとつの手続きを外交的に正しく積み上げてきた
そして宣言ではなく、条約で、最終的な併合を達成したのである」。
事実、列強の帝国建設はほとんどの場合、日本の韓国併合ほど「合法的」
手続きを踏んでいなかった。

             「アメリカの鏡・日本」 ヘレンミアーズ 著



133 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 20:58:59 ID:Cd/7oVVV

 日本は韓国の「独立」という実にもっともな動機から、中国、そしてロシア
と戦った。第二次世界大戦後の日本は、自分達は何のために戦ったか忘れて
しまったかもしれないが、日本はとにかく当時の国際慣行を律儀に守り、
それに促されて行動したのだ。日本外務省が韓国の「対外関係と対外問題」
を「管理統括」し、日本人の総督が韓国の首都で行政権限を与えられていた
のはすべて、韓国政府と締結した条約にもとずくものである。

           「アメリカの鏡・日本」 ヘレン・ミアーズ 著


134 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 21:00:52 ID:Cd/7oVVV

  
  昭和17年5月末の段階で、学校数は4945校、朝鮮人生徒数も
 187万6455人に達し、就学率も約60パーセントにまで上昇
 した。この数字は併合直後の約42倍であった。この一点だけをと
 っても日本の統治は植民地の就学率を僅か数パーセントに据え置く
 愚民政策を採用したイギリスやオランダの統治とは全く異なるもの
 だった。
 日本は中等以上の教育制度の確立にも多大なる力を注いだ。昭和19
 年5月末現在で各種学校の数はおのおの、中学校75、高等女学校75、
 実業学校133、実業補修学校145、師範学校16、専門学校24、
 大学予科1、大学(京城帝国大学−現在のソウル大学)1であり、その総計
 は470校に達した。

            「日韓2000年の真実」名越二荒之助 
             日本図書館協会選定図書



135 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 21:02:08 ID:Cd/7oVVV

 朝鮮人は、朝鮮語を忘れてしまわなければならない。朝鮮人が日本語でものを
考えたときこそ、朝鮮人が最も幸福になった時である。学校で朝鮮語を教える
必要は全くない。朝鮮人を不幸にしようとするならば、朝鮮語を永続させて、
朝鮮的な低級な文化を与え、それ以上の発達を阻止することである。

                 玄永燮 「朝鮮人の進むべき道」



136 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 21:05:32 ID:Cd/7oVVV

  
  韓国は日本によって有史以来初めて「独立」の地位を得た!
 
 歴史的にみて、韓国はまぎれもなく「中華帝国」の属国であった。
 そのことは韓国で出版された歴史関係の著書や「歴史辞典」に散見
 される。韓国人自身も属国であったことを認めていたわけだ。
 私は韓国人と「属国論」を議論するときは、この彼らにとっての
 「痛いところ」を指摘する。すると必ずと言っていいほど彼らは
 しどろもどろになり、反論に窮してしまう。そんな体たらくは見るに
 忍びがたいので、ついつい、追及をやめてしまうのだが、それでも次の
 一言を言わざるを得ない。
 「では、なぜ日清戦争後の下関条約第一条には、清国からの朝鮮独立
 がわざわざ明記されているのか。朝鮮が清国の属国でなかったならば、
 日清両国がこな条文を結ぶわけないではないか。それとも両国の国家指導者
 がまぬけだつたというのか」
 たいていはこの一言が決まり文句となり、(韓国の)属国否定論者は
 「あれとこれとはちがう」とか「それは清国と日本が勝手にやったことだ」
 とかの言い逃れに走るのが常である。

                韓国は日本がつくった 「黄文雄」



137 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 21:10:15 ID:Cd/7oVVV

    しかし、結局のところ、最後に勝ったのは日本だった。
日本のとった道、すなわち、自らの主権のもとに、近代化、西洋化をはかる
という道が、結局、西洋を打ち負かした。日本は西洋を取り込むことによって
、西洋の支配を免れた。
 軍事的には、日本は第二次世界大戦(大東亜戦争)において、歴史上、最も
決定的な敗北を喫した。自ら植民地大国たらんとする政治的な野望は達せられ
なかった。
 しかし、その後の推移では、政治的に敗北したのは西洋だった。
 日本は、西洋をアジアから追い出し、西洋の植民地勢力の権威を失墜させること
に成功した。
 その結果、西洋はアジア、ついでアフリカの西洋化された非西洋世界に対する支配権
を放棄せざるをえなくなった。
                     P・F・ドラッガー 「新しい現実」





138 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 21:11:48 ID:Cd/7oVVV

    侵略者をすべて撃退したという自画自賛史観が史実に反するというのは、「壬申
倭乱」「丙子胡乱」「モンゴル軍の侵入」などを見れば明らかだ。モンゴル軍が
侵入してくると、西北や東北地方の官吏は競って土地を献上して順民を誓う。
韓人は逆に、侵入軍の先頭にたって自国の軍隊を叩く、もしくは城を明渡して逃げ
惑う。ときには抵抗する儒者や僧侶も出てくるが。その頻度は極めて低く、秀吉軍
の京城(現在のソウル)入城のように奴婢はむしろ侵入者を解放軍として敵を迎え
た。
 それだけではなく、多くの「韓奸」や「売国奴」といわれる人々が必ず現れて敵
についていく。民衆は敵軍に従軍する。朝鮮征伐のときに、さっきまで自分の国王
(仁祖)だった人へ、都落ちの国王として石を投げたり、王子を捕らえてまで敵軍
に献上することもある。あるいは、宮城攻めに民衆が協力して城攻めや攻囲をする
場合もある。/
 景福宮などの焼失は大部分の韓国の観光案内によれば「日本軍の兵によるもの」
と書かれているが、それは嘘だ。李恒福の「白沙集」によれば、秀吉軍の入城前に
はすでに灰燼となっていた。それは、民衆が兵乱と聞けばすぐに蜂起して、宮廷を
襲い略奪したからだ。ことに奴婢は秀吉軍を解放軍として迎え、奴婢の身分台帳を
保管していた掌隷院に火を放った。これが歴史の史実だ。
                           
                  台湾の評論家 黄文雄氏




139 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 21:14:21 ID:Cd/7oVVV

  日本は東條神社を創建すべきだ。東條首相は天皇陛下に最も忠実に、国家
  の命ずる所に従って全力を尽くした。私心なく清廉潔白で、汚職のけぶらい
  は全くなかった。日本は不幸にして敗れたが、彼は全責任を背負って断頭台
  にのぼった。こういう人こそ顕彰すべきではないか」
  「敗れた人でも祀るのが、日本の心ではないか」

             東方工商専科大学学長 許国雄


140 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 21:17:27 ID:Cd/7oVVV

 親日国家は台湾、インドネシア、マレーシア等あるが中でも一番はミャンマーです。
 政府高官からジャーナリストまでが「ミャンマーが今日あるのは日本のおかげです。
 日本のおかげで、英国の圧政を逃れ独立することができた。我々は深く日本に感謝
 しているのです」そう言い放つ。
 そして三月二十七日の国軍記念日がやってくると、今度は日本の男達が度肝を抜かれ
 る。この日全国から首都ヤンゴンに集まったミャンマー国軍の各方面の盛大なパレードを
 繰り広げるのですが、このパレードがいきなり日本の「軍艦マーチ」で始まるのです。
 華やかに演奏される軍艦マーチとともに軍服に身を固めた屈強な若者達が整然たる・・・
 ミャンマーの軍楽隊は続いて「歩兵の本領」「愛馬進軍歌」などの旧日本軍歌を
 次々に演奏して、勇壮な国軍のパレードが続きます。
              
               「最新東洋事情」深田裕介 評論家


141 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 21:18:30 ID:Cd/7oVVV

  「日本が総じて安定した非侵略的な独自の文明をつくってきたことは記録に
明らかだ。近代以前の日本は少なくとも千八百年の間、様式化され限定され
た内戦の時代と、全体的混乱の一時期を除けば、平和と安定の中で文明を発展
させ、人口を増やし、制度を整備し続けた。そして外国を侵略しなかったことは
事実である。日本人を間違いで非難するなら、世界の大国になった近代国家で
こうした歴史を誇れる国がほかにあるか、探してみるべきだ。
 私たちは日本国民を生来の軍国主義者として非難し、その前提の上に戦後計画
を立てている。しかし、日本国民を生来野蛮で好戦的であるとする証拠はなにも
ない。なによりも日本国と日本文明の歴史がそれをはっきり否定しているのだ」

            「アメリカの鏡・日本」ヘレン・ミアーズ


142 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 21:22:55 ID:Cd/7oVVV

   日韓併合当時、満州には150万の朝鮮人がいた。彼らは絶えず漢人から圧迫
 され、摂取され、農奴に近い生活を強いられていた。やがて朝鮮人狩りが起こる。
 朝鮮人を最も嫌っていたのは張作霖で「満州には朝鮮人を一人も入れさせない」と
 息巻いていたほどである。この朝鮮人迫害は漢人、韓人たちの満州資源争奪の争い
 を助長した。
 このような歴史背景下で、朝鮮人たちの唯一の救いは、当時世界五強のひとつであった
 大日本帝国の臣民となることだった。唯一、中国に対抗できる切り札であったため、
 朝鮮人たちはすすんで創氏改名を強く要求したのである。日本こそが朝鮮人にとって合邦
 国家の民族の誇りであり、中国人の跋扈に対抗できるただひとつの勢力だったのだ。

                「韓国は日本人がつくった」 黄文雄    徳間書店


143 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 21:25:02 ID:Cd/7oVVV

  「朝鮮にはその独自文化なし。もしあるとすれば、仏教文化と儒教文化などの
  外来文化のみ」
                  高橋亭  「朝鮮人の特性」

 朝鮮の学者たち自身も、自国の文献に何ら信用を置いておらず、また決して研究対象
 にする事なく、中国の歴史書だけを読むことにしている。
 ときどき朝鮮語で書かれた簡略な歴史本に出くわすこともあるが、それは婦女子の気晴
 らし用の真偽取り混ぜた奇譚集に過ぎない。学者たちといえば、それを開いて見ること
 さえ恥辱だと思っている。

                   「朝鮮事情」 ダレ神父






144 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 21:26:11 ID:Cd/7oVVV

   韓国人が自国の歴史認識について、もっとも忌み嫌うもののひとつは、中華帝国
 によって朝鮮の歴史が決められてきたという「他律史観」である。「事大主義」
 という言葉も、あまり好きではないようだ。これらの用語は、自国史の主体性に
 かかわるものだからだろう。史実とは関係なく、自律性が欠けていることを、ひ
 たすら否定したがるのだ。
 そのため1000年以上にわたる中華帝国との主従関係、君臣関係を無理やりに
 「友好関係」「同盟関係」などと主張するのだろう。しかし、精彩を欠く半島史
 は、冷厳な目で見れば他律性以外の何があるというのか。
         中     略
 しかし、李氏(朝鮮)一族の属国願望は限度を超えた、きわめて徹底したもので
 あった。明から国号を乞い、国王の認知を求め、生殺与奪の権をすべて宗主国に
 任せてしまったのだ。これまた、人類史上類を見ない属国根性である。

             韓国は日本人がつくった 黄文雄 徳間書店


145 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 21:34:57 ID:Cd/7oVVV

大体が我々は大きな民族ではない。中国やローマ、ペルシャ、トルコが
作ったような、そんな大きな国を作ったことがない。また、未だかって
国際舞台で主役を演じたこともない。エジプトやバビロン、インドや
ギリシアのように世界文化史に誇れるものを何も残していない。ピラミッド
万里の長城のような偉大な遺物があるわけでもなく、世界に貢献した発明も
ない。人物はいるにはいるが、その人によって世界思潮の主流になったと
いえるようなものはない。それよりも、あるものといえば、圧迫であり
恥であり、分裂であり、失墜の歴史があるだけだ。公正な目で見る時はなおさら
そうである。それは実に耐えられない悲しみである。
               
              「意味からみた韓国史」 咸錫憲



146 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 21:41:40 ID:Cd/7oVVV

苦難の歴史!韓国史の底に秘められて流れる基調は苦難だ。この地も、人も、大きな
事も、小さな事も、政治・芸術・思想もなにもかもがことごとく苦難を示すものだ。
これを聞いて驚かない人はいないだろう。だが、はずかしく、心痛む事実であること
はどうしようもない。/私は七年前から中学生に歴史を教えるようになったが、どうす
れば若い胸に栄光の祖国の歴史を抱かせるかと努力してみた。しかし無駄だった。
幼いころ聞いた乙支文徳・姜邯賛の名を大声で叫んでみた。だが、その声で埋めて
しまうには五千年の歴史の呻きはあまりに大きかった。みんながしているように生生字
・亀船・石窟・多宝塔、あるものを全部総動員して観兵式を行ってみようともした。
しかし、外観だけですましてしまうには朝鮮半島に打ち込まれた傷あとはあまりに
大きく、多かった。私は自分自身を偽ることなしには、はやりの「栄光の祖国の歴史」
を教えることができないのを悟った。
                  韓国民主化運動のリーダー  咸錫憲


147 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 21:43:02 ID:Cd/7oVVV

韓国国旗は日本の船の中でイギリス人によって作られ神戸で初めて掲揚された!
   
  壬午軍の乱の結果、韓国の謝罪使節団は日本の明治丸に乗船して仁川港から日本に
  向かった。この船中で現在も使われている韓国の国旗(太極旗)が生まれたのです。
  その国旗が初めて日本で掲揚された事情を李博士が書いている。
 <明治丸は船長だけはイギリス人のジェームスを雇っていたがこの船長が好奇心を持って
 珍客朴泳孝修信使一行と話を交えているうちに「朝鮮国王の使節が礼訪するのだから
 貴国の国旗を貸してくれればマストに掲げる」という話を持ち出した。その時まで国旗の
 制定・使用をしていなかった朝鮮国王は、あわてざるを得なかった。幸い一行が出発する
 前に政府要路の間で、国旗問題が論議され、修信使は「必要なときには適当に作って使用
 せよ」という国王の内諾を得ていたから朴泳孝以下の使節団幹部は、明治丸の船上で、あら
 かじめ構想していた太極八卦を出し、アストン総領事の意見を求めた。旗に関してアストン
 よりも詳しいジェームスは、「太極の図案はよいが、周りの八卦は複雑だから、四卦だけを
 四隅に配するほうがよかろう」と言い出して、一行これに同意して決定となり、ジェームス
 の好意で最初の国旗標本として大、中、少の三本を画いてもらった。一行が神戸に着いてか
 ら、八月十二日、宿所西村屋の屋上に韓国旗が初めて掲揚された。その日から神戸に駐屯する
 国外外交官は、この珍奇な国旗を写していった>     
 「民族の閃光」より


148 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 21:44:23 ID:Cd/7oVVV

第二次世界大戦を日本国民は団結してよく戦った。それが契機となってアジア諸国
 はすべて独立した。この偉業は将来誰も否定できなくなるであろう。そして注目す
 べきことは、あれほど戦っていた日本が敗戦と決まれば、整然と矛を収めたことで
 ある。この見事な収拾ぶりは世界の驚きであった。


                       韓日人協会理事長 鄭時東




149 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 21:45:34 ID:Cd/7oVVV

 わが国の中・高等学校教科書を見ると、百済・高句麗・新羅三国の文化
が日本に伝えられた話が出てきますが、その内容は日本古代史書である
「日本書紀」を土台にしているもので、わが国の史書にはありません。
(そもそも韓国に古代の文献はほとんどない)ところが、日本の学者が
「日本書紀」を土台にして、古代日本が二百年余り朝鮮半島南部の伽耶
(日本名任那)地域を支配したという「任那日本府説」を主張すると、
韓国の学界ではそれは信じることができないと主張しています。これは
明白な矛盾であり、こうした姿勢ゆえに日本の学界が韓国の学界を軽く
見るのではありませんか、
という身の程を知らぬ質問をした。そしたらL教授は黙り込んで答えず、
横に居られたC教授が「自信がないんだよ」とおっしゃった。「日本書紀」
には日本が「任那日本府」という機構を置いて朝鮮半島南部を支配しつつ、
三国文化を運んでいったようになっている。しかし、韓国の中・高等学校
では三国文化が日本に伝播される国際関係に関しては何の説明もされず、
ただ高句麗・新羅・百済の三国が日本に文化を伝えた事実だけを教えている。
そこで学生達は日本を客観的に理解できずに、無条件、対日優越意識だけを
助長する結果をもたらせた。外国に出かけたわが国の学生が「任那日本説」
に接して戸惑うのも無理はない。

          高麗大学教授 金鉉球


150 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 21:47:15 ID:Cd/7oVVV

     韓国の文化勲章を受章した枡富安左衛門
    −朝鮮人の教育に生涯を捧げたキリスト教徒−

 枡富の事業の舞台となったのは全羅北道金堤郡月村面月風の農場と高敞郡富
安面吾山里の果樹園でした。信者になってからの彼は、朝鮮の民衆への布教と
奉仕を使命とし、事業の収益の殆どを朝鮮の教育施設の設立のための資金として
貯えていたのでした。
 「我らは、この半島のために何を負うべきか。愛のほか負うてはならぬと存
ずる。もつと我らは政府の力を借りずに、お互いにめいめいで半島の民と真に
解けあい、聖書について祈り、研究する必要がある。例えば学校、病院、植林
農業に為すべき、様々なことがある」
 枡富はその言葉通り、全羅北道に於いて一番に水利組合を作り、農業用水の
確保をはかって洪水や干ばつの被害防止に尽くし、進歩的な農業技術を導入し
て朝鮮人技術者を育てていきました。他にも湖の水を利用しての発電に成功し
たり、他の日本人農場主や農民と結束して荒廃していた植林事業にも乗り出し
ました。
 「今私が朝鮮でしていることは神の命じてくれた特殊なものと信じている。
この哀れな朝鮮人を神の導きに従い、少数の人でも導く日が来るならば、私
も心の慰めを得ることができる」
 私塾「興徳学堂」では子供達に授業料を取らずに教材や筆記用具を与え、
読み書き、算盤を教えました。また、「私立吾山高等学堂」を設立、後に
「高敞高等普通学校」と名称を変え、独立運動に参加して退学となり、学び場
を失った学生達を積極的に受け入れ、いつしか「民族運動揺藍の地」と呼ばれ
るようになりました。彼はつねに朝鮮の独立を願っていたのです。
 昭和九年、十一月六日、死去 享年五十三歳 惜しまれた死でした。

         「日韓2000年の真実」名越二荒之助著より大意抜粋
日本図書館協会選定図書

151 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/09/06(水) 22:52:33 ID:b6Shrbi+
厚かましいよな、ヘレン・ミアーズまで引用しやがって、糞め。

彼女はアメリカの偽善に対して相対的に日本を弁護して見せただけで、
大日本帝国の侵略行為を正当化なんてしてねえって。

そういう曲解をするバカが多くて、ウルトラ名著な『アメリカの鏡・日本』が
余り人に薦められないで困ってるんだが。

152 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/09/06(水) 22:56:26 ID:b6Shrbi+
極東裁判のパールと一緒だな。

153 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/09/06(水) 23:00:48 ID:b6Shrbi+
ミアーズの本読んで涙流すなら、彼女を見習って
自国の歴史の罪を反省しろや。

ミアーズの良心に甘えてひとしきり自分を哀れんでは、
ドベーンと居直って自己正当化を繰り返すバカども死ねよ。

154 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/09/06(水) 23:03:17 ID:b6Shrbi+
まー、相変わらず精神的12歳児多くて多くて。

155 :名無しさんといっしょ:2006/09/06(水) 23:13:14 ID:osQ8Rj6+
処刑ライダーは独り言しかいえないオナニー野郎でつ
華麗にヌルーしちゃってください

156 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/09/06(水) 23:15:01 ID:b6Shrbi+
黙れ、三歳児。

157 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/09/06(水) 23:30:35 ID:b6Shrbi+
http://www.amazon.co.jp/%30a2%30e1%30ea%30ab%306e%93e1%30fb%65e5%672c-%65b0%7248/dp/4046519681/sr=8-1/qid=1157551057/

>推薦者櫻井よしこが苦手なリベラルにも一読の価値はあるだろう。

アッタマ来るよなー。これじゃ誰も読まないだろ。

158 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 18:36:43 ID:YJgdS0PL

 心の切り替えができない私は、誰から見ても敗戦で肩を落した
日本人に見えたのだろう。
まだ日本兵の軍服で汽車に乗り込んでいた私は、八月十五日を
もって急に威張り始めた連中の嫌がらせを受けた。
座席の下に置いた新品の飯盒を朝鮮人に盗まれ、それを奪いかえ
そうとすると、「何だお前、朝鮮人をバカにするな!降りてこい!」
と、たちまち数人に取り囲まれてしまった。
多勢に無勢、勝ち目はない。
こうなっては、「すみません、私の記憶違いでした」と謝り、難を
逃れるしか術はなかった。
それから佐世保に到着するまでの三十時間、連中は執拗に私を含め
多くの日本人乗客をいびり続けた。
若い女性がトイレに行こうとすると通路を塞ぎ、次の駅で窓から降
りるよう指示するなど、この連中のあまりにも情けない行状を、私
ははらわたが煮え繰り返る思いで眺めていた。
ただ黙って見ているしかなかったのである。
(略)
あの引き揚げ列車の中で、私を含め敗戦で意気消沈する日本人をいびり
続け、肩をいからせていた朝鮮人達が、「中華民国台湾青年隊」の腕章
をつけた我々におべっかを使って擦り寄ってきたのである。
それは中華民国が連合軍の一員であったからにほかならない。
弱者には威張りちらし、強いものには媚諂う、そんな彼らの極端な習性
を目の当たりにした思いがした。

       「台湾人と日本精神」蔡焜燦


159 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 18:38:33 ID:YJgdS0PL

  しばらくして、敗戦の事実が我々台湾出身生徒にも正式に伝達
されたとき、悔しさと無念の気持ちでいっぱいになり、とめど
なく込み上げる涙で頬を濡らしたことはいまでも鮮明に覚えて
いる。
それは他の台湾出身生徒も同じ心境だった。
他方、朝鮮出身の生徒達は、その日から食料倉庫、被服倉庫を
集団で強奪するなど、したい放題のありさまで、我々は複雑な
心境でただそれを眺めていた。

(略)そこで進駐軍がやって来るまでのおよそ二カ月間、学校
、練兵場、格納庫、武器庫など、あらゆる軍の施設を我々四十名
の台湾人生徒が守ることになったのである。
「朝鮮人は信用できない。だから君たち台湾人が守ってほしい」
そう言い残して去っていった上官の言葉を、これまで経験して
きたもろもろに照らし合わせて了解した。

          「台湾人と日本精神」蔡焜燦


160 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 18:40:03 ID:9bJ1/EV7
天皇陛下バンザイなどと叫んでいる放送局を
最終的には信じられないというのが本音であります

161 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 18:44:45 ID:YJgdS0PL

  『李朝社会とは、貴族と民衆の隔たりが大きく、貴族は全ての権力を独占する。国中で自由
  な人格と意志が持てるのは貴族だけである。しかしながら、彼らは社会悪の根源でもある。
  彼らは士官のみを志し、民衆を”禽獣畜生”の如く扱い、財産を略奪する。しかも、その三分
  の一も国庫に納めない。
  徒党を組み、私腹を肥やして殺し合う。
  しかし、彼らは政治と言うものを理解せず、民衆から略奪する事が政治だと思っている。
  強い者になびき易く、親露、親日、親清とコロコロ変わる。』

             清国人、戊戌威信の英雄・粱啓超

 


162 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 18:48:12 ID:YJgdS0PL
 イギリスの海軍と空軍は、日本の海軍に太刀打ちできなかった。イギリス
 極東艦隊はたちまち消滅したし、インド洋作戦においても、日本は軍艦一隻
 も失わずにやすやすとイギリスの空母や重巡を撃沈せしめている。
 空中戦でもチモール島から飛び立った21機の零戦部隊は待ち受けていた
 オーストラリアの新鋭スピットファイアー(イギリスの名戦機)45機と
 戦って約二割を撃ち落している。零戦は一機も落ちずに、海上数百キロを
 飛んで帰った。イギリスでは「零戦とは戦闘すべからず」といわれたほどだ。
 日本が本当に負けたのはアメリカだけであった。アメリカと日本だけが機動
 部隊という航空母艦を何隻も主軸にした艦隊群を二個も三個も持っていて、
 そこから数十機、数百機の飛行機を飛ばしあって戦ったのである。
 日本は横綱相撲で負けたということ、しかしながら、それによって新しい
 独立国が続々とできたということ、これも指摘しなければならない。
 戦前の世界地図と今の世界地図を比べれば一見して白人アパルトヘイト体制
 の崩壊が明らかである。
 振り返ってみると、維新以来の日本は、皮膚の色はどうであれ、能力は基本的
 に違いがない。基本的に全ての民族は平等だということを実証したのである。
 能力は皮膚の色で決まるのではない。たまたま白人が、自然科学を早く身につけた
 にすぎない。気がついたときにはあまりにも発達していたので、ぼんやりしていた
 有色人種は追いかけることをあきらめた。
 その中で日本人はあきらめなかった。努力の結果、日本人は成功し、それを見た他の
 有色人種は「われわれにもできる」と思うようになった。
 白人は別格だと、有色人種が思い込んでいたものを、日本は戦前は軍事力で戦後は
 経済力で突き崩してみせた。日本人が二十世紀においてやりとげたのは、人種の
 基本的平等の実証だった。これこそが二十一世紀の世界を動かす公理である。
 これらの大筋を義務教育の段階から教えるならば、いずれ日本は誇りを持ち、
 全体としては品格も上がり、外交姿勢もきちんとしてくるのではないかと思う。
            上智大学名誉教授 渡部昇一



163 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 18:51:25 ID:YJgdS0PL

   「韓国は絶対日本のものである。確かに、条約は韓国が独立を保つべきである
 と厳粛に誓約している。しかし、韓国自身は条約を実行するには無力である。
 そして、韓国が自分自身のために全くできないことを、どこか他の国が韓国の
 ためにしようと試みるなどと想定するのは問題外のことである」

           アメリカ大統領 セオドア・ルーズベルト 

164 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 18:52:45 ID:YJgdS0PL

  中国のホテルで見た韓国人の醜態

また中国でもこんな光景を目撃した事があった。一九九七年の夏のある日、
あまりに暑かったので喉を潤そうと繁華街のホテルのコーヒーショップに入った。
するとそこは超満員の客でごった返していた。ところがいちばん隅のテーブルで、
ホテルの警備員と何人かの客が英語を使って口喧嘩をしていた。

客の姿格好や英語の発音からして韓国人であることは明らかだった。
おそらくコーヒーショップのウェイトレスをからかったために警備員が、
駆けつけたようであった。警備員が注意すると、赤いポロシャツの男が、
「アイ・アム・ジャパニーズ!」と英語で喚き、いっしょにいた仲間たちも
大声を張り上げては相槌を打った。

そのうち眼鏡をかけた男が「この中国人野郎、俺達が日本人だってことが、
わかってるのか?」と韓国語のソウル言葉を口にした。やはり思った通り、
本当は韓国人であった。

私は一瞬、同じ民族として顔がまっ赤になるほど恥ずかしくていたたまれなかった。
自分が明らかに過ちを犯しても、その愚かな韓国人は「名分」を守るために、
躊躇することなく他の民族だと偽って責任を回避したのである。
まったく醜悪極まりない行為だとしかいいようがない。

韓国民に告ぐ! 金 文学/金 明学


165 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 18:53:52 ID:YJgdS0PL

  欧州でも嫌われ者の朝鮮人

以前、出張でドイツに来た(韓国の)大企業の幹部たちを案内したときのことを思い出すと
今でも顔が赤くなる。コンビニエンスストアに入ったとき、ここは禁煙だというと
床にタバコを投げ捨てて「先進国なのに、なんて不便なんだ」といい、高層ビルが
少ないのを見て「ずいぶん貧しいんだな」などど、見当違いの不遜な態度をとる。

実際、ヨーロッパの有名な観光地の多くの免税店では韓国語で「韓国人御遠慮願います」
と書いてあるし、多くのホテルでは韓国人を受け付けないのが現実である。

        「英語は絶対勉強するな」 P97 より   鄭 讃容 著



166 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 19:15:14 ID:YJgdS0PL
 
 当研究所の創立者故古屋貞雄理事長が生前手掛けていた仕事のひとつに東京都池袋西口都有地払い下げの問題がある。
私がその仕事を引き継ぎ、現在もやっているが、これは旧豊島師範学校跡地を無断占拠し、
商売をはじめたいわゆる敗戦直後のブラックマーケットの区画整理にともなう有名な(都内の不動産業者で知らない人のいないほどの)都有地払い下げ事件である。

私がこの事件に関与して20年になるが、調べていくうちに、マーケット内の朝連系朝鮮人の「活躍」を知ることができた。
ここで活躍したかなりの人達が、北朝鮮に帰国していったようである。
このマーケットの中は、治外法権だった。警察権力の手は到底及ばなかった。
そこを取りしきっていたのが"ヤクザ"だが、ヤクザの中にも朝鮮人はいたし、
そのヤクザ集団が、”チョウレン”と聞いただけで緊張し、身を震わすというほどの"実力"を持っていた。

この池袋西口と似た場所が、都内の上野、新宿、新橋などにあった。
池袋西口でどのようなことが展開されたかは省略するが、
結論だけを記せば、かつてそこに住んでいた日本人住民で、
当時の朝鮮人を良く言う人は誰もいないというか、
ほとんどの人が今でも敵意すら抱いている。

 「在日韓国・朝鮮人に問う」 佐藤勝己 1991年 亜紀書房



167 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 19:16:58 ID:YJgdS0PL
(1)依頼心が強い
(2)すべきことをせず他人に期待し裏切られると恨んだり非難する
(3)相手も自分と同じ考えだと思い「違う」と分かると裏切られたと思う
(4)せっかちで待つことを知らず「今すぐ」とか「今日中」とよく言う
(5)すぐ目に見える成果をあげようとし効果が出ないと我慢せず別の事をやろうとする
(6)計画性がない
(7)自分の主張ばかりで他人の事情を考えない
(8)見栄っ張りで虚栄心が強い
(9)大きなもの・派手なものを好む
(10)物事を誇張する
(11)約束を守らない
(12)自分の言葉に責任をもたない
(13)何でも出来るという自信を誇示するが出来なくても何とも思わない
(14)物事は適当で声だけ大きくウヤムヤにする
(15)綿密さがなく正確性に欠ける
(16)物事を徹底してやろうとしない
(17)“見てくれ”に神経を使う
(18)「世界最高」とか「ブランド」に弱い
(19)文書よりも言葉を信じる
(20)原理・原則より人情を重んじ全てを情に訴えようとする

            「現代韓国人の国民性格」(李符永・著)





168 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 19:20:04 ID:YJgdS0PL

 「政治的意図で反日教育をしておいて、何が将来の友好だ。いつまでも憎悪を
 忘れさせず、残るのは憎しみだけだ」
       
        小沢一郎自由党党首 199512月19日付朝日新聞



169 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 19:22:05 ID:YJgdS0PL

      中国を除いてアジアで日本を憎んでいるのは韓国だけである。しかも
    その憎しみの根拠は白黒が逆転した捏造歴史教育なのだ!
 
 「しかし、大日本帝国は軍政を最終的に撤廃し、フィリピン共和国の独立を承認
 するというこのうえない形で、その高邁な精神と理念を証明した。帝国はその全て
 の誓約と宣言を誠実に守り、フィリピン国民が憲法を制定し、自らの文化と伝統に
 調和する国家を樹立する最大の機会を開いたのである。
 大東亜において日本帝国はあまりに激しく、あまりに不当に圧政暴虐の侵略者として
 非難されているが、その寛容と自由の実践は世界も驚くであろう。日本は帝国であったが
 一つの共和国を認め、まさにその樹立に参画した」

         フィリピン独立記念での演説   パルガス フィリピン大使 



170 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 19:23:11 ID:YJgdS0PL

         韓国内では支持されなかった3.1独立運動(単なる暴動)

 私がもう一言いいたいのは、独立説が空しいものであることを私たちがしっかり
悟り、朝鮮民族の将来の幸福を祈ることにある。現在のように国際競争が熾烈な時代
にこの3000里にすぎない領土と、あらゆるものが不足している1100余万の
人口をもつ私たちが独立を唱えることがいかに空しいことか、日韓併合からこの10
年間、総督政治の実績をみれば、人民が享受した福祉が多大なものであることは内外
が公認するところだ。地方自治、参政権、集会と言論については、朝鮮人の生活と
知識に応じて、正当な方法で要求するなら同情を受けることができる。今私たちに
迫られているのは独立ではなく実力を養うことだ。

              日韓併合時の韓国首相 李完用


171 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 19:29:38 ID:YJgdS0PL

「私達が今までの接触に依って識ることのできた限りに於ては、此の
国民は、私が遭遇した国民の中では、一番傑出している。私には、ど
の不信者国民も、日本人より優れている者は無いと考えられる。日本
人は、総体的に、良い素質を有し、悪意がなく、交わってすこふる感
じがよい。彼等の名誉心は、特別に強烈で、彼等に取っては、名誉が
すべてである。日本人は大抵貧乏である。しかし、武士たると平民た
るとを問わず、貧乏を恥辱だと思っている者は、一人もいない。」
「住民の大部分は、読むことも書くこともできる。これは、祈りや神
のことを短時間に学ぶためのすこふる有利な点である。日本人は妻を
一人しか持っていない。窃盗は極めて稀である。
彼等は盗みの悪を、非常に憎んでいる。大変心の善い
国民で、交わり且つ学ふことを好む。」

            フランシスコ・デ・ザビエル

         『聖フランシスコ・ザビエル全書簡3』より


172 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 19:31:06 ID:YJgdS0PL

「ヨーロッパの子供は青年になってもなお使者となることはできない。
日本の子供は十歳でも、それをはたす判断と思慮において、五十歳にも
見られる。」「われわれの子供は、その立居振舞に落着きがなく優雅を
重んじない。日本の子供はその点非常に完全で、全く賞讃に値する。」
「われわれの子供は、大抵公開の演技の中でははにかむ。日本の子供は
恥ずかしがらず、のびのびしていて、愛嬌がある。そして演ずるところ
は実に堂々としている。」

           ルイス・フロイス

          『ヨーロッパ文化と日本文化』より




173 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 19:32:17 ID:YJgdS0PL
エドウィン・アーノルド

地上で天国あるいは極楽にもっとも近づいている国
「その景色は妖精のように優美で、その美術は絶妙であり、その神の
ようにやさしい性質はさらに美しく、その魅力的な態度、その礼儀正
しさは、謙譲ではあるが卑屈に堕することなく、精巧であるが飾るこ
ともない。これこそ日本を、人生を生甲斐あらしめるほとんどすべて
のことにおいて、あらゆる他国より一段と高い地位に置くものである」

明治22年(1889)
エドウィン・アーノルド(1832-1904)イギリス
ロンドンの詩人・ジャーナリスト。インドのデカン大学の学長を務め、
帰英後デーリーテレグラフ紙の編集者。仏陀を主題とする詩「アジア
の光(原題:The Light of Asia)」(1879)の作者。



174 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 19:33:21 ID:YJgdS0PL

「近代、日本の発達ほど、世界を驚かしたものはない。この驚異的
発展には他の国と異なる何ものかがなくてはならぬ。果たせるかな、
この国、3千年の歴史がそれであった。この永い歴史を通じて、一
系の天皇を戴いたという比類なき国体を有することが、日本をして
今日あらしめたのである。私はいつも世界上のどこか一カ所位、こ
のような尊い国がなくてはならぬと考えていた。何故なら世界の未
来は進むだけ進み、その間幾度びも争いは繰り返され、最後に戦に
疲れる時が来る。その時人類は必ず誠の平和を求めて世界的盟主を
あげねばならぬ時がくる。この世界盟主なるものは、武力や金の力
ではなく、凡ゆる国の歴史を抜き越えた最も古く又尊い家柄でなく
てはならぬ。世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る。それは
アジアの高峰日本に立ち戻らねばならぬ。吾々は神に感謝する。天
が吾々に日本という尊い国を作って置いてくれた事を」

  アインシュタイン 〜大正11年(1922)初来日の時に残した言葉〜




175 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 19:35:59 ID:YJgdS0PL

  
 太平洋のような広大な戦場で、空母を中心とした大機動部隊を用いた戦争を数年間
も続けるというようなことは、当時の日本とアメリカのみがなしえることだった。すで
にイギリスの国力は往年のものではなかったし、当時のソ連の海軍は三流のレベルだった。
ドイツも海軍は問題にならなかった。
 結局、当時の二大海軍国はアメリカと日本であった。その二大国が正面からぶっかったの
があの戦争(大東亜戦争のこと。後世は太平洋戦争と呼称される)だったのだ。我々はいわ
ば千秋楽で負けたほうの横綱だった。この事実だけはきちんと踏まえておく必要があると思う。
 日本の敗戦で歴史の流れが逆流するどころか、かえってその勢いは奔流のごとくとなり、
世界中から人種差別が追放されるという結果になった。日本は敗れたが結果は日本の望むとおり
になったのである。
                    渡部昇一 上智大学名誉教授



176 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 19:46:05 ID:YJgdS0PL

   韓国の独立は、その戦略的地位に鑑み、日本の死命を制する大事であった。
 したがって、日本は韓国が名実ともに独立することを願っていたのである。
 しかしながら独立は悪政につぶされた韓国国民の能力を超えたものであった。
 韓国が中国またはロシアの手に落ちるのを防ぐため、日本は二度の(日清・日露)
 の戦争を経て韓国を保護下におくことに宣言した。この実験は失敗した。そこで、
 1910年に締結した併合条約によって、日本は廃墟の上に新しい韓国を建設する
 責任を担ったのである。  

                 永野錬太郎 「現代の日本」 1933年9月 

177 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 19:49:49 ID:YJgdS0PL

           近代韓国の英雄が語る「李氏朝鮮史」

 「四色党争、事大主義、両班の安易な無事主義な生活態度によって、後世の子孫
 まで悪影響を及ぼした、民族的犯罪史である」
 
 「今日の我々の生活が辛く困難に満ちているのは、さながら李朝史の悪遺産その
 ものである」

 「今日の若い世代は、既成世代とともに先祖たちの足跡を恨めしい眼で振り返り、
 軽蔑と憤怒をあわせて感じるのである」

                「国家、民族、私」   朴正熙 韓国大統領


178 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 19:52:14 ID:YJgdS0PL

  明治14年、朝鮮の青年約60人が慶応義塾にきた。しかし彼らは遊んでばかりで
ついには大学の金庫を荒らし、福沢諭吉を怒らせた。諭吉の「隣国の開明を待つ
猶予あるべからず」という脱亜論は、この留学生の姿を見て書かれたもので、
そこにははっきりと失望が読み取れる。

「日本警世(連載10)」 高山正之帝京大学教授
THEMIS(月刊テーミス)2002年4月号



179 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 19:56:29 ID:YJgdS0PL

  「朝鮮の悲劇」 F.A.マッケンジー 1908年 (1973年 平凡社東洋文庫)

韓国人は、遺伝と教育とによって、その大部分が、おおげさな物言いをする人間か厚顔無恥
の嘘つきかである。それで、日本人の非行についての彼らの陳述は、検証なしに、これを受け
入れることはできない。


180 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 19:57:38 ID:YJgdS0PL

   韓国人が自国の歴史認識について、もっとも忌み嫌うもののひとつは、中華帝国
 によって朝鮮の歴史が決められてきたという「他律史観」である。「事大主義」
 という言葉も、あまり好きではないようだ。これらの用語は、自国史の主体性に
 かかわるものだからだろう。史実とは関係なく、自律性が欠けていることを、ひ
 たすら否定したがるのだ。
 そのため1000年以上にわたる中華帝国との主従関係、君臣関係を無理やりに
 「友好関係」「同盟関係」などと主張するのだろう。しかし、精彩を欠く半島史
 は、冷厳な目で見れば他律性以外の何があるというのか。
         中     略
 しかし、李氏(朝鮮)一族の属国願望は限度を超えた、きわめて徹底したもので
 あった。明から国号を乞い、国王の認知を求め、生殺与奪の権をすべて宗主国に
 任せてしまったのだ。これまた、人類史上類を見ない属国根性である。

             韓国は日本人がつくった 黄文雄 徳間書店





181 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 20:04:17 ID:YJgdS0PL

  こうして、憲兵・警察の数からみても、「日帝三十六年」の義兵や民族運動は
 誇大宣伝であり、朝鮮人(韓国人)はかなり順民であったのである。ましてや
 民族主義者が言うような全民族的な抗日運動などあるはずもない。たとえあった
 としたら、駐留している(日本軍の)二個師団だけでは全民蜂起に勝てるはずも
 なかろう。/
 日本人は誠の民族で、追い詰められたときは嘘をつくより誤ることのほうが多い。
 しかし、韓国人、ことに戦後の韓国人学者は、よく嘘をつき歴史を捏造する。国家
 を指導する国家元首たるものまでが、平気で嘘をつく。ここが日韓の最大の違いで
 はないだろうか。
              
       韓国は日本人がつくった 黄文雄(台湾人) 徳間書店



182 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 20:07:17 ID:YJgdS0PL
第一にわれわれの歴史は始めから終わりまで他人に押され、
それに寄りかかって生きてきた歴史である。大韓帝国が終幕を告げるまで、
この国の歴史は平安な日がなく外国勢力の弾圧と征服の反覆のもとに、
かろうじて生活とはいえない生存を延長してきた。
このような侵略は半島の地域的な運命とか、われわれの力不足のため起こったのではなく、
ほとんどがわれわれが招き入れたようなものとなっている。
多くの場合、敵と内通したり浮動したりする連中が見受けられるのであった。

第二に、われわれの党争にかんすることである。
これは世界でもまれなほど小児病的で醜いものである。
第三に、われわれは自主、主体意識が不足していた。
われわれの波乱多き歴史の陰になって固定されることのなかった
文化、政治、社会はついに「我々のもの」を失い、
代わりに「よそもの」を仰ぎ見るようになり、それに迎合する民族性に陥らせてしまった。
「われわれのもの」はハングルのほかにはっきりとしたものは何があるか。
第四に、経済の向上に少しも創意的な意欲がなかったということである。
われわれが眠っている間に世界各国はいち早く自国の経済向上のため
目覚しい活動を展開していた。しかし、われわれは海外進出は念頭におかず、
せいぜい座ってワラを編んでいただけではなかったか。
高麗磁器などがやっと民族文化として残っているのみである。
それもかろうじて貴族の趣味にとどまっているだけであった。
しかし、これも途中から命脈が切れてしまったのだから嘆かわしいことである。
以上のように、わが民族史を考察してみると情けないというほかない。
この悪の倉庫のようなわが歴史はむしろ燃やしてしかるべきである。
              元大日本帝国陸軍将校 「漢江の奇蹟」遂行者 朴正熙韓国大統領


183 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 20:08:49 ID:YJgdS0PL

 しかし、中国人からみれば依然として朝鮮半島は“まごうことなき藩属国”なのです。
朝鮮という呼称も侮蔑的なものです。中国皇帝に対して朝貢し、朝鮮国王を授かったとき、
「貢ぎ物少なし」とつけられた、「朝(みつぎもの)鮮(すくなし)」なのです。
これをいまも信じて変えないのも面白いことです。

「阿片としての中華意識」高木桂蔵 静岡県立大学教授(「諸君!」2002年6月号)


184 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 20:14:12 ID:YJgdS0PL

「大東亜戦争で日本は敗れたというが、敗けたのはむしろイギリスをはじめとする植民地を
持った欧米諸国であった。彼らはこの戦争によって植民地をすべて失ったではないか。戦争に
勝った敗けたかは、戦争目的を達成したかどうかによって決まる、というのはクラウゼヴィッツ
の戦争論である。日本は戦闘に敗れて戦争目的を達成した。日本こそ勝ったのであり、
日本の戦争こそ、”聖なる戦争”であった。ある人は敗戦によって日本の国土が破壊されたと
いうが、こんなものはすぐに回復できたではないか。二百数十万人の戦死者は確かに帰って
こないが、しかし彼らは英霊として靖国神社や護国神社に永遠に生きて、国民尊崇対象と
なるのである」

        朴鉄柱  韓日文化研究所所長

185 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 20:16:07 ID:YJgdS0PL

  従軍慰安婦という言葉は最近になって出てきたものです。慰安婦が
いたことは事実ですが、強制的に戦地へ連れて行くことなどは絶対に
あり得ません。朝鮮も同じ国内でしたから、法治国家として司法の
三審制度もあり、無法地帯ではありませんでした。もちろん、警察権力も
しっかりしていました。そういう法治主義システムの網をかいくぐって、
婦女子を強制的に連れて行くことなど、当時の朝鮮ではとうてい
できることではありませんでした。

              「生活者の日本統治時代」 呉善花


186 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 20:18:32 ID:YJgdS0PL

  
     日韓条約締結時の「基本」に帰れ!

 韓国併合に関する日韓条約は、いろいろ誤解をうけているようだが
 条約である限りに於いて、これは両者の完全な意志、平等の立場に
 於いて締結されたことは申し上げるまでもない。

          佐藤栄作首相 昭和四十年十一月十九日国会答弁


187 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 20:21:41 ID:YJgdS0PL

   
  第二次世界大戦を日本国民は団結してよく戦った。それが契機となってアジア諸国
 はすべて独立した。この偉業は将来誰も否定できなくなるであろう。そして注目す
 べきことは、あれほど戦っていた日本が敗戦と決まれば、整然と矛を収めたことで
 ある。この見事な収拾ぶりは世界の驚きであった。


                       韓日人協会理事長 鄭時東


188 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 20:36:24 ID:YJgdS0PL

 わが国の中・高等学校教科書を見ると、百済・高句麗・新羅三国の文化
が日本に伝えられた話が出てきますが、その内容は日本古代史書である
「日本書紀」を土台にしているもので、わが国の史書にはありません。
(そもそも韓国に古代の文献はほとんどない)ところが、日本の学者が
「日本書紀」を土台にして、古代日本が二百年余り朝鮮半島南部の伽耶
(日本名任那)地域を支配したという「任那日本府説」を主張すると、
韓国の学界ではそれは信じることができないと主張しています。これは
明白な矛盾であり、こうした姿勢ゆえに日本の学界が韓国の学界を軽く
見るのではありませんか、
という身の程を知らぬ質問をした。そしたらL教授は黙り込んで答えず、
横に居られたC教授が「自信がないんだよ」とおっしゃった。「日本書紀」
には日本が「任那日本府」という機構を置いて朝鮮半島南部を支配しつつ、
三国文化を運んでいったようになっている。しかし、韓国の中・高等学校
では三国文化が日本に伝播される国際関係に関しては何の説明もされず、
ただ高句麗・新羅・百済の三国が日本に文化を伝えた事実だけを教えている。
そこで学生達は日本を客観的に理解できずに、無条件、対日優越意識だけを
助長する結果をもたらせた。外国に出かけたわが国の学生が「任那日本説」
に接して戸惑うのも無理はない。

          高麗大学教授 金鉉球


189 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 20:38:46 ID:YJgdS0PL
    独力で「漢河の奇跡」を成し遂げたのであれば威張るがよい!

日本との国交再開と同時に、日本の中小企業が馬山とソウル九老洞の輸出
工業団地にどっと移入し、工場を建設し生産活動を始め、雇用が増大すると
共に、各種輸出商品の生産技術や生産管理技術を見習うことができた。今は
漁船の乗り手がいなくなり、衰退してしまったが、一時は韓国の遠洋漁船
九百余隻が世界五大洋に出漁していたものであった。これができたのは、日本
の商社が中古漁船を延払いで提供してくれたからである。六十年代、韓国の企業
が技術者の訓練を要求すれば日本の企業は喜んで訓練させてくれたものだった。
米国の技術よりも、日本の技術のほうが韓国人には習いやすかった。日本の協力
がなかったならば韓国の経済成長はもっと遅くなっていたであろう。

                 金潤根将軍 「5.16と海兵隊」より


  

190 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 20:40:32 ID:YJgdS0PL

    昭和20年代後半、日本のマスコミは「正しい歴史認識」を持っていた!
  
 この半島のかつての禿山には水が茂り、田はよく耕され、鉱山は開かれ、道路
は四通八通し港湾の船の発着は自由となり、さらに北上すれば昔からあり得ない
譬にもいわれた、鴨緑江の水を逆流させるともいうべきほどの大工事もなされた
のである。
 吾々はすでに他人の手に帰した財産を数えて繰り言をいうほど未練がましい国民
ではない。しかし、かつて他人のものであり、今また他人のものとなった国土が
日本の管理下に置かれた期間に、美しく面目を改めたといい得ること、日本がかかる
能力を有する国民であることを自覚するのは、幸福なことである。

   経済学者 小泉信三博士 「国土の姿」 読売新聞 昭和28年1月3日づけ



191 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 20:41:35 ID:YJgdS0PL
  千年宗主国には何も言えない韓国!武器取らぬ国のみに男らしい女々しい国!

 朝鮮戦争のことを書き過ぎたかもしれませんが、ここで韓国に申し上げたいことが
あります。朝鮮戦争は韓国が主導して統一できる絶好のチャンスでした。多大の犠牲
を払いながらもそのチャンスが開戦六ヶ月にして訪れたのでした。それを妨害したの
が中国共産党でした。中共軍の侵略によって三年余の悲惨な戦争となり、韓国、米国
国連軍全体の戦死者が四十五万余、戦傷者は五十五万人を超え、国土は焦土と化し、
国民全てが悲惨な境涯に追い込まれました。その責任が中国にあることは国連も認める
ところです。韓国はこの判りきったことをなぜ取り上げないのですか。中国に対して謝罪
と補償をなぜ求めないのですか(1992年中韓国交回復に際して、韓国の李相玉外相は
中国に謝罪と補償を求めないと明言している)。中国は強国であり、求めても相手にされ
ないことが判りきっているから遠慮しているのですか。韓国の教科書でも「中共軍の介入
で戦闘は新たな様相を帯びるに至った」と書いてあるだけです。「日帝36年」の「侵略
行為」には詳しすぎるぐらい記述してあるのに、余りにもアンバランスではありませんか。
 韓国が精神的にひ弱な日本を追求する前に、中国に対しても厳しく責任を問う姿勢を示した
ら日本人も「正義の国・韓国」に対して敬意を払うことは間違いないでしょう。

            「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著
              (日本図書館協会選定図書)


192 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 20:42:58 ID:YJgdS0PL

  かっての主人明人を虐殺した朝鮮人

明から清に主人を替えた後の朝鮮人はじつにおとなしく、清の軍隊召集に馳せ参じ、
2回の羅禅(ロシア)遠征と明の征伐に従軍した。父として明を敬っていたはずなのに、
新しい父を迎えた途端、明に対して残酷無情な態度を取った。3回にわたる明征伐では、
朝鮮軍は満州人を驚嘆させるほど明人を虐殺した。満州八旗軍はかなり軍紀正しい軍隊であったが、
盟友のモンゴル八旗軍の朝鮮蹂躙には、かなり悩まされていた。しかし、朝鮮軍が満州人の軍門に
下り清軍に召集されると、今度は朝鮮軍が旧宗主国の明征伐を通して漢人への凄まじい虐殺と略奪
を行ったのだ。清の将軍である龍骨大が率いた、明征伐についての朝鮮兵行状の記録には次のよう
なものがある。「韓兵ことに虐殺を極めたり。漢民号呼して曰く、天朝、朝鮮において何の仇があろうか。
その恩に背いて、ここに至るかと…」(恒屋益服著「朝鮮開化史」博文館、明治34年)。

明は300年近く朝鮮を保護し、李氏朝鮮は宗主国である明から国号を下賜された。しかし、
いざ明が弱勢になると、朝鮮はすぐさま清に乗り換えて逆に明を逆襲し、明人を虐殺した。
日韓合邦後、満州でもっとも暴れたのは朝鮮人である。万宝山事件は、朝鮮人と中国人の
水をめぐる争いから起こり、朝鮮半島における中国人虐殺にまで発展した。満州では、
朝鮮人は「二鬼子」として中国人から恐れられ嫌われていた。


193 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 20:48:29 ID:YJgdS0PL
 望月カズは満州で孤児となり、農奴して転売され、放浪しながら帰国、その後朝鮮で
戦争に巻き込まれ孤児を救ったことから133人の孤児を養育することになります。
 ソウル市内のバラックに住み孤立無援でさまざまな肉体労働を重ね、露天で理髪業等、
時には血を売りながら孤児たちを育てていきました。昭和38年カズは理髪師資格をとり
「愛の理髪師」と呼ばれるようになり39年、ソウル名誉市民賞を授与されました。42年
韓国独立記念日に当たる光復節に、日本人として異例の第一回光復節賞が授与されました。
昭和46年朴大統領から韓国名誉勲章冬柏賞が贈られました。そのときの叙勲式に何とカズは
普段着に下駄履きで臨みビックリした大統領府の人々からせめて靴だけでも履き替えるように
頼まれるとカズは「私は他に何ももっていませんこれで駄目なら帰ります」と言ってそのまま賞を授与しました。
 公の援助を受けず、カズは子供達に深い愛情を捧げました。カズは卑屈な生き方を嫌って
決して甘えを許しませんでした。常に子供達に「転んでも転んでもだるまの如く立ち上がれ」
と133人の孤児を厳しく育てました。
 カズは人生の大半を韓国で生きましたが、いつも祖国日本に憧憬を抱き、日本人としての
誇りを決して失いませんでした。カズはいつも和服にモンペ姿で通し、端午の節句には遠慮
なく鯉のぼりをあげました。しかし、長い間の無理がたたり病に倒れました。
「死ねとときは母国の土の上で死にたい。死んだら富士山
の見える所に眠らせてください」と懇願しました。そして昭和58年11月12日ソウル市内で
56歳で亡くなりました。
 昭和六十年、四月静岡県瑞林寺で分骨式が執り行われ日韓関係者150人が参列して口々に
カズの偉業を讃えました。韓国在中の遺児たちはカズが生前よく言っていた次の言葉を紹介し
ました。「韓国に望月カズという日本女性がいて自分と同じ境遇の子供達と一緒に暮らしていたこと
を残したい」と。      
    「日韓2000年の真実」名越二荒之助著より 大意抜粋
      日本図書館協会選定図書    


194 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 20:53:16 ID:YJgdS0PL
   インドネシアでオランダ軍に無実の罪で刑死させられた朝鮮人少年兵

 再度インドネシアを植民地にしようとするオランダ軍によって不当極まりない
軍事裁判の中に朝鮮人兵士朴成根少年が無実の捕虜虐待の罪で被告席に立たされていた。
裁判とは程遠いものだった。馬渕逸男司令官代理が気の毒に思い裁判の合間に面会に行った。
「真に気の毒な結末となって相すまぬ」というと「なあに運命ですよ。ここでは正邪曲直は
通りません。覚悟は決めていますから平気です。堂々と戦います」ときっぱり答えたという。
単なる復讐劇だからまともな判決が出るはずもなく朴少年も死刑の判決を受けた。
父親の代理ということで馬渕少将が死刑の直前朴少年に面会した。
「戦争が負けたばかりに君にこんな目にあわせて何とも申し訳ない」と云うと少年は
「何、仇に裁かれては仕方ない。しかし、アジアは独立しますよ。日本の勝ちですよ。
おかげで朝鮮も独立できます」最後に愛国行進曲を歌うといって少年は歌い始めた。
少将は聞いていて涙がこぼれたという。そして少年は
「私は一人息子で姉一人妹一人。親にかわいがられて育った。父は亡くなり姉は嫁いだ。
母は私の死を悲しむだろう。妹に私に代わって孝行して呉れと、(少将に同行した朝鮮の
友人に)遺言を頼みました」と云った。
制限時間はとっくにすぎたので千万無量の手を握り合って訣れたが。彼の瞳は澄み、
「もう、これで思い残すことはない」と云った。
処刑にあたっては卑劣なオランダ人の兵士達の前で威風堂々とした態度であったという。
刑木に縛られる前に見物人を一わたり見渡し、
「大韓国独立万歳、万歳、万歳」と偉大なる祈りを三唱した。
ときに昭和二十二年一月、朴成根少年享年十九歳。

      「日韓2000年の真実」名越二荒之助より大意抜粋
       (日本図書館協会選定図書)

195 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 20:57:41 ID:YJgdS0PL

         これが当時の日韓関係の真実の実態だろう!

 いわゆる民族抹消論と言ったような非難は一応はやむを得ないと考える。けれども
だからと言って日本が統治の根本としてきた「善意の理想」や、その意識方針が直ち
に否定されてよいものであろうか。否、あの頃の大多数の朝鮮の人達は確かにこの日
本の善意を感じ取って呉れた。もちろん、傍観者もいた。
 しかしながら今日言われているように全部が全部、決して非協力的ではなかった。
 皇民化政策というような言葉の上の問題とは別に、彼らに異民族という意識をもた
せないようすべての点に配慮されていた。その皇民化政策という言葉を概念的に言う
ならば、それは彼等の脳裏から被支配民族であるという概念的な劣等感を払拭させる
ための一つの積極策であって、これを単に戦争に協力させるためとか、民族意識抹消
政策というようにとるのは日本統治の真底を知らぬ皮相の見解である。従って、総督
府は、特に朝鮮人だからと言って日本人と異なる政策をとることは出来るだけ避けて
きた。
 今日、最も非難されている徴兵制度実施の如きも、その意味では多くの朝鮮人青年
達の熱意に応えた一つの善政であったのである。/
 満州異変以後の朝鮮は文字通り日本の兵站基地としてその役割を立派に果たしてく
れた。日本が如何に強力で、朝鮮民族が如何に弱かったとしても、お互いの気脈が全く
散り散りであった場合、どうしてこんな大役が果たせていただろうか。朝鮮統治はこの
点に鑑みても決して失敗ではなかった。/
 あれだけの大戦争への銃後体制というものが果たして権力的弾圧や、単なる為政者
の統治手段というもので出来るものではない。
   
      併合当時の現地記者 近藤釼一 著 「太平洋戦争下の朝鮮」昭和三十七年刊



196 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 20:58:50 ID:YJgdS0PL

            良識ある中国人の「歴史認識」

 清国はアロー戦争でフランスに敗れ、ロシアは満州を征服して日一日と南下政策
を続けた。もし日本が北進に努力しなければ、ロシアは必ずや朝鮮を侵略したであろう。
腐敗せる朝鮮王室と両斑ががどうして露国を一掃し得たであろうか。故に日本の北進は
やむを得なかったのである。日清・日露の両大戦は、日本にとって民族の興亡、国家の
存亡を賭した戦いであった。中国とロシアはともに世界の大国である。小をもって大を
抗す、しかも十倍の大に抗するのである。日本人が気狂いでない限り、一歩退いて考え
ざるを得なかっただろう。<前進は生路であり、後退は絶路である>ということを彼ら
はよく承知していたのである。

             1928年 「日本論」 戴天仇(中国人)



197 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:01:19 ID:YJgdS0PL
    韓国独立の志士、羅寅永らの団体「自新団」の歌

        
    「同盟の歌」                 大意

怨むなよ怨むなよ  日本人を怨むなよ     日本人を決して怨んではならぬ
日本人にあらざれば 露国の強暴免れじ     日本は凶悪なロシアを駆逐して
龍岩浦をば犯せしを 友邦日本の兵力で     くれたではないか これは日本
之を千里に駆逐せり 是れ恩徳に非ざるか    でなければできないことであって
我が政府に人在りて 内治外交を料理せば    恩徳ではないか 韓国政府が内外
日本の如き文明が  野心を起こす理あらんや  の処理をきちんとしていればどうして
大韓国勢強盛に   東洋平和の維持あるに   文明国の日本が野心を起こそうか
大逆無道の国賊が  君を売り国を売り     韓国さえしっかりすれば東洋平和が維持
自ら請うて譲与す  争奪繁きこの時に     できる それを邪魔しているのが国内の
                       売国奴どもだ



198 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:02:58 ID:YJgdS0PL

    「日本の朝鮮統治は成功であった。日本は朝鮮に工場をたて、義務教育を
  ほどこし、近代化のスタートをきらしてやった」
                             吉田茂首相


  「欧米帝国主義諸国で、植民地にこんなことをしてやった国はひとつもない。
  日本帝国主義は誇るべき名誉の帝国主義だ」
                         外務大臣  椎名悦三郎


199 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:06:06 ID:YJgdS0PL
われわれがまず明らかにしなければならないことは、この(日本からの)解放
が盗人のように不意に訪れたということだ。解放後の腹立たしいこと、醜いざま
は一つや二つではないが、その中でもほんとうに腹立たしいのは、この解放を
盗もうとするやつらが多いことだ。彼らは、自分達だけはこのことを早くから
わかっていたと宣伝する。それは彼らが盗人のようにやってきた解放を、さも
自分が送り込んだようにして盗もうとするためである。それは嘘だ。もし彼らが
あらかじめわかっていたなら、それほど先見の明があったなら、どうして八月十四日
までへりくだって服従していたのか。そのときひと言でも予告して民衆を慰め、勇気を
ひきしめさせていたなら、今になってことさら宣伝しなくても民衆は指導者としてお迎
えしただろう。そういうことはやめて素直になろう。君も僕もみな知らなかったのだ。
みんな眠っていたのだ。神社参拝をしろと言われれば腰が折れんばかりに拝み、姓を
改めろといわれると競い合って改め、時局公演といえばありったけの才能を傾け語り、
米英を罵倒し、転向しろといわれば実にアッサリ転向し、よく見られようと聖書も直し
教会も売り、信用が得られるとなると四つん這いになり、犬の鳴き声もしてみせた。
この国の志士、思想家、宗教家、教育者知識人、文人に、また海外流浪何十年と格好は
よいが、その実、互いに博士派、先生派、なになに派、なになに団と、ハワイや
サンフランシスコではアメリカ人の召使をしながら、勢力争いをし、重慶・南京では
とうもろごし粥をもらって食いながら地位争いをしていた人たちが、なにをあらかじめ
わかっていたというのか。思想はなんの思想で、政治はなんの政治運動をしたというのか。
この国が解放されるとあらかじめわかっていた人など一人もいないのだ。

           「意味から見た韓国史」 咸錫憲
           教育家、民族運動家

200 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:07:58 ID:YJgdS0PL

      南北朝鮮「反日」のからくり

   戦中派の韓国人の中には、私的な場で「現在の韓国の発展はあの36年
の間の基盤があったからだ」と、日本の統治を評価してくれる人が多い。
ところが、公式の場では絶対に日本統治の「功」の部分を認めようとはしな
い。何故か。
 戦後、朝鮮半島で政権を握ったのは、上海やアメリカに亡命し、反日テロ
を繰り返してきた李承晩グループ(派閥抗争、血の粛清を繰り返してきた)と
ソ連の支援を受けて共産主義イデオロギーに染まった金日成グループであった。
彼らはともに日本統治がいかなるものかという実体験がないまま、日本憎しの
感情に駆られて、日本の統治を「朝鮮人民を奴隷化している」などと観念的に
非難してきた。
 そうした李承晩及び金日成グループが日本敗戦後、それぞれアメリカ及びソ連
を後ろ盾にして、あたかも占領軍のように朝鮮半島に乗り込み、当時朝鮮にいた
民族運動の指導者を排除し、徹底した親日派狩りと言論弾圧を行った。歴史教育
も日本への憎悪感情に燃えたアメリカまたはソ連の歴史観に基づいて行われるよ
うになった。
 このため、少しでも日本統治のよかった面を話そうものなら弾圧され、最悪の
場合、民族の裏切り者として親族までが殺された。
 いわば日本全否定史観をもつ米ソ亡命組が体制権力を握り、その下で、
日本統治を体験した民衆は自らの体験に基づいて自由に発言できなくなってしまっ
たのである。
 そうした構図がいまなお韓国や北朝鮮に続いているが故に「日本統治はすべて
悪かった」という観念的な歴史観が幅をきかせているのではないかと思うが、いかが
だろうか。

        「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著より
        (日本図書館協会選定図書)


201 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:10:32 ID:YJgdS0PL

                「十二月八日」

 「日本のおかげで、アジア諸国はすべて独立した。日本というお母さんは、難産
 して母体を損なったが、生まれた子供はすくすく育っている。今日、東南アジア
 の諸国民が、米・英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるのか。
 それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。十二月八日
 は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して重大な決心を
 された日である。我々はこの日を忘れてはならない。」

             新聞記者 ククリツト・プラモート(後のタイ国首相)

  *「十二月八日− 日本が米英に宣戦布告した1941年、昭和十六年十二月八日
           大東亜戦争勃発の日(後世、太平洋戦争と呼称されている)  



202 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:12:41 ID:YJgdS0PL
       ノーベル平和賞受賞にふさわしい長州武士道精神
       佐藤栄作首相の陰徳

      (刑死した韓国人である大日本帝国陸軍中将への恩返し)

 佐藤栄作首相は満鉄の鉄道監察官時代、刑死した洪思翊中将に世話になった。
 佐藤首相は遺族の未亡人と長男に会うと同情し、「大陸時代の洪氏への誼み
 にこたえる餞別として些少だが受け取っていただきたい」として、自分の私財
 百万円を贈与したという。
 佐藤首相は当時現職であり、おおぴらに支援できなかったという。
 遺族は六年間、日本に留まったが、五十年三月、未亡人は次男の留学先である
 ロスアンゼルスへ旅立ったという。
 その年、築地の料亭で佐藤氏を囲む会が開かたおり、知人の安藤氏から遺族の
 近況を聞いた。知人曰く「遺族は総理からいただいた百万円は定期預金にして
 おいたので数十万の利息がつき、そのお金をもって未亡人は無事渡米し、次男宅
 に落ちついた」と、報告をした。
 すると佐藤首相は「安藤さんありがとう、気にかかりながらも立場上、充分なこと
 ができず、申し訳なかった。これで私も忘恩の徒にならずにすんだ」と人情味溢れる
 言葉で述懐したという。その直後、少し離れた席にいた福田赳夫氏と二言三言話した
 佐藤首相は安藤氏のひざの横に倒れてしまった。それ以後、佐藤首相は意識を回復
 することなく、延々と眠り続け、六月三日に永眠したという。

        「日韓2000年の真実」より要約抜粋
         日本図書館協会選定図書



203 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:14:52 ID:YJgdS0PL

         「強制連行」など起こりようがない!!

 ひと頃、朝鮮人労働者「強制連行」の問題が頻りに取りざたされたが、
 この問題に対する一般の認識には多くの誤解が含まれている。/
 その第一は、終戦時約二百万を超えた朝鮮人労働者の大部分は本人の
 自主的な意志によって渡航してきたもので、「強制的」に「連行」され
 たものではない、ということである。所謂「強制連行」は、大東亜戦争
 勃発に伴う労働力不足を補完するため、戦争中の昭和十七年に、それまで
 自由募集であった朝鮮人労働者を「官斡旋」即ち、朝鮮総督府が募集する
 ことにし、間に立った朝鮮人ブローカーが強引な徴用を行ったことを指して
 言う場合が多いようだが、その実態は甚だ不明である。
 そもそも日韓併合以降、貧しい韓国から豊かな日本へ移住しようとする
 朝鮮人は引きも切らぬ有り様だったのであり、朝鮮総督府や日本政府は法律
 の網の目を潜ってでも日本で働こうとする朝鮮人の密航者には、終始、頭を
 痛めていた。法律を犯してでも日本に入国しようとする朝鮮人が一杯いたと
 いうのに、何で「強制連行」の必要があるのだろうか。その必要はなかったし
 むしろ日本側は迷惑していた。

              「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著
               (日本図書館協会選定図書)


204 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:15:54 ID:YJgdS0PL

          日本人が「ハングル」の読み書きを教えたのだ!
      
李朝時代の韓国は、中国をひたすら崇めて自ら「小中華」と称していることを誇り
としていた。そのため漢文が重んじられ、ハングルは婦人や子供が使う字として
蔑まれていた。ハングルは日韓併合以前は、公文書にも、祝祭祀文にも、全く使われ
ていなかった。韓国人が全員読み書きできるようになったのは、日本統治時代に学校
でハングルを教えたことに始まっているのである。
 総督府が編纂した「朝鮮語辞典」
これは、総督府に朝鮮固有の文化を尊重しようとする明確な方針があったためで、
そのほかにも朝鮮総督府は、明治四十五年に「朝鮮語辞典」に着手したり、大正十年
には「朝鮮語奨励規定」を設けて日本人官吏に朝鮮語の習得を奨励したり、大正十三年
には新設の京城帝国大学(現ソウル大学)に朝鮮語・朝鮮文字の講座を開設したりと、
朝鮮語の教育、普及に対策を講じている。「朝鮮語抹殺」の意図がもし日本にあれば、
総督府が率先してこうした施策を打ち出すはずがないからである。

                「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著
                 (日本図書館協会選定図書)


205 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:19:05 ID:YJgdS0PL

   月日がたつにつれ(日本と韓国は)こんなにお互い違ってきたのです。
 食べ物も、言葉も、着物も、名前のつけ方も、これは私たちが支那を
 あまりに崇拝した関係もあるのですが、とにかく悔しくてならないこと
 は、その名前のつけ方まで支那のまねをしたということです。したがっ
 て、創氏改名、つまり朝鮮人が内地人(日本人)流に氏名をつけると
 いうことは自分達の祖先の清風に従うことなんだ。中国の模倣を脱して
 古代の朝鮮に帰ることなんだ。ただ単に太古に帰るのみではなく、今日
 の内地(日本)の一切の風習に向かって、自発的に勇敢に帰還すること
 ことによつて、進んで祖国に栄光をあらしめ、ひいては我らの子孫の易き
 に置くことができる。ならば、創氏改名するに何のためらうことがあるだ
 ろうか。

   「半島風習のその祖国への合理的発展的帰還を論すの言」 金文輯



206 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:20:22 ID:YJgdS0PL

      
   日本の教育を受けた韓国人の中には立派な人々が多くいた!
   
 私はこの話(韓国の女性の小学校長のご主人が沖縄の特攻隊員として
 戦死した。そのご主人は特攻が決まると出身小学校を訪れ、
 校庭に桜の木を植えた。成長した桜の木がある小学校に奇しくも彼女は赴任
 した。さびしいときはこの桜の木の下に立つと心が休まる、という話)
 を聞いて、日本人に知って貰いたいと思って、ソウルにいる日本の新聞
 記者にそれとなく知らせました。A新聞の記者が、早速、その女性校長
 を取材しました。校長は記者を桜の下に案内しました。すると記者は
 「日本の軍国主義がご主人をだまして申し訳ないことをしました。」
 と言ったのです。いつも謙虚な校長でしたが「だました」という言葉に
 激怒しました。
 「私の主人はだまされるような人ではありません。自分の意志で出撃
 したのです。だまされたというのは、人間に対する侮辱です。取材は
 お断りです。」と。

             「日韓2000年の真実」名越二荒之助 編著
             (日本図書館協会選定図書)





207 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:22:21 ID:YJgdS0PL

  日本人は何よりも名誉を重んじ、彼らの大多数は貧しいが、貧困は貴族にとっても
武士にとっても平民にとっても、決して恥ずかしいことでも、不名誉なことでもない。
彼らは「正直さ」のほうを選ぶ。未信心者のなかで、日本人より優れている民族は
いないと思われる。

                 宣教師  フランシスコ・ザビエル


208 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:25:19 ID:YJgdS0PL

   「我々ヨーロッパ人は、互いの間では賢く写るが、日本人に比べると
  はなはだ、野蛮であると思う。私は毎日、日本人から教えられることを
  告白しなければならない。私は世界の中で、これほどまで天から才能を
  与えられた民族はないと思う。」

  「京都は、ヨーロッパならローマにあたるが、科学、見識、文明はローマ
  よりはるかに高尚である。信仰さえ別にすれば、我々は日本人よりも
  あきらかに劣っている。」

                 16世紀 イエズス会本部への報告書より
                宣教師 ニエッキ・ソルド・オルガンティーノ



209 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:26:25 ID:YJgdS0PL

  日本は思いやりの態度で韓国に接していると思う。今度こそ、韓国を
 中国からの呪縛から解放しようとしているようだ。韓国国民に平和と
 繁栄と文明開化をもたらすことによって、力の弱い隣国韓国を安定し
 た独立国にしようと考えている。こうした日本の動機は韓国知識層で
 ある官僚の多くが歓迎している。アメリカにも異存はないと思われる。

         1894年7月29日 韓国駐在 アメリカ シル代表


210 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:27:34 ID:YJgdS0PL

   日露戦争後、アメリカは「事実の論理」を認め、韓国から代表を引き上げた。
韓国皇帝はセオドア・ルーズベルト大統領に訴えたが、大統領は「韓国は自主
統治にも自衛にもまったく無能力であることがはっきりした」として、介入を
拒否した。日本によって「その後三年の間に、現地情勢に詳しい外国人たちの
賞賛を勝ち得るような改善が多く実現された」と書いたアメリカの歴史家も
いるのだ。

          アメリカの鏡・日本  ヘレン・ミアーズ 著



211 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:28:41 ID:YJgdS0PL

   日清戦争は日本からみれば、完全な成功だった。西洋列強は喝采し、
 日本における彼らの「特権」を相次いで放棄した。そして、日本を
 対等の主権国家として承認した。日本は韓国に自由を贈り、韓国国王
 は中国皇帝、日本天皇と肩を並べる皇帝の地位を得た。

          アメリカの鏡・日本 ヘレン・ミアーズ



212 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:30:06 ID:YJgdS0PL

  
 日本が西欧に認められるうえで、日露戦争は有益な学習だった。文明世界
 は奇妙な小男たちの勇気と闘争心に仰天し興奮した。彼らは民族衣装であ
 るキモノを着ながら、たちまちにして近代戦の技術を習得していたのだ。
 1904年10月4日付けロンドンタイムズの記事が、当時のイギリス人
 の反応を物語っているが、それはほとんどのアメリカ人が感じたことでも
 あった。

                アメリカの鏡・日本 ヘレン・ミアーズ


213 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:32:02 ID:YJgdS0PL

    1904年10月4付けロンドンタイムズ紙日本人を絶賛!!

 極東のこの戦争(日清戦争・日露戦争)を取り巻く状況には注目すべき
 ことが多い。中でもとりわけ目立つのは、ミカドの軍隊の勇気と戦いぶり
 である。我々は不本意ながら、日本のすべての人間の行動を支配し動かす
 精神力の存在を認めざるを得ない。この力はいったい何なのか。その存在
 を感じると、妬ましく、落ち着かず、腹立たしくさえある。勇気は西洋に
 とっても珍しいことではない。が、これは単なる勇気ではない。その背後
 にもっと違う何かがある。もし、西洋の軍隊がそれをもっていたら、西洋
 のすべての国の軍旗は絶対に汚されることはなかったであろう。そういう
 何かである。これは何か。これは何か。これは何か。・・・・・

            1904年10月4日 ロンドンタイムズ紙


214 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:33:25 ID:YJgdS0PL
 今から十五年ほど前、アジア各国の軍部代表がマニラに集ったときのこと
だ。例によって韓国軍の代表が、延々と戦争当時の日本軍と日本民族と現在
の日本企業を罵倒する演説を打った。列席のアジアの親日家たちは「韓国代表
の演説は痛烈無残で聞くに耐えなかった。だが列席の日本の自衛官はひと言も
発しなかった。」 
 そこで、列席していたインドネシアのアリ・ムルトブ准将は韓国の軍人に
向かって次のように日本を擁護した。彼はASEAN結成の仕掛け人である。

<日本はアジアの光である。大東亜戦争は欧米人にアジア人の勇敢さを示した
もので、チンギス・ハーンとともにアジア人の誇りである。/ここで、インド
ネシアの日本民族の価値について申し上げる。今、忽然として日本民族がこの
地球上から消えたら、アジアとアフリカは非常に困る。その時に韓国が一番
困ると思う。韓国は工業大国の日本と競争したから、立派な工業国になれたので
ある。近くに強力な競争相手がいることは素晴らしいことだ。/つまり日本の近く
に位置していることは幸運なのだ。経済的支援を連続的に受けているといってよい
くらいだ。インドネシアが日本に近ければ今のような貧弱なインドネシアではない。
 つまり、我々インドネシア人は「日本はなにもしてくれなくてもよい。」と考え
ている。日本は欧米と肩を並べて進歩しているだけで十分アジア・アフリカに尽くして
いる。
 だから、我々アジア人は外交面に弱い日本を支援したいと思っている。日本から援助
をもらうだけで応援しないのでは運命共同体の一員とは言えないし、対等のパートナー
とも言えないのではないか。>

        「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著 国際企画より
         日本図書館協会選定図書

215 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:37:32 ID:YJgdS0PL

   ところが、昭和十二年七月七日の盧溝橋事件に端を発したシナ事変において
 日本軍が中国軍を打ち破り、連戦連勝するようになると、朝鮮民衆の対日感情
 はにわかに好転し始めたのです。二千年前の漢時代から朝鮮を圧迫、支配して
 きた中国軍をいとも簡単に打ち破る日本軍の強さに朝鮮人は驚き、そして、その
 驚きが尊敬に、尊敬は熱烈な愛国(日本への協力)へと変わっていったのです。
 目に見える劇的な変化は、出征軍人の歓送迎でした。
 シナ事変勃発後、七月十二日から多くの兵士が入営出兵を見たのですが、初めの
 うちはその友人知人が日本人、朝鮮人一緒になってこれを送別するという様子で
 したが、北支(満州)へ出動する日本軍の部隊が続々と朝鮮半島を縦断して北上
 するに及び、見ず知らずの人々も町内、村内または一地方挙げて駅まで出てきて
 これを送別するようになったのです。誰誘うとはなしに、駅という駅は国旗の波
 と万歳の声で溢れるようになりました。もともと個人的には親切な人が多い朝鮮
 民族ですから、駅での心のこもった湯茶接待、慰問品の受け渡しばかりではなく、
 出征兵士との間に涙と笑いの交歓が続きました。特に京城駅(現ソウル駅)には
 昭和十二年九月中だけでも実に四十三万余人、一日平均一万四千三百人が詰め掛け
 日本の兵士たちをいたく感動させたといいます。/
 興味深いことは、朝鮮の民衆ばかりではなく、それまで日本に対して冷ややかだっ
 た朝鮮の民族主義者までが手のひらを返したように積極的に愛国運動を始めたこと
 への日本側の戸惑いが、そのパンフレットの端々ににじみ出ていることです。

               「日韓2000年の真実」名越二荒之助 国際企画
                (日本図書館協会選定図書)


216 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:39:17 ID:YJgdS0PL

   朝鮮人は、朝鮮語を忘れてしまわなければならない。朝鮮人が日本語でものを
考えたときこそ、朝鮮人が最も幸福になった時である。学校で朝鮮語を教える
必要は全くない。朝鮮人を不幸にしようとするならば、朝鮮語を永続させて、
朝鮮的な低級な文化を与え、それ以上の発達を阻止することである。

                 玄永燮 「朝鮮人の進むべき道」


217 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:40:27 ID:YJgdS0PL

  
       「韓国独立運動の父」の血涙!!

 子孫は先祖を憎み、後進は先輩を怨み、我々民族の不幸の責任を己以外
 の誰かに転嫁しようとする。一体、なぜ我々にできず、その上に他人
 のみを非難するのか?我々が独立できないのは「ああ、我々のせいだ!」
 と己の胸を叩いて悔いることができず、「あいつらのせいだ!あいつらは
 殺されてしかるべきだ!」と叫ぶだけで、どうして座り続けているのか!
 己こそ殺されてしかるべきだと、どうして悟れないのか!

         韓国独立運動の父 安昌弘  上海臨時政府での演説より



218 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:41:31 ID:YJgdS0PL

  
 朝鮮時代、全権大使としてアメリカに渡った李成玉が各民族に接して
 みると、朝鮮人は米国人に軽蔑されているインディアンより劣り、
 その他メキシコ、インドなどの民族より劣っていることを知り、衝撃
 を受け、次のように述べています。

 「現在の朝鮮民族の力量をもってすれば、とても独立国家としての体面
 をもつことはできない。亡国は必死である。亡国を救う道は併合しかない。
 そして併合相手は日本しかない。欧米人は朝鮮人を犬か豚のように思って
 いるが、日本は違う。日本は日本流の道徳を振り回して小言を言うのは
 気に入らないが、これは朝鮮人を同類視しているからである。そして、
 日本人は朝鮮人を導き、世界人類の文明に参加させてくれる唯一の適任者
 である。それ以外に我が朝鮮民族が豚の境涯から脱して、人間としての幸福
 が受けられる道はない。
 日韓併合が問題になるのは、変な話だ。我輩の併合観は欧米人の朝鮮人観を
 基に考察したのだ。」

           朝鮮全権大使 李成玉 「李完用侯の心事と日韓和合」

          「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著 国際企画
           (日本図書館連盟選定図書)



219 :名無しさんといっしょ:2006/09/07(木) 21:44:46 ID:YJgdS0PL
  
   悪の自国史を燃やしていまい歴史を捏造、創造する韓国人

 我が五千年の歴史はひと言でいって退嬰と粗雑と沈滞の連鎖史であった。
いつの時代に辺境を超え他を支配したことがあり、どこに海外の文物を
広く求めて民族社会の改革を試みたことがあり、統一天下の威勢でもって
民族国家の威勢を誇示したことがあり、特有の産業と文化で独自の自主性
を発揮したことがあっただろうか。いつも強大国に押され、盲目的に外来
文化に同化したり、原始的な産業のわくからただの一寸も出られなかった。
「われわれのもの」はハングルのほかにはっきりとしたものは何があるか。
我々はただ座してわらを編んでいただけではなかったか。
自らを弱者とみなし、他を強大国視する卑怯で事大的な思想、この宿弊、
この悪い遺産を拒否し抜本せずには自主や発展は期待することは出来ないで
あろう。
以上のように我が民族史を考察してみると情けないというほかない。全体的
に顧みるとただ唖然とするだけで真っ暗になるばかりである。
このあらゆる悪の倉庫のような我が歴史はむしろ燃やして然るべきである。

     「朴正熙選集」−我々は今何をいかになすべきか−  
           近代韓国の祖  朴正熙 韓国大統領


220 :名無しさんといっしょ:2006/09/09(土) 21:08:26 ID:nX3PWIwJ
日韓の子供に教えなければならない日韓の歴史

http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_01.html

221 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 09:57:00 ID:ncB8XInW
こうした視点で日本の立場に立つのが本来の「公共放送」
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4792/senzai.html

222 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 10:18:12 ID:lNyPfL01
★★★ NHKと朝鮮と安倍の蜜月 ★★★
本日10日、NHK朝7時の【ニュース】で韓国映画「ドブ河の怪獣?」の宣伝を約10分間もやっていた。
NHKは徹底した大韓民国(韓国)同然の放送局だから、韓国朝鮮派の小泉・安倍にもテコ入れしている。

★  日本の右翼とは、その90%以上が、在日韓国朝鮮人が偽装した結社=英国BBC調査  
【 反日主義の狂乱韓国人かと思える安倍の実態 】(B層以外は御存知でしょうが!)
                            ↓
             「 きっこの日記 」 9月2日付 を御覧下さい

223 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 10:30:26 ID:YwtppKpu
「漢河の奇跡」と自慢する南部朝鮮人だが
元大日葡帝国将校であったった朴大統領が日本との
太いパイプを駆使し日本の有力な政治家、財界
への哀願と竹島周辺で拿捕抑留している日本の漁民を人質に

莫大な経済援助と無償の技術援助で成されたものだ。
「誇り」より「恥」を知るべきだ。南部朝鮮人。

224 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 11:23:07 ID:hUbjibZM

 「朝鮮人は有力者になる、あるいは名声を博すということだけで、
 まるで逆上してしまい、ますます尊大な態度をとるようになる。
 朝鮮人特有のこの感心できない性向が、実は企業、あるいは教育、
 宗教の分野で、朝鮮人を登用するさいに起こる、ごたごたの原因の
 一つなのである」
         
     ホーマー・B・ハルバート アメリカの宣教師、歴史家、ジャーナリスト


225 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 11:25:23 ID:hUbjibZM

 1995年の春のある日、私は伊豆半島の付け根にある熱海市の海岸通を車で
走っていた。
 赤信号で車をとめ、ふと目をやると、道路わきの小さな公園に銅像が建って
いるのが見えた。学生帽をかぶった男が、地面に倒れ伏しながらしがみつく女性
を足で蹴っている。瞬間、私は韓国の小説「長恨夢」のクライマックスではない
かと思った。ところが銅像の横にある説明を読んで全身の血が逆流した。
 銅像は明治時代の日本の有名な小説「金色夜叉」の名場面で、まねたのは韓国
の方だったからだ。作家は尾崎紅葉、イスイルの日本名は貫一、シンスネの日本名
はお宮だった。北朝鮮の首都平壌郊外の大同江沿に立っているべき銅像が、熱海の
海岸に立っている理由がやっと分かったのである。
 小説「長恨夢」の舞台は平壌であり、熱海の海岸は大同江河畔に置き換えられて
いるが、あらすじはほとんど「金色夜叉」と同じである。この物語は小説としてより
芝居として有名で、韓国人なら若い世代を含めだれでも知っている国民的ドラマだ。
著者は趙重植、だれも韓国の小説と信じていた。
 私はいままで、歴史を歪曲する日本の政治家の暴言を聞くたびにいつも激怒してい
たし、過去の過ちをまったく知らない日本人の若者の無知にも憤りを感じていた。し
かしこんなふうに私自身や国民を騙してきた韓国政府が、果たして日本人に対し歴史
を歪曲するなと言う資格があるだろうか。私は思いもよらず熱海の海岸で、ふつふつと
こみあげてくる政府に対する怒りを抑えられずにいた。

                 「韓国は日本を見習え」李銅T 文芸春秋


226 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 11:29:06 ID:hUbjibZM

 後日、よく調べてみると「長恨夢」は作家の趙重植が1910年代に
「金色夜叉」を翻案したもので、原作をしのぐ深い愛の世界を描いたもの
として高い評価を得、以後、芝居や映画となり大衆ドラマとなったことが
分かった。問題は解放後、なぜこの事実を国民に知らせなかったというこ
とだ。
 韓国政府は一貫して日本という森に大きな網を被せて本当の姿を隠し、
マスコミを通して反日感情を煽ってきた。だがこのイスイルとシンスネと
同じように、韓国のマスコミは裏では日本の物まねをし、日本とそっくり
同じテレピ番組を作ってきたのだ。
 日本人観光客が韓国へ行ってテレビを見て、あまりに日本の番組と似て
いるのに驚き、自分が外国に来ているとは思わない、と言っている。しかも
後でそれが日本のまねだと知って二度びっくりという手記も書かれているほ
どだ。事実、ドラマからクイズ番組、歌謡ショーまでそっくりなのだ。日本
に来て滞在する韓国人は、日本のテレビを見て初めて韓国のテレビ番組が
日本まったく同じであることを知り、ひそかに羞恥心にさいなまれているのだ。
 聞くところによれば、駐日大使だった某氏は在任期間中、大使館近くのすし屋
で江戸前寿司を買い、飛行機で空輸していたという。大統領は国民には日本文化
は下品だと言って輸入を禁止しておきながら、こっそり空輸された寿司を食べて
いたのだ。一体何を考えているのだろう。怒りがまた込み上げてくる。
 
        「韓国は日本を見習え」 李銅T(韓国高級官僚) 文芸春秋社


227 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 11:42:31 ID:hUbjibZM

日本は、日本統治時代に韓国に大きな投資を行ったために、韓国が
惨めだった状況から一足飛びに近代化したことは、どうしても否定で
きない事実である。日韓併合後、日本人は鉄道、架橋、用水路、植林
河川整備、堤防、港湾、学校施設の建設をはじめとする、大規模な公共
事業を始めた。このために、それまで韓国には、食うや食わずの失業者
がひしめいていたが、一般の民衆に仕事が与えられて大いに潤った。
 日本は乱脈だった李朝末期の韓国社会を正した。韓国に法治国家を
もたらした。
 日本が韓国を統治した間に、一方的収奪を行ったというのは、大きく
事実に反する。今日、日本統治時代を体験した韓国の知識人は、それが
事実と知っていながら、客観的な事実を認めることを拒んでいる。韓国
は日本の力によって短期間のうちに、日本人が咀嚼した西洋の実用主義
を定着させ、近代世界に入ることができたのだ。日本統治時代になって
はじめて真面目に働く多くの者が報いられるようになった。また韓国の
福祉が大きく増大したのだ。

              パクテヒュク1993年3月 韓国人評論家


228 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 11:45:26 ID:hUbjibZM

   李朝末期の韓国は、政治が乱れに乱れていた。宮廷は国民の大多数が
生活苦に喘いでいるのをよそに、政争に明け暮れていた。役人や、両班
はみな私欲にかられて、自らの栄達と蓄財のみを求めて、弱い民衆を摂取
することだけしか考えなかった。そのために社会道徳が乱れて、精神も文化
も経済も疲弊した。売官売職は普通のことだった。どこでも賄賂がまかり
とおった。黄金の力と暴力が支配していた。
 政治は不正行為の別名しかなかった。民衆への収奪が極限に達していた。
いつもハルサリ(その日暮らし)を強いられていた庶民は、こき使われるだけ
こき使われ、乱暴されるだけ乱暴されて、まったく希望をいだくことができない
日々を送っていた。社会が停滞しきっていた。火賊や山賊と呼ばれる盗賊が、
横行していた。火賊は村を襲うときは放火して、その混乱の中で略奪したために
そう呼ばれた。日本人は徳川幕府末期の日本について大いに誇ることができよう
が、情けないことだが、韓国人としては李朝末期については何一つ誇ることが
できない。 
         パクテヒュク1993年3月 韓国人評論家


229 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 11:51:07 ID:hUbjibZM

   現在に引き継がれる朝鮮人の四千年の奴隷遺伝子
   
  「力もなく、自ら顧みることもせずに、抗議ばかりしている」
    
  「東亜の危機を前にして、自力を培養することを考えずに、
   自尊心ばかりが先走っている」

      李容九 併合前の朝鮮民間団体一進会の会長


230 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 11:53:58 ID:hUbjibZM

     「二十五万の同市民は地上に瓦または藁を並べた一階屋の下に潜り込んで
    生活している。いや、不潔な道路に蠢動していると形容したほうがよい
    だろうか。その道路は広くとも二頭の馬が並ぶことができない。狭いと
    ころで一人の荷を担いだ者が往来を塞いだほどである。路傍には悪臭が
    芬々とする溝があり、路面は垢まみれの半裸体の子供と獰悪な犬によっ
    て占領せられている」

   「市街の中心を西から東へ流れる下水道は、市内の汚水(糞尿)を夜に昼に絶えず
    城外に排泄している。そのために下水道の泥は真っ黒で幾世の昔からの
    濁水によって染められ、悪臭を空中に放散して旅人を悩ましている」

   「ソウルは汚いことと臭いことでは世界一である」

              イギリス人旅行家ビショップ夫人


231 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 11:58:41 ID:hUbjibZM

  小中華を誇り文武に劣り数千年他民族の属国に甘んじた朝鮮人
  
 韓国人の恐るべき退化現象は、中国思想の導入とともにはじまった。
 この国は、目の前に置かれた誘惑に抵抗し切れなかった。それはちょうど、
 およそ節制ということを教えてもらったことがない子どもの前で
 キャンディーを山積みに出してやるようなものだ。中国文化にとびつき
 貪り食い、結局、食いすぎのために死んだのである。

         「朝鮮亡滅」 ホーマー・ハルバート

232 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 12:01:36 ID:hUbjibZM

  嫌韓から怒韓へ

      ある日本人女性から在日韓国人の指紋押捺拒否者に宛てた手紙

 自ら、なす事もなくえんえん、40年もたつのに今だに日本国にすがり付き、一世
の差別を種に恫喝に明けくれ、元日本人だから日本人並に等わけのわからぬ朝鮮人の
世迷言と、自国にもどれないのも日本国のせいにする。/皆日本人のせいにするこの
愚かな民族には、ほとほと日本人はあきれるのである。植民地時代の日本同化より独
立国になった年月のほうが長いのです。/独立して40年間、何をしていたのか。反
省すべきである。如何にどんな民族であるかが、これだけでもわかる。向上自立がで
きないのである。/かっての差別の国屈辱の国とののしった国日本に勝手にやってき
て居直り続ける無神経さ。其の上外国日本国に事々に挑戦的な在日朝鮮人。それに本
国の韓国の政府の上層部の生意気な態度。日本国の援助なしでは何一つできないくせ
に、後進国のくせに先進国に無礼である。コンプレックスのかたまりの挙句の果ての
韓国民族のあがき、と日本国民は十分承知しておるが、我々はあまりの態度に腹が立
つ。しかし、日本人の大半は国際社会、人間社会の中の倫理無視のあまりの行動を苦
々しく思い、あきれ果て低級民族のコンプレックスのあがきと冷たい目で相手にする
なと始めから馬鹿にして、どうせ亡国民族のしみ付いた国民性はせっかく独立国にな
っても、40年たとうが100年たつとしてもこれの繰り返しで、絶対に我々日本国
と肩を並べて対等に付き合える国ではないと断言しているのです。

       [民族差別と闘う関東交流集会連絡実行委員会]


233 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 12:06:54 ID:hUbjibZM

 日本名へ創始改名を強く求めた朝鮮人に抗し切れなかった朝鮮総督府

    韓国の民族的作家、李光洙が創氏改名(香山光郎と創氏改名)した動機

 私はよくよく我が子孫と朝鮮民族の将来を考えた挙句に、こうするのが当然だと
 いう堅い信念に到達したのである。/内地人との差別がなくなること以外に朝鮮
 人は何を望むだろうか。、したがって差別の除去のために、あらゆる努力を捧げ
 ることが、最も重大にして緊急なこととなる。/我々の在来の姓名は、支那を崇
 拝していた祖先の遺物である。/今我々は日本帝国の臣民である。支那人と混同
 される姓名を持つよりも、日本人と混同される姓名を持つのが自然だと信ずる。
            
                 「創氏と私」



234 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 13:14:07 ID:hUbjibZM

 韓国は壬申倭乱(太閤秀吉公の朝鮮成敗のこと)で焦土と化した。
 だから三百年をへても立ち直れなかった。いやがうえにも倭乱の
 ひどさを強調したいという気持ちはわからないではない。しかし、
 考えてみると、一回の大乱だけで三百年も立ち直れない民族は、
 世界中のどこにいるのか。もしあるとすれば恥を知るべきだろう。
 戦後、焦土化した日本は半世紀も立たずに経済大国になったでは
 ないか。千回も侵略され、すべての侵略者を撃退したという自慢
 話と、三百年も立ち直れないでいるという論理を矛盾することな
 く主張することに、自己撞着はないのであろうか。
 韓国知識人は、つねにこのような歴史歪曲で「反日」を正当化す
 る。
    中    略

 ただ違う点は、同じ中華帝国に支配される歴史があっても、ベトナ
 ム人は屈辱の歴史と書き、韓国人は属国の歴史を誇りとしている
 ことだ。
         
        黄文雄 韓国人の「反日」台湾人の「親日」 光文社



235 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 13:18:11 ID:hUbjibZM
  
 日本が降伏した後も、同じであった。
日本は、8月15日、ポツダム宣言を受諾したが日本帝国の朝鮮支配は
まだ終わっていなかった「解放記念日」(光復節)といわれた8月15
日も、日章旗は、日本の朝鮮支配のシンボルたる総督府にも、李王朝の
シンボルたる景福宮にも、役所にも工場にも学校にもひるがえっていた
のである。自由朝鮮の国旗たるべき太極旗はすぐにおろされてしまった。
これに対し、革命の指導者も、独立の志士も、何一つできなかった。
民衆も、昨日のごとく今日もありなんとばかり、座したままであった。
このことは銘記されなければならない。  (中略)
アメリカが交渉として選んだのは、朝鮮総督府であり、アメリカ軍が気に
したのは、上月良夫中将の朝鮮軍管区軍(もちろん日本軍)であった。
8月15日のポツダム宣言から9月9日の、朝鮮総督府、朝鮮軍管区軍の
沖縄二十四軍団への降伏がなされるまで、韓国における統治は、なお総督府
の手にあり、朝鮮軍管区軍によって治安は保たれていた。
郡民蜂起もなく、いわんや革命もなかった。
「反日帝」の指導者はみんなまごまごするだけで何をどうしてよいのかわか
らなかった。
このことがもつ、歴史的重大性は、強調されすぎることはない。

    「韓国の悲劇」小室直樹 光文社

236 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 13:19:18 ID:lNyPfL01
NHK、韓国映画に4億ウォンを支援
1 :名無しさんといっしょ :2005/10/10(月) 18:53:58 ID:GOTcTTaV
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1128937459/l50

NHK、釜山映画祭で「今年のアジア映画人賞」

「韓国映画がこんなによくできているのに支援するということが変かもしれません。
 しかし新人監督作品など投資を受けにくい映画は依然としてあります。」−−。
9日、釜山映画祭を訪れた日本人プロデューサー上田信さん(60)の言葉だ。
彼は1995年から隔年制で開かれる日本公営放送NHKの
「アジアンフィルムフェスティバル」を通じて韓国李滄東(イ・チャンドン)監督の
『ペパーミントキャンディ』、イランのキアロスタミ監督の『5』など、モンゴルや
ネパール、ウズベキスタンなどアジア各国で制作された映画に制作費を支援してきた。
こうした功労からNHKは、今年の映画祭で「今年のアジア映画人賞」を授与される。
彼は「このような素敵な映画祭で、放送局を代表して賞を受けることになり非常にうれしい」
とし「これからもっと一生懸命やれという激励だと思う」と所感を明らかにした。
第1回から毎回釜山映画祭を訪れている上田さんは「東京やほかの映画祭と比較に
ならないほど多くのアジアの映画関係者に会える所」として釜山の魅力を語った。
好きな韓国の監督を問うと「キム・ヨンナム」と返ってきた。
新人であるキム・ヨンナム監督は長編デビュー作「わが青春に告ぐ」
(主演キム・テウ、キムヘナ、イ・サンウ)で、今年NHKから総制作コスト
10億ウォン(約1億900万円)のうち4億ウォンの支援を受けている。
上田さんは「シナリオがとても面白かった」とし「韓国の多くの人たちに
この映画を見てもらえればいいと思う」と付け加えた。

237 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 13:22:19 ID:hUbjibZM

 1894年にシル在韓国米代表は、日本の改革方針について、
 「韓国民に平和、繁栄、開化をもたらすだろう」と好意的に書いている。
 彼は 日本の韓国経営について「人道的」という表現をつかっているが、
 恐 らく心からそう信じていたのだろう。
 日本は韓国国民を「指導」すべき「責任」において、これほどまで
 悪政に虐げられてきた韓国国民には「独立国の運営」は無理である、
 と説明してきた。今日私たちも真面目に同じ事を言っている。当時の
 日本も私たちと同じくらい真面目だったのだ。

   マッカサーが禁じた本 ヘレン・ミアーズ「アメリカの鏡・日本」


238 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 13:25:42 ID:hUbjibZM

  
 こうしたことから、戦略的に重要な韓国は、力が弱いために基地と土地所有の
 要求を拒否できないことがはっきりした。ロシアの領土的侵略と満州への急激
 な侵略は韓国にとって脅威だったが、それはとりもなおさず、イギリスと日本
 に対する差し迫った脅威として受止められたのである。

 韓国は中国の「属国」だから、中国に圧力をかけて譲歩を引き出すことができ
 た国が韓国での特別待遇を得られる。この状況では、イギリスと日本の「利害」
 は完全に一致していたといえる。

           ヘレン・ミアーズ「アメリカの鏡・日本」



239 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 13:29:47 ID:hUbjibZM

  「まず、わが国民のように趣味を持たずに暮らしてきた民族はない。一般庶民
 の家では庭の手入れをすることがほとんどなく、花を植えることもしない。
 国ごとに国花があって国の象徴があるのに、われわれにはそれもない。
 ムクゲをかかげるのも近年のことだが、それさえも政治との関わりからで趣味
 によるものではない。だれもムクゲに意味をもたせる者はいない。韓国人は
 生の楽しみを知らない。生を味わい、人生をかみしめる余裕をもたない。
 常に追い立てられている者たち、常にしかめっつらしている者たちだ」

                 咸錫憲 「苦難の韓国民衆史」




240 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 13:33:42 ID:hUbjibZM

  ◇新井白石の朝鮮観 (江戸中期の儒学者・政治家 1657〜1725)

日本に送られてくる通信使は、日本向けには将軍の襲位祝賀をうたいながら、朝鮮の文献を読んでみると、
敵情探索を目的としている。これは恩義を忘れたものである。大体、朝鮮は信義のない国であって、
明が清に攻められた時も一人の援兵も送ろうとしなかったではないか。
「夫朝鮮狡黠多詐、利之所在、不顧信義、蓋○狢之俗、天性固然」(朝鮮人は狡猾でいつわりが多く、
利のあるときには信義をかえりみない。狢(むじな=タヌキの異称)の類の風俗は、
天性からしてそうなのである 「国書復号経事」)。

白石の通信使待遇格下げの根底には、このように朝鮮を軽侮する心理が働いている。
日本の文人たちは、朝鮮のことを礼儀の国などといって持ち上げているが、
歴史に照らしてみれば、かくのごとく信義のなき国である。
そうした国の使節をそれほどまでに優遇することはない。こうした論理である。

(日本の"文人たち"を"マスコミ・文化人"と言い換えれば現代でも通用する)


241 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 14:14:13 ID:KZF+ioc6
コピペ豚ばっか・・・

242 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 14:34:34 ID:hUbjibZM

  朝鮮独立を潰し、朝鮮の近代化の芽をつぶした妖婦閔妃
   を「韓国の国母」と呼称する韓国の歴史大捏造

 李朝末期には高宗という国王(後に日清戦争の日本の勝利により
 朝鮮は史上初めて独立し皇帝の地位を得る)
 がいたのですが優柔不断で、名目上の存在に過ぎず、実際は
 国王の実父である大院君と王妃である閔妃とが主導権争いに
 終始していました。
 それと宗主国清国と結ぶ事大派と金玉均ら日本の近代化に学ぼう
 とする独立派との思惑も絡んで複雑多岐な権力闘争が続き、とても
 正確に全貌を言い尽くせるものではありません。
 宮廷内の蝸牛角上の争いは陰湿でした。 
 1882年閔妃が実権を握ると、まず閔妃一族の栄達を図るため
 国家有為の人物より大院君排除に必要な策士を網羅し、大院君が 
 命をかけて撤廃した両班の特権を復活させるため彼らを扇動し、儒者にへつらい
 大院君系の人々を根こそぎ死刑、流刑、追放し処世の改革を破壊
 しました。
 閔妃は聡明でしたが権謀術数に長じ、陰険にして残忍、妖婦としての
 逸話もたくさん残っています。
 独立党の金玉均らは閔妃を追放しない限り朝鮮の近代化はないと甲申
 事変を起こし、一時は政権を獲得しました。
 しかし、閔妃の画策で清の大軍を導入し、金玉均の革命は失敗に終わります。
 「閔妃を亡き者にしない限り朝鮮の開花も独立も実現しない」との機運は
 朝鮮内部はもちろん、朝鮮の独立を支援していた(福沢諭吉も金玉均を支援していた)
日本人の声となっていったのです。
    
    「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著
     日本図書館協会選定図書
  


243 :名無しさんといっしょ:2006/09/10(日) 14:57:44 ID:hUbjibZM

      死人に鞭打つ儒教民族の心の狭量性

 閔妃が暗殺され意気あがる大院君は総理大臣金弘集に命じて閔妃派の閣僚
 を罷免しました。組閣を終わった金首相は閔妃のために速やかに国葬を発する
 ように言上します。しかし、大院君は「王妃は廃して庶人にするつもりだから国葬
 は行わない、と言明しました。庶人にするとは平民にするというわれで王妃から
 一挙に平民に格下げしたのです。それどころか閔妃の罪悪挙げて詔書を国王に出させ
 ました。
 日本は列強との修復を図るべく、井上馨を特命全権公使としてソウルに派遣しました。
 彼は大院君に対して
 「死ねばみな仏になる。過去を水に流して王妃の菩提を弔って民心の安定をはかること」
 を進めました。
 しかし、閔妃を復位させ「明成皇后」の称号を賜り、国葬を行ったのは
 明治三十年十月一日のことでした。


     「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著
     日本図書館協会選定図書



244 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 19:45:28 ID:a+tFz2Lc

     「民族独立記念館」の「日本軍による市民処刑の写真」
      とされるものはゲリラの処刑写真である!

 日露戦争の開戦にあたって、「日韓議定書」が締結されました。この議定書は
 戦争に当って日本の邪魔をしないことを約束したもので、第五条は「本協約の
 趣旨に違反すべき協約を第三国との間に締結することを得ざる事」となってお
 りました。にもかかわらず(韓国王)高宗は、ロシアに密書を送っています。
 日本が敗れた場合の保障をとりつけようとしたのでしょうか。その他日本軍の
 電話を切断したり、鉄道爆破の事件を起こした背景に、皇帝の意志が働いてい
 たとされています。
 世界のどの軍隊もそうですが、日本軍も戦争遂行のために、これらのゲリラを
 発見したら厳重に処断しました。韓国、天安市に建てられた「民族独立記念館」
 に行けば、日本軍によって公開で銃殺されている韓国人(朝鮮人)たちの写真
 が大きく展示されています。この写真だけを見れば、日本軍はひどいと印象づけ
 られていますが、「戦時国際法」によりば、ゲリラの処刑は当然だったのです。
 更に高宗は日本が英米人に干渉できないことを利用してハルバート(米人)や
 ベッセル(英人)にこっそり金を渡して反日新聞を発刊させました。戦後の明治
 三十八年十一月には、ハルバートに密書を持たせてアメリカのセオドア・ルーズ
 ベルト大統領に、日本への干渉を依頼しました。大統領は「韓国のために日本とは
 戦えない」とにべもなく断りましたが、この玉璽入りの写真版が公開されると、例
 によって偽造と言って、
 その事実を否認しました。あの当時韓国には「親米主戦」というべき考えが強く、
 太平洋の彼方から韓国を助けに来ると無邪気にも信じていたのです。

 * 明治三十八年1月三日京釜鉄道爆破の首謀者の処刑写真を韓国の「民族独立記念館」
   では「日本が無実の市民を殺した」というキャプションをつけて展示している。
                   
「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著  
                   (日本図書館協会選定図書)


245 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 19:48:37 ID:a+tFz2Lc

完全な日本人になる以外に別の道が朝鮮人に開かれているとするならば、
  それは苦悩衰微への道である。
  要は小乗的で朝鮮的なものを掲棄清算することである。朝鮮語と朝鮮の衣服、
  朝鮮の家、形式的な祖先崇拝、朝鮮史、こんなものを完全に止揚して、改め
  て精神的に日本的な感情に染まらなければならないのである。
  朝鮮人的心情を完全に殺して、生まれ変わらなければならないのである。

  「朝鮮人の進むべき道」玄永燮(京城帝国大学卒 無政府主義者)
    米 京城帝国大学−現ソウル大学 大日本帝国によって創立される

246 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 19:56:53 ID:a+tFz2Lc

 伝統、文化、技術がまったく育たなかった向上心のない怠け者民族

「人の目に労働と映るなら、出来る限りそれから遠ざかろうとする。自分
の手で衣服を着てはいけないし、煙草の火も自分で点けてはならない。そば
に手伝ってくれる場合は別として、馬の鞍に自分でのぼるべきでない」
    
              アーソン・グレブスト「悲劇の朝鮮」


 「彼らはいつも借金で首が回らず、何かちょっとした官職の一つでも回って
こないかと首を長くしており、それを得るためにあらゆる卑劣な行為をつくし、
それでもなお望みがかなえられない場合には飢えて死んでしまう」

        イギリス人旅行家 イザベル・ルーシー・ビショップ夫人



247 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 19:59:44 ID:a+tFz2Lc

          国王の復活など考えもしなかった韓国人!
 
 韓国人は「国王」を奪ったと日本を非難攻撃する。2002年ワールドカップの
 中心人物である韓国サッカー協会会長などは、もし、現在の韓国に国王が残って
 いたら、日本に天皇があるように、韓国政治の安定になんらかの好影響があるだ
 ろう、大統領だけなのは悔しいかぎりだ、などと、歯ぎしりしている。韓国では
 最近、国王を懐かしがる声がいろいろ挙がっているようだ。
 韓国の国王に対する旧懐の情は、冷めるのが非常に早い。だいたい、それほど国王
 を愛していたにもかかわらず、「日帝三十六年」の間の韓国民衆、社会、思想運動
 は、もはや、李朝復辟を考えることはなかったではないか。それどころか、
 「三・一独立運動」後の朝鮮国王はすでに韓国人自らの手によって棄てられていた
 のだ。/
 抗日運動各派は社会主義や民主、民族運動と抗争に夢中になり、上海の臨時政府も
 大統領制となった。つまり、国王は反動的、革命の対象となったのだ。こうして
 戦後に分断国家となった韓国では、国王の存在さえ忘れられてしまった。
 それを世界的ブームだからといって国王復活を口にする。どうせ、すぐ飽きだろうが
 そのたびにいちいち日本を巻き込むことはない。
 もともと、韓国人は、先祖を敬うことを重視している割には、前代のことを忘れ去る。
 あるいは、消し去る傾向が強い。
 李朝では前代が後代によって否定されることが常であり、それを実現するために、
 政治的粛正と虐殺を繰り返す。この歴史が韓国人の民族性を形成してきたのである。
 このような前代否定の政治は、韓国建国後の李承晩から金大中政権に至るまで、
 現在でも続いている。
                 「韓国は日本人がつくった」黄文雄 徳間書店


248 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:02:29 ID:a+tFz2Lc

 実は「韓国人と韓国社会」は、「イスラム教徒とイスラム社会」と同程度か、あるいは
それ以上に、日本からはへだたる異質な社会なのである。
(中略)
絶対的な身内優先、独善的な防衛意識とその裏返しである強固な村八分意識、
さらには自らを常に他人より優越する身分であろうとする強い上昇意識とその裏返しである
よそ者に対する険しい蔑視、無関心、差別意識、そういったものが混在して、今日の社会に
引き継がれている。
 この社会では、他人を見下し、自らを高しとする立場に立たんとする闘争は、日常的に
目に見えぬところでも激しく行われている。
 相手の立場を少しでも立てたり、自己反省したりすることは、一族末代までの恥として
絶対に許されない。
 実証性、客観性とはおよそ無縁の世界であり、自分たちのメンツが立てられたか否かを
争点として、何百年でも執念深く争っている。

    他者としての朝鮮半島 西尾幹二 「諸君」03年7月号より


249 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:05:46 ID:a+tFz2Lc

      シナ(清)の奴隷のまた奴隷であった李氏朝鮮

 支那(中国)と朝鮮半島の朝貢・柵封関係は、ただ「象徴的」なもので
 朝鮮人が独立を失って、国を滅ぼされたのは、「日帝の三十六年」が初
 めてである、という朝鮮近代史論が一般的、常識的である。
 しかし、この見方は歴史に対する無知であり、真っ赤な嘘だ。
 中華帝国と朝鮮半島の関係は、有史以来、外藩というよりも代表的な
 属国。藩属である。特に清帝国の時代には、李朝の地位が清帝国の奴隷
 というよりも奴隷のまた奴隷であった。/
 また、李朝国内に発生したすべてのことの委細を一つ一つ細かく清朝朝廷
 に報国しなければならない。/
 さらに宗主国に対する忠誠心を示すために、たとえば崇徳七年(1642)
 日本の日光東照宮に燭台を送ることでさえ、清朝朝廷の許可を上奏していた。/
 朝鮮国王から送られた朝貢使も、清帝国に入っても、辺門城門を通る資格が
 ないので、遠回りに迂回しなければならなかった。/
 ヘンドリック・ハメルの「朝鮮幽囚記」によれば、朝鮮国王はタルタルの汗
 (満州国王)の同意を得た後に後継者を決める。/朝鮮国王は満州人の使節
 が来ると、自ら高官を従えて、迎恩門まで歓迎に赴きいて敬意を表し、芸を披露
 し、接待しなければならなかったと書いてある。
 
             「歪められた朝鮮総督府」黄文雄 光文社




250 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:09:02 ID:a+tFz2Lc

   伊藤公を呪い殺そうとしたが発覚して公に一笑された韓国王 
 
 高宗は伊藤博文総監には頭が上がらず、どうにかして排除したく、僧侶を呼んで
 伊藤調伏(まじないによって呪い殺すこと)の祈祷をさせ、死期を占ったりしま
 した。また金升皎という儒学者を特別顧問として出入りさせていましたが明治39
 年7月、金が憲兵隊に逮捕されたとき「聖上日可斬島夷伊藤博文、長谷川好道」の
 密勅が見つかりました。島国の夷である伊藤総監と長谷川軍司令官を斬れ、という
 高宗の秘密指令なのです。それを知った伊藤は少しも騒がず、高宗に対して次のよ
 うに諌言しています。
 「念仏、祈祷、うらないなどは暗愚の君主がすることだ。山村の隠れ儒学者である
  金升皎などは、四書五経を読んで周代の治教を知っているだけではないか。世界
  の大勢を知らず時勢に対応する能力ない。こんなことをするなら、孔子の昔を求
  めて国政を議したほうがよかろう」

                「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著
                (日本図書館協会選定図書)


251 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:12:24 ID:a+tFz2Lc

         「恥」を忘れた現代の韓国人!!

 1965年11月から12月半ばにかけて、私は解放後の韓国を初めて
 訪れた。当時新聞社にいた私は、日韓条約が成立するときの韓国の表情
 を取材するよう命じられていたのである。/ソウルに着いたら、日本の
 植民地支配について、多くの韓国人から糾弾の言葉を投げつけられるだ
 ろう、と私は飛行機の中で覚悟していた。だが40日間の出張期間、そ
 うしたことは一度もなかった。むしろ、温容をもつて親切に韓国の現状
 を説明してくださった方が、あとで大変な反日家だと聞かされて、驚いた
 りもしたものだ。あの方達は現在、直面している困難が日本の植民地支配
 によるものだ、といった類のことは絶対口にしなかった。「それを言えば
 自分達は今なお日帝の影響下にあると認めるではないか。そんなことは絶対
 できぬ。我々は昨日の韓国人ではないのだ」それがあの方たちの強烈な意気地
 であった。/あれから30年近い年月が流れ、事態は逆になった。いまや韓国
 から私の目や耳に入ってくるものは「自分達は日本にこんなにもやられた」
 「韓国はこれほどまで日本に痛めつけられた」という話ばかりである。
 「残虐な日本に翻弄された韓国」というイメージを、苦渋の色もなく得々と
 描きまくる光景。これはかって私を感動させた独立韓国とは、あまりに違って
 おり、私はただ唖然と眺めているばかりである。

            田中明 1992年「韓国政治を透視する」より


252 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:14:43 ID:a+tFz2Lc

        300前の済州島では日本語が話されていた!!

  朝鮮語の通訳として長く対馬藩に仕え、1723年八代将軍吉宗時代に
  毛利藩に転じた松原新右衛門が当時の朝鮮についてこう述べている。

 一、釜山の周辺に豊臣秀吉の朝鮮征伐のときに築いた城がまだ残っていて
   朝鮮政府で管理している。
 一、朝鮮ではシナ(中国)の年号を用いている。
 一、朝鮮には砂糖がない。
 一、済州島の住人は、たいてい日本語を用い、日本の歌などを歌っている。
   今は朝鮮の領土となっているが、もともと日本から来た者が住んでいる。

            「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著より引用
             (日本図書館協会選定図書)


253 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:18:26 ID:a+tFz2Lc

   韓国は日本によって有史以来初めて「独立」の地位を得た!
 
 歴史的にみて、韓国はまぎれもなく「中華帝国」の属国であった。
 そのことは韓国で出版された歴史関係の著書や「歴史辞典」に散見
 される。韓国人自身も属国であったことを認めていたわけだ。
 私は韓国人と「属国論」を議論するときは、この彼らにとっての
 「痛いところ」を指摘する。すると必ずと言っていいほど彼らは
 しどろもどろになり、反論に窮してしまう。そんな体たらくは見るに
 忍びがたいので、ついつい、追及をやめてしまうのだが、それでも次の
 一言を言わざるを得ない。
 「では、なぜ日清戦争後の下関条約第一条には、清国からの朝鮮独立
 がわざわざ明記されているのか。朝鮮が清国の属国でなかったならば、
 日清両国がこんな条文を結ぶわけないではないか。それとも両国の国家指導者
 がまぬけだったというのか」
 たいていはこの一言が決まり文句となり、(韓国の)属国否定論者は
 「あれとこれとはちがう」とか「それは清国と日本が勝手にやったことだ」
 とかの言い逃れに走るのが常である。

                韓国は日本がつくった 「黄文雄」



254 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:19:58 ID:a+tFz2Lc

     中国、韓国以外のアジア諸国の歴史認識!

  インドはまもなく独立する。この独立の機会を与えてくれたのは
  日本である。インドの独立は日本のおかげで30年もはやまった。
  インドだけではない。ビルマもインドネシアもベトナムも東亜アジア
  はみな同じである。インド国民はこれを深く心に刻み、日本の復興
  には惜しみない協力をしよう。

              インド法曹界の長老 パラバイ・デサイ博士
 


255 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:22:49 ID:a+tFz2Lc

  (昭和30年に警視庁の警視が『在日朝鮮人運動』の「はしがき」で書いたもの)

「日本は今や平和を愛好する世界全人類の興望の中にあると言い得る。
このような日本にとって重大且つ深刻な影響を持つ朝鮮問題も意外に等閑視されている。
朝鮮という国柄、朝鮮民族の性格というものが、朝鮮問題の全部だといわれる位、
これを知ることは大切なことである。
 しかるに終戦前は、内鮮一体化の建前から朝鮮同胞を刺戟するという理由で、
民族的欠陥を公に論ずることは一切伏せられ、終戦後は、それが彼らの目に
触れた場合の後難を恐れて、臭いものに蓋式で、非常に身近なことでありながら
多くの人はこれを知らずにきている。これが今日、日本に、いわゆる朝鮮人禍を
もたらした主たる原因と思われる」

警視庁警備二課篠崎平治警視著「在日朝鮮人運動」令文社


256 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:25:16 ID:a+tFz2Lc

         「皇国臣民の誓詞」

  児童用   
           一、私共ハ大日本帝国ノ臣民デアリマス
           一、私共ハ互ニ心ヲ合セテ、天皇陛下ニ忠義ヲ尽シマス
           一、私共ハ忍苦鍛錬シテ、立派ナ強イ国民トナリマス

  学生・一般用

           一、我等ハ皇国臣民ナリ 忠誠以テ君国ニ報ゼン
           一、我等皇国臣民ハ 互ニ信愛協力シ 以テ団結ヲ固クセン
           一、我等皇国臣民ハ 忍苦鍛錬力ヲ養ヒ、以テ皇道ヲ宣揚セン


    作者 「大同民友会」顧問  総督府学務局嘱託 李覚鍾



257 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:26:27 ID:a+tFz2Lc

  日韓の歴史的不幸は、日本支配によって韓国人が日本人になってしまうほど(日本への)
 「協力」が進んだことにある。だから突然日本支配が終わり(大東亜戦争の終焉)
  新生・韓国としてほんとうの韓国人を必要としたときに韓国は困った。
  その結果、日本人化した韓国人を本当の韓国人に作り変えるために、過去を全て
  否定し、日本のすべてを悪とし、日本への協力の歴史を排除して抵抗史観に基づく
  徹底した反日教育を断行する必要に迫られたのだ。したがって、韓国の反日感情・
  反日情緒は、日本支配への「協力」と日本人化という痛切な事実のために、解放後に
  むしろ強調され、より強化されたのである。

                「韓国人の歴史観」黒田勝弘




258 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:31:00 ID:a+tFz2Lc

日本は内鮮一体、つまり朝鮮人も日本人と同じ扱いにする政策をとり、
国内並みに鉄道、港湾などのインフラを整備し、政府、軍にも人材を登
用した。朝日新聞が強制連行だと騒ぐ徴用が行われたのは昭和19年。同
じ時期に徴用の何倍もの朝鮮人が日本に流れ込んでいる。内も鮮も同
じ、引越しの自由のおかげと言える。
しかし彼らは日本以外の例えば中国に行けばハングオレンのまま。それ
で日本名を勝手に名乗る者が出て来た。そうすればもう中国人から見下
されないからだ。
これがブームになる。日本政府は勝手な改名を禁じて日本名にしたいな
ら役所に届け出ることを義務付けた。昭和15年に半年を限りに行われた
「創氏改名」である。
朝鮮人は新羅の昔に金さんとか朴さんとかの中国名に改めていた。だか
ら二度目の創氏改名になるが、その理由を著名な作家、香山光郎こと李
光洙は「我々の姓名は支那を崇拝した祖先の遺物。支那人と混同される
姓名を持つよりも日本人と混同される氏名をもつのがもっとも自然だと
信ずる」(『創氏とわたし』より)と書いている。
ちなみにもう一つの日本統治領、台湾での創氏改名は朝鮮の届出制とは
違って許可制が取られ「滅多に許可されなかった」と『台湾人と日本精
神』にある。
許可制にしたのは、中国人は今でこそ「原住民」扱いだけど、日本人も
尊敬する栄光の文化がある。明日のためにも中国古来の名を守るべきだ
という配慮からだった。
しかし、その日本は米国に負けて最下位ランクの国にされた。途端に朝
鮮は手のひら返し。今は強くなった中国風の名に戻って、創氏改名は日
本に強制されたの何の。分かりやすい国ではある。

週刊新潮2003年3月27日号 『変見自在』 高山正之




259 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:33:37 ID:a+tFz2Lc
マッカーサーのお膝元にいた女性二人が「日本」について本を書いた。
一つはルース・ベネディクトの『菊と刀』。白人キリスト教徒らしい視
点でアミニズム日本の不思議をかなり見下して書いている。
もう一つがヘレン・ミアーズの『アメリカの鏡・日本』だ。彼女の視点
はベネディクトよりはるかに高く、世界全体を見下ろして「日本は欧米
を見習い近代化のステップを歩んだだけ。日本は我々を映す鏡だった」
と主張する。
例えば米国はフィリピンを植民地にするのに二十二万人も殺した。ハワ
イ王朝も詐術と暴力で乗っ取った。日本はそんなひどい国とそっくりな
んて言われたくない気分だが、マッカーサーは別の理由でこの本の日本
での翻訳出版を禁止した。
彼は「米国は正義の国。日本は生まれつき残虐な侵略国家」としたかっ
たからだ。
彼女の本は最近やっと日の目を見たが、歴史はどうやって見るべきかの
示唆を多く含んでいる。
例えばこんなくだりがある。「日本は有色人種の中でただ一人、完全平
等の地位を与えられていた。中国人は自分の国にいながらクラブや租界
に入れなかったのに日本人は白人として受け入れられた。インドシナの
住民登録には日本人は『ヨーロッパ人』と記載されたが、中国人は『原
住民』だった」
ムーディーズの格付けみたいなものだが、最下位にランクされた中国人
が「ハングオレン」と言ってさらに見下していたのが朝鮮人だった。ハ
ングオレンとは「韓国人」の中国語読みである。
日本は明治末、その朝鮮を併合した。そのころの朝鮮は道路も下水も満
足な学校もなかった。あるのは儒教原理主義に基づく強烈な身分差別で
最上層の両班はともかく小作人やその下の奴婢は人権もなかった。女性
はさらに見下され名前のない者もいた。
     週刊新潮2003年3月27日号 『変見自在』 高山正之




260 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:36:47 ID:a+tFz2Lc

  南方でいまでも日本人が好かれている理由

日本からはるか遠い南洋の小島に、日本の歌を歌う老人がいる。
「兎追いしかの山・・小鮒釣りしかの川・・」
沖に浮かぶ島を指差しながら、老人はつぶやくように歌う。
太平洋戦争のとき、その島には日本軍が進駐し陣地が作られた。
老人は村の若者達と共にその作業に参加した。
日本の将兵とは仲良くなって、日本の歌を一緒に歌ったりしたという。
やがて戦況は日本に不利となり、
いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になった。
仲間達と話し合った彼は代表数人と共に日本の守備隊長のもとを訪れた。
自分達も一緒に戦わせて欲しい、と。
それを聞くなり隊長は激高し彼らを睨みつけ、吐き捨てるように叫んだ。
「帝国海軍の軍人が、貴様らのような下賎な土人どもと一緒に戦えるか!」
日本人は仲間だ、友達だと言っていたのに…みせかけだったのか。
裏切られた想いで、みな悔し涙を流した。
はしけに乗って島を去る日 日本兵は誰一人見送りに来ない。
村の若者達は、悄然と船に乗り込んだ。
しかし船が島を離れた瞬間、日本兵全員が浜に走り出てきた。
「兎追いしかの山、小鮒釣りしかの川」
そして一緒に歌った日本の歌を叫ぶように歌いながら、手を振って彼らを見送った。
先頭には笑顔で手を振るあの隊長が。その瞬間、彼は悟ったという。
あの言葉は、自分達を逃がすためのものだったのだと。
2週間後、日本軍守備隊143名は玉砕した。



261 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:41:05 ID:a+tFz2Lc

       韓国の英雄的作家 李光洙が指摘した民族の衰退原因

一、虚言と人をだます行為。韓国人同士は、お互いに嘘とだます行為のため相互に信
  じられないので「外国人は信用しても、韓国人を信用しない」奇妙な現象あり。

一、空想と空理。韓国人は美辞麗句を 連ねるが、実行が伴なわない。他人の行動や
  話の語弊、問題点を探すだけで、空論に陥ることが多し。

一、表裏不同。人の前ではへつらい、人の背後では批判し、悪口を言う。恥知らずの
  態度。
一、怯懦、卑屈。物事におじけ恐れる。臆病である。他人のことを気にして決断する
  意思弱し。
一、非社会的利己心。社会的公益には無関心だが、自己と家族、私党のための極端な
  利己主義。

  類は友を呼ぶ NHKと韓国が気が合うわけだ

262 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:43:31 ID:a+tFz2Lc

   韓国人は怯えながら生きてるうちに、感情が安定を失うようになった。おそらく
  韓国人ほど、怒ることを好む民族はいまい。怒ることが不安や焦燥感を解決する
  代償行為となるとともに、自尊心を守る手段にもなる。その自尊心も、外観にこ
  だわるために、薄い表皮のようなものでしかないので、ちょっとでも引っかかる
  ことがあれば、怒りの引き金がひかれることになる。

             ダブリュイ主教 「朝鮮教会史序論」


263 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:45:23 ID:a+tFz2Lc

          韓土の二千万の民草と君わが君と仰ぎまつらむ

  これは私の過ぐる年に詠んだ和歌の一つであります。
  日本人と朝鮮人は、同一民族として同一国家を持たねばならぬのに、我々朝鮮人
  はこの根本原理から離脱したために、絶えず西方の漢族、北方の満州、蒙古俗か
  ら脅かされ、半独立とも半隷属ともつかない歴史を経てきたのであります。誠に
  情けない汚辱と苦難にまみれた歴史でありました。
  愛する後輩諸君よ、汚れた朝鮮民族という名にしがみついて、汚辱の生存を送る
  よりも、栄光ある大日本皇民の名の下に死すべきであります。栄光の死の中にこそ
  悠久の大義に生きる不滅の生があるのであります。

                      韓国の英雄的文学者 李光洙



264 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:46:25 ID:a+tFz2Lc

  朝鮮の学者たち自身も、自国の文献に何ら信用を置いておらず、また決して研究対象
 にする事なく、中国の歴史書だけを読むことにしている。
 ときどき朝鮮語で書かれた簡略な歴史本に出くわすこともあるが、それは婦女子の気晴
 らし用の真偽取り混ぜた奇譚集に過ぎない。学者たちといえば、それを開いて見ること
 さえ恥辱だと思っている。

                    「朝鮮事情」 ダレ神父



265 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:48:44 ID:a+tFz2Lc

  いったい世界の他の植民地の中で、これほどまでに本国が社会資本の整備や、
 教育、医療衛生をはじめとする社会制度を充実させるために大きな投資を行なっ
 た例があるものだろうか?イギリスも、フランスも、オランダ、スペイン、
 ポルトガル、ドイツ、イタリア、ベルギー、アメリカも、そのようなことは
 しなかった。
 韓国の王族は日本の皇族の一員であると遇された。日本はソウルと台湾の台北
 に帝国大学を創立したが、いったいイギリスかインドにオックスフォード大学
 やケンブリッジ大学をつくっただろうか?韓国人は日本陸海軍の将校として登用
 された。いったい、イギリスをはじめとするヨーロッパ諸国やアメリカが、インド
 人や、アルジェリア人やフィリピン人を本国の将官にしただろうか?  

            韓国で出版禁止となった本  「醜い韓国人」光文社 朴泰赫



266 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:50:30 ID:a+tFz2Lc

   「近代、日本の発達ほど、世界を驚かしたものはない。この驚異的
発展には他の国と異なる何ものかがなくてはならぬ。果たせるかな、
この国、3千年の歴史がそれであった。この永い歴史を通じて、一
系の天皇を戴いたという比類なき国体を有することが、日本をして
今日あらしめたのである。私はいつも世界上のどこか一カ所位、こ
のような尊い国がなくてはならぬと考えていた。何故なら世界の未
来は進むだけ進み、その間幾度びも争いは繰り返され、最後に戦に
疲れる時が来る。その時人類は必ず誠の平和を求めて世界的盟主を
あげねばならぬ時がくる。この世界盟主なるものは、武力や金の力
ではなく、凡ゆる国の歴史を抜き越えた最も古く又尊い家柄でなく
てはならぬ。世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る。それは
アジアの高峰日本に立ち戻らねばならぬ。吾々は神に感謝する。天
が吾々に日本という尊い国を作って置いてくれた事を」

       二十世紀最大の天才科学者 アインシュタイン ユダヤ人 




267 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:50:52 ID:S7JvgFTm
コチラが正しいチャムング
NHKはいいかげんに事実のみ報道せよ。 いいかげんにせぬと
視聴料拒否キャンペーンを起す。 
http://koreaphoto.hp.infoseek.co.jp/
御馬鹿なNHK職員は頼まれてもいない韓国アニメで幅広く
日本国民から不信感と疑問を買った、潔く媚特ア路線を排せよ
金平和にレイプされた女の気持にもなれ 金保エロ神父にレイプ
された少女達の気持を国民感情を考えろーこれは最終警告だ

268 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:53:48 ID:a+tFz2Lc

    
       伊能忠敬の正確な地図が「日本侵略」を断念させた!
 
  ペルーは伊能忠敬の日本地図が方位も程尺もまったくでたらめで、単なる見取り図
  だと聞いていた。したがって、全く信用していなかったのだが、実測との照合で、
  驚くべき正確さで科学測量された地図ということがわかったのである。野蛮な国だと
  思っていた日本という国は、恐るべき技術を持った国だと認識したペルーは、江戸湾
  の測量を中止し、ただちに琉球へ引き上げていった。あまり指摘されることのない事実
  で驚かれる方も多いと思うが、これこそ、明治維新が平和裡に訪れた最も大きな原因だと
  私は考えている。

                    「裏・日本史2」 樋口清之 詳伝社


269 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:55:03 ID:a+tFz2Lc

    30年代に入ると、近代医療制度の確立と普及によって、中国大陸から来襲して
 くる疫病を完全に食い止められるようになっていた。飢饉による餓死と、疫病に
 よる大量の死亡者を出していた中国大陸とは、天国と地獄ほどの隔世の感を抱く
 ほどであった。ことにインド、中国から朝鮮にわたって猛威を振っていたハンセン
 病には徹底して対処し、6000人以上収容できる小鹿島更正園は世界的に有名になった。
 「日帝36年」はほかならぬ近代医学による衛生、環境の改善と疫病の撲滅によって
 朝鮮半島の生命保全、韓民族の繁栄に大きく貢献したのである。

              「韓国は日本人がつくった」 黄文雄(台湾人)



270 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:57:20 ID:PW2dTpD0
ニート

271 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 20:57:32 ID:a+tFz2Lc

       近代韓国の英雄が語る「李氏朝鮮の大罪」

 「四色党争、事大主義、両班の安易な無事主義な生活態度によって、後世の子孫
 まで悪影響を及ぼした、民族的犯罪史である」
 
 「今日の我々の生活が辛く困難に満ちているのは、さながら李朝史の悪遺産その
 ものである」

 「今日の若い世代は、既成世代とともに先祖たちの足跡を恨めしい眼で振り返り、
 軽蔑と憤怒をあわせて感じなければならない」

         「国家、民族、私」   朴正熙 韓国大統領




272 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 21:04:30 ID:a+tFz2Lc

  
「このように腐敗、堕落しきった朝鮮の官僚制度の浄化に日本は着手したのであるが、
これは困難きわまりなかった。
公正な官吏の規範は存在しない。日本が改革に着手したとき、朝鮮には階層が
二つしかなかった。
盗む側と盗まれる側である。そして盗む側には官界をなす膨大な数の人間が含まれる。
搾取と着服は上層部から下級官吏にいたるまで全体を通じての習わしであり、
どの職位も売買の対象となっていた。」

               『朝鮮紀行』(イザベラ・バード)
               


273 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 21:08:08 ID:a+tFz2Lc

 千年以上シナ大陸を制覇した諸民族に支配され、朝貢を続けた情けない国韓国
その間、弱まった旧宗主国を新宗主国の金魚の糞となって苛め抜いた卑劣な韓国
日本にはモンゴルの金魚の糞として隠岐、対馬の住民を大虐殺した弱い者虐めが得意の韓国
秀吉公の朝鮮征伐で日本の恐ろしさにおののき、将軍が交代するたびに朝鮮通信使を
送り朝貢を続けた情けない事大主義の本家韓国。
李朝末期、強暴な大国清、ロシアの侵略を日本に救ってもらった弱虫韓国。
日本によって独立され近代化、教育を受け道徳を初めて教えられただらしない韓国。
日本に大東亜戦争に奮って参加したが敗戦すると戦勝国だ、賠償などという女々しい
いちゃもんをつけ日本にたかるチンピラ国家韓国。
戦後、日本の経済・技術援助によって経済成長したのに恩を仇で返す韓国。
用もないのにアメリカからの日銭稼が欲しくてベトナムに侵略して天を恐れぬ民間人の
虐殺をした韓国。
捏造した歴史を子供達に教え込み、その捏造歴史を日本に押し付け、虚飾の民族主義を
昂揚させて自己満足に浸っている恥知らずな韓国。
日本が黙っていることをいいことに竹島を侵略し、日本の文化を自分の文化にしてしまおう
と国際舞台であらゆる画策を弄している卑劣極まりない韓国。



274 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 21:17:20 ID:a+tFz2Lc

  昭和20年代後半、日本のマスコミは「正しい歴史認識」を持っていた!
  
 この半島のかつての禿山には水が茂り、田はよく耕され、鉱山は開かれ、道路
は四通八通し港湾の船の発着は自由となり、さらに北上すれば昔からあり得ない
譬にもいわれた、鴨緑江の水を逆流させるともいうべきほどの大工事もなされた
のである。
 吾々はすでに他人の手に帰した財産を数えて繰り言をいうほど未練がましい国民
ではない。しかし、かつて他人のものであり、今また他人のものとなった国土が
日本の管理下に置かれた期間に、美しく面目を改めたといい得ること、日本がかかる
能力を有する国民であることを自覚するのは、幸福なことである。

   経済学者 小泉信三博士 「国土の姿」 読売新聞 昭和28年1月3日づけ



275 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 21:26:15 ID:a+tFz2Lc

 だからこそ日本国総理は「靖国参拝」をするのである

           韓国人特攻隊員!

                  韓国人特攻隊員!

        卓庚鉉(日本名光山文博)−アリランの歌とともに
 彼は大正九年、慶尚南道に生まれました。立命館中学から京都薬学専門学校に 
 進み、その後沖縄特攻隊員として昭和二十年五月十一日二十四歳で戦死しました。
 彼の母は彼が出撃する前年に亡くなっています。彼は最後に母のもとに帰っていった
 のでしょうか。
 彼は出撃前夜、特攻隊員を親身に世話していた鳥浜トメの経営する富屋食堂へ最後の
 別れにいきました。知覧から出撃していった特攻隊員は四百三十六人、その多くを見
 送ったトメにとって、彼は最も印象に残っている一人でした。店には他にも特攻隊員
 がいましたが、トメとトメの二人の娘のいた座敷に上がりました。兵隊の歌声に耳を
 傾けていた卓に、トメが「今夜が最後だから光山さんも歌わんね」と勧めると、「そ
 うだね、最後だからね。それでは僕の故郷の歌を歌うから、お母さん聞いてね」と頼
 みました。
 ふだん無口で恥ずかしがり屋だった卓は、被っていた戦闘帽を眼が隠れるぐらい目深
 に被って、あぐらをかき、柱にもたれかかってアリランを歌いました。
 「アリラン アリランアリランヨ アリラン峠を越えていく・・・」
 この時初めてトメは特攻隊員の中に朝鮮出身の人がいることを知ったそうです。
 アリランを歌う卓は次第に涙でくしゃくしゃになって、二番を歌うときはもう歌に
 なりませんでした。いじらしく思ったトメは卓の手を取り、娘二人も手を取り合って
 泣きました。
 卓庚鉉大尉辞世の歌    たらちねの母のみもとぞ偲ばるる弥生の空の朝霞かな

                日韓2000年の真実 名越二荒之助編著
                 (日本図書館協会選定図書)


276 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 21:30:10 ID:a+tFz2Lc


 例えば、今日は八月二十九日である。この日がどんな日か、日本の皆さん
に解るであろうか。韓国人にとってこの日は「国恥記念日」なのである。
今から八十年前の1910年(明治四十三年)八月二十二日、日韓併合条約
を調印し、二十九日公布された。それ以来大韓帝国(日清戦争の日本の勝利
で韓国は有史以来、初めて日本に独立させてもらい帝国の地位を得た)は日本に
併合され、消滅した。韓国人にとって悲しむべき屈辱の日なのである。
 だから韓国人は、日本への怨念を燃やしてやまない。私はそれを残念に思う。
日本人はお詫びしたのでは日韓ともに実りはない。
 愚者は感情でものを考え、賢者は歴史の事実を教訓化する。日本はなぜ韓国
を併合し、中国にまで進出し、あの大戦争を起こすようになったのか。韓国は
なぜ日本に併合されるような屈辱を味わわねばならなかったのか。責任をすべて
日本に転嫁したのでは、何の教訓も得られない。韓国の反省、責任もあわせて
考えるのが「国恥記念日」の意味である。

            「韓日文化研究所文化部長」 金鍾学 教授



277 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 21:31:17 ID:a+tFz2Lc


昔から春秋に善戦はないといわれているが、今度の戦争(大東亜戦争)を善戦
 聖戦といわずして何といえようか。
 大東亜の建設、全人類の解放、主義と信念と理想を生かすための聖なる戦いに
 行くことはなんと快心事であることか。日本国民としての忠誠と朝鮮男児の意気
 を発揮して一人残らず出陣することを願う次第である。

              「毎日申報」昭和十八年十一月二十日 崔南善



278 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 21:32:44 ID:a+tFz2Lc

いわゆる民族抹消論と言ったような非難は一応はやむを得ないと考える。けれども
だからと言って日本が統治の根本としてきた「善意の理想」や、その意識方針が直ち
に否定されてよいものであろうか。否、あの頃の大多数の朝鮮の人達は確かにこの日
本の善意を感じ取って呉れた。もちろん、傍観者もいた。
 しかしながら今日言われているように全部が全部、決して非協力的ではなかった。
 皇民化政策というような言葉の上の問題とは別に、彼らに異民族という意識をもた
せないようすべての点に配慮されていた。その皇民化政策という言葉を概念的に言う
ならば、それは彼等の脳裏から被支配民族であるという概念的な劣等感を払拭させる
ための一つの積極策であって、これを単に戦争に協力させるためとか、民族意識抹消
政策というようにとるのは日本統治の真底を知らぬ皮相の見解である。従って、総督
府は、特に朝鮮人だからと言って日本人と異なる政策をとることは出来るだけ避けて
きた。
 今日、最も非難されている徴兵制度実施の如きも、その意味では多くの朝鮮人青年
達の熱意に応えた一つの善政であったのである。/
 満州異変以後の朝鮮は文字通り日本の兵站基地としてその役割を立派に果たしてく
れた。日本が如何に強力で、朝鮮民族が如何に弱かったとしても、お互いの気脈が全く
散り散りであった場合、どうしてこんな大役が果たせていただろうか。朝鮮統治はこの
点に鑑みても決して失敗ではなかった。/
 あれだけの大戦争への銃後体制というものが果たして権力的弾圧や、単なる為政者
の統治手段というもので出来るものではない。
   
      併合当時の現地記者 近藤釼一 著 「太平洋戦争下の朝鮮」昭和三十七年刊




279 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 21:36:30 ID:a+tFz2Lc

        −日本女性から指紋押捺拒否の韓国人への手紙−

 自らなす事もなくえんえん、四十年もたつのに今だに日本国にすがりつき、一世
の差別を種に恫喝に明けくれ、元日本人だから日本並に等と訳のわからぬ朝鮮人の
世迷言と、自国にもどれないのも日本人のせいにする。皆日本人のせいにするこの
愚かな民族には、ほとほと、日本人はあきれるのである。植民地の日本同化より独
立国になった年月のほうがはるかに長いのです。独立して四十年間、何をしていた
のか。反省するべきである。如何にどんな民族であるかが、これだけでもわかる。
向上自立ができないのである。かっての差別の国屈辱の国とののしった国日本国に
勝手に来て居座り続ける無神経さ。其の上外国日本国に事々に挑戦的な在日朝鮮人。
それに本国の韓国の政府の上層部の生意気な態度。日本国の援助なしでは何一つで
きないくせに、後進国のくせに先進国に無礼である。コンプレックスのかたまりの
挙句の果ての韓国民族のあがきと日本国民は十分承知して居るが、我々はあまりの
態度に腹が立つ。しかし、日本人の大半は国際社会、人間社会の中の倫理無視のあ
まりの行動を苦々しく思い、あきれ果て低級民族のコンプレックスのあがきと冷たい
目で相手にするなと始めから馬鹿にして、どうせ亡国民族のしみ付いた国民性は折角
独立国になっても、四十年たとうが、百年たつとしてもこれのくり返しで、絶対に
我々日本国と肩を並べて対等に付き合える国ではないと断言して居るのです。

               「民族差別と闘う関東交流集会連絡実行委員会」


280 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 21:39:55 ID:a+tFz2Lc

  「日本の朝鮮統治は成功であった。日本は朝鮮に工場をたて、義務教育を
  ほどこし、近代化のスタートをきらしてやった」
                      吉田茂首相


  「欧米帝国主義諸国で、植民地にこんなことをしてやった国はひとつもない。
  日本帝国主義は誇るべき名誉の帝国主義だ」
                      外務大臣  椎名悦三郎


281 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 21:42:35 ID:a+tFz2Lc

日本の敗戦直後、連合軍に相手にもされなかった韓国人
  (再び、下ろされた太極旗。 光復節は独立記念日でもなんでもない!)

 連合軍は八月十六日、総督府に機密命令を発し、しばらく総督府に朝鮮統治
 を続けることと、日本の朝鮮統治機構を保全し、これを連合軍に引き渡すよう
 に命じたのです。敗戦国日本にとって連合軍の命令は絶対です。八月十八日
 総督府はやむを得ず、朝鮮建国準備委員会に与えた行政権を取り戻しました。
 一旦は建国準備委員会の手に渡った統治機構も放送局も新聞社もすべて摂収して
 しまったのです。太極旗は下ろされました。
 朝鮮側は激怒しましたが、なすすべがありません。行政権を委譲されたとはいえ
 実際に朝鮮全土の治安を維持していたのは日本軍と総督府の警察であったからです。
 そこで呂運亭は全土に「建国準備委員会」を発足させ、、百四十五の支部を基盤に
 ソウルに一千人余りの代議員を集めて「朝鮮人民共和国」の樹立を宣言しましたが
 朝鮮半島の命運に決定権をもつ米ソ両国に否認、無視されてしまいます。

                 「日韓2000年の真実」名越二荒之助
                  日本図書館協会選定図書

282 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 21:49:19 ID:a+tFz2Lc

              事大主義の悲劇!

  (連合軍に媚を売り、歓迎しに行ったら連合軍に殺傷された韓国人!)

 ホッジ中将率いる米軍が九月八日に仁川に着くと、「朝鮮人民共和国」の
 代表が迎えに出ましたが、全く相手にされませんでした。総督府から市民
 外出を禁止する指示があったのに、五百人ほどの朝鮮人が、太極旗や赤旗
 を掲げ、花束や贈り物をもってアメリカ軍に近寄ろうとしたところ、警備
 していたアメリカの警察部隊が発砲、死者五人を含む、多くの重傷者が出
 ました。しかし、ホツジ中将は警官の措置は正しかったと言って、誉めた
 のです。「アメリカこそ朝鮮を日本支配から解放してくれる救世主だ」と
 思い込んだ朝鮮の人々が哀れでなりません。

                「日韓2000年の真実」名越二荒之助
                 (日本図書館協会選定図書)



283 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 21:50:57 ID:a+tFz2Lc

  われわれがまず明らかにしなければならないことは、この(日本からの)解放
が盗人のように不意に訪れたということだ。解放後の腹立たしいこと、醜いざま
は一つや二つではないが、その中でもほんとうに腹立たしいのは、この解放を
盗もうとするやつらが多いことだ。彼らは、自分達だけはこのことを早くから
わかっていたと宣伝する。それは彼らが盗人のようにやってきた解放を、さも
自分が送り込んだようにして盗もうとするためである。それは嘘だ。もし彼らが
あらかじめわかっていたなら、それほど先見の明があったなら、どうして八月十四日
までへりくだって服従していたのか。そのときひと言でも予告して民衆を慰め、勇気を
ひきしめさせていたなら、今になってことさら宣伝しなくても民衆は指導者としてお迎
えしただろう。そういうことはやめて素直になろう。君も僕もみな知らなかったのだ。
みんな眠っていたのだ。神社参拝をしろと言われれば腰が折れんばかりに拝み、姓を
改めろといわれると競い合って改め、時局公演といえばありったけの才能を傾け語り、
米英を罵倒し、転向しろといわれば実にアッサリ転向し、よく見られようと聖書も直し
教会も売り、信用が得られるとなると四つん這いになり、犬の鳴き声もしてみせた。
この国の志士、思想家、宗教家、教育者知識人、文人に、また海外流浪何十年と格好は
よいが、その実、互いに博士派、先生派、なになに派、なになに団と、ハワイや
サンフランシスコではアメリカ人の召使をしながら、勢力争いをし、重慶・南京では
とうもろごし粥をもらって食いながら地位争いをしていた人たちが、なにをあらかじめ
わかっていたというのか。思想はなんの思想で、政治はなんの政治運動をしたというのか。
この国が解放されるとあらかじめわかっていた人など一人もいないのだ。

             「意味から見た韓国史」 咸錫憲



284 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 21:52:45 ID:a+tFz2Lc

           日本統治全否定のからくり

 戦中派の韓国人の中には、私的な場で「現在の韓国の発展はあの36年
の間の基盤があったからだ」と、日本の統治を評価してくれる人が多い。
ところが、公式の場では絶対に日本統治の「功」の部分を認めようとはしな
い。何故か。
 戦後、朝鮮半島で政権を握ったのは、上海やアメリカに亡命し、反日テロ
を繰り返してきた李承晩グループ(派閥抗争、血の粛清を繰り返してきた)と
ソ連の支援を受けて共産主義イデオロギーに染まった金日成グループであった。
彼らはともに日本統治がいかなるものかという実体験がないまま、日本憎しの
感情に駆られて、日本の統治を「朝鮮人民を奴隷化している」などと観念的に
非難してきた。
 そうした李承晩及び金日成グループが日本敗戦後、それぞれアメリカ及びソ連
を後ろ盾にして、あたかも占領軍のように朝鮮半島に乗り込み、当時朝鮮にいた
民族運動の指導者を排除し、徹底した親日派狩りと言論弾圧を行った。歴史教育
も日本への憎悪感情に燃えたアメリカまたはソ連の歴史観に基づいて行われるよ
うになった。
 このため、少しでも日本統治のよかった面を話そうものなら弾圧され、最悪の
場合、民族の裏切り者として親族までが殺された。
 いわば日本全否定史観をもつ米ソ亡命組が体制権力を握り、その下で、
日本統治を体験した民衆は自らの体験に基づいて自由に発言できなくなってしまっ
たのである。
 そうした構図がいまなお韓国や北朝鮮に続いているが故に「日本統治はすべて
悪かった」という観念的な歴史観が幅をきかせているのではないかと思うが、いかが
だろうか。
          「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著より
                  (日本図書館協会選定図書)





285 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 21:53:52 ID:a+tFz2Lc

             「十二月八日」

 「日本のおかげで、アジア諸国はすべて独立した。日本というお母さんは、難産
 して母体を損なったが、生まれた子供はすくすく育っている。今日、東南アジア
 の諸国民が、米・英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるのか。
 それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。十二月八日
 は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して重大な決心を
 された日である。我々はこの日を忘れてはならない。」

             新聞記者 ククリツト・プラモート(後のタイ国首相)

  *「十二月八日− 日本が米英に宣戦布告した1941年、昭和十六年十二月八日
           大東亜戦争勃発の日(後世、太平洋戦争と呼称されている)  



286 :名無しさんといっしょ:2006/09/11(月) 22:01:41 ID:ZnM9EdCD
朝日新聞
2006年5月15日付夕刊
連続インタビュー 歴史認識 韓国編3
落星台経済研究所研究員 パクファンムさん(ネット上のソースなし)

「敵対的な共犯関係」。日本と韓国の間の歴史観の相克を、そう名づける。
 靖国神社や歴史教科書など両国間に問題が起きると、日本の左派と韓国のナショナリストたちが
共闘するように批判の声をあげる。反発した日本の保守派はいっそう硬化する。韓国で民族主義の
枠を超えた研究をすると、日本のナショナリストたちが利用して、そのような研究は韓国内で一段と
白眼視される。互いの国の右と左が同盟のような関係にあり、結果として残るのは強化されたナショ
ナリズムと対立だけだ、という分析だ。

 日本の歴史研究については、「加害者意識が強すぎて実態に言及してこなかったのではないか。
90年代以降に日本で歴史修正主義が登場しても有効な反論ができないのは、当時の時間空間に
立ってみる構想力がないからではないか」と指摘する。

http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50496859.html



287 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 13:42:38 ID:buAr6jux

「歴史は、高い理想主義と、目的の高潔さに動かされたある国が、
抑圧された民衆の解放と福祉のためにのみ生命と財産を犠牲にした例
をひとつくらい見るべきだ。そして日本は人類の歴史上、初めてこの
歴史的役割を果たすべく運命づけられているかに見える」

  ビルマ外相 ウー・ヌー 1943年8月1日独立時の演説より


288 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 19:19:11 ID:buAr6jux

「真実のビルマの独立宣言は1948年の1月4日ではなく、
1943年8月1日に行われたのであって、真のビルマ解放者は
アトリー率いる労働党政府ではなく、東条大将と大日本帝国政府であった」

 
  初代ビルマ首相バーモウ 『ビルマの夜明け』



289 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 19:24:14 ID:buAr6jux

約五十年前ビルマは三回にわたる対英戦争の結果その独立を失えり、
英国側はアジアに対する掠奪的野望を以て此等の戦争を遂行せり。
英国はさらにその伝統的陰謀賄賂及び想像し得るあらゆる詐欺及び術策の武器をしようせり。
・・・ビルマ人は徐々に搾取され時の進むに従い総ての国民的実質、莫大なる物資的資源、
機会、文化、言語、さらに遂にはその生活様式までも失い・・・愛国者は挺身的精神をもって
鎮圧、入獄、流謫、拷問及びしばしば死そのものを甘受して突進して来れり、これらの英雄は
ビルマの生存のため苦難を受け遂には斃れたり。・・ビルマ人はアジアを結合せしめアジアを救う
指導者を待望しつつありしが遂にこれを大日本帝国に発見せり。・・・ビルマ人はこのビルマに
対する最大の貢献に対する日本への感謝を永久に記録せんことを希望するものなり・・・」

バーモウ (ビルマ元首相 独立宣言)より 

290 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 19:30:06 ID:buAr6jux

 「日本の占領は、後に大きな影響を及ぼすような利点を残した。
第一に、オランダ語と英語が禁止されたので、インドネシア語が
成長し、使用が広まった。日本軍政の3年半に培われたインドネシア語は
驚異的発展をとげた。第二に、日本は青年達に軍事教練を課して、
竹槍、木銃によるものだったとはいえ、きびしい規律を教え込み、
勇敢に戦うことや耐え忍ぶことを訓練した。第三に、職場から
オランダ人がすべていなくなり、日本はインドネシア人に高い地位を
えて、われわれに高い能力や大きい責任を要求する、重要な仕事をまかせた」

  参考資料 :インドネシアの中学3年用の歴史教科書




291 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 19:33:08 ID:buAr6jux

“アジア、すでに敵に向かい、蜂起せり 己を捨てて全力を尽くす
連合国を粉砕せんと 玉散ることもいとわず
進め 進め 義勇軍 アジアとインドネシアの英雄 清き東洋に幸あれ
古きアジア 不幸に苦しむ 烈しき圧制に 幾世紀も忍ぶ
大日本帝国 雄々しく立てり アジアを救い 我らを守る
進め 進め 義勇軍 アジアとインドネシアの英雄 清き東洋に幸あれ…”


  インドネシアで50年間歌い継がれてきた
 「祖国防衛義勇軍(PETA=ペタ)マーチの歌詞

 



292 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 19:36:50 ID:buAr6jux

   平成7(1995年)年5月29日「アジア共生の祭典」より
 「第2次大戦中、あるいはその直後、植民地の独立のために、外国の人々が力を貸してくれる
 ということが見られました。 私の国インドネシアの場合、多くの日本の青年たちが
 インドネシアを自由にするために独立の闘士たちと肩を並べて戦ってくれました。
 そして多くの日本の青年がそのために命を捧げてくれました。
 今日このアジア共生の祭典において、私たちの独立のために命を
 捧げてくれたこれらすべての若者たちを偲びたいと思います」

  インドネシア サイデマン外務省上級大使(陸軍大学長、駐日大使などを歴任)



293 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 19:40:57 ID:buAr6jux

   「日本の戦争目的は植民地主義の打倒であった。
   その目的の大半は達成したが、南アフリカ、アジアに
   まだ残っている。そんな時に行った村山演説は、植民地主義打倒の悲願を
   放棄したことになる。村山さんは日本の果たしてきた歴史を踏まえ、
   A・A(アジア・アフリカ)の悲願を代表して、まだ残る植民地主義を
   攻撃すべきであった。かつての日本は、スカルノ、ハッタ、バー・モウ、
   ラウレル・アキノ、汪兆銘、チャンドラ・ボース等を応援したのに、
   たった一度の敗戦で大切な目的を忘れてしまったのは遺憾である」

 インドネシアの元復員軍人省長官で東欧大使を歴任したサンバス将軍



294 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 19:46:32 ID:buAr6jux

  
 「日本政府は、1958年に賠償と援助で8億ドルを出してくれた。
 ハッタ副大統領は“日本軍はインドネシア独立の恩人だから、賠償という名称は不適当だ。
 独立達成を記念する祝賀金として戴く”と言っていた。日本政府が
 3年半の占領の分として8億ドル払ってくれたのだから、オランダは
 350年分の賠償として800億ドル支払うべきだ。それに独立戦争の死者は
 80万人だから、一人当たりの補償金を1万ドルとすれば80億ドル、
 10万ドルとすれば800億ドルになる。つまり、オランダは最低
 1600億ドルぐらいは支払うべきである。
 その前に、まずオランダ女王に謝罪してもらいたい。」

  インドネシア オランダが日本に太平洋戦争での賠償を求めてきたことに対しての
   新聞記事 『祖国と青年』平成7年4月号P、37より



295 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 19:51:26 ID:buAr6jux

   とくに私(ガザリー・シャフェ外相)が惜しいと思うのは、
 日本くらいアジアのために尽くした国はないのに、
 それを日本の政治家が否定することだ、責任感をもった政治家だったら
、次のように言うだろう。
「その頃、アジア諸国はほとんど欧米の植民地になっていて、独立国は
 ないに等しかった。日本軍は、その欧米の勢力を追い払ったのだ。
 それに対して、ゲリラやテロで歯向かってきたら、治安を守るために
 弾圧するのは当然でないか。諸君らは何十年何百年にわたって彼らか
 らどんなひどい仕打ちを受けたか忘れたのか?日本軍が進撃した時に
 はあんなに歓呼して迎えながら、負けたら自分のことは棚に上げて責任を
 すべて日本にかぶせてしまう。そのアジア人のことなかれ主義が、
 欧米の植民地から脱却できなかった原因ではないか。」

 昭和63年(1988年)9月 マレーシア ガザリー・シャフェ外相 
 謝罪する日本の政治家に対しての演説


 



296 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 19:55:00 ID:buAr6jux

参考資料 : 中京テレビ製作のドキュメンタリー
「IANFU(慰安婦)インドネシアの場合には」
に対して、英字紙「インドネシア・タイムス」の
ジャマル・アリ会長のコメント

「ばかばかしい。針小棒大である。一人の兵隊に一人の慰安婦がいたというのか。どうしてインドネシアのよいところを映さない。
こんな番組、両国の友好に何の役にも立たない。
我々には、日本罵倒体質の韓国や中国と違って歴史とプライドがある。
「お金をくれ」などとは、360年間、わが国を支配したオランダにだって要求しない。」




297 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 19:58:45 ID:buAr6jux

参考資料 :インドネシア アリフィン・ベイ(ナショナル大学日本研究センター所長・政治学博士)
「魂を失った日本」未央社、57〜65ページより


 「日本に占領された国々にとって、第二次世界大戦とは、ある面では
日本の軍事的南進という形をとり、他面では近代化した日本の精神的、
技術的面との出会いであった。日本が戦争に負けて日本の軍隊が引き上げた後、
アジアに残っていたのは外ならぬ日本の精神的、技術的遺産であった。
この遺産が第二次大戦後に新しく起こった東南アジアの民族独立運動に
とって、どれだけ多くの貢献をしたかを認めなければならない。
日本が敗戦国になったとはいえ、その精神的遺産は、アジア諸国に高く
評価されているのである。その一つに、東南アジアの教育に与えた影響が
あげられる。(中略)(日本は)目標達成のためにどれほど必死に
やらなければならないかということを我々に教えたのであった。
この必死の訓練が、後のインドネシア独立戦争の時に役立ったのである。」


298 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 20:01:43 ID:buAr6jux

しかし中国人と韓国人はもともと自分さえ利益を得られたら
それでよいという社会性に乏しい儒教文化で育った人々であり、
他人とのあいだに信用というものがなかなか成立しない。
だからアジアばかりでなく、どこの国でも嫌われている。

黄文雄(台湾の評論家)著 「罠に嵌った日本人」より

 



299 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 20:04:46 ID:buAr6jux

参考資料: マレーシア ラジャー・ダト・ノンチック元上院議員
この国に来られた日本のある学校の先生は
「日本軍はマレー人を虐殺したに違いない。
その事実を調べに来たのだ」と言っていました。
私は驚きました。「日本軍はマレー人を一人も殺していません。」と
私は答えてやりました。日本軍が殺したのは、戦闘で闘ったイギリス軍や、
そのイギリス軍に協力し中国系の抗日ゲリラだけでした。

 



300 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 20:07:07 ID:buAr6jux

   マレーシア マハティール首相  

 「日本の戦争責任を問うならば、それより以前、非人間的な支配と収奪を
  つづけた欧米の宗主国の責任はどうなるのか。日本が来たことで
  植民地支配から解放され近代化がもたらされた」


301 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 20:09:41 ID:buAr6jux

  「私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声を上げました。
  敗れて逃げてゆくイギリス軍を見たときに、今まで感じたことのない興奮を
  覚えました。日本軍は永い間アジア各国を植民地として支配していた西欧の
  勢力を追い払い、とても白人には勝てないとあきらめていたアジアの民族に、
  驚異の感動と自信を与えてくれました。」

       マレーシア マラヤ大学副学長ウンク・アジス



302 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 20:12:28 ID:buAr6jux

 「日本軍がもたらした『大和魂』のような考え方をもつことは、
 独立のためにどうしても必要でした。日本軍政下の訓練の結果、
 日本が降伏した後、英国人が戻ってきて植民地時代よりも悪質な
 独裁的制度をマレーシアに課そうとしたとき、
 マレーシアの人々は立ち上がったのです。」

     
  マレーシア ラジャー・ダト・ノンチック元上院議員(1941年当時16歳)

 



303 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 20:16:48 ID:buAr6jux

  1944.3.20自由インド放送より

 「…大東亜戦争開始以来、歴史に較べるもののない日本軍の勝利は
 アジアのインド人に感銘を与え、自由獲得の戦いに参加することを可能
 にした。日本政府は単に自己防衛のために戦うだけでなく、英米帝国主義の
 アジアからの撲滅を期し、さらにインドの完全な独立を援助するものである。
 いまやインド国民軍は攻撃を開始し、日本軍の協力を得て、両軍は肩を並べ、
 共同の敵アメリカ・イギリスの連合国に対し、共同戦線を進めている。
 外国の侵略の軍隊をインドから駆逐しない限り、インド民衆の自由はなく、
 アジアの自由と安全もなく、英米帝国主義との戦争の終結もない。」

 インド スバス・チャンドラ・ボース(インド独立運動の指導者)



304 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 20:26:58 ID:buAr6jux

  インドは当時、イギリスの不沈戦艦を沈めるなどということは
  想像もできなかった。それを我々と同じ東洋人である日本が見事に
  撃沈した。驚きもしたが、この快挙によって東洋人でもやれるという
  気持ちが起きた。

      インド大統領 ラグ・クリシュナン 昭和44年「日本経済新聞」)

 ※ マレー沖海戦で大日本帝国海軍は英国が世界に誇る戦艦プリンス・オブ・ウェールズ
   と重巡艦レパルスを撃沈している



305 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 20:31:50 ID:buAr6jux

  インドが日本のお陰を蒙っていることは、言語に尽くせない
 大きなものがあります。偉大な貴国はインドを解放するにあたって、
 可能な限りの軍事援助を提供しました。何十万人にものぼる日本軍将兵が、
 インド国民軍の戦友として共に血と汗と涙を流してくれました。
 インド国民軍は日本帝国陸軍がインドの大義のために払った崇高な犠牲を、
 永久に忘れません。インドの独立は日本陸軍によってもたらされました。
 ここに日印両国のきずながいっそう強められることを祈念します。

 インド S・S・ヤダフ(インド国民軍全国委員会事務局長、インド国民軍大尉)


 「日本が日露戦争に勝った事によってインド国民が勇気づけられ独立運動に立ち上がった。」

  1997年8月インド独立50周年式典にてラビ・レイ元下院議長


 



306 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 20:34:11 ID:buAr6jux

 
 「インドの独立は、ガンジーやネールが率いた国民会議派による非暴力
 の独立運動によってではなく、日本軍とチャンドラ・ボース率いる
 インド国民軍(I N A )が協同してビルマ(現ミャンマー)経由
 インドへ進攻したインパール作戦によってもたらされた」

  ロンドン大学教授エリック、ホプスバウ「過激な世紀」より

307 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 20:36:40 ID:buAr6jux

「天皇陛下と寺内さん(寺内寿一・南方総軍総司令官)によろしく」

   インド独立の父スバス・チャンドラ・ボースのこの世で最後の言葉 
   1945年(昭和20)8月18日 享年48歳


 



308 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 20:41:08 ID:buAr6jux

         レイキ博士(インド法曹界の重鎮)

「太陽が空を輝かし、月光が天地を潤(うるお)し、満天に星がまたたく限り、インド国民は日本の恩義を忘れない」

 

   グラバイ・デサイ インド弁護士会会長・法学博士

1946年、デリーの軍事裁判に参考人として召還された
藤原岩市F機関長に対する挨拶より

 「このたびの日本の敗戦は真に痛ましく、心から同情申し上げる。
 しかし、一旦の勝負の如きは必ずしも失望落胆するに当たらない。
 殊に優秀な貴国国民においておやである。私は日本が十年以内に
 アジアの大国として再び復興繁栄する事を確信する。インドは程なく
 独立する。その独立の契機を与えたのは日本である。
 インドの独立は日本のお陰で三十年早まった。
 これはインドだけではない。インドネシア、ベトナムをはじめ東南アジア諸民族
 すべて共通である。インド四億の国民は深くこれを銘記している。
 インド国民は日本の国民の復興にあらゆる協力を惜しまないであろう。
 他の東亜諸民族も同様である


309 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 20:44:11 ID:buAr6jux

 パンデイット夫人(国連総会議長をつとめた女性政治家であり、
インドの英雄ネルーの妹でもある) 1945年アメリカにて

「日本を貶(おとし)めようとする内外の歴史家や自虐史観に立つ
人たちは、これまで太平洋戦争がもたらしたアジアの民族主義への
影響をことさら「無視」し続け、あるいは「過小評価」してきました。」


 



310 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 20:50:58 ID:buAr6jux


欧米諸国は日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめること
によって、自分らのアジア侵略の正当性を誇示する目的であったにちがいない。
日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、退廃に
流れていくのを、私は平然と見過ごす訳にはゆかない。
誤られた彼らの宣伝を払拭せよ。誤られた歴史は書き換えられなければならない。

インド ラダ・ビノード・パル極東国際軍事裁判判事
東京裁判判事の中で唯一の法律家


311 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 20:53:58 ID:buAr6jux

 「純粋に軍事史的見地から調べた結論から言うと、兵士の訓練度
  司令官の質、全ての面で日本軍の優秀さは群を抜いていた。
  民間人に対する対応も、占領軍であるにも関わらず、
  実に礼儀に富んだものであった」

            ドイツ軍退役将軍ウーレ・ウエットラー



312 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 20:59:10 ID:buAr6jux

 「かつて不敗を誇った日本軍も半年の死闘に衣服や靴もボロボロと
  なり、ささえるものは不屈の精神力だけであった。日本軍は
  インパールにおいて、ついに敗れたが、そこには何かが残った。
  それは歴史学の権威トインビーがいみじくも喝破したとおりである。
  すなわち『もし、日本について、神が使命を与えたものだったら、
  それは強権をわがもの顔の西欧人を、アジアのその地位から
  追い落とすことにあったのだ』」

  
   イギリス軍東南アジア総司令部司令官マウントバッテン大将
  (『ビルマ戦線の大逆襲』 ルイス・マウントバッテン著より)

 



313 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 21:03:01 ID:buAr6jux

   
 第二次大戦において、日本人は日本のためというよりも、
 むしろ戦争によって利益を得た国々のために、偉大なる歴史を残したと
 言わねばならない。その国々とは、日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に
 含まれていた国々である。日本人が歴史上に残した業績の意義は、
 西洋人以外の人類の面前において、アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、
 過去二百年の間に考えられていたような、不敗の半神でないことを明らかに示した点にある。

  アーノルド・J・トインビー(イギリス、歴史学者)
  1965年十月二十八日、英紙「オブザーバー」より 
 



314 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 21:04:49 ID:buAr6jux

 スリム中将(イギリス第十四軍司令官) 「敗北から勝利へ」より

 「たたかれ、弱められ、疲れても自身を脱出させる目的でなく
 本来の攻撃の目的を以て、かかる猛烈な攻撃を行った日本の
 第三十三師団の如きは、史上にその例を殆ど見ないであろう」


315 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 21:08:50 ID:buAr6jux

   ベルナール・ミロー(フランス人ジャーナリスト)『神風』より
 「これら日本の英雄達は、この世界に純粋性の偉大さというものについて
 教訓を与えてくれた。彼らは1000年の遠い過去から今日に、人間の偉大さ
 というすでに忘れ去られてしまったことの使命を、とり出して見せつけて
 くれたのである。」

 
  英国サッセックス大学のクリストファー・ソーン教授 「太平洋戦争とは何だったのか」より

「日本は敗北したとはいえ、アジアにおける西欧帝国主義の終焉(しゅうえん)を早めた。」

 
  東京裁判のオランダ代表判事を勤めたレーリンク

「日本は西洋諸国の植民地を解放した罪によって罰せられたが、
 その四半世紀もたたないうちに、昭和三十五年(1960年)に
 国連が植民地を保有することを不法行為であると宣言し、その後、
 国連総会が植民地の保有を犯罪として規定すらした」



316 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 21:12:04 ID:buAr6jux

  米国太平洋艦隊司令長官ニミッツ元帥(尊敬する人 東郷平八郎)

 「この島(パラオ共和国ぺリリュ―島)を訪れるもろもろの国の旅人達よ。
 故郷に帰ったら伝えてくれよ。この島を守るために、日本軍人は全員
 玉砕して果てた。その壮絶極まる勇気と祖国を想う心根を!」





317 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 21:15:54 ID:buAr6jux

 ジョイス・C・レブラ女史(アメリカ、コロラド大学歴史学部教授)
「東南アジアの開放と日本の遺産」秀英書房、256〜7ページ

大東亜戦争下、アジア諸国に進駐して行った日本軍政の最大の特徴の
一つは、各国の青年を教育し、組織し、独立精神を振起した点にある。
その遺産は戦後も様々な形で生き続けている。

日本の敗戦、それはもちろん東南アジア全域の独立運動には決定的な
意味を持っていた。今や真の独立が確固とした可能性となると同時に、
西洋の植民地支配の復活も、許してはならないもう一つの可能性として
浮かび上がってきたのである。民族主義者は、日本占領期間中に
(日本軍により)身につけた自信、軍事訓練、政治能力を総動員して、
西洋の植民地復帰に対抗した。そして、日本による占領下で、民族主義、独立要求は
もはや引き返せないところまで進んでしまったということをイギリス、
オランダは戦後になって思い知ることになるのである。(中略) 
さらに日本は独立運動を力づけ、民族主義者に武器を与えた。
日本軍敗走の跡には、二度と外国支配は許すまいという自信と、
その自信を裏付ける手段とが残ったのである。東南アジアの人間は
今や武器を手にし、訓練を積んでおり、政治力、組織力を身につけ、
独立を求める牢固たる意志に支えられていた。

 



318 :名無しさんといっしょ:2006/09/12(火) 21:20:15 ID:buAr6jux

ジョージ・S・カナヘレ(アメリカ、ハワイ日本経済協議会事務局長・政治学博士)

 日本占領軍がインドネシア民族主義のために行った種々の仕事の中で
 、最も重要なものの一つは、正規軍及び准軍事組織を創設して、
 それに訓練を与えた事である。(中略) インドネシア人が軍事訓練
 を受けたことの意義は極めて重要なものであった。これが後のインドネシア革命軍の
 大部分の将校と何千の兵士となり、復帰してきたオランダ勢力と独立戦争を
 戦う際の基盤となった。日本によって与えられたこのような機会が
 なかったならば、戦後のインドネシア民族革命の経過は違ったものになっていたであろう。

 

 



319 :名無しさんといっしょ:2006/09/13(水) 18:51:04 ID:8I3DHppd
アメリカ合衆国ダグラス=マッカーサー元帥
昭和25年(1950年)10月にウェーク島でトルーマンン大統領と
会談中の会話
「東京裁判は誤りだった」

 
日本糾弾の急先鋒であった首席検事キーナン。東京裁判から数年後の発言
「東京裁判はいくつかの重大な誤判を含むのみならず、全体として、
復讐の感情に駆られた、公正ならざる裁判だった」

 
オーストラリア 東京裁判ウェッブ裁判長
「東京裁判は誤りであった」

  セオボルト米海軍小将
「まさしくハルノートは、日本を鉄棒で殴りつけた挑発であった。」

 
元米国大統領ハーバート・フーバー(ルーズベルトの前任者)
「もし我々が日本人を挑発しなかったら、日本人から攻撃を
受ける事は決して無かったであろう」

 

 



320 :名無しさんといっしょ:2006/09/13(水) 18:57:31 ID:8I3DHppd

 元ドイツ大使・大島浩被告のアメリカ人弁護人オーエン・カニンガム
「東京裁判は、報復とその宣伝にすぎぬ」

 
ドイツ系アメリカ人 C・A・ウィロビー(GHQ 参謀第二部長) 
『The Tokyo Trial and Beyond』より
「この裁判は歴史上最悪の偽善であった。こんな裁判が行われたので、
息子には軍人になることを禁ずる」

  ウィリアム・O・ダグラス(米国最高裁判事)
「国際軍事裁判所は政治的権力の道具以外の何ものでも無かった」

 
オランダ レーリング判事
 「我々は戦争法規を擁護する為に裁判をしているはずだったのに、
連合国が戦争法規を徹底的に踏みにじった事を、毎日見せつけられていたのだから、
それは酷いものだった。もちろん、勝者と敗者を一緒に裁く事は不可能だった。
東條が東京裁判は勝者による復讐劇だと言ったのはまさに正しかった」

 



321 :名無しさんといっしょ:2006/09/13(水) 19:28:45 ID:8I3DHppd

 「記者は生まれてこのかた、韓国人ほど冷酷で愚劣で無分別で、
 しかも侮辱的で傲慢な人間に会ったことはない」
  
        アメリカ   黒人新聞「マネー・トークス・ニューズ」

322 :名無しさんといっしょ:2006/09/15(金) 23:01:50 ID:7LOXyn/E

大韓民国五十年の歴史は朝鮮王朝五百年の歴史の縮図版である。その内容と資質
があまりにも似ているのである。高宗は朝鮮王朝の最後の王であり、彼を補佐して
した臣下はみな無能だった。最近のIMF救済金融時代を招いた大統領の経済官僚
たちも無知で無能で清廉ではなかった。この点で1910年の亡国前夜と1997
年の外貨危機前夜は似ている。亡国という結果は、瞬間の失敗と数人の過ちから起
こったことではなく、古い長い間に腐った慣行といえる不正腐敗の結果から出てき
たものである。

     バク・ソンス 「朝鮮の不正腐敗ーその滅亡に及んだ歴史」



323 :名無しさんといっしょ:2006/09/15(金) 23:04:19 ID:7LOXyn/E

 太古の昔、内地(日本)と朝鮮とが全く一つの家だったから、お互い
言葉も同じだったし、(中略)全然同じものだったのです。その後、朝
鮮が内地から離れていったために月日が経つにつれて何もかもがこんな
に違ってきたのです。食べ物も、言葉も、着物も名前のつけ方も。これ
は私たちがあまりに支那を崇拝した関係もあるのですが、とにかく悔し
くてならないのは、その名前のつけ方まで支那のまねをしてきたという
ことです。略(日本名に創氏改名することは)ただ、太古に帰るのみで
なくて、今日の内地の一切の風習に向かって、自発的に勇敢に帰還する
ことによって、進んで祖国に栄光あらしめ、ひいては我らの子孫を万代
の易に置くことができる。ならば、創氏改名するに何のためらいがある
だろうか。

    金文輯「半島風習のその祖国への合理的発展的帰還を論すの言」


324 :名無しさんといっしょ:2006/09/15(金) 23:07:59 ID:7LOXyn/E

国を富ませ領土を広げるために他国を侵略し
 支配した経験がないということは極端に言えば
 韓国人の祖先は、常に支配され、少女たちを敵に
 戦利品として捧げてきたともいえる

        「なぜ韓国はダメなのか」  趙成寛



325 :名無しさんといっしょ:2006/09/16(土) 09:48:54 ID:cOPPVNa/

  韓国人が東方儀礼の邦ならば韓国の慈父伊藤博文公の像を青瓦台の正門に
  建立しなければならない

 「韓国人の誰が、自ら、その独立を主張したのだろうか?そして、韓国人の
 誰が、自ら、韓国の独立を承認したのだろうか?あるならば聞きたい。
 韓国人は、数千年来、固有の独立を有していたと主張するが、私はこれを認めることは出来ない。」
「日本は出来るだけ、韓国を独立させようとしてきた。しかし韓国は遂に独立できなかった。
 そのため、日本は、日清・日露の二大戦役を開く羽目となった。その結果と
 して、日本は韓国を保護国とした。これを日本の侵略だと言うなら言うがいい。
 日本は自衛上、本当にやむを得ず韓国を保護国としたのである。」

「しかし、日本は非文明的、非人道的な行為をしてまでも
 韓国を滅ぼそうとするものではない。韓国の発展は大いに
 日本の望むところであって、韓国自身が国力を身につけ、
 発展するためならば、韓国は自由に行動してよい。ただ、
 ここに一つの条件がある。すなわち、韓国は日本と提携するべき
 であるということだ。日章旗と巴字旗(韓国旗)が並び立てば、
 それで日本は満足である。
 日本は何を苦しんで韓国を滅ぼすことがあるだろうか?」

「自分は、本当に日韓の友好を深めるために、誠心誠意尽くそうとしている。
 しかし、日清・日露の両大戦の際に、韓国は一体何をしたのか?
 陰謀以外の何をしたというのか?戦争中は傍観者に徹していたではないか?
 君たち(韓国人)は、日本が、突然やってきて
 韓国を滅ぼそうとしていると思うのは、一体どのような根拠に
 基づくものか聞いてみたい。」
                     伊藤博文朝鮮総督府初代総監

326 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/09/16(土) 12:49:04 ID:idqyiIBg
この、オナニーへの疲れを知らぬ熱情はどこから沸いて来るのだろう?

327 :名無しさんといっしょ:2006/09/16(土) 19:08:41 ID:vUDAYtF8
(1)依頼心が強い
(2)すべきことをせず他人に期待し裏切られると恨んだり非難する
(3)相手も自分と同じ考えだと思い「違う」と分かると裏切られたと思う
(4)せっかちで待つことを知らず「今すぐ」とか「今日中」とよく言う
(5)すぐ目に見える成果をあげようとし効果が出ないと我慢せず別の事をやろうとする
(6)計画性がない
(7)自分の主張ばかりで他人の事情を考えない
(8)見栄っ張りで虚栄心が強い
(9)大きなもの・派手なものを好む
(10)物事を誇張する
(11)約束を守らない
(12)自分の言葉に責任をもたない
(13)何でも出来るという自信を誇示するが出来なくても何とも思わない
(14)物事は適当で声だけ大きくウヤムヤにする
(15)綿密さがなく正確性に欠ける
(16)物事を徹底してやろうとしない
(17)“見てくれ”に神経を使う
(18)「世界最高」とか「ブランド」に弱い
(19)文書よりも言葉を信じる
(20)原理・原則より人情を重んじ全てを情に訴えようとする

「現代韓国人の国民性格」 著者:李符永(ソウル大学教授)



328 :名無しさんといっしょ:2006/09/16(土) 19:17:57 ID:vUDAYtF8

「日本語の修得は同化を意味しない。むしろ日本語は知識吸収の
道具となり、台湾の近代化を促進した」

台湾の中学1年生が使用している教科書『認識台湾』


329 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 00:20:22 ID:SDQ2t7d5
           ,..-─‐-..、
            /.: : : : : : : .ヽ
          R: : : :. : pq: :i}
           |:.i} : : : :_{: :.レ′
          ノr┴-<」: :j|  コラッ!!
        /:r仁ニ= ノ:.ノ|!           _
          /:/ = /: :/ }!        |〕)  ポコッ
       {;ハ__,イ: :f  |       /´
       /     }rヘ ├--r─y/
     /     r'‐-| ├-┴〆    _, 、_ '⌒ ☆
      仁二ニ_‐-イ  | |      ∩`Д´)
      | l i  厂  ̄ニニ¬      ノ  ⊂ノ
     ,ゝ、 \ \   __厂`ヽ    (__ ̄) )>>326
     / /\_i⌒ト、_   ノrr- }     し'し′
   └-' ̄. |  |_二二._」」__ノ


330 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 00:55:06 ID:Avx5JxUY
韓国軍に殺されたベトナム人の数は、公式統計だけでも 4万1450名
女性たちを強姦した後、殺害
http://www.altasia.org/hangyore/hangyore99256.htm
ベトナム戦争への韓国軍派兵を提案したのは米国でなく韓国だった
http://www.jrcl.net/web/framek409.html
当時外相だった李東元(イ・ドンウォン)「ベトナム戦争は、人助けを装って金を手に入れる絶好の機会だった」
http://www.nwj.ne.jp/members/articles/20000412/WA_kor.html
 朝鮮戦争時の韓国軍に慰安婦制度があった
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H14/1403/140331korea.html
メキシコ人の叫び「韓国人よ、私たちに親切に対してくれ」
http://bbs.enjoykorea.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_8&nid=1451570&work=list&st=&sw=&cp=1


331 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 00:57:51 ID:Avx5JxUY
韓国の子供たちが日本人客歓迎の絵を一生懸命描いたので見てやってください。
http://aog.2y.net/forums/index.php?showtopic=1550
http://aog.2y.net/forums/index.php?showtopic=1558


332 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 09:08:23 ID:Hv3xg9Rf
NHK・・・韓国の放送局か? 
日本の放送局を放棄したか?? 

「チャングムの誓い」で日本の幼児を洗脳するNHK、平安アニメの作者を失ったNHK。
純日本平安アニメ 『おじゃる丸』 の原作者 犬丸りんさんの死、そして 韓国アニメへのテコ入れ、、、、
これは・・・・無関係なのか??

韓国朝鮮系と緊密な女優=宮崎あおい・・再度の異例の大抜擢しかも、オーディションなしで・・・・・・。
これは・・・・無関係なのか??

333 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 09:23:09 ID:Avx5JxUY
NHKの台湾報道に作為を感じる

334 :▼▼▼ NHKの韓国アニメと平安アニメ作者の死 ▼▼▼ :2006/09/17(日) 09:43:37 ID:Hv3xg9Rf
▼▼▼ NHKの韓国アニメと平安アニメ作者の死 ▼▼▼
NHKって、韓国の放送局か??  NHKは、日本の放送局である義務を放棄したのだろうか?? 

『少女チャングムの夢』(アニメ:土曜・総合19:30〜) で日本の幼児を洗脳するNHK、
『おじゃる丸』 = 平安アニメの原作者亡くしたNHK。

純日本平安アニメ 『おじゃる丸』 の原作者 犬丸りんさんの死、
そして 韓国アニメへのテコ入れ、、、、

韓国朝鮮系と緊密な女優 = 宮崎あおい
・・再度の異例の大抜擢しかも、オーディションなしで・・・・・・ これは・・・・無関係なのか??

335 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 10:19:09 ID:KXzmyzJM

虚飾と放蕩が赤貧をもたらし素朴と倹約が巨万の富を生む理屈
  が理解できない「今がよければよい」怠惰な民族性

 韓国の駐日公使李常九はある日福田赳夫元首相の私邸を訪れたが
 どうしても見つからない。ずらりと庶民住宅が並んでいるだけで
 元首相で現在も巨大な権力を有する福田邸らしき家はどこにもないのだ。
 やっと見つけた李公使は二度驚いた。庭は五、六坪しかなく二階あわせて
 三十坪もない。家が古いのでちょっとした雨でも漏れるとのこと。
 首相在任中も福田氏はこの家から通勤していたという。
 李公使が呆れなければならなかったことは福田元首相のことばかりではなかった。
 日本財界のリーダーであった日本商工会議所前会頭永野重雄に箱根の別荘に
 招待されたときのことだ。なにしろ、当時の日本の財界のトップの別荘だ。
 李公使は期待して行ったところ十坪そこそこで冷房もない。
 日本では政財界のリーダーが庶民の生活かそれ以下であっても誰も特に
 注意しない。しかし韓国ではこんなことでも特集で特質しなければならないほど
 驚異なのである。

            「韓国人がみた日本」 サイマル出版より

336 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 11:01:16 ID:KXzmyzJM

  日本から「独立」をプレゼントされたとたんに独立運動の
  リーダーは右往左往して伝統である内輪の大喧嘩を始め連合軍が
  進駐して来る前に「独立国家」を樹立できなかった主体性なき奴隷遺伝子

  1945年、敗戦直前の八月、日ソ不可侵条約を一方的に破棄した火事場泥棒
  ソ連が怒涛のごとく北朝鮮に侵入してきたとき、朝鮮総督府(日本の朝鮮統治機構)
  はこれまでと観念した。この期に及んでいくらジタバタしてももうだめである。
  かくなるうえはいさぎよく朝鮮人の手に統治権を引き渡すことだ。
  総督府の高官は宋鎮兎、呂運亭などの独立運動のリーダーたちと交渉して
  統帥権を与えるから独立政権を作れと要求した。
  しかし、李承晩、金九などの独立運動の最高指導者は圏外に逃亡中である。
  これらの人々を無視して独立政権を作れといわれても、これは無理。
  ではどうするべきか。国内にいた独立運動家はたちまち大喧嘩をはじめた。
  歴史の転換期に国内が混乱することはよくあることだが1954年の「開放」
  にさいしても朝鮮のリーダー間の抗争は致命傷になった。
  一般の民衆も「解放」をいかなる形で具体化すべきか知りようもない。
  統治機構は日本の総督府に握られたままであった。憲兵、警察。検察などの治安機構
  地方統治権、学校、交通から放送、新聞などの言論機関にいたるまで
  日本の総督府が掌握していた。
  民衆は総督府を接収しようとも思わなかった。朝鮮総督阿部信行大将や
  上月中将を射殺してその屍を逆さ吊りにもしなかった。
  これがその後の韓国を運命付けた。
  

               「韓国の悲劇」 小室直樹 光文社

337 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 11:27:37 ID:KXzmyzJM

  吉野作造も述べていますが、一国が他国を併合して
  統治することがいかに難しいか、黄海道や全羅南道の  
  知事を務めた八木信雄氏は私に何回も洩らしていました。

  「韓国が独立してくれてホッとしたのは日本人だった」

  八木氏は真心の人で朝鮮総督府の時代朝鮮のことを思って
  どんなに献身してきたことか。それでも報いられることなく、戦後は
  日韓文化協会理事長として生涯を日韓の架橋たらんと努力しました。
  その人の偽らざる本音を何回か聞かされました。

         「日韓2000年の真実」国際企画
          日本図書館協会選定図書

338 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 12:29:02 ID:KXzmyzJM

初めて朝鮮の民衆に八ングルを替及させたのは、日本だった

ハングルは李朝が滅びるまで、諺文(オンムン)と呼ばれて、
女や子供のための文字として蔑まれていた。エリートである両班たちは
慕華思想に凝り固まっていたので、漢文しか使わなかっった。ハングルは
1443年に、李朝4代目の世宗王のときに考案された独自の文字で
あったにもかかわらず、その後、李朝を通じて、国字としての正統な地位が
与えられることがなかった。これは日本がカナを公文書にも用いたのと、
対照的であった。もしハングルが日本のカナと同じように使用されたとしたら
、民族として自立的な意識を強めて、中国という妖怪を崇める慕華思想の
呪縛から脱することができただろうが、そうならなかったのは残念なことで
ある。日本の独特なカナは、日本の文化的独立を強める役割を果たした。

ハングルが全国民に教えられるようになったのは、日帝時代になってからの
ことである。韓日併合の翌年の1911(明治44)年から、総督府によって
朝鮮教育令が施行され、初、中、高等学校で朝鮮人、日本人の生徒の区別なく
、ハングルを必修科目とすることに決められた。

「韓国 堕落の2000年史」 崔基鎬 平成13年 詳伝社



339 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 12:35:41 ID:KXzmyzJM

欧米諸国の植民地で、あれほど多くの学校を建立し、庶民にまで教育を受ける
機会を与えたのは、例がありません。植民地の民衆に、あれほどの教育の恩恵
を与えた国は、日本しかなかったと思います。日本が唱えた「内鮮一体」は、
まったくの嘘ではなかった、と思いますよ。もっとも、韓国人のなかには、
当時、日本が「内鮮一体」といいながら、多くの学校を建てたのは、
「愚民化政策」のためだった、という人が多いんです。しかし、小、中学校から、
高等専門学校や、京城帝国大学のどこにも、「愚民化政策」といえる点は
見いだせませんし、韓国に渡った日本人が、自分たちの子供を同じ学校に
入れたんですから、まさか、「愚民化教育」を受けさせたはずがなかったでしょう。
小、中学校は、日本人と韓国人の子弟向けに分かれていたものの、
同じ教課を学んだのだったし、私の田舎の小学校にも、日本人の子供たちが
通っていましたよ。

            「醜い韓国人 <歴史検証編>」 朴泰赫 加瀬英明 1995年 光文社



340 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 14:50:27 ID:KXzmyzJM

教育だけをとっても、日本は植民地時代の他の宗主国と、まったく違っていました。
今日の韓国の近代国家としての基礎が、日本統治時代に築かれたことは、否定できません。
これが、もし、ロシアの一共和国となっていたとしたら、いったい、どうなっていたでしょうか。
かつての旧ソ連の辺境にあった共和国と変わらなかったことでしょう。
今の韓国の若者たちは、わが国の歴史も、ハングルも書堂で教えていた、
と思っています。李朝時代の韓国は、中国をひたすら崇めて、
自ら「小中華と称していることを誇りとしていました。ハングルは、
婦人や子供が使う字として、蔑まれていました。今日でこそ、「ハングル」は
発音のまま読み書きができる、世界でもっとも合理的で、
科学的な文字だといって、誇っていますが、ハングルは日韓併合以前は、
公文書にも、祝祭祀文にも、まったく使われなかったんですよ。

今日、韓国人が、全員、「ハングル」を読み書きできるようになったのは、
日本統治時代に小学校で「ハングル」を教えたことから、始まっています。
これは、客観的な事実であって、否定することはできませんよ。
日韓併合以前には、「ハングル」があったにもかかわらず、
「常人」(サンノム)の九割以上が、読み書きできませんでした。

  「醜い韓国人 <歴史検証編>」 朴泰赫 加瀬英明 1995年 光文社

    



341 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 14:56:21 ID:KXzmyzJM

  総督府は朝鮮人の教育にはかなり力を入れ、朝鮮に近代学校制度を創設普及
させということができよう。ことに初等教育では着実に努力をつみ重ね、
「三面(村)一校」「一面一校」というように順次目標をあげながら、
寒村僻地にいたるまでくまなく普通学校(小学校)を設立した。
統治開始後32年たった1942年には、朝鮮人推定学齢児童数の56%が
就学するまでになった。日本内地が同じ水準に達したのは、明治政府が
発足して25年後のことである。これらの数字は、日本政府が朝鮮における
初等数育に対し、本国におけると同様の、もしくはそれに近い努力を傾注して
きたことを示すものといえよう。1943年には、朝鮮統治多年の懸案であった
初等教育の義務制が1946年から実施されることが決定した。総督府は戦時下の
資材不足をおかして、学校、学級の一大拡充に乗り出し、
1945年4月からは中等以上の学校に進学しないもののために、内地同様、青年学校も
新設したのである。

     「韓国・朝鮮と日本人」 若槻泰雄 1989年 原書房




342 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 15:03:31 ID:KXzmyzJM

 そもそも、併合(明冶四十三年八月二十九日)当時の韓国の学制では、
 普通教育機関として普通学校、高等学校、高等女学校があり、
 その教科目に〃朝鮮語及漢文〃とあって、韓国語を教えていたことは
 もちろんなんだが、併合の翌年八月、寺内正毅総督によって
 〃朝鮮教育令〃が制定された後も、韓国人のための普通教育機関である
 普通学校、高等普通学校、女子高等普通学校ては〃朝鮮語及漢文〃を
 必須科目として残してあったんだよ。なお、そればかりじゃなく、
 日本人の子弟を教育する小学校、中学校、高等女学校でも、
 土地の情況により附設科目として〃朝鮮語〃の科目を
 設けることができるようになっていたんだよ。

           元朝鮮黄海道、全羅南道各知事 八木信雄

343 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 15:11:05 ID:KXzmyzJM

次に、大正八年(一九一九年)の独立騒擾事件(三・一運動)の後に
就任した斎藤実総督(後、総理大臣)は、韓国人の教育水準を日本人と
同じ程度に引き上げることにして、大正十一年二月教育令の全面的改正を断行し、
国語を常用せざる者(韓国人を指す)のための普通教育機関の修業年限の
延長を図ったわけだが、普通学校と女子高等普通学校では〃朝鮮語〃、
高等普通学校では〃朝鮮語及漢文〃が必須科目として存置され、
日本人の初等・中等学校についても従来通り、〃朝鮮語〃の科目を
附設できるようになっていたんだよ。

「日本と韓国」 八木信雄 昭和53年 日韓文化出版社


344 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 15:19:51 ID:KXzmyzJM

李朝時代、歴史といえば中国史のことであり、朝鮮史は一顧だにされなかった。

旧韓国時代(李朝)の教育(ごくわずかな両斑階級のみ)は、
徹頭徹尾、中国文化を内容としたもので
あり、教育の材料は全面的に中国的なもので、そこに出てくる逸話まで、
晏子、諸葛亮および文天祥のような中国古代の人物に関するものばかり
であった。教育を受ける国民が、自国に関わることを知らず、
外国に関わるものだけに精通しており、それをまた自慢にしていた。

             「韓国近代教育史」 呉天錫 高麗書林


345 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 15:24:29 ID:KXzmyzJM

  日本人学者の朝鮮史研究は、どう歴史歪曲されたか

朝鮮の伝統文化の保存と尊重についての、朝鮮総督府の並々ならぬ努力
は、けっして朝鮮歴代王朝以下ではない。日本人が朝鮮半島に侵入して
くると、すぐ京城の書院を襲い、貴重な文化財を略奪して、日本国内に
持ち帰り、歴史書を没収、焼却したと書かれているが、それはただの作文にすぎない。

総督府は、朝鮮の旧慣と古跡についてくまなく調査し、朝鮮文化研究に
ついて、多くの貴重な文化遣産を残している。総督府は旧慣民俗に関する
調査の結果、膨大な書籍を刊行し、中枢院は、李朝時代の法典類を編纂
刊行している。たとえば、1915年(大正4年)から1920年にかけて、
『朝鮮古跡図譜』7冊と解説書5冊を会刊した。その後、1919年から11年間をかけて
古跡を再調査し、12冊にのぼる『古跡調査特別報告』を刊行した。
1925年6月に、勅令で「朝鮮史編集会官制」を公布し、独立官庁として
「朝鮮史編集会」がつくられた。また総督府は1913年12月、
「朝鮮史編集委員会」を設け、15年の歳月をかけて、計35巻、2万4000ぺージ
にのぼる巨著『朝鮮史』を刊行した。さらに20種、100冊にのぼる『朝鮮史料叢刊』、
および『朝鮮史料写真及びその解説』を刊行した。日本人学者でつくった
「朝鮮古書刊行会」や「朝鮮研究会」の手で、数多くの朝鮮史書が刊行されている。

       「立ち直れない韓国」 黄文雄 1998年 光文社



346 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 15:27:38 ID:tEAScrlK
こんなの読む気しねーわ

347 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 15:30:00 ID:KXzmyzJM

しかし、朝鮮人学者によれば、それらは朝鮮統治を合理化し、
朝鮮民族を劣等民族として歪曲するためにまとめられたものであり、
史料蒐集の目的とは、朝鮮人の自国の歴史文化に対する自主研究を
排除するための史料奪取で、大々的な史料蒐集と編史事業は、
朝鮮支配に利用するためでもあるとも主張されている。
朝鮮史研究の目的が、朝鮮民族の劣等性、後進性と日帝の朝鮮侵略の
合法性を立証するための史料捏造、史料歪曲、皇民化遂行への利用を
もくろむものであったとまで歪曲したり、曲解する必要はどうして
あるのだろうか。率直のところ、李朝末期にいたるまで、
両班階層が学んだのは支那史だけであって、朝鮮史には一顧だにしなかった。
朝鮮史を直視する歴史学者はいなかったのが史実であった。

黄文雄(台湾国人) 「立ち直れない韓国」 光文社



348 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 15:44:18 ID:KXzmyzJM

 満州国建国当初、協和会に参加していた朝鮮人名士のひとり趙悦は
「民族協和運動の進展と朝鮮民族、五族協和の理想実現」という一文
 を、「大満蒙新聞」と「全満朝鮮人民連合会会報」(16号、1933年8月)に載せた。
そのなかで「在満州の各民族は支那国民党の国家主義的扇動によって、
 激しく対立し、各民族の軋轢(あつれき)は日増しに増大している。
ことに朝鮮民族に対する圧迫や迫害は言語道断であった」と指摘している。
在満の150万人の朝鮮人にとって、日本人名への「創氏改名」は

 迫害を避ける唯一の方法であり、ワラをもつかむ心情だったことだろう。
 よって、皇軍(関東軍)の北満への出動は、在満朝鮮人にとって積極的な
 救済保護であり、兵匪、満州軍閥の圧迫からの解放だと見るべきだ。
 満州事変後、朝鮮人の間で、日本国籍を有し「日本帝国の臣民」として、
 その権利と義務を果たすべきだとの議論が起こったという事実もある。
 そして、「帝国臣民」になりたいという声が高くなり、漢人の差別に
 逆襲するために「創氏改名」を日本に強く要求した。

    「韓国は日本がつくった」 黄文雄 徳間書店

349 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 15:50:08 ID:KXzmyzJM

しかし、日本名に「創氏改名」を遂げた過激な一部の朝鮮人が、漢人(支那人)
ヘの報復のため満州で跋扈したことから、日本人は「日本鬼子」、
朝鮮人は「二鬼子」と呼ばれ、嫌韓感情が高まっていった。在満朝鮮人の
「帝国臣民」としての法的地位要求に対して、当時の朝鮮総督府外事課長の田中武男は、
次のような警告をしている。「在満鮮人が、日本国民たる特権のみを
ふりかざして驕慢な態度に出、自重を欠き謙譲を失い、不遜暴慢をもって
本来の満州国人やその他との間に紛争を引き起こし、ためにその非難忌避の
対象となること甚だ多き」韓国人は一度優越意識に浸ると、その自信は
どこまでも増長するようだ。

「韓国は日本がつくった」黄文雄 徳間書店



350 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 15:54:58 ID:KXzmyzJM

  「立ち直れない韓国」 黄文雄 1998年 光文社
李光洙は創氏改名に関しても、「我々在来の姓名は、支那を崇拝していた
祖先の遺物」であると指摘している。古代朝鮮人の名は、永郎、述郎、
初郎、伊宗、黒歯が多かった。昔の地名も徐羅伐、達久火、斉次巴衣で
あった。そうした地名や人名を支那風に統一したのはわずか600〜700年前
のことだと、氏は喝破している。
そもそも600年前には、朝鮮人はまだハングルを創っていなかったので、
漢字漢文ばかりを借用したことはやむをえないだろう。だから、
伝統的な人名と地名をことごとく絶やして、支那風の人名と地名を
そっくり借用し、人名でも地名でも、いったい支那なのか、朝鮮なのか
わからなくなってしまうのだ。

  黄文雄(台湾国人) 「立ち直れない韓国」 光文社






351 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 15:59:57 ID:KXzmyzJM

モンゴル人が建てた元朝は、高麗を支配下において、あれこれと干渉してきた。
司令官を駐屯させて、王家の世子(世継ぎの王子)を人質として、
元に差し出させた。この世子がのちの忠烈王である。忠烈王の帰国にあたって
元の世祖フビライは娘と結婚させた。つまり、高麗王は、元の大汗(皇帝)の婿と
なったわけである。以後、歴代の王は、元の支配のもとに、有名無実となり、
その後の王は、モンゴル名を名乗ることとなった。忠宣王はイジリブカ、
忠肅王はアラトトシリ、忠惠王はプダシリというふうに、改名させられてしまった。
また、モンゴル風に、弁髪を強いられ、衣服も蒙古風にさせられたという。
こういう強制は、のちの清朝の時にも行なわれている。
韓半島の歴代王朝が、臣属している中国そのものが、異民族に蹂躙されてしまう。
そうなると、これまで、中国の王朝の意を迎えるため、
すぺてに中国式に徹底してやってきたことが、無に帰してしまうのである。
朝鮮民族は、パニックに陥ってしまう。胡服弁髪を強制されることになり、
中国に義理立てしてきた価値観が、モンゴルになり、満州になり、
そして日本になりという、これまで、朝鮮民族が蔑視してきた民族の
ものに、切り換えられてしまう歴史である。創氏改名は、
日本人の専売特許ではなかった。歴史上、
何度も、そういう目に遭ってきた民族なのである。

  「韓国へ、怒りと悲しみ」 豊田有恒 1996年 文藝春秋社




352 :名無しさんといっしょ:2006/09/17(日) 22:54:58 ID:lw7dM+1j

  強制連行どころか強制送還された併合中の不法入国の朝鮮人たち

1930年代後半、西日本で『密航』の取締りが厳しくなされ、毎年2000人から
5000人ほどの密航者が摘発され(1939年は7400人)、大半が朝鮮に送還された。
その多くはブローカーの斡旋で労働を目的に渡航した者であったが、
なかには『内地人を仮称』して連絡船に乗り込んだたため摘発された者もいる。

   「岩波講座 世界歴史19 移動と移民」 水野直樹・他 1999年 岩波書店






 

353 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 09:19:36 ID:avPd0bQL

朝鮮の宗主国への営妓(軍隊慰安婦)、官妓の進貢は元の時代からすでに
正史や野史に表われている。しかし統一新羅の時代から、唐軍に強制連行
された高句麗、百済人は、婦女子が多かった。彼女らの運命は奴婢に、
 もしくは官妓、宮妓、営妓、私妓になることは、当時の社会背景からみれば
 推測できる。元の時代になってから、朝鮮半島は一躍、東アジア最大の宦官と
 貢女(女の献上品)の供給地となったことは、諸史に散見できる。
 また貢女や営妓の献上についての要求は、ベつに朝鮮半島とは限らず、
 すでにジンギスカンの時代に、征服された中央アジア諸国の国王は、競って
 美女と名馬を献上したので、高麗国王も貢女を要求された。それは処女を
 原則とし、しばしば国中の結婚を禁止して、要求に応ぜざるをえない場合も
 あった。もちろんそれは汗(皇帝)の宮廷に限らず、諸王や権臣もたびたび
 貢女を要求した。貢女には、宮妓だけでなく、官妓や営妓になるものもみられた。
 高麗が元に服属した後の元宗15年3月、元からの南宋軍人のために、
 高麗の婦女140名を要求したことがあった。高麗政府は「結婚都監」を設け、
 市井の独女、逆賊の妻、僧人の女を集めて、数を満たした。そのときは処女、
 童女ではなく、独身婦女や罪人の妻を強制連行して、1人の化粧代を
 絹12匹(布地24反に相当)で、モンゴル政府に売ったのである。
 これは政府という国家権力による人身売買と強制連行ともいえよう。
 その翌年の忠烈元年に、元は蛮子軍(南宋の降人部隊)
 1400人を高麗に送ってきたので、蛮子軍に営妓を売るために高麗政府は
 「寡婦処女推考別監」を設け、役人を諸道に出して婦女を推考、選別
 していたこともあった。

                黄文雄(台湾国人) 「立ち直れない韓国」光文社



354 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 09:25:06 ID:avPd0bQL

  教材として日韓の教科書に採用された幻の「従軍慰安婦」そのもの
  が、はたして存在していたか、いなかったか、今日でも未決のまま
  である。「なかった」派の主張によれば、「政府が直接関与した例は
  一つもなかった」である。しかし、韓国人からすれば、かつて朝鮮半島は
  宗主国の中華帝国諸王朝に貢女を進貢するアジア最大の貢女の産地
  であった。現在でも世界有数の国家管埋売春の国である。長い歴史文化と
  現在の「状況論理」からすれば、「(従軍慰安婦は)存在したに決まって
  いる」と想像するのも無理からぬことだ。しかし、どうみても
  「あったか、なかったか」はっきりしないことを、無理やりに
  「あった」ことにして教科書で教え、相手に「謝罪」を強要することは、
  はたして良識にかなうものだろうか。そこにも「正しい歴史認識」が
  必要となろう。


       黄文雄(台湾国人) 「立ち直れない韓国」 光文社




355 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 09:31:12 ID:avPd0bQL

韓国で、有名な暴君の燕山君(在位1494〜1506)は、名刹円覚寺を破壊して、
その跡地に妓生の養成所を建てた。この場所が、今のパゴダ公園なのだが、
韓国人は、このエピソードについては、あまり語りたがらない。パゴダ公園
は、日本に対する3・1運動の発生地として有名だから、そっちの由来を紹介
しておいたほうが、ジャパン・バッシングの役に立つわけだろう。対中国という
ケースでは、よりすぐりの美女に教育を施して、高級コールガールみたいなことも
させた。このように、中国に対しては、徹底的に卑屈になりきった歴史を、
長いあいだ継続してきた。

「いい加減にしろ韓国」豊田有恒 詳伝社

356 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 09:43:18 ID:avPd0bQL

  日本政府が昭和13年(1938)4月、陸軍特別志願兵制を設置するや、
  それまで独立運動を指導してきた崔麟らは、『これによって半島の
  民衆も全的に日本国民になるのだから、一層覚悟を新たにしなければ
  ならない』と声明を発表し、かつて大正8年(1919)には2・8独立宣言を
  執筆した朝鮮を代表する大作家・李光洙が歌謡『志願兵壮行歌』を
  作詞するなど、3・1運動の指導者や民族文学の第一人者たちが率先して
  戦争への協力を呼びかけたのです。これに応えて、朝鮮人青年は続々と
  志願しました。年を追うごとに応募者が増え、昭和16年に至っては実に
  45倍の志願者が押し寄せたのです。その倍率に驚かされます。
  朝鮮は伝統ある儒教国家であり、応募するには父母、親族の許しが
  必要でした。青年の一時の血気だけでは志願するのは困難なお国柄です。
  この驚くべき倍率の影には、圧倒的な朝鮮人の日本への支持があったと
  見なければならないと思います。

     「日韓2000年の真実」 名越二荒之助 平成9年 国際企画
      日本図書館協会選定図書


357 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 09:47:40 ID:avPd0bQL

  それにしてもなぜ、これほどの朝鮮人青年たちは日本軍に志願した
  のでしょうか。米英のアジア侵略を阻止し東洋平和を確立するという
  日本の国家目標の実現が、朝鮮の将来と同一線上にあることを朝鮮民衆が
  理解するようになっていたこともあると思います。また、支那事変以来、
  日本の陸軍士官学校を卒業した朝鮮人士官の活躍ぶりが報道され、
  青年たちの心を強く揺さぶっていたことが大きかったようです。また、
  現実的な動機もありました。志願兵に出て戻ってくれば、自動的に
  巡査や面事務所(村役場)の役人になれたのです。そうすれば、
  家族の暮らしも良くなります。当時の日本青年の多くがそうであったように、
  朝鮮の青年たちの多くも貧困のため進学を諦めざるを得ませんでした。
  そんな朝鮮の青年にとって、志願兵は自分の将来を切り開く
  一つの道でもあったのです。
  
               
     「日韓2000年の真実」 名越二荒之助 平成9年 国際企画
      日本図書館協会選定図書


358 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 09:54:37 ID:avPd0bQL

  (昭和17年、シンガポールで捕虜になった英国人が朝鮮の収容所に送られてきた)

"歓喜する群衆"
8月、朝鮮に約1000名の白人が到着した。この白人俘虜の与えた影響を、
朝鮮軍参謀総長が、詳細に報告している。以下その報告書である。

英人俘虜収容に伴う一般民衆の反響
(中略)俘虜輸送中の道中に於ける釜山、京城、仁川地方の観衆人員も、
鮮人約12万、内地人約5万7千名の多数を算したり。俘虜を通し、
目前に見る彼らの醜態と恬然たる態度を嘲笑し、
斯かる国家観念に乏しき軍隊が、皇軍に敗るるは当然なりと、
皇軍戦勝の事実を再確認し、米英崇拝思想を一掃せさるべからずと
○す者、或いは、皇国臣民たるの幸福感と大東亜戦争完遂の決意を
○す者多く、(中略) 
※○の漢字表示不可読み不明

    「朝鮮人BC級戦犯の記録」 内海愛子 1982年 勁草書房




359 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 10:03:28 ID:avPd0bQL

白人捕虜を目の前にした朝鮮人の主なる言動

A 半島青年が皇軍の一員として俘虜の監視をしているのを見たとき、
  涙が出る程嬉しかった。之を知らない人々に『見ろ、半島の青年が英国人俘虜
の監視をしているではないか』と、大声を挙げて知らしてやりたい衝動に駆られた。
B 基督教関係者は、英米人より指導を受けた関係上、排外思想が
抜けきらなかったが、俘虜を見たとき日本人の誇りと日本基督教の確立を
せねばなならぬと謂ふ強い示唆を受けた。
C 戦争には水を呑んでも敗けてはならぬ、俘虜を見て日本人の有り難さと
誇りを自覚した。
D われらを下等人として馬鹿にしていた英米人を、俘虜として見るとは夢の様だ。
半島人も日本人としての誇りを感じ之で気持ちも一変した。
E 口笛なんか吹いて平気でいるのを見ても、国家観念に乏しいことが分る。
全く、だらしがないものだ。
F あの力のないひょろひょろした様子を見れば、日本軍に敗れるのも無理もない。
G 俘虜を目前に見て、戦争には必ず勝たねばならぬと感じた。
彼らを嘲る前に我々はもっと頑張らねばならぬ。
H 今迄、新聞や映画で皇軍の戦果を見聞きしながら、多少の疑問を抱いたが、
俘虜を見て、報道の嘘でないことが解った。
I 日本人たるの幸福を痛感せしむる為、朝鮮人全部に俘虜を見せてやりたい。
J 奴等の為に戦争が長引くのだから、死ぬ程働かせてやれ。
K 俘虜が憐れな有様に較べて、我々が呑気に暮らして行けるのも、
  全く兵隊さんのお陰だ。

「朝鮮人BC級戦犯の記録」 内海愛子 1982年 勁草書房



360 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 10:08:50 ID:avPd0bQL

「昔から、春秋に義戦はないといわれているが、…今度の戦争を
善戦−聖戦といわずして何といえようか。…大東亜の建設、全人類の解放、
   主義と信念と理想を生かすための聖なる戦いに行くことは何と快心事である
ことか。…日本国民としての忠誠と朝鮮男児の意気を発揮して…一人残らず
出陣することを願う次第である」

◇三・一独立宣言を起草した歴史家 崔南善
(東京での演説 毎日申報1943年11月20日号から)


361 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 10:25:10 ID:avPd0bQL
朝鮮志願兵を讃える日本のマスコミ、今更「靖国参拝反対」とは笑止千万

『暴戻支那を一撃/半島出身運ちゃんも侠気、義勇兵を志願(御影)』 大阪朝日 1937/8/22
『朝鮮人志願兵採用制度/熾烈な日本精神が反映!』 大阪朝日 1938/1/16
『憧れの日本兵に/志願兵制度の実施で/福山で最初の半島人』 大阪朝日 1938/1/20
『血書で志願/半島同胞にもこの意義/皇軍の忠誠を聞いて軍人志願』 福岡日日 1938/1/22
『半島の青年また兵役志願/祖国愛は同じ』 大阪朝日 1938/1/25
『歓び勇む半島同胞/一人前の兵隊さんになれるぞ/尼崎で志願兵制度のお祝ひ(内鮮同愛会)』 大阪朝日 1938/1/27
『兵隊に憧れる/半島の青年達/逸早く志願書提出』 大阪朝日 1938/1/29
『広島で最初の半島人/現役志願申出る/材木店員の真面目な青年』 芸備日日 1938/2/9
『半島人の血書志願/滴る血潮で綴る祖国愛の熱文/一日も早く軍人に』 神戸又新日報 1938/4/9 夕
『胸に描く兵士/燃えたつ愛国の血潮/半島青年が呉鎮へ採用志願』 中国日報 1938/7/3
『半島の出身者が高く掲げる『日の丸』旗/志願兵制度実施に感激して国体の観念を普及』 大阪毎日 1938/11/17 神版
『新生田川遊園地に燦・尽忠愛国の旗/朝鮮人志願兵制度記念の成果/輝く半島人の赤心(泗龍親睦会)』 神戸新聞 1938/11/24
『半島の志願兵/本社に来訪』 大阪朝日 1939/11/9 夕
『我ら君国に報ぜん/湊川神社に詣でて力強い誓詞/半島志願兵隊神戸へ』 神戸新聞 1939/11/11
『朝鮮出身青年の鑑/宿志叶って/志願兵合格』 中国 1940/9/6
『海鷲へ……半島の児が初志願/涙の手紙に溢る“干城の喜び”』 大阪朝日 1943/5/18
『米英撃滅陣へ続かん/半島同胞が三人揃うて現役志願』 神戸新聞 1943/6/4
『半島少年も陸鷲志願』 大阪朝日 1943/7/8 夕
『病床から海軍へ/半島青年が/至誠の志願』 中国 1943/8/10
『新卒業者にも道開く/鮮台学徒特別志願兵規則改正/一人残らず志願せよ』 大阪毎日 1943/11/12
『熱意揚る半島学徒/赤誠の志願相次ぐ』 大阪朝日 1943/11/14
『眼ざすは全員志願だ/あす半島学徒特別志願締切』 大阪朝日 1943/11/19 夕
『志願締切迫る/鮮、台の若人起て/神戸地方海軍人事部談』 大阪毎日 1944/12/6 神版




362 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 11:41:44 ID:PmxOIvKB

歴史認識、反靖国を叫ぶマスコミの戦争責任、
(NHKも大東亜戦争勃発から玉音放送まで大本営の走狗として軍部に追従従った)

『今こそ真に日本人』朝鮮の徴兵制に血書の感謝状

半島(朝鮮半島)青年も昭和19年から晴れて皇軍兵士の栄誉が適えるように準備
をすすめている旨9日情報局から発表されたが、この光栄に勇躍した朝鮮同胞からは
早くも感謝の心を綴った手紙が、谷情報局総裁や井野拓相(拓務大臣)のもとに
届けられ、中には血書したものもある。

 ただただ感謝します。何十万の半島青年のすべてが受けたであろう
この感激は、一体いかなる言葉でいい表したら良いのか分かりません。
『兵役は?』と問われ、『ない』と答える苦しさ。内地の人の中には
『時期が早い』と思う人があるかもしれませんが、自分に問い、友に問いしても
決して遅くこそあれ、早くはありません。自分が運良く戦死したら靖国神社に
行ける。この気持ちこそ半島青年の気持ちです。必ずや自分も
お呼び出し願えるものと固く信じその日を待ち侘びてあます
(「あます」は原文のまま) 
                   半島の一青年
              朝日新聞 昭和17年5月15日号 
(「朝日新聞の戦争責任」 安田将三・石橋孝太郎 1995年 大田出版から)


363 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 11:44:37 ID:PmxOIvKB

 われわれ朝鮮人の一人一人が帝国の防人として内地人と同様大東亜戦争に
参加してこそ真の内鮮一体といえましょう。ああこの日本帝国に生まれ合わした幸運。
朝鮮人も祖国日本のため、米英撃滅に参加出来る喜びをお察しください。
今こそ、靖国の英霊の仇を討って見せます。
天皇陛下万歳、大日本帝国万歳。  松本元治郎(創氏改名者)

情報局総裁閣下

      朝日新聞 昭和17年5月15日号 
(「朝日新聞の戦争責任」 安田将三・石橋孝太郎 1995年 大田出版から)


364 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 11:51:17 ID:PmxOIvKB

   日本が敗戦するや狼藉、犯罪をはじめた朝鮮人たち

  けれども、私たちをなおのこと嘆かせたのは、新しい事実だった。
 日本軍が降伏する直前(1945年8月15日)まで通訳か、それでなければ
 前線地区を回って阿片を商ったり日本軍慰安婦の抱え主を演じた連中
 までが、一朝にして光復軍(韓国臨時政府の軍隊?)の帽子を手に入れ、
 独立運動家、亡命者、革命家などを自称する、とうてい見るに忍びない
 風潮が横行したことだった。のみならず、同じく異国にある同胞たち
 の財産を、そうした連中であればあるほど先に立って没収して回るのが
 普通だった。

  「石枕 (下巻)」 張俊河 安宇植訳 1976年 サイマル出版会


365 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 11:55:37 ID:PmxOIvKB

  が同胞たちの中でもいくぶん富裕な連中は、解放と同時に日本の
 スパイという意味の漢奸の烙印を捺され、大部分が中国の官憲によって
 投獄されたり、財産を没収されるありさまにあった。はなはだしくは、
 我が革命家をもって任じる例の支隊の隊員たちまでが、韓国人同胞を
 処刑に処したり、掠奪を繰り返すなどして同胞たちの感情を損ねるまでに
 及んでいた。かくも暗澹たる状態に置かれるようになったのは、一言で言って、
 例の支隊の独善と傲慢さのゆえであったといって言い過ぎることはない。
 彼らはあたかも、日本軍からの脱出がこうした独善と傲慢を目的とした
 ものであるかのように振舞ったのだ。それは、脱出の動機を虚栄と功名心に
 求めたのと替わるところのない行動だった。

 「石枕 (下巻)」 張俊河 安宇植訳 1976年 サイマル出版会

366 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 11:58:54 ID:PmxOIvKB
日本で犯罪を犯して資金を作っていた上海臨時政府(朝鮮独立に何も貢献できず)

戦前の新聞記事見出しより
『労働争議と不逞鮮人何等の関係もない/上海仮政府は財政難に弱る』 大阪朝日 1921/8/21 夕
『鮮人学生から七千円を奪い上海へ向かったらしい不逞鮮人』 大阪毎日 1921/9/29 夕
『窃取した六千八百円は独立運動の費用?/川端署で逮捕した蒋徳夏(朝鮮人銀行頭取の子息から現金を窃取)』 京都日出 1921/10/11 夕
『独立運動を画策し六千八百円を窃取した鮮人コック逮捕 京都市に潜伏中 …焙出の方法で…文通し盛に活動して居る』 九州日報 1921/10/12 夕
『独立運動の前科鮮人/九大生が父の金二千円を持出して姿を晦ます』 神戸又新日報 1922/3/13
『独立運動を企てた大学生行方を晦ます/父の金二千円を持ち出す』 京城日報 1922/3/14
『怪鮮人は春画を売って上海仮政府へ走らうとした不逞の徒』 神戸新聞 1924/7/27
『怪鮮人の行動/大阪の同志等と結んで上海仮政府の密偵及主義宣伝/旅費調達に裸体写真を』 神戸又新日報 1924/7/27
『大掏摸(スリ)団/独立陰謀団とも気◆を通ず』 京城日報 1924/12/8 夕
『上海不逞団の名で富豪を恐喝す/鶴橋署で逮捕の鄭永斗』 大阪朝日 1926/2/23




367 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 12:03:26 ID:PmxOIvKB

  そして8月17日の夕方、連合軍の命令で我が隊の武装解除がはじまり、
 日本人は復員することが決定した。もちろんこれで例の”本土決戦”の計画も
 自動的についえた。しかし残務整理は日本人事務官でこなせるものの、
 兵隊がいなくなってしまっては武器庫や飛行機などの警備ができない。
 そこで進駐軍がやって来るまでのおよそ二ヶ月間、学校、練兵場、格納庫、武器庫など、
 あらゆる軍の施設を我々40名の台湾人生徒が守ることになったのである。
 『朝鮮人は信用できない。だから君たち台湾人が守ってほしい』
 そう言い残して去っていった上官の言葉を、これまで経験してきた
 もろもろに照らし合わせて了解した。

   「台湾人と日本精神」 蔡焜燦 2000年 日本教文社


368 :吉田ゲイサク:2006/09/18(月) 12:04:34 ID:e1Gv1lWj
キム・ジョンイリ・チャンクン、マンセェ〜ッ!!!

369 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 12:08:02 ID:PmxOIvKB

 心の切り替えができない私は、誰から見ても敗戦で肩を落とした日本人に見えたのだろう。
また日本兵の軍服で汽車に乗り込んでいた私は、8月15日をもって急に威張りはじめた
朝鮮人の嫌がらせを受けた。 座席の中に置いた新品の飯盒を朝鮮人に盗まれ、
それを奪い返そうとすると、『なんだお前、朝鮮人をバカにするな!降りて来い!』と、
たちまち数人に取り囲まれてしまった。多勢に無勢、勝ち目はない。
こうなっては『すみません、私の記憶違いでした』と謝り、難を逃れるしか術はなかった。

それから佐世保に到着するまでの30時間、連中は執拗に私を含め多くの
日本人乗客をいびり続けた。 若い女性がトイレに行こうとすると通路を塞ぎ
次の駅で窓から降りるよう指示するなど、この連中のあまりにも情けない行状を、
私ははらわたが煮え繰り返る思いで眺めていた。ただ黙って見ているしかなかったのである。

  「台湾人と日本精神」 蔡焜燦 2000年 日本教文社



370 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 12:12:04 ID:PmxOIvKB

  佐世保キャンプで私は面白い場面にも遭遇した。
 あの引き揚げ列車の中で、私を含め敗戦で意気消沈する日本人を
 いびり続け、肩をいからせていた朝鮮人たちが、
 「中華民国台湾青年隊」の腕章をつけた我々におべっかを使って
 擦り寄ってきたのである。それは中華民国が連合軍の一員であったからに他ならない。
 弱い者には威張りちらし、強い者には媚びへつらう、
 そんな彼らの極端な習性を目の当たりにした思いがした。

 大国の狭間で生活してゆかねばならなかった地政学的な環境が、
 そうした一個の民族性を育んだのだから、いまさらそれを責めても
 仕方なかろう。

   「台湾人と日本精神」 蔡焜燦 2000年 日本教文社
 

371 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 12:23:19 ID:PmxOIvKB

 「自分は昨夜来東洋における一つの驚異を発見した。それは、今回の
 長い旅行における大きい収穫であつた。同時に、自分の今日までの研究不足を
 しみじみと愧(は)ぢている。何であるかといへば、朝鮮に対する全般的な
 認識の相違である。吾々は、朝鮮といふ所は、地理的には大体満州の延長であるから、
 相変らず匪賊(盗賊)が横行し、産業も振るはず、赭土(あかつち)色の禿山の下で、
 民衆は懶惰(らんだ)の生活を送つてゐるものとばかり思つてゐた。
 然るに列車が一度鴨緑江の鉄橋を越ゆるや車窓に隠見する事々物々、
 皆吾々の予想に反し、見渡す山河は青々として繁茂し、農民は水田に出て、
 孜々(しし)として耕作に従事し平壌その他工業地帯の煙突は活発に煙を吐き、
 駅頭に散見する民衆は皆さつぽりした衣服を纏(まと)い、
 治安はよく維持せられていて何ら不安はなく、民衆は極めて秩序正しく
 行動し、且つその顔に憂色がなく、満州に比べて実に隔世の観がしたのである。
 これはとりもなほさず、貴国(大日本帝国)の植民政策が妥当であつて、
 歴代の総督が熱心に徳政を施された結果であることを卒直にお歓びすると
 同時に、今後における吾々の朝鮮観を根本より改めるであらう」

    リットン調査団アメリカ代表 マッコイ少将
    「朝鮮新話」 鎌田沢一郎 昭和25年 創元社

372 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 12:26:44 ID:PmxOIvKB

 マッコイ将軍の言葉の中の、まづ治安が確立し、
 見渡す山河が青くなつたのは寺内(総督)の武断政治と植林政策の為
 であり、水田耕作が拡大されて、もとの海中にまで稲が稔るに至つた
 のは、斉藤(総督)・下岡の産米増殖企劃(きかく=企画)であり、
 そのころ急に工業地の煙突から活発な煙を吐くに至つた事実は
 宇垣(総督)産業開発政策の為であつた。併合当時僅か八百四十万石の
 生産に過ぎなかつた米が、やがて二千五百万石を算するに至り、
 毎年平均八百万石を日本内地へ移出し、その代金で朝鮮の人々は
 安価で豊富な衣料、金物、雑貨その他の生活物資を整えることが
 出来た。又新工場が次々と設立されて行つたから、世界一の自然増加を
 もつ人口をも吸収することが出来て行つたのである。

         「朝鮮新話」 鎌田沢一郎 昭和25年 創元社



373 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 12:30:06 ID:PmxOIvKB

  人口の自然増加の比率は、そのころ日本が世界一であつたが、
 その本土よりも朝鮮の方がやや高率であり、併合時一千三百万の人口が、
 終戦当時三千万近くに殖えてゐた。だから、日本にとつて人口問題の
 解決は、朝鮮は全然その対象にはならなかつたのである。何故かならば
 日本人が朝鮮に住んでゐる数と、朝鮮人が日本に入国してゐた数とは、
 つねに匹敵し、時に朝鮮人の方が優勢であつたからである。人口の急激な
 増加は、未開国に平和と産業を与へ、衛生施設が上昇したときに起る
 現象であることは、今更言ふまでもあるまい。その培養経済政策による
 生産の上昇は平均して二百倍に達し、鉱工品の如きは物によつて五百倍、
 五千倍に達し、全くの無から有を生む尨大(ぼうだい)な生産品も現はれて来た。

    「朝鮮新話」 鎌田沢一郎 昭和25年 創元社




374 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 12:36:27 ID:PmxOIvKB

  歳入の基礎となるべき税金は、日本人に重く、朝鮮人に軽かつた。
 昭和十二年度において内地における国民一人あたりの課税額平均六円三十五銭八厘であつたとき、
 朝鮮人のそれは、只の八十八銭五厘であつた。又先進国が植民地における唯一の大衆課税であつた
 人頭税と塩税はとらず、朝鮮人は本土の日本人よりも一俵一円五銭安い塩を嘗めることが出来てゐた。
 だから併合以来つねに朝鮮総督府の予算は赤字つづきで、大体毎年平均一千三百万円位づつの補給金を
 出さなければ均衡予算とはならなかつたのだ。時に三千万円以上の補給金を出したことも珍しくなかつた。
 随つて国家予算に於て十数億、民間投資に於いて五十億を本国から持出してゐた。
 かくて朝鮮の経済社会は、容易に資本主義の初期にすら達し得ず、
 未だ搾取の対象にさえなつていなかった。それは朝鮮が資本主義の前提である
 封建社会をもたなかつたからである。

         「朝鮮新話」 鎌田沢一郎 昭和25年 創元社



375 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 12:42:05 ID:PmxOIvKB

  さらに昔日の満州と同じく匪賊横行の朝鮮が、白頭山麓の山の中でも、
 人跡未踏の小島に行つてもつねに枕を高うして眠ることが出来、戸締りの必要も、
 夜警の必要もなかつた時代が顕現し、李朝時代の惨酷な刑政に比し、
 一応人権の自由が尊ばれ、ほつと安心して真面目に働ける時代が続いたことを
 回顧するとき、愚かな総督もあり、失政百出の不満も勿論あるが、大局より見て、
 日本の統治と朝鮮民衆の生活の関連性は、決して搾取弾圧の連続ではなく、
 培養と融和のゆとりある史的段階をもち共存共栄の実を挙げて、
 マッコイ将軍の語るがごとく、東洋の驚異が顕現してゐたことは、
 間違ひのない事実だ。今次の動乱(朝鮮戦争)によつて、地上の建設物、文化施設等の
 多くのものが壊滅したとは言へ、残る有形無形の潜在力は、大きい復興の基底となつて、
 その力を発揮すべく、尚今後虚心坦懐な協力によつて、生ずる生産の復興と、
 貿易の振興は、必ずや日韓経済繁栄の素を作り、三十五年間の共苦労は、
 決して無駄でなかつたことを、両国民が自然に覚る日が遠からず来るであらう。

   「朝鮮新話」 鎌田沢一郎 昭和25年 創元社



  

376 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 12:46:32 ID:PmxOIvKB

  
    朝鮮の財政を支えつづけていた日本の補充金と公債

  朝鮮総督府時代の朝鮮半島経営については、今日よくいわれている
 ような「日帝36年」の植民地収奪というよりも、日本人の税金を注ぎ込むことによって、
 朝鮮半島の財政をずっと支えてきたというのが歴史的事実である。
 朝鮮総督府は、朝鮮人を圧迫したり、搾取したり、収奪したりというよりも、
 税金を注ぎ込み、近代国家として育てようと奮い立っていたのである。

    「歪められた朝鮮総督府」 黄文雄 1998年 光文社



377 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 12:51:45 ID:PmxOIvKB

  今日までの「日帝36年」に対する批判は、ほとんど朝鮮総督府が民度・民力の
 向上に懸命な努力を続けてきた歴史的事実に触れることなく、ひたすら日本人と朝鮮人との
 物質的な強弱の格差、支配者と被支配者の関係のみを取り上げることを目的
 としている。それはきわめて歪んでおり、歴史歪曲ともいえる。朝鮮半島は、
 統監府時代から「保護国」として日本に保護されながら、総督府時代に入り
 いっそう過保護にされつづけたのであって、財政面のみならず、政治、経済、文化の
 あらゆる面にわたってそうであった。「日帝36年」とは、
 植民地搾取という見方とは逆に、日本国民からの"支援"で支えられてきたのだ。
 併合以来、年に千数百万円から二千万円の一般経費補充金が、
 朝鮮総督府特別会計に補填されつづけ、財政運営を支えてきた。
 それは総督府の財政関係担当者が日夜奔走し、機会のあるたびに帝国議会や
 大蔵省に働きかけた賜物である。その補充金は、ほとんどが朝鮮半島の
 産業と国土開発、民生安定と福祉向上に注ぎ込まれており、
 今日のODA援助以上のものである。

    「歪められた朝鮮総督府」 黄文雄 1998年 光文社



378 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 12:55:47 ID:PmxOIvKB

 朝鮮総督府が全精魂を注ぎ、その目標としてきたものは、
 「朝鮮半島の近代化」であった。朝鮮総督府の土地調査事業も、
 産米増殖計画も、農山漁村振興運動も、北朝鮮開拓などもすべて
 近代化推進のシンボルであった。朝鮮総督府が李朝末期の体制と弊風、
 少なくとも土地制度、租税制度の改正、財政の破綻、官僚腐敗などの
 病巣を手術し、ことに階級的身分制度――身分差別の撤廃、公私奴婢の
 廃止、解放、女性再婚の自由保障、笞刑(むちうち刑)の廃止、
 一族まで罪を被る罪人縁坐法の廃止など、法治社会の確立と個人の独立、
 人格の尊重、などなどは、どの一つを取り上げても、
 朝鮮総督府の開発独裁が必要であった。

  「歪められた朝鮮総督府」 黄文雄 1998年 光文社



379 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 12:57:55 ID:PmxOIvKB

  両班に代表される朝鮮の伝統文化は、勤労を蔑視し、無為徒食で
 怠惰な生活をもって聖人君子の道と考え、それを民族性にまでするに
 至った。この伝統文化を根絶しなければ、朝鮮半島の近代化は不可能
 に近かった。だから、朝鮮総督府は、「弊風」と見なされる伝統文化を
 否定して、新しい体制に立て直すことこそが、新しい時代に生き抜く
 ためになくてはならぬ方法だとした。

  「歪められた朝鮮総督府」 黄文雄 1998年 光文社



380 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 16:58:08 ID:e1Gv1lWj
コピペ大会だな・・・

381 :名無しさんといっしょ:2006/09/18(月) 20:38:29 ID:ZmZUxW6f
職員ではないけれどちゃんと見てます
雑音は気にしないで

382 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 00:21:22 ID:GYlPjNTl
ザッザッザッザッザッザッザッザ ∧_∧ ザッザッザッザッザッザッザッザッザッ
                (@∀@- )。oO(軍靴の音が聞こえます。
              ._φ 朝⊂)     ええ、私にははっきり聞こえます!)
            /旦/三/ /|
            | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
            | 妄想中  |/




--------------------------------------------------------------------------------




  ∧∧  ∧∧   ∧∧   ∧∧    ∧∧   ∧∧   ∧∧   ∧∧ 
 /支 \/支 \ /支 \ /支 \  / 支\ / 支\ / 支\ / 支\
 (`ハ´ )(`ハ´ ) (`ハ´ ) (`ハ´ )  ( `ハ´) ( `ハ´) ( `ハ´) ( `ハ´)
{(l⊃┫∩{(l⊃┫∩(l⊃┫∩{(l⊃┫∩i≡{(l⊃┫∩i{(l⊃┫∩i{(l⊃┫∩(l⊃┫∩i≡i=━
‘[][]_T_|]|‘[][]_T_|]‘[][]_T_|]‘ [][]_T_|]‘  [][]_T_|]‘  [][]_T_|]‘ [][]_T_|]‘ [][]_T_|]]
 ..し'⌒U し'⌒U  し'⌒U  し'⌒U   し'⌒U   し'⌒U.  し'⌒U  し'⌒U
ザッザッザッザッザッザッザッザ∧_∧    ッザッザッザッザッザッザッザッザッ
                (,,,-@∀)ミ
              ._φ 朝⊂)  ん?
            /旦/三/ /|
            | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
            | 妄想中  |/

383 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 17:58:50 ID:X5U1eR41
「感謝」という言葉を知らない朝鮮人

韓国鉄鋼業は、日本からの技術導入の恩恵を、もっとも受けている。
浦項製鉄所を見学したとき、ぼくは、現在の日本との関係など、意地悪な質問
を、韓国側の案内役にぶつけてみたが、言を左右にして答えてくれなかった。
ぼくの友人T氏が、提携先の製鉄会社の社員である。かれの依頼で、
その会社の独身寮で講演を頼まれたときのショックは、いまだに忘れられない。
かれは、「うちの会社には、韓国が好きな人間は、一人もいないでしょう」と言った。
ぼくも見学してきたが、韓国の浦項製鉄は、日本の最新鋭工場と、同じレイアウトに
なっている。単一工場での出銑能力では、日本と同じだが、人件費などの相違から、
受注量がいまや日本をしのいでいる。だから、単一の工場では世界最大の生産量と
いうことになる。
この工場の建設にあたっての苦労話をさせたら、日本最大のこの製鉄会社の社員には、
いくらでも言い分はある。「確かに契約として、会社として、やったことでしょう。
だけど、それだけじやないんです。日本人は韓国に負い目を持っています。だから、
このプロジェクトを成功させなけりゃいけないという使命感をみな持っていました。
サラリーマンだって、生身の人間です。ほんの一言でいいんです。韓国語にも、
ありがとう−−カムサ・ハムニダって、言葉があるでしょう。要は、気分の問題なんです。
日帝36年を持ち出されると、こっちとしては、なにも言えません。
うまく言えないけど、すべて終わったあとで、ぜんぶ自分たちがやったっていう
態度にでられると、こっちとしても我慢しなけりやいけないと判っていても、
割り切れない気持ちになるんです」友人を通して、このとき知り合った
製鉄会社の同僚は、こう言ったものだ。
この類の日本人の不満は、あちこちで聞かされた。これは、直接に聞いたもの
ではないが、日韓共同プロジェクトとして、ソウル市の地下鉄一号線の工事は、
日本の技術援助で完工した。だが、その開通式にあたっては、
日本の援助には一言も言及されなかったという。
             「いい加減にしろ韓国」 豊田有恒 平成6年 詳伝社





384 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 18:04:16 ID:X5U1eR41

      「感謝」という言葉を知らない朝鮮人

『「日本にもこんな地下鉄があるか』。道案内の女子学生にこう聞かれてびっくりした。
ソウル駅から青涼里駅まで7.8キロ。1974年8月、陸英修大統領夫人が凶弾に
倒れた日に完成した地下鉄はソウルっ子の自慢のタネである。が、この地下鉄の
建設に日本の経済・技術協力があったことは韓国民には全然知らされていない。
「韓国の独力で完成した」という宣伝がゆきわたり、日本の協力については
「外国の援助もあり」とつけ加えられる程度である。これにはソウルに住む日本人は
一様に割り切れない思いでいる。後宮駐韓大使もこうした日本人の気持ちを代弁して
「ひとことでも日本の経済協力が関与していることをいうよう配慮」
(大韓商工会議所セミナーでの演説)して欲しいと遠慮がちに訴えたほどだった。

新日鉄の協力でできた浦項製鉄所にしても同じことだ。実際に功績のあった
日本人実業家たちには勲章が贈られ、この国の知識人たちのあいだでは日本の
協力があったことは知られてはいるが、一般民衆はほとんど知らない。
「あきらめてますよ」と日本企業のソウル駐在員たちはいう。どうせ、
かつて日本がこの国を支配した「三十六年」がある。なにをしたって
日本は陰の存在。表に出て、いいように思われることはない、と。

       「日本と韓国」 昭和50年 朝日新聞社刊





385 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 18:12:06 ID:X5U1eR41

 韓国が日本の隠岐の重要文化財である仏像を盗み国宝にしている理由

韓国では、骨董屋を覗くと首のない仏像が売られていることが多い。
李朝の斥仏政策のもとで、仏像の首が切り落とされたからである。
それに今日でも韓国では、平地に仏教の寺がない。寺をたずねようとしたら、
山を奥深く分け入ってゆかねばならない。

李朝では代を重ねるごとに、儒教による仏教に対する締めつけが、いっそう
強められるようになった。儒教という怪物が時とともに大きく成長してゆき、
儒教唯一絶対主義といわれる体制が固まっていった。仏教は目の敵とされた。
李朝三代目の国王となった太宗(在位1400年〜18年)の治世になると、
仏教にさらに苛酷な弾圧が加えられた。高麗朝が倒れたときには、
全国に1万以上も寺があったというのに、寺の数を242にまで減らし、
寺が所有していた土地や、奴婢(ノビ)と呼ばれた奴隷を没収した。

その後も、仏教へのパンチが次々と繰り出された。仏教は弱体し続け
、ついに崩壊した。四代目の国王の世宗(在位1418年〜50年)は、全宗派を
禅教2宗に統合して、それぞれわずか18寺院だけを残して、他の寺を廃した。
世宗はハングルを創製した名君であったのに、仏教には好意をいだいていなかった。

    「醜い韓国人」 朴泰赫 1993 光文社



 

 

386 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 18:19:46 ID:X5U1eR41

 朝鮮人に「道徳心、やさしさ、仏の慈悲、慈しみ心、人を許す心」
 が育たなかった理由

李朝時代は、そのまま仏教を苛めた歴史であるといってよい。
十一代目の中宗(在位1506年〜44年)は、全国にわたって仏像を
没収して溶かしたうえで武器に鋳造した。また僧侶を土木工事に
使うようになった。
僧侶は使役されるとき以外は、漢城(ソウル)に
出入りを禁じられるようになった。
仏教は、山のなかに逃げ込んで細々と命脈を保った。
僧侶は、奴婢と同じ賤民の範疇に組み入れられた。

      「醜い韓国人」 朴泰赫 1993 光文社


387 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 18:27:01 ID:X5U1eR41

朝鮮人に「仏心」というやさしい心が育たなかった理由

高麗朝では仏教が国教化され、弊害ばかりが目立つようになった。
そのため、次の李氏朝鮮王朝では、儒教が国教になった。都会にあった寺は、
すべて破壊された。今日、韓国旅行をする観光客は、いかにも仙人でも
住んでいそうな山奥の寺に、風情を見いだしたりするが、それは、かろうじて、
お目こぼしにあずかったから残っているだけなのだ。今でこそ、道路が整備され、
観光バスがやってくるが、昔は一山こえないと行けない場所だったのだ。
逆に、韓国人が、日本へ来ると、都会の真ん中に、神社仏閣が多くあるを見て、
びっくりするという。
(中略)
韓国で、有名な暴君の燕山君(在位1494〜1506)は、名刹円覚寺を破壊して、
その跡地に妓生(キーセン)の養成所を建てた。この場所が、今のパゴダ公園
なのだが、韓国人は、このエピソードについては、あまり語りたがらない。
パゴダ公園は、日本に対する3・1運動の発生地として有名だから、そっちの
由来を紹介しておいたほうが、ジャパン・バッシングの役に立つわけだろう。

  「いい加減にしろ韓国」 豊田有恒 平成6年 詳伝社





388 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 18:46:36 ID:X5U1eR41
 
  朝鮮征伐の秀吉軍を「解放軍」として迎えた朝鮮の民衆

 江戸時代末期に日本で書かれた『征韓偉略』によれば、秀吉の軍隊が
京城に入城した時、兵士の半ばは朝鮮の民であったという。また、韓国
の教科書には「文化財の被害も大きかった。景福宮が焼け、
実録を保管した書庫が消失した」と書かれているが、火をつけたのは
朝鮮の民であり、秀吉の軍隊が京城(現ソウルに入る前に、既にそれらの
建物は焼け落ちていたのである。宣祖の京城脱出と同時に、日頃から
怨念を抱いていた民衆が略奪・放火をほしいままにしたのであり、
「虐げられた朝鮮の民衆にとって、外敵の侵入はまさに解放軍の到来と
映った」との指摘すらある。

      (下條正男、『日韓・歴史克服への道』)



389 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 18:56:43 ID:X5U1eR41

  朝鮮の二人の王子を捕らえ、加藤清正に差し出した朝鮮の民衆

 壬辰倭乱(二度の秀吉公による朝鮮成敗)当時、首都漢陽(ソウル)を
固守すべしという民衆の願いを押しのけ、蒙塵(王が乱を避けて都を退くこと)
の口実のもとに、王と大臣らが都を逃げ出すと、彼らに石を投げつけた民衆は、
腹いせに宮殿に火をつけた。普段えらそうなことを言って何事もいい加減に
行なっていた連中が、民衆の叫びを背に逃亡したのだから、民衆の間に
「なんだ、この野郎」といった気分が高じたのも無理はなかった。実際に
そのころ朝鮮の二人の王子は逃亡中に民衆に捕らわれ、日本軍に引き渡された。
民を守らぬ王は、もはや王ではないのである。(なお捕らえられた二人の王子は
加藤清正に最大限のもてなしを受け後に帰国を許され二人の王子は加藤清正に
感謝状まで送っている。詳細はこのスレのどこかに貼ってあるから参照されたい)
   
      「韓国人、大反省」 1993 金容雲 徳間書店


        


390 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 19:06:59 ID:X5U1eR41

国王から奴婢まで徹底して事大主義(強いものに媚び弱いものを叩く)
   に徹した属国数千年の暗然たる惨めな歴史、いつの時代に韓国に「武道」
   があり「武士」がいたというのか。

 モンゴル軍が侵入してくると、西北や東北地方の官吏は、競って土地を献上して順民を誓う。
韓人は逆に、侵入軍の先頭に立って自国の軍隊を叩く、もしくは城を明け渡して逃げ惑う。
ときには抵抗する儒者や僧侶も出てくるが、その頻度は極めて低く、秀吉軍の京城(漢城)
入城のように、奴婢はむしろ侵入者を解放者として敵を迎え入れた。

それだけでなく、多くの「韓奸」や「売国奴」といわれる人々が必ず現れて敵についていく。
民衆は敵軍に従軍する。壬辰倭乱のときに、ついさっきまで自分の国王(仁祖)だった人ヘ、
都落ちの国王として石を投げたり、王子を捕えてまで敵軍に献上することもある。
あるいは、宮城攻めに民衆が協力して城攻めや攻囲をする場合もある。

その結果、敵の軍門に下り、属国となることを誓う。
この点が韓国の他のアジア諸国と異なる部分だ。これは中国人によく似た習性である。
つまり、儒教国家としての特色なのだ。統一新羅以後の韓国は、高麗朝初期の
数年間を除いて唐以後、中華帝国歴代王朝の属国として正朔(宗主国の年号)
を奉じてきたというのが本当の史実だ。

    「龍を気取る中国 虎の威を借る韓国」 黄文雄 1999 徳間書店

  



391 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 19:16:26 ID:X5U1eR41

  歴史認識を正すべきは韓国人!
 
 景福宮などの焼失は、大部分の韓国の観光案内板によれば、
「壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の兵によるもの」と書かれているが、
それは嘘だ。李恒福の『白沙集』によれば、秀吉軍の入城前にはすでに
灰燼となっていた。それは、民衆が兵乱と聞けばすぐに蜂起して、宮廷を
襲い略奪したからだ。ことに奴婢は、秀吉軍を解放軍として迎え、
奴婢の身分台帳を保管していた掌隷院に火を放った。

それが歴史の史実だ。

  「龍を気取る中国 虎の威を借る韓国」 黄文雄 1999 徳間書店

392 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 19:26:23 ID:X5U1eR41

  裏切り、血の内部抗争に明け暮れた数千年の誇りなき単調な歴史

 わが国の歴史は極端にいうと、同族殺し合いの歴史でした。
三韓時代がそうであり、三国特代もそうであり、朝鮮王朝における党争
も法冶の枠を越えたものです。いつも不安な政情だったんです。だれかが
自分を陥れる投書を一通投げ込めば、破滅です。どこでだれが自分を陥れるために
剣を磨いているか分からない。枕を高くして眠ることもできないのです。
高枕短命という言葉を私は健康法のことだとばかり考えていましたが、
「王朝実録」を読んで、それが政治的な戒めであることを知りました。
(中略)日本社会でも上下の階級があったが、彼らは下人を使う前に
下人の生活は最低限保障してやりました。しかしわが国では、
とくに朝鮮王朝時代には、両班が常民の生活を保障するどころか
収奪していました。壬辰倭乱(秀吉公の朝鮮征伐)のとき、
倭(日本軍)の側についた叛徒が大変な数にのぼったといいますね。
王が避難するや叛徒が王城に火をつけ、はなはだしくは王子をつかまえて
倭将(加藤清正公)に差し出し、地方官をむち打って敵陣に引っぱって
いった例もありました。

            「月刊朝鮮」 1982年8月号 李炳注 





393 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 19:40:59 ID:X5U1eR41

  元寇、日本の朝鮮征伐、大東亜戦争、ベトナム戦争等常に強いもの
  の金魚のフンとなって宗主国の影で悪事、残虐、寝返りを働いた朝鮮人

 豊臣軍を嚮導した朝鮮の民衆

豊臣軍があれだけ早く漢城(現ソウル)に到達できたのは、朝鮮の民衆が率先して
豊臣軍を嚮導(先に立って導くこと)したからであった。『芝峯類説』で李[目+卒]光が、
「倭賊、我が国人を以て嚮導とす。故に遠きとして到らざる無し」と
言い、そのため、かえって深山に難を避けた人々のほうが犠牲になったという。
この時、朝鮮の民衆が嚮導に走ったのは、『宣祖実録』二十五年五月壬戌条で
「人心怨叛し、倭と同心(民衆は謀反を起こし日本軍と協力して戦った)」
するような社会的要因があったからである。16世紀末の朝鮮では、
支配階級の両斑たちが党派争いに明け暮れ、私利私欲に趨(はし)る一部王族や
高官等が百姓を酷使して、民衆は塗炭の苦しみを舐めていた。そのため朝鮮の民は、
豊臣軍の「私たちは君たちを殺さない、君たちの王が民を虐げたので、
今この結果があるのだ」という宣伝文句をそのまま受け入れ、
「倭も亦人なり。我ら何ぞ必ずしも家を棄て避けんや」と、恐れる様子もなかった。
したがって、秀吉軍がソウルに進駐しても「京中の市民、安居して移ら」
なかったのである。そればかりか、朝鮮の王である宣祖が
「賊兵の数はどうか。半ば是我国の人と言うが、然るか」と尹斗壽に尋ねたように、
日本軍には朝鮮の民衆が含まれていた。事実、平壌の役の際、明軍は
「斬る所の首級半ば皆朝鮮の民、焚溺萬餘、尽く皆朝鮮の民」と、
朝鮮側に真偽を確かめるほどその数が多かったのである。そして、
この時も倭寇と同様、「仮倭」が登場し、その害は日本人よりも甚だしかったと
趙靖の『黔澗集』は伝え、金誠一も「処処賊をなす者、倭奴幾ばくも無し。
半ば是叛民。極めて寒心すべし」と「鶴峯集」で述べている。

       「日韓・歴史克服への道」下條正男 平成11年 展転社



394 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 19:48:10 ID:nxeDqT1G
猫ひろしがにゃー、まで読んだ。

395 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 19:54:27 ID:X5U1eR41


  寝返った国王から平然と食べ物をもらう朝鮮人の民衆の
  なりふりかまわぬ奴隷根性
  日本から受けた大恩を大仇で返すも無理のない話である

文禄の役の時も、朝鮮の民衆は同じ選択を迫られていた。
秀吉の軍隊が京城(ソウル)に入城した時、その兵士の半ばは朝鮮の人々で
あったと『征韓偉略』は記しているが、明が参戦し、豊臣軍が後退し始めると
様相は一変した。秋が過ぎて冬に入ると、豊臣軍にとって難民の存在は
邪魔なばかりか、負担になっていった。自らの食糧問題も
解決しなければならなかったからだ。その時、撤退する豊臣軍には、
これら民衆が朝鮮側と内通するのではないかという疑心がつきまとっていた。
それがやがて民衆を抛棄することになり、豊臣軍は民心を失うことに
なったのである。豊臣軍がソウルを去り、入れ代わりに宣祖(国王)が
戻ってくると、城内の民衆は自分たちを置き去りにしたはずの宜祖に
食糧を求めて群がり、食べ物を与えられると感涙するのであった。

 「日韓・歴史克服への道」下條正男 平成11年 展転社

  「日韓・歴史克服への道」下條正男 平成11年 展転社

396 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 20:03:59 ID:X5U1eR41
 
奴隷の数は全国民の半数以上に達します。というのは自由民と奴隷、
あるいは自由民の婦人と奴隷との間に一人または数人の子供が生まれた場合、
その子供たちは全部奴隷とみなされるからです。奴隷と奴隷との間に
生まれた子どもは、女奴隷の主人に所属します。
   
 ヘンドリック・ハメル  オランダ人
 (難波して李氏朝鮮に長い間抑留される)




397 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 20:21:09 ID:X5U1eR41

  日本の技術を盗んで行った朝鮮通信使だが高度な技術は
  未熟な未開土壌朝鮮では習得できず根付かなかった

日本を訪れた通信使たちは、日本でなにを見、いかに感じて帰国していたのであろうか。
室町時代前期の1429年、日本にきた朴端生は、次のように復命していた。
それによると「日本の農人水車の設けあり」として、学生の金慎に「造車の法」を
精査させて模型を作り、鍍銀(銀めっき)、造紙(紙漉)、朱紅、軽粉等の製造法を
報告している。この時の復命では、日本の貨幣経済の実態や店舗商業の発展等にも
及んだが、その中で技術に言及していたのは、渡航前に世宗から
「倭紙堅靱、造作の法また宜しく伝習すべし」と、日本の技術を
導入するよう命じられていたからである。だが残念なことに、それらの技術は
いずれも朝鮮の風土に定着しなかった。灌漑施設としての水車の優秀性は、
その後も何度か提議されていたし、造紙のほうも17世紀になり、柳馨遠が
「倭楮の軽沢精緻に如かず」と、日本の楮(こうぞ)である倭楮を使った紙の
製造を提唱しているからだ。これらの事実は、朝鮮側には日本の技術を受容し
維持するだけの土壌が整っていなかったことを示している。

    「日韓・歴史克服への道」 下條正男 平成11年 展転社



398 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 20:27:41 ID:X5U1eR41

 「朝鮮通信使は日本に高度の文化を教えてやった」は歴史大捏造

このことは技術に限らず、文化一般についても言えた。通信使一行の中で
公式的に日本側と文書の交換をした書状官の人選が重視されたのは、
日本側にも朝鮮側に劣らない文章力があったことを示している。
朴端生の十数年後、申叔舟が書状官として日本に渡った際、その人選が
遅れた理由を、「その国俗、詞章を喜び、書状官を擬してその人を難ず。
かつ風濤嫌悪、人皆行くを憚」ったからだ、と姜希孟が「文忠公行状」の中で
述べているのは、その事実を伝えるものである。これは15世紀のことであったが、
その現実はその後も変わりがなかった。宣祖二十年(1586年)、
日本からの使臣を迎えることになった朝鮮側では、「況んや日本人、詩を能くし、
酬唱(詩を作って互いにやりとりすること)の際もし或いは未だ尽くさざれば
必ずその国に伝笑す。関する所軽きにあらず。宣慰使は職秩の高下を
論ずることなく、一代の文章の士を極めよ」とし、
日本に対する対抗意識を露にしていた。韓国の歴史教科書では、
これらの事実とは関わりなく、通信使らが「先進の学問」を日本側に
伝えたと記述しているが、それは歴史的な現実や学問的な立場の違いを
無視した、皮相な見方である。

    「日韓・歴史克服への道」 下條正男 平成11年 展転社



399 :名無しさんといっしょ:2006/09/19(火) 20:46:03 ID:X5U1eR41

日本に併合統治してもらう前の朝鮮は未開の荒涼とした原始時代であった。

道はとにかく悪い。人工の道は少なく、あっても夏には土ぼこりが厚くて冬に
はぬかるみ、ならしてない場合は、でこぼこの地面と突きでた岩の上をわだちが
通っている。たいがいの場合、道といってもけものや人間の通行でどうやら識別可能な
程度についた通路にすぎない。橋のかかっていない川も多く、橋の大半は通行部分が
木の小枝と芝土だけでできており、7月はじめの雨で流されてしまう。そして10月なかばに
なるまで修復されない。地方によっては、川にさしかかったら浅瀬を渡るか渡し舟に乗るか
しなければならず、これには必ず危険と遅れがともなう。首都に中心をおく《六大道路》ですら、
橋はふつう渡るまえにまず馬や人間の重量に耐えられるかどうかを馬夫が確かめるほど、
もろい状態であることが多い。山間部では、道とはおおかたが渓流の川床に丸石を
ばらまいたもの以外のなにものでもなく、最良の場合でも、
冬場のソウル・済物浦(ソウルの外港)間のように、ぬかるみの深さが1フィートから
3フィートにおよぶ湿地帯がある。こういったいまわしい乗馬道は、
わたしも広くたどったが、朝鮮の発展の大きな障害のひとつである。

「朝鮮紀行」 イザベラ・バード 1897年 (時岡敬子訳 1998年 講談社学術文庫)




400 :名無しさんといっしょ:2006/09/20(水) 00:26:04 ID:puwpFKxr
直視せよ「韓国病」 光文社  著者 崔青林(朝鮮日報編集局長代理)
 ソウル大学工学研究所は二年前、国内のある家電メーカーとテレビ新製品の共同開発を行ったことがある。
研究所側は、その企業の技術水準の細部までを把握するため、企業側の技術開発担当者に、テレビ技術系
統図を要求した。これは国内で動員可能な技術、導入しなければならない技術、国産化すべき技術をまとめ
て、原価節減要因わ探し出すためだった。しかし、その企業担当者は、一年経過しても画像、音声、調整など、
三つの分野の技術があるとの原論を述べるだけで、細部技術、部品、ノウハウなどの目録を載せた系統図を
提出しなかった。後日、判明したことだが、提出しなかったのではなく、提出できなかったのだった。
この家電メーカーは、驚くべきことに「日本の図面の丸写しが習慣化」していて、独自に設計図を作成する
能力がなかったという。工業研究所側は、しかたなしに電子科教授たちに設計図作成に協力を要請したが、
時代遅れで役立たずの「日本の設計図」を受け取っただけだった。

401 :名無しさんといっしょ:2006/09/20(水) 07:39:29 ID:I5MLhv9a

鎖国の汎パラダイム」 金容雲 1984年 サイマル出版会

『港には桟橋がなく、人の背におぶさって陸にあがるほかない。
馬は跳び下りるため足を折ることが往々にしてある』(朴斉家「北学議」)
この文の内容から察すると、李朝の末頃に至っても、港はほとんど原始状態
であったことを示している。1854年、当時の香港総督が本国の外相に送った
手紙には次のような部分がある。
『……韓国は非常に衰退し悲惨な状態にある。……通信は極悪、航行可能な
河川はごく限られている』




402 :名無しさんといっしょ:2006/09/20(水) 07:48:59 ID:I5MLhv9a

朝鮮人外交官李成玉が同胞を「豚の民族」と嘆いた
  日本に併合される前の未開、乞食社会の死せる朝鮮半島

都会であり首都であるにしては、そのお粗末さは実に形容しがたい。
礼節上2階建ての家は建てられず、したがって推定25万人の住民は
主に迷路のような「地べた」で暮らしている。路地の多くは荷物を
積んだ牛どうしがすれちがえず、荷牛と人間ならかろうじてすれちがえる程度の
幅しかなく、おまけにその幅は家々から出た個体および液体の汚物を受ける穴か
溝で狭められられている。悪臭紛々のその穴や溝の横に好んで集まるのが、
土ぼこりにまみれた半裸の子供たち、疥癬もちでかすみ目の大きな犬で、
犬は汚物の中で転げまわったり、ひなたでまばたきしたりしている。
路地にはまた「小間物」とアニリン染料で染めたけばけばしい色の飴を
売る行商人もいて、溝の上に板をさし渡し、おそらく1ドル程度の品物を
並べている。こういった溝に隣接する家屋は一般に軒の深い藁ぶきの
あばら家で、通りからは泥壁にしか見えず、ときおり屋根のすぐ下に
紙を張った小さな窓があって人間の住まいだと分かる… 
かわら屋根の反り返った上流階級の家庭でも、通りから見た体裁の悪さ
という点では何ら変わりがない。

「朝鮮紀行」 イザベラ・バード 1897年


403 :名無しさんといっしょ:2006/09/20(水) 11:19:26 ID:GgufAH6l
最初の数日間は平穏無事で、日本軍の姿は全く無かった。
ところがある日、突然五、六人の動物のような兵隊が現れ、麻雀をしていた四人の女優を強姦した。
前述の女優は日本軍の馬を管理する男達に暴行されたが、この男達は朝鮮人であった。
(中略)
香港占領期間中、多くの朝鮮人が日本の軍服を着ていたが、一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍よりも凶暴だった。
この時、民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、殆ど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。
当時、香港住民は日本軍よりも朝鮮人を激しく憎んだ。

★フランスの雑誌パリマッチ記者、アルフレッド・スムラーの著書「日本は誤解されている」から抜粋。



404 :名無しさんといっしょ:2006/09/20(水) 11:21:29 ID:GgufAH6l
アイルランドに滞在している日本人青年が、現地の友人とダブ
リン市のとあるパブに入った。何やら、乾杯、乾杯と騒いでいる
人々がいる。

 その友人に、何を祝っているのか、と聞いた所、連れのアイル
ランド人は、「何? 今日2月15日はシンガポール陥落記念日
なんだぜ。日本人の君が知らないなんて、おどろきだよ」と答え
た。そして、さらに次のように怒られた。

 君達戦後世代は第2次大戦に就いて何も教えられていないら
しいが、シンガポールは当時世界一難攻不落の要塞だったんだ
ぜ。(戦艦)プリンス・オブ・ウェールズやレパルスが沈めら
れた時も我々は喜んだが、シンガポールの時は格別だった。君、
相手は世界一のイギリス海軍だった事を忘れてはいかんよ。そ
れをあんなに見事に陥落させるなんて素晴らしいじゃないか。
その山下将軍の2月15日を忘れるなぞ信じられないよ。日本
人が益々分からなくなった。
「アイルランドの親日感情」、北村良和、月曜評論、H11.5.5


405 :名無しさんといっしょ:2006/09/20(水) 11:36:53 ID:GgufAH6l
フランスの国際法学者フォーシーユは、日本軍を賛えて次のように語っている。
「日中戦争で日本軍は、敵が国際法を無視したにも拘らず自らはこれを守り、
日本軍人であることに誇りを持っていた。中国兵は卑怯にして残虐極まりない
軍隊で、例えば中国軍の捕虜になると、四肢を斬り分けられ、
生きながらに火炙(あぶ)りにされたり、磔(はりつけ)にされたりしたのである。
更に日本兵の屍に対しても、酸鼻を極めた蛮行を行っている。
即ち死者の首を切り落とし面皮を剥ぎとり、或は男根を切り落し、
胸部を切り開いて石を詰め込み、首は両耳を穿って紐や針金を通し、
さながら魚を串刺しにしたように口から喉に紐を通して持ち運びする等々、
それが中国軍の戦争様式であり、日本軍には絶対に見ることのできない支那の
戦争文化である」と。


406 :名無しさんといっしょ:2006/09/20(水) 11:49:28 ID:GgufAH6l
在日イラン人にとって、それと同じぐらい驚きだったのが、平壌からのテレビ中継で日本人解説者が
なぜか北朝鮮を応援していたことだ。イラン人には親日家がたくさんいる。多くのイラン人が(イラン
と日本が一緒にドイツに行ければいい)と希望している中で、この解説者の北朝鮮応援には正直言って、
がっかりしてしまった。日本と北朝鮮の試合なら、ほとんどのイラン人が日本を応援するんだけどな。

  *****

 最後にもう1つ。前回のコラムでは、3月30日のイランと北朝鮮の試合、テレビ中継の日本人解説
者がなぜか北朝鮮を応援していたことにがっかりした、ということも書いた。すると、その後、日本の
方から何通かメールをいただき、知り合いの日本人からも声をかけられた。そのほとんどが「自分はイ
ランを応援していたし、多くの人がそう思っていたはず」といったものだった。 ありがとう。  
皆さんの気持ちはよく分かったし、すごく、うれしかった。今では、たくさんの日本人が、あの時、
イランを応援していてくれたと信じている。きっと、その解説者、あるいはそのテレビ局だけが、多く
の日本人とは違う考えだったんじゃないかな、と思うようになった。

http://www.nikkansports.com/ns/soccer/wcup/2006/qualify/column/afc_final_column_b020.html


407 :名無しさんといっしょ:2006/09/20(水) 12:36:47 ID:GgufAH6l
「この国の国民でよかった」馳浩の永田町通信
http://www.apa.co.jp/appletown/nagata/nt0501.html 
香田証生さん誘拐事件のあらましと、マスコミが伝えないご遺族の言葉を
谷川秀善外務副大臣の談話として伝えている
ヨルダン国王の協力で、誘拐犯2人が判明して、交渉していたこと。
しかし香田さんは最悪の組織に売り渡された後で、交渉に応じなかったこと。
------------------------------------------------------
前略)
外務省としても出来る限りのあらゆるルートを使って努力をしましたが、本当
に残念です。その後、私たちはご遺体を収容し、香田さんのご遺族に届けました。
私も同行し、親御さんに対してごあいさつをして参りました。その時、対応していただ
いたご両親のお言葉を、ぜひ皆さんに伝えたいのです。マスコミには何度も報告して
いるのに、取りあげてくれません。皆さんの口から、有権者に向けて発信してほしい
のです」
  参加議員はさらに身を乗り出した。
「ご両親はこうおっしゃいました。ふつつかな息子が、勧告を無視してイラクに入国した
がために、日本政府に大変ご迷惑をおかけし、多くの国民にご心配をおかけしたことに
おわび申し上げます。私の息子のために、本当に寝食を問わずに対応していただいた
全ての方に感謝申し上げます。私の息子は本当にこの国の国民で良かったと思って
います。日本の国に生まれたことを誇りに思います……。私は副大臣として、ていねい
に対応したつもりですが、こうしてご両親が感謝の意を表して下さり、日本の国民に生
まれて良かったと面と向かって伝えていただき、本当に心を動かされました。マスコミは
自衛隊派遣の是非や、撤退の賛否などについてばかり論評を費やしておりますが、香
田さんのご両親の肉声を大きく取りあげてはおりません。どうぞ、真実の声を、無念の
想いを皆さんもご理解下さい」
  と、静かに発言を結ばれた。
(以下略


408 :名無しさんといっしょ:2006/09/20(水) 15:08:19 ID:GgufAH6l
そもそも、83年に「私の戦争犯罪−朝鮮人連行−」を出版した吉田清治は、
「全てフィクションである」と告白しているのである。

次に発行されたインチキ本は「私の戦争犯罪−朝鮮人連行−」吉田清治著(1983年)です。
この本で吉田氏は韓国済州島で慰安婦にするための女性狩りを度々行ったと告白した上、
日本・韓国およびアメリカなどで謝罪講演をして廻りました。

しかし、千葉大学教授の秦郁彦氏が済州島に行って実際に調査したところ、
吉田氏が慰安婦にするための女性を1000人近く徴用したとう事実はないことが判明しました。
それに現地の新聞がすでに「吉田証言に該当する事実はない」と報道していたのです。

韓国政府も国際人権委員会も吉田証言を引用して報告書を書いていますが、それは日本の
朝日新聞が吉田証言をとりあげて、これを権威付けたからです。
しかし、今日では、吉田証言は全くの嘘であることが証明されて、本人もフィクション(作り話)
であることを認めています。
http://www.ii-park.net/~imzapanese/rekisi/ianfu2.htm


409 :名無しさんといっしょ:2006/09/20(水) 15:14:48 ID:GgufAH6l
韓国軍に慰安婦制度があった

 朝鮮戦争時の韓国軍に慰安婦制度があったことが、

「東アジアの平和と人権」国際シンポジウム日本大会で明らかにされた。

発表したのは韓国・慶南大の金貴玉客員教授。

金氏は韓国の陸軍本部が1956年に編纂した公文書に

「固定式慰安所―特殊慰安隊」

 の記述を見つけ、4カ所、89人の慰安婦が52年だけで20万4560回
の慰安を行ったと記す特殊慰安隊実績統計表が付されていたという。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H14/1403/140331korea.html

410 :名無しさんといっしょ:2006/09/20(水) 18:59:31 ID:wIboToBG
従軍慰安婦の生みの親、吉田清治について
http://www.tamanegiya.com/yosidaseiji.html

411 :名無しさんといっしょ:2006/09/20(水) 19:14:50 ID:kWaYPGSP

  今の北朝鮮と何も変わらなかった日本に統治される前の朝鮮半島

 朝鮮では、飢饉が頻繁にみられる。最も貧しい階級の人びとにとって、
 それは年に2度、定期的に訪れる。まず、大麦の収穫を待つあいだの
 春窮期の6、7月、次いで粟類の取り入れ前の9、10月である。
 金銭は、法外な利子付きでしか借りられず、わずかばかりの貯えも
 使い果たした不幸な人びとは、米やその他の穀物を買うことすらできない。
 彼らに残された生きる糧といえば、ただ塩水で煮つめたわずかばかりの
 草木である。

   「朝鮮事情」 シャルル・ダレ 1874年 



412 :名無しさんといっしょ:2006/09/20(水) 19:31:49 ID:kWaYPGSP

  もう一つ付け加えねばならぬことは、朝鮮米の輸入を、短期間の
一時期を除き日本政府は望んでいなかったという事実である。1918年の
米騷動を契期に日本内地において米の不足が痛感され、総督府は1920年から
15年間に135万トンの増産計画にとりかかったのだが、世界大戦後の不景気により、
米価は下落の一途をたどった。日本政府は米穀法を制定して価格維持に
努力したのだが、その効果は空しかった。このような状況にもかかわらず、
朝鮮で増産された米は日本内地に流入し、ことに1927年の内地朝鮮を
通ずる大豊作は米価をさらに下落させ、内地の農民の窮迫化を招き、
一大政治間題にまで発展した。1931年には、米の価格は1919年の実に
40%に崩落した。このため昭和初年、朝鮮米の内地移入を制限しようとする
農林省と、これに猛反対する朝鮮総督府との間に激烈な論争が
くり返されることになる。このことは昭和農政史における著名な
事件なのである。米の増産を奨励したのは日本政府なのであるから、
その意味では自業自得であろうが、当時、日本政府が朝鮮米の移入を
奨励したり強制したりした事実はまったくないのであって、
事実はその逆なのである。「朝鮮米の移入は、日本農民の犠牲によって
行なわれた」といっても過言ではない。

    「韓国・朝鮮と日本人」 若槻泰雄 1989年 原書房


413 :名無しさんといっしょ:2006/09/20(水) 19:35:56 ID:kWaYPGSP

  私は朝鮮農民の窮乏化を肯定しているのでもなければ、当時の日本
  政府を弁護しようと意図しているのでもない。ただ解放直後の感情的な
  反日非難の時期ならいざ知らず、40年たった後にも、韓国人による事実に
  反する批判を平然とくり返すものも、それを黙って聞いているものも、
  将来の歴史家の軽蔑をかうであろうし、また決して日韓(朝)両国民の
  ためにならないと思われるのである。
    
       「韓国・朝鮮と日本人」 若槻泰雄 1989年 原書房
               


414 :名無しさんといっしょ:2006/09/20(水) 20:46:20 ID:OfPEnrCh
本日深夜洗脳番組放送!

NHK教育TVにて

高校世界史講座『朝鮮王朝の社会と文化』
高校日本史講座『日露戦争と韓国併合への道』
本日深夜洗脳番組放送!

NHK教育TVにて

高校世界史講座『朝鮮王朝の社会と文化』
高校日本史講座『日露戦争と韓国併合への道』
本日深夜洗脳番組放送!

NHK教育TVにて

高校世界史講座『朝鮮王朝の社会と文化』
高校日本史講座『日露戦争と韓国併合への道』


415 :名無しさんといっしょ:2006/09/20(水) 23:20:02 ID:kWaYPGSP
 
  あなたは、みすぼらしい茅屋というものを見たことがあるでしょう。
では、あなたの知っている最も貧しい茅屋を、その美しさと強固さの程度を
さらに落として想像してみて下さい。するとそれが、みすぼらしい朝鮮の
住まいについての、ほとんど正確な姿となるでしょう。一般的にいって、
朝鮮人は藁ぶきの家に住んでいます。 …二階建ての家は、探してもむだです。
そのようなものを朝鮮人は知らないのです。
(中略)
次に家具について、簡単に一瞥しましょう。まず寝台ですが
朝鮮人はほとんど、茣蓙(ござ)の上で寝ます。貧しい人々、換言すれば
大多数の者は、昼も夜も着ている同じ服のほかには掛けるものとてなく、
茣蓙の上で横になります。少しでも金のある者は、蒲団(ふとん)という
ぜいたく品を持っています。その他の家具ですが、貧しい人々は、
もうその他に何も持っていません。

       「朝鮮事情」 シャルル・ダレ 1874年 

416 :名無しさんといっしょ:2006/09/20(水) 23:53:12 ID:kWaYPGSP

 そもそも朝鮮半島は三南(忠清、慶尚、全羅)地方以外、飢饉の多いところで、
最近の北朝鮮のような食糧危機は、決して特異な現象ではない。たとえば、
丙子胡乱後、毎年各地が旱魃で飢饉が続き、崇徳3年、咸鏡道が飢饉で疫病、
死者3300余、黄海道に蝗害、三南地方まで凶作。以来、3年間連続で飢饉が続いた。
朝鮮『仁祖実録』によれば、「6年5月、3年凶作の後、八路が大旱、両季の麦が枯れ、
四野が全て赤地、これは誠に千古未曾有の大異変なり」、8年3月にまた「飢饉に疫病、
人民はほとんど死に絶えた」とまで述べている。1671年の大飢饉では、墓を暴いて屍体の
衣を剥ぎ取り、親は子を道端に捨てたほどであった。

朝鮮総督府は、李朝社会の惨状―乞食同然の農民と道端に行き倒れの無宿者の
多さに驚き、自作農の創出、小作制度の改善を重視している。朝鮮半島の開発、
社会改革に献身した日本人が少なくなかったことは、
韓国人、朝鮮人も知っておくべきではないだろうか。

  「歪められた朝鮮総督府」 黄文雄 1998年 光文社



417 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 00:02:24 ID:kWaYPGSP

    その日暮らしの明日なき怠惰な死せる未開の乞食土民
   
 (釜山にて)僕の目に映じたる韓人(朝鮮人)の労働者はすこぶるのん気至極
なるものにして餒ゆれば(うゆれば=食糧がなくなって腹がへる)すなわち起って
労働に従事し、わずか一日の口腹を肥やせばすなわち家に帰って眠らんことを思う。
物を蓄うるの念もなく、自己の情欲を改良するの希望もなく、ほとんど豚小屋に
ひとしき汚穢(おわい)なる家に蟄居し、その固陋(ころう)の風習を守りて
少しも改むることを知らずという。僕ひとたび釜山の地を踏んで実にただちに
韓国経営の容易の業にあらざるを知るなり。(明治37(1904)年5月5日)


  「韓山紀行」 山路愛山 「近現代史のなかの日本と朝鮮」
                  東京書籍より




418 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 11:38:58 ID:Y6oE7AIC
2002/10/18
 90年代半ば以後、韓国に売られ性の奴隷と化したロシア、フィリピン出身の女性が5千人以上に達しており、
京畿道(キョンギド)米軍基地村の風俗業界に従事する外国人女性が1999年の38%から昨年は75%に
増えたという民間報告が相次いでいる。にもかかわらず、手をこまぬいていた政府の無関心が、国際的な恥を
自ら招いたといえよう。

売買春は厳然たる不法行為である。しかし、韓国社会では必要悪という認識もあり、見せ掛けだけの
取り締まりが行われてきたのが事実だ。

419 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 11:41:30 ID:Y6oE7AIC
韓国従軍慰安婦問題対策協議会で発刊した証言集
<強制に引かれて行った朝鮮人慰安婦たち>(1993年発行) の内容を見れば,

一応 40人に対する聞き取り調査が成り立ったがなかでも
21人の証言が先後が当たらなくて収録されることができなかったし、

残り 19鼻の下 15人は上で言った貧乏による人身売買,、
すなわち親が売ってしまった場合だ。

その外 4人の中 2人はそれぞれトヤマと釜山の従軍慰安所で働いたとなっているが、
これら都市はもちろん平和な日本領土として深刻な戦闘が発生する所でもなかったのみならず、
多数の売春町が存在するから軍隊が従軍慰安所を運営する理由が全然ない所だ。
明白な偽り証言なのを分かる。


-----
上記は、韓国による調査結果の翻訳ですが、
韓国もまじめに調査できるんですね。
やればできるじゃないですか。感心しました。

420 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 11:46:19 ID:Y6oE7AIC
Japanese JoongAngIlbo 2002.04.19 17:42
(アドレス ttp://japanese.joins.com/php/article.php?sv=jnews&src=soci&cont=soci0&aid=20020419174232400)
タイ・マスコミ「韓国に絶対行くな」と報道
タイのテレビ放送局の報道局幹部と家族が韓国旅行のため仁川(インチョン)空港で入国審査を受ける途中、
違法入国者と疑いをかけられ、入国を拒否されて戻ってきた事件が、タイ新聞に大々的に報道され、韓国の
イメージが大きなダメージを受けている。さらに、タイのタクシン・チナワット首相の家族が所有するiTVの
経済部編集長、ナパ・シンプラシ(女、40)氏が侮辱的な取り扱いをされたと伝えられ、韓国に対する憤怒を
あらわにしている。タイの有力紙らは、最近、ナパ氏が先の5日、夫、しゅうと、義理の姉妹など家族5人ととも
にタイ旅行会社を通じて韓国を訪れたが、仁川空港で入国を拒否され、侮辱的な待遇を受けて戻ってきたと
いう記事を一斉に報じ「韓国に絶対行くな」と警告した。ナパ氏は、出入国管理事務所の職員から「あなたの
夫と家族は帰国し、あなただけ入国するのはどうか」という皮肉ったことを言われ、パスポートを押収された
タイ人らが抗議したら「Shut Mouth(黙れ)」などと、ひどいことを言われたと主張している。ナパ氏は出入
国管理事務所の職員に外国人観光客に無礼な行動をする理由を尋ねたが、職員の英語が下手で通じず、
職員がほっぺたを殴ろうとするふりまでしたと主張した。タイ人らが、韓国入りを拒否されたり空港で侮辱的な
待遇を受けるケースは頻繁に生じていて、数回にわたってタイのマスコミに事件が報道されており、バンコク
駐在韓国大使館と観光公社に抗議するなど問題になってきた。昨年韓国を訪問したタイ人はおよそ7万人に
上るが、そのうち約3000人が入国を拒否されたものと伝えられている。



421 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 14:59:10 ID:Y6oE7AIC
嘘があると思って読めば誰だって矛盾に気づく

情報操作において、これは非常に重要なポイントだ。

そしてこのことは童話の世界では「裸の王様」として有名だな。

仮にも歴史資料ならば、それが信頼できる資料なのかどうかを徹底的に検証するのが歴史学の基本だ。

ところで本物の『アンネの日記』の一部はボールペンで書かれていることがわかっている。

だが、ボールペンが世の中で広く使われるようになったのは、アンネの死んだ1945年の6年後の1951年だ。

なぜ1945年に死んだ人間が、1951年以降に一般で使われるようになったボールペンで日記を書けたのか凄く疑問なのだが、

それは言わないお約束のようなので、見なかったことにしておく


422 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 16:28:20 ID:Y6oE7AIC
そもそも731部隊は防疫給水部隊だ。

防疫給水部隊とは、飲み水の管理が主な任務で、軍隊で不衛生な満州の水質を使用する際に病原菌を検査したりするものだ。

河川や井戸に中国やソ連の細菌兵器が混入されている可能性を考慮して、日本も細菌や化学兵器のことを研究していた。

それが731部隊が化学兵器を研究していた理由だ。

捕虜を実験体に使っていたなどということは、あくまで想像に過ぎない。

仮に使っていたとしても、それを証明することはできないのだ。

なんせ、証拠書類は全て米軍が押収してしまったのだからな。

このように、立証できないことは事実としては認められないのは法律の基本なのだが、日本人は基本的に法律に弱い国民なので言われるままに信じてしまう。


423 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 16:55:13 ID:N/Zh6NSp
ttp://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/phistory/71000/20060918115854379903839800.jpg

424 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 17:09:04 ID:Y6oE7AIC
日本兵が略奪行為や虐殺行為を一般的に行っていたのなら、
南京で戦った蒋介石率いる国民党軍がそのことを知っていたはずだ。
しかし、終戦後の国民党軍の対応は一旦武装解除した日本兵に拳銃や日本刀を返還し
南京郊外に日本帰国までの間に生活する場所を自分たちで確保するように指示したばかりか
中国兵による監視も捕虜収容所のような逃亡を防止する塀すらもなかった。
それどころか多くの日本兵が南京市民の仕事の手伝いをして賃金を得て
そのお金で食料や身の回りの品々を南京市内で購入している。

南京大虐殺や百人斬りが事実なら何故国民党軍はそんな残虐非道なことをした日本兵に
拳銃や日本刀を返し自由に南京市内で活動できるようにしたのだろうか?

また、南京市民は家族や友人を虐殺されたのなら何故日本兵に仕事を頼み賃金を支払ったのだろうか?

425 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 17:29:21 ID:912r06g1
中国政府の命令で 美人女性の顔面をスタンガンで破壊する画像((((((;゚Д゚))))))がくがくぶるぶる  
http://www.epochtimes.jp/jp/2005/08/html/d10206.html

中国公開処刑(幼い女の子を民衆の前で惨殺に殺す画像) ((((((;゚Д゚))))))がくがくぶるぶる  
http://ime.st/www.peacehall.com/news/gb/china/2004/12/200412130343.shtml

中国軍による集団リンチ虐殺動画(チベット大虐殺)
http://www.kinaboykot.dk /video.htm ((((((;゚Д゚))))))がくがくぶるぶる

中国政府にレイプや拷問された多くの女性(画像)((((((;゚Д゚))))))がくがくぶるぶる
http://photo.minghui.org/photo/images/persecution_evidence/E_wuju_300_1.htm

女性を裸にして拷問(おっぱいと乳首を破壊) 中国刑務所で行われている法輪功学習者への迫害実態(画像)
http://www.epochtimes.jp/jp/ 2005/10/html/d67889.html ((((((;゚Д゚))))))がくがくぶるぶる

天安門事件関係HP↓((((((;゚Д゚))))))がくがくぶるぶる
http://www.64memo.com/disp.asp?gt= All&Id=1339& ←★激ヤバです★平和ぼけした皆様 一度観てください 現実を。。。
http://www.boxun.com/hero/64/52_1.shtml ←平和ぼけした皆様 一度観てください 現実を。。。

【中国】中国政府、“法輪功メンバーから摘出した臓器”を臓器移植に使用していた?[08/09]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1155101200/l50
【国際】中国政府、法輪功メンバーから臓器移植してるかも カナダのチームが報告書
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1155101324/l50

http://www.youtube.com/watch?v=XQTnWbrczIk

天安門事件で戦車にひき殺され ミンチにされる人達((((((;゚Д゚))))))がくがくぶるぶる

http://dolby.dyndns.org/foo/foo/movie/china_riot_at_suburb.wmv 2005年農民弾圧

中国共産党がまともだと思ってる馬鹿はこれを観ろ,中国共産党の命令で ヤクザ集団をやとい 鉄パイプで農民を殴り殺す
女 子供も容赦なく  これが 中国なんだよ

426 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 18:04:15 ID:pIuYvRRy

「日本語」を取ったら会話が成り立たず文章表現ができなくなってしまう
 今のハングル(朝鮮語)

 日本語を強要したことのマイナス面ばかりが、取り上げられることが多いが
 これもまた、例の対日捏造の一つだ。日本語が韓国語の表現力を大いに増大
 させていることも事実だ。
 普通、新聞、経済、物理などの単語は中国でも日本語経由で採用されているが
 韓国も同じである。ただ、それぞれの漢字を韓国語で読むだけなのである。
 日本語の熟語はそれだけに止まらない。割引、取消、引上、売出、貸切、手配
 などたくさんある。韓国の若い人はこれが日本語であることを知らない。
 打合、組合、株式なども同じだ。略
 これまた、恩に着せるつもりはないが日本語が韓国語の語彙を増やした結果
 なのである。日本語は今も流入している。例えば団地である。これは日本語
 からの外来語だが、工業団地という言葉も韓国では使われている。 略
 技術用語もほとんど日本語からきている。原子力、発電所、軽水炉、制御棒
 加圧水炉、一次冷却水など日本の専門語をそのまま韓国音に読み替えただけだ。
 考古学用語もやはり日本式である。最近韓国で発見されて話題になっている
 前方後円墳ももちろん日本語である。
 日本という翻訳に熱心な先進国が、隣にあるおかげでいちいち熟語を翻訳する
 必要がなかった。日本語の漢字を韓国語に読み替えさえすれば簡単に意味が
 通じてしまうのだ。憎い日本人に世話になった事実はなるべく頬かむりして
 済ませたいところだろう。だが、日本憎しだけの感情で、事実までも歪曲して
 はならない。

     「いい加減にしろ韓国」豊田有恒 詳伝社

427 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 19:56:46 ID:pIuYvRRy
 
 脆弱、怠惰な朝鮮の未開の土人に「労働の尊さ」を教えた日本人

 日本農民の朝鮮半島開拓は、数千年来の農耕国家には、まったく
考えられないほどの農業革命をまき起こしている。農業移民の改良農法は、
成績が上がれば朝鮮小作人のモデルとなり、改良品種の試作によって、新品種、
新農法が次から次へと普及していった。さらに移住農民の養豚、養鶏、養蚕
などの多角的経営、農事施設、農業指導、勧業奨励などは、かつて小作人からの
収奪しか知らない李朝時代には、見られない光景であった。当時の朝鮮人の気風
としては、午前中に働いて、午後は寝て暮らす、明日は明日の風が吹くという
のが一般的であったからだ。雨や雪の日の労働を忌み嫌い、冬季になると室内に
蟄居(家のなかに閉じこもり)して、無為徒食する朝鮮農民にとって、日本農民が
老若男女の差なく、家族ぐるみの農事に従事し、厳冬にも室内作業その他の副業に
励むことは驚異であった。そして日本農民の自カ更生に燃える生活意識と勤勉な
農民気風が、新風として朝鮮の農村に吹き渡った。

  「歪められた朝鮮総督府」 黄文雄 1998年 光文社

428 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 20:06:15 ID:pIuYvRRy

  日本に併合され前は死せる墓場だった朝鮮半島

 「どこまでいっても禿山と赤土ばかりで、草も全て撚料のために
 刈り取られている」、
「山地が痩せていて、昨年も沢山の餓死者が出た」、
「ここは退屈極まりない土地で、山は禿山、植生は殆ど見られない」
「朝鮮人たちは土地が痩せていると不満を訴えている。樹木は殆ど
 皆無で、燃料には藁と草が使われる」

      「朝鮮旅行記」ペ・エム・ジェロトケヴィイチ 1885年

429 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 20:13:34 ID:pIuYvRRy

  「こんな「歴史」に誰がした」渡部昇一・谷沢永一  クレスト社
渡部(上智大学名誉教授)
日清・日露戦争当時の朝鮮というのは、底知れぬ貧乏国でした。
単に近代産業がないというレベルではありません。農業生産にしても、
とうてい日本とは比べ物にならないものだった。「春窮(しゅんきゅう)」
という言葉があるくらいで、秋に収穫した米も春を迎えるころになると
尽きてしまうというのが珍しくなかった。収奪なんてできるわけがない。
また当然、商業なども発達していませんでした。日清戦争の後に、陸軍軍人
であった柴五郎が朝鮮を旅行したときに驚いたのは、朝鮮には銀貨も紙幣も
なくて、銅銭だけがあったということでした。つまり、当時の朝鮮には
高額の貨幣が必要なかったのです。そして、その銅銭もシナから輪入した
銭だった。



430 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 20:18:59 ID:pIuYvRRy

 朝鮮人は、科学技術の分野においてほとんど進歩のあとを見せていないが、
産業の知識においては、なおさら遅れている。この国では、数世紀もの間、
有用な技術は全く進歩していない。

この国は山岳や峡谷が多いのに道路をつける技術はほとんど知られていないのである。

           「朝鮮事情」 シャルル・ダレ 1874年 

431 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 20:25:23 ID:pIuYvRRy

  事実上、農耕民族の朝鮮人は、株式会社組織という伝統も理解も理念も
なかった。今日にいたっても株式会社というより家族会社が主流である。
他人といっしよに会社をつくらないだけでなく、つくってもすぐ騒動が
持ち上がり空中分解してしまうのであった。当時、財政顧間として
農工銀行の株式を整理した関係者によれば、当時の朝鮮人のほとんどが
株式会社とは何たるかを知らなかったし、民族資本云々という話どころでは
ない社会なのだという。株式は募集ではなく、各地方の面長(村長)が
それぞれの地方有力者に債券を割り当てて会社をつくったぐらいで、
当時の朝鮮社会では他人といっしょに会社をつくるなどということは
もってのほかであり、朝鮮人で独自の事業計画を立てて、会社令によって
申請した人は一人もいなかった。
    
     (『日本統治下における朝鮮の法制』友邦協会)



432 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 20:36:22 ID:pIuYvRRy
日本の天皇が降伏宣言をした1945年8月15日、朝鮮には60万の
日本人が居住しており、日本にはおよそ200万人の朝鮮人が暮らしていた。
朝鮮半島の38度線を境に北側にはソ連軍が、南にはアメリカ軍が進駐し
日本軍を武装解除させ、占領地帯として軍政をはじめた。この過程で
米軍は、1945年12月19日に「米軍政法令第33号=帰属財産処理法」を
制定し、韓国内にある日本の財産をすべてアメリカ軍政庁に帰属させ、
日本人はその財産を没収したのち日本に追放した。北朝鮮でもおなじ
措置がとられた。日本人は故郷を離れて10年、長くは30年以上苦労して
基盤を築いた朝鮮半島から、日本出身という理由だけで無一文の乞食となって
追い出された。日本は敗戦国であり、このような措置に抗議できるはずもなく、
1951年に日本の独立を決定したサンフランシスコ講和条約でも、
これについてなにひとつ抗議できなかった。アメリカ軍政庁とソ連占領軍によって
押収された日本人の財産は、政権の樹立とともに韓国政府と北朝鮮政府に
委譲され、韓国ではこの財産に敵産(敵の財産)という名前をつけて権力者が
分けあった(敵産払下げ)。
  
           「親日派のための弁明」 金完燮 



433 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 20:41:21 ID:pIuYvRRy
敗戦後、朝鮮半島にいた日本人は長い歳月をかけて築きあげた財産を
奪われて日本に追放されただけでなく、朝鮮人に殺害されることさえ
あった。国そのものを喪失し、アメリカ軍の統治を受けていた日本は
こうした犯罪行為にたいして、ひと言も抗弁できず、1952年に
ふたたび主権を回復したのち、ひとつふたつと資料を取集し、ようやく
実態を把握できた。朝鮮が日本から独立するにあたっては、
取り決めるべき点を公正に話しあって合意に達する過程が必要だった。
だが残念ながら日本は発言を封じられた状態だったので、一方的に
日本側に不利な結果になったといえる。その後、国交樹立のため韓日会談が
開かれたとき、韓国側ではこうした日本の立場に配慮し、日本人殺害と
財産剥奪にたいしては謝罪するかあるいは最低限、遺憾の意を表明しなければ
ならなかった。そして私たちを朝鮮王朝の圧政から解放し、多額の資金と人材を
投入し文明開化させてくれたことにたいして、公式に感謝の気持ちを
伝えなければならなかった。そのあとで日本人が納得できる誤ちを指摘し、
また韓国人の誤ちも認めて、たがいに信頼を築き理解しあってこそ
まともな交渉が可能なのだ。しかし韓国側はこれまで自分たちの誤ちを
まったく認めず、朝鮮の文明開化と近代化にたいする日本の貢献と成果を
無視したままだ。むしろ朝鮮が被害者だと一方的な主張を述べたてるだけ
であり、こういう状態では韓日関係の緊張が緩和することを期侍するのは
容易ではない。

        「親日派のための弁明」 金完燮  

434 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 22:31:08 ID:SYdDCUoF
Q日本が戦争に負けた昭和20年(1945年)の南京の様子はどうですか。市民が大虐殺を口々に訴えたり、
日本人に復讐をしたりしたのですか。

Aそういうことはありません。

現在の日本人や中国人と違って、日本が敗戦した当時の南京市民(中国人)も南京に住んでいた日本人も、
南京大虐殺があったという認識はほとんど持っていませんでした。戦後かなり後になってから宣伝が盛んに
なり多くの日本人や中国人が南京大虐殺を信じてしまったのです。


435 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 22:31:58 ID:TzvQOUgP
100年前の、朝鮮半島にあった外国人居留地(日本租界)
http://japanese.joins.com/upload/images/2006/04/20060414190544-1.jpg

100年前の朝鮮人の暮らし&町並み
http://www.seoulselection.com/files/shop_attach/435p-attach-2.jpg
http://www.seoulselection.com/files/shop_attach/435p-attach-8.jpg
http://www.seoulselection.com/files/shop_attach/435p-attach-1.jpg
http://imgnews.naver.com/image/098/2006/04/13/3ae580f3034d6e9cd7664644afd23f25.jpg
ttp://www.seoul.go.kr/life/life/culture/history_book/picture_seoul1/2/031215/1523_9619_075_prisoners.jpg
ttp://www5e.biglobe.ne.jp/~sawadee/img-box/img20030314213635.jpg
ttp://www1.harenet.ne.jp/~dandy/img-box/img20030104230820.jpg
ttp://www.seoul.go.kr/life/life/culture/history_book/picture_seoul1/1/031215/1522_9626_PIC1A.jpg

南大門(崇禮門)明治29年(1896)5月28日
http://f48.aaa.livedoor.jp/~adsawada/siryou/060/ndm.jpg

西大門(敦義門)明治29年(1896)5月28日
http://f48.aaa.livedoor.jp/~adsawada/siryou/060/atsg.jpg

洗濯は海でしてました。塩分とか水質とかは気にしません。
http://www.seoulselection.com/files/shop_attach/435p-attach-5.jpg

身動き取れないほど集まってるのは、「繁栄」とは別のものです。
http://imgnews.naver.com/image/098/2006/04/13/219bff153789d9c7eb5233d9148e7251.jpg

100年前の朝鮮文化施設。明らかにシナの属国です。
http://www.seoulselection.com/files/shop_attach/435p-attach-3.jpg
http://www.seoulselection.com/files/shop_attach/435p-attach-6.jpg

植民支配時代の白衣民族抹殺政策示す1930年代の写真を発見
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=66469&servcode=200§code=200

436 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 22:33:30 ID:SYdDCUoF
Qでも、多くの人は南京大虐殺があったと信じているようですが。

Aそのとおりです。

現代の中国人の多くは屠殺記念館や抗日記念館や国定の歴史を学んで、南京で30万人の市民が日本軍に
虐殺されたと信じています。また世界の多くの人々もそのように信じています。また、日本人も30万人虐殺は
おおげさでもなんらかの虐殺があったと信じている人が多いのです。

しかし、今の日本では研究はかなり進んでいて、当時の南京で民間人の老若男女に対する虐殺があったと
いうことは、学問的には証明が不可能になっているといってよいでしょう。当時の写真やフィルムも虐殺を
証明するようなものはひとつもありません。虐殺に見えるような写真が数枚ありますが、それらは作られた
写真か写真の説明を書き替えているものだということがわかっています。逆に虐殺がなかったことを推測
させる写真やフィルムはそれこそ無数といってよいほど数多く残っています。ちゃんと検討された虐殺の証言
もありません。

現在では、虐殺を宣伝する人たちは、軍服を民間の服に着替えた中国兵の処刑や、捕虜を護送中の事故
などを議論して南京事件があったと主張し、その一方では南京大虐殺を民間人の無差別大量殺害のイメー
ジで宣伝したりします。また、南京大虐殺を上海から南京までという気の遠くなるような空間に広げて虐殺が
あったと主張する学者もいます。もちろんそれは証明したり検討したりできるようなきちんとした話ではありま
せん。

また、虐殺がなかったという状況証拠に反論するだけの研究者もいます。それにもかかわらず、南京大虐殺
があったと主張する人たちの多くは、ナチスのユダヤ人虐殺と並ぶようなものとして南京大虐殺を宣伝しよう
としています。そして残念ながら現在のところその宣伝は成功しているのです。

437 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 22:40:44 ID:59qBON4p
>>434
南京大虐殺に参加していた人たちや直後に現地に入った
人たちの証言はたくさんあるのにそんなことなかったと
言いたがる人たちがいるんですよね
アメリカ人宣教師ジョン・マギーの撮った当時のフィルムが
あるのにもかかわらずあの記録フィルムさえ嘘だという
人までいるのですからあきれますね

438 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 22:42:47 ID:59qBON4p
>>436
算数もできない日本人は哀れ

日本陸軍の1つの中隊が南京市内・郊外で殺戮した人数は約6000人なんですよ
南京での虐殺はなかったと主張する人達はその数字をもとに「大」虐殺はなかった
と言い張るんですね

ところが一個中隊となるとそれが50中隊になりますから単純計算で

      6000×50=300000人

になりますから中国政府の主張する30万人の殺戮という数字は正しいことになります

つまり南京大虐殺がなかったと主張する人達は小学校程度の算数もできない
ということになりますね

439 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 22:44:06 ID:59qBON4p

kiss me, girl, and your old one
 き み  が  あ よ  お  わ
a tip you need, it is years till you're near this
 ち  よ  に い い や ち  よ  に
sound of the dead "will she know
 さ   ざ   で   い し の
she wants all to not really take
 し  わ  お と な り  て
cold caves know moon is with whom mad and dead"
 こ   け  の  む  う す   う  ま あ で


訳:
僕にキスしたら君のその古臭いジョークにも(サヨナラの)キスをしておやりよ
君に必要な忠告をあげよう 死者たちのこの声が君に届くまで何年もかかったんだよ
「国家ってのは本当に奪ってはならないものを欲しがるけど
そのことに気がつく日が来るんだろうか?
冷たい洞窟だって知ってるんだ
(戦争で傷つき)気が狂ったり死んでしまった人たちを
お月さまはいつも見てるってことを」

註:古臭いジョーク (old one)
たとえば「南京大虐殺は無かった」とか、「鉄道や学校の建設など植民地にも良いことをしてあげた」とか、「従軍慰安婦は商行為」などの嘘八百。

440 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 22:54:15 ID:SYdDCUoF
Qどうして日本軍が中国の首都の南京を攻めたのですか。

A中国軍が上海で戦争をしかけて、日本と戦争になったからです。

中国に上海という都市がありますが、昭和12年(1937年)当時の上海には租界というフランスやイギリスや
アメリカが主権を持つ地域がありました。上海にはフランス軍やイギリス軍やアメリカ軍や日本軍も駐留して
いました。その頃にいくつかの事件があり日本と中国の仲が悪くなってきたので、中国は上海ふきんに兵力を
増強しました。日本も上海にいた数万人の日本人を守るために兵力を4,000人に増強しましたが、中国軍は
150,000人もの大軍でした。

そしてとうとう中国軍が攻撃を開始し、また中国軍機も上海を爆撃して日本と中国との間で戦争が始まりました。
最初のうちは日本軍は苦戦し続けました。なぜなら兵力が少なかったし、中国軍はドイツ軍事顧問団の指導で
すっかり戦争の準備を整えていたからです。しかし、日本軍もだんだんと兵力を増強し、苦戦を打開するために
杭州湾というところに大軍を上陸させました。すると背後をつかれた上海ふきんの中国軍は退却を始め、
日本軍は中国軍を追撃して首都の南京に迫ったのです。

その当時に主に日本軍と戦っていたのは現在の中国を支配している中国共産党の軍隊ではなく、現在は
台湾を支配している国民政府の軍隊でした。当時の中国はいくつもの勢力がそれぞれ中国各地を支配していて、
その最大の勢力が国民政府軍で、この頃の中国共産党軍はその中でも小さな勢力でした。
だからここで中国というのは国民政府のことです。


441 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 22:56:29 ID:SYdDCUoF
Q当時の南京では実際にどういうことがあったのですか。

A戦争で多くの兵士が戦死しました。また、軍服を着ていなかった中国兵の中には逮捕後に処刑された人も
いました。

東京裁判の時に中国側から南京虐殺の最も重要な証拠として埋葬記録が提出されましたが、その記録では
女性や子供の遺体は0.3%にすぎません。そして死体の収容場所のほとんどが城外の激戦のあった場所
でした。これは死者は兵士の戦死者であって、民間人の被害は少なかったという事実を裏づけてます。

また、中国軍の兵士は戦闘に負けると軍服を民間人の服に着替えて南京市内の安全区に入ったので、
日本軍は彼らを逮捕しその一部を処刑しました。これは当時の国際法でも問題ありません。
軍人が戦闘地域で軍服を着ないで逮捕されたら捕虜になる権利はなく、処刑されても文句は言えないのです。

なぜなら軍人が軍服を着ずに行動すれば民間人と兵士との区別がつかなくなり、結局は民間人がむやみに
殺される結果を招くことになるからです。彼らを逮捕するために日本軍は歩兵第七連隊という部隊が4日間だけ
昼間に安全区の捜索をしました。安全区内の捜索は将校の指揮の下にまとまって行なわれ、兵隊や下士官が
独自に行動することは許されませんでした。

その他には、南京市の郊外の幕府山というところで捕虜を護送する途中に暴動が起り数多くの捕虜と少数の
警備の日本兵が死ぬという事件などもありました。

442 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 22:58:30 ID:SYdDCUoF
Q当時の南京の人口はどのくらいだったのでしょうか。

A日本軍が南京を占領する直前の人口は20万人で、占領後1月で25万人に増えました。

戦場が南京に近づくにつれ、多くの南京市民は避難して市内に残っているのは貧しい難民だけになりました。
陥落前の南京には22人の欧米人が残っていて、そのうちの15人が国際委員会という会をつくりました。
彼らは南京市内に4平方キロに満たない広さの安全区という地域を設定して、ほとんどの民間人をその地域に
収容しました。上海の戦闘でフランス人のジャキーノ神父が安全区を設定して上海市民に戦争被害が及ぶことを
阻止できたので、南京の欧米人もその真似をしたのかもしれません。

南京大虐殺があったと主張する人たちは日本軍占領直前の南京の人口は50万人と述べたりしますが、
それにはちゃんとした根拠はありません。当時の資料で人口に関するものは約130件ほどありますが、
この資料からは占領直前の南京の人口は20万人くらいだったことがはっきりと浮かび上がります。
また人口分布に関する当時の資料は50件以上ありますが、この資料からは民間人のほとんど全部が
安全区にいたこともわかります。

もちろんこの数字は人口調査をしたものではないので、おおざっぱな数字です。しかし、重要なのは昭和12年
12月の日本軍の占領後に人口の減少がないことです。人口の減少は当時の資料にはどこにも記録されて
いません。逆に日本軍の占領後は、1ヶ月以内に人口が5万人増えています。
例えば、当時の国際委員会の外国人たちは難民に食料を配給しようと努力していたので、南京の人口が
日本軍の占領前は20万人くらいで占領後に25万人になったという事実をつかんでいて記録しています。
国際委員会の人口に関する記述は記録日や記録者が異なったものが三ヶ月間にわたって何回も記録されて
いますが、この数字は常に一貫しています。






443 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 23:02:16 ID:SYdDCUoF
Q虐殺を目撃した人はいるのですか。

A当時の資料では南京市内で虐殺を見た人はいません。

特に南京大虐殺のように国際政治や思想闘争の焦点になった事件では、何十年後に作られた資料では、
記憶違いや後日の情報や政治や思想の影響に左右されたり、または意図的に資料が作られたりします。
だから、このような問題ではその当時に記録された資料かどうかがとても大事です。

当時の南京在住の国際委員会の欧米人で虐殺を実際に見た証言はほとんどありません。その欧米人たちは
もともと中国側と縁が深く中国人に親しみを持った人たちで、国民政府から依頼されたり、そのエージェントと
連絡をとって日本を非難する原因を作るような人たちもいました。そのため彼らは手あたりしだいに日本軍の
犯罪を記録し抗議しています。しかし、その彼らも南京大虐殺どころか、日本軍による市民の殺害は見ては
いません。見たのはただ2件のみで、その2件とも違法な殺害とはいえないものです。

そのうちの1件はマギー神父が東京裁判で証言した事例です。国際委員会のメンバーのマギー神父は、
難民のいる安全区を自由に歩き回っていました。そのマギー神父は東京裁判で南京大虐殺の証人として
日本軍の暴虐を延々と訴えます。しかし、その裁判で彼は「実際に見たのですか」と質問されたのです。
するとマギー神父が実際に見た殺人は、警備中の日本兵に呼び止められて逃げ出した中国人が撃たれた
1件だけでした。

もし、市民に対する虐殺があったとするなら、それは南京市民のほとんど全部がいた安全区の中であったと
しか考えられません。しかし、安全区を管理して怪しいできごとはないかと歩いたり車で走り回っていた
国際委員会の外国人たちは誰一人として実際には虐殺を見ていないのです。そこで地獄のような大虐殺が
本当に何週間も続いていたのなら、大虐殺を見ていないはずはありません。

444 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 23:04:36 ID:SYdDCUoF
国際委員会の代表のドイツ人ラーベのように、後に日本軍が数万人を虐殺したと述べた人もいます。
彼はドイツ政府へは政治的な主張でそう報告しましたが、イギリス大使館には虐殺は数百人だと、
日本大使館には49人の虐殺があったと異なった数の報告をしています。しかし、彼は実際には一件の
殺人も目撃してはいません。ラーベもそうですが、国際委員会の欧米人たちはもともと日本に対して
悪意を持っていたのかもしれません。

そのため彼らは、強姦だとか盗難だとかと聞いた話を確認もせずに日本軍の犯罪として組織的に集め
記録し抗議しています。しかし、たとえその全部が本当だとしても大虐殺の情景とはほど遠いものです。
彼らは、クーラーボックスが盗まれたとか、茶碗や皿が盗まれたとか、そういうことまでも日本軍のしわざと
して重大事件のように記録し抗議しているような状況です。もちろん民間人の大量殺害に対する記録や
抗議はしていません。繰り返しますが、当時の南京の欧米人が記録した約980件の事件の中で伝聞でない
殺人は2件だけなのです。

445 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 23:10:08 ID:SYdDCUoF
日本軍の占領後の南京には一万数千人の日本人がいて中国人に交じって住んでいた人も多かったのですが、
当時は南京大虐殺などということを聞いた人はいません。昭和20年の南京には一万人以上の日本人がいて、
敗戦のために日本人は中国当局によって市内の一ヶ所に集められそこで半年ほど生活しました。しかし、
敗戦後の南京の日本人たちは虐殺の復讐を受けることもなく、中国当局から南京大虐殺ということを
聞かされることもありませんでした。彼らが南京大虐殺ということを知ったのは、戦後に日本に帰って、
後になって南京大虐殺を宣伝する本やマスコミに接してからです。

南京にあった日本軍の総司令部は中国軍に降伏した後に、一年以上にわたって中国側との連絡や交渉の
窓口として南京で活動しましたが、その間に南京大虐殺の問題が中国側からもち出されたり、それによって
両者の関係が悪化することはありませんでした。当時の中国の指導者たちは南京大虐殺を本気で主張しては
なく、裁判に関してのみのパーフォーマンスととらえていたようです。

また、その司令部の日本軍人の一人は敗戦後の南京市内を毎日散歩していましたが、危害を加えられること
などありませんでした。日本軍の多くの部隊も敗戦後に南京周辺を経由しそこから揚子江を下り日本に向いま
したし、南京市内で下水掃除などの労働に従事した日本兵もいます。日本兵は降伏して武器を持っていない
ので中国人から馬鹿にされることもありましたが、当時は南京大虐殺ということを聞かされたり市内で復讐
されることはありませんでした。


446 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 23:13:48 ID:SYdDCUoF
Q南京大虐殺の証言の多くは戦後かなり後になって作られたものですか。

Aそのとおりです。

証言は、それが『いつ記録されたものか、本当かどうかの検討ができるか』という2点がとても大事です。
日本人の中にも南京大虐殺を目撃したとか虐殺したという証言をした人もいました。しかし、これまで本名で
証言をした人は例外なくすべて嘘であったことが確認されています。例えば、元軍人であれば同じ部隊の
人がまだ生きていたりしたので、周囲の人の証言や記録を調査すれば、彼は南京にいなかったとか作り話
であるということなどが判明します。

そのため、最近では日本人に関しては匿名の証言が作られるようになりました。また、中国人の証言の多くは
中国政府(中国共産党)が南京大虐殺の宣伝に力を入れ始めた以後に作られた(記録された)ものです。
しかも、証言はその証人が本物か、証人は実際に当時の南京にいたのか、内容は真実かなどの検討が
可能であって初めて意味を持つのです。

みなさんも本や被害者だという人の証言をうのみにするのはやめて、自分が裁判官になったような気持ちで
自分の目で証拠(当時の記録)を確実に検討してみてください。そうするといわゆる南京大虐殺は、実体のない
ものだということがわかります。証言については、その証言がいつ記録されたのかをまず確認しなければ
なりません。例えば、もしあなたが、匿名やその場にいたかどうかも証明できない人の、しかも事件から
何十年後にされた証言だけで、犯罪者とみなされたら納得できるでしょうか。


447 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 23:44:29 ID:SYdDCUoF
昭和41年9月に岸信介元首相の名代として5名の日本人台湾使節団が訪台し、蒋介石と
面談している。そして面談の最、その5名の中の一人である田中正明氏が松井大将の秘書
であったことを思い出した蒋介石は、田中氏の手を堅く握り締めて涙を流しながら「南京
に虐殺などなかった。松井閣下にはまことに申し訳ないことをした」と告白している。
この蒋介石の涙の謝罪は、日本人訪台団、通訳、蒋介石の側近らが全員耳にした歴然なる
事実であり、南京事件なるものは一切存在しなかったことを当事者が認めた貴重な証言で
ある。
日本からの大口緊急援助が欲しかったのだが、日本に頭を下げて頼むのではなくインチキな
「歴史カード」を切って見せたと言うのが「南京カード」なのである。
天安門事件で米国へ亡命した中国人作家の鄭義氏の著書「食人宴席」には、1970年代
後半まで中共では「人肉宴会」が流行し、文化大革命では「造反有理」を叫ぶ後衛兵たちが
「人民の敵」と決めつけた人々を、片っ端から鍋や焼肉にして広場で皆で食べていた事実が
記されている。何のことはない、「三光作戦」なるものにしてもそうなのだが、要するに
自分達の野蛮な文化や習慣を勝手に日本兵にも当てはめているだけのことだ。
 『三国志』にも、戦いに敗れた玄徳が地方の貧しい猟師の家に泊まって肉料理をご馳走
になり、翌朝ふと台所を覗くと殺され切り刻まれた猟師の若妻の死体があり、それに深く
感動した玄徳は後に猟師を取りたてることを約束するというエピソードがある。妻を殺して
その肉で権力者の客人をもてなすという行為は、日本人の道徳や文化から見れば鬼畜の
行為にしか見えないが、シナではこれを「美談」として描いているのだ。このような民族と
日本民族が共有できる歴史観など存在する筈がないことに日本人はもう気がつくべきだ。
日中共通の歴史観なんて、キリスト教徒とイスラム教徒に共通の宗教観を求めるようなものだ。

448 :名無しさんといっしょ:2006/09/21(木) 23:49:14 ID:SYdDCUoF
>>438
御託はいいから死体だせよ。南京大虐殺あったんだろ?
一箇所で30万人も死んだんだろ?売るほどあるじゃないか。
不思議な事に死体も無ければ目撃証言も無いんだよな。

449 :名無しさんといっしょ:2006/09/22(金) 00:28:10 ID:tfKnXBVw
2008年に北京オリンピックが、2010年には上海万博 が控えていますが、この機会を中国が
見過ごすはずはありません。北京市郊外の「中国人民抗日戦争記念館」、
上海に近い「侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館」 がフルに活用されることでしょう。
日本人を含め、集まってくる世界中の人々に、日本がいかに「残虐非道な国家」であったかを宣伝する
絶好のチャンスと考えているに違いありません。


450 :名無しさんといっしょ:2006/09/22(金) 01:06:05 ID:BBLzI6aR
算数もできない日本人は哀れ

日本陸軍の1つの中隊が南京市内・郊外で殺戮した人数は約6000人なんですよ
南京での虐殺はなかったと主張する人達はその数字をもとに「大」虐殺はなかった
と言い張るんですね

ところが一個中隊となるとそれが50中隊になりますから単純計算で

      6000×50=300000人

になりますから中国政府の主張する30万人の殺戮という数字は正しいことになります

つまり南京大虐殺がなかったと主張する人達は小学校程度の算数もできない
ということになりますね

451 :名無しさんといっしょ:2006/09/22(金) 01:07:20 ID:BBLzI6aR
南京大虐殺に参加していた人たちや直後に現地に入った
人たちの証言はたくさんあるのにそんなことなかったと
言いたがる人たちがいるんですよね
アメリカ人宣教師ジョン・マギーの撮った当時のフィルムが
あるのにもかかわらずあの記録フィルムさえ嘘だという
人までいるのですからあきれますね

452 :名無しさんといっしょ:2006/09/22(金) 12:24:56 ID:OUuqC4ck
慰安婦強制連行、南京大虐殺など実際にはありませんでした

                             チャンネル桜 

全ては朝日から始まった
http://www.youtube.com/watch?v=EoAmItpLGuE ←★ここ注目!!

日韓基本条約の解説 1〜3
http://www.youtube.com/watch?v=HotuV_KlLjA
http://www.youtube.com/watch?v=X_9XjKDzkMY
http://www.youtube.com/watch?v=NHENBDx6860 ←★ここ注目!!

実際に南京に行った方の証言1〜2
http://www.youtube.com/watch?v=PLBLDqLU0TU 
http://www.youtube.com/watch?v=fZAoxtcUUlc 

慰安婦強制連行、南京大虐殺という嘘を最初にでっちあげたのは
朝日新聞の「植村隆」と「本多勝一」という記者です。
皆さんも騙されないように気をつけてくださいね。




453 :名無しさんといっしょ:2006/09/22(金) 13:08:57 ID:KU7dI0ev
所謂南京虐殺関連部分1〜3
http://www.youtube.com/watch?v=c230Fk5cq9w&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=IhTBHe5bXZM&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=iCuIFE18Hzw&mode=related&search=

454 :名無しさんといっしょ:2006/09/22(金) 13:14:30 ID:eg93rn6Q
NHK職員が死ぬ死ぬ詐欺
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1158890507/

455 :名無しさんといっしょ:2006/09/22(金) 13:15:17 ID:KU7dI0ev
実際に南京に行った方の証言1〜2
http://www.youtube.com/watch?v=PLBLDqLU0TU 
http://www.youtube.com/watch?v=fZAoxtcUUlc 

南京証言1〜5
http://www.youtube.com/watch?v=1P1OLcNXsWU&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=754ADH3lvDY&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=dssxdM0ilSg&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=YYCoi3-w2eI&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=lP84ccDhbAA&mode=related&search=

所謂南京虐殺関連部分1〜3
http://www.youtube.com/watch?v=c230Fk5cq9w&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=IhTBHe5bXZM&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=iCuIFE18Hzw&mode=related&search=

456 :名無しさんといっしょ:2006/09/22(金) 13:35:08 ID:KU7dI0ev
ザ・在日特権
http://www.youtube.com/watch?v=w6Vjmhn0OpI&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=7f7uLNc29qM&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=InEduwbpEDY&mode=related&search=

457 :名無しさんといっしょ:2006/09/22(金) 17:11:53 ID:BAretwAt
NHK韓流カブレの立役者・高橋昌廣チーフプロデューサーに詐欺疑惑
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1158895783/


458 :名無しさんといっしょ:2006/09/22(金) 18:41:12 ID:aA/Z7MSX
>>451
検察官    「あなたは日本兵が中国人を殺害した場面を目撃していますか」
マギー牧師  「はい」
検察官    「どのような状況で何人殺したのを見ましたか」
マギー牧師  「一人です。日本兵の止まれ、という制止を振り切って
       逃げたシナ人の便衣兵を日本兵が撃つのを見ました」
検察官    「それ以外は?」
マギー牧師  「見ていません」


459 :名無しさんといっしょ:2006/09/22(金) 18:45:56 ID:qzBJyHhF
冬ソナを日本に持ってきた張本人

高橋昌廣NHKチーフプロデューサー

上田昌広さん(団体職員)

支援団体トリスジャパン

死ぬ死ぬ詐欺疑惑

460 :名無しさんといっしょ:2006/09/22(金) 18:58:48 ID:aA/Z7MSX
南京攻略については世界から注目を受け「小説太平洋戦争」を書いた
「徳川家康」の著者で朝日新聞の従軍記者だった山岡荘八はじめ全世界の
報道記者が従軍したが誰一人日本兵の国際法違反を報告したものはいない。

これが史実である。

461 :名無しさんといっしょ:2006/09/22(金) 23:23:34 ID:mZ76CHtC
中国人が嫌がる映像集 PART2
http://www.youtube.com/watch?v=VaSVAcEBziE しょんべん
http://www.youtube.com/watch?v=-r-w70Li0FE 動物虐待
http://www.youtube.com/watch?v=2JVlb7kIN1g 国歌
http://www.youtube.com/watch?v=gdDk2-ytDKI チベット
http://www.youtube.com/watch?v=9njl83ZcKlg ハリウッドスター
http://www.youtube.com/watch?v=0QSkbvtRNMY SOS
http://www.youtube.com/watch?v=rSDY3mP6qXM 法輪功虐殺
http://www.youtube.com/watch?v=YcE92B__vBY 子供乞食

462 :名無しさんといっしょ:2006/09/23(土) 09:59:26 ID:C38kNrGL
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ||||||||||||||||||ii        |  1.チョンとは交渉しないこと 。
    ,,||||||||||||||||||||         |  2.チョンを相手にしないこと。
   i||||||||||||||||||||||||||||i      |  3.チョンを仲間と思わないこと。
  i|||||||||||||||||||||||||||||||||||||i   |  4.チョンと結婚しないこと。
 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| !||.   |  5.チョンを雇わないこと。
 |━-  -━━━ |||||||| |||   |  6.チョンの国には行かないこと。
 ,・=-|  -=・=-   / ̄||| ,||||   |  7.チョンを優遇しないこと。
 |  /         _!|||||!!  <  8.チョンの話を信じないこと。
. | (_,       ̄|||||       |  9.チョンを招かないこと。
 | ━__━      ||||     | 10.チョンに金をやらないこと。
  ヽ、 `~ ,,,;;;;;;;__   ||||     | 11.チョンの傍で寝ないこと。
   ||||||||||||              | 12.チョンの匂いを嗅がないこと。
    !|||||||!!            | 13.チョン製キムチを食べないこと。
    !||||!             | 14.チョンの行動には警戒すること。
                   | 15.チョンの犬喰いはマネしないこと。
                   | 16.チョンの偽装 <=( ´∀`)に気を付けること。
                   | 17.チョンのエラに刺されないこと。
                   \_______________




463 :名無しさんといっしょ:2006/09/23(土) 13:12:10 ID:jZ3LPGQW
朝日が作った歴史  動画 南京事件と慰安婦問題
http://www.youtube.com/watch?v=EoAmItpLGuE

464 :名無しさんといっしょ:2006/09/23(土) 13:25:17 ID:jZ3LPGQW
【実録】 関東大震災 不逞鮮人暴徒化

■不法入国をし犯罪を働く横暴な「鮮人」(日本社会の共通認識)■

■地震発生■

福岡日日新聞 大正12年9月2日号外第四 「帝都無秩序 鮮人横暴」
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20060904210203.jpg

■不逞鮮人が暴徒化■
徒党を組み暴徒、放火、殺人、暴行、略奪、強姦、爆弾・石油を携帯し放ち、水道に毒薬を放ち、
発電所を襲い、列車爆破を企画し、さらには隊を組み日本の一個小隊を全滅させその後一個中隊との戦闘へ突入

下越新報 大正12年9月3日附録 「上下水道青色毒散布、脱獄強姦掠奪殺人爆弾押収」
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20060904210340.jpg

小樽新聞 大正12年9月3日号外第一 「隊をなして石油・爆弾使い放火」
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20060904210445.jpg

小樽新聞 大正12年9月3日号外第三 「鮮人各所暴動検束数千名」
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20060904210610.jpg

大阪朝日新聞 大正12年9月3日号外「横浜〜王子放火」
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20060904210719.jpg


【続く】

465 :名無しさんといっしょ:2006/09/23(土) 13:27:22 ID:jZ3LPGQW

【続き】

庄内新報 大正12年9月3日号外第十八報 「爆弾・放火・王子横浜で軍隊と衝突」
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20060904210900.jpg

新愛知 大正12年9月4日号外「横浜で戦闘開始 日本陸軍一個小隊全滅 発電所襲撃 放火逮捕困難」
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20060904211015.jpg

新愛知 大正12年9月4日号外「屋根から屋根へ放火 婦人凌辱 略奪」
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20060904211147.jpg

名古屋新聞 大正12年9月4日号外第二「浦和高崎に放火検挙 爆弾所持し唯氷峠列車爆破自白」
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20060904211305.jpg

福岡日日新聞 大正12年9月4日号外 「殺人虐殺凶悪ぶり 進行中の列車に爆弾投げつける」
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20060904211427.jpg

■軍隊、自警団などがあらゆる暴虐をはたらく不逞鮮人を射殺・撲殺・検挙■

小樽新聞 大正12年9月4日号外第一 「爆弾・掠奪・鮮人・銃殺」
http://puka.s11.x-beat.com/img-box/img20060904211950.jpg

九州日報 大正12年9月4日号外第三 「鮮人捕縛 爆弾其の他押収」
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20060904212226.jpg


【続く】

466 :名無しさんといっしょ:2006/09/23(土) 13:30:14 ID:jZ3LPGQW

■鮮人の暴徒が各地で知れ渡る。沈静後も流言飛語が飛び交う■

■警視庁、不逞鮮人暴動パニック沈静化及び「不逞鮮人では無い鮮人」保護のため「取締りは完全に遂行した」
と急告通達。しかし「不逞鮮人では無い鮮人」も爆弾、毒薬を疑われる。何回も通報があり、
警察出動するも調査により誤通報多数■  (←コレに言い掛かり)

大阪毎日新聞 大正12年9月4日号外第二「鮮人暴挙は完全取締を遂行」
http://puka-world.com/php/upload/puka/img-box/1157372883930.jpg

東京日日新聞 大正12年9月8日第一版「流言飛語に対しての通報に呆れる」
http://puka-world.com/php/upload/puka/img-box/1157372941581.jpg

■日本政府が「不逞鮮人では無い鮮人」の保護を閣議決定■
「不逞鮮人では無い鮮人」たちを習志野に収容。

「デマで無辜の朝鮮人を大量虐殺した」という在日の根拠、
「鮮人暴動はデマ(流説)」のニュース詳細。



大正12年9月5日報知新聞 「鮮人暴動は流説〜戒厳司令部公表〜」
(新聞収録大正史第十一巻 大正出版株式会社 昭和53年6月20日発行)
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20060906032702.jpg
「不逞鮮人については、三々五々群を為して放火を遂行、また未遂の
事実はなきにあらざるも、既に軍隊の警備が完成に近づきつつあれば、
最早決して恐るる所はない。」


つまり、不逞鮮人による暴徒は実際に「あった」ということですw

467 :名無しさんといっしょ:2006/09/23(土) 13:32:15 ID:jZ3LPGQW
要は、自分たちの組織的残虐行為によって日本の警察・軍隊・自警団に殺されてしまったことを
「朝鮮人虐殺」とすり替え、そして罪を犯そうとしていなかった朝鮮人を保護しようとした日本人の行為
「デマ」を、自分たちの組織的残虐行為を隠蔽及び日本人を歪めるために使用してるってことか。
まさに朝鮮人の思考だね。強制連行、従軍慰安婦婦とまったく同じ。


コピペだけど貼っとくね。

「震災の犠牲者の遺体」を「関東大震災で虐殺された多くの朝鮮人たち」
とキャプション捏造する、似非人権団体の在日朝鮮人
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20060902224711.jpg
(心臓の弱い人は閲覧注意)

「震災の犠牲者の遺体」

1987年8月15日 発行
映像が語る「日韓併合」史 1875年〜1945年  
辛基秀 編著労働経済社   

「関東大震災で虐殺された多くの朝鮮人たち」

1992年8月15日 発行
朝鮮侵略と強制連行〜日本は朝鮮で何をしたか〜
大阪人権歴史資料館 編者 解放出版社

468 :名無しさんといっしょ:2006/09/23(土) 13:57:12 ID:3WrjcuF+
http://www.kashiwashobo.co.jp/cgi-bin/bookisbn.cgi?isbn=ISBN4-7601-1784-9
虐殺否定説のロジックとトリックがよくわかる
『 南京大虐殺否定論 13のウソ』

469 :名無しさんといっしょ:2006/09/23(土) 15:20:30 ID:bt97RAFJ
韓国は日本がつくった。 感謝しろ

470 :名無しさんといっしょ:2006/09/23(土) 20:47:01 ID:sorew4LC
こんな南京の映像も残ってるしな。
http://www.youtube.com/watch?v=FMKZzZREqh8

471 :名無しさんといっしょ:2006/09/23(土) 22:05:44 ID:/U8nYXx1
言っちゃあ悪いが韓国史なんて50年も無いんだな

472 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 08:03:38 ID:85y4BXCS
南京攻略は世界から注目され世界各国の報道陣が従軍して
逐一戦況を本国に報告している。
そのように世界が見守る中で世界一軍律厳しく玉一発の管理にも厳しく
「万里の長城は人類の宝だから壊してはならぬ」と厳命した松井岩根大将の日本軍
がどうして南京の市民を三十万も虐殺する必要があったであろう。

秀吉公の朝鮮征伐と同様、日本軍はシナ人に解放軍として歓迎されたのだ。
日中戦争は戦場がシナであって日本と中国国民党との正規な戦争であった。
歴史を学問的に紐解けば一方的な日本の侵略でないことは一目瞭然だ。
東條以下当時の為政者がいかに戦争を回避し、日中戦争を終わらせたかったか
「徳川家康」の著者で朝日新聞の従軍記者として中国戦線を報告した山岡荘八
の「小説太平洋戦争」に見事に書かれている。
※「徳川家康」「野望」というタイトルで韓国でもよく読まれている。


473 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 09:58:07 ID:gz1B5x1G
>>471
だがちょっと待ってほしい。大韓帝国も韓国なのではないか。

474 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 10:11:07 ID:iRkvh/fo
>>468ワロタ

ウソのつき方を解説してくれる本ということか。

475 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 10:37:23 ID:dBYln8Ss
虐殺の証拠なんていくらでもあるわけです。
アメリカ人宣教師ジョン・マギーの撮った当時のフィルムが現存してますけど
ところが、あの記録フィルムさえ、嘘だ、という人までいるのですから、口あんぐりです。

日本陸軍の1つの中隊が南京市内・郊外で殺戮した人数は約6000人なんですよ。
南京での虐殺はなかったと主張する人達は、その数字をもとに「大」虐殺はなかったと
言い張るんですね。

ところが、一個中隊となるとそれが50中隊になりますから、単純計算で 6000×50=300000人
になりますから、中国政府の主張する30万人の殺戮という数字は正しいことになります。

つまり、南京大虐殺がなかったと主張する人達は、小学校程度の算数もできない
ということになりますね。

476 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 11:04:22 ID:1kKy3COe
>>451
>南京大虐殺に参加していた人たちや直後に現地に入った
>人たちの証言はたくさんあるのにそんなことなかったと
>言いたがる人たちがいるんですよね
>
 直接証言で、当時の南京市街で日本軍による組織的な虐殺を目撃した例は皆無ですが?
 当時の南京市街を取材し戦後は左翼言論界で大物となった某記者でさえ、南京市街での虐殺なぞ全く見ていないと証言しております。

>アメリカ人宣教師ジョン・マギーの撮った当時のフィルムが
>あるのにもかかわらずあの記録フィルムさえ嘘だという
>人までいるのですからあきれますね
>
 いわゆるマギーフィルムには殺害現場そのものの映像が一つも無いというのは、有名な話なのだが?
 一度もマギー・フィルムを観た事もない癖に大嘘を吐いて「虐殺肯定論」を論じるとは、最低ですね。

477 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 14:06:38 ID:cEG2GgZd
>>475
壊れたレコードか?
馬鹿の一つ覚えか?

478 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 16:08:22 ID:lIelWkPv
>>476
>直接証言で、当時の南京市街で日本軍による組織的な虐殺を目撃した例は皆無ですが?

おいおい、偕行社が集めた証言すら否定するのか。当時の日本兵が証言している。
南京大虐殺がなかったなんていうのは、地下鉄サリン事件がなかったというのと同じ。

479 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 16:12:00 ID:lIelWkPv
大月書店『南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち』でも、当時の日本兵の日記から南京大虐殺の証言を集めている。これまで否定するのか。

http://www.geocities.jp/yu77799/ せめてこれくらい読んでくれ。

480 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 16:41:27 ID:lIelWkPv
>>476 マギー牧師はけが人や強姦の被害者の救済をしていた。殺害現場に立ち会わなかったのは当然。いわゆるマギーフィルムが殺害現場そのものの映像がないのは当然のことである。
もし殺害現場を撮影していたら、日本軍はマギー牧師をそのままにしておかなかっただろう。むしろたくさんの被害者の映像記録を残している。このことの方が重要な証拠となっている。

481 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 17:02:18 ID:lIelWkPv
>>472松井岩根大将は東京裁判で南京大虐殺を認めてますが?

482 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 17:35:26 ID:lIelWkPv
>>481すみません。これはやや不正確だったようですね。
松井岩根は死刑判決を受けた後の証言で南京大虐殺を認め、責任を取って死刑を受け入れると語っています。

483 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 20:42:41 ID:YMeCqz1B
素朴な疑問なんだが、確たる証拠があるなら何故中国政府は
日本や第三国を含めた、いわゆる南京大虐殺の検証を嫌がるんだろう?
なぜ証拠や被害者の数を捏造するんだろう?

484 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 20:49:33 ID:lIelWkPv
>>483いつ中国政府が検証を嫌がった?いつ捏造した?

485 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 21:00:50 ID:YMeCqz1B
>>484
ソースは失念したのでまた探してくるが、少し前に日本政府が中国といっしょに
または第三国も含めてだったか、いわゆる南京大虐殺の検証をしたいと
申し出たが、中国政府が断ってきたという報道があったよ。
あと地雷撤去についても、本当に旧日本軍の地雷かどうか検証を
求めたのにそれも断ったという報道もあった。
既に証拠とされる写真の多くが捏造だとバレているし、数が年々増えているでしょ。

486 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 21:04:29 ID:lIelWkPv
>>485日本政府がそんな申し入れをした事実はない。

487 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 21:10:54 ID:YMeCqz1B
>>486
でもそうゆう報道を見たんだよ
まあ探してみるけど


488 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 21:27:27 ID:DYoh902P
>>486
中国の公式で3500万人の犠牲者が出たとかもあるぞ。
中国政府の発表は100%正しいのか?

489 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 21:37:20 ID:YMeCqz1B
提案したのは日本政府じゃなくてアメリカだった
それと南京だけじゃなく歴史研究全般だったよ
だけど、証拠があるなら拒否しないで堂々と出して検証すればいいでしょ?
「特殊性」ってなんだよ
以下引用(ソースは消えてるが、いろんなとこでうpされてるから)

歴史研究への米参加拒否 中国、「特殊性」主張

 中国外務省の孔泉報道局長は24日、ゼーリック米国務副長官が提案した
日米中3カ国による歴史共同研究について「北東アジアの歴史は特殊性がある」
と述べ、事実上拒否する姿勢を示した。
 報道局長は、この特殊性は「中国、韓国、日本に直接関係する」と指摘、日中韓
3カ国による共同歴史研究を進めることが「われわれの基本的主張だ」と述べた。
 ゼーリック副長官は昨年9月の講演で、歴史認識問題で対立する日中関係打開
のため、日米中の歴史学者による歴史共同研究の開始を提案。訪日した23日にも
同提案に再び言及した。(共同)
(01/24 19:01)
http://www.sankei.co.jp/news/060124/kok080.htm


490 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 21:43:18 ID:t6Znw1H5
>>481
別に認めてなんかないよ。

「何かあったとしたらそれは自分の責任である」という道義的な意味で責任を取る気満々だったこと、
部下の非行について恥じ(憲兵にあげられた奴らが実際にいたし、)、またそれは最終的に司令官である自分の責任である、という用意もあったから
「認めた」
ンであって、「荒唐無稽な白髪三千丈や軍命令による虐殺をすべて認めた」わけじゃない。






491 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 21:55:06 ID:DYoh902P
>>484
あ、それとな。大日本帝国は中国共産党じゃなくて蒋介石の国民党と戦ってたからな。
今の台湾の中華民国だからな。中国共産党とかの付き合いはないから。

492 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 22:05:02 ID:H4y5ypGw
「NHK職員への正しい日韓史授業」が
「NHK職員への正しい南京事件授業」になっちまってるわw

おまえら「中国板」で不毛の論争やれや!w

493 :名無しさんといっしょ:2006/09/24(日) 22:39:21 ID:u21XJlZa
589 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2006/09/24(日) 21:34:52 ID:YIFhKYgl0
高橋さんって、CP(チーフプロデューサー)ではなくて、その上の
EP(エグゼクティブプロデューサー)じゃん。
幹部も幹部、かなりのお偉方だよ。ソフト開発センターでセンター長・
統括担当部長に次ぐナンバー3。統括担当部長が高橋EPより上の階級
とは限らないから、実質ナンバー2かもしれん。
こりゃ年収2000万よりもっと貰っているかも。
将来、地方局の局長→NHKエデュケーショナルの役員あたりのコースは
確実では?


494 :名無しさんといっしょ:2006/09/25(月) 04:36:39 ID:+9jKr0RC
★厳選!韓国情報★ 韓国ってどんな国?に答えるブログ(・∀・)
http://blog.goo.ne.jp/pandiani

大日本史番外編朝鮮の巻
http://nikujiru.tripod.com/

きままに歴史資料集目次
http://f48.aaa.livedoor.jp/~adsawada/siryou/index.htm

韓国は“なぜ”反日か?
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

〜不思議の国の韓国〜
http://members.at.infoseek.co.jp/konrot/doronpatop.htm

495 :名無しさんといっしょ:2006/09/25(月) 11:28:43 ID:wIOok3DU
『思想信条の自由』を叩き込まれて育った子供たちと校長先生の微笑ましいやり取り
http://www.geocities.co.jp/NeverLand/5533/kunitati-2.htm


496 :名無しさんといっしょ:2006/09/25(月) 13:26:08 ID:wIOok3DU
中国江蘇省南京市の南京大虐殺記念館は24日、南京大虐殺の「事実」を伝える上で大きく貢献したとして、
ジャーナリストの本多勝一氏、元早大教授の故洞富雄氏ら8人を表彰することを決めた。新華社が同日伝えた。

ほかの6人は、南京大虐殺を研究してきた国内の学者ら。(北京・共同)

毎日新聞 2006年9月25日 12時57分
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/news/20060925k0000e040074000c.html

497 :名無しさんといっしょ:2006/09/25(月) 13:26:58 ID:jRo5YwvE
>>489
特殊性ワロタwwwwwwwwwwwww


498 :名無しさんといっしょ:2006/09/25(月) 14:30:15 ID:wIOok3DU
朝日&チョソ関連時系列 2005 Var1.91
1月12日…朝日新聞、安倍・中川両氏がNHKに圧力をかけたと捏造。
1月13日…朝鮮総連が安倍・中川両氏に対し組織的に抗議活動開始。
1月17日…韓国にて日韓基本条約の内容が始めて一部公開される。
1月19日…金正日総書記が「日本は百年の宿敵」と激しく非難。
1月20日…北朝鮮の団体 NHK番組改変問題に関する談話を発表
               ・
7月30日…朝日新聞、NHK問題の取材資料が流出
8月25日…朝日新聞が自民党にNHK問題の説明資料を郵送。自民受け取り拒否「衆院選のさなかで、問題がうやむやになる」
8月29日…韓国にて日韓条約に関連する外交文書公開
8月29日…朝日新聞、新党結成巡る記事を捏造。
9月02日…朝鮮総連機関紙が朝日新聞社説を非難:「朝日が監視すべきは日本政府だ」
9月03日…朝日新聞、首相の靖国参拝に関する候補者アンケートで「すべきでない」を「すべきだ」と捏造。
9月11日…衆議院議員総選挙投票日、自民歴史的大勝、民主壊滅
9月14日…朝日新聞、秋山社長が全社編集局緊急集会で「必死の努力をしたけれども裏が取れなかった」と発言。
9月27日…NHK問題で自民党が朝日新聞にたいし質問状、秋山社長の「裏が取れていなかった」発言の事実関係などについて。
9月30日…朝日新聞、NHK問題の資料流出で編集局長ら更迭、「NHK報道問題についての最終対応としたい」と秋山社長。
9月30日…NHK、朝日新聞の見解について「(記事の根拠と取材テープ公開を求めた)NHKの求めとはほど遠く、報道機関として不誠実な対応」と批判。
10月04日…安倍氏、朝日報道問題にて「事実を証明できなかった以上、訂正して謝罪しないといけない。それができないなら捏造体質を切除できない」
10月07日…中川氏、朝日報道問題にて「取材の方法が不適切であれば私と安倍さんが被害者だ、しかるべき人が謝罪するのが当然」
10月14日…朝鮮総連系団体を薬事法違反で家宅捜索 藤田さん拉致関与か
10月17日…小泉首相、靖国神社へ参拝
10月23日…参院神奈川補選投票日、自民川口氏勝利。他の知事戦などでも軒並み自民が勝利。
10月27日…韓国外交通商相が日本に対し、新たな国立戦没者追悼施設の関連予算を計上しろと内政干渉。

499 :名無しさんといっしょ:2006/09/25(月) 16:13:06 ID:wIOok3DU
★ 受信料義務化の前に! 要情報公開 ★
★  民放比=150%以上  NHK海老沢〜巨人ナベツネで 秘密不正契約金 
NHK、巨人戦に異常な巨費支出〜 民放の1,5倍〜2倍の契約金額を支払い  
          
NHKは、そ放送内容は勿論だが、最も問題な点は、警察組織並みに、支出を含めた経営内容が情報公開されておらず、隠蔽されている体質である。
以下に述べる巨人戦の放映料や、ワールドカップ放映権も、電通に何千億円も支払ったといわれるが全て非公開である。
この隠蔽体質を温存して受信料徴収の強制を法制化しようという動きを見せているのだから呆れるばかりである。

今季、NHKは地上波、衛星で巨人主催試合を中継している。NHKは契約内容を公表していないが、
巨人主催試合は1試合1億6000万円といわれ、他の民放局の放送権料より5000万から6000万円高いとみられている。

巨人戦のテレビの平均視聴率は7月は7.2%(ビデオリサーチ調べ)と過去最低を記録。
4月から下がりっ放しで上向く気配ゼロ。それどころかすでにフジテレビ、テレビ朝日は地上波での生中継を中止。
系列の日本テレビでさえ、地上波での生中継を取りやめたほどだ(12日の対広島戦)。
「ゴールデンタイムで2ケタも取れない巨人戦は、放送権料は払ってもいいから中継するな!」
というのが民放関係者の巨人戦に対する考え方だという。

「 巨人戦に関しては視聴率とか衛星契約増加のためというより、
海老沢前NHK会長と巨人の渡辺会長とのつながりで高い放送権料を払っている。
海老沢院政が続けば来年も高い放送権料を払うでしょう。

しかし、一連の不祥事で受信料収入も1000億円減るといわれるくらい経営状態は深刻。
内部機構の改革でスポーツ全般を管理するスポーツ報道センターが解体される話もあるほどです 」(関係者)
来季の野球の放送に関してNHKは 「担当者が夏休みで不在」 ということだったが、
これで来年も1試合1億6000万円で巨人戦を中継すれば、 視聴者をバカにすることになり問題は深刻だ。

500 :名無しさんといっしょ:2006/09/25(月) 16:56:11 ID:wIOok3DU
 愛国心教育に激しく反対している日教組が、

実は「あの国」「かの国」と大変親密、友好的で

賞賛しているのはなぜなんでしょう?

日教組幹部北朝鮮礼賛集
http://haniwa82.hp.infoseek.co.jp/meigen/n-korea.html

北朝鮮から「親善友好勲章第一級」を貰って喜ぶ
日教組のドン 槙枝基文元委員長
http://tgm1.pta-koho.jp/hyousi/kizi/k501211a.html

501 :名無しさんといっしょ:2006/09/25(月) 17:21:50 ID:wIOok3DU
法輪功学習者を対象にした中国の臓器狩りで、カナダ法政界関係者、調査報告書を発表
http://www.epochtimes.jp/jp/2006/07/html/d39145.html

502 :名無しさんといっしょ:2006/09/25(月) 17:26:36 ID:6b0p4KBI
>>500
日教組の驚くべき実態
http://www.melma.com/backnumber_108241_3143641/

神奈川県教師のうち、日教組の組合員は90%(全国平均は30%)を占める。
N女史によると神奈川県では北朝鮮系在日教師が日教組を事実上支配し、在日の
北系教師が年々増えているのは確かだという。朴甲東氏(金日成時代の元幹部)
によると、毎年北系の若い在日が万景峰号で北朝鮮に送り込まれ、徹底した反日
教育を受けているという。洗脳された若い在日が北系のコネで年々教師に採用され、
日本の一部勢力は将来巨大な反日勢力になると指摘した。

日教組に朝鮮総連横浜市で会社を経営するK.S社長の話である。彼は会社を経営
する傍ら愛国心を持ち、歴史にも深い造詣を持つ人だ。数年前、逗子で行われる
はずの櫻井よしこ氏の講演会が日教組の横槍で中止になった経緯がある。
K.S社長は櫻井氏の講演会を楽しみにしていただけに、中止に対して不満であった。
彼は早速横浜の日教組に電話を入れ、高橋事務局長に抗議した。彼の質問に
答えきれなくなった高橋氏は「今、朝鮮総連の人がいるから代わります」と言った。
朝鮮総連の某氏は従軍慰安婦、創氏改名、強制連行など、「過去の日本が犯した
悪徳」をK.S社長に説いた。しかし歴史に詳しいK.S社長の反論に答えられず、今度は
「同和の人に代わります」と言った。何故日教組に朝鮮総連や同和の人達がいるのか。
K.S社長は驚きを隠せなかったと述懐する。

503 :名無しさんといっしょ:2006/09/25(月) 17:43:47 ID:wIOok3DU
ttp://www.nikkeibp.co.jp/sj/interview/64/

『ネットは新聞を殺すのか 変貌するマスメディア』の著者である湯川氏はネットユーザの間ではマスコミが嫌われ、
新聞の記事が信用されていないと指摘する。その原因は読者との対話が不足しているからだと語る。

『新聞がなくなる日』の歌川氏は日本の新聞に主張や顔がないのは、明治以来、
最大公約数のために記事を書いてきた「小新聞(こしんぶん)」をビジネスモデルとしているからだと語る。
新聞に未来はあるのか。

504 :名無しさんといっしょ:2006/09/25(月) 20:02:17 ID:0sOxk9PH
>>496
「事実」と本多勝一は矛盾するような気が


505 :名無しさんといっしょ:2006/09/25(月) 21:42:03 ID:kqHyv1uV
          ..--‐‐‐‐‐‐‐‐---..,
        /:ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)
        |::::/          ヽヽ
        |:::ヽ  ........   ........  /:::|
        |::/    )  (     \:|   
   / ̄\iヽ;|  -=;;・;=‐ ‐=;・;;=- |6)  
  , ┤    ト、|   'ー-‐'   ヽ. ー'  |/   政権が獲れるなら政策なんてどうでもいい!
 l  \__/  ヽ   /(_,、_,、_)\   |    社民、共産党とも連立が組める!
 |  ___)( ̄  | / トエェェェェエイ \ |    中国共産党やウリ党の協力も確約ずみだ!!!
 |  __)  ヽ.ノ   |ュココココュ|    l    
 ヽ、__)_,ノヽ   ヽニニニニソ   /`ヽ、 
    \      \        /    ヽ.

506 :名無しさんといっしょ:2006/09/25(月) 21:56:13 ID:kqHyv1uV
>>475
                     `''フ, ii ;;;Y/;;、;;;;;;(;;;;; ;; ;;;;;i|;;;i;;;;;;;;、t;;;;;;ii;;从、;;;;、、   日  貴
                      ノノij、、;;;; ;;;t ;;;;t;t;;ノノ;;;;ノtt;;;、升込ヘ、从`;;;;;ii    本  様
   ,,、、、                  iyi)从;;;;i r'"iiii||||iiiヽ;;t'''"iiiiiii||||i體逡;; <;;;;;`      人  の
  r"   '' 、                /フ-i;;;;;i:ン、zモテテ、;;t≦;;ー;rモテチゝz'"  〉;;;;;;    が  よ
  't     ` ' 、              从;;;;;;t:::`:::"";;;;;リΞ :::::::"",,,",ノ"  i;;;;;リ,     い   う
  ヽ,        、             刈ii、t::::::::::::::;;; i::     :::::::::::::::'" i;;;;/ノ     る   な
    ' 、 ,,、、::'''  ヽ,            i;;ヽ, ;、::::::::::::;; i、__,,,_ ::::   :::::  i;r"/;;    か
      ~' 、""" :::;;; ヽ,           t; ;;;`it  ::::::::ヽ、;;;~''     :::  /~r;;;;;;;;;;     !
  ,,、--、,,,,、'ヽ,       '' 、,        ノi; ;;;| t  ::  ,,ii,,,,,       / |;;i;;;;;;;;;;;;
ー'";; ;;''''';;;; ''"ヽ;;;;;;'''"",,    ヽ,       ヽ;;;i ;t   ''";;",`' -     /;;:::ヽリ;;;;;;;;;;;;,,,
;; ;; ;;"  ;;;    `t''''""  ~'' ,,  ヽ,,rr"iiitt、r"t;;;i ヽ  '' ;;~;; ''ー    ,, ';;::::  "i|;;;;;;;;;ヽ""
,,r"  /    :::ヽ;;tヽ、,,,,,、、-'",,   ヽ,ー-;;、iiii"ヽii;;ヽ;;ヽ r';;;;     ,,r";;:::::::   i|レ"|;;;;ノ
"   /   ::::: i;`''-、;;;;;;;;;;;;'":::、,    t  ~'' 、;;;;ii"ii:::ヽヽ,ヽ-ー  ,、 ';;;  ::::    :::  |'"ヽ''';;-
   /   :::  ノ''ー、;;;;;;、,,,,,,,::::::::::;;    t ''"""'ヽ;;;; ""ii::;;;~~~~~~";;;;;  ::::::::''"  :::  |;;;;""''ヽ

507 :名無しさんといっしょ:2006/09/25(月) 21:58:47 ID:kqHyv1uV
今一番神に近い新聞   : 東海新報
神のお膝元にある新聞 : 伊勢新聞

+++++++++++++【 神の壁 】+++++++++++++++
割と安定してる       :北國新聞、産経新聞
出来不出来が激しい   :静岡新聞、山陰中央新報
やれば出来る子      :朝鮮日報、大紀元時報
最近だめぽ化してる    :読売新聞
コンスタントにだめぽ   :神奈川新聞、中国新聞
                新潟日報、盛岡タイムス
逝ってよし          : 日本海新聞
---------【 あなたの知りたくない世界 】--------
意外とまとも     : 赤旗(医療・増税・サラ金関連)
(゚∀゚)       : 東奥日報、岩手日報、時事通信
(´Д`)         : 神戸新聞、毎日新聞
('A`)          : 琉球新報、京都新聞
m9(´Д`)     : 河北新報

---------【 早く消えて欲しいあの世 】----------
誤惨家:    沖縄タイムス、信濃毎日、西日本新聞
諸悪の元凶: 共同通信、朝日新聞
何か:      愛媛新聞
また大西か:  ニューヨークタイムズ東京支局

--------------【 ネタ 】---------------------
チラシの裏      : 北海道新聞、日本経済新聞
4週間に一度赤くなる電波 : 東京新聞、中日新聞

-------------【 同人誌 】--------------------
毒電波            : 赤旗(憲法・外交関連)
チラシの包み紙       : 聖教新聞
                    2006年 8月現在

508 :名無しさんといっしょ:2006/09/25(月) 22:01:42 ID:kqHyv1uV
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&page=2&nid=2483755

地村さん吼える


509 :名無しさんといっしょ:2006/09/25(月) 22:12:16 ID:kqHyv1uV
AP通信によると、中国湖南省の永州で、歴史担当の男性教師(28)が、女子生徒(11)を級友の目の前で、4階の窓から投げ落として殺害した。
地元紙の報道と警察の発表によると、事件が起きたのは先週の20日で、原因は不明だが、男性教師のLi Hengyi容疑者は普段から暴力的で、殺害された女子生徒のZhang Yaoyiさんとも以前に口論したことがあったという。

  教師は生徒を投げ落とす前に殴る蹴るだけでなく、頭を机に叩きつけたほか、鉄の棒で暴行を加えたという。目撃した生徒の1人は「クラス全員が教室の後ろのドアから飛び出しました。
女子生徒が泣き出す中で、先生は教室から出てきました」と話していた。事件後、授業は中止され、休校になった。教師は現在、警察に身柄を拘束され、取り調べを受けているという。
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2491014/detail?rd
>中国湖南省の永州で、歴史担当の男性教師(28)
>中国湖南省の永州で、歴史担当の男性教師(28)
>中国湖南省の永州で、歴史担当の男性教師(28)
>中国湖南省の永州で、歴史担当の男性教師(28)
>中国湖南省の永州で、歴史担当の男性教師(28)


これが、中国共産党のほざく歴史。

510 :名無しさんといっしょ:2006/09/25(月) 22:27:03 ID:yh1xbxL4
韓国人は教育には不向きだレイプしないように泥棒しないように
嘘をつかないように矯正すべきだ。

511 :名無しさんといっしょ:2006/09/26(火) 11:14:34 ID:f5tJKrS5
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/47/43/enjoyjapan_13/53000/52860.jpg
↑東南アジア諸国は90%以上が日本を好き


http://www.hokuriku.chunichi.co.jp/nea/vladivo/20040116.shtml
↑ロシア好感を持つ上位5カ国沿海地方1位日本 全ロシア3位日本


http://www.jica.go.jp/jicapark/odajournalist/16.html
↑モンゴル国内の世論調査でも日本は「一番好きな国」


http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/india/yoron00/chosa.html
↑インド世論 好きな国 1:日本(33%)、2:米国(29%)、3:英国、フランス(7%)、5:ドイツ(5%)


http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/europe/chosa_g.html
↑中・東欧諸国世論調査。日本が好き軒並み90%台。


http://www.zakzak.co.jp/top/t-2002_06/3t2002061122.html
↑アラブ諸国の尊敬する国に日本がエジプトと並んで2位。
英紙デーリー・テレグラフ掲載。英文化交流機関のブリティッシュ・カウンシル調査の結果

512 :名無しさんといっしょ:2006/09/26(火) 11:57:52 ID:f5tJKrS5
ガウス賞に京大名誉教授の伊藤清氏・国際数学連合
 世界の数学者が組織する国際数学連合は22日、数学の応用で画期的な業績を挙げた
数学者を表彰する世界的な賞「ガウス賞」の第1回受賞者に、金融工学の発展に貢献した
伊藤清・京都大学名誉教授(90)を選んだと発表した。スペイン・マドリードで同日開幕した
国際数学者会議で決めた。

 同賞の選考は今回が初めて。同連合は9月14日に京都市で伝達式を開く。

 伊藤氏は1942年に、偶然が左右する不規則な現象を分析する「確率微分方程式」を考案。
当初は自然や社会現象を説明する物理学や生物学に応用されたが、80年代以降は
金融工学分野で注目された。

 伊藤氏の成果はロバート・マートン米ハーバード大学教授らが金融派生商品(デリバティブ)
の理論構築に応用。これによりマートン教授らは97年にノーベル経済学賞を受賞した。
伊藤氏は「ウォール街で最も有名な日本人」といわれた

でも日本のマスゴミは朝鮮マンセーしても、こういうことは報道しないから
日本ではほとんどの人が知らなかった (´;ω;`)

513 :名無しさんといっしょ:2006/09/26(火) 12:26:34 ID:f5tJKrS5
http://www.stormfront.org/forum/showthread.php?t=322030

白人至上主義者の巣窟であるstormfront.orgにおいて、8/26に日本人にとってある興味深いスレッドが立った。

タイトルは「日本は我々の脅威になるか?」である。

このスレッドには一ヶ月で53ものレスが付き2318回もの閲覧があった。
作成者は「我々はヨーロッパが他の文化よりも優れていると考えている。
それは事実だが、日本や中国のことを忘れている」と語り始めた。彼が言うには、
「日本人は我々と同じ視点に立っている。文明化された社会の長い歴史があり、
それは技術的社会的に優れている。犯罪も少ない。彼らは白人と同等だと思っており、
他の人々を見下している。それは当然だろう。彼らは我々のように優れているのだから。」だそうだ。

彼はアングロ・オーストラリア人として、日本人を我々と同等の存在だと認めるそうだ。
それに対する返答はおおむね肯定的だった。
あるレイシストは「日本人は高貴なヨーロッパ人が尊敬する歴史を持っている」と述べた。
「ホンダの哲学はすごい」という声もあった。彼らはサムライが好きらしい。
反論もあった。あるレイシストは「彼らはアジア人だから我々と平等ではない。
そしてWW2の時の虐殺や自決主義は道徳的にナチスよりも劣っている」と述べた。
WW2の時にヨーロッパ女性をレイプしたのが許せないという意見もあった。

514 :名無しさんといっしょ:2006/09/26(火) 12:29:00 ID:f5tJKrS5
他のレイシストは「いくつかの点で日本を尊敬しているが、彼らは白人ではない」
と否定した。「ここは白人専用サイトだ。日本人は書き込むんじゃねえ」という
抗議する声も大きかった。(VIPPERが書き込んだ)
中立的な意見もあった。「日本人の裕福なビジネスマンが
白人の妻を捜さない限りは、私は判断を控えます」と言う。

日本人と中国人の違いについても言及があった。あるレイシストは
「中国も長い歴史を持っているが、国家を発展させ続けることができるのは日本だけだ」
と語った。続けて「日本だけが心配の種だ。彼らだけが非白人で唯一成功した国だからだ」
とも言った。「日本の国家主義・人種主義的な態度を尊敬する」といったいかにもレイシストらしい
書き込みもあった。「ジャップは西洋文化を模倣した」という80年代によく見られた
懐かしい意見もあった。あるレイシストは「日本人が人種隔離政策を取るのは、
異民族の侵略がないこととテロが起きないことと人道に対する罪が起きないためだ」と好意的だ。
どうやら日本の国家主義や単一民族政策は彼らにも大人気のようだ。

このサイトを眺めていて分かったのは、良かれ悪しかれ日本の存在は彼らにとって
トラウマだという事だ。WW2に対しては日本人に対する恐れと道徳的嫌悪が大きい。
一方で日本の経済発展や社会秩序や礼儀正しさなど、歴史や文化に対する賞賛の声も大きい。
二方向の極端な評価が入り混じっているというのが正直な感想だ。
どちらも過剰に評価されている面がないでもない。日本に対するエキゾチズムはまだ解けないようだ。
そういえば、自らの国家や民族に固執する右翼系の若者が世界的に増えている
という事実も、多少気になるところだが

515 :名無しさんといっしょ:2006/09/26(火) 13:18:29 ID:R8WuOjr2
特定アジア フラッシュ リンク集
http://linkflash.hp.infoseek.co.jp/

516 :名無しさんといっしょ:2006/09/26(火) 13:56:11 ID:R8WuOjr2
報道されない中国共産党によるチベット侵略の実態
http://www.tibethouse.jp/situation/index.html

*中国共産主義イデオロギーに反するような意見はどんな表現であっても、逮捕の対象となる。

*中国政府は、ダライ・ラマ法王に対する忠誠心、チベット民族主義、およびあらゆる反対意見を組織的に覆い隠している。

*チベット人は、恣意的な逮捕・拘禁をされている。

*現在収監されているチベット人達は法的代理権は与えられず、また中国の訴訟手続きは国際基準を満たさないものである。

*国際の拷問等禁止条約に矛盾しているにもかかわらず、中国の刑務所や拘置所では、今でも拷問がはびこっている。
*チベット人女性は、不妊手術・避妊・中絶手続きを強要する対象にされている。

*生計困難、不十分な設備や差別的な方策のため、多くのチベット人の子供達は、適切な健康管理や就学の権利を与えられていない。

*政治的理由による投獄率が、中国支配下の他の地域に比べ、はるかに高い。

*子供でさえ、言論の自由に対する中国の抑圧から免除されることはない。18歳未満のチベット人の政治犯がおり、子供の僧尼たちは自分達の宗教施設から ことごとく放逐されている。中国は近年、チベットは非仏教地区になりつつあると宣言した。

*強制収容され、詳細な拘留理由も明らかにされることなく、失踪を余儀なくされるケースが続出している。

*パンチェン・ラマ11世は、1995年の報告以来、行方不明のままである。

*70パーセント以上のチベット人は 「チベット自治区」に住んでおり、現在、貧困線(最低限の所得水準)以下の生活をしている。



517 :名無しさんといっしょ:2006/09/26(火) 18:24:09 ID:R8WuOjr2
麻生の会見
ttp://www.youtube.com/watch?v=sy8xTtfNLH4

518 :名無しさんといっしょ:2006/09/26(火) 18:34:02 ID:R8WuOjr2
【中国】 国連人権理事会で中国の臓器狩りが俎上に〜中国代表団、反論で規定破りの要求、会議一事中断 [09/24]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1159095284/

519 :名無しさんといっしょ:2006/09/26(火) 18:43:09 ID:2a6AJ4LV
>>516単なるプロパガンダでしょ。裏づけはまったくなし。

520 :名無しさんといっしょ:2006/09/26(火) 18:51:33 ID:R8WuOjr2
>>519
http://www.youtube.com/watch?v=gdDk2-ytDKI チベット
http://www.youtube.com/watch?v=9njl83ZcKlg ハリウッドスター
http://www.youtube.com/watch?v=0QSkbvtRNMY SOS
http://www.youtube.com/watch?v=rSDY3mP6qXM 法輪功虐殺

521 :名無しさんといっしょ:2006/09/26(火) 20:21:08 ID:R8WuOjr2
中核派、過激派が朝日や毎日にかかると「市民団体」と名前を変える実例↓

http://hw001.gate01.com/dec2750/img/newspaper/02.jpg

522 :名無しさんといっしょ:2006/09/26(火) 21:35:50 ID:gVYWdPeH
朝鮮顔のアナウンサーが増えたよね犬HK

523 :名無しさんといっしょ:2006/09/26(火) 22:02:33 ID:MlNLs/YY
うん

524 :名無しさんといっしょ:2006/09/26(火) 23:01:25 ID:gw65lZ4P
>>522
女子アナの大半
先進国の特派員のほぼ全域
日本人は危険地帯か超ローカルのみ採用

525 :名無しさんといっしょ:2006/09/26(火) 23:06:43 ID:R8WuOjr2
東風31が東海岸の一部を除いて届く
http://www.fas.org/nuke/guide/china/icbm/df-31.htm

2007年中に米国全土を射程に治める東風31Aの配備が
完了する見込み
さらに3段目を新型に変えた東風41を開発中

526 :名無しさんといっしょ:2006/09/26(火) 23:08:18 ID:R8WuOjr2
1946年 東トルキスタン共和国に侵攻 ・ 併合
1950年 朝鮮戦争に参戦
1951年 チベット国に侵攻 ・ 併合
1962年 インド、カシミール地方に侵攻 ・ 中印紛争
1964年 核実験に成功
1969年 ダマンスキー島事件 ・ 中ソ軍事衝突
1971年 尖閣諸島の領有権を突如主張
1974年 ベトナム領、パラセル諸島(西沙)に侵攻 ・ 占領
1979年 ベトナムに侵攻、2万人の戦死者を出して敗退
1989年 天安門事件
1992年 スプラトリー諸島(南沙)の領有を突如宣言、侵攻開始
1992年 尖閣諸島の領有を全人代で明記
1996年 台湾沖でミサイル演習、米空母2隻が出動
2004年 攻撃型原潜、漢級が日本の領海を侵犯、海上警備行動発令
2005年 中国各地で反日暴動、大使館・日本料理店等を破壊
2005年 東シナ海でガス田盗掘開始
2005年 ネパールで毛沢東派によるテロ、政府に武器供与開始
2005年 日本領事館員の自殺は中国公安による脅迫と発覚

              
     ⊂二 ̄⌒\   隣人が一番嫌がることを控えめにするのが東洋人の伝統だ
       )\   ヽ    
      /__   )   ∧∧        ノ) 
     ////  /|.  / 支 \       / \ 
     / / / //\ \( `ハ´ )   _/ /^\)
    / / / (/   ヽ、        ⌒ ̄_/  
   ( ( (/      ノ      / ̄     


527 :名無しさんといっしょ:2006/09/26(火) 23:56:58 ID:qtcSESk1
219 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/09/26(火) 20:06:32 ID:BarFiPIk
韓国人が強制連行でない証拠の提示しました。

「慰安婦募集の広告」
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=ttalk&page=5&nid=433120

「大清国属」の旗のように、漢字が読めないための自爆です。
みんな、画像を保存してね。

528 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 00:43:47 ID:EQXm4Ryv
「朝鮮事情」 編纂:シャルル=ダレ 報告:パリ外邦伝教会(la Societe des Missions Etrangeres) 宣教師

1 自然地理

・西海岸へと広がる内浦平野は無数の灌漑水路が張り巡らされ、農産物が非常に豊富なので、ソウルの穀倉と呼ばれる。
・朝鮮は豊富で特に北部諸道にはさまざまな建築材-とくに松と樅-が豊富である。
・山々には金銀銅の豊富な鉱脈がある。燧石は黄海道だけにある。
・朝鮮は果実が豊富でフランスで見られるものはほとんど揃っている。
(リンゴ、梨、プラム、いちご、桑の実、ぶどう、メロン、桃、水瓜、スイカ etc)
・宣教師の幾人かはLotus Diospyros(柿、朝鮮語で「カム」)を好み、光沢といい、形といい、
 堅さといい、その果実は熟したトマトによく似ている。味は西洋カリンの実を思わせるが、それよりずっとうまい。
・花は非常にたくさん有り、季節を通じて桜草、さまざまな百合、芍薬、その他欧州では未知の種類の花が一度にどっと咲き乱れる。

3 皇帝

皇帝の人格は神聖であり、考えられる限りのすべての尊厳に包まれ、あらゆる収穫の初物が厳粛盛大に献上され、
宛ら神のような崇敬を受ける。
ただ皇帝のみが民の公益に関心を注ぎ、皇帝は法の遵守を厳しく監視し、すべての臣下に対して公正に君臨し、
高級官僚の不正徴税から民を守る。一般の民、百姓は皇帝と固く結ばれている。
3代皇帝太宗は人民の請願が直接国王に受理されるよう、「申聞鼓」という太鼓を設置した。
請願や起願を望むものたちは宮門で国王が出御されたら銅鑼を叩き、この合図で国王の従者が請願を受け取る。
李朝では初期に上訴・告発は制度化され、ソウルでは主掌官、地方では観察使(=道知事)に申告し司憲府に告訴するが、
申聞鼓は最終的訴えの手段として設置され、皇帝直属の義禁府、のちには兵曹で管理した。
形式的には民意上達機構の代表的なものであったが、政治的には官僚の跋扈を抑止するのに効果的であった。

恩賜以外に、国王は国の慣習として貧民救済の任務を負う。
1845年の記録では国王から施しを受けていた老人は450人(多い?少ない?)を数える。
80歳に達すれば毎年米5斗、塩2斗、魚3斗が、
70歳に達すれば 〃  4 〃2  〃3 が下賜される
(米1斗=大人1人で10日分)

529 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 00:45:00 ID:EQXm4Ryv
「朝鮮事情」 編纂:シャルル=ダレ 報告:パリ外邦伝教会(la Societe des Missions Etrangeres) 宣教師

8 身分
さまざまな職業階層の人々は自分たちで団結して組合=ギルドを作っている。それらの組合員の唯一の目的は相互扶助であり、労働手段の便宜を提供しあうところにある。
自然発生的な協働精神が上は王族から下は最下層民に至るまで広く行き渡っている。
常民階級の間では、集落ごとにちいさな共同体を形成しており、すべての家が例外なく協力しなければならない共同基金もある。
この金は土地や利殖に投資され、その収益は付加税や結婚葬式といった公益事業やそれ以外の不測のときの費用を賄うのに充てられる。

一口に言って同じ種類の仕事や共通の利害を持った人々はすべて自分たちだけの厳密な意味での労働者組合に似た協同組合あるいは団体を形成する。
又自分たちの職業や環境によってそのような団体のどれにも属していない人も、
必要な場合に援助や保護を得るために多かれ少なかれ、かなりの金額を醵出してそこに加入している。

13 娯楽

両班であれ、常民であれ、朝鮮人は弓をいるのを好み、政府は立派な射手を育成する良い方法であるとして、奨励している。
毎年ある次期に都市や少し大きな村では、弓術大会を催して商品を出す。時には官吏たちも国庫から別に賞金を出す。

我々(註:フランス)の義玉と最も似ているものは、ある話について、ただ一人でつ吹け座間にあらゆる役柄を演じる語り物である。
たとえば、彼らの語りの中に、秋冷や鞭打たれる男、妻とケンカしている夫などが出てくるときは、彼らは秋冷の操縦で厳粛な声色を真似、
鞭打たれる人の嘆きと叫び、夫の怒鳴る声、妻の金切り声、こちらの笑い声、そちらのおかしな身振り、またある人の驚いた様子など、
全ての事をあらゆる愛嬌と洒落、諧謔、風刺で味付けして一人で次々に真似る。

これらの芸人はいつも多くの寓話本屋寓話集を読んで勉強しているが、しかし才能のあるものは、このように予め準備された筋書きには拘束されず、
それを巧妙に変えたり、互いに組み合わせたり、そのときの聴衆にふさわしい揶揄や暗示、冗談を即興的にさしはさむ。

530 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 00:46:20 ID:EQXm4Ryv
12 朝鮮人の性格

朝鮮人の大いなる美徳は、人類の同胞愛の法則を先天的に尊重し、しかも日々実践していることである。
相互扶助とすべての人に対する気前の良いもてないはこの国の国民性の顕著な特徴であり、優れた美点である。
これらの特性は、われわれ「現代文明の利己主義に犯された諸国民」(註:欧米人のこと)よりもずっと上位にある。

婚礼や葬儀のような人生の重要な事態に直面したとき、各人は直接利害の関わる家庭を助ける義務を負う。
各人はそれぞれの贈り物をし、自分にできる限りの力を尽くす。あるものは買出しを受け持ち、またあるものは葬儀の支度を受け持つ。
何も贈ることのできない貧しい人たちは遠近の村の住んでいる親戚に知らせに言ったり、昼夜立ちっぱなしで働いて、必要な雑役や連絡を無料で奉仕する。
それはまるで私的な行事ではなく、一義的で公的な事柄のように見える。ある家が火災や洪水その他の偶発事故で潰れたとき、近所の人々は家を再建するために、
あるもの廃止を、あるものは木材を、あるものは藁を、急いで持ち寄る。また物品以外にも、ニ・三日と労働力を提供する。

客のもてなしは、誰もみな最も神聖なことと看做している。知ってにせよ、知らずにせよ、食事と気に尋ねてきた人にもてなしをしないことは、
単なる恥であるばかりでなく、大きな過ちである。誰かの家で小さな祝い事や宴会があるときは、近所のものすべてが招待される。

訪問、夜会、招待、その他の普通の社交関係は非常に頻繁で、全く自由に行われている。人々は最近の宮廷やソウルのことを語り合い、
あれこれの名士が口にした洒落を繰り返したりする。また彼らは寓話や教訓談を諳んじ、学問や文学について語り合う。
特に夏になると学者間のこのような集まりが、小さなアカデミーを形成し、文芸批評の問題を論ずるために、一週間に3、4回集まって有名な文学作品の意味を深め、
さまざまな詩文を比較する。若者たちはしばしば終日野良仕事をした後、夜遅くまで読書に励む。

【文字数制限の関係で各章の順序がめちゃくちゃになった。失礼】

531 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 13:59:51 ID:FHg64Gfa
安倍晋三の祖父である岸信介は七三一部隊と親密な関係にあった。
ちょうど岸信介が満州国国務院実業部総務司長に就任した1936年(昭和11年)に
軍馬や家畜に対する細菌兵器の開発を担当しており、人体実験も行っていた
「軍獣防疫廠」が満州に設立されたのであった。1941年には、「満州第100部隊」と
改称された。 つまり、満州での人体実験や細菌兵器の開発は当時の総務司長であった
岸信介の許可なしには行われなかったのであり、七三一部隊を率いていた
石井四郎の背後で岸信介が実権を握っていたのである。

実は、岸信介がなぜA級戦犯として投獄されていながら、不起訴となったのか
理由を書いたものは一つも見当たらなかった。ウィキペディアの「岸信介」でも
「戦後の日本を「共産主義に対する防波堤」と位置づけ、旧体制側の人物を
復権させたため岸は戦犯不起訴となり、東条ら7名の処刑の翌日に釈放された。」
と書かれているが、処刑された東条英機は旧体制側の人物ではなかったのか?

TBSが、21日の「イブニングニュース」で放送した旧日本軍731部隊の特集の
冒頭部分に安倍晋三の写真が映って激怒した理由はここにあるのだ。つまり、
岸信介こそがアメリカに日本軍の人体実験および生体解剖によるデータを
売り渡した張本人だったということだ。だから、売国奴、岸信介は不起訴と
なったのある。

これらのことから、富田メモもTBSの「イブニングニュース」も本人が言っているように、
安倍にとっては政治生命を脅かされかねない報道だったということがわかる。
だから、突然靖国参拝しない発言をしたり、ほんの数秒間旧日本軍731部隊の
特集に安倍の写真が映っただけで異常反応したのだ。

532 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 14:24:37 ID:6J9WBTIm
これはひどい…
中国、自国企業保護強硬策?
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=80261&servcode=300§code=300

533 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 17:51:43 ID:2888b7h8


534 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 19:56:16 ID:dH3hI/8k
>>531
???
病院で診てもらえ

535 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 20:09:31 ID:ghx2rCvd
1946年 東トルキスタン共和国に侵攻 ・ 併合
1950年 朝鮮戦争に参戦
1951年 チベット国に侵攻 ・ 併合
1962年 インド、カシミール地方に侵攻 ・ 中印紛争
1964年 核実験に成功
1969年 ダマンスキー島事件 ・ 中ソ軍事衝突
1971年 尖閣諸島の領有権を突如主張
1974年 ベトナム領、パラセル諸島(西沙)に侵攻 ・ 占領
1979年 ベトナムに侵攻、2万人の戦死者を出して敗退
1989年 天安門事件
1992年 スプラトリー諸島(南沙)の領有を突如宣言、侵攻開始
1992年 尖閣諸島の領有を全人代で明記
1996年 台湾沖でミサイル演習、米空母2隻が出動
2003年4月 初島(深海探査艇基地)の海底電線破壊工作
2003年5月 沖ノ鳥島に特殊工作員20名が上陸 不審船は台湾漁船を偽装
2004年 攻撃型原潜、漢級が日本の領海を侵犯、海上警備行動発令
2005年 中国各地で反日暴動、大使館・日本料理店等を破壊
2005年 東シナ海でガス田盗掘開始
2005年 ネパールで毛沢東派によるテロ、政府に武器供与開始
2005年 日本領事館員の自殺は中国公安による脅迫と発覚

              
     ⊂二 ̄⌒\   隣人が一番嫌がることを控えめにするのが東洋人の伝統だ
       )\   ヽ    
      /__   )   ∧∧        ノ) 
     ////  /|.  / 支 \       / \ 
     / / / //\ \( `ハ´ )   _/ /^\)
    / / / (/   ヽ、        ⌒ ̄_/  
   ( ( (/      ノ      / ̄     

536 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 20:20:59 ID:uUH8L7wx
中国の公開銃殺
http://www.youtube.com/watch?v=Vetb5i3AoO0

537 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 20:36:30 ID:uUH8L7wx
中国共産党の正体
http://www.youtube.com/watch?v=6S7ZBkQF2RA&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=c294r1gjDdI&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=9gjvcYPBpLM&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=_TuMbehhQ-U&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=BN0FO3CHpgo&mode=related&search=

538 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 20:45:43 ID:uUH8L7wx
恐るべき中国
http://www.youtube.com/watch?v=WvOpS0vflNE&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=f8AvVdOP58A&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=fa70_w9EQU4&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=FOOKMw9fKKs&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=eJEp2Fz185g&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=TUJV6C5A14w&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=c_xjZiN2Sr0&mode=related&search=

539 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 20:58:30 ID:uUH8L7wx
中国の恐怖政治(法輪功学習者)
http://www.youtube.com/watch?v=IZFit_Ymgac&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=gAF33SzCb5g&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=C6BOsfYvDSs&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=VdpuR3MXEgk&mode=related&search=



540 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 21:53:27 ID:Vf8RyI0u
韓国は今日、「日帝三十六年」に対する歴史的歪曲をし、さまざまな批判を繰り返し
「民族独立館」までつくり「日帝の罪業」を展示し、後世に教え、いくら日本が謝罪
してもまた謝罪要求を繰り返し、ますます、「反日感情」を拡大させる一方である。
どう考えても不思議なのは、そうでありながらも、相変わらず日本に資本と先端技術
の移転を要望することである。不即不離の関係を保ちながら、恨みつらみばかりを
喚いていることは、だれが見ても意気地なし、情けないと思われても至極、当然で
あろう。
もし、本当に「反日感情」が共に天を戴かないほど強いものなら、別に日本文化の
侵入を完全にシャットアウトしなくともいいのではないだろうか。全国民がそれほ
ど蔑み、嘔吐するほどの軽薄な日本文化であるならば、音楽であろうと、映画であ
ろうと禁止する必要もなかろう。やはり、日本の経済力の強靭さに圧倒され、日本
経済と日本文化の優越性と拡散力を恐れているから、せめて、日本文化を全面禁止
せざるを得ないのでなかろうか。むしろ、そう考えるのが常識である。
中国は文化大革命当時、過度の伝統文化を破壊を行い、中国の今日の停滞と混乱を
もたらした。
韓国人は時代が変わればすべての前代の文化を徹底的に撲滅していくので、今日で
は世界的に見ても最も伝統文化の少ない国で、言語、服装までが中国かモンゴルの
コピーにすぎない。
前王朝の文化をあきれるほど容赦なく破壊してしまうことー「断絶の思想」を克服
できず、これからもまた繰り返していく限り「二十世紀は韓国人の時代」どころか、
IMFの管理さえ抜け出せないだろう。

               黄文雄 台湾国の評論家


541 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 22:04:00 ID:Vf8RyI0u
我が五千年の歴史はひと言でいって退嬰と粗雑と沈滞の連鎖史であった。
いつの時代に辺境を超え他を支配したことがあり、どこに海外の文物を
広く求めて民族社会の改革を試みたことがあり、統一天下の威勢でもって
民族国家の威勢を誇示したことがあり、特有の産業と文化で独自の自主性
を発揮したことがあっただろうか。いつも強大国に押され、盲目的に外来
文化に同化したり、原始的な産業のわくからただの一寸も出られなかった。
「われわれのもの」はハングルのほかにはっきりとしたものは何があるか。
我々はただ座してわらを編んでいただけではなかったか。
自らを弱者とみなし、他を強大国視する卑怯で事大的な思想、この宿弊、
この悪い遺産を拒否し抜本せずには自主や発展は期待することは出来ないで
あろう。
以上のように我が民族史を考察してみると情けないというほかない。全体的
に顧みるとただ唖然とするだけで真っ暗になるばかりである。
このあらゆる悪の倉庫のような我が歴史はむしろ燃やして然るべきである。

     「朴正熙選集」−我々は今何をいかになすべきか−  
  近代韓国の祖 「漢河の奇跡」の推進者 朴正熙 韓国大統領 (元大日本帝国少尉)



542 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 22:05:06 ID:Vf8RyI0u
朝鮮の王室と政府は腐敗堕落しきっており、、頑迷な朋党は、人民の財を略奪して
いる.その上、人民はあまりにも愚昧(愚か)である。これでは国家独立の資格はなく、
進んだ文明と経済力を持つ日本に統治させなければ、ロシアの植民地になるだろう。
伊藤博文総監の施策は、朝鮮人にとって有益で、人々は反対していない。

       アメリカ人の朝鮮外交顧問  ドーハム・スティーブンソン



543 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 22:13:01 ID:Vf8RyI0u
       「韓国独立運動の父」の血涙!!

 子孫は先祖を憎み、後進は先輩を怨み、我々民族の不幸の責任を己以外
 の誰かに転嫁しようとする。一体、なせ゜我々にできず、その上に他人
 のみを非難するのか?我々が独立できないのは「ああ、我々のせいだ!」
 と己の胸を叩いて悔いることができず、「あいつらのせいだ!あいつらは
 殺されてしかるべきだ!」と叫ぶだけで、どうして座り続けているのか!
 己こそ殺されてしかるべきだと、どうして悟れないのか!

         韓国独立運動の父 安昌弘  上海臨時政府での演説より



544 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 22:17:37 ID:Vf8RyI0u
韓国人の民族的気質

 「朝鮮人は正気を失うほど激しく怒る。自分の命などどうなっても構わない
ような状態になって、牙を剥き出した動物へと変身する。口から泡を吹いて、
まるで獣のような顔になるのだ。残念な事にこの怒りの衝動、自分を見失っ
てしまう癖は、男だけの専売特許ではない。朝鮮の女性も恐ろしいばかりの
ヒステリーを撒き散らす。朝鮮人は幼い頃から自分の気分を制御する事は躾
けられないようだ。子ども達も大人たちを見習って、気に入らなければそれ
こそ狂ったように駄々をこねるが、結局自分の意志を貫いて達成するか、
さもなければ長い時間をかけて沈静させる事で落ち着くのである」

      H・B・ハルバード 著書「朝鮮滅亡」


545 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 22:47:54 ID:Vf8RyI0u
   剣道、武士、忍者まで韓国発と世界にうそぶく理由は社会の隅々まで 
   日本化してしまいにっにもさっちもいかなくなった韓国の開き直りだった!

  韓国史で最も多忙だったこの十六年間は、日本社会の影響を集中的に受けた時代
 でもある。海一つ隔てた日本社会は常に模倣答案のようなもので、韓国人は猛烈
 にそれを書き写した。
 韓牛増産を目標に牛肉を輸入し、その利益を国内畜産業者に分けるというアイデア
 は、四年前の日本の牛増産策をそっくりまねたものであり、坪当たり八十万ウォン
 もするアパートの分譲価も日本のアパートの値段や不動産政策をそっくりまねたもので
 ある。それだけではない。テレビ番組、化粧品の種類や包装、ラーメン、ヤクルト
 地下商店街、正露丸、ゴキブリとり、ホテルとサウナ、流水プール、高校生の暴力
 新聞の編集とコラム等々。
 既に韓国化したものも真新しいものも、ほとんどが日本を媒介にしたものである。
 新開発の商品の品名や形に首をひねる必要はない。あまたの法令集の文章や専門
 用語に感嘆する必要もない。棒のように突っ立っていた歌手がある日突然激しい
 ゼスチャーとともに歌い始めたからといって驚くこともない。理由は簡単である。
 日本のそれをまねているのだ。
 癒着の範囲は人間に限らない。社会全体が、目に見えるものも、見えないものも日本の
 模倣で蔓延しているのだ。
 その結果、日本の絆から解放された韓国は、逆説的なことに日本の模倣社会に
 なってしまった。
      金時福「韓日関係の新たな転換期」 韓国日報 1981年8月14付





546 :名無しさんといっしょ:2006/09/27(水) 22:50:23 ID:Vf8RyI0u
韓国皇帝(日本の日清戦争の勝利の結果朝鮮は独立を得王国から帝国の地位を得る)
 はもちろん、当時の朝鮮人外交官、数少ない知識人や一般の土民まで日本に
 併合を哀願した当時の韓国人(朝鮮人)

           「韓日合邦を要求する声明書」

 「日本は日清戦争を通じて韓国を独立させ、日露戦争でロシアに食われかけ 
 ていた韓国を救ってくれた。それでも韓国はこれをありがたく思うどころ
 か、あの国にくっつき、この国にくっつきし、結局は外交権を奪われるこ
 とになったが、これは我々が自ら招いたことである。丁未条約を締結する
 ことになったのも、やはりハーグ事件をおこした我々に責任がある。 
 伊藤博文公が韓国国民を見守ってくれ、太子を導いて我々韓国のためにご
 苦労されたことは忘れられない。にもかかわらずハルピンの事件がおきて
 しまった以上、こんごいかなる危険が到来するのかわからない。これもまた
 韓国人自らそうしてしまったのである。(中略)
 それゆえ劣等国民として保護されるよりは、いっそ日本と合邦し大帝国をつく
 って世界の一等国民として日本人とまったく同じ待遇をうけながら暮らして
 みよう」

         1909年 12月4日  一進会(百万の朝鮮人会員)



547 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 00:20:34 ID:UAytjibr
中国で日本人の臓器移植手術を仲介する中国国際移植支援ネットワークセンター(遼寧省瀋陽市)は
三十日、今年末までの二年間に、日本人計百八人が腎臓、肝臓の移植手術を受けていたことを明らかにした。
日本国内のドナー(臓器提供者)不足が深刻なため、多くの重症患者が中国に渡航し、移植手術を受けている。
移植手術は北京、上海、瀋陽の有名病院で実施され、これまで腎臓が九十七人、肝臓が九人、腎臓・肝臓が
二人の計百八人が手術を受けた。諸費用は腎移植が六百万円台、肝移植が千三百万円ほどで、
米国などと比較するとはるかに安い費用で済むという。
ただ、中国人ドナーの95%は死刑囚とされ、倫理問題を指摘する専門家も多い。
国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは中国で昨年、約三千四百人の死刑が執行されたと発表。
これら死刑囚の臓器は移植手術に使われたとみられる。
中国では年間六千件の腎移植が実施されるが、移植が必要な患者は約五万人いるとされる。
金銭的に恵まれた日本など外国人患者の増加は、中国人患者の手術の妨げになるとの指摘もある。
 ◇
日本移植学会によると、国内での腎移植手術は昨年、過去最高の九百件が実施された。
このうち親子間などで行われる生体移植が七百二十七件と八割を占めている。
一方、透析を受けながら死体腎移植を希望し、登録している人は今年一月現在で約一万二千三百人もいる。
移植費用は三百五十万−四百万円で、健康保険が適用される。日本人が米国で腎移植を受けた場合は
およそ千六百万円かかるという。
ソース 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20051231/mng_____sya_____015.shtml


548 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 00:26:32 ID:UAytjibr
前:エリー君φ ★[] 投稿日:2006/09/24(日) 22:01:05 ID:???0 ?2BP(10)
★国連人権理事会:中国代表団、臓器狩り反論で規定破りの要求、会議一時中断

 【大紀元日本9月24日】国連人権理事会第二回会合が9月18日からジュネーブで開かれ、
 各特別調査官からの年次報告を受け、審議した。20日と21日の二日間にわたり拷問問題
 に関する報告と討論が行われ、中国で拷問が普遍的に存在し、法輪功学習者に対する臓
 器狩りの問題が俎上にあげられた。それに対し中国代表団は、規定時間より倍の発言時
 間を要求、議長に拒否されたが強硬に要求したため、会議が十数分間にわたり中断された。

 20日の拷問問題の報告では、特別調査官のマンフレッド・ノーワック氏が昨年11月21日か
 ら同年12月2日までの中国における調査結果を発表、中国では拷問が普遍的に存在、反
 体制者、法輪功メンバー、少数民族などに組織的に行われていると報告した。ノーワック
 氏は中国現地で人権状況調査を実行できた初めての国連調査官。

 翌21日、カナダ外務省太平洋局元局長のデービッド・キルガー氏が、生きている法輪功学
 習者を対象とした中国の臓器狩り問題を提出、それの調査結果を発表した。中国当局によ
 る法輪功への拷問・虐待の残酷さは、人間の想像を超えているとキルガー氏が指摘した。

 中国代表団は発言の際、規定時間の倍の6分間を強く要求した。それに対し、議長は「会議
 の規定は、すべての国に平等に対処することであり、任意に変更することができない」と拒否
 、会議の進行をみて、会議が終了する前に中国代表にさらに2分間の発言時間を与えること
 は可能と説明した。しかし、中国代表団は議長の説明に納得せず、6分間の発言時間を強硬
 に要求し続けた。結局、十数分間の交渉を行った末、議長が会議を5分間中断すると決定。

(つづく)

http://www.epochtimes.jp/jp/2006/09/html/d29284.html

549 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 06:22:05 ID:dtkyA4w3
安倍首相が所信表明で引用するであろうアインシュタインの日本観

「近代、日本の発達ほど、世界を驚かしたものはない。この驚異的
発展には他の国と異なる何ものかがなくてはならぬ。果たせるかな、
この国、3千年の歴史がそれであった。この永い歴史を通じて、一
系の天皇を戴いたという比類なき国体を有することが、日本をして
今日あらしめたのである。私はいつも世界上のどこか一カ所位、こ
のような尊い国がなくてはならぬと考えていた。何故なら世界の未
来は進むだけ進み、その間幾度びも争いは繰り返され、最後に戦に
疲れる時が来る。その時人類は必ず誠の平和を求めて世界的盟主を
あげねばならぬ時がくる。この世界盟主なるものは、武力や金の力
ではなく、凡ゆる国の歴史を抜き越えた最も古く又尊い家柄でなく
てはならぬ。世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る。それは
アジアの高峰日本に立ち戻らねばならぬ。吾々は神に感謝する。天
が吾々に日本という尊い国を作って置いてくれた事を」

 アインシュタイン 大正11年(1922)初来日の時に残した言葉〜
 相対性理論などで二度ノーベル賞を受賞した二十世紀最大の天才物理学者
 ユダヤ人
 ※相対性理論はアインシュタインの妻の理論との説あり


550 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 06:27:33 ID:dtkyA4w3
次いで死刑の執行を見た。囚人は足を縛られ、腕は両脇にしばられ少しも身動き
できぬようになっていた。囚人の脚の内側に棒を挟んで、執行人たちは自分の体
重のすべてを棒の片端にかけた。囚人が続けざまに吐き出す声は聞いていて実
に凄絶なものだった。脚の骨が砕けつぶれる音が聞こえると同時に、その痛さを
表現する声さえもはやないかのように、囚人の凄絶な悲鳴も止まった。

気絶した囚人はややあって意識を取り戻した。力なく首を左右にゆすりながらうめき
声を出し、その場に身を横たえている。執行人らは囚人の腕の骨と肋骨を次々と
折ってから、最後に絹紐を使って首を締めて殺し、その死体をどこえやら引き摺って
いった。  (略)
           
こんな状況がまだこの地球の片隅に残されていることは、人間そのものへの挑戦
である。とりわけ私たちキリスト教徒がいっそう恥じるべきは、異教徒の日本人が
朝鮮を手中にすれば真っ先にこのような拷問を廃するだろうと云う事だ。   

     グレブスト「悲劇の朝鮮」 スウェーデンのジャーナリスト





551 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 06:42:22 ID:dtkyA4w3
   韓国史学の世界的権威、ブルース・カミング氏(シカゴ大学教授)によれば
   日本の朝鮮経営は、植民地で産業化を逆行させ、農業社会に退行させた英国
   のインド経営と比較した場合、極めて対照的だったという。1930代から
   朝鮮半島に入った興南の窒素肥料工場、水豊の水力発電所、鎮南浦の工業団地
   などは当時の基準からみて世界的に最高水準の施設であった。

          金完燮 韓国の評論家  ソウル大学物理学科卒
          韓国当局の言論弾圧にあい訴追される




552 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 06:44:48 ID:dtkyA4w3
  韓国の学生は幼い頃から10数年間、真実とはかけ離れた歴史を教え込まれ、
 根拠のない自負心を抱き日本に対してねじれた知識と感情をもつようになる。
 かくいう私も、今回韓日本史に関する著書を出すまで、学校で教えられた歴史
 を信じてきた一国民だった。(中略)
 今でも韓国人に憎まれ続ける伊藤博文だが、彼こそ教育事業に多大な関心を寄せた
 指導者だった。(中略)その結果、1940年代には(朝鮮半島)全国に1000
 を越える各種学校ができていた。(中略)
 しかし、多くの多くの文献から歴史的事実を学んだ私は、日本が明治維新以後、
 他のアジア諸国にはできなかった偉業を成し遂げ、日本のみならず、人類の歴史
 にも多大な貢献をした国であることを知っている。

       金完燮 「親日派のための弁明」の著者
            韓国で青少年への有害図書として言論弾圧された本


553 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 12:06:55 ID:TNVoz+en
テレビ朝日が所得隠し
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1159410837/

554 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 12:30:21 ID:wLWdLpfJ
  労組の機関誌で左翼一色に洗脳されているNHK職員に告ぐ。こういう歴史認識
  も「戦争もの」に入れるのが「日本の公共放送」「公平な報道」ではないのか

 「ベルサイユ講和会議で、日本は五大国の一員として席に着いた。日本はアジア問題
代弁者だった。他のアジア諸国は、日本をアジアの「先頭馬」として認め、その提案
に耳を傾けた。白人人種にできることは日本人にもできる。人間は肌の色で異なるが
知能に違いはない。アジアには強い日本があるから、白人人種はアジアのいかなる人種
も見下すことはできない。日本の台頭は大和民族に権威をもたらしただけではなく、
アジア全民族の地位を高めた」

           中国革命の父 孫文 「三民主義」より


555 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 14:09:59 ID:2Co5licw
★難病女児の募金に批判 ネット掲示板
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060928-00000015-san-soci

★女児の難病移植募金めぐり2ちゃんで「祭り」
・重い心臓病に侵された4歳女児の救済募金をめぐり、巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」が
 連日、「祭り」となっている。女児を救おうと両親と有志が手術に必要な1億3600万円を目標に
 募金活動を始めたが、サイト上では募金呼びかけの内容に疑問を投げかける声が相次ぎ、
 さらに別の難病患者の募金活動でも経緯や収支に不透明さがあったとの書き込みも。
 「巣食う会」との揶揄も飛び出すなど、善意も大金が絡むと思わぬ火の手が挙がるようで…。

 話題となっているのは東京都三鷹市に住む「特発性拘束型心筋症」の上田さくらちゃん(4)への
 救済募金。さくらちゃんは心臓の筋肉が硬化し心室の拡張機能が次第に低下する難病を発症、
 渡米しての心臓移植しかない状況に置かれているという。こうしたなか、職場の有志らが「さくら
 ちゃんを救う会」を発足、募金活動をスタート。9月21日には都庁で会見し、移植手術費や
 渡航費、滞在費など計1億3600万円を目標とする募金を訴えた。

 この募金呼びかけの内容が、2ちゃんなどネット上で問題となった。さくらちゃんの父親は
 NHKの制作現場で働いているが、職場では旧姓を使用しているため誤解を呼び、「隠蔽」と
 糾弾された。また大物アーティストがチャリティコンサートを開いたり、著名な漫画家も募金を
 呼びかける“恵まれた環境”もあってか、自宅の登記内容などが公開され、「自分の金が
 惜しいのか」「本名を隠して募金活動をするのは不快」などの書き込みもあった。
 過去の難病募金も矛先に。余命わずかとして救済募金を展開したものの目標金額を達成しても
 なかなか手術しなかったケースや、募金の使途が不明朗なケース、さらに手術後も募金を
 続けたり、余剰金を別の難病患者に寄付しては−との申し出が無視されているケースなどを
 列挙。「子供に罪はないが、不可解な会計処理などを見ると難病救済のための募金活動では
 なく『死ぬ死ぬ詐欺』ではないか」との皮肉な雰囲気がネット上では支配的だ。

556 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 14:17:40 ID:2Co5licw
朝日新聞の「植村隆」と「本多勝一」って・・
http://www.youtube.com/watch?v=EoAmItpLGuE ←★ここ注目!

靖国問題に火を付けたのは報ステの加藤千洋だった!
http://www.youtube.com/watch?v=KT-Dj8agc4Y

日韓基本条約の解説 1〜3
http://www.youtube.com/watch?v=HotuV_KlLjA
http://www.youtube.com/watch?v=X_9XjKDzkMY
http://www.youtube.com/watch?v=NHENBDx6860 ←★ここ注目!

実際に南京に行った方の証言1〜2
http://www.youtube.com/watch?v=PLBLDqLU0TU
http://www.youtube.com/watch?v=fZAoxtcUUlc

◆反日の構造          
ttp://nekozemax.hp.infoseek.co.jp/ouka.html
◆大和                                      
ttp://f45.aaa.livedoor.jp/~crazy/yamato/yamato1.htm     
ttp://f45.aaa.livedoor.jp/~crazy/yamato/yamato2.htm      
ttp://f45.aaa.livedoor.jp/~crazy/yamato/yamato3.htm
◆だからこそ守るべきものがある                
ttp://nekozemax.hp.infoseek.co.jp/dakara.html               
◆中国人に告ぐ!                          
ttp://www13.ocn.ne.jp/~autofilm/you.chinese.html        
◆憂国の士、決して、世の中を希薄にしてはいけない   
ttp://www13.ocn.ne.jp/~autofilm/MyPage/menu0.html     
◆アサピーフラッシュ倉庫
ttp://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/6487/

557 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 17:38:44 ID:wLWdLpfJ

   韓国人よ!靖国参拝をなじる前に自民族の事大主義を恥じよ!

  正義人道の仮面を被り、摂取と陰謀をほしいままにしている世界の放火魔、
 世界一の偽善君子、アメリカ合衆国大統領ルーズベルト君。君は口を開けば
 人道を唱えるが、パリ講和会議の序文に、(日本人が)人種差別撤廃文案を
 挿入しようとしたとき、これに反対し、削除したのはどこの国であり、黒人と
 東洋人を差別待遇して同じ席にもつかせず、アフリカ大陸で奴隷狩りをあたかも
 野獣狩りをするが如くしたのはどこの国のものであったか。・・・
 しかし、君等の悪運は最早尽きた。一億同胞なかんずく朝鮮半島の二千四百万
 は渾然一体となって大東亜の聖戦の勇士とならなことを誓っている。
           韓国の詩人 朱耀翰 (戦後韓国国会議員)

 「祖父の代から受け継いできた黄色人種の積憤をいまこそ晴らさなければ
 ならない。一度、決戦する以上、、帝国行路のがんである敵性国家を粉砕し
 新東亜建設に邁進しなければならない。」    
     申興雨 昭和十六年十二月十日 ソウルでの決戦報告大講演会

 「米英の圧迫と屈辱から東亜民族の解放を叫ぶ決戦を開始したのである。
 いまや東亜民族は圧迫と摂取を受けて骨しか残っていないが、今やその骨
 で断固として決起し、仇敵米英を打倒しなければならない。」
               張徳秀 普成専門学校教授

   「貧欲の牙城、白人帝国主義の張本人英米をいまこそ撃滅せずには、我等
 の子孫の発展を望むことはできない。」
                李成煥 朝鮮農民運動の指導者






558 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 17:42:32 ID:wLWdLpfJ
  NHKよ、韓国のどこに「文化」があるのか。日本固有の文化
  は日本人が二千年かけて連綿として残した「宝」であり世界に誇る
  固有の文化である。
  それを簡単に横取りする韓国に「公共放送」が加担してそれが
  「公共の福祉」というNHKの存在目的に沿うのか?

 「我々にはハングルのほか何があるのか。
 我々は海外進出は念頭におかず、せいぜい座ってなわを編んでいただけ
ではなかったか。高麗磁器などがやっと民族文化として残っているのみである。
それも、かろうじて両斑たちの趣味にとどまっているだけであった。しかし、
それも、途中から命脈が切れたのだから嘆かわしいことである」


 「漢河の奇跡」の立役者  韓国大統領  朴正熙 (元大日本帝国陸軍将校)
          「我々は今何をいかになすべきか」より


559 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 17:43:47 ID:wLWdLpfJ
  わが国の歴史は極端にいうと、同族殺し合いの歴史でした。三韓時代がそうであ
 り、三国時代もそうであり、朝鮮王朝時代における党争も法治の枠を超えたもの
 でした。いつも不安な政情だったのです。誰もが自分を陥れる投書を一通投げこ
 めば、破滅です。どこでだれが自分を陥れるために剣を磨いているか分からない。
 枕を高くして眠ることもできないのです。/日本社会でも上下の階級はあったが
 彼らは下人を使う前に下人の生活は徹底保障してやりました。しかし、わが国で
 は、とくに朝鮮王朝時代には、両斑が常民を保障するどころか、収奪していました。
 壬申倭乱(豊臣秀吉公の朝鮮征伐)のとき、倭の側についた叛徒が大変な数にのぼった
 といいますね。王が避難するや叛徒が王城に火をつけ、はなはだしくは王をつかまえ
 て倭将(加藤清正公)に差し出し、地方官を鞭打って敵陣に引っ張っていった例もありました。/
 解放後の事情にしても、恒心がもてないようになっているじやないですか。強要し
 なければ、互いに共同など思いもよらないのが、今日の現実でしょう。

               「月刊朝鮮」1982年8月号



560 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 17:45:26 ID:wLWdLpfJ
>>559
      加藤清正公に感謝状を贈った朝鮮王子たち!!

(朝鮮成敗で活躍した)加藤清正が北朝鮮の会寧にまで攻め上ったとき、
二人の朝鮮の王子を捕らえたが、礼を尽くして処遇した。
 翌文禄二年、講和談判が開かれるに及んで、秀吉の命令で、両王子を釜山
から首都・京城まで護衛(家臣・九鬼四郎兵衛)をつけて送り還した。両王子
は帰還するにあたって感謝状を清正に贈った。
 この書状は今も紀州徳川家に残っている。清正の娘が徳川頼宣の夫人となった
縁故から同家に伝えられたものである。それを要約すれば次の通りである。
 <壬辰元年七月二十四日に捕らえられてから礼遇され、厚い保護を受け、
 衣服糧食を与えられ、至れり尽くせりの待遇を受けた。このたび関白(秀吉公)
 殿下に上申して釜山から京城まで送り還された。その慈悲は仏のごとくである。
 もし一行のものがこのことを忘れ、後日、日本及び清正公に対し、僅かでも背く
 ようなことがあったら、人情を弁えぬ者であって、天地の神々もこれを知って
 いるであろう。>
 両王子は京城まで送り届けてくれた九鬼四郎兵衛にも感謝状を送り、その厚遇の
恩は永久に忘れない、と述べている。 
 このほか清正は両王子を一時、鍋島直茂に預けておいたことがある。そのため鍋島
氏の歓待を謝した書状が二通、鍋島家にも伝えられている。「神伝慈悲の道を貴官の中
に見る」という文言さえある。

              「日韓2000年の真実」名越二荒之助 編著
               (日本図書館協会選定図書)



561 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 18:26:20 ID:2Co5licw
さて、テレビ朝日が叩きまくったNHKの裏金問題では、
NHKの会長が辞任した訳だが

当然テレビ朝日の社長も責任とるよな


562 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 18:59:10 ID:wLWdLpfJ
 「日韓双方がその領有権を主張する竹島問題」と言って
  韓国を益するNHKよ、領土は日本国民共有の財産である。
 「NHKは日本国民の生命財産を守ります」と言うのであれば
 「韓国に侵略武力不法占拠されている日本固有の領土竹島」と言う
  義務があるはずだ!

    竹島はいうまでもなく、鬱陵島(ウルルン島)も日本の領土である!

 もともと、日本と韓国(朝鮮)の領土争いは竹島よりはるかに韓国側に位置する
 鬱陵島を巡って行われてきました。韓国は李朝初期より明治維新に至る四百五十年
 間、鬱陵島を空島とする政策をとっていたため、鬱陵島より遠くにある竹島へ朝鮮人
 がたどり着くことは困難でした。日本側は慶長年間以前から多くの漁民が竹島を経由
 し鬱陵島まで進出し、漁業を営んでいました。元和四年(1618)には米子の大谷
 甚吉、村川市兵衛が正式に江戸幕府の許可を得て、あわび、アシカの漁猟、せき木、
 桐等の木材伐採を行っています。
  元禄年間になると朝鮮人も鬱陵島へ渡航し始めたため、元禄六年、(1693)
 日本側は鬱陵島で朝鮮人安龍福らを捕らえて、宗対馬守を通じ朝鮮政府に引渡しま
 した。対馬守は、鬱陵島に対する朝鮮漁民の侵入を禁じる旨を伝え、朝鮮側は安龍福
 らを処罰することを日本側に伝えています。

         「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著より
          日本図書館協会選定図書
  


563 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 21:30:48 ID:kR2Ykpjb
安倍首相が所信表明で引用するであろうアインシュタインの日本観

「近代、日本の発達ほど、世界を驚かしたものはない。この驚異的
発展には他の国と異なる何ものかがなくてはならぬ。果たせるかな、
この国、3千年の歴史がそれであった。この永い歴史を通じて、一
系の天皇を戴いたという比類なき国体を有することが、日本をして
今日あらしめたのである。私はいつも世界上のどこか一カ所位、こ
のような尊い国がなくてはならぬと考えていた。何故なら世界の未
来は進むだけ進み、その間幾度びも争いは繰り返され、最後に戦に
疲れる時が来る。その時人類は必ず誠の平和を求めて世界的盟主を
あげねばならぬ時がくる。この世界盟主なるものは、武力や金の力
ではなく、凡ゆる国の歴史を抜き越えた最も古く又尊い家柄でなく
てはならぬ。世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る。それは
アジアの高峰日本に立ち戻らねばならぬ。吾々は神に感謝する。天
が吾々に日本という尊い国を作って置いてくれた事を」

 アインシュタイン 大正11年(1922)初来日の時に残した言葉〜
 相対性理論などで二度ノーベル賞を受賞した二十世紀最大の天才物理学者
 ユダヤ人
 ※相対性理論はアインシュタインの妻の理論との説あり

吉田松陰先生の「親思う心に勝る親心・・・」親を大事にする心
それ以上子供を大事にする親心日本人が連綿として持っていた親子の絆の構築を
教育の基本骨格にお願いします。

564 :名無しさんといっしょ:2006/09/28(木) 23:57:03 ID:aT4NqF6O
>>563それは有名な偽書ですよ。アインシュタインがそのような発言をした事実はありません。

565 :名無しさんといっしょ:2006/09/29(金) 11:27:50 ID:v0s8kEB7
>>564
★安倍首相が演説でアインシュタインを引用

・「日本人が持っていた謙虚さと質素さ、純粋で静かな心を忘れずにいてほしい」−。
 安倍晋三首相は29日の所信表明演説で、20世紀を代表する物理学者アインシュタインの
 言葉を引用し「日本人の美徳を保ちながら活力に満ちた国にすることは十分可能だ」と訴えた。

 この言葉はアインシュタインが1922年に来日した際、日本の雑誌に寄せたエッセーの
 一節。安倍首相が掲げる「美しい国」に結び付く言葉や逸話を紹介しようと首相周辺が
 リストアップした複数の案の中から、安倍首相自らが選んだという。

 下村博文官房副長官は「当時の日本人のプラスイメージを取り戻すことが『美しい国』を
 つくることになる」と趣旨を説明する。

 http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20060929-96926.html

566 :名無しさんといっしょ:2006/09/29(金) 12:49:54 ID:U+qKU5mL
>>565あちゃー。こりゃ痛すぎる。所信表明演説で偽書を引用とは。http://www.yorozubp.com/0511/051109.htm

567 :名無しさんといっしょ:2006/09/29(金) 12:56:12 ID:U+qKU5mL
アインシュタインの予言
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E4%BA%88%E8%A8%80
2006年に東京大学の中澤英雄(ドイツ文学教授)が発表したところによれば、A・アインシュタインがこのように発言した例は無く、都市伝説もしくは偽書の一種であると考えられる。

568 :名無しさんといっしょ:2006/09/29(金) 13:20:29 ID:v0s8kEB7
>>566
これ学説だろ・・・

569 :名無しさんといっしょ:2006/09/29(金) 16:17:45 ID:VMk9SjYV
◇BBCトップニュース、中国臓器売買現場に潜入取材

(画像)
http://www.epochtimes.jp/jp/2006/09/img/m79014.jpg

【大紀元日本9月29日】
 英国BBCテレビ放送局は、9月27日夜のニュース番組でトップニュースとして、中国臓器売買の
現状を報道した。
 駐北京BBC記者が、一般人を装い潜入取材を敢行、天津にある臓器移植病院を訪ね調査を行った。
中共当局は臓器売買禁止法を施行したが、死刑囚の臓器売買はいまだに盛んに行われていることが
今回の調査で分かった。

 この報道はBBCラジオ放送およびBBCニュース中国語版インターネットでも、トップとして報道された。
報道によると、記者は、父親が肝臓移植を必要としている一般人を装い、天津市第一センター病院を
訪れた。病院側から、適合する肝臓の手配は約3週間を要するとし、肝臓移植に掛かる全費用は
約 94,400米ドル(約1100万)で、臓器の出所は死刑囚であるとの説明を受けた。

 日本人ブローカーと思われる男性も登場し、日本語でインタビューに答え、死刑囚の臓器を
再利用することは、社会貢献であり、良いことであるとの見解を示した。
 この男性は、死刑囚を処決する時期は10月1日の国慶節の前がピークであるため、病院側は
提供臓器の過剰現象まで現れたと示唆した。また、死刑囚の臓器は通常外国患者へ販売しているという。

 中国は処刑される死刑囚数が世界でもっとも多い国である。アムネスティ・インターナショナルの
報告によると、2005年に中国で処刑された死刑囚数は少なくとも1770人であった。
しかし、実際はこの数字より上回っている可能性が高いという。

 今年の3月、中共外交部は死刑囚の臓器を臓器移植に使用されることは稀であるとしながら、
事実を認めた。
 中共外交部のスポークスマン秦剛氏は、死刑囚より臓器提供の同意を事前に得ているとし、
強いられたことではないと強調した。しかし、死刑囚が志願であるか強いられたかについて、
外界の者には知るよしもないのが現状だ。

570 :名無しさんといっしょ:2006/09/29(金) 16:18:54 ID:VMk9SjYV
 情報筋によると、天津市第一センター病院は、昨年1年間で600例の肝臓移植手術が行われた。
中共当局は今年の7月より臓器売買を禁止したが、実際に臓器売買は盛んに行われており、
臓器移植は中国では巨大産業と化している。

ソース:大紀元時報
http://www.epochtimes.jp/jp/2006/09/html/d71100.html

※参考:BBC
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/5386720.stm


571 :名無しさんといっしょ:2006/09/29(金) 16:58:42 ID:VMk9SjYV
【韓国】 大韓帝国皇室復活 [09/29]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1159515893/

572 :名無しさんといっしょ:2006/09/29(金) 19:30:52 ID:rk8FsTKS
神々しすぎる
http://zaraba.qp.land.to/up/src/1159525716375.jpg

573 :名無しさんといっしょ:2006/09/29(金) 21:29:21 ID:w7sVagLl
【韓国】大韓帝国皇室が復活★6〔09/29〕
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1159532393/

574 :名無しさんといっしょ:2006/09/29(金) 21:55:01 ID:1GKr+CBK
【韓中】 「私は日帝占領時に密かに中国に逃れた朝鮮最後の国王の子孫」70代中国人主張[08/18]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1155912631/

70才代の中国人主張「DNA検査を通じて血統確認が最後の願い」
専門家たち 「決定的立証資料なくて確認不可能」
(北京=聨合ニュース)中国の70代老人が自分の先祖は「朝鮮の最後の国王」と主張し、DNA検
査を行って血統確認を望んでいることが17日伝わり関心を集めている。
話題の主人公は中国中西部陝西省西安で暮している今年71歳の段志民さん。14日に急性心筋梗塞
で入院中の段さんは陝西現地新聞、華商報の記者に「祖父が教えてくれたところでは、私の先祖が朝
鮮の最後の国王で私はその5代目の子孫です」と言った。
病床に横になって酸素呼吸器を鼻にさし点滴注射を打っていた段さんは記者に自分を含む家族の秘史
を聞かせた後、DNA検査をすれば自分の家族の身分を確認することができるはずだと言いながら
「もし私が死んでも、髪の毛を今年残せば、これからでもそれが可能だろうか...」と言って言葉
を続けることができなかった。
戸籍上では河北省豊潤県朱荘子村の人である段さんは、幼い頃から祖父から普通ではない過去の事を
聞かされてきた。それによると「先祖は朝鮮王朝の最後の国王だ。清国末、日本が朝鮮を占領した。
朝鮮王室は家門が全滅することを恐れ、王室の血統を保存するために一部の大臣たちの計画によって
直系皇太子夫婦とその息子である王孫夫婦を商人に偽装させて密かに中国に逃がした。朱荘子村に定
着した人々はこの時から名前を変えて隠れて暮した。この皇太子夫婦が段さんの高祖だ。彼の家族は
このような家族史を外部に一切漏らさないまま、家族内部でだけ隠密に伝えてきた。

(後略)

ソース:聨合ニュース(韓国語)<「私は朝鮮最後の国王の子孫」>
http://www.yonhapnews.co.kr/news/20060818/030000000020060818093432K7.html
写真:http://photo.hankooki.com/gisaphoto/inews/2006/08/18/0818130110729.jpg

575 :名無しさんといっしょ:2006/09/29(金) 23:15:55 ID:Pl5MGNon
中国や韓国が欧米で情報工作を行って様々な反日情報を発信しているが、
これに対抗する一番良い方法はNHKを国営化してNHKの組織力を使って
欧米に正しい日本の情報を伝えることなんじゃなかろうかと思う。

もちろんNHKの中にいる反日サヨク社員はクビにして。
情報戦に弱い日本はNHKを国営化して外交交渉の武器にするべきだ。
今の反日放送局の状態でいるよりそのほうがよっぽど良い。

576 :名無しさんといっしょ:2006/09/30(土) 09:28:41 ID:9eCfEJL7
【竹島】 独島本部「日本で勉強した韓国人専門家、日帝精神身につけ独島問題混乱させる主犯」[09/27]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1159449567/

577 :名無しさんといっしょ:2006/09/30(土) 10:36:27 ID:0UPtjYJB
   百済(今の韓国の一部)に救援軍をさしのべた天智天皇の遺徳

 現在、韓国の国定歴史教科書には、新羅軍が唐軍と連合して百済を攻撃し、滅亡
し、滅亡させたことは特筆していますが、日本軍が(海を渡り)救援に出かけたこと
は触れていません。また、百済の亡命者が大量に日本に赴いた記述もなく、それら百済
の政治亡命者を日本が暖かく受け入れたことも触れていません。こうした日本の役割が
無視されていることは残念でなりません。
 さらに現在、靖国神社には大東亜戦争中、日本軍人として戦った朝鮮の戦死者二万一千余
が合祀されています。私は靖国神社に参拝した時、異民族でありながら日本のために戦死し
た人々の事を忘れたことはありません。だとすれば、白村江の戦いの時、負けたとはいえ
百済のために戦死した多くの日本兵を韓国側も「忠霊祠」に合祠したらどうでしょうか。
毎年繰り返される慰霊祭には、日本の神職や僧侶を招いて慰霊の行事を共済したら如何でしょうか。
 いま、扶余の郡庁前に階伯将軍の巨大な銅像が建ち、また、別の場所には当時の敵将だった
金庚信将軍の銅像も建っております。さらには仁川には朝鮮動乱の時、国連軍を指揮して上陸
作戦に成功したマッカーサー元帥の銅像もたっております。だとするならば、白村江に、百済
を救援しようとした天智天皇の銅像を建てたらどうでしょうか。 
 韓国が日本の立場を理解し、大らかな立場に立てば、日本も韓国を尊敬し、日韓の友好は更に
増すように思われてならないのです。

       「日韓2000年の真実」 名越二荒之助 編著
       (日本図書館協会選定図書)


578 :名無しさんといっしょ:2006/09/30(土) 10:37:44 ID:0UPtjYJB
       古代より韓国を助けてきた日本
  
たしかに百済は敗れました。しかし、百済の魂は滅びなかったのです。
再興を志して遺臣軍の指導者であった鬼室福信(中国名に改姓する前の
朝鮮人氏名は日本名に近い)が起ちあがりました。彼は百済再興のために
日本の救援と、在日していた百済の皇太子、余豊璋の帰国を要請してきま
した。
 余豊璋は義慈王の子で欽明天皇の三年、義慈王の命令で渡来し、在日32
年に及んでいました。福信らは王子を戴いて、百済の再興を志したのです。
 斉明天皇は神功皇后以来の長い関係に鑑み、福信らの要請を無視できません
でした。老齢を押して救援を決意され、筑紫(福岡県)まで動座されながら
そこで陣歿されました。時に68歳でした。
 皇太子であった中大兄皇子は、天皇崩御の翌年(662年)5月、豊璋に
最も高い織冠の位を与え、在日していた百済人をはじめ  五千の兵をつけて
百済に送りました。福信は感激して、泣いて感謝したということが「日本書紀」
に出ています。
 そして翌年の3月には上毛野君雅子ら兵二万七千の救援をさし向けました。
朝鮮の史書「三国史記」には、「倭船百艘」とあります。日本は文字通り国家
の総力を挙げて百済援軍にたちあがったのです。その頃日本と百済の間が、
いかに親密であったかが判ります。

        「日韓2000年の真実」名越二荒之助 編著
         (日本図書館連盟選定図書)


579 :名無しさんといっしょ:2006/09/30(土) 10:39:14 ID:0UPtjYJB
        シナの属国の中では沖縄よりも低い地位だった朝鮮!

 そもそも、中国の属邦の中でも朝鮮の地位は最も低く、下国のなかの下国であった。
 天朝の朝賀の席では、千官が赤色の礼服を着ていたのに対し、朝鮮の使臣だけは異色
 の丸首の衣である。
 また、琉球の使臣は籠に乗って宮廷に入るのに対し、朝鮮の使臣は籠に乗ることを禁じ
 られていたこと、「渓陰漫筆」に書かれている。そして、李朝時代の臣民は琉球以下の
 扱いを受けたと嘆いている。

        「韓国は日本人が作った」 黄文雄 徳間書店


580 :名無しさんといっしょ:2006/09/30(土) 10:45:05 ID:0UPtjYJB
    併合前後の韓国人は日本人に「土民」と呼ばれていた!!
    
    (大正デモクラシーの旗手、吉野作造の見た朝鮮半島)



異民族の統治は、「威圧」だけで成功するものでないことは固より言うを俟たない。
幸いにして朝鮮政府(朝鮮総督府、もちろん日本の統治機構)は、一方に於いて国家
の威厳を示して居りながら、他方に於いて土民に近代文明の恩沢に浴するの機会を与え
殊に昔の李朝時代に見なかったいろいろの生活上の便宜を供して居る。殖産興業もだん
だん盛んになって居る。交通機関も開けた。殊に道路はどんな田舎に行っても今や立派
に造られて居る。病院も設けられた。その上朝鮮総督府は朝鮮民族の精神的満足並びに
その開発を計る事を怠って居ない。社会公共の秩序は立派に維持されて居る。権利の保障
には土民と内地人(日本人)との区別を立てぬ。比較的公平なる裁判は土民を満足せしめ
て居るようだ。
某朝鮮人は予に、「自分の父祖の代までは、その蓄積せる財産に眼をつけられて故なくして
府の長官から捕縛され、その度毎に多額の身代金を取られたものだが、かくの如き不当の
侵害は今日は全くなくなった。これ全く日本の統治以来のことだ」と言った。
殊に現在の総監寺内伯は、正義の観念の極めて強烈な人で、道に合わないことは秋毫の微と
いえどもこれを仮借しない。しかも、この点について伯は決して土民と内地人とを別たない
といわれて居る。この点は朝鮮人は皆、伯を徳として居るようだ。
かく一方には国家の威力を示し、他方に於いては土民に物質上の満足と及びその発達の機会
を与えて居るのだから、朝鮮民族の同化は十分出来ないまでも、その統治の事業に於いては
決してまごつく訳はない筈である。

        民本主義の提唱者 吉野作造 (大正五年満州と朝鮮半島を視察)



581 :名無しさんといっしょ:2006/09/30(土) 10:46:43 ID:0UPtjYJB
   伊藤博文公が韓国の自堕落官僚たちに与えた名訓示!
 
 「日清戦争後間もなく、ロシアが手を韓国にのばすや、韓国はそれを
 とがめぬばかりか、韓国独立のために謀る日本を嫌厭した。韓国は自国
 の独立の為には、不利なことは判りながらロシアに追従したではないか。
 日清の役から日露の役に至る十年間、韓国は奮って、独立の要素を滋養
 しなければならなかった時期であったにもかかわらず、これを顧みず、
 或いは右に傾き、或いは左に傾いて、その為ついに、日本が韓国のために
 ロシアと戦わねばならなくした。故に今日、日本が韓国の外交権を掌中に
 収めたのは、当然のことである。
 何故ならば、これを依然として、韓国人の手中に収めて置くとするならば
 韓国は何時までも、列強の競争場となり、日本のために極めて危険だから
 である。
 然るに韓国人は、今日にいたっても尚、外交権を回復するだけの実力を養う
 努力をしようとせず、しきりに、他国の援助によって、これを日本から取り
 去ろうとしているようである。けれども、どんな国にせよ、他国のために自国
 の財力と国民の生命を供するものではない。およそ、国家は、自ら独立する
 要素なくて、単に、他国に寄りかかっているだけで、立っていけるものでは
 ない。今日のままで進むとすれば、韓国を亡ぼすものは、他国ではなく、韓国
 自身ではなかろうか。
 故に諸君は反転表裏なく、専心一意、韓国のために謀らなければならない。
 日本は諸君を助けて、韓国を独立させるよう尽力しつつある。然るに韓国人は
 日露戦争のような大激戦を目撃しながら、尚、覚醒しないのは何事であろうか。
 そうだ。韓国を亡ぼすのは日本人ではなくて、内外の形成を察せず、無謀軽挙
 を事とする韓国人である。
 自分は韓国の改革に絶望した事もしばしばである。然しながら、韓国の形勢に
 顧みて、忍耐して従来の方針を改めないる国は自ら立たなくてはならない。
 今日のように進むならば、韓国はもはや、自滅の外ない。」



502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)