5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

父親たちの星条旗vs硫黄島からの手紙

1 :名無シネマさん:2006/12/09(土) 11:06:52 ID:lBWeCjgW
どっちのほうが完成度高い?

2 :名無シネマさん:2006/12/09(土) 11:14:48 ID:adDwhRQJ
マジレスすると手紙

3 :名無シネマさん:2006/12/09(土) 11:37:10 ID:1WBfHutt
何でも比較でしか語れないっていうのもアレだな。

4 :名無シネマさん:2006/12/09(土) 11:57:03 ID:aBX4aTvy
硫黄島。賞とったのも硫黄島ジャン。

5 :名無シネマさん:2006/12/09(土) 12:00:00 ID:SF/ccmNR
vsにする必要性あるのか?

6 :名無シネマさん:2006/12/09(土) 12:37:57 ID:WXB0PQYF
まだ映画見てない奴これでもみて予習しとこうぜ
http://bf-iwojima.com/

7 :名無シネマさん:2006/12/09(土) 14:02:15 ID:YQDEHbVa
今日、硫黄島見に行きます。
愛国心から敢えて星条旗はまだ見てません。手紙を見た後、星条旗を見るつもりです
硫黄島の悲惨さを知ってるだけに、観覧する前からドキドキです†



8 :名無シネマさん:2006/12/09(土) 14:38:03 ID:o7fHvQTB
>>7
>硫黄島の悲惨さを知ってる

君が星条旗を見てないことはよーくわかった

9 :名無シネマさん:2006/12/09(土) 14:50:27 ID:cpN4BRPp
>7
硫黄島戦に従軍されてたんですか?

10 :名無シネマさん:2006/12/09(土) 15:22:04 ID:S51fspmm
勘弁してやれよ・・7もちょっと愛国者を気取ってみたかったんだよ
もしかしたら幻の生き残りかも知れないしなww

11 :名無シネマさん:2006/12/09(土) 17:10:03 ID:YQDEHbVa
今から手紙見るんだけど…どうしてココ(2チャン系)は、まともな反応出来ないのかねぇf^_^; 書き込んだ自分が情けなくなるわ。
皆様、ココもう見ませんので返答不要ですから。

12 :名無シネマさん:2006/12/09(土) 17:29:49 ID:NwXUZX3W
| -`).。oO(まともな反応も何も、あなたのレスが違和感ありありなもので。。

13 :名無シネマさん:2006/12/09(土) 22:25:26 ID:PlAdaf1K
http://yahoo0.web.fc2.com/sale.html

14 :名無シネマさん:2006/12/09(土) 23:32:45 ID:nGVCzTvd
硫黄島観てきた…渡辺謙しぶい。アメリカ人が作ったにしては上出来だ。アメリカマンセーの「パールハーバー」とは雲泥の差だ。歴史観の相互主義などまやかしだと思ってたが、少しだけ実現されていると思う。

15 :名無シネマさん:2006/12/09(土) 23:56:22 ID:AtOsbrV+
いま観てきた。
期待通り素晴らしい映画でしたよ。

16 :名無シネマさん:2006/12/10(日) 00:03:57 ID:Exat6o7Z
なんか星条旗の方がいいって言うと叩かれそうな空気だな。

17 :名無シネマさん:2006/12/10(日) 00:05:32 ID:r0th22NJ
父親たち〜の方はどっちかっつーと「硫黄島の戦い、その後」がテーマだからな。
一概に比べられん。

18 :名無シネマさん:2006/12/10(日) 00:07:24 ID:fNUr4scg
明日新宿ミラノで硫黄島見てきます。
初回を見ようと思ってるんですけど、チケットって何時から販売してるんですかね?

19 :名無シネマさん:2006/12/10(日) 00:52:03 ID:fkRD6us1
戦勝国・敗戦国の垣根を取り払った、初のアメリカ映画といえるかな。イラク戦争に疑問を感じ始めたアメリカ世論には受け入れられるかもしれない。日本人にとっては反戦映画だが、アメリカ人にとっては「勝利=正義」ではない、と気付かせる映画かも。
ていうか俺たち、ああいう人達の子孫なんだなあ。感動だよ。

20 :名無シネマさん:2006/12/10(日) 01:32:14 ID:EKKUYGal
ミリオンダラーベイビーの圧勝。

21 :名無シネマさん:2006/12/10(日) 02:02:43 ID:F8VaDynK
あと出しじゃんけんの方がいいに決まってる

22 :名無シネマさん:2006/12/10(日) 02:15:19 ID:wm6YBcvH
>>16
んな事はない。オレは確かに「硫黄島」も良い映画だとは
思うが、戦争の様々な感情の暗部を描いたって点では
「星条旗」に軍配が上がると思ってる。
「硫黄島」は多分、アメリカ人の方が新鮮な衝撃に写るんじゃないかな。
こんな風に敵国側からの戦争を描いたアメリカ映画って、
過去に余り無いから。(全く無い、とは言わないけどね)

日本人にとっては冷めた言い方しちゃうと、やっぱりこれが他でも無い
巨匠イーストウッドの作った映画だという事と、近年では珍しい
「まともに作られた戦争映画」だって事での評価だと思う。
勿論この映画が、良い映画だって事は否定しないが、
当たり前だけど過去には、これ以上に良く出来た戦争映画を
日本の監督は沢山作ってるんだって事実は忘れて欲しくない。

23 :名無シネマさん:2006/12/10(日) 03:44:31 ID:V42Yd8YP
>>22
日本の監督も志を持って撮ろうとしてるんだろうとは思うんだけど
戦争映画ってお金かかるし配給元やら何やらの圧力で強引な展開で
平和マンセーにせざるを得なかったんだろうなぁ、みたいなのを
一度見てから慎重になっちゃってあんまり見てない。
そういう意味ではハリウッド製作の手紙は安心して見れた。

戦争映画って意味では「手紙」の方が良かったと思うけど
「星条旗」はどちらかと言うと戦争の後にフォーカスしてるから
比べられない。やっぱり二部作で意味があるものだと思う。


24 :名無シネマさん:2006/12/10(日) 04:50:39 ID:PpAJ0rq7
>>23
日本人監督でイーストウッドと互角な力量というより保守的な監督っていないでしょ。
日本人監督は自分勝手で原理主義=リベラルだから誰がやっても戦争映画=平和マンセーになっちゃう。
この映画は妥協的で現実主義=保守派のイーストウッドだからこそ作れた映画だよ。

25 :名無シネマさん:2006/12/10(日) 10:01:20 ID:zZFYZltf
私は「父親たちの星条旗」に軍配を上げます。
ほぼタイトルに沿ったテーマが絞り込まれており、
伝いたいメッセージの一貫性が崩れていない。

「硫黄島からの手紙」は、手紙がそもそもモチーフとしては、
描写が不足すぎます。タイトルと物語が不一致でも構いませんが、
テーマが散逸していて、「見えて」きませんでした。


26 :名無シネマさん:2006/12/10(日) 13:02:42 ID:kF8x+qJz
「手紙」は日本側の憔悴や苦しみを描けていない点でも、
疑問が多い出来です。

36日も持久抵抗をすることはそのまま
飢餓、渇水、病気、トンネル内の灼熱と糞尿などの不衛生
との闘いだったはずです。

敵軍と戦う以前に、健康や生存そのものを守る困難な闘いを
していた苦労が描写不足なのは、先人に敬意を払うことにおいて
いささか欠けるところが多いと思います。

日本兵はもっとやせ細り、ヒゲはのび放題、軍服はくたびれていたことでしょう。

硫黄島では万歳突撃や自決は禁じられていました。
それを決行せずにはいられないところまで追いつめたものは
何だったのか、その憔悴を描かねば説得力がありません。

27 :名無シネマさん:2006/12/10(日) 17:49:36 ID:O/SR9jOZ
手紙の方が資料が少ないんで、難しい
映画の出来は星条旗かもしれないが
よく作ったと言う意味では手紙

28 :名無シネマさん:2006/12/10(日) 19:49:42 ID:GOFrHT2y
>>8
星条旗は見てないってちゃんと自分で書いてるじゃん?

29 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 01:33:43 ID:bAvqN1JY
戦場いったりツアーになったり現代になったり まとまりのないわけわからん映画だったなぁ。 伊王島に期待しよう。

30 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 02:17:39 ID:LCjnIkiB
ラストのバリー・ペッパーが捨てがたい

31 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 02:58:12 ID:3kIemVq7
>>25-26
言ってることは、全て押さえてあると思うけどな?
要するに「物足りない」という話か。おれには充分だった。映画として、ね。
あと、まだ誰も書いてないけど、投降した兵のエピソードの描き方が凄いとオモタ。
>>24
イーストウッドというと保守派だのタカ派だの言うのが、
訳知りのパターンだけど、保守派なだけなら今の伊藤俊也だってそうなんじゃ?
「硫黄島」だって「星条旗」だって平和の大切さを謳う立場で作ってあるのは痛感するよ。
厭戦的であることがセンチメンタルと結びついてないだけで。

32 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 03:56:46 ID:8TEefrRJ
クリントが嫌ってるのは現場のことを考えずにイケイケになる連中だろう

33 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 04:03:38 ID:3kIemVq7
嫌ってると言えば、「星条旗」のインディアン語で挨拶する議員。
ああいう人種は日本にも確実にいるけど、本当に嫌いなんだなとオモタw

34 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 18:25:22 ID:MxUN85TZ
でも両方とも、「男たちの大和」より出来は下なんだよね

35 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 18:44:23 ID:73CutHat
エロシーンがないからな

36 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 19:57:33 ID:QxcIhOpE
硫黄島からの手紙だけは見ておけよ。


37 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 21:44:11 ID:vSLQuv8m
星条旗の方は人間ドラマが薄い気がする

38 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 23:48:52 ID:46Y3umHg
手紙の方が希薄だろw
獅童なんて単なる莫迦じゃねーか…

39 :名無シネマさん:2006/12/11(月) 23:52:45 ID:DzwKphSW
どっちも違う感じで楽しめたしなぁ

40 :名無シネマさん:2006/12/12(火) 03:35:48 ID:1IuBIHZ7
獅童は素晴らしい
見直した
釣りじゃなくほんとに
すごくいいアクセントになっていた

41 :名無シネマさん:2006/12/12(火) 04:20:32 ID:3uO9XOkh
「ちゅりばち山を奪還する」・・・妙に力が抜ける。何ゆえに赤ちゃん言葉、、、、

42 :名無シネマさん:2006/12/12(火) 08:22:17 ID:aqle7sad
興奮してるっていうリアリズム

43 :名無シネマさん:2006/12/12(火) 16:23:09 ID:7dBWyd05
手紙はエキストラ足りないのか、日本軍の人数の多さを感じない

44 :名無シネマさん:2006/12/13(水) 00:03:49 ID:NwJlZ6Xm
今 映画 エキストラも足りない、予算も足りない。硫黄島での撮影許可日数も足りない。
昔 水も、食料も、弾薬も、足りない。


45 :名無シネマさん:2006/12/13(水) 09:29:26 ID:yz64D03v
かあちゃんと一緒に硫黄島観にいった。子供の頃から、鋼の心を持っていると思ってたかあちゃんが泣きっぱなし。
実の父親が硫黄島で戦死してると、やっぱ重みがちがうみたい

46 :名無シネマさん:2006/12/13(水) 12:09:33 ID:dhs+5D4t
親孝行しろよ。

47 :名無シネマさん:2006/12/13(水) 15:03:05 ID:OdvDRqx7
(つД`)

48 :名無シネマさん:2006/12/13(水) 21:33:27 ID:k6VyY9ZL
巻頭に収録されている小笠原の砲台跡って、硫黄島の擂鉢山の砲台に近いイメージだと思う。

あと、元特攻隊員の証言も生々しく、他の本には載ってない秘話も収録されているのが興味深い。

秘蔵の戦争廃墟を収録。 全国各地に眠る特攻基地、幻の東京・立川米軍基地、いまも大砲が往時のままに眠る小笠原諸島、人間魚雷「回天」を密かに処分した八丈島秘密基地、 この他、北海道から鹿児島、そして小笠原、奄美大島まで厳選した戦争廃墟を収録。

『戦争廃墟』
ttp://www.amazon.co.jp/%6226%4e89%5ec3%589f/dp/481302047X/sr=8-4/qid=1156958338/ref=sr_1_4/503-0334738-7568711?ie=UTF8&s=gateway


49 :名無シネマさん:2006/12/15(金) 08:16:49 ID:Ed57EgIj
星条旗の日本兵役はほぼ日系人なの?撃たれ方がJAC(ジャパンアクションクラブ)みたいで安っぽ。ラストサムライ思い出した…プライベートライアンのリアルな撃たれ方学べよ〜

50 :名無シネマさん:2006/12/15(金) 12:36:54 ID:foDvFUKk
>>41 折角、実際に二度も奪還して日章旗をあげられたというのにねぇ。獅童
 くんにその役をやってもらえばより感動的だったと思うけど。資料不足
 だったのかな。

51 :名無シネマさん:2006/12/15(金) 15:03:48 ID:t2LIRKLS
>>50 尺(時間)の問題と、主題から見て枝葉のネタだからカットだったんじゃないかな。
血沸き肉踊る英英雄譚エピソードは慎重に排除されてるから。

52 :名無シネマさん:2006/12/16(土) 22:49:14 ID:K3x7pYvz
家族で二部作見た。
戦闘シーン見ると興奮するのは俺がまさに攻防だからだ。

星条旗はアメリカ視点で戦争映画をまともに見たことのない自分にとって斬新だった。
今まで見た戦争映画で主人公側として描かれ感情移入していた日本兵が
映画の中で単なる敵として撃たれていたのが衝撃的だった。
国民に対して国債うんぬんとか言ってられるアメリカは相当余裕があったんだろうな。
何でアイラがメンヘラになったのかまだ理解が及ばないからDVD買うわ。

硫黄島は今までの戦争映画に近いものを感じたが
星条旗とセットになってる点でそこはまあいいんだろうな。
火炎放射シーンとかアメリカ兵落下シーンとかかぶってたのが興味深かった。
馬が死にかけて「よしよし」のところが何故か泣けた。
サムのママンの手紙も泣けた。
アメリカが西側から攻めてくると予想したり、
アメリカが不気味に感じていたおびきよせ大作戦が実は栗林の案だったなんて、
予習はしてたけどやっぱり栗林すごい人だ。
ところで上映中に前列のいい年こいたオサーンがボタン音立てながら携帯いじくってて非常にいらついた。
注意しない周りの人にもいらついた。

星条旗を見た時間帯は夜だったし、中年の夫婦がちらほら。子供は俺だけ。
硫黄島は昼だったんだが、若いカップルから年配の人までいて座席は混んでた。

やっぱりこの二つは両方見ることによって初めて意味を成すんだと思う。
戦争を知ってる世代も知らない世代も、双方の視点から戦争を眺めるということが非常に重要だと思うんだ。
そして種死を糞と思いつつ二年間付き合ってたんだが、改めて種死の薄っぺらさが良く分かった。
もうおたくやめる。

53 :名無シネマさん:2006/12/16(土) 23:56:06 ID:V2DEC92q
工房なら、原作嫁

54 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 09:59:44 ID:Vo5uFsUP
>>52 ひとつだけおしえてたちゃぶだい
「種死」って、なぁに?

55 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 16:15:46 ID:wJ/fNiVX
>>54
わからなかったら検索したらどうだ 俺も知らなかったけど 

種死 たねし   機動戦士ガンダムSEED DESTINYの俗称。



56 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 17:47:00 ID:Vx+JREfm
●ディスカバリーチャンネル 兵士が語る硫黄島決戦 「米軍の猛反撃」
●【TVドラマ】 硫黄島〜戦場の郵便配達〜 2006-12-09
●[DiscoveryChannel] ディスカバリーチャンネル 秘録 第二次世界大戦19 「硫黄島いまだ陥ちず」
shareで落としてみたんだけど
硫黄島の生き残り兵士の証言や
グシャグシャに内臓やら飛び出した
兵士達の死体のバラバラ死体の集まりの衝撃画像 とか見れば
硫黄島の手紙の残酷さなど 現実の残酷さの1割も表現してないとわかる。

硫黄島生き残り元日本軍兵士の証言では
○水を求めて仲間同士殺し合いをした
○食い物は無く 紙を焼いて炭を食べた
○降伏は非国民扱いで見つかれば銃殺、
 戸籍標本に赤バッテンを引かれるのだという。
○切り込み隊とは刀で切り込むものではなく
 夜間20キロ爆弾背負っての敵陣、敵戦車への特攻作戦
 近ずく前にほとんどが殺された。

57 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 18:08:29 ID:HBDkfeYi
>>52
高校生丸出しのアホ文章だな。
国債うんぬんはアメリカの余裕じゃなくてアメリカもギリギリの状況で
戦っていたということだろう。アイラがやさぐれたこともわからなくて
ガンダムシードデスティニーのステラ、その他のキャラの行動が理解できるとはおもえない。

薄っぺらいのはガンダムシードデスティニーじゃなくておまえの脳みそそのものだ。
硫黄島・星条旗もシード・デスティニーもすべてみた。
そしてどれも限界状況での人間模様をよく描写できてる傑作だと思った。
52は福田と両澤がどれだけ苦労して作ってるか、シードもデスティニーも
100回見直せ! あるいはてめえみたいなんはオタクの風上にもおけねえ、
やめて結構だバカヤロウ。



58 :2つの視点:2006/12/17(日) 19:18:11 ID:Kl/c1pS3
硫黄島に関してなぜ2つの映画が作られたかを知れば、今日本人がすべきなのはこの映画を見ることだ。

 =============
最新の南京大虐殺 「五月八月」May & August 香港2002 
導演:杜国威  出演:サリー・イップ葉童
 二人の幼い子供の目を通して描いた南京大虐殺事件。9歳という年齢ゆえに自らの
置かれた状況を受け入れていく過程がかなり切ない。子供の微妙な心理描写は非常に
上手い。ラストシーンでは鬼のような日本人でも泣くだろう。
 =============

 1937年12月に南京事件が勃発、日本軍が進行して来る。五月(徐忻辰)は9歳、幸
せな家族の中で成長してお父さん(閑静)は知識人で中学で先生をしている、お母さ
ん(葉童)は美しい。祖母さんは口うるさいけど優しい。妹の八月(裘立爾)は飼い
犬の鼓動を可愛がる。
 ある日五月は銃声を聞き、遠くで人が何人もなぎ倒されていくのを見る、八月は何
も解っていない。日本軍の侵攻にお母さんは恐れるがお父さんは優しく家が一番とい
う、やがて日本軍を恐れ隣人の町の人々は逃亡した、五月は大事にしていた猿の人形
をあげる。
 しかし数日後ほとんど殺されほんの少しが負傷して帰ってきた。家の中の食糧がつ
きて、お父さんはやむを得ず、危険を冒して南京大通りへ行き、衣服と交換に食糧を
手に入れようとでかけた。夜外の音にドアをあけるとお父さんについて行った鼓動が
お父さんの腕をくわえて帰って来たのだった。
 お母さんは気丈に屋根裏部屋へのはしごを壊して密室にして、日本軍から子供たち
を隠そうとする。そして子犬がいれば敵の注意を引くことを心配し、捨てることを決
める。五月と八月は捨てないでと頼むが、お母さんは谷川辺へ子犬を放すことしかで
きない。

59 :2つの視点:2006/12/17(日) 19:20:05 ID:Kl/c1pS3
 ある夜、日本軍はついにやってきた一軒ごとに入って人々を殺して強奪する。五月
の家にも来た。日本軍はおばあさんを殺しお母さんを強姦した。五月と八月はお母さ
んの作ってくれた密室の小さい閣に隠れて無事だったが、お母さんの精神は崩壊寸前
だ。ある日八月が高い熱を出し、お母さんは仕方がなく危険を冒して漢方薬店へ行く
。五月はそっと後をつける、気づいたお母さんは五月を逃そうとしたが日本軍に発見
される。薬を託された五月はお母さんが10数人の日本軍悪鬼に引きずらて行くのを見
たのだった。

 五月は妹を守り身を隠した、しかし空腹を訴える八月に請われ、食べ物を求めて町
へ出た、2人は外国の修道女が医療所を開いている場所に出た、修道女は優しくパン
を渡し、傷に薬をくれてお母さんに付けてもらいなさい、「メリ−クリスマス」と言
う。それって何?という八月に五月も答えられない。

 死体ばかりの中、さまよう2人は難民区で五月の叔父に出会う。叔父さんは2人を
連れて、船を借り危険を冒して南京から鎮江へ脱出する。途中日本軍に銃撃されたが
、ついに五月たちは叔父の家につく。
 家は裕福で叔母と祖母、従兄の天宝(李棟輝)がいた。食卓を囲む様子は五月は自
分の家を思う。ここでは日本軍は来ておらず、空襲警報に驚く天宝に五月は信じられ
ない気がする。叔父は五月に学校に行かせる、自己紹介しなさいという先生に南京か
ら来たとしか言えない五月。
 南京で友達になった方毅が郊外で父と乞食をしているのに会う、彼も生き残りで両
親は彼を救うため日本軍の銃弾に身を投げたという。彼の描いた絵には、おびただし
い人の死体、切断された腕、真っ赤になった河など残酷な殺戮場面だった。

 日本軍はついに鎮江にも来た、叔父は殺され叔母は五月と八月を残して逃げた。五
月たちはまた苦しい目に会う、川辺で孤児の一団を連れた外国の修道女に会う、百人
以上の南京からの避難民だ。彼らは江水に対して大声で叫ぶのだった
・・・・・・「お母さん!」。

hmms://videoserver.u333.com/trailer/mayaugust/trailer.asf(予告編)
この映画を見て涙を流さぬ日本人はいないだろう、そしてその涙の意味を考えて欲しいものだ。

60 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 19:36:27 ID:Fon+rsan
>>59
どういう意味?

映画という虚構を見て反省しろっていうのか?

あんた大丈夫か。

61 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 19:52:40 ID:hR80K9bv
>>52
>ガンダムシードデスティニーのステラ、その他のキャラの行動が理解できるとはおもえない。
ガンダムシード・デスティニーのステラ・その他のキャラの行動ならちゃんと理解してるつもりだが

>限界状況での人間模様をよく描写できてる傑作だと思った。
限界状況での人間模様の描写もとりあえず深く考察して理解できたから特に嫌いなキャラはいない
俺が「糞」って言ってるのはストーリーをどのように見せたかということ

>福田と両澤がどれだけ苦労して作ってるか
金もらってるんだから苦労するのは当たり前
硫黄島二部作は大画面で観るために金を払う価値はあると思うが
個人的な萌えのためにガンダムを水戸黄門にしてしまう腐苦駄にはついていかれない

語弊があったことは認めるけど、国債に関しては
呼びかければ集まるほど国民に金があったという事実が、日本と比較して「余裕」って意味だった。

硫黄島スレですいませんでした。

62 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 20:03:21 ID:gkLYUMlF
>>60
硫黄島シリーズ観てファビョッたアホが必死に否定しようとしてるだけだろ。

63 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 20:12:47 ID:Kl/c1pS3
>>60
なぜ硫黄島が2作作られたか理解していないバカモノだな
アメリカ人が、日本軍兵を殺しまくった姿をそのまま描く「硫黄島からの手紙」は
日本人が中国人を殺しまくる、南京大虐殺の映画を見るようなモノ
この映画は日本人向けにお涙頂戴にできてるし、犠牲が30万人とはいわない
「手紙」だけを有難がり、2つの映画の意味を考えないアホウは最低だな

64 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 20:26:10 ID:Fon+rsan
>>63
>なぜ硫黄島が2作作られたか理解していないバカモノだな

アホ?w 戦闘員同士の死闘と非戦闘員の虐殺(という中国の主張)をいっしょにするなw

>アメリカ人が、日本軍兵を殺しまくった姿をそのまま描く
それならアッツ島やタラワを描く方がより目的がはっきりしてるだろw(知らんだろな)

アメリカ人が、日本軍を殺しまくったというが、死者の数ではそうだが、死傷者の数
ではアメリカ兵の数が上回るのが硫黄島の戦いだw

無知はこれだから困る

65 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 20:41:26 ID:dNYFE3Kc
この本の巻頭に収録されている小笠原の砲台跡って、硫黄島の擂鉢山の砲台に近いイメージだと思う。
硫黄島は手軽にいけないけど、ここに載ってる小笠原なら手軽に行けるんで、ガイドブックとしてあり。

あと、元特攻隊員の証言も生々しく、他の本には載ってない秘話も収録されているのが興味深い。


『戦争廃墟』
http://www.amazon.co.jp/%6226%4e89%5ec3%589f/dp/481302047X/sr=8-4/qid=1156958338/ref=sr_1_4/503-0334738-7568711?ie=UTF8&s=gateway

66 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 21:07:34 ID:Kl/c1pS3
>>64
>無知はこれだから困る
アッツやタラワ知っている事を自慢する事がよっぽど自分の無知を曝しているのがわからないのか?
北京、上海、南京で、武漢三鎮で、そして1941年以降の中国で日本がどんな
戦争をしたか知っているのか?日本ではそれらがドキュメンタリー映画にもならない
ことの意味を理解しているのか?
日本人の南京大虐殺への冷たい態度はそういった無知に根ざしている、
中国で10年以上も太平洋と同じ数の兵士を送りながら、少しも語ろうとしない
それが、日本人にとっての南京事件の意味(つまり黙殺)だ

自分の知識をよく点検してみる事だ。
中国での戦闘を描いたまともな戦争映画はあるか?何が起きたか知っているのか?

67 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 21:41:30 ID:Fon+rsan
>>66
>アッツやタラワ知っている事を自慢する事

いんや?別に自慢にもならんし?
硫黄島の戦いを
>アメリカ人が、日本軍兵を殺しまくった姿をそのまま描く

てな無知で恥ずかしいことをいってるやつを晒してるだけだw

>北京、上海、南京で、武漢三鎮で、そして1941年以降の中国で日本がどんな
>戦争をしたか知っているのか?

ああw 映画をドキュメンタリーと信じて泣いてるバカとは次元が違うがなw

ちなみに上海でどんなコトが起こったか?
http://www.cnn.com/WORLD/9609/23/rare.photos/index.html

上海での中国軍による日本人虐殺を目撃しカメラに納めたスイス人は
「1937年の上海でどんなことが起こったかということが葬り去られようと
している」だってよ。もちろん中国の手によってだ。まあ戦争だから
そういうこともあるだろうと、あえて「中国」という国家自体は責めないけどね

あんたナイーブなだけなら分かるけど、人に迷惑かけるバカだなw
戦争ってものが、片方悪で片方善で割り切れるものだと?w
戦争そのものが引き起こす人間の醜さとか、また逆に崇高な犠牲心とか
を理解することが大事で、おまえの持ち出す原理主義的善悪観念は
子供っぽくて笑えてくるw



68 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 21:59:19 ID:Kl/c1pS3
>>67
>戦争ってものが、片方悪で片方善で割り切れるものだと?
もしそんな台詞がはけるのなら、なぜ南京大虐殺の映画を忌避しあるいは嘘と言うのか?
自分の言葉を自分で理解していない証拠だ。
口先では感動しただの、敵味方を越えるだの書くが、結局ただお涙頂戴を有難がっているだけだ
それがわからないのか?
もし中国人の言う南京事件が嘘だらけだと言うなら、日本人の作ったWW2の映画など
まるで中国では戦争などなかったように描く、まさに嘘だらけだ。
それを噛み締めた事があるのか?
お前の爺さんらはそれを知っていたが黙っていた、しかしお前は存在しないかのように書く
このバカタレが!


69 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 22:11:56 ID:Fon+rsan
>>68
あほうだなw 映画は映画として見るだけだw

中国人が日本人を虐殺する。日本人が中国人を虐殺する
どちらも戦争という舞台であったことだ。生きるか死ぬかの極限状態だ。
「片手オチ」の映画などで価値観を変えるアホウでもないのでな。

>日本人の作った日本人の作ったWW2の映画など
>まるで中国では戦争などなかったように描く

日中戦争ものなんていくらでもあるんじゃないの?しらんだけ。アホすぎ。
調べてみろ、バカw

70 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 22:30:23 ID:Kl/c1pS3
>>69
結局オマエは
>映画などで価値観を変えるアホウでもない
のであって硫黄島についての2本の映画もただの暇つぶしの映画だった、と言う事を告白しているのだな。
監督がなぜ2本の映画を作ったか考えた事があるのか?あったら書いてみよ!

そして重ねて問おう、
 日本人の作ったWW2の映画で中国での戦争を真面目に描いた映画があるか?
 あるならあげてみよ!
このただの戦争オタクめ

71 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 22:54:23 ID:Fon+rsan
>>70
WW2ものなんて「勝ち負け」の立場がとことんはっきりしてるものなんて
戦勝国がつくったもの、敗戦国が作ったもの、ほとんどの映画は戦勝国よりだ。
日本が作ったものでも自虐的なものがほとんどだ。「キスカ」も実際に起こった
「米にとって都合の悪いできごと」がかなり省かれてる。

>>映画などで価値観を変えるアホウでもない
正確に書けw ひょっとして都合の悪いことは「事実まで変える」卑怯者?w
>「片手オチ」の映画などで価値観を変えるアホウでもないのでな。
が正解。どちらかが善悪というイメージを与える映画というのが、この「片手オチ」だ。

今回の硫黄島の2作は米日という国家で見れば、どちらにも都合が悪いことが描かれている。
日本賛美に必要以上に満ちている人ならこの映画は自虐的に映るだろうよw
米国の多くの保守主義者からはRevisionistつまり歴史修正主義者と非難されている。
英語できたら検索すればわかるだろうけどなw

実際
従って原理主義的善悪論に基づいた「片手オチ」ではない。
この映画は「戦争の中の人間」を描こうとした「フィクション」だ。本当の事実なんて
現場で弾が自分に飛んできた経験の人間しかわからんし、また弾に狙われた
人間しか理解できない。映画ができるのはそこまでだ。
>日本人の作ったWW2の映画で中国での戦争を真面目に描いた映画があるか?
中国にはあるのか?中国人による日本人虐殺を描いたのが?w

72 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 23:10:07 ID:Kl/c1pS3
>>71
>WW2ものなんて−映画は戦勝国よりだ。日本が作ったものでも自虐的なもの
違う。ドイツもイタリアも自国の戦争を映画にはほとんどしていない、戦争に負けた癖に
平気で戦争映画を作ってるのは日本だけだ。恥を知るべきだ。

>「片手オチ」の映画などで価値観を変えるアホウでもないのでな。
「硫黄島からの手紙」を含めどんな映画にも演出があり「ある視点を持ち」創作である
事を理解すれば映画の中味が事実か否かではなく、それによる愚かなオマエの歴史認識、
戦争へのイメージへの影響が問題なのだ。

ある意味嘘だらけの日本の戦争映画を事実だ、戦勝国よりだ、と感じている事自体が、
日本軍が蹂躙した人々にとっては許せない欺瞞であり、嘘なのだ。
多国間ではオマエの認識は明らかに間違っている。反省すべきだ。

>中国にはあるのか?中国人による日本人虐殺を描いたのが?
どうやら日本の戦争映画にはない事に気がついたらしいな、反省しなこのモノ知らずめ!

そして言わせて貰おう、
なぜ戦勝国が自国の残虐行為をわざわざ映画しなければいけないのか、
そんな映画は「手紙」までなかったろう。そしてなぜ敗戦国の癖に、
自分の犯した間違いを公然と隠すような議論が平気なのか?恥を知れ!

73 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 23:21:22 ID:Fon+rsan
>>72
>戦争に負けた癖に
>平気で戦争映画を作ってるのは日本だけだ。恥を知るべきだ。

おまえ自分でいってることわかる?w
負けたら表現の自由もなくすのか?ひょっとしてファシスト?w

>ある意味嘘だらけの日本の戦争映画を事実だ、戦勝国よりだ、と感じている事
「キスカ」のことか?
ああw 遠慮して、敵であった米の「太平洋戦史」にさえ書かれてある事実が描かれていないのでなw
>日本軍が蹂躙した人々にとっては許せない欺瞞であり、嘘なのだ。
中国軍に蹂躙された日本人はどうなる?

ちなみにちょうど昨日大連出身の中国人と話す機会があってなw
突っ込んで色々話をしたが、俺の意見に頷いてたよw

74 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 23:23:48 ID:Kl/c1pS3
>>71
そして重ねて問おう、なぜ硫黄島について、同じ監督が「2つの視点」と言って
2本の映画を作ったのか?しかもほとんど同時に。
・・なぜ1つの視点ではないのか?
・・なぜ1本の映画ではいけないのか?
昔の戦争記録を読んで物知りになった気になるより、そうした事を考える方が余程生産的だろう
少なくとも監督の真意は片方の映画だけ取り上げて、お涙頂戴に暮れる事ではない。

75 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 23:32:10 ID:Fon+rsan
>>74
>・・なぜ1つの視点ではないのか?
>・・なぜ1本の映画ではいけないのか?

一本でそれぞれの人間模様を描くのは上映時間の関係からも
難しいしまとめるのも難しい。

描くたいのが国家間の善悪より「戦争の中の人間」だからだろう。
戦争という極限状態で人間はいいところも悪いところも通常以上に出す。
そういうもの全てを広範のヒューマニズムとして描きたかったのだろうよ。

>昔の戦争記録を読んで物知りになった気になるより

別に?おまえが知らなすぎるだけ。そして知らないのに戦争について語ってるから。
戦争記録は俺の知識の一部にすぎない。自分が無知だからといってひがむなよw


76 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 23:37:25 ID:Kl/c1pS3
>>73
>負けたら表現の自由もなくすのか?
ドイツとイタリアではそうなっている。それが西欧の常識だ。少なくとも
日本以外ではそういう風潮が強いのが現実だ。
オマエはそういう事を知らずに主張するのか?

>中国軍に蹂躙された日本人はどうなる?
その前に日本軍が1937年から1945年にした事をオマエがきちんと記述できれば
中国人は何も言わないかもしてない。なぜ敗戦国が自国の犠牲者を、迷惑をかけた
相手国より優先するのか?それを常識しらずと謗られても仕方あるまい。
なにより2つの視点とは、自分の国の犠牲者だけを主張することではあるまい。
・・・そうした事を「手紙」を見ても何も感じないとは、このドアホウめ!

77 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 23:40:11 ID:Kl/c1pS3
>>75
>おまえが知らなすぎるだけ。
では問おう、1941年から1945年、太平洋戦線と同等の人数を投入した
中国戦線で日本軍はどんな戦闘をしたか?
それを描いた、映画、ドキュメンタリー、があるか?

78 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 23:45:28 ID:Fon+rsan
>>76
>ドイツとイタリアではそうなっている。それが西欧の常識だ。少なくとも
>日本以外ではそういう風潮が強いのが現実だ。
>オマエはそういう事を知らずに主張するのか?

もう一度聞く。それが正しいとでも思ってるのか?w
ファシストくんw

>日本軍が1937年から1945年にした事
↓読んだか?w
http://www.cnn.com/WORLD/9609/23/rare.photos/index.html

あと「正確に」っておまえのその「正確」という基準はどっから出てきてるんだ?

>なぜ敗戦国が自国の犠牲者を、迷惑をかけた
>相手国より優先するのか?それを常識しらずと謗られても仕方あるまい

だから「敗戦国」と「戦勝国」とでは事実に関する権利が違うのかな?w

そんなあやふやな事実に沿って「常識」なんてまっとうな言葉を吐くなよw

頭ほんとに悪いなw

79 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 23:48:21 ID:Kl/c1pS3
>>75
問い:なぜ1つの視点ではないのか?
問い:なぜ1本の映画ではいけないのか?
>アホウの答え:一本でそれぞれの人間模様を描くのは上映時間の関係からも
>難しいしまとめるのも難しい。

自分で解っているじゃないか、即ち両方の映画をあわせた見方を監督は要求している
「父親たちの星条旗」はあの戦争を否定しているわけではないし、イーストウッドは
反戦を意図したとは言っていない。あれは米国では「偉大な世代」による「正しい戦争」だ。
それをまず認めなさい。そうすれば日本軍が中国でしたのは「残酷な間違った行為」だった
のも認めやすいだろう。
・・・・2つの視点とはそういう事だ

80 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 23:48:25 ID:Fon+rsan
>>77
>では問おう、1941年から1945年、太平洋戦線と同等の人数を投入した
>中国戦線で日本軍はどんな戦闘をしたか?
>それを描いた、映画、ドキュメンタリー、があるか?

あほうだなw だから「ドキュメンタリー映画」が「事実」だと思ってるのかよ。
話になんねーよw

81 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 23:51:36 ID:Kl/c1pS3
>>80
結局無知を曝したな、中国であった戦争を何も知らず、やれタラワがどうのとなぜ言える?
繰り返すが、「同等の人数を投入した戦線」なのに。それで知っていると言えるわけがない
・・・このドアホウめ。

82 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 23:52:58 ID:Fon+rsan
>>79
>あれは米国では「偉大な世代」による「正しい戦争」だ。

あほうだなw 米国の保守主義者からは歴史修正主義の映画だと批判されてると
先にも書いたろうがw

中国はこの映画にはかんけーねーよ。米国軍あまり直接関与してねーし。戦後の中国系は
別にしてな。バカすぎw

83 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 23:55:25 ID:Fon+rsan
>>81
スルーするなよ。卑怯者くんw

↓読んだか?w
http://www.cnn.com/WORLD/9609/23/rare.photos/index.html

あとなんで>>80から
>結局無知を曝したな、中国であった戦争を何も知らず、やれタラワがどうのとなぜ言える?
が出てくるのか?w つくづくバカだなw

84 :名無シネマさん:2006/12/17(日) 23:56:20 ID:Kl/c1pS3
>>78
>もう一度聞く。それが正しいとでも思ってるのか?
>「敗戦国」と「戦勝国」とでは事実に関する権利が違うのか
それを正しいと勝手な単独行動をとれば国際社会で孤立するのだよ。
何より何が正しい事なのか定める事の難しさを、この「2つの視点の映画」が
示しているのが解らないのか!!・・・このアホウめ!

85 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 00:01:33 ID:yqWdKmNh
>>83
南京大虐殺は戦争の一部に過ぎない、それは日本人の犯した10年以上にわたる戦争の
最も汚い一部分だ。日本人は南京大虐殺を否定できれば中国での戦争もなかった
かのように思ってるのじゃないか?

そしてテーマの戦争映画としてもう一度問おう、
1941年から1945年、太平洋戦線と同等の人数を投入した中国戦線で日本軍はどんな戦闘をしたか?
オマエは知っているのか、書いてみよ。

86 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 00:02:40 ID:XhX/WZj9
>>84

国際社会で孤立?w 日本が孤立してるってか?w
こりゃリテラシーの問題だな

>何より何が正しい事なのか定める事の難しさ

アホだな。戦争の際のどちらの軍が善であるか悪か定めるコトの難しさ
を描いてるんだよ。

おまえは「日本が悪だ。中国が正しい」と決めつけてるんだろ?
つまりおまえ自身が「何より何が正しい事なのか定める事の難しさ」を否定しrてるんだよ。
そして敗戦国の人間は事実を描く権利がないという決めつけをしてるんだよ。

墓穴掘って何いってんだw

87 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 00:06:11 ID:XhX/WZj9
>>85
>1941年から1945年、太平洋戦線と同等の人数を投入した中国戦線で日本軍はどんな戦闘をしたか?
おまえの主張は、その事実を戦勝国のドキュメンタリー「映画」が描いてますーっだから見なさい
ってことだろ?そんなものを事実と混同してるからお目出てえやつだなwってんだよw


88 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 00:09:14 ID:yqWdKmNh
>>86
>戦争の際のどちらの軍が善であるか悪か定めるコトの難しさを描いてるんだ
答えが出たな、
戦争で中国も日本もどちらが正しいか、定めるのは難しい、双方の主張を同じ重み
で聞くべきだろう。解ったかね?
そして今までの何回もの問いに答えられないように、ほとんどの日本人は
中国戦線での戦争、特に1941年から1945年の間の出来事に無知だ。
それで相手の主張を否定できるのか?
なぜ南京大虐殺の映画を否定するのか、もはや理由はない。
少なくとも映画を見て、相手の主張に耳を傾けるべきなのじゃないのか?
それを敗戦国の癖に強く否定する。・・・・信じられない傲慢さだ、このドアホウめ

89 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 00:16:36 ID:yqWdKmNh
>>87
重ねてタラワの戦闘を知ってるのが自慢の「戦争オタク」に問おう
 1941年から1945年、太平洋戦線と同等の人数を投入した中国戦線で
 日本軍はどんな戦闘をしたか? オマエは知っているのか、書いてみよ。
なぜ自分が知らないか考えてみよ!映画もドキュメンタリーもない、戦記もほとんどないからだ
それで日本がした60年前の戦争を知ってると言えるのか?
それは我々に「2つの視点」どころか、自分達の視点さえない、黙殺を示している
相手がそれに怒るのは当然だろうよ。

90 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 00:18:03 ID:XhX/WZj9
>>88
>双方の主張を同じ重み
>で聞くべきだろう。解ったかね?

何が「分かったかね」だw 
おまえの言う主張は「国家としての主張」だろ?この映画のテーマは
「立場として敵同士となりお互いの国や仲間を護るために戦い
そのために相手を殺した戦争の中の敵対するが立場は同等な人間たち」だw

>なぜ南京大虐殺の映画を否定するのか、もはや理由はない。
戦争当事国に対する善悪を決める「映画」だから全然違うw

91 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 00:23:36 ID:XhX/WZj9
>>89
だから「戦争オタク」じゃなくって単なる知識の一部だっていってるだろ?w
多分話の流れから俺はお前より英語の知識もありそうだが、俺は「英語オタク」かね?w

ひがむなよw

>1941年から1945年、太平洋戦線と同等の人数を投入した中国戦線で
>日本軍はどんな戦闘をしたか? オマエは知っているのか、書いてみよ。

もう書いたけどなw 日中軍双方が相手を戦争という部隊で殺し合いをしたってことだ。
まあおまえよりは知ってるだろうよw

92 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 00:38:10 ID:yqWdKmNh
>>91
>日中軍双方が相手を戦争という部隊で殺し合いをしたってことだ
違う、ゲリラ戦が主でその戦闘模様はかなり異様だ。
又日中軍、双方ではなく、八路軍、国民党軍を交えた3者の構造だ。
さらに政体を考えれば、重慶の国民党政府、延安の共産党、そして南京の汪兆銘
と四者構造だし、更に満州は別だ。

オマエが中国戦線を無視して何も不思議に感じない標準的な戦争オタクである
ことはよくわかった。モノ知らずでよく平気で南京事件を批判できるものだ。
よく反省しろよ。このアホウめ。

93 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 00:51:47 ID:XhX/WZj9
>>92
>違う、ゲリラ戦が主でその戦闘模様はかなり異様だ
>八路軍、国民党軍を交えた3者の構造だ。
>さらに政体を考えれば、重慶の国民党政府、延安の共産党、そして南京の汪兆銘
>と四者構造だし、更に満州は別だ。

アホか?w八路軍、国民党軍も 「軍」じゃねーかw。 そいつらは中国の「軍」じゃないのか?w


94 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 01:53:30 ID:YXTrMAew
中国戦線論争は、よそでやってくれないかな?

PC関連の板でウィンドウズ・メディア・プレイヤーの使い方ってスレで、
同じマイクロソフトのソフトウェアの問題だってんで、
オフィス・シリーズの話を中心にマイクロソフトの功罪を
延々と論争する馬鹿が二人いたら、困るわな。

95 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 02:16:24 ID:yqWdKmNh
>>94
今日見てきました。よかったそれで「硫黄島からの手紙」に感動したのなら、
この映画も見るべきだと思った。
それが2つの視点で映画を作ったイーストウッドのメッセージだと思う。
===============
日本人が見るべき最新の南京大虐殺映画 「五月八月」May&August
参照 >>58  >>59
hmms://videoserver.u333.com/trailer/mayaugust/trailer.asf(予告編)
===============
これはこの2作の映画について本質的な議論だ、なぜならそこには
 現実に起きた事は何か?ではなく、映画でどう描かれるか、それをどう受容するか
 という問題だからだ。
例えば、米軍の日本兵捕虜殺害については戦後早期から映画で触れられているが、
今回のようには描かれなかった。同じように南京もそうだろう。それが今議論すべきことだ。

96 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 02:25:51 ID:YXTrMAew
“同じように”南京もそうだという“見解”と、
「硫黄島」「父親たち」スレで、延々とそれをやるという“常識外れ”は
別だってのが、わからないのなら、あんたは馬鹿。
分かってやってるなら、荒らしだよ。

たとえば、ウィンドウズ・メディア・プレイヤーが抱える、
問題の中には本質的にオフィス・シリーズが持つ問題と
同じものが多々ある。だけど…(以下略)

97 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 02:43:26 ID:9C0vo0Ko
 ∧ ∧
 (*‘ω‘ *)  ちんぽっぽ
  (   )
   v v    
        ぼいんっ
    川
  ( (  ) )


98 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 03:54:11 ID:bXgwSUnw
硫黄島が誉められてるスレには必ず否定的な事書いてる奴が現れるのがおもろい
映画の具体的な内容にふれずに叩きまくる、もしくは誉めてるレスを見当違いに煽るだけなのが特徴
スルーされてるとすぐ消える

99 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 04:09:06 ID:UKH+iAqA
要するに南京での虐殺があったと仮定して・・・
30万人だっけ?
もっと殺しておけば良かった!ってことだろw



100 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 04:40:31 ID:JLUclqe/
>>99
もう殺せないぞ  (ジャイアンツ)

中国は核武装しており、GNP、粗鋼生産量、外貨準備高その他あらゆる
面で日本を上回りつつあり、もはや侵略される前に東風ミサイルを
日本に叩き込むことができる、って何の話や。日本は平和国家であるわけで
いちいち殺し合いにはもっていかんのや。今んところはね。

硫黄島はいい映画だった。星条旗とおなじく、やってることは
英雄神話に対する神話破壊であり、戦争とはばかげて悲惨で無意味であるという認識を
徹底している。

クリントの映画でいうと 許されざるもの、が、西部劇という神話に対する
神話破壊をやっていたのと同じ線だな。トイレに入っている奴を
後ろから撃つみたいな、しょーもないことをやってたのがカウボーイの現実。

ただ、狭い室内で打ち合うときは一人でも5人ぐらいは倒せる
(照準を決められなかったりジャムったりで、冷静な一人のほうが
 トロい5人よりも早い)というラストシーンはかっこよかった。
硫黄島は最後まで悲壮で、その点は徹底しててよかったね、。



101 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 10:13:36 ID:VZ/qT59a
>>95 うそつき ただのコピペやん それがお前ら中国豚の本質だよ。
嘘を大声出が成り立てればそれが取ると思ってる。
今の時代と古代中国を一緒にするなつぅの。

102 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 10:46:39 ID:XhX/WZj9
というかこの映画の言いたいことはこれ。中国など関係ない。

若い日本兵たちは島へおくられたとき、十中八九生きては戻れないことを知っていました。
彼らの生きざまは歴史の中で描かれ、語られるにふさわしいものがあります。
私は、日本だけでなく世界中の人々に彼らがどんな人間であったかをぜひ知って欲しいのです。
『硫黄島からの手紙』では、彼らの目を通してみたあの戦いが、
どんなものであったかを描ければと思っています。

昨年4月、私は硫黄島を訪れる機会を得ました。
あの戦いでは、両国の多くの母親が息子を失っています。
その場所を実際に歩いたことは、とても感動的な経験となりました。
そして今年、私は再びあの島を訪れ、2本の映画のために数シーンを撮影したのです。

私が観て育った戦争映画の多くは、どちらかが正義で、どちらかが悪だと描いていました。
しかし、人生も戦争も、そういうものではないのです。
私の2本の映画も勝ち負けを描いたものではありません。
戦争が人間に与える影響、ほんとうならもっと生きられたであろう人々に与えた影響を描いています。

どちらの側であっても、戦争で命を落とした人々は敬意を受けるに余りある存在です。
だから、この2本の映画は彼らに対する私のトリビュートなのです。
日米双方の側の物語を伝えるこれらの映画を通して、両国が共有する、
あの深く心に刻まれた時代を新たな視点で見ることができれば幸いです。

クリント・イーストウッド
http://www012.upp.so-net.ne.jp/t-lessfascinate/page309.html


103 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 11:43:08 ID:YXTrMAew
>>100
>クリントの映画でいうと 許されざるもの、が、西部劇という神話に対する
>神話破壊をやっていたのと同じ線だな。
これは違うな。「許されざる者」はむしろ、最後の神話。
アメリカの血の開拓史を前提にした残酷な負の神話だよ。
じゃなきゃ、アル中の酔っ払いがあんなに手早く大量殺人ができるものか。
>トイレに入っている奴を
>後ろから撃つみたいな、しょーもないことをやってたのがカウボーイの現実。
あの映画で撃ってたのは、正面から。どうでもいいけど。
まあ、そのような現実を踏まえているという描写のスタンスなら、
あんたの言うことも分かるけど、しかし、「許されざる者」のすごいところは、
単なるリアリズム西部劇ではなく、恐怖の神話劇になっているところ。
あんたの書き方は、誤解を招くな。

104 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 16:30:16 ID:yqWdKmNh
>>102
まったくその通り、イーストウッドのメッセージとはまさに中国映画を見ろというようなものですね
>戦争映画の多くは、どちらかが正義で、どちらかが悪だと描いた
>しかし、人生も戦争も、そういうものではないのです。
>私の2本の映画も勝ち負けを描いたものではありません。

南京大虐殺の映画を忌避する人はあの「戦争に負けたが汚い事はしなかった」
と言いたいのでしょう。ドイツでは負けたし酷い事もした、となるが日本では
負けた事が事実へ素直に対処させ難くし、態度をかたくなにさせているようです。
 しかしイーストウッドは戦争は勝ち負けで分けるのではなくそこで起きた事を
知るべきだと言っている。この2作に感動したあなたは、
 アメリカ人が自らの蛮行を描いた「硫黄島からの手紙」のように、日本人も
自らの蛮行に向き合うべきだとお考えですね。私も賛成です。

105 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 18:06:30 ID:K8WM8p5r
>>102/104
そんなことどうでもいいじゃん。 
映画が駄作すぎて、硫黄島の当時の人らに申し訳ないよ。
こんな駄作作るくらいなら、ダーティハリーでもでとけよクリントと思った。
題材が素晴らしすぎるだけに、映画のクオリティの低さが残念でならない。

106 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 19:15:16 ID:lBKA163J
君たち変だよ

107 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 20:52:18 ID:y0gdhZu2
で、沢村栄治は出てたの?

108 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 22:09:52 ID:Gv+Go/hV
2006 12月13日 スーパーニュースアンカーより  
青山繁晴 硫黄島現地取材その1
http://www.youtube.com/watch?v=HeeSLpYYMvM
青山繁晴 硫黄島現地取材その2
http://www.youtube.com/watch?v=02iwiNKgatI
涙なくして見れない魂のレポートです。

109 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 22:33:09 ID:z5UJKkAL
ところでアメリカの観客にはこの順番でいいかもしんないど
日本の観客は「手紙」→「星条旗」の順に観た方が来るものあるんじゃないかねぇ。
たぶん、興行を考えた上での判断なんだろうけど。

110 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 23:17:51 ID:/nQ+BARX
頼むから日本兵がライフルって言うのだけは辞めてくれ。
映画になるといつも日本兵の38式歩兵銃がジャムるのはかんべんして。
なんであんなに99式軽機が登場するの?
噴進砲に萌えぇ〜〜!

111 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 23:24:19 ID:ljE0AiMy
この本の巻頭に収録されている小笠原の砲台跡って、硫黄島の擂鉢山の砲台に近いイメージだと思う。
硫黄島は手軽にいけないけど、ここに載ってる小笠原なら手軽に行けるんで、ガイドブックとしてあり。

あと、元特攻隊員の証言も生々しく、他の本には載ってない秘話も収録されているのが興味深い。


『戦争廃墟』
http://www.amazon.co.jp/%6226%4e89%5ec3%589f/dp/481302047X/sr=8-4/qid=1156958338/ref=sr_1_4/503-0334738-7568711?ie=UTF8&s=gateway

112 :名無シネマさん:2006/12/18(月) 23:40:12 ID:HCRK1xYa
>>111

当初は父島の方が重要視されていて、こっちはかなりの資材が投じられて

永久要塞化が行われたんだけど、硫黄島の方はかなり後になってから

大急ぎで要塞(というより野戦陣地)が構築された経緯がある。

113 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 00:21:25 ID:pm6CNBcd
111はマルチポスト乞食だから。。。

114 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 10:21:01 ID:hloGf5k7
どっちもよかった


115 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 10:21:08 ID:u/rP3pNm
>>112さらに言うならば、父島は大正時代から要塞化されていた。
要塞砲兵と歩兵部隊も配置されていた。いまだに全島に砲台あとが
あります。湾内には零戦、水偵、二式大艇、駆潜艇、各種輸送船(艦)
が沈んだままになっています。マリアナと本土をつなぐ線上に、良い
湾をもつのが父島だったので、航空機の発達してない時代には父島が
重視されていました。
太平洋戦争当初は連合艦隊の圧倒的強さによって、防御陣地の必要性
がなかったのか、日本近海の島々は丸裸のまま戦っていて、形成が悪
くなると急いで補強したため沖縄、硫黄島とも陣地構築半ばで戦うハ
メになってしまった。
太平洋戦争では、米軍の要地のみ攻略、他は潜水艦と機動部隊の海上
封鎖で締め上げる、と言う作戦のおかげでかなりの兵力が、遊兵にな
った。硫黄島は航空基地の価値があったために、日米の死闘が展開さ
れた。

116 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 10:26:00 ID:u/rP3pNm
>>110「ライフル」と呼ぶの止めて欲しい、すごく同感!「小銃」にして欲
しかった。硫黄島は東京の一角と言うこともあり、大本営が自動火器を優先
して回したために、他の島以上の自動火器と重火器が使用できたそうです。
また、本土に近い関係からか、輸送も比較的スムーズに行ったようです。

あと、兵隊が飛行機で着任するあたりはちょっと厳しいな。清水だっけ?元
憲兵の。

117 :名無シネマさん:2006/12/21(木) 08:06:28 ID:T7CCXCk0
昨日観てきたよ、硫黄島からの手紙。俺と彼女以外はみんな年寄りだった。
素直におもしろかったけど、いくつか気になった点が・・
四十日近くの激戦のはずだが、兵隊の服装や表情その他から時間の経過を
感じられなかった。帰還兵の証言によれば、みんな褌一丁でガリガリだったらしい。
憲兵が犬をヌッ殺すシーン。いくら戦時中の銃後でもあんなことは許されない。
手紙が重要なテーマになっているにもかかわらず、とってつけたような感じが
否めなかった。

あと個人的なことだけど、硫黄島守備隊は九州出身が多かったので九州弁を
多用してもらいたかったよw
俺のじい様も久留米だか太刀洗だかの連隊から「この戦争で兵隊辞める」と
ばあちゃんに言い残して赴任したみたい。その後ばあちゃんの元に送られたのは
遺骨がわりの石と砂、それと一階級特進の大尉の称号だけ。

118 :名無シネマさん:2006/12/21(木) 13:30:56 ID:3sbTvCy3
思い入れが深い分だけ、映画のアラがみえてしまうのはよく理解できます。
自分もアラの部分は、最後の万歳攻撃を筆頭に、いろいろなシーンで、あることはある。
ただ、一般論としてはああいう表現に収まるのはしょうがないカナとも思ってます。

たとえば
犬のシーンは、官憲の横暴さと、監視されていて息苦しい庶民の生活ぶりを
短時間で活写したいための映画上の虚構ストーリーでしょう。
また、犬のアイテムは、後のシーンで日米比較するために必要。

また米兵の手紙では、3匹の犬が鶏を追い込んでる表現だったけど
アメリカの陸海空の3匹の犬が硫黄島の日本人という鶏(チキン=臆病者)を
脅してるという、深層心理説得の材料に使ってるんで、これもはずせない。

まあ、だからあれはあれでしょうがない。


たとえば、
赤紙召集シーンだって、あんな抵抗はありえない。
でも当時の人の心の叫びでもあった。だからああやって表現した。これも、
短時間で本質を活写するための映画として許される虚構ストーリー。

観客対象が広いだけに、最大公約数を取るとどうしても部分的にもれてしまうのは
あちら立てればこちらたたずで、これはしょうがない。

ちなみに
方言を使うとわかりにくくなるのと、他県が感情移入しにくくなる。だから標準語で正解。
あと、ひげが伸びて垢だらけの姿、地熱の暑さと水のなさ食料のなさなどの
描き方が足りないのは確かだけど、映画としての見栄えが悪くなるし、
そもそもドキュメンタリーが目的じゃないので許容範囲かとも思います。

119 :名無シネマさん:2006/12/21(木) 21:40:54 ID:e25FGPZc
>>117
>みんな褌一丁でガリガリだったらしい。
>憲兵が犬をヌッ殺すシーン。いくら戦時中の銃後でもあんなことは許されない。
書いてることはわかるが、それはあんたの先入観のなせる業だろう
本当にそうか否か、制作者は大抵の場合よく調べているし、そうした原作をもとにしてる
確かに観客が違和感を持ってしまうのは困るが、何が本当かは映画は常に嘘をつくし
資金や時間など限界のあるものだ

120 :名無シネマさん:2006/12/21(木) 21:56:22 ID:CyG6PaTO
私の父は、雷降る、花瓶銃(カビン銃)と呼んでいた。

121 :名無シネマさん:2006/12/21(木) 22:18:40 ID:3sbTvCy3
事実をつみかさねてつくるドキュメンタリー映画と
真実を提示するために虚構を積み重ねて作るドキュメンタリー風映画との違いを
わきまえないで批判する人が多いのは、残念。
ちなみに、映画の虚構とは、奇想天外なものではなく、誇張、省略、代替、象徴、など。

あと、ないものねだり。
もっと感動がほしいとか、英雄譚がほしいとか、
いちいち入れたら2時間半ではとてもじゃないがおさまらない。
あの映画自身、結構いろいろ盛り込まれてるし、印象的なシーンもあちらこちらにある。

敵味方両方の痛みを知り、両方とも人間であることを知る。
末梢神経を刺激するのではなく、じわじわと低温やけどのように、心を焼いていく。
それがねらいなんだから、ねらいをぼかすようなアイテムは、省かれるのが当然。




122 :名無シネマさん:2006/12/22(金) 02:46:40 ID:mJCSCwRb
>>117
気になる点としては標準的な意見だと思う

「5日間でおわるものを36日間〜」というのはあくまでも宣伝で
監督はあまり重視してなかったのかもね

ところで「黒澤明vs.ハリウッド」は読んだ?
黒澤がどうこうじゃなくて、この2作は日本側で
独自の監督を立てなくてよかったと思った

123 :名無シネマさん:2006/12/22(金) 03:21:12 ID:K5fmPx9l
>>118
硫黄島に上陸したのは海兵隊です。あの手紙の場面はそのような意味ではなく、彼らアメリカ人も自分達と同じであることを言っているのでは?後に清水が言う言葉から推測して。
>>122
イーストウッドは「黒沢ならこの映画を描けるのに・・・」と漏らしたそうです。

124 :117:2006/12/22(金) 13:26:24 ID:tBcYm22y
みんな色々と意見ありがとね。
ドキュメンタリと娯楽映画の違いは理解しているつもり。もちろん硫黄島からの手紙も
娯楽作品として鑑賞してきて、俺にとってはお金を払うだけの価値がある印象に残る映画となったよ。

ただ、色調を落とした映像や実在の人物を登場させたんだから、もうちょっとリアリズムに
徹してもよかったかなと思った。これは俺の意見だから反対の人もいる、それはそれで
しょうがないんじゃないの?どんなにいい作品でも100人が100人とも満足するような
ものって無いんだから。

>119
>確かに観客が違和感を持ってしまうのは困るが、何が本当かは映画は常に嘘をつくし
うん、確かにそうだね。でも来年公開される「レイプオブナンキン」はトンデモなんだけど
世界中に配信されて虚構が真実として定着していくんだよね。映画、特にハリウッド物は
ときにプロパガンダとして利用されるから怖いよ。

>122
ごめん、読んでない。仮にあの人が生きていてメガホンとったらまれにみる傑作か
駄作のどちらかになると思ったw
この映画はアメリカ人が撮ったからこれだけ質の高い作品になったけど、もし日本人が
監督だったら並の反戦映画になってそう。

>123
そうそう、あのエピソード、あれもこの映画のテーマのひとつだったね。
そのシーン以前にパン屋の上官から米兵についてネガティブなイメージを講義されていたのに
こんな手紙をやりとりするなんて、メリケンも同じ人間なんだなと。


125 :名無シネマさん:2006/12/22(金) 15:31:34 ID:EMVwBihf
>こんな手紙をやりとりするなんて、メリケンも同じ人間なんだなと。
そう思って投降を決意した兵があっさり……というのが、
この映画の凄いところのひとつだね。
しかもそれをアメリカ人監督が撮っているというのが、何とも。

126 :名無シネマさん:2006/12/23(土) 05:11:18 ID:0sSZ/5ul
二ヶ月ぐらい前かな?
NHKで硫黄島で生き残った元日本兵の爺さんが、硫黄島の戦いの
話をしていたんだけど、その話が本当に悲惨でプチトラウマになったよ。
この映画を観た時はそのときほど悲惨には感じなかった。
いや、NHKでは爺さんの話だけで再現VTRとか無かったから
イマジネーションでそう感じただけなんだけどさ。

だから117の言いたい事は分かる。

127 :名無シネマさん:2006/12/23(土) 05:18:37 ID:oz88ZlhD
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html
実際に行かれた方の体験記です。

128 :名無シネマさん:2006/12/23(土) 05:27:25 ID:euvituXo
なんか日本びいきとかいろいろ言われてるけど、俺はイーストウッドがアメリカが一番だと思ってるからこその描き方だと思ってしまった。
別に日本に差別意識や悪意はないと思うんだけど…。
なんてゆうか上から目線で撮ってるとゆうか…。
上手くいえないけど、そんな風に感じたやついる?
俺がひねくれてるだけか?

129 :名無シネマさん:2006/12/23(土) 06:51:17 ID:0sSZ/5ul
イーストウッドはアメリカの味方とか日本の味方とかじゃなくて
現代人の味方なんだと思った。

130 :名無シネマさん:2006/12/23(土) 06:58:54 ID:ZvfOElNm
殺された捕虜をみて、ひでぇことしやがる
って言うか?

131 :名無シネマさん:2006/12/24(日) 19:44:28 ID:gwd9aex7
>>128

考え過ぎじゃないのかな…。俺は、淡々と史実を描写しているように見えたよ。ただ、個々人で
受け止め方が違うのは当然だから、俺の側の認識を押し付けるつもりはないよ。

132 :名無シネマさん:2006/12/27(水) 15:54:23 ID:MRMkpvMl
グロさと虚空だけ

133 :名無シネマさん:2006/12/28(木) 05:17:46 ID:4KG+D+2x
>>132
それが戦争だという映画だから

134 :名無シネマさん:2006/12/29(金) 18:08:50 ID:3V0mlefS
ttp://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20061229/mng_____tokuho__000.shtml
硫黄島の真実 当時17歳通信兵が語る

今年、米映画「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」が公開され秋草さんはいずれもみた。

「すごい。必ずしもすべて硫黄島で撮影したわけではないでしょうが、よくできています。
特徴をよくとらえている。硫黄島の歴史を風化させないためにも、ありがたいことだと思う」


135 :名無シネマさん:2006/12/31(日) 10:08:30 ID:p9oFngVG
>>132
それで良いんだと思うよ

ひとつ確実に描かれていたことは
日米両軍とも程度の差はあれ完全に統率された軍隊ではなかったこと
極限状態の末端では人それぞれの思惑で想像も出来ないような色々なことが起こりうる

昨日映画を見たんだけれど
今この時期にこの映画って絶妙なタイミングに作ったなと思った
「JAPANN as No1の頃」でも「失われた10年」でも作れなかったんじゃないかなと思う



136 :名無シネマさん:2007/01/02(火) 01:13:27 ID:n2wlPhO2
手紙見てきた
大統領宛の手紙について何も無かったのが腑に落ちないのだけども…

137 :名無シネマさん:2007/01/02(火) 04:39:32 ID:6vE3Dyre
>>131
同意。
昨日観てきたけれど、感動は無かった。
やるせなさというか、虚無感しか無かったな。
悪いのは日本でもアメリカでもなく‘戦争’



それにしても、これって次作がありそうな終わり方だったね。
伊藤中尉(獅童)と西郷(二宮)は、硫黄島では対照的な考え方していたけど、共に捕虜になったよね。
月日が流れ、二人がどのように生きたか…みたいなのがありそう。

138 :名無シネマさん:2007/01/02(火) 16:42:43 ID:ev6g/2Zb
>>128
というか、アメリカの観客を意識した日本人像を描いてるね。
アメリカ人が作ったアメリカの映画なんだから、当然のことなんだけどさ。

139 :名無シネマさん:2007/01/04(木) 16:19:22 ID:NWQ/EBnc
「早咲きの花」見たぴゃ?
TBS 動画6.1チャンネル http://www.tbs.co.jp/6.1ch/
YAHOOニュース http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20061227-00000038-sph-ent
IZA/産経新聞 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/24978
読売新聞 http://moviewalker.yomiuri.co.jp/schedule/0000/mo4342.htm
毎日新聞 http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/kanagawa/news/20061227ddlk14040280000c.html
産経新聞 http://www.sankei.co.jp/enak/2006/glace/dec/kiji/25cinemahayazaki.html
デイリースポーツ http://www.www.daily.co.jp/gossip/2006/12/27/0000201965.shtml
日刊スポーツ http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/p-et-tp1-20061227-135471.html
東京中日スポーツ http://tochu.tokyo-np.co.jp/00/tkhou/20061227/ftu_____tkhou___004.shtml
スポーツ報知 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061227-OHT1T00038.htm


140 :名無シネマさん:2007/01/05(金) 01:55:36 ID:hTtY2n73
>>137
伊藤中尉は気持ちが高揚していただけだと思う。
高揚したまま戦車を道連れにしに行ったはいいが、
敵がいつまで待っても来なくて、その間にすっかり
気持ちが冷めてしまった感じ。
常に冷静だった栗林中将とは対照的だね。

141 :名無シネマさん:2007/01/05(金) 11:29:47 ID:xC9/qLYr
手紙の感想だが、栗林中将が戦略戦術を駆使して長期戦を戦い抜く話かと思ってたので、
ある意味ショックだった…orz
あの撮り方だと、アッと言う間に包囲されて全滅しただけのようなイメージを持ってしまう。

142 :名無シネマさん:2007/01/05(金) 21:39:44 ID:TPX4TCKq
バーカバーカ(^◇^)

143 :名無シネマさん:2007/01/07(日) 14:44:27 ID:pYaLFP32
>>141 しかも無謀な突撃、自害・・・
「生きて戦え」という栗林中将の意思はどこいった?

144 :名無シネマさん:2007/01/07(日) 20:26:32 ID:qZT/HffT
就職氷河期に大学卒業なんて俺は運が悪い、と思ってしまうけど
太平洋戦争中に20代だった人達は本当に気の毒でしょうがない

145 :名無シネマさん:2007/01/07(日) 20:52:30 ID:IMYpGSeT
>>141

それは「手紙」が日本サイドから見た視点だからだと思う。
「5日間でおわるものを36日間〜」というのはあくまでアメリカ
視点であって日本の視点はそれこそ栗林のセリフではないけど
「この1分1秒が」だったのだと思うし。

146 :名無シネマさん:2007/01/07(日) 21:50:19 ID:cEqgXBAH
硫黄島について特に調べずこの映画しか見ない人は、1週間程度で終わった戦争だと思うんだろうね…

147 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 17:22:09 ID:7/z/hOez
ちょっと質問ですが、
 西中佐(陸軍中佐)へ伊藤海軍中尉が暴言を吐くシーンありますが、
 あれって、いいんですか。
 しかも、命令違反です。
 所詮は映画なのですが、、、、

  @「命令違反」なので、平時なら憲兵に引き渡すが、極限状態なので見逃すこともあったかも。
  A「命令違反」だが、現場には「憲兵」はいないのでやむをえない。
 それとも、
  B「命令違反」だが、海軍軍人は憲兵には服さないことになっている?


  

148 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 17:23:32 ID:7/z/hOez
ちょっと質問ですが、暴言自体はどうなんでしょうか。
 平時なら、暴言でも憲兵に引き渡すでしょうか。

149 :名無シネマさん:2007/01/15(月) 03:07:36 ID:nCqgllWC
多分引き渡します。敵前逃亡と上官に背くことは死刑ものです。
映画では栗原中将一派と海軍一派との軋轢を描きたかったのであういう
風に撮ったのだと思います。

150 :名無シネマさん:2007/01/15(月) 14:56:29 ID:ZAE6X1qe
手紙はすごく泣いたけど星条旗も泣いちゃう?

151 :名無シネマさん:2007/01/15(月) 15:28:38 ID:IKYFNn3o
Haru の発言 :学生の頃初めて戦争のこと知ったとき、
         なんていうか妙な気持ちになったな
         うん、言葉でたとえがたい感じ
         重い気持ち
         あたしね、いまだに戦争映画とか見てもそうなんだけど、
         『どうして?』って言葉しか思い浮かばないの。
         いつもそんな疑問符だけしか残らない
         戦争映画もいくらすばらしい映画でもあとに残るのは
         『どうして?』これだけ。

こうじ の発言 :ただ、僕らのご先祖様の日本人が真剣に祖国の為に 
         戦った事だけはすごいわかる。

Haru の発言 :あたしはそれもまた愚かだと思う
         洗脳・・・って気がして
         国のために命を捨てる?国が何をしてくれる?
         駄目なんだよね〜やっぱ納得できなくて。

こうじ の発言 :職務意識っていうのかな・・・僕は今こんなふうに
         定職が無いから余計想うんだけど
         消防士が火に立ち向かう様に当時の軍人はきっと
         職務意識で戦争に出た人だって
         大勢いると考えてるんだ〜!
         だから、なんか、敬意すら感じる

Haru の発言 :うーんそれもそうだけど、生きて帰ったら恥なんだよ?
         消防士は死ぬために火に飛びこむんじゃないでしょ?
         なんか昔の軍人は死ぬために戦争行ってるかんじだもん
こうじ の発言 :命を粗末にして死ぬために出撃しただなんて
         僕には想えない洗脳じゃないと想う
Haru の発言 :お国のためっていうのは?なんかね、実際そう思ってたひとって
         どのくらいいたんだろ実はそんなにいないんだろうね

152 :名無シネマさん:2007/01/16(火) 21:05:37 ID:h4esZyHL
>>150
泣けちゃったんですか? 自分は涙腺ゆるめなもので、行こうかどうか迷ってます

153 :名無シネマさん:2007/01/16(火) 22:47:48 ID:MHA2F8Lp
渡辺 謙の最初の『天皇陛下万歳』のシーンは、
当時の逃げられない雰囲気や義務を果たすしかない
追い込まれた状況がとてもよくわかる秀逸なものだった。
いままでどの映画でみた『天皇陛下万歳』のシーンより
語りかけてくるものがあった。
それだけでもオレにとっては収穫の映画。

154 :名無シネマさん:2007/01/16(火) 23:52:33 ID:aBnoHaRZ
>>153
>追い込まれた状況がとてもよくわかる秀逸なものだった。

そう?どこでそう感じましたか

155 :名無シネマさん:2007/01/17(水) 08:30:11 ID:PPmEbYms
>>45
お母さん、大事にしてやってくれや。

156 :名無シネマさん:2007/01/17(水) 20:55:55 ID:rWWK4rGp
>>154
斜めバンザイですかね。
いままで見てきたのは体はまっすぐで
喜劇かよってくらい普通の人がやるバンザイ。
もっと軍国主義を茶化しているものを想像していました。
天皇崇拝主義ではなく、サヨクでもないオレが、素直に
当時は天皇陛下万歳って言わなきゃいけない時代だったのかと
身震いした、この時代いややって思った、そんな気持ちを書いてみました。

157 :名無シネマさん:2007/01/17(水) 21:54:49 ID:pQVf6M80
>>156
>斜めバンザイですかね。

残念だが、脱帽し斜めにおじきする万歳は当時の作法
追い込まれていたこととは関係ない


158 :名無シネマさん :2007/01/18(木) 11:52:31 ID:oyaeowqm
>>当時は天皇陛下万歳って言わなきゃいけない時代だったのかと
身震いした、この時代いややって思った

んん・・・。

159 :名無シネマさん:2007/01/18(木) 19:03:48 ID:iqYgb0mZ
「17歳の硫黄島」っていう本を先に読んでしまったのだが、
「手紙」では硫黄島の戦闘の過酷さがまるで描かれてない。
そんで日本の町並みや家屋が変だ。(憲兵が犬を撃つシーン)。

>>110
>>ライフルって言うのだけは〜
>>噴進砲に萌えぇ〜〜!
ハゲドウ!




69 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)