5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

時代劇の理不尽な点を強引に解釈するスレ 参

1 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/03(土) 06:04:48 ID:vfL1eXRM
時代劇を見ていて不思議に感じたことを質問しましょう。
優しく知識あふれる方々が納得のいく解釈を与えてくださる事と思います。

前スレ
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/kin/1056378787/
前々スレ
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/kin/1030990830/

147 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/01(月) 17:31:07 ID:OR+G3hwm
>>145
正確には「迷わず地獄に堕ちるがよい」と言っています。
145さんがおっしゃっているような点を考慮して、
間違いなく地獄に行ってくれるようフォローしています。

148 :越後屋:2006/05/01(月) 17:43:30 ID:5SbXOKCz
水戸黄門も眠狂四郎もそうですが、軽装で旅をします。着替えなんかない。
眠狂四郎のだんななぞ、着流し一丁で京まで旅。宿では洗って干すまで裸で
すごすんかいな、と思ってしまう。水戸黄門は黄門さまも助格も昼間の旅姿
のままで寝ていたりする。臭くなるだろうに。それからお銀。あんなのが
フスマを隔てて寝ていたら、俺なら絶対に夜這いをかける。助格はなんとも
思わないのか?

149 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/01(月) 17:52:47 ID:???
>>143
幕府御用達の呉服屋であつらえており、お客様の秘密が漏れることはありません。



150 :名乗る程の者ではござらん :2006/05/02(火) 11:56:55 ID:Ht8OP+Y+
拝一刀氏の息子、大五郎ちゃんの発育を気にかけています。
食事のバランスが取れていないようですし、同年齢の子供に比べて
語彙や感情表現に乏しいように感じられます。
お父様のご職業柄、行き届いた育児には限界があると思われますので、
この際児童相談所に通報したほうが良いのでしょうか?


151 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/02(火) 12:30:28 ID:Ht8OP+Y+
>>144
スーツ姿を「颯爽としてかっこいい」と感じることはありませんか?
おしゃれとしてスーツを着用する男性も少なくありません。
孫兵衛はおしゃれに気を抜かないチョイ悪オヤジなのです。

152 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/02(火) 12:49:02 ID:kL0aNHXN
鬼平をみてると、よく密偵が誰かを尾行するシーンがあるのですが、10メートルほど後ろを怪しくつけていてどう見てもバレバレです。なぜ尾行されてる人間は気が付かないのですか?

153 :名乗る程の者ではござらん :2006/05/02(火) 13:43:07 ID:Ht8OP+Y+
>>152
かつての日本では衆道が珍しいことではなく、
いい男の周辺には、常に近付く機会をうかがっている者がウロウロしていたのです。
日ごろから追っかけられていたために、密偵が尾行したとしても
「ああまたか、あいにくオレは女好きだぜ」くらいにしか考えなかったのでしょう。

154 :越後屋:2006/05/03(水) 13:43:41 ID:w17pIZ/Z
ロウソク入りのガンドウで照らされると、うっとまぶしくなる点について。
どう解釈する?



155 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/03(水) 19:17:44 ID:???
>>138
骨盤を動かして歩くのが本来のナンバですが
あなたの言うナンバは能の南蛮歩きがつづまってなった専門職名詞であり、
それをウッカリひろめたが為に本来の歩法を知らぬやからが現代に増えたのです。
ちなみに、うっかり八兵衛とつばくろ陣内を足した様な顔をしていると
手配書き(今でいう指名手配)されたほどです。

156 :お上:2006/05/04(木) 11:49:10 ID:???
>>154
そもそも当時は照明なんて油や蝋燭を燃やした時の弱い光に頼っていましたし、
その油や蝋燭もけして安いものではありませんからおいそれとは使えず、夜になれば
ほぼ真っ暗といってよい状態でした。また籠灯は光源から出る光が後部の覆いで反射して
すべて前方に向かうようになっていますから通常の行灯や提灯よりも強く照らす事ができ、
照らされた人からすると闇に馴れた目に強い光が当たる事になります。


まあそんなことより、籠灯で照らされて大げさな反応をとるのは籠灯を持ったお役人に対して
やましいところがあるせいです。おとなしく観念して下さい。

157 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/04(木) 16:44:47 ID:vPvmip1U
>>146
メーカーが現存しないため、詳細は謎です。
一説には、その技術は現代の自衛隊戦車に受け継がれたとか。

158 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/05(金) 00:04:05 ID:???
長七郎の冒頭で、連獅子みたいなお面を被って踊るところがありますが、
何故こんなのなのでしょう。能や歌舞伎ではないのですから、別にお面を被らなくても良いと思いますが。


159 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/05(金) 00:06:52 ID:???
吉宗公は金糸の入った着物姿で江戸城の古井戸に入り、市中に抜け出しますが、
乗っている船から現れたときは既に徳田新之助の着物になっています。
上様用の着物はどこに行ってしまうのでしょう?戻るときには逆のことが当てはまります。


160 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/05(金) 00:11:46 ID:???
お庭番は床下にもぐって盗み聞きをすることがよくありますが、当時の建物では
何故、人が入れるくらい床下が高かったのでしょうか?

また、天井裏で盗み聞きすることもありますが、何故、人が乗っても音もしないくらい
天井が丈夫だったのでしょうか?あれでは百人乗っても大丈夫のイナバウアーです。



161 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/05(金) 14:51:42 ID:???
>>158
彼は桃太郎侍に密かに憧れていたようです。
しかし同じ能面をかぶっては芸も個性もありませんから、
誰ともかぶらないように獅子を選んだのです。

162 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/05(金) 15:00:35 ID:???
>>159
「サンダーバード」の着替えシーンをご存知でしょうか。
チューブの中を滑り下りる間に着替えが完了する仕組みになっています。
古井戸および船底が特殊な構造になっており、自ら着替えを行わなくても
自動的に衣服の変換が完了するのです。

163 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/05(金) 15:22:12 ID:???
>>160
誤解してはいけません。あれはお庭番の能力の高さのたまものです。
しかし確かに床下は高く作られていました。現代では除湿装置などの
発達により、低くて密閉された空間となりましたが、かつては常に
風通しを良くしておく必要があったため、結果的に人が入れるほどの
高さになったのです。

天井については、昔の建築材料に理由があります。
当時の「板」は当然ですが全て鋸引きで、薄いものでも4〜5aの厚さが
ありました。これならば乗っても大丈夫!ですね。
「曲者!」と叫んで刀や槍を突き通す人は、相当の豪腕を誇っています。
それでも、イナバウアー物置発売の時はお庭番の間に衝撃が走ったそうですよww

164 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/25(木) 02:16:18 ID:gzDUJMUO
あげてみる

165 :名乗る程の者ではござらん:2006/06/23(金) 18:57:15 ID:ptdE8XzQ
あげ

166 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/15(土) 11:01:04 ID:???
いくら将軍の身分が高いからって大奥は贅沢過ぎると思います
庶民から反感を買わなかったのでしょうか?

167 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/19(水) 19:34:12 ID:???
>>166
亨保時代の上様がきらびやかな衣装を着て大奥で踊り狂うという
元禄時代の傾き者のようなずっと前の流行に興じていたので庶民はみんなドン引きしていました。

168 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/20(木) 13:51:25 ID:USgj5DvN
榊大介は医者志望なのにどうして武芸達者なんだ?

169 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/25(火) 16:46:31 ID:v8BLk66v
今夜、新・桃太郎侍がスタートしますが、主演が高橋英樹ではなく、高島家次男政宏であることが理不尽です。
要するに高橋版とは違い、原作に忠実な設定でやるということですか?

170 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/25(火) 18:06:48 ID:???
>>169
その通りです。
キビ団子を腰に下げ、犬・猿・雉を従え鬼が島へ鬼退治に行く予定です。

※ 尚、予告無く内容が変更になる場合があります

ちなみに政宏は高島家の長男です

171 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/25(火) 18:13:29 ID:???
>>170
つ道夫ちゃん事件
マジレスですいませんが、政宏は次男です。長男は道夫といい享年7ヶ月でした。あまりにも不幸な事件だったのでマスコミなどで気を遣っているのですよ。
詳しくは道夫ちゃん事件でググればわかります。

172 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/25(火) 21:24:22 ID:qz0HhmZm
昭和39年8月24日午前3時頃、東京都世田谷区の俳優・高島忠夫(当時34歳)の長男・道夫ちゃん(当時、生後5ヶ月)が風呂の浴槽で溺れ死んでいるのを同家のお手伝い・Y子(当時17歳)が発見した。警察が急行し現場の捜査を開始した。
Y子は「工員風の怪しい男を目撃した」と証言するが、現場は荒らされておらず物取りではないこと、Y子の証言が曖昧であることなどから警察は厳しくY子を追及。同日の昼過ぎ、Y子は道夫ちゃんの殺害を自供した。

173 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/27(木) 22:13:30 ID:???
なぜ、裕福な旗本の子息はアホばかりなのですか?

174 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/27(木) 23:03:51 ID:???
>>173
マジレスすると世の常というものです。

175 :ブレイブ ◆M.CwMgXR5I :2006/07/28(金) 02:06:17 ID:???
>>173
甘やかされて育てられたからです

176 :名乗る程の者ではござらん:2006/08/03(木) 16:16:46 ID:???
>>173
旗本の中に旗坊が混じっていました。

177 :名乗る程の者ではござらん:2006/08/05(土) 18:34:11 ID:???
教えてください
浪人、代官、商人など、身分にかかわり無く
悪人の目の周りがドス黒いのはどうしてでしょうか?

178 :ブレイブ ◆M.CwMgXR5I :2006/08/05(土) 21:34:48 ID:???
>>177
悪い事ばかりを続けていると良心の呵責でストレスが溜まります。
そのせいで血行が悪くなっています

179 :名乗る程の者ではござらん:2006/08/08(火) 00:41:06 ID:esZvBj72
>>177
悪代官2妄想伝の最終面でのやり取りを見れば
吉宗が伝説の悪代官の子孫であることがわかります。
血には抗えないのです

180 :名乗る程の者ではござらん:2006/08/30(水) 21:58:25 ID:???
先日夜8時の水戸黄門を見ておりましたが、ご老公が切り合いの最後にしらじらしく
印篭を角さんに渡すシーンがあったのはともかく、旅姿の人の手甲や脚絆が
まったく汚れていないのは理不尽です。

181 :名乗る程の者ではござらん:2006/09/26(火) 10:10:27 ID:KxJX/lT4
保守にござる

182 :名乗る程の者ではござらん:2006/09/27(水) 05:50:02 ID:???
(´-`).。oO(保守レスで上げるのは理不尽だと思う…)

183 :名乗る程の者ではござらん:2006/09/30(土) 18:06:48 ID:???
>>182
>>181の保守は「ほしゅ」ではなく「やすもり」と読むのです。
つまり、保守でごさるとは>>181の自己紹介なのですね。

184 :名乗る程の者ではござらん:2006/10/16(月) 09:20:37 ID:BIGJnAdA
ガイドライン板の「画像も貼らずに〜」というスレでは
麻呂AAネタ(+左大臣)でスレが伸びています。
武家もお上も先の副将軍もさしおいて公卿ばかり目立つなんて理不尽です!

185 :名乗る程の者ではござらん:2006/10/29(日) 22:36:38 ID:???
かげろうお銀の入浴シーンが中途半端なのが理不尽で〜す

186 :名乗る程の者ではござらん:2006/10/30(月) 01:34:47 ID:???
>>185
これでもか?
ttp://www.uploda.org/uporg564821.jpg.html

187 :名乗る程の者ではござらん:2006/12/01(金) 18:29:00 ID:IknxktvE
暴れん坊将軍のラストのちゃんばらで吉宗公は峰打ちしてるはずなのに下まで振りぬいてるのが理不尽です。

188 :名乗る程の者ではござらん:2006/12/02(土) 18:41:40 ID:???
つーか所詮刃の付いてない模造刀なんだから峰を返す必要もなかったりして…
あマジレス禁止ですかそうですか(´・ω・`)

189 :名乗る程の者ではござらん:2006/12/06(水) 01:10:23 ID:hpBJeIez
やはり暴れん坊の新さんは、初対面の人に「おれの名前は徳田新之介。貧乏
旗本の3男坊で、め組の居候だ」と言い放ち、さらにそれを相手が完全に
信じ込むあたりが理不尽。さらにはピンチに助太刀し、「よかったら、力
になるぞ」の一言であっという間に仲間意識が生まれたりする。

190 :名乗る程の者ではござらん:2006/12/08(金) 15:28:27 ID:7PRAYBqO
仕業人の最終回で主水が土屋小十郎と果し合いした後脱ぎ捨てた上着もマフラーも回収せずに帰っちゃったのが理不尽です。


191 :名乗る程の者ではござらん:2006/12/08(金) 15:35:04 ID:???
>>190
殺しの現場におみくじを放置したせいで、
仕業人崩壊と剣之助お歌の死を招き、
その責任を取らずに上方へ逃げようとする
やいとやに対するあてつけなのです。

「恐ろしい男だ……」byやいとや

192 :名乗る程の者ではござらん:2006/12/08(金) 17:07:48 ID:???
水戸黄門はなぜ二回に一回くらいは生き別れた母子の話が出てくるんですか。

193 :名乗る程の者ではござらん:2006/12/08(金) 21:20:37 ID:???
>>189
一般時代劇では無駄飯食らいのごろつきに描かれがちな旗本の次男以下ですが、
中には、己の立場なりに、世のために尽くそうとする立派な若者もいました。
彼らは、庶民の家に居候する分、庶民のために骨身を惜しまず働くことから、
「恵みの居候」というあだ名で呼ばれていました。
数が少ないので、決してメジャーな存在ではなかったものの、
庶民の側にも、その志をありがたく受け入れるものも多かったのです。

194 :関係ないし:2006/12/11(月) 00:45:50 ID:Bm86AJSR
[sage]
善人は異常に善人、悪人は異常に悪人。中間てものがない。
そうしないと脚本の稚拙さを…
ま、いいか…(笑)

195 :さらに関係ないが:2006/12/11(月) 06:05:26 ID:???
(´-`).。oO(>194みたいなのをチラシの裏に書かないことが理不尽だと思ってみたりする…)

196 :名乗る程の者ではござらん:2006/12/13(水) 16:12:35 ID:gCQwGyvf
>>195
キーボードを下敷きにして書いてたらいつのまにか書き込みされてました。

54 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)