5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【Letters from】硫黄島からの手紙34通目【Iwo Jima】

593 :名無シネマ@上映中:2007/01/12(金) 23:47:08 ID:ZLCw9K0B
私が成人を迎えた日、父から思いもよらない話をされました。
それは祖父が硫黄島からの帰還兵だということ、あの姿はその時に火炎放射器に
焼かれたやけどの跡だということ。戦争から帰ってからは硫黄島で亡くなった
戦友を思い出して毎晩のようにうなされていたということ。
近所の人たちからも好奇の目で見られてたということ。
祖父は常々「自分がこんな姿なばっかりに○○(私の名前)に嫌な思いをさせて
かわいそうだ」と言っていたということ。

その当時も、祖父にひどいことをしたと反省はしたのですが、
先日、この映画を観て、当時の祖父の置かれていた状況がすごくよく分かり、
こんな辛い目に遭いながら奇跡的に生きて帰って来れたのに、
孫である私に嫌われ、寂しく死んでいった祖父を想い涙が止まりませんでした。

おじいちゃん、生きて帰ってきてくれてありがとう。
12年という短い期間だったけどおじいちゃんと過ごせて良かった。

295 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)