5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦後60年記念作品 東映「男たちの大和/YAMATO」 25_3連装機銃29基

1 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 17:43:15 ID:kDmoQS5D
昭和16年、世界最大の超弩級戦艦大和型一番艦「大和」竣工。
帝国海軍の大艦巨砲主義の答えである戦艦大和。
不沈艦と言わしめ、そして帝国そのものの象徴ともなった巨艦。
その下で戦う3,000人の男たちの最後と始まりを描く。

2006年8月4日(金)より DVD絶賛発売中
   特別限定版 8,190円  通常版 3,990円
 http://www.toei-video.co.jp/DVD/sp21/yamato.html
 ビデオ&DVDも好評レンタル中

公式サイト
http://www.yamato-movie.jp/
公式ブログ(更新終了)
http://blogs.yahoo.co.jp/yucchin_yamato
1941(会員限定スペシャルDVD-BOX発売中)
http://1941.jp/
Yahoo!ムービー 「男たちの大和/YAMATO」特集
http://yamato-movie.yahoo.co.jp/
角川春樹事務所
http://www.kadokawaharuki.co.jp/
大和ミュージアム・呉市海事歴史科学館
http://yamato.kure-city.jp/

前スレ
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1157252388/

2 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 17:44:16 ID:kDmoQS5D
◇シネマスクランブル特集サイト
ttp://cinesc.cplaza.ne.jp/db/review/mo3681/index.html

◇超映画批評『男たちの大和/YAMATO』75点
ttp://movie.maeda-y.com/movie/00644.htm

◇海外の大和資料サイト
ttp://commons.wikimedia.org/wiki/HIJMS_Yamato
ttp://www.history.navy.mil/photos/sh-fornv/japan/japsh-xz/yamato.htm
ttp://www.history.navy.mil/photos/sh-fornv/japan/japsh-xz/yamato-n.htm
ttp://www.history.navy.mil/photos/sh-fornv/japan/japsh-xz/yamato-k.htm

◇戦艦大和
ttp://www.biwa.ne.jp/~yamato/yamato.htm

◇尾道の実物大セット(一般公開終了、解体済)
ttp://www.onomichi.ne.jp/~moon/ekimae/oda/
ttp://album.nikon-image.com/nk/NAlbumTop.asp?key=589854&un=2258&m=0
ttp://oda.miemasu.net/CgiStart?page=Single&Language=1 (ライブカメラ)
ttp://www.rcc.co.jp/camera/onomichi2.html (ライブカメラ)

3 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 21:40:13 ID:m8j1AWJX
死にかた用意。byカズシゲ

4 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 17:31:19 ID:Fw3S3+i8
そろそろテレビでやりそうだな。
それまでこのスレが持つか。

5 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 19:29:45 ID:C9PdEPN1
思えば一年かぁ…
初日の初回を観た時の衝撃は忘れられない
地上波初登場はいつだろね

6 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 23:53:56 ID:P12jPLS8
実況が盛り上がりそうだな。

7 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 23:56:57 ID:epDQ57GU
中村獅童 大和・・かっこいい役

     硫黄島・・なさけない役

比較が見所w

8 :名無シネマ@上映中:2006/12/13(水) 00:24:02 ID:M3/iFP1d
>>7
獅童も落ちぶれたもんだな。
硫黄島では笑いを取る役なんて。
ちょっと意外だったよ。

9 :名無シネマ@上映中:2006/12/13(水) 02:58:26 ID:IgUQ36HE
獅童はいかにもツラからして日本軍人ぽくてハマッてんじゃないの?
演技だど言えばそれまでだが・・・
戦艦大和沖縄特攻貧乏海軍に、金持ちボンボンの一茂がいることの方が
オレにとっては恐るべき異様なオーラを放っている!これは人選ミスだ!

10 :名無シネマ@上映中:2006/12/13(水) 03:40:59 ID:kzii9KBf
>>7
でも階級は上がってたなおとやま=一曹

硫黄島 =大尉(たしか星が三つだったと思う)

11 :名無シネマ@上映中:2006/12/13(水) 23:51:58 ID:gKBSS8VP


BF1942 "硫黄島攻防戦 〜island of hell〜"
http://www.youtube.com/watch?v=jB5REmvw-0M


  

12 :名無シネマ@上映中:2006/12/13(水) 23:59:41 ID:r+VSK0Aq
地上波じゃないけど、元旦の夜に放映があるよ。

13 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:11:17 ID:1UEuzqcb
>>9
確かに一茂はミスキャストだろうな。
臼淵大尉は確か当時21歳だから、一茂が演じたのでは年齢が高すぎる。

14 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 23:36:04 ID:IwgTArsj
人物はおおむねフィクションのような気がしたのですが、
実在の人っているのでしょうか?

15 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:05:07 ID:IwgTArsj
「おかあさーん」はじめ兵士たちの言動はフィクションとしか思えません。
何か根拠があるんでしょうか?

16 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:34:34 ID:n0P8nRAN
生き残った内田、神尾が見出した生きる意味というのがあります。
その意味に沿って、兵士や家族の言動にフィルターが掛けられたり、
願望によって殆ど想像上のものになっているように感じました。

17 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:45:04 ID:n0P8nRAN
もしもフィクションなら船もフィクションの船とするのが普通。
そうでなく大和とするのは原爆と合わせて日本の敗北、
最後の戦いの象徴としたいからでしょう。

つまり日本の最後の戦い自体が、生き残った人々の、生きる意味の必要のために、
フィクション化されたことになるでしょう。


18 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:50:30 ID:n0P8nRAN
この願望の大和とできるだけ史料に基づく実在の大和との違いを描ければ
優れた作品になったと思います。


19 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 00:51:42 ID:n0P8nRAN
でなければうさんくさい作品です。

20 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 01:02:07 ID:PcylJY/f
何で数レスに分けてるんだ?

21 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 02:41:20 ID:vWiLmNdc
もし「男たちの大和」がクリントイーストウッド監督、ドリームワークス
製作だったら、特攻前の艦長訓示のとこで君が代&海ゆかば斉唱
もあるのかな?。

22 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 10:43:29 ID:wlo3d3/q
日本軍の特攻はアメリカ人にとって理解し難い無謀な自殺行為の様な気ガス。
大和は映画のネタにはならんか・・どうかな?。

23 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:33:43 ID:TzJCEn+D
おまいら、ちょっとこれ見ろよ!
http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=1740
大和の沈没を飛行機から見たと言ってる元日本軍パイロットがいるんだが、これは事実だろうか?
俺が知る限り、鹿児島から飛び立ったのは日本海軍第二航空艦隊鹿屋基地所属の15機が4月7日早朝に大和艦隊の針路前方を警戒して引き上げたのが最後だが。

24 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 13:41:13 ID:RNPIc4s7
大和沈没後に零戦来たからw
空中戦やって米機を撃墜したはず

25 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 14:42:41 ID:wp4XDfwq
>>24
へぇ〜! そんな事があったんだ!? どうしても大和沈没、残存部隊の帰還で
話が終わってしまうので、米艦隊のその後の話は全く知らなかった。
ちなみに基地では急遽大和修理のための用意が下令されてドックで準備して
待っていはいたという話は何かのサイトで読んだ覚えがあるけど。

ところでこのスレタイは、やっぱり機銃の発砲の順がおかしかったことに関係あるんですか?

26 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 15:00:06 ID:TzJCEn+D
>>14
●伊藤整一・海軍中将
(渡 哲也)
●森下信衛・艦隊参謀長
(勝野 洋)
●有賀幸作・大和艦長
(奥田瑛二)
●能村治郎・大和副長
(野崎海太郎)
●茂木史朗・航海長
(高岡建治)
●草鹿龍之介・海軍参謀長(林 隆三)
●古村啓蔵・第二水雷戦隊司令官(本田博太郎)
●小滝久雄・第21駆逐隊司令官(春田純一)
●内田守二等兵曹(本名=内田貢/中村獅童)
●唐木正雄二等兵曹(本名=唐木正秋/山田純大)
●常田澄夫・特年兵(本名=安原武/崎本大海)
●玉木(安原水平長/平山広行)※安原武の兄
●臼淵磐大尉(長嶋一茂)
以上が実在の人物

27 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 20:21:54 ID:GHw+pLU/
大和のメインテーマってRPGのボス戦に使えそう

28 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 00:52:45 ID:SEDof8KX
>>26
有り難うございます。
司令官までは実在は当たり前ですね。

大和の出撃が正式に特攻と呼ばれていることは知りませんでした。
私などは飛行機や回天だけかと思っていました。
特攻の概念が変わりそうな気がします。

艦長が命令の解釈を「一億玉砕、一億総特攻の先駈けとなれということですな」といいます。
この一億玉砕、一億総特攻などというのはなんのことだかよく分からないところです。

ところで兵士たちの言動には何か根拠があるのでしょうか?
「おかーさーん」は何か根拠があるのでしょうか?
フィクションとしか思えないのですが。

29 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 01:14:31 ID:e3W4bDvG
このスレの住民は「蒼き狼 地果て海尽きるまで」観に行く?
俺はちょっと興味がないんだけど。

30 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 03:36:55 ID:GV2ngahV
興味ないなら観なきゃいいじゃん。

31 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 05:49:13 ID:wCJ4Q+N+
仲代達也さんの若い頃ん演じてた俳優さんはなんていう名前なんですか?

32 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 06:05:31 ID:6Weij8pH
>>31
松山ケンイチ
大和のDVD見た翌日にTVでデス・ノート見たんだけど
Lやってたのにはひっくり返ってしまった

33 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 06:36:05 ID:wCJ4Q+N+
32ありがとう
すごいギャップですねw

34 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 09:21:27 ID:9TlMu5+X
>>21
これより少ない予算でも迫力ある映像を作ってくれそうだな。

35 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 11:25:08 ID:0GpLvYvk
>>28
つ本土決戦

36 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:25:55 ID:R9kBZaKv
http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/f-et-tp1-20061219-132491.html
日アカ期待あげ
フラガがあるから無理かな?武士は木村が出ないだろうし

37 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:08:47 ID:yRgjjhf8
第30回日本アカデミー賞ノミネート発表
9部門ノミネート

<男たちの大和>
優秀作品賞、優秀監督賞、優秀助演女優賞、優秀音楽賞、優秀撮影賞、
優秀照明賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞

38 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 02:44:59 ID:qwygOnKT
>28
男たちの大和は生存者の方の証言などを取り入れて作られた映画です。
「おか〜さん」はフィクションではなく、最後の出撃の時に
ふるさとの方に向かって叫んだそうです。
大和の年少兵たちも色んな乗組員を合せて作った人物像です。
ちなみに俳優たちに機銃の使い方や海軍の所作を教えたのは
大和の生存者で八杉康夫さんという方です。




39 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 03:42:50 ID:ffQtd0+i
>>37
松山デスノでは助演入ってるのに…不思議

40 :39:2006/12/20(水) 03:45:44 ID:ffQtd0+i
なんか日本語おかしいな。ごめん。

41 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 11:23:40 ID:3hfcZkW5
>>28
>艦長が命令の解釈を『一億玉砕、一億総特攻の先駈けとなれということですな』といいます。
この一億玉砕、一億総特攻などというのはなんのことだかよく分からないところです。

>>一億総特攻というのは、推測だがおそらく“本土決戦”の事だろう。
大和艦隊と特攻機部隊が壊滅しても、アメリカ軍を日本本土におびき寄せて一気に叩く作戦が準備されていたから、伊藤長官に対してのそれは『本土決戦に差し当たり、大和は沖縄に先行してアメリカ軍を叩いてくれ』と、そういう意味だったんだと思う。

42 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:21:02 ID:RLaDW52Q
カッちゃんも妙ちゃんも立派になったねぇ…

43 :名無シネマ@上映中:2006/12/20(水) 12:42:11 ID:LkK7D/U8
>>36
岡田茂賞とやらが新設された件
胡散臭杉

44 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 00:32:12 ID:Ysd4P9K+
沈没したところでサントラの大和よ永遠にを歌ってほしい

45 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 00:42:08 ID:d3aaGk1r
かみちゅの大和の話の方が泣けた。
大和の兵装の考証も行き届いてたし。

46 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 10:14:23 ID:go+DlmQb
>>41
もうちょっと勉強したほうがいいよ

47 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 23:13:34 ID:Z8nALGfY
過去スレにもあった質問だとは思うのですけど…
乗組員達が背負っている水筒みたいなものはなんなのでしょうか?

48 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:31:16 ID:dUhoHcnj
ウチの近所のレンタルショップ、いつ行ってもレンタルランキング1位だ。
15本ぐらいあるのがいつも3,4本しか残ってないし
レンタル開始からずっと、今でも1位ってのが凄いな。

49 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 01:41:26 ID:M/Np44P5
>>47
酸素ボンベ。大和の艦内は毒ガス攻撃に対応した作りになっているから、艦内配置の者には防毒マスクと酸素ボンベが与えられとったようだ。

50 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 03:45:21 ID:QP6q6ZLG
上沼恵美子が「2回見て2回泣いた」って昨日の番組で言ってた

51 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 07:34:09 ID:3y6r+D5p
マツケン、報知映画賞オメ!曲が流れた時反射的に泣いてしまった

52 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:40:57 ID:Z1cvdrRz



53 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:31:51 ID:yyZjsCVU
大和って実際は横転せずに平行にゆっくり沈んでいったらしいね

54 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 20:44:25 ID:YXoDa0E2
何回見ても「あんた一人のうのうとよう帰ってきたなぁ」で泣く
初めて見た時「生き残ってごめんなさい」って何でそんなこと言うんだよと悲しくなった。

55 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 22:20:33 ID:ISB1DGsC
>>53
船体は3個ほどに分かれて海底に擱座。
船尾は横転している。
「武蔵」は爆発も横転もしてないので、ほぼそのまま
沈んでいる可能性が高い。

56 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:35:11 ID:2uN4s+tu
>>54
あのセリフは「父と暮らせば」のパクリ

57 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 03:49:15 ID:kod28hvS
舷側41センチの装甲でも魚雷で穴開いちゃうのか


58 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 08:03:06 ID:QdtiX+Uk
一番分厚いところが41センチであって、全体がそうじゃないからな。

59 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 10:59:07 ID:RR113shY
>>49
ボンベじゃなくてフィルターの入った缶だと言ってる人もいたがどっちが正しいんだ?

60 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 16:02:45 ID:fuy2MzqN
防毒面についているのは吸収缶(フィルター)だよ。
あんな小さな酸素ボンベじゃ物の役に立たない。

61 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 16:20:18 ID:2c6cnWED
今観た産業。
思っていたよりチープで残念!
でも、「生きんしゃい!!!」とかで涙出た。(;ω;)なぜだ?

62 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 16:29:21 ID:XfN6VKxm
>>61
あんなこと言うわけねーじゃん
騙されんなよ

63 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 16:34:25 ID:mQVlTbiH
>>28
函館戦争と同じ思想ですよ。

64 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 16:56:38 ID:G9Os8Fkm
足開け!手を上げろ!歯を食いしばれ!

・・・すっげぇ痛そうだ

65 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 19:52:55 ID:gnDZvlQC
主砲発射の描写があまりにもヘボすぎる。火薬がポン!と発火した程度って何だよありゃ。
凄まじい火炎、黒煙、爆風が発生するはずだぞ。海面にも衝撃が一面に伝わってさ。

それに、対空砲要員が甲板に配備済みなのに主砲撃つなんて、アホすぎる。
みんな死ぬか重傷負うぞ。制作陣はそんなことも知らなかったのか。

66 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 21:55:58 ID:JXVwi3eK
武蔵の対空戦闘で敵機が機銃の射程に入る直前に、やおら主砲発射!
びっくりした機銃員が逃げるときにもまた発射!
これで前部機銃群の攻撃力をほぼ喪失、その後の被害も前部に集中した。
特に単装機銃では爆風を避けられず被害が大きくなった。

大和特攻時に役に立つ単装機銃が無く、役に立たない三連装ばかりになったのは
海軍の悪い癖がここでも出ていると見た。

67 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 23:57:50 ID:vPr8X++c
映画の中で、レイテ海戦で主砲を撃つ前に機銃員が退避するシーンがあったぞ。
それよりも、三連装機銃を全部同時に発砲したり、機銃の弾倉が軽すぎるよう
に見える方が興醒めだったよ。ガイシュツだったら御免。

68 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 11:02:26 ID:a8kmKnq1
正直本スレを立て直す必要はあったんだろうか。
多分地上波放送実況対策だと思うが、それが終われば
一気に需要は無くなるし、
軍事的突っ込みは軍板の範疇だし。

69 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 02:25:38 ID:S4/dhcVJ
>>65
沖縄戦では実際には撃ってないらしい。15m測距儀要員で奇跡的に生還した八杉康夫氏の証言だから確かだ。
一応、主砲対空射撃に備えて敵機までの距離を測定はしたらしいが、敵機が雲に隠れてしまってどうにもならず、気がついたら敵機が頭上付近の雲から現れて対空機銃が応戦したと自著に書いてある。

70 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 03:54:04 ID:JvRTT2uI
>>67
三連装は斉射可能ですよ。
ただ映画のようにずっと斉射してたかはわかりませんが。

71 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 03:56:33 ID:Sc8A/Jro
愛国心に特攻映画連発、マジ最低だね。

72 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 05:51:34 ID:mWBEEAgd
誰かオシエテください!               〇〇桜         〇〇〇の桜も      散る桜                     の〇に入る言葉ってなんだっけ?咲くとつぼみだっけ?

73 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 07:47:51 ID:ERpZCV5d
>>69
最近立ち読みした本に載ってたんだけど、
沖縄特攻時に主砲撃って応戦しているとこ って説明文の写真があった。
八杉康夫氏の証言は知ってたから「あれ?」って思ったんだけどね。
撃ったか撃ってないか、実際はどうだったんだろうか。

74 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 08:21:49 ID:+7tz+DKv
真実はわからないけれど、
レイテの経験があるから、主砲は三式弾で遠距離射撃は
準備していたと思う。
しかし、残念なことに雲が低く照準できなかったため、
結局撃っていない、と理解するのが自然ではないだろうか。


75 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 08:50:57 ID:ERpZCV5d
実際あの写真の説明文も信頼できるかどうかわからないからなあ。
ここ1,2年で大和関連の本でまくってて、1冊1冊の質は低いし・・・

76 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 09:46:14 ID:JpgHlDe5
>>72

一番 散る桜 残る桜も散る桜 いつか散りゆく この身じゃないか 男ごころに咲く花は いまをさかりに 咲けよ咲け

二番 散る桜 残る桜も散る桜 ひとり酒でも 盃ゃ二つ 忘れられない面影を 花にうかべて かさね酒

科白 「昨日出逢って今日別れ、黙ってうなずく花もある。しかし、覚えていてほしい。別れるということは、また新しい旅立ちなんだ」

三番 散る桜 残る桜も散る桜 所詮 短い命じゃないか 散ってしまえば みなおなじ 風の来ぬ間に 咲けよ咲け

四番 散る桜 残る桜も散る桜 泣くも笑うも はかない命 一期一会の夢おえば せめて別れの 花と咲け

五番 散る桜 残る桜も散る桜 せめて別れに歌おうじゃないか 男ごころに咲く花は 花と咲く身の 明日に咲け花と咲く身の 明日に咲け 

77 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 12:47:26 ID:mWBEEAgd
ありがとう!

78 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 12:52:42 ID:lc0dydM0
桜云々もテロップ入れるべきだったね
ダサさ倍増

79 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 14:27:19 ID:8JNuN6fC
>>74
自分が読んだ本では、少なくとも一斉射だけは主砲を撃って、それで敵攻撃機群の
先頭の何機かがボロボロと落ちた…という記述があったので、そういうものだと今まで
信じ込んでいたよ。確定的な真実では無いらしい!?という事はこのスレで初めて知った。

特にまだ経験の浅い子供の時分には、最初に得た情報を取り敢えずは真実と受け入れて
後の判断の基準になるわけだから、最初に読む本、最初に見る映画って、大切というか責任重大だね。

80 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 20:54:43 ID:S4/dhcVJ
>>73
八杉康夫氏 ×
小林健氏  ○
小林昌信氏 ×
三笠逸男氏 ×
黒田吉郎氏 ×
清水芳人氏 ○
木村邦夫氏 ○
坂本一郎氏 ×
細田久一氏 ×
宮本鷹雄氏 ×
渡辺光男氏 ×
能村次郎氏 ×

生還した大和乗員12名のうち、沖縄戦で主砲を撃ったと証言しているのはわずか3名のみ。
ちなみに能村氏は大和副長、黒田氏は主砲射撃の最高責任者である“砲術長”。

81 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 21:06:49 ID:AqwF56kd
撃った砲塔は第1砲塔だっけ?

82 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 23:53:26 ID:S4/dhcVJ
>>81
具体的に述べているのは小林健氏のみ。
小林氏は艦橋最上部15m測距儀の中央部にある主砲射撃指揮所にいたが、3砲塔とも撃ったと証言している。
ところが、どう言うわけか同じ部署にいた八杉氏はきっぱり否定している。「主砲は管制射撃だから、まず私のいる測距塔が砲塔側に射撃指示を出さなければ撃てない。だが、沖縄戦では砲塔に指示を出せなかった。」と。
米軍機のスピードが速かったり、雲に隠れたりで照準が間に合わないから主砲に射撃指示が出せなかったと言ってる。

83 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 11:09:30 ID:j7lvuDHm
休暇に入ったのでこの時間から酒飲みながら観てなかった特典ディスクを消化中
…角川春樹の眼がイってるように見えるのは気のせいか

84 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 13:03:43 ID:jobdI3q/
>>80
副長と砲術長が撃ってないというなら
撃ってませんね。

85 :82:2006/12/28(木) 16:07:29 ID:XtH3uUnO
>>84
悪い。訂正するわ。副長は主砲射撃を証言しとったようだ。

86 :つーか:2006/12/28(木) 21:28:27 ID:HtpCFGI9
アカデミー最優秀賞とれるかもな。

87 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 21:44:47 ID:Bxw+BP4B
なんですみおは養子に出されたんだろう?何かあの時代の理由でもあるんですか?

88 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 21:57:07 ID:L61ADhXl
経済的な理由だろうけど、別に不思議に思う事ではないような。

89 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 23:02:25 ID:hrB28Dz0
企画したヤツ頭おかしいんじゃないの?と思った作品
http://www.d3p.co.jp/s_20/s20_100.html

90 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 00:26:04 ID:Wu1SboBA
>>86
興収50億円という要素は無視できないからねぇ…

91 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 00:57:05 ID:1pkQGBnu
え?お兄さんは養子にだされてないっぽいし、お母さんは生きてるしなんでかなーと。

92 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 07:27:12 ID:DDKT2msq
すみおって誰だっけ?
Lの顔はデスノで憶えたけど他はワケワカメ

93 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 08:03:28 ID:CZz9icOK
>>91
兄貴は跡継ぎなんだろ。で、弟は家には必要ない。
だから他家に養子に出した。そっちの家は跡継ぎがいないからとかそんな理由だろ。
家計が苦しければ一人へって楽になるという事もある。

「養子」に対してなにか変な誤解をしてるんじゃないのか?

94 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 09:01:28 ID:s4t7FZqE
>>92
崎本大海。年末の大河ドラマ「白虎隊」に出るらしい。

95 :名無シネマ@上映中:2006/12/30(土) 01:40:48 ID:NkJSqtBa
こういう系の映画ってあんまりアカデミー最優秀とらなくない?
いや、わからんけど

96 :名無シネマ@上映中:2006/12/30(土) 15:04:16 ID:uwQhXCz2
おはぎのシーン、グッと来た
「砂糖の配給が少なくてね・・・」

これから砂糖の産地への特攻に行きます

97 :名無シネマ@上映中:2006/12/30(土) 20:50:20 ID:TtC+8H0m
>>87
山本五十六元帥も養子に出されて山本姓だしね。
元々は違う姓だし。

98 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 01:06:33 ID:5OkQ2jiW
テレビで有頂天ホテル見たけど、2006年度興行収入1位のわりには大したこと無かった。
こりゃ、日本アカデミー最優秀賞はYAMATOで決まりですな。

99 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 10:47:52 ID:EO5t3JRQ
アカデミー賞発表ってテレビでやる?

100 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 15:31:13 ID:FL35Iu3B
>>99
来年2月だっけか?

101 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 16:31:22 ID:33sr/eEZ
>>98
そんなの取ってもなー。

102 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 21:51:10 ID:cl20p9ds
私は特攻というのは自発的な意志によるものと思っていました。
大和が特攻なら、これは間違いですね。
どれくらいか知りませんが強制的な特攻をやった,やるつもりでいたということですね。


103 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 21:58:21 ID:jhsg4x+u
強制でない特攻とは一体

104 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 22:04:31 ID:cl20p9ds
志願制ということです。

105 :名無シネマ@上映中:2006/12/31(日) 23:35:20 ID:elJQ2Soq
自発的志願と半強制が入り混じってたらしいけどね。>特攻
ただ、大和の場合は、どうだろうね?生還を期さない作戦と完全に分かっていたのは実際には上層だけかと。

106 :名無シネマ@上映中:2007/01/01(月) 01:08:49 ID:QECNbnB8
やばいと肌では感じつつも不沈艦と呼ばれた船にのっていたのだから
最低沖縄にはたどり着けると考えてた兵もいたんじゃないかな

107 :名無シネマ@上映中:2007/01/01(月) 13:02:29 ID:/3fxhJIa
矢矧乗組員は嫌も応もなく特攻だな。

108 :名無シネマ@上映中:2007/01/01(月) 18:48:13 ID:vIs4AxaC
今日東映チャンネルで放送されるメイキングってどっかのDVDに入っているの?

109 :名無シネマ@上映中:2007/01/01(月) 22:40:28 ID:npk463Ll
中村しどうは結局生き延びたわけですか?
蒼井優は劇中目を閉じた時点で死んでしまったのですか?

110 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 02:28:03 ID:Bp817FUc
日本アカデミー最優秀作品賞は武士の一分に決まってるらしいよ。
山田洋二が審査委員理事だからごり押しでノミネートされたとか…
一番ヒットしてない映画が最優秀とるなんておかしな話だけどね

111 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 08:05:01 ID:qM7RFsju
映画としての「男たちの大和」はダメだろう

112 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 13:06:46 ID:ILL549oM
夕べはじめて見たけど良かったよ。
OPの漁協だ鈴木狂歌だは、おれも「これでも映画かよ!」と舌打ちしたけど。

ただ「死に方用意」のあたりの、一茂だか「おまえら好きなだけ泣き叫べ」のあたり
本当に史実?あんな自己啓発セミナーだか精神病院のRPGみたいなこと
やだな

113 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 20:41:04 ID:jhW50sCk
別に史実通りにやればいいってもんでもあるまいし。
それに「泣き叫べ」じゃなくて「叫べ。泣いたっていい」だよ。

114 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 00:34:55 ID:Is24m9oT
>>109
映画の内田二等兵曹(獅童)は沈没寸前まで機銃を撃ちまくって出番を終えたが、後に駆逐艦に収容されて無事に生還した。
映画の中の内田は対空戦闘に加わって負傷したが、実際には何もしておらず、艦内から甲板に出て来たところで米軍機の機銃掃射にやられ重傷を負った。
それを銃座から見ていた唐木(山田純大)は甲板に駆け降りてきて内田を安全な場所に匿い、内田の体を丸太で縛って銃座に戻った…というのが実際の話。
野崎妙子(蒼井)は映画特有の架空の人物だから、あんまり関心ないな…。

115 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 00:45:11 ID:wYgeIe3e
>>112

そのシーン。自分もとても違和感をもちました。
そんなに泣き叫ぶことを、特に戦前、日本人は恥に思いましたからね。

その点、「硫黄島手紙」の方は、黙って涙を流す西郷(二ノ宮)の
シーンに違和感無く見ることができました。

116 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 01:11:07 ID:Is24m9oT
>>112
出撃命令が伝えられた後、甲板上に並ぶ乗組員達に向かって『故郷に向かってお別れをしろ!』『おおいに泣け!』と指示したのは副長だろう。

117 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 03:50:35 ID:XG+wkUd9
実際は天皇陛下万歳三唱し君が代を斉唱した後、「故郷に向かって別れを告げよ泣いてもいい」と言われ、皆で叫んだそうですよ。


118 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 04:03:12 ID:OK9K3Kbk
少なくとも「連合艦隊」よりは迫力はあった。

一茂がどこで戦死したが映画では分からなかったが、スカパー見てようやく分かった。

松山ケンイチは、デスノートと同一人物とは思えん。

119 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 04:29:12 ID:jYIXfdwy
>>112-113
史実だよそれ

120 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 09:40:45 ID:Is24m9oT
>>118
おかしいのは、2番副砲指揮所分隊長の臼淵大尉(一茂)がなぜか夜間の艦橋当直に立っていた点だが…。

121 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 11:10:12 ID:VkaKKsND
>>97
後世日本では養子に出されず、高野五十六のままでしたねw

122 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 11:45:36 ID:3OkuMJx0
こんな自己啓発セミナーだか精神病院のRPGみたいな映画やだな

123 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 16:51:34 ID:ILwBF45H
神尾は良い役だったんだけど、ロンブーの亮に見えたのがつらかった。

124 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 18:05:04 ID:DpGLLXCh
これ本当に褒められてたのか?
やたらと狭苦しい撮影、説明臭さ、イライラする構成、恥ずかしいくらいの扇情的演出。
信じられん


125 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 20:23:51 ID:Pi1UAfZf
そんなあなたに

【糞監督】男たちの大和アンチスレ 直撃弾二発目【変な歌】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1136622516/

126 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 22:13:10 ID:7F9WUHJ5
>>119
史実だからなに流してもいいってワケじゃない。
その割に士官の殴り合いの時「天皇」って呼び捨てにするし。
しかし3連機銃、ほんとにショボい出来だったな。
参考程度に観たんだが、ほんと最期まで眠かった。

127 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 22:52:01 ID:uSgqdCFJ
天皇呼び捨てはもの凄く違和感あった
あり得ないでしょう
やっぱり左翼反日映画だと思った

128 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 23:25:07 ID:1Qr2/tCU
広島キャンペーンとか言って、キャスト達に広島の原爆記念碑に
献花させた事からも、よく分かる事でしょ
しかも、イベントの司会進行はテロ朝の渡辺だし

129 :名無シネマ@上映中:2007/01/06(土) 01:30:02 ID:Q42q+AN/
>>128
そうしないとまずいだろ?w

130 :名無シネマ@上映中:2007/01/06(土) 01:36:34 ID:rXuKSasn
>>129
なにがまずいんだよ

131 :名無シネマ@上映中:2007/01/06(土) 02:46:47 ID:6A57MJu/
戦艦大和艦歌(坂井保郎 詞)


遠すめらぎの 畏くも
肇めたまいし 大大和
永久に栄ゆる 日の本の
神武の正気 今ここに
こりてぞ成れる 浮きつ城

しこの御楯と 畏みて
たおれて止まぬ 尽忠の
大和ますらお 数二千
心を磨き わざを練り
断乎と守れ 太平洋

ああ悠久に 伝うべき
八紘為宇の 大理想
行くてをはばむ 敵あらば
無敵の巨砲 雷と吼え
撃ちてし止まん 大和砲

132 :名無シネマ@上映中:2007/01/06(土) 21:03:57 ID:z+FAx7f4
>>76          これは詩ではなく歌なんですか?わかる人、題名と歌ってる人の名前教えてください

133 :名無シネマ@上映中:2007/01/07(日) 02:11:26 ID:hdd4mkvh
>>124
興行収入は約51億円だから、邦画としてはまずまずだろう。
ただ、戦争映画としての完成度は60%くらいだと思う。予算や撮影技術の都合もあったのだろうけど、護衛駆逐艦の存在を省略したのはまずかったと思うね。あれじゃまるで大和1隻が単独で沖縄に突っ込むような印象を視聴者に与えかねないからな。

134 :名無シネマ@上映中:2007/01/07(日) 03:00:46 ID:rV/6VLyv
男たちの矢矧

135 :名無シネマ@上映中:2007/01/07(日) 07:56:40 ID:f6KTDGkB
いいかげん、もうちょっとまともに戦ったところを見せろ>邦画
日本海海戦とか青島攻撃とかプリンスオブウエールズ攻撃とか
勝ち戦がいろいろあるだろボケ。
負け戦ならミドウェーとかを分析的に映画化してみろ。
少しは独創的な戦争映画撮ってみやがれってんだ。
イデオロギーがからまない戦記モノも撮れないのかコラ。
しっかりしろ日本映画。

136 :名無シネマ@上映中:2007/01/07(日) 14:13:51 ID:PO3EqKm9
その題材で売れそうなら撮るんじゃねえの
つか売れる見込みあんの?
そんなミリタリーに特化したようなものが

137 :名無シネマ@上映中:2007/01/07(日) 16:21:43 ID:xHfGkHCb
「男たちの扶桑」なら観にいきたい。

138 :名無シネマ@上映中:2007/01/07(日) 17:27:38 ID:f6KTDGkB
>>137
扶桑は悲惨だった。
火薬庫に引火して轟沈、生存者ゼロだよな。
山城でさえ生存者2人。
もっと真摯に声なき声を汲んであげる作品が待たれる。

つか大和の最期って何回映画化された?
ワンパターンてのも言える。

139 :名無シネマ@上映中:2007/01/07(日) 17:32:57 ID:I6A9l+7I
男たちの扶桑?ここまで壮絶で万歳が隠蔽できない特攻映画は左翼どもは好かんだろ?
近代装備の増加で艦橋が変形していく扶桑の姿を描くのも面白いんじゃないの。
武蔵の轟沈、大和のリターン、大和ら主戦力の到着を待たずに夜襲
旧式、扶桑・山城中心のわずか七隻の西村艦隊の特攻
アメリカ艦隊大軍の情け無用の砲撃、魚雷、船体が熔けるほどのすさまじい轟沈
カネかかりそうだけれど、大和の最期より状況複雑な分、見ごたえあるよ。


140 :138 ◆J7dAbzWFSM :2007/01/07(日) 17:41:18 ID:f6KTDGkB
>>139
タイタニックに出て来たような設計主幹を一方の主人公にするとか。
戦前では秘密にされてた大和と違い、扶桑は良く知られて人気があった戦艦らしいし。
そういう風俗も平行して描いて。
設計主幹の息子はフィクションでも扶桑に乗っているべき。
最期の夜戦なんて絵面が面白いよな。


141 :名無シネマ@上映中:2007/01/07(日) 21:07:31 ID:C+BLP6ru
>>133
そもそもあれは男たちの映画であって、戦争映画ではない。

142 :名無シネマ@上映中:2007/01/08(月) 01:32:56 ID:RjJgMYRI
神尾ら3人だけで敵機5機は落としている件について
神尾らの機銃当たりすぎだろw


143 :名無シネマ@上映中:2007/01/08(月) 01:40:38 ID:v9s/19TY
>>141
すごい詭弁だ

144 :名無シネマ@上映中:2007/01/08(月) 17:57:12 ID:y4/h/Wjl
>>138
『涼月』はどうかな?
この一隻でも十分ドラマがあるし、
また『YAMATO』つながりで宣伝もしやすいだろうしね。

145 :名無シネマ@上映中:2007/01/08(月) 21:23:27 ID:V8w+8jbF
>>84
まあ折角セットも作ったし、主砲は発射して欲しい所。
でも迫力がなかったのには同意。
あと、高角砲もね。
まあセットがドックの中だから仕方ないのかな。



146 :名無シネマ@上映中:2007/01/08(月) 22:31:37 ID:3rXsddK/
死二方用意

147 :名無シネマ@上映中:2007/01/09(火) 00:27:46 ID:2a8ks0lV
話にならんなw

148 :名無シネマ@上映中:2007/01/09(火) 05:13:55 ID:xhXshUYN
主砲撃った後、中に退避してた機銃員たちが
いつの間にか全員配置についててワロタ

149 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 07:54:57 ID:xxNCyrXs
>>天皇呼び捨て

日本のいちばん長い日にもでてくるぞ。

150 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 10:38:33 ID:nnVCQRLj
「天皇」呼び捨てに萎えた。

あと5mm位しか後退しない高射砲砲身にワロタw

151 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 18:33:50 ID:fD46Oc33
>>148
映画の世界は何でも有りなのさ♪

152 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 18:35:54 ID:ETNSGlfO
話にならんな

153 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 19:07:19 ID:cLwYXwIG
漫才師とかが主演する
「太平洋戦争で死んだ若者たちは皆、おれたち平成の若者と同じだ!!」
ってヘラヘラするTVドラマが続いたので、みるの遠慮してたけど
(見たら)意外と特別少年兵と純朴な田舎少女風の演出でよかったな。

「連合艦隊」の予科練出身の少年飛行兵・中鉢のドラマを、予想外に継承していて良かった。
OPで海軍特別少年兵が整列しているの見るだけで、初回から泣いてしまった。

154 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 21:48:36 ID:ETNSGlfO
硫黄島の次は珍太郎の特攻映画に行くかと思ってたけどこっちに帰ってくるんだな

155 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 22:48:02 ID:iHBk08q5
ちと遅くなったが、『男たちの千代田』
あの見捨てられっぷりは硫黄島に通じるものがある。

156 :名無シネマ@上映中:2007/01/12(金) 00:06:11 ID:BCkHQG3M
『戦艦大和の少女』
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news001.htm

157 :名無シネマ@上映中:2007/01/12(金) 17:19:45 ID:rOmKgsrq


158 :名無シネマ@上映中:2007/01/14(日) 03:18:57 ID:c7u2d4GZ
中途半端に予算をケチるから中途半端な特撮になるんだ。
製作者は全員逝ってしまえ。

159 :名無シネマ@上映中:2007/01/14(日) 08:35:51 ID:bp7FDr4u
マルチ乙

160 :名無シネマ@上映中:2007/01/14(日) 22:24:43 ID:Yo69ukbo
>>158
それは言えてるなぁ。
護衛の駆逐艦部隊の存在が完全に省略されとるし、米軍機の視点から見た艦隊の映像シーンも極めて少ない。
乗組員の生き様を重視し過ぎたあまり、同じ位に重要なシーンがカットされてしまって作品全体にスケール感が感じられない。
予算の都合もそうだろうが、撮影技術の点でも問題があったのだろう。
東映は人物の描写が得意分野だが、特撮はどうだろう…

161 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 00:14:05 ID:12fAp28G
人物だ特撮だ言う以前に書割(絵コンテ)なかったんじゃないのと疑う。
艦上の水兵、特撮シーンにかかわらず絵の流れに連続性がないので
ブチ切れのコラージュ作品を観ているような徒労感があったよ。

162 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 00:34:18 ID:xnceJvoi
こことアンチスレとほぼコピペ状態の
マルチ書き込みだったのに、両方からマジレスを
貰えて良かったな>ID:c7u2d4GZ

163 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 01:07:10 ID:Mv/TRU7S
少尉「いやぁ、何時もご苦労さん。」
神尾「あなたは?」
少尉「私か?私は副電測士の吉田少尉だ。」

164 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 09:55:56 ID:KgngEaC6
>>160 同意する。人物は良いが戦闘場面は良いとは言えない。
良いものを作ろうとして全体の流れと細部が表現出来ていない。


165 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 15:27:50 ID:jyXLfBRl
内容はアレだけど、音楽はかなり良かったと思う

166 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 19:37:54 ID:QYjLOsb+
>>161
それもそーだが
同じシーンの使いまわしが小学生にでも解っちまう。
高角砲はおまけありありでヘボく機関銃は強調しすぎているのか?花火状態。
腰がぬけるわい。

167 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 21:39:40 ID:Ug2flskJ
レイテ沖のシーンはもっと工夫して欲しかったな
艦を手足のごとく巧みに指揮する森下艦長の描写とかあってもよかった
有賀艦長のシーンはあるのに森下艦長を無視するのはいただけない。

あとは何よりサマール沖の砲撃戦だね。大和が敵艦に向けて発砲した最初で最後の戦いなのに。
もっとも全部盛り込もうとすると大和inレイテだけで一本の映画になりそうだがw

168 :有賀艦長:2007/01/16(火) 02:07:51 ID:N7SV5B12
艦を北へ向けろ。

169 :名無シネマ@上映中:2007/01/18(木) 02:08:23 ID:Q9z14mVi
つーか青い空の演技があざとくて駄目。素朴ってだけじゃんこの子。

170 :名無シネマ@上映中:2007/01/18(木) 02:13:22 ID:1iRWnq3s
ローレライシステム始動

171 :名無シネマ@上映中:2007/01/18(木) 19:47:42 ID:bWM8z+4x
>>169
他の映画も観ろよ。ハチクロとか虹の女神とかフラガールとか。

172 :名無シネマ@上映中:2007/01/18(木) 20:33:58 ID:5kUVIcUD
桝田笠原コンビのおとやまがみたかった。

173 :名無シネマ@上映中:2007/01/18(木) 21:00:58 ID:bWM8z+4x
>>143
監督自身の言葉だよ。
「戦争映画ではない」
「僕にとっては“戦争の中で生き、死んでいった者たちの物語”です」
(月刊スカイパーフェクTV)

174 :名無シネマ@上映中:2007/01/18(木) 22:26:53 ID:0IoXFe/8
ザーメン

175 :名無シネマ@上映中:2007/01/18(木) 23:34:53 ID:4WxOnH5g
ところで週刊YAMATOはどの辺まで行ったんだろう?

176 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 00:56:01 ID:Zr8iyKzJ
>>173
監督自身が詭弁家だったとは驚きだ。
戦場を舞台として人間を描くのが戦争映画だからな。

177 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 01:15:19 ID:iGFEne3v
クリントが「男たちの大和」を監督したら、かなりスケールのデカい作品になったんだろうな。

178 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 01:44:13 ID:HohGYCLG
>>176
こんな片面的な映画を構想する時点でザーメン

179 :名無シネマ@上映中:2007/01/19(金) 11:12:54 ID:KDuP7OCL
>>173 監督は作り方を間違ったと思う。

低予算の作品でするべきだった。
戦闘がメインの材料だったのに自分の好みで作ったと思う。

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)