5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

真の男◆クリント・イーストウッド総合スレPart6◆真の漢

1 :M29:2006/11/15(水) 20:08:25 ID:TuTRVkhf
古くは「ローハイド」から最新作「硫黄島2作」まで、
ほぼ半世紀に渡って俳優・監督として第一線で活躍し続けるクリント・イーストウッドについて
語り合うスレです。 "Go ahead, Make my day!"

なお、このスレでは、以下の荒らし・煽り行為は固く禁止します。

・他HPよりの無断転載、及び長文連続コピペ
・イーストウッドと関連のない書き込み
・AA張り付け
・参加者への誹謗・中傷

特に約束を守れない方は参加をお断り致します。
不幸にも荒らし・煽り行為が行われた場合は、良識を持って
徹底的に無視・放置しましょう。



2 :名無シネマ@上映中:2006/11/15(水) 20:09:12 ID:kS/k/vq+
明日、クロ現に出るね。

3 :M29:2006/11/15(水) 20:11:31 ID:TuTRVkhf
>>2
だから思わずたてた
過去スレは誰かはれ!
メイクマイデイ!

4 :名無シネマ@上映中:2006/11/15(水) 20:11:57 ID:8UDN1q6m
NHKクローズアップ現代な。
午後7時30分から午後8時まで。

5 :M29:2006/11/15(水) 20:14:15 ID:TuTRVkhf
イーストウッドの日本のテレビでのインタビューはかなり珍しい

そもそも来日回数が極わずかだしな


6 :名無シネマ@上映中:2006/11/15(水) 20:15:14 ID:svr09nNz
http://ams1.web.fc2.com/

7 :名無シネマ@上映中:2006/11/16(木) 09:41:49 ID:RujU0GGU
吹き替えは那智なのか?
まだ現役だったんだね!良かった良かったよう(´Д⊂

8 :名無シネマ@上映中:2006/11/16(木) 10:28:37 ID:1cvO48c+
今朝、クロ現の前振りで、おは日本の中でミニ特集あり。
舞台挨拶に出てくるシーンに痺れた。かっこいー

9 :名無シネマ@上映中:2006/11/16(木) 10:52:18 ID:RUYxImoj
確かにもう爺さんなのに、ある時期からあまり変わらないな。
ピンク・キャデラックの頃とそんなに印象が変わらない。

10 :名無シネマ@上映中:2006/11/16(木) 19:39:04 ID:qZbBvh9M
「クローズアップ現代」C.イーストウッドインタビュー放送中。
吹き替えは野沢那智。山田さん死んじゃったから仕方ないがな。

11 :名無シネマ@上映中:2006/11/16(木) 21:12:37 ID:jmmCU+gi
なんか山田康雄ぽくてビックリした。なんだ那智か。

12 :名無シネマ@上映中:2006/11/16(木) 21:14:06 ID:jmmCU+gi
ところでルパンの吹き替えの栗田貫一はすっかり喉潰してダメになったらしい。
後は誰がやるんだろう。


13 :名無シネマ@上映中:2006/11/17(金) 00:59:35 ID:fX1Ppogk
>>12
マジで!?
でも来年のSPまで1年弱あるし、まだやるんじゃね?
期待し過ぎるとショックが大きくなるw

>>11
そうかな?
普通にナッチっぽいというか、ゆっくり喋ってて爺さんを演じすぎだと思った。

14 :名無シネマ@上映中:2006/11/17(金) 10:25:44 ID:gHWCATIo
イーストウッドとJ・P・ベルモンドの競演を見てみたい。

15 :名無シネマ@上映中:2006/11/17(金) 10:46:08 ID:FsX61GoG
イーストウッドとアランドロンの共演だったら、日本語吹き替え版が
つくれねーー!!

16 :名無シネマ@上映中:2006/11/17(金) 10:49:38 ID:b6RSuJtX
クリントはアカデミー名誉賞受賞の席で黒澤明に話しかけて無視された時から
日本に対して複雑な思いを抱くようになった。
自分を日の当たる場所へ押し出してくれた「荒野の用心棒」シリーズだったが、
そのルーツである日本からインチキ野郎の烙印を押されたと感じた。
その思いを引きずったまま「許されざる者」を監督、アカデミー賞受賞。
それでもまだクリントの気は晴れなかった。
人生の坂道にさしかかり、世の中から消えてなくなりそうもない悪逆、不正とど
う折り合いをつけるか。
後、「ミスティックリバー」の構想をあたためながらもある映画化権を取得。
日本映画や日本文化に対jし造詣の深いスピルバーグに励まされながらも、
硫黄島に関する調査を続けた。
「父親たちの星条旗」がモノになりそうに感じたときも、その思いは晴れず、
たえず先人の墓の中からの視線に悩まされたクリント。
だがそれも日本側版の製作にスピルバーグが賛同してくれた時に光が見えた。
スピルバーグも「SAYURI」の映画化で苦渋を飲んだ同士だったのだ。
スピルバーグはクリントに強く日本側版の撮影も勧めた。
インチキ野朗のオレが日本人を監督?
不安を抱えて挑んだ「硫黄島からの手紙」の撮影初日、しかしクリントを取り囲
んだ日本人俳優たちの視線は熱くまっすぐで輝いていた。
クリントはその日本人俳優たちの背後で静かに微笑んでいる黒澤明の姿をを
見たような気がした。
いかん、ここでセンチになってどうする、クリントはディレクターズチェアに腰を
埋め右手を挙げ声を搾り出した。

"Go ahead, Make my day!"

〜こんな感じか?

17 :名無シネマ@上映中:2006/11/17(金) 18:34:11 ID:4adU54P5
age

18 :名無シネマ@上映中:2006/11/17(金) 21:13:12 ID:j1HHjhf6
>>16
黒澤監督、無視したっけかな?どっかの映画祭のとき、同行していた黒澤組の
寺尾聡に「寺尾くん、こちらがクリントさんだよ」と紹介したくらいなのに?

19 :名無シネマ@上映中:2006/11/17(金) 22:38:39 ID:vN0m0/oY
アップになった時瞳がグリーンなのでびっくりした。
若々しいね。ペイルライダーの頃から変わってない。

20 :名無シネマ@上映中:2006/11/17(金) 23:29:29 ID:b6RSuJtX
>>18
そう、調べてまた練り直す。

21 :名無シネマ@上映中:2006/11/18(土) 01:06:14 ID:HzT4qYO4
「どうしたんだ?、クリント」
「…捨てっちまおう。」
 「なに!?」
「こいつはヤラセだよ、よく出来てるがな」
「これがぁ? まさか。AP通信のカメラマンが撮ったんだぞ。」
「2本目だよ」
「2本目? やらせの凱旋ツアーというあれか。」
「銅像まで建てられてたとはなぁ。次元、次の仕事は決まったぜ。」
「だれが次元やねん。」


22 :名無シネマ@上映中:2006/11/18(土) 11:33:02 ID:+3kN+2zQ
ワールドプレミアのレッドカーペットにいってきた。
間近で御大の顔みられた。あと10年は映画撮れるくらい元気そうだった。
ブラッドワーク撮ったり、「硫黄島」撮ったりする御大の歩幅の広さが大好きです。

23 :名無シネマ@上映中:2006/11/20(月) 20:42:40 ID:k3BV4WfS
「ロシア語で考えるんだ」を10年ぶりに観てます。

24 :名無シネマ@上映中:2006/11/20(月) 21:20:14 ID:2MukIsPo
>>23
その作品は「なかったこと」にしたいのではないかな。アクターズ・インタビューでも
触れられることはなかった。世間の評価は低いけど、前半〜中盤は結構はらはらさせられる
まっとーなスパイサスペンスものだと個人的には思う。

25 :名無シネマ@上映中:2006/11/20(月) 22:51:36 ID:C1GGAHbS
このあいだTSUTAYAでアルティメット版のDVDが各種、別パッケージで発売されてて、
売れないんかなぁ、と眺めてたら「夕陽のガンマン」は前に発売されたものとは本編の仕様が違っていた。
日本語吹き替えがTV音源(山田康雄)バージョンの他に新録版も収録されているとのこと。

この新録版の配役は誰なの?誰か知っているひと、教えて。
最近のTV放映イーストウッド=野沢那智は好きなんだけど、
DVDだとやっぱり小林清志なのかな?

26 :M29:2006/11/21(火) 17:44:48 ID:qqrq+58E
>>25

え?
誰か詳しく知ってる??

27 :名無シネマ@上映中:2006/11/21(火) 17:50:47 ID:FX6quBAR
┐(´〜`)┌

28 :名無シネマ@上映中:2006/11/21(火) 18:16:31 ID:zyUQsw9G
>>23

飛行機に乗り込み出発するときのかっこよさったら。

29 :名無シネマ@上映中:2006/11/21(火) 18:49:36 ID:GGHEh2YC
黒ずくめのパイロットスーツに身を包み、顔をサンバイザーで隠していても、
あの体型と歩き方でクリント・イーストウッドであることが一発で分かるし。

走るのはあんまり得意じゃない(てか、格好よくない)みたいだけどね。

30 :名無シネマ@上映中:2006/11/21(火) 18:52:27 ID:Zc29EqG5
なんで兵隊さんすぐ死ぬん?

31 :30:2006/11/21(火) 18:58:51 ID:Zc29EqG5
誤爆スマン
硫黄島スレで「硫黄島からの手紙」=「火垂るの墓」説が出てたんで...

32 :名無シネマ@上映中:2006/11/21(火) 22:26:20 ID:x5bEEhwy
>>23

十数年前は完全なSFだったのに、今、日本で実用化されつつある。
用途は事故や病気で体か動かなくなった人用なんだと。

33 :名無シネマ@上映中:2006/11/22(水) 02:24:48 ID:CFWuzjUV
昨日京都の貴船神社でこの人にそっくりな人見たけど、日本にいるの?
紅葉をバックにカメラマンに写真撮られてた

34 :名無シネマ@上映中:2006/11/22(水) 03:15:01 ID:4+W+M5au
一ドルのためにシリーズでの格好良さが尋常ではない。髭面にポンチョにウエスタンハット。荒野の七人のガンマンたちに比べて、いかにもって感じな洗練されたワルの雰囲気が漂っている。ガンマンを演じている時のイーストウッドは、まさにダンディズムの体現者。

35 :名無シネマ@上映中:2006/11/22(水) 03:32:24 ID:guiYuBLt
>>33 な・ん・で・キチンと確かめなかったんですかぁ〜(泣
プレミア後は日本滞在で名所散策かな。
まぁだったらだったで後日明らかになるでしょうがw

36 :名無シネマ@上映中:2006/11/22(水) 09:57:33 ID:P5r0ZZV2
『ファイアーフォックス』も『スペースカウボーイ』も
中盤までは好きなんだが、後半がどうもなぁ。
結局俺は、イーストウッドの表情が見たいんだよな。

37 :名無シネマ@上映中:2006/11/22(水) 12:48:05 ID:CDmZAriv
>>33
おまwwwもっとしっかり見とけよ〜(TдT)ノシ
日本にまだいるのかな・・

38 :名無シネマ@上映中:2006/11/22(水) 17:17:22 ID:P0G3xxvY
「スペース・カウボーイ」でイーストウッドが演じた役の若かりし頃を演じていた
若手俳優はそっくりだったなあ。唇の片方だけ上げて皮肉っぽく笑う仕草なんか。

39 :名無シネマ@上映中:2006/11/22(水) 17:37:48 ID:LD1ND+rf
>>16 誰がそんな事いってたんだ。クリントはちゃんと黒澤に挨拶してるし。
 アカデミー賞よりずっと前の話だし。無視もされとらんし。
 往年のエピソード
 『荒野の用心棒』は世界的大ヒットを記録。主演をつとめたクリント・
 イーストウッドも無名役者から、一躍、世界的名優の仲間入りを果たし
 した。後にイーストウッドは、カンヌ国際映画祭で黒澤に会った時、
 「ミスター・クロサワ。あなたなしでは今日の私はなかった」と話
 したそうです。

話がアベコベ。

 

40 :名無シネマ@上映中:2006/11/22(水) 18:29:07 ID:m35zCqBz
>>39
>>20を読むに、>>16は創作だろう。
スルー汁!

41 :名無シネマ@上映中:2006/11/22(水) 19:24:42 ID:At+ZvZFo
イーストウッドは、西海岸で「用心棒」を封切りで見たって言ってたね
「まさか、後に自分がこの役をやることになるとは思わなかった」

つーことは、「荒野の用心棒」の撮影中に既にこれがパクリであることは知ってたってことだ
ちゃんと契約したリメイクだと思ってたのかもしれないが

42 :名無シネマ@上映中:2006/11/22(水) 19:57:54 ID:P0G3xxvY
パクリって言ったって、ちゃんと東宝に打診したのに黙殺されたからやむを得ず
無断で作ったという形になっちゃったんでしょう?

43 :名無シネマ@上映中:2006/11/22(水) 20:37:33 ID:yKEAlFW0
それパクリと言うことでは

44 :名無シネマ@上映中:2006/11/22(水) 21:29:33 ID:d23DbIlp
イーストウッド自身が初めて脚本を読んだ時、「用心棒」のリメークだと
すぐに分かったと発言していたと記憶する。
ま、あれだけ似ていれば逆に盗作だとは思わないのが普通ではないだろうか。
オファーした側が盗作です、と断るはずもないし。

イーストウッドは「硫黄島からの手紙」を黒澤にやって欲しかったといったそうな。
嬉しい言葉だが、黒澤が生きていて、引き受けたら
予算とスケジュールが超過しないはずがないのだが・・・

45 :名無シネマ@上映中:2006/11/22(水) 21:45:45 ID:guiYuBLt
>>44
それが実現してたらスピルバーグが全部引き受けたんじゃないでしょうか。

46 :名無シネマ@上映中:2006/11/22(水) 22:35:34 ID:At+ZvZFo
>>44
>予算とスケジュールが超過しないはずがないのだが・・・

ヒント:「寅寅寅」

47 :名無シネマ@上映中:2006/11/23(木) 09:48:39 ID:3yUeVInk
>44
今の日本人監督で「硫黄島〜」を撮れる人はいないよなぁ


48 :名無シネマ@上映中:2006/11/23(木) 10:01:00 ID:VIYNRPlp
黒澤はともかく、
笠原和夫とか岡本喜八とか戦争映画の大家に硫黄島二部作を見てほしかった。
どんな反応を示したかな。
それから『トラ・トラ・トラ!』を絶賛した三島由紀夫のコメントも聞きたかった。
新藤兼人や舛田利雄や岡田茂は健在だし現役だけど、この映画見て何か言ってくれないかな。

49 :名無シネマ@上映中:2006/11/23(木) 10:26:52 ID:dUEzoQtU
クリントは日本嫌いかと思ってたんだが、違ってて良かった。

50 :名無シネマ@上映中:2006/11/24(金) 11:34:56 ID:tsII/v3q
そんな単純な人じゃないだろう。って信じてて良かった。

51 :名無シネマ@上映中:2006/11/24(金) 11:58:20 ID:PU/PKGf6
>>42 いやぁ製作したのはイタリアの会社だから、打診も何も最初から
確信犯(?)だろ。だって用心棒の焼き直しだとは全然知らずに、日本
に売り込みにきちゃって(アホみたい話だが)盗作がバレて、それから裁判
沙汰になったのだから。クリントは兎も角、現地の製作連中は黒澤の認識度
も低かったんじゃないだろうか?

52 :名無シネマ@上映中:2006/11/24(金) 12:39:49 ID:fGMnBrwD
今は『荒野の用心棒』の著作権表示、黒澤プロになってるよね。

53 :名無シネマ@上映中:2006/11/24(金) 13:35:07 ID:jZoLWotj
>>42
なんか二回くらい打診したけど、無視されたので作ったって言ってた。ソースはBSだけど…
後から黒澤プロが発見して、パクりじゃん!→金貰って解決だったはず

54 :名無シネマ@上映中:2006/11/24(金) 20:02:20 ID:ApEIV6cq
>>52
日本(アジア地区?)における著作権は黒澤プロ。
海外では制作配給会社が著作権をもつことで黒澤側と合意したんじゃなかったっけかな?
そんなことをクロパン(久雄)が言ってた。



55 :名無シネマ@上映中:2006/11/24(金) 21:17:39 ID:DNVVElIj
イーストウッドって国籍はアメリカだが、韓国系らしいね。
前から優秀な監督だと思っていたが、やっぱりという気がした。

56 :名無シネマ@上映中:2006/11/24(金) 22:01:25 ID:kNqM1EyO
>>55

死ぬほどつまんね

57 :名無シネマ@上映中:2006/11/24(金) 22:04:28 ID:p9Ru87iW
レスを返すと、自分もこのスレの住人だと勘違いしかねないぞ

58 :名無シネマ@上映中:2006/11/24(金) 23:47:37 ID:5JqZs1Ot
硫黄島スレは最近は便衣兵も湧いてるからワケ分からん

59 :名無シネマ@上映中:2006/11/25(土) 01:49:38 ID:VKEEyIE2
テレビ東京「シネマ通信」 
11月30日(木)深夜1時30分〜深夜2時00分
お正月映画特集
007・カジノ・ロワイヤル/硫黄島からの手紙/他


60 :名無シネマ@上映中:2006/11/25(土) 17:51:44 ID:vwNeiwxD
クリント・イーストウッド。

山田康夫と対談したことはあったのか?

61 :名無シネマ@上映中:2006/11/25(土) 18:15:46 ID:z5r4yvPU
>>60
確かローハイドで来日した時に会ってる。
「お前は殴られなくていいなw」って言われたって言ってたな。
「ごきげんよう」に出た時だったかな?

62 :60:2006/11/25(土) 19:56:38 ID:vwNeiwxD
>>61
情報ありがとう。

山田康夫氏の声が聞こえなくて非常に残念。

63 :名無シネマ@上映中:2006/11/25(土) 22:06:50 ID:VKEEyIE2
テレビ東京 クリント・イーストウッド監督傑作選。

11月27日(月)午後1時30分〜午後3時30分(120分)
「恐怖のメロディ」

11月28日(火)午後1時30分〜午後3時30分(120分)
「アイガー・サンクション」

11月29日(水)午後1時30分〜午後3時30分(120分)
「ブロンコ・ビリー」

11月30日(木)午後1時30分〜午後3時30分(120分)
「アウトロー」

12月7日(木) 午後9時00分〜午後11時24分(144分)
「ミリオンダラー・ベイビー」

64 :名無シネマ@上映中:2006/11/26(日) 07:06:34 ID:FCypGcjB
スコセッシ監督、イーストウッド主演の映画を見てみたい

65 :名無シネマ@上映中:2006/11/26(日) 12:12:50 ID:nvxKgbol
日本のイーストウッド阿部寛

66 :名無シネマ@上映中:2006/11/27(月) 02:01:59 ID:K/Zc+Ab7
12/22 「荒野の用心棒 完全版 スペシャルエディション」
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/B000J3OOAK/250-7616246-3370612

67 :名無シネマ@上映中:2006/11/27(月) 02:49:50 ID:itIv46VX
>>65 断る

68 :名無シネマ@上映中:2006/11/27(月) 11:47:42 ID:IO/UZvsH
今日は「恐怖のメロディ」か。結構好きな映画だった。
暇だから見るかな。


69 :名無シネマ@上映中:2006/11/27(月) 13:26:01 ID:QikggiwG
>>65
これは酷い。

70 :M29:2006/11/27(月) 20:33:20 ID:Ak4VglFi
懐かし洋画板の連中って
吹き替えの話ばかりしてるけど
なんなのあいつら

イーストウッドには興味無いが山田康夫のイーストウッドは好きだ
なんて言ってるのもいるし

71 :名無シネマ@上映中:2006/11/27(月) 20:49:52 ID:MKHmN3p6
昔は洋画の二ヶ国語放送がなかったから、劇場へ足を運ばない限りは役者の生の声を
聞く機会がなかったんだよ。だからイーストウッド=山田康雄はほとんど脳に
刷り込まれているようなもの。

72 :名無シネマ@上映中:2006/11/27(月) 21:06:09 ID:IO/UZvsH
山田康雄はイーストウッドが認めた男だしな。
山田康雄が亡くなった後に出た写真集「ルパン三世よ永遠に 山田康雄メモリアル」にツーショット写真が載ったことがある。

73 :名無シネマ@上映中:2006/11/27(月) 21:10:12 ID:7/BWY1WD
イーストウッドというとダティー・ハリーとファイヤーフォックスしか思い浮かばない
本人からすれば抹殺したい作品なのかも知れないが

74 :名無シネマ@上映中:2006/11/27(月) 21:12:39 ID:MKHmN3p6
ファイアーフォックスは兎も角、ダーティハリーを抹殺したいとは思ってないだろう。

75 :名無シネマ@上映中:2006/11/27(月) 21:26:06 ID:YPLHaQ0M
「んなヤロー撃つのは、私の方針ですぅ」

76 :名無シネマ@上映中:2006/11/27(月) 21:35:38 ID:MKHmN3p6
「ハリー、去年フィルモア地区で起こしたような騒ぎは、もう二度と起こすなよ!」
「女性を暴行するつもりで追いかける男を撃つのは、私の主義です」
「つもり?確かじゃなかったんだな?」
「路地で裸の男がナイフ片手に女性を追いかけてたんです、目の色変えてね。
 赤十字の募金を集めているようには思えないでしょう?」
「そういやそうだな」

こういう掛け合いに痺れたのよ。字幕つきイーストウッドの声だと皮肉が足りなくてさ。
ちなみに相手はシスコ市長で声は家弓家正。

77 :名無シネマ@上映中:2006/11/27(月) 21:35:58 ID:h/zZyJWT
どれも抹殺したいなんて思ってないだろ。「人間は歳をとってから、みえてくる
ものがある。」と話していたから、いまの立ち位置がどうあれ過去の自分の
仕事には、ちゃんとむきあう男だよ、彼は。   ナンチッテ。
「星条旗」とは相容れないような「ハートブレイクリッジ」なんて、自分が
戦場の英雄になっちゃう映画つくってたけどね。

78 :M29:2006/11/27(月) 22:00:45 ID:Ak4VglFi
>>71
俺ももともとはそう。
イーストウッドしかりジャッキーしかりサモハンキンポーしかり。
だが映画館やビデオが手にはいり字幕を鑑賞してきてイーストウッドの声を
聞くようになると妙に山田康夫が恋しくなって聞きたくなり
「続・夕陽のガンマン」「ホワイトハンターブラックハート」など
DVDで山田康夫を久々に聞いて驚いた。

「全然声が合わねえ・・・迫力ねえ・・・」と。
とりあえず来月発売の「荒野の用心棒」吹き替えは観ないと思う・・。
収録されるというOP前のアメリカTV限定エピソード楽しみだな。


もともと俺が日本語吹き替えは大嫌いというのがあるが。


79 :名無シネマ@上映中:2006/11/27(月) 22:45:52 ID:Si3rSpqy
ブラッドワークの頃だったか、過去スレでイーストウッドはもう終わりだ、
後進の指導に専念しろってさんざん粘着してたヤシがいたが、あの野郎、
今の隆盛を見てどう思ってるだろう。

80 :名無シネマ@上映中:2006/11/27(月) 23:13:37 ID:cbCnJGZN
>>77
お前なに見てんだw
「ハートブレイクリッジ」は、
若い兵士が死ななくてすむための、仲間を殺さないためのそして生きて国へ帰るための
技術、作戦、経験、臨機応変さを愚図の部隊に叩き込むというのが1つのテーマだろ。
そのために軍部の官僚主義を痛烈に批判しているし、徹底的に現場の兵士の目線だ。
そしてもう1つのテーマが国で待つ側の愛情を描いてること。
ラストも、英雄になったのは自分ではなく他の兵士たちで、彼についてはもっぱら
元妻の愛を取り戻したことに焦点を当てている。

もちろん「星条旗」とはストーリーが異なるわけだからまったく同じであるわけはないケド、
「相容れない」なんて、表面的なイメージで語ってんなよw

81 :名無シネマ@上映中:2006/11/27(月) 23:51:56 ID:itIv46VX
>>80
勉強になった。
10数年ぶりにハートブレイクリッジ観てみよっと。
懐かしいな。

82 :名無シネマ@上映中:2006/11/27(月) 23:59:26 ID:MKHmN3p6
名誉負傷勲章に将軍が敬礼するところが良かったな。

83 :名無シネマ@上映中:2006/11/28(火) 00:35:55 ID:Xjhypvld
もしかすると『ダーティハリー3』だけは抹消したいと思ってるかも知れん。

どうしてあのテロリストは最後、市長をほったらかして
やぐらの上に上っていったのか俺には理解できん。

84 :M29:2006/11/28(火) 07:40:02 ID:1D5k0f+A

ハートブレイクリッジは隠れた名作だよ。
大好きな一品だ。
イーストウッドにこんなキャラやって欲しい、シーンやって欲しいという
ファンのツボ押さえてるし。
長距離バスの中で嫌そうに隣の客の話を聴く表情、すきだなあ

85 :M29:2006/11/28(火) 07:46:44 ID:1D5k0f+A
>>83

ロケットランチャーを打つためだけの都合いいシーンだよなw
まあ映画にありがちなので深く考えることでも。
「3」は面白いと思うが。
抹殺したいというか、「失敗したな〜」と思ってるのは
むしろ「5」では?
ラストを飾るのがあんなにショボイ設定とは・・・。
まあ俺はイーストウッドが出演してて動いてしゃべってるだけで
幸せだが。

86 :名無シネマ@上映中:2006/11/28(火) 11:46:50 ID:1XZ9b0zL
>>76
かっこいいww

87 :名無シネマ@上映中:2006/11/28(火) 11:47:30 ID:1XZ9b0zL
>>79
ざまあ味噌漬けだ!

88 :名無シネマ@上映中:2006/11/28(火) 20:26:33 ID:f+x/TJAF
アイガーサンクションwレンタルしなくてよかったww
ジョージケネディとアメリカの荒野は良かったが

89 :名無シネマ@上映中:2006/11/29(水) 05:12:54 ID:FLzJr/7M
ガントレットからハートブレイク・リッジ辺りまでの監督作が
堪らなく好きだ
こういう人は多いのかな。そんな俺も33歳。

最近作もほとんど好きだな。父親はまだ観てないけど。

90 :名無シネマ@上映中:2006/11/29(水) 06:33:19 ID:Bv2s1iA/
よくもまぁ この一ヶ月間、見ずに済ませられたものだ。
ま、映画館で見るつもりが無いんだろうな

オレも一般的に誤解されがちな「ガントレット」「ハートブレイク・リッジ」が
大好きだが、>>89を同志とは絶対に思わない。

ちなみに「父親たちの星条旗」は5回見に行った。
5回目は昨日だったのだが、いまだ年輩客で客席の7割方が埋まっていて驚いた。
この映画の興行がイマイチだというのが理解できない。
年輩客だから入場料割引で・・・ってことかな?

91 :名無シネマ@上映中:2006/11/29(水) 12:46:16 ID:xrQ5KpP6
自分はアクション物はあまり見なかったので、『バード』とか『ホワイト・
ハンター〜』とかから見て、ある意味高尚な映画作家ぶりに腰を抜かしてた。
尊敬の念で見ちゃってるから、そっちのバイアスがかかってるかもしれん。

硫黄島二部作はどちらも見て、手紙は試写だけど、もう名前見ただけで
胸いっぱいになった。素晴らしい監督と同時代に生きられただけで
幸せだと思う。『ミスティック〜』も『ミリオンダラー〜』も自分にとって
は各公開年の最高傑作。まぁはっきりいって信者だ。音楽もたまらんですね。
題名、省略ばかりで済みません。


92 :名無シネマ@上映中:2006/11/29(水) 12:49:08 ID:UJu4Gzgi
ブロンコ・ビリー派のおれも来ましたよ。
ホワイトハンターも好き。
星条旗もよかった。

93 :名無シネマ@上映中:2006/11/29(水) 15:21:18 ID:Yniyl/EW
面白いな
12,7,TV東京 MDB
12,8,真珠湾攻撃記念日
12,9,硫黄島からの手紙公開
スケジュールがいっぱいなるね


94 :名無シネマ@上映中:2006/11/29(水) 17:02:51 ID:x/93snYp
イーストウッドもう帰っちゃった?

95 :名無シネマ@上映中:2006/11/29(水) 20:14:50 ID:b72IHxCn
>>63
「アイガー・サンクション」見たけど、いろいろ詰め込みすぎて
山のシーンで時間が無くなり最後はグタグタだったなw まれに見る駄作。

96 :名無シネマ@上映中:2006/11/29(水) 21:14:15 ID:/7SBBOtG
ブロンコビリーの最後どうなるか教えてくれ。
テントが火事になった後、寝てしまって、見られなかった。。。

97 :名無シネマ@上映中:2006/11/29(水) 21:29:49 ID:LPdwbzYO
 クリントは国とか人種とか関係なく
「弱い立場の人間の味方」という意見があった、俺も単純にそう思った。

98 :名無シネマ@上映中:2006/11/29(水) 21:42:11 ID:f4gcrjHV
>>96
星条旗を集めてテントを作り直し、興行する。
ソンドラ相手のナイフ投げも成功して、めでたしめでたし。
THE END

99 :名無シネマ@上映中:2006/11/29(水) 21:55:16 ID:/7SBBOtG
>>98
ありがと

100 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 02:51:27 ID:B0XBM29Z
ジェフリールイスは
「ダーティファイター」の相棒役、「ブロンコビリー」のヒロインの夫役で出てる人ですよね
「スペースカウボーイ」の主役4人の元同僚の白髪で短髪の老人もジェフリールイスですか?

101 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 10:13:41 ID:5ZFyAp/p
ちゃうよ

102 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 11:01:06 ID:FuXVO7Ec
『アイガーサンクション』、ええぞ。
風景をきっちり物語に消化する手腕は並大抵のものじゃない。

あの電信柱みたいな岩を登りきった瞬間の
引き絵のすばらしさはいうに及ばず、
オカマ野郎を荒野に置き去りにしたショットの説得力といったら
絶対こいつ助からないと思ったよ。

ほんとはドン・シーゲルに監督を任せたかったんだけど
登山シーンで現場に監督のいる余地がなかったもんだから
自分で監督せざるを得なくなり、
しかも死亡事故が発生するなどトラブルが続いて、
登山シーンがやや単調になったのは残念。

103 :M29:2006/11/30(木) 12:56:49 ID:iTMGxqyY
アイガーサンクション面白いよな。
てかイーストウッドの映画で面白くないのねえだろ!



104 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 13:34:01 ID:tCyQRg7r
>>103
「ペンチャーワゴン」「ピンクキャデラック」
「ダーティハリー5」は迷うところだ。
「華やかな魔女たち」は未見なのでどうだろう?

105 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 14:29:54 ID:NjBwxUYJ
>>103 『マディソン郡の橋』はちょっと引いたよ。なんであの歳であんな
 メロドラマ出んでも〜。雨で濡れそぼったワカメ頭さらさんでも〜
 と思った。もち水準+の映画ではあるけどね。

106 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 14:42:29 ID:/479Fuip
>>105
あの橋を渡ると別世界だから・・・・・ってそれはマウスオブマッドネスかw

107 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 15:13:50 ID:DZfINHm6
「ガントレット」の時には、映画の虚構の美しさが分からない救い難いバカどもが
バスのタイヤに銃弾があたらないことを本気で批判していた。

「マディソン郡の橋」の時には、映画演出というものが全く分からない果てしないバカが
雨の別れの場面の舌を巻くほどの演出の巧さに無感覚なまま、わめか頭を笑っていた。

「ペイルライダー」の時には、ホンモノの西部劇の息遣いというものが分からない映画初心者が
「シェーン」のパクリだと息巻いていた。

時としてイーストウッド映画には、似非映画ファンを炙り出す効用があるらしい

108 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 15:20:20 ID:1ocZWkO6
>>107
俺にはわからない理解できない
「わめか頭」
というのが世の中にはあるらしい。

109 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 15:32:12 ID:NjBwxUYJ
>>107 演出の手腕は認めるが、老醜をさらす必要は無かったという話。
 自分も信者の一人だが、何もかも無批判で受け入れるというのは
 思考停止の一歩手前。逆にイーストウッドが呆れるファンの類だ
 ろう。海外の映画人は厳しい批判も受け入れる度量があるよ。
 Varietyの批評欄でも読んでみたまえ。

110 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 15:58:34 ID:DZfINHm6
あの場面に「老醜」を感じようが感じまいが
雨の別れの場面の舌を巻くほどの演出の巧さに無感覚なバカに変わりはあるまい

111 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 16:01:35 ID:1ocZWkO6
>>110
わめか頭のお前に演出云々言ってほしくないな。お前がいちばん似非イーストウッドマニアのわめか頭。

112 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 16:04:12 ID:NjBwxUYJ
>>110 自分だけ分かってるかの様に偉そうに言わない方がいいと思うよ。
 みっともない。君はさしずめ「わけわかめ頭」

113 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 16:05:00 ID:DZfINHm6
厨まるだしだな・・・w >>111

114 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 16:07:26 ID:DZfINHm6
ID:1ocZWkO6 と  ID:NjBwxUYJ が自演っぽいな〜と思っていたが
自演なら、これほど似せないわなw
単なる似た者同士だったか
>>111-112

115 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 18:28:43 ID:/479Fuip
老醜とは思いもしなかったがなぁ>橋
世間ではむしろ不倫の是非についてクリントの自由主義がどうしたって
話で揉めてたしなぁw

当時、ワカメ頭で思い出すのはむしろウォーターワールドのケヴィンコスナーだし。
ラッシュ見てあの禿に見えるのCGで消してくれってスタッフに詰め寄ったらしいしw

116 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 19:53:36 ID:Ssa0E507
やれやれ・・・・・
またキチガイ信者が暴れだしたのかorz

117 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 20:14:04 ID:ycY+bFIE
がばんれ DZfINHm6
君の言ってることに賛同するぞ


118 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 21:09:54 ID:Ssa0E507
いやいや、問題は彼の見解にあるんじゃなくて
他の価値観を認めない器量の狭さと
それを非難されたときの態度にあるわけ。

119 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 21:26:08 ID:1ocZWkO6
それにしてもイーストウッドには特に「俺だけが認めている。他の奴らはわめか頭」っていう擁護の仕方がつきまとうね。
映画自体がアウトローを扱っているからしょうがないのかも知れないけど、
しかし擁護してる奴はアウトロー通り越してプチ選民までいっちゃってるのが痛い。

120 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 21:32:09 ID:/479Fuip
そんなことねぇだろw

121 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 21:47:26 ID:DZfINHm6
いま「硫黄島・・・」を見て帰ってきた。 2回目
改めて傑作だと思う。
2度目で始めて気付いた事があったのだが、公開後に書くとしよう

で、まだワカメバカが粘着していたのね

そういえば関西のABCラジオには「アシッド映画館」という、
ホンモノの映画ファンには何とも腹立たしい映画番組があって、
(このホンモノのエイガファンという言葉に反応するバカもいることだろうなwww)
映画的感性というものが欠落している番組パーソナリティの平野ひであきは、
イーストウッドの映画を紹介するたびに、イーストウッドは現場で演出していない、
椅子に居座ってOK言うとるだけです、などとアホな発言を繰り返すのだが
この平野とリスナーは共にあの場面の濡れた髪を盛大に笑いものにしていたと記憶する。

あの番組のおかげで関西には映画を斜めから眺めて貶すことに喜びを見出すアホが
他痴呆より多いような気がするのだが
ID:1ocZWkO6   ID:NjBwxUYJ 二人とも、あのクソ番組の信奉者かいw

122 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 22:11:25 ID:Ssa0E507
ん〜、なんか気の毒。。。。

123 :M29:2006/11/30(木) 22:29:44 ID:iTMGxqyY
もうやめろって。
同じイーストウッド好き同士でくだらない喧嘩すんなよ。
もう止め止め!!

やりてかったら「ダーティファイター燃えよ鉄拳」みたいに外で喧嘩してこい!
その後は一緒にビール飲めよ!


124 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 22:59:02 ID:1ocZWkO6
>>123
俺は酒オッケーだが>>121は未成年の包茎だからやっぱマズイだろ。

125 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 23:06:26 ID:DZfINHm6
うーん…  映画ファンとして譲れない信念ってものがあるでしょ
今、自分の>>107を読み直して、そこで例に出している3つの例は単なる事実だと思う

ま、2ちゃんねるで「選民」って言葉を使って泣き言をを言うのは、
いつだって選から漏れたことを自覚した奴の遠吠えであるのだし
「信者」という言葉を使いたがるのは常に小気色の悪い粘着アンチですな

ま、イーストウッド・スレで「嫌われ者」と呼ばれ続けてきた例の人は、
やはり「キチガイ信者」という言葉を使ってるけど・・・

ここにも来やがったか・・・

126 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 23:16:09 ID:1ocZWkO6
>>125
まあとにかく、自分だけが理解者ってのはアホくさいからやめたら?
だいたい自分が知っていることは既に誰かが指摘したことが物差しになっていることが多いんだし、見てて恥かしいよ。
2ちゃんで小津を絶賛してる奴は、ほとんど誰かさんのコピーになっているし、
2ちゃんで北野武を絶賛して俺だけが北野のよいところを知っているという奴に限って、
誰かの書いた「北野武VSビートたけし」の焼写しみたいな文章を書いて平気な顔をしていやがる。
お前が見つけた真理なんてのは、既に誰かが見つけている真理なんだよ。
お前がそれを発見したと思ったら、類似品は過去になかったか必死に探し回れ。
それが出来なきゃ、支那人みたいに「俺がオリジナルあるよ」って開き直ってみれば?

とにかく何で「自分が映画を見ること」について敵対者や理解者を求めようとするのか。
映画を見る行為自体が孤独な触れ合いに過ぎないんだから、誰かを貶すために映画を見るのなら、
最初から映画なんか見ない方が良い。

127 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 23:22:06 ID:DZfINHm6
>>126
オマエがもし、多少なりとも物を考える能力を持っている人間ならば
今後のオマエの人生にとって非常に役に立つ言葉を送ることができる
その言葉とは・・・

低劣な自分を尺度にして他人を計るな


以上だ
分からなければ構わない。分からせてやる義理も義務も、こちらには無いのだから

128 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 23:24:33 ID:1ocZWkO6
まあとにかく>>125に許される言葉っていうのは、
「蓮実先生が仰っていたとおりです」
「蓮実先生がイーストウッドの見方を提示してくださったおかげで僕は『硫黄島の手紙』を読み解く鍵を得ることができました」
っていう事しか許されないんだよ。
だって、蓮実と同じことしか言ってないしな、こいつは。
どうなんだろうね。>>125は映画を見る上で格好の標本だと思うんだが。
「評論家の言ったようにしか映画を見られずそれを自分のオリジナルと勘違いしている標本」。
>>125が言った『マディソン郡の橋』の素晴らしさは、既に蓮実の文章で同じものを見ているわけだし、
一体貴方は自分の価値観で映画を観たことがあるんですか?と聞きたい。
そんな人が映画ファンなんてちゃんちゃらおかしい。
まあ、真面目に聞きたいもんだね。わめか頭の中にどれだけ自我が残っているものか。


129 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 23:26:16 ID:DZfINHm6
>>126
オマエがもし、多少なりとも物を考える能力を持っている人間ならば
今後のオマエの人生にとって非常に役に立つ言葉を送ることができる
その言葉とは・・・

固有名詞は正しく記せ


以上だ
分からなければ構わない。分からせてやる義理も義務も、こちらには無いのだから

130 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 23:27:21 ID:DZfINHm6
アンカー間違えたのでやり直し

>>128
オマエがもし、多少なりとも物を考える能力を持っている人間ならば
今後のオマエの人生にとって非常に役に立つ言葉を送ることができる
その言葉とは・・・

固有名詞は正しく記せ


以上だ
分からなければ構わない。分からせてやる義理も義務も、こちらには無いのだから

131 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 23:27:55 ID:1ocZWkO6
>>127
だからお前が俺より高尚なのは蓮実重彦の本を読んだか東大の教養学部にいたことぐらいでしょ。
学歴と読書歴を貶されるのがそんなにイヤですか?貴方。
学歴の援護がなければ映画を観られないご自分の品性の方がちょっと問題なんじゃないですか?

132 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 23:30:19 ID:1ocZWkO6
>>130
わめか頭という素晴らしい言葉を発明なさった貴方に固有名詞なんて言われる筋合いはない。
君のオリジナリティはわめか頭だけ。それは誇るべきだと思うな。

133 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 23:31:48 ID:DZfINHm6
なんだ、コイツ  
蓮實スレで忌み嫌われ続けているキチガイ粘着かwww

「…星条旗」も見ていないし、当然「硫黄島…」も見るつもりも無く
それどころかイーストウッドのことも知りもしないくせに
病的な粘着力を発揮している、ちょっとヘンな奴だよな、オマエって

134 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 23:40:20 ID:1ocZWkO6
>>133
何か予想通りのリアクションしか返してこない単細胞。
君はこのスレに必要とされていないよ。さよなら。

135 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 23:44:15 ID:DZfINHm6
>>134
おいおい、泣きながら逃げを打つのか
もうちょっと付き合えよ アンチ蓮「実」くん

>>ID:1ocZWkO6

このスレで蓮「実」氏の名前を初めて出したのはコイツなんだよなぁ〜

ま、とりあえずオマエは、まだ上映している「父親たちの星条旗」を見て来い
ただし感想は書くなよ。オマエの不潔な感想など誰も読みたいと思ってないのだから

136 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 23:44:25 ID:/479Fuip
もうやめれ

137 :名無シネマ@上映中:2006/11/30(木) 23:57:09 ID:SMBIK/5T
大コケした星条旗とヒットする見込みのない硫黄島が
イーストウッドの遺作になったら救われないよなこの人。

138 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 02:30:37 ID:O8v26z66
ヒット云々はおまけじゃないかな〜?
いい映画が撮れたらそれで充分と思うよん。

139 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 10:20:28 ID:8yMpvunm
映画スレで観たけど、クリント・・w


123 :可愛い奥様:2006/11/25(土) 16:21:44 ID:pJJg5YDF
先週の金曜の夜、仕事帰りに夕飯食べようと六本木ヒルズの地下にある回転寿司に入ったら
クリントイーストウッドとスタッフらしき外国人達、奥さんらしき人と娘さんがいたのでビックリした。
たぶん、硫黄島のプレミア帰りに来ていたのだろう。
娘さんらしき女の子達(20代と小学生っぽい)にイーストウッドが廻っているネタの説明をしながら皿を取ってあげていた。

140 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 10:24:26 ID:8yMpvunm
>>137氏にとっては興行成績が良い映画の
目安なんだ。恐らくタイタニック信者なのだろうw

141 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 10:55:21 ID:MH+5awTF
>>139 そんなとこに居合わせられるなんて、テラウラヤマ。

142 :M29:2006/12/01(金) 11:00:11 ID:ojI9bxKH
クロ現でもヒット作と自身の好きな作は必ずしも比例しない
それは仕方ないとか言ってたよな。
本人は「ブロンコビリー」が好きなんだよね。
でも硫黄島・・アメリカ映画なのに英語吹き替え無し日本語でやるなんて凄いヨ。
商業的には厳しくなるでしょう、今までの例では。
日本側からの視点で撮った映画なんて普通のアメリカ人は興味なさそだが
それをやるイーストウッド凄いんじゃねえの?
オスカー二度とった余裕だろか。

大作、感動作が続いたから次回は主演で軽いおちゃらけた映画にでてもらいたいが。

>>139
本当ならうらやましいな。
そういうとこでもイーストウッドには
グラスでなく瓶ビールラッパ飲みして欲しいw



143 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 11:26:04 ID:jmkzggki
なぜに安い回転寿司・・・w
高級寿司屋借り切ったりしないんか。

自分なんか御大会いたさに
レッドカーペット&プレミア試写に早くから並んだのに
んなとこで簡単に会えちゃうひと運良杉。

144 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 12:20:36 ID:Ed6hOLcS
>>139 自分のパワーの源は寿司だなんて、古館インタで語っていた御大。
どの位のお皿が重なってましたあ???? あ、お会いになったのは
   >>123さんか。「おっ、大将、寿司食いネェ!」

145 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 12:24:54 ID:iYm9IdoF
(´・∀・`)ヘー

寿司もネタによっては低カロリーでもないから、節制して長生きして欲しいよな。
映画を撮れなくなっても長生きしてくれるだけでいい。

146 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 12:25:26 ID:MH+5awTF
>>143
まて、慌てるな。回転してるとはいえ、場所がヒルズだぞ。@120円ということはない。

147 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 12:54:28 ID:Ed6hOLcS
>>146 一応150円から。去年の値段だから変わってるかもな。
http://dash.parfe.jp/kaiten2_pinto2.html

 しかし回転寿司というのが御大らしくて益々好きになる。次の映画の
 舞台で取り入れるかも?回る回転寿司ベルトを挟んでの乱闘とか??
 逆にスコットランドの知り合いの町には回転寿司一軒しかないので、
 日本料理=回転寿司(他にもトンカツ等あるらしい)と信じ込んでる。

148 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 13:18:17 ID:Ke4XlpC4
>>137
この映画を残して死ぬならせめてスペース・カウボーイ2を製作してよしいよな。

149 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 13:21:06 ID:MH+5awTF
>>147 「次の映画の舞台」ってこんなになるかも
オープニング
回転寿司を食べてる主人公
  ↓
ふと外をみると、怪しげな男たち
  ↓
トロを頬張りながら外へでる
  ↓

150 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 13:43:53 ID:UKaLJDiL
だんな、お勘定がまだですよ

151 :M29:2006/12/01(金) 13:46:00 ID:ojI9bxKH
そしてトロをほお張りながら44マグナムを銀行強盗に撃つ

152 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 14:14:43 ID:PEiLmt+Q
釣りはいらねーぜ。後始末代だ。




153 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 14:34:25 ID:Ed6hOLcS
Have Sushi and make my day!!! Yey!
 または
>>151 寿司店主から刺身包丁ひったくって、投げつけても可。(用心棒
 の世界だ!)

154 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 14:37:01 ID:PEiLmt+Q
ちと趣向を変えて
回転寿司のカウンターで一人寂しくビールを飲んでる老トレーナー
なぜか取った皿はデザートのレモンパイ
渋すぎるぜ・・・

来週だよね百万ドルの赤ちゃんの放送は。
あれDVD買ってないんだよな。録画するかな。

155 :M29:2006/12/01(金) 15:33:37 ID:ojI9bxKH
ピロリロリ〜♪

156 :M29:2006/12/01(金) 15:39:15 ID:ojI9bxKH
>>153
権爺「いざとなったらこれを使ってくれ」
三十郎「すまん」

棺桶屋「おめえそんなもんでやる気か?」
三十郎「刺身にしてやる!」

カコイイ

157 :名無シネマ@上映中:2006/12/01(金) 19:36:59 ID:rcXNxIXp
クリント、、、、かっこいいなあ。生き様が、漢だなぁ。

158 :名無シネマ@上映中:2006/12/02(土) 02:27:56 ID:KTMj/HxR
確かに、今のクリントを見て
俺は長生きも悪くないなと思った。

159 :名無シネマ@上映中:2006/12/02(土) 13:53:32 ID:vXCwVH+f
健康であればこその長生きだよなあ・・・
ハリウッドスターなんて不摂生な生活して早死するやつ多いのに、
クリントは摂生してきたのかね。
タバコ・酒はあんまやらんのかな??

160 :M29:2006/12/02(土) 17:45:52 ID:P9/4OB0+
昔の話だから今はどうか知らんが
マカロニ三部作の頃は葉巻吸った事がなく吸えずとまどったとか。
アルコールはビールのみだったとか。
今はどうか知らんけど

ランニングとウェイトトレはずっとやってたみたい。
「ハートブレイクリッジ」の頃でさえイイからだしてるし。

歳とった
「スペースカウボーイ」や「ホワイトハンター」でも酒場での喧嘩シーンを
入れたがる武闘派イーストウッド。

161 :名無シネマ@上映中:2006/12/02(土) 18:00:10 ID:9cr2CPJd
とりあえず殴り合い入れとけって姿勢は、とても評価できる。
このご時世だから、観ている男はホッできるw

162 :名無シネマ@上映中:2006/12/02(土) 18:54:51 ID:258fD4QS
>>142
イーストウッド、アメリカではいじめられてるみたいだね。
「なんで日本人が捕虜の米兵を丁重に扱ったことを描くのか?」と。



163 :名無シネマ@上映中:2006/12/02(土) 19:06:13 ID:9cr2CPJd
西も東もプレスは卑怯なやつらばかりだから。
オレに出来るのは何度も観に行って応援することだけ。

164 :名無シネマ@上映中:2006/12/02(土) 19:33:00 ID:vXCwVH+f
159だけど

>>160
回答ありがとう。そうかやっぱり健康に気を使ってたようだね。
クリントにはいつまでも元気でいてもらいたい。
爺さんが活躍してるのを見ると、こっちも嬉しくなるんだよな。

>>162
アメリカ人はいつも自分たちの戦争は正しいと思ってるからね。
まあそれが国のプロパガンダだから致し方ない。
もちろん、そうじゃないクリントみたいなのもいる。
だからこそ、あえて硫黄島〜を作ったクリントの偉大さが身に染みる。

165 :M29:2006/12/03(日) 09:40:02 ID:/zqy9nFD
ピロリロリ〜♪


166 :名無シネマ@上映中:2006/12/03(日) 19:25:50 ID:qSEhYy+t
ペイルライダーの主人公はゴーストではないよね?

167 :M29:2006/12/03(日) 19:40:24 ID:/zqy9nFD
>>166
ゴーストじゃないのかなあれは。
死んだ保安官の霊が誰かに乗り移ってるのかな?

しかし50代70代のMハゲのおじさん(すまん)
が主役張ってバリバリアクションこなしてそれが大ヒットしてるんだから
アメリカって日本とは文化違うよなあ
日本じゃハゲたら俳優終わりっぽいもんね・・・そもそも中年が主人公とか
あまりないし
いいよな
日本じゃハゲのおっさんがアクションものの主人公とか考えられんもんな
西村雅彦あたりが刑事モノのアクションとかやるとか想像できんし

168 :M29:2006/12/03(日) 19:41:33 ID:/zqy9nFD
>>166
ああ、俺「荒野のストレンジャー」と勘違いした!


169 :名無シネマ@上映中:2006/12/04(月) 11:43:40 ID:Y2Sf0KTI
クリントをいじめる奴は俺がサラダにしてやる!!

170 :名無シネマ@上映中:2006/12/04(月) 12:49:23 ID:SglzpbSf
マカロニサラダ?

171 :名無シネマ@上映中:2006/12/04(月) 16:23:03 ID:h56yT8ua
どっちかっつーとマカロニグラタンの方が食べてーなあ
グラタンにしてくれよ

172 :名無シネマ@上映中:2006/12/04(月) 18:58:44 ID:+YD/Cw78
>>167
結局、死んでたと思われてただけで、保安官の勘違いということでいいの?

173 :名無シネマ@上映中:2006/12/04(月) 19:51:23 ID:WCBNvQqH
>167
女優の扱いなんかもっと悲惨
10代の女の子ばかりもてはやされるしね

174 :名無シネマ@上映中:2006/12/04(月) 23:35:54 ID:z4EQ+b/e
これから筑紫の番組に出るよ

175 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 00:03:13 ID:wvf1mam8
筑紫自ら己を吹き替え中

176 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 00:40:12 ID:HE4V+yCq
まあ、いくらなんでもイーストウッドが、ちゃんとした寿司の味を知らないわけはないだろう。
スタッフや娘に本場の回転する寿司のシーンを見せたかったんでは?


177 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 00:50:05 ID:MklSJmeE
もしスシブームや日本文化ブームがなかったら
「手紙」のほうは撮っていなかっただろう。
絶対に日本ブームは無意識のうちに影響を与えてるって。

178 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 00:51:52 ID:b+NiH20A
バックトゥザフューチャーのドクの役ってクリントイーストウッドですか?

179 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 00:56:59 ID:dLZiGYAi
>>178
しんでいいよ

180 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 01:09:44 ID:SwCV6VfO
>>178
( ゚∀゚)アハハノヽノヽノヽノ \ / \

181 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 16:41:22 ID:uz+KNtjr
イーストウッドって昔オーストラリアのワニとり名人の映画にも出てたな

182 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 17:11:39 ID:ms9JUsdr
監督大好き!!!人間の器がでかい!!!!!!

183 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 17:28:11 ID:jGO7zxNr
包容力を感じるね。
なんか人類の父親みたいな、とんでもなく大きな感じがした。
生で見てみたいなあ。

俳優さんたちは近くにいて話もできたんだよね。
うらやますい。

184 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 17:53:59 ID:3+JSQDAu
ついに地上波でミリオンダラーベイビーかあ
あの映画はもう何回も見てきたけど、実況しながらなんて生半可な気持ちで見たくない…
しかし実況民の反応が楽しみだから見るw

185 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 18:56:54 ID:sbr/Qog1
>>183
意外とやんちゃっぽかったわよ。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 19:49:53 ID:ClycI/3E
関連wiki
http://wiki.ninki.org/wiki.cgi?p=%bf%bf%a4%ce%c3%cb%a2%a1%a5%af%a5%ea%a5%f3%a5%c8%a1%a6%a5%a4%a1%bc%a5%b9%a5%c8%a5%a6%a5%c3%a5%c9%c1%ed%b9%e7%a5%b9%a5%ecPart6%a2%a1%bf%bf%a4%ce%b4%c1


187 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 20:06:44 ID:JeRvYS3K
>>184
わかるわかるw

188 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 20:07:31 ID:uOcYEsuZ
イーストウッドが"人類の父"ってのはいくらなんでも

と思ったが>>185のレスを読んで落ち着いた。
インタビューやコメントを読んでも確かにやんちゃっぽい。

189 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 20:21:17 ID:5R8rqnO6
最近のイーストウッドは重いんだよな〜、ミリオンダラーも立つ気がしないくらい重かった
硫黄島〜も重いのか?

190 :名無シネマ@上映中:2006/12/05(火) 22:10:37 ID:vmeK89ln
「硫黄島からの手紙」は既に2回見て、公開後も少なくとも3回は行くつもりだが・・・

>>189に答えるとすれば、
オマエはイーストウッド映画と無関係の人間だから
他の新作スレに行って、そこで嫌われる歓びに浸ればよろしい

191 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 00:06:13 ID:hqIgT1sj
ウッドの映画ほど、何度も見たくなる映画は数少ない。特に西部劇は演出といい、内容といい、最高だと思っている。溜飲を下げる。この言葉はイーストウッドに一番ふさわしい。

192 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 00:58:11 ID:uKLqqWe/
イーストウッドは死ぬまで努力するべきだと言っていたよ。
私は俳優はやめても監督はやめないだろう。
私の父も母も死ぬまで働いた。人間は死ぬまで努力したり勉強したり
するべきだということ。

193 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 01:11:13 ID:B3JdXkMp
>>192
理想の生き方だ。
おれもそうなりたい。

人の世話にならないよう身体に気をつけて一生懸命働いてポックリ死ねたら有難いな。

194 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 09:21:57 ID:xXgAXP17
そうだなあ、俺ももし中年になったりハゲたりしたら
あとは子供の成長見守るだけで死ぬの待つだけって思ってたが
この前のクロ現インタビュー観て考え直したな
年をとるのは悪いことではありませんとか言ってたよねえ
常に前向きで現在進行系で生きよう

195 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 11:55:16 ID:qkRV0/u/
>>189
重いけど、不思議ともう一度みたくなるんだよねこれが。
大抵の重い話って二度と見たくなくなるんだけど。。

196 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 11:57:01 ID:qkRV0/u/
>>194
わかるわかる〜
自分も何歳になっても(小さいことで構わないから)
挑戦を忘れず生きたいって思ったよ。

これでも若い頃は、老化には悪い意味しかないとか、
30にならないで死にたいと思ってたけど、ほんとに
イーストウッドかっこいい。あんな老人になって往生
したいよ。憧れる。

197 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 12:40:22 ID:xXgAXP17
だな。
俺も小学生からイーストウッドに影響された人生送ってきたけど
もう本当にあの人は
「なんでジジイになったのにまだカッコいいのよアンタ!」て感じだもん
30過ぎて落胆することもないんだよな
10代20代より色々経験つんで来てるんだし、少なくとも若いときよりはギャグは冴えるしw
今までずっーとイーストウッドから「男の余裕」みたいなもの学んできたが
(続・夕陽は超然とした余裕があるので大好き。クリーフに対しても微笑んだり
 橋に爆弾しかける時トゥコに「俺が死んだら金も手に入らないヨ」で微笑むとことか。
 あと、トゥコの兄貴のホラ話に黙って葉巻あげるとこ・・最高。俺なら「嘘つけてめえ!
 俺見てたぞ!」て言いそうだなw)
年取っても別にいいんだ
年輪なんだなと思える。感謝。もちろん腹がでたりしないよう努力が大事だけどね


198 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 13:46:21 ID:qkRV0/u/
どんな辛いときでもユーモアを持ってる大人の男って感じ。
そこに痺れる憧れるぅ。

いや冗談じゃなくまじで。

199 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 13:48:20 ID:O0yWelpQ
>30過ぎて落胆することもないんだよな

ちょっと待った。世間からぶっ飛ばされるよ。
30代なんて、まだまだ洟垂れ小僧の年代じゃないか。

これをやろうと30代で決めて、しかもその時点では経験もゼロの状態で、
それが一生の決断だったという話はぜんぜん珍しくないどころか普通に
ありふれた話だぞ。

世の中には90歳をすぎてから高校受験を一念発起する人すらいる。
(結局その人は、大学まで行った。高校受験は大学に行くため、大学は
その人のそれまでの染料関係の技術屋としての仕事の学問的裏づけを知りたい
というのが動機。子育てに始まり老後の準備に終わるまでけりがついたので、
勉強をする気になったという話だった。)

それに比べりゃあ。。。30代ってあなた。

今日が、残りの全人生の最初の日。
あんまり変なこと言ってると、クリントにぶっとばされっど。

200 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 14:33:03 ID:mwn0mtSV
200イタダキマス

>>199
あんたスゲーかっこいいこと言ってるぜ



201 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 14:58:11 ID:xXgAXP17
>>199

いやいや。ごもっともです。
なんか先日30代に突入したらやたら三十路だのおっさんだの
まわりから言われたので。
でも励ましありがとうです。



202 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 18:50:50 ID:XAJ0gHlE
「今日が、残りの全人生の最初の日。 あんまり変なこと言ってると、クリントにぶっとばされっど。 」

これあんたのオリジナルか?
俺の名言集ノートに収録しとくわ。ありがとう

203 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 19:43:52 ID:pYLgdYM+
「アメリカ人に余生はない」という言葉を引用していたっけ。

204 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 00:59:28 ID:nQdmSJWe
先日TVでインタビュー見たけど、要するにそこにいるのは老人ではなく
クリント・イーストウッドなんだなと思った。

205 :名無し:2006/12/07(木) 01:18:46 ID:gMfeIvh/
ハリウッドはブッシュ嫌いなのでクリントも反戦目的で
今度の2本は作ったんだろうな
俺は父親達の星条旗は見たけど戦争のでたらめさを描きたかった
要で観客を喜ばせようと思って作った作品じゃないと思ったね

206 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 01:27:24 ID:wMmMtkay
>>125
わかるわかる。
途中から入場でないけどカップルでペチェクチャしゃべってるヤツらがいて
うっとおしかった。仲良くするのはいいんだけど
時と場所をえらんでほしいよ。俺のときは50代くらいの若作りオッサン
だたけどね。若い女と一緒の(不倫か!?)。
にやけた顔でさ。
あと男二人組みの中肉中背の10代から20代コンビもいて、
やっぱりにやけた顔でイーストウッド批評。最後までクレジット
見ずに退場。もう金はらってるのはこっちという態度みえまくりなのもヤだよな。

カップルやコンビになると油断して素がでるんだな。
俺は最後までじっくりしゃべらず派なので二人でいっても一人でいっても
かわらんけどな。
渡辺謙とわめか頭・・そして俺が一つとなってる時に・・・
「ギャハッ!!」というおっさんとバカップル、バカコンビ。
・・・そしてエンドクレジット・・
再び「ギャハッ!!」これは痛いな。

207 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 02:04:22 ID:uRxyOy8Y
まさかこのスレで>>199みたいなカキコに出会えるとは思ってなかった。
得した気分。

208 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 04:28:39 ID:ToAshcqL
>>199
まさに人生の転機にいるので、偶然読んだあなたの書き込みに励まされたよ。
よ〜し、Make my dayってな気分で頑張ります。

>>205
観客を喜ばせる映画の定義付けにもよるが、
イーストウッドは単純な痛快作として2部作を作っているはずはない。
今夜放送されるミリオンダラーだって、生きることを悩ます作品だった。
でも、見終えて毎日のように咀嚼せざるを得なくなり、
終いには生きることの難しさ、生きていることの責任感と共に、
そんな重荷を背負えることの喜びを痛感する。
ある意味観客を喜ばせる作品になっていると思う。

209 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 13:24:27 ID:wtNmekbU
>>208
いいことを言う。
明るい内容だろうが、暗くつらい内容だろうが、観た人の心に何かを残し、
少しでもその人生を励まし、豊かにする。
それこそ真のエンタテインメントってヤツだな。

210 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 13:29:15 ID:X+6B/TOg
【映画】最優秀作品賞に「硫黄島からの手紙」 菊地凛子が新人女優賞受賞…米映画批評会議[12/07]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1165463774/

おめでとうイーストウッド監督。

211 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 13:30:03 ID:1aJAIBTG
えらい

212 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 13:57:20 ID:CvE+Ql7P
「硫黄島からの手紙」に米映画批評会議・最優秀作品賞

米アカデミー賞の前哨戦の1つとなる米映画批評会議賞が6日発表され、
クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」が今年の最優秀作品賞に選ばれた。

受賞作は硫黄島での日米の激戦を日本側の視点から描いた作品で、
渡辺謙さんが日本軍の指揮官役を演じている。公開は日本が9日、米国が20日から。

この作品と対をなし、同じ死闘を米国側の視点から描いた
「父親たちの星条旗」(日米で上映中)も今年のベスト10映画の1つに選ばれた。


クリントさん、あんた、、、本当に、真の男、真の漢だぜ。最高!!

213 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 20:34:57 ID:6YhkkFYB
ミリオンダラーベイビーかぁ。ラスト30分以外は楽しかったんだがなぁ。
明らかに間違った選択してていやな気分にならない?

214 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 21:04:43 ID:NgBAgaNj
ミリオンダラー見てない人は飛ばしてオクレ










>>213
だって他でもないマギーが望んだことだしなあ…
あの二人はずっと孤独に生きて来て、思いがけずにできた掛け替えのない相手になった
そんな相手はいる?いない場合、主人公と同じように突然出来たとしてさ、
その人があんなボッコボコの顔になって、大好きな夢を追うことも自由に動き回ることも
ガハハと大声で笑いあうことも出来なくなっちゃって
もう、何するにも必ず苦しんで、そうやって生きながらえていくしかなくて
そんな人に「殺してくれ」なんて言われたら、どうする?
それに、選択してる最中は、最悪の選択しているなんて、ふつうは思わないわけでさ…。

215 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 21:24:06 ID:6YhkkFYB
それをしたら後悔するって忠告されてるのにやっちゃうんだもんなぁ。
案の定取り返しのつかない心の傷を負って失踪しちゃうし。
なまじ他の連中が希望に満ちた日常を歩みはじめてるだけに、よけい主人公の愚かさがクローズアップされて。

216 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 21:26:17 ID:JQIcAGaL
失踪で済んでるのかあれ。

しかし、主人公が愚かだとは思わなかったな。

217 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 21:54:16 ID:6YhkkFYB
しかしラスト30分の実況スレの反応が気になるな。たぶん半数以上が初見だろうし、
それまでの流れからまったく予備知識なしであの展開観たら…

218 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 22:06:14 ID:CvE+Ql7P
しかしその、ヘビー級のパンチをくらわすところがクリント作品の真骨頂じゃね?

219 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 22:31:29 ID:JQIcAGaL
あれはアメリカにおけるアイリッシュの立場というかそういうのが分からんとダメなんでしょうか?

220 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 23:07:37 ID:v7DOwRr2
>>219
わからずとも美しく悲しい愛に泣ける。
でもアイリッシュって事はそんなにクローズアップされてないような…

221 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 23:24:22 ID:rf2kAwbt
ミリオンダラーベイビー、とにもかくにも印象にのこる映画でした・・。



222 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 23:27:11 ID:1YxblTqI
初見で観た。クリントイーストウッドが撮った映画に思えなかった…昔はドンパチ映画で死を記号にしか撮ってなかったのに、やっぱ年をとったんだな。傑作だな

223 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 23:34:42 ID:vWhZKOTH
こんなんで泣けるか! 鬱になるだけだ

224 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 23:36:31 ID:9d6Br6ti
あの神父が女を病室に見舞って慰めたら少しは気が晴れたのかな。

225 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 23:41:40 ID:yhK5Qmls
ミリオンダラーベイビーの話







>>213
私も基本的には、老いさばらえても、はいつくばってでも
最期まで生き抜け派だから、あの選択はちょっと考えるところが
あったけど、やっぱ監督がイーストウッドだからなー。

もしイーストウッド以外の人がとった映画だったら、「おいおい、
天寿を全うしれよ!」って思うけど、イーストウッドだからなーー!
って納得しちゃった。

226 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 23:42:26 ID:aa7KAhjc
初見でした。激しく鬱。もう何をする気にもならん。
つーかこんなにすばらしい映画なら映画館行けば良かった。
何してたんだあのころの漏れは。

>>224
フランキーが言ってたとおり、神に助けなんか求めてないみたいだから意味なかったと思う。
想像だが日頃も教会に全然行ってなかったんじゃないかな。

227 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 23:45:14 ID:17SHXMKc
いい映画だった。愛されて死ぬっていいなぁ
イーストウッドがキリストだったんだよな

228 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 23:45:48 ID:IjceOwZ1
>>222には「許されざる者」を観ることをオススメしたい。

229 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 23:49:16 ID:rf2kAwbt
ミリオンダラーベイビー、この映画の示す教訓は「敵に後ろを見せるな。残心。」だな・・。
そう思わないと救いがない。
今後ずっと記憶に残る映画だ。

230 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 23:49:38 ID:vWhZKOTH
>>225
天寿ってんなら人工呼吸器なんか使ってたらすでに天寿から逸脱してるんじゃないか?

231 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 23:51:35 ID:itiwzaqZ
許されざる者以降はずっとこんな感じだよね。
筋は平坦でカタルシスはないし、メッセージみたいなものもほとんど感じられない。
でもむちゃくちゃ面白い。ちょっと前にテレビでやった、トゥルー・クライムというのも、
大きい人種問題とか、大物の罪を隠すためのえん罪事件みたいな事を匂わせておいて、
普通のえん罪事件で終わってしまった。それでも抜群に面白いという。

232 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 23:54:04 ID:vWhZKOTH
>>229
> 今後ずっと記憶に残る映画だ。

トラウマってやつだな

233 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 23:54:11 ID:RaCvrn25
ミリオンのテーマは人間の尊厳ではなかろうか。
元々うつなのに拍車がかかっちまった。
いい映画だと思うけど、再び観るには痛すぎる。

234 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 23:54:52 ID:O+TPgC7E
やっぱシンデレラマンが良いな。
ラッセル・クロウが「ボクシングは馬鹿みたいなスポーツ」って
言ってたのと、試合映像(DVD特典)の鬱陶しい解説を除けば。

235 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 00:08:28 ID:1S5rjvHu
クリントとロン・ハワードを秤にかけますか。
勇気ありますね。

236 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 00:11:34 ID:2bmR2g6e
俺はやっぱスタローンだな

237 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 00:18:46 ID:FygB/Bg2
マギーが鼻をへし折られた時にゃ、浜口京子を思い出したよ。

238 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 00:31:10 ID:fTL0njww
テレ東で放送されたミリオンダラーベイビー最低だな。
声優が全員イメージ違い過ぎ。


239 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 00:32:21 ID:v5fDxF80
ミリオン初見だったがいい映画だった。
もう一回見たいんでDVD購入。

240 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 00:33:07 ID:pLKjtog2
なんで日本語吹き替えでみるの?

241 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 00:39:17 ID:FygB/Bg2
最後の手紙は娘からのもの? それともまた戻ってきたの?

242 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 00:40:02 ID:tie2sKG2
あれ? 今夜の放映、失踪した主人公が反則悪役女ボクサーを
酒場で殴り殺すラストがカットされていたな。

243 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 00:42:17 ID:sGTlD/bw
あの女KIDにそっくりだった

244 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 00:44:14 ID:XnpzF1E/
>>231
>筋は平坦でカタルシスはないし、メッセージみたいなものもほとんど感じられない。
小津安二郎の世界だね。
黒沢の影響を受けているというし、小津映画も見てるのでは?

245 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 00:47:40 ID:n8/uQdD0
>>235
ロンの兄貴にクリント・ハワードってのがいるよ。

246 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 00:50:41 ID:PDONSBr/
>>239
もう一回見たいとはタフですな。
欝だ・・・。

247 :245:2006/12/08(金) 00:51:49 ID:n8/uQdD0
弟だった…

248 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 00:53:18 ID:hIMIb9yE
ミリオンダラーベイビー直訳して下さい。

249 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 00:54:39 ID:FygB/Bg2
物語の語りそのものがイーストウッドの娘へ宛てたものだから
あの最後の手紙は娘からの返信と見るべきだろうなぁ…
でもまた見ないで箱にしまっちゃったんだろうなあ
でなきゃレモンパイが意味ないしな

250 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 01:00:30 ID:ZlbMA3oT
やったぁ!26年前のスクリーンの付録44マグナムを構える
ハリー=クリントのポスター押入れから無傷で発見!かっこいい

251 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 01:02:34 ID:YqWLzpWc
自慢するならアップしなさい

252 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 01:24:29 ID:1yVTAOzi
>>238
英語音声+字幕で見ればいいじゃない

253 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 02:11:59 ID:5sV9g8cM
ミリオン・・は重いが父と娘の物語(真の娘と仮の娘)
テーマは生死よりも人の思いだろう
それから娘からの返信はなかった
そんな甘ちゃんな現実をイーストウッドは描かない
だからレモンパイなんだ

254 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 02:28:46 ID:cyU+cuYT
>ミリオンダラーベイビー

いや自分もね、
公開時に初めてみた直後はあの選択はどうなの・・・と思ったのよ。
でもずっと胸に残って考えさせられて、時間が経つにつれて、
なぜかだんだん「いや、あの選択もアリかもな・・・」と思うようになってくるんだよ。
これぞクリントマジックだと思ったね。



255 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 02:32:28 ID:DqsYVxJv
>>253
娘からの返信、どうなんだろう。
中盤の、手紙が返却されるシーンには、手紙に矢印のスタンプがあったが
終盤の手紙のシーンには矢印スタンプはなかった。


256 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 02:49:03 ID:k0CxNQqC
ミリオンダラーを二回見たけど、
自分がおばんのせいか、普通の決断だと思った。
常識人ならそうするであろう、と。ただ勇気がないだけで。
常識を通すのは勇気がいるなあと思ったので、鬱気分になんて
全然ならなかった。舌を二回も噛ますなんて看過できないでしょうが。
フランキーの最後はわからないけど、ミズーリのお店へ寄って、
彼女の父の墓にでもいったのかな、とふと思った。
娘・ケイティーの関係が殆ど曖昧なのは、かえってリアルだと思った。
娘は死んでいるのかもしれないと思ったけど
相棒のモーガンは、さし戻ってくる手紙を引き続き書いている。バトンタッチだと思った。

257 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 04:38:03 ID:DBYDEfRc
ミリオンダラーベイビー見て妊娠中で涙もろいのか?
人生ではじめて映画で嗚咽をあげ泣いた

隣の部屋で仕事してた旦那がびっくりして飛んできた
はずかし…

最後、呼吸器止める所から数分、画面が見れなかったので
すごい気になるけど観直す気にはなれない…    


258 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 08:15:19 ID:S1NVFVot
>>256
舌を噛むまでされたら、ああするしか無いとは思う

259 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 11:25:50 ID:s2MJ0kOF
テレ東で初見だったけどあの決断はありだと思った。
以下、ネタばれあり。




「娘を失った父」と「父を失った娘」と
ミッシングピースを(無意識にでも)探すもの同士。
生きるという意味のある部分がが自分以外の誰かと何かを共有したり
分かち合ったりしていくということであれば、
この二人は映画の最後まで生きていたと思う。

呼吸器を止め、アドレナリンを打ったのは罪は罪。
その十字架を背負って暗い淵の底を覗き続けて
これからの日々を生きていかなければならないのだから
フランキーはある意味、呼吸器に繋がれたまま
魂が死にながらも肉体は生きつづけるマギーの苦悩や絶望、悲しみ、孤独を
彼女の代わりに引き受けてやったんだと思った。
親子以上の愛だよな。

これからもフランキーの毎日は続いていく。
社会の中だろうが刑務所の中だろうが。
ドラマ的カタルシスのなさがあまりにリアルで泣けた。

260 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 12:27:37 ID:1T8q+YsO
>>230
呼吸器つけて生きてる人もいるから、逸脱してるとは思わないなあ。
マギーの年齢のこともあるけど、呼吸器付ければ大学まで通えるかも
しれない、とかそういう話もあったし。

261 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 12:29:25 ID:1T8q+YsO
>>244
外人って小津安二郎好きだよねえ。

262 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 12:30:47 ID:1T8q+YsO
>>254
同感。あの選択は・・ と思いつつ、それもまあありか、
と思わせられる。イーストウッドさいこー

263 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 14:21:13 ID:34jtOiAM
この映画のタチ悪いとこはさ、尊厳死させておきながら尊厳死を一貫して否定的に描いてるとこなの。
別の選択(大学進学)を用意し、経済的不安が無いことを説明し、思い止まるよう直に説得までさせている。
さらに事が終わったあと、つらい現実に諦めず立ち向かう若者(デンジャー)を肯定的に描き、
現実に耐え切れず姿を消した主人公と対比までさせてるという念の入れよう。ここまですれば誤解のしようもない。
でも尊厳死させちゃうんだよね。序盤、ヒロインは自分にはボクシングしかない、今まで生きてきて
楽しいことはこれしかなかったというようなことを言っていたが、あそこで死を望むということは結局、
最期の瞬間までそれは変わらなかったということになる。ボクシングを奪われた、だから死ぬ。
主人公との絆は生を望む糧足りえなかった。そこまで一時間半もかけてやってて、そりゃないよな。
救いではないし仕方なくも無い、これは自ら誤った道を選んでしまった男の、挫折と敗北の物語です。

264 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 14:30:37 ID:1T8q+YsO
ああ、なるほど。そういう見方もあるか。

・・というふうに、ずっと前に見た映画なのに
心に残って色々考えさせてくれて、いい映画だー

265 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 14:32:22 ID:I0gewoUv
このスレに、映画館で「ミリオンダラー・ベイビー」を見ていない人間が
こんなにもいたことに呆れずにはいられない。信じられない。

それにしても、こり映画の終盤を見て、尊厳死一般の問題を持ち出し
主人公の行為を批判できる人間ってのは、2時間余の間、何を見てたんだろう

所詮、ブラウン管で見る吹き替え、トリミング、CM入りのものは
そんな感想しか生み出さないのだろうか?

266 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 14:40:34 ID:hIMIb9yE
最後はまた田舎に帰って病気の豚の世話するんだおその為の注射
肉注射 ・゚・(ノД`;)・゚・

267 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 14:56:22 ID:sniNkPuZ
いやあの行為を完全否定できるのは
まだ若くて健康で、希望に満ちた未来の可能性がある、幸せな人だと思うよ。
自分ももし20代でこの映画を観ていたら理解できなかったと思う。

以下、チョイねたばれ










人間歳をとっていくと未来に絶望することもある。
もう「死」しかない人に無理に生きろという方が残酷だと理解できるようになる。
何が何でも生きろ、生きていればきっと良いこともある、
というのは果たして本当に正しいことなのか?
自分がマギーと同じ立場になったら、生き抜いていく自信はない。
上でも言ってるけど、マギーの代わりに
重い十字架を一生背負って生きなければならないフランキーの方がずっと辛いだろう。
それを承知の上でやったフランキーの深い愛の前には
何が正しくて間違っているかなど誰にも判断できない。

な〜んてことを考えてしまう自分も歳を取ったよなあ〜
でもクリントがそれも人生経験のうちで悪くはないと言ってくれてる気がするw

268 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 15:29:28 ID:ljjQdvvT
おれも、オヤジの人工呼吸器を外した(正確には「外してくれ」と医師にいった)から
マギーへの思いも、やった後の、背負うべきなにものかの重みを痛切にわかる。
「本人が願っていたことだし、よかったんだ」という思いと、「実はオレが楽になりた
かっただけじゃないのか」という思いとが、交互にこみあげてくる。
どちらかに答えを決めることもできずに、これからも背負い続けるんだろうなと思っている。

269 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 15:42:05 ID:mw+huJre
    \
     ∴.、  UNITED STATES MARINES RAISE THE STARS & STRIPES
 .   ∴∵\
   ∴∵∵/\   atop Mt. Suribachi of Iwo Jima on February 23, 1945
   ∴∵∵////\
  //∵ ∵////// .\
. /////∵////// .  \     アメリカ合衆国海兵隊は1945年2月23日
/////////////      \
\//////////       . \  硫黄島すり鉢山の頂上に星条旗を揚げた
  \///////          \
   \////       ∧∧∧∧\
     \/    .  (  ´/) ))ヽ∧
             /   /  / ´∀) ∧∧
           ○(   イ○  (   ,つ,,゚Д゚)
           /ヽ  )) ヽ  )ヽ )と  , イ
           (_/(_/(_/(_/ノ(_/⊂ノ> )J
        / ̄Y ̄`|/ ̄^Y ̄ヽ/ ̄ ̄Y `´ ̄\
       /      リ     Y    |     \
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:WW2_Iwo_Jima_flag_raising.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:USMC_War_Memorial_02.jpg


A Clint Eastwood film FLAGS OF OUR FATHERS & LETTERS FROM IWO JIMA
http://www.flagsofourfathers.com
http://iwojimathemovie.warnerbros.com

クリント イーストウッド監督作品 父親たちの星条旗 & 硫黄島からの手紙
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/

270 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 16:33:42 ID:FDIea4Ga
>>263
なるほどー、ちょっと同感。
「ただ1人の男のオハナシ」というふうに見るもんだと思うね。
だからこそ、それが良いという見方ならうなずける。

>>265
映画館に見に行ったヤツは、全員無批判で大感動して帰ってきたとでもいうのか?
的外れな人だね、アンタ。

271 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 17:04:09 ID:SH2mitrI
>>256
常識というより良識かな。おばさんの気持ちに同意。

272 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 17:14:30 ID:SPjvNF4/
>>265って釣りなんでしょ? 気持悪すぎる。


273 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 19:42:25 ID:T8+LCi/f
>>263

人工呼吸器がなければ呼吸さえ出来ない + 体が血行不良で壊死していくことのつらさ

>>>

大学進学 + 経済的不安が無いこと + デンジャーの前向きな姿勢

ってことは伝わってきたので、尊厳死を否定してはいないんじゃないかな。
ああいう状況でも死を望まずに頑張って生きろ、と強制するカトリックの
教義に疑問を投げかけたかったんじゃないか?

この映画のひどいところは、前半でロッキーばりに観客を高揚させてから
終盤で地獄に突き落とすという落差の大きさだ思う。

274 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 20:17:31 ID:sD2aXDtP
突き落とすためにボクシングを取ってつけたようなもんでしょ。
後半だけだと弱いもん。

275 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 20:34:53 ID:5sdyYfCl
>242
それホント?

276 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 20:46:58 ID:1S5rjvHu
大ウソ

277 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 23:02:10 ID:1yVTAOzi
>>274
アメリカンドリームを実現できる一番の近道と思われてる(そんなに甘くないが)のが
ボクシングなんだろうね。今も昔も。
ロッキーやらシンデレラマンみたいな映画の蓄積があるからこそ生きてくる設定だと思う。

で、そっから突き落とすと。

278 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 23:18:01 ID:sD2aXDtP
前編のボクシングで盛り上げておいて、後編で尊厳死。

クリントは意地が悪いというか、知能犯というか。
後編の主題をあざやかにするための、伏線としての前編。

今回の硫黄島二部作にもそれを感じた。
前編が、バイボンズ(国債を買え)物語。
で、国民をだまして買った金で、後編の日本兵虐殺。

めちゃ、味悪いだろ。アメリカ人にとっては。
しかも、単品どうしだとその仕組みが露骨にならない。
いっそうずる賢くなってる。w

まあ、そのずる賢さを含めて、監督も作品も好きなんだけど。



279 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 23:27:41 ID:T8+LCi/f
922 :ワールド名無しサテライト:2006/12/08(金) 21:00:09.22 ID:+KG5m3gd
パロディー
http://www.youtube.com/watch?v=AttTkrRW7RQ

280 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 00:26:06 ID:cZTTSqT0
>>274
かなりとんとん拍子に、というかいい加減にチャンピオン戦まで進んだよね。
その時点で、あーこりゃ何か悪いことが起こるぞーという予感を生じさせる。
で、実際その通りに。

さらに「父親が殺した犬の話」などが出てきたりと、
すべてが予想通りに進んで、ご都合主義というか何の破綻もない予定調和なところが
あんまり好きになれない<ミリダラ。
でも逆に言うと、そこが優れているとも言えるんだけどね。

281 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 00:43:53 ID:rmFNKlAv
>>278
クリント愛してる。

282 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 00:45:40 ID:rmFNKlAv
なんでイーストウッドが「変態」と呼ばれるか知らなかったけど、
昨日ミリオンダラーベイビーを見てすごくよく分かりました。

283 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 00:50:38 ID:s70Jp8Tx
じゃあミリオンの欠点。
「クリントうまいなー、さすがクリント」って思わせてしまうところ。

284 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 00:51:13 ID:3i4S6JiV
>280
ボクシングは逆の事をする、などと伏線はりまくりなんでつが?

285 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 02:47:39 ID:3L7Cy4IQ
>>278
どうもパールハーバーと対極にあるような映画のようですね。
アメリカバンザイ映画で甘やかされてきたアメリカ人は、
そんなもん正視できるのだろうか?

286 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 02:54:25 ID:rWQvZqVD
でもアメリカ人を馬鹿にしまくった「ボラート」が大ヒットだぜ・・・
正直ヤシラの頭の中身はようわからん

287 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 03:10:12 ID:U2ySRN1l
ユーモア精神とか批評精神を大切にしているからじゃないのかな。
根っこにはゆるぎない自信と自負があるからなんだろうけど。

まえ、クリントン大統領が、任期の最後の頃になって、お遊びフイルムを作ったのを
見たことがあるけど、主演は本人自身で、場所がホワイトハウス。

内容が、任期切れが近いので誰も自分の言うことを聞かなくなった、という自虐ネタ。
あれ見て、アメリカってすごい国だなって、びっくりした。

なんかそういう精神的な土壌がアメリカにはあるのかもしれない。


288 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 08:10:58 ID:X87c28x1
だまされてグロ画像ふんだような映画だった > ミリオンダラー

289 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 08:19:32 ID:nz4Hzt/O
>>107
あー、「ペイルライダー」のことすっかり忘れていた。LD引っ張り出して見てみるかな。

290 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 09:16:52 ID:3g75pl6I
どんな形であれ、問題提起ができて、それが長く人の記憶に残る映画を
とれるってだけで貴重

291 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 09:24:37 ID:5RHHPKfI
批評家と一般的な観客の感想は違うんじゃね?
アメリカのインテリは左寄りらしいよ。
硫黄島はあっちの批評家に絶賛されてるけど
一般の観客は受け入れるかね?

292 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 09:54:17 ID:LixQ15cW
>>274
ボクシングはとってつけたんじゃなくて、ちゃんとした意味がある。
前半部分のモーガンの「語り」のセリフを、もう一回読み直せ。ボクシングに
ついて語っていることが、実は最後の部分へとつながる伏線だということ
がわかるはずだ。
映画のテーマを鮮明にするには「ボクシングが一番なんだ」と納得できる。

293 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 09:58:40 ID:U2ySRN1l
>>291
いい作品と売れる作品は、不幸なことだが、必ずしも一致しない。

294 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 11:35:26 ID:ss5HvQMm
多分ヒラリースワンクの役作りが凄いんだよね
マギーにリアリティがあるから鬱さらに倍増
普段は綺麗なのにさ
もうベストキッド4の主人公よか強くなったんでない?w

295 :ピンク:2006/12/09(土) 11:44:19 ID:QT0gY+fU
今朝、録画してあった『ミリオンダラー・ベイビー』を観た。
劇場で観た時と一緒の場面、"モ・クシュラ"の意味が明かされるシーン…

また泣いてしまった…。・゚・(ノД`)・゚・。

我慢出来ずにDVD買ってきちゃいました。

296 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 12:02:43 ID:0KvFAyBv
しかし
イーストウッドって
現役最高監督かもな。

コッポラは沈黙か下降
スポルバーグは調子をあげたけど本当の意味の作家の作品を未だとれていない。
いまだに激突・ジョーズ・未来との遭遇 がやぱいい。

テオはどうかな?予定調和っぽくなっていないか?
ゴダールは大多数の観客には受け入れられない別枠、詩とか純文学の世界だし。


297 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 12:19:09 ID:rodySKI2
確かに最高だろうな
比べればスコセッシなんぞヒヨッコだもんな
若い頃は器用でそつがない感じはしても
ここまで深い存在になるとは思わなかった
ホワイトハンターあたりから骨太&シンプルになり
許されで見事に昇華

298 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 12:29:12 ID:LixQ15cW
「許され」は好きなんだけど、ジーン・ハックマンはいつまでも「フレンチ・コネクション」の
ときのように、「タフだが善人」でいてほしかった。

299 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 12:39:26 ID:QNjDMVCJ
>>293
そういえば「三丁目の夕日」はバカ売れでしたね。

300 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 12:47:11 ID:X87c28x1
作家の吉村昭と同じで、むごたらしい死を描写したいだけのようにも見えるが

301 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 12:53:14 ID:hMnj2ss3
>>298
ええっ!
しかしどう見てももともと悪人顔だからなあ〜
西部劇で、ああいう権力持った保安官が一番怖いよ、単なる極悪人より

俺国家権力の警察に不当捜査された時警察が一番怖いと思ったもん

話はかわるが先日スピード違反で警察止められた時(これは不当でなく俺が悪い)
頭の中に続・夕陽の例のテーマが


「アアアアア〜♪ ホワンホワンホワーン♪」

「オレ 間抜けな奴」


302 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 13:05:15 ID:LDU8XNw4
>>301
>警察に不当捜査

何があった

303 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 13:13:19 ID:ieJ+vNwO
>>298
ハックマンは「許されざる者」のオファーを受けたとき一旦は断ったらしい。
「人殺しの役はイヤだ」
だがイーストウッドの「これは人殺しを否定するための映画です」との説得で
出演を承諾。
リチャード・ハリスも含めて理想のベストキャスティングが実現した。

しかしハリスの負け犬演技は最高でした。
尻尾まいて英国へ帰るシーンなんて一生忘れません。

「売春婦を殴るな!」 ドカン

304 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 13:22:18 ID:rmFNKlAv
国家権力とか不当捜査とか、つい先日ニュースでたくさん聴いた単語だ。

305 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 13:32:59 ID:hMnj2ss3
>>302

友達が暴走族のリーダーだったわけ。自主的に解散した後何故か警察の捜査。
かなり昔の交通違反であげられて少年院へ。
俺は親友だったが族と無関係なのに何故か部屋の中を?の強制捜査
確か族の旗?や特攻服を押収する為とか。俺は真面目学生だったのにね

高圧的な態度と有無を言わせない捜査が怖かった
こいつらを敵にまわしたらホント怖いと思ったよ

凄いおとなしく暮らしてる分にはいいだろうが
一度犯罪者に間違われたらホント怖いよ、身に覚えないのに脅すんだから



306 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 13:35:53 ID:X87c28x1
ジーン八苦マンはイーストウッドのせいでかなりイメージ悪くなったな
許されざるものの高圧的な保安官
目撃者の殺人ウソツキ大統領

307 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 13:40:18 ID:rmFNKlAv
>>305
朝鮮総連の奴らかと思ったよ。暴走族か。
普通の暮らししてるんで警察は頼もしい味方としか
思えませんけど、付き合うだけで家の中を捜査される
ような友達も友達だね。ご愁傷様。

308 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 13:59:57 ID:hYK6/f9b
9.11テロの真相を追求するドキュメンタリービデオ
「Loose Change 2nd Edition 日本語吹き替え版」
グーグルビデオで無料配信を開始

ttp://video.google.com/videoplay?docid=4377032998245988095&q=Loose+Change+2nd+Edition Japanese


309 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 14:17:36 ID:3L7Cy4IQ
ジーン・ハックマンは俺にとってレックス・ルーサーだからなあw
でもポセイドンアドベンチャーの神父の役はすげーカッコイイと思った。

310 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 16:31:56 ID:/zgbdOKA
録画したミリオンダラーベイビー見たけど、子持ちママが
ボクシングで活躍する映画だと思ってた…こんな展開になろうとは。

311 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 17:36:59 ID:ieJ+vNwO
>>310
ここで鬱っていくといいよ

312 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 18:51:27 ID:rodySKI2
八苦マンといえば垢出ミー俳優で一流中の一流だが、
それもイーストウッドの前では敵役だからな
オスカーよりも凄いスター&巨匠の輝き=イーストウッド

313 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 20:13:21 ID:5XJSWc3q
>>291
アメリカの批評家のイーストウッド作品の評価だとアカデミー賞絡みの三作品が
突出して高く、あとはそこそこの評価だね(硫黄島二部作は高評価だけど)
IMDBの点数見てもあとは『荒野のストレンジャー』『アウトロー』ぐらいか
『許されざる者』以降は日本の批評家の評価のほうが評価が高いと思う
『スペースカウボーイ』がキネ旬一位になったのは驚いた
『ライトスタッフ』と『アルマゲドン』を足したようなストーリー
特に後半のグダグダ加減は『アルマゲドン』といい勝負
ラストは好きだけど

314 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 21:27:14 ID:JJYdOEUP
今日、硫黄島見た。昨日押入れから見つけたダーティーハリーのポスターにこうべをたれた
映画史に残る傑作だった。クリントイーストウッドという男を恐ろしくさえ感じた。

315 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 22:23:14 ID:X2ZzhrKo
お前らのイーストウッド作品ベスト3教えて。
あと今回の硫黄島はどれくらいの位置に入る?

316 :名無シネマ@上映中:2006/12/09(土) 22:41:42 ID:hMnj2ss3
とりあえず俺はベストとはつけられないが
好きな順番はつけられる

1 続・夕陽のガンマン
2 アウトロー

少し間を置いて

3 ハートブレイクリッジ勝利の戦場、ダーティファイター燃えよ鉄拳
荒野のストレンジャー、ガントレット、真昼の死闘、ペイルライダーなど
・・あと全部

DVDで何度も観ている基準で選んだ
  


317 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:12:52 ID:DNrqstwe
俺だったら

1アルカトラズからの脱出
2続・夕陽のガンマン

3ガントレット


318 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:44:22 ID:3BTxt7K1
もしも、クリントイーストウッドが「三丁目の夕日」を撮ったら

「ALWAYS〜三丁目への手紙」

・冒頭のシーンは、六子の母親からの手紙を読む薬師丸。
・集団就職の上京車中シーンは、みんな緊張して硬く沈黙。
・笑えるシーンは全部カット。
・指輪のシーンは、感動するヒロミを見て、してやったりと、にやりとする茶川。
・上野に向かう「神風タクシー」が途中で事故にあい、六子が首の骨を折り、植物人間になる。
・上京した六子の母親が、生命維持装置を外す。
・ラストは、六子の母親からの手紙を読む薬師丸。


319 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:57:22 ID:Ozcg9HdW
イーストウッドは三丁目を撮らないから…

320 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 00:57:24 ID:8mi6YUYH
縁起でもない。
イーストウッド好きだったが、ミリオンダラー・ベイビーみて大嫌いになったよ。

321 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:04:34 ID:a77Xng40
安心しろ
イーストウッドの方でもオマエが大嫌いだから

322 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:09:30 ID:8mi6YUYH
なんでおまえがイーストウッドの気持ち知ってんだよw

323 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 01:41:39 ID:L7Kf1DSw
それはこのスレの中にイーストウッドが混じってるからさ。
証明はできないが、否定のそれもできまい。

324 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:11:58 ID:UNC087Ba
>>322
オレもそう思う。
たぶんイーストウッドはお前が大嫌いだと思う。

325 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 02:28:12 ID:8U4y0GZG
俺はイーストウッドの気持ち分かるよ!
撃っちゃえよと思うと、ちゃんと撃ってくれるし
殴っちゃえよと思うと、ちゃんと殴ってくれるし
こいつら皆殺しにしちゃえよと思うと、ちゃんと皆殺しにしてくれるし

326 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 03:39:52 ID:qUjavO68
イーストウッドは年に何本映画みてんだろ?
同じく男優兼名監督のレッドフォードは映画はほとんど見ないと言っていたが

327 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 05:28:42 ID:qemYfmtP
いま「硫黄島からの手紙」のオールナイトから帰ってきて
>>318−325のレスを観て、なんかどっと気が抜けた。

328 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 10:02:49 ID:PpOjpnAq
監督としてのオレのBest3は
許され、百万弗、マジ損

役者としては
汚ハリー、夕陽2、白狩人黒心

329 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:12:02 ID:zefCkJmq
ミリオンダラー〜で、イーストウッドが娘に出してた手紙、やっぱり最後まで拒否されつづけたのか?
家に届いてた手紙はイーストウッドが涙ポロリで着信拒否のスタンプがなかった
ようなシーンに見えただが・・


330 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:29:50 ID:Ozcg9HdW
拒否され続けたのなら、そのエピを出す意味がないよ
娘よりもマギーへの愛が勝ったのだよ、それがこの映画の意味だよ

331 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 12:36:45 ID:EfcELaRZ
80歳近いじゃないか

332 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:19:03 ID:ARyoH715
あれ 娘とどうして喧嘩したの?
みてたのにみてなかった・・

333 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 13:33:13 ID:vK70nOyA
娘がプレイボーイで脱いだから

334 :名無シネマ@上映中 :2006/12/10(日) 13:40:18 ID:XCDIGQbw
アルカトラズからの脱出に1票



335 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 14:04:56 ID:GntSHtDv
クリント イーストウッド監督作品 父親たちの星条旗 & 硫黄島からの手紙
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/

    \
     ∴.、  UNITED STATES MARINES RAISE THE STARS & STRIPES
 .   ∴∵\
   ∴∵∵/\   atop Mt. Suribachi of Iwo Jima on February 23, 1945
   ∴∵∵////\
  //∵ ∵////// .\
. /////∵////// .  \     アメリカ合衆国海兵隊は1945年2月23日
/////////////      \
\//////////       . \  硫黄島すり鉢山の頂上に星条旗を揚げた
  \///////          \
   \////       ∧∧∧∧\
     \/    .  (  ´/) ))ヽ∧
             /   /  / ´∀) ∧∧
           ○(   イ○  (   ,つ,,゚Д゚)
           /ヽ  )) ヽ  )ヽ )と  , イ
           (_/(_/(_/(_/ノ(_/⊂ノ> )J
        / ̄Y ̄`|/ ̄^Y ̄ヽ/ ̄ ̄Y `´ ̄\
       /      リ     Y    |     \
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:WW2_Iwo_Jima_flag_raising.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:USMC_War_Memorial_02.jpg

336 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:01:26 ID:8z9UGm5E
>>296
ウディ・アレンは近年の失速がなければと思わざるをえない
スピの「宇宙戦争」は実力を発揮した恐ろしい作品だった
ジャームッシュがあと10年でどうなるか

337 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:41:32 ID:L7Kf1DSw
ラストカットの、曇りガラスの向こうの人影はなんだろう?
俺は勝手に、娘と暮らしてると解釈したけど。
となると手紙も娘の初めての返信。
その理由は、黒人掃除夫がおせっかいの長い手紙を書いたから。
というのはどうだろう。

338 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:44:57 ID:n5aIEEEE
もう一回見直した方がいいと思いますよ。

339 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:47:34 ID:L7Kf1DSw
二度見る勇気はないから、いま教えてくれ

340 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:48:46 ID:L7Kf1DSw
あ、もしかしてあれレモンパイの店?
もう記憶がぼやけてるけど。

341 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:50:51 ID:a77Xng40
私は今回の地上波放送は見ていないが、144分枠ってことは
10分ほどはカットされてるわけだ。

DVDをレンタルして、きちんと見直す、という気にもならんもんかね

342 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:54:54 ID:L7Kf1DSw
>>341
正解知ってるならひとこと教えてくれればいいのに。
映画に限らずヲタはもったいぶってるのがいかん。

俺は10分程度のカットは歓迎派。
こないだ昼にやってたアウトローは子供の頃なにやら感銘うけたんで、
もっかいみようと思ったが、調べたらかなり大胆に時間が縮んでるので見るのやめたけど。


343 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:03:05 ID:a77Xng40
>>342
もったいぶるも何も、あのラストシーンが分からないってアンタ・・・・
10分ほどのカットは歓迎ってオマエ・・・

ようするに、映画館の入場料どころか、ビデオ、DVDのレンタル代すら
映画のために使うのが惜しいってことかキサマ・・・

344 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:12:57 ID:L7Kf1DSw
>>343
それのなにが悪いのかわからない。
映画の見かたは十人十色。

映画は崇高なものでこう見ねばならないというあなたには、
たとえば映画の布教はできないだろう。

高級AVに囲まれて布団に包まって悦にいるだけが君に残された使命。
天運なのだ!
もしあなたがイーストウッドさんなら失礼。

345 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:14:31 ID:UNC087Ba
>>344
ぐだぐだ抜かしてないで、もっかい観りゃいいだろ五月蝿ぇな

346 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:19:56 ID:a77Xng40
>>343 を見て、むしろ安心した。
あぁ〜こういう人間なんだ、って ww 

347 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:20:41 ID:L7Kf1DSw
教えるほうが簡単だろ。
ミリオンはトラウマになったのでもう見たくない。
まあアウトローはDVD買ってもいい。

348 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:20:57 ID:a77Xng40
しまった!!

上のレスはテレビ馬鹿>>344への返レスですぜ

349 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:23:22 ID:L7Kf1DSw
>>346
自爆してるけど、俺をくんで

こっちもわかった。
君はイーストウッドではないことがわかった。

350 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:25:55 ID:L7Kf1DSw
こっちも間違えたw
俺をくんでじゃなくて意をくんで。

マジレスすると、
見事な映画ヲタだなという印象。
映画ファンではない、悪しきヲタだ。
映画を支えるという意味では存在価値があるが。
俺とあんたでどちらが映画を愛してるかは疑問。

上のほうの劇場でどうのとかいう煽り。
釣りかと思ったけど、ガチなお前とかだったんだな。

351 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:28:16 ID:a77Xng40
>>350
私はラストも理解できない馬鹿がいたからちょっと構ってやっただけだよ
そろそろ、このスレはオマエが来るような場所じゃないことに気づいて消えろ

352 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:29:14 ID:L7Kf1DSw
>>351
消えろという言葉で消えるシステムじゃないだろ2ちゃんって。
こっちは割といま書き込み行為に意義を感じてるし。

353 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:30:44 ID:a77Xng40
>>352
>>こっちは割といま書き込み行為に意義を感じてるし。

天然系のギャグとして、しばし笑ったwww

354 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:34:42 ID:L7Kf1DSw
壊れていってるのがわかって、
なんだかかわいそうになってきたので消えますね。
「消えろ」という言葉より効果ありました。

あと質問に答えてくれる人がいたらマジでお願い。
ラストカットについて。

355 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:38:42 ID:a77Xng40
>>354
>>あと質問に答えてくれる人がいたらマジでお願い。
>>ラストカットについて。


オマエ、マジでラストが分からなかったんだ・・・
痴呆のフリしたネタだと思ってたよww

356 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:40:36 ID:L7Kf1DSw
>>355
え、じゃあ教えてくれるの?
教えて。

357 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 17:41:27 ID:z6CJp0dN
みんな忘れてると思うけど、
「ルーキー」好き。

358 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:20:07 ID:t/vdxWOj
確かに利口ぶる輩には辟易する。
別に教えたからって人生が変わるわけでもない。
インプットしたものはアウトプットしてはじめて知識となるんだ。
教えてやれよ、IQ120以下のおバカさん。

359 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:22:04 ID:V4rV36/l
ミリオンダラーはマギーがソニンに見えてくる

360 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 18:29:56 ID:9aI+SDhy
ふたつほど、IDを透明アボンしたら気分がすっきりした。

361 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:03:55 ID:mA+QGJDo
監督作じゃないけど、「タイトロープ」好きだなあ
娘役で出てる実の娘アリソンが子供なのに妙に色っぽくて可愛い・・・
でもそのせいで実生活でもロリコンの変質者にストーカーされたりして
大変だったみたいだけど・・・

362 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:05:20 ID:8mi6YUYH
>>337
あれはね、マギーの故郷の近くのレモンパイが上手い店だよ。
そこでジジイがパイ食いながら死のうかどうか考えている。
まあイーストウッドの事だから自殺するんだろう。

363 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:13:52 ID:L7Kf1DSw
>>362
なるほどその後の解釈はその通りか疑問だけど、
レモンパイの店とわかってすっきり。
サンクス。

364 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:19:30 ID:8mi6YUYH
>>363
まあ後の解釈は適当だけど、一応ジジイは注射器2本カバンに入れてるから
自殺をにおわす場面はあったよ

365 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:21:15 ID:3GjDLdNB
自殺シーンはないけどね。

死なないとしたら、じゃあどこへ行くんだと。
あの年で、最後の弟子失って。

366 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:23:53 ID:L7Kf1DSw
そういわれると自殺かもな。
物語として完璧とはいえる。

367 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:44:18 ID:S4JMKz//
映画に映されていない部分について語るのは邪道だけど、
トレーナーとして金は相当入ったんだぞ。
ジムの借金返してもまだかなり残ってるはず。


368 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:44:37 ID:8mi6YUYH
>>365
パイ屋のオバサンと結婚とかw

369 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:47:41 ID:HZhMEdvc
The Sunday Times December 10, 2006 How Clint recaptured the war movie
Eastwood’s powerful pair of films tell both sides of one bloody, hellish battle.
He talks to Christopher Goodwin
http://www.timesonline.co.uk/article/0,,2101-2489803,00.html
Eastwood was surprised by how little younger Japanese people now know about the war.
“It’s not taught in schools,” he says. “None of my actors in Letters knew anything
about the Battle of Iwo Jima. I thought it was important to tell that history for Japan,
because these are people who made the ultimate sacrifice for their country.
I think it’s also important internationally, because it’s important to realise that
war is a futile exercise at best, and people are trying to kill one another who,
under other circumstances, could be extremely friendly.”


New U.S. Release Letters From Iwo Jima By TODD MCCARTHY
http://www.variety.com/review/VE1117932266.html?categoryid=31&cs=1


Attacking Iwo Jima on both fronts
First Clint Eastwood put U.S. soldiers on the battlefield in 'Flags of Our Fathers.'
Now he looks at the same conflict from the Japanese side in 'Letters From Iwo Jima.'
BY BRUCE WALLACE Los Angeles Times December 3, 2006
http://www.newsday.com/entertainment/movies/ny-ffmov4995599dec03,0,5454630.story?coll=ny-entertainment-promo
There has never been a Japanese movie about Kuribayashi.
And the hell of Iwo Jima in winter 1945 has never wooed Japanese filmmakers.
"None of my Japanese actors knew anything about Iwo Jima," Eastwood says.
"You lose 21,000 people! To just ignore them. What would happen if we did that?"

370 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 19:51:25 ID:S4JMKz//
勝者と敗者に区別をつける日本人が超政治的なものの見方しかできない、ということ?


371 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 20:24:37 ID:pCnPiLuL
俺は「ガントレット」が一番好きかなあ。
音楽はこれが一番好き。フランク・フラゼッタのイラストも。ソンドラがグラマラスだけどな。

372 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:29:35 ID:3gfUxsKS
ガントレット、子供の頃もうすぐ公開する映画特集で、テレビで紹介してたのみた。
クライマックスのハチの巣シーンが恐ろしくてトラウマになった
それのシーンだけずーっと覚えてて、のちにクリントのガントレットだって知った。
ガントレットって、オープニングが凄く大人っぽく渋い(音楽もそうだし、タイトルの文字も
凄くあっさり。いまだったらもっとハデハデしくしそうだ)。



373 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 21:31:25 ID:pCnPiLuL
ソンドラ・ロックの文字通りの乳チラがいいんですよ。

374 :日米軍需利権の使い走りよしのりがブックオフ叩きだってさ pu:2006/12/10(日) 21:45:40 ID:It075mnq
651 名前:今週の4大週刊誌が一切、慎太郎疑惑に触れない異常国家 :2006/12/09
>建設財閥の再編には慎太郎でさえ切捨ての大立ち回りと大芝居が必要なんだ。

こいずみ、あべ、昭一、慎太郎、、etc
統一教会、稲川会、日本会議、靖国神社,,etc
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/chintaro05.htm
「お茶の裏千家、お華の小原流、企業では鹿島建設、資生堂、それに新興宗教では霊友会から踊る宗教まで回ったからね。
五億のうち、霊友会からは二億くらいは出たね。霊友会の本部には慎太郎さんと一緒にしょつちゆう行った。
教祖の小谷っていうのはスゲえ女でね。挨拶に行くと、着物をゆすりながら、帯の奥から百万円の札束をほじくり出して、
『ホラ持ってけ』っていうんだ。慎太郎さんは平身低頭して、それを両手で押しいただいていた」
 慎太郎は当選の翌年、小谷との対談をまとめた『対話 人間の原点』(サンケイ新聞社・昭和四十四年四月)という、
書名をオカルト入門とした方がよさそうな本を出している。、、、、、
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html


375 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:11:38 ID:a77Xng40
>>ID:L7Kf1DSw

おい、よかったじゃないか
『ミリオンダラー・ベイビーみて大嫌いになったよ。』とホザく奴 ID:8mi6YUYH に
ラストを教えてもらえた上に、パイ屋のオバサンと結婚という素晴らしすぎる解釈まで出来て www


映画のスクリプトを全文公開している海外のサイトによると
当初の脚本のラストには、あの店に娘が向かう場面があった。
その場面が撮影されたかどうかは知らないが、いずれにしてもカットして正解だと思う。

376 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:31:54 ID:qkc99RJr
娘があの店を知りようがないな

377 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:40:48 ID:qemYfmtP
>>375
あのラストシーンはスクラップの願いのこもった想像とも解釈できるからな。
フランキーのその後を観客にゆだねたクリント。

その海外サイトとやら教えてはくれまいか。


378 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:43:53 ID:Ozcg9HdW
娘をだしていないので(出したら手紙の意味が違ってくるぞ)
パイやに逝きようがないわな
でもパイが美味くて食べ終わったならば死んでもいいって科白が
最後の最後に効いてくるとは思わなかったぜ

379 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:52:20 ID:Dgy3tp0d
自殺するわけないだろw

380 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 22:52:46 ID:Ozcg9HdW
八年の歳月も手塩にかけて育てたボクサーには
その思い遣りが裏目にでて逃げられ
拒否し続けていた女ボクサーには、こんどは大丈夫と思っていたのに
失明より悲しい思いをさせ、最後の願いが命を奪うことだった
頼みの教会は逃げの一手で、慰みは二人で食べたレモンパイ
つらい人生だが、それだからボクシングの栄光が光るよな

381 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:29:23 ID:PpOjpnAq
自殺はないな
いろんな悩みを抱きながら、それでも生き続けている
そういう人間を描くのがイーストウッドは好きだ

382 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 23:37:15 ID:XIih2a8h
話のこしを折ってすまん。
「硫黄島からの手紙」えがった。
東林御大に感謝することしきり。
じゃ。

383 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 00:41:42 ID:DdPX+UrV
なんでマギー朴なんだ?

384 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:11:24 ID:cvcAS4j2
イーストウッドが本当に好きなのは、ひとのむごたらしい死を描写する事

385 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 01:16:12 ID:xsqA+xE7
俺はテレビ画面でミリオンダラーベイビーを観たのだが
以来頭にこびりついているらしく、左足を出して右ストレートを小さく振り
右足に体重をかけては左ジャブを出す練習をしている
台所に入る所に暖簾があるのだが、左足を踏み出すのと同時に右のアッパーなぞを
… これがツボだ。

386 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:27:24 ID:24TK5mgm
>>384
自分がむごたらしいことされる描写です。

387 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 02:36:45 ID:0Ej2jeTy
すべてイーストウッドマゾ説に回収しないでくれたまえwwww

388 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 04:02:26 ID:LjamrwUB
許されざるもの

相棒がリンチ死、晒し者になったと
娼婦達からの報告を聞いた後のイーストウッドの表情が鬼の様に見せて痺れた。

389 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 09:21:29 ID:BEqykRZ+
>>385
オレは、その足とパンチの出し方をマギーに教えるシーンで
丹下のオヤジが矢吹ジョーへ送った「あしたのために」の葉書を思い出した。

390 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 10:54:32 ID:bR5suYDT
>>384
物理的または精神的に残酷な事象を
ねちねちと、しかし淡々と描く監督ですよね。
一見かっこいいんだけど、よくみると
結構ヘンタイ臭くてエロスすら感じるよ。

391 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 11:01:52 ID:mpeNY7ur
無常を感じるか、変態を感じるかは、個人の感性でしょう。
むしろ、クリント作品は事実の淡々描写系なだけに、そういうもろもろのものを映し出す鏡
のような役割を果たしているとおもう。

言い換えると、クリント作品をヘンタイエロと批判することにより、己の変態性を暴露することになる。

392 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:45:12 ID:bR5suYDT
誰がいつ批判したんだ。

393 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 18:12:35 ID:UypYqjyb
「ミリオンダラーべイビー」の訳を教えてください。
ここ見てたらもう一度ちゃんと観ようと思いました。

394 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 18:33:54 ID:jl6n0G+C
モ・クシュラってどういう意味だったんだ…?

395 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 18:56:42 ID:Af5VQXBB
>>394
アフォ

396 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 18:59:51 ID:Fmmsn3wO
でもあれは、ガウンがでてきたときに、大体の意味は想像ついたよな。

397 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 19:13:17 ID:DdPX+UrV
>>394
地上波はカットしてたからね分からないよ
モクシュラ→ボクシュラ僕修羅の意
古代ギリシャのシュラ王からきています

民明書房刊

398 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 19:14:27 ID:gKHcyD60
>>394
"My darling, my blood"
「私の愛しい者、私の血を分けた者」かな。

bloodは人によってそれぞれ解釈があるかもね。この血を分けるというのは象徴的な意味かな。

399 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 20:07:14 ID:2rFbB0iF
変態っていうなら、昔からイーストウッドは変態扱いされてたよ。
映画雑誌のロリ特集で、ロリコン映画人のトップに上げられていた
だってデビュー映画が不良少女とおじさんの恋愛映画だし(愛のそよ風)
自分の映画で実の娘(小学生)を変質者にレイプされる役を振ったりした
(ちなみにこの映画は、「イーストウッドの抑圧された欲望を表現してる」と
さんざん批評家に分析されてた)
女学校で女学生に閉じ込められて性的おもちゃにされた挙句足の骨を折られて
毒殺される映画「白い肌の異常な夜」は、クリントいわく主演した映画のなかでは
一番好きな作品だそうです。

イーストウッドは筋金入り。でも「それがいい」っていうのが一般の見解らしいよ。

400 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 20:11:33 ID:2rFbB0iF
補足ごめん
「愛のそよ風」は監督デビュー作。
主演はウイリアム・ホールデン。少女役は忘れたけど、
フィリップ・K・ディックはこの映画凄く気に入ってたそう
あの人もロリ傾向あるもんな・・・

401 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 20:33:09 ID:kLxj1h6D
あれだ、あれ。

グリーンの目。
190cmを超える身長と均整のとれた体。
スーツを着ていると痩せて見えるが、脱ぐとものすごい。
そしてあのしゃべりの間。

かっこ良すぎる。
お不潔ハリー1、2の頃が最強なのは否めない。


402 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 21:22:50 ID:6dSjLcYk
>>399から低レベルの間違いを3つ見つけられた者のみ
イーストウッド・ファンを名乗る資格あり

なお、補足のつもりの>>400にも間違いがあるのが笑える

403 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 21:27:36 ID:P4ZXxUpb
>>400
初監督は「恐怖のメロディ」でしょ

404 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 21:53:34 ID:as1yNdON
イーストウッド作曲のテーマ曲はどれが好きでしか?私は許されざる者です。ミスティックリバーもいいけど
ミリオンはシンプルすぎる嫌

405 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 22:00:01 ID:V1GrNsab
>>393
「100万ドル赤ちゃん」

406 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 22:13:08 ID:FY/SbztP
許されざる者は今は亡き淀川さんがボロクソにけなしてたの覚えてる



407 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 22:17:50 ID:gtyiYQ0b ?2BP(0)
昔、地上波の吹き替えで散々見てた「ハリー1」。
先日の衛星での放映を見て、そのかっこ良さに震えたね。
ぷるぷる

408 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 22:22:49 ID:FY/SbztP
そういえば昔、映画評論家の蓮見ナントカって言う人が、
「イーストウッドを発見したのは日本だ」って発言して
他の批評家(北川れい子とかに)に凄いバッシング受けてたけど、
なんでそんなこと言ったんだろ。

409 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 23:03:38 ID:fg7LvUaA
硫黄島とテレビでやった映画で初めてクリント作品に接して、
ここのスレ全部読んだんだけどさ・・・なんかこの人のファンって痛いの多いね。

イーストウッド本人は凄いと思うけど、
彼のファンである自分も偉いとか根拠なく思ってそうなのが沢山いて気持ち悪い。

410 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 23:47:59 ID:Fmmsn3wO
>>406
淀川氏も感情の人だったから。
リビドーが反発したのかもしれん。
あれだけの評論家にけなされるとはまた名誉。

411 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 00:05:16 ID:gRWkZ9kb
俺は断然、スティーブ・マックィーンのほうが好きだね。

412 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 00:27:00 ID:kR2c+gw6
>>401
imdbには身長193cmってなってるけど、サバ読んでると思うなぁ
だってモーガンフリーマンが189cmだぞ
それとも年取って縮んだ?

413 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 00:36:27 ID:1MzGeZTu
たぶんちぢんだよ、石原都知事よりも低いもの…

414 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 00:40:18 ID:kR2c+gw6
慎太郎181cmだぞw
ttp://www.sensenfukoku.net/profile/profilem.html

415 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 05:14:25 ID:1Swa4AxV
>>409
このスレに初めて来たフリか。 バレバレだぞww

416 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 08:10:14 ID:Tp0+Wd05
>>408
恐怖のメロディを褒めた山田宏一だろ。

>>406
詳しくおしえてくだされ。

417 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 08:25:07 ID:5vRbETXs
>>408
間違いじゃないでしょ。日本で評価が高くてそのあとフランスで評価されるようになったのではなかったか。

418 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 08:38:25 ID:1Swa4AxV
  >>406
  >>許されざる者は今は亡き淀川さんがボロクソにけなしてたの覚えてる

淀川さんは「許されざる者」を高く評価していたけどね
どうしてこんなウソをつくのかね?


>>408
まったくの事実誤認、というか、蓮實氏のレトリックが分からない人間は
蓮實氏の発言に言及しないほうがいい。赤っ恥をかくだけだから


おっと、この二つのレス、同じ奴じゃないか
何がしたいんだ、こいつは

419 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 09:32:36 ID:jYmvFX5k
淀川さんは「どんな映画でもけなしたりせず、誉める。必ずいいところが
あるんです。どっかひとつくらいは」というのをポリシーにしてた人。

420 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 10:09:59 ID:arZlYix7
>>419
キネ旬でヴェンダースの「夢の涯までも」を一片の長所も認めずに斬り捨ててたぞ。
淀長の晩年はこの手の批評が多かった。

421 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 10:15:47 ID:eyvyidXx
淀川さん曰く「私は嫌な人に一度もあった事がない。」

おすぎ曰く「そりゃそうよ。だって嫌な人を見つけると、見えないフリして
      逃げていくものw」

422 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 10:27:12 ID:UhsleOmP
>まったくの事実誤認、というか、蓮實氏のレトリックが分からない人間は
>蓮實氏の発言に言及しないほうがいい。赤っ恥をかくだけだから

doui

423 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 10:41:21 ID:8jG/Po+3
カウボーイを馬鹿にされて怒るブロンコビリーはかわいかった。

424 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 13:33:09 ID:wNWnDwMa
たしか司馬遼の本やなんかで昔読んだんだけど
イーストウッドというはアイルランド人の典型、
いわゆるアイルランド魂を体現した人らしいですね。
役柄の性格もそういうものが多いとか。
そう考えて見ると、監督業になってからの彼の作品にも
アイルランド系アメリカ人が見たらぐっとくるような、
アイルランド的なものに溢れているのかも知れませんね。
私達が見ていて「おや?」と疑問を感じたりピンとこない点がある場合には
そこらへんに起因するものかも知れません。

425 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 13:50:52 ID:VAFoL3oA
まあイタリア人に「イーストウッドを発見したのはイタリア人だ」
と言われたら返す言葉もないだろうけどね。


426 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 15:07:12 ID:XJqU61en
淀川、水野、おすぎ


ホモとオカマだけじゃん

427 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 17:08:17 ID:yAE4Tff8
硫黄島でイーストウッド周辺は盛り上がってるけど、
日本人、イーストウッド舐めすぎだと思うw
彼の映画に出るためなら大西洋を泳いで渡ってもいいと
言い切る女優俳優がわんさかいるっていうのに。
もっと硫黄島映画のこと、騒いで良いと思うんだが。

428 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 17:09:43 ID:yAE4Tff8
>>420
クローネンバーグの映画を酷評していましたね。
何だったか忘れたけど。

429 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 17:09:51 ID:umKWU40O
フランキーとマギーは実は親子。あの母親があの人に殴られたの?と聞いたのは、昔は荒くれ者の父親だったから
教会に通ってるのは埋めた犬が理由とずっと思ってた俺は馬鹿なのかな?
こんな仮説は他にない?

430 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 17:38:54 ID:3PEjCgiA
天才現る

431 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 19:31:06 ID:gcOXE7Tr
頭おかしい奴っているんだな・・・

432 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 20:06:16 ID:txrX/xT2
―――監督との会話で、印象に残っていることは?

監督に、「今後は何をやるか決まってるんですか?」って聞いたんですよ。
そしたら、「俺は、もう好きなことしかやらないし、誰が何と言おうと、自分が納得できる、
自分が好きな人たちとしか仕事はしない」って。

かっこいいですよね。ただ、もう俳優として映画に出演することはないだろうと言ってましたね。
「『ミリオンダラー・ベイビー』で、役者としての俺は完成、終わった」と。

ttp://www.cine-tre.com/interview/detail.php?inteid=10000670


433 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 21:36:09 ID:5vRbETXs
>>432
そんなのやだ。やだやだやだ〜〜ん

434 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 21:51:19 ID:hFOWg7Ek
ダーティーハリーが企画されているみたいなんですけども。

435 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 22:35:32 ID:kR2c+gw6
>>434
ワロタ

436 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 22:50:40 ID:yAE4Tff8
>>434
;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )

437 :名無シネマ@上映中:2006/12/12(火) 23:20:58 ID:xZT5jf3C
http://www.cnn.com/video/
BEST OF TV
Dirty Harry
CNN's Larry King interviews hollywood legend Clint Eastwood. (December 12)


CNN LARRY KING LIVE
Interview With Clint Eastwood; Interview With Martha Stewart
Aired December 11, 2006 - 21:00 ET
http://transcripts.cnn.com/TRANSCRIPTS/0612/11/lkl.01.html

438 :名無シネマ@上映中:2006/12/13(水) 08:33:50 ID:bvHEnkKz
みなさんの許されざる者はどんな奴ですか?

439 :名無シネマ@上映中:2006/12/13(水) 09:04:58 ID:N+db6XM3
権力を壁に裏で悪いことしている人達

440 :名無シネマ@上映中:2006/12/13(水) 09:32:33 ID:wPX8HV6t
映画館で上映中に雑音を響かせるバカ

441 :名無シネマ@上映中:2006/12/13(水) 09:36:05 ID:oF4RiDA9
こんなスレでは語れないし語りつくせません。

442 :名無シネマ@上映中:2006/12/13(水) 10:08:11 ID:e7hQc3NJ
硫黄島をピクニック気分で見に来た親子が
静かなシーンのときよく響く声で私語をしたり
各人最低1度ずつトイレにたったりしていたけど
心底から死ねよと思いますた。

443 :名無シネマ@上映中:2006/12/13(水) 11:17:55 ID:Mbk/YRaP
>>442
口に出して言おう

444 :名無シネマ@上映中:2006/12/13(水) 12:28:22 ID:e7hQc3NJ
いや、子供もいたし、それに肉体労働系の
DQN風ファミリーに言えないよ〜(T_T)父親
パンチだったし母親は酒焼け声だし。
ネ申よ、へたれの私をお許し下さい。

445 :名無シネマ@上映中:2006/12/13(水) 13:04:11 ID:HaFXfGuG
>>444 ←レス番!w

ていうか、藻前をこれからは「アパム」と呼ぶからね!

446 :名無シネマ@上映中:2006/12/13(水) 20:45:54 ID:OfJuyxOL
「硫黄島」オスカーの本命に浮上!?
http://www.sankei.co.jp/culture/enterme/061213/ent061213001.htm
さらに、米放送映画批評家協会賞作品賞候補にもノミネートされた。
Broadcast Film Critics Association
http://www.bfca.org/

Early Oscar boosts given to Eastwood
http://today.reuters.com/news/articlenews.aspx?type=entertainmentNews&storyID=2006-12-12T221533Z_01_N12357832_RTRUKOC_0_US-OSCARS.xml&WTmodLoc=EntNewsHome_C1_%5bFeed%5d-2

'Letters' enveloped in Oscar potential
http://www.usatoday.com/life/movies/news/2006-12-12-letters-awards_x.htm

http://www.rottentomatoes.com/m/letters_from_iwo_jima/

447 :名無シネマ@上映中:2006/12/14(木) 23:21:53 ID:ldk+OJ4r
ゴールデングローブも監督賞と外国語映画賞ノミだな

448 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 02:06:22 ID:ebGu8aA0
すげぇな今回も賞にからみまくりじゃんクリちゃん。

449 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 07:12:35 ID:KGvjNHjW
「硫黄島からの手紙」の中の、元憲兵隊員に対する仕打ちについて、御大がアメリカマスコミに叩かれないかどうか心配だ。

450 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 09:21:18 ID:rrIq4A9b
作品賞じゃなくて監督賞を撮ってもらいたい

451 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 11:37:53 ID:x9sjJHK7
御大は叩かれたくらいじゃビクともしないだろうが
叩かれる御大を見たら、私の気が気ではないので、
どうか叩かれませんようにと願っとります。

452 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:09:03 ID:CthPjuQZ
>>449 叩かれても、マグナム44でぶっとばすから平っちゃらですって。
『ミリオン・ダラー・ベイビー』で身障者団体からつるしあげになったって
大丈夫な人だもん。信念に生きてるからねっ!

453 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 12:58:49 ID:FeNS4geo
そもそも、全編日本語のハリウッド映画を作るという段階でもう、ぶっとんでるし。
演技のワンテイク主義もハードボイルド。

本質から見て必要かどうか、それだけなんだな。判断基準が。

言うのは簡単。軋轢が多すぎて、実行できる人はほとんどいない。
それをこともなげに自然にやりこなしてしまうクリント。かっこよすぎ。

454 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 13:24:52 ID:x9sjJHK7
>>437
これ、誰か訳してくれないかな。
英語わかんない・・(恥)

455 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 14:54:23 ID:CthPjuQZ
>>454 長いですが。超有名司会者ラリー・キング(LK)対クリント(KE)
ー前置き略ー
「硫黄島からの手紙(以下手紙)」は最近全米批評家賞を獲得。昨日はロサン
ゼルス批評家賞を獲得しましたが、感想は?」
KE: ポジティブに受け止めてる。
LK: 驚きました?
KE: ええ、いつもの様に。私は映画を作って、それが何とかものになった事
 だけでいつも驚くんです。自分の映画を見に来る人がいるなんて思いもしな
 いし。ただ作ってその結果が満足であれば、それでいい。 それに完成して
 しばらくは頭の中が真っ白でー
LK: それでこの映画の場合(言語不明瞭)
CE: 誰かが飛びついて、気に入ってくれたら、それで十分。
LK: どうしてこの題材を選んだんです。硫黄島に関して2本も映画を作ろう
   なんて
CE: それは、まず最初にジェームス・ブラッドレーの原作を読んで、映画化
 興味を持ったけど、既にドリームワークスに替われてて、そこで数年眠って
 いたらしい。そしたらある晩スピルバーグに呼ばれて、この映画の監督をす
 る気がないかって誘われたんだ。その時脚本らしいものは完成してたんだが
 気に入らなくて、色々練り直しているうちに、日本側の方に興味を持った。
 この戦いは海兵隊の歴史を変えただけでなく、栗林という中将に率いられた
 非常に珍しく、かつ困難な防衛が展開されていた。だからその方も作って
 みようと思ったんだ。

456 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:05:23 ID:txrQce2l
御大は生粋のマゾだからDJV。

457 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:10:28 ID:CthPjuQZ
>>455 LK:でもどうやって、例えば日本語しか話さない俳優を監督出来たん
 です?
CE: どんな言語を使おうと、良い演技はわかります。それに私は渡辺謙を
 はじめ考えうる最高のキャストを得られました。彼の作品を何本かみ
 て敬愛してたんです。
LK: 彼が中将を演じたんですね?
CE: ええ、彼が中将役で。他の俳優もオーディションで選びました。
   フィーリングで出来るかどうか、わかったし、万全を期すために
  常に通訳が脇についていてくれました。
LK: 本当に正直に言って、2本の映画とも最高の出来でした。「手紙」
はオスカーの最有力と言われていますね。貴方にとってもう一つ追加
になるのでしょうが。本当に素晴らしい映画でした。
貴方がこの題材に夢中になった意味がわかりましたよ。


458 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:17:13 ID:CthPjuQZ
>>457 CE:分かるでしょう。取り掛かり始めたら、誰もが引き寄せられる
様な題材で。あの小さな島を必死に守る人々にひかれてしまう。ある
特定の時代に、まったく勝ち目のない過酷な戦いをする場所に送られて
しまった人々の話です。
LK:日本軍にはまったく勝つチャンスが無かったのですね?
CE: 明らかに彼らはそう感じていました。彼らはただ米軍を本土や、
沖縄に侵攻させない為にだけで、必死に島を守ったのです。結果的
には侵攻されてしまいましたが。
しかも彼らは圧倒的に装備が足りなく、島には水も、食料も何も無い。
貯蔵したものがすべてで、敵が上陸すれば補給さえ不可能な島なの
です。
LK: 硫黄島はなぜそんなに重要だったんです?

459 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:26:55 ID:FeNS4geo
続き、まーだー?

460 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:28:28 ID:hUoRfJ2C
こちらでもワクテカして待ってます

461 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:29:09 ID:CthPjuQZ
>>458 それはマリワナ諸島と日本を直線で結ぶ位置にあったからです。
 その頃製作された攻撃機B29は優秀なものでしたが、エンジンに問題
 があり、途中でー
LK: 母艦が寄港できる所が必要だった。
CE: 上陸地が必要で、だから日本軍は本土を爆撃されない為と、
レーダーを阻止するために、そこを死守する必要があったんです。
もしそこでレーダーを妨害すれば、日本軍は、2時間半位、先に
攻撃する事が可能だった。
LK:視聴者からの質問で、俳優から監督に転身した時、誰から監督術
 を教わりましたか?とありますが?
CE: 私は38年前に俳優から監督業に転向しましたが、その頃にも
 偉大な監督がいましたし、今でも周りの監督すべてに教わっていま
 す。ですが、ルーツといえばやはり、ジョン・フォード、ハワード
 ホークス、プレストン・スタージェスをあげるべきでしょう。
 初期のアメリカ人監督と、あと一寸皮肉かもしれませんが黒澤明監督
 に多大な影響を受けました。黒澤は私のキャリア・アップに間接的
 に貢献した監督と言ってもよく、私は日本のサムライ映画のリメイク
 でスターになったと言ってもいい位なのです。
LK: そうでしたね。
CE: だから私は初心に戻ってこれから日本映画を作ろうと思っています。


462 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:32:25 ID:+9enUcXT
CE: だから私は初心に戻ってこれから日本映画を作ろうと思っています。

ここはジョークなんだろうか。どんな顔して言ってたのかが気になるな。

463 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:39:14 ID:CthPjuQZ
>>461 LK: また俳優に戻る気持ちはあるの?
CE: さぁ分からないな。1970念に監督した映画で主演もしたんだが、
どうも画面に映る自分の姿が気に入らなくてね。カメラの後ろに立つ
ことはできるかもだが、見かけはねぇ、どうかな。でも分からない。
もしかしたら凄いいい役のオファーが来て、すぐに飛びつくかも。
でも最近は、あんまり演じてみたいいい役が無くてね。年齢とかで
なく。
それに、まぁ今はギャラを得るために演じる必要も無くなったし。
LK: でも監督は76歳だよね。
CE: ええ。LK: 引退する気は無い?つまりもうお金の心配は無い訳
 だし。
CE: どういう訳か一度もそんな事を考えた事が無いんだ。たぶん38年
 前に監督をはじめたとき、たぶんいつかは引退するだろうと思って
 たし、俳優はどこかで辞めるだろうと思ってた。だけど色々な事情で
 今の様な形になってるんだ。
 それに仕事をしている最中は自分が何歳なんて考えもしないから。
LK: 今日のゲストはクリント・イーストウッドさん。「手紙」はこの
 金曜封切りだっけ?
CE: 来週の水曜封切りですよ。今から1週間後です。(CMブレーク)

464 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:50:11 ID:rrIq4A9b
スペースカウボーイが一番好きなオレ。

逝ってくるぜ!!

465 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:55:43 ID:CthPjuQZ
>>463 「父親たちの星条旗(以下星条旗」の予告編が流れる。
LK: 今お見せしたのは「星条旗」の一場面で、これに続いて「手紙」
 が製作されたっ訳です。「星条旗」で、硫黄島にまつわる話が戦争
 キャンペーンに利用されたと聞いてショックを受けましたか?
CE: ええ、いや、ショックは受けなかった。私自身(キャンペーン)
  それは素晴らしいアイディアだと思いました。ただ映画で描かれ
 たのは、あまりに多くの期待を寄せらえれ3人の若者がどんなに
 辛い思いをしたかなのです。3人の中の1人しか比較的幸福な人生
 を送れなかった訳ですから。
 あの時代あのアイディアを考えだしたのは誰か知りませんが、3人の
 兵士を呼び戻して、宣伝に使うのは賢かった、なぜならあの有名な
 写真では、誰が誰だかわからなかったんだから。誰でもいい3人を
 選び出して、旗をあげた兵士と、ごまかしても良かったんだ。

 だが、あの3人が呼び戻され、英雄になった。その中にインディアン系の
 アイラ・ヘイズがいた。それでなお更都合のいいイメージが出来上がった
 んだ。民衆の心をつかむのにちょうどいい取り合わせだった。
LK: 監督したい作品を選ぶ基準は何?
CE: ただ直感だけだ。脚本や原作を読んで、まず最初にOK,自分はこれ
 をやりたいのか? 自分が出来る役割はあるか?って考えるんだ。
 OK,これには無い。それでも監督したいのか、これから何か生み出され
 か?って自分に問いかけるんだ。
 本の中には素晴らしい物があっても、何か自分としっくり合わないも
 のがあればパスする事にしている。
 だが、先ごろの2本の映画のホンはいきなり心臓を鷲づかみにされた
 感じがした。つづけざまにやられたんだ。「ミスティック」は素晴らしい
 原作にやられ、「ミリオン」も凄くて、ほとんど同時進行位の勢いで
 作り上げていった。その頃は1日も休まない位だったよ。



466 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 15:56:43 ID:FeNS4geo
クリント、最高。

467 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:19:42 ID:CthPjuQZ
>>465 LK: [ミスティック」は本当に素晴らしい映画だった。信じ
 られない位凄かった。
CE: ええ(不明瞭)
LK: しかも予算以下で仕上げたんだって?
CE: ええ、しかし
LK: 貴方は本当に何をすべきか分かってる。予定通りに撮影を開始し
  予定とおりに撮影を終える。しかもくだらん映画は作らない。
CE: それは分からないけど。まぁ予算以内に作ろうとは努力してる。
  時々予算よりずっと安く仕上げる事もある。出資者に自分が出来る
  と宣言しちゃってるからね。
  それに、映画によっては楽なものがあるし。それに私の製作会社
  マルパソは優秀なスタッフぞろいだし、どの位のコストで出来るか
  正確な数字を即座に出すことが可能なんだ。
LK: 西部劇はもう作らないの?
CE: それは、ねぇ。私は92年に「許されざる者」を作って、それが
 最後だと思ってた。テーマとか、語り口とか、もうこういうジャンルは
 終わりだと思ったんだ。
 でも誰かがイメージが湧く様な脚本を書いてくれたら、西部劇のジャン
 ルとはまったく違うユニークなホンがあれば、やってみるかも知れない。
 たぶん最後の仕事になるかもだが。
 で、今の時点ではたぶん無いだろうな。でも誰かが目を見張る様な
 ホンを書いてくれたら、手がけないでもないけど。

468 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:22:39 ID:CthPjuQZ
LK: 貴方には7人お子さんがいますよね?
CE:  ええ。
LK: それぞれ何歳です。何歳から何歳まで?
CE: 貴方も子沢山で有名でしょ、確か
LK: 50、47、39の三人と、7歳半、6歳半、それに25歳の
  義理の息子がいますよ。
CE: 私のは10歳か11歳から52歳まで。
LK: 共通点がありますね。76歳で10歳の子供といるのはしんどく
  ないですか?
CE: 全然。気に入ってる。自分が歳をとってよかった事は、前より
 物事に忍耐強くなって、物事をより楽しめる事なんだ。この経験は
 本当に素晴らしいものだよ。
LK: 結婚生活も楽に過ごせる様になった?
CE: ええ、多くの人に勧めたいんだが、出来れば結婚は出来るだけ
 遅らせた方がいいね、その方が自分自身や、周りの事をより深く考え
 られる様になるからね。
LK: 演技する時は自然体ですか。どっちかというと地味な演技方法 
  ですよね。
CE: 自分では自然かどうか分からない。みんなで話し合ってるんだ
 が俳優は生まれつきなのか、作られるものかってね。

 私が思うに、それはコツを覚える事じゃないかと思うんだ。演技を
 学ぶ必要は無い。自分で学べるから。その上で色々な演技コーチが指導
 もしてくれる。もっとも大事な事は観察することだ。他の俳優の
 動きや、人々の行動、地下鉄でも電車でもクラブでも、市場でも
 人々の行動を観察する事だ。そうすればさまざまな性格の人々の
 行動を再現できる様になる。


469 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:33:04 ID:CthPjuQZ
>>468 LK:メル・ギブソンの新作についてはどう思いました。映画は見ま
 したか?
CE: いや、まだ見ていない。
LK: かなりヴァイオレントな映画でしたよ。
CE: まだ見ていないんでね。そういう批評も耳に入ってきたけど、あの 
 時代がそうだったんじゃないかな。よく分からない。見るつもりだ
 けど。
LK: マヤ文明が主題で。
CE: ええ、本は私も読んで気に入ってる。でも私自身はマヤ文明に
 あまり関心がないんで。
LK: それとは別に最近彼に起こった様々な事件に関しては?
CE: まぁ色々言われていたのは知ってる。
LK: ええ
CE: 私自身は、飲酒運転で誰も怪我をしなくて良かったと
 思ってるが。
 彼も映画界に多大な貢献をしてきた男だ。だから今はただ前進しよう
 うと思ってると思う。明らかにそう努力している様に見えるが。
LK: 監督としてどう思います?
CE: もちろん。優秀な監督だ。最新のを見ていないが、非常にいい出来
 だというのも聞いている。
(CMブレーク)この後は対談に渡辺謙が加わります。

470 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:36:45 ID:FeNS4geo
いよっ、待ってました。ケンさん!陰の立役者。

471 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:48:22 ID:CthPjuQZ
>>469 >>469 [硫黄島からの手紙」の予告編が流れる。
LK: 「手紙」はすでに主要映画賞の二つを獲得しています。
クリントもここの残ります。さぁ、「手紙」で栗林中将を演じた渡辺
謙さんをお迎えしましょう。彼は「ラストサムライ」でオスカー助演賞
にノミネートされた俳優です。クリント、渡辺はどうやって選んだん
です?
CE: 謙の起用はすぐに決まったよ。「ラストサムライ」も見たし、他
 の機会でも彼を見て、ファンになってるんだ。非常にロジカルな
 理由があるんだよ。彼はスクリーンで映える顔をしてるし、堂々と
 した体格で、私が心から敬愛していた三船敏郎に似てるんだ。
 彼は三船の再来と言ってもいい俳優じゃないかな。
LK: 謙、君のほうは、すぐ映画のアイディアが気に入ったの?
謙: はい、最初に「星条旗」の話を聞いて。それで日本軍の歴史
 なんかを、この映画の前に調べたりしてたんです。硫黄島の話は
 全く知りませんでした。
 それで日本のエージェントと通じて、その映画の日本兵か日本の
 将校役が無いか打診してもらったんです。でも「星条旗」では役
 はもらえませんでした、残念ながら。
CE: そうだったね。


472 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 16:53:28 ID:CthPjuQZ
>>471 謙: それで今度は監督が「手紙」も監督すると聞いて。本当に嬉しかった。
  でも、日本の俳優として僕には大きなプレッシャーがありました。
  それは日本の暗部といってもいい話で、僕の役は島で部下を皆
  殺しにしなければならない指揮官という役でしたから。
LK: 彼にとっては大変だったろうね。日本軍の映画をアメリカ人が
 監督するとういのだから。
CE: でも謙は非常に素晴らしい反応を示してくれましたよ。でもこの
 映画に出演する俳優たち、すべての日本人俳優が、謙自身も話すと
 思うけど、誰も硫黄島の話を知らなかったんだ。学校では教えられて
 いなかったし
LK: 教えてないの?
謙: いいえ
CE: 現在の学校ではね。
謙: 全く教えられていなかった。
LK: 情報が全く無かったんだ。
CE: だから手探りで進めていったんだ。謙の役を最初に撮りながら、
 同時に色々なリサーチを進めていった。彼はものすごい量の資料を
 集めて猛勉強してたよ。栗林に関する事はすべて集めたが、十分な
 資料は無かった。

 でも謙は絶え間なく資料を読みつくし、栗林の生家や暮らしていた
 場所を訪ねる事までしていたんだ。



473 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:05:54 ID:CthPjuQZ
LK: 彼は中将の役を誰にでも好かれる様な人格者として演じてまし
   たね。
CE: その通り。
LK: つまり彼は
CE: それは、栗林自身が素晴らしい人物だったんだ。私が最初に読ん
 だ本は彼自身が書いた本だった、というか彼が息子や娘や妻に
 あてて書いた手紙だった。1928年から30年まで特使としてアメリカ
 に滞在していた頃の手紙なんだ。
 彼はアメリカで仕事をし、アメリカで英語を学んだんだ。だから、
 彼が故郷に向けて書いた手紙を読むと、彼はどこにでもいる普通の
 父親だったと言うことがよくわかるんだ。
LK: そう。
CE: どんな文化が背景にあろうと、その手紙を読んだとき、私は彼が
 実際にどんな人物だったかを多くの人に伝えたいと、心から思った
 んだ。
LK: この映画を見て、監督にも謙にも言ったんだが、謙は若き日の
 グレゴリー・ペックの様で、完全に画面をコントロールしていたっ
 て。画面が彼のお陰で生き生きしてくるんだ。
CE: 若き日のグレゴリー・ペックねぇ。

474 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:21:32 ID:CthPjuQZ
>>473
LK: クリントに監督されてどうだった?
謙: 実は撮影に入る前は、タフで強い人のイメージを抱いてたんで
 すが、実際は非常に穏やかで暖かい人柄でした。彼は俳優のフィー
 リングを知っていて、彼自身も俳優なので、我々を信頼してくれ
 僕自身がやりたい様に性格作りをする様に言われ、日本語のせりふ
 も僕たちにまかせてくれたんです。
 ええ、それに、彼は全く心配してませんでした。どんな会話をする
 なんて全く心配してなかった。なので性格作りに没頭することが
 出来たし、非常に気持ちよく演技が出来たんです。
LK: 君自身は中将が好きでしたか?
謙: それはイエスでもありノーでもあります。彼は過酷な運命を
 負わされた人だった。それに、私自身もアメリカで仕事をした事
 があるので、彼の気持ちが少しは分かると思います。でも幸せ
 な事に今私は米国と戦争したいとは思わないので。

475 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:22:44 ID:CthPjuQZ
>>474 (これで終わりです!)
>>473
LK: 無いだろうね。彼を監督するのは楽しかっただろう。
CE: 全くその通り。素晴らしいかった。彼は驚くほど完全に準備を 
 終えてきていたし、その点で言えば他の俳優全員がそうでした。
 私は常々、キャスティングさえ上手くいけば、自分自身を非常に
 有利な地位に置けるのでは、と考えていたので、あんまり上手くは
 言えないけど。
 つまり損害を減らすため両賭けするみたいなもので、まず優秀な人材
 を集め、役にぴったりした優秀な俳優を集めれば、後はほとんど賭け
 に勝てる様なものなんだ。
 それに、日本人俳優全員が素晴らしい熱意をもってこの映画にとり
 組んでくれたんだ。ほとんど何もない所から、歴史を学んだり、
 素材を調べたりするのもまた得がたい経験だった。
LK: 素晴らしい映画ですよ、クリント。最高の結果を祈ってますよ。
CE: 有難う。ラリー。
LK: 謙、君にも会えて嬉しかった。
謙: 有難うございます。
LK: 君は素晴らしい俳優だよ。
CE: その通り。
LK 「手紙」で渡辺謙は、再びオスカーにノミネートされるでしょう。
  このクリント・イーストウッドの素晴らしい映画「手紙」は
  来週の水曜日、12月20日にロサンゼルス地区で公開されます。
(次はマーサ・スチュワートの登場なので、この項おわり)

  おつかれさまでした!

 


476 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:29:39 ID:ouVmwOnI
>475
乙!感謝!

477 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:30:35 ID:FeNS4geo
>>475
あー面白かった。

どうもありがとう。お疲れ様でした。
読み応えたっぷり。yahooの直訳文とは
やっぱり天地の差でした。

なんか、これ、どこかに保存できるといいね。
貴重な資料だよ、これ。

478 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:31:54 ID:oI1qPrH0
はー、なんだか読んでて泣けてきちゃったよ。
いや〜映画ってほんとうにいいものですね。お疲れ様、ありがとう。

479 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:37:34 ID:hUoRfJ2C
>>475
ありがとう
本当にお疲れ様でした。
待ってる時間も楽しかったです。

480 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:38:32 ID:z4w9FjmD
乙です。
訳文保存させて頂きました。

481 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:41:56 ID:x9sjJHK7
>>455
ありがとう!!

482 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:49:39 ID:mMIVEtdl
>>455
乙です
読んでて感動しちゃったよ
幻滅したくないので
映画見に行くのやめる

483 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:55:02 ID:x9sjJHK7
>>482
吹いた。

484 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:56:53 ID:CthPjuQZ
>>482>>455 いや、いや映画を見てくださいよ〜。私自身もクリントのファン
なので訳して楽しかったです。>>454さんに感謝です。

日本映画を作るの所は So I'm coming back and making Japanese films
from now on out.
という原文で これから(from now on out)日本映画(複数)を作るよ、
 と訳したのですが、ちょっと誇張かも(笑)



485 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 17:57:54 ID:CthPjuQZ
>>437さん にも原文UP有難う!!

486 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:04:03 ID:mWKGQXkB
>>454
いってみるもんだねw

487 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:06:20 ID:0DYBrK1M
>>455
大変でしたね。乙です!

488 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:07:23 ID:x9sjJHK7
>>475
最後まで一気に読んでしまいました。
本当にわがまま聞いてもらって、どうもありがとうございました。
タイプするだけでも大変だったでしょうに、お疲れ様でございました。

489 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:08:39 ID:x9sjJHK7
>>486
罵倒されるかなと思ったけど
だめもとでも言ってみて本当に良かったw(´;ω;`)

重ね重ねID:CthPjuQZさんには感謝。

490 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 18:21:04 ID:rY6FYMbI
ミリオンダラーベイビーを見て、手紙を見てみようと思ったけど、
本当にシリアスな映画を直球に表現する潔さがすばらしい監督だと思う。
ミリオンでは才能あるボクサーを育てるが事故により寝たきりになるが
果たして寝たきりか安楽死かを選び生きる幸福とはどのような形が一番なのか
考えさせられる映画でもあり、手紙では戦争の矛盾と死をうまく表現出来ている
と思った。 すごくシリアスな問題なので後からよく考えさせられはっきりした
答えがないきがするけど、正面から向き合わなくてはいけないことなのかもしれない!
これこそ新の巨匠だとおもったよ! すばらしいイーストウッド監督。

491 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:19:20 ID:IqwL3Jpt
The magnificent seventysomethings
http://arts.guardian.co.uk/filmandmusic/story/0,,1972059,00.html
At 76, Clint Eastwood has just made his two finest films.
And, says David Thomson, he's not alone: many directors are just
hitting their stride when they hit retirement age

Friday December 15, 2006
The Guardian

In my opinion, these two films - and they are as linked as The Godfather and
The Godfather Part II - are not just the films of this year but the best thing
Eastwood has ever done. I'll go further; while admiring him as a producer and
a personality, I have had a modest opinion of his directing until Million Dollar Baby,
a story that gathered meaning as it advanced. Eastwood has now reached a height.
He has developed as an artist. And here is my point: Clint is 76.

492 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:22:53 ID:IqwL3Jpt
The Golden Globes news boosts the likelihood of Oscar best-picture
nominations for Babel, Letters from Iwo Jima and Little Miss Sunshine.

http://www.usatoday.com/life/movies/news/oscar-watch.htm

493 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 19:49:58 ID:06XKQ0Md
もともとイーストウッドの大ファンだが
荒野の用心棒を観てから
三船の用心棒を観て黒沢明と三船の大ファンなって
桑畑三十郎の仕草がイーストウッドとかぶってたんだが
やはりサムライを演じてたんだなあと
嬉しい

494 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:38:16 ID:+CucSt3G
>>493 っていうか「荒野の用心棒」(イタリア映画)は黒澤明の「用心棒」
のまんまパクリなんだが。全く無許可のパクリ。後で裁判沙汰となり、
三船プロも権利を得たみたいだが。だからポンチョ姿のクリントが三十郎
だったわけ。ラストも仕掛けも全く同じだけど、酸素ボンベを仕込んだ血
の噴出場面で黒澤に軍配ありだね。

495 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:49:46 ID:3iQYGR4p
それは椿三十郎だろ

496 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:52:54 ID:d9LpOSz4
>>461
これ、正確にはB29を護衛するP-51(マスタングってヤツ)の航続距離に問題があるので
あの辺に飛行場が必要だったんだよね?


497 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 20:57:34 ID:fj5Uru6N
謙さんがアカデミー賞逃したときに助演賞取ったのがティム・ロビンス。
それを妬んだ謙ヲタはミスティックリバーを叩きまくってた。
あの頃イーストウッドを貶してた謙ヲタは
今は手のひらを反したようにイーストウッドを大絶賛してるんだよね。

もう謙さんは賞に絡まない方がいいよ。
ヲタがまたみっともないマネするから。

498 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:00:36 ID:mWKGQXkB
>>497
たかがオタのために賞に絡むなってw

499 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:15:06 ID:+CucSt3G
>>495 そうでした!(涙)どういうわけか勘違いしてた。何十回見たか
 分からんのに!

500 :493:2006/12/15(金) 21:42:16 ID:06XKQ0Md
>>499

誰でも知ってるパクリ事実を得意に語ったうえに
用心棒と椿三十郎勘違いしてる愉快な人だw
映画のパクリうんぬんだけでなく
イーストウッド扮する名無し主人公の雰囲気が
長年、三十郎に似てるなと思ってたの
上にある記事見てやはり参考にしてたんだなと思ったんだよ



501 :名無シネマ@上映中:2006/12/15(金) 21:46:46 ID:+q/PJDcR
>>500
まあまあ、その辺で。

502 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 00:29:20 ID:608WIAxL
黒澤久雄第一回監督作品として製作発表されながらも、現在は中断状態になっている時代劇映画「鬼」をイーストウッドが監督してくれると最高なんだけど。
これは原題を「そして…」といって、混血の武将を主人公にした戦国時代劇で、黒澤明はスティーブ・マックィーンを主演に迎えて製作する構想を練っていたという。
黒澤の「用心棒」を映画人生の原点として今日まで歩んできたイーストウッドが本作品を製作すれば、黒澤明との関係性と彼自身の映画人生を一つの完結へと導くことができるはず。
そして主人公である金髪碧眼の戦国武将には、ぜひともチャド・マックィーンをキャスティングしてもらいたいとも思う。


503 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:01:30 ID:7MI2X08f
黒パンじゃだめだろう。是非、犬童一心を監督にして撮って欲しい。

504 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:08:53 ID:mxCGutB6
>>475
GJ!

505 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:25:33 ID:+zRZ+KqT
誰もマジソンカウンティの橋をほめないな。
あれも映画になったらすばらしかったのに。


506 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 01:27:42 ID:vjjT06UI
>>505
そんなこじゃれた言い方するな。

507 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 02:54:04 ID:ThRS9MKq
>>505
20歳くらいの時、まだ出版されて間もない頃に原作を読んで
感動のあまり号泣したんだが、
原作も絶賛してた母親が先に観て「映画は良くなかった」と切り捨てられて
結局観てないんだけど、そんなに良かった?

ここ数年本当、クリント御大凄過ぎて大好きだから
観て見ようかな。



508 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 03:07:30 ID:xDaUzApT
原作に感動した人には、あわないかもね。

509 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 03:15:49 ID:ThRS9MKq
>>508
ああそう。サンクス。

510 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 06:49:46 ID:1a62hA2Q
許されざる者以降の映画はほとんど見ているが、橋だけはあまり面白くなかったな。

511 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 07:00:30 ID:XQL//Okq
手紙は、いままでのクリントの作品をさらに突き抜けてると思う。
星条旗は許されざるものとかミリダラのグループ。橋はその下のランク。

512 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 07:42:12 ID:mZYN+r7K
高見から見下したような映画のランク付けは大っ嫌いなので組したくはないが
「硫黄島からの手紙」が突き抜けている、と言うのには同意

「…星条旗」はストーリーテリングの巧さに惚れ惚れさせられたが
直線的な構成の「…手紙」は気迫が満ち満ちた、ただならぬ傑作だと思う

513 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 09:39:30 ID:IxKMPQdr
後年から振り返ってみたりすると
監督イーストウッドの代表作が「硫黄島」になったりするのかな。

514 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 10:16:59 ID:M/327jku
>513 それは無理。

515 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 10:20:08 ID:iJq4HAUR
橋はイーストウッドの作風とは異なるが
監督として力量があるところを再認識させてくれた佳作だった
イーストの場合、ひょうひょうとした娯楽作品も捨てがたいが
近年の異常な充実ぶりを見ると中期以前のは代表にはなりがたい
「許され」「ミスティック」と「百万弗」は間違いないが、
「手紙」は素晴らしいのだが、見て半月経っても
オレの中で映画としての評価が定まらない。
オレの日本人としての感情の部分をどう差っ引くべきか?


516 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 10:50:12 ID:MGEJxLMv
>>512
星条旗で技術を見せつけ、
手紙で横綱相撲を見せられた感じ。


517 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 10:58:17 ID:XQL//Okq
うまいこというなぁ。

両方あわせると、技術面(星条旗)でも情緒面(手紙)でも超一流ですよってか。
うーん、なるほど。

518 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 11:30:10 ID:j9md8gPM
マジソン郡は、妻が欧州出身でオペラ好きとか、アメリカ人のコンプレックス
ぽい要素がある話なんだけど、原作のおかげか映画のおかげか知らないが
よく自虐アメリカ人が作るような、夫がアメリカの田舎のばか者じゃない
ところがまたいいんだよね。
ちゃんとアメリカの田舎の誠実な人ということになってるので、
こちらの夫婦もちゃんと愛情物語になっている。
(どっちの愛情も必ずしも完璧ではないんだけど)


519 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 12:03:35 ID:g7leKdJY
>>518
俺的には、無神経な夫ってイメージだったけどな

520 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 12:20:19 ID:j9md8gPM
夫もクリントイーストウッドも満点ではないところがいいんだよ。


521 :名無シネマ@上映中:2006/12/16(土) 12:58:50 ID:o4A625B5
とりあえず「恐怖のメロディ」を観ろ!
あのカッティングは凄い

522 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 06:14:56 ID:VCGJlIqK
ミリオンダラーのクリントが一番好きだと言ったら母親に
「信じられない!若い時のクリントイーストウッドはもっとずっと格好良かったんだから!」と言われた。

好みの問題だろーーーーー。


523 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 09:46:29 ID:vlJlJQrR
真夜中のサバナって御大の映画の中では異色作だと思うのだが、どうしてこのような映画を撮ったのかなあ。

意図とはズレた映画を取る人ではないだけにどうしてなのか知りたい。

524 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:01:28 ID:hpgclDND
>>522
老人好きにはたまらないんだよ!と言い返してやれ。

525 :名無シネマ@上映中:2006/12/17(日) 18:06:43 ID:jyI+bq1y
サバナは確かに珍しい題材を扱った映画だな。
蝿のたかったジェフリー・ルイスばかり
印象に残ってしまったよw


526 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 01:00:05 ID:ryAPnQWF
>>523
リバタリアン(バタリアンじゃない)のイーストウッドのおかまに対する
シンパシーを強く感じたので違和感ナッシング

527 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 14:00:24 ID:i4aSPGqX
>>523
自分は4、5年前にDVDで観たんだけど違和感を感じなかったし、
いかにもイーストウッド作品、って思ったけどなぁ。
何かイーストウッドの作品の中でもやたら低評価な作品だけど、
自分は結構好きな作品。
「ミスティック・リバー」を観たときに、とても似通ったものを感じた。
徹底的に甘さがないというか、容赦がないというか。

題材は特異なようで狭いコミュニティの中でのマイノリティという視点は
いつものことで、あの淡々と且つ突き放した表現は「ペイルライダー」
「許されざる者」を経て、この作品で深化というか強烈になったと
自分は受け止めた。観終わった時、鳥肌が立ったのを覚えてる。

ここ数年の傑作群を観る度、「真夜中のサバナ」を感慨深く思い出す。
彼が「真夜中のサバナ」について語ってる言葉はないのかな。

528 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 14:09:33 ID:IqU8WawI
David Lettermanでの御大
http://www.youtube.com/watch?v=59rQjGejFyA

http://www.cbs.com/latenight/lateshow/

529 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 20:42:10 ID:h3hJkpE6
Clint Eastwood's near escape
http://people.monstersandcritics.com/news/article_1234060.php/Clint_Eastwoods_near_escape
Dec 17, 2006, 12:00 GMT
Clint Eastwood nearly died while serving in the US army,
despite never being in a combat zone.

530 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 20:52:34 ID:h3hJkpE6
Friday, December 15, 2006
Show #2673
by Michael Z. McIntee
(Mikemack@aol.com)
News From The Late Show Home Office

Clint Eastwood; and Matthew Fox.
http://www.cbs.com/latenight/lateshow/exclusives/wahoo/

531 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 21:41:16 ID:h3hJkpE6
Iris Yamashita Writes Letters
Source: Edward Douglas
December 18, 2006
http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=17904

532 :名無シネマ@上映中:2006/12/18(月) 22:13:08 ID:ia4kNlzg
2006 12月13日 関西テレビ スーパーニュースアンカーより
青山繁晴 硫黄島現地取材その1
http://www.youtube.com/watch?v=HeeSLpYYMvM
青山繁晴 硫黄島現地取材その2
http://www.youtube.com/watch?v=02iwiNKgatI
涙なくして見れない魂のレポートです。

533 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 11:39:41 ID:A8PBRzJH
おわ、インタビュー訳してくださってありがとうございます。
凄く楽しかった。
見に行くの楽しみだな〜〜★

534 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 18:54:57 ID:+NLUQinp
ビジュアルとして今のクリントが一番素敵。
クールな中に優しさを感じる。

535 :名無シネマ@上映中:2006/12/19(火) 22:26:56 ID:Ai9o2O4g
以前ビデオで鑑賞した「アウトロー」
大好きなんだが・・・
本日DVDを購入。確かに画質、音質ともにいいのだが
暗いシーンなどとことん真っ黒で暗く見えない
(既に発売してる荒野の用心棒のDVDも暗すぎだが)
レイプされるインディアンの娘を助ける酒場のシーンなど何をやってるか見えないほど

そして驚いたのは字幕
インディアンの娘がインディアンの爺さんを間違いで殺そうとするシーン
間一髪でイーストウッドが助け爺さんは
「止めてくれなきゃ殺してた!」と吉本新喜劇のようなギャグシーンであるが
(ビデオではそうだった。英語でもそう言ってる)
なんとDVDでは
「止めてくれなきゃ殺されてた」などと言ってるではないか。
完全な間違いだ。
このDVD作った奴らアホか

536 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 07:08:56 ID:Y6lHcJc1
ここに来ている人に女性っているのかなあ。いなそうだなあ。

537 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 08:02:05 ID:G4aYmm9G
いるよ。

538 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 08:04:42 ID:ZJQ7bovQ
居るよ。
観てない、知らない作品もたぶん多いと思うけど。

クリント好き。
硫黄島は自分の中で客観的に観れないくらい別格になってしまったから
ミスティックリバーが一番好き。音楽も好き。
ミリダラは役者としてのクリントが好き。
あんな人、そばに居たら好きになってしまう。



539 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 13:08:28 ID:L2MZleMf
女ですよ。しかしこういう場では、女かどうかが問題
なのではなく、ファンかどうかが重要なのだろうから、
性別は披露していませんでした。でも女です。ババア
ですが。

540 :名無シネマ@上映中:2006/12/21(木) 14:59:59 ID:oSqwF/rG
要するに、男からも女からもあこがれられ惚れられる、
真の男だってことだ。

541 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 00:16:24 ID:tU+CLpE5
70年代後半〜80年代のイーストウッドはカッコよくない。
それ以前と以後はカッコ良すぎ。

542 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 13:56:15 ID:x55sxVzD
オキャマだけどクリント好き〜。
素晴らしい映画とるし、見た目も超カッコいいし★
この前のクローズアップ現代は正座しながらみた。

543 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 16:55:59 ID:T8a51iX5
>>536 わしは厳然たる○○代のババァ。なんたって「ローハイド」から来日時代
まで生でみてるからバリバリのファンよぉ。といってもその当時は渋い
エリック・フレミングの大ファンじゃった。女だてらに「西部劇FC」
に入ってましたぜい。クリントの映画は全部見てるし、市長時代にはカー
メルまで会いに行った(勿論会えなかったが)昔のクリントはスターだった
 が今は巨匠。『バード』からの彼の作品に傾倒しとります。
(女関係だけは一寸いただけなかったが。英雄なんとやらというし。
 最初の年上奥さんが一番感じよかったな)


544 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 21:48:54 ID:OPnIJ66D
バードは、ヨーロッパから帰ってみたら音楽界がみんな
EbかBb(つまり楽器そのまま)の低級R&Bに退歩していて愕然とするところが
よかった。
金のために自分たちの作った進歩が全部無駄になっていた場面。


545 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 23:11:56 ID:Zf3SH2Vb
>>496
P-51の航続距離は問題があるどころか当時の戦闘機の中ではトップクラスで
零戦の初期型に匹敵した。同時代でほぼ同じ航続距離を持っていた戦闘機は
ソ連のYak-9DDくらいなもんで。まあ当時の足の長い戦闘機は3000キロ前後
が限度で硫黄島はサイパンからの中継飛行場としてどうしても、米軍が
欲しかったようだ。たとえばB-29の護衛をF-6FやF-4Uなど艦載機が担当
すれば島嶼上の飛行場もいらないような気もするが、陸軍航空隊のB-29
爆撃機を海軍航空隊の戦闘機隊が護衛するつもりはさらさらなかった
みたいだ。


546 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 00:34:48 ID:bZdmyLUn
70年代アメリカのジャズメンを支えたのは日本人。
今回の映画はクリントの恩返しだろう。

547 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 06:59:05 ID:40lgWGFB
20日にアメリカ公開された「硫黄島の手紙」は、まずは5館での公開なので
当然、大きな数字になっていないが、一館あたりの成績は3館公開の「ドリームールズ」に次いで2位
ボックスオフィスのユーザーのグレイドでは、まだ24人の投票しかないが
うち20人がAとしている。

普段、興行なんてあまり気にならないし、興行スレに張り付いている奴はアホだと思っているが
御大の映画となると、どうしても気になってしまう。
字幕つき映画のアメリカ興行としてとして「グ゜リーン・デスティニー」「ライフ・イズ・ビューティフル」と
並んで欲しいものだ

548 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 11:37:47 ID:uuhPjLPr
60 SECONDS: Clint Eastwood
BY LESLEY O'TOOLE - Friday, December 22, 2006
http://www.metro.co.uk/fame/interviews/article.html?in_article_id=30400&in_page_id=11

549 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 20:13:48 ID:uuhPjLPr
Private Ryan Is Gone, and War Is Global
By STEPHEN HOLDEN
Published: December 24, 2006
http://www.nytimes.com/2006/12/24/movies/24hold.html?ref=movies
So goodbye for now to Private Ryan and traditional Hollywood notions of
American go-it-alone heroism and "the good war" fought by "the greatest generation."


Here’s to the Ambitious and the Altmans
By A. O. SCOTT
Published: December 24, 2006
http://www.nytimes.com/2006/12/24/movies/24scot.html?ref=movies
Working with a Japanese cast in their own language, Mr. Eastwood once
again gives his actors room and confidence to work, and they ?
Ken Watanabe in particular ? repay him, and the audience, with remarkable performances.

550 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 21:03:11 ID:itPjsR9a
戦争に善悪はないと言っていると紹介されているクリント御大だけど、実際は、逆ね。

御大は、戦争には双方にそれぞれ善と悪の両方があるって言ってる。
片方が正義に見えるのは、その時たまたま善が強く出ているからだって。

で、今回の二部作は、出来るだけ、戦争の本質を再現して善も悪も
目の前に提示することが目的。

ある意味、この二部作以上に公平かつ妥協せずに戦争を描くことは不可能かも知れない。
まったくすごいことを考えたもんだ。

551 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:17:58 ID:Ln7CjdUF
『荒野の用心棒』スペシャル・エディション買ってきた
いやぁいいなぁ、山田康雄のイーストウッドも見られるし

552 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 22:23:39 ID:X9DKUreA
>>543
姐さん、格好良過ぎますぜ。

553 :名無シネマ@上映中:2006/12/24(日) 23:36:36 ID:7KjN7TQK
>>547 「パッション」を知らぬ君もアホの一人

554 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 00:25:39 ID:MrvRdEMj
硫黄島は評価しにくい。
あまりに淡々としすぎてて、
自分の中に感情がわいてこなかった。
人が死んでもなんとも思わないっていうか。
でもこれが戦争の狂気なんだろうか???
あまりに何も思わなかったから、
色々調べたくなってる自分が居たりして。

555 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 00:40:57 ID:0ZPs5GDN
>>554
君はこの映画を怖くなるほどなんにも経験しちゃぁいねぇんだよ。

556 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 21:24:00 ID:AhV+5OMi
『ミスティック・リバー』公開時「イラク戦争を起こしたアメリカを擁護してる」という批評があった
ラスト近く誤ってティム・ロビンスを殺したショーン・ペンをローラ・リニーが慰める場面がそうだと
あれはマクベス夫人の囁きだと思うんだが・・・・アメリカ擁護はイチャモンとしか思えない


557 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 21:28:22 ID:NQ7XAGJl
 「硫黄島」アメリカじゃ字幕かな?

アメリカ人は字幕はほとんど観ないという話だから吹き替えか?

558 :名無シネマ@上映中:2006/12/25(月) 23:43:31 ID:l6OWe3fm
もちろん字幕スーパー。
それがネックだ。

559 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 00:10:55 ID:PnJSg4ID
実際、批評家以外の評判はよくない。
というか話にも上ってないらしい。
やはり字幕の壁はたいっへんに大きい。
大きな賞をとらないとアメリカ人は
誰も見ないだろう。あいつら外国に興味
ないから。

日本での興行はめちゃ順調なので
心配はしなくてもいいけど、多くの人に
見てもらいたいもんだ。映画として
良い出来なのだから。

560 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 04:06:53 ID:1iiM75XL
このスレでは他人を罵りたくないんだが、自分の妄想で事実を捏造して悦に入るキチガイが
猛烈に気持ち悪いので言及しておきたい

  >>559
  >>批評家以外の評判はよくない。というか話にも上ってないらしい。

この映画のIMDBのUser Ratingは8.2
BOX OFFICEではA-
rotten tomatoでは驚異の94%

コイツの妄想の異常さが分かろうというものだ


  >>大きな賞をとらないとアメリカ人は誰も見ないだろう。あいつら外国に興味ないから。

字幕つきの非英語映画である「パッション」の北米興行は3億7千万ドル超え
「グリーン・デスティニー」は1億2千万ドル超え
この映画も一館あたりの数字も今のところスバ抜けている

561 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 07:40:54 ID:27zDuF83
まだ単館扱いだからね。
拡大公開が決まってるから、それが実施されたときの市場の反応が見もの。
いまは、嵐の前の静けさみたいなもんだ。

562 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 10:49:03 ID:NFnOD1kX
本格的な上映は1月20からだったっけかな>全米

563 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 11:13:52 ID:Gmmm01xz
アメリカ人の大衆が字幕映画を見ないというのは本当。
パッションは特別かな。敬虔なクリスチャンなら字幕映画に
興味がない人でも見たくなる題材だから。
グリーンデスティニーは根強い人気のあるカンフー映画
なんで、どちらも硫黄島とは比べられないというのがシリアスな
見方。これを悲観的ととるか現実的ととるかは人次第。

564 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 17:17:05 ID:8vNSnpnZ
>>563
んなもんフタ開けてみなけりゃ分からない。
お前がなんで時間を割いてまでここに書き込んでるのかも分からない。

565 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 17:23:47 ID:Gmmm01xz
いち見解に、いちいち噛み付かれる理由がわからない。
マンセー以外の意見は認めないスレなら>>1に書いとけ。
ガキか。

566 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 17:34:18 ID:II+TkrCc
米国でトラトラトラの日本軍シーンは字幕だったのか?吹き替えだったのか? 

567 :名無シネマ@上映中:2006/12/26(火) 18:20:30 ID:q6O1MaSg
>>566
DVDに「アメリカ公開バージョン」って書いてあったから

568 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 01:02:12 ID:avEoSpy4
>>565
見解云々じゃなくおまえのコメントは場がシラける、そういう意味ではないか?

569 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 01:41:32 ID:A0D+0+Wg
アメリカ人は馬鹿だから絵を見ながら字を読めない

570 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 02:06:22 ID:avEoSpy4
>>569
表意文字の日本語は字幕を追うのに楽だってのも覚えといてね。

571 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 02:13:28 ID:UJK9Y9UD
>>560
1館あたりの数字は高評価の割にフツーだよ。「ズバ抜けた」とは言えない。
ずば抜けてるのは先週公開のドリームガールズの数字。

つか、あんたキモいね。いわゆる信者さんですか?

572 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 02:45:04 ID:avEoSpy4
つかここは信者多いんじゃまいか
かく言うオレはミスティックリバーで「酷え惨い」って思ってから、2回目観れずにいるヘタレだがw

573 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 05:27:22 ID:ClegyafG
>>571
ここは作品スレではなくイーストウッド・スレなので、オマエのような奴こそが部外者。
来るところを間違えてるんじゃないか
ま、他人を信者呼ばわりする厨は、どんなスレでも忌み嫌われる不快で愚にもつかない存在だが。

「硫黄島からの手紙」は今のところ3回見に行ってるが、確かにヒットしていることを実感する。
老人客が多勢を占めるが、残念なのは連中のマナーの悪さ。
4回目は客足が落ちてからにしたい。

574 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 18:47:27 ID:QHZ6uhWy
>>573
4回も見んのかいw



いや、いいと思うよ。俺はまだ2回だw

575 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 21:28:15 ID:YuNStpnZ
93年にJFK絡みの映画が二本公開されてるけど、イーストウッドにとっても
JFKという大統領は歴代大統領の中でも特別な存在なのかな?
俺にはアメリカの映画人がやたらとJFKに拘るのがよく分からないんだが

576 :名無シネマ@上映中:2006/12/27(水) 21:33:37 ID:mPHsS4Ag
>>575
JFKとモンローは特別なんだよ

577 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 00:21:12 ID:ohunpAz3
>>573
わかるわかる。
途中から入場でないけどカップルでペチェクチャしゃべってるヤツらがいて
うっとおしかった。仲良くするのはいいんだけど
時と場所をえらんでほしいよ。俺のときは50代くらいの若作りオッサン
だたけどね。若い女と一緒の(不倫か!?)。
にやけた顔でさ。
あと男二人組みの中肉中背の10代から20代コンビもいて、
やっぱりにやけた顔でコング批評。最後までクレジット
見ずに退場。もう金はらってるのはこっちという態度みえまくりなのもヤだよな。

カップルやコンビになると油断して素がでるんだな。
俺は最後までじっくりしゃべらず派なので二人でいっても一人でいっても
かわらんけどな。
謙さんと二宮・・そして俺が一つとなってる時に・・・
「ギャハッ!!」というおっさんとバカップル、バカコンビ。
・・・そしてエンドクレジット・・
再び「ギャハッ!!」これは痛いな

578 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 00:39:47 ID:kWUcbi8Q
>>575
>93年にJFK絡みの映画が二本公開されてるけど、
あったっけ? ストーンのJFKは91年だし....
ちょっと調べてみたかぎりでは、映画でJFKを演じたのは延べ58人のようだ
実際には、子供時代とかjrとかのノイズがあるからもっと減るけど

他のクリーヴランドとかトルーマンとかニクソンとかの数は知らんが

579 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 01:11:02 ID:6bj3yLuz
パーフェクトワールド
ザシークレットサービス

580 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 08:59:04 ID:IYwZ5m3f
バックトゥザフューチャー3を初めてみた時は
まだダーティハリーしか知らなくて
マーティが名乗る意味が全くわからなかったな

懐かしい。

581 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 09:48:49 ID:KEcagUTD
Eastwood Valleyに笑った

582 :名無シネマ@上映中:2006/12/28(木) 20:51:23 ID:uYPj1j0T
AFI announces 'Moments of Significance' awards
Eastwood named a 'national treasure' for film duo
http://www.variety.com/article/VR1117956374.html?categoryid=13&cs=1

Altman, Eastwood hailed for significant works
http://today.reuters.com/news/articlenews.aspx?type=entertainmentNews&storyID=2006-12-28T085639Z_01_N28479491_RTRUKOC_0_US-AFI.xml


http://www.afi.com/
http://www.afi.com/Docs/about/press/2006/moments06FINAL.pdf
アメリカ映画協会
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E6%98%A0%E7%94%BB%E5%8D%94%E4%BC%9A

583 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 03:15:48 ID:0vMiO+Zv
>>577
オマエ、まだここに貼り付いてたのか・・・

ゆとり教育の弊害や日本人の学習能力の低下は深刻な問題だが
ここまで凄まじいとは・・・
コイツが突出したバカだとしても笑って済ませられる問題じゃないぞ、これは。

もし、こういう奴が、現在と過去が交錯する映画、現実と幻想を織り交ぜた映画を見たら
上映開始後5分で奇声を上げて場内で訳のわからない踊りを舞い始めそうだなw

他の観客に迷惑だ

584 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 05:48:33 ID:5oXItSfJ
知っている人も多いと思うけど念の為

>>577=>>583 は、映画板で有名な嫌われ者の自演

585 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 12:33:55 ID:N2EVROHO
硫黄島は後半、妙にブラックアウトする編集が多くて
手抜き?と思ってしまった

586 :名無シネマ@上映中:2006/12/29(金) 18:06:20 ID:jUuEnbUz
今夜フジテレビでセンチメンタル・アドベンチャーやるな。

587 :名無シネマ@上映中:2006/12/30(土) 01:08:21 ID:5oe/l1qZ
>>584は、映画板では有名な、どのスレでも忌み嫌われている、
ウジウジした気持ちの悪い蟲みたいな汚らしいキチガイが、
自分のことを批判したレスを無関係なスレに貼っただけのこと。

このキチガイ、日夜こんなことばっかりやっていますから
以降、お見知り置きの上、スルーを。

ちなみに、>>560は3ヶ月以上前の「Dr.コトー」スレからのコピペ。
3ヶ月経た今でも、いまだに毎日悔しくて悔しくて仕方が無いんだろうね。
いかにもキチガイっぽいww

588 :名無シネマ@上映中:2006/12/30(土) 01:17:19 ID:5oe/l1qZ
いや、汚いキチガイのことなんかどうでも良かったんだが
オレはこういうウジウジした気持ちの悪い蟲みたいな奴が嫌いなので・・・

先週、これで見納めと思って7回目を見てきた
上映が始まってから1時間ほど経ってバーサン入場
入替え指定席制なのだが、係員に誘導されての入場だったから
不正入場ではあるまい

で、そのバーサン、馬の場面でトイレに立った

ババァ  確信犯だな w

係員は懐中電灯を持って誘導してきたので、ちょっと迷惑だった

589 :名無シネマ@上映中:2006/12/30(土) 06:12:21 ID:WL4/EIHN
「硫黄島で戦死した米兵は平均19歳。15歳もいた」。監督は当時15歳。
4年後に徴兵されたが、朝鮮戦争(50〜53年)には行かず、故郷カリフォ
ルニアで軍の水泳指導員などを務めた。続くベトナム戦争についても「若者
を地獄に送っただけ」と距離を置く。

 「米国が今ほど分断されたことはない。私はイラクへの介入は優先課題で
はなかったと考える側だ」と、現ブッシュ政権の対応を批判する。

 「政治家たちは最前線にいる者の運命より、自らのちっぽけな権力を行使し、
保持することに関心がある」と厳しい。
http://www.asahi.com/culture/update/1020/001.html

590 :名無シネマ@上映中:2007/01/01(月) 04:57:22 ID:ia/rRCdI
ここ4作ほど、イーストウッドの映画は重く、色彩をどんどん落としてきた。
次回作では肩の力を抜いた明るい作品を撮って欲しい。

591 :名無シネマ@上映中:2007/01/02(火) 02:45:11 ID:InP/3p3G
今鹿児島でテレビでミリオンダラー・ベイビーやってます
最初は、痛快アメリカ映画イイ!と思ってましたが
まさかこんな重い映画を正月に見るなんて

592 :名無シネマ@上映中:2007/01/03(水) 14:46:46 ID:lwnh+CnB
まあ正月向けの映画ではない罠

593 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 01:52:35 ID:e5dXSlDH
こっちでは今やってるとこです>ミリオンダラーベイビー
久しぶりに良質な映画を観れて満足

594 :わたしは、映画批評か:2007/01/04(木) 17:51:39 ID:6WzaYvRl
ミリオンダラーベイビー。

まさか、あんな落ちがあるとは思いもしませんでした。

595 :名無シネマ@上映中:2007/01/04(木) 20:54:01 ID:AIpIcmX1
俺が見ていた回では、ナベケンがコルトを貰う場面でジーサンが上手いことトイレに立った

ジジィ 確信犯だなw

そそくさと戻ってきてたww

596 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 17:23:48 ID:1IxioztQ
ミスティ

597 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 17:35:55 ID:njxawUSw
次は年齢的に無理だろう。

598 :名無シネマ@上映中:2007/01/05(金) 20:53:35 ID:Ypg+XYsx
休みに「ホット・ロック」を読んでいたら解説で中野翠が
「ドートマンダーは(若い頃の)イーストウッドがピッタリ」と書いてた
相棒のケルプはイーライ・ウォーラックだな(『続・夕陽のガンマン』みたいに)
ドートマンダーの恋人メイはジーナ・ローランズで監督はシーゲルで撮って欲しかったね

599 :名無シネマ@上映中:2007/01/07(日) 19:01:42 ID:lo77puZz
>>590
>色彩をどんどん落としてきた。
画面の色調のこと?
歳とって白内障になってるだけだったりして。
晩年のモネとかみたいに。

600 :名無シネマ@上映中:2007/01/07(日) 19:06:34 ID:f6KTDGkB
>>599
お前たぶん歳取ると白内障になるな

601 :名無シネマ@上映中:2007/01/08(月) 21:58:29 ID:q6Tfi/cO
Eastwood Confounds Expectations, and Schedules
http://www.nytimes.com/2007/01/07/movies/awardsseason/07carr.html?ei=5087%0A&em=&en=453d2b1f255efb2b&ex=1168318800&adxnnl=1&adxnnlx=1168260899-d/02mZpQrsIr4mqlSnRnTw

602 :名無シネマ@上映中:2007/01/08(月) 23:53:53 ID:WTUKXqKC
>>601
スチールまで銀のこし状態!!

603 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 00:23:09 ID:BVOo6Gb2
Kurosawa's Red Harvests
By GARY GIDDINS
January 9, 2007
http://www.nysun.com/article/46309
Yet for all of Leone's fidelity to Kurosawa and for all of Clint Eastwood's
subsequent chin scratching in the Mifune manner, the Japanese films
remain essentially untouchable as character studies.

604 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 00:24:45 ID:BVOo6Gb2
【映画】“第80回キネマ旬報ベスト・テン” 日本映画は「フラガール」が1位に[01/09]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1168334971/


「フラガール」がキネマ旬報の1位に
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20070109033.html
【外国】(1)父親たちの星条旗(2)硫黄島からの手紙
▽外国映画監督賞=クリント・イーストウッド
▽主演男優賞=渡辺謙

605 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 16:22:36 ID:YbULPtzy
硫黄島がよかったんでミリオンダラー見た
どん引き

606 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 17:59:33 ID:M+6wfE2h
「ミリオンダラーベイビーはなんか男の幻想そのものだね」
とか、うちのブスで臭い義理姉がゆってたけど
いいじゃん。けっこう好きだ俺、あとそれから
「ヒロインがいい子すぎてダメ、あんなのいるわけない」
とかゆってたけど、いいじゃんな、けっこう好きだよ俺



607 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 19:18:50 ID:TQE/ClIR
>>606
お姉さんの発言内容からすると、それは映画への批評ではなく、
映画に描かれていた人物や物事はお姉さんとは敵対する存在である、
という不快感の表明と捉える方が正しいでしょう。

608 :名無シネマ@上映中:2007/01/10(水) 21:13:06 ID:BVOo6Gb2
It's Clint: With wife Dina at the National Board of Review awards.
http://www.usatoday.com/life/movies/movieawards/2007-01-09-national-board-review_x.htm

609 :名無シネマ@上映中:2007/01/11(木) 05:52:21 ID:N2u2keOA
キネマ旬報ベスト1を三年連続で達成するなんて凄い。空前絶後なんじゃないか。

日本の評論家は御大のことを本当に好きなんだね。



610 :名無シネマ@上映中:2007/01/11(木) 10:14:23 ID:a50zu7b3
>>609
「スペースカウボーイ」でさえ一位だからな。
あの映画は大好きだけど、キネ旬一位の映画かというと疑問がある。

611 :名無シネマ@上映中:2007/01/11(木) 13:46:21 ID:oCg29MQT
>>609
キネ旬の編集者が、じゃねの?


612 :名無シネマ@上映中:2007/01/11(木) 17:19:29 ID:VAWSabbp
みんなスペースカウボーイどう思います?
オレは今回を機に観直したんだけど、昔観た時より良かった。
イーストウッドの映画ってのは人生経験に比例して評価が良くなってくのが
美点でもあり欠点だとも思う。

613 :名無シネマ@上映中:2007/01/11(木) 23:22:41 ID:kgq4C8Ai
>キネ旬一位 

もはや価値ないね。

614 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 08:45:46 ID:d3CSm3vw
>612 美点でもあり欠点だと−
なるほど、欠点とも言えるのね。確かにw

スペースカウボーイ 好きだナー。
ブロンコ・ビリーと、カウボーイは肩肘張らず観られるからすごく好き。(あとダーティーファイターか)
カウボーイは退屈なカット(主観)ってないし、流し見でも楽しめる。
流し見のつもりが、ほとんど見入ってしまうこともしょっちゅう。

御大の作品で、エンドレス流し見DVDにしている二本のうちの一本。
(もう一本はセンチメンタル・アドベンチャー)

615 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 12:35:55 ID:tbnsfd31
ゴールデングローブの外国語映画賞とったね〜★<硫黄島。

616 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 22:31:32 ID:nrvYmhKQ
外国語映画賞をイーストウッド(アメリカ人)なんて、ずるい。
外国人出る幕なしになっちゃうな。


617 :名無シネマ@上映中:2007/01/16(火) 23:41:10 ID:jIONYXxw
アカデミー賞なんて国際映画祭ですらないしな。知名度はあるが

618 :名無シネマ@上映中:2007/01/17(水) 07:53:11 ID:HwarWavi
おめでとうございます。

182 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)