5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【教養小説的物語です】ゲド戦記 第52章【リベンジしないと】

1 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 21:11:36 ID:tyEFbR2H
2006年7月29日(土)全国東宝洋画系(日劇3〜)で公開中

上映劇場一覧
ttp://www.toho.co.jp/gekijo/ged/welcome-j.html

「ゲド戦記」公式情報サイトttp://www.ghibli.jp/ged/
       (スタジオジブリHP)ttp://www.ghibli.jp/
予告編1(大画面版):ttp://www.ghibli.jp/25trailer/ged_lg.swf
予告編2(大画面版):ttp://www.ghibli.jp/26trailer/ged2_lg.swf
<宮崎吾郎監督日誌>ttp://www.ghibli.jp/ged_02/
<ゲド戦記制作日誌(6/28終)>ttp://www.ghibli.jp/ged_01/
*日テレ「Cha!4」→イチオシシネマ→吾郎監督インタビューノーカット完全版(12分37秒)
ttp://www.dai2ntv.jp/common/misc/kochi2/interview/gedo/
*東宝⇒LINE UP* ttp://www.toho.co.jp/lineup/gedo/
*YO⇒ジブリをいっぱい⇒ゲド戦記*
ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/cnt_ged.htm

ル=グウィン公式サイト[インフォメーションページ]
ttp://www.ursulakleguin.com/UKL_info.html
原作者のコメント日本語翻訳文の掲載サイト
ttp://hiki.cre.jp/Earthsea/?GedoSenkiAuthorResponse

前スレ
【仕方ない。】ゲド戦記 第51章【僕が宮崎駿の息子だから】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1157633225/l50

2 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 21:13:55 ID:tyEFbR2H
965 :名無シネマ@上映中 :2006/09/11(月) 18:28:08 ID:9Hl+uWXK
>>962
立ち読みしてきた。
鈴木Pはこの映画を「教養小説的物語です」といってて
吾朗はインタビューの最後、次回作は?と聞かれて
「ちょっとリベンジしないと、という気に、今なってて」
と答えてた。
記事の最後は
最後の最後までお騒がせの吾朗監督である。と締めて終了。
世間の批判を弁明してるような内容の記事かな・・・

3 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 21:19:35 ID:oSRbKKT9
これって吾郎くんが有能だが独善的な権力者である駿くんを殺して
自立して成長したいという映画じゃないだろうか?
苦難もあるけど仲間がいて自分を助けてくれるなんていう甘い妄想と言うか・・・

4 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 21:22:57 ID:XIW2+cvC
パヤオ蘇れ!

5 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 21:28:04 ID:pYnz2REr
ここにイタリアでの各評論家のコメント出てるみたいなんだが、
誰かきちんと訳せる人いる?
ttp://www.fantasymagazine.it/notizie/6353/

6 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 21:30:15 ID:wZ5fbgEe
AERAの記事を読んできた。精神年齢が幼すぎないか?

7 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 21:34:00 ID:PACRPjHN
アエラの記事は面白かった。
漏れはごろーと同じくバブル入社世代だが、
その下のポストバブルのニート世代を題材にして
その成長物語を描くなんて、おこがましくて、
うしろめたくて、とうていそんな気になれないよ。
その上、自分の身にも付いていないのに「新古典派」
だなんて…。80年代ポストモダン文化の空気を
吸ってた人間としては恥ずかしくてたまらん。
超高飛車な勘違い野郎の元同級生とダブった。


8 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 21:35:29 ID:WFpZ75AN
精神年齢…これは多くの人が感じると思うよ

9 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 21:35:35 ID:hMNMqypT
編集の手を介しているメディアは信用ならない

が、

吾朗&鱸はどこでも同じような台詞で同じような態度なのはいったいなぜだ

10 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:06:17 ID:J227+MjX
映画として傑作

映画として良作

映画として佳作

映画として普通

映画としてちょっといまいち

映画としていまいち

映画としてダメ

映画として超ダメ

映画にもなってないよコレ ←ゲドはここ


11 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:09:09 ID:OfXawLaM
今現在も上映されてる(客から金を取ってる)作品を受けて「リベンジ」って何だ?
少しでも失敗したと思うなら上映辞めろよ
関係者に迷惑がかかるからそれが出来ないなら口が裂けてもそんなこと言うな

12 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:11:11 ID:7bdv571N
ゴローのバカっぽさはウィルヘルム=マイスターの修行時代を彷彿とさせる。
そういう意味では吾朗は生きた教養小説だよ。

13 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:11:13 ID:kgEVPUXj
>>1
仕方ない。>>1が乙だから。

14 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:13:04 ID:TYdntltm
          ____   
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\      
    /   ⌒(__人__)⌒ \   <ちょっとリベンジしないと、という気に、今なってて
    |      |r┬-|    |   
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //   だっておwwwww
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /     バ
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バ   ン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、    ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


15 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:15:38 ID:J227+MjX
映画として傑作 

映画として良作 ←ナウシカ ラピュタ 魔女宅 トトロ カリオストロ

映画として佳作 ←千と千尋 もののけ姫 紅の豚 耳すま

映画として普通 ←ポンポコ

映画としていまいち ←猫恩 山田 

映画としてダメ    ←ハウル

映画として超ダメ

映画にもなってないよコレ ←ゲドはここ

16 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:17:45 ID:94CoGokx
>>1
まったく同じスレタイを考えてたよw

17 :テンプレしないの?:2006/09/11(月) 22:23:43 ID:94CoGokx
《Q&A 1》
Q:『ゲド戦記』ってなに?
A:2006年夏に公開されているスタジオジブリの新作です。
原作:ア−シュラ・K・ル=グィン「ゲド戦記 全6巻」、原案:「シュナの旅」宮崎駿
となっており、原作と原案が別物という不思議な作品です。
映画のストーリーやテーマはどちらとも違っていて、監督のオリジナルといってもいいでしょう。

Q:原作や原案を読むと、映画で謎だった部分はわかる?
A:原作と映画はまったく別物です。設定を流用してる部分だけは理解出来るかもしれませんが、
映画をみて理解出来ない部分は基本的には謎なままでしょうか。

Q:なぜアレンが主人公なのに、『ゲド戦記』という題名なの?
A:単に『ゲド戦記』のネームバリューを重視したものと思われます。
ちなみに原作も邦題は『ゲド戦記』ですが、原書は"Earthsea Books"と呼ばれていますし、
どう考えても「戦記」ではありません。また、5巻以降ではゲドは完全に脇役です。

Q:「シュナの旅」って?
A:アニメージュ文庫から出ている、チベットの民話をもとにした、宮崎駿の絵本です。
なぜ、原作がある映画に、さらに別のものを原案として採用したのかは不思議ですが、
シュナの旅をパクリすぎたので、原案としてクレジットするしかなかったのではないかと
いう邪推をしてしまいます。

18 :一応やっておこうよ:2006/09/11(月) 22:25:28 ID:94CoGokx
《Q&A 2》
Q:真の名ってなに?
A:原作の世界では、真の名を呼ぶことで、人や物を支配することが出来ます。
アレンがクモに操られるのは、真の名レバンネンを知られたためですし、
アレンとテルーが真の名を教えあうのは、非常に大きな信頼の証です。
ちなみに、原作でのアレンとテルーの関係は全く異なります。
テルーが少女の頃、アレンは立派な王様になっていて、別に婚約者もいます。

Q:序盤、なぜ竜は喰らいあっているの? なぜ人の頭がおかしくなっているの?
A:映画では「世界の均衡が崩壊している」という言葉で説明されています。

Q:なぜ世界の均衡が崩壊しているの?
A:原作では、クモという魔法使いが生と死の両界のあいだの扉を開いたためですが、
映画ではクモがこれから扉を開くような台詞もありますので、よくわかりません。

Q:なぜアレンは父王を殺したの?
A:とりあえず、原作にはこのような描写はありません。
映画版の解釈としては、宮崎親子を投影してるとか、むかっとしてやったとか、
アレンの不安感のせいだとかの説がありますが、決定的な解釈はまだ出てないようです。


19 :Q&A 3:2006/09/11(月) 22:27:08 ID:94CoGokx
《Q&A 3》
Q:ゲドはどうして役立たずなの?
A:原作のゲドは3巻で力を使い果たし、4巻以降では魔法を使えないただの人になっています。
その両方を適当に混ぜた結果が、映画のゲドと言えるでしょう。

Q:テルーはなんで竜に?
A:原作では、太古、竜と人は同じ生き物だったので、ごくまれに先祖帰りによって
竜変身が可能な人が出てくるということになっています。

Q:命を大切にしない奴は、焼き殺す! って矛盾してない?
A:原作でのクモの最期は、まったく違ったものです。
焼き殺すシーンは、原作の4巻と外伝にある竜が人を殺すエピソードを
転用していると思われますが、それを無理矢理クモの最期にくっつけた結果
わけのわからないことになってしまっているのではないでしょうか。


20 :ロマンアルバム:2006/09/11(月) 22:29:11 ID:94CoGokx
ロマンアルバム鈴木Pのインタビューより

吾朗君が僕に「鈴木さん何巻やるつもりなんですか?」って聞いてくるんですよ。
だから「3巻やるつもり」って答えると、「わかりました」って
それから僕が「影との戦い」を入れて欲しいと要望を出した時にも
それをすぐ具体的なシーンにして、シナリオに組み入れてくれるんですね。

最初のシナリオでは冒頭はお城に竜が降って来るシーンから始まる事に
なっていたんですよね。でもそれでは地味だと思ったので、
「もっと派手にしようよ」「竜の共食いなんてどうだろう?」
と僕が口出しちゃいましたね。
やっぱりヒーローがいたらヒロインもいたほうがいい、
ヒロインとして考えた時に第4巻のテルーのキャラクターがよかった、と。
もちろんそれによって原作のストーリーと変わってしまうわけですから、
ずいぶん悩みましたよ。
映画を面白くするために必要だったということです。

「影との戦い」というテーマを3巻のストーリーに挿入しようと
したのは思いつきです。
吾朗君の最初のプロットでは、出ていなかったんですよ。

吾朗監督が「あれをやりたい」「これをやりたい」じゃないんですよ。
作家性とか創作に、むやみにこだわることがない。
そういう意味では「職人監督」といえるかもしれないんです。


21 :ロマンアルバム:2006/09/11(月) 22:30:45 ID:94CoGokx
ロマンアルバム鈴木Pのインタビューより 2

吾朗君に「原画も描いてみようよ」なんて言ってみたんですが
それは描いてくれませんでした。
彼は慎重な男なので今回は実現しませんでしたね。
また機会があったら是非原画にも挑戦してもらいたい。

宮崎駿作品だと、とにかく監督のイメージが完成しているから
スタッフはその範囲の枠の中でいろいろやらなくてはいけないわけです。
それによってもちろん作品の完成度は高くなりますが・・・
今回は作画にしろ、美術にしろ、撮影にしろスタッフそれぞれが
自由に解釈して自由にやれました。
僕にとってはそれがひじょうに面白かったです。

キャラクターデザインに関しては
これはどなたのお考えだったのでしょうか?

鈴木「僕が提案しました。実は当初はどんなキャラクターデザインで
いこうかということで、色々な試行錯誤があったんですよ。
で、最終的に僕が判断して宮さんのキャラクターでいこう、ということにしました。

最終的に宮さんの書く絵の雰囲気を基調にして、作画監督の稲村君が
キャラクターデザインをまとめました。
そうしたら吾朗監督はそのキャラクターをためらうことなく
受け入れたんですよ。
これは彼の特性でしょうね。普通気負って今までと違うものをやりたがる
彼にはそうした面が皆無なんですね。


22 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:31:28 ID:XJLy1dwA
>>12 『修行時代』の誰だよwww
ああ、名前もないような脇役か、劇団員とか。しかし吾朗に道化役は
無理だろ、へんなプライドあるみたいだし。

23 :ロマンアルバム:2006/09/11(月) 22:33:25 ID:94CoGokx
ロマンアルバム吾朗監督インタビューより

原作との大きな相違点のきっかけは
鈴木Pの「この子は父親を殺しちゃうんだよ」という一言です。
でも僕はそれを聞いて「そんなことするんですか?」という
驚きもありましたが(笑)
キャッチコピーの「父さえいなければ、生きられると思った」
「これ僕のことのように思われてしまうんじゃないですか鈴木さん」てね。
あえてそんなコピーを使うところが鈴木Pたる所以ですかね。

−次回作について−

自分でなにか「これ」というのがあるわけではないのですよ。
むしろ「これをやれ」という注文を出発点にした方が
「こんなのやるんですか?」という所からスタートして
どうやったら形にしていけるのかと考えた方が
自分なりになにかやれるというのか・・・そういう意味では
僕の将来は多分、鈴木プロデューサー次第だと思います。
なにしろ僕はサラリーマンですから(笑)

作画演出 山下明彦のコメント
「あまりに大変すぎるからこの辺にしときましょう」
みたいなこともあったりするしね。
「あんまりやってると終わらないよ」という時には
手前で止めたりしました。
「カメラが引いたり寄ったりするメリハリのつけ方が
今ひとつの部分がありましたけど、
でも、それはそれで若々しくていいんじゃないかとも思って(笑)・・・

動画チェック 舘野仁美のコメント
「そうですね、いつもより手間をかけていない部分が
あるんですよ。鈴木プロデューサーの意図として・・・

24 :ロマンアルバム:2006/09/11(月) 22:36:22 ID:94CoGokx
丹羽圭子の最初の脚本

クモはゲドを誘い出す為に
テナーとテルーをさらう。
そしてクモがテルーを見て
「これこそ私の捜し求めていたものだ」と気づく
竜から永遠の命を手に入れるために・・・

クモの城の中でクモとテルー、テナ−のアクションいっぱいの
追いかけっこになる。
それをアレンとゲドが追いかける。
城の中いっぱいに派手に動き回るアクション。
アレンがピンチになった所でテルーが変身する。
竜になったテルーが逆にアレンを助ける。

丹羽圭子のコメント(ロマンアルバム)
「私の脚本ではクライマックスに向かって皆が最後に協力していく。
そのアクションシーンの面白さの中で
ゲド戦記のテーマ「生と死」という問題を
うまくみせられればいいかなと思うんですが。
出来た作品は何度もテーマを口に出すので
その辺は大きく変わったところ(自分の脚本と)です。」
「城のシーンはもっと比重が大きかったですね」
「最後の方のクモの顔はちょっとびっくりしました。
あれ怖すぎませんか?(笑)子供だったら泣いちゃうかも・・・」

http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1156356696683.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1156356712657.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1156356733832.jpg
ゲド戦記作成秘話

25 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:40:17 ID:94CoGokx
きょうよう‐しょうせつ〔ケウヤウセウセツ〕【教養小説】

伝記の形式をとりながら、主人公の人間形成の過程を描き、人間的価値を肯定する小説。
ドイツに主流があり、ゲーテの「ウィルヘルム=マイスター」、ケラーの「緑のハインリヒ」、
フランスではロマン=ロランの「ジャン=クリストフ」などが代表作。

>鈴木Pはこの映画を「教養小説的物語です」といってて
>吾朗はインタビューの最後、次回作は?と聞かれて
>「ちょっとリベンジしないと、という気に、今なってて」
>と答えてた。
>記事の最後は
>最後の最後までお騒がせの吾朗監督である。と締めて終了。
>世間の批判を弁明してるような内容の記事かな・・・
               (AERA 2006年9月18日号 より)

26 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:42:11 ID:7bdv571N
>>22
金持ちの息子で、
ガキの頃に人形劇に目覚め親の言うこと聞かず道楽ばっか、
親の金で失恋旅行としゃれこんで素人演劇やって
自分をひとかどの人物だと思い込んでる若き日のウィルヘルムだよ。
ま、この先吾朗が成長するかどうかは知らん。

27 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:43:50 ID:XIW2+cvC
よりにもよって世襲だからな。
まあパヤオが作ってくれれば無問題だが

28 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:44:47 ID:94CoGokx
こんな映画をジブリブランドとして、世界に出しちゃったんだから
無問題じゃすまないだろう。もう・・・

29 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:46:23 ID:e+fuxPvM
>>1
鈴木と吾朗からちょうど良いスレタイを提供してもらえたねw

30 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:46:56 ID:XIW2+cvC
>>28
いや、パヤオが作れば無問題

31 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:47:08 ID:KRnhqF+r
吾郎なら成長しないまま一生暮らせるよ

32 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:47:11 ID:TGs9bcmv
ゲド戦記に関する幾つかのブログを見て回ったが、やはり全体的に見て、
肯定的な評価をしているブログの方がストーリーやキャラの心理について
深い読み込みや理解をしている。否定的な評価をしているブログは
揚げ足取りや短絡的な発言が多い。これはそれぞれの意見のどちらが
正しいかということを抜きにして、分析力やその結果の論述力を見た場合の
結論だ。

ゲド戦記を批判するブログで深みのある分析や論述をしているサイトが
あってもいいはずなんだけどね。見あたらないのはなぜなのだろう?
やっぱりこれってゲド戦記が、きちんと鑑賞すればよい作品であるという
傍証になってるんじゃないのかな。これって俺の偏見かなぁ(笑

33 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:49:10 ID:7bdv571N
>>32はガンダム種の改変コピペだっけ?

34 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:50:03 ID:hMNMqypT
種イラネ

35 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:52:07 ID:5t4QmkKc
無いものを有ると脳内補完する楽しさ。
それがゲド戦記。

36 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 22:54:11 ID:94CoGokx
>>32
「見えぬもの」を探して回ると論理的
「見たもの」で十分に否定できるという罠

37 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:02:41 ID:YAMXvXHP
>>32
なにいきなりジェット燃料ぶちまけてんだよ

38 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:10:36 ID:XIW2+cvC
9月5日(火)
現在制作している○○○の絵コンテAパートが完成。
282カット、約21分。ちなみに「千尋」や「ハウル」の絵コンテが
最終パートまで完成したのは、公開半年前。今回はいつになることやら・・・。
完成までの道のりは遠い。



パヤオとっとと完成させろよ


39 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:11:03 ID:7bdv571N
>>32の元ネタ
【ガンダムSEED】山本板のバカカキコを検証するスレ【専用】 Part2
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/2264/1124485328/

40 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:11:09 ID:MrRs9bls
19 :名無シネマ@上映中 :2006/09/10(日) 11:03:38 ID:694XbwYg
>田舎っぽさがかわいい 大好き抱きたい イカせたい
俺は手嶌の上の口にチンポをぶっ込みたいぜ。

20 :名無シネマ@上映中 :2006/09/10(日) 11:23:48 ID:oXEUg131
>>19
確実に、噛み切られます。

21 :名無シネマ@上映中 :2006/09/10(日) 12:05:14 ID:694XbwYg
そうかそうか。初めてだものな。
汚らしいモノを無理矢理口でくわえるなんて考えたこともないだろうから。

じゃあ、本当の奴隷みたいに首輪させて、
3ヶ月程度調教して、自分で腰振るようになってからだな。

これなら噛み切られまい。

22 :名無シネマ@上映中 :2006/09/11(月) 00:38:20 ID:MrRs9bls
俺も手嶌の下の口には興味無いけど、上の口には興味アリ。
ぶっ込んでやりたい。
もちろん中出しして飲み込ませる。

41 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:22:02 ID:94CoGokx
>>40
荒らしに来たのか?
今ここはマターリ進行だから荒れないぞ

42 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:22:03 ID:LjYQjqvn
良作より佳作の方がグレードが高い気がするけどな

43 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:23:11 ID:XIW2+cvC
スレ要約
・ゲドは失敗作
・吾朗は二度と作るな
・パヤオはさっさと作れ

44 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:25:19 ID:94CoGokx
>>43【追加】
・鈴木消えろ

45 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:25:49 ID:J227+MjX
成長って言ったって
たった10日くらいのホームステイだろ?
テレビのバラエティでやる「コギャルとつげき三日修行」みたいなので
「教養小説的ドキュメンタリーです」って恥ずかしいよ?

46 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:26:06 ID:kIt8gUt6
手嶌のマンコはクッサイ

47 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:27:32 ID:abm0XRdx
この映画のテーマは

「世襲は悪だ」

ということですか?

48 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:27:52 ID:XIW2+cvC
吾朗は二度と作るな+鈴木消えろ
=二人でホモビデオでも出演してろ

49 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:30:37 ID:ozyqMAFh
>>5
ちょっとイタリア語出来るから訳してみる。
とりあえず表題は「ゲド戦記:批評 宮崎「ジュニア」のアニメ映画ヴェネツィアで公開。だが皆が待っていたのは「シニア」の方」
だって。

50 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:40:25 ID:2FhWmIEK
>>5
イタリア語の自動翻訳で読んでみると
大体みんなが感じてる事を素直に書いてる感じだね。

51 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:42:27 ID:TYdntltm
>>49に期待

52 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:45:07 ID:2FhWmIEK
↓ちなみに自動翻訳でこんな文が見つかった。
「貧しいGoro宮崎。そのフィルムは父親教師の工場の下書きに見えます。」

53 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:46:48 ID:h7oCOEXh
>>32
それ見るの何回目かなぁw

54 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:46:58 ID:a9Z/X/5G
>>49
うまいな
あちらの方々の良識に期待したい

55 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:50:24 ID:eLIdFi9E
Francesco Alo`さんの筆が冴え渡ってるようだ
>>52はそれだね

56 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:52:26 ID:2FhWmIEK
厳しい文が多い。
「宮崎Goroがよいフィルムを実現する方法を知っていると断言することができません」

57 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:56:33 ID:94CoGokx
さすが、イタリア人。騙されてないようで安心した

58 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:56:50 ID:2tEJ/yEC
しかしゴローはほんと次々とトンデモ発言を出してくるね。

59 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:58:08 ID:7bdv571N
吾朗監督の発言は面白い。ものすごく。

60 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:58:48 ID:LjYQjqvn
これで2作目なんか撮った日には
ゲドの愚痴が延々と垂れ流されるんだろうな。

61 :名無シネマ@上映中:2006/09/11(月) 23:59:33 ID:e+fuxPvM
そこらへんは父親譲りだな
才能は譲ってもらえなったみたいだけど

62 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 00:00:15 ID:94CoGokx
発言だけしててくれるなら、面白いけどね・・・
ゴローウォッチングスレ作って楽しむよ

63 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 00:09:24 ID:EraTe/dj
イタリア酷評キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!


64 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 00:11:01 ID:I43Zj+30
>>25
なぜ「人間形成小説」が「教養小説」と言われるのかといえば、
「教養小説」の原語にあたるドイツ語の「ビルドゥングス・ロマン」の「ビルドゥング」に、
もともと「人間形成」と「教養」という、二つの意味があり
(もっと広範な意味がある言葉だが、話を分かりやすくするために、ここでは二つにしておく)、
そしてこの言葉を最初に日本語に訳したヤシが、本来「形成」、あるいは「成長」とでも訳すべき「ビルドゥング」を、
なぜかもうひとつの意味(=「教養」)にとって「教養小説」と訳してしまったから。
それ以降、このトンチンカンな誤訳が日本では「ビルドゥングス・ロマン」の定訳となり、
「教養小説」として罷り通ることになった。
鱸は、「アレンが遍歴を通じて人間的に成長していく物語」くらいのつもりで「教養小説的物語」と言ったんだろう。


65 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 00:24:33 ID:ypBGEA3s
吾朗ちゃんの魂の遍歴が見えてきた

アニオタでお絵かき好きだけど他人に評価されるのを避け
同人誌を出すこともなく只管一人で絵を書きためてた少年-青年時代、
大学で人形劇やって初めて他人の目を意識した学生時代、
親父を憎むとかそんな感情も涌かないほど希薄な関係だったと嘯きつつも
親父のコネで仕事を世話してもらい、
ヒマな時には親父の絵の物真似をしていた中年時代、
「時代のせいにはしたくないね」と言いつつも最近の若者について愚痴をこぼし
親父から唯一受け継いだ才能=毒舌で若手を苛めたおした館長、監督時代。

嗚呼、吾朗の魂の叫びを聞け。
「だって宮崎駿の息子だから。仕方ない」
「鈴木の言う通りにしただけ。僕のせいじゃない」

66 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 00:36:30 ID:cYaumb0v
 兄ちゃん、なんでこの人 指6本あるん?

 節子、それハヤオやない ゴローや!

67 :こんな感じだろうか:2006/09/12(火) 00:39:22 ID:WnSyfxIH
>>5
メッセンジャー誌−Francesco Alo`

彼のデビュー作に失望した。
彼はアニメーションの歴史においてディズニーの次に名を連ねる宮崎駿監督の息子である。
(二人の魔法使いについての設定を説明)

愚かな吾郎、フィルムは父に倣って書いたラフスケッチのようだ。
キャラクターの記号的特徴は父の作品ーラピュタからハウルまでーを強く暗示させる。

テーマという観点から見ても終始説教臭い

実際の親子関係における浅薄なあいまいさが吾郎を作り出したのではないか?

私はこの作品を散々こき下ろしてきたが、
私は、息子がいつか父を芸術的に殺すことを願っている。

68 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 00:45:58 ID:tjdGd50S
>私は、息子がいつか父を芸術的に殺すことを願っている。



無理無理無理www20年前ならとにかく、こいつ40歳なんだぞ!!

69 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 00:47:09 ID:JD3wICNW
外国でもこきおろされて、もはや工作してもごまかしようのない悪評だな。

70 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 00:47:20 ID:tBHX/CiB
吾朗が父を芸術的に殺す前に、
いったいどれだけの良質の文学が吾朗によって殺されるというのか。
想像するだに恐ろしい。

71 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 00:48:47 ID:Bx1QRlUl
さあふるえるがいい

72 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 00:50:00 ID:tBHX/CiB
あ。

>67乙。

73 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 00:52:14 ID:q1uaB2vQ
テルーの中の人、誰だか知らんけど下手すぎじゃね、
歌を歌い始めた時、笑いそうになってしまった、

すげーつまんねーと思ってたけど最後のクモ脂肪寸前の所で爆笑させてもらったので
ちょっと楽しかった

74 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:00:18 ID:LSJY9IOi
>>73
この作品で声優・歌手同時デビューを果たした新人さん。
おそらくこのデビュー劇は事務所と組んでやってる

中島美嘉みたいなもんか?

75 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:01:05 ID:tjdGd50S
http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id324031/rid5566/p1/s4/c1/
これはひどい

76 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:01:21 ID:ZlAKXAHT
一連のゲド戦記の話の中でこのスレのタイトルが一番怖いんんですけど
リベンジとかほんと勘弁してください

77 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:05:48 ID:WwXvjhSJ
なんか物語の山場とか見せ場を作ってないしいちいちテーマをセリフで説明しちゃうし
ストーリーテリングの力がまったく無いよ56は
きっと話をしても陳腐な説教ばっかで面白くない奴なんだろうな

78 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:09:01 ID:QMMD2g7B
そして、もうそろそろ手嶋の歌にも飽きてきて
歌がいいとか言うやつもいなくなってきた

79 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:13:26 ID:ZlAKXAHT
>>75
それすげーな、笑ったわ

80 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:16:50 ID:LSJY9IOi
>>75
最初と最後が矛盾しとるw

81 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:18:30 ID:n9mik3L8
しかし、これだけ駄目映画と知れ渡っているのに、西日本にこれから上映する
映画館が5つもある!

一体何考えているんだ?契約があるからってこれから「興行失敗」に向かうことも無い
だろうに・・・。

82 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:19:35 ID:tjdGd50S
規模だけデカくしちゃったのに
全然客はいって無いみたいね

83 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:21:43 ID:ZlAKXAHT
>>81
そんなに知れ渡ってるだろうか?
ガキ連れてく親とかネット見ねーだろ。よしんば見てたとしても
ガキは話題作だからと観たがるし親も話題にと観に行く。何たってジブリブランドだぞ

映画情報番組とかでもずっと1位だし、普通だったら引っかかると思う
映画館だってこんなイイ釣り餌は無いだろ、少なくとも他の映画よりは

84 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:21:44 ID:VJGfaHbu
>>75
最悪な部類な工作員レビューだな。
白血病患者を自分の商売のネタにするとはな。

85 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:27:19 ID:QMMD2g7B
俺は酷評でも見たけど、
舌の肥えたマニアが選り好みしすぎで酷評になってるだけだろ
ジブリだから期待している最低限の作品ではあるだろ
ってしか思わなかった
ものの見事に裏切られたわけだが。

86 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:31:45 ID:ZlAKXAHT
>ジブリだから期待している最低限の作品ではあるだろ

マジでコレは思ってた
まさか映像として成り立ってないようなブツだとは思わなかった

87 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:34:49 ID:Bx1QRlUl
>>75
病気をネタにするなんて普通にサイテーだな…

88 :87:2006/09/12(火) 01:35:50 ID:Bx1QRlUl
もちろん工作員w

89 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:37:14 ID:n9mik3L8
81です。
最初の週末こそ大入りだったが、今や週末でも1館当り最初の3割程度しか入って
いないと言う現実がある。
これから盛り上がるとでも言うのだろうか?この程度の質で?

90 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:38:16 ID:tjdGd50S
>>88
ジブリに洗脳された基地外の可能性も否定できない

91 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:41:22 ID:VJGfaHbu
>>89
ヒント:先行逃げ切り

92 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:43:42 ID:ZlAKXAHT
>>88
ネタか心のビョーキの人かじゃねえの
ありゃ工作じゃなくて電波だ

93 :49:2006/09/12(火) 01:48:21 ID:hGpTSdYJ
とりあえず訳した。
直訳なんで固いし、間違いも多いが勘弁してくれ。
*************

「ゲド戦記」批評
宮崎ジュニアのアニメ映画、ヴェネツィアで公開。しかし皆に待たれていたのは「シニアの方」

スタジオ・ジブリの評判、そしてル・グインの小説の評価ゆえ、映画「ゲド戦記」は多くの人が待ち望んでいた。
その映画の故郷(註:日本)ではこのアニメ映画はドル箱だ。過去五週間で5200万ドルを稼いだ。
おそらくファンたちは制作会社、そして監督の収入をさらに増やすのだろう。だが、このフィルムは宮崎シニアの作品群が常にこれまで獲得してきた肯定的評価は得ないように思われる。
ごくごく僅かな例外を除き、全ての要素について、息子の仕事は父のそれに少しも到達することは出来ていない。こんな比較に耐えられる人間などいるだろうか?
ごく僅かな人間が、この映画に価値があると判断している。
ヴェネツィアで「ゲド戦記」を見た人々は失望し、当然ながら不愉快な比較を避けることは出来なかった。


94 :49:2006/09/12(火) 01:50:16 ID:hGpTSdYJ
「ウニタ」紙のダリオ・ゾンダ
>平板なスタイル、なんの創造性もない絵で、それはリアリズムの上に成り立つファンタジーに供する想像を生み出すことに失敗している……

「ラ・レプブリカ」紙のロベルト・ネポーティ
>……本質的には子供の好みだ。そのデザイン(註:画面設計か?)に関しては特に不満。
父親のスタジオのスタンダードに基づく動画もそうだ。

「イル・メッサジェーロ」紙のフランチェスコ・アロー
>ゴロー・ミヤザキの「Tales from Earthsea」について。酷評するほどではないが、初演は期待はずれ。選考外。
これは、ウォールト・ディズニーと並ぶ、映画界における最も偉大なアニメ監督宮崎駿の息子のデビューであった。
−ある古代世界で、何者かが生と死の世界の狭間にある門を開けてしまった。
対立する哲学に基づく二人の魔法使い兼門の守護者が対決することになる。一人は死を必然とし、もう一人は不死を求めた。
この二人の間に、精神分裂病者で父殺しの人間と、何か謎を持つミステリアスな孤児がいる−
哀れ宮崎吾郎。彼のフィルムは巨匠たる父の酷いコピー品のようだ。
ラピュタからハウルにいたる匠の作品群で登場キャラクターたちは、私たちが見てきたような外面的には同一な様相を備えている。
そして宮崎駿の生み出した問題を抱えた英雄たちの肉体と精神の汚れの映像的な象徴として、結果として宮崎にとってとりわけ重要な汚辱と闇に最終的には立ち返る。
テーマという観点からすれば、話の流れは今回も変わらない。だが父・宮崎の非凡な精神の相対主義は、息子によって単純な曖昧さになった。
ルネッサンスの工房ならよろしい。職人が学ぶ鋳型学校ならよろしい。
だが息子吾郎は、自らを解放するためにはいつの日にか父・駿を芸術的に殺さなくてはならなくなる、ということを覚えておかねばならない。



95 :49:2006/09/12(火) 01:52:25 ID:hGpTSdYJ

「ヴァラエティ」のレスリー・フェルペリン
>不運にも、吹き替えとはいえ、絵に失望させられた。
キャラクター・デザインは平板で明確さに乏しく(主役たちについても表情は印象的でない)、色彩の要素においても、まったく調和がなっていない。
背景もべた塗りが印象的だ。宮崎駿の最も優れた点、つまり創造性ととっぴょうしもないところ、それが不足している。

シネマ・プラス.itのトビア・ツェルバート
>「Tales From The Earthsea」について、このデビューしたての監督は、その父親が創ってきた物に対して何らの新規性すら付け加えていないだけではない。
それどころか物語の流れを忠実に写し取るということも失敗している。
そして宮崎アニメでは常に際だっていた、キャラクターたちの性格の疑いもないクオリティにおいても失敗している。

マイムービー.itのフランチェスカ・フェレッティ
>魅力的な舞台と、絵のセンスでほっと一息つく。その両方がスタジオ・ジブリにはある。
が「Tales from Earthsea」……「Tales From Earthsea」は円熟し多層的な宮崎駿の映画の次元ではない。
創造的なパワー、それは一つ一つのシーンを常に驚嘆すべき、多様な表現の風景に変貌させてきた。
だがそれも父親の次元ではない。

キャッスルロック.it
> 滑らかなアニメへの悪意、そして綿密なキャラクターデザインへの悪意。
吾郎の映画は芸術の高みになど達していない。父親の映画における創造性と物語性にも。
またもちろんこの映画の試金石として、父の作品を挙げることすら不当だ。


96 :49:2006/09/12(火) 01:54:28 ID:hGpTSdYJ

別の判断がフィルムアップ.itから届いた。それはあまり破局的でない図を描いている。


フィルムアップ.itのモニカ・カブラス
>映画は、このジャンルの愛好者の期待を失望させていない。
この映画は、才能ある親の完全性に到達するためにはまだなすべき事がある、という止むことのない対立という明らかな罠にはまっている。
宮崎吾郎はよい映画、巻き込まれるような、楽しい、感動的な映画を実現する方法を知っていた。
いかなる場合でも、それについて何も妨げるものはない(そして我々は熱心にそのことを歓迎する!)。
父親と違う道を取るために、彼個人の違った、だが魅力的なスタイルを作ること。
そのためには親戚関係は忘れることだ。


ねらいを定めた、特別なサイト、アニメニュースネットワーク.comの批評

アニメニュースネットワーク.comのダニエル・デローム
>ゲド戦記は良い映画だ。しかしその大変変わった特徴は新時代への変貌を告げているように感じられる。
いくつかの点で古いジブリ作品を感じさせ、それでいて全てを含んでいるようにも思える。

駿はまだ終わりではないが、すでに彼の後にスタジオジブリは閉じた物となろう。
問題はゲド戦記にのしかかっている。
そして私たちがゲド戦記をありのままに楽しむことは困難だ。
叙事詩的ファンタジーの一つの長い旅とすぐれた映画……
しかしあなた達が求める宮崎駿の映画を見に行くことはないだろう。


宣伝はまだそれを言う機会は持たないだろうが、イタリア一般公開の日付について、現段階では不明。

******
よりイタリア語の出来る人の訂正求む。まあ雰囲気は分かるよね?

97 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:54:38 ID:ZlAKXAHT
>>93-95
何この正論

98 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 01:55:27 ID:tjdGd50S
>>93-96
乙。正論だな


99 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 02:00:03 ID:qfewc/49
>>93-96
お疲れー

100 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 02:02:32 ID:VJGfaHbu
>>93-96
的確過ぎるな。
日本の映画評論家よりアニメに対して偏見持ってないと思う。

101 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 02:21:52 ID:AsaGFSJg
>>93-96
乙カレー。
すばらしい評論だこりゃ

102 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 02:38:31 ID:PUVrgzap
>>93-96
翻訳ご苦労様です。
改めて宮崎駿監督の偉大さを確認できた。


103 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 02:46:15 ID:Q0luGRs5
それでもヤフーニュースなどで
「ゲド・イタリアが酷評」なんて記事は出ないんだろうな。

104 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 02:50:00 ID:JWWmM/CD
>>100
偏見持ってないというより
目が肥えてないんだろうと思うがね。

105 :吾朗:2006/09/12(火) 02:50:59 ID:JWWmM/CD
お前らぜいいん死ね!!!

106 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 02:55:11 ID:ZlAKXAHT
>>105
×ぜいいん
○ぜんいん

まずはフィルムチェックを徹底するところから始めて下さい

107 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 02:59:42 ID:9NZQx3qW
>>93-96 お疲れさまです
あれイタリアで絶賛じゃなかったん?

108 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 03:07:22 ID:LSJY9IOi
>>104
というより普通に映画作品として見てるんじゃない?

109 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 03:18:17 ID:op8zevm6
>>104-105
ネタ振りの中途半端っぷりだけはまさにゴロー

110 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 03:21:05 ID:ZtDDGYXy
外国の評価に頼るのはシャクだけど、少しは気が晴れた
日本国内ではいろんな力関係で酷評できないんだろな

111 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 03:35:05 ID:QDGlATh9
結局宮崎駿と比較してばっかりだな。
「酷評するほどでもない云々・・・」てのが一番納得出来たかも。

荒削りだけどちゃんした出来だったし秀作だったと言える
作品だと思ったけど、自分は。
度を越した非難って傍から見てて見苦しいよ。
せめてもの救いは興行的成功したことだろう。次回作は作れるだろうから。


112 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 03:40:11 ID:VJGfaHbu
>>111
酷評する価値すらない、って意味だと思ったけど。

>哀れ宮崎吾郎。彼のフィルムは巨匠たる父の酷いコピー品のようだ。

113 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 03:45:03 ID:xXWcslYL
>>111

読み方教えて
あんまり凝った縦読みはカンベン

114 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 03:46:23 ID:LSJY9IOi
>>111
ちゃんと読んだら?

擁護の内容矛盾しとるぞw
第一オヤジと同じジブリで作品作るんだから、比べて下さいって言ってるも同然
度って何なのか教えて欲しいな

115 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 03:48:46 ID:L2Y9FeGt
ハヤオと比較しなくてもまったくの駄作でしょ
基本的な作劇も演出も、全然出来てないんだから


116 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 03:55:22 ID:Q6Ookc9S
小学生の遠足の作文で
朝起きて、トイレに行って、ご飯を食べて、歯を磨いて・・・ってとこから書き始めて
肝心の遠足の中身は、書くのに飽きて、おざなりになってるのがあるよね。

そういう感じの映画だね、これ。
どうでもいいことをくどくど説明して、肝心の部分はすごくいい加減。


117 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 04:01:06 ID:ORa3pJ9D
「TVアニメと比較すれば良作」
なんて評価はイタリアじゃ無理だったわけだ。
ベネチア乙。

118 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 04:08:12 ID:tjdGd50S
蟲師が全然話題になって無い件

119 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 04:46:32 ID:egmch6xI
心オナニーの替え歌歌詞まとめた。
http://gd.k-server.org/0721/

作画のアラもリストアップしてくれたら手持ちの本から写メやスキャソしてもいい。
10スレ前くらいからここに来たのでそれ以前のログが無いのですいません。

120 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 05:35:22 ID:QK1OkgFw
駿との比較は、むしろ制作側が意図してる事じゃないか。
キャラクターデザインをはじめとして
駿作品の要素を意図的に取り込んでるし、
宣伝戦略的にも「駿っぽい作品」という印象を
与えようとしているように見える。
その一方で、作品内容に関しては比較するなと言うのは無理があるよな。

121 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 05:48:11 ID:Hyf6h56N
同じ駄作でも、キャラデザも絵コンテも舞台設定も全部オリジナルで
勝負すればここまで侮蔑の対象にはならなかったのにねえ。

122 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 05:49:32 ID:TSLbiMRi
蟲師はとにかく原作者がとっても気に入ってるよね。
まあ、相当入れ込んで参加してたようだし。

ゲドはやっぱりベネチア持って行かなかった方がよかったね。

123 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 05:52:58 ID:rm3SG+Oz
谷山浩子版「テルーの唄」もよろしくね>< 
http://www.yamahamusic.co.jp/goods.php?id=198&a_id=58

新譜「テルーと猫とベートーヴェン」9/13発売!


124 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 05:56:30 ID:Hyf6h56N
自分IDが56だ…orz

125 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 06:08:19 ID:yHw4XCG5
今回のゲド戦記ならば、原哲夫風のキャラデザなんかが良かった。
ジブリ作画で、首のふっとい逆三体型のマッチョな、お前ら身長何メートルあんだよ的な
漢たちが暴れ回るゲド戦記というのがぜひ見てみたかったものだ。
でも顔だけは駿風で。

126 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 06:22:18 ID:322LVDu5
なんか興業的に成功だとか言ってる奴がいるが、怪しいぞ
収益−(制作費、宣伝費、興業の規模)だという事を忘れるなよ
一億の作品が十億稼いだ訳ではない
あの規模の興業で、百億いかないのは商売としては微妙ではないか?

あとイタリアとくらべ、悪いモノを悪いと言わない日本のマスコミは
気色悪いと思う

127 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 06:44:53 ID:ggRNBsFd
>>119
ちょwwwwwwおまwwwwwww
心ヲナニー少な杉wwww
過去スレあされ

128 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 07:00:21 ID:w+8IrnX/
日本の芸術作品が、海外で評価されてから日本国内で再評価される、
ということがよくあるけど、
日本のマスコミって、悪いものを悪いと言わないし、
良いものも良いと言わないから、芸術が正しく評価されにくいのかな。

129 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 07:54:45 ID:hsd86h6P
「リベンジ」って今年の夏の話題の人で言うなら
亀田がランダエタに「今度はKOだ」とか言ったりするなら
まだ許されるけど(なんだかんだで最後まで立っていたんだし)
今回のはそれこそ1回ノックアウト食らったみたいなものなのに
そんな事言うのか、って感じなのにね。
まあ、本来ならプロテストにも合格出来ないような素人がタイトルマッチに
上がる羽目になったようなものなんだろうけど。

>>128
結局、しがらみがあるって事なんでしょうね。
>>93-96みたいに評論が出来る立場で存在しないと言うべきなのか。
まあ、消費者がそもそもある程度見る目を養わないと評論のレベルも
上がらないのかもしれないけど。しかし、外国で>>93-96みたいな
評論をされると悔しいよね。作った国で正当な評価がされないといけないのに。

130 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 08:11:57 ID:UMiqgejI
>>2
リベンジっすか?批判にだんまり決め込んどいてリベンジwwwww
気持ち変えたくらいで取り戻せるもんでもないのに
根本的に資質・今までの貯えの問題が・・・
王子様より天皇みたく象徴にしたほうがいいかも
返り討ちを予想と言うか張り切るほどますます悪い方に逝きそうだな
ジブリ泥沼化が心配だな。


131 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 08:43:45 ID:WiE9tvs8
まだまだがんがんTVCM出してます

宣伝費がトンでもないです

先生、ぶっちゃけあんまり儲かってません

132 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 08:55:36 ID:7WxsrLFV
見てきましたー
これは傑作だとおもう


133 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 09:00:32 ID:WiE9tvs8
ああ、でも手嶌葵の売り出しにはいちおう成功したから

そっちでぼったくったのかね

テルーの歌でいくら儲けたんだろ

DVDの売上は見込めません

134 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 09:04:43 ID:Tnxkhk0E
ラピュタは神アニメ
アニメ日本評価:1位(偏差値:169.98 評価P:922.35)
ttp://www.accessup.org/anime/j_anime_best.html

135 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 09:22:19 ID:WiE9tvs8
ラピュタのDVDって今でもジワジワ売れてて
驚異的な長期売れをしてるんだってね

ゲドはどうかな。

DVDがどういう売れ方をするのかが
その作品の本当の評価かもな

136 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 09:34:20 ID:zDhnxQgj
とりあえず露出してる絵が
バストショットばかりで萎えます(><)

137 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 09:42:57 ID:lHsHbjnj
つーかゴローちゃんが次回作作る事が俺たちにとっての
最大の復讐だよ

138 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 09:49:58 ID:Hp0Hh4ji
つかジブリはこれから先ずっと56&鱸のコンビでやってみて欲しいね
世間の目がどれだけ阿呆なのか、そうでないのか、興味がある

139 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 09:50:16 ID:E5aEJCjU
>DVDがどういう売れ方をするのかが

レンタルショップが大量購入、それでも常時レンタル中の大人気。
アニメオタク達が「ゲドの楽しみ方」を次々と発表し、
誰かがyoutubeに見どころ(笑)をアップ。
評判が評判を呼びレンタル回転に拍車。
レンタル流れの中古DVDも順調に売れる。

一方で儲も大量購入して布教活動。
「ゲドを知っていますか」「今、生きることとは」みたいな小冊子を
マンションのポストに入れて回る。

大売れ万歳ですな。

140 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 09:50:22 ID:LBWBvdZA
ラピュタのDVDは公開当時ドルビーステレオの4ch
だったはずなのになんでDVD収録時は2chでおまけに音が
シャリついて音が悪すぎるのかと思うくらい残念だったな
音がめちゃくちゃ悪い
転送レートが低すぎるんだろう
画質は凄くいいんだけどね
千尋は赤すぎで
最近ではハウルは画質が悪すぎだが音はよいといった感じ
ゲドもおそらく糞画質になると思うよ
どうしても多言語でおまけにドルデジで音質優先になっちゃうからね
デジタルになったことの弊害だな
ロマンアルバムの印刷してあるマスター画質なんか見た人ならその差に歴然とするだろう
色味がなさすぎる
ということでジブリのアニメはVHSver買うのが吉


141 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 10:05:25 ID:E5aEJCjU
ゲドinメンヘル板
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1157599764/

・・空気が違う。

142 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 10:06:13 ID:o68SC5JG
見てきましたー
これは迷作だとおもう


143 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 10:11:31 ID:OXuEPBB2
誰かアエラのインタビューを要約して載せてくれ。そのままでもいいが。

144 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 10:35:54 ID:uXXqK9i1
とりあえず>>49乙、と、ほめたたえておく。


145 :名無シネマ@上映中 :2006/09/12(火) 10:53:15 ID:gCsQ0kUe
>>135
ちなみに「ぽんぽこ」は近所のビックカメラで
新品が特売1250円でなくなるまで半年位大量に売ってた。

146 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 11:12:59 ID:/Pt5Ndje
リベンジしようかなんて言っているくらいだから
ゴローはこのゲドが失敗だったって自覚はあるんでしょ。
だったら、DVDなんか出しちゃダメでしょ。
まっ、ゴローにはそれをとめる権限なんてないんでしょうけど。

147 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 11:14:24 ID:UMiqgejI
>>141
そっとしといてやれよw

148 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 11:14:34 ID:7WxsrLFV
時間が足りなかったんだよ

149 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 11:18:06 ID:zHzYTS3H
ヴェネチア新人賞どうなったの?

150 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 11:21:59 ID:qfewc/49
リベンジって何に対してゴローはリベンジする気なの?
ゲドが映画的に失敗したことに対して?
ルグインに酷評されたことに対して?

前者ならゲドが駄作であることを本人が認めたことになるし、
後者ならルグインに対して失礼すぎじゃない?

151 :名無シネマ@上映中 :2006/09/12(火) 11:23:50 ID:gCsQ0kUe
※リベンジとは本来、英語で「復讐」あるいは「報復」を意味する言葉だが、
現代日本ではそうした個人的な恨みや復讐心と言う意味合いではなく、
もっぱら1度敗れた相手や敗れた事による屈辱に対して、
勝利する事で「借りを返す」という意味合いで使用される。

152 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 11:26:20 ID:LSJY9IOi
何でこんなにツギハギなゲドになったんだろう………

153 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 11:28:41 ID:VMLX5Z0v
>>151
40近い男が使う言葉じゃないよ

154 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 11:28:54 ID:CKmBsOBG
辞書をひいてみた。

revenge 【動】復讐する.あだを討つ,恨みをはらす.仕返しをする【名】復讐,仕返し,遺恨

ルグインにこの言葉が伝わったら(((゚д゚;)))ガクブル

155 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 11:31:38 ID:13RYOJ34
ようつべで動く吾朗を見たら予想以上のナナヒカリで驚いた
このバカ息子にしてこの駄作あり

156 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 11:32:30 ID:qfewc/49
>>151
「借りを返す」的な意味で使うならもっと穏やかな表現があるでしょ。
ゴローは言葉の使い方に無頓着すぎ。

157 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 11:35:13 ID:13RYOJ34
「この1敗は、自分の腕で取り返します」と吾朗。
再戦ならぬ次回登板でのリベンジを誓った。

158 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 11:36:44 ID:WiE9tvs8
>>138 それはすぐわかるでしょ
ゲーム業界でアタリショックってのがあったくらいだ
ゲームはパッケージ商品を買ってやってみないとわからない
だから大量の糞ゲーが量産されて
騙された一般人がいっせいに買わなくなったった言う事件

見てみないとわからない、やってみないとわからない
と言う点ではゲームも映画も似ている

もう一回今回のような宣伝と内容のチグハグさ
期待を裏切るような事をしたら終わりだろ

159 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 11:38:06 ID:4MBGl2os
ゴローって一茂みたいだな

160 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 11:43:01 ID:fv0QIR/B
映画という媒体で教養小説的な物をやろうとしたんなら単なるアホ

161 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 11:43:29 ID:upPZDbtH
ゴローは立派に父親の遺伝子を受け継いでるよ


基地外のなwwwwwwwwwwwwww

162 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 11:44:15 ID:E5aEJCjU
>何に対してゴローはリベンジする気なの?

自分に対して。

「今回は周囲の口出しが多かったのが問題だった。
次回は自分の思うような作品を作りたい」

そしてゲドからアクションと魔法とドラゴンを抜いた作品を作る。

163 :あるブログから:2006/09/12(火) 11:51:50 ID:CKmBsOBG
もう、そろそろ死んでもいいかなと思いました。
実は例のリスカが習慣になり自殺念慮のあるクライアントとは
まだ携帯メールで連絡を取り合ってるんですが彼がまた「死にたい」と
言ってきました。
私は泣きたくなりました。折角、立ち直ってくれたと思ったのに、
まだ予断を許さない状態だと分かったからです。
それで私は「安全確実に死ねる方法があります。興味ありますか?」
と返事しましたが彼は別に反応を示さず次の日には
「心の支えはいますか?」とメールしてきました。
そこで「学生時代の友人はみんな全国に離散して連絡取れないし、
幸福の科学の支部とも疎遠になったし、
父は全く心の支えにはならず、
母は自分のことで頭がいっぱいです。
心の支えはいないでしょうね」と答えました。
私はもう充分生きたと思います。
九州デザイナー学院アニメーション科の2年生だったときも私は
「いつ死んでもいいように悔いのない人生を送ってきた」と
公言していましたし私は今振り返っても生きたいように生きて
悔いのない人生だったと思います。
死ぬ前に映画「ゲド戦記」という名画を見れてよかったです。
この映画のDVDが出たら多少小遣いを無理してでも購入して
最後の想い出にしたいと思います。
主人公の少年が少女の歌を聴いて泣き出す場面は
私も覚えがあるので共感できました。
私は最近よく泣くようになりました。

164 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 11:54:15 ID:CKmBsOBG
なにか、心の琴線にふれるところはあるんだろうね。
叩くのもいいが、そこら辺を分析してみるのも、
生産的なことのように思える。

165 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:03:11 ID:WiE9tvs8
ゲドをいいと言うやつは例えば1%だとする
1%でも100万人いれば1万人 500万人見れば5万人いる計算になる

これはニュースで「なんでこんな稚拙な詐欺に騙されるんだろう?」
と思うような、宗教商法や詐欺商法に騙されるようなヤツラがいる事実と同じ

探せばそういうやつもいるんだろ程度。分析する価値など無い。

166 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:09:32 ID:CKmBsOBG
>>165
そうかもしらんなぁ。
たしかに、163みたいなやつは、道端の石ころにさえ信心できるのかもしれん。
ただわしには、
ゴローゲドが、藁にでもすがりたいやつが、ただすがってるだけなのか、
それとも、なにかわしのような平凡鈍感な日常を暮せるものには、
見落としてしまうような、なにか見えない価値があるのか、
判断しがたいところがあるんでな、
諸賢の分析とご判断を仰ぎたいと思ったわけなのであるよ。

167 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:12:03 ID:op8zevm6
>>166
ヒント:
ロールシャッハテスト

168 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:13:08 ID:WiE9tvs8
>>166
お前もかなりヤバイやつだな かなりヤバイよ
ゴローゲドを新興宗教に置き換えて考えてみると

新興宗教(創価、オウム、幸福の科学、etc)が、
藁にでもすがりたいやつが、ただすがってるだけなのか、
それとも、なにかわしのような平凡鈍感な日常を暮せるものには、
見落としてしまうような、なにか見えない価値があるのか
判断しがたいところがあるんでな

そんなこと聞きたいずともわかるはずなんだが

169 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:14:51 ID:WiE9tvs8
訂正:そんなこと聞きたいずともわかるはずなんだが

そんなこと聞きたいと思うこと自体、既におかしい
常識があればおのずとわかるはずなんだが?

170 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:16:35 ID:4MBGl2os
>>168
お前かなり頭切れるな





仕事しろよ・・・・・・

171 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:22:52 ID:dsd6p5Om
本気で次回作でリベンジwするつもりなら、まずはパパ風のキャラデザから脱却しないとな。
ジブリ出身の吉田健一なら、リベンジのパートナーにふさわしいのでは
今ならもれなく演出・京田知己と脚本・佐藤大のおまけ付きですよー

172 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:23:38 ID:CKmBsOBG
>>168
オウムの話が出てきたんで、ちょうど10分ほどまえに読んでいた「国文学」の最新号に、
書家の石川という人が、
「小説界はすでに悲惨であって、今、日本でもっとも人気ある作家が、
オウム事件では、犯罪者側の内面に立ち入るのではなく、
被害市民の側に立つレポートを書き、編集者による自らの原稿横流しを責めるまでに、
時代に攻め込まれ、全面敗北を喫している」
と、書いてた。印象に残ってたんで、引用してみた。

173 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:26:11 ID:7nmnc+V4
ゲドはアニメ界の「リアル鬼ごっこ」

174 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:26:40 ID:hGpTSdYJ
>172
小難しいこと考えるフリする暇があったら、日本語をちゃんと書けるようになれ。
お前の言ってること支離滅裂だ。

175 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:26:47 ID:ypBGEA3s
>>172
はっきり実名挙げて批判すりゃいいのに。(誰かは皆知ってるとは思うがあえて伏せてるのがヘタレだ)
そんなヘタレな奴が書家名乗ってるから悲惨なんだな。

176 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:26:55 ID:My2rMljQ
>>159
一茂ばかにすんなよ
タレントとしては良いぞ一茂。
ミスタールーキーも良かった。

吾朗もタレントになって
からくりTVの回答者にでもなればいいのに。

177 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:27:33 ID:4mTraLlT
精神的な病理を抱えた主人公が成長して、それを克服するという話だから
主人公と同じようなタイプには気持ちいい映画なのかもね。
でもこの映画では、行動とか経験が伴った成長が描かれておらず
主人公は単に心地いい言葉に酔っているだけのように見える。
なんか宗教とか自己啓発セミナーにハマった人が
急にポジティブになるような気持ち悪さがあるんだよね。
病理を抱えているのは主人公ではなく、この映画自身であるような印象。

178 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:30:24 ID:LSJY9IOi
>>164
説教臭くならない程度に薄っぺらいヒューマニズム的テーマと
感動的に見えるハッピーエンドと
これまた適度な人死にをやれば普通の人はウルっとなるさ
ぽんぽこだって公開当時はそんな奴いたし
タイタニックだって然り

最近だってセカチューですぐ泣く奴がボロボロいるのが良い証拠

179 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:30:40 ID:HN7P/12T
定期的に一茂とかと比較されるけど大抵は

ゴロー<<<<<<<<<<カツノリ<<一茂

って結論出るのな

180 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:32:01 ID:My2rMljQ
これに共感できるのは快楽殺人犯
もしくは潜在的な犯罪予備軍だけだとおもう。

181 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:33:18 ID:dsd6p5Om
一成、業界では嫌われ者らしいけどな
番組の打ち合わせでいきなり意味不明に切れだすとかで、
ついに日テレ追い出されたし

182 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:33:56 ID:My2rMljQ
一茂はどんなに親が憎くても
刺したり蔑んだりしないだろう。

183 :名無シネマ@上映中 :2006/09/12(火) 12:34:07 ID:gCsQ0kUe
>>143
アエラ記事、覚えているとこだけだけど

記事見出し「ひとりぼっっちのジュニア戦記」
吾朗が小さい頃、母親におもちゃやプラモデルを買ってとねだると
「買うんじゃなくて自分で作りなさい」といつも言われてた。
アレンのモデルは自分がジブリ美術館をしてた頃の
大学生のアルバイト達だったと言うこと。
この映画はル=グウィンの古典的アースシー神話か
それとも現代日本のヘタレ神話かとか・・・

184 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:34:14 ID:LSJY9IOi
>>163みたいなのはゲドに感動したからどうのじゃなくてメンヘラによくあるカワイソスなアテクシをアピールしたい自己顕示欲
こういう人って自分のことしか考えられなくなってるから

まぁそれ以前に気持ち悪過ぎるが

185 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:35:23 ID:KlkGPzd+
いしだ壱成?

186 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:35:25 ID:CKmBsOBG
この映画の欠点、支離滅裂に、空虚な美辞麗句が飛び交うこと。
しかしいままで、これほど、支離滅裂に空虚な美辞麗句が飛び交ったことがあっただろうか。
この世界が、まさに、支離滅裂に空虚な美辞麗句が飛び交うものだと思う人にとっては、
ゴローゲドほど、世界性を表現した映画はないのかもしれない・・・・
とか


187 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:37:43 ID:KlkGPzd+
オナニーするなら適当に心オナニーじゃなくて
全力でオナニーしてもらいたいって思うのは俺だけか。

188 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:42:59 ID:d9Y+w5Fs
>>187
同意。いっそ、そのほうがどんなにか清々しいとオモ。

189 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:43:07 ID:LSJY9IOi
>>183
自分は恵まれた環境にいる癖に
(家族個人個人の事情や感情は別にしても経済的な理由などで)
自分は恵まれてません貧乏な方が自由に育つとか世間知らずなんて無神経な発言した上に
「ジブリ美術館」ということで恐らく凄い倍率を受かったであろう
美術館スタッフを今時の若者は…みたいな目で見てるんだ。
バブル世代の奴ってみんな素晴らしい発言しますね><

190 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:46:11 ID:4MBGl2os
一茂を悪く言うつもりじゃなかったんだ。
すまんID:My2rMljQ!
俺も一茂大好きだぞ!

191 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:47:57 ID:HN7P/12T
なんだかんだで大学まで出してくれた親を父親としては零点
といいきる男だからな

今日日学費払えなくて高校中退する子が増えてるというのに

192 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 12:56:26 ID:RTEhjFfs
>>140
DVDの2ch収録ってのはマトリックス方式でエンコードされてるんじゃないの?
ドルビープロロジックのモードで再生すればL・R・リアに分離されるっていう。
たぶん「ラピュタ」の劇場公開時はサラウンドはドルビーデジタルとかの
ディスクリート(ch完全独立)方式にはまだなってなかったと思うし。

193 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 13:09:21 ID:LSJY9IOi
>>161
パヤオはその基地外じみた部分を作品作りに昇華してるけど、
56はパヤオみたいに作品作りへの欲がないから。
頼まれたらやろうかななんて思ってる方だし。まんま今時の若者なんだけど。

サラリーマン監督みたいなことも言ってたけどあれもどうかと。
望んで監督になったけど、自分の好きな企画がすんなりと通るわけじゃない業界で
仕事として撮ることもやってる人に失礼じゃないか?

194 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 13:11:37 ID:ypBGEA3s
吾朗のアホぼん発言や映画そのものを見たインタビュアーは漏れなく
「アレンというキャラクターのはあなたのことですか?」と訊くわけだが
そのたびに吾朗は「ハァ?んなわけないでしょーが!俺はあんな今時のガキじゃねーよ」と
何故そんなことを訊かれるのか未だに理解できてないご様子。

195 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 13:13:36 ID:LSJY9IOi
>>172
芥川賞にタレントまがいの奴が選ばれる時点で終hる
選ぶ奴も山田やら渡辺やらバブルな奴らだしな

196 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 13:17:00 ID:/+j2NdvG
>>177
>なんか宗教とか自己啓発セミナーにハマった人が
>急にポジティブになるような気持ち悪さがあるんだよね。

アレンがテルーの説教で急に立ち直ってるのが、そもそも作劇法の間違い。

主人公が他人の言葉をそのまま受け入れて心を入れ替えてOKなら、
それはストーリーじゃなくて、猿芝居という。
教会なんかで、キリストの説教の劇を見させられるようなもの。

ストーリーというのは、他人の言葉を主人公がそのまま受け入れるのではなく、
主人公が自分で意味を租借するという段階が無いといけない。
その租借の仕方が、観客に意外性をもって受け入れられる劇が「面白い」となる。
観客に対しても、言葉が持つ新しい概念を提示することになるからだ。

「命を大事に」
この言葉に対して、何か新しい概念が観客に提示されているか?されていない。
「命を大事に」だけだったら、普通の社会人は常識。
それどころか「命は大事だがしかし、寿命が尽きた人はポアしてよし。」
という意味に受け取る人が少なからずいるのは危険としか言えない。



197 :a:2006/09/12(火) 13:28:37 ID:se2M/f2+
見てきたが、評価がムズイとおもた。
少なくとも、簡単に駄作だとはいえん。

ただ、子供にはオモロイとはおもえんきがす、
あとバカには間違いなく理解できん種の映画だとはおもたな。



198 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 13:37:29 ID:/+j2NdvG
最近、魔女の宅急便を見直してたので、比較してみよう。

キキは、落ち込んでるときに、ウルスラの山小屋で励まされるわけだが、
それで、立ち直ってるわけではない。
ウルスラの言葉の意味は理解できても、キキ自身はまだ租借していない。
キキがそのまま元気になって、ホウキで飛べるようになったら、
ゲド戦記と同じ猿芝居になってしまう。

キキは、その後老婦人の家に招かれて、自分あてのケーキを目にした。
ここで、はじめて、キキは「実感」したである。

アレンは、テルーに説教された後、
なんらかの生きていることの素晴らしさを「実感」するエピソードが必要。
エロゲなら、テルーとセクースさせてしまえば、筋は通るのだがな。
ゴローにはそいういう意図があったようだが、作劇としては最低ランク。


199 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 13:40:41 ID:tyFYcM4J
えー40にもなっておやじのすね齧ってるのー

200 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 13:43:36 ID:Pv8CHKMx
ごろーは鈴木の一言で
空を飛べてしまったのだから仕方ない。

201 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 13:46:11 ID:1qE4rkGv
>>197
まったく正反対。
馬鹿だとこの映画の矛盾点、演出の稚拙さに気づかず、
親殺しなどに何か深い意味があるのだろうと勘違いして
「評価がムズイ」などと「自分だけは理解してますよ」的な
痛々しい発言をしてしまう映画。

202 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 13:48:54 ID:/+j2NdvG
>>197

>あとバカには間違いなく理解できん種の映画だとはおもたな。

君は理解できたのかね?
だったら、どんなふうに理解できたのか、書いてくれ。
理解できたなら、文章として「言語化」できるはずだよね?

言語化できない理解だったら、サルでも出来る。
人間の畑へ行って作物を盗むサル、とかな。
畑を荒らすのも、サルにとっては、立派な生きる手段だろう。
そりゃあ、簡単に悪いとはいいきれんな。



203 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 14:03:15 ID:9NZQx3qW
>>197 後をたたねーな、こういうルネッサンス的エピステーメーを
今に生きる奴。本気でそう思ってるのならある意味ラディカルだが。

204 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 14:10:51 ID:EraTe/dj
イタリア酷評、韓国興行成績逆噴射というごまかしようのない現実
海外50か国公開により、この悪評はどんどん世界的なものになっていく

205 :名無シネマ@上映中 :2006/09/12(火) 14:40:44 ID:gCsQ0kUe
>監督日誌
>2006年07月31日いま、韓国に来ています

>異なる文化を持つ韓国の人たちが観る、
>いったどんなふうに観てくれるんだろう?
>と考えると、自分の中でまったく整理がつかなかったのです。
>結局、試写の間中、近くの喫茶店でお茶を飲んで
>終映を待っていました。
>結果はというと、
>ごめんなさい、まだ整理ができていないので、
>これは後日書こうと思います。

後日っていつだよー

206 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 14:50:45 ID:UQYJg25y
舞台設定や人物描写にあきらかな矛盾があって、それ以外にも唐突で散漫な表現があちこちに目に付き、
さらに、単純に心に響くエピソードやセリフがほとんど無い。
セリフ自体は展開説明も兼ねて長々と説教的ではあったのだが、宗教アニメじゃないんだから観念でなく心に響かせろと。

207 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 14:51:00 ID:yLEOfjf+
>>119
このサイトの中途半端さはなんだw

208 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 14:53:02 ID:tDdeezp0
>>196
とりあえず「そしゃく」は「咀嚼」って書いてくれ。
「内蔵」を「内臓」と書かれたときのような、むず痒さを感じるから

209 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 14:54:26 ID:yLEOfjf+
>>116
頭いいなぁ、お前。
その通りの映画だったよ

210 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 14:57:51 ID:WiE9tvs8
キキとウルスラって中の人の声は同じなんだよね

初めて知った時ビビッタ 別人じゃねーかと

211 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 15:01:16 ID:WiE9tvs8
ついでにコナンとムーミンの中の人と同じなんだよね

やっぱ本職声優は違うわな、と思ったよ

それに比べてゲドはまんま菅原文太じゃねーか
声自体は良いから菅原文太知らない人にはいいかもしれんが
知ってる人間には。。。

212 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 15:06:40 ID:CKmBsOBG
ゲドより、ムーミンアニメのほうが、1000倍面白い。

213 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 15:07:34 ID:yLEOfjf+
ガンバでも観ようかな・・・

214 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 15:22:07 ID:RTEhjFfs
>>211
コナン=小原乃梨子(のび太・ドロンジョ)
ムーミン=岸田今日子(砂の女・ホモオダホモオ母)
では?

215 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 15:25:48 ID:wnfI72M7
>>214
分かっててボケてるんだよな?
未来少年じゃなくて名探偵、旧じゃなくて新の方な

216 :名無シネマ@上映中 :2006/09/12(火) 15:31:47 ID:gCsQ0kUe
コナン・ムーミン=高山みなみ

217 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 15:34:49 ID:RTEhjFfs
ええと、214だが・・・
>211とりあえずすまんかった・・・・

218 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 15:41:54 ID:d9Y+w5Fs
「プロ」とは何か。考えさせられる映画だったな。

219 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 16:00:45 ID:I43Zj+30
そういうことを考えるための教材としては、いい映画です

220 :テーマ:2006/09/12(火) 16:01:25 ID:2lo9oPCf
「原作を大切に。」

221 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 16:03:06 ID:QcM+rKXW
<宗教アニメの製作ポイント>

・舞台設定や人物描写は矛盾があって一貫性なく、非現実的な世界とする。
 観客に現実感や、論理的に考える余裕を与えてはならない。

・セリフは唐突で散漫な表現を多用する。観客に(以下同文)

・今までの自分を反省させたり、再考させるエピソードやセリフを使用してはならない。

・理解する気力がない者のために、セリフ自体は展開説明も兼ね、概念的な言葉で何度も繰り返す。
 ただし問題の本質を理解させてはならない。要旨をはぐらかす長々としたセリフも可。

・作品自体に強い説得力や影響力があってはならない。心に響くような作家自身の主張は排し、
 観客が自由に解釈できるような抽象的な観念で語ること。

222 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 16:09:22 ID:iOXTbkAz
>>198
あの絵描きウルスラって言うんだ。
ゲドの原作者と同じ名前なんだね。(アーシェラってのはカタカナ表記の問題で綴りも発音も実際は同じはず)
駿の原作者に対してのオマージュって奴だったのかな。それともただの偶然かね。

223 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 16:09:44 ID:WiE9tvs8
>>221
演出ありき、演出先行にすればいいよ
大抵そうなる。

224 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 16:10:32 ID:aTUM1ZRL
そしゃく 【租借】<

(名)スル

他国の領土を借り受けること。


まぁ、とりあえず>>196は物書きに携わる仕事は、やめておいた方がいいな。

225 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 16:11:41 ID:CKmBsOBG
TVCMのやり方から考えても、洗脳テクがこの映画自体にもサブリミナルな形で、
多用されている可能性はあるよね。それに神経のか弱い方々がひっかかられた。

226 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 16:11:46 ID:yLEOfjf+
>>222
偶然はまず、ありえないね

227 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 16:22:28 ID:WiE9tvs8
ウルスラってのは昔のキリスト教の殉教者で処女の守護神だそうです


228 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 16:26:10 ID:koGRgWxv
ピカソの恋人=ウルスラ

229 :名無シネマ@上映中 :2006/09/12(火) 16:37:03 ID:gCsQ0kUe
ゲドを見て
日テレの「週刊ストーリーランド」を思い出した。
同じ道徳臭がある。

230 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 16:38:37 ID:5lODj039
見てきました。
この新人監督の親の顔を見てみたいもんです。

231 :名無し募集中。。。:2006/09/12(火) 16:40:47 ID:qz0UooB4
今更ながらこのあいだ映画を見てきたんだが、
『命を大事にしない奴なんてだいっきらいだ』
『俺はゲーム(RPG)が大好きなんだ!』
って言いたかったんだよな?この映画は!?


232 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 16:42:44 ID:iuP9Ku4+
ゲドはゲームの玉繭物語の外伝
要は駿のキャラをパクってるようで
パクりきれてないゲームみたいなもん

233 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 16:49:16 ID:WiE9tvs8
アレンがゲドに抱きかかえられて泣くCM見た

なんじゃこれキモいわwwww ヤバいwwww

234 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 17:05:14 ID:xXWcslYL
>>198
ものすごく同感

クライマックス直前まで、アレンがぐたぐた、出来ないとか怖いとか
言ってるのにもイライラしたし、テルーの説教ひとつで元気モリモリというのにも
呆れた。

せめて、ゲドなりテナーなりテルーが、懸命に戦う姿を映像で見せて
アレンが自分も戦わなきゃ、と、気付くようにして欲しかった。

アレンが最初から最後まで受け身なんだよね。
言われればやるけど、言われなきゃやらない、みたいな。
ゴロー監督の人間性が投射されてるとしか思えない。

235 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 17:06:56 ID:aVVpjBTh
>>230
いくらでも見れるだろ!(リンク略)

236 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 17:10:30 ID:DA+dvEYC
>>233
どっちが受けなんだ

237 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 17:26:46 ID:ABUF+mnn
>>143>>183
自分も覚えている所だけ()内は自分の感想

ジブリのアレン56監督(記者も遠まわしに批判してるのか?)
若者がアニメの作り手側に回ってこないby鱸P
(月収10万いかないような業界に飛び込む若者がどれくらいいるのか?
しかもジブリだってその年によって取ったりとらなかったりするのに)

鱸Pの言葉に色々な事がよぎってしまったせいか他は全く覚えてない・・・
とりあえず鱸Pは作品のPRに必要とあらば
事実を上手く誤解されるような物言いをする奴だと再認識。
この場合はアニメ業界で作り手になろうと思う意欲ある若者がいない
つまりアレンばっかだ〜と誤解させんばかりだが、
本当は労働条件の過酷さ&低賃金で入ってこないし、
目を覚まして普通の社会に戻っていってしまうだけなんだよね・・・

238 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 17:36:27 ID:BfZH2WdE
にしてもアレだな…公式はよくあんな監督日誌を載せていられるな

万が一にゲドが良作として作られていたとしても56の日誌見たら…
確実に萎えるだろコレ

まぁ実際は産廃映画だったので怒りを通り越して冷笑しか出来ないがwww

239 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 17:45:29 ID:DE4f6CqH
監督日誌は元々「宮崎駿の息子」という先入観を取り除く為に
56たん個人を知って〜、という意図で始めたものらしいが(鱸発言なのでどこまで本心なんだか怪しいが)
56たん、未だに「僕が宮崎駿の息子だから」とか言ってるよ
女々しいなぁ

240 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 17:55:23 ID:OXuEPBB2
>>183,237
ありがとう <(_ _)>

241 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 17:55:27 ID:BfZH2WdE
いやいやあんな世間知らずのボンボンのバカっぷりを
「女々しい」なんて言葉で済ませたら女性に失礼だろw

242 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 18:01:38 ID:OXuEPBB2
>>241
それこそルグウィン婆がめちゃめちゃ怒るだろうな

243 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 18:10:12 ID:ORa3pJ9D
鱸は、吾朗をアイドルみたいに売り出すつもりだったんじゃないか?
「こんなに頑張ってます〜。応援してね」
「きゃ〜。ゴローちゃん。凄い。努力家。ちょ〜頑張って(^o^)/」みたいな〜。

244 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 18:13:29 ID:aVVpjBTh
>>239
狙いは分かるが、途中で止めさせた方がよかったな

245 :名無シネマ@上映中 :2006/09/12(火) 18:17:14 ID:gCsQ0kUe
>>243
実際そんな感じで吾朗を応援している人が
公式掲示板・非公式掲示板にたくさんいるから・・・怖い

非公式掲示板
http://www.hi-ho.ne.jp/cgi-bin/user/kery/bbs8.cgi

246 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 18:20:29 ID:BfZH2WdE
もしかしてスタッフ的には
「私達こんな馬鹿息子監督の下で作ってます…映画の出来はお察し下さい」
というアピールなのだろうか?

247 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 18:52:43 ID:aVVpjBTh
CM何回見ても、テルーの傷の作画はひどいな。


248 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 19:04:50 ID:Hp0Hh4ji
>>158
それよりもブランドが強いと思うぞ
RPGのシリーズなんてどうしようもない糞でも次作がそこそこ売れてたりする。
(キャラゲーじゃなくてメジャー大作での話)
糞でも体裁保ってたら後はブランドの味付けで満足する奴って結構いるような

249 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 19:13:55 ID:zMkdptR2
そろそろゲド戦記叩きすぎな奴らウゼーよ。ほかにすることねーのかよ

250 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 19:15:12 ID:2lo9oPCf
ない

251 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 19:17:18 ID:9NZQx3qW
>>249 おまいはサッカースタジアムに行って「そろそろサッカーしすぎの
奴らウゼーよ、他にすることねーのかよ」とほざく人ですか?

252 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 19:19:25 ID:LSJY9IOi
>>249
何で叩きがうざいの?
しかもゲドの叩きがうざい理由は?

253 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 19:27:05 ID:322LVDu5
アンチスレで悪口をたれて
何が悪いというのか

254 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 19:28:32 ID:zMkdptR2
俺も一応製作に関ったからだよボケが。お前らあのアニメーションでも
結構手間かかることわかってねーだろ。OPの竜の共食いは大変だったんだぞ

255 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 19:30:07 ID:+8kDGbPV
>>246
結果的にそういう風に機能してると思う。
駿の息子でなく一人の人間として吾朗を知ってほしいという思惑を逆手に取って、
かなり好き勝手書いてるような気がする。

256 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 19:31:49 ID:VJGfaHbu
中華な方ですか?
国内の下請けがあったとしても制作費削減を第一に人選してるから(ry

257 :名無シネマ@上映中 :2006/09/12(火) 19:34:50 ID:luELIYkF
>>254

OPの竜出現シーンは「ガメラ 大怪獣空中決戦」のパクリ

まちがいない


258 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 19:37:32 ID:3s/aOtJM
>>253
ここは本スレじゃねーの?
いつの間にアンチスレに確定したんだ?

>>126
悪いが、今回のゲドは製作期間やスタッフの数、セルの枚数を考えてもかなり
出費を抑えているぞ。宣伝費も提携が多いから、それほどでもないだろう。
鈴木自身がセルの枚数を減らし、短期間で映画を作製できるように支持したと
どこかで発言していたしな。
つまり、今回のゲドはあらゆる意味での実験作品だ。
素人監督の起用、その傀儡監督を操って、鈴木がこれまで培ってきたヒット作を
生み出すノウハウの実践、短期間・低コストでいかに利益を上げるかetc…
目標の100億には及ばなかったが、同じような規模で作成された「猫恩」の興収は
越えるだろうし、駿亡き後の製作スタイルの1モデルは試せたりと、鈴木としては
ある意味大成功だろうなw

259 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 19:37:45 ID:/p1myKGM
竜の共食いシーンは見所として誉めてる人いたけど
それ以外がね・・・

260 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 19:38:43 ID:OXuEPBB2
制作過程が大変だろうか楽チンだろうが知ったこっちゃない。
結果出せよ。

結果が面白くて初めて制作過程にも興味がわくんだよ。

261 :名無シネマ@上映中 :2006/09/12(火) 19:39:34 ID:luELIYkF
>>258

本スレ=映画「ゲド戦記」を貶すスレ


262 :名無シネマ@上映中 :2006/09/12(火) 19:40:59 ID:luELIYkF
竜の共食いシーンがこの映画のクライマックス

あとはおまけ

263 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 19:59:38 ID:322LVDu5
猫恩とは興業の規模が違うだろうが
上映館の数、宣伝広告費等、比較にもならん
セルの枚数を減らしてどうなるものでもなかろう
キー局でTVスポットをうてば、一日でどれくらいかかるのか、ひとつ
調べてみたらどうだ
それと、全国ロードショーを行なった過去の作品、
出来れば上映館の数が同じくらいの奴と比べてみることを薦める

264 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 20:07:19 ID:wnfI72M7
>>258
あのな、制作費が仮に10億から5億まで削減できたとしても、
広告費に20億かかってたら結局は大差ないんだよ
しかも売り上げは映画そのものの対価というよりは、過去の
ジブリブランドの築き上げてきた価値を切り売りしてるだけだし
長期的に見れば明らかにマイナス

265 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 20:09:15 ID:322LVDu5
上映館が増えるということは、期待される動員数も違うということだ
制作側がどのくらいの線を見込んでいたのか分からないが、世の中
そんなに甘くはないぞ

266 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 20:09:49 ID:WiE9tvs8
そうだ、ふと思い出したんだが
問題のある親のプレッシャーでイカれたダメ男みたいな若者、
「若者が抱える、言いようのない不安」って言うのも
バッファロー’66でギャロがガソリンスタンドのトイレで
「息が出来ない・・・生きられない・・・」
って言う迫真の演技で表現したシーンにすら値しないよな。


267 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 20:17:11 ID:LSJY9IOi
つーか今時の心に闇を抱えた若者みたいなの岡崎京子が10年前にRIVER'S EDGEでやってるよ

268 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 20:23:01 ID:3s/aOtJM
>>263-265
じゃぁ、どれぐらいの興収で失敗といえるのか
ソースを提示した上で明記してくれ。

269 :名無シネマ@上映中 :2006/09/12(火) 20:27:02 ID:luELIYkF
>>268
興収のこと言い出したのはあなたなんだから
自分で調べて、どれくらいで成功なのか証明したら?

270 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 20:30:23 ID:UKiGQyOz
>>208
>>224

誤字につっこみ入れて、勝ったつもりでいるのか。


271 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 20:32:58 ID:UQYJg25y
ゲドDVDは本編(吾朗&鱸解説オーディオパート付き)+駿再編集版+赤くない千尋の3枚組なら他の作品と同じ値段で売っていい。
千尋の替わりに原作全巻でもいいけど。

272 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 20:33:50 ID:LSJY9IOi
>>270
あまりに鋭い指摘が入ったんで、
何が何でも否定したいんだろうなw
>>196はいちばん重要な点を突いてるよ。

273 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 20:35:41 ID:uXXqK9i1
とりあえず、山田君は興行的に失敗だろうな。
最近は、興収が制作費を割っても、失敗とは言い切れなかったりするから難しい。

274 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 20:36:52 ID:LSJY9IOi
あと>>198で更にやられたから悔しいんだろう

275 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 20:38:42 ID:322LVDu5
悪いが、それほど善人でもないんでな

つうか268、おまえ確信があって言ってたんじゃないのかよ?

276 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 20:42:21 ID:UQYJg25y
化粧品の原価の8割は宣伝費ってのと同じだなw
コーラの原価は5%とか、レッドブルも同じ手で稼いだとか。
煙草も似たようなもんらしいね。
まぁ、パチンコやサラ金のボッタクリには叶わないがw

277 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 20:56:04 ID:4E0DDvsh
俺は>>196の指摘は的を射てると思うけど
誤字への突っ込みは、ただの突っ込み以上のものではないんじゃねーの?
勝ったつもりとかどーとか過剰反応な気がするぞ。

278 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 21:06:26 ID:UKiGQyOz
クモが城の上で、舞い降りる鷹を見て、「挨拶のつもりか。ご苦労なことだな。」というシーンがあるが、
「紅の豚」の超劣化コピーで、ストーリー上なんの意味もないな。
本当に、ゴローは、何も表現したいものがなくて、
父親の絵コンテを切り張りしてたことがわかるよ。

「紅の豚」では、ジーナが庭で読書してるとき(カーチスが一緒にいる)
ポルコが飛行艇のアクロバットで挨拶してみせる。

この一つのシーケンスの中で、ストーリー上の説明を幾重にもしている。
ジーナとポルコの過去、ポルコが少年時代から飛行艇に夢中だったこと、
ポルコがジーナに恋をしてたこと、ジーナはポルコ以外の男性と結ばれたが、
いまでもポルコへの想いがあること、カーチスはすべてを悟って、
ライバルであるポルコへのリターンマッチとフィオへのプロポーズの契機となる。

ところがゲド戦記は、鷹が舞い降りてクモに挨拶したことが、
ストーリー上なんの意味もないばかりか、
クモは、たったいま、ハイタカを殺すつもりで罠にかける計略を立てたばかりだろ。
鷹がハイタカだと悟ったなら、その場で攻撃しろと。
ハイタカもクモの計略に気づけと。

ハイタカは意味もなくクモの城を見物して帰ってきただけ。
帰り道にテナーがさらわれたと知るや、またクモの城に引き返すという凡庸すぎる展開。
ひどすぎる。


279 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 21:07:33 ID:WwXvjhSJ
2ちゃんで誤字にいちいち突っ込み入れるのなんて野暮

280 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 21:07:47 ID:x05yr4lY
最初の20分を見た限りでは面白そうだったんですけど、
この映画そんなにつまらんのですか?
あの20分を面白いと思えれば残り1時間半も楽しめますか?

281 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 21:18:58 ID:LSJY9IOi
大抵はジブリブランドと画面(パッと見)とヒューマニズム的テーマに騙される。

見続けた疲労感を感動と勘違いしやすくもなる。

282 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 21:19:22 ID:59zWrYb3
最初の二十分だけってどうやって観たんだ?
そこまでで寝てしまったってことw?

283 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 21:21:43 ID:aVVpjBTh
どうやって20分だけ見たのかが知りたい

284 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 21:42:32 ID:MydkDPzk
>>278
私はどちらかと言うと擁護派ですが、278はそのとおりですね。
おまえつゆだく...じゃない急降下のシーンを見せたかっただけじゃないのか、と
小一時間問いつめられても仕方ないような。

285 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 21:44:35 ID:v3d/MCp5
あのキャラクターデザインなら
なんでもいいんだろっ!
こんなのが首位の国なんて嫌すぎ。

286 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 21:47:14 ID:K1Wc00Vg
今原作三巻読んでるんだが、原作のアレンは実直で勇ましい少年だな。
映画のアレンはただの統合失調症患者だ。

287 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 21:47:53 ID:+8kDGbPV
>>278
あのシーンは豚より千尋の式神vs白竜を連想した。
いづれにせよ何の意味も必然性もないシーンだったな。
駿はイメージ優先といってもちゃんと脈絡があるようにまとめるが、
吾朗はイメージが乏しいうえに脈絡がないから全編
無意味なシーンのオンパレードになってしまう。

288 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 21:49:56 ID:ZlAKXAHT
普通にあのゲド戦記で必要なシーンなんて殆ど無くね?
何たって半径150メートル映画だし

289 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 21:50:30 ID:DMDwp6/E
>>286
時には迷ったり疑ったりもするが
自分の王子という立場に誇りを持ち
ゲドを敬愛する、とても良い少年だ

290 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 22:00:44 ID:LSJY9IOi
>>289
その迷ったり疑ったりすることにドラマが生まれるハズだったのに………

291 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 22:04:10 ID:K1Wc00Vg
そろそろ日テレでゴロー監督の仕事ぶりを追ったドキュメンタリーやってよ。
あるいは制作してみたけどあまりの不評にオンエア出来なくなったか?
アホの日テレなら製作現場密着取材とか間違いなくしてそうだが…。
ゴローの仕事ぶりを観たいw

292 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 22:04:15 ID:myWbloz5
>>279
そりゃそうかもしれんが、煽りや揶揄ならともかく 論評として自説を書くのであれば
主張の核となる用語の誤字は好ましいとはいえないだろう。

293 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 22:08:44 ID:LSJY9IOi
>>292
論評w

294 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 22:09:49 ID:aVVpjBTh
>>291
確かに、特番なんかでも映像だけで、音声のあるゴローの監督風景見てないな

さては・・・・仕事しないで毒吐いてばっかいたな

295 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 22:19:53 ID:iEHU2Ohi
GOROの全仕事↓

−吾朗監督の印象は
「何度かやってくださった炊き出しは印象に残っていますね」 (原画 佐藤)

296 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 22:21:54 ID:dlWrN4Dw
ゲドは一体どうやって路銀を得ているんですか?
やっぱり野盗働きですかね?

297 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 22:24:43 ID:ZlAKXAHT
>>296
魔法を使えば万引き強盗その他何でも出来るじゃないか

298 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 22:28:22 ID:322LVDu5
さすがに何かのパロディだとまでは言わないが、あの鷹の意味は
ゲドが居る。ゲドが存在しているということ
ブレードランナーの折り鶴と同じ
空に舞う鷹に気付いたクモがニヤリと笑い、ふと呟く
それだけで良いシーン
鷹を見せる必要はない。でなければ観客の興味が他に(鷹に)移ってしまう
演出の基礎がなっていない
そうしたシーンはあの映画の随所に見られる

299 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 22:30:26 ID:aVVpjBTh
>>298
しかもあの鷹が威嚇したから、ゲドは後々自滅したような気がする

余計ね、あれは・・・

300 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 22:34:49 ID:Bx1QRlUl
挑発偵察したのにあっさり捕まるドジッ子ゲド…

本当に大賢人?

301 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 22:43:15 ID:RVwHpAiI
まあ攻撃も潜入技術もないただの女の子が剣持って最上階まで行っても
まったく危険な目にあわないようなクモの屋敷だしな。
おもいっきり下に見てて油断しまくりとでも脳内保管しておくしかないのかな。

302 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 22:43:30 ID:LSJY9IOi
>>297
そんなことばっかりやったから今は魔法が使えな(ry

303 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 22:54:21 ID:aVVpjBTh
なんつーオチだw

304 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 22:59:23 ID:322LVDu5
ウサギが高笑いしている食事の場面があるが、観ていて薄ら寒く感じる
何故か?
それは我われが、ウサギが「どうして」笑っているのか分からないからだ
56のゲドはそうした物語の過程が描けていない
アレンを拒絶したテルーが、ふと何かの拍子に彼に親近感を持ち、
次第に惹かれゆく。その味わい深い過程を、この作品は排してしまっている
げんしけんの荻上の爪の垢でも飲んで、出直して来いと言いたい

305 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 23:05:23 ID:RFU3c2Cf
自意識過剰で被害妄想気味のメンヘル男が
衝動的に殺人を犯す。
逃亡した先でツンデレ娘に会い、心を通わせて
協力して悪を倒し最後はなんとなくハッピーエンド。

ある意味、エロゲーでも成立する話では。

306 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 23:11:24 ID:ZlAKXAHT
エロゲは役に立つけど、ゲド戦記は役に立たないからなあ
あ、CD買わなくてもテルーの歌がわざわざ2番まで聴けたのは良かった内に入るかな?

段々思考がポリアンナ化してくるな・・・

307 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 23:12:01 ID:gTIEOK6g
>>305
>衝動的に殺人を犯す。

エロゲーとしてもこれはどうかと…。

308 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 23:14:33 ID:0HrcWDkA
そのウサギが恥ずかしげもなく、CMにまで出てくるんだからなぁ
終わってるよ

309 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 23:23:17 ID:gTIEOK6g
しかしあのウサギのCM、本当に効果あるんだろうか?
あのCMのせいで、見に行く人減ったんじゃないか?
ゲドとアレンのCMも、おっさんが若者に説教してるだけに見えるし。

「千と千尋」のときはCM見て映画館に行こうと決めたんだけどなあ。

310 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 23:27:51 ID:RFU3c2Cf
説明台詞っぽくて萎える。ゲドとアレンのCM。
菅原文太の声の雰囲気がいいだけに
台詞の薄っぺらさが目立ってがっかり。

手嶋葵のサイダーのCMの
「命を大事にしないやつなんて大っ嫌いだー」
の連呼も。なんか安いんだよね。
映画の内容を象徴しているともいえるが。

311 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 23:32:55 ID:ZlAKXAHT
つーか、映画が始まって直ぐの黒バックにようわからん文字の羅列

あれ見た瞬間に「しまった」と思った
なんつーか、コレは面白くないのがくるわって感じがする、アレ
客の注意をいきなり萎えさせるには絶好の効果がある

312 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 23:35:30 ID:r7qHw67d
お客様はうらやましーぜぃ、アヒャヒャヒャヒャヒャ・・・・ゲホッゲホッ

ウサギ版CM
http://www.youtube.com/watch?v=rE22wXj05hs

313 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 23:48:10 ID:zMkdptR2
テルーはオマンコ舐めたいと思わないんだよなぁ。ゴローは幼女に興味
無いのかもしれない。熟女好き?

314 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 23:53:00 ID:O8j1/bzI
>>93-95
残念だけど、ヴェネツィアの批評家達の非難の文章には教科書の例題を解いているような感じで、
意外性や斬新さが何一つない。
応用問題ですらない。応用問題ならもう少し頭を使う部分があり、解答を見たときに
「あ、なるほど、こうすればよかったんだ」という「ひらめき」の妙がある。

今回だけなのかもしれないけど、結局は映画ヲタの批評にはそれが皆無なんだよね。
ひたすら教科書に書いてある程度のセオリーを守りミスのないように作られているだけ。
なんで教科書を読んでいる時のように退屈で眠くならないのか不思議だが、きっとNHK教育で
やっている教育番組のようなものなのだろうな。

とりたててすごく面白くはないが、教科書を読んでいるよりはマシ。そういう面白さが
映画ヲタの性質といえよう。

日本の批評家の場合はその段階以前だし、このスレのアンチの場合はその段階にさえ達していない。
俺は映画批評は門外漢だが、こういう「段階」ってのは分野を超えた普遍性があると思うんだよね。

仮に初心者、中級者、上級者の段階を分けた場合、初心者というのは
いわゆる「おしえて君」。中級者は「そんなことも分からないのか?」と向きになって返す人。
初心者相手に得意になって知っている限りの知識を語っている中級者に、
吾郎監督のように「いやいや別な見方もあるよ」
とその作品で示唆を与えるのが上級者。
上級者になると、セオリーを吸収してそれに従う立場から、自分があらたなセオリーを作り出す側になる。

ここのアンチは初心者だし、日本の批評家を見回してもせいぜい中級者。まあ一部の評価は大負けに
負けてせいぜい中級者と上級者の間。自分であらたなセオリー(定石)を生み出す段階には遙かに遠い。
如何に自分がセオリーに従っているかを自慢している間は、まだまだだと思うんだよね。

315 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 23:53:12 ID:oIB5Awte
>>313
トミノみたいな表現をww

316 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 23:55:17 ID:oIB5Awte
>>314
批評対象のレベルが低ければ、それに対する批評もそれなりにしか
なりようがないだろうが

317 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 23:56:28 ID:OPiINx9J
ぷっすま見てて思ったけど、
カリ城は、あの時間の中にあれだけ見所があったのに、
ゲドは20箇所もポイントあったかなあ。

318 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 23:57:14 ID:RFU3c2Cf
>>314
「心オナニー」まで読んだ。

319 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 23:58:32 ID:wD7j1yXA
駄作の批評に時間をかけるほどヒマではないってことだろ

320 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 23:58:39 ID:9NZQx3qW
つ「出来の悪い作品は批評不可能である」
von Walter Benjamin

マジレスすると、なんでどの評論家も、ましてや素人のアンチも似たような
内容になってるか、ということを考えたことはありますか?


321 :名無シネマ@上映中:2006/09/12(火) 23:59:12 ID:ZlAKXAHT
>>317
ゼロ1個多くない?

322 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:00:23 ID:xoon0StZ
>>314
えーっと、結局何が言いたいw

>>317

ぷっすまはカリ城好きだよね。

323 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:01:43 ID:6cLUFriK
うる星やつら第一話の方がはるかに見所あるな。ゲドより。
あれたった15分だったのに。

>>314
批評家を批評してどうするんだよ。

324 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:03:11 ID:LSJY9IOi
役者やタレントを声優に使う風潮なんとかならないかな…

声の演技は芝居と違って声しか使えないから、
声で全ての動きや表情を作らないと平たく聞こえる。
実際パヤオのもぼそぼそにしか聞こえない声があるし、
ゲドもいつもの演技でやってるからぼそぼそだし。
それでも舞台経験が長い人は上手いけど。今の大物声優って売れない役者が副業で始めたことだし

325 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:03:53 ID:ZlAKXAHT
確かに良作や力を入れた作品に対して批評するのが批評家の仕事なんであって、
最初っから駄作と分かってるカスにコメント付けてもしょうが無いしな
ゴミにゴミって言ってもしょうがないのと同じだよ

326 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:04:15 ID:JQLeECzA
俺がこりゃダメだと思った瞬間は
王を足元からなめた絵があったすぐ後に、王妃も足元からいった時

アホかと

327 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:06:44 ID:y0vGDDQv
>>324
電通だったか何だったか、とにかく上の方の奴らの認識が
「有名人使わせとけ」なんだそうだ

ディズニーの映画、トイストーリーの吹き替えは本当は山ちゃんがする筈だったのを
お偉いさんの一言で唐沢だったか所ジョージだったかにされてしまったそうだ
「山ちゃんなんか誰も知らんだろ、俳優使え」って事で

んで、キレた山ちゃんが「じゃあ俺が有名になればいいんだろ!」とテレビに露出しまくって
見事有名になって、声優としても俳優としても第一線に立てるようになったんだと

328 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:11:11 ID:iAEEDY4g
電博+ディズニー+鈴木連合死ね

329 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:11:22 ID:fWGMW+ZH
>327
マジで!?
俺山ちゃん好きなんだよなぁ・・・声優としてw

330 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:11:45 ID:xoon0StZ
>>327
山ちゃんにそんな苦労話が・・・・・(ノω・。)

331 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:13:42 ID:07P5hyVa
>>314
つまり、ここの住人の批評レベルは低いってことね?
確かに高くはないなー
でも量があるし、その中に光るものもある
オレはこの一連のスレを参考にさせてもらってるよ
みんなよくアニメを見てるよ、ホントに

332 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:14:39 ID:Uanj2QyZ
>>327
それ電通だけの話じゃないから
ADKや読売みたいなアニメが得意な広告代理店ですら、オリジナル企画の
劇場版アニメには芸能人使いたがるし

333 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:20:40 ID:sj/p3PPN
>>327
昔、仕事がらみでポニーキャニオンの人に
その話聞いたことある。

確か、唐沢の方の役だったかと。バズも所じゃなかったはず。
所ジョージは嫌いじゃないけど、あの吹替はあってなくて大嫌い。
山田邦子の「101」のクルエラとかもそう。

334 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:21:02 ID:6cLUFriK
>>327
有名人使うってことは、それだけギャラが高くなって、
制作費が余計にかかるってことなんだけどなあ。

もっとも、結果的に上手くはまれば文句はないけどね。
別に有名人が出てるからって、映画の値段が高くなるわけじゃないし。

ゲド戦記の場合、クモ役の田中裕子さんは上手かったと思うよ。
ただ、彼女にとってはイメージダウンだったろうなあ。

335 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:21:35 ID:xQsNlNcy
>>313
少年好きです

336 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:23:49 ID:y0vGDDQv
>>326
つーか最初の海の時点で既に
「何でこんなに動きが無いんだ?つーか乗組員みんな服濡れて無いんだけど」
と不安になった。もうアニメ自体が楽しめない歳になってしまったのかと思った


337 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:24:33 ID:+DkGt/sW
>>314
ヲタが駄目、日本人が駄目とか偉そうに講釈垂れる奴がいちばん自分をわかっていないんだけど。
自分語りして悦に入ることが目的なんだろうけどさ。
ゲドが叩かれてるのが許せない儲じゃないならわざわざ2に来てご教授ってのはね……




作品に対してこうすればいいよってやるのはもはや批評じゃないよ。

338 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:26:30 ID:jsQ2yMTP
電通は組織としても腐ってるからな。
日本を内側からダメにしてる企業トップ5の1つ。


339 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:27:24 ID:n6hIG1QX
>>336
俺もそこでダメだと思った。
演出じゃなくリアルで観客を不安に陥れてどうする。

340 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:29:22 ID:fWGMW+ZH
>336
あ〜そうなんだ
その辺俺見てないんだよね、隣の女の子がwktkして騒がしくてね

すぐ静かになったけど

・・・そしてテルーの歌あたりで場内歩きまわってたけどw

341 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:29:26 ID:aiXpa+3r
しゃあねぇだろ。
観客の大半は話題性だけで選んで出来なんか大して気にしてないんだから。
こういう状況を作ってしまったのは半分は観客自体のせい。



342 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:30:26 ID:6cLUFriK
俺がダメだと思ったのは、
最初のほうで王様が「感染を防止しろ」とか言った時。
台詞に違和感を感じた。王様がそんな指示出すかな?

343 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:34:15 ID:EeJPCYXF
セリフの違和感だったら、
「汚名返上」とか「被害甚大」とか、連続して出てくる4文字熟語だな。
セリフによる世界観の雰囲気作りとかキャラ作りとか、わかってない。


344 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:35:53 ID:QNGceg7Y
>>314
批評記者に作家に求めるようなものを求めるのは間違ってるだろ。
そして吾郎が作家として初心者丸出しなのは面白み無いながらも的確なその記事群からも判るではないか。
批評家として吾郎が上級者だというのかな?
なら監督なぞせず何処かの日曜版に映画批評の欄でももらえば良かったのに。

345 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:37:37 ID:jsMCDm4d
王様初登場のとき足元から映して顔へ移動
そのすぐ後の王妃様初登場のときも同じ手法

分れ道「どちらも同じか…」暗転後すぐ「行き止まりか」
って早っ!!

56演出センスなさすぎ

346 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:39:03 ID:+DkGt/sW
>>344
ゲドがただ叩かれてるのが面白くないだけさ
本音はここの住人のレベルが低いと言いたかっただけ

347 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:40:13 ID:1aSuC+A2
みんなが、スルーしたくても一回レスしてしまう>>314の絶大な人気に嫉妬

348 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:41:29 ID:y0vGDDQv
つーか初登場の人物を映す時、絶対に必ず何を置いても


  風  景  →  人  物 


何の技術も知らん素人ですら 笑 う っ つ ー の 

ゲドとテナーがぶっ殺されようとしてる城ん中で二人で
何だか夢の世界に突入した時もどうしようかと思ったが

349 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:41:46 ID:EeJPCYXF
毎日、満月なのも気になるな。

350 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:44:06 ID:X2bOBnCy
>>347
あまりにも香ばしいからじゃん?
347みたいなの定期的に現れるけど、一回レスしただけで
反論レスが集中すると遁走しちゃうんだよね。

351 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:45:51 ID:y0vGDDQv
>>350
ほっときゃいいのに構うから定期的に現れるんだっつーの


チンコにしか見えないあの剣が一番気になるわ
一体何であのデザインにしようと思ったんだ?マジで

352 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:47:56 ID:1aSuC+A2
褒めるところもないし、たいした議論も巻き起こらないのに
スレが伸び続ける「ゴローのゲド戦記」
すごすぎです。

353 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:49:05 ID:2XlolakY
>>314
ま た 種 ガ ン ダ ム か!

しかし原文を考えた奴は煽りの才能があるな。

354 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:49:36 ID:qxMtPsmy
そういえばゲドとテナーの殺し方なんだが、
もう少しなんとかならんか?

355 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:49:37 ID:X2bOBnCy
いやむしろ>>314みたいなのは貴重なスレ燃料

まあゴロー・鈴木の言動ウォチだけでもかなり楽しめるスレだけど

356 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:49:48 ID:MJoXm1En
重ねて言いますが、私はゲド擁護派です。
しかし326さんや336さんの指摘についてはまったく同感です。
駿天皇の下で働くことに慣れてしまったスタッフは、
吾郎監督の演出にさえ意見を出せなかったのか、
それはちょっと考えにくいけど、だとすればこれは嫌がらせに近い。
ひょっとして「一言多い」と自分でも認めている吾郎さんは、
スタッフにもあまり快く思われていなかったのだろうか...
昔「宇宙戦艦ヤマト99の謎」という記事を(^^)読んだのは
同人誌だったか、OUTだったか忘れたけれど、
ゲドの演出の謎ベスト20!みたいなサイトを作ると
繁盛するでしょうね...。
オタクと呼ばれようがネクラと笑われようが、
アニメを愛する気持ちは揺るがないと胸を張る筋金入りのマニアなら、
泣きながらそういうサイトを作るのもいいかも。

357 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:50:49 ID:iAEEDY4g
パヤオの歴史

・もののけで引退

・高畑が山田君で大赤字を出し、負債を埋めるために千尋登板

・ハウル監督降板。引き受け手がいないので自ら登板

・息子が大失態。尻拭いで次回作登板

358 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:51:06 ID:jsMCDm4d
>>354
HP1の状態でタライが落ちてくるなら最高に屈辱的

359 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:52:13 ID:y0vGDDQv
>>354
もっとも屈辱的って言うから、一体どんだけ残忍で非道な事するのかと
18禁な勢いでかなり凄くワクワクしてたのに

何じゃありゃ。
アレンとテルーの時の方がまだ屈辱的だと言えるんじゃないのか?
相当がっかりしたわ、アレ

360 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:52:35 ID:3TDq7bx6
>>344 故淀川長治さんがなんとかロードショーの案内してた時、一番苦労したのが「どんなにつまらない映画でも誉めないといけない」ことだったそうな

361 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:54:54 ID:iAEEDY4g
どんな名作にも欠点はあるし、どんな駄作にも良いところはある。
ル・グインもこんなつまらない映画の感想を尋ねられて相当困った事だろう

ゲドの良いところ
・テルーの唄
・絵がいいところもあったり
・菅原ぶんたの声

362 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:57:31 ID:6cLUFriK
>>359
よく考えたら、高いところから落として殺すって、
ゲドなら魔法で何とかできるんじゃないか?
それとも「あの城ではゲドの魔法が使えない」とかいう設定だったっけ?

363 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 00:58:32 ID:y0vGDDQv
ゲドのいい所

・テルーの歌が全部聴ける
・登場人物を無いものとして見ると、背景がそれはそれでいい感じに見える
・菅原文太の声(台詞では無い)
・普段何気なく見ている30分アニメの素晴らしさを再認識出来る
・睡眠不足が解消出来る

結構あるな

364 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:00:39 ID:VCkoHKg5
>>360
 その淀長さんはつまらない映画を見ると「これを作った人も、映画が好きだからこの世界に
入ったんだろうに、なんでこんなつまらない映画を作る羽目になったんだろう、可哀想だ」と
思ったらしい。そう思ってほめるところを探したんだとか。

 宮崎駿の息子だから仕方なく作っている奴に対しては、どんな感想を持ったのやら。


365 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:00:42 ID:1aSuC+A2
>>360
どうしようもないクソ映画で、小道具として登場する食器のデザインを褒めたというのは有名な話w

366 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:02:45 ID:y0vGDDQv
>>365
どんだけクソなんだよwww卵掛けご飯噴いたわ
寧ろ俄然興味が沸いた

367 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:05:29 ID:6cLUFriK
「ゲド」のいい所

・過去のジブリ作品がいかに良いものだったかがわかる。

ほんと「ハウル」とか「ぽんぽこ」とかが名作に見えるぜぇ。

368 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:06:21 ID:iAEEDY4g
ゲドのいい所
・パヤオの偉大さを再確認できる

369 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:06:53 ID:3TDq7bx6
「ゲド」のいい所

1800円と2時間というモノの価値を再認識させてくれる

370 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:11:30 ID:+DkGt/sW
なんだかんだでパヤオには感性と吸収してきた様々なものがあるからな

371 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:12:48 ID:qxMtPsmy
「ゲド」のいい所

・スレがポジティブになった

372 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:14:44 ID:6jsFCAwk
俺はゲド戦記素直な作りで良いと思うけどなぁ

373 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:17:24 ID:+DkGt/sW
素直な作り=鱸の指定通りの作り

374 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:24:40 ID:ZpgUXOHk
>>356
サヨナラ、サヨナラ・・・サヨナラ。

375 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:25:12 ID:qxMtPsmy
「372」のいい所

・キショい擁護派と違い
なぜか好感がもてる

376 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:40:33 ID:rVLtJ924
>>254
まだ見ておられるでしょうか、是非ともお尋ねしたい事があるんですが。
製作スタッフの中に誰か一人ぐらい、監督やプロデューサーに対して
「脚本練り直しましょう」 と進言する人はいなかったのですか?

「影」 は出てくるが 「影」 との対峙は描かれない、
「生死を分かつ扉」 は言及されるが黄泉の国が登場しない。
原作エピソードを切り張りしておいて未解決に放置している。
まさか続編で解決(リベンジ?)、ではないですよね…

例え作画がショボくても、苦笑して済ます事は出来ます。
しかし破綻したストーリーは、不可解さと不満しか残しません。

377 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:40:44 ID:2XlolakY
いくら映画を哲学的に批評すべき、と言ってもその基準は各人でバラバラだ。
そしてバラバラだからこそ、各自がなぜ「面白い/面白くない」と感じたかを分析し、説明し合うことが
必要なんだけどね。そしてそれが「解釈」というものなんだよ。
ここのアンチが言う様に基準がみんなで同じならわざわざ説明することもないわけで。
やっぱアンチって根本的に「鑑賞する」ということが分かっていないみたいだね。

もちろん作品を観たすべての人が自分の感じたことを説明できなくてもいいんだよ。
全ての人が作品の設定の矛盾とかを考えて論じたりしなくていいのと同じようにね(苦笑

確かにゲド戦記は面白かったが、制作者の迷いが作品に反映されてるというか
監督の吾郎氏が頭を抱えてパンクしそうになってるのが伝わっては来たね。
制作者自身も消化不良気味、まさに「必死だな」状態(笑
アンチの読解力不足は論外だが、わかりにくいのは本当だ。
制作者自身が消化しきれてないのだけはわかる。
だから、見てるこっちも消化不良気味。

あとはそういう状態の製作者を嘲笑うか評価するかの違いだ。

でも、むしろそういう作品こそよい作品だと思うけどね。絵画とかでもある境地に到達して
完成の域に達した作品よりも、なんとかそこに到達しようと試行錯誤している時代の
作品に見るべきものがあると俺は思う。たとえばピカソの作風の変化とかも追ってみると楽しい。

自分の内なるものを何とか表現しようとする情熱とあがき、これこそ芸術の本質だと
思うんだよね。ということでゲド戦記は「芸術」レベルで語れる作品といえよう。

378 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:42:24 ID:jsMCDm4d
はいはい種種

379 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:43:19 ID:3TDq7bx6
釣られてやるから答えてくれよ >>377

なんで映画をいちいち哲学的に批評しなくちゃいけないんだ? 

380 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:44:45 ID:1yqybHuJ
ガンダムは、まったく・・・

381 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:45:27 ID:3TDq7bx6
あ、ゴメン、ひょっとしてなんかのコピペ? ハズカシー

382 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 01:58:42 ID:Uanj2QyZ
>>377
あえて釣られてやるが、ゴローの作品が有名な原作物じゃなくて、
有名なアニメスタジオを親の七光り権限で使ってなくて、マスコミ
総動員で大々的に広告してなかったら、その言い分も少しは
認めてやらんこともないがな

383 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 02:03:06 ID:+DkGt/sW
>>377
また種死?
じゃあ住人貶して悦に入らないで鑑賞というものをご教授願えますか^^

そして批判されたら芸術ですか。そりゃ芸術って言えば楽だよね〜
理解出来ない奴は芸術がわからないって片付けてしまえばいいから。
キャンパスを赤一色に塗ってナイフで切り込み入れただけでも芸術だもんね。
作った人が芸術って言えば芸術なわけだし。

そして作品の駄目さを批判されたら駄目さを擁護か。
客から金取りスポンサーに協力を仰ぐ興業作品を何でそんなに甘やかす?
そして何故56にはそんなに肩入れするんだろうか。わからん
56でもないのにわかったような言い方なのもキモいし。

384 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 02:06:14 ID:+DkGt/sW
いちばんキモいのはわざわざ2に来て
おまえらには分からんだろうけど、俺だけは分かるぜカコヨス!
みたいな自分語りを投下して去ること。
ネットにはそんなのばっかりか

385 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 02:26:17 ID:0HcG5vQ2
>>254は外注(外のスタジオでお仕事した方)じゃねえか?
木を見て森を語る無かれ

>>376
もし、脚本を直したほうが良いと進言するとしたら
自分が直す(それこそ駿パパ並みに自分でやる)くらいの
勢いがないと・・・ダメだったんじゃね?
そんな大変なこと背負うよりも、黙々と仕事こなしていくほうが楽だしw

386 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 02:50:52 ID:EufVSTm3
間に合わせる事が最重要だったんじゃないの?
あと、誰一人全体が見えなかったとか。
ふつうは監督だけは見えてるのだろうけど。

387 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 03:04:36 ID:PGFVa5KH
なんか新しいテレビCM観てると、余計PTSDの子供の治療映画に見えてくるな

388 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 03:05:17 ID:pNyeKwd9
ttp://www.google.com/search?lr=lang_ja&num=100&hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%22%E5%A6%82%E4%BD%95%E3%81%AB%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%8C%E3%82%BB%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AB%E5%BE%93%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%82%92%22

389 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 03:26:53 ID:XrDP2JkG
>>196命について、これなら良かったね

     /川彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡ゝ
     l/~~〜〜~~~~~~~~~~ゝ三三三ミミゝ
   ∠_   ___   ::::::::::ミ三三三ミゝ   命は もっと・・・
  /二 ー二 ――――  ::::::::::::::ミミミミミミ|   粗末に扱うべきなのだっ・・・!
  /_  ̄―  ̄ ̄ _   ::::::::::::彡ミミミミミ|
  | ̄ ゙=   鏖 ==゙ ̄ ゙̄= :::::::::::|ミミミミミミ|   命は・・・ 生命は・・・丁寧に扱いすぎると
.  |ー__ニ_、  ::::―ニニー__ ::::::::::::|.l..|⌒l川川   澱み腐る・・・!
  |ニ__・/.: :::=ニ_・__ニ= ::::::::::::|..l.|⌒|川川   最近の連中は
   |ー/鏖:::::  ー==ニ  ::::::::::::|l..|〇|川川l    みんな もう やりすぎ・・・
.   |/:::::::#:::  ヽ____  :::::::::::::|.l.|_ノ川川l|    自分を大事にしすぎだ・・・
   (_;;;;;;;;;;;;;;ヽ ヽー――`、##:::::::::|川川川川ll
  <彡彡ミミミミミミミミ>::::::::::::ミミヾ川川川     その結果・・・
    |El王l王l王l王ヲ :::::::::::::ミミミ:::ヾ川川_   機会をつかめず・・・
   /|   ≡    ...::::::::::::彡彡::::|:::::::ー ズルズル後退しながら・・・
ー| ̄/川,,,     ....:::::::;;;;彡〃〃:|::::|::::::::  腐ってゆくのだっ・・・!
::|:::| 川 川〃〃〃〃〃〃/ |::::|::::::::
::|:::|\川 川〃〃〃〃゙ / /|::::|::::::::
::|:::|  ヾ川l l〃〃〃 / /  |::::|::::::::
::|:::|\  川 l〃〃./ /   |::::|::::::::
::|:::|  \ l| 〃/ /     |::::|::::::::

390 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 03:31:01 ID:y0vGDDQv
>>389
笑わせんなテメーw
で、それは誰のことだ
テルーかアレンかそれとも56か

391 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 03:54:12 ID:X2bOBnCy
>>389
ゲド戦記2時間分より感動した

392 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 03:59:12 ID:y0vGDDQv
しかもゲド千機時間分よりよほど納得すると言う

393 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 04:02:27 ID:tBDroiuA
谷山浩子版「テルーの唄」もよろしくね>< 
http://www.yamahamusic.co.jp/goods.php?id=198&a_id=58

新譜「テルーと猫とベートーヴェン」9/13発売!

394 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 04:17:29 ID:iAEEDY4g
>>393
宣伝員おしごと乙

395 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 04:47:58 ID:tBDroiuA
ただのファンです、でも売れないと困るんですぅ。・゚・><・゚・。

396 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 04:55:20 ID:fLqIDCnG
ゲド見るぐらいなら2時間働いて1800円稼いだ方がよくね?

397 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 06:17:06 ID:qxMtPsmy
種の改変コピペを貼ってる奴は何がしたいんだ
楽しいからやってるんだろうが、多少稚拙でも自分の言葉で語ったほうが、
行為としてよほど有意義だぞ

398 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 07:11:44 ID:HmV2iE5f
>>387 むしろ悪化しそうだ


399 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 07:35:10 ID:P2g2d8AL
鬱が悪化したよ。
昨晩は朝5時まで寝られなかった。
アレンみたいに布団の中でわけもわからず不安で怯えていた。
こんな酷い経験ははじめてだ。
ゲド戦記なんて見るんじゃなかった。

400 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 07:40:39 ID:KQRFf8Ia
そうか?俺はグドを見て良くなったぞ。
毎日、家の柱をねずみ人間がかじってる気がして
不安でしょうがなかったのが、グド見てから、
なんだかすっきりした。

401 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 07:44:29 ID:Cian8fXC
>>399-400

つ精神科

402 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 07:50:42 ID:PMos3lQe
リベンジベンジ

403 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 08:02:00 ID:ojLW3CXs
ふと思ったんだけど「猫の恩返し」で結婚パーティーの時に
余興がつまらなかったらすぐに猫王が処刑してしまう、
ってシーンがあるでしょ?今にして思うとあれはちょっとでも
鈴木の逆鱗に触れたらああなってしまうっていう比喩なのかな?
って思ってしまったのだけど。コミックにもあったのかなあのシーン。

404 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 08:53:29 ID:Rfu33N2E
6本指6本指とうるさいヤツがいたけど、
ポール・グリモーの「避雷針泥棒」は4本指だぜ。
ゴローはやっぱり「新古典派」なんだよ。


405 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 09:10:18 ID:coGeEcxt
「新古典派」にワラタw
指4本はアレだろ、ディズニーがアニメーション作るのに
普通に5本指で描くと、動かす場合によっては多く見えるというので
4本にしたのが始まりじゃなかったっけか。


406 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 09:12:59 ID:X2nbxwV6
8本くらいにして、オープニングで船側を這い登ってくれば良かったのに。

407 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 10:13:56 ID:i1sk0U8A
書店で、児童書のコーナーでのこと。幼稚園くらいの女の子が二人、テルーの歌を
歌いながら、なんか絵本を探していたのを見て、映画の存在を、「まあ許そうか」と
思えた。うん、そんな映画もあったなあ…って感じました。今となっては懐かしい、
熱い夏の思い出に。
原作本の廉価版が出ていたので、児童文学作家を目指す知人にプレゼントできたのは良かった。
全巻ではないけど。映画見に行く前に3巻までを、基礎知識としてあげた。
結果は…白紙の状態で見て誤解されるより、ずっと良かったです。

408 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 10:28:39 ID:qxMtPsmy
このスレに散見される原作ファンの書き込みが痛々しいな

409 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 11:22:02 ID:lF5flSxW
>406
海賊のクラーケン思い出したwww

410 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 11:24:55 ID:X2bOBnCy
新古典派
教養小説的物語

プゲラゲラ

411 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 11:35:25 ID:S1Me3bIG
>>359
ゲドをテナーに突き落とさせるってのは、4巻のクライマックスなんだが、
あれを「屈辱的な死」って呼ぶには、原作未読者には心底分かり辛いと思う。
前から指摘されてるが、ゴロー映画は原作ゲド戦記の欠片の寄せ集めなんだよ。
しかもただ「集めている」だけ。そこには原作の持つ魅力も深みも何もない。
そして要説明なシーンばかりなのに何の説明も入れていない。
これじゃ、鑑賞者は取り残され、「糞!」と叫びたくなるのも当然だよな…。

412 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 11:47:44 ID:HmV2iE5f
もし、ゲド戦記がRPGだったら

ドラゴン二匹が戦い合うオープニングムービー
攻略チャート
旅立ち編
自分の部屋から出る。
はじめから持っているナイフを装備して国王が来るまで像に隠れること。
王が来たら刺す。探すで宝剣が見つかるのでそれを取ったら
外にいるヤックルに乗って城から逃走

2:出会い編 (途中の旅はムービーで省略)
海岸の砂漠を歩き回ってると
砂漠オオカミ5匹のエンカウントがあるが戦っても勝てないので
廃墟のそばまで逃げ続ける事。すると魔法使いに助けらる
パーティーを組み一つしかない町まで移動する事
(移動は長くてだるいが、敵は出ないので楽だろう)
町についたら店に話し掛けること(会話フラグがある)
ハイタカと分かれると、チンピラ襲われてる少女が現れるので助けること
そこでじっとしてると帰ってきたチンピラに捕まる
奴隷に売り飛ばされるがすぐ魔法使いが助けに来るので
ここまでただボタンを押しているだけでよい。
助けられてその昔の愛人の家に連れて行かれるので
そこで農作業ミニゲームをすること
以下ry


413 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 11:48:25 ID:b8uhQyPz
竜の動きにしても、千と千尋は異様にリアルっていうか、登場シーンにしても
印象的だったんだけど、ゲドは映像的に惹きつけられるシーンがない。
ファンタジーアニメでこれは致命的な欠点だと思う。
竜のシーンで宮崎はうなぎに似た動きってアニメータに指示だしてたんだよね。
そうやって細かい演出することによって映像にリアリティを持たせる
ことができるんだろうが、宮崎がいかに観察力が優れててサービス精神が
あったか、それが映像に力を与えるのに大事かというのが
素人監督の映画をみてわかる。



414 :名無シネマ@上映中 :2006/09/13(水) 11:49:51 ID:b7PmH24s
あくまでも好評を報道する読売新聞。

「ベネチア映画祭 「パプリカ」「ゲド戦記」とも好評」

熱狂的な支持を受けたのが、特別招待作品として上映された
スタジオジブリ制作、宮崎吾朗監督の「ゲド戦記」。
同時期に開催されるモントリオールなど他の映画祭と区別し、
“文化のベネチア”を印象づけるため、
日本アニメに着目するミュラー氏たっての希望で招待された。

一部の批判については、
「息子でなければ言われなかったことだろう。予測はしていた。」

(2006年9月12日 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/cnt_ged_20060912b.htm


415 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 11:55:42 ID:MWu5vZTT
>>414
どこの「大本営」発表なんだそれは

416 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 11:58:51 ID:1ZRPm6re
「息子だから」の一言で批判を片付けた気でいる吾朗って本当に39歳か。
大多数の人間は息子云々じゃなく、映画の出来に憤慨しているというのに。

417 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 12:00:15 ID:X2nbxwV6
>>414
>新人監督賞の対象にはなるため、ベネチアでの親子栄冠への期待も膨らむ。
9/12の記事なのに、吾朗、まだ夢から醒めてないのかwwww

418 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 12:01:35 ID:iAEEDY4g
ゲド 68億 7週
海賊 93億 8週



  ど  う  み  て  も  海  賊  の  圧  勝  で  す



419 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 12:03:50 ID:2ZkcP1xq
アレだ、この映画は人生に於いて二度と戻って来ない二時間の重要性を
新古典的表現で訴える教養の高い映画なんだよ

ハヤオを超えたよね、マジで

420 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 12:06:04 ID:jsMCDm4d
>>419
時間についてなら時かけ見るよw

421 :名無シネマ@上映中 :2006/09/13(水) 12:08:24 ID:b7PmH24s
>>418
配給の東宝は「興行収入100億円突破は確実」と
“今夏ゲド戦記ナンバーワン宣言”
「100億から上方修正もある」と自信を見せる。


422 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 12:17:01 ID:y0vGDDQv
>>418
あんだけの代物で68億も稼げたら、ジブリは笑いが止まらんと思うが

423 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 12:19:30 ID:7iqORQ+W
>>414
この記事中の写真が腹立つな〜
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/img/photo_ged_20060912a.jpg

424 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 12:29:47 ID:f2LdEvWC
この興行成績を言い訳に「映画は大成功」「傑作だ名作だ」と
吾朗ちゃんが勘違いしてくれるとすれば個人的には嬉しいが。
天才の親の下に生まれちゃったお坊ちゃんの発言を
まだまだ楽しめるということだし…
リアルでここまでおもしろいおぼっちゃま君はあんまり知らない。
最近病みつき。

425 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 12:35:52 ID:L38k5SaF
宮崎ハヤオ=スピルバーグ

宮崎ゴロー=リュックベッソン

426 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 12:39:56 ID:y0vGDDQv
アホか、リュックベッソンはまだ2つ程代表作を作っただろうが
最初からWASABI以下の56と一緒にしてやったら流石に気の毒だぞw

427 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 12:49:04 ID:juVRnW4V
ゴローはエド・ウッド未満

428 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 13:03:17 ID:dNsoHPvV
リュックベッソンってそんなに駄目なのか

429 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 13:06:39 ID:YyakCpUj
>>425
お前レオンしか見てないだろ

430 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 13:07:01 ID:mJn6rfHk
ベッソンが56だとすると
最後の戦いがゲドにあたるのか?
ヲイヲイ比べる事自体がボウトクだぞ

431 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 13:10:03 ID:2ZkcP1xq
つーか素人と映画監督比較すんのがそもそもの間違いだろ

432 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 13:15:30 ID:ecYyq7Y9
56はエロを描かせたらけっこういいんじゃないか?
もう見たくないけどまたやる気らしいし
SEX&バイオレンスの路線でやらせたらけっこうぐっとくるものを作りそう

433 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 13:15:42 ID:f2LdEvWC
不器用でどう生きていいかわからず、思わず暴力的行為に走ってしまう青年なら
ベッソンの「サブウェイ」の法が100倍うまいこと描けてたよ。
ベッソンもニキータ以降は主演女優とその役柄に萌えすぎて
変なことになっちゃったけどな。

434 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 13:39:59 ID:+yQd087X
どこに「教養」的要素があったのだろう?

435 :きっとカット:2006/09/13(水) 13:50:28 ID:uhD3iLvs

とりあえず脳溢血

436 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 14:08:29 ID:dNsoHPvV
>>434

>>25>>64

437 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 14:33:46 ID:fPZfsv8S
エド・ウッド馬鹿にすんな。
屑映画を量産したが、映画をこよなく愛していて、物好きなファンも沢山いる人だろ?
ゴローと比べていいクリエーターなんぞ両澤千明位しかおらんわ!

438 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 14:39:11 ID:fPZfsv8S
>>412
それなんて永野護キャラデザインのセガサターンRPG?

439 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 14:43:41 ID:+J//6NLe
>>437
赤影の監督くらいのレベルじゃね?

440 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 14:45:48 ID:fPZfsv8S
赤影馬鹿にすんな!



レッドシャドウなら別にいいが。

441 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 14:55:54 ID:+J//6NLe
>>440
そのレッド車道の事だよ。赤影のスレであの映画をレッドシャドウと呼んでる人なんて
居なかったような。

442 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 15:56:23 ID:a2u/05/e
>>389
オレは利根川の説教のほうが好きだな

「世間の大人たちが言わないのなら俺が言ってやる!
金は命よりも重い・・・!その認識を誤魔化す輩は生涯地を這う・・・!」

443 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 16:00:18 ID:tBDroiuA
竜を作者が歌うとこうなる
ttp://puka-world.com/php/upload/large/img-box/1158130789360.mp3

444 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 16:10:13 ID:YzYIPWQg
    //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.;:.:. /{:.{:.:.||:.:.:.:.:.:.}:.| ̄|/x=|;:/=|:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:. |\|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_ 
    /:.:.:/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:{:. /,、-ヘ:.||:.:.:.:.:./jノ 〃¨(::::::0:|:.:./|:.:.:.:.:.:.:.:. l:|  |:.:.:.:.:.:.:. |:.|「¨ 
   .:.:/ .|:.:.:.:;;;:.:.:;;;:.:.:.: ヽ∨, ===}八:.:.:./      '¨¨¨jノ |:.|:.:.:.:.:.:.:ハ|  |:.:.:.:.:.:.:. |:.| 
      :|:.:.:;;;;;:.:.;;;;;;:.:.:.「`:《 (:::::0:〉` ヽ:{      .:.:.:.:.:.::::::::::.V|:.:.:.:.:|ハ{   :|:.:.:.:.:.:. /:/ 
      :|:.:;;;|;;;;;;;;;;;;;;:.:.:|    ¨ ̄  |:.`         """¨ |:.:.:.:|ハj  /|:.:.: |: /|/ 
      :|;;;;;;||;;;;;;; |;;;;;; |ハ                        ∨V ___,/: |:.:./|/ 
      :|;;;;;八;;;;;;;|;;;;;; |:.ハ      ヽ::...               /|:.:.:.:.川:り     ちょっとアレンをドナドナしていきますよ
      :|;;/  ヾ;;;;\; ヽ:ハ                  ,,'  /|:|:.:.:. /:ハ{ 
             \:.:\:.:.:.':,       ,......,,__        ;';' ./. |:|:.:.:/:/__ 
            \\:.:\:. \      ¨ ̄         / ./∧/|/  _))\ 
             ヽ:ヽ:.:.∨}ノ\      "             ∧_/ ̄  「\ 
              ∨}り    .>.、           ,.    _/三二 r-、 ∨/} 
                         _`_r 、_ 、 '´  _/三二    {  }  丁

445 :名無シネマ@上映中 :2006/09/13(水) 16:38:17 ID:b7PmH24s
吾朗新人賞受賞!!!

「芸術選奨文部科学大臣 新人賞 芸術振興部門」を受賞。
日本のアニメーション文化の基盤を支える存在として、今後も活躍が期待される。

http://www.bunka.go.jp/1bungei/16-geijyutusenshou.html#top

446 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 16:47:46 ID:Cian8fXC
歌○のハゲに拍車が掛からなきゃいいが・・・

447 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 16:49:12 ID:jFEYVjy1
>>445 贈賞理由の項目にゲ・・・




いや、いいや。オメデトウゴザイマス

448 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 17:00:03 ID:Ry6i07zi
美術館自体の活動に評価が与えられたんであって、見事にゲドのゲの字もないなw

449 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 17:14:52 ID:Ckjun9DL
そもそも一昨年の賞だしw

450 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 17:33:56 ID:8LpAmKBI
古い新人賞発掘お疲れさまでした。
ベネチアでは新人賞買えなかったもんね。

451 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 17:40:47 ID:juVRnW4V
>>437
バカにしちゃいないぞ、バカにするつもりなら「エドウッド以下」と書く(以下は同等、それ未満とも取れる)
エド・ウッドのゴミ映画には尊敬できるが宮崎吾郎のゲド戦記のような糞映像にはリスペクトもできないって事ですよ。

452 :名無シネマ@上映中 :2006/09/13(水) 18:05:57 ID:b7PmH24s
エド・ウッド(Edward Davis Wood, Junior)
製作した映画がすべて最低最悪の出来だったため、常に貧困にあえぎ、貧困のうちに没した。

1980年ゴールデンターキー賞受賞(映画史上最悪の映画に与えられる賞) 

453 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 18:11:50 ID:qxMtPsmy
ぜひ56にもゴールデンターキー賞を!

454 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 18:21:29 ID:hGAWd/xc
古い新人賞を持ち出そうが、もはや世界的悪評への流れは止まらない。
50か国公開により、この映画に対する日本の悪評は世界の悪評へと拡大し、
それはせっかく世界でも築きつつあったジブリのブランドの崩壊への
序曲となる。

455 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 18:30:55 ID:ubdUOBs6
宮崎ハヤオ=プリンス

宮崎ゴロー=プリンセスプリンセス

456 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 18:46:09 ID:kYKSbmdQ
プリプリを馬鹿にするなw

457 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 18:47:24 ID:+DkGt/sW
パヤオ=aiko
56=大塚愛

458 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 18:52:00 ID:6jsFCAwk
パヤオ=カブレラ
56=キャプラー

459 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 18:54:38 ID:jsMCDm4d
パヤオ=エクスカリバー
56=エクスカリパー

460 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 18:57:37 ID:Cian8fXC
>>459
エクスカリパーを馬鹿にするな
乱れ撃ちの威力は別格だ

461 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 19:02:43 ID:9ZQGJKFr
なんだよ、パヤオはそのうち変な記号で名前を書いて「かつて宮崎駿と呼ばれたアニメ作家」とか呼ばれるのかよw

462 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 19:02:43 ID:krXyBaWa
息子でなければ映画がつくれなかっただろう

463 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 19:06:12 ID:wXq++fyw
パヤオ=シャクティパット
56=スカラー波

464 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 19:24:55 ID:2YgcJK6V
>>463

吹いた。

465 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 19:29:49 ID:MWu5vZTT
>>463
はあはあなるほど、で、ル・グウィン女史に対して締めつけ痴漢ビームを発射するわけだに。

466 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 19:38:15 ID:L38k5SaF
ハヤオ=黒澤明

ゴロー=黒澤久雄

467 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 20:03:31 ID:bAeWGvQd
>414 >423
でも、『ジブリをいっぱい』のトップ記事は、ゲドに参加していない久石譲。
ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/

468 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 20:32:16 ID:TwhC7vTy
>>443
この歌、初めて全部聞いた。
映画よりよっぽどわかりやすいじゃんw>竜の設定
いっその事全部歌で説明する音楽映画にした方が良かったんじゃ…
「ゲド戦記歌集」ってもしかして結構良かったりするのかな。

469 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 20:33:20 ID:L38k5SaF
そろそろ、スレも伸びなくなってきたな。そもそも内容が薄いかなら。
公開中なのにこのありさまとはね。
56がバカ発言することくらいしか注目を集める方法はないな。
最近、それも飽きてきたけどね。

最終手段としてはハヤオかジブリが何らかの声名を発表するくらいかね。

470 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 20:41:32 ID:juVRnW4V
宮崎ハヤオ=長州力

宮崎ゴロー=真壁刀義

471 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 20:43:57 ID:jFEYVjy1
『シェルブールの雨傘』みたく台詞を全部歌わせるか。
踊りながら説教をたからかに歌い上げるゲド






ねーよwww

472 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 20:44:19 ID:Cian8fXC
>>469
このスレって吾郎と鱸を糾弾するスレじゃなかったっけ?

473 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 20:46:02 ID:EufVSTm3
宮崎ハヤオ=クイーン

宮崎ゴロー=アイーン

474 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 20:47:30 ID:oIBNc4Es
どこに持っていっても駄作評価されるというのがほぼ確定したからなあ。
まかり間違って原作者が気に入っちゃったらどうするとか
ウッカリベネチアで賞取っちゃったらとか言ってる間が華だったな。
しかしコレ、本当に海外で配給するつもりだろうか。

475 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 20:59:57 ID:HGbLNKq/
>>471
斬新でいいかもしれんw 少なくとも父作品と差別化できるだろw
歌くらいしか誉めるとこなかったんだし。

476 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 21:25:26 ID:ADYL/Cbv
チンコ剣をアレンが抜きますが、あのシーンの意味が分かりました

チンコ 抜く というキーワードから誰もが心に思い浮かぶのは、オナニー

つまりあのシーンは、

477 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 21:28:30 ID:umgWrZsr
>>476
ええと、去勢?

478 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 21:31:41 ID:2ZkcP1xq
心オナニー

479 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 21:42:06 ID:MKVr/gqf
この前親父とお袋がゲド戦記を見に行ったんだが、
驚いた事に観客は親父達含め4人!しかいなかったらしい。
しかも内容が理解できなかったらしく『海賊さん見に行けば良かった』とぼやいていた。
しかし久々に2人きり(正確には4人だが)になり恋人時代の気分に戻れたとか

親に代わって、ありがとう!ゲド戦記(笑)!

480 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 21:42:44 ID:yj5JbYCE
心温まる話だw

481 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 21:45:58 ID:EPcyMG2W
海賊さんwwww
父ちゃんカワユス

482 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 21:55:33 ID:+DkGt/sW
パヤオ=QUEEN
56=女王様

わかる人いるか知らんが

483 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 22:00:24 ID:KlLSrhm+
>>479
吾朗でも人の役に立つんだなw

484 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 22:03:35 ID:ENzoLmAJ
一回上映する電気代、空調代、人件費を考えると4人入れば元は取れそうだな。

485 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 22:05:13 ID:y0vGDDQv
ゲドの良かったところ・・・誰も居ないから恋人に戻るにはうってつけ

ウチの両親もゲド戦記観に行ったら少しは仲良くなってくれるかな・・・

486 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 22:08:40 ID:2YgcJK6V
>>482

直訳に吹いた。

487 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 22:09:09 ID:ENzoLmAJ
数十年ぶりに、いっついのメスとオスに戻ったわけか。

488 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 22:12:10 ID:2YgcJK6V
うちの親もいっついのメスとオスに戻って、かわいい妹産んでくれんかなあ。

489 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 22:13:04 ID:1BOHSjxB
かわいい妹は生まれない。

490 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 22:13:55 ID:y0vGDDQv
>>488
妹自体にならまだ望みがあるかもしれんが、「かわいい」となるとなあ

491 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 22:20:22 ID:IpQprxqK
教養小説って・・・・・・・とりあえずトオマス・マンにスマンと謝っておけ!

492 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 22:36:45 ID:tzdZHE20
約半月ぶりにネットに接続したが、監督日誌が未だ更新されていない
どういうことだ

493 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 22:36:55 ID:EufVSTm3
>>486

直訳じゃないとオモ(わかってて書いたんならごめん)

494 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 22:55:43 ID:x1SUNrRf
>>468
>「ゲド戦記歌集」ってもしかして結構良かったりするのかな。
いい
谷山浩子が神なのがわかる



495 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 23:05:47 ID:ADYL/Cbv
「テルーのうた」が良いと評判ですね
曲としてはいいと思いますが、
実際のところ、映画の部品としてはアレで良かったのか?

テルーは鷹のことを歌いますが、
実はテルーは竜なわけですから、
鷹が寂しいだろう・・・とか違うんじゃないかと

あれが竜の感性とは思えない
竜は孤独でもあんなに弱弱しく感傷的ではない

むしろ、ウジウジする子は食べちゃうぞーくらいのもんだろう

ゴローは、心オナニーと言いたかっただけじゃないかと

496 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 23:08:51 ID:+DkGt/sW
でも歌詞が……

497 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 23:09:42 ID:n6hIG1QX
>>495
> むしろ、ウジウジする子は食べちゃうぞーくらいのもんだろう

ガチャピンじゃねーかそれwww

498 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 23:11:09 ID:qxMtPsmy
驚きました。まさかあんな…
いえね、酷い映画だと思ったんですよ
冒頭の、舟で風伯が魔法を忘れたと言うシーンで誰も服が濡れていないんです
台詞は聞きずらいし…。父王の登場シーンで足元から撮すのは、王さまの
威厳というものを表現するには無難です。…陳腐ですがね
だけど母親が出てきた時にも足元からいったときは、もうアホかと…
「こりゃ、ダメかな…?」と思ったら、なんか横でア行の変な声がするんですよ
ええ…。見たら、中年ねアベックがアレの真っ最中でね
ビックリして館内を見回してみたら、まばらな観客たちがみんなSEX
してるんです、SEX
Yahoo!の評価で「良かった」ってあるのは、そういう意味何でしょうねえ、きっと
(34歳・会社員)

499 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 23:14:04 ID:H7SgcAVi
みんなアニメ好きだからわかるんじゃない?>>482

500 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 23:14:59 ID:XO1rF7zc
>>445
これあれだろ?芸術振興だから、あくまで美術館館長としての受賞ね。
あー、時期が時期だけに勘違いしそうorz

501 :500:2006/09/13(水) 23:19:29 ID:XO1rF7zc
・・・よく見てなかった。
一昨年のな。
よかった

502 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 23:39:17 ID:Rfu33N2E
>>495
あれは、一番が孤独な男、二番が孤独な女を歌った歌でしょ。
竜はあまり関係なさそう。


503 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 23:59:26 ID:h6yELBLe
また館長やるのかな

504 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 00:12:12 ID:Aq2g+Q4b
30年前の駿に吾朗ゲド見せたらどういう反応しただろうなあ

505 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 00:12:25 ID:ZcJFbmje
アナ「こんどの作品は過激なシーンが多いと聞きましたが、実体験を元に取り入れた
   のですか?」
56「いえ、僕が童貞だからどう作ればいいかわからないと言ったら鈴木が」

506 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 00:12:33 ID:EViLyv1w
白血病の私が生きる力をもらいました。
【ネタばれ】 投稿者:godo06922000さん 投稿日時:2006/09/11 23:52:06
◇136人中9人から「このレビューが役に立った」という評価を得ています。◇

白血病の一種で余命幾ばくと宣告された私が町をさまよい 
ふと立ち寄った映画館でこの映画を見 
不死なものなど無い、死ぬことを恐れるな、今の命を輝かせて生きよと言うメッセージをこの映画から受けました。          
国を捨て父殺しの少年アランと大賢人ゲドの旅。
世界を混乱に陥れているもの達との戦い。
宮崎吾朗監督は独自の映像美を作り上げている。
空の青、海の青、草原の緑、群青の夜空に輝く星の輝き、色彩感覚がすばらしく1つ1つの画面が絵のように流れていく。
自然の雄大さと不思議な悲しさを巧みに表現している。               
心を何にたとうべき1人・・・さみしさを。 
発症から10年余り、1人病気と闘い続けてきた我が身と重なってきて涙が溢れてくる。 
心に決意を抱き・・・生きたいと思いました。
映画館を出て見上げたビルの谷間、夜の闇に満月が美しく輝いていました。


507 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 00:20:51 ID:Aq2g+Q4b
>>505
すでに娘が居たはず・・・マジレススマソ

>>503
すでに二代目が就任しているし、どうなることやら

508 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 00:21:47 ID:CLX3yRJM
>>502
そりゃ、そうなんだけど、
だからこそ本来竜であるテルーが、
あの孤独に震えているような内容の曲をフルコーラス歌うほど
マイフェーバリットソングにしている意味が分からない

アレンがあの歌を歌っていて、それを聞いたテルーが
「何ウジウジしとんじゃ、へたれが!お前は森田童子か!?
あたしゃ強姦されたって、泣き言なんか言わねぇんじゃボケ!
誰も分かってくれない?氏ねや!そこから飛び降りろや!」
ってひとくされ説教たれてから、
「命は繋がっているーらららー、一人だけど一人じゃないぃぃ
地に足をつけて、しっかり生きようー!父さんがくれたこのまなざしー」と
返歌として、替え歌を歌うならとてもよく分かる納得する腑に落ちる

509 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 00:27:36 ID:zcpRe2NB
>本来竜であるテルー


テルーは元々人間ですってば。

510 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 00:31:48 ID:nKEySajz
502
そう聞くと、凄くやらしく聞こえるんだが

511 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 00:35:03 ID:CLX3yRJM
>>509

ああ、そうかw
失敬!!

でも、ゲドがテルーを見て「まさかな」って言ったのは、
テルーが竜の化身だからじゃなくて?

あれ?分からん
竜になる素養をもった人間か?という意味で、まさかな?
あれ?もう何が何だか分からんー?
おれはディスコミュニケーション?いや?まさかな?


512 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 00:38:18 ID:nKEySajz
つうかゲドのあの台詞、他に取りようがあるのか?

513 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 00:44:36 ID:vkqKtXDm
ゲド戦記のセリフはあまり深く考えない方が……

514 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 00:49:07 ID:z7X1qGUY
ゴローは美術館館長の頃の部下だった若い美術館館員をアレンにモデルにしたとほざいているが、
その無名の若い美術館員とやらにゲド戦記監督やらせたら良かったと心底思う。
宮崎駿の息子という肩書きだけで館長の職にありついておきながら、ダラダラと愚痴をこぼすバカより
本人がインタビューで見下してる若い美術館員の方が、よっぽど人生を楽しんでるだろう。
ゴローの人生はつまらない、まるで予定が決まってるパックツアーだ。
監督日誌やゲド戦記を観れば39歳まで何をしてきたか良く分かる。

まあ、上司が部下を見下す時点で終わってるけど…。
世界中の酷評を聞いて逆に見下される事がどんなに辛いか思い知ればいいけど、
現時点でのコメント読んでる限りでは更正はまだまだ先のようですね。


515 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 00:50:17 ID:Z9wHwM3v

思うんだけど、、、お金もったいないよな。

ゲドに使うカネがあれば、途上国とかにワクチン配るとか、学校作るとか色んなことできたよ。



516 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 00:51:34 ID:PkaTtC1b
>>471>>475
そうか、わかった!
吾郎監督の2作目は 「魔笛」 にすれば良い!
もともと滅茶苦茶な台本だから、どんなに改変しても
あれ以上は酷くならないし。
アニメファンからは総スカンだろうが、
オペラファンはきっと見に来る、怖いもの見たさで。

517 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 01:13:34 ID:d8Iv+aIo
>>506
この白血病患者は重病に陥ってからカルト宗教の甘い言葉にいいように操られる典型。

>発症から10年余り、1人病気と闘い続けてきた我が身と重なってきて涙が溢れてくる。

発症した自分を金銭面、精神面で支えてくれたであろう親族、友人、医師等に一言の感謝もなく
自分一人だけで頑張って生きてきた、と思い込んでるが虚しい。
結局ただの自己中を晒してるだけ、それにそんなに感動したのなら原作読めよ。

最初の一行が三文小説みたいな表現で気持ち悪いのも納得。


518 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 01:14:05 ID:vkqKtXDm
今時の若者をわかってると思ってる奴がいちばんわかっていないのはもはや常識

519 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 01:22:13 ID:QXkNCOtH
>>506 の人は原作を読んだ方がもっと感動できると思う

520 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 01:25:45 ID:ZcJFbmje
俺胃癌なんだけど、ゲド戦記見たら手術する勇気でてきたよ…

521 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 01:34:24 ID:WuYue1HU
リベンジ(復讐)したいのは原作者ファンだろうよ。
ベネチア行ってから、ゴローは本当に無神経な発言を連発するなあ。
こういう所は親父や鈴木に影響されたんだろうか。

無神経な上に自分の感性が繊細だと思ってるらしい所が輪をかけて最悪。
リベンジしたいとか、美術館に戻りたいとか妄言もほどほどしたほうがいい、
ハローワークで39歳無職が何処に就職できるのか、現実見てきたら人生観変わるかもヨ。

522 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 01:55:27 ID:n4vMpkvo
でも、本当、あの映画のセリフ言いこと言っているんだよ。
ただ、問題なのはセリフと場面があまり合っていないことだね。

絵は絵で楽しんで、セリフはセリフとして楽しめばいいのではないかと。

523 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 01:58:04 ID:G0c3jY1o
>>522
目をつぶって鑑賞すると寝てしまいそうです…。

524 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 02:00:10 ID:vkqKtXDm
逆にセリフでテーマ語りすぎて退屈だった

525 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 02:00:18 ID:DpEz7M0x
その感動的な台詞は全て借り物、絵コンテも父親の借り物。
ゴローの体験は一つも込められていない。
それを楽しめ、と言われても酷な事を要求しますなあ。

526 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 02:01:15 ID:quKnuiqN
>>522
そりゃあね
どっかで聞いたり見たりしたことをパクってつなげただけなんだから違和感はある
あれはゴローの人生経験から出てるセリフではない

527 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 02:24:50 ID:ZcJFbmje
ゴローは素人の自分が映画監督することによってハヤオに恥をかかせて
今までの人生の復讐してるだけなんだよな。

528 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 02:25:08 ID:n4vMpkvo
>>524
セリフでテーマを語りすぎと批判される一方で、この世界の設定が説明不足だとか、
言われる。難しいね。

529 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 02:35:49 ID:n19/SR+A
映像で表現しろよ、映画なんだから

530 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 02:39:01 ID:Ax8p4sEV
>>528
言うべき事を言わず、言わなくていい事をクドクド言うからな

あ、ゴローちゃんそのものだw

531 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 02:42:38 ID:ND14hFLk
もう何だよそれって台詞の連続で
これいい台詞だなぁって思えるものが皆無
そういう映画も珍しいかも

532 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 02:43:44 ID:n4vMpkvo
>>529
君は、死ぬことを怖がっているのじゃない。生きることを怖がっているだ。
命をただ永らえることに固執しても意味はない。命は限りあるからこそ輝く。
命とはいかに、次の命につないでいくか、だ。そのために命はある。

こんなセリフだったかな?忘れてきたが、これを映像で表現するのは、
難しそうだ。

533 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 02:45:05 ID:vZnj8eEi
素人声優が下手だと聞いてはいたが
まさかあそこまでヘタクソだったとは・・・。
「ヘポイ」っていう
小学生を主役に抜擢して超棒読みだったアニメ思い出した。

534 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 02:50:36 ID:ryNOujhv
ニート中年を監督に抜擢した超駄作アニメだからねぇw

535 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 02:57:49 ID:Li5BlxJ/
世界設定なんていくらでも映像で表現できるだろ

>>532
うすっぺらいセリフだな。
わざわざ鬼の首をとったかのごとく声だかに説教するようなことでもないだろ。
そのセリフを際立たせたいなら映像なり演出なりストーリー展開などで
説得力を持たせなきゃ論外。

536 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 03:00:06 ID:vkqKtXDm
>>528
ただテーマをキャラクターに語らせておいて、
話や設定自体は置いてきぼりだと思います。
ラピュタで例えるとパズーの冒険の進行や、
飛行石とラピュタの設定は伝わって来ないのに
終始「土から離れては生きられないのよ!」とキャラクターが喋ってる感じです。

537 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 03:07:29 ID:oiOlbj3E
>>517
体は健康だけど頭がやばい
ジブリ信者(or工作員)と皆思ってるからあんなに
「参考になりませんでした」が付いてるんだろ。
どっちにしろ不謹慎な話だな。

538 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 03:11:37 ID:0giVQjKd
>>537
あれは工作員じゃないだろ、ただの基地外。

539 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 03:15:37 ID:Li5BlxJ/
つーか「次の命につなぐために命がある」って、随分片寄った考え方だよな。
こどもを生まないやつはカスってことか。
個人個人の生そのものには意味がないってか。
ゴローがいかにものを考えないかが良く分かる。
宗教の教義かなんかを無批判に垂れながしてるだけ。

540 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 03:16:11 ID:BN/j0ySC
イノチを大切にする奴なんてだいっキライだっ

541 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 03:30:51 ID:ZcJFbmje
君は監督になりたがってるんじゃない。ただ他人を見下したいんだ

542 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 03:37:52 ID:G0c3jY1o
>>539
そう考えないと56みたいなニートが子供作る理由が無くなるからな。

543 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 03:43:19 ID:BN/j0ySC
子供産まない奴なんてカスですよ

544 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 03:52:01 ID:pCcBZgoy
ジブリというネームバリューを利用して、
当たり前の事を説教臭く語るだけの映画。
それがゲド戦記。
子供達に対して大人が当たり前の事を当たり前に教えられてないから、
映画を通じてメッセージを送りたかったのかもしれんが、
それはまずは映画としての完成度ありきでの話。
観客は"見応えのある"映画を見る為に金と時間を使っている訳で、
説教物語を見る為に来ている訳ではない。
伝えたい事を映画に含ませてメッセージ性を強くアピールするのは構わないが、
それを"映画としての演出"で表現する努力をせずに、
キャラクターの長いセリフで済ますのは映画の演出としては論外。
ゲドのアレンに対する接し方や語り(説教含む)というシーン(演出)から、
大人にも子供達との接し方を見直して欲しいという意図があり、
それ故敢えてゲドに映画の主題を長々と語らせたのかもしれないが、
映画の演出としても駄目な表現方法だし、
メッセージを観客に強く印象付けたいとしても、そういう手法(演出)は心理学的にも効果的とはとても言えない。
そう言った面からも、本作は反省点が満載の駄作と言われても仕方のない映画と言える。

545 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 03:53:20 ID:pCcBZgoy
>>543
じゃあ男(オス)は全部カスだな(笑)

546 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 03:57:35 ID:BN/j0ySC
>>545
狭く浅く貧しくみにくい考え方ですね。
涙が出てきました。

547 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 04:08:14 ID:oiOlbj3E
>>546
>イノチを大切にする奴なんてだいっキライだっ
>子供産まない奴なんてカスですよ

狭く浅く貧しく醜い考え方ですね。
涙が出てきました。

548 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 04:12:38 ID:XqngdtJH
吾郎、生まれや置かれた環境が特別なことは確かだから、
「俺はみんなとは違うんだ、誰にも理解なんてできない」
とか思ってそうだな、ポジティブにもネガティブにも

549 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 04:16:57 ID:G0c3jY1o
540 名前: 名無シネマ@上映中 Mail: 投稿日: 2006/09/14(木) 03:16:11 ID: BN/j0ySC
イノチを大切にする奴なんてだいっキライだっ

543 名前: 名無シネマ@上映中 Mail: 投稿日: 2006/09/14(木) 03:43:19 ID: BN/j0ySC
子供産まない奴なんてカスですよ

546 名前: 名無シネマ@上映中 Mail: 投稿日: 2006/09/14(木) 03:57:35 ID: BN/j0ySC
>>545
狭く浅く貧しくみにくい考え方ですね。
涙が出てきました。


…この心を何にたとえよう…

550 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 04:20:37 ID:oiOlbj3E
>>548
そこまでひん曲がるもんなのかねー・・・
知り合いに某歴史的有名人の末裔がいるけど普通に良い感じの人だったよ。
吾郎なんかよりよっぽど面倒なしがらみ持ちなのに。
あそこまで卑屈な性格になれるのは吾郎だからこそだと思う。

551 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 04:34:07 ID:vkqKtXDm
>>550
歴史的に大物でももうとうの昔に亡くなったから、今の自分にはもう関わることのない人物だけど、
56の場合は親が有名人だから、重みや影響が違うんじゃなかろうか。

552 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 04:36:28 ID:vkqKtXDm
ジブリ作品がそういう役目を負わせられがちなのがちょっとね………

553 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 04:39:34 ID:vkqKtXDm
>>544
ジブリ作品がそういう役目を負わせられがちなのがちょっとね………

554 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 04:44:53 ID:oiOlbj3E
>>551
あのテの物って現在進行形で名前引き継ぐの大変らしい。
ちょっとした財閥並みに親戚が裁判吹っ掛けてきたり。
本家長男でもあるみたいだしなー。

多分56は宮崎駿の息子だからと言ってもさほどちやほやされてないと思うよ。
初対面の時「へー」って感じで以降、よっぽどミーハーな奴以外はわざわざ話題に出さん。
「宮崎」なんて姓の持ち主なんて幾らでもいるし気付かれることすらないかも。自分から言わない限り。
56がコンプレックス感じるとしたら、むしろあまりにも普通過ぎる事に嫌気が差したんだと思う。

ちとスレの流れから脱線させちったな。

555 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 05:03:08 ID:BN/j0ySC
ゴロウは神。

556 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 05:07:37 ID:NzInx28y
>>443
おおお・・・アレンジがつぼ

557 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 05:51:03 ID:D2vopBbK
ゲドのテーマ性のレベル自体は今までのジブリ作品と比べてたいして変わらない

もののけだってけっこう安っぽい自然礼賛文明批判だったり

千尋だって教育童話レベルの労働礼賛自立推奨だったり

映像の演出が悪いとこうも醜悪なものになってしまうんだな

558 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 06:18:11 ID:jhSfbdb8
テーマに対してどのように演出・表現するかが問題だからな、映画って。
テーマ自体は「いのちをだいじに」が何本あっても問題ない。

559 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 06:56:36 ID:HvUt3prv
最後、クモはなんでテルーを抱えてお城のてっぺんに上っていったの?
朝日が出てきて自滅しそうになってたんですけど。
テルーも竜の姿になる必要などなく、ヤツは放っておけば死んだだろうに。

アレンを利用すると何で不死が得られるのか理由が分からなかったし、
その話も生死両界の扉を開ける話も全く触れられることなく
クライマックスを迎えてしまうので不満だらけ。

560 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 07:30:58 ID:2+emUMqz
>>499

栄えあるこちかめ初代主題歌だしね。
(あれは王様か。でも中の人同じだよね)

でも、女王様は直訳の面白みとか独自のパロディを見せてくれたけど
ゲドは本当に借り物だからなあ。

561 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 08:33:13 ID:GGSgTe0i
>>559
登った方がカッコいいと思ったから

562 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 08:45:02 ID:L0QYYstb
古き善き宮崎アニメのクライマックスは高いところと相場が決まってるから。

563 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 08:46:46 ID:Ll/suArK
物語や設定を原作から違う方向に変えるなら
変えるでそれはよくあることだからいいんだが、
せめて変えたとき独自に辻褄の合うまとめ方をしないと
独立した映像作品としてもわけのワカランものになるな。

わけがワカランなりに演出マジックで見せるようになる
最近のパヤオちゃんみたいな力量もないし
ゴローの作家としての方向性はどうなんだろ。
作家としての次があればの話だが。

564 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 08:47:45 ID:GGSgTe0i
作家?
素人が運良く作家の真似事させてもらっただけだろ

565 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 09:48:16 ID:vmzlXAEI
>>564
どっちかっていうと「運悪く」じゃないかな?
結果論から言えばw

566 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 09:50:12 ID:+iWz+2TU
528状態に陥るほど多くの設定をつめこむべきではないと思うけれど、
音も絵も使えるから映画なわけで、532はそのとおりだと思う。
演出に冗長な部分が目に付くのは事実だけど、
長いセリフがあること自体が悪いとは思わない。

567 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 09:56:14 ID:tLN23K2m
>>561
うわぁかっこええわあ(棒読みで)

568 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 10:18:09 ID:RDAwvMvy
この作品最悪(´Д`)
今までのジブリ作品程の絵の美しさもなかったし、人の表情の描き方が全然うまくない!
内容も、話とびすぎててつまらなかった。
よかったのは歌だけかな

569 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 10:27:58 ID:Hnai7BLd
ゴロー。漏れより英語ができないんだな。リベンジの意味もわからんとは、テラカワイソス。

570 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 10:34:41 ID:iG7ZO1ql
なんたって親父殿は、胸に英語が書いてあるTシャツ着た奴見ただけでも
ぶん殴りたくなるような反米・嫌米主義者だからな。
ゴローちゃんは子供の頃から敵国語禁止の教育がされて、カレーライスのことを
辛汁かけ飯と呼ばされていたぐらいだし無理もなかろう。


571 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 10:59:56 ID:GGSgTe0i
>>565
まあ本人もヤル気はなかったんだしそうかもしれんな
親父のケツ拭かされたんだし

572 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 11:24:57 ID:jeEXzQQF
ゴローのリベンジって再挑戦ってくらいの意味合いなんでしょ

573 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 11:29:32 ID:ZcJFbmje
数日後にyahooのトップにゴローがハヤオを殴るって記事が出たら面白い

574 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 11:39:34 ID:vkqKtXDm
>>557
わかってないね
パヤオを教育とエコロジーの人だと思ってるんだw

どうせ儲だろうけどね

575 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 11:42:47 ID:5TzXiRXh
>ゴローちゃんは子供の頃から敵国語禁止の教育がされて、カレーライスのことを
>辛汁かけ飯と呼ばされていたぐらいだし無理もなかろう。

これはマジなのか? ワロタ


576 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 11:43:13 ID:vkqKtXDm
>>566
ただの長いセリフじゃなくて
設定をセリフだけで長々語ってるってことなんだけどね。

577 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 11:53:45 ID:q8vXoR8r
>>560
スレチだが、王様と女王様の中の人って違うぞ。
女王様の方は元爆風スランプのパッパラー河合。

578 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 12:01:11 ID:a8QHayRY
ゴローのゲド戦記2、制作決定!

前作の冒頭でアタマがヘンになっちゃって親父殺しちゃった!というアレン王子ことゴローちゃん、
だが今作の冒頭も凄いぞ!鈴木Pと思われるキャラのクビをぶった切った後、それを高々と持ち上げ、返り血と夕日を
浴びながら狂ったように笑いまくるというシーンは圧巻の一言だ!
アレンことゴロー監督、彼の心中に何が起こったのか!
ゴロー監督に直撃インタビューしてみた!

ゴロー「そのほうが面白いからそうしたほうがいいよ、と鈴木さんに言われてナルホドと思ったんです。
   僕もこの方が言いと思いますね、よく分かんないけどインパクトあるじゃないですか(笑)
   この前、親父にこのプロット見せたら「素直な作りでいい」と褒められました。その後大喧嘩して口利いてませんけどね(笑)」

とりあえず今回も父親の絵コンテ見ながら鋭意製作中との事、果たして今作はどのシーンをパクってくるのか、
ファンならずともワクワクしてくるではないか!ゴロー監督の次回作に目が離せない!!


579 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 13:02:35 ID:Li5BlxJ/
>>557
・テーマを言葉で語らせる→ゴロー
・語りたいテーマがあって、それを映像で表現する
・映像表現(脳内イメージの映像化)が先にあって、ストーリーは後付け、
言葉で言い表せるようなテーマは意識しないで作る手法→ハヤオ

ハヤオの映画の場合、「テーマは〜だ」などとひとことで
表現することは本質を捉え損なってるだろ。

580 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 13:14:32 ID:98z+G4kJ
このスレ禿しく笑える。

581 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 13:21:29 ID:Li5BlxJ/
だいたい二時間程度の時間でテーマを言葉で語らせるのは無理がありすぎ。
哲学者の思想が評価されるのは、何百ページにもわたる論文で
思索を論理的・体系的に連ねているからであって、その結論部分だけで
評価されてるわけでは決してない。その結論に至る過程によって
説得力をもたせるのであって、単に「命は命をつなぐためにある」などと
いった結論だけ示されても、それは説得力皆無の電波な放言に過ぎない。
ゴローの場合がまさにこの例。ゴローはただ、ひとの心情に訴えかけやすい言葉(命って素晴らしい!)を羅列してるだけに過ぎない。

582 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 13:23:04 ID:jCg6b7hE
原作や元ネタから映画化した映画の評価

AAA(最高)
ハリーポッター      原作に忠実  映画としての面白さもある
ブラックホークダウン   原作に忠実    原作を凌駕する質で映像化
プライベートライアン   多少忠実ではない 映画としての質は高い  
ロード・オブ・ザ・リング 原作に忠実    クオリティも高い

AA
ナウシカ      忠実ではない   映画としての完成度は高い。
バイオハザード   忠実ではない   映画として成立している。
ジュラシックパーク 多少忠実ではない 原作者も制作に加わったこともありまとまっている。
ハウル       
ナルニア国物語   忠実


ロストワールド   忠実ではない  映画としても不完全
 
×
ファイナルファンタジー  忠実ではない  映画として成立していない
ゲド           忠実ではない  まるで素人の映画 
 
原作に忠実かどうかに関係なく映画の完成度が高ければ問題はない

583 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 15:12:08 ID:DwRDSZkH
>>582
素人の映画どころか、普通に文化祭の出し物レベルだろ
ファイナルファンタジーはまだ映像が綺麗だった

ゲドに到っては指6本と言う新古典的手法を駆使した前衛映画だぞ

584 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 15:19:27 ID:KAyN5Npv
>582
ブラックホークダウンとプライベートライアンはどうか知らんが
ハリポタと指輪は大筋はあってるけど色々設定変わってたような…

まぁゲドの駄目っぷりはそれらと比較にすらならんが(w

585 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 15:33:05 ID:XLW8txog
ttp://www.ghibli.jp/ged_02/20director/000256.html#more

          ____   
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\      
    /   ⌒(__人__)⌒ \   <予告編を見た感想は、私の口から言うのも変ですが、この映画、おもしろそう!
    |      |r┬-|    |   
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //   だっておwwwww
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /     バ
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バ   ン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、    ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



586 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 15:36:36 ID:XLW8txog
映画『ゲド戦記』の予告編がおおむね完成しました。
それを見た感想は、私の口から言うのも変ですが、

この映画、おもしろそう!

一緒に見たスタッフも口々に、「大作感がある」「せつない」
「歌が泣ける」と、絶賛でした。もちろん、本編と予告編は、
ある意味、別の作品であるということを踏まえたうえでのことですが。
それにしても、数少ないカットの中から
これほどの予告編をつくってしまう板垣さんには脱帽です。

あまりに感動的な予告編だったので、私もスタッフも、
一瞬、もう映画が完成したかのような錯覚に陥ってしまいました。

しかし、その錯覚からさめた後、
「自分たちのやっている方向は正しいんだ。よし、いける!」 
という気持ちにしてくれました。あるスタッフは、興奮気味に
「これは、『映画館に来てくれ!』という予告編だ」と言いました。
------------------------------------------------------------------

なんかゴローが可哀そうになってきた。
悪気はなかったんだよ、きっと。

587 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 15:41:23 ID:WHQZTOIG
予告編の出来は素晴らしかった。
まるでエロ漫画のカバー表紙のようだった。

588 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 15:44:31 ID:M3EvboWg
いやぁー経験がないから区別がつけられないのかも。

589 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 15:48:18 ID:lJEi0Rs2
>>587
俺は未だかつてこれほど的確な表現は見たことがない!
あんた天才だよ(`・ω・´)

590 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 17:15:53 ID:JJbg2wJZ
    ∧_∧ ァ,、   レビューボロクソ
 ,、'` ( ´∀`) ,、'`             
  '`  ( ⊃ ⊂)  '`  

591 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 17:29:37 ID:0lXaNznP
ハリーポッターが最高って。
原作に忠実であの程度なら原作も相当ガキ向けだな。

592 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 17:29:58 ID:c6gp+1ra
予告編ですら、心が動かなかった…

593 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 17:41:47 ID:YP3/b+vL
>>591
あれは原作をだいぶ端折っていて、あまり忠実とは言えないが、
児童文学がガキ向けでなかったら何だというんだ

594 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 17:47:57 ID:nKEySajz
エロ漫画って表紙買いして失敗すると、持つ手が震えるよね

595 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 17:50:35 ID:0YU7wYlS
原作に忠実でなくてもいいけど、いろいろ端折って
余計なもの付け足してできた映画があれなわけで・・・
とても子供向けのアニメなんかじゃないよね。
子供の目に触れないような場所に一刻も早く
片付けてくれないとね。

596 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 17:50:59 ID:rJ5u/7qW
>>594
再録本とかうっかり買ってしまうと床に叩きつけたくなるよな
漫画専門書店とかだと新刊は試し読み用が置いてあること
多いんでそういう失敗も少ないが

597 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 18:04:35 ID:nKEySajz
気合十分でティッシュ持って下半身露出して、いざ使えないと
床に投げたくなる

ゲドもそんな感じ

598 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 18:13:27 ID:CJ1iTZn/
ゲドが使えなくても、テナーが教えてくれる。

599 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 18:59:59 ID:HFJAhtHW
>>582
指輪が原作に忠実だぁ?アフォかてめぇ、読んでないのがバレバレだ。
あの映画で良かったのは旅の仲間だけだよ。
王の帰還はまぁまぁ程度。一番期待したペレンノールにはがっかりだ。
最悪なのは二つの塔。原作のクライマックスがカットってアフォかと。

600 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 19:42:44 ID:GGSgTe0i
>>591
ハリーポッターはガキ向けの話だよw

私的なランキングにどうこう言っても不毛なだけだ
何を言ってもゲドがクソって事に一ミリの変更も無いじゃないか

601 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 19:59:31 ID:8WzQzmHv
あんまり暇だったからまた見てきた。
何度見てもつまらん映画だな。

それより客層のほうが面白い。
家族連れはいなくて、
普段アニメを見そうも無いおじさん、おばさんが一人で来てるとか。
若い女同士ってのも3組くらいいたな。


602 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 20:13:33 ID:rJ5u/7qW
>>599
指輪は原作の改変はあまりない、尺の都合でカットされてるだけ
カットが不満なら、DVDを見ればほとんど完全版だぞ

603 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 20:34:17 ID:GGSgTe0i
>>602
旅の仲間に出てくるチビのオッサン
エントのところで身長が伸びまくったメリー・ピピン
シャイアの環境破壊

特にチビのオッサン(名前失念)に関しては原作フリークから苦情があった程なのに

604 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 20:41:42 ID:CLX3yRJM
>>599
リブ平の扱いが一番嫌だった
王の帰還のラストのホビット庄の合戦がないのは、残念だったな
あれがあるのとないのとでは、全然作品への印象が変わるのだがなぁ

>>601
ジブリにあんまりお布施するなよw


605 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 20:50:00 ID:et6M58zv
>>414
すばらしい燃料投下っぷりにワロタ


息子じゃなくたって、ジブリで作ればパヤオと比較されるし
有名原作使ってあれだけ出来が悪ければ、どこで誰が作ろうが
批判も当たり前だろ

人生修行やり直せ!

606 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 20:50:42 ID:7VpVGCvx
>>604
まあまあ。これを見てくれ。

「ゲド戦記」〜9/3(日)の37日間
525万239人 65億7194万375円 435scr.
9/2(土)〜3(日)の2日
(推定)約14万9000人〜15万人 1億9986万1136円

「ゲド戦記」〜9/10(日)の44日間
547万1204人 68億5891万5575円
9/9〜9/10(日)の2日間
11万4281人 1億5209万6600円 315scr

ざっとだけどもう週に22万人2億9千万円しか確保できない映画なんだよ。
しかも更に減少しそうだな。

607 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 20:55:08 ID:yA5C7Gov
>>414
9月12日って。
日本勢のベネチア無冠がとっくに決定してから、その記事?

読売だいじょうぶか。

608 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 21:17:02 ID:Li5BlxJ/
公開前の大方の予想は、どんなに映画の出来が悪くても興業収入100億突破確実、
映画の出来次第では200億すらありうるって空気だったけど、結果は80億届くかどうか。

これって映画が予想を遥かに上回る糞っぷりっだったってことの証明だよね。

あれだけ広告うって、何百ものスクリーンで上映して、ゲド戦記という
ネームブランドがあって、ハヤオの息子という話題性があったのにも関わらず、
80億足らずって実はかなりヤバい数字だよね。

609 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 21:25:20 ID:nKEySajz
しかし、それは当たり前だろう
公開一ヶ月で初日と同じ入りの訳がない
アレが60億稼いだのは純全たる事実だ
俺は押井信者だが、60億の興収はイヌ作品には望めない
そこは悔しいが認めなくてはならん
しかしなあ…、あの出来で何であんだけ入るのか?
パヤオも好きで、カリ城は劇場で観たし、ジブリもアンダルシア以外は
全部観に行ってる。56のゲドは…、何か汚いモノを見せられたかんじで
二重にショックだった。せめてお金を取れるレベルはクリアしてると思ったからな

610 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 21:25:40 ID:CLX3yRJM
>>606
なるほど

週に3億ってのは、普通の邦画と比べると凄いんだけどね
ただ、スクリーン数を考慮に入れると、ちょっと寒いかな
今週くらいから、上映館の縮小が加速しそうだね

>>605
鱸Pが
駿とゴローの親子対決です!
これは絶対面白い!ぜひ見てください!!
なんて言って宣伝して、
むしろ比較することを観客に求めたんだから、
そりゃ対決で負けた方は色々言われて当然だよなぁ


611 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 21:28:40 ID:yymFYumt
地元では既にX麺3と入れ替えられた。>ゲド
公開一ヶ月で見限っているところが多そうだね。
もっと少なくなればいいのに。

612 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 21:33:35 ID:7VpVGCvx
>>610
それなのにこれから上映する館が5ヶ所あるんだよ・・・。先週平日1日1scr当たり70人
なんて水準に落ち込んでいるのに・・・。
まあ、その館に引き継いだら自館は別の作品へという流れも出るだろうけどね。

613 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 21:36:45 ID:86SWXofM
>>603
適当な事言うな
トム・ボンバディルに関しては、原作ファンの間でも「もしカットするなら
あそこしかないからしょうがない」って意見だったぞ

614 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 21:39:14 ID:J4dqa7PN
>>608
いや、出来も興行も完全に予想の範囲内。ジブリは宮崎駿のワガママでカネに
ならない短編映画ばっかり作ってきて、「ゲド」製作中も有力スタッフはそっち
に廻っていた。監督が素人で優秀なスタッフが抜けているなら駄作になって当然。
内容的には予想以上にダメで興行は予想以上の成功と考えていいと思う。



615 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 21:39:26 ID:7VpVGCvx
612です。
>>611
そうですか!漸くですか。情報ありがとう!上映館の一覧をもう一度数えてみるよ。

616 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 21:39:28 ID:kJm3dOj+
指環は、旅の仲間以外の登場人物が
引き立て役にするためなのか
小者化というか、女々しくされてて腹が立った

617 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 21:40:14 ID:nKEySajz
たが、これから世界50ヶ国で公開だ

それなのに56は早々と「リベンジ」宣言
アイツは頭おかしいぞ

618 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 21:47:43 ID:Aq2g+Q4b
>>609
映画は見る前に金払う興行なのだから
出来そのものよりも有名か否かのほうが重要
内容を元に見るかどうかを判断できないのだから

そのうち口コミだので評価も出回るだろうけど
スタートダッシュで出遅れれば口コミすら見込めず、打ち切りにもなりかねない

619 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 22:08:31 ID:/DRy+D3Z
「聞きなさい組長。この世に永遠に生き続けるものなどありはしないのだ。
自分がいつか 死ぬ事を知っていると言う事は、我々が天から授かった
素晴らしいおくりものなのだよ。わりゃー死ねやー!!」パン!パンパン!

620 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 22:08:47 ID:nKEySajz
それは分かっているよ
分かっているけど、○通と博○堂が映画のヒットを決めるようで、
嫌なんだよなあ
この世界はそうして出来ていると知ってはいるが、認めたくない
映画は映画自身の力で当たって欲しいと思う

621 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 22:20:39 ID:yymFYumt
「そうだ、わしらは均衡というものを考えなくてはならん。それが破れると、
人は他のいろいろなことを考え出す。真っ先に考え出すのは迅速さだ」
(ゲド戦記「さいはての島へ」)

いろいろなこと=Pと○通、博○堂の手法 迅速さ=作画期間が従来の半分

622 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 22:42:21 ID:Qqus7UgO
読売グループは12月までがんばるらしいぞ!

「ゲド戦記展」開催概要
<エキスポランド>
会場:エキスポランド 催しホール(大阪府)
主催:「ゲド戦記」製作委員会、読売新聞大阪本社、読売テレビ、
報知新聞社、エキスポランド
会期:平成18年10月6日(金)〜12月17日(日)
   午前10時〜午後4時30分
入館料:1人1回(3才以上)500円(税込み、エキスポランド入園料別)
問合せ先:06-6877-0560(エキスポランド)

<内容>
映画「ゲド戦記」の公開を記念して開催する展示型イベントです。
会場内には劇中最も象徴的なキャラクターである巨大な“竜”が出現。
映画の制作資料や、世界観を表現した立体物の展示を行い、「ゲド戦記」
の世界に浸っていただきます。
物販コーナーも充実。是非、いらして下さい。

http://www.expoland.co.jp/event/event.html#gedo

623 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 22:56:26 ID:G0G5a+cI
イターイwww

624 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 23:03:11 ID:7VpVGCvx
>>622
絶句。こんな頭の悪そうな企画がどうして出てくるのか。
読売グループって一旦決定したら駄目な状況でも実行するほど頭が固いのか?
針路変更の余地は無いのですかね?

しかし電通・博報堂・読売グループと、全てにおいて鑑定や批評の出来る奴がいないのか?
駄作と心中するつもりですか?

625 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 23:10:12 ID:Aq2g+Q4b
そういえば、こういう笑い話を聞いたことがある

良いものは売れて当然
ゴミ同然のものを売ってこそ宣伝マンの醍醐味だと

626 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 23:15:02 ID:7VpVGCvx
>>625
じゃゴミを売りつけられた客は当然の報復をするぞ!
出入り禁止だの損害賠償だの・・・。

熱くなってしまったわい。しかしこの作品については頭にくるな〜。

627 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 23:21:41 ID:GGSgTe0i
>>625
この一件と照らし合わせて、物凄く納得した


628 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 23:24:32 ID:D2vopBbK
ジブリの名がないものでやればいい

ブランドがあるものが売れて当然

629 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 23:27:02 ID:ZG7lSlsE
>>625
どっちにしろ宣伝マン含めて失敗したわけだ

630 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 23:36:16 ID:GGSgTe0i
邦画で80億って失敗なのか?
普通のアニメ映画だって80億はいかんだろ

631 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 23:37:05 ID:vkqKtXDm
話題作り優先って感じだな
漫画がドンドン映画やドラマになるのもただのオリジナル脚本じゃ金出してもらえないからだし。

632 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 23:39:23 ID:vkqKtXDm
そういえばジブリ美術館のガイドブックの中に
美術館に携わった人達の名前が載ってるページがあるんだけど、
小物作りやカフェのメニュー作りした人まで細かく載ってるのに



56の名前無いぞ

633 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 23:42:10 ID:GGSgTe0i
どこからも黒歴史扱いかよwww

634 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 23:43:45 ID:Aq2g+Q4b
>>630
和製アニメなら、ポケモンで40億くらいか。

635 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 23:49:43 ID:et6M58zv
TVアニメの劇場版は低予算で毎年作ってるからなー

ジブリの商業映画は2〜3年に一本、しかも自前の社員を大量に抱えてるから
派手にあてないときびしい


636 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 23:51:44 ID:GGSgTe0i
どうみてもそんなに金掛けてない、素人の習作に80億も
値が付けられたら正直鱸は笑いが止まらんと思うのだが

で、次回作は駿だろ?
「ゲドがクソだったのは監督が駿じゃなかったから」と皆観に行くだろ?
結局ジブリの看板には微塵も泥は付かんのじゃないか?

637 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 23:54:56 ID:ov3Qzc46
>>636
今回の件ではハヤオにも幻滅したからな。
他人がどうするかは知らないが、自分は劇場には行かない。

638 :名無シネマ@上映中:2006/09/14(木) 23:57:42 ID:GGSgTe0i
>>635
関連商品等の売り上げはどうなんだ?
子飼いの社員が居ると言っても、韓国委託してるしな・・・

639 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:03:07 ID:whjm2xFi
うちの娘は「ハウルがつまらなかったからゲドも見に行かない」と言ってた。次の駿も
見に行かないだろう。
我が子ながら賢い奴だ。


640 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:10:52 ID:DKIhXXq6
スタジオジブリ最新作の上にぱっと見はパヤオ風味な異世界ファンタジー作品なんだから
そりゃ普通の客は入るわな

641 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:16:24 ID:OOboaAUr
>>639
それは見習わないとね。おいらはその逆でハウルを劇場で見なかったこと
後悔したもんだから、ゲド見にいちゃったんだな。

642 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:29:35 ID:eb2gnXpc
この映画のテーマは生きるとは、どうゆうことか?その答えは命を繋ぐこと。
安っぽい答えと思われるかもしれないが、人生を長く生きてくると、
段々と実感がこもってくる。

この映画では、納得させるように、いいセリフが生かされていないが、
心にこのセリフを受け止める準備ができているものには、良い映画だ。

命をつなぐとは、必ずしも結婚して子育てをするばかりではなくて、
養子でもいいし、会社において後輩を育てるでもいい。自分の
よい影響が、後代の社会に伝わればいいのだ。

まさに生命の本質を言い当てた映画だと思う。

643 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:33:01 ID:rMDLHsgV
>>641
今度はいったい何のコピペ改変なんだよ?

644 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:40:02 ID:oT94LgCa
原作ファン的には色々文句もあるけど
随所に見られるこだわりすごす>PJ版指輪

56は論外

645 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:42:58 ID:DKIhXXq6
>>642
あえて釣られてみるけど、生命の本質って何?

646 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:45:17 ID:jH5ohsMh
>>642みたいなこといつも考えて映画観てたら、日本一億総基地外病院行きになるな・・・

647 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:45:32 ID:5yZxuVqZ
そうだな指輪映画版は監督やスタッフのやる気というか
作品への愛情があふれ出てたから設定の変更も許せた。むしろ好きだ

だがゲドには・・・愛がヒトカケラもねぇよな

648 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:46:45 ID:CM+hgqeL
>>642
私はゲド戦記擁護派だけど、それは違うと思うな。
少なくともアレンが元気になった理由はそれを悟ったからではないはず。
あの年で「生きるとは命を繋ぐこと」なんて言ってるようじゃ情けないし。

649 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:48:19 ID:DKIhXXq6
>>642みたいな感想って雑誌とかでよくありがちだけど、結局映画は誉めてないよね。
テーマに対しての感想だよこれ。

650 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:49:01 ID:eb2gnXpc
>>645
命を繋ぐことです

651 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:50:44 ID:ZCDuBf5b
           _/ノ.. /、  
           /  <   }
      ry、     {k_ _/`;,  ノノ パンパン 命を繋ごう!
    / / }      ;'     `i、 
   _/ノ../、   _/ 入/ /   `ヽ, ノノ
  / r;ァ  }''i" ̄.   ̄r'_ノ"'ヽ.i   ) ―☆
 {k_ _/,,.'  ;.  :.      l、  ノ  
    \ `  、  ,i.    .:, :, ' / / \
     ,;ゝr;,;_二∠r;,_ェ=-ー'" r,_,/   ☆


652 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:50:46 ID:eb2gnXpc
>>648
あの年で、命を繋ぐことなんて言っているようじゃ情けないとは?
私が思うのは、子供を持ってみるまでは、なかなか、その意味がわからないと思いますよ。

653 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:53:53 ID:rMDLHsgV
あ、あれ?真性だったんだ・・・
ネタかと思ってた

654 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:54:12 ID:eb2gnXpc
>>646
私、思ったんだけどね。映画の内容だけに限定されて考えるとすると、
それって受動的じゃない。単なる消費でしかないということにならない?

映画を見るって、映画をヒントにして、半分は自分で創造する、何か
考え出すところに、生産的な意味があるのじゃないかなと思うよ。

だから、自分の過去に体験したいろいろなことと、この映画をもとに
いろんなことを考える、それが価値じゃないかな。

655 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:55:30 ID:eb2gnXpc
>>651
茶化されてもいい。私はまじめです。

656 :ゲドのテーマ:2006/09/15(金) 00:55:32 ID:ZCDuBf5b
           _/ノ.. /、  
           /  <   }
      ry、     {k_ _/`;,  ノノ パンパン 命を繋ごう!
    / / }      ;'     `i、 
   _/ノ../、   _/ 入/ /   `ヽ, ノノ
  / r;ァ  }''i" ̄.   ̄r'_ノ"'ヽ.i   ) ―☆
 {k_ _/,,.'  ;.  :.      l、  ノ  
    \ `  、  ,i.    .:, :, ' / / \
     ,;ゝr;,;_二∠r;,_ェ=-ー'" r,_,/   ☆

657 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:55:53 ID:DKIhXXq6
>>648
そもそもアレンの年でそういう実感は持てない。
言われたことは理解できても。

前レスにあるけど、
本人が実感するには納得できるくらいの出来事がないと頭だけじゃ無理。
パヤオの作品にはそういう要素があったが、ゲドにはそういう要素も抜けてた。


理解できても納得できないって種のセリフにあったような。

658 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:56:12 ID:CM+hgqeL
>>652
???
「あの年」というのはアレンの年で、ということですが、何か変でしょうか。

659 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:56:47 ID:UsCdqrxv
口だけなら映画にする必要…というかストーリーにする必要ないね

660 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:57:26 ID:rMDLHsgV
ちょ、ちょっと待ってくれ!
本編の何処から「命を繋ぐこと」なんてテーマが読み取れるんだ?
農作業のシーン?

661 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:58:49 ID:FlPhwqye
あら、ID:eb2gnXpc みたいのは、久々だな

662 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 00:59:11 ID:NOxY+eEj
馬糞でも俳句のネタにする人だっていたくらいだからな
本人がそれでいいと思うのならそれでいい

663 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:00:27 ID:DKIhXXq6
>>652って女?
別板で散々言われてるけど、
が子供産んだだけで選民意識持つ痛々しいチュプいるよね。
「子供のいない椰子にはわからん」と

664 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:01:30 ID:9w7iP+xP
>>654
アル中のたわ言に真実を見出したり、
路傍の石ころに美を見出したりして悦にいる人なんでしょ。
孤高のカウンセラーか宗教家を目指しなさいよ。
勝手にすれば。

665 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:01:43 ID:rMDLHsgV
いや、多分ID:eb2gnXpc は単なる釣りだと思うが・・・
でないと>>642の映画評があまりに的外れだよ

666 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:03:02 ID:eb2gnXpc
>>658
どうして情けないのか?その理由がわかりません。

667 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:04:10 ID:2ZwoViyK
ゲド戦記観て生産的な反応が、この罵倒の嵐なんじゃない?
この映画を観るとジブリの腐敗とかゴローの無神経さとか鈴木の狡猾さとか
いろんなことをしみじみと考えさせられる。
映画のテーマの命がどーたらとかは印象に残らないから誰も本気で議論してないし、
まあ、ぶっちゃけ過去の遺産のつぎはぎ映画だし内容は既にどーでもいいレベル。

668 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:05:43 ID:DKIhXXq6
>>654
それは個人個人で考えるには勝手だけど、映画の評論にならないし映画作品自体に対しての価値を考えてないことになる

作画もシナリオもダメダメでも命は大事だよvってテーマさえありゃ
自分で考える材料になるからおKってか………


ゲドの擁護とテーマの擁護がごっちゃになっとる

669 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:06:20 ID:eb2gnXpc
>>660
ちょっと時間が過ぎたので正確ではないが、命をただ単に永らえることには意味がない、
限りある命を次の命えと受け渡して、命を繋いでいくことが大切というようなセリフが
ありました。ゲドのセリフだったと思います。

670 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:06:56 ID:NOxY+eEj
ゲドこそがジブリの命数を浪費してるような気もしないでもない
どちらにしろ駿崩御までのはかない商売だけれども・・・

671 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:10:36 ID:eb2gnXpc
>>667
そうゆう具合に思うのもわかるけどね。
そうゆう評判の映画であっても、その中に黄金のような言葉がはめこまれていると思う。

672 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:10:59 ID:NOxY+eEj
>>668
「テーマなんざなくともアニメは作れる」が、宮崎駿の信条だったしね

673 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:11:21 ID:2ZwoViyK
ID:eb2gnXpcは原作読んだら?ゴローのつぎはぎした台詞がきっちりとした
人物描写と背景と展開で物語られているから。
読んだ上でそれなら、もう別にいいや。

674 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:11:52 ID:DKIhXXq6
eb2gnXpcみたいなのって
きっとうわごとみたいに命は大事だよとしか言うことがない教育者によくいるんだろうね
そういう奴はなんで命は大事なのかとか、
人間の命だけが大事なのかとか、そういうことまで自分で考えないでただ人が死んだら悲しいね、命はだ(ry

言うことに説得力無いから子供に馬鹿にされてストレス溜め込んでしょぼい犯罪であぼんするような

675 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:12:14 ID:xn0i48OC
テーマだけ放り出したものでいいんなら、
半紙に「命は大事に」って書いて壁に貼っておけば済む。
そういや、そういう標語ポスターとかカレンダーとかよくあるな。
擁護するのは、あの手のが好きな人か。

676 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:13:28 ID:DKIhXXq6
>>671
黄金のような言葉って何ですか?

677 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:13:40 ID:+iwTVAnV
まあ、このスレでも何度もいわれてきたことだけれども、映画に限らず
表現には内容の問題と形式の問題があってさ、
主題の内容として「生命の本質と価値=命をつなぐこと」ってのがあったと
して(それ自体ある種のイデオロギーとして批判されたりもしてるけど)
映画表現の形式が酷評されてるわけでさ。そこすっとばして内容だけを
打ち出してさらに独善的に受容しちゃったら、他人には説得力がないよ。

678 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:16:12 ID:BpCqEV5D
藁半紙一枚貼れば済むことに何十億かけるなんて、56もひどいことするよな。

679 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:17:33 ID:eb2gnXpc
>>676
もう繰り返しになるから、そっち見てね

680 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:18:45 ID:FlPhwqye
>>678
ちょww
それ的確すぎwww

藁半紙一枚のレベルで論じれば、擁護派の気持ちも分かるわw

681 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:18:54 ID:rMDLHsgV
いまだに俺にはID:eb2gnXpc が真性なのか釣りなのか判断できんのだが、
>>669
なぜ本編ではたった一言のセリフでしか触れられてないような内容を
ピックアップして、それがテーマだと思ってるんだ?
「光」と「影」の関係性から人間の本質を描いた、とかいう主張なら
まだ分かるけど・・・

どっちにしろ映画における数少ない良いシーンは全て原作のものなんだけどね

682 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:20:23 ID:eb2gnXpc
>>673
多分、そうなんだろうね。今、原作を読んでいるところです。
ただ、原作もよく殺したり、死んだりするので、ちょっとついていけない感じがしている。

683 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:21:15 ID:NOxY+eEj
>>673
吾朗版とは意味合いも異なる部分が多いから混乱しかねないんでは?

684 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:25:09 ID:dM1Aw4oP
>>442これも名言だね
              _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
             ./=--- 、ヾい| | | / / -─ 、三、
             l三!      ̄ ̄ ̄     ヾE|
             !彡  -- 、 ─── ,─    lミ!       世間の大人どもが
            .F!/\ ̄\三三三/ ̄_, ヘ ',ミ!       本当のことを言わないなら
            F!´ `'-ニ、 、__    , -' - '"`'.ハ!       俺が言ってやる・・・
           , -l=!   二二、ノ   L二二_  F/、
           | f=E!  ニ‐-゚- 7    f ‐゚--‐ニ |;f_!l
           | |ソ!!  __二ニ,'    .! ニ二__  |kヒl!       金は命より重い・・・!
           ヾ 、!;! -___/!     !\_- .!ノノ
             ̄| / __ L_  _!___ \ |''"        そこの認識をごまかす輩は
             /!.  / -──────--! .|、         生涯地を這う・・・・・・!!
            /::::!.  ヽ二二二ニニニ二ソ  /:ヽ
           /:::::::::ヽ、      ─      /:::::::|-、
      _,、-‐ '''"|::::::::::::|  ヽ、        ,  ' .!::::::::::|:::::::`"''- 、
_,,、-‐ '":::::::::::::::::::::|::::::::::::|\  ` ─── '"  /|::::::::::|::::::::::::::::::::::`"'''-

685 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:27:08 ID:DKIhXXq6
>>682
結局映画作品や監督に興味があるわけでも何でもなくて
ただ自分のイデオロギーに沿ったテーマ=命は〜
だったから擁護しただけかよ。
しかも擁護の根拠があのゲドのセリフの黄金の言葉とやらwww
そりゃ内容は糞とか言われてても構わないよね、
あのセリフさえありゃいいんだから。

ケロロ軍曹が同じセリフ喋っても素晴らしく見えるんだろうね。

686 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:28:30 ID:DKIhXXq6
>>196
>>198も読むべし

687 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:28:55 ID:eb2gnXpc
>>681
光と影の関係から人間の本質を描いたのは原作であって、映画はあまり関係ないような気がする。
そのためには、光と影の葛藤とか、向き合うこととかの描写が必要だが、あまりないような。

私が感心したのは、クモに対して、命を永らえることには意味がない。命の価値はただ単に
生きるだけじゃない、ということ、とか。

命には終りがあって、それを知ってみんな生きているというのは、神様からの宝のような
贈り物じゃないか、というゲドのセリフとか。

・・・うまく説明できていないが、私は感じるものがある。この映画の中には命の本質を
言い当てたセリフ(かならずしも、そのシーンにぴったりくるセリフじゃないのが残念だが)
が散見されて、それらをひろいあつめるだけでも、すばらしいと思う。

688 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:30:05 ID:eb2gnXpc
>>684
カイジは、これは、これで好きだ

689 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:30:10 ID:NOxY+eEj
>>678
同じ言葉が書かれていても、
藁半紙と億かけたフィルムではありがたみが異なると感じる人もいる
金が裏づけになるのなら、それはそれで仕方のないことなのかも知れない

690 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:33:00 ID:xn0i48OC
>>689
687のコレ読むと、億かけた意味なくない?
映画になってないって擁護の人にすら言われてる

>この映画では、納得させるように、いいセリフが生かされていないが、

>この映画の中には命の本質を
>言い当てたセリフ(かならずしも、そのシーンにぴったりくるセリフじゃないのが残念だが)
>が散見されて、それらをひろいあつめるだけでも、すばらしいと思う。

691 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:33:32 ID:luYNimHF
もしかしたらID:eb2gnXpcはカルタとかやってたら突然号泣するヤバイ人なのか

まあ藁半紙一枚では馬鹿を騙して金巻き上げることは出来ないもんな
新興宗教が馬鹿でかい御殿建造するように数億掛けてアニメつくって
数億掛けて広告打って全国ロードショーして初めて大がかりな詐欺は完成する

692 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:35:02 ID:eb2gnXpc
>>691
それはないですが、ゲド戦記の前のほかの映画の予告編をみたら涙がとまりませんでした。

693 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:35:35 ID:xn0i48OC
…病院いきなよ

694 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:35:39 ID:rMDLHsgV
>>687
>光と影の関係から人間の本質を描いたのは原作であって、映画はあまり関係ないような気がする。
>そのためには、光と影の葛藤とか、向き合うこととかの描写が必要だが、あまりないような

いや映画は明らかにそこをテーマにしようとしてて、
あなたの言うとおり明らかに描写が失敗してて、
こんなに叩かれてるわけなんだが

どうも「命」の描写についてあなたはあまり深く考えてないようだね
俺の方がもっと上手くゲド擁護できる自信があるが、やめとく

695 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:36:31 ID:FlPhwqye
>>692
他の映画の予告編て・・・涙もろいのね

696 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:38:48 ID:eb2gnXpc
>>694
別にゲドを擁護しようなんて思ってませんから。誤解なきよう。
ただ、あの映画の中の珠玉の言葉について、語りたかったのです。


697 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:39:23 ID:DKIhXXq6
結局それらしいひゅーまにずむな台詞さえありゃ良かったんだね。

私は感じるものがあるって宗教にハマりやすい人のような一文があるけど、
そりゃ自分のイデオロギーに合致しただけで映画作品に感じたものじゃない。

698 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:39:56 ID:2ZwoViyK
ゴローゲドの意味不明の父殺し許容できるなら、原作だって許容できると思うが。
ついていけない、と思うのは映画の甘い台詞の部分だけにしがみついて、
ゲドがその台詞を話せるようになるまでの数々の苦難、迷いを貴方が拒否してるからだと思う。
苦しみや、憎しみ、悲しみの果てにゲドが「体感」して納得して出てきた台詞だから静かな感動があり、
言葉が輝いてくるのであって、その道程を描写もせず気に入った台詞だけダラダラ語らせるゴロー戦記に
感動できた人は自分をちょっと可愛がり過ぎてはいないだろうか。

699 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:40:23 ID:NOxY+eEj
>>690
まあ、億賭けた人口に膾炙するような映画でなければ
「黄金の言葉」とやらにもめぐり合うこともなかった可能性もあるから


そういえば、「熱風」誌に吾朗の対談があったようだけど
これにについて言及した人いた?

700 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:40:28 ID:eb2gnXpc
>>694
光と影については、最初は入れる予定はなく、あとで鈴木Pから入れてくれと
言われて入れたようですよ。だから、未消化もしかたないのでは。

701 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:40:54 ID:50nhMxVa
>>687
命には終わりがあってそれを知って生きていることが神様からの贈り物って。

大事な人を亡くしたことのある人間にとってはとても共感できない。
命に終わりがあることに「感謝」するなんて気分にはとてもなれない。
そういう状態にもなってしまうのが本当の「人間」。
この映画は上滑りした言葉遊びで聞こえの良いことを言っているだけだよ。

702 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:42:25 ID:FlPhwqye
>>696
珠玉の言葉について、語りたいなら
その肝心の言葉について、もう少し詳しく述べてほしいのだが

703 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:43:53 ID:rMDLHsgV
>>700
ってことは原作の良いセリフを切り貼りしただけの内容スッカラカンの映画だったってことだね

704 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:47:48 ID:eb2gnXpc
>>698
そうですか?わたしは、やはりゲドさすがだなと思いましたよ。やはり大賢人だけのことはあると。
魔法を使わないところもいいですね。

話、それますけど。中島敦の小説に、名人伝、というのがあって、弓矢の名人をめざす話なんですけど、
超人的な努力の末に、弓矢の名人になるわけですが、その名人になるとどうなるか?最後は、弓を見て
もう、それが何に使うのかわからないという境地に到達するという話。不射の射、という。
ゲドもそれに近づいているのかなと。

705 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:48:59 ID:eb2gnXpc
>>703
そうかもしれないな・・・。そこで今、原作を読んでいるところ。

706 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:51:06 ID:eb2gnXpc
>>701
それは、そう。人間なかなか悟れない。実際は。

707 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:52:44 ID:eb2gnXpc
>>695
でもね、予告編だけいい映画というのもあるから用心しないと。本編を見に行くかどうか思案中。

708 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:53:46 ID:DKIhXXq6
>>700
し か た な い
ですか………

>>704
ゲドを大賢人だと感じた根拠は?

魔法を使わない理由も知らないわけじゃないよね?



つーかゲドを擁護するつもりなかったんじゃ?
こういう儲って必ずちゃんとした指摘はスルーするんだよなぁ

709 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:54:29 ID:xn0i48OC
「ゲド日めくり」とか作られたら買いますか?
一日一枚珠玉のコトバ
9月16日「人の頭がヘンになっている」
9月17日「生きるとは命をつなぐこと」
9月18日「命は限りあるからこそ輝く」
9月19日「命をだいじにしない奴なんか大っ嫌いだ」
みたいな…

710 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:54:38 ID:eb2gnXpc
>>697
そう言い方もわかる。例えば、24時間テレビの「愛は地球を救う」なんてくだらないと
思っていたけど、最近は、少し違ってきて、心境が変化してきているよ。

711 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:54:57 ID:FlPhwqye
そもそもゲドって誰?
あの映画にゲドって出てきたっけ?(´・ω・`)ショボーン

712 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:55:38 ID:2ZwoViyK
>>704
レスの内容がずれ過ぎてぐったりだよ。
真面目に書いて損したなw

713 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:57:11 ID:eb2gnXpc
>>708
ゲドをさすがと感じたのは、言っていることが含蓄があってすばらしいから。
魔法を使わない理由は、原作読みましたので書いてありますね。

714 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:58:40 ID:rMDLHsgV
珠玉の言葉が聞きたいなら
相田みつをの詩集でも読んでたほうがよっぽど有意義ですよ

715 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:59:24 ID:eb2gnXpc
>>709
ゲドのもしあったら買うかも。今は瀬戸内寂聴のひめくりカレンダーを愛用しています。
しかし、ひめくりなので、せっかくの珠玉の言葉もやぶって、捨てなくてはいけないのがもったいない。


716 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 01:59:58 ID:E1GcdIOm
>>709
365日分もあるかい!w

そういえば、来年のジブリカレンダーにはゲドも入るんだろうなあ。
どんな絵柄になるんだろう。

717 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:00:22 ID:CM+hgqeL
>>666
どんな人でもアレンの年代では自分自身を必死で作ろうと
しているのが普通だし、命を繋ぐなんてことは、
その結果、伝えるべき価値のあるものを築き上げた時に、
はじめて意識するのが普通でしょう。
病気で余命いくばくもないような人ならともかく、
自分がまだ自分の人生を十分生きてもいない若者が、
早々と次の世代に命をつなぐなんてことを考えるのは
自分の人生をさっさと諦めてしまった人間の言い訳のようで
むしろ情けないと思います。

ヨメさんに回線とられてるんで、たぶんもう、今夜は
ネットに入れません。なんだかレスがのびてますが、
それも今から読む有様なんで、もしレスもらっても
返事は明日になるでしょうが、悪しからず。
ちなみに真面目よりは真剣の方が...

718 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:03:01 ID:eb2gnXpc
>>717
わかりました。それなら納得。それにあれはアレンのセリフじゃなくてゲドのセリフだったと思います。

719 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:08:08 ID:E1GcdIOm
>>707
>予告編だけいい映画

ちなみに私にとっては「ゲド戦記」がまさにそれでした。

720 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:12:54 ID:sumHcuzH
かみ合わないレスは虚しいですね。
せっかくのマジレスなのに

721 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:14:47 ID:DKIhXXq6
>>713
大体どのような台詞に含蓄があると感じたのかな?
台詞が説教臭ければ大賢人って根拠はないしね


結局宗教のありがたい言葉に縋るように
それっぽい台詞に縋るわけか
適切な指摘をスルーするのが良い証拠

722 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:16:31 ID:2ZwoViyK
わかりました、わかりましたと言ってるが、なーんもわかってない。
趣味でいろんな宗教かじってる一般人にありがちなパターンだ。
ゴロー発言との共通項もあって面白い観察対象ではあるが。

723 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:17:36 ID:RN2LVzWA
ゴローの擁護する人って、台詞とかテーマとか誉める事多いけど
それってもともと原作にあるものだから原作を誉めればいいんでないの?
何故わざわざゴロー戦記を誉めるのかわからん。

724 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:20:20 ID:eb2gnXpc
>>720
かみ合っていますよね。私、そのつもりですけど。

725 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:21:22 ID:FlPhwqye
映画自体がかみ合ってないからなぁ
レスもかみ合わないってもんだ

726 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:22:59 ID:eb2gnXpc
>>721
何かスルーしている?どのセリフって、上で何回も書いたじゃない。
まあ、確かに説教くさい感じもするね。でもいい言葉なんだが。

727 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:36:20 ID:gcdT/onp
クズ映画に客が入るのは今に始まったこっちゃない。
所詮そんなもんなんだよ。特に日本の観客なんて。

728 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:37:21 ID:eb2gnXpc
静かでささやかな感動を共有できなくて残念でした。

アレン本人の中には生きる目的は存在しないのだと思う。
きっと、テルーやゲドたちと農場で過ごした日々、そうしたものの
中にこそ、生きる意味が存在しているのだと思う。

人は、他者のため、社会のために生きるときに、本当に輝くのでは。



729 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:37:31 ID:DKIhXXq6
>>724
自分はかみ合ってるつもりでも
他人にとってはかみ合ってなかったりするんだよ。

730 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:38:31 ID:ULEliXUl
おなじ説教臭い言葉でも
さりげなかったり
説教オヤジ臭かったり
宗教じみたりするだろ?

その違いなんだけど、大きな違いなんだよ

おなじ内容の言葉でも言うべき状況や言い方で
おかしな痛いやつだなーと思う時もあるだろ

ゲドはまさにそれなんだよ

そこで拒絶されてしまったら 内容はどんな正論や良い事を言っていても
何の意味もない

731 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:39:09 ID:DKIhXXq6
>>726
自分に向けられたレスを最初から読み直せ

732 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:46:01 ID:eb2gnXpc
>>731
読んだよ。

733 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:49:42 ID:eb2gnXpc
今、思ったけど、命自体は別にたいして価値がないって、カイジと共通しているね。


734 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:52:17 ID:F6Ol6al+
↑この一言レスで釣りだと認定しますたw

735 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:53:09 ID:+iwTVAnV
>人は、他者のため、社会のために生きるときに、本当に輝くのでは。
ちょっと空疎かなあ、他者を手段として「のみならず」目的としても
使用するように行為せよ、ってのか道徳的要請の基本でしょ。
他者がまぎれもなく手段として現れるということに疎いと理想論におちいるよ。
まさにこの映画にかけている部分。


736 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:55:12 ID:cEbcyDNx
            _____
      r'ff77"/////〃〃∠=:、      フ ア ツ ク
.     レ'''‐-!!!-‐::''"::::゙::ヾ:三三l     lニ    l
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三!    ! U C K
    |;:、:ニニニニニ:::::_;;::、:::::::l三三l          ユ ー
.    l´\゙ll::!:::lLニ-‐'' ̄::::::|三三ト、       ヽ/
    }==。ァ ::,, ==。== ::::::r;=、ミ|. \      l  O U
.    l.`ニ! ::::: `ニ二´  :::::rニ||:ミ!  ヽ、._命を大切にしないと
 _,... -‐1 ! :::::_┐ヽ._    ::::::-リ ミ|   l 
     l/゙= ---─っヽ  ::::下ミ:ミミ|   | ぶち殺すぞ………
      l ` ̄ ̄´  | .::::::|:: ヾ:ミ|   |
       ト、 ゙゙゙゙ ........_;;:::-‐':::   >|   |  ゴミめら……!
   , --、 |  ` Tヾ ̄::::::::   / |.    |
  l;';';';';';}|.    | \    ./   |     |
.  〉-y'´|   _|   \ /    |_    :|
  /7./ .>'' ´ |   / \     | `''‐<


737 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:56:02 ID:onv36DwZ
ゲドの生命は薄っぺらいのよ!

738 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 02:57:48 ID:+iwTVAnV
>>737 それなんてクレアさん?

739 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 03:00:14 ID:eb2gnXpc
>>735
言い回しが難しくて、ちょっとわからないが、もちろん、他者や社会のためだけに生きるのは
無理だよ。人間は自己中心的に生きてしまいがちというのはふまえた上でのはなし。

ただ、この話は道徳的という意味じゃなくて、ほんとうにそうなんだと思うようになってきたよ。
最近。そんな時、ゲドをみて、やはり、そうなんだなと思いました。

740 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 03:07:18 ID:+iwTVAnV
>言い回しが難しくて、ちょっとわからないが、もちろん、他者や社会のためだけに生きるのは
>無理だよ。人間は自己中心的に生きてしまいがちというのはふまえた上でのはなし。
だいたいそういうことが言いたかった。そのうえでの理想って話なんだろうけど、いったいこの
映画はなんの「権利」があってそんな理想を高らかに賛い上げているのか、自分には
よくわからなかった。この場合、「権利」ってのは映画表現上の手続きのことね。
上で「24時間テレビ」が云々してたけど、それもおなじ。自分としてはテレビ局が
「愛は地球を救う」なんたらいうことにまったくリアリティを感じない。

ループしてるからもうやめまふ。ノシ


741 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 03:11:38 ID:eb2gnXpc
>>740
理想じゃなくて、本当にそうなんだよ。理想の話じゃなくて、本当の話。

742 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 03:13:50 ID:onv36DwZ
山手線のホームで「最高ですか!!」と声をかけられたのを思い出すな…

あの台詞が言われた時、俺は正直唐突に聞こえたがな
言っておくが、生命が大切なことは誰でも知っているぞ

ジブリアニメでは人が死ぬ
それも一人二人ではなく大量に、それこそゴミのように
それをeb2gnXpcはどう思ってるんだ?

743 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 03:16:36 ID:cEbcyDNx
ID:eb2gnXpcは何かヤバイ薬でもやってるのか?
ラリった状態で2ちゃんをやったことがあるが、その時のログにそっくりだ。

744 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 03:18:49 ID:eb2gnXpc
そりゃあ、私だって死ぬのは嫌だけど、生きていること自体には何の価値もないんだよ。
生きて、他者や後代のために、何をするか、そういうことが生きる価値なんだと思う。

これは理想論とかじゃなくて、本当にそうなんだと思うよ。私も昔は理想論だと
思っていたけど。

映画の中にあるように、畑を耕したり、種をまいたり、そうゆうことでもいいんだ。

745 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 03:22:34 ID:N82KijXV
荒谷恵(北海道旭川市出身、白金在住35歳。
田村潔オタクでミニスカ愛用派。出勤は9時5分から
9時15分とフレキシブル)の会話集より。

アラヤ「いまさあ、長野県の温泉の若旦那とつきあってるんだあ」
友人「うっそーあいつとー、メグって年下専門がポリシーでしょお?」
アラヤ「でもさあ、お金もってるし、格闘技団体にコネとかあるらしいよ」
友人「でも、それであの宮戸優光似のデカ顔とセックスするのは違うでしょ?」
アラヤ「うううん・・でも背に腹はかえられないっつうか、もう東京は辛いよ」
友人「ええええっ!!こないだオフ会いってもう嫁入り気分かよ!はやっ!
でもさ、温泉なんてメグの得意分野のEコマースや金融設計系じゃないじゃん」
アラヤ「うん。私の得意分野のEコマースや金融設計系じゃないよね、確かに」
友人「普段、Eコマースや金融設計系にしか携わってなくて、客商売なんか
できないよ。慰安旅行のオヤジの団体とかきたらどうすんのよ、無理よ無理」
アラヤ「やっぱそお、それに相手は初婚で披露宴とかあって、それがちょっと」
友人「挙式したら、低学歴や惨めな経歴が全部大勢の人前でばれちゃうもんね、
基本的には日本語が流暢なジャパゆきさんと同格なんだからさあ、道民なんて。
でもそういう場面を避けていたら、結局北海道で大学でも出て普通にOLしてればよかったってことにならない?それじゃあまりに自分に卑屈じゃない?」
アラヤ「じゃあ私、どうしたらいいのかな、どうしたらいいと思う?」
友人「平凡な人生が嫌だったから今のメグがあるんだから、そういう
退屈な市民社会のお祭りに合わせなきゃいいんだよ。披露宴なんてウンコの
やることだよ。そうだね、今度知り合いのオバ専なネパール人でも紹介するから
つきあっちゃえ。」
アラヤ「あー国際結婚もいいなあ、でも本当に現実で会えるのかしら?」

そんなこんなで、セックスの安売りを続ける、
他にとりえのないプライドレス女、アラヤであった(続く)


746 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 03:24:12 ID:eb2gnXpc
>>742
極論としては、命自体に価値はない。命が大切になるのは他者との関係において。
人が死ぬ話はあまり好きじゃない。

747 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 03:26:09 ID:onv36DwZ
俺はあんたがそれを理想論ではないと思ったきっかけが知りたい
56のゲド何かよりよっぽど興味がある


748 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 03:27:20 ID:xn0i48OC
>>747
>>652
>子供を持ってみるまでは、なかなか、その意味がわからない
とあるので、「出産」だと思う

749 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 03:34:47 ID:nfKS2DXC
「命の意味は命をつなぐことだ!
人生経験を積んだわたしには分かる!
これは本当のことなんだ!」



・・・電波だな、まさしく

750 :ゲドのテーマ:2006/09/15(金) 03:42:44 ID:ZCDuBf5b
           _/ノ.. /、  
           /  <   }
      ry、     {k_ _/`;,  ノノ 「命の意味は命をつなぐことだ!
    / / }      ;'     `i、  人生経験を積んだわたしには分かる!
   _/ノ../、   _/ 入/ /   `ヽ, ノノ これは本当のことなんだ!」
  / r;ァ  }''i" ̄.   ̄r'_ノ"'ヽ.i   ) ―☆
 {k_ _/,,.'  ;.  :.      l、  ノ  
    \ `  、  ,i.    .:, :, ' / / \
     ,;ゝr;,;_二∠r;,_ェ=-ー'" r,_,/   ☆


751 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 03:45:58 ID:2utp4RjN
「命の意味は命をつなぐことだ!
結婚しない男女は死ねばいい。コンドームつけてSEXするな。
どんどん中だししろ。子供を作るためなら中学生の女の子だろうとレイプ
しろ!」

752 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 04:21:45 ID:Wqn/ud5h
「命を大切にしない奴は・・・」って聞くたびにこのCMを思い出すなぁ。

http://www.geocities.jp/swfblog/ac/6.html

それはそうと、>>704の後半の改行の仕方が
「そういえば、自らの国家や民族に固執する右翼系の若者が…」
の文を彷彿させたので、一瞬釣りかと思った…

この映画で台詞だけではなく、本当に「命を大切に」を表現できてたキャラって、
思いつきませんな…

753 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 04:26:55 ID:j9qF971K
お茶買ったら妙なおまけが付いてた。
ゲド戦記のクリップだった。
なんでも、思い出を大切にしよう、だとかで・・・

754 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 04:55:30 ID:TFjZ4VS2
>>746
まあ言いたいことは大体分かったが

2ちゃんではこういう評価の固まった映画のスレで
スレの趣旨と異なる意見を出すと内容に関わらず叩かれるので、
>>746は別のところで語ったほうがいいと思う

755 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 05:30:32 ID:ccNp1wn0
>>754
今北産業だがスレ住人わりとマトモに応えてると思うよ。
ただ>>654とかが特に、やばい信者の擁護レス臭く見えるけど。

こっちの総意は変わらんし向こうも意見を変えるつもりもないのなら
他所行った方が良いだろうな。分かり合えないものは分かり合えないです。

756 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 05:53:26 ID:TFjZ4VS2
と、このように叩かれるわけです

まあこの映画が批判されるのはテーマ云々ではなく
映画として成立していないからなんだけど

757 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 06:04:25 ID:ccNp1wn0
とりあえずID:TFjZ4VS2が被害妄想持ちなのは分かったよ。

758 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 06:26:37 ID:+KZJWxcP
お互い、傷が深くならない内に引き下がった方が良いという意味で
遠回しに「お引き取り下さい」と丁重に断るレスに対し、
単なる叩きで片付けてしまっているところが痛いな。

そもそもeb2gnXpcにこれほど人気が出たのは、スレの趣旨と異なるなどということ以前に
スレの空気を読まず唐突に持論を展開し、スレ住人の考えやその真意もろくに酌み取らず
全く噛み合わない無いレスを繰り返したことが原因。
要はチラ裏ってこと。

759 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 06:38:31 ID:ki5aHRd9
おまえはxcPwwwこういうの実存主義とかいうんじゃね?

760 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 06:49:08 ID:+iwTVAnV
生命の「本質」とかいってるから、(サルトル系の)実存主義では
ないとおも。てか哲学なんてもはやたいした影響力もないディシプリンに
成り下がったが、ゲドにかまってやるほど安くも軽くもないでつ。

761 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 07:49:05 ID:UsCdqrxv
テルー「命でお金は買えないのよ!」

だったら良かったのに

762 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 08:08:07 ID:OxwMtxck
>eb2gnXpc

面白い人が来てたものだ。
笑い話としてもつまらんが。

>>744
>映画の中にあるように、畑を耕したり、種をまいたり、そうゆうことでもいいんだ。

これは、本当に自分がダメ人間だと思い、それでも自分の価値を何かに見出したいと願い、
せめて、荒地に種を蒔けばいつか芽が出て、自分が何かの役に立ったと自己満足に酔ってるだけ。

自分の価値を自分で見つけられなかったダメ人間が、
一番最後にたどり着く、自分が生きていくための、自分に対する「言い訳」でしかない。

>eb2gnXpcの理想というのは、
大企業の大金持ちの社長が、多くの社員を雇って給料を払って、社員の家族を養ってる構図と変わらないわけで、
結局、社会の価値観に縛られながら、社会の底辺で生かしてもらいたがっているだけ。


763 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 08:11:04 ID:ULEliXUl
これが実存主義ならPHP文庫は世界最高レベルの哲学文庫になっちまう。

「ゴロー戦記---心の闇の心理学」著:宮崎吾朗 出版:ジブリ文庫

こんなレベルだろw

764 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 08:21:38 ID:OxwMtxck
原作のゲド戦記では、社会の価値観に縛られずに自由になった存在が「竜」なんだろう。
社会の価値観という鎖で自分を繋ぐやつは、「奴隷」の様にしか感じられないのだろう。

>畑を耕したり、種をまいたり、そうゆうことでもいいんだ

↑こんな風に自分の価値を見出したつもりになっても、それは「言い訳」であって、
所詮、本心では、いつまでたっても、自分の価値に満足できないだろう。

社会の価値観に縛られた意識では、社会の底辺で生きてることにはかわりない。
「向上心」という名前を借りて、社会の底辺から上に昇ろうとあがくようになると、
究極の頂点である「不老不死」を願う、クモと同じ轍を踏むことになるんだよ。

765 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 08:42:44 ID:9w7iP+xP
>社会の価値観という鎖で自分を繋ぐやつは、「奴隷」の様にしか感じられないのだろう。
>社会の価値観に縛られた意識では、社会の底辺で生きてることにはかわりない。
>「向上心」という名前を借りて、社会の底辺から上に昇ろうとあがくようになると、
>究極の頂点である「不老不死」を願う、クモと同じ轍を踏むことになるんだよ。

764さんは、どんな価値観で生きてらっしゃるんで?

766 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 09:04:29 ID:DKIhXXq6
>>765の理解力の無さに驚いた

767 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 09:18:48 ID:SbhY5rpq
映画がつまらないので原作を読んだのですが、これってオジオンとゲドの
禁断の愛をテーマにして映画化したほうが良かったんじゃないですか?
深い森の中で禁断の愛に耽る二人。美しい映画になると思います。
商品としても種の例がありますから、腐女子をメインターゲットにするのは正解ですしね。
ジブリは、惜しい事をしましたね

768 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 09:22:09 ID:3m7HCxnr
>766
大変申し訳ありませんが、私にも理解出来ないのです。


説明しやがれビッチ!!

769 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 09:28:30 ID:CM+hgqeL
>>746

>極論としては、命自体に価値はない。
 これには同意

>命が大切になるのは他者との関係において。
 これには反対。それ自体価値のないものが、同様に価値のない
他者に役立つことで突然価値を生じるというのはナンセンスでしょう。
「他者のため、社会のために生きる時に」人が充実感を感じることは
あるでしょう。でもそれは大きな群を作ることで環境に適応した
社会的動物の本能のようなもの。

「ゲド戦記のテーマは命の尊さである」ことを前提とした話が
多いけれど、私はこの前提自体が間違っているような気がします。
だからこそ擁護する余地があると思っているわけですが。

770 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 09:33:19 ID:nXVlwPIZ
擁護派にひとつ疑問・・・
そんなに必死に擁護しなくても・・・って空しくなりませんか?

771 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 09:38:24 ID:4/MSMT9Z
>>761
反対に命をお金に変換したらどのくらいか
計算しても大した額にならずに欝…
下手したらマンション一部屋買えないよね


772 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 09:49:39 ID:H7ituRMI
燃料はいいんだけど、
結局同じ土俵に立ってないんだよなぁ

だから、途中でかみ合わなくなるのは当然で。
そこがこの映画の弱いところだ

773 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:00:29 ID:CUDSnkLY
何でゲドのスレで命が云々って話になってんだ

ゲド戦記は「命を大切にしない奴は焼き殺す!」と言う
主題だから、別に命を大切に云々の映画じゃないぞ

774 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:05:53 ID:DKIhXXq6
闇に(・∀・)カエレ!
だしね…

>>768
お前には説明したくない

775 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:07:01 ID:OxwMtxck
>>765

>764さんは、どんな価値観で生きてらっしゃるんで?

どうして、他人の価値観を気にするのか知らんが、まあいい。


クモの不老不死を願う価値観もひとつのあり方だろう。
良いか悪いかは、クモが考えること。
クモは「死ぬのが怖い」から「不老不死」を願っていたようだが、
俺の価値観で言えば、それは良い考え方とは思えない。
「究極の知識を手に入れたい」ということで「不老不死」を願うのは、
立派な動機ではないだろうか?
他人から焼き殺される筋合いは無いね。



776 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:09:53 ID:jUrryLjy
>>775
クモは動機じゃなくて行動のせいで焼き殺されたんだろう。
だいたい焼き殺したのはクモに一度殺された当の本人なんだから正当防衛。

777 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:11:49 ID:onv36DwZ
56にゲドについて、このスレ長々と論じてきたが
結局、あの映画の論理(ロジック)は断じ去られ、最終的に言葉(ロゴス)
のみが残った気がする。生命という言葉は重く、769のように語ったら、
それは虚無思想になってしまう。ただ、言葉はソレのみでは言の葉に
過ぎず、何の力も持たない。言葉には説得力が必要だ。それが論理である
56のゲドにはそれが欠けていた。思えばナウシカは「生命を大切に」
などと一言も言わなかった。ただ、「これでいいのか!」と言っただけである
思えばアシタカもそうだった
詩人が花を歌って百万弁を費やしても、「花が美しい」と言ったら、
それは詩ではない。映画とは問いでなければならないのかも
しれない

その結論は、我われが出すのである

778 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:16:16 ID:OxwMtxck
>>776

でたね。
>クモは動機じゃなくて行動のせいで焼き殺されたんだろう。

クモは、奴隷商をしていたし、テルーを殺そうとしたから、
罰を与えられて当然、と、言いたいのだろう。

簡単に言えば、自分の欲求を満たすために、代償として、
「他者を犠牲にするかしないか」
ということだろ?

「他者を思いやって共に生きること」
「他者を苦しめて、自分だけ良い暮らしをすること」
という二元論に行き着くが、どちらが良いか悪いかなんて議論は20世紀に終わったんだよ。


779 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:19:44 ID:ILqZnKWb
吾朗自身の結論は出てるやん。

「アレンは日本の若者像です」
「日本の若者の目的もなくレールの上を歩くだけの無責任さを時代のせいにはしたくない」
「けど過保護で物質的に豊かに育った現代日本の子は精神的に豊かじゃないからねぇ」
「命を大切に」
「ボクの命を大切にしない奴は大嫌いだ」
「何言われても、仕方ない。だってハヤオの息子だから」

780 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:20:45 ID:jUrryLjy
罰ってか、クモの手によってテルーが死ぬのと同程度には
テルーによってクモが死ぬのも妥当なんじゃね?

781 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:20:50 ID:Y6OlEOOj
焼き殺すことは無かったよ。
殺されるほどひどいことはしてないだろ。
アレンのほうがむしろ悪いことしてるし。

782 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:24:05 ID:AhhLiJ8n
父王殺しはテルーに実害ないからアレンは殺されないだけ?

にしてもさ、テルーを出すなんて結構思い切ったことすると
思ったのに「ファイヤー!」って、椅子からズリ落ちるかと。

783 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:27:29 ID:iS2N8FwD
「みんなで、ゲド戦記を鑑賞して、
   心オナニーを大声で唄い
     ファイヤー!の瞬間に椅子からずり落ちるOFF開催」

784 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:28:14 ID:OxwMtxck
もちろん、クモを焼き殺したテルーにも、
勧善懲悪を良しとする独善的な価値観があったんだろう。

クモとテルーという二つの異なった価値観がぶつかりあったとき、
テルーが勝利したということを、映画のゲド戦記は答えを出した。

異なった価値観に優劣をつけることがどんなに愚かしいことか?
いくらアニメであっても、
「宇宙戦艦ヤマト」とか「起動戦士ガンダム」の頃から語られていたのに、
いまさら「命を粗末にするやつ=悪」「正義は勝つ」みたいな話を見せられてもな。



785 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:34:09 ID:onv36DwZ
まあクモとアレンの差と言ったら、罪の意識の有る無しだけの気がするな
ただアレンのは罪の意識っていうよりも、悪い事をしたのを覚えている
って感じだが。それで悪い自分がやったって言ってもな…
なんだかヤギ被告の証言を聞いてるようで、かなりアレなんだが

786 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:40:19 ID:onv36DwZ
しかしテルーはアレンの言う事をよく納得したな
アレン、あれじゃただのあぶない人なんだが

787 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:43:47 ID:QjwUXfRU
テルーもかなり危ないから、似たもの同士なのかもね・・・・
竜に変身にもっと驚けよと・・・。
それ以前に真の名を告げられただけで、竜が出てくるなんて、もっと驚けよと・・・

788 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:46:03 ID:onv36DwZ
やっぱり説得力ないな、あの映画

789 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:48:14 ID:CUDSnkLY
>>788
今更

つうか既に映画としても作品としても破綻しまくってるものを
幾ら論理的に考えようが何しようが矛盾しか出てこんよ

790 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:54:16 ID:bch9uEqj
>>787
確かになぁ
あの映画の登場人物ってあんまり驚かないよね

住んでいる世界が破綻しているからかなぁ・・・

791 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:57:06 ID:CUDSnkLY
150メートル四方で繰り広げられる物語ですから

792 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 10:58:36 ID:onv36DwZ
まあ言いたいのは
とにかく俺の1800円をカエセ!
という事だ

しかし、法律には詳しくないんだが
観た映画が希望にそわない場合、料金の返却を求めて訴訟を起こしたら、
勝ち目はあるんだろうか?

スレ違いだが

793 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 11:03:52 ID:Y6OlEOOj
>>792
そういう訴訟の前例が無いから
実際に起こした場合の勝ち目はやってみないとわからない。
勝ち負けはともかく、ぜひ訴訟第一号として前例を作ってくれたまえ。


794 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 11:04:54 ID:bch9uEqj
集団訴訟起こしてみようか?

795 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 11:07:52 ID:CUDSnkLY
面白い・面白くないってのは個人の価値基準だから
何か普遍的なもので証明しないと無理じゃね
数字とかで表すとか

でも数字的には80億だからヒットしてるだろって話になりそうだが

796 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 11:08:20 ID:jUrryLjy
前例が出来た結果、映画のキャッチコピーに
「※驚きと感動には個人差があります。ご了承ください」とか
「※このコピーは、必ず感動できることを保証するものではありません」とか入ったら、
それはそれで萎えな気がするが……。

797 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 11:11:33 ID:CUDSnkLY
>>796
ちょwww

798 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 11:14:27 ID:onv36DwZ
ふと聞きたくなっただけなんだがw

まあ訴えても「お前、観た(受領した)じゃねぇか!」で終わりな気がするな
だとすると、映画という商品はかなり特殊なウリモノということになるな

799 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 11:21:26 ID:onv36DwZ
そういえば、アレキサンダー観たら、エンディングで
※この映画で動物はいっさい頃していません(インドの象隊との合戦
シーンがあった)ってテロップが入って萎えた記憶があるな

人頃しまくってんのに

800 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 11:24:43 ID:bch9uEqj
>>799
アメリカは動物保護団体うるさいからねぇ
でも>>796はありそうで怖いな

たしかに、映画を観せるという行為(フィルム管理から箱の光熱・人件費など)
が1800円で、感動や満足はプライスレスって言われたら、それまでかも・・・カナシス

801 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 11:37:59 ID:6j9XzTmQ
黒子の鈴木が前に出すぎ
ジブリ潰れるぞ

802 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 11:41:37 ID:CfmmXH2p
ここまできたら、どこか鈴木と吾朗が口裏あわせできないように
同じ時間に別々にロングインタビューしてくんないかな?

803 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 11:42:42 ID:CUDSnkLY
>>802
ロングインタビューの前にロング打ち合わせがあると思うよ

804 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 11:50:12 ID:o9O9cJWh
>>799
いやいや、それは「撮影で」の話だろ?
映画内のストーリーではそりゃ人も動物も死んでるだろうさ。

そーいえば『リベリオン』でも字幕の最後に同じテロップ入ってたな。
話の中でワンちゃんをヌッ頃すシーン(鳴き声だけだが)があったからかな。

805 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 12:13:00 ID:Y6OlEOOj
>>799
町山智弘がコラムの花道で映倫の裏について語ってるから聴いてみ。
http://tbs954.cocolog-nifty.com/st/

806 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 12:50:41 ID:5IaaKaGg
勧善懲悪を否定しながら勧善懲悪的に勝ち組吾朗を叩いてるバカどもばっかりだなwwwwwwwwww

807 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 12:52:45 ID:nfKS2DXC

ゴロー乙
そんなに発狂するなよ

808 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 12:53:02 ID:9w7iP+xP
>>806
自分が賢いと思ってるだろ

809 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 13:20:35 ID:onv36DwZ
言ってろよ
勝負は墓穴に入るまでは分からん

810 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 13:38:01 ID:uG2G+DtP
鈴木とゴローちゃんは既に墓穴に入ってるが、気がついていないらしい。

811 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 13:42:56 ID:0e25oclI
ID:eb2gnXpcが凄すぎてもう擁護派は何書いても笑ってしまいそうwww

812 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 13:59:32 ID:GDJpe+S5
ゴローたんはまた館長に戻るんだろ?
ジブリいても何もできることないしなwwwww

813 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 14:03:40 ID:pCOEPGnp
擁護派が何を言おうが、韓国で興行成績急降下・イタリアで酷評という
もはやごまかしようのない現実。
50か国公開により日本の悪評は世界の悪評となり、築きかけた世界の
ジブリブランドの崩壊の序曲となる。

814 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 14:11:40 ID:GDJpe+S5
>>813
パヤオが作れば帳消し。

815 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 14:23:39 ID:BYK6H51r
>>812
つ【豚汁作り】

816 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 14:30:39 ID:eZKgPcHw
>>815
凄ェ!!

817 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 15:16:03 ID:9nORPM71
>>815
うわぁ、かっこええわあ(スイミングアイしながら)

ところで明日辺りからも秋の作品がでるから
上映館数が減りそう?

818 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 15:42:19 ID:uxsjSyfJ
やっぱり勧善懲悪ってのは客に喜ばれるんだなwwwwwwwwwww

ここにいる奴らが証明してくれてるwwwwwwwww

819 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 15:45:30 ID:IHX19TBh
なんなんだ?さっきから居る勧善懲悪儲は?

820 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 15:48:06 ID:7nioxrn+
クモの話題が出てたけど、クモ全然死なんて恐れてないよ〜w
アレン「お前は僕と同じだ!」←どこが同じなんじゃ!!
クモの生活充実してるし〜、もっと生きる意欲満々だし〜
復讐して唯一の賢者になるって野望あるし〜
悪役だけどさw

どうして誰もアレンの勘違いにツッコミいれないんだろ

821 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 15:56:43 ID:CM+hgqeL
今入れようと思ってました。(^^)
私はあのあたりにこの作品が失敗した原因が凝縮されているように思います。
仕事終わってからまた書き込みます。

822 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 16:18:26 ID:DKIhXXq6
住人が嫌いだからただ56擁護する気持ち悪い趣味の奴がいるんだよ
本当にゲドや56好きなわけじゃない

2にはよくいる多数の意見を叩く天の邪鬼。

823 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 16:21:33 ID:14uflun3
田中裕子さんがクモを演ると知って期待を膨らませていた頃…懐かしい。小林薫の王様だって良かった。
夏川結衣が配役されたのは意味不明でしたが。(台詞少なすぎ)
ところでなんでサブタイがtales of eartuseaだったのだろう。原作では外伝の原題なのに。
映画そのものを外伝のひとつと思ってくださいということなのかな?
56さん、児童向けのムックでゲドで気に入っている話を「湿原で」だと語っていた。
それにしても関連ムックの中では原作をけなすな!子供も見るものなのに。
変な先入観を与えるなと言いたいです。

824 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 16:30:34 ID:7nioxrn+
原作をけなすというより、原作を破壊してますよ...
原作者がせっかく苦労して打ち破った二元論思想を、原作の名前で元に戻して
どうするんだーーーー!
映画観た人は、人間の精神が光と闇でできてる、なんて感動してるよ...
スレタイの勘違い発言もそうだけど、56さん、数々の勘違いの中で、これだけ
は勘違い通り越して絶対やっちゃいけない事だったのに...

825 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 16:41:29 ID:deJHTUKO
56ちゃんと鱸Pをいつもセットとして、捉えようとしないと、軸がずれる。
ふたりとも、単独では全く機能しないのをお互いが知っていて、
お互いに利用しあっている、不思議な、奇妙な関係。
機能すると言っても、一回だけの制限付き。

826 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 16:51:05 ID:JLEay1aU
きたよっ!!日テレの印象操作番組

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060915-00000010-rbb-ent

827 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 16:58:58 ID:JLEay1aU
追加

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060915-00000004-imp-sci

828 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 17:00:54 ID:lJXa64e9
>ベネチア国際映画祭。「ゲド戦記」公式上映終了後、
>エンドロールが流れるやいなや立ち上がる人々。
>世界は鳴りやまぬ拍手と本気のスタンディングオベーションで
>吾朗監督を迎えた!!


>世界は鳴りやまぬ拍手と本気のスタンディングオベーションで
>吾朗監督を迎えた!!


uhyoooooo!

829 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 17:04:29 ID:IHX19TBh
>>821は昨日の ID:eb2gnXpc?

830 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 17:19:24 ID:7nioxrn+
>>829
全然違うと思いますよ
ポイント正反対


>本気のスタンディングオベーション
どうやって本気だって見破ったんだろ...
日テレすごいね


831 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 17:20:16 ID:IHX19TBh
>>826-827
他のメディア媒体だったら、情報操作かも知れんが、第2日本テレビだからな
半分ネタと見るのが、正しいかと。

きっと、やらなきゃよかった!インタビューが驚異的なアクセス数を記録したに違いない

832 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 17:21:47 ID:zaWHW6sB
>>1

ゲド戦記の宮崎吾朗監督 inベネチア国際映画祭
http://www.dai2ntv.jp/r/ged.html

833 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 17:27:15 ID:IHX19TBh
>>830
そうか・・・そうだな。
なんか、論理の方向性が全然分からなくなってきたよ・・・

>>832
GJ!

834 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 17:38:47 ID:GDJpe+S5
ベネチアうざいよおおおおおおおおおおおおおおお

835 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 17:38:50 ID:IHX19TBh
だめだ!あまりにも痛くて続けて>>832が観れない!
休み休みだw

836 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 17:39:44 ID:7nioxrn+
>>832
GJ!!!!

座ってる人いるし、拍手まともにしてない人も映ってた!!w
ほとんど客席映してないな。エンディング曲終わる時すぐ拍手途切れたよ...
これが本気のスタンディング・オベーションって言うものだったのか!
知らなかったw

837 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 17:40:08 ID:GDJpe+S5
うわああああああああああああああああああああうぜえええええええええええええ

吾朗絶対勘違いしてやがるぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
ムカツクぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
鈴木くたばれええええええええええええええええええええええええええ

838 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 17:45:24 ID:GDJpe+S5
鈴木
「一番うれしかったですね。」

「それはね公式上映で僕らもそこにいてお客さんに拍手してもらったでしょ?」

「その時うれしかったですね〜」

「それでまあ〜ね?その〜・・・言われの無い批判?とか色々あったじゃないですか」

「それがあのスタンディングオベーション?長い拍手でね、吹っ飛びそうになった感じがあったんですよね〜」

「それでまあ来てよかったな〜と思って(笑)」


839 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 17:48:52 ID:IHX19TBh
「公式上映終わった感想ですか?みなさん喜んでくれてうれしかったです!」って・・・
小学生の作文かよ。こいつ何歳だ?もう・・・・・・・・orz

840 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 17:50:39 ID:joqOSDUS
痛い!!痛すぎるぞ―――――!!><

841 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 17:52:53 ID:xn0i48OC
>言われの無い批判?

ジョークがうまいなあ、さすが名物プロデューサー

842 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 17:56:16 ID:IHX19TBh
鈴木は舞い上がってるぞ。
ゴローは海外まで行って、駿は家庭を顧みなかったとか、言うなよ。
日本人として恥ずかしい

843 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 17:57:32 ID:BFpAWUXH
この映画っていつまでやってんの?

844 :田無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 17:59:34 ID:xXbuNdkn
>>832
鈴木「いわれのない批判を言われたじゃないですか‥。」
いわれのない批判???真っ当な批判だとおもうのだが。


845 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 18:00:11 ID:IHX19TBh
「喜んでくれる人たちが居たんであれば、同じように?誰かのために作りたい」


( ゜д゜)
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゜д゜)
 
(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゜ Д゜) …?!



846 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 18:00:31 ID:VBxNMjDm
言われの無い批判…
今まで色々鈴木と吾朗の批判をしたけど
心底死ねばいいのにと思ったのは初めてだ

847 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 18:19:02 ID:nfKS2DXC
ゴロー挙動不審だな。
インタビュー受けてるとき落ち着きが無さすぎ。
声はボソボソだし、笑い方がなんかぎこちない。


848 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 18:20:52 ID:IHX19TBh
次スレの季節が近づくとスレタイ用のネタを出してくれるゲド戦記は神かも・・・

849 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 18:21:40 ID:ILqZnKWb
テキストに直そうかと思ったが、吾朗の喋りが聞き取りにくくて諦めた。

850 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 18:24:57 ID:IHX19TBh
>>849
それ言えてる。
ピンマイクつけてない第2日本テレビも悪いが、ゴローのしゃべりも最悪だ

851 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 18:35:28 ID:7nioxrn+
マイクと言えばスタンディング〜の時の拍手音大きかったですね。
しっかり映画の音も入っていたのが実体を物語ってますが。(笑)

852 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 18:49:07 ID:FlveRqUg
昨日レディースデーだから見て来たけど、
やっと皆がつまらないつまらない言う理由がわかった。
「どんな映画なの?」と聞かれてもどう説明すれば良いのか困る映画ですね

関係ないがこの映画、銀色の髪のアギトと同じ匂いがする。
客おいてけぼりのストーリー展開だったり、最後がめちゃくちゃだったり。

途中で退室する人がこんなに多かった映画は久し振りだよほんとに。

853 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 18:57:41 ID:onv36DwZ
映画監督宮崎吾朗
去年まで美術館長だった
マジお薦め

854 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 18:59:57 ID:o6jOIVF1
おまいらホントにゲドと吾朗愛してるんだな。

855 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:00:18 ID:IHX19TBh
>>852
途中退席か。
多分悪評知ってて見に行っても退席するんだな。この映画は・・・

856 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:00:28 ID:7nioxrn+
>>852さん

ちょっとした興味なんですが、途中退室の人が映画のどの辺で退室されたか
教えて頂けませんか。^^;
(我慢の限界を知りたいw)

857 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:05:08 ID:IHX19TBh
>>853
何を薦めているのだw
 |
 |
 |
 |  /l、 ??
 | (゜_ 。 7  ツンツン
 し⊂、 ~ヽ
    しf_, )〜
これか?


858 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:10:56 ID:x9ZyFf8g
だから観に行って酷評書いても、1800円落としてきた時点で鱸は高笑いしてるんだと何回書けば
分かってもらえるんだよ!?

859 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:14:41 ID:WwT8/LBJ
多くの人々の身銭を切った酷評を無駄にしないためにも俺は見に行かない

860 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:20:35 ID:vfw0Qves
ここの不満も分かるが結構面白いと思った俺は幸せだな。
もう一度みたいとは思わないジブリ映画だけど。
TVシリーズとかの法がよかったな。

861 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:20:59 ID:u+6sBeGe
俺もぐっと我慢して、行かない。
てか、アーッ!ν速板が落ちちゃったよ

862 :名無シネマ@上映中 :2006/09/15(金) 19:21:12 ID:1JL4zdfe
>>832
「ゴロー!ゴロー!」拍手、鳴りやまず。世界が吾朗に惚れた日。

・・・もう笑いが止まらん。

863 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:22:35 ID:u+6sBeGe
>>860
きっと幸せだよ

>>862
第2日本テレビは前回の「やらなきゃよかった!」といい
絶対煽って楽しんでるよw

864 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:25:12 ID:Y6OlEOOj
>>832
素晴らしい。
ゴロウ監督が自信のオーラに包まれている。
地位が人を作るということわざは正しかった。
世界のゴロウ誕生だな。

865 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:25:18 ID:CUDSnkLY
56がこの先生きのこるには

866 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:28:33 ID:onv36DwZ
だ…誰が56のゲド戦記なんて!
観る気なんか、全然ないんだからっ!
どんな酷い出来か、確かめに来ただけなんだからねっ!

867 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:35:50 ID:u3Fc+vWU
真の名を知ると魔法使いは相手やモノを制することができる、
みたいなことをゲドがアレンに説明してるシーンがあるんだけど、
アレンもテルーも魔法使えないのにお互いの真の名を呼ぶと
分離してたのが1つになったり竜が出てきたりするのは何で?

868 :名無シネマ@上映中 :2006/09/15(金) 19:37:22 ID:1JL4zdfe
2006年09月15日
スタジオジブリ契約社員募集!!!

【応募書類】
作文(400字原稿用紙2枚程度。題「私にとって働くとは」)

【締切日】2006年10月3日(火)必着

869 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:39:07 ID:i0auvB2e
イタリア語でゴローっていうのはアホとかバカとかいう感じの言葉なんだよね。
アホー!! アホー!!とスタンディングオベーションで拍手されるなんて史上初だろ

870 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:40:14 ID:pCOEPGnp
>>864

イタリアで酷評、韓国で興行成績急降下、アメリカwikipediaでも不評と、
海外での悪評はとどまるところを知らない。
世界50か国公開により、日本の悪評は世界の悪評となり、そのとき
ゴローは"日本の恥"となる。


871 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:41:19 ID:7nioxrn+
>>867

この世でその理由をタダ一人知っているのは56さんのみ・・・
原作者でもお返事できませ〜〜ん!w
(56さんも返事できるかわかりませんが)

872 :名無シネマ@上映中 :2006/09/15(金) 19:41:26 ID:1JL4zdfe
>>868
http://www.ghibli.jp/top.html

873 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:45:43 ID:pCOEPGnp
工作員は、とにかく平均点を挙げてできれば3.0、最低でも2.5を
めざし、とにかく最悪でも5つの星のうちの半分は表示されるという
状況にして、「それほど悪くはない」といえるだけの状況を
作り出そうとする"印象操作"を狙っていた。
しかし、投稿数が5000を超えても1点書き込みは収まらず、もはや
平均点を0.1点を上げるだけでもほとんど不可能(計算すればわかる)
な状況になってしまい、単なる週末の上映前の印象操作の
役割しか果たさなくなってしまった。

874 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:53:53 ID:DKIhXXq6
海外での不評の一番の原因はやっぱり
パヤオと同じアニメ映画作品で
パヤオと同じジブリアニメで
パヤオと似たような絵やデザインで
パヤオと同じプロデューサーの元で

なんかの要素で作品からは56の確立されたアイデンティティが伝わってこないからだろうな
そういうのってヨーロッパ人は嫌いそうだし

875 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 19:56:56 ID:DKIhXXq6
56のやってることからアイデンティティが全く伝わってこないからだろうな
自分の世界を作らずに
親父の作った世界の中でしか動いていないみたいな
そういうのって欧米人には子供のすることに見えてそう
ヒルトンの娘みたいに

876 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 20:06:40 ID:i0auvB2e
なんでエンドロール終わる前に照明がついてたんだ

877 :テロリスト:2006/09/15(金) 20:45:54 ID:cBnqmMEq
    ∧_∧ ァ,、   ゲロ戦記
 ,、'` ( ´∀`) ,、'` 叩かれまくってるw            
  '`  ( ⊃ ⊂)  '`

878 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 20:54:54 ID:w0rBvfRD
【言われの無い批判】ゲド戦記 第53章【うれしかったです】

56ちゃんと鱸Pの後ろの席に座っていた女性が顔を横に二回振ったのを見た。
画面では、拍手している人は全体の2、3割でしょ?
スクリーンの方向を撮っている最後のところで右下に映るふたりの女性が、やるきなさそうに拍手している。
あのふたりは雇われて拍手しているのでしょうね。
あの少年もやらせの可能性が大きい。子供があの状況で一人でサインをもらいに行くだろうか。
映画を観にいくのに、子供がメモとペンを事前に用意して行くだろうか。
あの少年の服装もちょっと良すぎる。
マルコ(音声からそう聞こえただけ)という人物が
知り合いの子供にやらせた可能性が大きい。

礼儀として立って拍手だけはするという慣習があるということがはっきりしていなかったら、
誤解することもあるでしょうね。

879 :852:2006/09/15(金) 20:56:08 ID:oZ8BST9i
>>856
テルーがクモの城に向かうシーンで隣に座っていた男性が退席し、
その後も二人ほど退席してました。
トイレに立つ人も多かった。

それにしても横の人のあからさまな態度がすごかったw
始まって30分もしないうちにため息の嵐w
寝るためなのか体勢を何度も変えたり。
ため息をつきたくなるのも分かるけど、正直少しイライラした。
シーンとなった途端に「ハァ・・・」ってw
たぶん周りの人みんな聞こえてたと思う。

880 :名無しシネマ@上映中:2006/09/15(金) 21:05:52 ID:nMzhzWh6
いわれのない批判と言われればもうどうしようもないけれど
このがっかり感はどうすれば伝わるんだろう

881 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 21:09:17 ID:7nioxrn+
>>852,879さん、詳細情報ありがとうございました!w
あの辺が限界か...

ベネチア取材映像もツッコミどころ満載だ!!w

882 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 21:22:33 ID:yGr5qYzw
いわれのない批判か…
尻をさわっておいて、逮捕されたら「はめられた」と騒ぐ人みたいだな…
批判を受けて気分を害するなんて最低のクリエイターだ。
ラジー賞の授賞式で、にこやかにガッツポーズをかましたバーホーベン監督の爪の垢煎じて脳みそに注入してやりたいヽ(`Д´)ノ

883 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 21:30:07 ID:CUDSnkLY
>>882
つまり56=ミラーマンと言う事だな!

884 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 21:42:32 ID:9w7iP+xP
>>883
顔も似てるな

885 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 21:47:37 ID:ki5aHRd9
>>882
ゴローにもその情熱を分けてあげたい。

886 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 22:16:28 ID:3nxOGe8X
49さん乙です。
>父親と違う道を取るために、彼個人の違った、だが魅力的なスタイルを作ること。

だね。アニメ続けるなら売れる事とかは考えずにまず本当の吾郎スタイルを作ってほしい。
だから鈴木Pの言う事をきくのは今後一切止めてほしい。
父・駿を芸術的に殺す為にはまず鈴木Pを殺せ。

887 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 22:30:50 ID:ccNp1wn0
>>886
無理だろうな。
56は創造する事に意義は感じているのではなく
「すごい映画」を作って皆に賞賛されたいんだ!、ってニートらしい願望の持ち主だ。
おそらく社会復帰の準備が整ってないニートに力だけを与えると皆こうなるんだろうな。

888 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 23:03:36 ID:NOxY+eEj
ここまで露骨な禅譲は映画史上例がないからなあ…
深作息子ですら、一応は下積みやってたわけだし

それで予想通り駄作が出来ただけなのに、
見えない振りして神輿担ぎ続けても誰のためにもならないのにな

889 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 23:04:35 ID:ULEliXUl
ニートは35歳まで

890 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 23:19:40 ID:BFzvLLk4
ゴローは珍しいサンプルだったね
結果はわかってただろうに

891 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 23:23:34 ID:JIS++dl7
ttp://www.pia.co.jp/cinema/060803ranking.html
とっくに既出だろうけどなに、このありえない数字>平均点83.9点

892 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 23:33:48 ID:NOxY+eEj
だってぴあだし


893 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 23:35:01 ID:oeF2DC+z
ブログも更新しないしなー
なんでも中途半端に投げ出す性格なんだろうな

監督なんて、ゴローに最も向かない職業だよ

っていうか、基本的に社会人としてダメなんだろうね
炊き出し係も向かなかったらしいしw

894 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 23:35:55 ID:CUDSnkLY
>>893
>なんでも中途半端に投げ出す性格なんだろうな

最後までしっかりやるような人間だったらニートなんてやらない

895 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 23:41:08 ID:ccNp1wn0
NHKにようこその佐藤以下だなー
中年になるまで生きてるくせに殆ど葛藤とかしてないのが
作品の内側から滲み出ている。
普通のニートでも破滅的な未来に恐れ慄くのに56はそんな心配とは無縁。
ここまで必然的な破滅コースが目に見えてるのも凄いなぁ・・・

896 :名無シネマ@上映中:2006/09/15(金) 23:59:51 ID:UwewvhGv
>>890
サンプルってw


897 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:01:18 ID:eb2gnXpc
コップ1杯の水でも、喉が渇いている人と、そうでない人では価値が違うだろう。
映画も同じだ。その映画の価値は、それを見る人が、どんな人か、どんなことを
求めているかで変わる。

今はまだ、この映画の価値がわからなくても、将来わかるようになるかもしれない。
自然体でいいと思う。

898 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:01:51 ID:3RNu9Ys/
もともと美術館長でそれなりの手当てもらっててさらにパパが死んだら莫大な遺産
入ってくるんだろうしさ。
ゲドの監督料なんてDVDやらなんやらヘタしたら億単位で入るんだから。
一生生活は安泰だろうなぁ。無能でもパヤオの息子ってだけで勝ちなんだなぁ


899 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:06:53 ID:fOaWS1v5
実写版ゲド戦記ってどうよ?レンタルやで見かけた

900 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:07:29 ID:d72twsMl
>>897
自然体って何ですか?

901 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:10:16 ID:6lUs0iuW
>>899
ゲド戦記としてみれば、ゴロゲドと真逆の方向に道を外れて突っ走ってる。
でも、アクションファンタジーとしてみれば、ゴロゲドより↑

902 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:18:05 ID:YXwqGVc1
精神年齢が14歳ぐらいだと、一番感動できそうだね

903 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:26:22 ID:skVm2QB2
>>900
クライアントから金を貰ってウンコを宝石のごとく褒め称えることさ(*^ー゚)b

904 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:29:59 ID:kNaUeSNA
>>902
14歳だと冒頭の文字列で飽きて携帯で2chやるね

905 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:30:23 ID:RJTAhsPE
そもそも、言われのない批判ってなんだよ?

いつ、どこの、だれが、そんな批判した?
岡田トシオですら、吾朗は応援すると言ってるのに

906 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:31:22 ID:hECw//cg
折角本人は悦に入っているから黙っていたんだが・・・・
昔○○○小児病というやつがあったが。

評論家○○病か・

907 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:34:20 ID:zCzGc6PT
>>905
ルグインのことじゃん?

908 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:34:57 ID:RJTAhsPE
>>907
それは一番由緒正しき批判だろうに

909 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:36:07 ID:QlghOANo
駿も勲も沈黙したままなのが恐ろしい

910 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:36:43 ID:AOs200sU
何気に

ID:eb2gnXpcキタ━━━━(゚∀゚)━━━━

911 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:38:25 ID:QlghOANo
>>908
批判を認めたら、ジブリは絶対的良心&良作であるという幻想が崩れる
それだけは絶対にあってはならない

912 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:39:50 ID:RJTAhsPE
>>911
だったら、言われのない批判なんていった時点で半分アウトじゃ・・・
「原作者の助言」って表現でいいじゃないか、ジブリ的には

913 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:40:27 ID:zCzGc6PT
>>897
あーーあ。
0:00回ったからIDも変わったと思ったんだね。


914 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:42:10 ID:sy4E7DBx
1.駿は引退すると、原作者にウソをついた
2.駿はスクリプトに責任をもたなかった
3.テルーの声優が棒読み
4.ゴローが鱸の傀儡
5.ジブリのスタッフが手を抜いた
6.原作の精神を無視した
7.映画がクソ
8.作品の出来より、金を優先した
9.原作者の前で鱸が逆立ちした

さて、謂れのない批判とは、どれのことなのか?



915 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:44:27 ID:RJTAhsPE
>>914
エリノアのお行儀がよかったこと?

916 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:50:00 ID:zCzGc6PT
10.話題性のためだけにド素人を監督にした
11.世界三大ファンタジーと称される傑作をド素人に監督させた
12.観客からクソ認定を受けてるのに、「ゴローを続投させる」と観客の意見は無視


917 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:56:22 ID:BFOFijvI
13.外注したせいで作画崩壊

これこそいわれのない批判ニダ!

918 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 00:57:31 ID:RJTAhsPE
14.明らかに手を抜いたことをスタッフがロマンアルバムで暴露

まぁ、鱸にとっては言われないかもしれん

919 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 01:01:35 ID:x7D3bsRq
15. 監督のゴローがスタジオで豚汁しか作っていないかのような物言い

ゴロー「失礼だな!ちゃんと絵コンテ書いて脚本書いて編集いじってキャストに演技指導して・・・」
スタッフ「(・・・むしろ豚汁だけ作ってりゃいいんだよ)」

920 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 01:05:07 ID:9Z15LWJ+
>>917
動画の半分以上を外注している時かけが批判されてないんだから、
これは謂れの無い批判だな

921 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 01:09:59 ID:RJTAhsPE
>>920
外注された先にとっては、謂われない批判だけど
外注したジブリにとっては?

といっても、もののけのころはあった、自己統制能力が無くなったととれるから
謂われないか。

922 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 01:13:14 ID:nNUbKOD1
16.老若男女幅広い人たちみんなが見てOKな映画であるような宣伝した

ストライクゾーンは極めて狭かっただろが。

923 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 01:16:37 ID:AeyjMKCA
17.テーマソングが「心オナニー」に聞こえる


924 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 01:19:55 ID:AOs200sU
18.作中の親殺しは突飛でつまらない上に意味が無く、プロデューサーの鶴の一声で挿入された

925 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 01:23:35 ID:UoT3G2a4
13 観客を小馬鹿にしたようなウサギの下品なCM
19 宮崎吾朗「第一回」監督作品という無神経な添えフレーズ
20 ゴロー日記でド素人が巨匠押井に対して尊大なものいい
21 インタビューで「やらなきゃよかった」などの空気の読めない迷言


926 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 01:33:55 ID:5yQQ9yRE
22.公式BBSがジブリ作品とは思えない香ばしさな点

927 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 01:35:24 ID:5yQQ9yRE
23.そもそも3巻をメインにすると言ったのは、プロデューサーの思いつきだった

928 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 01:35:39 ID:zCzGc6PT
23 ネット上での工作員による印象操作、点数操作

929 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 01:41:33 ID:5yQQ9yRE
24.光と影のテーマを無理に挿入した挙句に、影を闇に返しちゃったこと
25.ゲドがずっと通り名でしか呼ばれなかった
26.竜がなんのこっちゃ分からなかった

930 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 01:51:59 ID:MH8JFv4G
24.エロが無かった

931 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 01:52:31 ID:YmixJSns
起訴状を読み上げているところでつか?

932 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 01:54:12 ID:nNUbKOD1
>>925さん、加えてもいいかな

21.迷言集
・やらなきゃよかった
・仕方ない。僕が宮崎駿の息子だから
・リベンジしないと

933 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 01:54:32 ID:IjPwXSFI
不起訴不当

934 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 01:56:44 ID:5yQQ9yRE
しかし、楽しい映画だな。
こういうことやってる分にはw

935 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 02:16:19 ID:ct6NSjNK
28.まっとうな批判を「いわれのない批判」といって無視した。

……あれ?

936 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 02:17:02 ID:rDYdxmjT
29.明らかな作画ミスの数々

937 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 02:17:24 ID:oqG5nCXA
いわれのない批判か。

ホント、駿の息子と言うのはいい隠れ蓑だな。
鈴木前回の金獅子より嬉しいって?
あたりまえじゃんゲドは「アンタの」映画なんだから。
吾朗「喜んでくれる人が居たんであれば」?そんなとこまで他人任せか。

勘弁してくれ。

938 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 02:20:01 ID:VhMw7gdP
吾郎はYoshiとか山田悠介とか身の丈にあった原作を映画化すればよかったね。

939 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 02:21:01 ID:SMnRXEYL
>>578
ワロww
でもこんな映画見たくない・・・

940 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 02:21:03 ID:kNaUeSNA
寧ろ「謂れの無い監督」

941 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 02:22:34 ID:5yQQ9yRE
>>940
それだ!

942 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 02:49:48 ID:fHo6JYfo
wikipedia「ゲド戦記」項目の履歴をみろ。

ゲドに批判的な内容の文書は記入語すぐに削除されます。
まさに中国の思想統制とおなじだな。

アメリカ版WIKIがファンから不評と書いていたがこいつらに消された。

943 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 02:57:49 ID:3sdZHJ9C
ああ、これこそがピックルの本領なんだな・・・

944 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 03:06:41 ID:bEA4GC1H
J-CASTあたりが「ピットクルー(?)がwikipediaを改変!?」
とかまたやらないかな〜。

945 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 03:13:07 ID:PeLOfMk+
このスレってカルト化してるね
ゲドを非難しない奴は異端者なわけだ

946 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 03:21:00 ID:YmixJSns
擁護とアンチがわかりあうってことはまずないだろうけど
(これはどこのスレでもそうでそ)相手にはなってくれるんじゃない?
え、俺?否定派ですよもちろんwww

947 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 03:35:42 ID:GeVz5VJ6
擁護派も歓迎だけど、
ちゃんと自分の言葉で語って、人のレスも聞いてくれればいいんだよ。
納得できれば、「分かり合えないけど、ああそか・・・」って思えるから。

948 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 03:38:18 ID:n6m2YW/k
>>898
テルーの歌を作詞した(というか、高名な詩人の詩を現代語訳し、切り張りした)けど、
あれの著作権料とか

>>938
そんなら誰も泣かないね

949 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 03:52:47 ID:rDYdxmjT
>>945
レス読めばわかるけど、信者の方がカルトだぞ。

950 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 03:55:10 ID:n6m2YW/k
>>945
ほんとのカルトが見たいなら
公式サイトに行くといいw

951 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 03:58:28 ID:AOs200sU
>>945
褒めどころを教えてくれー
こっちの土俵に上がって来ねーと単なる酷評者批判だよー

952 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 04:00:54 ID:4pB1r5aM
>>945

では、この映画を批判している人間からみても十分に説得力があると
思えるような意見をどうぞ。

953 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 04:45:03 ID:0rTwwJNN
>>951>>952
・テルーの唄
・菅原ぶんたの声
・一部背景
・ドラゴンの描写
・農作業や小動物などのシーン

by.原作者

954 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 06:37:14 ID:OeyG6TuV
このスレの批判は殆どが至極まっとうな意見な訳だが

1.オリジナル作品にする
2.監督らしい仕事をする
3.駿作品からパクら無い
4.ジブリ以外のスタジオで地力でのし上がる
5.面白い映画を作る

これだけやれば吾朗でも皆認めてくれるよ
5番目以外は殆どの監督が当たり前のようにやってる事だけどね。

955 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 07:35:37 ID:12Mw++u0
>>954
次回作のタイトル決めた

「TONJIRU」

956 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 07:39:08 ID:gnKBxBSo
次回作の監督はアヒル隊長がいいよ

957 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 07:40:48 ID:QlghOANo
どっかの監督の嫁脚本家もたいがい最悪だと思ったが、
鈴木&吾朗はそれを遥かに超える性悪振りよだなあ

それで落とすことなくまとめたジブリはやっぱりすごいと言うべきなのか
誰も止められなかったという時点で終わってると見るべきなのか・・・

958 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 07:46:01 ID:O5DMwGOD
>>955
親父が死ぬのなw

959 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 07:56:10 ID:tZZbiEE3
紅の豚汁か。

960 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 08:01:24 ID:oOyzXrdp
パクリじゃねえか

961 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 08:10:53 ID:rlWuHG8F
耳をすませばを56が映画化したらたいへんだろうな
海外行きを反対されて親を・・・
小説がうまくかけず親を・・・


962 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 08:20:16 ID:8XLuQXhx
>>862
>>「ゴロー!ゴロー!」拍手、鳴りやまず。世界が吾朗に惚れた日。

なんか聖教新聞見てる様な感じがする。


963 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 08:25:22 ID:TbmYwz1b
「豚汁を作るのに重要なのは肉ですか味噌ですか」
「インスピレーションだ」

964 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 08:40:25 ID:MH8JFv4G
「素人が監督しても面白い映画になるかも。腐ってもジブリだし」

・・・・・・・・そんなミラクルを夢見た日が私にもありました。

965 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 08:43:05 ID:OPmwxUcd
「get out! get out!」が「ゴロー!ゴロー!」に聞こえたとか

966 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 08:48:39 ID:GUfq/nYf
このスレのどこかにあったような気がするのだが
イタリア語のゴローって馬鹿って意味らしいよ、本当かな。

967 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 09:31:17 ID:MH8JFv4G
>>965
いやいや、「Go home! Go home!」でしょう。

968 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 09:33:22 ID:TvTcvG21
それはGONZO

969 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 09:43:47 ID:7frH4tpm
Wikiにジブリの工作員が張り付いているみたいだな

970 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 09:46:50 ID:4TVcXIQ4
それにしても予告編作ったひとうまいなあ・・・
本編よりおもしろい気がするわ・・・

971 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 09:49:28 ID:TvTcvG21
ジブリのブランドがあってあのトレーラーならふつう騙されるよな
でも逆に予告からの期待感の反動の裏返しのこの大批判なんだろうけど

972 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 09:52:04 ID:e1mSYyDa
一番最初にウサギのCMにしておけば、
騙される人も少なくて良かったであろうに

973 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 09:55:47 ID:O8j6bUCK
>>970
日本アカデミー賞:ゲド戦記予告編
日本ラジー賞:ゲド戦記

974 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 10:02:03 ID:TEvjH3dd
今、近所の小学校で住民体育祭やってるみたいなんだが、
大音響で心ヲナニーの歌がかかってる。ぐはっ orz

975 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 10:11:19 ID:1c8kO5D6
いわれのない批判?鈴木。おまえ今、いわれのない批判といったのか?

976 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 10:17:53 ID:1c8kO5D6
ライバル? ゴローちゃん、今御大をライバルと言ったか?

977 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 10:22:39 ID:TvTcvG21
>>972 いや、俺が言うのはテレビCMじゃなくて劇場用のスポットのほうね
詩情味あふれる演出だし、例え実際の内容が良い出来で無くても
最低限今までのジブリクオリティは保証されてるだろう
とは思ってしまうよ。テレビCMはちょっとビミョウ

978 :名無シネマ@上映中 :2006/09/16(土) 10:43:23 ID:6Q8D3Obz
【ゴローゴロー】ゲド戦記 第53章【世界が吾朗に惚れた日】
ベネチア映像みた。
完全に吾朗勘違いしてるね。目がいっちゃってる・・・

979 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 13:04:06 ID:dQcXEwHZ
日本アカデミー賞・話題賞:ゲド戦記

吾朗のコメント
「こういった賞を頂けるというのはやはり映画が優れているからであって
 謂れの無い批判を受けたりもしましたが(ry」

980 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 13:20:09 ID:oOyzXrdp
そういえばさ、
取るよ日本アカデミー賞
何の部門か知らないけど、絶対に

981 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 13:27:12 ID:rDYdxmjT
今の賞はお義理だから
レコード大賞然り

982 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 13:28:38 ID:15koj5BU
どうせ取るんだろ。ああイヤだ嫌だ

983 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 13:29:44 ID:uHb9+0dX
日本アカデミー賞は日テレのお手盛りだっけ。
取るだろうけど、音楽賞くらいにしておいて欲しいな。

984 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 13:40:10 ID:12Mw++u0
>>978のアレで立った、スレが立ったよ!(ハイジの形相で)

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1158381530/

985 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 13:49:33 ID:QvuG/HQL
日本アカデミー賞

助演監督賞は・・・・鈴木敏夫 さんです!!

986 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 15:05:47 ID:MMwabQbr
テルーの歌を三回ぐらいループして聴いてみたんだけど、
歌詞の厨房臭さがイタくて聞いてられないね。
外国語だと思って言葉の意味捉えないで聞くとべつにいいんだけど。

987 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 15:08:59 ID:AOs200sU
幾ら何でもここまでファビョるとは・・・

http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id324031/rid5634/p2/s4/c17/

http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id324031/rid5636/p2/s4/c15/
http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id324031/rid5637/p2/s4/c14/

不自然に100件も参考にならなかった、も入ってるし自分から完全に認めてるようにしか・・・

988 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 15:13:28 ID:rDYdxmjT
歌詞が素人の痛々しいポエムサイトにありそうだ

989 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 15:22:14 ID:kGCse+/c
昨日観てきたけど、普通にわかりやすくてよかったよ。
ナウシカによく似てたけど・・・

990 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 15:23:16 ID:zqDRnRqv
実は萩原朔太郎の「こころ」のほぼそのまま現代語訳だけどな

991 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 15:27:28 ID:LwJDgAa6
似てないよ
あの雰囲気は母を訪ねて三千里とか
太陽の王子ホルスに近い

992 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 15:27:53 ID:6rjnmiOW
孤高の鷹をさびしかろと言ってしまってる段階でアウト
しかもさびしがり屋の自分の心まで鷹のようだと勘違いしている
2番3番、以下同文・・・

993 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 15:28:42 ID:pAvGTmRC
菓子後半オナニーまるだし

994 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 15:44:35 ID:gxgGGYdY
>>988
でた。萩原朔太郎批判。

995 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 15:48:13 ID:ebeokfEE
>>989
そら解り易さに掛けてはゲドの右に出るモンはそうそう無えよ
何たって全部台詞で説明してんだから

996 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 16:01:44 ID:zqDRnRqv
>>994
いや、詩というものは内容以上に語り口が重要だから、文章の内容が同じでも
「こころ」は傑作で「テルーの唄」は駄作ということも十分ありえる

997 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 16:02:23 ID:H88zPNmT
詩オナニー

998 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 16:04:12 ID:sy4E7DBx
>>992
同意

「自分は寂しがりでこんなに心細いのに
いつも一羽で飛んでいる鷹は寂しくないのだろうか?」
ならOKなのだがね

萩原朔太郎の詩は、良い

ゴローのは、現代語訳どころか劣化コピー

しかも映画と同様に全然元の詩を
破壊しただけ

999 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 16:08:17 ID:9Z15LWJ+
よし、おまえら1000取りガンバレ

1000 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 16:10:08 ID:H88zPNmT
1000ならゴローの前に長州力が大音量のパワーホール流してコラコラ問答

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

281 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)