5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ベネチア映画祭】ゲド戦記 第50章【特別招待作品】

1 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 14:12:05 ID:ndvVPaoM
2006年7月29日(土)全国東宝洋画系(日劇3〜)で公開中

上映劇場一覧
http://www.toho.co.jp/gekijo/ged/welcome-j.html

「ゲド戦記」公式情報サイトhttp://www.ghibli.jp/ged/
       (スタジオジブリHP)http://www.ghibli.jp/
予告編1(大画面版):http://www.ghibli.jp/25trailer/ged_lg.swf
予告編2(大画面版):http://www.ghibli.jp/26trailer/ged2_lg.swf
<宮崎吾郎監督日誌>http://www.ghibli.jp/ged_02/
<ゲド戦記制作日誌(6/28終)>http://www.ghibli.jp/ged_01/
*日テレ「Cha!4」→イチオシシネマ→吾郎監督インタビューノーカット完全版(12分37秒)
http://www.dai2ntv.jp/common/misc/kochi2/interview/gedo/
*東宝⇒LINE UP* http://www.toho.co.jp/lineup/gedo/
*YO⇒ジブリをいっぱい⇒ゲド戦記*
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/cnt_ged.htm

ル=グウィン公式サイト[インフォメーションページ]
http://www.ursulakleguin.com/UKL_info.html
原作者のコメント日本語翻訳文の掲載サイト
http://hiki.cre.jp/Earthsea/?GedoSenkiAuthorResponse

前スレ
【頭が】ゲド戦記 第49章【変になっている】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1157117712/


2 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 14:12:28 ID:ndvVPaoM
《Q&A 1》
Q:『ゲド戦記』ってなに?
A:2006年夏に公開されているスタジオジブリの新作です。
原作:ア−シュラ・K・ル=グィン「ゲド戦記 全6巻」、原案:「シュナの旅」宮崎駿
となっており、原作と原案が別物という不思議な作品です。
映画のストーリーやテーマはどちらとも違っていて、監督のオリジナルといってもいいでしょう。

Q:原作や原案を読むと、映画で謎だった部分はわかる?
A:原作と映画はまったく別物です。設定を流用してる部分だけは理解出来るかもしれませんが、
映画をみて理解出来ない部分は基本的には謎なままでしょうか。

Q:なぜアレンが主人公なのに、『ゲド戦記』という題名なの?
A:単に『ゲド戦記』のネームバリューを重視したものと思われます。
ちなみに原作も邦題は『ゲド戦記』ですが、原書は"Earthsea Books"と呼ばれていますし、
どう考えても「戦記」ではありません。また、5巻以降ではゲドは完全に脇役です。

Q:「シュナの旅」って?
A:アニメージュ文庫から出ている、チベットの民話をもとにした、宮崎駿の絵本です。
なぜ、原作がある映画に、さらに別のものを原案として採用したのかは不思議ですが、
シュナの旅をパクリすぎたので、原案としてクレジットするしかなかったのではないかと
いう邪推をしてしまいます。

3 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 14:12:46 ID:ndvVPaoM
《Q&A 2》
Q:真の名ってなに?
A:原作の世界では、真の名を呼ぶことで、人や物を支配することが出来ます。
アレンがクモに操られるのは、真の名レバンネンを知られたためですし、
アレンとテルーが真の名を教えあうのは、非常に大きな信頼の証です。
ちなみに、原作でのアレンとテルーの関係は全く異なります。
テルーが少女の頃、アレンは立派な王様になっていて、別に婚約者もいます。

Q:序盤、なぜ竜は喰らいあっているの? なぜ人の頭がおかしくなっているの?
A:映画では「世界の均衡が崩壊している」という言葉で説明されています。

Q:なぜ世界の均衡が崩壊しているの?
A:原作では、クモという魔法使いが生と死の両界のあいだの扉を開いたためですが、
映画ではクモがこれから扉を開くような台詞もありますので、よくわかりません。

Q:なぜアレンは父王を殺したの?
A:とりあえず、原作にはこのような描写はありません。
映画版の解釈としては、宮崎親子を投影してるとか、むかっとしてやったとか、
アレンの不安感のせいだとかの説がありますが、決定的な解釈はまだ出てないようです。

4 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 14:13:16 ID:ndvVPaoM
《Q&A 3》
Q:ゲドはどうして役立たずなの?
A:原作のゲドは3巻で力を使い果たし、4巻以降では魔法を使えないただの人になっています。
その両方を適当に混ぜた結果が、映画のゲドと言えるでしょう。

Q:テルーはなんで竜に?
A:原作では、太古、竜と人は同じ生き物だったので、ごくまれに先祖帰りによって
竜変身が可能な人が出てくるということになっています。

Q:命を大切にしない奴は、焼き殺す! って矛盾してない?
A:原作でのクモの最期は、まったく違ったものです。
焼き殺すシーンは、原作の4巻と外伝にある竜が人を殺すエピソードを
転用していると思われますが、それを無理矢理クモの最期にくっつけた結果
わけのわからないことになってしまっているのではないでしょうか。


5 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 14:19:33 ID:ikEtJ7jb
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1156356696683.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1156356712657.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1156356733832.jpg
ゲド戦記作成秘話


6 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 14:36:04 ID:wuWLKbao
ロマンアルバム鈴木Pのインタビューより

吾朗君が僕に「鈴木さん何巻やるつもりなんですか?」って聞いてくるんですよ。
だから「3巻やるつもり」って答えると、「わかりました」って
それから僕が「影との戦い」を入れて欲しいと要望を出した時にも
それをすぐ具体的なシーンにして、シナリオに組み入れてくれるんですね。

最初のシナリオでは冒頭はお城に竜が降って来るシーンから始まる事に
なっていたんですよね。でもそれでは地味だと思ったので、
「もっと派手にしようよ」「竜の共食いなんてどうだろう?」
と僕が口出しちゃいましたね。
やっぱりヒーローがいたらヒロインもいたほうがいい、
ヒロインとして考えた時に第4巻のテルーのキャラクターがよかった、と。
もちろんそれによって原作のストーリーと変わってしまうわけですから、
ずいぶん悩みましたよ。
映画を面白くするために必要だったということです。

「影との戦い」というテーマを3巻のストーリーに挿入しようと
したのは思いつきです。
吾朗君の最初のプロットでは、出ていなかったんですよ。

吾朗監督が「あれをやりたい」「これをやりたい」じゃないんですよ。
作家性とか創作に、むやみにこだわることがない。
そういう意味では「職人監督」といえるかもしれないんです。

7 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 14:37:26 ID:wuWLKbao
ロマンアルバム鈴木Pのインタビューより 2

吾朗君に「原画も描いてみようよ」なんて言ってみたんですが
それは描いてくれませんでした。
彼は慎重な男なので今回は実現しませんでしたね。
また機会があったら是非原画にも挑戦してもらいたい。

宮崎駿作品だと、とにかく監督のイメージが完成しているから
スタッフはその範囲の枠の中でいろいろやらなくてはいけないわけです。
それによってもちろん作品の完成度は高くなりますが・・・
今回は作画にしろ、美術にしろ、撮影にしろスタッフそれぞれが
自由に解釈して自由にやれました。
僕にとってはそれがひじょうに面白かったです。

キャラクターデザインに関しては
これはどなたのお考えだったのでしょうか?

鈴木「僕が提案しました。実は当初はどんなキャラクターデザインで
いこうかということで、色々な試行錯誤があったんですよ。
で、最終的に僕が判断して宮さんのキャラクターでいこう、ということにしました。

最終的に宮さんの書く絵の雰囲気を基調にして、作画監督の稲村君が
キャラクターデザインをまとめました。
そうしたら吾朗監督はそのキャラクターをためらうことなく
受け入れたんですよ。
これは彼の特性でしょうね。普通気負って今までと違うものをやりたがる
彼にはそうした面が皆無なんですね。

8 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 14:38:38 ID:wuWLKbao
ロマンアルバム吾朗監督インタビューより

原作との大きな相違点のきっかけは
鈴木Pの「この子は父親を殺しちゃうんだよ」という一言です。
でも僕はそれを聞いて「そんなことするんですか?」という
驚きもありましたが(笑)
キャッチコピーの「父さえいなければ、生きられると思った」
「これ僕のことのように思われてしまうんじゃないですか鈴木さん」てね。
あえてそんなコピーを使うところが鈴木Pたる所以ですかね。

−次回作について−

自分でなにか「これ」というのがあるわけではないのですよ。
むしろ「これをやれ」という注文を出発点にした方が
「こんなのやるんですか?」という所からスタートして
どうやったら形にしていけるのかと考えた方が
自分なりになにかやれるというのか・・・そういう意味では
僕の将来は多分、鈴木プロデューサー次第だと思います。
なにしろ僕はサラリーマンですから(笑)

9 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 14:39:51 ID:wuWLKbao
ゲド戦記 ロマンアルバムより

作画演出 山下明彦のコメント
「あまりに大変すぎるからこの辺にしときましょう」
みたいなこともあったりするしね。
「あんまりやってると終わらないよ」という時には
手前で止めたりしました。
「カメラが引いたり寄ったりするメリハリのつけ方が
今ひとつの部分がありましたけど、
でも、それはそれで若々しくていいんじゃないかとも思って(笑)・・・

動画チェック 舘野仁美のコメント
「そうですね、いつもより手間をかけていない部分が
あるんですよ。鈴木プロデューサーの意図として・・・

10 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 14:41:58 ID:wuWLKbao
丹羽圭子の最初の脚本

クモはゲドを誘い出す為に
テナーとテルーをさらう。
そしてクモがテルーを見て
「これこそ私の捜し求めていたものだ」と気づく
竜から永遠の命を手に入れるために・・・

クモの城の中でクモとテルー、テナ−のアクションいっぱいの
追いかけっこになる。
それをアレンとゲドが追いかける。
城の中いっぱいに派手に動き回るアクション。
アレンがピンチになった所でテルーが変身する。
竜になったテルーが逆にアレンを助ける。

丹羽圭子のコメント(ロマンアルバム)
「私の脚本ではクライマックスに向かって皆が最後に協力していく。
そのアクションシーンの面白さの中で
ゲド戦記のテーマ「生と死」という問題を
うまくみせられればいいかなと思うんですが。
出来た作品は何度もテーマを口に出すので
その辺は大きく変わったところ(自分の脚本と)です。」
「城のシーンはもっと比重が大きかったですね」
「最後の方のクモの顔はちょっとびっくりしました。
あれ怖すぎませんか?(笑)子供だったら泣いちゃうかも・・・」

11 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 14:46:54 ID:ikEtJ7jb
前スレで結構衝撃的なレスを見たんだが、アレはお約束か何かの一つなのか?

12 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 14:52:35 ID:qSLQFiw+
衝撃的って?

13 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 14:56:43 ID:qSLQFiw+
>>1


14 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:05:29 ID:6APulW8w
ジブリ掲示板
http://www.ghibli.jp/ged/bbs/index.html

テツヤさん
10歳〜19歳
投稿日:2006/09/03 12:27:16
 この作品は、まるで僕に言い聞かせているような、そんな作品でした。
 僕も前々からずっと死のことを考え、これ以上ないという程の恐怖にお
そわれていました。死んでしまい、何もなくなってしまう、「無」がとんでもな
く怖かったのです。
 この作品でも、アランやクモがその恐怖に怯え、まるで自分を見ている
ようでした。
 アランを説得するハイタカやテルーの言葉は、今までに僕が考えたこと
がないもので、いつもは他人の言う事は否定する僕でも、心に悲しさを持ちなが
らも、受け入れることができたような気がします。
 映画を鑑賞後も、今まではいつでもリアルに想像できた「無」が想像し
にくく、その恐怖を感じることが難しくなっており、今まで感じていた不安がど
こか吹っ切れた様な感じがありました。これも、この映画によって何かを得たも
のがあり、納得してしまうものがあったからなのかもしれません。
 僕にとって、今までで最高の映画でした。この様な作品をつくっていた
だいて、本当にありがとうございます。
 最後に、僕はまだ、諦めません

15 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:10:30 ID:ikEtJ7jb
>>12
991 名前: 名無シネマ@上映中 [sage] 投稿日: 2006/09/04(月) 12:38:01 ID:0D+kWswi
まぁ、この映画が高評価なら
あっちの知的レベルもたいしたことないなとw
スタンディングオペレーション?
あほですかww

>>1


16 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:13:12 ID:6APulW8w
読売の『ジブリをいっぱい』にフィルムコミック担当編集者からコメントが。
ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/cnt_ged_20060830a.htm
●セリフが多すぎると感じました。原作付きの漫画のネームが多く感じられる印象と同じです。
●ひとこと言うなら「監督の顔が全く見えない」ってところでしょうか。
個人的には、映画は面白くてもつまらなくても、監督が何がやりたかったのかを分かればよしとしています。
それが好みであると無かろうと。
●今回の映画に似た印象の類似物を探すと“宮崎駿がかかわっていない”「テレビ版・名探偵ホームズ」が近いと思います。
つまり、単なるしのぎの各話演出の一本。
演出家の個性が感じられないフイルムに仕上がっていたということでしょうか。
●宮崎(駿)さんの素晴らしい構図も、アイデアも、勢いも無かった。
高畑さんのような、計算された緻密な演出力も感じられなかった。
さらに 原作である「ゲド戦記」の世界観がキチンと描かれていないという点も気になります。
●絵的には、宮崎アニメ盛りだくさんという印象ですが、全体的にお行儀よく、まとまって終わりで、
未見のイメージは無かったというのが正直なところです。
●説教くさい。深刻なドラマの中で息が抜けて、子供の観客が喜ぶような、遊びのシーンもないことも、
作品をかしこまった窮屈なものにしています。
●原作から離れるのは構いませんが、やはり最低限のエクスキューズとか説明は必要だと思うのです。
●本作は妙に老成しているのも気になりました。それが物足りない部分かもしれません。
●クモがあまり強く見えないし、怖くありません。魅力的な物語には、魅力的な悪役が必要です。
●よくできたフィクションの世界は、それだけで楽しいが、中途半端な物は駄目ということでしょうか。


17 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:16:45 ID:0xyfKRJB
>>15
オペレーションが衝撃的だったの?
ようわからんが

18 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:20:22 ID:6APulW8w
ヤフー映画 作品ユーザーレビュー
http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id324031/

◇52人中49人から「このレビューが役に立った」という評価を得ています。◇
これから見ようとされる方へ。

・できるだけ子供は一緒に連れて行かないこと。
・今までのスタジオジブリだと思わないで、ちがうスタッフが作った作品だと思って行くこと。
・決してファンタジー映画だと思わず、別ジャンルの映画だと思ってください。
・原作はありますが、原作者はこの作品を「ゲド戦記」だと認めていない作品であるということを前提にして下さい。
・同じ宮崎でも、全く関係のない宮崎であるということ。
・ただ、公開の合間に作った、間に合わせ作品であると認識して下さい。
・宣伝ばかりが先行し、スタッフが足りないのに、強引に公開に間に合わせた映画であること。(あのカットや背景は、まさにって感じです。)
・原作は、世界的に有名な作品であるが、映画ではいつも不遇な目にあっている作品であること。
・スタジオジブリ作ではなく、スタジオ鈴木P作であること。
・監督は、ド素人で才能がない人間であること。
・優秀スタッフがジブリから離れていたこと。

以上を前提に見に行かれると、失望もしないし、見に行ったあと後悔もしないと思いますよ。


19 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:28:13 ID:6APulW8w
http://cinematoday.jp/page/N0009014
第63回ヴェネチア国際映画祭】宮崎吾朗、『ゲド戦記』で拍手喝さい!父の後を追う決意固める
2006/09/04

 3日、宮崎吾朗監督のアニメ『ゲド戦記』が映画祭のメーン会場サラ・グランデで招待上映された。
約5分間のスタンディングオベーションを受けた宮崎監督は上映後、満面に笑みを浮かべながら
「みなさんに喜んでいただいていて良かった。今はウチのパパ(宮崎駿監督)が作っているので、
私の次作があるとすれば4年後。次のワールドカップ開催の年に公開出来るよう頑張ります」
と監督続投宣言をした。

 映画初監督作ながら、同映画祭に招待上映されるのは異例。
出品が決定したとき、吾朗監督は「親父(駿監督)と間違えているんじゃないか」と苦笑いを浮かべていたが、それも杞憂(きゆう)に終わった。
この日の公式上映のチケット1078席分はソールドアウト。取材もイタリア・仏など世界各国から40 社を越える媒体から申し込みがあったという。
吾朗監督も「皆さん、GOROと呼んでくれているので、間違いじゃないんだと思いました(笑)」とホッとした様子。

 同行した鈴木敏夫プロデューサーにも「せっかくヴェネチアまで呼んでもらったんだから、次も作らないと」とけしかけられていた。
なお、同作品は新人監督に与えられる「ルイージ・デ・ラウレンティス賞」の対象となっており、
受賞作品には10万ユーロとコダック社から2万メートルのフィルムが贈呈される。
受賞結果はコンペ部門と同じ9日に発表。

20 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:30:28 ID:QMzlp0gb
原作者は誰が監督を務めるか予め知っていて、それでも承認したんじゃないの。
だから原作者がこれをゲド戦記と認めていないというのはおかしんじゃないか。

21 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:33:30 ID:e9OAf1ZZ
>>20

駿がスクリプトに責任を持つを約束

22 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:34:29 ID:6APulW8w
>>20
監督がゴローだとは承知していたが、
製作支配人はハヤオだと思っていたらしい。
まさかイヌにも劣るスズキに自分の作品がレイプされると夢にも思ってなかった。

23 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:37:57 ID:xsM0MMD5
でいや

24 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:38:18 ID:Ujh4SBNg
>>19
ネタじゃないんだ……orz

25 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:39:41 ID:iJEzr2Lq
       ,.ィZ三三ニミヽ、
      _〈〈〈 ┴┴\\ミミヽ
     イ/       ``` \
   //// :            トk
   l | |:{  :            キ|l
   | | |/   :___,,.  、,__ V|
   〈| |:|  ;≦=ニ´   >─ミ; Yヽ
  l⌒川=y'´_,xュ-ヽ= { ,r牙≧}| }
  V リ  ヽ´ー彡 /  ヽ ̄ ノ〃/
   ヽ, 〉    'ー ん、 _入 ̄  |/
    ヽゝ 、 __/、、.≧≦、、_ヽ__.l
   ,.イハ  { { t彡┬〒Tiオ }/ <ベネチアでサクラを雇っておきました☆
  /   ト、,ト、 `トミエエ彡´ / \
./      | |\;';';';';'TrrrrT;';';'
       l \ `ミ从从从シ´.| |
      ト、 \  ̄ ̄  ∧|
          ∧  彡 / /

26 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:40:24 ID:QMzlp0gb
ではアメリカ流にプロデューサーが権限をもち監督に目が行き届いていると原作者は
思っていたわけね。

27 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:42:06 ID:RFn4fHFy
宮崎吾朗監督 次も作る…第63回ベネチア国際映画祭
 【ベネチア(イタリア)3日】「第63回ベネチア国際映画祭」で特別招待作品の「叫(さけび)」(黒沢清監督)と
スタジオジブリのアニメ「ゲド戦記」(宮崎吾朗監督)の公式会見と公式上映が行われた。
宮崎監督(39)は緊張しながらも「アニメの仕事は大きな魔力があることが理解できました。
もう一度作りたいと思います」と初めて次回作の意欲を語った。
特別招待作品だが、新人監督賞の資格もある。(スポーツ報知)

ttp://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/ghibli/?1157348626


ヤフートップを見て歩いてきました。

28 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:43:37 ID:6APulW8w
>>26
スズキPが、スタッフにたいしても監督にたいしても、
鬼のような絶対権力を持っているものと思われ。

29 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:46:03 ID:StpmwIHN
アニメの仕事の魔力ってのが仮にあるとして、吾郎はゲド製作においてそんなもんに
ちょっとでも接したとは思えんのだが。
山師の詐欺的な博打の興奮だったら味わえたかも知れんが。
あるいは世襲の旨みとか。

30 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:46:38 ID:6APulW8w
>>27
>会見場は特別招待作品にもかかわらず満員で立ち見が出るほど。
>公式上映のチケットも即完売するなど、ジブリブランドの効果は絶大だ。

ここですよね、ポイント、「ジブリブランドの効果は絶大だ。」
で、ジブリブランドへのダメージも絶大だと、結果するんでしょう。

31 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:48:34 ID:fw+342OC
>27
スポーツ報知全文
ttp://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060904-OHT1T00100.htm

さらにドラゴンズファンの鱸はドラゴンズ帽被って会場入りして
中日スポーツに記事書かせてるorz
ttp://chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20060904/spon____hou_____004.shtml

32 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:48:39 ID:iJEzr2Lq
>公式上映のチケットも即完売するなど、ジブリブランドへのダメージも絶大だ。


33 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:49:59 ID:iJEzr2Lq
>名古屋市生まれで中日ドラゴンズファンの鈴木氏は、
>ドラゴンズキャップをかぶり会場入り。
>映画の聖地で「吾朗を来年投げさせる。投手に転向です!!」と笑わせた。




こいつ本当に調子に乗りすぎ。誰か刺せよ

34 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:50:50 ID:6APulW8w
>32
w

35 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:52:43 ID:1dA86CyO
>>19
>なお、同作品は新人監督に与えられる「ルイージ・デ・ラウレンティス賞」の対象となっており、

「ディノ・デ・ラウレンティス賞」だったらくれてやってもいいな・・・鱸に。


36 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:54:14 ID:QMzlp0gb
ベネチアで評価が高いと言うことは、外国人は日本人と違った感性をもってるってことなんだな。
そういえば日本で批判する人もいた日本人作家もノーベル賞をもらったし、こうなると
日本人や原作者による評価が必ずしも作品の客観的評価とは限らないんじゃないか。
シャイニングも原作者は評価しなかったが、多くの人が監督を賞賛したし、
映画にはこういうことあるじゃない。

37 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:59:38 ID:3PQyK6b+
>>36
 ほんとにベネチアで評価が高いのかどうかは、ベネチアでみた海外批評家が何言うか
聞いてから決めた方がいいね。


38 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 15:59:58 ID:6APulW8w
>>36
ジブリブランドで前売り券が完売したというだけの話でしょ。
まだ裁定がくだったわけではない。

39 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:03:30 ID:9ZXhh/5S
A Father-Son Clash in Japanese Animation
ttp://www.latimes.com/entertainment/news/cl-et-miyazaki4sep04,1,7202448.story?coll=la-headlines-entnews&track=crosspromo

上映前の記事ならあるが、親子の確執・原作者の怒りと評論家ウケの悪さ、
それに対して親父の功績による客入りの良さについて書いてあるな。
これ書いた記者自身の批評は吾郎に対するインタビューから類推するしかないな。
相当シニカル、更にかなり親父との映画の類似に絞って質問してるけど。

40 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:04:54 ID:FxKOIwR/
必ず見ること。



ゲド戦記 ウサギ版CM
http://www.youtube.com/watch?v=rE22wXj05hs

お客様はうらやましーぜぃ、アヒャヒャヒャヒャヒャ・・・・ゲホッゲホッ

41 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:09:21 ID:9ZXhh/5S
Emerging from dad’s shadow
ttp://www.star-ecentral.com/news/story.asp?file=/2006/8/20/movies/15060082&sec=movies

こっちはデイリー読売のインタビュー記事を引用した記事。
彼が父親からのプレッシャーとどう戦ったか、という話だろか。
最後に吾郎は「これが最初で最後の映画になるかも、たぶん」と言っているが
ベネチアで「次も作っちゃうよー!」と大宣言。
強気になったり弱気になったり、また強気になったりと
やっぱり面白い人だと思う。吾郎。

42 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:11:03 ID:FxKOIwR/
次に吾郎の犠牲になる作品はなんだろうな

43 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 16:11:19 ID:wuWLKbao
ベネチアの新人監督賞って
「部門にかかわらずデビュー作の監督の次回作を応援しようという趣旨で
フィルムや賞金などが贈られる。」て書いてあるから
映画の内容は関係ないっぽい・・・ j
ジブリの新人、ハヤオの子供を応援しようって事で受賞するんじゃ・・・

44 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:13:16 ID:3PQyK6b+
>>43
 こんなぼんぼん応援する必要ないことに気づいて欲しいな。
 応援は鱸一人で充分。


45 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:14:50 ID:QMzlp0gb
「宮崎吾朗、『ゲド戦記』で拍手喝さい!」という見出しだは誤解を招きかねないということか。
けど父にも寿命があるんだから、いずれは誰かが監督を引き継がなきゃならない。
他に適当な人材がいるんだろうか。誰がなってもハヤオと比較され批判されそう。

46 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:15:48 ID:HYd4waMl
ヴェネチアにいくらバラ撒いたんだ鈴木?

47 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 16:17:07 ID:wuWLKbao
>>46
それも宣伝費の内

48 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:18:36 ID:Dbxc3ZvG
>>46
バラまいたのは電通

49 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:22:21 ID:h/alhjpA
吾朗というより自分の映画だからな鈴木P。
宣伝費に糸目はつけないさ。

50 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:25:38 ID:e9Inn9r4
にしてもベネチアでの試写は好評って事は、先入観が無ければ面白い作品ってことか。
度を越えた2chでの批判が、そんなに信憑性が無いと裏付けられてしまったな。
と言っても、日本のアニメオタクや宮崎ジブリのファンは納得しはしないと思うけど。
作品として、日本でも長期で観客を呼び込んでいるのも事実だし、もうある程度は
ルーキーのゴロ監督ってのを認めてあげてもいいんじゃないかな?
なんだか、彼も監督として次回作も作りたい、なんて言いだしちゃってるしさ。

51 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 16:25:42 ID:wuWLKbao
電通も考えたな
どんなに駄作でも賞が狙える特別招待作品に出品


52 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 16:27:34 ID:wuWLKbao
>>50
好評って報道してるのは
全部読売グループ(日テレ、読売新聞、スポーツ報知)のみ

53 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:28:37 ID:DDgnvKCi
そーいやなんかの本に
「海外(欧米)で高く評価された人・モノを必要以上にありがたがる
傾向は日本人の海外コンプレックスのあらわれ」みたいなこと
書いてあったの思い出した。千尋が金熊賞をとった時
世界に誇る日本のアニメがどーのってマスコミが
大騒ぎしてたが、そういう現象が起きたことによって
結果的になんかいいことあったのだろうか。
現場の劣悪な労働環境はなんら改善されてないし、
ゲドやブレイブみたいに
あからさまに「アニメで金儲けします」みたいなのが増えた気もするし。

>>50ねこだいすき


54 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:29:23 ID:VzxGSzwg
>>50
ゴローじたいは誰も相手にしていないと思うが・・・
ハヤオ作品のような売り方をし、原作が関係あるかのような売り方をし
竜なんて関係ないのに期待させたCMを出した 
鈴木 そして 電通  にムカついているだけだろ。

55 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 16:30:31 ID:wuWLKbao
>>50
たて読みだった。

56 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:31:29 ID:6APulW8w
>>50 縦も飽きたよ

57 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:32:35 ID:QMzlp0gb
宣伝費かけても、売り上げが足りなきゃやってけないんだから、それは
将来にならないとわからない。外野がどう批判してもジブリの決めることは
部外者がどうすることもできないでしょ。それより優秀な人材がジブリを
抜けたと言うのなら、その人たち(他の人でもいいけど)が自分達でジブリと
関係なく作品を作ればいいんじゃないか。それができないなら、どうしようもないね。

58 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:33:06 ID:e9OAf1ZZ
>>50

日経エンタテイメント 夏映画満足度ランキング

1 サイレントヒル 72
2 カーズ 57
3 劇場版ポケットモンスター 50
4 パイレーツ・オブ・カリビアン 48
5 M:i:V 45
・・・
14 轟轟戦隊ボウケンジャー -10
15 ゲド戦記 -71 ←ダントツ最下位w

59 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:33:54 ID:ULt889KL
>>50









60 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:36:58 ID:9ZXhh/5S
ttp://cinema.supereva.com/primevisioni/artI3647.html

おそらく上映後に書かれたと思われるイタリア語の記事があるが、
翻訳サービスで英語に翻訳してもさっぱりわからんかった。

61 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:41:00 ID:h/alhjpA
>途中鈴木さんのアイディアで
>「今の時代を考えると息子が父を刺すほうがリアルだ。」
>
>そしてアレンは戦いを始めるとすぐカッとなりますよね。
>「一度スイッチが入ると歯止めがきかなくなる。
>そういう現代の若者像を入れるべきだ。」
>というのが鈴木Pの考えです。
>BY 丹波圭子

これもロマンアルバムに載ってたんなら
テンプレに入れて欲しいな。

62 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 16:46:11 ID:wuWLKbao
「アニメの仕事は大きな魔力があることが理解できました。
もう一度作りたいと思います」は
また鈴木P発言を吾朗が鵜呑みにして言ったらしい。

同行した鈴木敏夫プロデューサーにも
「せっかくヴェネチアまで呼んでもらったんだから、次も作らないと」
とけしかけられていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060904-00000007-flix-ent

63 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:46:58 ID:iJEzr2Lq
>>50







64 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 16:49:37 ID:wuWLKbao
「みなさんに喜んでいただいていて良かった。
今はウチのパパ(宮崎駿監督)が作っているので、私の次作があるとすれば4年後。
次のワールドカップ開催の年に公開出来るよう頑張ります」と監督続投宣言をした。

http://cinematoday.jp/page/N0009014

65 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:51:30 ID:nB/8aIhv
新人賞貰うためには、
次も作ると言わないといけないからねー

っていうか、実際やる気満々なのかもしれんが・・・

しかし、ゴローは次回作でも原作つきでやるつもりかね
少しは懲りたかな?

66 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:55:05 ID:CXLkJEIo
海外はまともな評価をしたようだな

67 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:57:12 ID:QMzlp0gb
でも四年も先のこと心配することもないんじゃないか。それよりその四年間に
他にましな監督が出てこないとしたら、その方が問題だと思うけど。

68 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 16:58:59 ID:CXLkJEIo
>>58
感情的ななにかでこんなひどいランキングになってんだろ。
こんなはずかしいことは歴史に残るのに。


69 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 17:14:07 ID:mcnxJ6m1
>僕は宮崎駿のように直感と感性で素晴らしいものを作る人間ではない。
0から作るより、ある題材を与えられて、それをどう理解して表現するか。
それが自分のパーソナリティに合っていると思う。

愛読書がある人間は4年毎にガクブルすることになりそうでつねwww

70 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 17:21:33 ID:h/alhjpA
>69
選ぶのは鈴木Pだろ。

今回と同じスタイルなら改変内容も全部鈴木Pで、それが題材。
吾朗は鈴木Pの指示をどう理解して表現するか、と言っているわけだな。

71 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 17:25:16 ID:a/H48E4h
>>69
ゲドの出来を見ると親父譲りの原作クラッシャーにしか見えないが

72 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 17:27:30 ID:q3HD3piE
ゲド戦記は絶好調なのにお前らは未だに社会の底辺・・・w

73 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 17:28:11 ID:BOPnQnNi
吾郎には杉村タイゾーに通じるものを感じるね。

74 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 17:30:23 ID:q3HD3piE
マイナスイメージが強い人間に結び付けるネガティブキャンペーン必死ですねw
そこまでがんばるんなら何で自分が必死に生きようとしないんだろう吾朗監督みたいに。

75 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 17:31:31 ID:e9OAf1ZZ
>>74

必死に資格試験の勉強をして合間の気晴らしにネガティブキャンペーンを
やっていますが何か?

76 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 17:32:14 ID:BOPnQnNi
>>74
吾郎がいつ必死に生きたか教えてくれw

77 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 17:32:20 ID:tqliOJVH
タイゾーに失礼


78 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 17:43:00 ID:WVLJQcKM
>>68
サイレントヒルがダントツ一位なんて、感情的な何かが
働いてるとしか思えんなw

ゲドが-71というのも納得いかない。-80くらい行っても
おかしくないだろうに。

79 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 17:44:05 ID:a/H48E4h
>>76
今が一番人生で必死なんじゃないかゴローちゃんw

80 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:01:37 ID:OzKY6/Fl
>>79
どうだろう?
この人には現実感てものがあるんだろうか。

何もかも画面の向こう側のように感じているんじゃないかと
思える。

81 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:09:44 ID:mcnxJ6m1
>>80それはわからないけど、こいつの「若い世代」に対する認識が
ワイドショーレベルなのはよくわかった。

82 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 18:12:55 ID:wuWLKbao
ゲド戦記週末興行全国ランキング1位でした。
今週末もベネチア効果で1位か・・・

http://www.cinemanavi.co.jp/info/last.html

83 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:15:31 ID:gKFZewzw
なんか、この流れに覚えがあるなぁと思ったんだが、原作者のコメントがゴローblogに載った時だ
「good movie と大絶賛された、ここでけなしてる奴はバカ」というレスが結構あったが
ふたを開けてみれば実態は全く違って、社交辞令以下だったわけで
ヴェネチアのスタンディングオベーション5分だって、同席した監督への礼儀みたいなもので
向こうの映画評が出だしたらやっぱり酷評されそうな気がするわけだが

84 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:19:07 ID:TvaigcIk
どの作品にもやるらしいじゃん。>スタンディングオベーション
やられない作品と異常に長い場合が話題になるくらいだ。

85 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:25:25 ID:MxOrOmqi
>>50
ズームイン朝だっけ、画像みたけど、熱狂って雰囲気ではなかったよ。
スタンディングオベーションっていっても総立ちじゃ無いし、
立って拍手してる人もやる気なさそうな感じで
カメラの近くの人はカメラを意識しまくってはしゃいでる感じだった。

86 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:26:21 ID:h/alhjpA
>途中鈴木さんのアイディアで
>「今の時代を考えると息子が父を刺すほうがリアルだ。」
>
>そしてアレンは戦いを始めるとすぐカッとなりますよね。
>「一度スイッチが入ると歯止めがきかなくなる。
>そういう現代の若者像を入れるべきだ。」
>というのが鈴木Pの考えです。
>BY 丹波圭子 (脚本)

ワイドショーレベルなのは吾朗じゃなくて鈴木P

87 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:27:45 ID:ec9Cj7yI
向こうの人は社交辞令でふつーに褒めるからね
そのままに受け取って舞い上がってるゴロたんカワイソス

88 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:28:56 ID:OzKY6/Fl
>>86
まあ、それでも「考え」があるだけマシかもしれん。
ゴロウにはそれすらも無い。

・・・そういう人間は作り手に回っちゃいかんだろう。

89 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:32:55 ID:BOPnQnNi
グウィンの社交辞令を褒められたと思ってブログで大はしゃぎして痛い目にあったのにw

90 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:33:06 ID:HmoKzwnK
5分くらいだと社交辞令程度って聞いたことあるよ
グランプリ級の作品(たけしのHANA-BIとか)だと10〜20分は鳴り止まないらしい
コンペじゃないからこの基準が当てはまるかは知らないけど

91 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:37:36 ID:h/alhjpA
>>88
まあね。おれも吾朗が悪くない、とはちっとも思わんけどね。
しかしこのスタイルだと、吾朗が何か思いついても鈴木Pがひと言
「これじゃダメだな」と言えば通らないだろうから、どうしようもない
だろうなあ、と。ゲドもダメ出しから始まって鈴木P独裁になったわけだし。

92 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 18:38:07 ID:wuWLKbao
>「みなさんに喜んでいただいていて良かった。
>今はウチのパパ(宮崎駿監督)が作っているので、私の次作があるとすれば4年後。
>次のワールドカップ開催の年に公開出来るよう頑張ります」と監督続投宣言をした。

完全に舞い上がってるよ

93 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:39:12 ID:f2rsa+ux
ゴローアニメ界の腐ったりんごになるんじゃないかな。

94 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:41:27 ID:BOPnQnNi
職業:宮崎駿の息子

95 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:45:01 ID:z/aJAFHb
>「みなさんに喜んでいただいていて良かった。」
ル=グウィンさんの時にした勘違いを再びしてしまったのだと思う。
権威は無くなったと言われるベネチア映画祭でも、映画祭に来る観客はいくらなんでも、もう少し深さがあるでしょう。
観客の本音は別のところにあると予想している。
吾朗本人も、自分で出来上がった作品を初めて観た時から、満足とか満足(してない)というレベルじゃなくなった、と
言っている(つまり、自分自身でも良さを見つけられない状態)のだから、
仮に作品を褒めてもらっても何を褒めているのかもつかめない状態になるはずなのだと思うのだが...。
勘違いしている精神状態だとしても、その“ずれ”に不信も不安も覚えないのだろうか?

96 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:47:03 ID:kiG531Bn
とりあえず遅ればせながら観てきた  観客30人程度w

塗り込みが薄い、挿入歌は良い、
テルーが竜? なんで?  
テルーが竜と判明した後でも和気藹々とはこれ如何に?
竜は炎と自由、人間は地べたと海だっけ? 手に入れたのは
竜と人間は交わらないつーて冒頭でハイタカが言ったはずだが。

後ろ手に縛られたテルーには萌えたハァハァ


魔法で鍛え上げられた剣、なんか意味があるのか?
クモとハイタカの関係はよくわかった
が、テルーは自分自身が竜だとわかっている(わかっていた)のだろうか?

なんかよーーーーーーーーわからん


97 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:48:31 ID:NTqDRAxG
ところで出品したバージョンは字幕だったのか?

98 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:51:57 ID:5Pna1Bnm
次作はテレビシリーズでナウシカリメイクですね

パパを発狂させたいです

99 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:54:35 ID:ec9Cj7yI
>>95
かなり強力な幸せ回路が埋め込まれているので
不安など感じるはずもありません

100 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:56:08 ID:b3dm+IG7
【今は】ゲド戦記 第51章【パパが作ってます】

101 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:58:02 ID:iJEzr2Lq
【次回作は4年後】ゲド戦記 第51章【ワールドカップのある年に(笑)】


102 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 18:58:21 ID:Ef0LRImk
吾郎はマスコミの前ではあいかわらずのビッグマウスぶりだな。
ところで日記の更新はもうしないんですか?原作者コメントの後沈黙はずるいですよ。

103 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 19:00:07 ID:nB/8aIhv
社交辞令レベルの5分間の拍手喝さいで
ゴローは完全に浮かれちゃっているようだが、
仕方ないのかもしれない

パプリカの今監督もやっぱり5分間の拍手で
舞い上がっていたし
(ふたを開ければ、現地の各誌で最低点数のオンパレード)

イノセンスのときもやっぱりスタンディングオペーションはあったが、
やっぱり現地マスコミの評価は低かった
あの時も石川Pはかなり浮かれていた

目の前で、5分間も拍手されりゃ、
そういうのに慣れていない日本人は勘違いするよ

オレだって、お前らだって、アレやられたら
一瞬自分は天才なのかもって思うぜ


104 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 19:02:21 ID:TvaigcIk
>>99
日本人の朝鮮脳化が進んでる例って感じだね。
まだ支那化の方が賢くてマシなのだが、害も比例して多い。

105 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 19:03:30 ID:wuWLKbao
吾朗は
「凹むのでネットの評判とか、批評関係は一切みない」と公開時に言ってたから
きっと、世間の状況は分かってないんだろうな。
入ってくるのは、鈴木Pからの情報のみ。

106 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 19:04:49 ID:ec9Cj7yI
>>103
一瞬どころか
一生そう思い込んでしまいそうな勢いのゴロたん

ほんとにネジが足りない人のような気がしてきたよ

107 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 19:39:06 ID:A413Bbzq
日本オワタ\(^o^)/

108 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 19:42:45 ID:BGrcjQ0V
>>105
初号を見て凹むような評価しか出ないと自ら確信したんだろうなw
まぁいままであれだけブログで発信してきた人間だからネットとかやめられないだろう。
悪評は見てるよ、絶対。

ここまで来たらもうだんまり作戦しかないと考えてるっぽいがそうはさせんぞw>ゴロー

109 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 19:44:08 ID:OxkDh3TY
新たにジブリで監督を務める人材を望む声もあるようだが、
有能な人材は叩き出され、
無能な人間が大きな顔をする、
そんなところで誰が好きこのんで働くのか?

110 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 20:00:15 ID:3UPF4uZt
世襲が罷り通るようなとこ誰でもいやだよな
有望な若手がみんなまたいで通る一時期のジャンプみたいな
そんなスタジオになるよきっと

111 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 20:04:35 ID:JuKFHNAB
今さっきブラックジャックの最終回の途中で
ゲドのCMやってたけど何かアキラっぽかった

112 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 20:08:13 ID:fw+342OC
>97
ベネチアではイタリア語字幕版の上映。

113 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 20:09:22 ID:mfU8+jvC
(・∀・)フッフッフ・・・うろたえてるなアンチ君達。吠え面かく準備しとけよ

114 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 20:12:21 ID:h/alhjpA
全然擁護する気なんかないけど、なんかみんな
「おれだったら鈴木Pの言う事なんか鵜呑みにしないぜ」
「5分間も立ち上がって拍手されても舞い上がったりしないぜ」
って感じだな。立派な人ばかりで尊敬するよ。

115 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 20:12:28 ID:yOY+0SeT
うわーー

116 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 20:12:41 ID:N8XPTOn7
何をうろたえることがあるのか教えてほいしが

117 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 20:15:25 ID:VV0WqVz1
>>109
現場を束ねられず叩き出されたんだからその場合に限っては有能とは言い難い

118 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 20:17:30 ID:v4vcye/q
>>114
ものすご同意。

119 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 20:23:41 ID:ePxa8WLQ
なんか非常に虚しいレベルのテンプレが増えたなw

今なら鈴木を襲って大怪我負わしても、減刑の署名運動が起こるのは、間違いないな

120 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 20:29:48 ID:BfGGRuQ0
>>114
もし本当に自信作なら、誰だって少しは舞い上がると思いますよ。
でも問題は、それが自信作だということにあるのでは?
それに吾郎さんと鈴木さんは長いつきあいなわけでしょう?
鈴木さんの芸術観をよく知っている人が、
それを鵜呑みにするのは、かなり難しいことでは?

121 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 20:33:08 ID:ePxa8WLQ
その難しいことをやってのけた吾朗さんはある意味天才です。
物事嫁なさ杉の天才…

122 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 20:34:04 ID:N8gcGJDv
ゲドは自分の中の「わけわからんかったアニメ映画」のベスト2にランクインしました
1位はウテナ 2位ゲド 3位パルム 
この3つが自分の中でのワースト3
音楽・美術・演出等の総合でならゲドがワースト1になります

123 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 20:41:58 ID:mcnxJ6m1
鑑賞した自分が残念な映画
1位 陰陽師2 2位ゲド戦記 3位冷静と情熱の間

124 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 20:42:22 ID:ePxa8WLQ
2006年09月01日

2006年 9月

9月1日(金)
今日から、ベネチア映画祭出席のため、鈴木Pと吾朗監督がしばらく不在。
制作部門がまだ夏休みということもあって、ジブリは火が消えたように静か。
おまけに急に涼しくなったせいか、なんとなーく、さびしい気持ちになる。
ただ、広報部では、早くも今年の忘年会の話で、盛り上がっていたのだが。



9月2日(土)
今日も人が少ない。夜七時に、社を出たところ、タイムカードは最後の一人だった。
これで社には警備さんしかいないことに。
こんな日は、スタジオジブリ始まって以来なのではないかと思われる秋の珍事であった。




これ、ジブリの公式のTOP。
忘年会の話?ジブリ始まって以来の珍事?

ジブリが変になってる・・・


125 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 20:54:52 ID:WmRSe++u
地元紙のコンペ作品評で、パプリカが最低ランクと紹介したとこで、
ゲドについて「糞映画と評されながら日本での興行成績はトップ」。

(Maledizione という単語が「こん畜生」という意味。)

ttp://www.sorrisi.com/sorrisi/diretta/images/023001038621.pdf


126 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:06:21 ID:uYuRG859
今の記事だとまだ、各国から公開のオファーがどうのとかいう話も無い。
一般公開分でブーイングされたらその分のデータも合わせて酷評記事が掲載されると思うよ。

127 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:17:57 ID:ePxa8WLQ
http://editorial.gettyimages.com/source/search/FrameSet.aspx?s=ImagesSearchState%7c0%7c0%7c-1%7c28%7c0%7c0%7c0%7c1%7c%7c%7c0%7c0%7c0%7c0%7c0%7c0%7c0%7c0%7c7%7c%7cGoro+Miyazaki%7c2233391784121335%7c0%7c0%7c0%7c0&p=7&tag=4

芸スポにあったこのリンクが気になる。

晴れ晴れな顔してるゴローが恥ずかしそうに手を振る姿は完全に勘違いしてる。

鈴木は・・・・・・もう死んでくれ。


あと、あの巨大アルマイト竜はなに????????
誰が作ったの?電通さん?

128 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:20:44 ID:WmRSe++u
>126
>125の記事は公式上映直前。別のメディアに4日付の記事はあった。
ttp://www.primadanoi.it/modules/bdnews/article.php?storyid=5410

> アニメーションに生命力を感じない、ほかに天才が東洋から現れるだろうか?

と書いてあるっぽい。(英訳かけてから読んでるので適当)

129 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:23:13 ID:WmRSe++u
>127
竜のオブジェは写真の日付からして、東京国際アニメフェアの
ジブリブースのはず。

130 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:27:20 ID:12xzcmMC
>>124
二人がベネチアから帰ってきたら、ジブリには誰も
いなかったりして。


131 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:31:09 ID:bDfx68K9
>>130
バロスwwwwwwwww

132 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:32:30 ID:iJEzr2Lq
http://www.primadanoi.it/modules/bdnews/article.php?storyid=5410

(いい加減な訳ですが、ほぼ的を得てると確信してます。)
>宮崎吾郎の映画に、劇場全員の期待されていた賞賛の確信を砕かれました
>映画はまるで古いテレビゲームのようで、父親との大きな違いをより強く見せます
>テーマが「薬物と薬物に依存する人」だったり、「死と生命について」だったりとやたら古臭いです
>吾郎には才能が無いです。パヤオのような天才はアジアにはもういないのでしょうか?

↑・・・つまり日本とほぼ同じ評価だったわけですなwww

133 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:33:55 ID:zbeANtXK
>>127
炊き出し用の巨大ヤカンか?
大きいなぁw

>>130
忘年会じゃなくて、解散パーティーの相談か…わかる希ガス

134 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:35:11 ID:zbeANtXK
>>132
えええええええええ〜〜〜っ

日本の恥や、ガチで…でも、絶賛されなくてよかった

135 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:36:16 ID:EyLE8GUM
>>132

これで世界中の批評家から信頼を失ったな。
ジブリ&鱸&ゴローは。

136 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:37:18 ID:7lJeDqB/
的は「得る」のではなく「射る」ものだ、とお約束のツッコミをしておこう

137 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:37:21 ID:BOPnQnNi
ざ ま あ み ろ

138 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:37:43 ID:iJEzr2Lq
>パヤオのような天才はアジアにはもういないのでしょうか?



この一文で完全に吾郎ゲドを否定してるよなw
ジブリオワタwww

139 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:40:15 ID:LbQ4QaX2
アニメ「パプリカ」獲るぜ!金獅子賞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060904-00000020-spn-ent


1060人収容の会場は満席。8月31日に行われたコンペ出品の米映画「ハリウッドランド(原題)」の上映では、
人気俳優ベン・アフレックらが出席したにもかかわらず700席ほどしか埋まらず、
今監督の注目度の高さを証明した。レッドカーペットや劇場内でもサインを求めるファンに囲まれる人気ぶりで照れ笑いを浮かべた。

 筒井康隆氏(71)の小説が原作のSFアニメ。劇中はベネチアのゴンドラが登場するなどサービスたっぷりで、
随所で笑いや拍手が起こった。

 日本のアニメが同映画祭のコンペに出品されるのは、04年の「ハウルの動く城」に続き2度目。
会場で配布される映画祭の公式雑誌の星取り表では、最高の星5つを付ける批評家も。
今監督は金獅子賞(最高賞)への手応えについて「それは人が決めること。くれりゃあうれしいけどね」と笑った。

140 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:41:21 ID:ZHnH2gtn
>>125
La maledizione del forziere fantasma は、パイレーツオブカリビアン2の副題みたいだよ。
「PC2 を抜いて一位だった」と書いてあるだけではないか?

>>132
俺も英訳かけてから読んでるからわけわからんが、
an other champion of the animation is being born in East? だから
「東洋からもう一人の天才が生まれようとしているのだろうか?」っぽくないか?

もしかして、マジで外人さんには評判がよかったりするのだろうか…orz

141 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:41:31 ID:GMg7KBwo
今日、ついさっき見てきた。

アレンに共鳴する奴ってヘタレだと思った。
一般的な若者像ではなく、一般的に蔑まれているダメ人間の若者像だよね。
あたかもみんなそうだ、的に書かないで欲しいよ。
なんだこりゃって思っちゃう人多いと思う。
なんでジブリの名前を使った映画で、そんな奴を取り上げるかな・・・。
もっと解りやすく、夢を持って行動する前向きな若者を書いて欲しかったよ。

142 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:42:11 ID:oTJ1qz67
       ,.ィZ三三ニミヽ、
      _〈〈〈 ┴┴\\ミミヽ
     イ/       ``` \
   //// :            トk
   l | |:{  :            キ|l
   | | |/   :___,,.  、,__ V|
   〈| |:|  ;≦=ニ´   >─ミ; Yヽ
  l⌒川=y'´_,xュ-ヽ= { ,r牙≧}| }
  V リ  ヽ´ー彡 /  ヽ ̄ ノ〃/
   ヽ, 〉    'ー ん、 _入 ̄  |/  吾朗君には悪いのですが利用させていただきました。
    ヽゝ 、 __/、、.≧≦、、_ヽ__.l   人類は宮崎駿が唯一無二の超天才であることを痛感し、
   ,.イハ  { { t彡┬〒Tiオ }/    駿の次回作への渇望にも似た依存度は頂点に達する。
  /   ト、,ト、 `トミエエ彡´ / \  今回の失敗もすべてはシナリオどおりというわけなんですよ。
                         まあ60億円のオマケが付いてきましたがねw
./      | |\;';';';';'TrrrrT;';';'
       l \ `ミ从从从シ´.| |
      ト、 \  ̄ ̄  ∧|

143 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:43:21 ID:EyLE8GUM
>>140
>「東洋からもう一人の天才が生まれようとしているのだろうか?」っぽくないか?

それ、文脈的に皮肉だから。

144 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:43:26 ID:BOPnQnNi
>>141
この期に及んで観にいくおまえもヘタレだろw

145 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:44:59 ID:iJEzr2Lq
>>143
グインの「good film」みたいに誤解する人がいないように
意訳しておきましたwww吾郎辞めろ鈴木死ねwww


146 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:45:39 ID:LbQ4QaX2
ベネチア映画祭で大絶賛   今敏監督 「パプリカ」
http://www.youtube.com/watch?v=ERaLC28EaQo
2006年度最高と名高い    細田守監督 「時をかける少女」
http://www.youtube.com/watch?v=ErBhIwmyYiY
ジブリ最大の汚点       アニメ素人 「ゲド戦記」
http://www.youtube.com/watch?v=GtIA1Ez4njg


147 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:47:02 ID:GMg7KBwo
>>144
見るもの無かったし、彼女と時間が合ったから見ただけ。
あんまりにも「金返せ」な内容だったから書き込んだw
映画の後、食事した時にゲドの話を一切しなかった。
ヘタレの話をしながら飯を食っても不味いw
このスレ住人はみんなそんな感じで見終わったんだろな。


148 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:47:14 ID:MtRM7hd5
>>132
5分くらいのスタンディングオペーションっていうのを、
最低の礼儀としないで、ストレートにブーイングしたり、途中退席する方が
逆に、暖かい感じさえしてきた。

149 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:48:34 ID:zbeANtXK
>>147
彼女が怒らなくてよかったね

150 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:53:06 ID:GMg7KBwo
>>149
こんなことで怒ったり、喧嘩したりすることはないよw

とりあえず、大まかな流れは悪い魔女を退治したってことだから、
水戸黄門でも見た気分。
水戸黄門のほうが良作だね。

151 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:54:56 ID:mcnxJ6m1
>>132
>映画はまるで古いテレビゲームのようで、父親との大きな違いをより強く見せます
これ公開直後からしばしば指摘されてるよねえ。いかにも「日本的」な評価づけだと
思ったらイタリアでもいわれるのか。あたりまえだけど、甘い仕事は見抜かれちゃう
もんだなあ。

152 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:55:31 ID:BOPnQnNi
だっせぇ世襲アニメ会社ジブリ

153 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:55:32 ID:LbQ4QaX2
ロマンアルバム鈴木Pのインタビューより


吾朗  「鈴木さん何巻やるつもりなんですか?」
鈴木P 「3巻やるつもり」
吾朗  「わかりました」
鈴木P 「影との戦いを入れて欲しい」
吾朗  「こんな感じでいいですか?シナリオも直しますね。」

吾朗  「冒頭はお城に竜が降って来るシーンから始まるようにします。」
鈴木P 「地味だからもっと派手にしようよ。竜の共食いなんてどうだろう?
      やっぱりヒーローがいたらヒロインもいたほうがいい。
      ヒロインは龍ってことしよう。」

鈴木P 「原作と違ってしまうが、映画としては面白くなる。」




吾朗監督が「あれをやりたい」「これをやりたい」じゃないんですよ。
作家性とか創作に、むやみにこだわることがない。
そういう意味では「職人監督」といえるかもしれないんです。


154 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 21:59:51 ID:EyLE8GUM
>>151

>甘い仕事は見抜かれちゃうもんだなあ。

そりゃあ、映画祭に来る連中は批評家中の批評家だし、
アレンに共感するような鬱なやつはイタリア人にはいないだろう。


155 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:02:05 ID:iJEzr2Lq
鈴木「よしゲドの監督やれ!」
監督候補「はい!」
鈴木「じゃあ三巻な!」
監督候補「はっ?僕は一巻からやりますよ?」
鈴木「じゃあお前クビ!」
監督候補「・・・・・」

鈴木「吾郎ゲドの三巻で監督やれ!」
吾郎「はい!(よくわかってない)」

鈴木「原作には無いけどアレンが親父を殺すシナリオ足せ!」
吾郎「はい!(よくわかってない)」

パヤオ「シュナをやれ〜!クロード・ロランを参考にしろ〜!」
吾郎「はい!(よくわかってない)」

ジブリスタッフ「邪魔だから豚汁とか作っててください」
吾郎「はい!(よくわかってない)」

156 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:03:25 ID:dbDTtrXU
>>150
まぁ、夏休みは彼女に怒られたとか、狙ってた子に告白できなかった。という
報告が多かったよw

>>154
>アレンに共感するような鬱なやつはイタリア人にはいないだろう。

・・・・納得。

157 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:04:59 ID:WmRSe++u
>140
検索したら確かに海賊2だった。すまない。
ttp://www.disney.it/Film/pirates/

158 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:05:02 ID:ikEtJ7jb
>>155
バイト入りたての時の自分を思い出した

159 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:06:18 ID:ZoK0QkU0
>>155
ワロタ

160 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:07:41 ID:dbDTtrXU
>>155
最後のオチが秀逸w

161 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:08:10 ID:mcnxJ6m1
>吾朗監督が「あれをやりたい」「これをやりたい」じゃないんですよ。
>作家性とか創作に、むやみにこだわることがない。
>そういう意味では「職人監督」といえるかもしれないんです。

似たようなことは漏れも一瞬考えた。基本的に駿のイメージってロマン派とか
疾風怒濤運動の芸術家像に支えられてるんだよね。霊感を得た天才ってかんじの。
対して吾朗の独創性作家性の無さは確かに、現代的な芸術家像、コンポーザーとか
プログラマーにつながるようにも思えるけど、錯覚だと思う。後者に必要なのは
豊富な知識と自覚的方法論と技術だから。その意味では吾朗には疑問符がつきまくる。



162 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:09:54 ID:lhzEMeI5
>>147
>映画の後、食事した時にゲドの話を一切しなかった。

俺たちとそっくりの状況でワロたwww

ていうか、この映画本当に語ることないんだよな。
つまらないっていうより、何もないんだよ、これ。
俺は文才がないからうまく説明できないけど
映画になってない、っていう意見がしっくりくる。

163 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:10:54 ID:+ze7yP63
俺の息子はただの豚だ

164 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:11:53 ID:dbDTtrXU
39歳と58歳で生きようと思った・・・・・・・・

165 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:13:03 ID:dbDTtrXU
落ち込んだりもしたけど、私は能天気です。


166 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:14:11 ID:yISiDysq
原作者からは抗議され
韓国とベネチアで撃沈。

それでも世界50ヶ国で公開するのか?
小学生の落書きを。


167 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:15:02 ID:ZoK0QkU0
YAHOOレビュー凄すぎる。吾朗はピカソらしい。

>ピカソの絵,考えに通じる作品

>批判を経験したピカソの言葉 
>「芸術は批判でなくてはならなぬ。批判を伴はない,単に大衆を喜ばせるだけの
>テクニックによっ手生産された作品は、人間が労力を掛けてなすまでもない工業製品であり、
>逆に,人間の労力を不本意におとしめる(価値を下げる)ものでしかない。
>思うに,評論はいつの時代喪浅い批判にしかなり得なかった。
>なぜなら,評論の求めるものは具体的で現実的な提言だったからだ。 
>芸術作品とは現実的で,それでいて遥か彼方を見据えた批判の結晶を称する,
>ひとつの尊称なのである。表言がいかに飛躍していようとも,
>共感者が全ったくいないものであろうとも,
>遥か未来には理解する人が居ることを信じよう。」 
>アーティスト藤幡正樹さんのある対談・・ 
>「価値感というのは与えられるものじゃない。結局アートって
>分かんないものものなんです。でも分かんないってことが大事なわけ。
>分かんないってことはそこに深さがあるから,深いから分らない。
>全ったく無意味だから分らないってうのではなく,
>分らない深さっていうのが大事なのです。
>たとえばピカソの絵も分らないっ言われてきたきたじゃない。
>すごい時間かかって色んな背景も理解されて理解が成立する。
>だから分らないといって過ぎてしまうのではなく,
>色んな形で接点をみつけていくことが面白いのです。」  
>これは映画にも通じるのではないでしょうか。
>ゲド戦記の世界では「言葉は沈黙に」というのがでてきます。
>説明し過ぎるのではなくゲドのように他者が自分の力で何かを
>得るよう見守っているのと同じような意図がこの映画には感じるのです。
>何を感じるかはその人次第です。



168 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:16:30 ID:dbDTtrXU
こんな変な生き物もまだどこかにいるんです。たぶん


忘れ物、落としてきました。



169 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:19:01 ID:dbDTtrXU
2世だってがんばっているんだよぉ

しねよ

私は鱸と旅にでる

カッコワルイとはこういうことさ

ふたりだけで、暮らした

170 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:20:52 ID:ikEtJ7jb
>>167
ピカソに500万回くらい土下座した方がいいな
そいつピカソの青の時代を知らんのかw

171 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:21:06 ID:D96wKASV
きらいな人が、できました

172 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:22:02 ID:oTJ1qz67
>>164
普通に生きられるだろw

173 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:24:45 ID:dbDTtrXU
この変な生き物もまだここにいたんです。ほら

のほうがよかったかな?

174 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:26:09 ID:ikEtJ7jb
さっきからキャッチコピーで笑点やってる奴らは何なんだよw
今度補充された新人よりうまいじゃねえか

175 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:27:20 ID:F2Zfacho
結果的にみんなが何によってむくわれるかといえば、その作品がおもしろいか、
おもしろくないかということだけなんですね。
いままで演出の人をいろいろ見てきたけど、みんなのいうとおりに枚数減らしたり、
現場にシワ寄せをかけまいと作った人はだれひとりとして尊敬されないです。
クソミソです。
作っているときに”鬼め”といわれている人のほうが、終わったときに、
みんな自分の仕事に対して納得するんですね。
やらせるほうはイヤなことも心得て、ちゃんとやらなければならないから。

宮崎vs押井対談より
・・・ああ、ゲドは作品じゃなくて商品だったな。

176 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:28:58 ID:iJEzr2Lq
『館長を辞めて 鈴木と語り 父をまねるパクリの人・・・』

177 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:31:27 ID:yISiDysq
見えるものこそ。
(金、名声、ブランド)

178 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:31:40 ID:jQsPZyfm
100歩ゆずっても「ピカソ風の絵」でしかないな。ゴローの映画は。

179 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:33:48 ID:ikEtJ7jb
>>178
ピカソ風ですらねえよw
ただの素人がムチャクチャに書いた奴を「これピカソっぽいよね」とか
言い合ってる程度で充分

つかほんっとうにアレなんだ?あの編集。もう冒頭のゲドが船漕いでるシーンあれヤバいぞマジで
映像系の専門学校生ですらあんな撮り方はせん

180 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:34:03 ID:dbDTtrXU
今でも吾朗と鱸はひとつです。

181 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:34:12 ID:uYuRG859
>>167
未だにピカソを引き合いに出すバカが居るんだな。

それとは関係ないが、どんな作品でも裏事情知ったら感情移入で審美眼が曇ったりする。
制作時に監督が病気とか、死んだとか、家庭に不和があったとか、ヤクザに脅されたとか
俳優のスキャンダルとか、スポンサーが居ないとか、大先生が作ったとか、全く経験が無いとか

全部作品には関係ないから。
単純につまらんから。

182 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:34:14 ID:ZoK0QkU0
「ゲド戦記」初日舞台挨拶

MC:皆さんがどんな感想をお持ちなのか、心配になりませんか?

宮崎監督:
なるべく聞かないようにしています(笑)。

MC:「ゲド戦記」は、第63回ヴェネチア国際映画祭に特別招待されることが
発表されました(会場から盛大な拍手)。
とても名誉なことですが、宮崎監督、感想をお聞かせください。

宮崎監督:
同時に押井守監督の「立喰師列伝」も上映されると聞いて、
「ヴェネチアまで行って押井さんに会うのか……」と思ったら、
ちょっと暗い気持ちになりました(会場笑)。


183 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:37:04 ID:WVLJQcKM
>>170
ピカソやマティスの絵は、天才と呼ばれる人達が、絵の技術が
頭打ちになった中でいかに自分を表現するか試行錯誤して
生み出されたものだもんねぇ。

まあ、そんなこと言ってる俺も後期のピカソより、青の時代の
絵の方が好きなわけだがw


184 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:37:09 ID:nW+koPDP
>>140
つーか、あれかな。キリスト教だと命のリレーって概念ないよね?
死ぬのを極端に恐れるアレンに「こうして命は受け継がれていくんだよ」という
テルーの言葉が救いになるシーンが印象深かった、とか?

テルーの言葉は理屈として立派だけど、実際は程度の差こそあれ
誰しもクモのように死にたくない、できれば不死でいたい、と執着するだろう
そこを描いたのが正直でよろしい、となったとか?

原作読んでないので的外れだったらごめんね。

185 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:37:21 ID:7lBSEUhr
>「芸術は批判でなくてはならなぬ。批判を伴はない,単に大衆を喜ばせるだけの
>テクニックによっ手生産された作品は、人間が労力を掛けてなすまでもない工業製品であり、
>逆に,人間の労力を不本意におとしめる(価値を下げる)ものでしかない。

ここだけ読むとまさしくゴローに対する非難だけどな。こっからゴローを援護に向かうか。
無茶しやがって。

186 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:38:56 ID:dbDTtrXU
>>185
の無茶しやがって。
をクロトワ風に読むとかなり笑えますw

187 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:42:54 ID:9vpNnsle
>>132の訳って、なんか間違ってるような気がする
英訳かけて読んだだけだけど
すごく褒めてる文章に見える

188 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:44:28 ID:BfGGRuQ0
宮崎駿さんは「芸術はアレンジにアレンジを重ねて発展していくもの」みたいなことを
以前どこかで言ったはずですが、あれは「ポール・グリモーをマネした言い訳」なんかじゃ
なくて、真実だと思うんです。未来少年コナンだって、シュナの旅だって、
元になった話はあるけれど、それをあそこまで膨らますことは並の人にはできない。
でも、すでにそれ自体がすぐれた構成を持っている原作をベースに作るのは、
本来ならずっと楽なことのはず。
もちろん、ジャンルの境界を超える上での苦労はあるでしょうが、
ここは絶対変えてはいけない、とか、この伏線がとても重要とか、
そういうことがわかる人は多いはずなんです。
マクベスや忠臣蔵みたいな古典を見に行く楽しみには、
演出がそのへんをどう処理しているかを見るということも含まれる。
ところが153に紹介されているような話を聞くと、
吾郎監督にはそういう力さえ乏しいのかな、という気がしてくる。
これは本当に悲しいというか、さみしいことです。
チャンスをくれた鈴木社長には逆らえなかっただけ、と思いたいところだけど、
作品を台無しにするような指示を受け入れねばならないなら、
監督をさせてもらえても意味がないわけで、
ニッコリ笑って「それはできません」と言うことがない人には、
やはり監督をするのは無理かもしれない、と。

189 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:45:52 ID:F2Zfacho
>>187
君はGood Filmをもう忘れたのかね?

190 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:46:23 ID:yISiDysq
おいおい英訳かけて読んでるけどぜんぜんほめてないよw
「古いゲームみたい」と皮肉たっぷり。

191 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:46:23 ID:fD8/wxeQ
>>187
その訳をここにはってください。


192 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:46:27 ID:dbDTtrXU
>>188
お、お、お・・・
的をついてるけど、ちょと長いなw

193 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:47:10 ID:142xzhwe
>>187
的を得るやつの言う事はわかりませんから

194 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 22:59:49 ID:ZHnH2gtn
なぁ、だれかイタリア語が出来る奴いないか?
俺が必死に辞書引きながら訳したら、べた褒めっぽいんだけど…
かなり意訳だけどこんな感じに読めてしまったのだが

> 宮崎吾朗のゲド戦記は、満員の部屋中の喝采を浴びた。泣いている人もいた。
> 父の作品(千と千尋)と比べると、吾朗の作品はより絵画的であるといえる。
> 主役と脇役の差が非常にはっきりとしていて、それはたとえるなら昔のテレビゲームの
> 動かない背景とキャラクターのように鮮明に分かれている。
>
> 同時に、父にくらべてより現代的である。たとえば、テーマとしてドラッグ
> と薬物依存を扱っているし、より古典的な話題である死んだ女(クモのこと
> だと思われw)の不死との戦いも、大賢人によって救われるという落ちではない。
>
> そこには能力と才能があり、また成長するにふさわしい時代でもある。
> 駿に続き、東洋の次なるアニメーションの天才が現れたのだろうか?

195 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:00:09 ID:e9Inn9r4
親殺しを、駿を殺すという暗喩だとしたら、吾郎の作家性は高いと思うよ。
ノーキャリアで監督が出来るってのも常人じゃないって証拠だろ、おまえらに出来る?
七不思議の一つ、テルーが唐突に龍になるのを吾郎が唐突に監督になることに引っかけた演出ならば、
光ってるとおもうよ、奴のセンス。・・・って深読みしてみると面白いかも。
リーダーってなろうと思ってなれないもの、監督も同じ。やはり奴には何かあるんだよ。

196 :puku:2006/09/04(月) 23:02:59 ID:q6Ztqpzl
キリスト教だと命のリレーって概念ないよね?


つ 一粒の麦(byざBOOk
..........いにゃっや、無い証拠になってえしまううかもしらぅんが

197 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:05:52 ID:Y1CBe7yI
生まれ(運)も実力ってことか
なら仕方ないよね妬んでもさ

198 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:06:06 ID:EyLE8GUM
>>194

それ、褒めてると思うわけ?

199 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:08:50 ID:dbDTtrXU
>>196
puku、もちつけ
ワカワカメはレスになっている

200 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:10:04 ID:A413Bbzq
 
ヴェネチアで大絶賛なら今ごろ大ニュースでいたるところでやるよ

終盤興行もうなぎのぼりに上がるしな

電通に博報堂だろ?w


シーンと沈黙を守ってるってことはつまり駄目だったってことだよ

 

201 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:13:19 ID:fD8/wxeQ
バカじゃね?
父殺しは鈴木の案だよ。
ごろーは「そんなことするんですか?」という反応。
親のすねかじりごろーにとっては、親は死んでもらったら困るんだよ。
まんまと鈴木に騙されたやつっているんだな。


202 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:13:48 ID:ZHnH2gtn
>>198
俺の読解力だと、べた褒めに見えるんだよなぁ…
俺の見たのとは違う映画が上映されたんじゃないかと疑ってしまう
(イタリア語字幕をつけた人が神だった、という可能性もあるか)

203 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:13:55 ID:kGaJ/Q51
ゲドを見終わったあと、チケットの半券で割引になるカレーを食いながら
必死に「よかった探し」をする友人と俺
そうでもせんと払った1800円に申し訳なくて
俺たちはこの映画を見て楽しめたんだ、きっとそうなんだと自分を騙す
そうでないと心の闇に体が支配されてしまいそうだったんだよ
中辛なはずのカレーだが、なぜか涙の味がした

204 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:14:52 ID:tqliOJVH
>>201



205 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:16:09 ID:fD8/wxeQ
バカじゃね?
父殺しは鈴木の案だよ。
ごろーは「そんなことするんですか?」という反応。
親のすねかじりごろーにとっては、親は死んでもらったら困るんだよ。
まんまと鈴木に騙されたやつっているんだな。


206 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:17:56 ID:6APulW8w
縦読みって、本文のほうも、けっこう説得力あるんだよね。たいてい。
天才かと思ってしまうよ。おんなじ人がつくってんのかな。

207 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:18:41 ID:oTJ1qz67
>>201
君は縦読みに騙されている

208 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:19:42 ID:yISiDysq
>より古典的な話題である死んだ女(クモのこと
> だと思われw)の不死との戦いも、
>大賢人によって救われるという落ちではない

原作と違って映画の「クモを暴力的に殺した」改悪は
原作者の失望の原因のひとつ。
伊でも原作読んでるやつ一杯いるだろ。

つまり原作者の抗議を前提とした56の原作改悪に対する高度な皮肉だよ。

209 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:20:27 ID:qotSXvXx
なあ吾郎

お前はあやつり人形か?
生きたまま死んでるのはお前じゃないのか?

こんな駄作で映画祭に招待されて、
のこのこ出て行くなんて、死ぬ以上に辛い恥だってこと
なんでわかんないの?

これを世界に晒して正気でいられるなんてありえないぞ。

たのむ、お前がほんの少しでも
自尊心と自分の未来に夢を持ってるなら
これ以上表舞台に出るのはやめてくれ。
勇気を持って、ゲドは駄作であることを主張し、
今後このような人の心を傷つけ、金をかき集めるだけの
悪意を二度と行わないことを誓ってくれ。

たのむ、もう二度とやめて、こんなこと・・たのむ・・・

210 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:23:39 ID:6Wwzza+T
(・∀・)プップップ=3

211 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:24:35 ID:kGaJ/Q51
吾郎「ごめん。ごめんね。許してなんて言えないよね。酷すぎるよね・・・」

212 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:26:55 ID:BfGGRuQ0
>>192
すんません。迷惑ついでにもう「二言」。

あのね、もうね、こうなったらね、
ジブリに期待するのはやめた方がいいかも。
お父さんの方だって、実際もうあと何作作れるかわからないし、
真剣で凶暴で純情で意地悪なマニアたちが、的確でオーバーで切実で無責任な批判を
いくらくりかえしても、ジブリの御三方が悔い改めて生まれ変わる可能性は少ない。
それならいっそ、まったく新しい人に期待した方がいいのでは、と。
小さな作品からはじめるっていうやつ、本当は吾郎さんがやるべきことだけど、
そういうのを、この板に来る人にも作ってみてほしい。
そりゃ、滅多にいませんよ、単に絵がうまいっていうだけでなく、
作品と呼べるものを作れる人は。
でも、20年ぐらい前のマニア達は、フジの8ミリとかで一コマずつ撮影しながら
自主制作アニメを作ってたわけで、当時の苦労を考えれば、今は天国ですよ、天国。
話そらしてると思われたくないし、この話はこれでお終いにしますが、
私みたいに四十過ぎて才能もないのが明白な人はともかく、
若くてアニメが好きな人には、ぜひトライしてみてほしい。
たった3分でも、稚拙でも、光るものがある作品は心に残るもの。
山本るり子さんの「ブロッケンの亡霊」なんて、
20年以上前に見たはずなのに、タイトル覚えてました。(^^)

213 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:34:06 ID:e9OAf1ZZ
外国語板の、イタリア語を教えてくださいスレで聞いてみたところ、
ここはイタリア語訳をするところではないから自分で勉強しろ、と
言いつつも、要するに簡単に言えばクソだと言ってるんだ、と教えて
くれたが・・・。
ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gogaku/1154869111/

233 名前:名無しさん@3周年 :2006/09/04(月) 22:48:16
>>231
簡潔に言えば

クソ

だといっている。

214 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:35:40 ID:D96wKASV
>>212
この板に来る人のほとんどは別にクリエイター志望じゃないし

215 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:37:14 ID:8umyJTA+
>>213
いや、それは適当にあしらわれたのではないか?
スレ違いだろうし

216 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:37:46 ID:qotSXvXx
ジブリになんか元々期待してねーよ

パヤオが死ぬまでパヤオの作品が見られればそれでいい。

パヤオの代わりは居ないけど
アニメスタジオの代わりはいるもの。


217 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:43:12 ID:uYuRG859
>>212
しかし、もはやパヤオの次回作すらあてにはできない。
今回の「ヒット」が原因で鱸の発言力が更に増す。
残っていたスタッフも更に減るだろう。
目指すクオリティのものはできないだろうし、鱸からは手抜きを求められるだろう。

なにしろゲド程度で観客が来るんなら本気で作る必要ないもんな。

作画は国外への発注率があがり、音楽もどうでもいい人選になるかもしれん。
先にパヤオがペンを折るか過剰宣伝の凡作が生まれるかじゃないのかね?

218 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:47:54 ID:qotSXvXx
今後パヤオが作るのは
美術館向けのショートストーリーだら?

219 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:52:14 ID:9vpNnsle
>>187だけど
もう一度読んでみたら
なんかすごくけなしてる文章に見えてきた
さっき読んだ時は、全部逆にとらえてたのかな

220 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:57:11 ID:ZoK0QkU0
ジブリはこれまで徳間書店の下で、
かなり自由にやらせてもらっていたが
昨年の独立で過去にジブリが製作した作品も含めた営業権を
徳間書店から100億円から150億円 譲渡してもらった。
その為の資金は東宝、日本テレビ放送網、電通、博報堂DY
出したことで鈴木敏夫ジブリ社長は金に走る上に
上記企業の言いなりにならざる得ない。

用はジブリ独立(鈴木の野望)が生んだ悲劇の始まり。
徳間が趣味でスタジオ抱えてた頃のほうが自由になんでもできるだろう。
徳間会長が亡くなったのが痛い。

221 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 23:58:09 ID:i6v9xE7J
>>217
映画会社がジブリに求めるヒットは100億が目安だから今回は「やっぱ宮崎駿じゃなきゃ
ダメだ」という結論。ゲドは最終成績は恐らく75〜80億でやっつけ仕事の「猫の恩返し」
よりちょっと上というレベルだもん。宮崎駿が次回作やって次々回やるとすると完成時
71歳だからなぁ。やっぱアニメの監督は無理だろうな・・・。
そうすっと次回作が監督引退作になると考えて間違いないのかなぁ。

222 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 00:02:38 ID:K35RIfKU
何となく、亀田兄弟と似たような臭いを感じてしまうなあ。
こんなことでいいのかな、宮崎親子は。

223 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 00:08:38 ID:SQxsSt0g
総天然ボケ家族愛劇場「亀田物語&宮崎物語」

224 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 00:11:22 ID:o0FYock/
おまえら自分の目を信じろよ

ゲド戦記がベネチアで評価されるわけないだろ
何観てきたんだよ
あの出来だぜ?

あれで高評価ならイノセンスだって賞取れたぜ

225 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 00:16:07 ID:twjarTjl
       ,.ィZ三三ニミヽ、
      _〈〈〈 ┴┴\\ミミヽ
     イ/       ``` \
   //// :            トk
   l | |:{  :            キ|l
   | | |/   :___,,.  、,__ V|
   〈| |:|  ;≦=ニ´   >─ミ; Yヽ
  l⌒川=y'´_,xュ-ヽ= { ,r牙≧}| }
  V リ  ヽ´ー彡 /  ヽ ̄ ノ〃/
   ヽ, 〉    'ー ん、 _入 ̄  |/
    ヽゝ 、 __/、、.≧≦、、_ヽ__.l
   ,.イハ  { { t彡┬〒Tiオ }/ <作品的にも興行的にも大成功☆
  /   ト、,ト、 `トミエエ彡´ / \
./      | |\;';';';';'TrrrrT;';';'
       l \ `ミ从从从シ´.| |
      ト、 \  ̄ ̄  ∧|
          ∧  彡 / /


226 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 00:18:14 ID:NHTtI9oi
ロリコンだったり、オタクだったり、組合活動でズタボロにされたり
やっぱなんかコンプレックス持ってるヤシがつくんなきゃだめだよ。

偉大な父親(家庭内の内実はしらん)の二世つーのは当人にはコンプレックスでも
なかったんだろうな。鱸も父殺しなんて水を向けたのにな。


227 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 00:19:47 ID:SQxsSt0g
結局、鱸の策略は成功したんだろうな

228 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 00:28:18 ID:+Y7/d8cK
正直言って吾朗に比べたら亀田親子のほうが百倍マシな気がする

229 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 00:28:42 ID:oIz7pjz2
>>224
だよな
原作者のコメントが出る前も色々悲観的な予想があふれてたけど、
結局原作者もここでの感想とほとんど同じだった

230 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 00:33:50 ID:PJPRZit8
ttp://pc.gban.jp/?p=5506.gif

231 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 00:37:26 ID:ldUxcQE4
今年の流行語大賞
「good film」

232 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 00:43:29 ID:twjarTjl
2ちゃんの感想=世間の感想=原作者の感想=ベネチアの感想=ヤフームービーの感想

違うのはメンヘルの方だけ

233 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 00:46:59 ID:wWo88WbV
つーか何で吾郎関連の叩きや考察多いの?
意味ねーって。
裏で全ての絵を描いて許可出しているの、鱸なんだから。

ジブリってブランド価値をあげて、名作と呼ばれる作品作りをし綱渡りの経営より
純利追求の拝金主義にシフトしてんだよ。

ジブリに名作を作らなきゃ会社がヤバイって思わせるには
観に行かない、グッズ買わない事が大事なんだよ。

売り上げにこちらが貢献すると、今の流れのまま調子に乗らせるだけだから。

234 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 00:50:31 ID:gBRx4jSw
結局宮崎父は情に竿さして流された訳だ。
部下より子供が可愛い只のバカ親父だったって事がショックだ。

この人は自分の仕事にキビシイ人だと思っていたからな。

235 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 00:52:23 ID:aGvz7fk3
>>219
自分も英語翻訳を読む限りは誉めてるように読んだ。
ベタ誉めってほどには思わなかったけれど。
こういうレビューでは皮肉はしないと思う。
(そう読みたい気持ちはヤマヤマだけど)
まだ結果が出るまで間があるし社交辞令的に
この程度の賞賛レビューは出すかな?と思った。

236 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 00:53:47 ID:APRlLzHg
宮崎家とジブリ首脳陣はロイヤルファミリー並みに人気だなw
お前ら、愛して愛してやまないんだなw

237 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 01:11:52 ID:7SVVaV3d
海外ではスタジオジブリよりミヤザキハヤオの方が大事だとすると、
亀田選手的な受賞はあっても、上映権を求めてくる劇場の数は減るかもしれませんね...。
もっとも日本でも外国でも「ディズニーなら」「ピクサーなら」監督は誰でもとりあえず
行く、というお母さんは多いでしょうが。
(ディズニーやピクサーはええ、と言ってるわけではありません。念のため)

238 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 01:14:58 ID:tz8GA5Ky
まぁピクサーならいきなり無意味に親殺しした鬱男が主人公ってことはなかろ。

239 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 01:16:27 ID:SQxsSt0g
別に愛してないけどなぁ

そりゃ、ナウシカは衝撃だったけど、今までに劇場に観にいったのは
「ナウシカ」「トトロ・火垂る」「ぽんぽこ」「千尋」だけだったし・・・・・・・

でも、ジブリには、賛否あってもそこそこセーフの作品を作り続けて欲しかっただけ・・・
失望はしたくなかったなぁ

それも、ハヤオかイサオが作った作品がどうしようもなくって、
もう才能が尽きたな・・・って思うならまだしも

なんか、鱸に担がれた2世に、失望されられた自分が悲しくってやりきれない。って感じかなぁ
さらに、知れば知るほど、鱸が空気嫁なさ杉の確信犯だとわかってきたから
余計に虚しいわけで・・・・・・・

240 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 01:21:04 ID:twjarTjl
勲に復活して欲しい

241 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 01:23:36 ID:MIYbq68V
ささき?

242 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 01:26:55 ID:ldUxcQE4
New Yorker誌「The Auteur of Anime(アニメの映画作家)」と題する記事

「僕が小さい頃、彼は夜中の2時に帰ってきて朝は8時に起きて、
一年中TVシリーズをやっていました」と宮崎吾朗は回想した。
「たまにしか会えませんでした。」
「よし、家にいるな」とチェックするためだけに毎朝父の部屋を覗いて、
眠っている父を見ていました」ジブリ美術館のために、
三十代前半になって初めて父親と一緒に仕事をし始めて、
吾朗は「家にいない父親であったがゆえに、父の創作プロセスをよく理解した」
と感じたという。「子供の頃、父を研究しました。
彼についてもっとよく知るために、僕は彼の映画を熱心に見ました。
彼について書かれたものはすべて読みました。彼の絵を研究しました」
残念そうにくすくす笑いながら、彼は付け加えた。
「僕は自分のことを宮崎駿の一番の専門家だと思っています」

243 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 02:27:25 ID:6GYq20L3
てかさ、ついにゲドのCMが、物語のサビを流し始めたけど良いのか?w
アレCMで流しちゃったら、もう映画で見るところなくなっちゃうぞw
あのセリフだけは菅原パワーでそれらしく見えたってのにw
テルーのはCMで見てもウザイだけだが。

244 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 02:31:25 ID:+2yrm3gp
スタンディングオベーションあったんだってな スゴイな
あっちの人はダメならすぐブーイングかすぐ席を立つ
たけしの作品と同じくやっぱりこの作品は海外の方が受けるのかもしれない

245 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 02:31:38 ID:G+fNjQDW
マジで CMでいくら使ったんだろ 宣伝費30億って あながち間違ってなかったりしそうなのも、、、

246 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 02:46:59 ID:xETyUrju
ベネチアについては、王様の耳は驢馬の耳ってヤツで
駄作!と誰かがいうと皆で一斉に言い出すんじゃないか?
ゲド戦記も最初見たときはニワカに信じがたかった。


247 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 02:47:31 ID:XxgXU2pf
またピックルわいてきたよー

248 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 02:55:34 ID:nxyJOZWe
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/comic/1156629897/142

漫画板の江川達也スレから。『クリエイターの10ヶ条』として
スレの当人はそれを守らず連載2本切られたばかり。

で、ゲドの場合は…。

249 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 03:01:34 ID:1NuzYnCg
オホホ

250 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 03:55:12 ID:Abzm4uUV
心オナニー

251 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 04:39:53 ID:ZZIdf6lp
>>242
吾朗甘えすぎ。漏れも吾朗に近い世代だけど、
単なるリーマンのオヤジはいつも午前様で朝7時には出勤してたぞ。
パヤオくらいの年代なら、その程度のことは普通。
なに自分のこと特別視してんだよ。

252 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 04:58:18 ID:SJev+zn1
まさか次回作も今回と同規模の長編なのか?
千歩、いや万歩譲ってジブリでまた映画を作るのは許せても
高畑あたりにみっちり教えを乞うか、美術館の短編からやれよ

253 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 05:16:05 ID:q24w4CXi
新しいCMのアレンの顔がキモス
本編見てても思ったけどあの皺なんとかならんのか

254 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 05:24:00 ID:zds/ET6R
>>251
忙しいときの駿は、日曜日も家に帰らなかったようだが
君の家もそうだったの?

255 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 06:14:30 ID:yYQ494Kr
なんか、わけありで父親と離れて暮らしてた子みたいなメンタリティ。
しかも、なまじ父の仕事が追体験しやすい媒体だったために…

でも、そんなことインタビューで答えちゃうところがなんだか「幼い」

256 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 06:46:54 ID:UH/fN67b
ごくろうなこったベネチアまで行って。
ロイター通信だと五分もスタンディングオベーションだったそうだが、映画に
うるさい専門家が見て面白いってのは、実はありうるかもな、と思った。我々日本人だと
引いてしまうような説教臭いセリフもなにもかも、全部翻訳されて字幕で出てくるんだよ、
退屈な所もみんな、意味のあるナレーションって感じに外人には伝わってしまうのかもしれない。
しまいには、千と千尋より良かった、なんて声があがるかもしれない。
ロケットスターターで批判も出たが、これからもゴローに監督の依頼は来るに違いない

257 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 07:24:38 ID:YsDvoQ/8
>>256
縦読みやるならもう一ネタ混ぜるなどヒネリ欲しい

日刊、ゴローは父親駿監督のことを「彼」と呼んでいたが
「今はパパが作っているから、4年後を目指して頑張ります」
ベネチアでは駿パパの質問メインだったそうな

258 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 07:31:37 ID:sBuFaJ5U
早いとこゴロー以外の人がジブリを凌ぐ作品を作ってくれないかな。優秀な人材が
ジブリを出たというなら、今のジブリは腑抜けの殻のはず、他からあそこに優る作品が
出てきてもおかしくない。それともこのままハヤオがいなくなったら、もうこの手の
アニメは暗黒時代を迎えるのかな。もしそうならいくらゴローを批判しても同じ事だろ。
ゴローがいなくて誰がジブリ作品の監督務めても同じなんじゃないか。(個人的には
ハヤオ作品もマンネリ化してきて楽しめなくなってきているが、それでも生まれて
初めて見る人なら充分たのしめるだろう。アニメの中でこのジャンルは彼の独壇場、
他人じゃ比肩することできない気がする。)

259 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 07:38:09 ID:yTFQdRuz
>>256があながちジョークではないかも知れないよ。
字幕は字数規制がうるから、セリフはかなり端的にまとまってるはず。
少なくとも説教臭さをかなり緩和しちゃうだろうな。

260 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 07:43:50 ID:sBuFaJ5U
いや説教臭いから逆に向こうの人間に受けたという可能性も。あっちの人は
日本人からみると理屈っぽいのが好きだし。

261 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 07:44:39 ID:7e7htICQ
>>258
つ時かけ

262 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 07:48:11 ID:7e7htICQ
だから五分程度のスタンディングオベーションならどんな
凡作でも必ずやるんだっての。
一般上映館でもないただの社交界にブーイングなんかあるわけないだろ。
スレちゃんと上から読めおまえら。

263 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 07:51:58 ID:7e7htICQ
スマソ縦読み博覧会に水を差したな

264 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 08:12:46 ID:nxyJOZWe
>262
芸スポで確認したけど、カンヌでダヴィンチに全く拍手がないと
話題になったのは、公式上映ではなくプレス試写だったんだよね。

ベネチアでも公式上映より前にプレス試写の日程は組まれていて、
ゲドの場合はすでに2日に行われた。でも、そこでの記者たちの
反応は日本のマスコミを通しては全然伝わってこない。

265 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 08:19:36 ID:iS35ITNa
プレスだったら、事前に日本での評判くらいは聞いてるはず。
手放しで評価はせんよ。

266 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 08:48:55 ID:wWo88WbV
冷静に観てるっぽい
http://www.animenewsnetwork.com/reviews/display.php?id=1026
総合評価B ストーリーC+ アニメーションA 芸術性A 音楽A

*以下意訳*
鱸が意図している”親子対決としてのフィルム”として見るのではなく、
宮崎駿の映画ではないと、頭にいれて見ましょう
ジブリの映画であり、駿の映画を意識したまま観ると期待を裏切られます。
吾郎が伝えたいことは”命を大事に”であり、手法は稚拙であるが、おおむね成功しています。


267 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 08:54:02 ID:yTFQdRuz
なんだかなー
原作者に見せに行くって言えばハラハラ
原作者がホームページ持ってるからコメント出すんじゃないかとハラハラ
監督日誌更新するかハラハラ
24時間テレビに鈴木が出ると言えばハラハラ
映画祭に出品されると言えばハラハラ


やけにハラハラさせられる映画だな

268 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 08:54:17 ID:OE6xDQZ9
>>264
日本もそうだが海外一般マスコミもゲドはスルーしてる模様。

>>266
まあアメリカ人はあの程度でもアニメーション技術があると
おもっちゃうんだろうな。

Overall : B
Story : C+
Animation : A-
Art : A
Music : A-

アニメーションはエーマイナーね。

269 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 09:01:10 ID:yTFQdRuz
でもAか。
せめてB+にしてほしかった。

270 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 09:05:42 ID:wWo88WbV
>>266
書き忘れ フォーラムでのマトメと雑感

吾郎の処女作としては総合評価Bは喜ばしいことで、
これからの彼の成長に期待したい。
ただ日本人の評価を気にしすぎ、潰れてしまわない事を願っている。
ディズニーが上映してくれることを願っている。

長い間、駿映画を見た思い出が有って、ジブリやゲドを評価しているのではなく、
新人監督として、映画を評価している感じ。
親父より品質は落ちるのが当たり前で、将来化けるかもしれんと、優しく観てるわな。

>>268
細かいなw すまんすまん
>>269
ハウル、もののけがベースみたいだから、そんな感じになるんじゃないか?

271 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 09:15:37 ID:OE6xDQZ9
>>268の和訳を見つけた

http://goyaku.seesaa.net/article/22297631.html

272 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 09:18:26 ID:OE6xDQZ9
>>266の和訳>>271ですた。

273 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 09:27:36 ID:Ar+XuwIe
>>271
この人和訳してくれるのは、ありがたいが・・・
ウルスラ K ル・グウィン にかなり萎えた。
固有名詞くらい、ましてや人物名くらい、ちゃんと書いてホシス

274 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 09:30:48 ID:OE6xDQZ9
ウルスラ K ル・グウィン の検索結果 約 77 件

275 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 09:32:42 ID:OE6xDQZ9
ウルスラだろうがアーシェラだろうが
カタカナにした時点でどうでもいいと思うが
間違いではないだろうし。

276 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 09:37:59 ID:wWo88WbV
ジブリフィルムが最高!では無く、宮崎駿が最高!って
英語圏の人にも思ってもらえてるようで、ちょっと安心したかな。
私たちにしてみれば、ジブリ=宮崎駿 だから、どうしても辛辣になるよね

277 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 09:38:03 ID:Ar+XuwIe
でも、個人名だしねぇ・・・
ま、ゴロゲドを近年稀に見る傑作 といわれるより、ずっとマシだけどw

278 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 09:40:27 ID:Ar+XuwIe
まぁ、アメリカのアニメ製作とか、すごいスタジオ主義だし

それからすれば、少しは日本のアニメの現場とアメリカのアニメの現場に詳しければ
全てを一人でこなす、ハヤオに対する評価が高いという考えは、うなずけるし、
安心するね。

279 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 09:44:18 ID:tfGSSNXv
ゲドでの背景を見ると
こりゃ結局全部1人で描かないと統一感がでないんだな、と暗い気持ちになった。

280 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 09:55:43 ID:DJYLav7j
腑抜けの殻かw
よっぽど空っぽなんだろうなw


281 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:21:07 ID:E8XgLe+/
Overall : B
Story : C+
Animation : A-
Art : A
Music : A-

ごろーがかかわってるところはCだよ。
Aのところはスタッフと谷山ひろこだろ。

282 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:21:54 ID:dn42k3t4
脚本は評価できんだろどう見てもwww

283 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:24:01 ID:E8XgLe+/
ジブリでは絵コンテと同時並行として脚本をつくる。
脚本(絵コンテ)がこけてるってことはごろー部分がこけてるってこと。

284 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:26:13 ID:jE7ndc1q
>>281
音楽の寺嶋民哉も評価の方に入れてあげようよw
そりゃ、なんか映像とミスマッチなとこもあったけど、
音楽自体は悪くなかったと思うし。ま、久石音楽とくらべれば・・・だけど。


285 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:27:02 ID:HN847Xzz
国がちがっても、だいたい同じように評価されるんだな
てことは、海外でもメンヘルには受けるってことかそうか

286 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:27:38 ID:jE7ndc1q
>>283
ハヤオじゃないんだから、先にシナリオを確定させてから、絵コンテに入ったほうが
まだマシだったろうね。色々横槍が入りすぎたよな。

287 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:29:04 ID:E8XgLe+/
>>286
いったん完成してた脚本を絵コンテ制作のときに壊したんじゃなかったっけ?

288 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:30:38 ID:jE7ndc1q
>>287
そう。だけどあれはゴローの脚本じゃなくて丹羽さんの決定稿でしょ?
どうせ、手直しするなら、シナリオ最終稿をちゃんと作るべきだったと思って書いた。

289 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:34:20 ID:+8nRa6Vf
国内で受けてるのはメンヘルじゃなくてキチガイ

290 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:36:31 ID:EUmjjbW0
脚本の丹羽って、メディアによって名字と名前がころころ変わってるがどういうこと?
ものすごい勢いで改名・結婚・離婚を繰り返してるのか?w
それとも何か深いオトナの事情でもあんの?
実在しない架空の人物とか?ジブリ企画室とか

291 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:40:22 ID:E8XgLe+/
>>288
それはごろーに脚本を書く才能があることを前提にした話じゃないの?

292 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:41:22 ID:WR30Z9k8
ヨーロッパの評価どうなんかなーと思ったけど、さすがにみつからね。

ttp://www.oomu.org/entree.php?identifiant=3593
ここ読むとフランスのジブリファンがこわいほど期待しているのがわかる。
ほぼ日本における公開前の公式掲示板と同じ雰囲気だ。カナシス。

「アースシーの作品群はクラシックだし、成功は約束されてんねヽ(´ー`)ノ」
「傑作になると思うお^^なんてったって最も偉大なアニメーターの息子だし」
「情報があんまり伝わってコネー。wktk」みたいな感じ。 (((( ;゚Д゚)))


293 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:44:58 ID:jE7ndc1q
才能なくても、ちゃんと書いてからの方が、矛盾や説明不足に気がつくよ。

大学の映研レベルの同人映画でもそう。時間がないから・・・とあわてて撮影に入った映画と
一応脚本をちゃんと完成させて、みんなで検討してから、修正し
それから撮影に入ったのでは、出来は歴然と違うよ。

ハヤオが特殊だったのに、ハヤオに慣れた鱸。
ハヤオを研究しすぎたゴロー。
はその点には気づかなかった。あるいは甘く見ていたような気がするよ。

294 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:46:53 ID:E8XgLe+/
才能あったら、あの作り方でも
あそこまでの説明不足(いきなり竜変身。父殺しのフォローなし)
に気がつくだろ。普通。

295 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:48:05 ID:jE7ndc1q
>>292
乙カレー

まぁ、なかなかヨーロッパの情報は入らないみたいね・・・
しかし、フランスのファン、カワイソス・・・
イギリスだかは、ジブリのファンサイトに原作者コメントが載せられてるらしいけど
フランスは、違うのかな?

古くから、日本のアニメを見てきたフランス人なのに…失望するだろうなぁ…

296 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:51:16 ID:WMkvNyG7
前々スレにあった
心オナニーのフルコーラスの歌詞、コピペ出来る人いない?

残しておきたかったんだが、落ちてて読めない w

297 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:55:21 ID:D8BbZ2bV
>>294
製作時、吾郎は毎日を生きるだけでも大変だったろう
映画全体に気配りとか500%_

298 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:56:53 ID:D8BbZ2bV
>>296

夕暮れ時、布団の上で、いつも一人で性行為に及ぶ
(AVに出演している)鷹もきっと「悲しい奴だなあ」と思っているに違いない
ミュートしたAVが流れている。家の外で吹く風の音を聞きながら一人で逝った
オナ禁なんて続くはずもなく
心、オナニーにたとえよう その間だけ(AVに出演している)鷹のような気分になれる
心、オナニーにたとえよう 独りで感じる恍惚はなんと物悲しいことか

シャワーオナでそぼ濡れたマソ毛にひっそりと隠れている
マソコは切ないに違いない
シャワーの水流の狭間に見え隠れする 薄いピンク色の小陰唇
愛撫してくれる彼氏もいない
心、オナニーにたとえよう 使ってないマソコのような渇いたこの心
心、オナニーにたとえよう シャワーでオナるもの悲しさよ

人の触れ合いがなくなった現代社会を 私とともに生きている
他の人たちもきっと寂しいのだろう
声で溢れたネット社会 今も同じ時間に接続している人は多いのだろうが
この所ずっとメールも送られてこない
心、オナニーにたとえよう 一人で生きていくと決めたこの心を
心、オナニーにたとえよう 独りで感じる恍惚はなんと物悲しいことか


299 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:58:20 ID:WMkvNyG7
>>298
ありがとう
でも、それじゃないみたい

300 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 10:58:29 ID:jE7ndc1q
>>296
シコルーの唄」

朝焼け迫る布団の上 いつも一人でしこっている
マラはきっと恋しかろう
音も途絶えた部屋の中 マラを掴んだその右手
休めることはできなくて
心オナニーにたとえよう マラのようなこの心
心オナニーにたとえよう マラを吸うよな恋人を

愛液そぼ降る陰唇に いつも小さく咲いている
花はきっと切なかろう
色もくすんだ穴の中 薄桃色の花びらを
愛でてくれる手もなくて
心オナニーにたとえよう 花のようなこの心
心オナニーにたとえよう 穴を突かれる切なさを

人影途絶えた野の道で 私とともにオナってる
あなたもきっと寂しかろう
虫の囁く草原で ともにイク人だけど
耐えて物言うこともなく
心オナニーにたとえよう 一人イクこの心
心オナニーにたとえよう 一人ぼっちの寂しさを


こっちが2こ前にあったが、どっちw

301 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:00:08 ID:jE7ndc1q
888 名前:心オナニー@上映中[sage] 投稿日:2006/09/01(金) 14:07:25 ID:YYy80KmE

     (;´Д`)   …
   _(ヽηノ_
     ヽ ヽ

      (゚д゚) !
    _(ヽっノ_
       ヽ ヽ

      ( ゚д゚)っ
      (彡ηr シコシコシコシコ・・・・・
.       i_ノ┘

     ⊂( ゚д゚ )   (゚д゚ ) っ
.      ヽ ηミ)  (彡η r ≡=- サッ
シコシコ・・・(⌒) |     .しu   ≡=-

..           ''';;';';;'';;;,.,    シコシコシコ ・・・
             ''';;';'';';''';;'';;;,.,   シコシコシコ・・・
              ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
             ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
          vymyvwymyvymyvy、
      ヽ(゚д゚)vヽ(゚д゚)yヽ(゚д゚)v(゚д゚)っ
 ⊂( ゚д゚ ) と( ゚д゚ ) 〃ミ ( ゚д゚ )っ ( ゚д゚ )つ
   ゝηミ ( ゚д゚ )っ ミ) ⊂( ゚д゚ ) .(彡η r
    しu(彡η r⊂( ゚д゚ ) .ゝ.η.ミ) i_ノ┘
.       i_ノ┘  ヽ ηミ)しu
           (⌒) .|
            三`J       心 オナニー

こんなのもあった。しかし、心オナ二ーの歌詞はなんこあるんだ?一体w

302 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:00:49 ID:D8BbZ2bV
夕闇迫る ベッドの上
いつも一人で しごいてる
俺はきっと エロかろう
音も途絶えた 部屋の中
マラを掴んだ この右手
休める事はできなくて

チンポを何で 勃たせよう
鷹の出てる このビデオ
心オナニー 勃たせよう
潮がまうよな エロビデオ



夕闇迫る ベッドの上
いつも一人で しごいてる
俺はきっと エロかろう
音も途絶えた 部屋の中
マラを掴んだ この右手
休める事はできなくて

チンポを何で 勃たせよう
鷹の出てる このビデオ
心オナニー 始めよう
人が飛ぶよな 激しさの


忘れることが できなくて



303 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:02:05 ID:D8BbZ2bV
夕闇迫る部屋の中 いつも一人でシゴいてる
親はきっと悲しかろう
音もヘッドホンで聞き チンコを掴んだその右手
休めることはできなくて

心オナニにたとえよう 猿のようなこの心
心オナニにたとえよう 空を舞うよな逝くときを

雨のそぼ降る岩陰に いつも小さくくねらせる
ディルトはきっと切なかろう
色も黄ばんだパンツの中 薄黒色の花びらを
愛でてくれる手もなくて

心を何にたとえよう 獣のようなこの心
心を何にたとえよう ムチに打たれる快感を

人影途絶えた裏道を 私の後を歩んでる
あなたはきっと怪しかろう
荒息囁く草原を ともに道行く人だけど
絶えて物言うこともなく

心を何にたとえよう 一人道行くこの心
心を何にたとえよう 一人ぼっちの不安さを


304 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:02:40 ID:bKF6V9Fi
おまえら自分の目が細いからって純日本人顔の吾朗が憎いんだろwwwwwwww
在日朝鮮人は早く祖国に返ってくださいねwwwww
目が細い奴は朝鮮映画でも見てろよwwwwwwwwww

305 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:02:48 ID:jE7ndc1q
おいおい、心オナニーばっかだぞw

306 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:02:49 ID:WMkvNyG7
>>300
ありがとん、それだ!

朝からバカなことに付き合わせて、スマンかった>>298>>300

307 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:03:06 ID:D8BbZ2bV
♪闇にまぎれて生きる
 おれたちゃ妖怪人間なのさ
 心オナニーにたとえよう
 鷹のようなこの心
  「はやく人間になりたい!」
 暗いさだめを 吹き飛ばせ
 ゲド! テルー! アレン!
 妖怪人間

308 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:04:23 ID:WMkvNyG7
心オナニー、こんなに種類があったのか
おれが悪かった、反省してる

309 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:04:47 ID:jE7ndc1q
 _,,_  
(・ω・)
 ⊂彡☆))Д´)  ハヤオ

   _, ,_  パーン
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´)  ゴロー

        ∧_∧
       (・∀・ )
     ((⊂   と)
  グリグリ(⌒   / 鈴木
   ∧(_)ゝ ノノノ
 ⊂( `Д´))つ_)


310 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:06:04 ID:D8BbZ2bV
心オナニーflash

http://yu-net.info/swfup/viewswf.php/3384.swf

311 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:07:46 ID:jE7ndc1q
>>308
反省しなくてもいいだろw



てかフラッシュまであったのかww

312 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:08:12 ID:bKF6V9Fi
        _,-- 、/  ̄ ̄ ̄. ̄─‐-、
     , -''´                  \
    ./                  `'ゝ、
    /                      \
   /                 ィ 、  / 、  ヽ
  /            '>--.- 、 .!   ̄ ヽ、 ヽ
  |              / ̄ _____´    ,-‐-l、 !
  .l      : :   : :  ノ ∠─'. ̄'''    ~´  ̄ヽ|!
   |: :::::::::::::::::: : : :i'´  `     ヽ 、  / _ _ ミ
   |  , -、: :::::::::::/      ̄ ̄\ !  ヽ ´    ヽ
   ヽ !  ヽr 、 |             ヽ    l
    !l、  r : : `            ,r     .、    !
    lト、 .\::.:.:::: : :      ,‐' `─:=__,イ`ヽ  ,/
     '|ヽ_  .!.:.:.::  :::::::: 、: /   ,, -----__   l´
     .|  7'゛|::.:.::ヽ    ヽ ヽ.'!ト-v<二ァt'′ l  < ゲド戦記は駄作ニダ
    │  l゙  ヽ、.:.:ヽ_  .ヽ   \二_ノ /
     |/7    `''- 、  ̄.::::ヽ         /
   , ‐'  !     :::.:.:.:.:`''ー-、,ゝ、 _ _/

313 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:12:47 ID:L3e/HkWW
でも、駿以外のジブリ作品で良かったのって高畑の1,2作だろ。
ジブリ作品だから期待するってのは変だったのかも知れん。
駿がやらないと決まった時点で暗雲立ち込める事態だったんだよな。

314 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:17:16 ID:jE7ndc1q
今回はハヤオが監督ではありません。 (これ真実)

今回の作品はハヤオが大好きだったゲド戦記です。 (これ真実)

今回の監督は、ハヤオ氏の息子のゴロー君がやります。 (これ真実)

ハヤオ同様、ゲド戦記の熱烈なファンのゴロー君はすばらしい才能の持ち主です。


この鱸談 の最後の一行にみんな騙されたんじゃない?

315 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:24:08 ID:D8BbZ2bV
>>313
元々ジブリに期待なんかしてないって。

316 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:32:41 ID:DRsNXDRy
二世ものゴロー

317 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:49:26 ID:4gzGyT0c
>>313
耳をすませばおもしろいじゃん。
好みがはっきりとわかれる映画だけど・・・

318 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 11:53:05 ID:GAt37xDn
ずぶの素人新人監督の映画に何を期待しているんだ?
自分の馬鹿さに呆れて怒りをぶちまけるスレかw

319 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 12:08:25 ID:c9wlgnbh
カット割やキャラデザインをシュナの旅からパクり、
台詞や光と闇と対比をナウシカ(漫画)からパクり、

一体あの映画の中のゴローオリジナルはどこらへんにあるのかね

320 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 12:11:05 ID:8nQdkCEq
もしかして6週連続1位?

321 :小田:2006/09/05(火) 12:21:46 ID:RMUCxqRV
ゲド戦記。見る価値無し。声優にわけのわからんタレントを使う時点で
作品に自信がない、中身がない証拠。だから見てません。ハウルも。菅原文太、嫌いではない
けど本職に精を出せ。

322 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 12:22:34 ID:nxyJOZWe
>320
スーパーマンが先行込みで1位になったのを除けば、週末動員は
V6といって構わない。ただ、収入では一度だけ海賊に抜かれている。
(ゲドのほうが子供の観客多いため)

323 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 12:31:08 ID:nxyJOZWe
フランスの記事で吾朗インタビューと、3日付の記事はあった。
フランス語あんましよくわからないが、インタビューを英訳に
かけたらビザンツ帝国風にしたとか書いてある。
ttp://www.commeaucinema.com/news.php3?nominfos=65294
ttp://www.ecranlarge.com/news-cinema-2117.php

324 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:00:59 ID:uVTM/aZ/
ゲド戦記ベネチアで大絶賛じゃん
こりゃコンペでも勝てそう
すげー


・・・・・・・・あれ?記事元みたら読売シンブンダヨ?

325 :名無シネマ@上映中 :2006/09/05(火) 13:02:25 ID:JPVbFynX
◆「ゲド戦記」公式上映で観客総立ち!
宮崎監督ホッ 3日の夕方に行われた「ゲド戦記」の公式上映では
観客総立ちのスタンディングオーベーションが起こった。
コンペ部門のアニメ「パプリカ」(今敏監督)にほぼ匹敵する5分弱の拍手に
宮崎吾朗監督は「何回立ち会っても始まる瞬間と終わる瞬間は緊張しますが、
喜んでいただけて、うれしい」とホッ。
「次回作? 今はパパが作っているので、ボクは次は4年後。
ワールドカップみたいですね」とおどけていた。

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060905-OHT1T00051.htm

スポーツ報知
昨日と同じ記事を他の映画記事に合わせて今日も・・・しつこい位にゲド絶賛。


326 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:05:32 ID:rgxp5lqU
>コンペ部門のアニメ「パプリカ」(今敏監督)に
”ほぼ匹敵する5分弱の拍手”に

5分もなかった上にパプリカより短かったんだなw

327 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:11:29 ID:c9wlgnbh
URLにyomiuriとあるものは信用できませんな

328 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:16:34 ID:nxyJOZWe
読売系列でも読売新聞の『ジブリをいっぱい』はここのところ
王と鳥がトップで、ゲドに関してはフィルムコミック担当から
実質的に批判内容の私記を載せちゃったからな。

ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/

今日の更新もゲドの話題はベネチアの様子含めて後回しにして、
トップはゲド非参加の久石譲イベントだから、ここのスタッフ
すっかりゲドを駄作だと認めているよ。

329 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:21:14 ID:fnkjVISQ
とにかく金儲けさえできればどんな荒っぽいこと
でもするんだろうな…
鈴木は

330 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:21:16 ID:twjarTjl
ゲドはすっかり駄作認定だな・・・・

331 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:24:04 ID:c9wlgnbh
認定っつうか、駄作だからね

332 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:25:48 ID:twjarTjl
>>331
まあそうなんだけどねw

333 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:28:30 ID:uyrS0UdQ
意外に海外の批評家には受けるんじゃないか?
勝手に深読みとかしてくれて。

334 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:28:52 ID:nxyJOZWe
>329
鱸は中日ファンで、ジブリではドラゴンズファンクラブの
マスコットをデザインしており(名古屋方面の試写会には
着ぐるみが登場してた)、中日新聞にはコネはできてる。

だからといって、ベネチアの会場にドラゴンズ帽かぶって
くるなよ…。いくら中日がセ・リーグ首位で親会社は喜ぶ
つったって。

335 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:29:00 ID:Bp+/LCso
>>328
しかし、完成した映画作品の絵を切り貼りしてつなげただけの人が、
なんであんなにエラソーなのかね。何か自分の立場を勘違いしてないか。


336 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:29:38 ID:twjarTjl
>>335
鈴木が切れてるwww

337 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:31:46 ID:o0FYock/
パプリカに匹敵する5分弱って・・・
低評価のパプリカと同程度かそれ以下って意味じゃ・・・

なんか、読売も提灯記事の中に毒を含めているような気がする

文化部内では、時かけの方が評価高いらしいし・・・

338 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:32:50 ID:6S+5zyjs
駿が中日ファンだと思ってたのに、Pのほうかよ…

339 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:33:10 ID:c9wlgnbh
>>333
それが内容ならまだしも、ゲドは映画の手法としてまず素人並だから無理だろ
一般人ですら「テンポ悪い」と気づくような編集でプロが認めるかね

340 :名無シネマ@上映中 :2006/09/05(火) 13:35:19 ID:JPVbFynX
フランスでの評価(☆4個が最高、最低は☆0)

●ルモンド紙  トマス・ソティネ ☆☆☆☆
観客はここで展開する詩的独創性の数々にまた新たに幻惑されるだろう。
●リベラシオン紙  ディディエ・ペロン ☆☆☆☆
宮崎の世界は理路整然かつ深遠に一挙に立ち現れる。
●テレラマ誌  セシーユ・ミュリ ☆☆☆☆
記念碑的作品に注目!
●ウェスト・フランス誌  編集部 ☆☆☆☆
熟練の構図、瑞々しい色彩、アニメーションの暗中模索がこの豊かな物語に味わい深さを与えている。
●パリジャン誌  ルノー・バロニアン ☆☆☆☆
シワひとつないこの傑作をお見逃しなく...
●アヴォワール・アリール・コム  フレデリック・ミニャール ☆☆☆☆
間違いなく普遍的価値のある正真正銘の記念碑的アニメ
●プルミエール誌 ジェラ・ドゥォルム ☆☆☆☆
大変な影響力をもった叙事絵巻であり、これをもって宮崎はメジャーな世界的アニメーション作家となったのである
●マッド・ムービー誌  ジュリアン・デュピュィ ☆☆☆☆
アンサンブルが見せる幻想的な品格、とりわけて技術と造形、そして何よりも入り込むことが容易ではないこの[ナウシカの]世界の
もっとも難しい側面をも観客に受け入れさせてしまう完全主義。
●テレシネオブス誌  エロディ・ルパージュ ☆☆☆
知的かつ高い密度。
●レ・アンロキュプティブル誌  ヴァンサン・オストリア ☆☆☆
あらゆるショットで、『ナウシカ』はその規範を凌いでいる。


フランスでは「ゲド戦記」の公開に先駆けて「風の谷のナウシカ」が
2006年8月23日にフランスの劇場で初めて公開される。 公開規模は78スクリーン。
「ナウシカ」の絶賛をうけ「ゲド戦記」へのフランス国内での期待も高まる。

http://www.allocine.fr/film/fichefilm_gen_cfilm=40132.html

341 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:36:58 ID:twjarTjl
>>340
ゲドかとおもってびっくりしたwww
スクロールして納得www

342 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:38:32 ID:nxyJOZWe
>337-338
>334のドラゴンズ帽の一件は中日スポーツで記事にされてる。
でもこんなことされたら、スポンサーとして金を出している
読売側にはカチンと来ると思うけどな。いくら低迷していて
ジブリ作品放映ほど中継視聴率稼げなくても、ジャイアンツ
抱えているんだからなあ。
ttp://chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20060904/spon____hou_____004.shtml

こんな記事、とても読売や報知で書けるわけがない。

343 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:41:32 ID:hW8TcsJp
>>340
ゲド絶賛じゃん!と思ったらナウシカなのか…
この期待の後に満を持して公開されるのが
ゲドって他人事なのに冷や汗が出そう。

344 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:43:20 ID:o0FYock/
>>340
日本でゲド公開前にTVでトトロ放映する手法と一緒だな

ゲドにwktkなんだな
哀れフランス人

まあ、ナウシカをスクリーンで見られたのが
せめてもの救いだな

345 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:43:53 ID:zcD3Ec95
>>340
……なんかアレだ、外人が画面を見てエキサイトしてるところと
呆然としてるところの写真思い出した…。希望が絶望に変わるんだろうな…

346 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:45:12 ID:Wu+oySEg
ナウシカで釣るのって犯罪レベルだよな

347 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:48:17 ID:RTy+wyqD
俺もナウシカをスクリーンで観たい
ラピュタと同時上映で3000円でどうだ

348 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:52:05 ID:twjarTjl
       ,.ィZ三三ニミヽ、
      _〈〈〈 ┴┴\\ミミヽ
     イ/       ``` \
   //// :            トk
   l | |:{  :            キ|l
   | | |/   :___,,.  、,__ V|
   〈| |:|  ;≦=ニ´   >─ミ; Yヽ
  l⌒川=y'´_,xュ-ヽ= { ,r牙≧}| }
  V リ  ヽ´ー彡 /  ヽ ̄ ノ〃/
   ヽ, 〉    'ー ん、 _入 ̄  |/
    ヽゝ 、 __/、、.≧≦、、_ヽ__.l
   ,.イハ  { { t彡┬〒Tiオ }/ <ゲドも一緒にどうですか>>347さん☆
  /   ト、,ト、 `トミエエ彡´ / \
./      | |\;';';';';'TrrrrT;';';'
       l \ `ミ从从从シ´.| |
      ト、 \  ̄ ̄  ∧|
          ∧  彡 / /

349 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:52:30 ID:c9wlgnbh
>>347
うおおおおおお!絶対観に行くわ。

つか、ナウシカの漫画そのままを映画にしてくれないものか・・・

350 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 13:56:26 ID:E+UHsAwo
      r-──-.   __
 / ̄\|_CD_,,|/  `ヽ
 l r'~ヽ ゝ__.ノヽ/~ ヽ l
 | |  l ´・ ▲ ・` l   | |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ゝ::--ゝ,__∀_ノヽ--::ノ   < 中日のマスコットは俺だけでいい
    ̄ / 丶'  ヽ::: ̄      \____________
    / ヽ    / /:::
   / /へ ヘ/ /:::     
   / \ ヾミ  /|:::         
  (__/| \___ノ/:::


351 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 14:01:09 ID:fnkjVISQ
ゲド酷評まだか?

352 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 14:07:05 ID:ZpeDfrF1
コンペ対象作品じゃないから、正式の評価は出ないのでは

353 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 14:16:14 ID:JPJN6gog
ふと、思ったんだが、吾郎氏が「ナウシカをリメイク!」とかになったら・・・・

巨神兵が王蟲を焼き払って終わり、な映画になるんだな。
なんか原作者が「この解決方法は違う」って言うのも理解できた。

354 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 14:23:40 ID:c9wlgnbh
>>353
んな事になったら流石に暴動が起きる
てーか許せねえw

355 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 14:27:47 ID:o0FYock/
>>353
いや、
ナウシカが父親を殺して、
オームがクシャナを殺して、
巨神兵がオームを殺して、
ナウシカが笑って村へ帰っていく

356 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 14:29:52 ID:Wu+oySEg
>>353
ナウシカとアスベルが清浄層に落ちた後『いのちは闇の中のまたたく光だ!』アスベル『そうかもしれない』
巨神兵は王蟲の群れをなぎ払ってついでにクシャナ軍も全滅。
ナウシカは突然歌い出して発狂。ユパは全編通して見せ場なし。

357 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 14:37:08 ID:tfGSSNXv
フランス人のテンポに合うかもw
つか、みんな厳しすぎじゃね?下積みもないままの監督デビュー作でそ?
あんなもんじゃないの?てか、マシなほうだと思うけど…

358 :名無シネマ@上映中 :2006/09/05(火) 14:39:42 ID:JPVbFynX
>>353
それはありうる。
とりあえず吾朗が監督でも、どんなに内容が駄作でも
作風がハヤオスタイルなら、文句を言うやつも、ジブリファンも
ゲドで幻滅したやつも、とりあえずは見に行く。
「ナウシカ」というビックネームで今回よりもヒットするだろう。
こんなにおいしい話はない。
鈴木Pがそこまで打算的になってない事を望む。

359 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 14:45:03 ID:CnKpP2q7
ゴロー的にはクシャナ=テルーじゃないかな?
秘密持ってるし顔か体に傷があるし巨神兵持ちだし

360 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 14:58:59 ID:yTFQdRuz
昼休みに携帯から見たらまるでドッキリだぞ
フランスの評価といい、ナウシカリメイクの話といいw

心臓に悪いわ、まったく・・・

361 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 14:59:38 ID:IIpKc/ap
夕闇迫る部屋の中 いつも一人でシコってる
俺はきっと 悲しかろう
音も途絶えた部屋の中 チンコを掴んだその右手
休めることはできなくて

心オナニにたとえよう 射精の快感早くこい
心オナニにたとえよう 空を舞うよな快感を

体液そぼ降る岩陰に いつも大きくくねらせる
ディルトはきっと切なかろう
くねり曲がった穴の中 回転してるおもちゃたち
休まることもなく

心オナニにたとえよう 愛液吹き出すこの心
心オナニにたとえよう 一人で逝った爽快感


362 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 15:03:38 ID:409fNBff
駿が隠居したら絶対やると思う。>ナウシカリメイクか続編。
じゃなきゃTVの下請けやるしかなくなるだろ。

363 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 15:16:40 ID:w2RuyFC4
手当たり次第、よそから監督だけ連れて来る巨人状態になりそう

364 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 15:27:17 ID:afmXrwU6
フランス人可哀想。
ナウシカ見せられて超ワクテカさせられてゲドにも特攻させられるのか………。
ほとんどナウシカが筒持たせだな…。
どうやったらこんな詐偽まがいの営業ばかり思い付くんだよ。


365 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 15:31:45 ID:yWnkZCzr
ナウシカはまだ作画レベルが低いから、後からゲドを見ても悪く見えないはず。

366 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 15:36:57 ID:aq5wvpHm
宮崎監督ポッ 3日の夕方に行われた「●ド戦記」の公式上映では
観客総勃ちのスタンディングマスタベーションが起こった。

367 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 15:41:56 ID:twjarTjl
>>365
面白い釣りですねwww

368 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 15:52:57 ID:yWnkZCzr
>>367

なにが釣り?

ゲドの砂漠の表現は酷いものだったが、ナウシカの砂漠の表現も同レベルじゃないか。
ストーリーも完結してるわけじゃなし。
腐海もそのままだし。
ヒロインが死んで生き返って強引にめでたしめでたしなところも同じだ。
原作をしらなきゃ、アニメのナウシカも一般人にはゲドレベルなんだよ。
最近、ナウシカがテレビ放映されたか?

369 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 15:55:00 ID:Ji5ZBNvt
おなにーってドイツ語なんだ! ベネチアにドイツの方がいらっしゃらないといいですね!


370 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 15:57:27 ID:w2RuyFC4
>>365
演出のレベルの違いが浮き彫りになるから余計悲惨だよ

371 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 15:58:48 ID:c9wlgnbh
>>368
面倒だから縦読みのところだけ書いてくれ


つーか56的にはナウシカ=巨神兵だろ
ナウシカがラストでいきなり巨神兵に変身してオーム焼き払って
めでたしめでたし

372 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:01:47 ID:UH/fN67b
>>369
ベネチアはドイツだろ

373 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:02:52 ID:c9wlgnbh
>>372
http://allabout.co.jp/travel/travelitaly/subject/msub_venezia.htm
詳しいベネチア情報
イタリアの古都ヴェネチア。基本的な街の情報から、お買い物スポットまでヴェネチアに関するサイト集。

374 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:04:03 ID:X2/dkvei
なんだかんだ言ってゲド儲かってるなぁ
駄作でも次に作る作品の為に蓄えれるだけ
山田くんよりはマシと

375 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:05:10 ID:r3AdbxoT
高畑馬鹿にすんなよヽ(`Д´)ノ

376 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:07:07 ID:o0FYock/
確かにナウシカの作画の品質には、ムラが大きい
時々どうしちゃったの?みたいな絵はある
トトロ以降のジブリだったら、動かしているだろう絵がトメ絵だったりする

しかしなぁ、ゲドの低品質とは根本的に違うんだよな

構図の良さとか、カットのつなぎとか、イマジネーションとか

丁度、フランスで公開だっていうんで、ナウシカのDVD見ているんだけど、
今、アスベルの襲撃シーンだが・・・こりゃ神だな!マジすげぇ
これで作画枚数がもう少しあったら、鼻血でるね



377 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:08:11 ID:g3A9k9yg
>>1

スタジオジブリ最新作 「ゲド戦記」宮崎吾朗監督 スペシャルインタビュー(ノーカット完全版)
http://www.dai2ntv.jp/common/misc/kochi2/interview/gedo/

第2日本テレビ - こちら第2日テレ報道部
http://www.dai2ntv.jp/p/z/010z/index.html
第2日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/dai2ntv/index.html


378 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:11:39 ID:IJQVisXL
>>376
フランスの人たちは、20年以上前のナウシカであれだけ出来が良いのだから
ゲドは凄まじく素晴らしい物になっているに違いないと思って映画館に行くんだろうな

379 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:12:55 ID:vzSJ8TLj
ナウシカは、当時、王蟲が方向転換するところ見た時に
うわー、すごいなー、と思った気が

380 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:14:15 ID:WG23vKDI
ゲド戦記星三つ
 ttp://www.mymovies.it/festival/venezia/

381 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:16:05 ID:G+fNjQDW
アスベルとナウシカが腐海の底に落下するシーンが良かった

あのジャングルみたいな腐海と空飛ぶムカデみたいなスカイフィッシュがうねりながら飛ぶのが

子供心を揺さぶった

382 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:25:31 ID:twjarTjl
黒澤清死亡www

383 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:26:09 ID:Ji5ZBNvt
スカイフィッシュいいよね。腐海の森がきれいだった。
あと、ナウシカが自由に空飛んでるとこが好きだった。爽快感あったし、地を這うオウムや戦車と対照的で良かった。


384 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:28:52 ID:c9wlgnbh
チコの実とやらを食ってみてえ

385 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:38:23 ID:o0FYock/
>>380
この寸評は、
駿のレベルを期待するとガッカリするかもねーって感じかな?

386 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:40:12 ID:ZY3PQfaE
ベネチアって、ウンディーネと呼ばれるゴンドラ漕ぎがいるんだよね

387 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:46:44 ID:c9wlgnbh
このスレの住人はベネチアドイツ説などのエサに見向きもしない、まさに
ゲドのみに焦点を絞ったストイックなスレだな・・・

駿ネタには入れ食い状態だけど

388 :名無シネマ@上映中 :2006/09/05(火) 16:50:38 ID:JPVbFynX
ナウシカ 作画枚数 56,078枚 116分27秒
ラピュタ 作画枚数 69,262枚 124分4秒
トトロ 作画枚数 48,743枚 86分20秒
火垂るの墓 作画枚数 54,660枚 88分26秒
魔女の宅急便 作画枚数 67,317枚 102分46秒
おもひで 作画枚数 73,719枚 118分49秒
紅の豚 作画枚数 58,443枚 93分18秒
ぽんぽこ 作画枚数 82,289枚 118分59秒
耳をすませば 作画枚数 64,491枚 111分
On Your Mark 作画枚数 8,053枚 6分48秒
もののけ 作画枚数 144,043枚 133分24秒
となりの山田 作画枚数 173,035枚 103分39秒
千と千尋 作画枚数 112,367枚 124分35秒
猫の恩返し 作画枚数 57,733枚 75分9秒
ハウル 作画枚数 148,788枚 119分11秒
ゲド 作画枚数 76,135枚 115分33秒

389 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:51:24 ID:409fNBff
>>378
ゲド単体の興行においては、日本の日テレ怒涛のジブリ作品放映と同様の成功要因になるだろうね。

>>379
その前の王蟲の殻〜王蟲の足の時点で感動したな。

>>381
あれは、揚力が全然納得できなかった。
今は瘴気の気体密度が濃い&蟲の体が中空ということにしてるw

390 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:52:05 ID:/ajkGBjA
これあれ?ゲド戦記2とか3とかやるの?

391 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 16:56:13 ID:r0ufyJoZ
宮崎アニメは制作費高騰もあって後期の作品はエンシングがやたらと長いから
あまり上映時間の比較なんて微妙な所だな
ラピュタや千尋、もののけあたりがちょうどいいくらいだよ

392 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 17:00:46 ID:kaoutvFc
>>388
山田多いな、あれ美術はいいもんなぁ。
映画館で見るにはたいくつだろうけど家で見るにはいい感じだし
俺は好きな作品。

393 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 17:01:51 ID:5Y3djwlE
毛虫のボロを2時間見たい

394 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 17:03:59 ID:/ajkGBjA
映画見てきた印象:

・密度がうすい
 もっと編集して、あと30分くらい短くできたんじゃないか。
 あとスケールをでかく見せようとしてる割に登場人物が少ないので
 こじんまりした印象。

・無駄にグロい
 クモ絡みのシーンがグロい。ジブリらしさがない。
 品がないというべきか

話のほうは、フーン。という感じ。可もなく不可もなく。
まあまあ面白かった。ナウシカ>ハウル>ゲド だろう

エンドロールが始まったらさっさと退場した。
千のときは明るくなるまで張り付いてたものだが

395 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 17:07:17 ID:r0ufyJoZ
グロ好きは庵野のDNAを引き継いでいる感じだな
漫画版ナウシカの後期もグロいけど

396 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 17:31:47 ID:XxgXU2pf
データを張りつけてそれとなく擁護の流れにもっていこうとしてる人いるよー

397 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 17:35:40 ID:c9wlgnbh
>>396
擁護の流れって、ここはアンチすれじゃねえだろw
ただ余りに酷過ぎて誰も擁護できないだけで

398 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 17:39:07 ID:Ji5ZBNvt
>>387
だってメル欄にウソってかいてry


399 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 17:41:32 ID:nxyJOZWe
>340
同じサイトで封切作品案内見たけど、ゲド戦記がこれから先の
上映リストで来年1月分まで見ても全然なかった。
ttp://www.allocine.fr/film/cettesemaine.html

(次週分へのリンクをたどった。水曜日封切)

一応、ゲドの作品ページには来年1月3日とは書いてはあったが、
同日の上映リストにはゲドはなかった。

400 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 17:43:24 ID:bKF6V9Fi
朝鮮人に粘着される吾朗可哀想
大ヒットしたから妬まれてるんだね
日本が嫌いな人は早く祖国に帰ってね

401 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 17:49:01 ID:9Dtv+A5B
まあ、盗作したお笑い芸人に大賞をくれてやる映画祭だし、どうでもいいだろw


世界の北野に盗作疑惑噴出
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1151746057/l50



402 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 17:52:12 ID:c9wlgnbh
>>398
入れ食いだったのは私と言う事か
ギコ使ってるんだが見落としていた

403 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 17:55:55 ID:MOisM5rN
なんか、SF板行ったら、映画関係レスの排斥運動が始まってた。
児童書でも、「映画ゲド戦記専門の隔離スレつくろうか?」とか
書いてあった。

気分が悪くなったので、原作ファンだが、俺はここに居ることにした。

気を取り直して・・・

フランス人はアニメに関してはシビアだよ。
「王と鳥」だってフランスアニメだし
「時の旅人」のようなSFの秀作だってある。
日本のアニメも古くなら輸入してるし、伝説の「ルパン8世」だってある。
ナウシカの直後にゲド見せられたら、すごい拒否反応が出ると思うぞ

404 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 17:57:37 ID:Bp+/LCso
>>380
小西真奈美の顔がとても貧相に見えるのが、
同じ日本人として哀しい。


405 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:00:52 ID:vzSJ8TLj
>>403
隔離スレでぐちぐち書いてた人??

406 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:05:56 ID:c9wlgnbh
>>404
写真が悪いんだ、写真が!

407 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:06:44 ID:MOisM5rN
>>405
かいてねぇよ!

408 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:08:40 ID:MOisM5rN
なんだよ・・・・・・・同時刻にSFスレになんか、書いてるやついたのか・・・
そりゃ、疑われるわな。


409 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:11:19 ID:vzSJ8TLj
>>407
ごめん、趣旨が違うし、違うだろうなとは思ったけど

原作スレで、映画レス排斥なんてあったかな?

410 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:12:48 ID:MOisM5rN
>>392
山田は2倍になる計算ではないか?

あれは、線画と彩色画でセルが二枚必要だったと思ったが?

411 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:22:20 ID:MOisM5rN
原作スレって児童書か?
あそこは、はじめから映画の話題はお断りって書いてるでしょ?
映画について話したい人はSFか映画に逝けって。
で、9月1日に隔離スレあったほうがいいのかな?って言う人が居て
それ以来、俺は行ってない。

SF板の原作者スレは、ゆったりした刻が刻まれてるよ。
俺の好きな「百億の夜と千億の・・・」と完全に話題違いだなw

412 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:28:07 ID:vzSJ8TLj
>>411
SFの原作スレに、映画レス排斥なんて最近あったかなー?と思って
自分は一応全部目通してるけど、適当に使い分けてる

とりあえず、海外批評の日本語訳、早く出ないかなあ

413 :名無シネマ@上映中 :2006/09/05(火) 18:31:03 ID:JPVbFynX
ヴェネチア映画祭オフィシャルサイトTOPページの鱸Pの写真
まるでもう受賞したかのようなはしゃぎっぷり・・・

ヴェネチアでも逆立ちするかな

414 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:33:20 ID:MOisM5rN
SF原作スレにはないよ、批判は。
変な話題持ち込む人間もいないし…

あそこは本当にゆったりしてるね

415 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:39:16 ID:MOisM5rN
原作者の前では逆立ちし、
24時間テレビでは腹を出し、
映画祭では野球帽を・・・

変わり者を演出するのは勝手だが、どこまで空気を読めないんだか、読む気がないんだか・・・

416 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:40:33 ID:c9wlgnbh
そろそろ黄色い救急車にお迎えに来てもらった方がいいんじゃないのか

417 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:43:44 ID:twjarTjl
ゲド前週比70%
現在65億。最近一週で5億
100億はないな

418 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:46:10 ID:vFhqtgDC
エリート叩きって面白いんだろうな
ましてやそれが親の威を借りた2世なら尚更

419 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:46:50 ID:twjarTjl
>>418
また香ばしいのが来たなwww

420 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:47:50 ID:yYQ494Kr
ジブリってんで見せられた子どもは気の毒だね

421 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:47:56 ID:+Uy7Gxsj
エリートって普通学歴とかキャリアとかそれなりに能力のある奴の事言わないか?

422 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:49:41 ID:CD69cYvT
>>419
しかもトトロでwktkした直後だけに、余計最悪だ。
ついでに、トトロを子供に見せた後、ゲドに連れて行ってしまった親もかわいそう

423 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:49:56 ID:WR30Z9k8
>>419 そろそろ50章も向かえこのスレは無根拠の煽りには反応しない方針の
ようだ。クオリティを保つためにもスルーしる。

424 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:50:08 ID:c9wlgnbh
え、エリート?誰の事を言ってるんだ!?

425 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:50:46 ID:yYQ494Kr
サラブレッドとか御曹司って感じもないしね

426 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:51:04 ID:twjarTjl
親の威を借りた2世のニート

427 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:51:06 ID:CD69cYvT
あら、アンカーミスしてしまったわい。

最近は煽りは完全スルーの本スレですからね

428 :名無シネマ@上映中 :2006/09/05(火) 18:51:20 ID:JPVbFynX
>>417
スポンサー関係はベネチア効果で100億超えを期待していると思う。
スタンディングオベーションのニュース発信元はどれもスポンサー関係ばかり

429 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:52:56 ID:CD69cYvT
それぞれにエリートに対する意見は言うが、だれもアンカー打たないのが、ワロスw

430 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:53:29 ID:vzSJ8TLj
絵ニート

431 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:54:24 ID:8PON+DZv
>>424
原作者は名門女子大ラドクリフを出てコロンビア大で修士号を取ったエリートだお

432 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:56:09 ID:WAxAIUT6
原作を元に別な作品のように見せるのは、父親も得意だったからね。
血が受け継がれたのは確かだな。
原作ナウシカなんてパクリのオンパレードだし。
寄生虫として頑張っている姿は親子ともにそっくりだよ。涙が出た。

433 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:57:04 ID:c9wlgnbh
>>430
ウーロン茶噴いた

434 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:57:49 ID:yYQ494Kr
父ちゃんの影に囚われてる事はわかった

435 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:58:23 ID:CD69cYvT
>>431
原作者を叩いたつもりはない。濡れ衣・・・(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

436 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:59:12 ID:E8XgLe+/
ごろー的エリート=親が有名なアニメ監督であること

437 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 18:59:51 ID:CD69cYvT
>>434
影は闇に帰れ!
え?違う?

438 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:00:21 ID:+Uy7Gxsj
信州大学の山岳部でしかられる=エリート

439 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:00:42 ID:yYQ494Kr
叱られてたの?

440 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:01:12 ID:E8XgLe+/
影にとらわれてる??
父ちゃんの威をかっていることしかわからない。

441 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:01:21 ID:qxvdMLVh
心情的には家庭環境も含まれんじゃね?
ましてはかつては大日本帝国の航空産業の一端を担って
零式艦戦の製造を行っていたあの宮崎家の末裔なわけだし。
駿も売れなかった時代に高価な外車や一軒家を持てたのも
実家が裕福だったからに他にならない。

442 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:02:19 ID:yYQ494Kr
影に脅えてるくらいなら、ちょっとは救われるのだが

443 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:05:25 ID:E8XgLe+/
影にとらわれてる案を出したのは鈴木。
ごろーはインタビューで1巻の影との戦いなんていろんな作品で
ありふれてるテーマとばっさり切り捨ててましたが。

444 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:08:15 ID:CD69cYvT
やっぱ、行き着く先にあるのは、おまえかっ!

        ∧_∧
       (・∀・ )
     ((⊂   と)
  グリグリ(⌒   / 鈴木
   ∧(_)ゝ ノノノ
 ⊂( `Д´))つ_)


445 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:08:37 ID:+Uy7Gxsj
>>439
ゴローが山岳部の部長で、リーダーをやってて
天候が思わしくないので続行か下山かを多数決で決めたら
こっぴどく顧問に怒られたという逸話
大学だか高校だか

446 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:18:58 ID:CD69cYvT
おいおい・・・・・・
吾朗は信州に行きながら、大学は山岳部じゃないぞ!

児童文化研究会!!!
http://www.7andy.jp/esb/docs/sp/ghibli/ghibli_interview_gedmiyazaki01.html

447 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:20:14 ID:CD69cYvT
――大学は長野ですね。そこでも山岳部に?

宮崎 大学では山岳部はやめて、「児童文化研究会」というサークルに入りました。
山岳部は60キロの荷物を持って登るって言われて「嫌だな」と(笑)。
迷っていたときに、怪しい人形劇をやっている人たちを見て。その劇に惹かれたんです。
ちょっとブラックなギャグも入っていて、おもしろかったんですよ。
特に子供好きというわけでもなかったのですが、サークル活動は楽しかったですね。
子供に何か見せると、反応がすごくダイレクトにかえってくるでしょう? 
彼らに集中力を持って見てもらうには、大人に見せるよりエネルギーが要る。
“人をひきつけるおもしろさ”みたいなことも、そこで実感しました。


荷物背負って走行するのが、嫌?

ヘタレやん!



448 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:22:29 ID:+Uy7Gxsj
吾郎はやさしい心の持ち主なんだよ。
----------------------------------------------------
アニメのハードワークに耐えられるわけねーなこののび太め!

449 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:25:01 ID:qePjhGsI
>>447
そのサークルでの体験も
作品作りには生かされてないんだねー

450 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:26:31 ID:uFgzZqho
>>“人をひきつけるおもしろさ”みたいなことも、そこで実感しました。

え…

451 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:27:35 ID:CCNRQGgB
>>447
ゴロちゃん、人形劇で開眼とは若き日のヴィルヘルム・マイスターみたいな人だな。
大成すりゃいいけどさ。

452 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:27:59 ID:+Uy7Gxsj
たとえおもしろさを実感しても
それが自分で作れるかというと別問題とゆうことですか。

453 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:30:29 ID:WAxAIUT6
せめてジブリ秘蔵の若手クリエーターとかなら無名でも見に行こうと思うんだが。
息子って・・・

454 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:33:00 ID:ZpeDfrF1
>>453
だが一般大衆の認識だと
秘蔵っ子若手クリエイター→そんなどこの馬の骨とも知らないヤツ
ド素人息子→きっと天才を受け継いでいるに違いない
なんだよなぁ

455 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:38:47 ID:+Uy7Gxsj
大抵の2世がザコで終わってるスポーツ界とかみてきて
アニメ界の息子も天才を受け継いでるとは思わんけど
息子って存在が何か惹かれる。
むしろ大失敗を見て、そらみろ、って思いたいのかも試練。

456 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:40:43 ID:OyVg+lAQ
>>455
鈴木の真の狙いはそこだったんだよ(間違ったMMRの形相で)!

457 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:40:57 ID:WR30Z9k8
>>451 ウィルヘルムは結局演劇の才能よりもより高次の人間形成=教養を
手にいれるからなあ。ごろぅがショウビズ以外のところで幸せになることを
祈るよ。

458 :446:2006/09/05(火) 19:45:29 ID:CD69cYvT
いやぁ〜、自分で探してびっくりしたわ。

山岳部のOB名簿に名前がないから、検索したら
山岳部じゃなかったわけね・・・

そりゃ、さがしても見つからないよ、俺・・・
というか、探してくれた、山岳部OBの友達にお礼を言わねば・・・

459 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:45:41 ID:+Uy7Gxsj
>>456
ΩΩΩ <ナ、ナンダッテー

460 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:50:27 ID:CD69cYvT
  やっぱり、推測の影にいるのはおまえかっ! 
              ∧_∧
              (,, ・∀・)    | | ガッ
             と    )    | |
               Y /ノ    人
                / )    <  >
              _/し' //. V
             (_フ彡     //
                     //
      ∩∩           //
  鱸→ | ∪|         (´⌒(´⌒
    ∧ノ  ノ       (´⌒(´⌒(´⌒
    (( つ つ≡≡≡(´⌒(´⌒(´⌒
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(´⌒(´⌒(´⌒

461 :名無シネマ@上映中 :2006/09/05(火) 19:52:33 ID:JPVbFynX
ヘルシンキ フィルムフェスティバル(9月14日〜24日)では
トトロが上映されるそうだ。
http://www.hiff.fi/elokuvat/elokuva.html?elokuva_id=79

着々とゲド戦記世界公開にむけ下準備が始まっている・・・
ほんとに世界はおかしくなるぞー

462 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:54:43 ID:WAxAIUT6
田舎の町工場を継がせるのとわけが違うんだぞ。
俺だったら、ジブリいるクリエーターと外部からのクリエーターを数名選び、
それぞれに作品を作らせ一般公開し、大衆に審議を委ねる。
時代に合ったデモクラシー的方法で良いだろ。
話題性もあるから注目浴びると思うんだが。

463 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:54:52 ID:CD69cYvT
>>461
このページのトトロだけ見ると、
トトロがロリな宮崎にしか見えん…頼むからシーンを変えてくれorz

464 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 19:58:38 ID:CD69cYvT
ナウシカといい、トトロといい、
根回ししてるのは誰?

ひょっとして、ジブリの海外事業部って超有能?

465 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 20:06:37 ID:akI2yXzg
まあでも、ゲドだけ持って行かれるよりはるかに良いな。

466 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 20:14:59 ID:KZzkrqFJ
>>461
ちょwwwwwwwwwwwww
どうみてもバヤオです本当に(ry

467 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 20:24:51 ID:+5Iv2j1E
>>464
>ジブリの海外事業部

はあ?ディズニーのことっすかあ?

468 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 20:26:31 ID:CD69cYvT
>>465
良いか、悪いか、微妙だね…
ジブリ≠ゲド ということは、わかってもらえるだろうけどなんか、詐欺的手段のような・・・

ハヤオ=神
現在のジブリ=糞 って判断されても、怖いし(まぁ事実なんだけど?)

>>463に自己レス
宮崎じゃなくて、ハヤオと書くべきだった。

469 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 20:27:19 ID:o0FYock/
>>464
駿はアカデミー、金熊と大きな賞を撮っているから、
駿の名前を使えば、向こうもそれなりに対応してくれるのだと思う

470 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 20:27:22 ID:+5Iv2j1E
たのむから、ゲド、だけは国内に残しておいてくれ・・・

471 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 20:29:33 ID:CD69cYvT
>>467
違います。
ジブリにも海外部はある。
今調べたら、事業部でなくて事業局だった

で、これが天罰の談話w
>8月25日(金)
>大事件発生!第3スタジオ2階の浄水器が明け方に破裂し、
大量の水が長時間にわたって流れ出し、一回と地下一階を直撃。
特に海外事業局の被害は甚大だった。不幸中の幸いだったのが、
   ~~~~~~~~~~~~
地下のサーバーに被害が及ばなかったこと。
システム管理のKくんにとってはそれだけが救い。
ただ、かなりの貴重な書籍や資料、PCなどもダメになってしまい、
被害額は、未だ計算できなていない。本当にショックな出来事だった。


472 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 20:31:54 ID:WR30Z9k8
>>470 たのまれてももう流出しましたが。核兵器開発の技術に転用可能とか
判定されれば禁輸措置もとれよう。誰がかんがれ。

473 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 20:33:45 ID:CD69cYvT
>>472
ファイアー!は、核兵器開発の手段を解明する手がかりになります。って?

474 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 20:36:14 ID:c9wlgnbh
>>472
フィリピン(シンガポールだったか?)を通して北朝鮮に
不正輸出されるから無理

475 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 20:40:56 ID:CD69cYvT
核兵器の情報も、映像の海賊版も、だいたい同じようなルートをたどるのね。
ゲドの海賊版の話がでないのは、違法によるリスクの回避かそれとも、内容によるリスクの回避か・・・
まぁ、本当ならこの映画の海賊版が発売されれば、かなり売れると思う。

なんせ、ジブリに金落ちないし、数人で買って粗探しするには丁度いい。

476 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:13:59 ID:SybcmVrj
千と千尋のあのデカ赤ん坊は
宮崎自身の息子のことだったのか

477 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:20:59 ID:yYQ494Kr
>>476

でも坊は大物感あるよ

478 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:21:11 ID:AsfJCVQv
本格的に不買運動考えた方が良くないか?
2作目着手するとかホザいてるようだが
ジブリのディズニー化だけじゃなく日本の恥も良いところだ。
もうゲドの不買運動は手遅れにしても次回作が56って決まったら周りの連中に
「観に行ったらゲドみたいな映画が続くんだよ・・・」ってちょっとずつ説得しよう。
こんなクズに今まで地味に築いてきたものをぶっ壊されるのは本当に勘弁ならん。

479 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:21:22 ID:fGurpZG5
>>476
ゴローちゃん、じつはあの顔で、家庭内暴力してたりして。

480 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:24:10 ID:c9wlgnbh
>>479
長島一茂かよw

481 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:25:22 ID:CD69cYvT
>>476
坊ねずみにさせられて、ハエドリと旅に出てください、吾郎

482 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:27:26 ID:WAxAIUT6
ジブリ潰れた方が日本のアニメ界にとってプラス。この路線で突っ走ってもらいたいものだね。
1つの会社による独占市場は例外なく停滞する。実際、日本のアニメ界はスカスカだよ。

483 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:29:12 ID:AsfJCVQv
>>482
それはお前が知らないだけ、の部分も多い。
元ジブリ信者?

484 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:29:45 ID:c9wlgnbh
>>482
ジブリによる独占云々とは関係無しにスカスカじゃねえか

485 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:31:16 ID:ZOIrSL42
だな。

486 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:43:46 ID:NRrsrGFb
「これが日本の政界と財界に通じている電通の広告力だよ。
 2ちゃんねるではピックルの工作とも言うがね。」

「はっはっは。最高の映画だとは思わんかね。
 …見ろ!客が金のようだ!」

487 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:44:02 ID:oIz7pjz2
ジブリと他のアニメは市場が全く別なんで、ジブリが潰れようが関係ない

488 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:44:52 ID:ldUxcQE4
前のほうにあったフランス記事から
今フランスのサイト見たけど
映画TOPページで「ナウシカ」
映画作品ユーザーレビュー(採点)3位
プレスレビュー1位で載ってる。
興行成績は12位だけど
こんな旧作ですごくねえか・・・
それとも日本のようにピックルいるのか???

http://www.allocine.fr/film/

489 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:48:57 ID:c9wlgnbh
>>486
こりゃまた胸の痛くなるような上手い事言うじゃねえか

490 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:53:12 ID:409fNBff
>>474
台湾だろw

491 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:58:23 ID:c9wlgnbh
>>490
あ、そうだったthx

492 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 21:58:30 ID:UH/fN67b
親殺しを、吾郎が駿を殺すという暗喩だとしたら、鈴木Pの狙いは高いと思うよ。
ノーキャリアで監督が出来るって誰が考える?鈴木が凄いのか、吾郎が凄いのか?
七不思議の一つ、テルーが唐突に龍になるのを吾郎が唐突に監督になることに引っかけた演出ならば、
光ってるとおもうよ、奴らのセンス。これは吾郎の方の案だろうか。だとしたら凄い玉だよ。
リーダーってなろうと思ってなれないもの、監督業も同じ。やはり奴には何かあるんだよ。

493 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 22:03:26 ID:WR30Z9k8



w
w
w


494 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 22:20:18 ID:nxyJOZWe
イタリアの別の記事見つけた。ゲドにあまり行数使ってない。
ttp://www.scanner.it/cinema/venezia0623605.php

495 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 22:32:14 ID:bQEYW2h/
>>478
安心しろ、今回酷評でもそれなりに人入ったのは
吾朗がどれだけデキル人なのか確認したい人が多かったんだよ。
無論、今回でもう行かない、って人はかなり多いと思う。俺の事だがw

496 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 22:49:23 ID:o0FYock/
>>494
うーん、イマイチだねー
って感じのこと言っているっぽいね

497 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 23:10:56 ID:409fNBff
もし吾朗の第二回作品があったら、金曜ロードショーまでスルーってのが教訓だなw

498 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 23:12:14 ID:akI2yXzg
とりあえず試写は応募してみるかな

499 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 23:13:25 ID:FH+omMVD
最初の予告編作った人>>>>本編作った人

500 :名無シネマ@上映中:2006/09/05(火) 23:58:06 ID:Tvdabo1o
結局、賞の一つも取ってないから静かなんでしょ。

501 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 00:17:22 ID:e2XbBV6o
>500
コンペ部門の結果含めて、新人監督賞は最終日にならないと
発表されないよ。それでもし受賞したら悪夢だけどな。

地元メディアみる限りでは、日本で日テレがはしゃぐほどの
扱い方はまずしてないし。読売新聞や報知の記事はさすがに
よく読みさえすれば記者は何かしらマイナス要素を書いてる。

読売新聞では有名なオタク記者が二人とも、時かけのほうを
推してるようだしね。

502 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 00:44:25 ID:8v60QXBE
>>262
嘘は言わないほうがいいんじゃない?
凡作にスタオベはありません
ちょっと恥ずかしいので訂正
>>266
なんだBくらいの評価はされてるんじゃん
俺の評価は65点くらいだけど
何しろここの叩きは異常だなw
>>478の不買運動呼びかけとか回りに見ないように布教とかコエーよ


503 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 00:47:33 ID:O8DRgcM1
>>502
65点か。結構高いな、私は38点くらいでいいと思ってるんだが
最初あの背景はどんだけ手抜きしてんだよwと思っていたが、キャラをどけて
あの風景だけを見たら結構綺麗だと分かった。クモが出てくる夕焼けのシーンとか
ちょっとドラクロアっぽい、とも思った

後布教っつうか、周りの人間には是非観るように言ったんだがな
「こんだけクソな映画は本当になかなか無いから絶対観るべきだ」と
私自身、あんまり面白くて2度観に行ったが、流石に二作目は無いわ

504 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 00:59:46 ID:fUoj9wTg

ゴロー 「急に監督になったので」


505 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 01:00:34 ID:O8DRgcM1
懐かしいネタ出してんじゃねえよwwww不意打ちかよ笑ったぜ

506 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 01:00:58 ID:TnXjqw0l
ぽくても下手なものは下手なんだ。
ロマン主義を背景美術に取り入れることのコンセプチュアルな意味を
きちんと理解していないからだろう。

507 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 01:02:01 ID:bg7dXmMz
同じスタンディングオベーション(ゲドは約5分間)パプリカの評価

コンペ部門のアニメ「パプリカ」(今敏監督)の公式上映が
2日の夜に行われ、5分以上のスタンディングオベーションに今監督が感極まる場面も。
地元各紙の映画評論家の採点では20人中12人が観賞し、さまざまな反応。
満点の5つ星が1人、4つ星が3人という内容。
コンペ部門の本命と言われる英映画「The Queen」
(5つ星=2人、4つ星=8人)には及ばないが健闘を見せた。
(スポーツ報知)

508 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 01:03:07 ID:O8DRgcM1
>>506
下手だよ
キャラと絵柄と背景がマジで合って無さ杉
何だったんだありゃ

509 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 01:05:56 ID:8v60QXBE
>>503
アニメあんまり見ない人はそこまで細かく見ない
俺もそんなにアニメ見ないしジブリは千と千尋くらいしか見たことないのでジブリにも思い入れないし
何の先入観もなく見れば65点くらいだと思うよ
あとは好き嫌いじゃねえの?
俺的には好きなタイプの内容だったから

510 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 01:19:31 ID:N4ZWoOLz
まあ、好きという人の意見は貴重だわな。
貴重貴重。

511 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 01:35:23 ID:PpmDA0yy
成功者に対する嫉妬心を前向きなことに生かした方が良いですよ皆さん

512 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 01:38:02 ID:BdLWwD/7
ゲドの宅急便

513 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 01:39:11 ID:ihty3Oal
>>511
つまりゴローは自分が成功者だと勘違いしてるってことか?

514 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 01:39:26 ID:yvCoCp7l
成功してるのか?吾郎は。
なんか落とし穴に向かって突進してる気がするんだが。
鱸Pは完全に勝ち組だな。

515 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 01:41:43 ID:TnXjqw0l
吾郎には映画を撮り続けて欲しいと思う…
こういう歪なパーソナリティにこそ、「映画」という古いフォーマットは合っている。

516 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 01:42:28 ID:2dqop9zc
>>511

残念ながら吾朗ごときに嫉妬しません

517 :名無シネマさん:2006/09/06(水) 01:49:49 ID:g2nNf/mw
>>514
 安心しろ、ゴローは福田負債のライバルとして、日本アニメ界に汚名を残すためにがんばっているのだから。
 しかし、日本のアニメ界はシロートに重要な仕事をやらせるほどダメになっているとは……

518 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 01:51:50 ID:Tea83GjT
もうずいぶん長いあいだこのスレを見守りつづけている
いつか煽りが完全に無視されて恨みや愚痴だけで一日が埋まる
そんな日がきっとやってくる
そんな素晴らしいスレになる日が必ずやってくる
今日はおしかったなあ

519 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 01:58:33 ID:N4ZWoOLz
吾朗も福田負債と肩を並べるようになったか…

520 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 01:59:56 ID:Aafi+mIs
>>503
>「こんだけクソな映画は本当になかなか無いから絶対観るべきだ」と

いや、結構あるよ。残念ながら。

>>517
そういえばガンダムSEEDも映画になるんだっけ?

521 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:00:24 ID:PjOBPuWM
吾郎と鈴木のダーティペアは誰にも止められない!

522 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:01:12 ID:ZKECrnPJ
ゲドの酷評こないねぇ

523 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:03:07 ID:TnXjqw0l
ゲドが本当のクソ映画ってw
不況の時代、「手当たり次第に何でも見る」ってのは流行らないのかね?
そりゃあもう、腐るほどクソ映画を見ましたともw

524 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:05:12 ID:ehS5le+U
>>447
それはお父ちゃんと同じサークルだね…ちょっと泣ける話だ

525 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:08:14 ID:ZKECrnPJ
 
おれは大量のクソ映画を見たけど

こんだけ大作然、名作然、として内容ヤバイくらいクソ と言うのは見たことが無いです

楽しいB級映画かなと思ったら煮ても焼いても食えないD級映画でしたってのは良くあるが

ここまでA級然として内容D級映画ってのあったら教えてくれ

映画のクソかどうかって、名作気取ってハズしてて薄ら寒いかどうかなんだよね

526 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:09:26 ID:ehS5le+U
>>525
ポストマンどうだ!

527 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:10:32 ID:I0pEzZhI
こんなに中身のないまんま説教て他にあるの?

528 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:12:08 ID:ehS5le+U
>>527
パトリオットとかかな

529 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:13:18 ID:ZKECrnPJ
>>526
ポストマンはゲドよりjはるかに楽しめるよ 話の筋もちゃんと通ってる
確かに大作気取ってはずしてるけど、A級気取ったのがC級くらいだな。
ゲドほどではない

530 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:16:05 ID:ZKECrnPJ
あと海外で放送するなら
ゲドが白く光ったりテナーのところに杖を光らせて駆けつけたりするシーンが
ロードオブザリングのガンダルフのパクリに見られる と言うのも踏まえないと
あれ日本人として恥ずかしいよ

531 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:16:38 ID:Aafi+mIs
>>525
「デビルマン」は酷かった。突っ込みどころが「ゲド戦記」の3倍ぐらいあった。
が、A級を気取ったりはしてなかったな。

532 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:17:53 ID:uE3KQd1L
ポストマンが出てるなら
「ウォーターワールド」は外せない

533 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:19:36 ID:XFKuO+3A
>>525
見る前に、ゲド戦記の一体どの辺から「こんだけ大作然、名作然、として」と
感じ取ったのかが気になる?CMから?
ここにいる奴のほとんどは「駄目そうだなと思って怖いモノ見たさで行ったら
やっぱり駄目だった」だと思う。
「名作だと思ったらだまされた」という奴は、まず嗅覚を鍛え直せ。
まあそのまま「やたら駄作ばかり見に行ってしまう人生」ってのもある意味素敵だが。


534 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:20:08 ID:ZKECrnPJ
ウォーターワールドもそうじゃん
設定がマンガチックで幼稚で恥ずかしいなってのはあるけど

いきなり歌いだしてハァ?とか
脈略も無い展開してハァ?とか
伏線回収しないでハァ?とか

そんなことはひとつもない

535 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:22:10 ID:ZKECrnPJ
>>533 お前こそ映画年200本は見て鍛え直せよw

「名作然としている」「大作然としている」

なんぜわざわざ「然」と言う言葉をつけたのかもわからないの?

名作も愚作も駄作も映画いっぱい見てる映画ファンならすぐわかるぞw

536 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:26:12 ID:ZKECrnPJ
映画ファンが言う 「名作然としてるくせに、愚作だ」

名作だと思った ≠ 名作然

名作然 =
売り出し方が仰々しい
金かけてる大々的な宣伝構成
製作関係者の露出と
気取ったような「傑作を作りましたよ」のようなコメント

あーあ、こんなこともいちいち説明しなきゃいかんのかよ

537 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:27:14 ID:TnXjqw0l
つか、邦画の「大作」「名作」なんてみんなこんなもんだろ。

538 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:29:00 ID:uE3KQd1L
大作然とはしてると思うよ。
ジブリの新作。あの三大ファンタジーの映画化!と銘打っての
一大キャンペーン。一ヶ月近くにわたる日本縦断試写の旅。
タイトルからして「戦記」で、加えて笑いの要素のなさそうな予告見たら
ハウル以上に直球な戦争ものだと思うだろな。
一般の人は原作知らなくても壮大なイメージを抱くと思う。

539 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:31:07 ID:ZKECrnPJ
>>537 
例え邦画でも

いきなり歌いだしてハァ?とか
脈略も無い展開してハァ?とか
伏線回収しないでハァ?とか
傑作作りましたよ とか
海外映画祭で新人賞狙います とか

こんな恥さらしはひとつも見たことないですが? なにかありますか。

540 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:35:18 ID:uE3KQd1L
もーなんでここの人相手に半切れなのさ

541 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:35:56 ID:ZKECrnPJ
>>538
そういった周囲のテンションもぜんぶひっくるめて
ゲドほどクソな映画はほかに見たこと無いな

あのサウンドオブサンダーですら出来が悪くってのわかってて
小規模興行だったんだから

例えばサウンドオブサンダーの伏線ぶった切りして
観客をハァ?って言わせるような脈略を意味不明にグダグダにして
スピルバーグの息子が作りましたよ!

って大々的に売り出してやっとゲド戦記レベルになると思う。

542 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:38:02 ID:TnXjqw0l
市川崑の新作!あの古典文学の映画化!東京国際映画祭オープニング上映!

543 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:38:22 ID:MM17Cenh
>いきなり歌いだしてハァ?〜

そんな事が気になる>>534って想像力無い人間の典型だな
想像力を鍛えてもっと高度な映画の見方をしましょう
話はそれから

544 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:39:56 ID:PYjcm1l+
ゲド戦記を原作としてる時点で大作然としてるわな。
それに加え
「見えぬものこそ」
みたいな大仰なフレーズや
テーマは「今まっとうに生きるにとは」とか、
大物ぶってる具体例は挙げきれないほどあるわな。

こんな大上段に振りかざしながら、蓋をあけてみりゃ世襲ド素人による商業主義まるだしの説教アニメ。

言葉で取り繕った外面と中身のギャップが激しいから
よりいっそう醜く映るわけだわな。

正真正銘、ゲド戦記は腐臭の漂う馬糞アニメだよ。

545 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:40:06 ID:TnXjqw0l
「映画は伏線」厨が暴れているな。「複線」と誤記するとモアベター。

546 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:45:12 ID:bg7dXmMz
>>534
>>536
>>538
>>539
自分同じ気持ち意見です。

547 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 02:52:25 ID:xqzLTBeM
「アレンは死ぬことを恐がってるんじゃない、生きることを恐がってるんだ」って…

誰でも中学生くらいの時に思い付く青臭い説教のセリフだな。


548 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 03:02:45 ID:PYjcm1l+
>>547
「俺って今凄いことしゃべらせてる?」的なゴローの得意がお。

549 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 03:04:21 ID:fUoj9wTg
なぜ脚本を人任せにしなかったのか。

550 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 03:09:59 ID:jMHIxwOs
脚本、作詞、監督、絵コンテ…
いっぱいお金入るからね

551 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 03:13:17 ID:uE3KQd1L
でもホント、邦画の、特にファンタジーとか特撮系って
期待以上に面白いこと滅多にないもんな。
B級的な臭いがさいしょっからプンプンしてるから
そもそも過度な期待はしないし。

違和感なく見られる日本のファンタジーというと、アニメしか期待できないんだよなあ。
「期待をひどく裏切らない」信用を築いてきたジブリのファンタジー。
今回の興行収入の値は、信用の値であって映画の価値じゃないことを肝に銘じて欲しいわ

>549
マジレスすると、人が想定した(難しい)場面の絵がかけないからだと思う。

552 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 03:13:19 ID:X2bCMOWi
まあ作家性の強い作品の場合は、監督が脚本業も兼ねるのが定番になってるからね。

553 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 03:15:01 ID:xaBg2Mcs
-新CM予想-

テルーの唄をバックにベネチアでのスタンディングオベーション!
にやけた鱸にえへへなゴロー

「世界が認めた!」 「絶賛上映中!」

のテロップ入りw


554 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 03:24:56 ID:rhgj36ME
>>540
 残念ながら目の前に鱸がいないからだよ

555 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 03:46:16 ID:PYjcm1l+
最近鈴木調子に乗りすぎじゃね?

鈴木の癖して図にのってね?

556 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 04:07:29 ID:xNoyoZpp
日経エンターティメントでがっかり映画の第一位に選ばれました!!

557 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 04:11:16 ID:fUoj9wTg
>>556
くわしく

558 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 04:25:17 ID:EIj727sH
>>58

559 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 05:50:46 ID:PnEtBse4
>>542
竹取物語?

560 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 06:08:13 ID:XFKuO+3A
>>535
IDがPJよ、おまい年間200本見てて
A級とかB級が内容とは関係なく制作費でランクわけしてるっての知らないのか?

さよならジュピターとか幻の湖とかいろいろあるじゃん。
むしろゲド戦記はそこまで突き抜けてない駄作。

561 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 06:27:39 ID:u1F8SXSZ
前スレにも貼られた L.A.Times のweb版の記事

ttp://www.latimes.com/entertainment/la-et-miyazaki4sep04,1,1578878.story?ctrack=1&cset=true

前スレでは
・やっぱゴローは、アースシー世界を「ヨーロッパ」だと思ってやがッたぜ 欧州かよ
と突っ込まれてたんだけど、その他にも

・竜や魔法なしの人間ドラマにしたかったが、鈴p介入で登場させた ジブリの商業作品だからね(苦笑)
みたいな興味深い(ネタとして)発言あり
(記事には、ジブリスタッフに抵抗があったという記述もあり)


562 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 06:50:22 ID:L5fS4Ws0
鈴木Pの後押しも受けて結局ゴロー館長職に出戻りかby日刊

563 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 06:52:30 ID:Kp+HN4W2
新情報?

http://chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20060906/spon____hou_____002.shtml

564 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 07:16:16 ID:jNcttCA+
鱸にはどんだけ客をバカにしながらブランド一本でだませるか、究極の限界にチャレンジして欲しい。
次は宮崎家の飼い犬かなんかを監督に据えてみてはどうか

565 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 07:32:59 ID:u6I4UCo6
「君は…ジブリを視聴者を楽しませる映画を作る会社か何かと
 勘違いをしているのではないかね。」

「私はゴロー監督だ。非常事態に付き、私が臨時に指揮を執る。」

「駄作を放映して尚、信者を失っていない…。」

「馬鹿供には丁度良い目くらましだ。」

「君達はジブリから出て行きたまえ。
 ここから先は、宮崎一族しか立ち入れない聖域なのだ。」

「これが日本の政界と財界に通じている電通の広告力だよ。
 2ちゃんねるではピックルの工作とも言うがね。」

「はっはっは。最高の映画だとは思わんかね。
 …見ろ!客が金のようだ!」

「あまり期待しないほうが良い。
 当分宮崎吾郎監督作品が続くのだからな。」

「金を出せ!ジブリに上納しろ!小僧達から金を巻き上げるんだ!」

「ジブリが…ジブリがぁ〜…!」

566 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 07:42:48 ID:vEwjuu9r
>>539
「だいじょうぶマイ・フレンド」
は近いものがあった様な気がする。

567 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 08:03:25 ID:tdy9IlHs
>>471の被害って結局どんな感じなんだろう?
この前「パンダコパンダ」のDVDをレンタルで借りたのだけど
あの特典でイメージボードや絵コンテが紹介されていたんだよね。
そういうのまでダメになっていたら天罰としては厳しすぎるかなとは
思う。でも、本当にひどいの作っちゃったからなあ。

568 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 09:00:08 ID:Qsn8F/eb
いのきを大切にしないやつなんて嫌いだ・・・。

569 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 09:09:17 ID:e2XbBV6o
9月3日までの動員・興行収入は、525万239人・65億7194万3850円。

60億円突破は27日なので、もう週5億のペースにまで落ちてる。
26-27日の週末興行収入が2億8498万912円(ドルから換算)で、
2-3日はその70%とまでと情報が出ている。(2億円程度か)

570 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 09:13:11 ID:e2XbBV6o
訂正。○65億7194万375円

このペースで落ち込むと、今週末は1億5千万、週全体では3億円台?

571 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 09:16:31 ID:NGaBl5n3
>>564
出版界では「リアル鬼ごっこ」が「綺麗な装丁と帯の煽り文、本屋の平積みで
どれだけ読者をだませるか」で成功しているが、映画界では初の試みかもしれんな。

572 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 09:25:37 ID:O8DRgcM1
>>571
マジで?アレつまんねーの?買わなくてよかった

573 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 09:27:50 ID:cALBsoHm
>>563
新情報というより、帽子のお礼の余波でないか?
しかし、2人のインタビューの答えが気に入らないねぇ

>巨匠の宮崎駿監督(65)を父に持つ吾朗監督は「仕方ない。僕が宮崎駿の息子だから」

>鈴木氏も「原作と違うことや、お父さんと作風が似ているから批判は当然予測していた」と説明した

確かに、そういう側面は少なからずあるけど、批判されてる一番大きいのは
単に息子だから、とか単に原作と違うから、ではなくて、

息子という触れ込みで初心者が監督したことであって
原作がゲドといいながら、内容はシュナであって、親殺したり、影を闇に還したり、ゴラゴラムファイアー!
をして、原作の定義を全く無視したところ

そして、なによりもストーリーが破綻しているところにあるんのではない?

574 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 09:30:25 ID:cALBsoHm
>>567
幸いにも、製作部とか、資料部ではないようだから
過去の作品のコンテとかは大丈夫なんじゃない?
資料っていっても、必ずしも作品資料とは限らないし。
でも、海外映画祭の写真とか、プレスレビューとかそういうのは消滅した可能性があるな

575 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 09:30:56 ID:PrDAIjWj
鈴木氏もにんまり

576 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 09:32:57 ID:O8DRgcM1
56ってなんつーか大人になりきれてないっつうか
監督としてもビジネスマンとしても中途半端すぎるよな

インタビューで口を開けば「やらなきゃ良かった」ってぶっちゃけすぎだろ。
いい歳こいて、お世辞とか体裁保つ発言とかねーのか?そのやらなきゃよかったもんに
こっちゃ幾ら出してると思ってんだ
その割に持ち上げられたら「またやろうかな」とか意味不明すぎんだろ

鱸の道化としてシニカルに振舞ってんのか監督として意欲を見せていくのかどっちかにしろ
マジでねらーがグチグチ言ってんのと同レベルだろ、アイツの公の発言は

577 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 09:50:54 ID:+u9VNJSu
はやおと作風がにてるのは
絵コンテ丸うつしでつくったから

そういういい加減な作り方に批判が集まってるんだろうに

578 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 09:51:19 ID:fUoj9wTg
ブランド頼みの甘え断て徹するは良い作品作り 鈴木 敏夫 氏[スタジオジブリ社長兼プロデューサー]
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20060705/105742/

どの口が言うかwwwwwwwwwwwwwwww

579 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 09:56:00 ID:50LdLLa3
今後、都合の悪いものは無くなったということで >浸水

580 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:00:22 ID:cALBsoHm
なんで、日テレだけ速報が早かったんだ?

581 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:02:07 ID:O8DRgcM1
キコさまにガキが産まれた話の事か?

582 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:03:27 ID:nHdv/WHP
それは俺も気になったが、>>580は明らかに誤爆ジャマイカ?

583 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:04:57 ID:O8DRgcM1
ああ、なるほどね
>>580はどうやら私と同じスレを見ているようだw

584 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:11:15 ID:nHdv/WHP
>>583
ナカーマ (・∀・)人(・∀・) ナカーマ

585 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:12:05 ID:2SEklShX
吾朗監督には、激しいアクションや細かい心理描写をコンテにする能力が
ないので、脚本に複雑なシーンがあると全部カットしてしまいます。
代わりに止め絵で会話したり、延々と歩くシーンを入れて尺をかせぐ。

脚本を書ける人、ということなら探せばいるんです。
でも、彼が監督であるかぎり、どんな原作、どんな脚本でも結局同じなんです。

586 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:25:27 ID:kOS8K6ZZ
じゃ、コンテ描ける奴に描かせればいいだけの話じゃねえか。
つか、この映画の癌は吾朗よりも鈴木Pだろ。
制作時間コストの短縮やシナリオ改悪は全部鈴木の指示。
鈴木主導でやってる以上、個々のパートが良くても全体として駄作にならざる得ない。

587 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:28:19 ID:O8DRgcM1
ど っ ち も 悪 で す

個人的に56自身は応援したいけどね
これからアイツどーなるか楽しみ

588 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:28:50 ID:jMHIxwOs
ttp://chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20060906/spon____hou_____002.shtml
なぜ原作者に批判されたのか
まったくわかっていないようです。
真性です。

589 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:29:36 ID:3ATCqv2N
>>577
絵コンテは全然似てないと思うけどな

590 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:31:40 ID:O8DRgcM1
>>589
作業場に親父の絵コンテ集を持ち込む勢いだからな
似てないんじゃなくて似せる事も出来ないって事じゃね?

似てたらまだまともな作品になってた

591 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:36:23 ID:nHdv/WHP
>>588
全くだ。
>>573も言っているが、自分が批判されるのは、ハヤオの息子だと思っているゴロー

原作そのままじゃないから批判もあるでしょ?程度の認識の鱸


こいつらは、今後どのレベルの作品であれ、作る価値なし。

592 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:37:40 ID:f69VnBEL
作るのは勝手だろ。見なきゃいいだけじゃんwプッ

593 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:38:16 ID:dcsHWgMn
>「仕方ない。僕が宮崎駿の息子だから」

ダメだこいつ…

594 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:39:52 ID:JJXbuD8C
【映画】原作者の批判的感想に宮崎吾朗監督「仕方ない。僕が宮崎駿の息子だから」
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1157504166/

595 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:40:33 ID:nHdv/WHP
作る価値ないだろう?

こんなやつがアニメ作るために、今までの日本アニメの気づいた信頼を
壊されたらかなわん(まぁ、たいした信頼ではないが)

それに、単純に制作費の無駄遣いだ

596 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:42:34 ID:JJXbuD8C
>>576
激しく同感。

597 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:44:17 ID:v5/BTlPs
こいつの発言ってなんか人をイラつかせるね。

なんでだろ。

598 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:44:48 ID:1gqPQxeg
ゴローは密かに元ねらーと推測…
今はさすがに怖くて見れないのだろう

599 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:48:34 ID:O8DRgcM1
>>595
×気づいた
○築いた

「づ」ではなく「ず」

600 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:49:09 ID:XNsrq5dG
ゲドなんかより愚作なんて腐るほどあるわ
お前らみたいな程度の低い映画オタクは俺みたいに年300本見てから出直して来い

601 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:50:25 ID:f69VnBEL
いちいち発言を追いかけていちいちムカついてれば世話ないわなwプッ

602 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:50:37 ID:1gqPQxeg
>>600
年間900本見たことがありますが、何か?

ゲドのような意味で、気分が悪くなったのは初めてだった。
ある君衝撃だった

603 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:50:46 ID:0sNBKc2v
ゴローは駿の精子がシーツのシミになり、お袋の割れ目に残ったカスだから仕方ないよ

604 :名無シネマ@上映中 :2006/09/06(水) 10:50:54 ID:cNur7b9s
吾朗監督 新作は「人間ドラマを」
「僕は豊富なアイデアを紡いでいく日本建築的な映画作りの宮崎駿というより、(同じくスタジオジブリの)高畑勲的。
魔法使いが出てこない、人間ドラマみたいなもの」と希望

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060906-00000022-spn-ent

>>585の理由でだと思う。
今後も説教臭い止め絵だらけのアニメを作るらしい。

605 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:52:13 ID:1gqPQxeg
ID:f69VnBEL が wプッ で心オナニーしてる件

606 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:52:53 ID:O8DRgcM1
>>604
お前にゃどっちも作れねーよwww
コイツ何勘違いぶっこいてんだwww

607 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:53:13 ID:f69VnBEL
ある君って誰?パチーノ?

608 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 10:59:57 ID:8DvCCcOt
>>602
それはちょっと観過ぎw

609 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:01:15 ID:fR7kRY2d
56ちゃんはジブリの総力を結集してエロアニメを作って欲しい

610 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:07:43 ID:O8DRgcM1
         ./     ,. '                    '、   ノ
 か ム ぜ 5 |   /                      ',  / は こ
 た リ っ 6 :l.  /    ,   i :i、  |、           ゙, ノ'  っ う
 つ ム た ち ヽ./     /! ./l  lヽ :i ',           i`)  き な
 む リ .い .ゃ ./!   /|:! | ./ |  ! ヽ l ヽ           ! l  り っ
 り ム ム ん / | /!//''|l‐=/、 ! l ,ゝ- ‐‐ヽ、        | |  言 た
 よ リ .リ に (, l, :l.|: /_ ァテゝ、ヽ !   ヽテ = 、ヽ       ! l  わ ら
  !!.ム よ 東 l . :!|:!:|, i` .}{ i゙!  `   ´ }.{; 'ィヾ,.  ∧    :} /.  せ
.   リ . 大 ,ゝ ! ! :i  '' "´,      ‐'='' ´ | i`:}    / /  て
      は (.   / ',   `          i ヒ/  /ソ ゝ.  も
         > /人 | 、  ヤ‐ヽ       ,イ  l /!/  _ ゝ  ら
\      _ /  '   ':, ヽ.  ' ‐ '     ,/ /,r, |i' |'   ` ).  う
  'レ'⌒´         ゝ,  ` 、    ,. '  _// ‐‐ 、     ム  わ
              //    >:t' ,. '´ /'   _>-‐- 、,_ヽ
            // /ノ,._'´ 丿 iヽ    , '´      `
          /   - ' /-) _' i'  ノ‐ ' ヽ、 '

611 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:07:52 ID:WRdTyAK+
>>604
こいつの表現の選択肢には、ハヤオと高畑しかないのか?
知識の幅が狭くないか?

612 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:09:15 ID:O8DRgcM1
あ・・・東大をゲドにし忘れた

613 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:09:54 ID:v0rIrgWX
「さすが宮崎駿の息子ですね」
「キミ、その言い方はごろー君に失礼だ。
さすが宮崎ごろー・・・なんだよ。宮崎駿なんて関係ない」


と、言えるくらいの内容だったら別に文句は言わんかったんだけどね。
ジブリはこの「漫画家志望の高校生程度の技量しかないことを
実証した新人おっさん監督」をこれから
育てていくつもりなんだろか。客にとっては迷惑な話だな。なんか
どうでもよくなってきたけど。

614 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:13:13 ID:e2XbBV6o
>604
スポニチの記事こっちにもある。
ttp://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/09/06/05.html
ttp://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFPkfuln20060906006005/

>611
『今のアニメの技術の9割以上は父と高畑さんが築き上げた』と
7月に岡山の地方紙で発言してる。
ttp://www.okanichi.co.jp/20060721130608.html

615 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:20:26 ID:SeYxsUx6
>>611
それ知ってる。だから、ほかに選択肢がないのかと、本気で思ってる

616 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:21:25 ID:tgKftibK
ゴロちゃんの発言やインタビューを集めて読んでみたら
なかなか面白くなりそうだな。

617 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:22:25 ID:SeYxsUx6
自分にアンカー打っちゃった。>>615>>614

>>616
それいいな。
なんか、とんでもない物が出来そうだが。
鱸の勘違い発言集・および行動集もなかなかいいと思う

618 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:23:48 ID:OTtHlPTw
>>604
吾朗が描く人間ドラマ…

619 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:23:52 ID:794RrBQW
このキモオタ映画でジブリはオワッタナ

620 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:27:54 ID:SeYxsUx6
吾朗って純粋だけに、危険思想の持ち主に感じる。
子供向け作品を作るなよ・・・おい

621 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:31:32 ID:e2XbBV6o
>588、>563 中日スポーツの記事って、>604、>614 のスポニチと
照らし合わせると、別に独占取材したんじゃなくって、日本の
メディア相手の会見で出た質問とその回答ってだけだよな。

中スポとスポニチの記事しか見つからず、読売と報知にはない。
さすがに吾朗と鈴木が痛すぎてスルーするしかなかったんだろ。

622 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:31:48 ID:7wy6Kity
公式掲示板に、テルーはクモを殺したんじゃなく、
本来の寿命に戻してあげた、成仏させてあげたんだ、
という書き込みがあったが、寒気が走ったよ。

現代の問題とのつながりとか、あんまり短絡すると
どんどん危険な方向に進んでいくような気がする。


623 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:35:25 ID:e2XbBV6o
>622
オウムのポア?松本と地下鉄サリン事件は殺すことで救済に
なると本気で実行犯が信じていたからな…。

624 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:38:01 ID:O8DRgcM1
>>622
こえええええw


56が書く人間ドラマって何だ、
余りに偉大過ぎる父親から否定されすぎて影のように生きていくしかなかった少年が
ある日突然日の目を見る事が出来るようになるサクセスストーリーか

625 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:41:27 ID:SeYxsUx6
公式、こんなの書いてあるぞ、どうすりゃいいんだ?
>>622といい、なんか危ないあつまりでなくて、コワイ集まりになってきたな。

あそこが楽しくて、何回も来ます。という書き込みが増えたきたし

>こころをなににたとえよう。さん 40歳〜49歳 投稿日:2006/09/06 00:13:36
>国家斉唱に次ぐ,世界平和のための斉唱,たどりつく,子守唄。自分の気持ち,多くの人に伝えたい。
>平和が選択する導火線。
>たとえようのない,このこころ。ひとの
>こころを大切に。感じたものをそのままに。  

626 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:43:56 ID:O8DRgcM1
>>625

      ハハハ                         イキデキネーヨ
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ハライテ-       ゲラゲラ
   ( ´∀`) < わははっ         ∧_∧       〃´⌒ヽ       モウ カンベン
.  ( つ ⊂ )  \_______   (´∀` ,,)、      ( _ ;)        シテクダサイ
   .)  ) )   ○   ∧_∧      ,, へ,, へ⊂),     _(∨ ∨ )_     ∧_∧ ○,
  (__)_)  ⊂ ´⌒つ´∀`)つ    (_(__)_丿      し ̄ ̄し     ⊂(´∀`⊂ ⌒ヽつ
          タッテ ラレネーヨ



627 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:47:46 ID:VpJqd4Xe
>>625
意味不明なんで、暗号の一種ではないか?

628 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:49:07 ID:fUoj9wTg
キバヤシを読んでノイズを排除してもらえ。

629 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:49:37 ID:O8DRgcM1
それこそ、心オナニーなんだろ

630 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:49:47 ID:WqGbyXOE
これがゲド脳というやつか

631 :名無シネマ@上映中 :2006/09/06(水) 11:49:54 ID:cNur7b9s
スポニチの
駿監督の新作について鈴木敏夫プロデューサー(58)は
「“子供もの”の準備に入っています」

ってあえて「子供もの」って強調するのはなぜだ!

632 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:51:44 ID:2SEklShX
つーか、ゲドCMを見てても
意識的にそーゆー人達の取り込みを画策しはじめてるように思える。

次回作はそこを狙って、さらにパワーアップした作品が来るかもしれん。
精神影響力がゲドの3倍ぐらいの映画。

633 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:53:45 ID:SeYxsUx6
>>632
勝手に、そういう人向けの作品作ってくれてもいいが、
ジブリで子供向けと銘打ってやるのは、犯罪

634 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:54:32 ID:5xoPkgS4
>>625
あそこで、何の暗号を送るんだよw

635 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 11:55:24 ID:Z+ftihXm
ΩΩΩ<な、なんだってー!

636 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 12:02:04 ID:Tea83GjT
吾朗と呼ばれる、クリエーターと素人の狭間に在るモノだ。
微弱な電波を発し、ただ影響だけを及ぼす。
そういうモノは触れると憑く。

637 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 12:02:48 ID:e2XbBV6o
>632
アレンの首輪で腐女子をリピーターにしようとしても、そこまで連れず、
アニメージュもロマンアルバムの内容からゲドに対して距離置いている。

ジブリは腐女子含めてオタクを客層から捨てるだろうから、吾朗の
次回作の宣伝は、ムーとかスピリチュアルがどうこう書いている
雑誌で展開した方がまだマシ。4年後だからって、また金ローで
トトロ放映して釣るのはやめて欲しい。

638 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 12:06:49 ID:O8DRgcM1
       ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
        cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
:::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
    :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ____
     \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l ,− ,−\ / ̄ ̄ ̄ ̄\
 u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /, |  ・|・ | ヽ_____ヽ
            u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /  `−●-' \ヽ , ─ 、 , ─ |
         _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  / ──  | ──ヽ|   ・|・   |
゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /..  ── | ── .|`─ 'っ - ´|
      ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、 |    ── | ── |.____) /
     /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \.____|__) / ___/
     .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ      /l \/\| \
     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i━(t)━━l |      | |

639 :名無シネマ@上映中 :2006/09/06(水) 12:07:27 ID:cNur7b9s
>>637
世界で釣りが発生中らしい
>>340>>461

640 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 12:30:55 ID:2dqop9zc
7/17時点での評だが、なかなか的確だと思うのだが

ttp://d.hatena.ne.jp/otokinoki/20060717/1153108035

641 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 12:37:58 ID:L5fS4Ws0
>>568
出場したいと言ったのに全く相手にされていない千葉の東金出身イケメンレスだが
10・5の武道館は何の予定も入っていないそうだよw

642 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 12:38:28 ID:5xoPkgS4
>>639
本当だよ。
これで日本の商法がまた批評されるのかな?寂しいよ

643 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 12:51:12 ID:NpnxFeD4
>>571
最近のメディアミックスだと涼宮ハルヒの憂鬱がそうだな。
まあ京アニはすごいと思うけど。

644 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 12:54:12 ID:oy6sGLiL
 第63回ベネチア国際映画祭の特別招待作品として公式上映された「ゲド戦記」
の宮崎吾朗監督(39)が4日(現地時間)、日本の報道陣向けに会見した。
次回作について「僕は豊富なアイデアを紡いでいく日本建築的な映画作りの宮崎駿というより、
(同じくスタジオジブリの)高畑勲的。
魔法使いが出てこない、人間ドラマみたいなもの」と希望。

魔法使いが出てきてすらあんなにつまんなかったのに、人間ドラマなんて・・。


645 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 12:56:36 ID:oy6sGLiL
あんな豊富なアイデアの原作をもとにしてすらあんなにつまんなかったのに、
人間ドラマなんて・・・。

646 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 12:57:23 ID:rawONx/U
>>640
そいつって、次男説を流した香具師ヤン

647 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 13:00:06 ID:xjK08WDS
>>645
ほら、人間ドラマならアクションシーンいらんから、自分でコンテ切れるから・・・

648 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 13:00:39 ID:I30sVyU/
高畑のような精緻な世界観が作れるはずないよ。
鈴木が起こした偽の熱風に吹かれて舞い上がった凧みたいなものだ。

649 :名無シネマ@上映中 :2006/09/06(水) 13:06:20 ID:cNur7b9s
>>8
>僕の将来は多分、鈴木プロデューサー次第だと思います。
>なにしろ僕はサラリーマンですから(笑)

吾朗の将来は全部鈴木Pが決めている

650 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 13:08:13 ID:oy6sGLiL
ゲドの原作こそ人間ドラマの宝庫だったのに。

651 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 13:10:26 ID:O8DRgcM1
>>650
それが分かってたら敵を焼き払ってハッピーエンド、にはしなかったと思うぞ
もう諦めろ
諦めるしかない

652 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 13:13:01 ID:MYpMZ0tW
名前出すんなら親父の名前だけにしとけよ。
他人の名前出すなら鈴木の名前だけにしとけよ。
つくづく空気読めないお坊ちゃまだなw

653 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 13:18:21 ID:oy6sGLiL
ごろーの駿と高畑の違いの理解は鈴木Pの受け売りであることが
これ↓読むとわかります。

http://www.ghibli.jp/ged_01/20making/000341.html


654 :名無シネマ@上映中 :2006/09/06(水) 13:25:58 ID:cNur7b9s
それにしても
これがいかに駄作で見た人ほとんどが
がっかりしてる事わかってないのかなー
ベネチアといい
日本国内もただ興行成績がよくて
自分の映画が60億も稼いだとか500万人が見たとか舞い上がってるのかね

655 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 13:26:32 ID:I30sVyU/
お前には自己というものが無いのか。56。
諦めるしかないのか。畜生。叫んでも叫んでも出てくる。ちくしょう。
これが金の力ってやつなんだろうね。

公式の制作日誌に載っていた「アレンの気持がわからない」と訴える
作画スタッフの言葉、今思えば、アレは現場からの悲鳴だったんだな。
ひどい監督だ。

656 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 13:29:20 ID:LkuRS3BW
工作員の活動、地味になってきたなぁ・・・と思ったら

http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id324031/rid5069/p2/s0/c15/

以前もスレに出てて当時で二百数十人程度だったと思うんだが三倍近くに膨れ上がっている。
まさか毎夜毎夜垢作って地味に賛同したに票入れて役に立った順一位狙ってんじゃないよな?

657 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 13:30:30 ID:O8DRgcM1
>>654
やっと人生で輝いてる時期が到来したから舞い上がってんじゃねえの
周りはイエスマンで固めてるだろうし、何があっても鱸が守ってくれる

658 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 14:06:28 ID:RpWqxqnE
今更だけど観てきたので感想

ものすごく説教くさくてつまらん映画だった

以上

659 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 14:12:43 ID:g2nNf/mw
>>657
そのゴローのやったことをTVで先人の遺産を食い潰す形でやったは「ガンダム」というブランドでやりたい放題食い散らかしをしている福田負債。
 でも、ゴローも負債も自分たちが同類だとは露とも思っていないのだろうな。

660 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 14:52:43 ID:liIS9/gw
ゴローの人間ドラマって、アレだろ?

仲のよくない喧嘩ばかりしてる男女がいた。
あるとき、女がひとりで寂しげな歌をうたってるところを男が立ち聞き。
男が涙を流すと、次のシーンでは男女は仲直りして一緒に夕日を見ながら坐ってる。

こいつは、すごい人間ドラマだ!


661 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 15:00:44 ID:dcsHWgMn
たぶんゴローって、言語能力が欠如してる人なんだと思うよ。
コミュニケーション能力が小中学生並みなわけ。
でもインタビューなんかの質問に対して、
しどろもどろになってまともに受け答えが出来ないと恥だから、
「宮崎駿の息子だから」みたいなパッと頭に浮かんだ単純なフレーズで
とりあえず返答しちゃうんだよ。
本心からの言葉でなくてもね。

自分の思ってることを正確に言語化する能力が欠けてるわけ。
例えば幼稚園児に映画の感想を聞いたって、
「面白かった」みたいな紋切り型の一言しか返ってこないでしょ。
それと一緒。

662 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 15:07:40 ID:N4ZWoOLz
一貫性のない言動、
なんら主義主張もなく、
今の状況に疑問を持たず、
判断力もないゴローを見れば、
人格に疑問を持たざるを得ない。

663 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 15:13:55 ID:EIj727sH
>>656
そのレビューもおかしいが、役に立った順でトップから3,4個あった1000オーバーの投票数のレビューが消えてるんだけど・・・
上位200まで見たけどなくなってる。
拝金ヤフーに金払って片付け(削除させ)たのか。

664 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 15:14:14 ID:g2nNf/mw
不憫といえば不憫だよな、ゴロー。鈴木Pの操り人形として、たたかれるのはゴローのほうだから。しかも彼は駿の息子ということで人形にされているのだから。
ただし>>662の言うとおりゴロー自身にも問題はあるが。

665 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 15:15:29 ID:EIj727sH
>>661
それどころか自分の感情や思念もしっかり言語で把握できないと思う。
それがなんとなくの不安感という表現しか出来ない限界に表れてる。

666 :663:2006/09/06(水) 15:19:15 ID:EIj727sH
勘違いでしたスマソ
(>656のレビュー⇒レビュー一覧⇒役に立った順にソートをやると11〜20位が表示されて勘違い)

667 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 15:22:15 ID:Qha/O4RV
ともかく、美術館の館長にゴローを据えたのは、鈴木。
パヤオ陰謀説もあるけど、鈴木の尽力がなければ、彼がアニメ界に足を踏み入れることはなかった。

鈴木の、超ロングインタビューか何かを、爆笑太田か浅草キッドにやってほしい。

668 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 15:34:06 ID:HMdhN9ZA
まあでもいきなり全国や全世界に注目されるような立場に立たされたら
誰でもビビって変な回答になることもあると思うが。

669 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 15:36:09 ID:JQJNBZcy
この映画を子どもと見に行った奴はいる?
どうしてこんなに興業成績がいいか分かるよ
もう興奮しまくり、そうとう面白く感じたそうだ。
もう一回見に行きたいとまで言う。
あんな気持ち悪いシーンを子どもに見せたくないと親は思うのだが、
気持ち悪いのが面白いらしい。
テルーが唐突に龍になっても、別に疑問に感じるわけでなく、
たぶん感覚的に見ると面白いのかも。DVD出たら買うかな。

670 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 15:37:22 ID:w5CulRDP
半径5kmの舞台で終わるスケールのチンケさ
にも関わらず全編に渡ってちんたら移動する
お寒い主義主張を全部これまたお寒いセリフで表現
状況もセリフで説明
背景はロングで説明
セリフはバストアップで説明
わけのわからんテルーの心境の変化
アホ中年みたいなゲド
知障オカマみたいなクモ
どこかで見たような凡庸なキャラ
どこかで見たアクション
ちんこみたいな剣


  「仕方ない。僕が宮崎駿の息子だから」。
  鈴木氏も「原作と違うことや、お父さんと作風が似ているから批判は当然予測していた」
  と説明した。

671 :名無シネマ@上映中 :2006/09/06(水) 15:40:52 ID:cNur7b9s
たて読み

672 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 15:57:13 ID:Qha/O4RV
>>668
ビビるんだから、ちゃんとした台詞を丸暗記するのが普通では??????????

673 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 16:49:21 ID:iKMZUad6
ゲド

674 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 16:52:18 ID:fIMYO9pq
アレンとテルーバージョンのCMに一部手が加えられた!

アレンのしわ顔がなくなって、フツー顔のアレンに変更されてたぞ

675 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 17:04:38 ID:ut7uPrgS
「ご出産おめでとう」ニュースの後に、「人間はいつか死ぬんだ」のゲドのCMいい加減に鈴木氏ねよww

676 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 17:06:54 ID:ski0B1Te
今日ごろーがベネチアで「次は人間ドラマ作りたい」つってたの知って
ごろーが恐ろしく頭が悪い子なのを再確認しつつここに飛んできたんですが
やっぱ上でもう書かれてましたな。

なんか、ごろーは創造する立場においてとても大切な何かが欠落しているように思える
親父も欠陥人間だがごろーのそれとは違う。怖いよ。何でそんなにものを考えられないんだよごろー。

677 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 17:09:54 ID:Tea83GjT
>>675 バロス
>>676 むしろ怖いくらいに平凡な人間だと思うんだけど。

678 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 17:10:37 ID:nikZ8O2Q
>>675
wwwwwwwwww
>>676
【映画】原作者の批判的感想に宮崎吾朗監督「仕方ない。僕が宮崎駿の息子だから」
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1157504166/

ついでに、ここにも行くとヨロシ

679 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 17:17:22 ID:ski0B1Te
>>677
その平凡さを無自覚のまま晒しちゃうのと、平凡さを自覚してるのとでは
大違いでしょう。吾郎は自分を非凡だと思ってる平凡な人ってクチだと思う。
ごろうちゃんは、とにかく誰かに師事した方がいいよ
今からでも遅くない、富野に師事しなさい。

680 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 17:21:08 ID:ski0B1Te
>>678
d、覗いてくる。
つか、駿の息子だから仕方ないって…

681 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 17:22:28 ID:nikZ8O2Q
やらなきゃよかった

父の一番の研究家は僕です

父には殺したいほどの思いすらない。

仕方がない、息子だから。

失敗しても鈴木のせい。

その他、その他・・・・・・・・・・・・・・・

平凡とは、また違う気がするが

682 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 17:24:03 ID:nikZ8O2Q
>>680
覗いても、げんなりするだけなんだけどね・・・

683 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 17:30:26 ID:EIj727sH
>>681
エクスキューズ三昧だなw
自分自身に対してもそういう容赦や寛容の視点で常に見てるんだろう。
親から見離された長男が陥る惨めな自己憐憫気質&逃避気質って感じ。
次男三男あたりの勝手放題やって責任回避とはまた違う、ちゃんとやりました、力不足はしょうがないって負け犬的論調。

684 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 17:38:09 ID:kYMOX1vG
批判されるのは

「仕方ない。僕が宮崎駿の息子だから」

って、「すべておとうちゃんが悪いんだ」って言ってるわけね。 あきれたよ・・・

だれも宮崎駿の息子だからって、期待なんかしてなかったと思う。
ジブリ・ブランドに期待してたんだよ。 その期待の失望感で批判されてるのにさ



685 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 17:45:07 ID:QxK+tIAI
ゴローちゃんって、いままで40年近く、
都合の悪いことや上手くいかないことはみんな
「自分が宮崎駿の息子だから」って思って、思考停止してたのかな。

686 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 17:52:50 ID:2DCwTNkQ
>>674
どれぐらいアレな表情なのか酷さが気になったんで
そのCMは一度見ておきたいなぁ、と思ったんだが
いつの間にやら修正されたのか・・・orz

687 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 17:57:00 ID:pl7dcwp8
見てしまったorz

とりあえず駿監督の偉大さを再確認
久石音楽の偉大さを再確認
棒読みヒロインいらね
(ガン種の「生きる事が戦いだ!」の方がよほど好みだ)


688 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 18:17:52 ID:KNAAsu19
>>686
誰か、エロイ人が両方をようつべにうpしてくれることを期待するな

あ、俺>>674ね。残念ながらキャプチャーもできんし、ようつべ垢も持ってない

689 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 18:24:19 ID:70K78xWE
「脚本が稚拙だって?
まあ確かに言っていることはどれも至極当たり前のことだし、語らせ方も説教臭いし説明臭いかもしれない…
だがたまには誰かが声を大にして喋ったっていいだろう
特にこんな時代にはな」


そんな感じの映画でした

690 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 18:27:18 ID:EIj727sH
>>689
その情緒面への訴えかけの差がプサヨのパヤヲとブルジョア特有のニート56の差なのかもなw

691 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 18:28:45 ID:x5NyM0Qk
鼻糞に匹敵する映画だった

692 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 18:30:13 ID:QxK+tIAI
>>689
選挙の時期でもないのに駅前で毎朝演説してる謎の親父みたいなもんか。

693 :ほんたとにただの七光馬鹿息子でした:2006/09/06(水) 18:31:36 ID:PjOBPuWM
原作者で米女性作家アーシュラ・K・ル=グウィンさんが
映画に批判的な感想をHP上で発表して話題を呼んでいる。

 巨匠の宮崎駿監督(65)を父に持つ吾朗監督は
「仕方ない。僕が宮崎駿の息子だから」。


694 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 18:34:33 ID:KSQu7Zkw
だからこの映画は劇場版母をたずねて三千里レベルだと
いってただろう

いくら目を凝らしてみても褒めるところなんてほとんどねえよ

695 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 18:40:20 ID:ski0B1Te
>>689
何その言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズン…

696 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 18:44:41 ID:oy6sGLiL
宮崎駿の息子でなければ批判されなかったのにと
鈴木もごろーも思ってるんだなとびっくり。

697 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 18:47:13 ID:vCnPiHsy
>694
三千里もない。
三里くらい?

698 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 18:49:33 ID:vlYYk/2/
普通に面白かった

が、子供に刺される親が続出する予感


699 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 18:51:54 ID:q4Zrwy6B
>>692
その喩え、笑うけど、正しいかも。
たとえ正論を言っても、一般人には受け入れられない、あちら側の人


>>698
お前は親を刺すなよ

700 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 18:58:35 ID:7wy6Kity
「仕方ない。僕が宮崎駿の息子だから」

原作者からの批判に対するコメントになっていないような気がするんだけど。
それとも作品への批判全般に対するコメントなのか?
発言の脈絡がどうもよくわからない。

宮崎駿の息子でなければこんなに注目されて批判を浴びることも
なかった、ともとれるけど、
宮崎駿の息子でなければそもそも『ゲド戦記』の監督に抜擢されることも
なかった、とは思わないのかな。


701 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 19:08:00 ID:oy6sGLiL
>宮崎駿の息子でなければそもそも『ゲド戦記』の監督に抜擢されることも
>なかった、とは思わないのかな。

思わないから、40にもなってすねかじりできるんです。

702 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 19:15:07 ID:g9rYknci
>>700
記事がああいう構成だからな、関連する質問の中で出た返事であることは間違いないだろう。
どういう脈絡かは、はっきりわからないが、

まぁ、どんな状況下でも、記者が(たとえ他意があっても)
記事にするにふさわしい発言として、あそこを取り上げたんだから
いかに間の抜けた受け答えだったか想像がつくというもの。

703 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 19:26:10 ID:F9DhGwkR
伏線張ってるかと思いきや、実のところ一本道な話だったよ、ゲド戦記。
内容が無いから、さっぱりしてて、あっそって感じ。
この映画でアレは何だコレは何だと悩んだら負け組みですね。

704 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 19:26:37 ID:oy6sGLiL
館長も監督も興行収入も
父親さえいなければ単体として評価してもらえるのに・・・(byごろー)

705 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 19:39:29 ID:XhC42gyg
>>703
まぁ、そうなんだけどね・・・あまりにもイラン伏線と、滅裂な描写をしてたものだから、つい・・・って感じ?

>>704
父がいなければ、館長にも監督にもなっておらん

706 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 19:50:36 ID:kAoU+6xl
>>703
一本道どころか、
道が最初っから最後まで繋がってない。

707 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 19:56:03 ID:TLcqqhUu
>>704
偉大な父親がいなければ解雇されてるっつーの…

708 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 19:57:03 ID:Q6Za9p20
>>706
途中の沼につながってた道の方が正解の順路だったんじゃない?

709 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 19:59:39 ID:dbxLARLl
>>669
今日、子供(保育園年中組)と行ってきた。
やっぱちょっと怖かったみたいで、途中、ずっと抱っこして見た。

つーか、終わるまでの間、6回くらい音が消えたり、明らかにほかの映画の歌(挿入歌?)みたい
な音が入ったりした。
終わったあと、文句を言ってやろうかと思って出たけど、出口で責任者らしき人とスタッフが総出
で総謝り。
なんか雷の影響で音が飛んだって言っていた。
んで、お詫びに次回のタダ券くれたんで、毒っけ抜かれちった。
長文すまん。


710 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 20:03:29 ID:Q6Za9p20
>>709
ダタ券かぁ

まぁ、邪魔が入らなくても、ぶつぶつ切れてる映画だったから、まぁ得したと考えていいんでない?

711 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 20:08:37 ID:lr8N/uRn
>>709
かわいそうな子供

人格の形成に悪影響を及ぼさなきゃいいけど。

712 :名無シネマ@上映中 :2006/09/06(水) 20:10:16 ID:cNur7b9s
Yahooレビューにさっそくこんな投稿が・・・

>イタリアで大絶賛!

>のニュースを見て、ここの人達とヨーロッパ人の感性の違いを確かめたく映画館に足を運びました。
>ある程度予測はしていたのですが、日本人には見えないモノをヨ人は見たのだと思います。
>それは絶対的権力に対する恐怖、そして反発だと思います。
>どこかの超大国の押し付け的な正義と平和、それを自分達の価値観のみで成し遂げようとする
>傲慢さはヨ人にとって最大の敵。若き監督はドナウ川のような静かな流れに沢山のメッセージを
>乗せています。タダ単にスクリーンに映し出されたモノだけを観ても映画という
>芸術作品は理解できないと思います。
>ジブリ作品という固定概念にとらわれずに鑑賞して頂きたいものです。
>テルーの歌には自然と涙がこぼれました。

713 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 20:14:46 ID:xqzLTBeM
イタリアで大絶賛!…………………なのか??

714 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 20:16:06 ID:Tea83GjT
>>713 こんなんでますた
49 :名無シネマ@上映中 :2006/09/06(水) 20:03:00 ID:zo8kHsjM
「5分以上のスタンディングオベーション」TVで報道してたよ。
吾郎より前にいた人は半分くらいが立ってた。
後ろにいた人は1割も立ってなくて4割が座っている。
あとはさっさと退席ってな感じで写ってた。
予定稿と思われる。


715 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 20:17:02 ID:xqzLTBeM
どうでもいいがドナウ川に喩えるのはやめてくれw
俺の大切な風景だから。

716 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 20:18:13 ID:LkuRS3BW
原作者の公式見解が出てからも曲解してる奴は出続けてたし
ある意味当然だな。

717 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 20:21:48 ID:KLtWtIqv
世の中には親を殺す息子も、子供を殺す親もいるけれど、
人が人を殺す時には、ふつう理由がある。
理由が見えにくいことはあるし、
本人がそれを自覚していないことも多いけど、
理由のわからない行動は、肯定も否定もしようがない。
「光が分離しちゃったので」というのは普通、理由にならない。

中にはそれこそが監督の狙いだと言う人、
「理由なき不条理に満ちた現実を描こうとした」
という人もいるけれど、それはナンセンスだと思う。
もし現実がそういうものだとしたら、
その中で暮らす人間が知りたいと思うのは、
そういう楽しくない現実を生きぬく方法のはず。
それもできれば、親父を生かしたままで。

どこかの国の子供たちのように、
飢え死にしかかっているわけでもないのに、
なぜか満たされない気持ちになったり、
不安だったり、悲しかったり、つらかったりして、
死にたくなっちゃったりすることは誰にでもあるけど、
その理由と向き合うことなく、ただ自己憐憫のはけ口にされても、
喜ぶのは同じような自己憐憫に陥っている人だけ。
それじゃあ自慰的作品と言われてもしょうがない...。

718 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 20:26:15 ID:dbxLARLl
>>710
だね。

さて、このタダ券使って次は何を観よう・・・

719 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 20:29:24 ID:lr8N/uRn
まず、この糞映画でタダ券1枚
ぶつぶつ切れていたことでもう1枚
もらわないと割に合わないんじゃない?

720 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 20:33:01 ID:9qDN51QX
ゴローは、あんな顔してるけど
たぶん不思議ちゃんなんだと思う

しかし4年後にゴローの新作がまたあるのか・・・
っていうか、それまで何してるつもりなのかな?

ニートかな?

この2年間は親父は劇場映画にかかりっきりだから、
かわりにジブリ美術慣用短編でも作るのかな?

721 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 20:42:21 ID:LkuRS3BW
ゴローはもう一流監督気取りだから
しんどい作業に参加する気なんてさらさら無いんだろうな

722 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 20:56:02 ID:EhLO2Vk+
>>720
構想3年3ヶ月
製作9ヶ月

723 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 21:04:36 ID:lxmzuDbG
>>712
ヨーロッパ人が怒るぞ、
日本人とヨ人ってなんだ一体?

724 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 21:05:30 ID:EIj727sH
>>712
うわ・・・サヨ臭のする文章だ。プロだねこれ。

725 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 21:15:31 ID:dbxLARLl
>>719
まぁ、そんな糞映画だってこと見抜けなかった漏れも漏れなんで(^^;

2時間、暇つぶしできたってことでいいかなっと。

726 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 21:18:29 ID:KcVeg/Wz
>>723>>724
バカだなぁ。>>712はタテ読みに決まってるだろ!そうに決まって…

727 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 21:33:12 ID:WsCh+U0B
観た。まず絵が雑。ハウルもそうだったけど背景が手抜き。
人物の表情に真に迫るものが無い。もののけの頃の迫力のある
絵はどうしたんだ。。。ジブリの人たちどうしちゃつたの?
という感じ。映像さえもっと凝ってれば良くなっただろうに。。。
 流石原作がいいだけあって話は良かった。ハウルみたいに
作品から締め出されることはなかった。ただ、やっぱり印象に残る
シーンがない!キャラクターの苦悩が伝わってこない。
ここら辺は素人監督だからたぶんそうだろうなとは思ってた。
ただアレンが心の闇から父親を殺し影に追われる一連の設定は
原作と通じるテーマがあると思うので凄く良い。
アレンを主人公にしてもいいくらいなのに、苦悩が今市伝わってこない。
ファンタジーの要の魔法の恐ろしさに迫力が欠ける。
ラストの盛り上がりの対決場面も宮崎作品の焼き直し見てるみたいで
新鮮さがまるでない。話は凄くいいけれど映画がそれを生かしきれていない、
映画としての評価は過去のスタッフの技術と、原作の良さでなんとか見られる程度
ただ、オヤジがやったらいい映画になったかというと激しく疑問w
宮崎自身があまりに前向きすぎるから。「強く生きるんだよ!」では
原作を描けないw









728 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 21:35:05 ID:X/0hy9+3
>>726
なんだぁ〜 縦かぁ…たて…タテ・・・





  _, ._
(;゚ Д゚)



729 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 21:36:51 ID:KLtWtIqv
>父親を殺し影に追われる一連の設定は原作と通じるテーマがある

こりゃびっくり、それホント? 1巻は読んだけど...?

730 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 21:47:08 ID:WsCh+U0B
映画監督って無難にまとめるだけじゃなくて溢れる位の欲求が監督
自身が持ってないと伝わらないと思う。
宮崎はうざったいほど前向きでもそれでも映画にそれが溢れてるから
それでいい。だけど映画で表現したいことが何もないんじゃ駄目だ。
原作はほどんどあらすじ忘れてるけど大人が読めるテーマはある。
それを表現したかったらアレンの描写をもっと深く追求すべきだし
他が借り物でもそれはそれで心を打つものがあったと思う。
だけど、オヤジがハウルでやった同じ間違いのように何も訴えたい
ものが映画にないのに映画を作るのがそもそも間違いだ。





731 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 21:58:25 ID:PjOBPuWM
知り合いがゲド観に行ったけど客が15人ぐらいしか入ってなかったって
でもそいつゲドおもしろいって言ってた・・・縁切ろうかな・・・

732 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:06:46 ID:wagNdwG9
>>727
千と千尋とハウルを続けてみたら、ハウル単体で見たときは脚本以外気にならなかったのに
作画と背景の雑さは確かにはっきりと判ったな。
千とハウルでさえ、こんなにクオリティに差があるとは思わなんだ。
もっとも俺は背景よりも、作画と影の雑さが気になった。


733 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:10:45 ID:LkuRS3BW
>>731
趣味が合わなくとも友情はあるものだと思うけど
ゲド好きとは根本的なところから分かり合えないと思う希ガス。
さりげなく距離置いて様子見た方が良いかもな。
糞過ぎて面白いってなら別だけどね。

734 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:20:51 ID:O8DRgcM1
>>731
そんぐらいで縁切り考えるとか基地外じゃねえのお前


735 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:22:58 ID:yp+9Az3k
クモって男なのか?女なのか?
女だといいな

736 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:24:06 ID:O8DRgcM1
>>735
どっちでも無いらしい

でも映画観る限りどう見ても女だな

737 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:29:47 ID:s7mfyRtp
思い切って観に行ってみた。
浅い、薄い、薄っぺら過ぎる。絵にも話にもこだわりがない。
同じような顔、内面が見えてこない表情、
距離も時間の経過も感じ取れない流れ
竜が舞い降りてもピクリとも揺れない草原・・・・等々
観終わった後、あそこは何がどうなってるんだ!?と
疑問をぶつけまくったハウルがまだましだったことがわかった。
ゲドの場合、疑問すらおきない。
ただ説明口調の台詞で、そーですか、と思っただけ。
言葉で説明するなら映像化する意味ないと思った。
生きているうちにこんなジブリ作品を目にするとは思っていなかったから
思わず長文で愚痴ってしまった。チラ裏スマン。

738 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:29:58 ID:EhLO2Vk+
>>736
パンフにはしっかり男、って書いてあるよ。
見た目は完全に女にしてあるけどね。

739 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:31:29 ID:DfLX7kZX
女だと思いながら見ていたら、テナーが誘拐されてきた場面で
「女はうるさい、これだから女は嫌いだ」、みたいなことを言ってたので
男だろうか、それとも、自分は他の女とは違うと思っている女だろうかと悩んでしまった。

でも多分、男だと思う。胸板が意外と厚いし。
女にうつつを抜かしているのかとゲドのことを哂っていたし。

740 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:33:10 ID:EhLO2Vk+
>>737
お前は正しい。
俺は公開日からずっと愚痴ってるぞ。

741 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:35:50 ID:O8DRgcM1
>>738
マジで?
つうかお前パンフ買ったのか、猛者だな

クモの男女説は前スレくらい?にも話題になってたが、正直女でも「これだから
女はうっせえ」とか「女にうつつを抜かしやがって」とかは言う「自分だけは特別だ」
と思ってるヤツが特に言う
だからあそこの台詞回しではそう疑問には思わなかった

ピンクのシャドーに真っ赤な口紅、長い爪・髪・一人称「私」
ベッドで寝てるアレンの手に自分の手を重ねるシーンなんてあれクモが男だったら
相当きっしょいシーンだぞ

クモの性別と言動に関しては(関しても)製作側が何を考えていたのか全くわからんな

742 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:40:39 ID:WsCh+U0B
アレンの親殺しは最近の犯罪の傾向を象徴してる気がする。
自分の心の闇を抑えられられなくて簡単に人を殺すという
実行に移してしまう所。
作品の要になるキーワードだと思う。だけど、淡々と描きすぎ。
細かく指示を入れて印象的なシーンにするのが演出で監督のやるべき仕事


743 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:42:12 ID:9qDN51QX
クモをなんであんなオンナオトコに設定したのかな
どういう意図なのかさっぱり分からん

生と死の二面性を持っているって意味か?

しかしそれだと、原作のテーマのひとつの
光と影(生と死)がひとつになったときに全き者になるって話を
悪役が体現していることになっちゃうしなぁ

まさかカトリックじゃあるまいし オカマ(同性愛)=悪 ってことでもないだろうし

744 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:43:52 ID:O8DRgcM1
>>742
あれじゃ「このシーンは現代の闇を象徴してるんですよ、ここで皆
考えて下さいよ」と言ってるだけにしか見えん

現代の闇っつうがそもそも親殺しにも理由がある
全く理由が示されないままいきなり親を殺されても観客まるで置き去り
余りの急展開に失笑するしかねーな

重要だろうが何だろうが、この映画じゃ「命を大切にしない奴は焼き払え!」な時点で
おわっとる

745 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:44:06 ID:yp+9Az3k
もしかしてさりげなく腐女子を狙ってたりして

746 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:46:16 ID:tgKftibK
>>742
実際吾郎はそう言ってるよ。

A Father-Son Clash in Japanese Animation
ttp://www.latimes.com/entertainment/news/cl-et-miyazaki4sep04,1,7202448.story?coll=la-headlines-entnews&track=crosspromo

最近の日本の若者像なんだってさ。
何の皮肉かねこれは

747 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:48:39 ID:yp+9Az3k
はやお死ねって言いたかったのか?

748 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:49:26 ID:HMdhN9ZA
>>742
>自分の心の闇を抑えられられなくて簡単に人を殺すという
だからさんざん言われてることだけど、
これって煽動メディアの印象操作だろに
何の実像も無い虚像だよ虚像

むしろそういうニュースで報道されてるままに事件を理解してまう
物の見方のほうがよっぽど怖い

749 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:49:44 ID:O8DRgcM1
>>743
何かずっと過去のスレの原作ファンによると
魔法使いはすげー偉くて性を超越した存在だとか何とか

>>745
腐女子すら食いつかない程の質の低さが露呈してんな

750 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:53:52 ID:WsCh+U0B
クモは男だよ。手が異様に大きかったし。
女性っぽい外見など自分に人一倍コンプレックスを感じていたから
闇に支配されてしまった。女装するのはひ弱な外見をカバーする為だと思う。

>746
それなら、アレンが父親を殺すに至った過程をも少し入れて欲しかったよな。
原作なんて気にしなくても。
延々と農作業させる出なく。そこらへんの甘さが素人監督っぽいよ。
せっかくいろんな設定が良いのに生かしきれてないそれが凄く惜しい。
テルーは魔法使いだったんだっけ?なんで竜に変身したのか
それの種明かして欲しかったな。


751 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:54:37 ID:LkuRS3BW
凶悪少年犯罪が最も酷かった時期は1961年だからなぁ・・・
鱸の世代か?
自分の世代の恥を晒したくないから現代の少年犯罪を過剰に糾弾してるのかな?

752 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:54:46 ID:O8DRgcM1
>女性っぽい外見など自分に人一倍コンプレックスを感じていたから
>闇に支配されてしまった。女装するのはひ弱な外見をカバーする為だと思う。

これはどこからもってきた意見なんだ?

753 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:56:23 ID:KLtWtIqv
>>742
744さんに賛成。
たいていの犯罪には理由がある。
その構造を示さずに犯罪だけを印象的に描いても、
「こんな自分を受け入れてほしい」という
身勝手な欲求の表明でしかないのでは。

754 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:56:56 ID:HMdhN9ZA
そもそもさ、
>自分の心の闇を抑えられられなくて簡単に人を殺す
ってさ、サスペンスやホラーでさんざん使い古されたネタじゃん

いっぱい映画見てる人はウンザリまたかよって思うと思うよ
ついでにゲーム感覚で人を殺すってのも使い古されすぎなネタ

いまさらなんだよ。そんなテーマ
こんなもので現代の世相を穿ったつもり ってよっぽどヤバイ

755 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:57:29 ID:DL2F04Ik
>>746
実は青少年の犯罪は一時期にくらべ大幅に減少し、現在では安定傾向にある。
青少年の犯罪が増加、凶悪化している、というのはマスコミの誘導。
ちなみに、青少年犯罪のピークは昭和40年あたりで、
ちょうど鈴木Pが青少年だった時期と重なるというのが皮肉。

756 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:58:15 ID:tgKftibK
吾郎インタビュー

"No, I never felt I wanted to kill my father
いやあボクは親父を殺したいと思ったことはないッスよ。
? because we didn't have that much of a relationship to begin with,"
そんな感情抱くほどの関係なんて無かったですもん。
"I never thought that scene was about me when I was making the film.
映画作ってる間、あれがボクのことだなんて一度も思ったことないッスね。

"It's not an experience of my own, but the experience of the young people I have met,"
ボクの体験じゃないっス、ボクが会ってきた若者達の体験なんスよ。
"Arren represents the young generation in Japan. They are under mental stress.
アレンってのは日本の若い世代を表してるんだよね。ストレスだらけのね。
They have a rage inside them. And it is some of these kids who might feel like killing their parents."
連中は激しい怒りを心の内に持ってる。両親をヌッ殺したいなんて思ってるガキどもの怒りなんスよ。

757 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 22:58:59 ID:PjOBPuWM
>>756
吾郎はしねばいいのに・・・・

758 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:00:14 ID:O8DRgcM1
>>747
56は別にアレンに殺させるつもりは微塵も無く、
そこに居た鱸が「よーしパパ、アレンに殺されちゃうぞー」とか言ったのが始まり
全然関係ない

759 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:00:55 ID:tgKftibK
"The setting is Europe, but the characters are a portrait of the young generation of Japanese,"
設定はヨーロッパっスけどキャラは日本の若者像なんスよ。
Miyazaki explains.
とゴロちゃんは解説する。

760 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:06:13 ID:O8DRgcM1
誰かゴローにボールギャグ噛ませとけ
やべーぞこの国野郎、ハンパねえ

761 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:06:53 ID:tgKftibK
He was on his way to making a movie without dragons or magic when Suzuki intervened and told him to "bring the dragons in."
ゴロちゃんは途中までは龍も魔法もナシで映画作ってた。鈴木に「竜いれようぜぇ」と言われるまでは。
"It's a Studio Ghibli movie," Miyazaki says with a shrug. "It's a commercial film and it has to be entertaining."
「ま、ジブリ映画だし」とゴロちゃんは肩をすくめた。「商業映画だもん、エンタメしないとね」

762 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:08:02 ID:KLtWtIqv
山下和美の「不思議な少年」4巻、
第11話の「由利香」だけが目的で買いました。
衝動的な父殺しを描くことが問題なんじゃなく、
それが全然描けてないことが問題なのだと思う。

763 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:10:04 ID:pTyG9k7q
>>761
竜も魔法もなし???????
じゃあ、なぜゲド戦記?
    ∩___∩ 
   | ノ      ヽ  
  /  ●   ● |   
  |  //// ( _●_)  ミ    
 彡、    ヽ(⌒ヽ/   プッ
/ __    \  ヽ
(___)   /

764 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:12:03 ID:PcatkQGB
誰かゴローちゃんを社会的に殺すことしてくれんかしら。
能無しなら謙虚にしていればいいのに、図太い上に人を小ばかにした
ようななめたことをいいまくる。
まあゴローちゃんが映画撮り続けていく限り、ジブリはゴローちゃんを
乗せたままずぶずぶと沈むだけだがな。まあ巻き添えのスタッフは
自分の意志で残ったんだし、自己責任ということで一蓮托生。

765 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:12:07 ID:tgKftibK
>>763
Miyazaki says he wanted to make a human drama, different from his father's films, which he says he finds "too simple."
ゴロちゃん曰く「パパのシンプルな作りの映画と違って人間ドラマ作りたかったんだよね」

766 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:14:17 ID:egSiIWbe
>>720
ゴローは美術館の館長に戻るらしいよ
鈴木Pも館長に戻った方が言いといってる
美術館に来る客の観察をして次の作品に生かしたいんだとか
人間観察もいいが次も作るんならアニメについてしっかり勉強しろと言いたい

767 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:15:37 ID:tgKftibK
人間観察した結果が「若者は親を殺したいほどの怒りを抱えてる」だったんだにゃー

768 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:18:05 ID:O8DRgcM1
>>764
既に殺されつつある

個人的には、56はえらく悲惨な家庭に育ってるらしいんで応援してるんですけどね

769 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:19:07 ID:pTyG9k7q
>>776
ソースは?

人間ドラマかぁ。わかる気がするが、ゲドからアクションとったら、それこそエンドロールまでに客席は空っぽになるぞ

770 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:19:55 ID:ti5Y/vwd
結局監督が内容を話してもシュナテイストを入れたエヴァの劣化だったか
まぁ元ニートの素人監督だとこんなもんだろうな
いくらド素人といってもせめて映画という形式を取る以上
演出でテーマに感情移入させるって事くらいには気がついてほしかったが
儲なんて「言ってることそのものがテーマだろ」とか恥ずかしいことを言っちゃうくらいだが
いくらなんでも監督がそれだと困る


771 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:20:12 ID:jMHIxwOs
悲惨な家庭ってもなあ...

772 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:20:25 ID:O8DRgcM1
では>>776さんよろしくおねがいします

773 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:21:40 ID:Tea83GjT
>>766 エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?
じゃあ三鷹いけばあのアフォが展示されてるの?www
10円傷つけにいけるジャンwktk

774 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:22:47 ID:9qDN51QX
父殺しなんて重いテーマは、
それだけで一本の映画になってしまう素材なのにね

ゴローは一度死んで、
そのまま闇に帰るといいと思う

>>749
魔法使いは性を超越した存在ってのは、いいけど・・・
オレも原作3巻までは読んだけど、
ああいう容姿にする意味はわからんよ

775 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:23:22 ID:O8DRgcM1
>>773
くだんねー事考えてんなよ・・・

776 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:25:28 ID:wC4UQo9+
俺の性格アレンに似てるっていわれた…

777 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:25:52 ID:bg7dXmMz
ゴローより鈴木をなんとかせい
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1153832714/670

778 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:26:27 ID:9qDN51QX
>>776
ソースは?

779 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:27:46 ID:w4NaGQVc
>>773
展示ってwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

>>777
ほんとだ、なんとかせい。
あのラストも鈴木の所為だったのか・・・・・・・・

780 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:29:43 ID:O8DRgcM1
>>776


781 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:31:38 ID:swv+fX0K
もし五郎が原作者を納得させるような原作に忠実な映画を作っていたら
「創造性がなさすぎる」「個性がない」「薄っぺらい」「まんまじゃん」
とか言われてるんだろうね。ネット社会では批判は言われて当然だと思ったほうが良いな。
とにかく今回のゲドはひどすぎるけどね

782 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:34:59 ID:O8DRgcM1
「もし○○だったら」とか結論も何も無いような不毛な話をせずとも、
ゲドがクソ駄作だって事実だけでもう充分じゃないですか。

783 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:35:17 ID:LkuRS3BW
>>781
それは無い。
傑作認定されなくても一定の評価はされてたと思うよ。
メディアミックスは大抵そんなもん。

784 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:37:13 ID:XMRFAVkh
>>781
>もし五郎が原作者を納得させるような原作に忠実な映画を作っていたら
>「創造性がなさすぎる」「個性がない」「薄っぺらい」「まんまじゃん」

原作に忠実なら、そんな非難はおきないだろうな。
というか、演出経験者であれば、どんな作り方をしても、ここまで酷くはならない。




785 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:39:57 ID:O8DRgcM1
つうかね、原作云々もあるだろうが、面白けりゃいいんですよ
面白くて楽しければ

この映画は面白い・面白くない以前に、映画としてなってない
映像技術の基本がなってない

786 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:43:33 ID:KLtWtIqv
遅くなったけど、tgKftibKさんサンキュ。
746のサイトのぞいてみたけど、うまく表示されなかったんで、
756も765も助かりました。
765の内容は本当にイタかったど、
駿監督が父親としては最悪の人だったろうことは、なんとなくわかるような。
もっとも、吾郎さんもどこかでお父さんのそういう気質をひきついでいるからこそ、
監督をやる気になったんでしょうが...

787 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:44:04 ID:uE3KQd1L
もし吾朗が、少なくとも本来の意味で「素直なつくり」という言葉が当てはまるものを作っていれば、
映画として(今回のと同じくらい)酷くても、クラッシャーの父親と比べて好感は持ったかもしれない。

まあやっぱり、ヘタクソが手を付けたことに深く失望はするだろうけど。

788 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:49:14 ID:0I96+enO
>>787
そうだな。
はずしまくる変な細工と
鈴木&ゴローの軽口が今回の批判に絶えず燃料を注いでいる

789 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:50:32 ID:XMRFAVkh
ゴローは、「自分は、このシーンを見せたい」ってものがあって映画を作ってない。
「命を大切に」とか説教を喋らせるシーンは、ほとんど止め絵。

逆に、暴行シーンやグロシーンはよく動いてる。
暴力シーンのほうが、本人は好きだってことがわかるよ。
ゴローの内面をよく表してるとは言えるが、性格的に嫌味な部分が透けて見えるだけに、
「命を大切に」などというメッセージが白々しく空虚に映る。




790 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:56:20 ID:+PX+v4De
ゴロー「アクションより人間ドラマのが得意だから
静止画像の説教ものになるのです」

791 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:59:16 ID:O8DRgcM1
紙芝居屋やったら結構当たるんじゃね?

792 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:59:42 ID:WsCh+U0B
原作に忠実は無理だよ。3部作位作る企画じゃなきゃね。
アニメで忠実に作るとマジで酷く地味で暗い話になるよ。映画だと
変わるのは必須。
映画全体は借り物で魅力は欠けるけど、ラストの生と死についての薀蓄の
やりとりは、書き留めておきたい位いいセリフ。
これって原作にもあるのかな?もしかしたらないかもしれないけど
そのテーマは原作からきてるんだろう。てか、アニメでかつて無いくらい
普遍的なテーマを持ったいい原作なのに、映画が魅力足らずなこと!
原作がいいってことがわかるだけマシなのかもしれないけど。





793 :名無シネマ@上映中:2006/09/06(水) 23:59:55 ID:ob0xUU+Z
>>785
> 映像技術の基本がなってない
もっと酷いカット割りとかレイアウトを期待してたがそうでもなかったな
周りが頑張ってフォローしたんだなーと思った
でもドラゴラム以降は酷かったwモンタージュ理論ぐらいは知ってて欲しい

794 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:01:19 ID:6CiQDG/O
俺は親父みたいな子供向けのファンタジーより、高畑さんみたいな人間ドラマ作りたいんだよね〜。byゴロー

ベネチアでの勘違い発言連発に、もうクラクラです。
39歳まで何してきたんだ、このオッサン。

795 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:03:34 ID:TVFci5Ke
ホワイトアウト・暗転しまくり

テルーが竜から人間になる重要なところに到っては
竜→草原→アレンのアップ→テルー(人間)
おいおいいつ人間に戻ったんだよ!そこ普通映すだろ!
あれにはびびったぜ

796 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:04:08 ID:BH8Aecaq
>>756
ゴローさんかっけえ
しょうもない映画理論で屁理屈こねてる下らんオタクより若者の感情を代表してやれるリーダーシップ
そこにしびれるあこがれるぅ

797 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:05:19 ID:yVzXnbbU
39のオッサンが若者ぶっても滑稽なだけだが

798 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:08:56 ID:6PNr2i0m
>>789
>逆に、暴行シーンやグロシーンはよく動いてる。

言えてる。
本当は命をだいじに、なんてそれほど重要に思ってないんだろう。

吾郎はもっとトレインスポッティングのような
ヤク漬けのダメ人間を描いた映画を作るべきだ。

だが、それではジブリの品位と夢もそこなわれる。
しかし先人はその簡単な解決方法を用意してくれている。

スタジオジブリ(G)作品

というブランドにすればおk!
どんな駄作を作ろうが、なんら問題は無い。

799 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:11:11 ID:dIhb5RNA
>>602
本数見ればいいってもんではない
こういう奴に限ってちゃんとした目を持ってなかったりする
感性を磨け

800 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:11:23 ID:grlOMhQ9
>>795
竜から人間に戻る所なんて五郎さんにとってみれば、
ピロロロンとかいう効果音とともに竜が7色に変わり人間になるくらいしか思い浮かばないって。
それか、ドロロンと白い煙が出てきて・・・
2つとも当然却下された。

801 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:12:47 ID:koONd8Wa
>ボクの体験じゃないっス、ボクが会ってきた若者達の体験なんスよ。

この辺りの発言がゴローゲドの全てを物語ってるんじゃないだろうか。
絵コンテもシュナや親父の作品から拝借、アレンの父殺しの理由も出会った若者達とやらの体験を拝借。
ついでに観客動員もジブリブランドから拝借。

ゴロー自身の体験からは何も語ってないから(というか語れない)、観る方もつまらない。
ゴローちゃんは立派なカオナシに育ちましたね。

802 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:12:54 ID:yyaYJFbY
>>789
よく動く説教シーンと、動かない暴行シーンなんて、変だろ?

803 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:13:14 ID:dRGZCC7T
吾郎「透過光って何すか?」

804 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:15:21 ID:dRGZCC7T
>>802
そんなくだらない揚げ足取らない。

重要なテーマの部分をべらべら話すだけの説教シーンにしたのが問題なんだよ。

805 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:16:19 ID:yyaYJFbY
>>792
この映画の登場人物は、すごく言いこと言っているのだけど、セリフで言うだけだから
説教くさく、押し付けがましくなっている。原作だと、ちゃんと行動を伴っているから、
自然に聞こえるはずだと、原作者が言っていました。こうしたセリフは原作から来ている
ようですね。
原作はいいですよ。おすすめです。

806 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:18:15 ID:yyaYJFbY
>>795
なんで?セーラームーンだって、変身シーンは、詳しく描写するが、もとに戻る
ところは、ぜんぜんやらんぞ。

807 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:24:05 ID:dRGZCC7T
>>806
セーラームーンは毎回変身してるから
元に戻るのがわかっているからな。

808 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:24:24 ID:koONd8Wa
いつまでベネチアにいるの?帰ってこなくてもいいけど。

809 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:25:39 ID:DIugcNT3
新人監督賞もらってから

810 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:26:18 ID:dRGZCC7T
ベネチアでゲイに掘られて欲しい。

811 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:28:49 ID:2TEJ5gEy
アレンが安全なテナーの家を何故離れなきゃいけなかったのか
脅迫観念みたいに自分の影に追われる心理状態は凄く良くわかる。だけど、
脳内保管じゃ映画としては駄目。映像の力が弱いから真に迫らない。
ハウルもせっかくの大事なシーンなのに
淡々と描きすぎて感動させるべき所で入りきれない。
大事なシーンなのに心に響いてこない。

>映画作ってる間、あれがボクのことだなんて一度も思ったことないッスね。
>連中は激しい怒りを心の内に持ってる。両親をヌッ殺したいなんて思ってるガキどもの怒りなんスよ。
これを映画の中で体現できるくらいの映画を作って欲しかったよ。
それじゃないとわざわざこの原作を映画化した意味なし。
単なる娯楽じゃなく原作が評価されてる意味を良く考えて欲しい。







812 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:30:13 ID:dRGZCC7T
>>811
そこでハウル出すことないやろ。
ハウルを。

813 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:31:06 ID:yVzXnbbU
>>806
竜になるシーンまで大方隠しましたよ

814 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:33:24 ID:dRGZCC7T
竜になるシーンで服がやぶれていれば
何の文句も無かったよ、実際。

815 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:35:17 ID:GnDbF4OK
>>814
あとやけどの痕だな。
かわいい痕があれば可愛かったのに

816 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:37:55 ID:grlOMhQ9
まあいいよ。UFOや変な女集団が出てきたルパンよりはましだから。


817 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:39:22 ID:GnDbF4OK
>>816
バビロンかよw

818 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:39:51 ID:dRGZCC7T
竜になって戻った時、服が何とも無かったのは萎えたね。
竜と人間がひとつだったとか、竜の血脈を受け継いだとかじゃ
もう説明いかんよ。まさにファンタジー。

819 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:41:56 ID:YlQMgije
>>756
なんかそれじゃアレンが親殺ししたのは「日本のせい」みたいじゃないか
日本のせいじゃないから。監督のせいだから。
そこんとこヨロシク

>>766
美術館に来る客の観察するより、
職安に行って世間の厳しさを実感した方が
どう考えても勉強になると思うが
家庭もちの身ではそんな修行も出来ないし
ずっと美術館館長をやった方がいいような…
(ジブリの評判落とすと客も減る悪寒)

>>768
 家庭内で何があったかは本人たちのみぞ知るという感じだが
いい仕事をし続けるには家族の協力が無いと難しいってことだな
(親子が仲良かったら、結果はまた違ったかもなあ)

>>802
>よく動く説教シーンと、動かない暴行シーン

そもそも、説教って映画に向かないような…

暴行シーンがよく動いていても、それをジブリに求めている
観客はいないと思う(よく動く暴行シーンは他のアニメでも
過激なのが一杯あるし)

実は「くだらない人でも運しだいで全世界の注目の的」なのが
この映画のテーマ??注目期間は儚いものになりそうだが
残す影響が怖い…色々と…。

820 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:43:15 ID:FqBPWQ6Z
ゲドなんかより、おさるのジョージの話しようよ。

821 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:49:25 ID:dRGZCC7T
>>820
おさるのジョージは良くも悪くもディズニータイプのカトゥーンだな。
グインの嫌いなタイプ。

822 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:54:15 ID:NoJJYOoA
ハヤオって試写の途中で席を立って、しばらくして戻って来てまた見始めたんだよね。
最後まで見た後、腑に落ちない所も多かったと思うけど
「多分、自分が席外してる時に アレンと父との関係について描かれたんだろう。
 あと、あの剣と真実の名についての説明も。
 竜についての伏線もあったんだろうし。普通あるからな。」
などと補完してたらスゴイ。

アレンが奴隷にされて何の展開もないまま解放されたなんて まんま知らないかもしれん。

823 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 00:54:51 ID:rd5JLX9v
>>821
ル=グィンがディズニー嫌いなのは童話を無味無臭ししてしまうからだろ
おさるのジョージは元からあんな感じだから別にかまわないのでは

824 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:00:29 ID:ZR/S005x
『フイチンさん』DVDで観たら、体の線が美しいアニメで、
『白蛇伝』思い出した。
上田トシコさんの原作の線が美しいんだけどね。
好みの問題だけど、「ジブリ調」は、もうちょっと何とかならないかな、と思った。

825 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:01:57 ID:DYgzxOX6
原作のアレンはアシタカのように実直で賢いのに、ゴローゲドのアレンは酷いな、本当に酷い。
手塩にかけて育てたキャラクターをこんなアホにされちゃ、そりゃ原作者も失望するわ…。

826 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:03:04 ID:lYQ655Mt
ゴロちゃんて典型的なアダルトチルドレンだよな
ガキっぽい大人の意じゃなくて
こまっしゃくれた立居振舞いをする子供がそのまま大きくなった感じ

827 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:09:47 ID:dRGZCC7T
子供なら子供らしく
大きな夢とかこだわりとかもってやって欲しいよ・・・

単なる夢も希望も消えたサラリーマンじゃん吾郎は。

828 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:15:41 ID:2TEJ5gEy
アレンの壊れっぷりはたぶん将来の王として父親に厳しく育てられ
プレッシャーをかけ過ぎられた反動だろう。丁寧に描くべきなのに雑だから
印象に残らないが。正直親父がそういう複雑な内面をもったありのままの
人間を描けるとは思えない。
くどいけど、ファンタジーとしては描写が弱い。
心血注いで迫力を出すべきところてぬいてるからラストの感動も弱い。
これは致命的だ。でも凄く良いセリフをさらっと言ってるよね。


829 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:18:10 ID:yyaYJFbY
>>828
そのすごくいいセリフって、原作そのままらしい。しかも、原作のぜんぜん関係ない場面のセリフ。

830 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:20:52 ID:dRGZCC7T
ツギハギで作った映画だからね。
(絵コンテの元は本当に貼り合わせて作っていたらしいが)

アレンの壊れっぷりに理由は無いだろうね。
吾郎からにじみ出た正直な感情なんだと思うよあれは。

831 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:21:35 ID:grlOMhQ9
一夜漬けしてテスト本番,見たいな感じで制作したんだろうね。

832 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:21:51 ID:RGn1jeMW

例えアレンの心の不安がちゃんと描かれてたって

いまさらなツマラナイ凡作

二段構えで愚作なんだよ この映画は

833 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:23:28 ID:yyaYJFbY
>>814
あんたら、服破れればそれでいいのか?
じゃあ、変身シーンはこんなんでいいのかな。

絶命しそうになったテルー→体中に鱗が生えてきて、角がのびて、口先ものびて竜の姿に→竜が段々巨大化
→服が破れる→竜の完成体→クモを焼く→アレンを乗せて飛行→家の近くまで戻る→竜小型化→アレンと
別れて、小屋に戻る→服を着る→人間の姿に戻る。

834 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:25:50 ID:2TEJ5gEy
まぁセリフも良いから原作の多少宣伝になったという価値はあるかな
原作者は文句ありげだけど

835 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:27:24 ID:RGn1jeMW
違った違った

・ちゃんと背景を描いていない

・例え背景を描いてたにしても内容は良くありがちな凡作

・アニメーションもやっつけ

・家族向けじゃないのに家族向けと騙し宣伝する


四段構えだ 四段構えで愚作なんだよこのアニメは

836 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:28:01 ID:ZR/S005x
>>833

器用な竜ですね

837 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:29:51 ID:xeEmtaw3
>>833
忙しい竜ですね

838 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:30:45 ID:dRGZCC7T
>>833
ぜんっぜんわかってないな、お前は。

絶命しそうになったテルー→髪が逆立ち、体が光る→服が破れる→
体中に鱗が生えてきて、角がのびて、口先ものびて竜の姿に→竜が段々巨大化
→竜の完成体→クモを焼く→アレンを乗せて飛行→家の近くまで戻る→
アレンと向き合う→竜小型化→人間の姿に戻る→両者びっくり→
アレンにビンタ→アレンから上着をもらって着る


こうだろうが!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

839 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:32:46 ID:0VqbJCdb
キムタクの声も声優でない割にはキャラの感じがそれなりに出ていて悪くない

とか思った俺でも、正直この作品から滲み出る微妙さには引いた

840 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:33:04 ID:yVzXnbbU
竜から人間になったら服着てた、ってのは原作どおりだと擁護も出来るだろうが…
わざわざ隠すことはないな

単純に想像力・描写力に欠けてるのがわかってしまう

841 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:33:38 ID:GnDbF4OK
>>835-837
wwwwww

>>830
監督日誌の写真見てみろ。
堂々と机の上にハヤオの絵コンテ集のっけて、コンテ切ってるから

842 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:34:22 ID:dRGZCC7T
おいおい、原作で竜が服関係なく変身できる存在だったら破り捨ててるよ。

843 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:38:49 ID:lYQ655Mt
>>835
「ジブリ、日テレ東宝電博の実質支配下に」辺りを起点に置くと
十段構えぐらいの駄作になりそうだ

そう考えるとなんかの間違いで出来上がったかのようなこの作品も
生まれるべくして生まれた忌み子なのかもしれん

844 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:39:13 ID:ZR/S005x
>>841

うへっ

親の「財産」は使い放題か。
その手法なら、まだまだいけますね

845 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:40:47 ID:yVzXnbbU
>>838
だが、
人間に戻る→本人は気づいていない→一瞬遅れて気づく→ビンタ
のほうがよくないか?

846 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:41:20 ID:DYgzxOX6
ユーモアセンスの欠片も無いオッサンゴローに、高畑並みの人間ドラマなんて描写出来ないって。
監督日誌なんて普通の日記サイトとして読むと退屈、平凡、つまらん、笑えんの四重苦なのに。


847 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:41:25 ID:ZR/S005x
ゲド観て機嫌を損ねてしまったお子様たちには、
『長靴をはいた猫』でも見せたって!

848 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:43:47 ID:ACQkAl3K
クモの性別の不自然さって…
ひょっとしたら美輪さんに声あててもらおうとか
狙ってたんじゃないのか

849 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:43:49 ID:GnDbF4OK
>>845
それいいっ!絵が浮かんだw

850 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:46:10 ID:dRGZCC7T
>>845
それだ

そんな映画だったら許したかもよ

851 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:46:22 ID:wgI8t90v
>>838 >>845
のび太としずかちゃんかよwいいね!

>>795といいテルーの唄でいきなり泣いてるアレンのシーンといい
56ちゃんが自分の考えを押し通した結果なのかな。
であのへっぽこカット繋ぎが世に出てしまったと

852 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:58:05 ID:dRGZCC7T
吾郎が作ったへっぽこコンテを直した山下も適当に済ませたんだろうな。
アニメーターも全員適当にやった結果がこれだ。

853 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 01:59:19 ID:GnDbF4OK
>>852
残念ながら、テンプレ>>9を見る限りそうですな

854 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 02:00:24 ID:ZR/S005x
考え押し通したというより、
「職人」的に鈴木さんの要望を受け入れた結果かと。

855 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 02:03:06 ID:dRGZCC7T
こだわりの無い奴は職人じゃなくて
ただの作業員。

856 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 02:08:06 ID:4/6u/Uef
「盲目」的っぽいが。

857 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 02:09:47 ID:viRbuPO2
>>854
職人なら出来ないものは出来ない、って言いそうなもんだがな・・・

858 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 02:10:00 ID:wgI8t90v
クオリティを保証する気概がすなわち職人気質だよな。
ごり押しがあったとしてもせめて妥協点を探って欲しかった。
竜→人間を描かなくても、アレンの顔にピカピカ照り返しを入れるとかさ。
(画面外で変身している意)

859 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 02:11:52 ID:ZR/S005x
「職人」は@鈴木Pだから

860 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 02:13:01 ID:dRGZCC7T
>>858
アニメのお約束を知らない奴だから
そういう演出は無いし
見てる方は惹かれるものも面白味も何も無いよな。

861 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 02:24:46 ID:GnDbF4OK
>>858
どんなに手抜きでもベタでもお約束さえ守っていれば、それなりに救いようがあるんだけどね・・・
代々木アニメにって勉強しろよ、半年でもいいから

862 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 02:26:32 ID:mmbo8tH9
>>839
俺もキムタクの声はそれほど悪くはなかった
シナリオは引っかかってしかたなかったが

863 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 02:28:38 ID:roVQXSeN
鈴Pってほんと酷いな。
漫画版の「ののちゃん」で、鈴Pらしき人物が
ヨレヨレに汚く描いてあるのもなんか納得する

864 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 02:33:56 ID:dRGZCC7T
容姿も汚いが、心も汚いすずきくん。

865 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 02:35:35 ID:EdEJIuQQ
>863
それでも鈴木はいしいを気に入っているので、ののちゃんや
山田くんの単行本を徳間から出してはいるけど。

山田くんアニメ化の経緯をパロった『となりのののちゃん』で、
鈴木がバット持って原作者のいしいを追い回したりもしていた。
(この本でアニメ設定画などを担当したスタッフはテレビ版の
ののちゃんに携わったんだっけか?)

866 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 02:37:32 ID:EdEJIuQQ
ゲドのほうでは、ライブドアのパブリックジャーナリストで
えらく高評価したのがいる。『世界観が独創的』って…。
ttp://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2413864/detail

867 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 02:40:04 ID:gmkwNRu9
俺に映画の常識は通用しねえ
素人だからな

868 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 02:56:35 ID:+8Fm2Nxt
落ち込んだりもしたけど、私は能天気です。

869 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 03:19:57 ID:hjZI9zDv
>866
なんか日本語ヘンだなその人。

870 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 05:00:04 ID:eiDghcBd
四年後、吾朗が撮るってことは次の作品がパヤオの遺作になるのか?
2010に吾朗第二作だったら、次のパヤオ作品公開時には確実70越えてることになる。


871 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 06:25:36 ID:z/4Un/3v
>>866
> 試しに「the Creater」で英和辞書でひいて欲しい。

辞書に載ってないよ。
creatorだろ。

現在のクリエイター、クリエイティブと呼ばれている職業の
中身について一言も触れていないから、全く説得力がないな。
この人本当にジャーナリストなのか?


872 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 06:33:51 ID:KK2KoMZu
クリエイターなんて現場じゃ蔑視用語さ
嬉しそうに名乗る奴は大体どうしようもないカス

873 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 06:47:03 ID:YOXYRbfy
「仕方ない。僕が宮崎駿の息子だから」
なーんか
「デーモンだからな」
を髣髴とさせる言い草だこと

ちなみに
Emarging from dad's shadow
ttp://www.star-ecentral.com/news/story.asp?file=/2006/8/20/movies/15060082&sec=movies
(マレーシアのニュース・サイトだが元記事は Daily Yomiuri 配信)
いわく
●ゴローは最初は竜や魔法などのファンタシー要素を排した作りにしたかったが
 スズキのアドバイスというより要求(命令?)で、今の形になった、というのはここでも出てる
●ゴローはカットの最初と終わりには2,3秒の静止があるのが好みで
 編集さんがスムーズな場面繋ぎのためにカットすると、わざわざ復活させた
 (タルコフスキーやアンゲロプロスのような映画が撮りたかったとでも?
  そもそも動きのない絵を動かしてみせるアニメーションという形式で?
  そうだったら、あえて静止シーンを1コマ1コマ描け! それも緻密な絵で!!)
で、描きたかったのは何かつーと
●美術館時代の若い同僚は礼儀正しく朗らかだったが
 目的意識がなく、自身が本当に考えてることが何か混乱していた
 それを時代のせいにするのは簡単だが、自分は彼らの特質や彼らを勇気づける術を考え続けた
 その思索がアレンの人物造形に結実した
とかほざいてますよ
自分自身の内面が空っぽなくせに
(そんな自分の他、公式掲示板に集っている人の 一 部 に向けて作ったのかもね)

ま、仕方ない 駿の息子だから

874 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 07:15:50 ID:bpSEhez3
声優のうまい下手以前に、
登場人物が描ききれていない、キャラが確立していないから
どの声も浮いて聞こえた。キャストされた人たちが気の毒なくらい。
音楽もそう。いい音楽だったけど、物語からは離れていた。
サントラ聴いて場面が浮かんでくるような、ストーリーとリンクして切なくなるような
そんな良さが全くないと思う。
こんな駄作をよく世界におくりこんだものだ・・・恥ずかしい・・・

875 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 07:22:40 ID:s0/NO48H
カット頭と尻に2、3秒の静止ってアニメとしちゃメチャクチャ止まってね?
一体どんな絵になってるのか怖いもの観たさで観てみたい気に初めてなったが、鱸の思う壺は嫌だからな。


876 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 07:35:00 ID:4Eqw1Mza
止まってるよ。バリバリとまってる。静物画かって思うぐらいにとまってる。
CMで言えば、五分の一が同じ画面で固定して止まってるってことだから。

877 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 07:36:16 ID:Ytt5b5Pv
吾郎が日本に帰ってきませんように・・・・

878 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 07:49:09 ID:MWItbB1w
アレンは「一度国に帰る」とか言ってたけど
国に戻ったら謀反の罪で即刻死刑だよな?

879 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 07:53:23 ID:yJ+empuv
>>622の解釈は仕方ないと思う。あの展開でああいう流れだと
良く解釈しようと思ったら成仏とかそっちの方向になるからね。
ハウルの荒れ地の魔女を本来の姿にしたのと近い部分はあるかも知れん。
とは言え、>>625までいくとちょっと待てよ、と思う。
なんか創価学会が言いそうな感じがする。

>>870

パヤオは今、65歳だから次の作品の公開が2008年とすると
その時67歳。で、ゴローの次作(本当にやるのか?)が2010年だから
パヤオに次の次があるならその時は70超えてるね。パクさんですら
もう監督することはなさそうなのに(パクさん現在70歳)。

880 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 07:59:59 ID:W9RFRkgB
魔女の宅急便をあらためて見てみた。
人間ドラマとしてのゲドとの違いは、
ハヤオは、「他人への気遣い」をこれでもかというくらい描いてる。
ゴローは、他人を気遣うということ自体を知らないのだろう。

魔女宅では、キキの周囲の良い人達が、相手を思いやる演出に溢れている。
だから、ときどき描かれる無愛想な人物描写が心に残る。

ゲドでは、登場人物すべてが無愛想なので、メリハリが無い。

しいて、「気遣いシーン」を探すなら、「食事を出すところ」だけ。
ゴローは、家庭の中で、食事をもらう以外に気遣われたことが無いのだろう。
そして「働け働け」と言われ続けていたに違いない。
テナーに唐突に「働け」と言われて戸惑うアレンは、ゴローそのものだろう。




881 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 08:08:45 ID:aXxT3Db9
>>880
魔女宅と較べるというのも
ぶっとんでないかや

882 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 08:41:29 ID:4lsBAWCi
>>873
ははぁ、ということは>>746のインタビューで言ってた

「アレンは僕が今まで会ってきた、親を殺したいと思ってる若者たち」
「小さな頃から過保護にされて、物質的には豊かだけど
 敷かれたレールの上をただ歩いてきただけの人生の目的のない子供たち」
「親から金もらいすぎ、かまわれすぎの子は精神的に豊かじゃない」

ってのはアレか、美術館の職員のことだったのか。
親からかまってもらえなかったかもしれんが物質的には豊かで過保護で
目的もなくレールの上を歩いてきて、
アレンが親殺しした理由を時代に押し付けた吾郎監督はじゃあ一体何者か。
ゲド気取りだったのかな。

883 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 08:49:55 ID:1FxZ6Gss
>>880
さすがに読んでてアホらしい

884 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 08:54:46 ID:llA/Z6YO
>>882
館長も美術館の職員だぞ。

885 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 08:56:10 ID:4lsBAWCi
>>884
そう言われれば確かにそうだ

886 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 09:00:13 ID:4lsBAWCi
…けど「あれは僕の経験じゃない」「僕だと思ったことは一度もないね」
と言い切ってるからやっぱり自覚ないんだわな

887 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 09:09:43 ID:GJ2/jIaB
>>880
食事を出すところのどこが気遣ってたのかわからんな。

「昼食を作ってきたわ」って
パンまるごと、生のたまねぎをその場で切ってパンに乗せる。
それ料理?
家での食事も、ただ食事に呼ばれるだけで
食事自体に何の憂いもなさそう。たべものは無味無臭、逆にまずそう。
あきらかに、幸せな食生活でなかっただろう。
もちろん料理もしたことなんてないんだろう。


888 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 09:11:27 ID:GJ2/jIaB
食事を気遣うというより、時間になったら食事が出てきて
それをたいらげるという流れを入れたにすぎない。

889 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 09:32:07 ID:lYQ655Mt
気遣いシーンはないけど気違いシーンならあるよ

890 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 09:39:43 ID:gS6nmCD2
>>854
「職人」じゃないだろ。
いい職人っていうのは、使用する人の事を考えて製品を作るもんだ。



891 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 09:40:40 ID:rpd0zCJm
不意打ちでジャスミンティー噴きそーになったぞてめえ

892 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 09:45:09 ID:Z+B3SjTa
「ゴロウ。俺がゲドに見えたか」
「ゲドだろうが」
「そうか。ならお前がゲドなんだ」
「え?」
「こんなふうな物言わぬ第三者を使っての製作は鏡を覗き込むようなもの。
相手の体験を描いているつもりが、気がつけば自分ならどうだったかという
自己への問いかけになり、いつしか造形もくそもなくなる。
つまり俺がゲドに見えたお前こそゲドなんだ」
「それがどうした。見苦しい。
もう死ね、この大ヒットの作品にグズグズと恨み言など」

893 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 09:49:15 ID:3aHbqhHh
テルーの変身シーンがなぜないのか、という話ですが、単純に考えると
1)低予算作品なので時間とお金と技術が足りなかった
2)龍から少女へのメタモルフォーゼをリアルに描くのは難しいし、
  途中の絵がグロテスクなものになってヒロインのイメージを壊すのを恐れた...
  あたりでしょうか。
でも、ハウルの最後でハウルが鳥から人間に戻るシーンは、なかなか印象的だったし、
CGを使った実写などでは、うまくやるほど嘘っぽくなる変形も、
はじめから絵というフィクションによって語られるアニメでは違和感を感じにくい。
難しいものからあっさり手を引き、アニメという表現形式が最も得意とするものを
自ら放棄したのはやはり残念だったような。

894 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 10:03:49 ID:kHOGDO9O
まあこの作品メンヘルには受けるかもな
メンヘルの方たちは日頃ああした強迫観念にとりつかれているわけで
それがああやって救われるのだから(かなり強引だが)、そりゃ涙もでるわな

一般には有害指定をしたほうが良いかもしれないが

895 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 10:12:13 ID:rpd0zCJm
残念って言うかただの馬鹿
お父さんの絵コンテ集に変身シーンのがあったら作れたかもな
テルーの変身シーン

896 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 10:14:04 ID:v0ktupUi
>>887
原作にあんな食事が出てきた気がする。

でも、そんな粗末な食事より、もっと原作から持ってくるべきものがあるだろ。

897 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 10:21:01 ID:OG11q4GQ
なんでこんなにヒットしてるんだろう。
亀田ブームと同じにおいがするんだが。

898 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 10:24:49 ID:Ytt5b5Pv
>>897
ピックルなんだろ

899 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 10:46:18 ID:lYQ655Mt
>>887
あの玉ねぎパンは原作ではテナーじゃなくゲドの手料理らしい
料理というか不調法な男のあり合わせの食事みたいなもんだろうけど
なんでこう文脈無視して唐突に使うのかね

鱸がTシャツの絵を意味なくカオナシにしたり
パヤオの自画像丸写しのゴローの似顔絵描いたときも思ったが
やることがいちいちいちいち安直なんだよなこの人たち


900 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 11:06:09 ID:GRMLdVI6
図書館にパヤオのインタビュー集(20年前から、もののけの頃までの)が
あったので閲覧したのだが、

「諸般の事情で駄作を作る場合もあります。
しかし、事情がどうであれ、駄作はトマトをぶつけられるべきなんです。
それをしないのは質が悪い観客なんです」(記憶による要約)

もしもし、八百善さんですか?トマト一箱届けてください。

901 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 11:07:00 ID:Ytt5b5Pv
>>900
自分の息子にはトマトをぶつけさせないし、ぶつけないパヤオwww

902 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 11:26:51 ID:aS/X7dIf
どこだっけトマトぶつけあうお祭ってあったよね
あれ並にゴローにぶつけてやりたい

903 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 11:36:53 ID:EdEJIuQQ
>902
スペインで8月の最終水曜日にやる。だからつい先日今年分の
VTRをテレビで見たばかり。
ttp://www.sun-rise.co.jp/spainf.html

904 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 11:49:23 ID:VaUYtTmU
あの程度なら俺でも出来る。下らん無価値な作品
金返せとは言わんが、嘘の宣伝はやめてくれ。ある意味詐欺みたいなものだ。


905 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 12:18:34 ID:OcqkKrKd
>>904
いやあれだけのものを作るのは普通の人には無理だと思う。

並みの感性と仕事能力があったらあそこまで酷くはならないよ。

育ってきた環境と天性のニート気質、ジブリの体質が合わさってはじめて成し得る業だと思う。

類まれな奇跡のような駄作。


906 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 12:20:34 ID:OqFFOANW
大ヒット駄作って珍しいよなあ

907 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 12:24:36 ID:rQ6bSKie
>>904
>俺でも出来る

典 型 的 な バ カ 

908 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 12:31:56 ID:3aHbqhHh
どこかからとってきたコピペでいいので、
次のスレのテンプレには、これまで指摘された主な問題点のリストを
数字つきで入れてもらえないかな。
誰もが×と認める問題点のリストがあれば、
ジブリも無視しにくいだろうし、
スレ内の議論も論点が整理しやすくなるのでは。

909 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 12:34:26 ID:bDYPPT7A
>>908
君がやれ

910 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 12:35:24 ID:kHOGDO9O
いや、そりゃ無理だが

そ う 考 え る の も 無 理 な い と 思 う ぞ

911 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 12:36:54 ID:+CIhPkpd
今年最悪の駄作

912 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 12:39:08 ID:OcqkKrKd
全米No.1 駄作

913 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 12:47:51 ID:grlOMhQ9
今回の問題点はジブリに対する不信感が生んだと言える。
もののけ姫でジブリは大きな躍進を果たした。作品の質やを考えればそれは当然だった。
耳に残る印象的なテーマ曲、絵画のような背景、製作者の熱意。多くの点で評価されて当然のクオリティだった。
(マンガ版ナウシカの劣化コピーと言う人間もいるが、ほとんどの人はマンガナウシカを読んでないので問題ではない。)

誰もがジブリの後の作品に期待した、「もののけ姫」で味を占めた広告戦略を活用して期待感をあおった。
しかし、実際見たらすべて期待はずれの作品ばかり。アカデミー賞をとっても中身なし。
広告戦略>駄作 広告戦略>駄作 この連続で不信感を抱く人間が増加。
そして息子が登場、・・・


914 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 12:48:26 ID:EdEJIuQQ
イタリアの批評記事。英訳で読んだ限りではやっぱ微妙みたいだが。
ttp://articoli.castlerock.it/articoli_cinema.php/id=2766

915 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 12:51:12 ID:tujNucHY
>914

kwsk!

916 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 12:53:49 ID:vAyASptD
あたし、宮崎ゴロー39歳。
父親は、有名アニメ監督の宮崎駿。
いつまでも、ずっとジブリ美術館館長のままだと思ってた。
あたしが、その不思議な誘いを受けるまでは――

ゴロー「ゲド…戦記?」
鈴木「そう、ゲド戦記。ハヤオって歳だしやる気ないでしょう?
    でもゴローにはそれができる」
ゴロー「監督を…するってこと?」
鈴木「そんなに驚かなくてもいいのよ。
   ゲド戦記ってそんなに難しいものじゃないから」
ゴロー「ええーっ! ないないないない、
     実績皆無でいきなり世界的作品アニメ化なんて
     そんなの絶対フツーじゃないよ!」

 ひと夏の素敵に無謀な物語
 
 他人の鈴木にはいいなりで――
 自分の親には不満たらたら(でもスネはかじる)
 そんな素人監督が「ゲド戦記」を作ったら。
 
 39歳、戻ることのできない夏。

917 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 12:53:52 ID:OcqkKrKd
>>913
おまえもののけ以降、見てないだろ

918 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 13:03:18 ID:nSDvmkSv
今週の週刊文春の「ホリイのずんずん調査」に、
興味深いデータが出ていた。それによると、パヤオ作品で
初回テレビ放映時に最も視聴率が高かったのが2003年の
千と千尋(映画公開は2001年。えー、もうそんな前になるのか)
で、46.9%だったそうな。もののけやハウルも30%を超えている。
すごいな。


919 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 13:35:15 ID:+oc46qwK
↑何を今更って感じだが。

920 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 13:43:12 ID:+oc46qwK
>>904
少なくともゲドをジブリで作る以上、他の人間が吾朗より良いものを作るのは大概無理。
技術、知識、キャリア、才能の問題じゃない。

駿の横槍で潰れる。スタッフとの不協和音で潰れる。
吾朗はこれらはクリアしたが、鈴木の口出しで潰れた。

吾朗より良いゲドを作れるのは、駿か高畑だけ。

921 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 13:43:23 ID:PoKxANGi
>>838 >>845

アレンの上半身裸も見れるわけですね
素晴らしいです

922 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 13:50:50 ID:gmkwNRu9
もののけ〜と千と〜好きなんだけど、評価われてるね。2chだと
悪評の方が多いみたい。なんでだろ?

923 :908:2006/09/07(木) 13:57:01 ID:3aHbqhHh
>>909

1/ストーリーの伝達に不可欠な情報の欠落
2/非現実的な人間理解
3/演出の不在
4/原作への不必要な固執と無意味な改悪
5/駿色への依存と無意味な反発

 みたいな項目を作ってリストアップを試みましたが、やはり
DVDか何かを見ながらじっくりカウントしないと無理のようです。

924 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 14:20:38 ID:54JplWYv
60億監督・宮崎吾朗

925 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 14:22:41 ID:9U9Jw5X0
>>873
同意!ゴローはあの糞映画で出てきた(主に素人主役の)発言をいろいろやりそうだ。

「自分の経験値を上げるために引き受けた」
「生き生きとした表情になっていると思いますよ」
「(演技のことというより、)すごく頑張ったということで、まあ軽く1000点は超えていますね(笑)」


926 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 14:28:25 ID:3aHbqhHh
>>922
個人的には「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」「千と千尋」は好きではありません。
「もののけ」と「千」は技術的にはとてもレベルが高い作品だと思いますが、
作品の土台にある文明観や、人々が気づいていない事態の深刻さを
一人だけ理解している主人公、愚かな人々を救おうとする天才の存在などに、
宮崎さんの傲慢な性格が滲み出ているように感じられて、生理的にダメです。
「パンコパ」「コナン」「カリ城」「ホームズ」「トトロ」「ラピュタ」などは大好きですが、
ラピュタでシータが有名なセリフを口にする部分にはがっかりしました。

927 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 14:29:06 ID:bmp7N/ue
>>916
オカマ言葉が似合うな

928 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 15:09:51 ID:Ez9GGk5s
ロマンアルバムちょっと立ち読みしてきた
一部の絵が記憶よりきれいになってる気がするのは俺の気のせいだろうか…
テルーの歌のところで「どこからか歌声が聞こえてきた」と書いてあるんだが…いきなり歌い出したよなぁ?
丹羽さんのインタビューで「狂った父王に殺されかけたのでアレンは逃げた」という
案があったようだが鱸Pが「今なら子供が親を殺すほうでしょ」と言い出したらしい

現代で子供を殺そうとする親も問題になるけどそれは無視かよw鱸

929 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 15:10:00 ID:goC4It4q
○●オージービーフ不買運動のお知らせ●○

反捕鯨運動は、日本に牛肉をより多く輸出するために、日本における
動物性タンパク質の供給源を限定する事が目的と考えられます。
くじらを捕獲しない事により鯨肉が得られないばかりか、鯨が大量に魚類を
捕食し、海洋性資源の枯渇が起こるのです。

実際には、牛肉を生産するための牛の飼料を供給するために、広大な
土地が開墾され森が失われています。牛肉を供給るためには、 膨大な
量の穀物が必要で、生産をあげるために、さらなる森林破壊や、地下水
の過剰使用による砂漠化が懸念されています。
牛肉食こそが、環境破壊なのです。

930 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 15:45:26 ID:ZR/S005x
>>890

えと、本気で「職人」と思ってないよ。
鈴木Pが、「芸術家ではなくて」の意味で「職人」監督って言ってたからさ。

931 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 15:51:18 ID:vkjZJ31I
親を殺したアレンにテルーが心を開いたのは、
アレンがイケメンの王子様だったからです。
もし彼がブサメンの平民だったのなら、即通報していたでしょう。
ゴロー氏はこの映画で、そう言う事を伝えたかったんだと思います。

932 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 16:05:35 ID:9U9Jw5X0
さて先週末の興行の結果が出てきたが・・・。
未だに1位の「ゲド」、ただとうとう興収2億円割れ(動員15万人割れ)となった
ようです。

封切の9億円(67万人)からみると落ち込んだな。それでも1位か・・・。
まだ上映するだろうな。



933 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 16:13:23 ID:OqFFOANW
泣いてみせればチョロいと言うことでは

934 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 16:14:34 ID:jjhBTgXQ
テルーの変身シーンなんてどうにでも描けるだろう
体が光に包まれてそれが大きくなっていって竜の形になり
竜が姿を現す、みたいな感じとか。
ありきたりではあるもののそんなに予算無くてもできるし
そのぐらいの物も思いつかないって事なんでしょう

935 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 16:51:04 ID:Ytt5b5Pv
興収2億割れ?
やばいな。ロングランしないじゃんw

936 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 16:56:52 ID:Ytt5b5Pv
ttp://www.boxofficemojo.com/intl/japan/2006/35.htm
海賊が7週で85億程度
ゲドが6週で60億ちょい・・・



  ゲ  ド  完  敗  だ  な  (笑)



937 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 17:00:01 ID:qI5y6odl
それは子供料金が多いから?
1000円で観た大人も多そうだけどw

938 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 17:00:27 ID:opthPM5Q
ゲド最終70~80億くらいじゃねえの

939 :sage:2006/09/07(木) 17:27:37 ID:kHOGDO9O
大ヒット駄作って他になにかあるかな?
思いつくところでは『天と地と』とか『スターウォーズ・エピソード3』とか…
あれ、結構あるか?

940 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 17:39:30 ID:pRXHIPeL
エピ3は駄作じゃねーし

941 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 18:03:32 ID:vAyASptD
良作だよね

942 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 18:04:55 ID:9U9Jw5X0
因みに日曜までの結果はこれ↓。

「ゲド戦記」〜9/3(日)の37日間
525万239人 65億7194万375円 435scr.
9/2(土)〜3(日)の2日
(推定)14万8782人 1億9986万1136円

943 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 18:13:48 ID:0VqbJCdb
SW馬鹿にするなよ畜生め

944 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 18:19:43 ID:Ytt5b5Pv
>>943
じゃあエピ2は?www

945 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 18:23:12 ID:+yj1Sa6a
SW3は今一というだけで、決して駄作じゃなかったぞ。
映像のクオリティも高いし、脚本は唐突な部分も多いが、きちんと
娯楽していた。
ゲドはすべてがダメ。
ルーカスとゴローちゃんを一緒にするな。

946 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 18:28:48 ID:j8Ya4HHJ
ハウルなんかは、大ヒットの駄作だな。
あと、猫の恩返し。

たしか大ヒットしたはずだが、ターミネーター3も駄作。

947 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 18:30:25 ID:C9ditLxc
黄泉がえりはすげーつまんなかった記憶が

948 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 18:32:29 ID:z+nJoexX
ハウルは駄作じゃねーし

949 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 18:43:54 ID:vAyASptD
良作だよね

950 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 18:44:24 ID:2FALcEE7
いや、俺映画館でハウル見たときは
すっげえ駄作キタコレと思っていたが
テレビでやってんのまた見たらなかなか感動したよ

ラストの急転回は鱸が悪いわけだし
児童書モードで見るといい話だよ

とりあえずゲドと一緒にスンナ(´∀`)

951 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 18:45:19 ID:vzCQS38f
ある日、突然親とおんなじ道を歩むことになりました。

今まで経験のない未知の世界。
自分なりに色々頑張ったけど、失敗をすることも・・・

落ち込みました。

そんなときURSULAに出会いました。
ちょっと変わっているけど、しっかり者のURSLAに励まされて・・・

言われてことを理解した キキ は元気になり、
言われたことを勘違いした ゴロー は能天気なままでした。

952 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 18:45:49 ID:C9ditLxc
映画ゲドは成り立ちからして他と一線を画してるよね

953 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 18:48:48 ID:qI5y6odl
ハウル、こないだのTV放送見逃した、残念。
映画館で1回見たきりで
「なんじゃこりゃ????」の感想のままだけど
たぶんあと2回も見れば、多少は評価が変わると自分でも思ってる。

ゲドは……

954 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 18:58:30 ID:3L90hMbX
ハウルはもうちょっとで傑作にもなり得た
とても惜しまれる良作だったと思います。
ゲドは到底ハウルと比べることのできない陳腐な作品。

955 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 19:08:44 ID:vzCQS38f
ハウルはさ、最後の鱸考案の決着はともかく、
ちゃんと一本筋の通った作品だよ・・・
ゲドは・・・漏水しっぱなし。
流しそうめんも最後までたどり着かないぞ

956 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 19:11:08 ID:/qjbrp6V
ハウルは英語吹き替えで見てる、
ババァが少女の声出すの無理がありすぎ
キムタコは最初わりといい線行ってると思ったけど
2時間聞いてると素人声量にイライラしてくる。
・・・ってここはゲロ便器スレだったな。

957 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 19:13:18 ID:3L90hMbX
ゲド・・・
よかったところ探そうと思っても見つからないです。
最初から最後までどこをとってもいいなって
感じるところがなかったです。
気持ちが凍りつきました。

958 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 19:15:25 ID:zuwn25gV
落ち込む映画ってなかなかないよね。
貴重な体験をしたよ。

959 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 19:23:14 ID:3L90hMbX
そうですね。貴重な体験なのかも。
でもその体験からまだ日が浅くて
立ち直れないのです・・・
早くこの映画のことを忘れてしまおうと思います。

960 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 19:26:45 ID:lYQ655Mt
>>955
ゲドはハウルと違って鱸が一番上からボタン掛け違えちゃったからなw
つか丹羽案の親父に殺されかけてアレン出奔で作ったほうが
同じ原作レイプでも整合性も語るべきテーマも生まれてたと思う

961 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 19:42:37 ID:n0hGQd9s
>>959
無理に忘れようとしないで、ここでしばらくストレス発散してれば?
鱸への怒りとかわいてくるかも知れないけど、ともかく映画の嫌な衝撃は少し緩和されるかも

>>960
ボタンの掛け違いどころか、背中で交差して、片側のそでは裏返しに着ちゃってるくらいひどいだろ。
そのまま寝たら、見た目も悪いし、背中ゴロゴロして気持ち悪いこと、この上ない

962 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 20:09:35 ID:3L90hMbX
961
659ですが、どうもありがとうです。
劇場行く前からここ見ててそれなりに覚悟して
見にいったのですが甘かったです。
その後あの映画のテーマや何やら考えてしまったり
何でまたあんなふうな映画ができちゃったんだろうなんて思うと
行き着く先がその鱸Pさんなんですよね。
本当、もうこのゲドって気持ちが悪くて仕方がないです。

963 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 20:14:39 ID:S3JwZais
ネタも無いし、この映画を色々な例えで表現してみるかw

俺は野球で。
酷評なので、どんな珍プレー連発の爆笑野球が見られるかと期待してたら
滅多打ちの一方的な炎上試合を延々と見せられた感じ。
「やっと2アウトかよ・・もういいよ、この試合終わりにしろよ・・・」

964 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 20:39:48 ID:s0/NO48H
>>962
アンタが覚悟を決めて観に行って、結局ウンウン考え込んでしまっても、映画館で1800円落として
来ちまった時点で鱸は高笑いなんだよ!いい加減に分かれ!!

965 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 20:43:06 ID:ALAS2uBS
http://www.afpbb.com/article/848670

気持ち悪いよ、こいつ・・・・・・・

966 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 21:05:45 ID:3L90hMbX
そうです。ごめんなさい。
ハウルやトトロを金ローでみて
テルーの唄なんか聴いて
それで結局劇場に行ったって人ですから。
これで失礼します。


967 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 21:08:06 ID:58nApYDR
じゃあそろそろ次スレ立てていい?

968 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 21:15:20 ID:ALAS2uBS
>>966
謝ることないって、
あぁ〜そうだなぁ…くらいに思っていれば。
実際60億か70億か?それぐらいの収入上げるぐらいの人が観に行ってるんだしw

みんな同じ騙しくらってるんだよ。
行かないでも腹が立つ恐ろしい映画だし、これ・・・
お陰でみんなイライラしてる。まったくいい迷惑だ
適当に 自分の意見言わないと、ストレス溜まる。

>>967
じゃあ、お願いします

969 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 21:16:25 ID:58nApYDR
【仕方ない。】ゲド戦記 第51章【僕が宮崎駿の息子だから】

立てようと思ったけどホストのスレ立ての関係が立てられなかったので他の人頼む ノシ

970 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 21:48:03 ID:Ytt5b5Pv
猫恩の65億とほぼ同じだな。
でも猫恩は興行規模的には一時間程度のB作扱いだったから
二時間程度でA作扱いのゲドがほぼ同じ成績ってやばいんじゃない?

971 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 21:56:15 ID:H8nFChEn
新スレ
【仕方ない。】ゲド戦記 第51章【僕が宮崎駿の息子だから】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1157633225/l50


972 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 22:01:09 ID:/XfxKN3j
乙です

973 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 22:02:16 ID:ALAS2uBS
>>971
乙です。
しかし、なんでこうもアンチなタイトルになってしまうんでしょう?
ゴローの発言そのまま引用するとw

974 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 22:06:24 ID:H8nFChEn
56自身がネガティブな発言ばかりするからじゃないでしょうか「

975 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 22:14:27 ID:yVzXnbbU
ちゃんとした物を作れていれば、
同じ台詞でも別にネガティブでもアンチっぽくもないはずなんだが…

976 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 22:18:37 ID:wkb6iD7d
>>971
乙戦記シ

977 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 22:25:46 ID:CWrCJTf7
次スレに、由来になる新聞記事リンクさせておきました。
でないと・・・本当になんか勘違いされそうだったので

978 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 22:43:37 ID:+Zzmn61i
DVD買う奴はほとんどいないだろ

979 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 22:49:07 ID:H8nFChEn
勘違いされようが何だろうが、熱心な信者も居ないのでは無いでしょうか
本スレ自体アンチスレの様相を呈してますし

980 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 22:53:06 ID:qI5y6odl
「DVD買って、何度も観たい!」
という層にはあまり受けてないって気はする

981 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 22:54:27 ID:0rsmL7Jw
いくら叩いても

ごろー「次回作は人間ドラマを作りたい。」

982 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:02:56 ID:kHOGDO9O
金出して説教VTRを買う奴も居らんだろ
それも名僧知識ならばともかく、社会経験も浅いニートの説教と来ては…
娯楽がみたいんだ、俺たちは

983 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:06:52 ID:qI5y6odl
岡田とやらのファンはDVD買うのかな?

984 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:08:36 ID:H8nFChEn
ああ、病んだ岡田ファンは買いそうですね

985 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:14:04 ID:CWrCJTf7
何がそこまで駄目なのか、分析するためにDVDで何回か観たいが
レンタルで良いな

986 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:19:20 ID:H8nFChEn
>>985
半額フェアの時にどうぞ

987 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:22:37 ID:jaxU6uLa
>>985
制作者が真面目に作って失敗している作品は、分析のしがいがあるが
ゲドは分析する気も起きないなあ

むしろ制作者側の人間の問題を分析した方が勉強になる

988 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:25:57 ID:3aHbqhHh
掲示板の類をチェックせずにブランドの惰性で見に行くお母さん方や、
逆にあまりの酷評に逆に興味をそそられた人も多いことを考えると、
ゲドの興収が直接吾郎監督への評価とは言えないけど、
セルDVDを買う人の多くは一種のリピーターだとすると、
吾郎監督の次回作の客入りを見る前に、
DVDの売り上げでも、おおよその評価はつかめるかも。

989 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:33:49 ID:5F13oxk1
ゲドDVDは
・本編ゲド戦記DISK
・駿再編集バージョンDISK、
・特典DISK
 メイキング、
 ル=グイン&翻訳者や、鱸P&吾朗をはじめ主要スタッフと駿と高畑のコメンタリーが一人あたり各10分以上、
 吾朗解釈で観客の疑問点を解説する映像付きコメンタリー1時間
の3枚組で3000円なら買ってもいいな。
いつものジブリの5000円だと厳しい。

990 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:34:51 ID:jaxU6uLa
「吾郎戦記〜素人の私が映画監督をやった理由〜」
というタイトルで、一体なんでこんな異常事態になったのか
しっかり説明した本を出してほしい。

たぶんゲドのDVDより売れる
ただし、ニート節はやめて真面目な苦しい内情を激白すること

…無理か

991 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:36:33 ID:0rsmL7Jw
>>990

鈴木が推したから


992 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:43:48 ID:CWrCJTf7
>>989
ハヤオ再編集が入っていて
インタビューがそれだけあれば、5000円出しても良いよ。

993 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:47:20 ID:jaxU6uLa
>>991
普通は推されても、全世界に恥をさらす確率の高い仕事は
引き受けないと思うけど

なんでそれを引き受けなくてはいけなくなったのか興味津々

994 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:50:34 ID:CWrCJTf7
>>993
能天気だから。という一言で終わったらどうするよ

995 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:53:11 ID:H8nFChEn
>>993
断れるだけの自我があればここまでクソな映画は作らなかった
元々漫画家を目指していたし、渡りに船だった
親父に虐げられ続けた人生にピリオドを打つつもりで人生にもピリオドを打った

996 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:53:18 ID:GxAiVvIV
結局、何が言いたかったのか分からんのよね
クモとアレンのキレる因果関係はなんなのよ?
クモがストレスの原因ってことか?

だいたい原作ゲド戦記は”ストレスでキレる今の若者”なんて
甘っちょろい話じゃないよね

原作ゲド戦記は、健全な若者でさえ必ず陥る思春期に自我の増長というテーマを
主人公がストイックなまでに、自分自身を見つめなおすことで克服するという
誰もが自分を省み、色々気づかされる、とても普遍的な物語なのだと思っているのだが



997 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:55:53 ID:R8I1qgUy
>>989
メイキングには鈴木Pとハヤオがル=グインに会いに行ったときの一部始終をぜひ
入れてホスイ
ル=グインに見せた試写会の様子やそのあとの食事会も

998 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:56:23 ID:0rsmL7Jw
鈴木がいってるごろーのよさが
ハヤオにアホ馬鹿いわれてものほほんとしてるところだよ。
引き受けないほどの繊細な神経があると思うか?
原作者に皮肉いわれても誉められたとブログにのっけて
ここまでの不評でも子供だから批判されると解釈してる。
やらなきゃよかったとでかでか書きながら次回作構想しゃべっちゃう。

999 :名無シネマ@上映中:2006/09/07(木) 23:59:21 ID:wkb6iD7d
999!時をかけるゲド戦記!

1000 :名無シネマ@上映中:2006/09/08(金) 00:00:21 ID:34P493zu
遺憾の意

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

295 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)