5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【頭が】ゲド戦記 第49章【変になっている】

1 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 22:35:12 ID:Pz9lZDTz
2006年7月29日(土)全国東宝洋画系(日劇3〜)で公開中
上映劇場一覧:計314館(2006年7月26日現在) 435スクリーン
ttp://www.toho.co.jp/gekijo/ged/welcome-j.html

「ゲド戦記」公式情報サイト*ttp://www.ghibli.jp/ged/
       (スタジオジブリHP)*ttp://www.ghibli.jp/
予告編1(大画面版):ttp://www.ghibli.jp/25trailer/ged_lg.swf
予告編2(大画面版):ttp://www.ghibli.jp/26trailer/ged2_lg.swf
<宮崎吾郎監督日誌>ttp://www.ghibli.jp/ged_02/
<ゲド戦記制作日誌(6/28終)>ttp://www.ghibli.jp/ged_01/
*日テレ「Cha!4」→イチオシシネマ→吾郎監督インタビューノーカット完全版(12分37秒)
ttp://www.dai2ntv.jp/common/misc/kochi2/interview/gedo/
*東宝⇒LINE UP* ttp://www.toho.co.jp/lineup/gedo/
*YO⇒ジブリをいっぱい⇒ゲド戦記*
ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/cnt_ged.htm

前ヌレ
【失敗してもいいや】ゲド戦記 第48章【鈴木の責任だし】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1156854772/

2 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 22:39:43 ID:iZals+0b
>>1


3 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 22:40:34 ID:OZ9mA1CN
あたし、宮崎ゴロー39歳。
父親は、有名アニメ監督の宮崎駿。
いつまでも、ずっとジブリ美術館館長のままだと思ってた。
あたしが、その不思議な誘いを受けるまでは――

ゴロー「ゲド…戦記?」
鈴木「そう、ゲド戦記。ハヤオって歳だしやる気ないでしょう?
    でもゴローにはそれができる」
ゴロー「監督を…するってこと?」
鈴木「そんなに驚かなくてもいいのよ。
   ゲド戦記ってそんなに難しいものじゃないから」
ゴロー「ええーっ! ないないないない、
     実績皆無でいきなり世界的作品アニメ化なんて
     そんなの絶対フツーじゃないよ!」

 ひと夏の素敵に無謀な物語
 
 他人の鈴木にはいいなりで――
 自分の親には不満たらたら(でもスネはかじる)
 そんな素人監督が「ゲド戦記」を作ったら。
 
 39歳、戻ることのできない夏。

ゴロー「やらなきゃよかったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

4 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 22:40:36 ID:z9DA5HM1
必ず見ること。



ゲド戦記 ウサギ版CM
http://www.youtube.com/watch?v=rE22wXj05hs

お客様はうらやましーぜぃ、アヒャヒャヒャヒャヒャ・・・・ゲホッゲホッ

5 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 22:41:49 ID:Tnm0Nb/F
ロマンアルバム鈴木Pのインタビューより

吾朗君が僕に「鈴木さん何巻やるつもりなんですか?」って聞いてくるんですよ。
だから「3巻やるつもり」って答えると、「わかりました」って
それから僕が「影との戦い」を入れて欲しいと要望を出した時にも
それをすぐ具体的なシーンにして、シナリオに組み入れてくれるんですね。

最初のシナリオでは冒頭はお城に竜が降って来るシーンから始まる事に
なっていたんですよね。でもそれでは地味だと思ったので、
「もっと派手にしようよ」「竜の共食いなんてどうだろう?」
と僕が口出しちゃいましたね。
やっぱりヒーローがいたらヒロインもいたほうがいい、
ヒロインとして考えた時に第4巻のテルーのキャラクターがよかった、と。
もちろんそれによって原作のストーリーと変わってしまうわけですから、
ずいぶん悩みましたよ。
映画を面白くするために必要だったということです。

「影との戦い」というテーマを3巻のストーリーに挿入しようと
したのは思いつきです。
吾朗君の最初のプロットでは、出ていなかったんですよ。

吾朗監督が「あれをやりたい」「これをやりたい」じゃないんですよ。
作家性とか創作に、むやみにこだわることがない。
そういう意味では「職人監督」といえるかもしれないんです。

6 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 22:43:07 ID:Tnm0Nb/F
ロマンアルバム鈴木Pのインタビューより 2

吾朗君に「原画も描いてみようよ」なんて言ってみたんですが
それは描いてくれませんでした。
彼は慎重な男なので今回は実現しませんでしたね。
また機会があったら是非原画にも挑戦してもらいたい。

宮崎駿作品だと、とにかく監督のイメージが完成しているから
スタッフはその範囲の枠の中でいろいろやらなくてはいけないわけです。
それによってもちろん作品の完成度は高くなりますが・・・
今回は作画にしろ、美術にしろ、撮影にしろスタッフそれぞれが
自由に解釈して自由にやれました。
僕にとってはそれがひじょうに面白かったです。

キャラクターデザインに関しては
これはどなたのお考えだったのでしょうか?

鈴木「僕が提案しました。実は当初はどんなキャラクターデザインで
いこうかということで、色々な試行錯誤があったんですよ。
で、最終的に僕が判断して宮さんのキャラクターでいこう、ということにしました。

最終的に宮さんの書く絵の雰囲気を基調にして、作画監督の稲村君が
キャラクターデザインをまとめました。
そうしたら吾朗監督はそのキャラクターをためらうことなく
受け入れたんですよ。
これは彼の特性でしょうね。普通気負って今までと違うものをやりたがる
彼にはそうした面が皆無なんですね。

7 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 22:44:27 ID:Tnm0Nb/F
ロマンアルバム吾朗監督インタビューより

原作との大きな相違点のきっかけは
鈴木Pの「この子は父親を殺しちゃうんだよ」という一言です。
でも僕はそれを聞いて「そんなことするんですか?」という
驚きもありましたが(笑)
キャッチコピーの「父さえいなければ、生きられると思った」
「これ僕のことのように思われてしまうんじゃないですか鈴木さん」てね。
あえてそんなコピーを使うところが鈴木Pたる所以ですかね。

−次回作について−

自分でなにか「これ」というのがあるわけではないのですよ。
むしろ「これをやれ」という注文を出発点にした方が
「こんなのやるんですか?」という所からスタートして
どうやったら形にしていけるのかと考えた方が
自分なりになにかやれるというのか・・・そういう意味では
僕の将来は多分、鈴木プロデューサー次第だと思います。
なにしろ僕はサラリーマンですから(笑)

8 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 22:45:50 ID:Tnm0Nb/F
ゲド戦記 ロマンアルバムより

作画演出 山下明彦のコメント
「あまりに大変すぎるからこの辺にしときましょう」
みたいなこともあったりするしね。
「あんまりやってると終わらないよ」という時には
手前で止めたりしました。
「カメラが引いたり寄ったりするメリハリのつけ方が
今ひとつの部分がありましたけど、
でも、それはそれで若々しくていいんじゃないかとも思って(笑)・・・

動画チェック 舘野仁美のコメント
「そうですね、いつもより手間をかけていない部分が
あるんですよ。鈴木プロデューサーの意図として・・・

9 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 22:46:26 ID:LhKkfLVj
いや〜。主人公を先頭に勇猛なゲド軍団が
敵軍に突入するシーンは迫力がありました。

10 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 22:47:04 ID:Tnm0Nb/F
丹羽圭子の最初の脚本

クモはゲドを誘い出す為に
テナーとテルーをさらう。
そしてクモがテルーを見て
「これこそ私の捜し求めていたものだ」と気づく
竜から永遠の命を手に入れるために・・・

クモの城の中でクモとテルー、テナ−のアクションいっぱいの
追いかけっこになる。
それをアレンとゲドが追いかける。
城の中いっぱいに派手に動き回るアクション。
アレンがピンチになった所でテルーが変身する。
竜になったテルーが逆にアレンを助ける。

丹羽圭子のコメント(ロマンアルバム)
「私の脚本ではクライマックスに向かって皆が最後に協力していく。
そのアクションシーンの面白さの中で
ゲド戦記のテーマ「生と死」という問題を
うまくみせられればいいかなと思うんですが。
出来た作品は何度もテーマを口に出すので
その辺は大きく変わったところ(自分の脚本と)です。」
「城のシーンはもっと比重が大きかったですね」
「最後の方のクモの顔はちょっとびっくりしました。
あれ怖すぎませんか?(笑)子供だったら泣いちゃうかも・・・」

11 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 22:47:57 ID:NqzmOPa2
>>1
心オナニー

12 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 22:50:52 ID:i2NxCCdf
俺の予想だが、来年のきいちご賞はこの作品になるんじゃないのか!?

13 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 22:51:06 ID:Tnm0Nb/F
森田宏幸(猫の恩返し監督)ブログ

ここのところゲド戦記のことを、
特に吾朗氏が監督をやったことをどう考えているのかと、
尋ねられることが多いのですが、、、、、

そりゃあ悔しいです。だって、永年この仕事に携わってきたプロが
中途半端なものを作るよりも、才能のある素人の方がマシだと
思われたわけですからね。
吾朗氏は企画意図を周囲に語る時ある種の才能を感じさせる人物ですが、
それを映画的なアイディアにする術を持ち合わせていません。
ただ、そうした吾朗氏を起用するヤマ師なプロデュースを私は理解できるし、
嫌いではありません。
思えば「猫の恩返し」も似たようなもんでした。
そこに賛否両論あるのでしょうが、どちらにしろ自分は作り手なので、
よいものを作ってみせて行くしかないと思っています。

私は忙しくて、完成したゲドをまだ見ていないのですが、
たったの一カットだけ原画を手伝っている経緯で、絵コンテは読んでます。
完成した絵の仕上がりのことは分かりませんが、
脚本や演出について酷評されるのは仕方ないと覚悟していました。


14 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:07:18 ID:nW1rF/jo
>>13
>吾朗氏は企画意図を周囲に語る時ある種の才能を感じさせる人物ですが、
>それを映画的なアイディアにする術を持ち合わせていません。

これ、つまり作家的才能0って事だよね。w
そんな奴が才能ある素人?スタッフがこんなのばっかだから
ゴローも調子に乗るんだろうね。気に喰わないならストライキ起こせよ。

15 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:10:19 ID:KFL6JTwU
>>14
それでは飯の食い上げです


・・・・・駿よう、こんなんでいいのかよぅ・・・・・・・

16 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:12:26 ID:Tnm0Nb/F
Ursula K. Le Guin 〜 ル=グウィン公式サイト[インフォメーションページ]
ttp://www.ursulakleguin.com/UKL_info.html

ジブリ映画「ゲド戦記」に対する原作者のコメント全文
(日本語翻訳文の掲載サイト)
ttp://hiki.cre.jp/Earthsea/?GedoSenkiAuthorResponse

直訳「上映後、私たちは私の息子の家で夕食をとりました。鈴木敏夫氏が芝生でさか立ちをしている間、コルギ犬のエリノアはとても行儀よくしていました。」

意訳「映会が済むと、息子の家でパーティーを開きました。愛犬のエリノアはとても 上品に振舞ってくれましたが、一方スズキ氏は、なんと芝生で逆立ちをされておら れました。」

中立的な訳「試写のあと、みんなで息子の家で食事をしました。コーギー犬のエリナーはとてもお行儀がよく、鈴木敏夫氏は芝生の上で逆立ちをして見せました。」

ジブリ映画「ゲド戦記」に対する原作者のコメント全文
ttp://hiki.cre.jp/Earthsea/?GedoSenkiAuthorResponse

Ursula K. Le Guin's official website>Announcements>"Gedo Senki, a First Response"

After the screening we went to have dinner at my son's house.
Elinor the corgi behaved with great propriety, while Mr Toshio Suzuki did headstands on the lawn.

イメージ図
(注1)参照 ttp://www.painetworks.com/photos/fb/fb0535.JPG

17 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:12:29 ID:1zDuLO8P
64 名前: 名無しさん@6周年 投稿日: 2006/08/31(木) 11:03:34 ID:lOGqUrPr0
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1156356696683.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1156356712657.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1156356733832.jpg
ゲド戦記作成秘話
http://storybusiness.ameblo.jp/entry-41e019f5ea08e8a8113fb8cd80eac133.html

参考資料までに

やっぱ鱸が悪いんだろコレ
駿が無理って言った時点で企画返してりゃよかったんだよ

18 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:12:33 ID:R4xB8rgk
ベネチアからの補給燃料はまだか?

19 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:13:40 ID:SFWgb/PJ
なんでもいいけど自分はいろいろドキドキするような映画が観たかった。
内容が薄いしぬるいんだよ!
パヤオの熱狂的ファンの奴がパヤオのクセを真似しまくってジブリ続けたらいいじゃんか。
ルパンの声をクリカンがやってるみたいにさぁ
コピーでいいんだよ宮崎駿アニメが観たいんだよ!誰かいないのか〜

20 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:14:00 ID:Tnm0Nb/F
《Q&A 1》
Q:『ゲド戦記』ってなに?
A:2006年夏に公開されているスタジオジブリの新作です。
原作:ア−シュラ・K・ル=グィン「ゲド戦記 全6巻」、原案:「シュナの旅」宮崎駿
となっており、原作と原案が別物という不思議な作品です。
映画のストーリーやテーマはどちらとも違っていて、監督のオリジナルといってもいいでしょう。

Q:原作や原案を読むと、映画で謎だった部分はわかる?
A:原作と映画はまったく別物です。設定を流用してる部分だけは理解出来るかもしれませんが、
映画をみて理解出来ない部分は基本的には謎なままでしょうか。

Q:なぜアレンが主人公なのに、『ゲド戦記』という題名なの?
A:単に『ゲド戦記』のネームバリューを重視したものと思われます。
ちなみに原作も邦題は『ゲド戦記』ですが、原書は"Earthsea Books"と呼ばれていますし、
どう考えても「戦記」ではありません。また、5巻以降ではゲドは完全に脇役です。

Q:「シュナの旅」って?
A:アニメージュ文庫から出ている、チベットの民話をもとにした、宮崎駿の絵本です。
なぜ、原作がある映画に、さらに別のものを原案として採用したのかは不思議ですが、
シュナの旅をパクリすぎたので、原案としてクレジットするしかなかったのではないかと
いう邪推をしてしまいます。

21 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:15:02 ID:WVgcnOa8
メンヘル板のタナトフォビアスレで若干好評だった。

22 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:15:10 ID:Tnm0Nb/F
《Q&A 2》
Q:真の名ってなに?
A:原作の世界では、真の名を呼ぶことで、人や物を支配することが出来ます。
アレンがクモに操られるのは、真の名レバンネンを知られたためですし、
アレンとテルーが真の名を教えあうのは、非常に大きな信頼の証です。
ちなみに、原作でのアレンとテルーの関係は全く異なります。
テルーが少女の頃、アレンは立派な王様になっていて、別に婚約者もいます。

Q:序盤、なぜ竜は喰らいあっているの? なぜ人の頭がおかしくなっているの?
A:映画では「世界の均衡が崩壊している」という言葉で説明されています。

Q:なぜ世界の均衡が崩壊しているの?
A:原作では、クモという魔法使いが生と死の両界のあいだの扉を開いたためですが、
映画ではクモがこれから扉を開くような台詞もありますので、よくわかりません。

Q:なぜアレンは父王を殺したの?
A:とりあえず、原作にはこのような描写はありません。
映画版の解釈としては、宮崎親子を投影してるとか、むかっとしてやったとか、
アレンの不安感のせいだとかの説がありますが、決定的な解釈はまだ出てないようです。

23 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:16:25 ID:Tnm0Nb/F
《Q&A 3》
Q:ゲドはどうして役立たずなの?
A:原作のゲドは3巻で力を使い果たし、4巻以降では魔法を使えないただの人になっています。
その両方を適当に混ぜた結果が、映画のゲドと言えるでしょう。

Q:テルーはなんで竜に?
A:原作では、太古、竜と人は同じ生き物だったので、ごくまれに先祖帰りによって
竜変身が可能な人が出てくるということになっています。

Q:命を大切にしない奴は、焼き殺す! って矛盾してない?
A:原作でのクモの最期は、まったく違ったものです。
焼き殺すシーンは、原作の4巻と外伝にある竜が人を殺すエピソードを
転用していると思われますが、それを無理矢理クモの最期にくっつけた結果
わけのわからないことになってしまっているのではないでしょうか。

24 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:19:33 ID:Tnm0Nb/F
ベネチアでの「ゲド戦記」は9月3日16時45分から上映です。

http://www.labiennale.org/en/cinema/festival/calendar/en/17488.html

25 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:23:09 ID:1zDuLO8P
>>21
公式BBSに居る奴が溜まってそうなスレをわざわざ探さなくても

26 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:23:13 ID:0JXxzBGX
まあ映画の日で1000円だったので損をしたとは思わなかった。
60点で合格です。
次を作っても別にいいですよ。

ただ普通のアニメになってしまった。
ジブリ独特の凄みがあるところと
安価に作られたテレビアニメレベル(船とかw)のシーンが混在してる。
やっぱアニメ製作の現場でやってきた人が監督になったわけではないから
絵までは管理しきれないということか。

27 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:23:43 ID:Tnm0Nb/F
ベネチア国際映画祭(8月31日開幕)
「ゲド戦記」特別招待上映が決定。
吾朗監督は「父と間違えてるんじゃないか」と謙そんしたが、
鈴木氏は「デビュー作からベネチアなんてお父さん怒っちゃうよ。
でも、映画祭のディレクターが見て太鼓判を押している。
新人監督賞を狙いたい」。
偉大な親父が意識すればするほど、「宮崎吾朗」の名声が上がる。
(デイリースポーツ)

28 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:25:07 ID:1zDuLO8P
>>26
普通のアニメの方がまだクオリティ高くね?

29 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:25:40 ID:R4xB8rgk
>>27
いろいろ乙です。

30 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:29:20 ID:kSD7+ktl
何でアレンが父親を殺したのかさっぱりわからん。これをもし外国で
放映したら、日本人は人を殺すことを何とも思ってないのか?と思われる。

31 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:30:59 ID:SFWgb/PJ
ゴンゾとか入ってるし
最後のほうのクモなんかジブリの絵じゃねーよ

32 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:31:10 ID:a6nfzo0A
おもわねーよwww

33 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:31:16 ID:IexaZguV
映画の日だったので、時かけ→狩人と犬、最後の旅→ゲドと
三本ハシゴしてきた。

ブツ切ればかりの映像構成、動きのないキャラクター、挿入歌の
使いどころなど微妙な点は至る所で目に付いたが、もうすでに
語られ尽くされていることなので・・・

正直、3本ハシゴの最後だし寝てしまうかもと思ったが、違う意味で
面白くて全く睡魔は襲ってこなかった。はっきり言って時かけよりも
笑える場面は多かった。もちろん失笑と言う意味だけどw
まあB級映画として見れば結構楽しめたよ。

とにかく想像以上の出来に驚くばかりだったが、それ以上に驚いたのが
大阪・梅田のナビオTOHOで客席が7〜8割埋まっていたこと。
終わった後はみんな無言だったのが気になった。
子供達も結構いたが、こんなので楽しめたのかな?

34 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:31:45 ID:1zDuLO8P
>>30
何か現代日本で今流行ってるから

鱸が「流行る映画は、映画の中の出来事と現代社会の問題に共通点がある」とか何とか
公開前の特番で言ってた
で、リンクさせてみたんじゃないですか
成功したかどうかは知らんけど

35 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:33:27 ID:Simzba8A
なんとか文明国での上演をキャンセルできないのだろうか。
日本文化の株が下がり、鹿鳴館以来われわれが猿とさげすまれながらも、
歯をくいしばってきたのが水泡に帰するわけなのだが。

36 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:34:25 ID:NqzmOPa2
>>30
>日本人は人を殺すことを何とも思ってないのか?と思われる。
わろた!
すごい時代錯誤w

いまどき外人の顔がみんな同じに見えて人格の区別がつけられないって時代でもないんだから…
そんなストレートに民族意識には結び付けないよw

37 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:35:00 ID:1zDuLO8P
>>35
「今更」

38 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:35:24 ID:SFWgb/PJ
>>34
鱸そんなん「手品にはタネがある」っていうあたりまえのことじゃんな。
それをどう上手く昇華するかが大事なんだろうが
作品にはテーマなんかあった?ってくらいでいいんだよ
作品が生理的に面白いことのほうがよっぽど大事。
頭じゃなくて心で観るんだよヴォケー

39 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:36:46 ID:NqzmOPa2
>>35
鹿鳴館…ww

40 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:41:16 ID:J+cSN6jC
今日見たけど、登場人物たちがワケ知り顔なのが笑えた
ハイタカとテナーの関係とか、蜘蛛との関係とか。昔の知り合い、とかで済ますなよw
蜘蛛が黄泉の世界でどうのこうのっていう、終盤の説明セリフは失笑もんだったな
つぅかアレンが普通に国へ帰ったら国王殺害で死刑じゃね?
この親子関係が宮崎親子を投影したものだとしたら、ゴローは無かった事にされちゃうっていう自虐ネタなのかなw

41 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:46:37 ID:AYyBeJti
さすがに、ゲドひとつで日本映画のレベルを云々はされないと思うけど、
しかし、その製作者側の自信はなんなんだろう。
まさか、ほんとにあれでいい、俺たちはすごいモノを作ったと思ってるの?

42 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:48:40 ID:1zDuLO8P
>>41
そうでも言ってないとヤバいからじゃね
アメリカの企業とかも良く言ってるじゃん、どうみてもそれおかしいだろと言う事も
「われわれは成功していると思っている」とか何とか見解を発表したり

43 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:50:43 ID:gVTuR7Xu
>>41
千尋の赤いDVD事件あたりからなんだよなあ、ジブリ(鈴木)に
そのへんの居直りというか、ある種の傲慢さを感じるようになったのは。
大企業病ってヤツなのかね、これが。

44 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:51:30 ID:/4WdrXHp
しかし鈴木のインタビュー読んでると奴自らが吾郎にはクリエイターとしての素質がまるで有りませんと正直に言ってるんだな。
吾郎のインタビューでも鈴木のちょっかいを怒るでもなく正直に出してるし。
何を考えてたんだろう。

45 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:51:55 ID:b3592jUm
>>19
ゲドもハヤオのコピーだったじゃんか

46 :名無シネマ@上映中:2006/09/01(金) 23:59:31 ID:+a6o/ubD
劣化コピーか…

47 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:01:11 ID:1zDuLO8P
>>44
56自身もインタビューとか見てると「やらなきゃよかった」とかもうかなり自暴自棄になってるよな
そりゃいきなり御輿に担がれたかと思うと今度は矢面に立たされてるような状態だからなあ

まあ、あんまり駿が基地外過ぎて、付き合うほうもブチ切れたんじゃね?

48 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:01:41 ID:/M08f+53
もし仮に鈴木が

ほうぼうで改変箇所は全て自分の入れ知恵と吹聴するのも
ポスターやらなにやらにサイン大書するのも
イケメン監督うっちゃってテレビに出演しまくるのも
すべて戦犯イメージを一手に引き受け矢面に立って
ゴローひいてはパヤオを批判からかわす目的だとしたら
我々は非礼を詫びなければならないが

その可能性はまずないから安心して責任追及していいよなw

49 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:02:51 ID:KFL6JTwU
駿の狂信者なら、なおのこと駿の真似はできないだろうな
逆立ちしたって真似すらもできやしないと判ってしまうから

50 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:04:30 ID:Tnm0Nb/F
細田守の「ハウルの動く城」の城のスケッチ

http://www.toho.co.jp/movienews/lu2002/yoga.html#2

51 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:05:26 ID:KFL6JTwU
>>42
そう言い続けないと一気に崩壊するからな……

謙遜でなく本当に駄作だから目も当てられない
(史上最低レベルではないが、ジブリ&ル・グウィン投入してコレは無ぇ)

52 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:05:32 ID:hZ/DNFAG
細田守の「ハウルの動く城」の城のスケッチ

http://www.toho.co.jp/movienews/lu2002/yoga.html#2


53 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:06:49 ID:yPffl+iL
>>48
鱸も「駿を殴りたいと思った」とか言ってるくらいだからそれは無いだろうなw
安心して叩いていいと思うぞ

54 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:10:02 ID:unKUVN70
>>52
駿の才能を改めて感じた。

55 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:25:29 ID:z/Y+VR/M
ゲドみたいな糞原作でよくもまあ60億も稼げたものだ。

56 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:32:12 ID:WUmOfnj4
>>55
盆休みを活用したからな。そして電通・博報堂・東宝と大手を後援に揃え、上映場所を
多数確保した事も大きい。

ただ、これからはそうはさせん。100億など阻止せねばならん。
第4週の成績63万人8億円ですら以ての外だと思うよ。

57 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:35:21 ID:9D9fBEEt
>>55
ごめん、昨日映画の日で見て来ちゃった…。

58 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:36:20 ID:5fTlek11
>>55
ちょっと表へ出ろ

59 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:39:37 ID:s0mp6Qhg
もしかすると鈴木も電博東宝の傀儡なんじゃないか?
還暦迎える人間がなんぼなんでも言ってることが空虚すぎる
要求されたことそのままアナウンスしてるような

ブランドでっち上げちゃ食いつぶすとことか
漠然とした不安感煽って適当な着地点与えれば大衆満足とか
広告屋の臭いプンプン

今回ジブリのやったことって単なる下請けなんじゃないの?
もしそうならこれこそ客に対する最悪の背信だよ


60 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:40:03 ID:yp8QGfMU
ttp://bokuen.cool.ne.jp/diary/200608.html

>アニメーションのJOYの部分を求めすぎると肩透かしを食っちゃうだろう。
>きびしいことを言えば『ゲド戦記』が楽しめなかった人はアニメーションを見る才能が、センスが欠けている。

>『ゲド戦記』が楽しめなかった人は
>『ゲド戦記』が楽しめなかった人は
>『ゲド戦記』が楽しめなかった人は
>『ゲド戦記』が楽しめなかった人は
>『ゲド戦記』が楽しめなかった人は

信者もここまで行ってしまうと、もう戻れないんだろうなぁ
ってか、こういう人には自身の発言のどこが「問題」なのか
いくら説明してもわからないんだろうなぁ

61 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:42:14 ID:WhKTXM8q
実はゲドの監督って鈴木なんじゃないか?
自分の作品だからあんなにかばうんじゃないか?
はやおに逆らってまでごろーかばう理由が他に思い付かない。

62 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:45:41 ID:MipactcB
>>55
原作と題名が同じだけで全くの別物だからな
原作者のお墨付きあり

63 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:47:40 ID:WhKTXM8q
鈴木はごろーの才能は全く認めてないのにゲドを誉めてんだよな。
つまり鈴木はゴースト監督。


64 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:52:47 ID:yPffl+iL
>>60
どうでもいいが、よくそんなページ見つけてくるな

65 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 00:57:46 ID:wwc3ZM6m
>>55
原作読んでないくせにw

66 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 01:05:13 ID:5fTlek11
>アニメーションを見る才能
オタ臭えwww

67 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 01:17:17 ID:6AWs4mUn
鱸はゴローのことを職人監督とか言っているが
職人が聞いたら怒るよな
本当の職人ってのは、クオリティ管理にもっとストイックだよな

一方、ゴローは自分のことをサラリーマン監督と言って涼しい顔をしている

だいたいジブリは職人監督やサラリーマン監督なんて求めているのか?
そんなスタジオだったのか?そんなスタジオにしたいのか?違うだろ?
だったらジブリ美術館なんて意味ないからヤメロ!

ゴローの奴は、何が「ジブリ美術館を維持するために、ジブリには作品を作り続けてもらわないと困る」だ?

美術館の意味が分かってるのか?”リーマン監督宮崎吾郎作品展”でもやるのか?
お前らはアールビバンか?

自分達がやったこと、やろうとしていることが全くわかっていない

こいつら、本当にバカなんだと思った

68 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 01:38:18 ID:Kg6e4W6F
くもさんの日本昔話みたいな顔にワロタ

69 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 01:45:08 ID:+a2hXBGm
>>60
そこの8/31の記事読むと、このサイト主、
「書かれてもいないものを読みとる能力に恵まれた人」なんだなと思う。

70 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 01:47:06 ID:aapwfs61
久々にあんなつまんない映画を観た・・よくあんなものを世に出したものかと。

71 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 01:48:59 ID:0bLw1CfJ
演出志望の奴ってろくなヤツいないよな

演出に凝るやつって全体見ない見れないで
部分だけをやたら穿って深読みしたがるだけのやつだからしょーもない

パーツに視点を絞って意味を貼り付ける作業って楽しいもんな
演出理解しちゃってるって勘違いするんだよね

72 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 01:50:13 ID:6KU2KPh+
職人監督=鈴木が注文したものをそのまんま仕上げてくれる人

73 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 01:54:54 ID:z/Y+VR/M
>>62
だから売れた。
原作のままだったら、いくらジブリでもここまで売れない。

74 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 01:55:43 ID:vdm896Fy
観てきた
評判通りマジつまんねぇ!
まあ、俺は金払ってないけど、時間の無駄だ

75 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 01:57:20 ID:unKUVN70
いまさら見てるやつが多すぎる。
来週も1位か???

76 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 01:58:40 ID:EJPdM9wC
>>73
じゃ、原作とどこがどう違うから売れたのか説明してもらおうか

77 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:00:07 ID:+SXQOEV/
>>61
だからぁ、スズキがゴローを庇ってるように見せてるのはポーズなんだってば。
すべては出来レース。
パヤオさんももちろん承知の上、てかスズキはパヤオさんの指示で動いてるだけ。
てか、もはやジブリの作品は誰が「監督」やっても完成作品にはたいした違いは出ない。
それこそそこらへんのジブリオタが監督やってもね。
しいていえばエンドロールに監督として名前が乗るだけ。
そして作品がヒットすれば監督としての名声が残る。
今はジブリというだけで、いわゆるヒット級の興行収入は約束されてるから、
ゴローにはヒット作のアニメ監督という名は残る。
何やっても有る程度の収益は約束されている。
ジブリは「まさに映画界の東京ディズニーランドやぁ〜」
お・し・マイケル!

78 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:04:43 ID:GmYqPNNk
最初からして眠たい。クモーの死に様にしてもお決まりのパターンじゃん。

79 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:06:10 ID:z/Y+VR/M
何故売れたか。
もちろんジブリだから、というのが一番の原因だが
娯楽として売れる要素である「恋愛(セックス)」や
「アクション(バイオレンス)」「唄(音楽)」を効果的に
つかった。
「命を大切に」という単純かつフヘンのメッセージにのせてね。

80 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:07:02 ID:c02//DpO
>>67
そりゃ、いままでパヤオの才能に鈴なりにぶら下がってただけ
の連中だから、バカにもなるだろ。

ただ、鱸に関しては確かに今回は最悪の選択だったけど、奴が
いなかったらそもそもナウシカ自体が作れられたかどうかの次元
になるからな・・



81 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:07:25 ID:T9mvV4yW
>>79
>何故売れたか。
詐欺広告、誇大広告。

82 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:07:36 ID:GmYqPNNk
>>79のカキコがゲド戦記みたいだね。

83 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:07:46 ID:EJPdM9wC
で、,原作とどう違うんだ?音楽がないのは当然だけどなw

84 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:08:36 ID:T9mvV4yW
>>80
>鱸に関しては確かに今回は最悪の選択だったけど、奴が
>いなかったら
それが一番良かった。

85 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:09:13 ID:nlnGFPyx
>>60 を読んで思ったんだけど、そこまでいろいろ仕掛けを仕込んだのに
全然面白くないってのは何と言うかもう、スゲーな・・・

86 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:10:02 ID:6KU2KPh+
売れた理由→広告→鈴木P担当→鈴木Pの功績

87 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:16:13 ID:QvvmN1pi
電通がついたからだろ。弱小の博報堂だけじゃこうはいかん。

88 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:17:53 ID:MUx85Wor
>>60
彼は信者じゃなくて演出志望のアニメーターだから、
「自分の素養を磨く為の考察」を日記で見せてるだけだ。

ある意味アニメや映画の信者とも言えるが、
楽しめなかった人は・・・とは書くが、全て書いた人間にベクトルは向いている。
本人はあまり自覚していていない様だが。

だからこそ、楽しめなかった人が多い事を理解しないし、
難しい考察やロジックで把握しようとする訳だ。

ゲドを文化として色々な見方をするのはけっこうだが、
彼の見方が正しいと仮定しても(私は賛同はしないが)
継続して不特定多数に向けて娯楽作品を売って生活し、
なおかつ自分の主義主張に少しでもベクトルが向く様に織込むには
煮詰めが甘かったと理解する前提が必要だ。

セカイ系な匂いを感じるのはそこにある。
いつもはアメリカ映画を大衆向けな売れ線な物ばっか作るなよと思っていたが

とりあえず売れることを考える鈴木の爪の垢でも飲んで
りんたろう先生に弟子入りしなさいと言いたいなあ。

89 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:18:31 ID:0bLw1CfJ
 


  原作どおりだったら300億は超えたよ


 

90 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:23:29 ID:s0mp6Qhg
前にクドカン脚本で「我輩は主婦である」って昼ドラやっててね
創作とは何ぞやみたいな話が繰り返し出てくるのよ

いわく
「そもそも物書きなどは尋常な人間ではない」
「現状に不満や思惑があるから文章として昇華する」
「書くことがないのは満ち足りている証拠」
「書く必要がないし書くべきでもない」
クドカン自身も味わったジレンマなんだろうけど妙に宮崎親子に当てはまる

あれだけなんにも考えてなさそうなゴロちゃんが紛いなりにも映画一本
「本当に」撮り遂せたんなら逆に驚きだよ

91 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:23:39 ID:uSp2yaMM
ことばは沈黙に
光は闇に
生は死の中にこそあるものなれ
飛翔せるタカの
虚空にこそ輝けるごとくに



92 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:23:41 ID:0bLw1CfJ
ゲドをいい って奴は2パターン


 ・何も考えてない馬鹿

 ・考え過ぎの馬鹿

  

93 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:26:30 ID:xCEpvejb
ゲド観てないけど、観たことにしてる俺が圧倒的に勝ち組

94 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:29:39 ID:uSp2yaMM
俺は、
オープニングだけジブリ史上最高
だと思う。
あんなにわくわくした出だしはかつてない。いやマジで。
あと尻すぼみ・・・。

95 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:30:02 ID:b4WlLxsk
昨日、観てきた。
印象に残ってるシーンは、
丼からはみ出すほど大きなアゲが乗ってるおいしそうなきつねうどんと、
ユースケサンタマリアがうどんに命をかけようとしているシーンだな。
俺もおもわず泣きそうになった。
しかしその後の、約2時間ほどのアニメの部分はいらなかったように思える。
それさえカットすれば
五郎氏の次回作も楽しみだ。


96 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:32:25 ID:6KU2KPh+
オープニングも竜の動きと
船の中の書きこみがしょぼかった。
アレ?とその時点でも思ったよ。


97 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:35:53 ID:2LiLMEjJ
亀田もゴローもおなじ手法だと思う。

98 :88:2006/09/02(土) 02:36:25 ID:MUx85Wor
すまん。一行飛んだ。

いつもはアメリカ映画を、大衆向けな売れ線な物ばっか作るなよと思っていたが、
それが出来なければそれこそ心おなにーだ。

まあどうでもいいか。

99 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:36:39 ID:CxwUqmrJ
>娯楽として売れる要素である「恋愛(セックス)」や
>「アクション(バイオレンス)」「唄(音楽)」を効果的につかった。

効果的にって・・もちろん皮肉だよねww

100 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:40:12 ID:uSp2yaMM
ゲド戦記も三部作でもっと金と時間かければよかったね。


101 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:40:58 ID:3W2Ttr+Z
オープニングは、嵐の中なのに帆を張っている船にドン引きした。

102 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:41:44 ID:2LiLMEjJ
>>101
パヤオならまずありえないミス。
作画マンを罵倒して半泣きにするぞ。

103 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:42:33 ID:0bLw1CfJ
>嵐の中なのに帆を張っている

言われてみればそうだったかなw
帆船なんか乗ったことないからワカランねww

104 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:43:38 ID:uSp2yaMM
「素直な作りでホッとした。」byパヤオ


105 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:44:08 ID:3mjHvGKn
>>101

それは酷いw

106 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:45:06 ID:0bLw1CfJ
そういや、、、、、、、、、、、

ゲドのミニ船も帆を張りながらオール漕いでなかったか?

帆を張ったらふつう漕がないよね?

107 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:45:21 ID:/YaY1/1+
ナウシカの原作って映画とバイブ違うような気ス

108 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:45:40 ID:3W2Ttr+Z
>>102
そうそう。あれでもう、パヤオのチェックは本当に一切入らなかったんだなって悟った。
あとは、まどろみに任せたよ。
前スレで居眠りして気がついたら次の回がやっていたって書いたの俺。

109 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:45:53 ID:6KU2KPh+
オープニングって母親が意味ありげに出てきたのに
それっきり出てこなかった。で、父親が唐突に殺された。

既にオープニングから
・伏線と思われるものはことごとく伏線ではない。
・伏線なしにいきなり事件が起こる。
という本編が集約されてると気付くわけだが。

110 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:45:58 ID:6AWs4mUn
映画ゲドに本気感動している奴は、
たぶん簡単に振り込め詐欺に騙されるタイプだな

ゲド信者の名簿が流出したら、
詐欺師大儲けw
または新興宗教信者大幅獲得w

111 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:49:38 ID:T9mvV4yW
>>110
>映画ゲドに本気感動している奴
そんなヤツいないよ
金のための書き込み屋だよぉ

112 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:51:08 ID:vmHFb/oG
若いアレンと少女のテルーが一緒に出てくる時点で
原作通りにはいかないんだろうなとは予想していたが、
予想の斜め上にもほどがあるというかなんというか。

少年事件が起きたときのワイドショーの安っぽい
「心の闇」特集レベルのものを劇場で見させられるとは
思わなかった。

113 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:51:20 ID:b4WlLxsk
>>110
騙された事にも気がつかないもっとたちの悪いタイプだよ。
いわゆる層化系の奴らだw

114 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:51:40 ID:uSp2yaMM
ゴローは裸の王様だったのかね。
シナリオ段階でどうして誰も直そうとしなかったのか、
それが最大の謎じゃね?

115 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:54:14 ID:+a2hXBGm
>>114
>>10の最初の脚本段階ではまともだったのに、
コンテ段階でいろいろ工夫したせいで滅茶苦茶になった。

116 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:56:26 ID:uSp2yaMM
映画を原作通りに作る必要は全くもってないのだが、
いかんせん面白くなかった。。。
残念だよゴロー君。
タッチとかピンポンとか、それ以下だもんなあ。



117 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 02:58:49 ID:uSp2yaMM
>>115
コンテ段階での工夫で、滅茶苦茶になってるということに
誰も気づかなかったことが、
最大の謎か。

118 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 03:02:27 ID:IngVMgwM
批判してるヤツの中にもたまにテルーの歌うシーンは
よかったといってるのがいる。

そのシーン、一番腹が立つんですけど・・・

119 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 03:06:19 ID:uSp2yaMM
>>118
何故歌ってるのか脈絡が無いからな。


120 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 03:07:02 ID:l8G+l+e8
>>60
脱線するけど
知り合いに劇団作って作演出やって芝居打ってたり
ブログに演劇論文化論めいたもの書き散らしてる奴がいるんだけど
そいつを思い出した

そいつの作った芝居、人付き合いの都合で出なくちゃだったんだが
終始つまらないことったらなかった
見てる側を完全に無視した作りっつーか、完全なる自己完結っつーか
人前で何かやるってことに無自覚甚だしい奴だった

久しぶりにそいつのブログ見たら吾朗ゲド大絶賛でしたよ
作ったようなほんとの話

121 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 03:07:09 ID:evR5AWtx
>>99
その>79で挙げてる3要素ってさ・・・ストーリーとか監督の作家性とか無関係だよね。
だったら手島に歌わせてジブリ版淫獣学園でも作ればって言いたいよ。
まっとうな作品の体裁のまま素人を起用した鱸が最大の戦犯だな。

122 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 03:09:44 ID:evR5AWtx
>>101
思い出した!なんかおかしいって感触があったのだけ覚えてたよ。

>>120
晒せw

123 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 03:14:12 ID:qlkUVhjv
予備知識無しでいきなり聞いたらちゃんと感動したかもしれない>歌
それにしても長過ぎではあったけど。
予告で初めて聞いたときはキレイな歌だな、と思った正直

あそこは歌の力のみでガチに感動させるとこなんだから
展開に説得力持たせたいなら極力隠しといた方が良かっただろうに。
もう一曲のほうを露出すれば良かったんでね。

124 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 03:15:57 ID:MUx85Wor
>>120
道端に軍手が落ちてるのを荷台から飛んだと単純に自己完結する人ですから。
トラックに注意してれば判るが、燃料タンクキャップに使い古しの軍手を被せてて
それが飛んだのよ。周囲を観察してない証拠でもある。
作り手にはそいいう蓄積が世界観の作りこみに必要なんだが。

125 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 03:22:15 ID:uSp2yaMM
プロでもさ、
客にウけるか、理解できるか、果たして面白いのか、
それをふまえたうえでメッセージは伝わるのか、
と推敲に推敲を重ねるものを、
ゴロー監督だけじゃなく、
チームゲドの連中全てがそれをしなかったってことかね?



126 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 03:37:43 ID:0bLw1CfJ
推敲に推敲を重ねると
煮詰まって、面白いつもり、初見の人間でもわかるつもり、
ってなる事は多い
特に素人が作ると


127 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 03:41:18 ID:cAPAa2tx
細かいトコうるさいよ。パヤオだってカリオストロじゃ乗用車にサイドミラーもしくは
フェンダーミラー一切ねーじゃん。恐ろしいw

128 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 03:44:55 ID:uSp2yaMM
ジブリにチェック機構みたいな存在はないのかな?

もののけ以降の暴走っぷりを思えば、
今回の失敗は当然の帰結と納得できるわな。



129 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 04:27:21 ID:KKACr8nf
鈴木って人がこの映画を本気でいいと思ってるなら、
誰か偉い人が鈴木を辞めさせたほうがジブリの為なんじゃないの。
こんなしょぼいセンスの自己主張の激しいプロデューサーを相手にしながら映画作るなんて
そりゃ駿もやりにくかっただろうって。

130 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 04:59:20 ID:0bLw1CfJ
>>127 作品の全体が面白ければ

細かいの粗は多少のマンガ的なウソとしてすごせるが

作品全体がつまらなければ

細かい粗が間抜けなミスにしか写らないいい見本って琴田ww m9(^д^)プギャー

131 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 05:04:44 ID:gg/Ca8nH
>>125
どこから出てきたんだお前?って奴がいきなり監督じゃ働く側にモーチベーションを起こさせるのは困難だろうと思う。

あの歌も最初は良い歌だと思ってたんだけどな。
なんか行く本屋行く本屋全部あれ流しててだいぶ前から食傷気味。ラジカセとかテレビで流してる所は時々勝手に消してたよ。

132 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 05:23:36 ID:NaDJq8N1
ようつべの アフィリエートから・・・こんなページを見つけました

が・・・・・・俺は怖くて、これ以上進めません

http://egoods.holy.jp/sen1/apply/form.cgi

133 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 05:31:27 ID:cAPAa2tx
>>130
何がプギャー だ、お前ただ叩きたいだけじゃん。自分は気付かなかったくせに他人に便乗してんじゃねーよバカw

134 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 05:36:49 ID:0bLw1CfJ
 


 悔しいかw? m9(^д^)プギャーww
 

 

135 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 05:47:58 ID:cAPAa2tx
嫉妬野郎は気持ち悪いな。自分の言葉で批判しろよ、アンチってこんなクズばっかだな

136 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 06:30:57 ID:+a2hXBGm
cAPAa2txは、新学期早々嫌なことでもあったのか?

137 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 06:37:30 ID:kS+iwMGd
宿題が終りませんでした(´・ω・`)

138 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 06:58:19 ID:NaDJq8N1
>>137
負けるな、ファイトw

139 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 07:02:22 ID:2LiLMEjJ
夏休みの残り香が漂うスレですねwww

140 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 07:02:37 ID:dZ/Nbbu0
メシのシーン多すぎ。
またこいつら食ってるよ、というのが気になって仕方なかった。


その昔、若気の至りでやっていたリレー小説で、
そいつに回ると、どんな場合でも食事になってしまうというのを
思い出して、懐かしかった。

141 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 07:08:31 ID:kS+iwMGd
>そいつに回ると、どんな場合でも食事になってしまう

リレー形式のスレだと人気物になりそうな奴だな、召喚しる

142 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 07:08:36 ID:NaDJq8N1
>>140
多いけど、おいしそうでないのが、非常に傷

143 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 08:17:24 ID:L6EeFxrT
生きるために粗悪な品を売るまじない女 = いまのジブリ

という自虐かと思った。


144 :名無シネマ@上映中 :2006/09/02(土) 08:33:07 ID:vD2xAXA1
近所のおばさん二人組のシーン。
多分笑うところなんだろけど、心の底から寒かった。

145 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 09:18:18 ID:70D/aVYN
いい事書いてやったのに何で載らないんだ?


この掲示板に書き込んでいる感動した人達は、吾朗監督を超えてる!
吾朗監督が表現できなかった部分を勝手に想像して、説明不足のストーリーを考えて
構成している
少なくともストーリーの部分はあなたが監督やった方がうまく作れたに違いない!

146 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 09:25:45 ID:6KU2KPh+
つか、その人たちがごろーと思ってる部分が鈴木だったりして。

鈴木は自分が監督するのにごろーから名前かりた方が
ネームバリューあり、自分よりは若くイケメン、父殺しが生きる、
ハヤオに邪魔されない、素人なので多少やばくてもOKなどの理由があったんだろ。

147 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 09:28:40 ID:sbwSRjZZ
つか、ゴローは全国津々浦々の人間たちから、すねかじりニート、しかもメンヘラの烙印を押されたと思う。
これからの人生が心配だ。
また監督やらせるにしても、スポンサーが付かんだろうし。

148 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 09:40:24 ID:/gf8PmZp
>>147
スポンサー付くでしょ。わりとうまくいった興行収入が全てだから。
だから次もあるよ。残念でした。

あと、烙印とか関係ないよ。
元々の造園業がうまくいかなくてニートだったのを
親が救済したんだから、どこまでいってもニートに変わりは無い。

149 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 09:43:18 ID:/gf8PmZp
>>146
鈴木は監督業なんかする気ないでしょ。
たんに人を使って金もうけがしたいだけ。
口出すだけの仕事ほど簡単なものはないよ。

150 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 09:49:48 ID:6KU2KPh+
>>149
脚本の大きな変化は鈴木のアイデアだし、
影だって、ごろー自身は影は使い古されたテーマだから1巻は使えないと
単体でのインタビューでは答えてたから、
鈴木の1巻からもってこよーよといった可能性が高い。
絵コンテだって、鈴木が口出せるようにみんなで作る方式だった。
全部監督の仕事を鈴木がしてるじゃん。ごろーがやった部分はどこなのか
誰にもわからない。、

151 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 09:51:22 ID:kS+iwMGd
だから炊き出しだと何度いえば

152 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 09:52:01 ID:vyAKseh5
ゴローがやった部分は、鱸の指示のつぎはぎ。

153 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 09:58:39 ID:gsUmzzQj
スポンサーや作品の受けを考えてあれこれ口を出すのは
プロデューサーの仕事だよ。

まあその意見をすんなり聞いて良いものができる仕事はありゃしないが。

154 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 10:48:21 ID:WenO7eaS
映画をみた後はちょっと、どうかなと思ったけど。みんなジブリに期待しすぎだよ。
普通のアニメとしたら、まあまあの出来だよ。それに、今年の邦画の観客動員
NO.1だしね。次回作に期待しましょう。

155 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 10:58:09 ID:E6GwGZKh
ジブリでなければ叩かれなかったかもしれない。
しかし、ジブリでなければこれだけ多くの人が見に行かなかったのは確かだ。

156 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 11:07:03 ID:gsUmzzQj
普通のアニメ以下だし、まあまあどころじゃない。

157 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 11:10:53 ID:CP866xzk
テルーの唄だけは良かった
それだけ

158 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 11:18:33 ID:gsUmzzQj
「聞きなさい、アレン」
のCM見てるとおもしろい映画なのかなと思えてくるから不思議

159 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 11:22:08 ID:6KU2KPh+
CMで終えとくのが一番かも。
あのCMのシーンがさぞ意味をもってるんだろうと思えば
クモを殺すだけで世界の均衡はどこへいった?という感じ。

160 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 11:23:16 ID:LihGZEq0
>>158
「命を大切にしない奴は・・・」といい
ワンショット抜くと、ほっほーそこそこジャマイカ?
このセリフは考えさすわい
と思わすのは、この映画の不思議なところ

しかし、全編みると セリフばっかりで、
うぜー となるというオチ

161 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 11:24:41 ID:thdNqNQ0
いまさらだけど、ゲドじゃなくてペジテのアスベルを使ったナウシカ外伝にすりゃー
よかったのに…



162 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 11:32:52 ID:gsUmzzQj
>>161
ナウシカが汚れる

だからシュナをそのまんまやれば良かったのに

163 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 11:37:20 ID:1T1ULhLJ
>>154
構成編集の余りの悪さに、テレビでタダで観られる30分アニメが
いかに計算された素晴らしいものか痛感したが

ゲド以下っつったらMUSASHIGUN道位しか思い付かない

164 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 11:39:11 ID:WenO7eaS
>>162
シュナは穢れてもいいのか?駿が許すだろうか?

165 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 11:42:05 ID:LihGZEq0
>>164
許したんじゃないの?
一応「シュナやればいい」とか言ったくらいだから

ゲドや、過去のアニメ化作品穢されるより、ずっといいかと
シュナにはかわいそうだけど

166 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 11:45:46 ID:gsUmzzQj
宮崎吾郎と鈴木敏夫のダーティーペア
っていう実写版の映画にしときゃよかった。

167 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 11:46:57 ID:KKACr8nf
>>157
手嶌葵ちゃんはゲドを離れて一青窈系の人気歌手になりそうだね。
てゆうかこの映画彼女のプロモーションの為だけの映画って気がする。
良くも悪くも名前は売れたし、歌の実力がありそうだからこれからが楽しみな新人だよ。
不思議と人を和ませる声と歌いかただよ彼女。

168 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 11:47:56 ID:LihGZEq0
>>166
ダーティペアが穢れるw

てか、その二人ダーティ杉・・・しかも24時間で見た鈴木の腹思い出してしまたorz

169 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 11:50:34 ID:gsUmzzQj
>>167
俺はEDで「なにこの映画!?」と呆然としているときに
時の歌を聞いて、「なにこの舌足らずな歌い方!?」と思って
今後こいつの歌聞かねえ、マジで。と思った。

170 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 11:53:42 ID:NUP7+0ax
>>165
シュナやればいいなんて物凄い親の愛情を感じるのに、
何故かゲドとシュナをミックスして、自分なりの改悪アレンジを加えちゃうお茶目なゴロー

シュナそのままのストーリーで丹羽圭子に脚本書いてもらって、
山下明彦メインで絵コンテ書いてもらって、
分かんない所はパヤオにちゃちゃっとお伺いを立てて、
それで十分良い作品になったはずなのにな…

171 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 11:59:38 ID:LihGZEq0
>>170に妙に納得

結局、今のゴローが監督することになったら、どの程度が適切か
その身の程を知ってるのは、親の駿だったってことだよな


172 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:00:02 ID:UpF3kNGO
>>167
ジブリ映画で有名になって、そのまま人気を保ってる歌手はいないからなぁ
一発屋でおわるでしょ

173 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:01:48 ID:gsUmzzQj
曲をかけないなら駄目だね。
手島程度の歌手なら腐るほどいるし。

174 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:02:02 ID:zF63KvnD
>>170
それなら鈴木敏夫製作、宮崎駿原作、丹羽圭子脚本、山下明彦監督でいいじゃん。
ゴローの出番がない。


175 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:02:49 ID:gsUmzzQj
ゴロー 超監督

176 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:06:27 ID:HE3EYLL2
名義貸し ゴローで問題ないでしょ?
おいしい豚汁作るのも才能ですw

177 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:08:56 ID:gsUmzzQj
豚汁はとりあえずまずかったんじゃなかったっけ?

178 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:11:41 ID:2fsE6eBh
パンフ見たら56には俳優の自然な演技を引き出す才能があるとかって書いてあったんだが
要は大してキャラの設定にこだわりとか持ってないからあまり注文つけたりせず
俳優の技量に任せて丸投げ…という解釈で良いのかな?

179 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:20:04 ID:S96I4pRN
テルーが城壁の縁をカニ歩きするシーン。
宮崎アニメにありがちな「高い所から落っこちそうになるスリル」を意図した
所なんだろうけど。

「ハラハラしてる読者は一人もおらんぞ」って感じだった。

高い所を高く見せるという、アニメ演出家としての技量のなさを
痛感した。

180 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:26:42 ID:8JYaGMaR
>>179
カリ城の時計塔の中とか、ワクワクしたなあ。

思うに、ゲドは全編に笑いがなさすぎるから、
こういうシーンでもあんまりスリルを演出すると
浮いてしまう。だから抑えたんじゃなかろうか。

それにしても、行き先の塔がすごく遠くにある
ように見せておいて、ちょっと難所を越えたら
次のシーンではもうたどりついている、という
流れには、がっくりきたよ。


181 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:30:14 ID:uJWMFgno
ゲド褒めてる人がいたら、
その人とかかわりをもたないほうがいいですよね

182 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:37:22 ID:HE3EYLL2
>>178
鈴木の顔色伺ってるゴローがかわいそうで、役者が気を使って120%の力を出してくれるってことでない?

>>181
関わっても良いかと思うが、深入りしない方が得策かと・・・・

183 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:37:51 ID:jPUfZic9
>>172
猫の恩返しのつじあやのは継続的にCMソングによく使われてるな。
そういえばもののけのオカマは今どうしているんだろう。


184 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:44:08 ID:1T1ULhLJ
>>180
笑いも抑えた表現も関係無い
ただ単に下手なだけだろ

185 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:46:44 ID:qf7jUBk9
>>184
そうだろうな。この映画には「あえてそうした」みたいな
コントロールしてやったような所がひとつも感じられない。
わけもわからずとりあえず完成させたら結果的にそうなってたってだけ。

186 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:47:23 ID:GQJ9biMK
さっき、新しいCM見た。ぶんたが長々と喋ってるだけだった。

187 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:47:31 ID:HE3EYLL2
>>183
もののけの大ヒットで一時自分の能力以上の人気が出て潰れた。
売り物の声も潰れて ヒッキー状態に・・・

最近、やっと自分を取り戻し、音域の低い歌も歌うようになって、また活動してる


そう考えると、ジブリブランドは諸刃の刃だな・・・

188 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:48:34 ID:WenO7eaS
>>180
それは、見たときが子供だったからじゃないの?
あんなのルパンじゃないだろ。

189 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:50:57 ID:WenO7eaS
>>187
デリヘルできた男が、ぶ男だったので、なぐって暴力沙汰になった話は聞いたが。

190 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:54:59 ID:1T1ULhLJ
>>187
「僕が頼んだ子じゃない!」がデカかっただろ

千尋の歌歌ってたババアもかなり電波な事やってたしな
何かが呼んだのか・・・

191 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:55:41 ID:qf7jUBk9
>>60
こいつはプロのクリエーターとしての才能が、センスが決定的に欠けているな。
プロに絶対必要なセンスは、一般人が面白いと思うことを面白いと思える共有のセンス。
こいつは一般人のセンスと乖離しすぎてしまっている。
仮に演出の仕事を得ても、自分にしか判らない作品しか作れまい。

192 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:59:30 ID:2fsE6eBh
>182
哀れ…というよりこりゃダメだと思われてそうだがw
駄作だと言われる中で俳優声優もダメだと言われたくなくて頑張ったとか

というよりこんなシナリオのパクリアニメにこの俳優陣なら実写でやれば良かったのに

193 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 12:59:57 ID:isOAd7c7
>>109
おれもそれは感じたけど、これゲド戦記を原作にしてその一部を映画化したら宿命的なものじゃないの?
宮崎駿は自らの原作であるナウシカの一部を映画と漫画とそれぞれきちんと完結して見せたけど
ある程度翻案しないと、原作のあるやつは完結感を出せないのじゃないかなあ。
けっきょく、そこら辺が監督の能力だと言われたらその通りだと思う。

この映画は、映像も筋も確かにちょっと荒いけどいちばん問題があるとしたら、
筋がきちんと完結できてないということだな。

宮崎駿ならこういう感じではおわらせないだろうな。

でも、猫の恩返しとかよりは面白いと思う。原作とジブリの作画能力があるからだろう。
見て損はないけどもう少しやれた気がするという感じは残る。

194 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 13:11:54 ID:uZqou0Jy
>>179
俺は「落ちろ!」と思ってたからな。
絶対落ちないとわかっていたから。

195 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 13:22:24 ID:rk2gCg/8
>190
モロと荒地の魔女はオーラの泉に出て、最近はゲームや科学技術までも
スポーツ紙や雑誌の記事で叩くようになった。

ゲドで顕著になったが、いずれジブリは新興宗教化する宿命だったのかも。
千と千尋の主題歌担当は治療でヒーリングにハマったようだけど。

196 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 13:25:54 ID:isOAd7c7
ILMがジブリ
Lucasが駿

LIMを使って駿以外が映画を撮った例の
一つだと考えていいのではないかと。
こういうの積み重ねていくとそのうち名作出るでしょ。

しかし、日本人がアニメを多用するのは西洋的顔の俳優がいないからって気もするなあ。
これ実写でも全然かまわないよね。


197 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 13:32:39 ID:fuwtC8by
>>196
有能なスタッフは去り
残ったスタッフの無残な仕事を見れば
そのうち、は無いことが今回で既にわかったと思うが。

正直、ジブリスタッフは生え抜きのアニメーターなので
普通の、アニメの作り方を知らないし技術も偏っている。

とっととTVアニメの下請けを始めろ

198 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 13:33:09 ID:TVhnomdf
つぎはペレアスとメリザンドかな

199 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 13:39:01 ID:1T1ULhLJ
>>195
ハープみたいなの弾いてたババアの
長崎NEVADAを癒す歌だか何だかを勝手に作ってた事を言ってんだよ

200 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 13:54:00 ID:Ql5xbebR
>>188
同意。宮崎・高畑が関わってからルパンはつまんなくなった。

201 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 13:56:17 ID:t6p27xDs
以前はどんなルパンだったの?

202 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:03:54 ID:uJWMFgno
>>201
大人の味だ

203 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:05:22 ID:fuwtC8by
大人の路線はルパン1期で受けなかったろ。

204 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:06:14 ID:w1JYRZHR
高畑ってルパンに関わってたの?

205 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:23:29 ID:ee2iEuyR
今日はルパンの話に誘導ですか w

206 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:24:55 ID:uJWMFgno
鱸の裏話とか、聞きたいな

207 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:29:56 ID:w19wd344
>>144
激しく同意。アニメキャラにも「大根役者」って
言葉があてはまるんだなと痛感。

あとは劇中で出てくるメシがさっぱり美味そうじゃ
なかったのがショックだった。親父との差を感じた。



208 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:30:26 ID:IngVMgwM
ベネチアには誰が行ってるのかな?

209 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:31:18 ID:sbwSRjZZ
最初の放映は終わってるはずなんだが、レビューまだー?

210 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:34:08 ID:IngVMgwM
>>209

>>24

211 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:38:25 ID:38WKpHb9
>>208
もちろん鈴木・吾郎のダーティーペアですw

212 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:41:50 ID:PtNv4HZv
何故テルーは竜になったの?
何故アランは親父を殺したの?

213 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:42:02 ID:IngVMgwM
>>211
おおっ!最凶のコンビですねw

214 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:42:41 ID:tVvGhMrI
本当にダーティーという言葉が似合うな

215 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:45:17 ID:tVvGhMrI
>>212
テルーは竜になってません。
吾郎はFFからインスパイアして
バハムートを召喚したあと召喚士が
画面から消えてしまっているだけです。
バハムートが召喚獣の世界に返ると、テナーが再び画面に戻ります。

あと、アランという人は居ません。

216 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:48:12 ID:hlxNnuaH
なんか絵が駿氏にそっくりなんだけど、どうしてですか?
でもちがうのは絵に力が無い所・・・。
親子だからあんなに似るの?

217 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:50:00 ID:RB7U4iQ5
>>216
申し訳ありませんが、キャラの絵はキャラクターデザインの人が描きます。
ジブリは歴代、駿の絵に似た絵をキャラクターデザインの人が描きます。

218 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:54:59 ID:kS+iwMGd
主題歌を担当している歌手の顔色が悪すぎます。なにかの病気?

219 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 14:56:56 ID:BowoN7t2
>>218
東南アジア系のかたなので
もともとああいう顔色です。

220 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:00:22 ID:evR5AWtx
鱸が急死してもジブリは破滅、鱸が生きてる限りどんどん弱体化。
どっかの国みたいだw

221 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:00:28 ID:WenO7eaS
>>216
最初はオリジナルなキャラにしようと考えたみたようですが、うまくいかなかったらしい。
駿監督のキャラは、やはりうまくできていて、一目見てどんな人かわかる、キャラに強さがある等の理由で
鈴木プロデューサーが、「五郎君。宮さんのキャラで行こう」ということで駿監督の
キャラになったそうです。

222 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:03:09 ID:kS+iwMGd
>>221 ごろぅは即答で「イエス、ボス」かよwww
うわさに違わぬ操り人形ぶりでつねwww

223 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:03:40 ID:qyajD6US
>>212
> 何故テルーは竜になったの?
明確な説明は有りません 
劇中でハイタカがテルーを見て”まさかな・・・”と、呟くのみです

> 何故アランは親父を殺したの?
本人いわく”わからないんだ・・・”との事です
本人にもわからないので、きっと気が触れていたのでしょう(脳内補完)
嫌いでは無いようです。テルーに対して素晴らしい人だと認めています。

224 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:06:05 ID:38WKpHb9
>>218
顔色と言うかナイナイの岡村に似てる

225 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:06:07 ID:j7khhb3b
絵を変えちゃうと一目でジブリって分かってもらえないからな
それじゃ客が入らないんだろ

226 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:08:29 ID:evR5AWtx
手島葵って歌唱力並、ボソボソした不明瞭な発音、病的な表情、可愛さのない顔つき、愛嬌のない性格、奇妙な容姿、可愛さのない巨体・・・
今後残れる気がしないぞ。
声質はいいのかもしれんが、何年に1人というレベルじゃないような。

227 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:08:46 ID:CVNKekJq
別にゲド戦記って駿の絵にも似てないと思うけど。
あのレベルでいいなら、名作劇場なんか全て駿似じゃね?

228 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:11:35 ID:TyZ85eFY
ゴローは今どこで何してるのか?
映画祭に行ってるのだろうか?どっかの局で日本映画の上映に取材カメラ入れてくれないかな?

229 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:14:15 ID:evR5AWtx
>>221
鱸の思い付きを足し合わせて、隙間を埋めるのが吾朗の役目だな。
しかも、それもホワイトボード至上主義という無能露呈とスタッフ連帯責任化。
山岳部部長のエピソード(多数決を採用して顧問から非難されたこと)を結局反省してないw

230 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:18:40 ID:WenO7eaS
>>223
アレンは父親を殺す前から、光と影に分裂していて、その影が父親を殺したということじゃないでしょうか。
その後、心も成長し、光と一体になることで、本来の自分を取り戻し、償いのために故郷に帰ることを
決心したのだと思います。

231 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:22:20 ID:CHDhgprZ
アレンが父親を殺したんじゃない。

鈴木が殺させただけだ。

だから、理由なんかない。

232 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:22:41 ID:w1JYRZHR
>>230
だからさ、何で分裂したの?
影なら特に理由がなくても父親殺すものなの?

233 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:25:37 ID:73slgn9o
テルーって幼児期に親から虐待された挙句捨てられたんでしょ?
それが、なんで竜なわけ?

234 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:26:23 ID:TyZ85eFY
>>232
パンフでも、理由の説明はないな。
影の存在を原作3巻のストーリーに取り込んだもの、鈴木の案だし、もう訳わからんよ

235 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:27:21 ID:qyajD6US
>230
それは脳内補完には無理が有ると思った 上映中は無理やりそう思ったが・・

光と影は 単に 善悪の2面性っていうだけの話にしかなっていない気がしたよ
影にもいろんな面があり、光にも〜、だから事は単純ではないんだ、、、とかいう話では全く無かった。
その割には、優しかったり、お手伝いしたり、どちらが影なのか判らなくなったよ。

少なくとも人殺しする理由は誰にでも必ずあるよ、人間なら。
気が触れていたとでもしないと無理がある

236 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:28:54 ID:TyZ85eFY
>>223
>>23のテンプレ読むべし

237 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:30:17 ID:TyZ85eFY
まちがえた〜〜
>>236>>233にです

238 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:33:28 ID:38WKpHb9
>>228
オーストリアに親父と鈴木と庵野とバカンス

239 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:36:06 ID:WenO7eaS
>>235
監督の話では、最初はアレンを光のつもりで描いていたが、作り進むうちに、
やはりこちらが影じゃないかと思うようになったとある通り、途中で考えが
変わったことの影響じゃないだろうか。

私も説明をつけようとはしているが、自分で書いていて、難しい。

240 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:37:41 ID:0bLw1CfJ
http://www.imgup.org/iup255476.jpg

241 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:37:52 ID:H4nQ9nX5
>228
スケジュールと上映会場の名前と対象制限はこうなってた。

9月2日 : PalaLido (取材・業界関係者のみ) 22時45分、Sala Perla (取材のみ) 19時30分

9月3日 : Sala Grande (一般公開) 16時45分

9月4日 : PalaBiennale (一般公開) 13時45分

ttp://www.labiennale.org/62/64483.pdf
ttp://www.labiennale.org/en/cinema/festival/calendar/


242 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:38:06 ID:zVTiicJb

国外逃亡か〜♪

243 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:42:20 ID:qyajD6US
命を大事にしない奴は大嫌いだが、
理由がわからない状態で親を殺すのは有り、なんだなテルー・・・

>>235
なるほど 観る前や後に、そういった情報を拾わないと、話すら繋げられないゲド戦記って・・・
>>233 映画の中で説明は無いよ。 原作読んでいないと、意味不明なだけ。
>>237 びっくりしたよw

244 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:42:57 ID:TyZ85eFY
>>238
鈴木が24時間に生で出たから、もう帰ってきたかと・・・

245 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:43:29 ID:1dfskBlV
何度も言うが、原作読んでても理解不能

246 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:45:25 ID:TyZ85eFY
>>241
詳細ありがとう

>>243
すまんorz

247 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:48:59 ID:IngVMgwM
実体ではない光?のアレンがテルーに真の名を告げるのって
ありなんでしょうか?

あれじゃなんの解決にもなっていないような気がするんだけど・・・

248 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 16:00:42 ID:TyZ85eFY
この映画で解決されたことあるのか?

249 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 16:00:47 ID:VLtTNaF7
今日グエムル見に行った。
チケット売り場で並んでいたときの、
後ろのカップルの会話。

女「ゲド戦記って面白いの?」
男「そりゃ〜ハウルに比べれば、あっちの方が全然面白いよ」

じゃあ、見る価値無いじゃん・・・と突っ込みそうになった

250 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 16:06:44 ID:H4nQ9nX5
>228>238
ゴローはすでにベネチア入りしてる。

> 今敏、宮崎吾朗ら日本人監督到着…第63回ベネチア国際映画祭
>
>  【イタリア・ベネチア1日】8月30日に「ブラック・ダリア」の上映で開幕した
> ベネチア国際映画祭に、続々と日本人関係者が現地入りした。
>
>  コンペ部門で出品しているアニメ「パプリカ」の今敏(こん・さとし)監督は
> 2日の公式上映を前に、31日の深夜に会場のリド島に到着。特別招待作品、
> アニメ「ゲド戦記」で参加の宮崎吾朗監督も1日に現地入り。
>
>  日本作品は合計6作品が選ばれ、最高賞の金獅子賞を争うコンペ部門には
> 「パプリカ」、オダギリジョー(30)主演の「蟲師(むしし)」(大友克洋監督)の
> 2本が出品されている。
>
> (2006年9月2日06時02分 スポーツ報知)

ttp://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060902-OHT1T00051.htm

251 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 16:10:40 ID:WenO7eaS
>>247
そう言えば光は実体がないよね。どうしてかな。影が実体を持っていってしまったからかな。
光と実体がいっしょだったら問題なかったのかな。光と影の関係ってどうなっているのかな。
原作読めば書いてあるのだろうけど。

252 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 16:16:15 ID:TyZ85eFY
>>250
d!
ということは、鈴木も入ってるだろうな、記事にはないけど

>>251
原作にも影との戦いはあるけど・・・・・
原作読めばわかるは禁句かと・・・

253 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 16:17:14 ID:38WKpHb9
>>250
バカンスは9月の初旬までだったらしいから
オーストリアからベネチアまで直行だったかもね

254 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 16:20:11 ID:jPUfZic9
>>251
原作では死者を呼び出そうとして影を放ってしまいました。
「鋼の錬金術師」みたいなものだと思って下さい。
最初は影に実体はありませんが、次第にゲド本人の姿に近づいていきます。
なお、ごろう映画は原作とは一切関係ありません。
アレンはうっかりドッペルゲンガーを生み出す特異体質であるにすぎません。
光と影の区別は最初からありません。本人の自己申告だけなので意味ありません。

255 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 16:21:42 ID:TyZ85eFY
>>254

>アレンはうっかりドッペルゲンガーを生み出す特異体質であるにすぎません

ワロタ

256 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 16:38:17 ID:WenO7eaS
>>254
えー?そうなの?監督も光と影が、どうたらこうたら言っているよ。
ゲドが「今のおまえじゃ、その剣は抜けないだろう」と言っていたのは、
光と影が、そろわないと、剣が抜けないことを見抜いていたのじゃないかな。

257 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 16:45:35 ID:KrYh91zK
まて

そこまで考えて作ってない。

考えるだけ無駄。

258 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 16:46:51 ID:KrYh91zK
>>256
あの剣は 救うとき のみ抜ける剣なんだよ。

アレンの体質とは一切関係ない。

259 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 16:49:30 ID:WenO7eaS
>>258
ナルトと同じなのね

260 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 16:53:25 ID:wLaUaDN3
幽閉されたほうが光(というか実体)で、テルーをつれてきたのが影だと思ってた。


261 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 16:55:56 ID:KrYh91zK
まあどっちも影なんだけどな。

262 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 16:56:34 ID:P2aWVgNY
>>260
大丈夫、ほぼ100%そこには釣られてる

263 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 17:07:03 ID:x9ePUeDI
>>227
要はパヤオっぽく見える最大公約数的な絵柄で、ジブリだミヤザキだって印象を与えるだけが目的な
訳さ。

264 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 17:08:10 ID:KrYh91zK
エンディングでみんなで温泉に行って汗を流した
入浴シーンがあったのが良かったよ。
エンドロールの後だったし、あれ見ないで席を立った香具師は
残念だったね。

265 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 17:08:42 ID:jPUfZic9
>>256
早い話、追っかけてきたのが影で追っかけられてるほうが光だったとしても
辻褄が合わないことは何もありませんし、誰も困らないということです。
ごろう監督が途中でなんとなく入れ替えて不都合なかったのがその証拠です。

266 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 17:33:10 ID:WenO7eaS
>>264
どうせ、そんなこと書くならもっと何かひねりはないのか?
笑顔で笑ってアレンの帰国を迎える王様とか、
クモは死んでいなかったとか、

267 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 17:34:27 ID:KrYh91zK
>>266
> 笑顔で笑ってアレンの帰国を迎える王様とか、
> クモは死んでいなかったとか、


そんなことには  興  味  無  し

268 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 17:37:45 ID:WenO7eaS
>>267
テルーが入浴さえすればいいのか?そう言えば入浴していたぞ。竜の姿で。

269 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 17:38:31 ID:P2aWVgNY
>>267
いったい何に興味あるんだ?と聞こうとした俺はまだまだだった。

270 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 17:40:49 ID:odtPGTuh
>>268

そういや、鬼太郎がヤカン持ってて、目玉親父を茶碗風呂に入れるシーンに似てたな。
ラストの竜と人が向き合うシーン。

271 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 17:42:08 ID:KrYh91zK
>>270
それdA!

272 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 17:59:00 ID:38WKpHb9
http://www.eigaseikatu.com/rave0/?l_on=1
42番中40位テラワロスwww

273 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 17:59:29 ID:P2aWVgNY
>>270
巨大な竜型のヤカンだったようなw

274 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:00:04 ID:2Jt2Kvwk
>>248
人狩りまでする奴隷商の親玉が死んだから
ホンの少し治安が良くなった
部下は健在だけど

275 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:00:30 ID:P2aWVgNY
>>272
王と鳥が2位でゲドが40位というのが・・・なんとも・・・

276 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:01:54 ID:WenO7eaS
>>275
王と鳥って、まんまカリオストロの城のパクリじゃん。

277 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:02:29 ID:P2aWVgNY
>>276
いや、逆だから・・・

278 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:03:43 ID:AooAKWmS
>>274
奴隷商の親玉が死んでも
需要がある限り
解決にはなってないんじゃねーの?

279 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:06:00 ID:2Jt2Kvwk
>>278
だからホンの少し

280 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:07:58 ID:AooAKWmS
>>279
ゴキブリを1匹つぶしたけど
根本的にゴキブリは減らないってそういうレベルだおね。

281 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:10:34 ID:WenO7eaS
そう言えば、不老不死の鍵となる、あの世への扉だっけ?あれは、どうなったの?

282 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:14:45 ID:a1eTRajl
>>281
それがね、セリフでペラペラしゃべってるだけで
さっぱりわからんのよ。そこを抜いたらたんに
さらわれた人たちを奪還するだけの話なのにね。


283 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:15:00 ID:AooAKWmS
>>281
それが次回作の複線ですよ

次回、宮崎吾郎第二回監督作品、ゲド戦記2 では
あの世への扉を封じるために王国の地下牢に閉じ込められたアレンが
旅立ちます。

284 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:19:28 ID:uDLeFeLw
ジブリも三部作商法やるんかw

285 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:29:04 ID:2Jt2Kvwk
アレンで三部作か
なんか精霊の加護を得た勇者の一族思い出した

286 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:34:59 ID:AooAKWmS
ゲド戦記2

あの世への扉が開いたままになっているため、
王国の各地で死者が戻ってくるという不思議な現象が起こる。
ラストはテルーの歌で死者の魂があの世へ還っていく。

287 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:37:31 ID:AooAKWmS
エッチの時彼はなぜかいつも後ろからばかりします。
私は正常位が好きですが、彼はそれでは出せないらしいです(疲れるようです)
髪フェチなのが関係してるのでしょうか?
あと、彼はむくと痛がるので包茎なんだと思います。
包茎だと、正常位は気持ちよくないのでしょうか。
この間はささやかな抵抗をしてみました。
力を入れて奥へ入らないように(笑)。
最近エッチが楽しくないせいか、他に片思いの人が現れてしまいました。
浮気しそうです! 彼とのエッチに満足すれば浮気願望に歯止めがかかりますか?
[26〜30歳]

288 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:44:28 ID:WenO7eaS
>>287
そんなの僕のテルーじゃないよ。

289 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:47:57 ID:evR5AWtx
アレン(吾朗)が頃すべきだったのはクモ(社会悪)じゃなくてハイタカ(鱸)だな。

290 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:49:19 ID:WenO7eaS
>>289
さすがにゲド戦記で、ハイタカ死んだらまずいんじゃないか・・・・・

291 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:50:03 ID:qyajD6US
>>287
思い切って元カレとの浮気をお勧めします 
今のままの関係では良くならないでしょう
それと包茎のままだとエッチのたびにカスが中に入ります
思い切って取り除いてはいかがでしょうか?

↑の内容の感想を公式に書いて送ったが載せてくれない。

292 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:55:35 ID:rE3Xyoaw
俺、ハイタカは刺すぐらいはよかったとおもうよ。肩をね。
三巻で投げ槍でハイタカが怪我をする記述があるから。
そっちのほうがあの語りかけは説得力増したよなぁって思う。

293 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:56:16 ID:38WKpHb9
エッチの時彼女はなぜかいつも正常位ばかりせがみます。
僕は後背位が好きですが、彼女はそれでは満足できないらしいです(濡れないようです)
肥満体型なのが関係してるのでしょうか?
あと、僕はむくと痛いので包茎なんだと思います。
包茎だと、正常位は気持ちよくないのでしょうか。
この間はささやかな抵抗をされてしまいました。
力を入れて奥へ入らないように。(当然後でぶん殴りました(笑)。)
最近エッチが楽しくないせいか、他に片思いの人が現れてしまいました。
浮気されそうです! 彼女の浮気願望に歯止めをかけるにはどうすればいいでしょうか?
いっそ殺した方がいいですかね?
[20〜25歳]


294 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:57:56 ID:P2aWVgNY
>>293
殺しはやめた方が賢明です。
殺人罪で逮捕されますので。

295 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:04:21 ID:WenO7eaS
>>293
最近、あなたの中で、光と影が分離していませんか?だとしたら危険な兆候です。


296 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:07:15 ID:vdm896Fy
ごろーは何やってんだろ?
また引き篭りに逆戻り?w

297 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:12:22 ID:Ns7qPiaF
週刊現代に載ってた「ゲド戦記。原作者 これは自分の作品じゃない」って記事を読んだけど、
鈴木が「アニメ化と興行成績については成功であり、次回も吾郎を起用」ってようなこと言ってたけど
狂ってるなって思ったよw 

298 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:15:40 ID:AooAKWmS
鈴木って金にしか興味は無いからな。

社長が自分のとこの商品のクオリティに興味持たない会社は駄目だよ。
いずれ沈没する。


299 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:17:13 ID:kS+iwMGd
いあ、まあ「失敗ですた、吾郎に次回はありません」とはいえないでしょ。


300 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:19:15 ID:Yb6U7NLV
見てきた。噂通りだった。心オナニーだけよかったよ。
これって結局、アレン統合失調じゃん
ストーリーも分裂気味で意味不明でまさに統合失調
全ては統合失調症で説明できる。

301 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:24:47 ID:AooAKWmS
>>299
どういう形にしろ、それを言って誠意を見せないと
消費者は納得しないでしょ。

ものすごいクレームがあがってる商品をこれからも売り続ける宣言は
ただブランドを傷つけるだけ。
もっと先を見越したビジネスを考えた方がいいよマジデ。

302 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:27:57 ID:IJ4OuZhU
フィルムブックを立ち読みしたんだけど
糞すぎて途中で読むのやめたww
本でこれなんだから実際動いてしゃべったらどんだけ糞なんだろうw

303 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:28:42 ID:Yb6U7NLV
動いてしゃべってるといっても静止画多いぜ

304 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:48:22 ID:j/upU1b1
>>302
アレンの顔、さらば愛しきルパンよ の偽ルパンだったろ?
あくまで、偽 者 で、 なんか失笑しか出なかった

305 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:51:49 ID:A3Q+/al4
鯖死んだよね?今・・・

頭だけじゃなくて、2ちゃんまでおかしくなってるぞ

306 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:54:29 ID:AooAKWmS
雑談スレ化してるなここ

307 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:54:56 ID:yK2gX1Ou
5分くらい落ちてたみたいだな

308 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:57:26 ID:pzAF1jZi
>>301

>ものすごいクレームがあがってる商品をこれからも売り続ける宣言は

もうすでに千尋の赤DVDでやつちゃってるからな・・・


309 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 20:01:27 ID:AooAKWmS
>>308
赤DVDはどうしょうもないな。
決定権はブエナビスタことディズニーにありそうだし

パヤオは映画館以外で作品を見せるのに反対だったから
赤DVDでざまあみろ、とか思っただろうし。

310 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 20:04:15 ID:A3Q+/al4
>>308
商品の内容でなくて加工の問題だったのが、まだあの時の救いだったのに、
鈴木はあれぐらいの大騒ぎなら、沈静化して大して影響ないと勘違いしたのかな?


311 :名無シネマ@上映中 :2006/09/02(土) 20:08:36 ID:dqDL7jAr
ぼくがかつて、東映動画でその年に入った新人を相手にした
講演をしたときに、ヘンな登山帽をかぶった、
なんだかアタマの大きい男が、「質問があります」って言うんです。
聞いてみると「どうして東映って、ボロ映画ばかり作っているんですか?」
まわりに、その映画を作った先輩がいるのに、「え? コイツは誰だ?」と思ったら、
それがその年に入社した宮崎駿さんだったんです。
入ったとたんに、ぜんぶ前のものを否定したから「うわ、これはおもしろい人が出てきた」と思いました。

宮崎さんは最初から目立っていたし、それでまわりからは嫌われてもいたけど、
やっぱり描かせてみたら、あきれるほどすごかった──。

宮崎さんは、一年目から、作品の内容全体に関わるような
重大な変更を演出に求めて、それを通しています。

それもあって、宮さんは、まわりからは、ちょっと距離をおかれていたけど、
本人はぜんぜんそんなことを気にしないで、
まるで重戦車のように、どんどん突き進んでいきました。

先輩だけではなくて、経営者もそうなんですよ。
「高畑勲とか、宮崎駿という、ぼくなんかが敵わないすごいヤツがいるのに、
 なぜ彼らを演出に使わないのか」と言っても、会社側というのは、
「なんか、グズグズ言ってスケジュールを伸ばされるのはイヤだ」とか、
「あれは、会社の言うとおりにならないからイヤだ」ってことになりがちなんです。

だけど、大プロデューサーというのは、さんざん抵抗するような人にこそ、
監督になってもらうんです。
むしろ、抵抗しないような監督は、ロクなもの作ってないですよ。

※「チームリーダーの条件」―大塚康生さん
現在スタジオジブリや東映アニメーション研究所などで後進の指導

312 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 20:11:36 ID:A3Q+/al4
>>310

>むしろ、抵抗しないような監督

多分みんなの頭の中に浮かんだのは、同じ人・・・・

313 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 20:12:05 ID:38WKpHb9
>抵抗しないような監督は、ロクなもの作ってないですよ。
>抵抗しないような監督は、ロクなもの作ってないですよ。
>抵抗しないような監督は、ロクなもの作ってないですよ。
>抵抗しないような監督は、ロクなもの作ってないですよ。
>抵抗しないような監督は、ロクなもの作ってないですよ。



ズバリ当てちゃったw

314 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 20:12:51 ID:MipactcB
>>254
たしかに、「もう一人のアレン」が存在した理由(しかも他人にも見えるから妄想でもない)は不明だな…

315 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 20:15:21 ID:yK2gX1Ou
だが鈴木Pは

>宮崎さんは、一年目から、作品の内容全体に関わるような
>重大な変更を演出に求めて、それを通しています。

の部分だけを恣意的に引用して、だからゴローもできると強弁しそうだな

316 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 20:20:49 ID:kS+iwMGd
>>314 反物質ですがなにか?

317 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 20:50:28 ID:A3Q+/al4
ひょっとしてテルーの妄想夢落ちって展開?

318 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 21:11:54 ID:WenO7eaS
>>316
反物質と物質が出会う時、大爆発とともに両者は消滅する。

319 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 21:12:25 ID:KKACr8nf
>>226
彼女が歌うジャニスジョプリンのTHE ROSEはすごく良かったよ。

320 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 21:28:12 ID:O4ltRUQT
>>311
宮崎駿は東映入社当時から「とんでもない天才」と言われて「長猫」での追いかけっこ
とかのシチュエーションやホルスでのアイデアの豊穣さに周りが平伏して、すぐに演出
や監督をやるだろうと思ったのにそれでも15年くらい演出・監督業に手を出さなかった
んだよね。
アニメ史上最高の天才が10年以上かけて初めて監督出来るのに息子はただ天才の息子だ
から素人からいきなり監督だもの、やっぱムチャだよねぇ。

321 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 21:36:58 ID:KKACr8nf
あと何年に一人の歌手なんて滅多にいないから
新人歌手に最初からそんなレベルを求めるのが間違ってると思う。

322 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 21:38:25 ID:KKACr8nf
>>321>>319の続き。

323 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 21:38:59 ID:YI1fNQsH
長猫…(うっとり)

324 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 21:43:37 ID:JqV4rWS0
あの程度の歌を聴いて「鳥肌が立った」とか言っちゃうようじゃ、
感受性を疑われても仕方ないと思います。
悪かぁないが、絶賛するほどでもないでしょ。

325 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 21:44:53 ID:w1JYRZHR
なんか息切れしてるように聞こえるんだよね…>テルーの歌

326 ::2006/09/02(土) 21:48:42 ID:tENmVL4k
見た感想は、文太と手島以外の声が合わない。最後の方はドラクエじゃん。と思った。

327 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 21:48:49 ID:LsEw9gDj
>>320
おまけにその「長猫」と「ホルス」をいきなりやろうとしてた節が窺える

328 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 21:49:54 ID:JWMopvwr
だいたい、なんで手嶌葵を使おうと思ったの分からん(´-`)??
岡田准一もなんだかなぁ〜、、木更津キャッツアイは大好きだけどね・・・。
 

329 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 22:07:57 ID:ZlE7QTuy
監督日誌、もう1か月近く放置なんだから
制作日誌のように終了としたらどうだろう。

330 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 22:25:21 ID:K87qCURP
>>311をぐぐってみたら、ゴローには耳の痛い話ばかり…

http://www.1101.com/ghibli/2004-08-09.html

331 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 22:27:16 ID:u6MV0NFV
>>319
×ジャニス・ジョプリン
○ベット・ミドラー

332 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 22:31:49 ID:PTHP2I59
正直テルーの歌たいしたことない 
CD買って何度も聞きたいとも思わんし・・

333 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 22:42:24 ID:KKACr8nf
>>331
ベットミドラーはジャニスジョプリンの生涯の映画でジャニスを演じた人だよ?

334 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:00:28 ID:KKACr8nf
や、今ぐぐってみたらあれは映画のエンディング曲で
ジャニスジョプリンの曲じゃなかったのか?
私が勘違いしてたかも?
てか勘違いしてたもより?

335 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:02:16 ID:WenO7eaS
>>334
ttp://www.lyrics007.com/Bette%20Midler%20Lyrics/The%20Rose%20Lyrics.html

336 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:08:22 ID:evR5AWtx
>>319
どこで聞ける?

>>321
その新人を映画のテーマ曲(劇中フルコーラス&EDテーマ)、棒読みヒロイン声優に起用したのか納得できん。
ジブリの曲はマイナーでも割といい曲と歌手をピックアップしたと思うんだがね。
ジブリと思わずB級映画と思っても、フルコーラス劇中で聞かせるかね。

337 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:09:05 ID:P0FtPqua
新CMみた。すごくいい。
岡田君も手嶌さんも声よく演じれてるし、テルーアレンの表情もいい。
台詞もストーリーへの興味が掻き立てられる。

338 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:12:21 ID:b7CeUz3q
>>330

>偉そうに人の上に立つリーダーと、
>自分の担当するシーンさえ良ければ、
>それでよし、みたいな集団からは、
>なかなか、「いいもの」は出来ません

誰のことかは言うまでもありませんね。

>子どもに向けて描くといっても、
>おとなも、子どもの延長ですからね。
>子どもがいいと思うものは、
>おとなの子どもごころに
>はたらきかけるものがあるしょう。

子供にはわかりにくい、という言い訳は通用しません。

>ただ、善意を中心にすると言っても、
>善意がモロに出てしまうと、
>子どもはまた嫌うんですね。
>説教がましく見えるところとの境目は、
>むずかしいんですけど。

説教がましさのかたまりです。

339 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:13:47 ID:b7CeUz3q
つづき

>たとえば、かつて、『宇宙戦艦ヤマト』の
>アニメーション映画に長蛇の列ができましたが、
>テレビアニメを再編集しただけで、技術的に
>レベルが低いものを
>「いい」と言う人は、現在はいませんよね。
>そういう、
>「ほんとうはよくないけれども当たった」
>という一過性のものが、
>きっと混ざっているんですね。
>その逆に、
>「ほんとはいいけれども当たっていない」
>というものだってあるはずです。

この映画は上の場合に当てはまるのでしょうか。

>だけど、大プロデューサーというのは、
>さんざん抵抗するような人にこそ、
>監督になってもらうんです。
>むしろ、抵抗しないような監督は、
>ロクなもの作ってないですよ。

プロデューサーの言うがままに動くゴロー乙

340 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:14:10 ID:WhKTXM8q
はやおと共にジブリはしめるべきだと思う。

341 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:21:20 ID:WenO7eaS
>>340
何百人かいるスタッフの生活はどうなるの?

342 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:24:56 ID:kS+iwMGd
何百人単位でリストラされる時代ですしね、いいことだとは思わないけど。
>>340みたいなこと言われないようにスタッフもがんばらねーと、っていうのが
一般論?アニメーション映画の製作事情なんてしりませんが・・・

343 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:27:18 ID:vmHFb/oG
もう、どうせグダグダになるのならば
ラストで実は父王は怪我しただけで生きていて
「アレンよく帰ったな」
というような腰の抜けるくらいのご都合主義で
甘ったるい話にしてくれれば良かったのに。

344 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:30:38 ID:yK2gX1Ou
>>341
アニメーターは技術職で個人事業主なんだから、有能なら
フリーになるなり他のアニメ会社に所属するなりすればいい

345 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:31:29 ID:6AWs4mUn
つまりこのゲド戦記をもって、
ジブリは良い作品を作るスタジオから
社員の生活の為に作品を作るスタジオに
軸足をシフトしたってことなんだよな

346 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:34:10 ID:gg/Ca8nH
父殺し、王殺しって極刑だよね。良くて死ぬまで幽閉か。
父が暴君でもあればクーデターに出来るだろうけど。
なんだかんだ言って、安らかな気持ちで死にに帰ったのかね。

347 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:36:18 ID:0Qm5mhwk
>>335が痛すぎる…
なんか、急にマジ悲しくなった

やっぱ大塚さんさすがだな。ゴローと絵コンテ褒めたって鈴木が言ってたけど
一体どんなフィルターにかけたんだろう…鈴木君は。
きっと、どっかを褒めたには褒めたんだろうが


348 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:36:21 ID:38WKpHb9
>>344
アニメーターはほんの数十人
大半は別の部署で普通の会社員。出版部とか

349 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:40:44 ID:WhKTXM8q
鈴木が書くことを信じてるあたりがどうしよ〜もないな
鈴木がごろーの才能認めてたらあんなに口出すか?

350 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:42:06 ID:yK2gX1Ou
>>348
そういう連中は過去作品の版権管理やってればいいだろ

351 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:42:45 ID:KKACr8nf
>>335
サンクス
やっぱ勘違いか。

352 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:48:53 ID:YI1fNQsH
前宣伝の意味で、Pと監督が全部しゃべっちゃってるから、
色んなことが明るみに出ちゃうね。

353 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:49:54 ID:KKACr8nf
>>337
手嶌葵は歌は良いが正直演技はいまひとつだと思った。
まあ彼女は演技のプロじゃないから仕方ないと思うが。

354 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:52:42 ID:unKUVN70
2005年春にスタジオジブリが徳間書店から分離独立し、
株式会社スタジオジブリを設立。
鈴木敏夫本部長が社長となり、
宮崎駿監督と高畑勲監督も取締役に就任する見込み。
新会社は過去にジブリが製作した作品も含めた営業権を
徳間書店から譲り受ける。譲渡額は100億円から150億円の見込み。
その為の資金は東宝、日本テレビ放送網、電通、博報堂DYなどに要請する方針。

355 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:56:25 ID:vmHFb/oG
>>346
原作にない父殺しをわざわざやらせておいて、
決着のつけ方が中途半端なのが気になるね。
かといってアレンのその後が論議を呼ぶような
余韻のあるラストでもない。

パヤオちゃんと吾郎ちゃんに引っかけた
単なる話題づくりの演出?

356 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:58:03 ID:w1JYRZHR
正直パヤオ作品のファンとしては
パヤオが引退した後のジブリ社員の生活がどうなろうと
知ったことじゃないしね…

357 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:58:12 ID:6AWs4mUn
時かけのプロデューサーの一人がこんなことを言っていた。

良い物を作ることをまず先に考える、売り方は作ってから考える

ゲド戦記とは、逆だなー
まあ、売り方を先に考えて作るのは、映画界ではよくあることだけど
やりすぎると、たいがい作品はつまらなくなるんだよな

話がかわるけど、
Webアニメスタイルは、元々ジブリ内にHPがあって、
ジブリと縁が深いのにゲド戦記のバックアップは全然しないのなw

358 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:59:16 ID:6KU2KPh+
そもそもなんで追っ手がかからないんだろう。


359 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:01:01 ID:P0FtPqua
>>353
作品を通して見ると、手嶌さんも棒読み近いよね。
CMみたく一部分を切り抜くと期待させられるものを感じるのに
なんでこうもグダグダになっちゃったんだろw
やっぱ、脚本かなぁ。
ゴローに言いたいことが特になかったっていうのも致命傷なんだろうな。
インタビューで何を伝えたかったかと聞かれて「うーん、何だろ」と一言もらしたのにはびっくりした。

360 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:07:19 ID:Yb6U7NLV
まあ父殺しとかアレンを監督とかぶせることが
監督のメッセージと思わせて売ろう見たいなところがあったんだろうね。
ていうのがみえみえなのが悲しいね

361 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:08:10 ID:9VxmBs6E
>>358
映画じゃわかりにくいけど、アレンがいるのは海を渡った別の国だから。
そこまで追っ手はこないのでしょう。

362 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:08:46 ID:Wl2TEOCj
>良い物を作ることをまず先に考える、売り方は作ってから考える

考え方を言ってるんだろうけど、普通同時進行じゃないの。
マジでそう思ってるならプロデューサー失格でしょ。

363 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:09:22 ID:DbcpsWR0
>>354
「作り手側の発言力をどうやって保つか」「次世代の育成」の2点がどうしても気になる。
ジブリはこれまで徳間書店の下で、
かなり自由にやらせてもらっていたと想像するが今回の独立でどうなるか。
東宝、日本テレビ放送網、電通、博報堂DYに多額の資金を出したことで
プレッシャーが増しかえってマイナスになることはないか。
何よりいい作品を見続けたい私としては、
関係者の皆さんの健闘を期待するしかない。

http://www.h-yamaguchi.net/2005/02/post_3.html

今は東宝、日本テレビ放送網、電通、博報堂DYのもと
鈴木Pは内容や質よりも興行成績という答えを出さなくては
いけなくなった。
徳間の下で自由にやってればいいものを・・・
次回作にも期待できないな・・・がっかり。

364 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:12:23 ID:9VxmBs6E
>>346
普通の人間が殺せばそうかもしれないが、アレンは王位の第一継承者でしょ。
そんな簡単に殺せないし、多分、表向きには息子に殺されたとは発表していない
はず。急病でとか、事故でとかなっているんじゃないかな。

案外、王位継承する可能性もあるかも。

365 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:12:24 ID:AUH1/ZTo
>>360

せめて半端ながらも「親殺し」が監督のテーマであってほしかったよ…

366 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:12:46 ID:ek3Ecfm2
>>362
君はフジ映画でもみてなさい

367 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:14:12 ID:pF2vWoI6
>>361
原作知ってます。
ただ、さいはての島のクモも、はるか遠くの島のテナーテルーも
狭いご町内に住んでるのだから、アレンの国だけ原作どおりとも考えにくくて。

原作どおりとしてもエンラッドは有名な国なので、
ホークタウンまで追っ手がかかってもおかしくないのでは?
王が殺されたのをゲドもクモもハジア売りも話題にしないのも不思議。


368 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:14:25 ID:PxHIknz2

ゲド宣伝費30億でした


369 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:22:31 ID:dotqcJ2i
>>368
そーすきぼん

370 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:23:19 ID:AUH1/ZTo
この作品のこと考えてるとアタマ変になりそう

371 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:27:16 ID:QXQrJUNO
親殺しネタの辻褄合わせなんて何も考えちゃないよ。
だってこれゴシップやらスキャンダルで新人アイドル売り出す商法だろ?
「大物芸能人と熱愛発覚!?」と同レベルのネタにいちいち真剣になるのが馬鹿馬鹿しいよ。

372 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:37:54 ID:9VxmBs6E
>>367
王を殺して、逃げたのだとしたら、そんな近くでウロウロしているでしょうか。
追っ手の届かない遠いところに逃げるでしょう。
アレンが奴隷市場をみて驚いていたり、ハジアのことを知らなかったりするのは、
やはり今まで来たこともない遠い異国にいることを示していると思います。

王が暗殺されたり、王子が逃亡中なのを、オープンにすることは、外国に攻めてきて
下さいと言うようなもの。秘密にするでしょう。それに、それほど連絡手段が発達している
とも思えず、外国のうわさの伝達が、どれほど可能であり、また関心があったのか。

外国にまで追っ手を出すのは、その国の了解がなければできないはず。普通の犯罪者
ならともかく、王子を追っていることは秘密にしたいはず。こっそり探している可能性は
あると思います。

ゲドも、アレンのことを知らなかったようですし、情報伝達は発達していないようですね。
それから、映画の中で、クモは他の場所でゲドと因縁があったようで、その後移り住んだ
ようですね。




373 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:39:30 ID:LftW+GeI
映画のタイトルを「アレンの親殺し」にすればよかったんだよ

374 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:40:44 ID:9VxmBs6E
>>371
それって、この映画には意味がありません。いかに興味をひきつけて、興行収入を
あげることしか考えていませんということじゃないですか。

映画には意味のないシーン、意味のない台詞はありません。すべて、考え抜いて
つくられているとおもいますが、思いたいですが。

375 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:43:33 ID:ugdNUl7i
親殺しのプロットは安易に衝撃的な展開に出来るという意味で
人気女優のヌードシーンレベルかと思った。
ラストシーン見る限りでは、吾郎ちゃん自身も真剣に
その罪の償い問題にカタつける気なさそうだし。

最初は出す予定のなかったテルーをヒロインとして出して
(主題歌効果を考えたら成功だったのかも知れないが)
キャラクターの深みを生かしきれないままファイヤー!とか、
行き当たりばったりに思える要素が多い。

376 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:44:12 ID:nEPTsEXC
>>374
作る方があまり考えずに思いつきとパクリだけで作ってるのだから
無理に深読みする必要はないさ。

377 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:46:04 ID:gHgcZ6pF
>>364
他に王位継承者無しならともかく、第一継承者のやらかした大ペケ、他が放って置くはず無いでしょ。
皇太子が天皇殺して海外逃亡の末に帰ってきたような物だもの。
第一アレンが王様になっちゃったら悪がはびこることになっちゃうし、罪を償うために帰ったことにはならないでしょ。

378 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:48:02 ID:SaaeXYnE
>>374
残念だけど。
思いつきとか派手にしようとかそんなレベルでプロデューサーがいじくりまわし、
サラリーマンの監督がそのまんま作ってしまう映画もあるわけです。
>>5からのインタビュー読んだ?

379 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:52:16 ID:hV7nE0xH
空虚な少年少女が竜の翼に乗って逃げて行く…

このイメージだけは素晴らしく良かった。ここまで悲しい妄想は珍しい。
吾郎君は小説でも書いてみたらどうだろうか。中原昌也みたいなのを。

380 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:54:27 ID:FePu6I3U
しらない。アイスたべたい。

381 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:58:33 ID:4+enbLPT
既出だと思うがゲド戦記の原作者
吾郎の映画見て怒ってる様だな

382 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:59:23 ID:9VxmBs6E
>>377
王がいない国で、誰が権力を持っているかというと、多分、王妃でしょう。
いくら夫を殺したと言っても、最愛の我が子を、殺すだろうか?
王権をつがせることは無理にしても、なるべく穏便にすませたいでしょう。

それに、現実で考えると、子が王を殺して政権につくことはよくあることで。
例えば、今のチベットの王は、国民から愛されていた父王を殺して、王に
なっているよね。

383 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:00:48 ID:3za2wquc
ちょっと抽象的だけどさ、殺人とか虐待って極限的な人間事象だと思うわけよ。
それを解釈、さらに表現する側には独特の緊張感が求められるんじゃないかな。
解釈と表現と(つまり極めて人間的な営為)が当の対象によって破壊される可能性
に対する感性というか。
でさ、アニメーションていう表現形式が殺人を「真剣に」扱えるのか、個人的
には疑問なわけで。アレンの親殺しは、少なくとも悪役を成敗してカタルシス!
ていう次元ではないわけでしょ。
アニメに詳しくないからえらそうなこといえんけど。

384 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:01:09 ID:fhH5CT1E
国に帰ったアレンがどうなるか、なんて、
結局のところ帰ってみないとわからないだろうな。
無罪放免かもしれないし、問答無用で死刑かもしれない。

しかし、テルーの元を旅立つアレンは、
殺される可能性をこれっぽっちも考えていないように見える。

385 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:02:17 ID:9VxmBs6E
>>382
間違えた。チベットじゃなくてネパールだった。

386 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:02:52 ID:3NtRGYpo
海外向けにはアレンがHARAKIRIするシーン入れれば無問題

387 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:03:26 ID:gifB4imt
魔女の宅急便みてみた

なんだ、昔から鬱アニメつくってたんじゃないか。
ストーリーも意味わかんないし。
やっぱり遺伝だな。

ジブリもこれで、鬱アニメスタジオとしての地位をかためるだろう。

388 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:04:16 ID:9VxmBs6E
>>384
私は殺されることも覚悟していると思うよ。しかし、その素振りをみせたら
テルーが心配するじゃないか。テルーには、また会おうねと言っておかないと。
きっと、アレンの中には悲壮な覚悟があるのだと思う。

389 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:05:06 ID:bw7zBaRO
ゲドを見て、改めて絵って重要だなと実感したなぁ・・・
視覚での印象が良ければ、他の七難を隠してくれるからね。

ストーリー構成や演出は安っぽいVシネレベル。正直、大学の映研
あたりでコツコツ自主製作してる人を連れてきた方が、まだマシな
作品になったかも。未経験者と経験者の差を如実に実感させてくれた。


390 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:05:39 ID:6mZDJNNv
ちんこの剣とか乳首の剣とか言われてるが誰が決めたんだあのデザイン

391 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:06:23 ID:9VxmBs6E
>>387
欝かな・・。そうゆうちょっと割り切れない、すっきりしない部分は、作品ごとに
増えていったような気がするよ。だから、ラピュタあたりがピークかなと思う。

392 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:07:59 ID:SaaeXYnE
>>391
エンターテイメントが判断基準ならそういうことでしょう。

393 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:09:03 ID:fhH5CT1E
>>388
そういう解釈もありか。

…しかし、そうだとしたら、なんて絶望的なエンディングなんだ…。

394 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:12:15 ID:gHgcZ6pF
>>382
今チベットに王様っているの?
亡命政府とか何代目ダライ・ラマとかはよく聞くけど、実際どうなってるか知らないんだよね。
やっぱり中国政府の傀儡とかそんな感じなのかな。

まぁ、でも王妃が国政取り仕切るってのももともと王様が婿で来たんでも無い限りは無いと思うけど。
ずいぶん気楽に帰って行ったなぁ、と思うわけだ。

395 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:12:20 ID:DbcpsWR0
国に帰ってからの事なんか吾朗も鈴木Pも考えてないだろー

鈴木Pの「この子は父親を殺しちゃうんだよ」という一言で
始まった改悪ストーリーだから。

396 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:12:21 ID:ugdNUl7i
別に父王殺しなんて大風呂敷広げずに、
盗んだバイクで走り出す程度の出奔にしておけば
無難だったと思うんだけど。

命の大切さとか大上段に構え過ぎてしまって
結局台詞で説明するしかないのなら、
ラピュタみたいに冒険活劇にしても良かったんじゃ。
(ラピュタも最後にシータがテーマを説明してくれるし)

397 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:15:20 ID:hV7nE0xH
>>393
そう考えるも何も、絶望的というかとんでもなく暗く悲しい映画だよ。
この「悲しみ」の感じは親父さんにはない資質だな。

398 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:15:28 ID:Tdjr12FI
>>382
いちばん穏便に済ませるとすれば
「心の病を理由に生涯監禁」かなあ・・・

ってまあ、制作側が単なる話題作りと思いつきで
でっちあげた原作にもないエピソードを、
我々が親切に補完してやる義理もないわけだが。

399 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:16:18 ID:fhH5CT1E
よく考えたら「王様の剣を盗んできた」だけで十分だったんじゃないか?

400 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:16:28 ID:DbcpsWR0
>>396

>>5最初のシナリオでは冒頭はお城に竜が降って来るシーンから始まる事に
なっていたんですよね。でもそれでは地味だと思ったので、
「もっと派手にしようよ」「竜の共食いなんてどうだろう?」
と僕が口出しちゃいましたね。

>>10丹羽圭子のコメント(ロマンアルバム)
「私の脚本ではクライマックスに向かって皆が最後に協力していく。
そのアクションシーンの面白さの中で
ゲド戦記のテーマ「生と死」という問題を
うまくみせられればいいかなと思うんですが。
出来た作品は何度もテーマを口に出すので
その辺は大きく変わったところ(自分の脚本と)です。」

401 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:17:53 ID:8hkIUo0a
王殺しはチベットではなくネパールのギャネンドラでしょ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%8E%8B%E6%97%8F%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

402 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:19:23 ID:gifB4imt
>>398

その通りだ。
観客が勝手に「辻褄の合う話」に補完したら、
鱸の思うツボだぞ。

もっとも、今までのジブリ映画はそうやってファンを広げてきたわけだがな。


403 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:20:24 ID:SaaeXYnE
>>396
ラピュタのアレは別に映画の真のテーマではないと思うが…
でもああいう風に直球で言っちゃうと、ああそうなんだと影響される
人々が大勢現れて「自然に優しいジブリ」とかレッテル付けられて
宮崎駿はゲンナリ…って流れがあったのは確かですけどね。

404 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:22:16 ID:fhH5CT1E
>>400
>お城に竜が降って来るシーン

めちゃくちゃ派手なシーンになりそうじゃないか。
見てみたかったなあ。

405 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:22:24 ID:pF2vWoI6
>>372
プロローグで王様が殺されるところから始まるんだから
普通はそれがどこかで何かにつながるのかなと思って見るもんじゃありません?
大々的に追ってはかけなくても一国の王が殺されてるんだから、
犯人を放置してたら国が乱れるでしょう。
それに世間知らずなアレンが無事にこれるくらいだから何らかの
交通機関があるわけで、情報は当然伝わると思いますが。
いろんな例をあげて人の頭がおかしくなってるという話をするくらいだから
ゲドは世間にある程度通じてないとおかしくないですか?

406 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:23:09 ID:7qJVSoc+
最近、親殺しが現実の事件でもあるよな。



407 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:26:26 ID:38HNEztv
>>385
いろいろゲドとは相違点があって比べられんと思うが・・・
まず、王位継承者が一人だけとは考えづらい。王家を維持するとしたら
分家筋にも数人いるのが普通。こんなん起こったら反乱が起こってもおかしくはない。
まぁ、それ以前に肝心のアレン自身が人殺し、親殺し、王殺しの罪の重さを理解してないようだがな。

408 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:26:37 ID:WKS4bF/a
いっそアレンが部屋に篭ってでてこない話にすれば良かったんだよ。

409 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:26:52 ID:DbcpsWR0
>>404
それで、なぜ竜がエンラッド王国に降ってきたのか
世界がおかしくなってるんじゃないかと
アレンが旅立つと書いてあった。

410 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:27:00 ID:SaaeXYnE
>>406
っていう風にみんな考えるだろうな、そして現実についても色々考えるであろう…
…なーんて程度のレベルで、現代云々言って盛り込んだ案みたいな感じ。

411 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:31:06 ID:hV7nE0xH
「親殺し」っていうモチーフは形式的(図式的)に導入されているだけなんだから
観る側もそう観ればいいわけで。
そういう観点での良し悪し以外の話は趣味のレベルのことだからどうでもよかんべ。

412 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:31:25 ID:9VxmBs6E
>>394
ごめん。385で訂正しているようにネパールの話。

例えば、お隣の韓国(李氏朝鮮・大韓帝国)の話。門閥政治に嫌気が差した
大院君(王の父)は、あまり身分が高くない娘を王妃として迎えれた。しかし、
明成皇后は、王がいるにもかかわらず、やりたい放題で政治に首を突っ込んで
自分の近親者をどんどん重用して、あげくのはてに、王の父君の大院君を
追放したりしている。


413 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:32:25 ID:3xA1gddi
>406 っつーか、誰がジブリに現実なんか求めてるんだ?
今までジブリが評価されてきた名作は、むしろ現実を描かなかったからじゃないか。

アニメには夢とか希望とかロマンとか冒険とか派手なアクションとか、
実写でやるには甘ったるくて、子供っぽくて、金がかかるものを、
紙と鉛筆で表現できるところに
実写に対するアドバンテージがあるんじゃないか。

親殺しには夢も冒険もアクションもいらん。
実写でやっとけば十分だ

414 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:33:36 ID:hV7nE0xH
>>413
この映画には夢も冒険もアクションもないがな。
実写でやるとこの空疎さは表現しにくいだろうなw

415 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:42:16 ID:DbcpsWR0
途中鈴木さんのアイディアで
「今の時代を考えると息子が父を刺すほうがリアルだ。」

そしてアレンは戦いを始めるとすぐカッとなりますよね。
「一度スイッチが入ると歯止めがきかなくなる。
そういう現代の若者像を入れるべきだ。」
というのが鈴木Pの考えです。
BY 丹波圭子

416 :406:2006/09/03(日) 01:45:05 ID:7qJVSoc+
>>410>>413
なんかゲド戦記見てると現実の事件とか思い出すんだよw
他にも鬱病とか分裂病とかの病名が浮かんでくるし。
そんなの思い出したくないんだけど。


417 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:46:30 ID:3tT/J6k8
>>415
>鈴木さんのアイディア
何の根拠もない、ド素人の無責任な思いつき

418 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:47:47 ID:hV7nE0xH
ド素人の思いつきを拒めない玄人乙

419 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:48:29 ID:38HNEztv
>>416
思い出したからどうって訳じゃないがな・・・
ゲド戦記を観ていたお陰で親を殺さずに済みました、って奴いねーだろ。

420 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:48:34 ID:0wQTf3Ki
三面記事トレースすりゃあ「立派なテーマな映画」になると
思い込むというのは浅はかすぎる。


421 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:52:31 ID:DbcpsWR0
YAHOOレビューや公式掲示板でも
「親殺し」に関してのこと多いから、
話題(親殺しに対して)の中身がどうのより、
「親殺しがすごく話題になった」という事で
鈴木Pは「俺の計算どおり」とご満悦なのでは・・・

422 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:53:21 ID:4xYVLdMV
>>372
映画を見ただけでは舞台が多数の島から成る世界だということはわからないし、
エンラッド(という国名すら出ないが)と、ホートタウンの地理的な関係も、
アレンの国から見て国外なのか国内なのかすらもわからない。
だから、アレンが国外逃亡しているを観客が理解するのは無理。
アレンはゲドに出会った時徒歩だったことを考えると
王宮の遠くまで逃亡したと思う方が無理がある。
だから、ホートタウンに兵隊やら官憲やらの類が居ないのはもの凄く不自然。

423 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:56:09 ID:fhH5CT1E
>>421
多くはネガティブな意味で話題になってる気がするけどな。>親殺し

424 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:58:18 ID:3xA1gddi
ホント、なんで親殺しをアニメでやろうなんて思いついたんだか。
ガンダムとかエヴァでやるんならまだ100歩譲ってわかるがな。
ジブリだぜジブリ。

ジブリで親殺しはやってほしくなかったなー、マジで。

425 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:59:38 ID:pF2vWoI6
>アレンはゲドに出会った時徒歩だった

アレンはあそこまでどうやってきたのかがまず謎。
ハイタカとであったのはかなり内陸っぽいのに。

426 :416:2006/09/03(日) 02:04:16 ID:7qJVSoc+
>>419
確かにそうだな。
むしろ親殺しを煽ってる感じか。
この映画公開後に親殺しが増えた感じがするんだけど。

427 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:04:33 ID:BaBLQ8iT
>>425
都合のいいパラレルワールドだからな…
テルーが走ってつくクモの城にゲドはエリノア(じゃないけど)に乗って駆けていく世界だから

ゲドが激しい方向音痴の旅人というオチかも知れんが

428 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:10:30 ID:4xYVLdMV
ひょっとしたら、アレンは王子ではなく、殺したのは国王でもなんでもなくて
どこかの頭がおかしくなってる庶民がコスプレしていただけという可能性もあるぞ。
それとも、全部、統合失調のアレンの治療の為のバーチャルなんとかだったとか。

429 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:12:34 ID:DbcpsWR0
テルーがアレンに剣を渡して自分の本当の名前を告げるシーンも
夜の室内が急に昼間の外になって竜登場!
見てる時は「えっ何故急に昼間で外に居るんだと戸惑った。」
今考えるとあれも吾朗なりの精一杯の演出だったのかな。ダサすぎ。

430 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:14:38 ID:BaBLQ8iT
だから、あれは濃厚な一夜を過ごした翌日ということに・・・
もう20個ぐらい前のスレで…

431 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:14:59 ID:vvp/xNPj
あと意味がわからないのが竜だな
しかもキャッチコピーになってるが結局なんなんだ?
なぜいきなり手るーが竜になるんだろう

432 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:15:18 ID:i+ZtbLL4
そういえば、ベネチアはいったいどうなったんだろうね。何らかの評判が伝わってきてもよい頃だと思うのだが。

433 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:15:32 ID:38HNEztv
高評価する人は
投稿者:patipatipantingさん 投稿日時:2006/09/02 18:36:50
◇152人中111人から「このレビューが役に立った」という評価を得ています。◇
あまりにも過剰、執拗に作品を攻撃する気味の悪い風潮に対する批判票だと言う側面があると思う。

分からなければバカというのも、文句を付けたいがために作品を極端に曲解したり
制作サイドの言葉尻を捉えてくどくくどく文句を言い続けるたりする粘着気質に対するうんざりだと言う意見表明だろう。

制作サイドには謙虚であるとともに与えられた条件内で自分達の作った物に対する誇りも失わないで欲しい。


定期的にこのテの工作員って湧くんだな・・・
111人同意がついてても「またか」って程度にしか思わなくなってきた。
最近5点を付けるのは逆効果、と感じたらしく基本3つ星に変えて来た模様。

434 :430:2006/09/03(日) 02:16:29 ID:BaBLQ8iT
ちゃうわ、30くらい前のスレだ
当時はまだ17とかそれくらいだった。

>>431
ポスター先に原作者に見せちゃったから、竜の見せ場が必要だったと思われ・・・

435 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:18:03 ID:wAgeGuHb
>>424
ガンダムですら主役による親殺しはやってないよ(兄殺しが一回)
死ぬのを見せつけられるのはたまにやってるが

436 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:19:08 ID:pF2vWoI6
竜の見せ場はあるよ、3巻に竜の住む島が出てくるから。
テルーを変身させた理由にはならん。

437 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:19:32 ID:EPrRofS5
ゴローはきっと真面目でいいやつなんだろうけど
センスが絶望的にたりない。正しいことを求めて作品作っちゃだめっしょ。
どうやって楽しませるって主観が欠けてる。
ゲド戦記題材にしといてずいぶんスケールの小さい話にしてくれたよ。
ハイタカがなんでハイタカなのか
国王殺す意味とか
テルーと住んでるおばさんが何者か
まっっっっったくわけわからん。
ゲドは何の旅してんだよ。

絵だけが無駄にキレイだった。スタッフは頑張ったよ。
そもそも監督にここまで投げてやらすな。
ハリウッドだってめちゃめちゃ複数の意見いれて
マーケとかも意識して作るんだぞ。


438 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:22:01 ID:qW78sxDz
ゲドって一回クモの城を偵察した時鷹に変身していたと思うけど
なんでテナを助けに行くとき鷹に変身しなかったのか理解できない。
大事な時に役立たずで、逐一説教するオッサンという印象しか残らなかった。

親殺しというより一国の王を殺す意味の方が大きいと思う。
自分の衝動で国の安定をもたらしている王を殺すのは精神病患者だよ。
ゲドの説教でこの病気が治ったならそれこそ偉大な魔法使いゲドになるんだけど…


439 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:22:15 ID:9VxmBs6E
>>422
確かに、その通りかもしれない。説明がなされていないので観客には
この世界がよくわからないだろう。しかし、冒頭での海のシーン。難破船の
シーン。アレンが賊に襲われるのも海辺。海が多い世界だということはわかる。

アレンのいた国と、ホートタウンは別世界だと想像できる。アレンの国は、かなり
よく統治されている国だと想像できる。農作物が枯れているという報告を聞くと
王は、「農家への支援を忘れるな」と言う。今の日本だって、天候不順ぐらいじゃ
農家支援なんてしませんよ。そうゆう、よく統治された国に、奴隷市場がおおぴら
にあるのはおかしい。正門から奴隷が牛車に乗って堂々とやってくるなんて。
やっぱり、別の国と考えるべきでしょう。

それから、刀剣屋が、王家の宝剣の価値をぜんぜん、わかっていない。
これは、同じ国内で商売しているとは考えられない。アレンの国は、遠くにあって
文化的価値観が違う国なのではないかと考えられる。

それから、追っ手がかかっていないこと、王の死に関する話題もないことから
逆手にとって考えれば、アレンが、遠い異国の地に来ていると解釈することに
なるだろう。

440 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:22:42 ID:hV7nE0xH
正しいことを求めて作品を作るのは正しい。
しかし、その場合は絶対的に正しく作ろうとする強靱な決意が必要だ。

ジブリ始まって以来の悲惨な美術で、むしろ監督が可哀想になるくらいだ。

441 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:22:54 ID:BaBLQ8iT
>>436
だから、そこまで書く手間かけたくなかったし、
(ロマンアルバムの山下氏インタビューから推測)
ポスター(というかその元になったイメージ画)で少年と竜が向かい合っちゃったから
それに符号したシーンが必要だったんだろう。

真の名の背景の竜はカレシンだったという説が 主流のようだが、
そもそも、複数の竜の細かい設定までする気はなかったんだろうよ



442 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:23:55 ID:gHgcZ6pF
何で親殺したんだっけ?
陰湿に虐められてたとか、父親に裏切られたとか、なんか激情に駆られて?
圧政を敷いてたとかか?
なんか通り魔と変わらないような感じじゃなかったか?

443 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:24:22 ID:9VxmBs6E
>>430
ゲドが捕まっているのに、濃厚な一夜を過ごしている場合か?

444 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:24:28 ID:pF2vWoI6
>>441
普通は十分な伏線なく
登場人物を竜にいきなり変身させることのが手間と感じないかな?

445 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:25:18 ID:wAgeGuHb
砂漠渡っていたのにたいした荷物も持ってなさそうなアレンが
遠くまで逃亡してたとは考えにくいが・・・

もっとも、最初からのたれ死ぬことを目的としていたのなら小荷物も理にはかなうか

446 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:25:22 ID:EPrRofS5
国王殺しもタイミング最悪。
国が大変なことになって内閣?もどうしようか必死な状態で
ここでリーダー殺すかなw
自分の影に怯えてって

ようはパヤオに対するコンプレックスなんじゃないの?
アレンと自分を重ねてさ。
ゲドは鈴木Pでしょ。
それでもエンタメとして面白ければいいよ。
ほんとつまらない。ハウルもきつかったし、説明不足だったけど
これに比べればマシだわ。

447 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:25:28 ID:hV7nE0xH
「通り魔と変わらないような感じ」に見えたんなら、
通り魔と同じメンタリティでそれを行ったと何故考えられないんだろうか?
正直、全く理解できない。

448 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:26:12 ID:DbcpsWR0
途中で永遠とつづく長い歌とテルーの口があまりにも合わないのはなぜ???
あれで歌のよさも何も吹っ飛んだ。

と書いていて、そー言えば吾朗どこかのインタビューで
マクロスやうる星やつらが好きだったと言ってたの思い出した。
歌のシーンはマクロスを意識したのか・・・

449 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:26:36 ID:wAgeGuHb
>>442
「むしゃくしゃしてやった。闇に支配されていた。今では反省している」

450 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:27:36 ID:BaBLQ8iT
>>430
そういう仮説とチンコソードのデザインの関係についてという話題で盛り上がったよ
お祭りの最後ごろにw

>>441
感じないんでしょ?鈴木の思いつきレベルでは…
観客の疑問に答えようという姿勢が映画からまったく読み取れないし

「ここは、テルーが急に変身すると、盛り上がるんだよー。余計な説明は省いちゃいなよ、ゴロー君」
とか言ってる鈴木が目に浮かぶのは俺だけ?

451 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:27:57 ID:9VxmBs6E
>>442
あまりにも理想的すぎる王で、自分とのギャップを感じたからかな?
王妃からも、王の邪魔はするなとか、あなたも立派な王になりなさいと言われていたような。

452 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:27:59 ID:7qJVSoc+
>>445
それで命を大事にしない云々のセリフが生まれたとも考えられる。

453 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:29:18 ID:BaBLQ8iT
自己レスしてもたorz
>>450の上は>>443


>>446
親殺しの発案が鈴木であることを忘れるな

454 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:29:20 ID:AUH1/ZTo
観た人に「命を云々」のテーマと王殺しは矛盾しないのか聞いたら、
そこは矛盾しないと言ってたけどどうなの?

あと、少なくてもハリウッド的倫理観?では、
罪は清算されないと許されないよね?

455 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:29:35 ID:EPrRofS5
>>440
> 正しいことを求めて作品を作るのは正しい。
正しくないよ。仕事だもん。
監督日記の最初のほうを読むとなんかやばいニオイしてたんだよな。
学術論文でも作るような内向的なベクトルになってる。
原作を映画にするってのは正しくひも解くとか
自分の心を整理することじゃない。
大衆にむけたエンタメの提供こそがクリエータの「正しき道」だよ。
問題はこのまちがったベクトルを誰も修正しなかったこと。

456 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:30:22 ID:hV7nE0xH
>>452
つか、「命を〜」云々は、「死にたがりの思い上がりチンカス野郎は大嫌いだ」
って意味にしか受け取りようがないんだが…

457 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:30:39 ID:BaBLQ8iT
>>445
その説明が、映画の中に一言でもあったら、その考えに同意できる。

458 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:31:00 ID:gHgcZ6pF
いや、そうなると「通り魔援護かよ!?」と当然思わなくてはならない訳で。
なんか小説で通り魔主人公にした奴があっても不思議じゃないと思うが、デスノートかハンニバルみたいな感じで。
でも難解すぎやしないか、ジブリでハンニバルって。

459 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:32:07 ID:wAgeGuHb
>>451
王妃の「王を邪魔するな」の発言は小間使いに対してものだし、
アレンに対しての評価も間接的なものだから……
アレン自身が事件に対して詳細を語っていないから、大半を推察で埋めて語るしかなくなる。

460 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:32:39 ID:pF2vWoI6
>>439

アレンは徒歩で、食べ物や旅道具もほとんどなく、ゲドとあってる。
アレンは、アレンのいた国の中か、その付近で
ゲドとあったと思うのが普通かと。

でもゲドは世の中がおかしくなってることを調べてるくせに
王が殺された話をしないのはおかしいよ。

461 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:32:43 ID:EPrRofS5
>>453
> 親殺しの発案が鈴木であることを忘れるな
???原作にないの…?

462 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:32:49 ID:AUH1/ZTo
>>456
それならわかる
っていうか、そう言えばいいのにw

463 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:32:59 ID:9VxmBs6E
>>438
ゲドはハイタカを自由に扱えるから、ハイタカという名前の由来になっている。
変身したんじゃなくて、ハイタカ(鷹)をあやつっていただけでしょう。

464 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:33:48 ID:38HNEztv
>>458
デスノやハンニバルは矯正不可、
ある意味完成された精神だからこそ魅了される人も出てくるのに
アレンは未熟で自己矛盾しまくってるだろ。

465 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:34:02 ID:EPrRofS5
>>460
アレンは徒歩?
ヤックルに乗ってたじゃん。

466 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:34:28 ID:4xYVLdMV
>>439
> >>422
> 確かに、その通りかもしれない。説明がなされていないので観客には
> この世界がよくわからないだろう。しかし、冒頭での海のシーン。難破船の
> シーン。アレンが賊に襲われるのも海辺。海が多い世界だということはわかる。
>
わからないよ。単に、海岸付近が舞台になってるだけでも何の矛盾も無い。

> アレンのいた国と、ホートタウンは別世界だと想像できる。アレンの国は、かなり
> よく統治されている国だと想像できる。
そんな国から王を殺した王子が逃亡できるのはおかしいでしょ?

> 農家支援なんてしませんよ。そうゆう、よく統治された国に、奴隷市場がおおぴら
> にあるのはおかしい。正門から奴隷が牛車に乗って堂々とやってくるなんて。
それは、「異変が起こってるから」で説明がついちゃう。

> それから、刀剣屋が、王家の宝剣の価値をぜんぜん、わかっていない。
あの剣については、観客にもどんなものかさっぱりわからない。
だから、露店の商人が知らないということからは、何もわからない。
(ちなみに原作では、あの剣は伝説の英雄が使った有名な剣で、
外国人だから知らないなんてしょぼいものではないよ。)

> それから、追っ手がかかっていないこと、王の死に関する話題もないことから
> 逆手にとって考えれば、アレンが、遠い異国の地に来ていると解釈することに
> なるだろう。
王の死は隠されているとも考えられる。
また、あんな無防備な王子が無事に逃げられたのがそもそもおかしのだから
追っ手が居ないから遠い異国だというのは無理がある。

つまり、辻褄をあわせようとすると、別の矛盾が浮かんで来ちゃうんだよ。
設定段階で整合性が考えられていないと考えた方がずっと自然。

467 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:35:00 ID:hV7nE0xH
>>458
少なくとも「通り魔的メンタリティ」を排斥しようとしていないのは確かだろ。
「当然思わなければならない」なら、そうなんだよ。
映画ってのは、ひとまずは「見たまま・聞いたまま」であってね。

468 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:35:14 ID:pF2vWoI6
>>465
ヤックルはゲドの方が乗ってたものです。

469 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:35:31 ID:qW78sxDz
影は闇に帰れ!でテルーがクモを殺して唖然としたけど
これと比較したら父親殺しなんて軽いジャブ程度だよ。
原作者の影を闇から救って自分の一部にする考え
を真っ向否定している。
よく物語の深層心理学でゲド戦記の影の概念が取り上げられる
けどここまで勘違いしている人がいることに驚いた。

470 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:35:48 ID:BaBLQ8iT
>>461
ないよ・・・
というか原作ファンが一番怒っているのはそこです。

471 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:36:07 ID:9VxmBs6E
>>457
狼に対して、お前がオレの死か、と言っていたし、やたら自暴自棄で、
自分の命なんてどうなってもいいとか言って、テルーにたしなめられていたじゃん。

472 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:36:08 ID:wAgeGuHb
>>461
ル・グウィンのゲド戦記と吾朗ゲドは
一部の名詞が共通しているだけで全く無関係の別物です

473 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:36:27 ID:EPrRofS5
>>468
アレンだよ!

474 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:37:06 ID:pF2vWoI6
>>473
ゲドが徒歩?

475 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:37:29 ID:BaBLQ8iT
お座りしたのは、エリノア。逆立ちしたのは鈴木だったよね?

476 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:37:55 ID:EPrRofS5
>>474
だって狼から逃げるときアレンはヤックルに乗ってたじゃん。
いつゲドから強奪したんだよ。

477 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:38:01 ID:fhH5CT1E
ゲドは最初舟に乗ってきたんじゃないの?

478 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:38:59 ID:pF2vWoI6
アレンがヤックルに乗ってたのなら
アレンの国とゲドとアレンが出会った場所は地続きってことになるね。
いずれにしろアレンの国とゲドとアレンが出会った場所はそう離れていなく感じる。

479 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:40:11 ID:9VxmBs6E
>>460
最初は、いろいろ持って出発したが、使い果たして、狼に食われて死ぬところだったの
じゃないかな。

王の死は、王宮内で、まだ秘密にされていたのかもしれない。ゲドがアレンの素性を
知って、あまり驚かないところをみると、ゲドにとってアレンの国は、遠い馴染みのない
国なのかもしれない。

480 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:40:24 ID:BaBLQ8iT
追っ手がいるはず。だけどそこまで描かれてない。という答えのほうが正しいようですな

481 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:41:04 ID:DbcpsWR0
鈴木P、ポスターにまで口出し、しかも俺が考えたと自慢!?

吾朗君には「名シーンを10枚描いてくれ。」と発注し直したんですが、
なかなかうまくいかない。
彼が最初に描いてきた何枚かのイメージ画を、
僕は面白いと思わなかったんですよ。
でもその中にあった竜の顔はいいと思った。
 
「竜の顔はこれでいい。この顔で全身を描いてみてくれ。
それと主人公の少年アレンが対峙する画を描いてくれないか。」と。
話したらすぐに、そこで吾朗君が竜と少年の絵を描き始めたんです。
これが構図として横位置の画だった。
僕は「これを縦の構図にしてくれないか。」と言いました。
そうすると、対峙する竜と少年を真横から見るのではなく、
左右対称がズレたカメラ・アングルになる。
ちょっと少年の肩越しに竜を見る感じになるんです。
それが今ポスターになっている絵なんですよ。

http://www.ghibli.jp/20special/000457.html


482 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:41:47 ID:EPrRofS5
>>470
そりゃ知らんかった…。
まぁあえてそうするなら意味のあるものにしてくれないと
ただのテロリストじゃん。
しかも国の危機に頑張ってる親父を殺すって
これやっぱりパヤオさんと重ねてるだろ。
アレンに親切なゲドも鈴木P。
そういう設定でもいいけど、とにかくつまらない。
オリジナルの仕掛はいくらあってもいいよ。
原作と変える以上、面白くする義務があるよ。

483 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:41:59 ID:9VxmBs6E
>>465
そうだった。忘れていた。ヤックルもどき。ゲドを乗せたりと大活躍だったね。
あのヤックルの名前が、ピックルだと思っていたよ。

484 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:42:24 ID:hV7nE0xH
俺のイメージでは
王宮とクモの城は大阪→高松位の距離だな。

485 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:42:30 ID:4Telkrhs
アレンは獣の群れから逃げるときヤックルに乗ってたよ。
そしてヤックル共々ずっこけてた。
あのときナウシカのユパさま思い出した。

486 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:42:36 ID:BaBLQ8iT
>>479

そんなに長い間 逃げるほどの一般社会適応力(かれは王族だからな)
がアレンにあるとは、どう考えても、説明つかないんだが・・・・・・

アレン王子がそんなに、逃亡の準備を一人で出来るとは考えられん

487 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:43:00 ID:EPrRofS5
>>478
まあ隣国ってことでいいんじゃないの?
この映画のダメな点でいったらそこはたいした問題じゃない。

488 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:43:09 ID:wAgeGuHb
>>469
生死の価値を説く説教も微妙にずれているし・・・
別物にするのは構わないが、安直に歪めるのは頂けないと
西の善き魔女も言っている

489 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:44:30 ID:pF2vWoI6
>>479
そこまで憔悴してなかったと思うが。
ゲドが食べ物あげたときもそんなに飢えてなかった。

王の死って隠しようがなくないか?
アレンがゲドとあったのはさすがに死んだその日じゃないだろう。

490 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:45:28 ID:9VxmBs6E
>>478
ヤックルだって船に乗せることはできるでしょう。原作で考えれば、当然船で移動だよ。

491 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:46:06 ID:BaBLQ8iT
>>483
これこれ、それは【普通に面白い】【ピックル乙】というスレタイのときの
勘違いネタではないか。

ヤックルに謝れよぉ〜



492 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:47:07 ID:pF2vWoI6
>>490
クモもテルーもテナーも原作からありえないご近所さんなのに、
なんでそこだけ原作なの?


493 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:47:59 ID:EPrRofS5
>>485
今回の原点回帰的な意味で冒頭はそうとうナウシカ意識してるよね。
廃虚の街で何か踏んでとか同じじゃん。その後の両手剣とかもね。
まぁそこはいいよ。これから始まるストーリーの冒頭としては。
その後がなぁ…。
結局ポートタウンだけで簡潔するどーでもいい話。
世界がおかしくなってるとか言いながら
RPGでいう最初の中ボス倒して終わりだもん。


494 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:48:26 ID:dotqcJ2i
【ガラガラ】【ガラガラ】

495 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:49:19 ID:pF2vWoI6
あんまりテナーもテルーもクモのことに詳しくないよね。
歩いていけるくらいのご近所なのに。

496 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:49:20 ID:9VxmBs6E
>>489
武田信玄は自分の死を3年隠したというぞ。影武者ぐらいいるだろ。
王の死をしばらくの間隠しておくなんてことは、いくらでも可能だ。

497 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:49:27 ID:wAgeGuHb
>>486
計画犯罪じゃあ心神喪失による減刑も無理だね

498 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:50:40 ID:dotqcJ2i
>>496
ネットの発達した現在では不可能
戦国時代に2ちゃんがあったらニュー速に立てられてる

499 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:50:45 ID:4xYVLdMV
>>479
> >>460
> 最初は、いろいろ持って出発したが、使い果たして、狼に食われて死ぬところだった
そんなことは一言も説明されていない。

> 知って、あまり驚かないところをみると、ゲドにとってアレンの国は、遠い馴染みのない
> 国なのかもしれない。
そうだとしたら、何故ゲドがアレンを同行者にしたかが説明がつかない。
(剣と名前でアレンの素性に気付いたという解釈ができなくなる)
また原作では大賢人は世界中の事情に精通している。

>>490
この映画のヤックルはアレンを載せて泳いで海を渡れるんだよ。きっと。

いずれにせよ、作中に説明が全くないので、どうにでも解釈できる。
脳内であれこれ辻褄をあわせるのは勝手だが、それが正解のように説明されても困る。
あの映画は基本設定すら客が理解することができないくらい説明不足なんだよ。

500 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:52:11 ID:38HNEztv
>>489
周りが優秀なら、王が病床に臥せられた。長くないかもしれない。
とアナウンスし着々と穴埋め作業に奔走。
数ヵ月後に病状悪化により亡くなられた事を発表し次代につなぐ、くらいはすると思う。

が、この場合はアレンには死んでてもらった方が都合が良いな。
穴埋め作業をする、って時点で殺して逃げた奴を後継者にするとは思えんしアレンに居場所などない。

501 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:52:24 ID:4Telkrhs
>>493
鈴木さんがお父さんのコンテ参考にしろって言ったから
そのとおりにしただけだよ。

とっても素直な人ですよね。

502 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:52:24 ID:AUH1/ZTo
えと…
罪を背負って自暴自棄な人に向って、
簡単に「生きろ!」って言えないよね?

503 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:53:01 ID:7qJVSoc+
>>499
もののけ姫のヤックルは泳げたよな。

504 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:53:14 ID:ugdNUl7i
理由なき親殺しや、竜に変身するヒロインを描きたいなら
別にゲド戦記が原作である必要はないんでは。
もちろん、原作者のOKが出た以上そのネームバリューを
利用しない手はないけどさ。

原作を読んだ上で必死に補完しようとしたら無理があるし、
読んでいなければまず世界観がワケワカメ、
テナーの過去に関する思わせぶりな台詞も理解不能。
完全に原作から独立させた作品とも思い難い。
せめてタイトルが「ゲド戦記」でなければ心安らかなのに。

505 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:54:01 ID:hV7nE0xH
馬なんて出先で買えばいいだけじゃないのか?

506 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:55:16 ID:DbcpsWR0
ロマンアルバムの83Pに地図が出てましたよ!!!
「映画の主な舞台となるホートタウンは内海の南方、
アランの故郷エンラッドは北海域にそれぞれ位置している。」
と説明文があります。

簡単に説明するとアレン王子のエンラッドは北の方の島で
ホートタウンは結構でかい大陸をはさんだ反対側の南の島です。

507 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:55:22 ID:AUH1/ZTo
人間の成長過程で、精神的親殺しは必要なわけで、
「理由なき親殺し」なのだとしたら、意図がまったく不明。
スキャンダラスなだけ…

508 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:55:42 ID:pF2vWoI6
>>500
そういうエピソードがあの映画に出てくるならともかく
父国王を殺しといてその後のエピソードはなにも出てこなかったのが凄い。

509 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:55:59 ID:BaBLQ8iT
>>482
(原作変えすぎて)映画のアレンが旅に出る理由がなかったそうだ。
そこへ鈴木が一言『王を殺しちゃえばいいんだよ』

以上で挿入された、なんの伏線もない設定です。

まぁ、ゴローのハヤオ殺しと受け止られるであろうという計算も鈴木にはあったろうね

510 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:56:44 ID:hV7nE0xH
世界観は別に訳分かんないってこと無いと思ったけどなぁ…

511 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:57:26 ID:BaBLQ8iT
>>506
ロマンアルバムは本当に神だな

なんでも載ってるではないか・・・

512 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:58:03 ID:pF2vWoI6
>>505
出先で馬買うくらいしっかりしてるのに
狼と出会うと急に無気力なのはなんでだ?

513 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:02:36 ID:EPrRofS5
魔法が弱まってるって設定も原作どおり?
そもそもゲドはもっと仕事しろ!
畑耕してる場合か!

514 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:02:37 ID:hV7nE0xH
狼は「これでどうかお引き取り下さい…」って袖の下を渡しても受け取ってくれないもの。

515 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:02:52 ID:fhH5CT1E
この「ゲド戦記」をゲームにしたら、ひどい糞ゲーになりそうだな。

ファンタジー系のRPGのオープニングでお約束の「王子が旅に出る」前に
まず父親を刺さなくちゃならなかったり、
パーティーにいる賢者が役立たずだったり、
セーブポイント「テナーの家」から、ちょっと歩くと
ラストダンジョン「クモの城」に到着してしまったり、
(しかもダンジョンというほど複雑でもなかったり)
敵は雑魚数人と、ウサギ(中ボス)、クモ(ラスボス)しかいなかったり、
アレンの装備している剣は一度しか抜けないアイテム扱いになってたり…。
さくさく進めたら1時間ぐらいで終わりそうだし。

516 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:03:16 ID:4Telkrhs
>>512
お父さんの考えたカッコイイあのセリフを言わせたかったからだよ。

517 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:04:40 ID:hV7nE0xH
ゲームにするって噂はやっぱただの噂なのか?
>>515の内容で3000円だったら買うぞw

518 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:05:02 ID:wAgeGuHb
王子様が使う必要のない金銭を持ってるとは思いにくいが…
身の回りの品を切り売りすれば路銀程度にはなるか
(質品の流通とかのことはあえて考えない)

>>506
一応原作どおり、というか原作からそのまま引っ張ってきただけなのか・・・

519 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:07:01 ID:BaBLQ8iT
お前が俺の死か・・・って影の発言としては、著しくおかしい気がしてきた・・・

520 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:07:05 ID:4xYVLdMV
>>518
設定上は原作通りの地理関係だとすると、
危ない町中で無防備に居眠りしちゃうアレンが、
無事に逃亡できたのが本当に不思議だ。

521 :515:2006/09/03(日) 03:07:10 ID:fhH5CT1E
>>517
プレイ時間1時間で\3,000じゃゲド戦記の映画より割高になりますが、
それでもよければ…。

522 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:07:48 ID:9VxmBs6E
>>506
それって、原作の地図に近そうだね。原作どおりとしたら、大体1300キロぐらい
離れているから、東京と北海道ぐらいの距離だね。

523 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:08:15 ID:BaBLQ8iT
映画やゲーム買うくらいなら、ロマンアルバムを2冊買うね

今回の映画で一番実が実ってるのは、この本だ

524 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:09:48 ID:hV7nE0xH
>>521
割高とか言ってんなよw
今度出る任天堂のWiiってのでグッサリ刺してみたいものだ。

525 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:13:34 ID:DbcpsWR0
>>522
ロマンアルバムに距離も載ってた。
直線距離で800マイル。
もちろん途中海やら山脈やら海峡などいろいろ書いてあるけど。

526 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:16:27 ID:wAgeGuHb
>>513
世界全体の魔法が弱まり、失職するまじない師が出るのは原作どおり。
描写の経緯は全く異なるが。
ゲドは最後で役立たずになることもなく、それなりの見せ場もある。

527 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:18:04 ID:9VxmBs6E
>>525
私も800マイルで計算した。しかし、こんなに離れているのに不親切な映画だね。

528 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:19:33 ID:BaBLQ8iT
その割には、アレンは薄汚れてなかったな・・・

529 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:19:34 ID:7qJVSoc+
子供が怖がるアニメって最悪だなw

>なんていうかシリアス路線?後ろの子供が「怖いよ〜(; ;)」って言ってたので、
子供は怖がると思います。
ttp://carlife.carview.co.jp/User.asp?UserDiaryID=2428270

530 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:50:04 ID:SaaeXYnE
今は親殺しがリアルだ、なんて感覚で作品に使っちゃそうなるでしょ。

531 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:51:14 ID:AUH1/ZTo
なんか、余計なものをいっぱい付け足した作品だという事がわかった

532 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 03:54:52 ID:BD9nlx2L
>>531
典型的素人仕事なんだよな
演出の仕事は、色々な要素を取捨選択することなのに、素人は
思いついた事をなんでも入れようとする

533 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 04:54:47 ID:SaaeXYnE
鈴木Pの罪は重いな。
まだ公開中だからプロデューサーが肯定しかできないのはわかるが、
イベントのポスターに浮かれてサインなんかしてるってことはつまり、
鈴木P本人はいい映画作ったつもりなのかな。

534 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 04:56:07 ID:SaaeXYnE
いや、いい仕事したつもり、か。

535 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 06:11:07 ID:KMl+ep14
狼に追われて転んだあと、狼が一匹もヤックルを襲わなかったのはなんで?
まさかヤックル、アレンを置いて逃げたのか?!


536 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 06:20:29 ID:R3Aqt2NI
まさかもなにもないだろ。

537 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 06:24:05 ID:FCPV9pMN
>>533
収益が取れる映画がいい映画でしょ、鈴木Pには

538 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 06:30:19 ID:PMMp9qrN
まあ、ゲドはいい映画だもんね。原作を良くまとめてあるし。

それに興行も成績がいい。ここのところの粘り腰というか、スーパーマンに
首位を取られても再奪取する安定ぶりはいいねえ。売れるということは
万人に認められてるということなんだよな。宣伝やブランド力でいけるのは
初動から2,3週まで。それ以降は作品の持つ力だよ。

こりゃゴローの第二作目もあるな。


539 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 06:47:05 ID:SaaeXYnE
>>537
そう突っ込まれると思ったんだけど、それは単発プロデューサーとしての話ね。
原作者に批判されても「原作の精神は生かした」とかさ、内容的にもいいつもりかな、と。
あれだけ自分の意向丸出しで一から十まで指示して作ったんだから、そうなるかな、と。
プロデューサーなのに前に出てきて、サインするくらいだからそうかもな、と。

>>538
わあすごい。
個性的な意見をお持ちの方ですね。
タテなのかな?

540 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 06:59:35 ID:5AUEBVvi
最後の砦だったアニメーションが見事に崩壊したわけね。
かの国の法則になったか。新しい芽に期待だな。
危機感持たない奴はだいっ嫌いだ!

541 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 07:15:01 ID:pNi86U+/
読売の『ジブリをいっぱい』にフィルムコミック担当編集者から
コメントが出ている。
ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/cnt_ged_20060830a.htm

原作破壊への批判に吾朗は耳を傾けなくてもよいが、世界観は
イマイチで目新しい部分はない、というよくわからん文章。

第二回、第三回作品を作ること前提になってるのは、週刊現代で
鈴木が出したコメントに通じるものがあるが。

フィルムコミックはロマンアルバムと違って、ジブリが編集の
主導権持ってんだよね?映画評論家の絶賛コメント入りだし。

542 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 07:36:16 ID:gevc9XfJ
>>541
読んだ
つまり

アホの子のやったことだから責めんといて
そりゃここもここもヘンだけど…いかんいかん、そんなの数えてもしょうもな
ウチも覚えがあるけど、エライ父ちゃん持つとタイヘンなんよ
あそこの父ちゃんも、大概ヘンな人なのは知ってるでしょ
それに免じてカンニンな

と書いてあるわけだ

543 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 07:45:42 ID:QXQrJUNO
>>541
ネットに転がってる書き込み寄せ集めたようなクソ文章。
しかも評価点・批判点ともに、印象と思いこみと事実誤認と審美眼の低さだけが根拠だよ。
賛否合わせて今までメディアに掲載された評の中で最もアタマ悪いなこれは。

岸川靖っていうの?その名前、覚えとくよ。
この恥知らずの阿呆の仕事には絶対に金を払ってはいけない。
ある意味ごろうと同レベルかそれ以下だな。

544 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 07:49:50 ID:PxHIknz2
>説明不足とも思いませんでした

> 例えば、冒頭、アレンが父を刺します。

> この説明が不十分。

矛盾してるじゃん

説明不足だった魔法の剣にも説明加えてるじゃん

どうせ身内なんろ?意味ねーよ

545 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 07:54:25 ID:xmrooWZu
時かけは映画紹介の番組やアニメ関係者や批評家の記事なんかでも、
手放しで絶賛ってのが、つーか絶賛ばっかりが目につくけど、
提灯記事以外でゲド絶賛ってのはまったく見ないね。
叩かれてばっかりで、せいぜい「悪くはない」程度の曖昧なほめ方。
褒めなきゃならないんだけど、褒めると見識を疑われるって辛い立場の人もいるだろうね。
時かけ褒めるついでにゲドを皮肉るってパタンも見かけるのがなんとも。

546 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 07:56:56 ID:pNi86U+/
>543
岸川靖の本一覧。スタトレ物が多いが、過去にアニメージュ文庫で
ΖΖのプル本も担当している。
ttp://books.livedoor.com/search/gci/?type=author&word=%B4%DF%C0%EE+%CC%F7

547 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 08:12:22 ID:RQ8WYqq3
>宮崎吾朗第3回作品までは可能です(笑)

548 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 08:24:50 ID:h808wMfS
>>541 寄稿「ゲド戦記」私感 岸川靖(2006年8月30日 読売新聞)

説教くさい。深刻なドラマの中で息が抜けて、子供の観客が喜ぶような、遊びのシーンもないことも、作品をかしこまった窮屈なものにしています。
 原作から離れるのは構いませんが、やはり最低限のエクスキューズとか説明は必要だと思うのです。
 そのあたりがはっきりしてなかったのも、内容的に批判されている要因だと思うからです。映画「ゲド戦記」が公開されて1か月。巷には、作品の内容に対して、賛否両論が広がっている。

世間で言うほどひどい出来では全く無いと思います。説明不足とも思いませんでした。ただセリフが多すぎると感じました。
原作付きの漫画のネームが多く感じられる印象と同じです。それなのに、これだけ批判が出るのは、ひとえに父親と比べられたからです。
 厳しい批判は、宮崎駿の息子、そしてジブリというブランドであるからだと思います。

ここからは、あえて書く苦言になります。
 ひとこと言うなら「監督の顔が全く見えない」ってところでしょうか
本作を観た友人の漫画家と話し合った問題点です。
 宮崎(駿)さんの素晴らしい構図も、アイデアも、勢いも無かった。
 高畑さんのような、計算された緻密な演出力も感じられなかった。
 さらに 原作である「ゲド戦記」の世界観がキチンと描かれていないという点も気になります。
 当初、ジブリの野崎さんの説明だと「『太陽の王子 ホルスの大冒険』のような作品にしたいと監督は仰っています」とのことでしたが、
ホルスとヒルダが、男女入れ替わり、敵役であるグルンワルドがクモになって、岩男のモーグがハイタカって男になってる以外は あんまり差は無いのでは、という結論に達しました。

冒頭、アレンが父を刺します。 この説明が不十分。

PS ところで、私が構成しているフィルムコミック版「ゲド戦記」。作業は終了しましたが、編集製作用の台紙が、1500枚ほど残ってます。
これだけあると、宮崎吾朗第3回作品までは可能です(笑)。
(編集者・岸川靖)
ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/cnt_ged_20060830a.htm

549 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 08:27:18 ID:U1Cg6dfw
>>541
うわ、ほんとにホルスをやろうとしてたんだ・・・・
高畑勲解説「ホルスの映像表現」ちゃんと読んだのかな


550 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 08:34:08 ID:0Lon1yKK
>>548

ヒルダはアレンみたいな意味不明なキャラじゃないぞばかもん。


551 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 08:36:38 ID:PxHIknz2
つーか 叩かれてる原因って
CMではファミリー向けをアピールしてるのに
子供にはわかりずらい大人にもつまらない 
ジブリブランドを信用して観に行った人を裏切った切ったからだろ?

>子供の観客が喜ぶような、遊びのシーンもない

ウサギやおばちゃん二人で遊んだつもりだったんじゃないの?
ないんじゃなくて、本人は入れたつもりがおもいっきり滑ってるだけじゃん
 

552 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 08:52:58 ID:BD9nlx2L
本当はボロクソに言いたいけど、大人の事情で無理だから、
宮崎駿に比べてという但し書きをつけてるんだろ
文章が支離滅裂なのは本音と事情の矛盾のせいかと

553 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 08:56:39 ID:GjfF38WA
岸川よ、原作ファンは「違う」っていっているんじゃない。
「この原作の名を冠する必要がまったく無い」って言っているだけだ。

俺は原作と映像は違うと考えているが、小説を読んだら
十人が十人とも想像するものが違うというだけで「違う」と
いう人間の意見を退けるのは、視野狭窄としか思えんよ。

554 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 08:59:59 ID:Rd9JV/7y
>>541
フィルムコミック担当編集という身内の立場にありながら、
しかも読売にむけての寄稿という条件の中で、
いろいろオブラードに包みつつ、しっかり批判している文章なんだが・・・。

特に、
>ひとこと言うなら「監督の顔が全く見えない」ってところでしょうか。
の部分は大いに共感できる。

前半の監督擁護の部分はあってもなくてもいいような内容だな。
まあ、この部分がないと掲載されないんだろうが。

555 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 09:03:48 ID:Rd9JV/7y
あと、

> PS ところで、私が構成しているフィルムコミック版「ゲド戦記」。
> 作業は終了しましたが、編集製作用の台紙が、1500枚ほど残ってます。
> これだけあると、宮崎吾朗第3回作品までは可能です(笑)。

これは、「第3回作品まで想定している」という意味ではないだろう。
深読みすると、
「想定していたより単純な作業でおわった。その程度の作品だった」
というイヤミにも取れる。

556 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 09:12:33 ID:BD9nlx2L
>>553
そんな常識的なことは、おそらく百も承知だと思うぞ
立場上こういう擁護部分がないと原稿がなかった事にされるからしょうがないだろ

擁護部分は「ハヤオと比べたらきつい」「原作物は原作とは別物」という、ゴローに
限らず誰にでも当てはまる一般論で、批判部分は詳細で具体的
こういう場合本音はもちろん批判部分だろ

557 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 09:38:07 ID:gHgcZ6pF
穏やかな文章で酷い事書いてあるね、この批評。気に入った。
そんなに悪くないよ、シリーズ物の一話30分の物に比べれば、って言ってるんだから。

558 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 09:42:20 ID:22kqf7Rh
> 原作者がどう思うと、変えるのには異論はありません。

 「どう思うと」は「どう思おうと」の誤記だろうな。
 文章上はゴロー擁護なのに、読売新聞としては触れたくないはずの
原作者が批判しているという事実を臭わせているのは岸川の良心の
なせるわざか。

559 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 09:49:17 ID:NG+fJk6U
>>555
> PS ところで、私が構成しているフィルムコミック版「ゲド戦記」。
> 作業は終了しましたが、編集製作用の台紙が、1500枚ほど残ってます。

それだけ今回の「ゲド戦記」では、
フィルムコミックに使いたいシーンが少なかった、ということか。

560 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 09:52:39 ID:SaaeXYnE
>>415
これ想像ネタ?
それともロマンアルバムみたいにどっかに記事あったの?

561 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 10:03:59 ID:N39JubRt
>>559
この映画中身スッカスカって思いっきり書いちゃってるなw
どちらかといえばジブリサイドの立場だろうに凄い辛口じゃん岸川

562 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 10:37:49 ID:pF2vWoI6
批評家やマスコミ、スポンサーまであんまり庇わないってことは
既にジブリブランドの価値は下降してるってことだと思うぞ。
ジブリのご機嫌をとる必要もないと考えてるんだな。

563 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 10:42:26 ID:9VxmBs6E
「千と千尋の神隠し」、「ハウルの動く城」より、「ゲド戦記」のほうが物語りとしての
整合性はあるって、いったい・・・・・

564 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 10:43:49 ID:qviGFffM
>>524
500円でも買わねえよ

565 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 10:44:02 ID:2hHxg9ZU
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/cnt_ged_20060830a.htm
ジブリをいっぱい
寄稿「ゲド戦記」私感 岸川靖

セリフが多すぎると感じました。原作付きの漫画のネームが多く感じられる印
象と同じです。

ひとこと言うなら「監督の顔が全く見えない」ってところでしょうか。個人的
には、映画は面白くてもつまらなくても、監督が何がやりたかったのかを分かれ
ばよしとしています。それが好みであると無かろうと。

今回の映画に似た印象の類似物を探すと“宮崎駿がかかわっていない”「テレ
ビ版・名探偵ホームズ」が近いと思います。つまり、単なるしのぎの各話演出の
一本。演出家の個性が感じられないフイルムに仕上がっていたということでしょ
うか。

宮崎(駿)さんの素晴らしい構図も、アイデアも、勢いも無かった。

高畑さんのような、計算された緻密な演出力も感じられなかった。


566 :565:2006/09/03(日) 10:45:11 ID:2hHxg9ZU
さらに 原作である「ゲド戦記」の世界観がキチンと描かれていないという点
も気になります。

絵的には、宮崎アニメ盛りだくさんという印象ですが、全体的にお行儀よく、
まとまって終わりで、未見のイメージは無かったというのが正直なところです。

世界観さえ確立していたら、もう少し評価も異なっていたと思います。

説教くさい。深刻なドラマの中で息が抜けて、子供の観客が喜ぶような、遊び
のシーンもないことも、作品をかしこまった窮屈なものにしています。

原作から離れるのは構いませんが、やはり最低限のエクスキューズとか説明は
必要だと思うのです。そのあたりがはっきりしてなかったのも、内容的に批判さ
れている要因だと思うからです。

本作は妙に老成しているのも気になりました。それが物足りない部分かもしれ
ません。

クモがあまり強く見えないし、怖くありません。魅力的な物語には、魅力的な
悪役が必要です。

よくできたフィクションの世界は、それだけで楽しいが、中途半端な物は駄目
ということでしょうか。


567 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 10:46:52 ID:pF2vWoI6
>本作は妙に老成しているのも気になりました。

だって、監督は鈴木なんだもん。

568 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 10:56:45 ID:MNivqDG9
ゲド戦記を観にいきたいが、一緒に行く奴がいなくて 躊躇している俺。
だれか横浜で観にいきたい奴いね?

569 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 10:59:53 ID:9VxmBs6E
>>568
一人で行ったらだめなの?

570 :sage:2006/09/03(日) 11:00:27 ID:MNivqDG9
>>568
周りカプールばっかだし

571 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 11:03:10 ID:rt0rQ1EO
ひとりで映画も見れないヘタレかよ?
だいたい、なんだって誰かと映画をみなきゃならんのだ?
あんな狭いシートで隣り合って映画見て面白いか?
恋人同士ならともかく、男同士なんてきしょいわ。
恋人であっても、誘った相手が、映画の途中で時計見たり携帯見たり体操はじめたりしたら、
いたたまれないだろうが。
お互いに気分悪い思いするくらいなら、一人で見て損したほうがよほど気分が楽だろ。


572 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 11:03:36 ID:NZCiJhG1
>>570
うはは、横浜とかって一人で行くと首つりたくなる時あるよねえw

573 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 11:03:49 ID:pF2vWoI6
誰か誘っても、おすすめしたら詐欺だからなあ。

574 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 11:04:04 ID:N39JubRt
>>567
しかも>>415みたいな若者像持ってる老人だからな
日本の若年層は全員患ってると思い込んでるらしい
あと自分で若者若者言ってるわりに全然若さのないゴローとか

575 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 11:04:11 ID:OcbBZSTb
確かにカップルが見に行く映画としては
ジブリブランドは無難だと思うよな

576 :sage:2006/09/03(日) 11:08:58 ID:MNivqDG9
>571
いや、映画って、誰かと観るもんじゃん。
チケット買うとき、「学生.... 独り」とか言うの寂しいじゃん

>572
罰ゲームでつかえそうだ。

>573
自己責任で。

577 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 11:10:22 ID:9VxmBs6E
>>570
そこらへんをウロウロしている女の子(男の子?)に、「映画いっしょにみてもらえませんか?」
と声をかけて、即席カップルでみるというのは、どうかな。

578 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 11:11:18 ID:N39JubRt
なんの罪もないカップルの多幸感を
微妙な空気に変えてしまう魔法の映画です

579 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 11:13:36 ID:pF2vWoI6
>「監督の顔が全く見えない」
鈴木やスタッフが作ってるから

>絵的には、宮崎アニメ盛りだくさんという印象ですが、全体的にお行儀よく、
>まとまって終わりで、未見のイメージは無かったというのが正直なところです。
ハヤオの絵コンテ集まるうつしだから。
過去の作品にない場面はない。


580 :sage:2006/09/03(日) 11:14:28 ID:MNivqDG9
>577
俺にそんな勇気があったら
今頃30人くらい"お父さんがいない子供"が生まれてるだろうな。
どうでもいいが、ゲドと関係ない話でスマン

581 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 11:17:04 ID:rt0rQ1EO
>>580

>今頃30人くらい"お父さんがいない子供"が生まれてるだろうな。

童貞かよ。

582 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 11:18:22 ID:wAgeGuHb
>>574
40がらみのオッサンのどこが若者なものかよ

顔は若いけど

583 :sage:2006/09/03(日) 11:22:32 ID:MNivqDG9
>>582
童貞無罪!! 童貞無罪!!

584 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 11:24:53 ID:k9ZK5sQE
年の食ったおっさんからすると
若者は全て何も考えてなくて突然キレ始めて
特に理由も無く人を殺すような存在に見えるんか。

殺人ニュースでしか若者を知らんせいか?
もしかすると情報でしか他人とつながってないのは
おっさんの方かもな。

585 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 11:27:38 ID:GjfF38WA
>>581
つttp://www.eiga.com/official/40DT/

586 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 11:35:06 ID:wZ7d39H2
>>241のスケジュールは現地時間だから
(日本時間の今日中に次スレ突入した場合は>>241
 日本時間を加えた形でテンプレ化したらよいと思う)
今は2日のスケジュールが終わった直後とみていいのかな?
日本時間の明日未明(サウジ戦が始まる直前)には
3日の一般上映が終わるのでその後でベネチアの反応が
伝わってくるのかも。ベネチアに神がいたら報告を期待したいのだが。

587 :sage:2006/09/03(日) 11:36:57 ID:MNivqDG9
>>585
勇気が出た

588 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 12:03:13 ID:OcbBZSTb
オウムの洗脳どうこういってたころから思ってたんだけど、
マスコミは国民を洗脳してるんだからあんたらが批判するな
って感じだ。
あと、なんかネタにされてた。
http://www.vipper.org/vip328604.jpg

589 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 12:40:26 ID:omChax1Z
原作者激怒

590 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 12:42:23 ID:S3Tsohws
>>541
ゴローちゃん、幸せだねえ。
こんなこと言ってくれる人が身内にいるなんて。
普通、何にも言わないよ?

591 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 12:46:56 ID:H1d1nrCn
> 個人的
> には、映画は面白くてもつまらなくても、監督が何がやりたかったのかを分かれ
> ばよしとしています。

この文の中の 「面白くても」という表現は必要ないな。
だって、面白ければ、監督が何をやりたかったのかを考える必要はないから
それに「よしとします」というのは、妥協的な肯定の表現でしょう。本来は、よしとしたくないわけですよ






592 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 12:49:04 ID:9VxmBs6E
>>588
直接ネタになっているところもありましたね。
お地蔵さんが、ゴローン(吾郎)と横になっている。

593 :名無シネマ@上映中 :2006/09/03(日) 12:59:18 ID:zsRr/Ozn
>>560
ロマンアルバムに載ってる。

ベネチア映画祭「パプリカ」1時間で完売
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060903-00000010-nks-ent
ゲド話題にもならないみたい。

594 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 13:01:57 ID:wZ7d39H2
>>593

一昨年だったかカンヌで、最初はキムタクの話題ばかり
伝わってきたのに柳楽くんが男優賞を取って一気にキムタクの
話題が消えたのを思い出した。あれはまだキムタクが悪いとか
って話じゃなかったと思うけど今回はなあ。

595 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 13:07:00 ID:H0QWehPN
あまり酷いと聞いたので、一日に(1000円)観てきた。
素人監督にしては頑張ったんではないかい?いきなり大作作れといっても無理だろ?
長くアニメで飯食ってきたのに酷い映画作る監督よりはまし。
ま、緊張感のない演出は問題ですがね。技術だけが取り柄のジブリスタッフは背景と絵だけでも力
いれてやれよ!そこだけでもしっかりしてればまだ観れたかも…。


596 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 13:11:31 ID:2hHxg9ZU
◇52人中49人から「このレビューが役に立った」という評価を得ています。◇
これから見ようとされる方へ。

・できるだけ子供は一緒に連れて行かないこと。
・今までのスタジオジブリだと思わないで、ちがうスタッフが作った作品だと思って行くこと。
・決してファンタジー映画だと思わず、別ジャンルの映画だと思ってください。
・原作はありますが、原作者はこの作品を「ゲド戦記」だと認めていない作品であるということを前提にして下さい。
・同じ宮崎でも、全く関係のない宮崎であるということ。
・ただ、公開の合間に作った、間に合わせ作品であると認識して下さい。
・宣伝ばかりが先行し、スタッフが足りないのに、強引に公開に間に合わせた映画であること。(あのカットや背景は、まさにって感じです。)
・原作は、世界的に有名な作品であるが、映画ではいつも不遇な目にあっている作品であること。
・スタジオジブリ作ではなく、スタジオ鈴木P作であること。
・監督は、ド素人で才能がない人間であること。
・優秀スタッフがジブリから離れていたこと。

以上を前提に見に行かれると、失望もしないし、見に行ったあと後悔もしないと思いますよ。

これほど皆が不幸になった作品も少ないでしょう、なぜなら皆期待が大きかったからです。


597 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 13:15:59 ID:SOh4IRK6
お前らバカにしてられるのも今のうちだからな。後で吠え面かくなよ

598 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 13:21:55 ID:AUH1/ZTo
596と思っても観に行く人って…
自分は596と思ったから行けないのだけど。


599 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 13:22:24 ID:5fOAQaPH

          ____   
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\      
    /   ⌒(__人__)⌒ \   <お前らバカにしてられるのも今のうちだからな。後で吠え面かくなよ
    |      |r┬-|    |   
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //   だっておwwwww
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /     バ
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バ   ン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、    ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



600 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 13:26:28 ID:EXjdEsry
http://www.youtube.com/watch?v=b0GRI9uAaAo&search=bear%20attack

くまーーーー

601 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 13:29:34 ID:3za2wquc
「後で」っていつだろ。近い未来だと、ベネチアで絶賛されるとか?→まずない
中期的な視点だと、カリオストロ的に再評価されるとか?
→すでに議論が尽くされた。大勢の人間が鑑賞してかつ評価を得られないという
状況はカリオストロとは比較不可能。
長期的に→これはわからんね。地質年代がひとつ変遷するころには評価されてるかも。
旧人類の遺産とか、資料的価値がでたり。あ、もうそのころには人類いねーか。

602 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 14:07:05 ID:bw7zBaRO
>>595
そもそも数十億円単位の金が動く主力プロジェクトを
素人に仕切らせる(どこまで仕切ってたか知らないが)
ってのが無茶苦茶な話。一般企業なら絶対ありえない。

これでも会社は傾かないんだろうから、ブランド力の
ついてる会社って凄いな。


603 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 14:25:00 ID:FYuPnDra
みんな電通に乗せられてるなw

604 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 14:33:54 ID:3sGiACkx
いまさらなんだけど、韓国行ったとき映画館で見てきた。
音楽と映像はすばらしいが、話が意味不明。場面がコロコロ変わるから
話しについて行くのが大変。

はっきり言って印象に残ったのは、心オナニーと首輪アレン、そして映画
が始まる前に流れた電車男のCM(キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
とか、ワクワクテカテカとか韓国人にわかるのか?)

605 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 14:42:15 ID:dotqcJ2i
結構泣けるねこの映画(5点満点中4点)
投稿者:koumonwwxさん 投稿日時:2006/09/02 21:02:37
◇54人中1人から「このレビューが役に立った」という評価を得ています。◇

郷愁を感じさせてくれる。




↑おなじみの人ですw

606 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 14:43:59 ID:IX0Nsrsr
>>509
マリーアントワネットが全裸で自爆しそうなほど画期的なアドバイスだなw

607 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 14:47:37 ID:udIgI+IF
誰かゲド戦記の新しいCMよつべに上げて

608 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 14:49:21 ID:SaaeXYnE
>>593
遅レスだがありがとう。
本当にそこまで言ってたのか…

609 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 14:51:34 ID:LftW+GeI
クモの必殺技がチョークスリーパーって…
大魔法峠の田中ぷにえかよw

610 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 14:55:01 ID:dotqcJ2i
もうパプリカはベネチアで上映されたのかな?


611 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 14:58:13 ID:OcbBZSTb
>>604
まじ韓国いくとやることないよねw
別段観光するところもないし。

612 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:01:01 ID:+608aqod
なんで話を理解できない人が多いんだ?
べつに難しくもないのに。
テレビドラマの観すぎなのかね?



613 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:03:05 ID:g282kVrR
>>610
された

614 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:05:16 ID:2hHxg9ZU
ゲドってパプリカの前に上映されたのかな、
それなら、いい引き立て役になったのではないかな。


615 :名無シネマ@上映中 :2006/09/03(日) 15:06:48 ID:zsRr/Ozn
ゲドの興行が好調だった理由

●安全重視プール低迷 長梅雨と二重苦、入場者減 近場でガソリン節約 
商業施設のシネコン人気 涼しさ求め屋外敬遠 遊園地の客3割ダウンも

猛暑が続いた今夏を総決算すると、商戦ではエアコンなどが売れた。
レジャー施設は「安心で、近くて、涼しい場所」が主流。

埼玉県ふじみ野市のプール事故、ガソリン高騰の影響を受けたようだ。
複合型映画館(シネマコンプレックス)など冷房が効いた屋内施設はにぎわったが、
遊園地やプールなどの屋外施設の客足はいまいちだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060902-00000016-nnp-l40

でファミリーはとりあえず今までのブランドイメージ安心の『ジブリの映画』となった。
親も自分も楽しむには「ポケモン、アンパンマン」よりジブリを選ぶ。
「安心で、近くて、涼しい場所」に当てはまるのはこの夏「ゲド戦記」
まさか「親殺しなんてがあるとは」ほとんどの親は想像してなかったろう。

公開前日の「トトロ」放映も小さい子供向けと勘違いさせた。
放映の順番を「ハウル」と逆にしなかったのはどうしてだろう。

616 :名無シネマ@上映中 :2006/09/03(日) 15:11:44 ID:zsRr/Ozn
>>610

SFアニメ「パプリカ」の衝撃が世界を席巻した。
世界最古のベネチア国際映画祭のコンペ部門出品で、全世界から配給のオファーが殺到している。

日本から6作品(コンペ部門2作品)が出品されている同映画祭。
先陣を切って行われた2日のプレス向け試写では、
エンドロールが始まると拍手が起こるなど、盛り上がりを見せた。
(スポーツ報知)


617 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:14:40 ID:a09U1a8A
>>612
あなたの解説をぜひ聞かせてくれ。


618 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:21:29 ID:ygr0c5AB
ゲド戦記のポスターだが、
鱸がゴローに
アレンの肩越しに竜が見える縦位置の構図で描かせたって言っているけど、
オレにはどう見ても横位置にしか見えないのだが・・・

みんなには、あれがアレンの肩ナメの竜の絵に見えるのかい?

俺の目がヘンになっている?

619 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:25:12 ID:7qJVSoc+
>>551
実際は子供が怖がってるからな。>>529のブログに子供の反応が。

620 :名無シネマ@上映中 :2006/09/03(日) 15:27:55 ID:zsRr/Ozn
>>618
俺も読んでてそう思った。
鈴木Pは思いつきでしゃべるからな・・・あてにならん。
しかしその思いつきを全部鵜呑みにした吾朗くん。

621 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:29:35 ID:4xYVLdMV
>>618
ややこしいことはわからないが、とりあえず、原作三巻の表紙はこれだ。
http://images.amazon.com/images/P/4001106868.09._SS500_SCLZZZZZZZ_V1056600785_.jpg

622 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:31:37 ID:4xYVLdMV
621のurl直だとマカエレが落ちてしまうようだ。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4001106868

623 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:36:13 ID:2hHxg9ZU
原書表紙の竜
http://www.amazon.co.jp/gp/reader/0689845332/ref=sib_rdr_fc/503-0143109-8966337?ie=UTF8&p=S001&j=1#reader-page

624 :名無シネマ@上映中 :2006/09/03(日) 15:38:22 ID:zsRr/Ozn
>>623
竜とクモ???

625 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:38:34 ID:+qbAU2pX
ジブリがジャイヤンツにみえてきた(ファンのひとスマン)

ナベツネ=すずき
ナガシマ=はやお
ハラ? =ごろー
金に任せて補強=金に任せて宣伝

626 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:39:50 ID:mKVJzG0T
>>619
クレヨンしんちゃんアミーゴの方がグロかった。それも意味も中途半端で。
ああいうのこそ批判されるべき。
必然性のあるグロならべつにあっても良いと思う。
もののけ姫だって、そうだった。

ゲド戦記の件のシーンが特にひどいグロでもないのに
なぜか批判のネタにされてるのは実に不思議。
子供が少しぐらい怖がったって別に問題ない。みんな経験するものだから。
親がフォローしてやれば良いだけ。

627 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:40:28 ID:4xYVLdMV
>>624
622はアレンと竜(オーム・エンバーかカレシン)
原作四巻にクモは出てこない。
623 はテナーとテルーとカレシンかな。

628 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:40:58 ID:2hHxg9ZU
>>624
テナーとテルーだと思う

629 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:42:44 ID:EXjdEsry
もののけはコマーシャルで腕飛んでたけど
ゲドはととろと思ってみた人も多い

630 :名無シネマ@上映中 :2006/09/03(日) 15:42:53 ID:zsRr/Ozn
>>627
ごめん原作読んでないんで。
アニメ版クモのキャラクターのモデルかと思った。

631 :こんな映画でも、存在理由があるのかなぁ、とか:2006/09/03(日) 15:50:06 ID:2hHxg9ZU
テツヤさん
10歳〜19歳
投稿日:2006/09/03 12:27:16
 この作品は、まるで僕に言い聞かせているような、そんな作品でした。
 僕も前々からずっと死のことを考え、これ以上ないという程の恐怖にお
そわれていました。死んでしまい、何もなくなってしまう、「無」がとんでもな
く怖かったのです。
 この作品でも、アランやクモがその恐怖に怯え、まるで自分を見ている
ようでした。
 アランを説得するハイタカやテルーの言葉は、今までに僕が考えたこと
がないもので、いつもは他人の言う事は否定する僕でも、心に悲しさを持ちなが
らも、受け入れることができたような気がします。
 映画を鑑賞後も、今まではいつでもリアルに想像できた「無」が想像し
にくく、その恐怖を感じることが難しくなっており、今まで感じていた不安がど
こか吹っ切れた様な感じがありました。これも、この映画によって何かを得たも
のがあり、納得してしまうものがあったからなのかもしれません。
 僕にとって、今までで最高の映画でした。この様な作品をつくっていた
だいて、本当にありがとうございます。
 最後に、僕はまだ、諦めません


632 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:53:26 ID:3za2wquc
アランktkr

633 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:54:03 ID:C3hTuAoz
>>631
よく似た、無名の別の映画と勘違いしているのかもしれん

634 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:56:14 ID:OhQ86f0w
第63回ヴェネチア国際映画祭】筒井康隆原作のアニメ『パプリカ』が5分間のスタンディングオベーション!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060903-00000001-flix-ent

ありがとう!今監督。
日本アニメの救世主!

635 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:56:42 ID:wAgeGuHb
原作読んだら「こんなのはゲド戦記じゃない」とか言い出しそうだな。
まあ、ひとそれぞれ。

636 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:57:00 ID:4xYVLdMV
>>630
言われてみれば、映画版のクモって、原作版のテナーと特徴同じだ。
黒髪直毛、白い肌。(原作二巻の時点では)黒衣の美(少)女

637 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:57:14 ID:9RznwC2n
>>605
「結構泣ける猫の映画」?見てみたいな…

638 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 16:03:35 ID:2hHxg9ZU
ハヤオと同じ賞だというので千年女優を観たが、つまらなかった記憶があるが、
ゲドがこんなことになってるときに、景気のよい話でうれしい

639 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 16:09:10 ID:8tFnpMr4
ゴローは次は夜回り先生を映画化しろよ。合いそうな気がする

640 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 16:09:14 ID:dotqcJ2i
パヤオの時代はもうおしまい(笑)

641 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 16:09:31 ID:Cmi8Gd8N
昔のアニメはTVと劇場とで
絵のクオリティにはっきりとした差があって
例えばうる星やつらとかパトレイバーだとか見るからに違ったが
最近はTVでもDVDの売り上げを見越していたりCGの技術が上がったりして
クオリティの高いものが見られるようになった。
逆にゲド戦記のように、とんでもなく低いクオリティのアニメが
劇場で見られる時代になったんだと思うと
ちょっとさびしくなりました。

642 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 16:21:44 ID:WhlnfVQ+
>>638
その映画は「結構面白い」と言う声も聞くので、人それぞれじゃないか?
ゲドは面白い・面白くない以前にアニメ・映画として成立してない

643 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 16:23:19 ID:W2RwLPOB
同じテーマなら「あらしのよるに」の方が良いと思うけどね。
なぜ海外配給しないのか。

644 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 16:27:48 ID:7oTn4DxK
結局こんな感じなのかなあ。
ジブリファン → がっかりしている
原作ファン → 怒っている
ジブリファンで原作ファン → 悲しんでいる

645 :名無シネマ@上映中 :2006/09/03(日) 16:31:09 ID:zsRr/Ozn
>>634
鱸はハウルが受賞できなかった「金獅子賞」を
『パプリカ』アニメ初の金獅子賞受賞とさせたくないんだろうな。


646 :sage:2006/09/03(日) 16:34:15 ID:H6srInov
というわけで ゲドを独りで それも横浜で観る勇気がなかった俺は 渋谷で 独りで観ることにした。

チケット売場にいたのはカブールばかり。
この映画がマジでつまらんことを祈るばかりだ。

647 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 16:41:44 ID:aG4ugO6l
>>646
しかしどうしてこうも駄作の評価が定着したこれを二人で見に行くのかねえ。

あの「悪魔男」では二人連れは悲惨な結果になったとか・・・。

二人で抱き合う場面があればそれでいいのか?

648 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 16:43:44 ID:WhlnfVQ+
何故デビルマンをわざわざ言い換えるんだ?

649 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 16:44:31 ID:++kYa8VT
こんなんあった。

斎藤佑樹VS竹石圭佑
ttp://ex13.2ch.net/test/read.cgi/hsb/1156606494/

650 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 17:08:36 ID:H6srInov
例えばおれの4列前のカブール
男のほうはなかなかの好青年だ。性格もよさげ。スポーツには向かない骨格だな。
女の方も悪くない。橋本聖子に似てるな。笑顔になるとえくぼができそうな いい骨格をしている。

こいつらこの後 飯くってくだらん会話して セクロスするつもりなんだろうな。
あの純粋そうな好青年の指が橋本のまむこの中でビチビチ音をたてて踊り狂う。
ヨガる橋本の骨格。攻める好青年の骨格。
そしてついに合体…
とか考えてるんだろうな

許せん 道程の俺をさしおいて…
ゲド たのむぞ こいつらに おまえの力をみせてやれ!

651 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 17:09:08 ID:2hHxg9ZU
今≒金≒半島?

652 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 17:09:36 ID:3za2wquc
VIPでやr

653 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 17:10:57 ID:2hHxg9ZU
この映画でカップルが不仲になるのを観察するという楽しみがあるのかw

654 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 17:18:04 ID:k9ZK5sQE
俺は女の子といったが
別に仲悪くならんかったよ。
ただ飯の時に映画の話題はほとんどしなかったな…。
語ることが何もなかったし。

655 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 17:22:45 ID:OhQ86f0w
ベネチアでのゲド戦記上映後の模様を生中継で見てみたい。
>>24
wktk

656 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 17:41:45 ID:PxHIknz2
8時間後くらいか
反応の情報が入るのはもうちょっと後かな
ワクワクテカテカ

657 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 17:42:23 ID:fhH5CT1E
今ベネチアゲド上映会ではどのあたりのシーンなんだろう

「なんだこの糞つまらんアニメは」
「ホントに宮崎アニメなのか?」
って今まさに何百人のひとに思われてるんだろうな。

658 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 17:44:05 ID:5o495C8G
原作を知ってると余計混乱する
ってのを前衛的な手法と捉えるかもしれん

659 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 17:45:37 ID:SaaeXYnE
>>618 >>620
確かに立ち位置は横だが、元はアレンの顔が見えるほど真横だったってことか…
…じゃなくて紙かもしれないな、縦構図って。オヤジはスクリーンレイアウトも考えて
イメージボード描くから、ポスターのような縦方向で一枚絵はあんまし描かない。

どっちにしても鈴木Pは本の表紙から思いついたぽいから
得意げに語るほど情けないが。


660 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 17:53:29 ID:OMSS0ePF
>>657 現地時間はだから まだ上映されてないよ

661 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 18:11:36 ID:OhQ86f0w
>>658
なんにしろ、この異常な興行収入がつづく日本よりも
まっとうな評価が出るだろうことは予想できる。

662 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 18:17:41 ID:OMSS0ePF
まああのスチームボーイも華麗にスルーされちゃったしな

スチームボーイも取ってつけたようなつまらない話だったが
話の整合性は取れていたし、
アニメーション自体は良かったし

ゲドはそれ以前だからなァ

663 :名無シネマ@上映中 :2006/09/03(日) 18:18:07 ID:zsRr/Ozn
初号完成試写の後のロビーでの映像で

博報堂DYMP藤巻直哉が鈴木Pになんか話している。
カメラが近づいていくと

・・・・・鈴木P「あたりまえじゃないか(怒)」
鈴木P大声でみんなに聞こえるように
「みんなが○○してる中で(○○は聞き取れない)
ひとりだけつまんないって言ってるやつがいるんだよ」と・・・
藤巻「ちょっとまってよ・・・」
鈴木P「ほらカメラ写ってるよ」
藤巻「いやいやゲド戦記最高です!さいこう(笑)」

ジブリチャンネル
https://www.4cast.co.jp/ghibli/entrance.cgi
会員にならないと見れない。ほかにもゲドの裏話映像満載。

664 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 18:21:51 ID:dotqcJ2i
>>663
宣伝乙

665 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 18:41:37 ID:2hHxg9ZU
>>663
無料か、おもしろいのかな

666 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 18:45:20 ID:PDuHxV03
仕事終わって、本日初来店・・・・

気晴らしに一通りアンカ打っておこうw

>>541はまだ読んでないが、>>542に妙に納得した上に、
みんなが引用してくれたから要点は掴めまくりな俺…

>>560
ロマンアルバムを買いましょう。ほかにも色々目からうろこ、
裏事情と映画の説明不足の半分は補完できそうだから。

>>587に涙が出たw

>>593
話題にならなくても、レビューには期待・・・wktk

>>636
言われればそうだ。こりゃハードカバーを後から読む人は混乱するわ

>>644
それFAだと思う。すべて納得いく感想です

>>659
そうでしょ?紙が縦だから縦位置
はじめゴローが書いたのは、横位置(紙は横)だったんだよね?
それに鈴木が(ハヤオは縦では書かないから)「縦にしたほうがいいんじゃない?」
ってアドバイスしたんでしょ?
構図は横の絵だよ、あれ

667 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 18:47:32 ID:PDuHxV03
>>663
表紙ページの鈴木とゴローがむかつく・・・・・・・

668 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 18:51:10 ID:dotqcJ2i
>>666きもすぎ

669 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 18:52:11 ID:fhH5CT1E
そうか日本時間だと深夜過ぎか。

パプリカ→スタンディングオベーション5分

だったがゲドは・・・

670 :名無シネマ@上映中 :2006/09/03(日) 18:56:24 ID:zsRr/Ozn
>>666>>659
でもハヤオの書いたゲドのホートタウンのポスターも縦ポスターだよ。

671 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 18:59:54 ID:AUH1/ZTo
「縦位置」「横位置」というのは業界用語。
単純に紙の方向。

672 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:03:16 ID:SaaeXYnE
>>670
確かに。通常イメージボードではあんま描かないとは書いたが、
風景の切り取り方によってはレイアウトやスケッチで縦も何回か見た。
三千里だったかな、縦方向な演出、上下に移動するようなカメラワークを想定したときとか。
ホートタウンの絵も縦の奥行きを強調したイメージだからそうしただけだろう。

もしくは、吾朗の絵を見た後に描いてるから息子へ無言のメッセージ かもよ w

673 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:04:41 ID:Dqg/lis7
>>670
2者が並んでいる構図で、紙が縦のものがないって言う意味で、鈴木はいったんだと思うが
トトロとサツキも、縦位置だったような希ガス・・・

ハヤオの画は、2者が正面を向いているが、向かい合う構図がない。という
鈴木の意見はある程度納得できる。
でも、それって、2者の間に連帯感がないのではなくって、
単に観客を意識した描き方をしてるってことでしょ?

674 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:06:17 ID:Dqg/lis7
第一、ポスターの原画ならともかく、

テレビもスクリーンも横位置なんだから
横位置のイメージボードが多いのは、当たり前でしょ?

675 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:07:27 ID:AUH1/ZTo
で、作者に、
「だから息子は何もわかっていない」
と言ったのは、ポスターの元になった絵なの?

676 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:07:51 ID:dotqcJ2i
363 :名無しさん@恐縮です :2006/09/03(日) 17:56:52 ID:Uwp2zVDP0
パプリカの採点出たよ
コンペ出品中、今のところ最低点wwwwwwwwww

http://www.sorrisi.com/sorrisi/diretta/images/023001038621.pdf

677 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:08:04 ID:FCPV9pMN
これを忘れているだろ、日本のアニメの問題点は、作画とかより脚本ってこと。

ここまでアニメを引っ張ってきた宮崎監督や高畑は、どちらかというと
ロマン派なのだが、自分で脚本を書くと大抵駄目、と言う点で。
お互い脚本の才能が全然無い。演出が先行し過ぎると言うか。
 
なんだかんだ魔女の宅急便辺りまでは演出パワーだけで何とか誤魔化して
にげ通したんだけど、紅の豚以降はちょっとなあ。
いまいちラピュタはストーリー構成が拙いし、魔女の宅急便は、そもそも話が完結してない。

たしかにアニメ雑誌も、ひたすら監督と作画監督は持ち上げたけど、
とくに文芸面には全く目を向けなかったのがマズ過ぎたのでは。
えてして80年代のストーリー重視型の作品で活躍した脚本陣と、今の若手の脚本はあまりにも差があり過ぎる。

よも末だろ、アニメよりエロゲーやRPGの方がストーリーの斬新なのが多い始末じゃなあ。
うまい所でいうと、ラングリッサーやグローランサー1位の、複雑でテーマ性のあるシナリオは、今のアニメでは殆ど見られないし。

678 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:09:16 ID:8tFnpMr4
エロゲーとか言い出す時点でお前の意見なんてアテになんねーよ。糞が

679 :名無シネマ@上映中 :2006/09/03(日) 19:09:34 ID:zsRr/Ozn
記憶が定かでないが、ラピュタのポスターって
パズーとシータが手をつないで空中で向き合ってなかったっけ。
記憶違いならごめん。

680 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:12:53 ID:Dqg/lis7
>>677

脚本は、しっかりしてましたよ。この映画

681 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:14:57 ID:H3oa40Ob
>>679
それ、私も見たことあります。
もしかすると、雑誌のおまけか何かだったかもしれないけど。
立体感があって好きでした。

682 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:15:16 ID:SaaeXYnE
>>675
そうだよ。自分が吾朗に指示して描かせ、駿をだまらせたと吹聴している絵と
こんな構図を選ぶ時点でこいつは何もわかってない、とボロカスに言われた絵。
同じですね。

683 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:17:06 ID:GVtulgYD
>>541
この人完全に業界から干されそう……。
でも勇気あるな。


684 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:19:12 ID:Dqg/lis7
>>679
だから、ある程度って言ってるっしょw

ストーリーがあっての映像だったら、向かい合ってるのは結構いっぱいあるよ
でも、ハイジとペーターが向かい合ってるハヤオの画を見たことがあったと思い出した俺がいる

685 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:21:36 ID:ZpJMYXkk
いっとくが、スタンディングオベーション自体は、
外人にとっては習慣というかマナーだから、あって当然。

問題は、何分続いたかだ。

686 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:24:43 ID:8tFnpMr4
貶してる奴らってほかにすることないの?悲しくならない?

687 :名無シネマ@上映中 :2006/09/03(日) 19:24:51 ID:zsRr/Ozn
>>685
「HANA−BI」 10分 金獅子賞
「ハウル」 5分 技術貢献賞
「パプリカ」 5分 ???

688 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:25:58 ID:SaaeXYnE
イメージボードとポスター用のイラストは一緒にされるとややこしいな。
前者は用紙が基本横、後者は当然縦だから。

689 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:28:39 ID:SaaeXYnE
原作を貶めても興業は成功したと満足げなプロデューサーが
日本のアニメ映画の代表者みたいな顔して映画祭に出る事が悲しい。

690 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:32:29 ID:Dqg/lis7
>>688
多分鈴木はごっちゃにしてると思う

691 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:32:32 ID:ropsZVUy
俺はこの監督の次回作は見てみたいなぁ。
キャシャーンの紀里谷とか、ああいう映画を「撮ってしまえる」才能は大切だ。


692 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:34:48 ID:AUH1/ZTo
話つなげると、鈴木Pが絵見せて「黙らせた」というのは、
「こいつ(息子)、全然原作がわかってない…」って思って黙ってしまった、
ということに。

693 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:39:08 ID:dotqcJ2i
複雑でテーマ性のあるシナリオ→ラングリッサーやグローランサー





説得力なし

694 :名無シネマ@上映中 :2006/09/03(日) 19:39:10 ID:zsRr/Ozn
>>692
なるほど。
鈴木Pの言うことはどこまで本当か作り話かわからんな。

695 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:39:43 ID:H6srInov
いまオワタ エレベタの中
もっと展開しろ いままでのとは別物と考えればアリ まあハヤオじゃないし。 との意見多数。

でも セクロスはするもよう。

俺的には悪くなかったかも。
もののけ姫 ハウルの動く城 宇宙戦争 K19 戦場のピアニスト スチームボーイと 駄作を観すぎたせいで免疫できたかも。

強いていうなら説教くさいのと女の設定がよくわからんのと台詞棒読みなのと隣のやつの携帯がブーンブーンうっさいのとスタッフロールが金と李と朴だらけだったのが気分悪い

この後観る日本以外全部沈没に期待

696 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:40:32 ID:udIgI+IF
なんでこのスレ語尾に。つける人が多いの?
自演だったら癖出てるから気をつけなよ

697 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:42:40 ID:Dqg/lis7
>>695
まぁ、渋谷だったら、カプールははじめからコースが決まってるからな・・・・

>>696
ごめん、俺も最後に「。」派だけど、自演はしてないぞ

698 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:46:01 ID:SaaeXYnE
ゲドの顛末ひどいすぎでつい語りたくて、2ch慣れしてない人が多く来てるってのもあるのよ
おれも含めて。あんま気にしないで。

699 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:47:18 ID:4xYVLdMV
>>677
縦コピペやめれ。

700 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:49:31 ID:Dqg/lis7
縦のネタが、いつの間にか、こころおなにい
に戻ってるよね。

結局、ほかにネタないのか?この映画

701 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:50:35 ID:7qJVSoc+
>>696
えっ、「。」付けるの当たり前じゃないのか。学校で習ったし。

702 :名無シネマ@上映中 :2006/09/03(日) 19:50:45 ID:zsRr/Ozn
yahooレビューがさらにおかしくなってる。

703 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:55:19 ID:fTIo80mX
ジブリは最近は社会問題を作品に盛り込ませているけど、はっきり言ってつまらん。もののけ姫からつまらなくなった。以前のような単純に楽しめる作品を作ってほしい。

704 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:56:40 ID:6MQXHaBt
ゴロさん、とうとうブログ更新から逃げて3週間経ってしまったか。
もうすぐ一ヶ月経っちゃうよ。

705 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:57:07 ID:Dqg/lis7
>>702
Yahooレビュー、見て笑った。

そのあと、公式BBS行ってこれ見て、人間の頭がおかしくなってきていると確信。

なに言いたかったんだ?こいつ↓

リスのシッポさん 40歳〜49歳 投稿日:2006/09/03 18:00:16
入替制が慣れていない人が多かった。
隣の人が声の出演の途中で立ったから、主題歌を聞いていないと思った。
入替制で無いの映画館に行った人だと思った。
暗いうちに立ったないで欲しい。シネコンで見ていないと思う。  


706 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:58:19 ID:8tFnpMr4
はぁ?もののけ姫が一番面白いんですけど。あんたが子供の時にもののけ見ちゃった
だけだろうが

707 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:59:01 ID:Dqg/lis7
そういや、新ゲドCMって2パターンあるね。

ゲドが延々語るバージョンと
テルーがアレンに、語りかけるバージョン。

708 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:59:28 ID:7qJVSoc+
ジブリで良かったのは、名探偵ホームズ、未来少年コナン、ハイジ、トトロ、
ナウシカ、ラピュタ、魔女の宅急便かな。

709 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:00:14 ID:ZpJMYXkk
>>707

どっちも、メンヘラなリピーター向けだな。
宣伝する方も客層がわかってきたらしい。

710 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:07:27 ID:ygr0c5AB
ポスターの絵が縦か横かは、作品の質となんら関係が無いんで、
度々で申し訳ないが、あの発言はやっぱり腑に落ちない

>僕は「これを縦の構図にしてくれないか。」と言いました。
>そうすると、対峙する竜と少年を真横から見るのではなく、
>左右対称がズレたカメラ・アングルになる。
>ちょっと少年の肩越しに竜を見る感じになるんです。
http://www.ghibli.jp/20special/000457.html

鱸Pは、少年の肩越しに竜を見る絵=縦の構図 と言っている

どうみても、単なる横構図なんだけどねー

711 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:08:01 ID:s744c8QO
cm
公開直前 ゲド 「わかるか?」
公開後 テルー「私の真の名はテハヌー」
公開からしばらくして
      ウサギ「お客様はうらやましいぜ」

712 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:11:18 ID:AUH1/ZTo
>>708

えと
私は詳しくないけど、「ジブリ」じゃないの混ざってる?


713 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:13:51 ID:Dqg/lis7
>>712
宮崎作品ということじゃない?

714 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:17:51 ID:4Xf8H0I3
ところで、ベネチアの反応まだ〜?チンチン(AA略)

715 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:20:56 ID:xmrooWZu
>>711
「わかるか」でとにかく脱力したのを覚えている…

716 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:22:26 ID:TlkDLAl3
わからん

717 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:25:39 ID:Dqg/lis7
今のCMは、わかるか以上に脱力します。

確かに狙いの層には、合致してるだろう。

718 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:25:48 ID:fhH5CT1E
>>714
今日の深夜上映だお
(^ω^ )

719 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:28:12 ID:Dqg/lis7
深夜が待てない。
.  
    ∩____∩: :.+
ワク. | ノ      ヽ+.:
:.ワク/  ●   ● | クマ
  ミ  '' ( _●_)''ミ クマ
. /  ._  |_/__ノヽ
 -(___.)─(__)─


720 :名無シネマ@上映中 :2006/09/03(日) 20:29:30 ID:zsRr/Ozn
新CMどっかにないの?

721 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:34:58 ID:vvp/xNPj
にしても、やらなきゃよかったって正直すぎだなwwwwwww

722 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:39:19 ID:FN4vzlVD
>>721
話の流れなしで、
感想を・・・・・・・と聞かれて開口一番だからな・・・・・・・

ひたすら、萎えますな

723 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:43:25 ID:H6srInov
ハウルの動く城もそうだが、最近妄想とか夢とかに飛びすぎ
ナウシカも過去の記憶に飛ぶシーンがあるが、映画では最小限にしてる。

ゲドは飛んだまま帰ってこない

724 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:44:05 ID:EXjdEsry
リアルさが欲しい

725 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:45:17 ID:Kmi3HeMG
リアリティを出すために親殺しを取り入れました

726 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:45:31 ID:vvp/xNPj
近所のおばちゃんはやけにリアルだった


727 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:46:03 ID:N39JubRt
>>722
本心そう思ってるなら第二回監督作品は無さそうだが

やめるやめる言ってまたやるとこだけ遺伝してたらやだなW

728 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:47:33 ID:ucu99lJO
>>723

>ゲドは飛んだまま帰ってこない

は、可笑しかった。



729 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:49:26 ID:dotqcJ2i
ピットクルーまとめ
http://news.80.kg/index.php?%A5%D4%A5%C3%A5%C8%A5%AF%A5%EB%A1%BC


730 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:49:37 ID:H3oa40Ob
ジブリが一敗

731 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:51:33 ID:ygr0c5AB
>>721
でも、次回作はやる気満々

ところで、さっきDVDでカリ城を見ていたんだが、
駿はやっぱりちゃんとしているな

ルパンがカップラーメンを食べてるシーンのすぐ後に
伯爵が優雅に食事をしているシーン
しばらくして銭形一行がカップラーメンを食べてるシーン

これで、ルパンと伯爵の立場の違いと
本来敵同士のはずの ルパンと銭形が同じような立ち居地にいることを
なにげなく観客に伝えてしまう
これは、後で敵同士のルパンと銭形が共闘すること対して、
観客に違和感を抱かせないという効果がある

むろんこのシーンだけでなく、あらゆるところに
そういう気配りがされている

やっぱ、ゲド戦記は素人の仕事だと、改めて思った

732 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:54:11 ID:dotqcJ2i
ピックルの特徴→海外鯖を駆使した単発IDなど

733 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:55:30 ID:jOVOh0i5
>>731
フランスで赤いきつねと緑のたぬき とか、埼玉県警とか狙ったとこは外さないしな

次元の潜水用具一式はどこから持ってきたんだ?とか別に気にならないし

734 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:58:40 ID:bcnKWqIs
>>733
ゲドのあとに見ると、その映画の美点が発見出来る気がする
もしかして、ゲドは「前座映画」という新しいジャンルを開発したのかもしれん

735 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 20:58:51 ID:dotqcJ2i
      __      i⌒i
  ./    O   Oヽ  |
 〈      |―/  | ノノ ピッ狂♪
  ヽ.      V   ノ    ピッ狂♪
  ./   / ̄ ̄  ノノノ
 〈    ヽ     ノ/ノ
  ヽ.      ̄ ̄  |
   |         |
   |          |
   |   .i⌒i   |
   ヽ._/  ヽ_丿  

736 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 21:09:17 ID:8tFnpMr4
>>735
あ?お前まだそんなこと信じてるの?書き込みで金もらえる会社があるわけ
ねーだろうが。

737 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 21:09:17 ID:3sGiACkx
>>611
ぶっちゃけゲト戦記より、ホテルに帰ってからTVで見た
「ほかほかベーカリー(日本名・焼きたてジャパン)」
のほうがおもしろかった。

738 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 21:13:49 ID:jOVOh0i5
ID:8tFnpMr4 が、なんでこんな長時間レスしてるのかが、ハッキリ言って疑問。
ひょっとして、24時間恫喝騒動が一段落して、戻ってきたのかしら
「擁護大好き」な人たちが



739 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 21:15:57 ID:H3oa40Ob
>>733
埼玉県警!(^_^) 思いだし笑いしてしまった
私は納屋悟朗さんの「ルパンを追っててとんでもないものを...どうしよう」
というクサい演技を世界の声優さんが正確にあててくれたかどうかが非常に心配デス。

740 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 21:19:17 ID:dotqcJ2i
「ピックル」って書き込むとどこのスレでも即座に単発IDレスが付くのにワロスw

741 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 21:22:18 ID:8tFnpMr4
まぁ別に書き込み自体が仕事じゃないよ。仕事しながら時々書き込めって言われてる
だけ

742 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 21:22:25 ID:LftW+GeI
吾郎の頭がおかしくなっている

743 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 21:24:08 ID:jOVOh0i5
>>739
その疑問大いに可笑しかった。
今度はこっちが笑った。

確かにあのシーンは理解して吹き替えないといけないなw


しかし、インターポールの上司に、偽札の捜査を却下されて
銭型のテーマをBGMに思いっきり凹む銭ちゃんとか
日本人的な感性だからなぁ〜

744 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 21:27:30 ID:dotqcJ2i
>>741
ああ・・・とうとう工作員が自白しちゃったよw

745 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 21:30:29 ID:jOVOh0i5
>>744
お前も何時間いるんだよ・・・・・・・・・

746 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 21:34:39 ID:jOVOh0i5
     /:::::::::::::::::::::::::r''''' ‐- 〈                         {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     /::::::::::::::::::::::::::'、  ,r '' .〉                       ヽ、、_:ヽ::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::',
    .l::::::::::::::::::::::::::::/  ' ,.、〈                         ヽ`''‐''‐i:::::::::::::::::::::::::::::::'.,
     l:::::::::::::::::r‐、::::ヽ.  ´  `''i                        ,.' `` .|::::::::::::::::::::::::::::::::::}
     ヽ、::::::::::l.  i::::ノ  , -.、 i                       _ ,ヽ__  .|::::::::::::::::::::::::::::::::/
      .ヽ:::::::::ヽ ヽ::. .l.| |. /,‐                       ヽl'ノ. <  ',:::::::::::::::::::::::,,..ノ
       ヽ,.r '´    ヽ!,//                       ‐,..|  .ヽ.. r'ヘ''‐‐-‐ '、´
   ,. -‐'''ヽ <    、    i'                        ,.r'ヽ、    i ''´ ,,,.....rヽ、
,.r'´     ヽヽ、 , '´ `' 、...ノ   ,.- 、_               _,., -,‐''/ 、'  `i  /ll ./'    、.ヽ
        .',:.:ヽ      r ''´   つ- ..,,,,,,,...,,,,,,,,,,,,,,... -‐ 'i''´l l .l. ‐''.i   | ./ l.l.l     ヽ.l
        /i:.:.∧     l     ノ l___.l|  .|.|  | | | |_,.l !-' "´   'l   l // l .',      }.l
  |       }|'.'、-l     |     .〉    ̄  ̄  ̄           ヽ、 .',ュ l  .{     ./ |


747 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 21:44:04 ID:8tFnpMr4
>>746
気持ち悪いロリコンが作った映画って感じがする

748 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 21:55:34 ID:S7SdBWia
確かに今一だったけど、原作があれじゃあ、アニメにしようがないな。
ゲド第4巻今日読んだよ。
原作と比べるとそれほど悪い作品でもないんじゃない?


749 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 21:56:33 ID:RQ8WYqq3
ゴロー「誉めたね!親父にも誉められた事ないのに!」

750 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 21:59:39 ID:mwOr0xe+
アニメにしやすい原作と思ったが
はやおもだからいろいろぱくってたわけで

751 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 21:59:47 ID:WhlnfVQ+
今日初めてシュナの旅っつーのを読んだ
呆れた

752 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 22:02:58 ID:HdeULg8E
>>751
まんまってこと?

753 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 22:05:42 ID:GVtulgYD
原作はアレンのハイタカに対する感情がホモっぽいんだよな。
そのへんも拾っておけば、腐女子が擁護してくれたかもしれないのに。


754 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 22:06:07 ID:4xYVLdMV
>>748
念のため確認するが、4巻だけを読んだわけじゃないよな。
1巻や3巻をそのまま映画化すれば、それなりのものになったとは思わないか?

755 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 22:12:59 ID:wAgeGuHb
それ以前に原作とは全く無縁の存在だから比較するほうがおかしい

756 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 22:13:54 ID:WhlnfVQ+
>>752
アレンはともかく、テルーが居た
それと、街のシーンなんかはまんまだったね
ゲド原作読んで無い・過去ログ失念したから分からんのだが、ゲドに
人身売買の場面なんか出てくるのかね

シュナに乗り物もエピソードも全てそのままのシーンが出てきてワロタ
つうかせめてテルーのデザインくらい自分で考えろよ
ヤックルはともかく、あの走る牛は自分で考えたのかと公開当時感心していたのだが、
今ナウシカ読み返すと普通に走る牛居る
つうかシュナの旅に出てくる(ウサギが追いかけてくるシーンと全く同じコマすらある)

56、と言うのは酷だからジブリに対して本気で聞きたい。お前ら何がしたいんだ?

757 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 22:23:42 ID:9RznwC2n
シュナの旅は地味な話だからアニメ向きじゃないと
パヤオ本人は後書きで言っていた
前半は割とアクションもあるけど
盛り上がり的にはクライマックスが真ん中へんに来て
後半が地味な展開なので、確かにアニメ映画向きじゃないかも

しかもラストではその世界での悪は滅びたわけではなく、
「いまこの瞬間にも月(=人狩り)は世界を徘徊している
しかしとにかく二人はひとつの試練をこえたのだった」
で、「シュナの旅はまだ続く、しかしそれはまた
別の物語として語られるべきであろう」みたいに終わっている
ゴローはこれ見て「そっか、こういう終わり方でいいんだ!」
とか思っちゃったんだな多分

ていうか別の物語を語る気マンマンなのかゴロー…

758 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 22:24:52 ID:H3oa40Ob
>>741
全裸のまま立ち上がって手を振る伊豆の踊り子さんのような方ですね。

>>747
いえ、確信犯的にロリコン路線を爆走していた頃の宮崎さんに文句はありません。キッパリ
個人的には文明論的なものが表に出てくるようになってからですね。合わなくなったの。

>>749
この間違ってるのに正しいセリフが可笑しくて、やがて哀しいこの状況を何に...
じゃなかった、どうしてくれる、スタジオジブリ! (ToT)

759 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 22:27:24 ID:ygr0c5AB
監督日誌、全然更新されないな

ゴローは、ル・グィンに対するコメントを改めて書く必要があるだろうに

それに、映画祭でも上映されるんだから、そのレポートだって書けよ

何引き篭もってるんだよ
やっぱり性根はニートのまんまかw

760 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 22:31:55 ID:WhlnfVQ+
>>757
こういう終わり方もクソも、もう鱸の掌で踊るので精一杯だったんじゃね?
鱸は扱いやすい56をまだ使う気で居るようだが(そりゃそうだ、監督とPなんて
本来なら対極に居てもおかしくない存在だからな)、マジで止めて欲しい

やるんだったら15分映像とかの目立たない作品で地道に腕を磨いて行け
客やファンに迷惑掛けんでくれ

761 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 22:40:41 ID:ZpJMYXkk
>>756

>56、と言うのは酷だからジブリに対して本気で聞きたい。お前ら何がしたいんだ?

楽して給料もらうこと。

762 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 22:41:52 ID:S7SdBWia
>>754
いや、4巻だけ。
2巻3巻は盛り上がるの?

763 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 22:45:42 ID:4xYVLdMV
>>756
> ゲド原作読んで無い・過去ログ失念したから分からんのだが、ゲドに
> 人身売買の場面なんか出てくるのかね
出てくる。原作では、アレンはハイタカの護衛をしようとして守りきれず
ウサギ(原作では力を無くした魔法使いでハジア中毒)の手下に昏倒させられ
奴隷としてガレー船を漕がされる。
ハイタカがアレンを救出して、他の奴隷は拘束を解くだけなのは原作と同じ。

764 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 22:46:10 ID:WhlnfVQ+
>>761
一つの映画を作るっつう事はそんなに楽でも無いと思うんだ
せっかく連日スタジオに篭ったりして作るなら、ゴミ作るより神作った方がいいじゃねえか

泥舟と分かっていながらわざわざ乗る奴の気がしれんよ

765 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 22:49:08 ID:WhlnfVQ+
>>763
ありがとう

ハヤオも確かゲドに触発されてシュナも書いたんだよな?
ゲドが好きで、でそれを根底に持ち続けながらどっかの民話を元にした
「シュナの旅」を書いたとか何とか。>>17とかを参考に考えてそんな感じだったような

であればゲドとシュナが似ているのも自明の理だ
で、56達はそのシュナを参考にゲドを書いたんだな
アホだ

766 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 22:49:56 ID:ZpJMYXkk
>>764
>泥舟と分かっていながらわざわざ乗る奴の気がしれんよ

気が知れるやつは、とっくに泥舟から逃げてるよ。



767 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 22:55:21 ID:4xYVLdMV
>>762
一から三巻はラノベとか読み慣れていると地味に感じるかも知れないが、
ビジュアル的に美味しいシーンは沢山ある。
四巻は、前巻までで世界を救う活躍をした大魔法使いハイタカや、巫女テナーを
弱者としての立場で書いた作品でシリーズ中で一番地味。ファンでも賛否両論がある。
五巻と外伝は、また、比較的普通のファンタジーに戻る。
話の進行につれて世界観を明らかにするタイプのシリーズなので
途中の一巻だけ読んでも、全体のイメージは掴みにくいと思うよ。
人によって合う合わないがある作品だから無理には薦めないけど、
機会があったら一巻から読んでみてくれ。

768 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 22:55:57 ID:H3oa40Ob
>>757
失語症になった子供が言葉をとりもどす映画って、いくつかありますが、
私が見たものはどれもけっこうアタリでした。
ていねいに描けば最後の方でシュナがはじめて言葉をとりもどし、
テアが大泣きするシーンだけでもかなり盛り上がるはず。
アクションの少ない静かなアニメでも、ぐっとくる作品はできますよ。
ヨメさんはあまり感心しなかったけど、
シュナをはじめて読んだ時は、正直宮崎さんに脱帽しました。
王子が旅に出る動機も、もののけ姫よりずっとカッコいいし、
麦の芽が出るシーンの喜びも、トトロより深い。
元話と言われるチベットの「犬になった王子」よりいいんじゃないかなあ。

769 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:02:43 ID:WhlnfVQ+
>>753
最近は腐女子も飽食だからな
悪餌には食いつかんよ

>>768
そうか、私はやはり少し地味かなと思った
あれば微妙に絵本風味だからかもしれんが
で、アレに肉付けをして派手にしたのがナウシカじゃないか?
物語の帰結するところは違うが、話の流れが似ている

だから、2巻までの物語とは言えどナウシカが映画になったのは順当ではないかね
シュナの旅は微妙に邦画っぽくてやはり地味だ
個人の感想など人それぞれだが、やはり金出す身となれば早々冒険も出来ないしな

最近それで冒険してうどんとか何とか言う映画が大々的に宣伝・公開されているが
あれもゲドに勝るとも劣らない見事な泥舟っぷりだな

770 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:05:08 ID:ZpJMYXkk
>>768

北斗の拳とか、ペペロの冒険とか知らんの?
知識が少ない人は、なんでも感動できて得だね。

771 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:09:43 ID:S7SdBWia
>>768
アニメなんだから動かしてなんぼじゃないの?
宮崎作品はそこにはこだわってきたんだからさ。

772 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:11:38 ID:WhlnfVQ+
アクションの少ない静かなアニメ=ゲド戦記

773 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:16:02 ID:7qJVSoc+
>>712
宮崎作品ということで。

774 :762:2006/09/03(日) 23:16:24 ID:S7SdBWia
>>767
サンクス。読んでみるよ。

775 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:16:55 ID:5fOAQaPH


          ____   
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\      
    /   ⌒(__人__)⌒ \   < 北斗の拳とか、ペペロの冒険とか知らんの?知識が少ない人は、なんでも感動できて得だね。
    |      |r┬-|    |   
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //   だっておwwwww
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /     バ
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バ   ン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、    ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


776 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:18:44 ID:9RznwC2n
>>768
いや私もシュナの旅は良い作品だと思ってますよ
発行された年に買って今でも大切に持ってるし
でもあれをアニメ映画化するとしたら、構成的にかなり
改変しないとバランスが悪いと思うよ
アクションが少ないってことじゃなくて
前半に集中しちゃってるし、あの世界での悪=人狩りと
黄金の種の関係の謎が中盤で明らかになっちゃうから
その後の展開が間が持たないと思うんだよね

まあ今となってはシュナが映像化される可能性は永遠に
消えてしまったわけだがorz

777 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:18:45 ID:pF2vWoI6
4巻は一番映画と関係ないといっても過言ではないのに
わざわざ読むかな〜。
1巻と3巻は読みやすいし面白いよ。

778 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:23:29 ID:4xYVLdMV
>>774
ありがとう。楽しんでくれると嬉しい。

779 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:26:27 ID:2hHxg9ZU
映画館の人が
投稿者:tontam1500さん 投稿日時:2006/09/03 22:54:46
終了後ドアを開ける際、私たち観客を見て怯えていました。
前にどんなことを言われたのだろうか・・・。
かわいそうに。


780 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:29:53 ID:dotqcJ2i
>>779
金返せ!だろうな多分

781 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:34:13 ID:ncnsFZ1h
新CMの台詞だけでも、ここにうpしようと思ってから
テレビで2種類のCMを観ること数回・・・・・・・・

デッキが壊れている俺には、全部の台詞が覚えきれん。
なんて言葉数の多いCMなんだ?

782 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:40:29 ID:xmrooWZu
ゲドファンよりシュナファンの方が悲憤していると思う。

783 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:46:55 ID:pSMMYXcZ
昨日見たけど、良かったと思うんだ。
別に悪いと思う点は無かったし。
観客の雰囲気も全体的には良かったような・・
二、三人、ラストで泣いてる客には「そこまでか?」とか思ったけど。
最近、エンディングの曲が良くてスタッフロールで観客を立たせない映画って多くない?
そうゆう映画っていいけど、今度はスタッフロールの最中で証明をつける映画館がうるさく感じるんだよなぁ。

784 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:48:54 ID:ncnsFZ1h
>>783
>二、三人、ラストで泣いてる客

ここに驚愕

785 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:49:26 ID:N39JubRt
>>781
新CMって二つあんのか
ゲドが丹波哲郎みたいな説教するやつしか知らんかた

786 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:50:28 ID:yVzkf/Ey
私が見た劇場では従業員が扉を開けもしなかったよ。
客は自分たちで扉をあけて出ていった。
私の隣のおばさんはふらふらと無言で出ていったけど。
思わず他人なのに声をかけたくなった。「ひどかったですね」と。



787 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:51:24 ID:38HNEztv
>>783
ちなみに都道府県はどこ?

788 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:54:11 ID:hCGYfz/p
>>784

普通に原作ファンが悔しさから涙を流していたんだろ?

789 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:55:52 ID:h11lBeUR
>>396
盗んだガンダムマークUで走り出したカミーユの方がよっぽどアレンより切れやすい若者を表現してるよ。

790 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:56:34 ID:ip/vz3Q+
いまいち腑に落ちないんだが、
命を大切にしない奴は・・・ってセリフはどこから出てきたの?
父親殺しを知ってたってこと?

791 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:56:51 ID:khrSTSgE
>>785
ある。もうひとつは
アレン:(ひざを抱えて、頭をうなだれ)
     「どうせ人間なんてみんな死ぬんだ」
テルー:「アレンが怖いのは、人が死ぬことじゃない。自分が死ぬことよ!」
  顔面崩壊アレン、はっとしてテルーを見る。

というような、やつです。


792 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:58:41 ID:OMSS0ePF
 
    ヴェネチア 始まったな

793 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:59:18 ID:khrSTSgE
>>790
動物を見る目が冷たかったから。


マジレスすると、初対面のときウサギに追われるテルーを助けたアレンが
ウサギに「殺せるものなら、殺してみろ」
みたいなことを言ったから、。
映画自体から読み取れるのは、そこまで

794 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:00:33 ID:/wy6+mmP
>>789
盗んだガンダムって、本当に、こいつイッテル。って感じだったもんな

795 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:03:56 ID:n/crLCQp
「お前達が僕の死か」ってかっこいい台詞だなと思っていたら何の事は無い
ナウシカ4巻のクシャナの台詞じゃねえか

何だこの映画。パロディでもやりたかったのか?

796 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:05:51 ID:Exo0lnNn
ガンダムは簡単に盗まれすぎだろ。

797 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:07:20 ID:UZWcqcky
>>739
DVDでの字幕はこの通りで、微妙にニュアンスが異なる...。
My investigation of the count was closed, and I was after Wolf!
Can you belive it?

the count = カリオストロ伯爵
Wolf = ルパン

英語吹き替えは、説明台詞がかなり多い。
次元がルパンを「Boss」と呼んでいたりと、設定も微妙。


798 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:07:29 ID:yVzkf/Ey
>命を大切にしない奴は・・・ってセリフはどこから出てきたの?

アレンに「(自分の)命を大切にしない奴は大嫌いだ」と言った。

だから敵はファイアーしても桶。


799 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:10:35 ID:nB/8aIhv
>>794
盗んだバイクで走り出すー
行き先も分からないままー

そういう時代だったんですよ

800 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:11:18 ID:3UPF4uZt
>>791
トンクス
どっちのCMも死生観を全面に打ち出してるのはわかるけどなんかやな感じだね
これじゃ劇場のちびっ子は泣くか寝るわな…

801 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:16:12 ID:uXDKy5lN
原作のつまらなさを知れば、映画版がどんなに優れているかわかるよ。

802 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:17:59 ID:0khz3dBT
>>769
マジレスして笑わせないでくれw

>>797
なんだ、結局あのシーンの銭形のキャラクターは全然生きてないんだな。

俺も、吹き替え版のシナリオ集をちょっと読んでみようと思ったことあるが、
ルパン=wolf 
次元のBossでかなり萎えたのを思い出した

803 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:18:33 ID:8umyJTA+
原作なんてありませんよ
名前が同じ小説が偶然あるだけです

804 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:19:45 ID:0khz3dBT
24時間問題が下火になったら、変なコメントが戻ってきたね…

805 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:21:24 ID:4E5Oy0kS
>>794
しかも名前をけなされたってだけで
いきなりみず知らずの軍人に殴りかかる高校生が主人公だからすげー
さらに盗んだガンダムで生身の人間を威嚇してご満悦の主人公ってすげー
でもまあ現実でも若者が切れる理由って案外あんな感じなのかも

806 :802:2006/09/04(月) 00:21:26 ID:0khz3dBT
やっべー
アンカーミス
>>769>>796のミス

807 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:21:52 ID:mMsR3UOj
既にガイシュツだったすまない。
1 ゲドが枷をフンヌと魔法?で取ったのがあったけど
あの人は何時まで魔法が使えたの?鷹が飛ぶ件も然り。
2剣の意味。魔法で云々のセリフが何度となくあったけど何?
封印とかその手の話?〜の剣とか、王家の者しか使えない系かと思ったら
そんな事もないようだし、ラスボス(くも)に特効とかでもなさそうだし…
っていうか焼いちゃったしね。

808 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:25:50 ID:/D6Hhv80
旅はまだ続く、しかしそれはまた
別の物語として語られるべきであろうみたいに終わっている作品なのか?
俺はまだ見ていないけど。


809 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:28:58 ID:3UPF4uZt
>>805
富野は時代を20年先取りしたけど鱸とゴローは10年は遅れてるな

810 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:29:17 ID:DgO7qPzk
http://vipper.jpn.org/www/upload/src/VIPphoto11560.jpg

ゲドが食べていた野菜スープのパクリ元ネタ

811 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:32:12 ID:D96wKASV
>>807
いちおうあの映画では魔法が使えなかったのは
クモの城の中でだけだったように思えたが…
捕まったアレンを救出するところは
On your Markのパクだったけどw
あとあの剣は原作によると誰かを救う場合にのみ
抜けるらしい。映画ではそんな説明どこにもないけど。

812 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:32:29 ID:LU4RfUyE
>>805
他人に殴られて逆ギレしてるし。なんか凄すぎw

813 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:32:29 ID:0khz3dBT
ギザブローさん、カワイソス

この映画は好きです。(ゲドぢゃないぞ!)

814 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:32:29 ID:8OE78oBr
>>808
呑気に旅立ったけど
この餓鬼帰ったら処刑されんじゃねーの
的な終わり方

815 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:36:31 ID:kGDeyFxC
>>811
だれかを救う場合のみに抜けるならなんで最初にてるーがレイプされそうなときにぬけn

816 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:37:45 ID:8OE78oBr
>>815
別に助ける気は無かったからじゃねーの
そもそも原作の設定と同じなのかどうか不明だし

817 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:39:34 ID:ZoK0QkU0
>>797>>892
カリオストロの英語吹き替え版は2種類あり
ルパン=wolfバージョンは
かなり昔にリンガフォンが英語学習教材として作成したもので
個人的にあまりお勧めしませんが、英語を学習するには面白い教材かも知れません
(何しろクラリスが「愛してるわ!あなたは私の輝く鎧の騎士様なのです!」ですから)。
なお、アメリカでもこの吹き替え版は販売されましたが、
ネイティブに評判が悪かったため(もしくはジブリがクレーム???)
米国の会社Manga Videoが2000年頃にまったく新しくアメリカにて日本オリジナルに忠実に
作り直したものがあり現在ウォルトディズニーからアメリカ国内に販売されているのは
この新しく吹き替えしなおしたもので、もちろんルパンはルパンです。

818 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:39:53 ID:zGysanjR
「命のために」なんて原作ではいわんし、剣は自衛のみに使える剣だ

819 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:43:08 ID:0bEe9rNt
あの剣、抜かなくてもすごい強いよ。

820 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:46:56 ID:wewfuphc
>>817
思い出した!
俺、そのビデオどっかに持ってるよ。探してみよう

ところで、>>739のシーンが新約でどうなってるか、
俺も知りたいけどそこまではわかんないよね?

>>819
というか、あの剣てバランス悪すぎて、剣としてはあまり役に立たない気がする。
こん棒としてつかた方が、強いんでない?

821 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:50:15 ID:4E5Oy0kS
>>814
親殺しを真剣に扱って教訓的な映画にしたいなら寧ろ映画内でそこまで見せるべきだ
むしゃくしゃして出来心で親を殺して逃げてるうちにハッピーエンド
これじゃいいとこどりである意味逆効果






つかカミーユ最強wwww

822 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:52:09 ID:mMsR3UOj
>>811レスd
救う剣なのか……
どこまで原作に余計なスパイスをくらえてるんだろうね。
肝心の塩加減はイマイチだけど

823 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:52:49 ID:nB/8aIhv
>>809
別に富野は20年も時代を先取りしたわけではない
当時から若者はああだった
(その当時、尾崎豊が若者のカリスマだった)

ゴローも、若者が父親殺しておいて、
ワケワカメなところが当時代的

この場合、富野監督が計算して当時の若者像を書き出したのに対して、
(だから、この間の映画版では今の時代に合わせてエンディングを変えた)
ゴローは、本人がワケワカメなところが、大きく違う点である

824 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 00:56:56 ID:wewfuphc
>>823

>ゴローは、本人がワケワカメな

何気に真意w

825 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:00:54 ID:4E5Oy0kS
頭が変になっている

826 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:02:32 ID:mMsR3UOj
スレタイだねぇ(しみじみ)

827 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:04:41 ID:mSDGDpVs
俺は面白かったけどなぁ。これを酷いって言う人はアニメ見すぎの人だけじゃ?

828 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:04:48 ID:1B1WD3S/
>>810
が元ネタだから、ゲドのスプーンの持ち方、変だったの?
んなあほなぁ〜

829 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:06:05 ID:BfGGRuQ0
「ゲドが僕らに勇気をくれた」(NetMedia 2020年9月号より抜粋)

 いや、その頃はまだアニメやろうという気はなかったですね。
アニメや映画は好きだったし、タダで見れるんじゃないかと思って
レンタルビデオ屋でバイトしたりね。そういうことはあったけど、
自分にそこまで才能あるとは思ってなかった。親父がリストラされて
何年もウツ病やったのを見てたのもあって、とにかく公務員になろう、と。
でもちょうど卒業の年にジブリの「ゲド戦記」が公開されて、ガーン!ですよ。

 ショックを受けた。
 
 受けたなんてもんじゃないですね。おかげで人生踏み外したと言うか。
彼女がね、タダ券もらったって言うんで二人で見に行ったんだけど、
それからもう、デートの間じゅうずっと、ゲド戦記の話だけ。いやホント。
それぐらい、こう、語らずにはいられない(笑)アニメでしたね。
しまいにゃ彼女怒って帰りそうになるし、被害甚大ですよ。

 しかしそのおかげで今の若宮監督がある、と。

 いや、僕らの世代って、多いんですよ、けっこう、そのパターン。
ゲド世代(笑)。四方山さんとか、溝端くんとか、「プラナリア」の
市ノ瀬さんなんかもそうじゃなかったかな、たしか。言ってますもん、
みんな。「今の俺があるのは、宮崎吾郎監督のおかげだ」って...。

830 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:09:13 ID:ZoK0QkU0
>>820
Look! Counterfeits of all the world's currencies.
While chasing Lupin,I discovered this thing! What am I to do?

831 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:13:45 ID:e9OAf1ZZ
華麗に801, 827がスルーされてる件

832 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:17:22 ID:xrGRDf6b
>>830
サンクス!
ほとんどそのままなんだね。

携帯に切り替えたからID違うと思うけど勘弁


833 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:18:19 ID:K4XdQqsa
ベネチアには、ゲド戦記の変わりに
Zガンダムでも持ってった方がよかった気がする。

834 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:23:50 ID:DDgnvKCi
>>833
時かけ持ってったら
向こうで筒井康隆ブームになってた・・・か?


835 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:24:41 ID:xzabvn2Q
>>821

親殺しって、通過儀礼なワケで、
殺さなきゃ次へ進めないという説得力はあった?
(観てないので、ゴメン)

で、「親殺し」の自分を、アレンにどう引き受けさせるのか興味あるんだけど。

836 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:25:53 ID:0bEe9rNt
>>835
極刑しかないでしょう。

837 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:26:56 ID:GrmG3TSO
>>787
香川県。
いや、ほんと、普通に俺は良いと思ったし、周りの雰囲気も悪くなかったから
ありゃ、前評判あんなに悪かったのにと拍子抜けしたような感じだったよ。
そりゃ、他の評判のいいジブリ作品と比べりゃ、そっちを選ぶけどさ、
この映画もいいと思うんだけどなぁ。
まぁ、長編アニメ映画なんてディズニーかジブリぐらいしか見ない人間の言うことだけどさ。

838 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:29:37 ID:K4XdQqsa
>>835
むしろ、親殺しなんてした結果、
説得力に欠けるようになってしまったと思う。

839 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:34:07 ID:EDDsp85K
創価は教祖池田自身が北朝鮮人で統一教会の手先の日本転覆カルト教団。
オウムの幹部の多くは創価の人間。
まだ知らない人間が多いが、いざという時 朝鮮総連の工作員とともに日本国で騒乱を起こす集団だよ。
麻原の口封じの為 あらゆる立場の人間を使って麻原を薬漬けにして廃人にして証拠の隠滅、真実の暴露を
必死で防ぐ超売国カルト キチガイ集団 朝鮮の手先・・・・それが創価学会

創価学会は北朝鮮宗教である
http://Www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sokakitacho.htm
http://Www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/yudatesaki.htm

創価が単なる気持ち悪い宗教団体だったらいいのだが現実は
日本を破壊するためのカルト。オウムを育てたのも創価だし
皇室典範から人権擁護法案と言う名の日本人逆差別法案まで
何から何まで反日的な宗教。SGIは統一教会と共に韓国では反日
活動をしている。既にフランス オーストラリア等に於いて創価はカルトと認定されている。



840 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:43:24 ID:xrGRDf6b
>>835
一言で言えば、説得力はない。

映画のアレンは引き受けてないとしか思えない。
テルーを悲しませないために、最後のまた会いに来るは、うそついた。
との説はあるが、映画見ただけでは、判断不可

841 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:46:24 ID:DgO7qPzk
層化臭い映画だよなw
「私たちの未来は太陽に照らされてるのよ」みたいなオチ
ほんとになんだよって感じ

842 :sage:2006/09/04(月) 01:52:38 ID:6xtygEr0
>>837
よりによって香川か。
UDON見た?

843 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:55:26 ID:ULt889KL
そろそろヴェネチアでゲド上映終わったころじゃないすか?

844 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:57:37 ID:kGDeyFxC
田舎はそこまで娯楽が無いのか

845 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 02:10:08 ID:yISiDysq
56たち以外席がらがらだったりして。

846 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 02:12:01 ID:ZoK0QkU0
>>843
そうだね。あまりにひどくてニュースにもならないかも。

847 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 02:12:57 ID:0bEe9rNt
人生について教えられた映画でした。つい惰性で生きてしまいがちですけど、
生きることの意味について勉強になりました。そして、私たちの次の世代を
育てるということも教えていただきました。この映画をみて良かったです。

848 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 02:13:31 ID:fD8/wxeQ
ごろーがアレンなら
有力貴族のいいなりになって
のほほ〜んと跡を継ぎそう。

849 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 02:17:02 ID:4qklyOAO
フィルムブック編集してる人が読売で叩いてるってのが、かなりヤバい。

850 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 02:21:07 ID:ZoK0QkU0
>>849
あんなに動きがない映画をフィルムブック4巻にもするの大変そう
見開き2ページ1シーンとかありそう

851 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 02:22:32 ID:iJEzr2Lq
ってかさあ、ジブリの公式、評論家の(ヨイショw)意見は載せるのに
原作者のコメントは完全スルーなのな
赤DVDの時もほぼシカトだったし、観客なめてるとしか・・・

852 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 02:29:15 ID:1dA86CyO
>>848
いや、実際有力貴族(プロデューサー)のいいなりになって
のほほ〜んと跡継いでるしw

まあ肝心の王国に先はなさそうだが・・・

853 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 02:32:59 ID:LU4RfUyE
>>851
「これは私の原作ではありません。あなたの作品です」って原作者の言葉を、
吾郎がなぜか誉め言葉だと思い込んでブログに載せたって
週刊現代に書いてあったけど。

854 :853:2006/09/04(月) 02:35:38 ID:LU4RfUyE
訂正する

×これは私の原作ではありません
○これは私の作品ではありません

855 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 02:37:10 ID:xzabvn2Q
>>853
うん、なんでそれ聞いてホッとしてるのかわからなかった。
原作者のコメント読んだ途端、「うわっ」って思ったよ。

856 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 02:38:35 ID:xzabvn2Q
あ、一応社交辞令でgoodって言われたからね…

857 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 02:39:14 ID:9vpNnsle
擁護派の人たちは
「原作者がgoodって言ってるのを捻じ曲げる信者はおかしい」
って言ってたな、原作者コメントが出るまでは

858 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 02:59:50 ID:ZoK0QkU0
ハウルのDVDだと映像特典に原作者のインタビューがあって
ダイアナ・ウィン・ジョーンズが興奮して「wonderful」をやたら連発して
とてもうつくしいアニメーション彼は天才とか
原作と変更されたのなんてなんとも思わないし原作にないキャラクターも
とてもファニーとか大絶賛してたけど

「ゲド戦記」のDVD映像特典でも原作者インタビュー入れないかな・・・
まあ英語のただの「good」はほめ言葉じゃないよな。

859 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 03:05:45 ID:9vpNnsle
>まあ英語のただの「good」はほめ言葉じゃないよな。

自分は単なる偏見だけど
「べりべりないす、わんだふる、ふぁんたすてぃっく!」
くらいが褒め言葉と思ってた節があるんだけど
そうでなくても、あの文脈でただの「good」はかなり素っ気無く感じた

860 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 03:06:37 ID:xzabvn2Q
そーいえば、キャラ創りで鈴木Pが
「ほとんど白人いなくて困った」って言ってるのはなぜ?

861 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 03:10:04 ID:ZoK0QkU0
興行収入スレだと先週末もゲド1位だよー
週末で2億も稼いでる。はぁ

週末予想  9月2日〜9月3日付け
 1位:「ゲド戦記」 2.1億
 2位:「パイレーツ・オブ・カリビアン2」 1.9億
 3位:「UDON」 1.5億
 4位:「マイアミ・バイス」 1.5億
 5位:「スーパーマン・リターンズ」 1.1億
 6位:「日本沈没」 7000万
 7位:「ラフ」 6000万
 8位:「花田少年史〜幽霊と秘密のトンネル〜」 5000万
 9位:「グエムル〜漢江の怪物〜」4000万
10位:「ユナイテッド93」3500万


862 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 03:13:27 ID:7lBSEUhr
>>858
もう原作者に会いに行ける筈が無いさ。

863 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 03:18:33 ID:iJEzr2Lq
>>861
それ某ブログのいつもの嘘記事だから

864 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 03:20:10 ID:nWlSHC53
>>810
ゲドが食ってたのってリゾットか何かじゃないの?

865 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 04:07:18 ID:UEuW6+IL
♪こ〜ころオナニーに例えよう〜

♪2ちゃんをやってる、このこころ〜


866 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 04:10:57 ID:5bIVJ47g
>>857
擁護派→ピックル

867 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 04:17:03 ID:C7BV2W1N
>>857
http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id324031/rid5327/p2/s4/c12/

まだ言ってる奴いるぞ

868 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 04:37:39 ID:lPbDjxiJ
>>675>>682
原作では、”竜の視線は人間にとって危険で、直視してはいけない”
という意味の台詞があります。「だから息子は何もわかっていない」
という批判は、美術ではなく、原作の世界が分かっていない、という
意味なのではありますまいか。

ところで、生死を分かつ扉や黄泉の国が映画で描写されない
のは何故なんでしょうかね(続編映画で出す予定だったのか?)。
黄泉の国で、殺された父王とアレンが命について対話でもすれば、
すこしは映画も(オリジナルものとして)纏まったろうに。

869 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 04:41:24 ID:P7H98flr
っていうかなんでみんな観に行ったの?
簡潔に答えてほしい。ほんとに謎。
ジブリは宅急便以降は全部カスだと思ってる俺ですが。
ロリコン左翼(でも海外アニヲタで兵器大好き)臭がキツ過ぎて。

スピルバーグの息子が撮ったから観る、ってのと同じこと?
それともなんとなく金を落としたかった?



870 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 04:42:25 ID:xzabvn2Q
>>868

そうです。そういう意味で解釈しています。

871 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 04:43:57 ID:e9OAf1ZZ
鈴木Pが表面的にどういうことを言ってたにしても、
さすがにこの作品が本当は駄作だということくらいはわからない
はずはないと思うのだが、なのにどうして海外で公開しようと
考えたんだろうね。ブランド価値を低下させる効果以外に、
どういうメリットがあると考えたのだろうか?

872 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 04:47:32 ID:xzabvn2Q
出資がらみで変えられないのでは?

873 :ゲド信者 ◆qG5Uj1x8xc :2006/09/04(月) 05:10:54 ID:dGQI/N8L
今 ニュースみたか?

874 :ゲド信者 ◆qG5Uj1x8xc :2006/09/04(月) 05:16:31 ID:dGQI/N8L
>>871
お前の視野が狭いだけだよw
海外では、受け入れられる作品に300ペソな!
まぁ楽しみに待っとけよw
ここまで言って ブランド低下だったら俺超カッコワルイ

875 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 05:41:33 ID:C7BV2W1N
>>874
信者ならもっと掛けろよ・・・

876 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 05:42:53 ID:x0qn4BAr
みたぜ!
吾郎やる気マンマンw

877 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 05:49:12 ID:365Oz+Qe
>>873
見なかったぁ〜
kwsk

878 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 05:51:36 ID:8gjTNWg7
岡田が事の顛末を暴露してる文章ってどっかにあるの?

879 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 05:55:30 ID:365Oz+Qe
>>853

これ、ジブリの公式HPにある『監督日誌』の該当部分
http://www.ghibli.jp/ged_02/20director/000854.html

で、これが原作者のコメントを2ちゃん住人が訳したもの
原作者のページのリンクもあるし、
ちゃんと、だれかが原作者にメールして、翻訳のページを作成したことを
連絡もしたそうだ。
返事がないことをもって、了承としているが
恐らく原作者もコメントの翻訳ページが日本にあることを喜んでるんじゃない?
http://hiki.cre.jp/Earthsea/?GedoSenkiAuthorResponse

というか、週刊現代にあるような情報は、ここでは散々既出だから。
週刊誌で読むより、自分で確認したほうがより確かだぞ。

880 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 06:00:10 ID:365Oz+Qe
>>878

【岡田斗司夫のゲド戦記裏話】

ttp://vipup.sakura.ne.jp/512kb/src/512kb_0624.jpg
ttp://vipup.sakura.ne.jp/512kb/src/512kb_0626.jpg
ttp://vipup.sakura.ne.jp/512kb/src/512kb_0627.jpg

まだ404じゃないよね?多分。見れなかったらすまん

881 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 06:13:14 ID:w+Jyygwa
>>880
ほとんどネットでも見られる伝聞と岡田の妄想で全然暴露じゃねーじゃん


882 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 06:15:55 ID:365Oz+Qe
>>881
知らんよ。そこまで責任とれんw

第一暴露にしても、岡田の言うこと鵜呑みにするのは、鈴木の言うこと鵜呑みにするようなものだ

883 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 06:32:50 ID:eZ5Ztz8w
ジブリの過去5作、ブレイブストーリーよりは面白かった

884 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 07:11:05 ID:T3jgrwh8
持論によればジブリの最高傑作は千と千尋で決まり。
群を抜いている。

次いでハウル、もののけ、猫の恩返し、と続き、
ゲド戦記はそれらに続いてベスト5に入る傑作。

同じ意見の人はかなり居ると思う。
ただし、アニメしか見ない人たちの中では少数派だろうけど。

885 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 07:25:51 ID:OxkDh3TY
>>884
4行目以外はまったく同意と言ってもいい。

886 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 07:34:24 ID:365Oz+Qe
>>884
一時期年間に1500本の映画(当然ビデオ込みですが)
観たけど、この映画は最悪の部類に入ります。

887 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 07:39:45 ID:T3jgrwh8
>>886
1490本くらいはエロビデオですか?

888 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 07:40:47 ID:KyYQhoBx
ハイタカのスプーンの持ち方が猿手だった

そういやジブリってあの持ち方多いよな

ってかあっちが正しいのかな

889 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 07:42:11 ID:365Oz+Qe
>>887
んなわけあるか!

890 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 07:42:30 ID:0xyfKRJB
なぜか全文が読めない……スポーツ放置より

宮崎吾郎監督 次も作る…第63回ベネチア国際映画祭
 【ベネチア(イタリア)3日】「第63回ベネチア国際映画祭」で特別招待作品の「叫(さけび)」(黒沢清監督)と
スタジオジブリのアニメ「ゲド戦記」(宮崎吾朗監督)の公式会見と公式上映が行われた。宮崎監督(39)は
緊張しながらも「アニメの仕事は大きな魔力があることが理解できました。もう一度作りたいと思います」と
初めて次回作の意欲を語った。特別招待作品だが、新人監督賞の資格もある。 (9月4日 06:04)

891 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 07:46:45 ID:lZYD/IvN
>もう一度作りたいと思います

もう いいよ!

892 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 07:47:59 ID:365Oz+Qe
>>890
新人監督賞の資格あるんだ・・・

893 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 07:52:52 ID:zWv+OTDk
新人監督賞って、もしや全くの第一回監督作品を映画祭に持って行った奴しか資格がない?
で、監督デビュー作をベネチアまで持って行ける様な人が果たしてそんなに居るか?という問題が
あるよな。もしや、そんな事まで考えての仕込み?

894 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 07:59:21 ID:RGx/9asZ
こんな酷い映画が日本で売り上げ一位だったり
海外で賞をもらったり世の中酷すぎる
もっとコネとかそういうのなしで批評してくれよ

895 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 08:01:08 ID:7kxjECQh
ベネチアでの評判はどうだったんだろうね

896 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 08:08:45 ID:5bIVJ47g
>>884
漏れ的にはラピュタ、トトロかなあ
魔女宅以降は全部カス

897 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 08:09:54 ID:Ai8WlDA3
ズームインはベネチア、「パプリカ」はスルーして「ゲド戦記」のニュース
やってたな。 5分のスタンディングオベーションで大好評と言ってた。


898 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 08:12:10 ID:F2Zfacho
>>896
俺もラピュタ>トトロ>>>>>その他な感じだな。
もののけ、センチは大作だと思うが面白くもつまらなくもないな。

899 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 08:12:12 ID:fw+342OC
>890
報知全文はこっちで読める。
ttp://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060904-OHT1T00100.htm

900 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 08:15:08 ID:F2Zfacho
>>899
>部門にかかわらずデビュー作の監督の次回作を応援しようという趣旨で
>フィルムや賞金などが贈られる。今回は約10人がノミネート。
>受賞の可能性も高い。

・・・・・・・・・

901 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 08:26:06 ID:R9BW69Dt
招待作品の星取り表って出るの?

902 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 08:28:28 ID:YglG/kze
>>897

>5分のスタンディングオベーションで大好評と言ってた。

本当か?というか、5分のオベーションは社交辞令でない?

903 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 08:31:41 ID:12xzcmMC
ゴロー、鱸の高笑いと、
スレ住人の皆さんの歯ぎしりが
聞こえてくるような展開だ・・・


904 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 08:33:14 ID:YglG/kze
【映画】「ゲド戦記」の宮崎吾郎監督 「アニメの仕事は大きな魔力がある。もう一度作りたい」[09/04]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1157324090/

芸スポ立っちゃったよ・・・・・・・
みなさんも一言どうぞ、せっかくだから。

905 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 08:51:53 ID:U+/RUYg3
だめだ。
もし賞とったらどうすればいいんだろう・・・
わからん

906 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 09:05:51 ID:7lBSEUhr
さすがに存在意義を賭けて賞はやらないと思うぞ、ヴェネチア。

907 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 09:09:03 ID:ndvVPaoM
吾朗の場合、賞品にフィルムをもらってもしょうがないわな。
ちゃんとやる気があって、資金的に苦労してそうな若手にあげるべき。

908 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 09:19:02 ID:WNcyJOH6
日経エンタで
夏の映画bPでしたよ。

失望度で。
−71ポイントでダントツ!
2位ガアバレンジャーで−10ポイント。
ちなみに満足度bPは静岡。


909 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 09:32:56 ID:bZwiz1A4
おもちゃを与えられた子供みたいだな
楽しかったからまたやりたいですか

やらなきゃよかったはなんなの?

910 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 09:34:54 ID:KuaakhgV
741 :名無シネマ@上映中 :2006/09/03(日) 21:22:18 ID:8tFnpMr4
まぁ別に書き込み自体が仕事じゃないよ。仕事しながら時々書き込めって言われてる
だけ

本当にいたんだ工作員。しかもゴロー持ち上げてもののけ姫最高と言い続けたのち
宮崎駿監督の「カリオストロの城」に対して

747 :名無シネマ@上映中 :2006/09/03(日) 21:44:04 ID:8tFnpMr4
>>746
気持ち悪いロリコンが作った映画って感じがする


911 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 09:36:12 ID:fHCNo3v2
別に受賞しようが第二作を作ろうがいいじゃない
ジブリは新しい世界に行ったんだよ。古い人間は去ればいい
どうなろうと知った事ではない。現に最近の作品でナウシカや
ラピュタにしくものは無かったんだろう?
私達の時代は終わったんだよ、あのゲドが受け入れられる世界など
到底理解も許容もできんわ

912 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 09:40:23 ID:R9BW69Dt
評判が悪いなら深く語らずに事実だけ伝えればいいのに、
マスコミはむしろ称賛の声を過剰に伝えて、いかにも評価が高いと思わせるのがなんともな。
ホラ吹いてまで守りたい自尊心か?



・・・・パプリカの事だけどたぶんゲドもこうなるということで。

913 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 09:44:10 ID:U+/RUYg3
>>911
ごめん、日本語少し変・・・

>ラピュタにしくものは無かった


      ???

でも、いずれにしてもそんなジブリに明るい未来はないよ。
この映画受け入れる人だけ相手にしていては、収支があわない

914 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 09:47:07 ID:6APulW8w
そっか、ゲドの反動でパプリカ見に行くぞ!!っと思ってたけど、
それもマスコミの嘘にのせられた事になるのか。
パプリカはやめとこ。
千年女優が面白くなかくてこの監督はダメだと思った、
自分の評価を信じることにしよう。

915 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 09:47:38 ID:U+/RUYg3
ゲド、いつまでやってるんだろう?

最後の混雑がある前に、もう一回見に行こうかな?
何もいいことがなかった夏の思い出として・・・

916 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 09:53:36 ID:fHCNo3v2
>>913
すまん、漢字が解らず平仮名で書いてしまった
「ナウシカやラピュタに若くものは無かった」と言いたかった

917 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 10:11:59 ID:jTjvl5vH
ゴローも言うことがコロコロ変わる奴だな
変なとこだけ親父に似たものだ

918 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 10:18:52 ID:UyjswM//
ゴローの絵の才能って、まぁイラスト程度ならそこそこあるのかも知れないけど…

もともとは、会議中の落書きが、とても上手だとスタッフの中で評判になった。
って、テレビのゲド特番で言ってたよね?


     会議に参加しろよ、ゴローw

919 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 10:27:42 ID:fHCNo3v2
>>918
元々56は漫画家になりたかった
だが子供の時から独善家な父に徹底的に自分の絵を否定されつづけた
母は父のようにはなるなと泣きながら56に言って、56は誰にも自分の夢を
言えなかった・・・らしーのである程度普通のアマチュア位には
描けるんじゃないの?

920 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 10:29:11 ID:fw+342OC
ズームインのかな?日テレの映像出たよ。
ttp://www.ntv.co.jp/news/66118.html

921 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 10:31:52 ID:9ZXhh/5S
>>919
要するに、誰にも見せずに好き勝手書いてただけなんだよな。同人以下。
どんな漫画描いてたのか見てみたい。
普通の出版社の編集部に持ち込みしたら「独り善がり」だとか言って
ボロカス叩かれそうだよな。

…それよりさ、ゴロウって要するにずっとオヤジの絵の物真似を描いてたんだよな?
絶対オヤジの漫画のエロパロも描いてると思うんだが。
同人誌出そうよ、ゴロちゃん。売れるよ。
「ハヤオの息子が描いたハヤオのエロパロ!」ってさ。

922 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 10:34:23 ID:h/alhjpA
>>918
落書きってそういう意味じゃないだろ。
絵描きのいる打ち合わせならその場で絵も描くから、そういうのを
謙遜して落書きと言ってんじゃないかな。建設関係ではマンガともいう。
実写で美術が参加する打ち合わせでは普通だよ。

923 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 10:35:51 ID:wuWLKbao
>>904
あまりの出来事に呆然
鈴木のベネチアでの笑顔が・・・このあと賞獲得を物語っている気がする

924 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 10:36:56 ID:6APulW8w
>>918
スタッフって、ジブリのスタッフだよね。絵描きのプロたち。
そのひとたちの評判をとったって、ゴローの落書きが?
ハヤオ二世だからって、えらそうにわしらの会議に顔出してるが、
話についてもこれず、落書きなんかしておるわ。
おまけにこのド下手な絵。
血はつながってるか知らんが(顔からするとちょと疑問)
才能はかけらもうけついどらんわいな。あーはははははは。
って笑えるから、ふだんはハヤオに鬱屈している連中の笑いのネタとして
評判になったんとちがうか?
グインのgoodを「傑作」だと曲解したのと同じやりかたで、
スタッフの嘲笑を「賞賛」ということにしたんやろ。

925 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 10:40:04 ID:ikEtJ7jb
>>17を読んでから余り56を否定する気にはなれなくなったな
ゲドは徹底的に否定するけど


926 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 10:40:44 ID:h/alhjpA
>>924
絵の描けない人なのかな?
そんなに悪意に満ちた解釈しなくてもいいのに…

927 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 10:49:01 ID:iJEzr2Lq
>>926
絵がかけないのはゴロー

928 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 10:50:37 ID:v4vcye/q
>>922>>924
凄まじい迄の妄想乙。
作品に関する批判的見解ならいくらでも言っていいと思うが、
上記のような発言はみっともないのでやめろ。

929 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 10:50:38 ID:tV9nH712
ロマンアルバムによるとゴローは絵がかける。
原画にはできなくても、イメージボードや絵コンテなら及第点だと思うが。
でも脚本をかく才能はないけど。

930 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 10:53:23 ID:6APulW8w
>>928
えらそうに何様だよ。
ズスキのクロを白と言いくるめる嘘八百にうんざりしてるんだよ。
その例をまた見たので、叩いているんだ。

931 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 10:53:31 ID:ikEtJ7jb
56の人生もムチャクチャだよな、家業とは縁切って大人しくサラリーマンでも
やってりゃ良かったのに

いきなり担ぎ上げられて家庭崩壊、訳も分からんまま言いように使われて
七光りと言われまくって作品の出来の悪さに批判の矢面に立たされる

ジブリはこれからどこに行くんだろうか

932 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 10:56:13 ID:YTDG6uz0
>>922
いやいや、本当に落書き。
特番で「そのときのゴローの絵」というのを一瞬写してきたが
だたの落書きだった。
ホワイトボードを背に立っている鈴木だったと思う

933 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 10:57:20 ID:wuWLKbao
吾朗はアクションシーンの絵コンテは書けない。

934 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:00:05 ID:YTDG6uz0
>>920
ゴロー若干やつれた気がする。
さすがに一応こたえてるのか?

935 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:00:34 ID:S5oQ++3C
賞とったら見に行こ
ベネチアが認めるんだから間違いない

936 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:01:28 ID:6APulW8w
>>926
お前は絵がかけるの知らないが、
推理力、想像力がなさすぎ。
ゴローの漫画をジブリスタッフが賞賛するなんて、ありえる話か?
おまえ、はいはいそうですかと真に受けてたわけ?
ゲドを見る前だったら、スズキの話も素直に聞けたかもしれないが、
映画を見た後では、それはありえん。
そんなに想像力がないなら、色塗りでも一生やってろ。

937 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:01:55 ID:YTDG6uz0
>>925
美術館の館長やってるくらいなら、これほど叩かれなかったと思うよ。
ハヤオの息子で苦労したのは事実かもしれないが、
身の程をわきまえるのも、大切だと思う。

938 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:02:42 ID:h/alhjpA
>>932
ありゃ、そうなんだ。それは本当に落書きだな。

939 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:08:36 ID:h/alhjpA
>才能はかけらもうけついどらんわいな。あーはははははは。
>って笑えるから、ふだんはハヤオに鬱屈している連中の笑いのネタとして
>評判になったんとちがうか?
これが推理力と想像力なの?
おれも鈴木Pにはいい加減うんざりしてるけど
吾朗をそんな風に叩いても何もならんと思うがな。

940 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:11:23 ID:h/alhjpA
>>936
色塗りも楽しいよねえ。
結構想像力使うよあれも。

941 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:12:08 ID:fHCNo3v2
>>937
断れるだけの我の強さがあったらもっとマシな映画になってただろうよw

942 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:16:53 ID:bZOb9pnQ
もう少し○○だったら・・・という意見は滅茶苦茶多いな

要するにゴローは全てが、少しずつ足りない奴だったんだろうな。

943 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:20:06 ID:BTHiJD+L
ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060904i503.htm
ベネチア国際映画祭で「ゲド戦記」上映

イタリア北部で開催中の第63回ベネチア国際映画祭で3日夕、スタジオジブリ制作、
宮崎吾朗監督のアニメーション映画「ゲド戦記」が、特別招待作品として上映された。

会場は1000人を超える観客で満員で、上映終了後は5分以上のスタンディングオベーションが続いた。


吾朗監督は記者会見で「アニメの仕事は大きな魔力があることが理解できた。もう一度作ってみたい」と、次回作を撮る決意を初めて明らかにした。


同国際映画祭では、吾朗監督の父、宮崎駿監督が昨年、栄誉金獅子賞を獲得している。

(2006年9月4日10時36分 読売新聞)

  ( ゜д゜)     アニメの仕事は大きな魔力があることが理解できた。もう一度作ってみたい・・・・・  
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_ 
  \/    /
     ̄ ̄ ̄
 
  ( ゜д゜ )     
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_ 
  \/    /
     ̄ ̄ ̄




944 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:21:27 ID:QzQAIheK
       ,.ィZ三三ニミヽ、
      _〈〈〈 ┴┴\\ミミヽ
     イ/       ``` \
   //// :            トk
   l | |:{  :            キ|l
   | | |/   :___,,.  、,__ V|
   〈| |:|  ;≦=ニ´   >─ミ; Yヽ
  l⌒川=y'´_,xュ-ヽ= { ,r牙≧}| }
  V リ  ヽ´ー彡 /  ヽ ̄ ノ〃/
   ヽ, 〉    'ー ん、 _入 ̄  |/
    ヽゝ 、 __/、、.≧≦、、_ヽ__.l
   ,.イハ  { { t彡┬〒Tiオ }/ <このゲド戦記をもって、ジブリは良い作品を
  /   ト、,ト、 `トミエエ彡´ / \      作るスタジオから社員の生活の為に作品を作るスタジオに
./      | |\;';';';';'TrrrrT;';';'     変わりました。今後とも宜しくお願い申し上げます☆
       l \ `ミ从从从シ´.| |
      ト、 \  ̄ ̄  ∧|
          ∧  彡 / /

945 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:23:35 ID:h/alhjpA
>>942
吾朗に色々足りないのは誰だってわかってるんだよな。
つーか素人なんだから無理だろって最初からみんな思ってた。
それを鈴木Pが出来るだの描けるだの言って監督やらせてこのザマだろ。
いったん鈴木Pを信じて…まではいかないだろうけど、まあそれなりに
なってるのを期待したんだろ?
で、裏切られたからってそこで吾朗の才能のなさを責めるだけかよ。


946 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 11:24:35 ID:wuWLKbao
>>943
なんで、このニュースは日テレと報知新聞と読売しかでないの???
おかしくないか???

947 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:25:03 ID:4E5Oy0kS
>>935
これが賞をとったらベネチアの価値を疑う

948 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:25:56 ID:fHCNo3v2
>>942
少しずつ足りないっつーか才能も経験も人格も無いただの一般人

949 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:26:06 ID:iJEzr2Lq
>>947
ハウルですら賞とってんだぞ?
ベネチアなんて何の価値も無い

950 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:26:31 ID:fw+342OC
>943
『5分以上のスタンディングオベーション』は映画祭記事の
テンプレなのかね?同じ記者がパプリカでも同じこと書いた。
ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060903i512.htm

でもゲドに対して「ブラボー」と歓声が出たとは書いてない。

951 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:27:24 ID:bZOb9pnQ
そのAAやめろ、生理的に受け付けないw

952 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:28:25 ID:fHCNo3v2
席を立って会場から出るのに5分掛かった→5分のスタンディングオベーション

953 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:29:10 ID:VzxGSzwg
5分の拍手はお約束だよ どの作品でもやってくれるよ
だが賞を獲ると、それだけで日本では評価されるという流れだな

954 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:29:12 ID:tqliOJVH
>>943
いいなあ。父親なんかベネチア行くまでに何十年も作品作り続けたのに、
半年だもんな。
しかも好評なのか。素直に羨ましいなあ。


955 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 11:29:38 ID:wuWLKbao
>>950
ズームインでゲド戦記『5分以上のスタンディングオベーション』と言ってたよ。
もしこれがパプリカの事だったら、日テレ信用できん。

956 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:30:49 ID:bZOb9pnQ
>>945
いや・・・ゴローには呆れているだけ

鈴木は徹底的に糾弾したいが、それを鈴木に進言できる人がいないらしい
現状を激しく憂いている

>>948
開口一番、やらなきゃよかった。とかいうやつは一般人以下だろ

957 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:33:16 ID:9ZXhh/5S
A Father-Son Clash in Japanese Animation
ttp://www.latimes.com/entertainment/news/cl-et-miyazaki4sep04,1,7202448.story?coll=la-headlines-entnews&track=crosspromo

オヤジとのことばっか書いてあるようだが…
ゆっくり読んでみるか

958 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:35:13 ID:kOzCJpXs
>>957
あははははは
タイトルがいい!

俺も読んでこよう

959 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:35:14 ID:4E5Oy0kS
>>949
個人的にハウルは映像が綺麗で良かったと思ってる
花火のような作品だと

960 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:36:42 ID:fHCNo3v2
>>956
あのやらなきゃよかったは衝撃だよなw
こっちゃそのやらなきゃ良かった代物に2000円近く出してんだっつーの

961 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:38:22 ID:fw+342OC
読売系列がこぞって取材したのは昨日の公式上映で、今日の
午後1時45分(現地時間)から別の映画館で上映するときは、
ブーイング炸裂したりしてw
ttp://www.labiennale.org/en/cinema/festival/calendar/en/17487.1.html

962 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:47:58 ID:qSLQFiw+
5分間のオベーションて
GJ!位のもんじゃない?
海外の映画祭にとっては

963 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:51:50 ID:9ZXhh/5S
>>957のゴロちゃん語り部分適当翻訳
 「いえ、ボクは父を殺したいと思ったことはないです。
 そんな感情を持つほどの深い関係は父との間にはありませんでしたから。」
 と父の建てたスタジオジブリの建物の中で若き宮崎は語ったのであった。
 「父を殺したいという感情はボクの経験じゃない、
 アレンは現代の日本の若者を表現したんですよ。両親を殺したい、というね」
 「設定はヨーロッパですけど、キャラクターは日本の若い世代なんです。」
 と、ゴロちゃんは説明する。
 彼は日本社会を、物質的には豊かだが、子供たちは目的もなく
 敷かれたレールの上を辿って生きていると記述している。
 彼自身が若い頃にそうやって生きていたように。
 「昔の子供は両親から金も目もそんなにかけてもらってなかったんですが、
 それ故に精神的に強い子供に育っていたのです」

向こうの記者はどうも一つ一つの文章が皮肉っぽいんだが
別に批判しているわけでもないようだし、ようわからんのだ

964 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:52:48 ID:fHCNo3v2
>>962
GJ?あの映画のどこが?

965 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:55:18 ID:e9OAf1ZZ
>>908

誰もがわかっていたこととはいえ、一応は日本を代表する(?)
エンタメ雑誌にこれだけはっきりと活字で掲載されると、
ゲドの駄作ぶりにも説得力が増すな

966 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:56:55 ID:0D+kWswi
>アレンは現代の日本の若者を表現したんですよ。両親を殺したい、というね



ちょwwwww簡便してくれ
日本の若者もイメージがwww

967 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:57:55 ID:VD1PdE1U
きたーー

968 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:58:05 ID:qSLQFiw+
父を殺したい云々は
日本の記事でも読んだな・・・
タイトルから想像するに俺はよくわかんねぇけど、日本での評価は最悪なのよw
ってことでは?

969 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 11:59:07 ID:fw+342OC
『海外映画祭でスタンディングオベーションは社交辞令』っても、
カンヌでダ・ヴィンチ・コード上映したときは拍手なしだと話題に
なったよな。あと、カンヌに出た日本映画に対しては、全体的には
評価が低かったという記事を関して読んだことがある。

ベネチアは単なる宣伝ショーでしかないんだろ。

970 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:00:48 ID:8OE78oBr
>>966
不安でしかたないから立派な父親刺し殺す
なんて理不尽な奴は流石にニュースでも聞かんわな

971 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:02:33 ID:1n0CRHdY
現代の若者を表現したいのは結構だが、
それなら「ゲド戦記」を素材にせず
完全オリジナル作品でやって欲しい。

テルーをヒロインに担ぎ上げた挙句に
ファイヤーで現代の若者の苦悩を解消なんて
馬鹿馬鹿しい作品に使われていい迷惑。

972 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:03:36 ID:9ZXhh/5S
>>966
スマン、翻訳は適当だから原文読んでくれ。
正反対ということはないとは思うけど、正直英語は得意じゃないので…
詳しい方、正しい翻訳頼むわー

ちなみに>>957の後半にはちゃんと原作者からの批評の話も載ってるな。
皮肉っぽい論調に読めるが、どうなんだろうか。
「オヤジの功績のおかげでこの夏のカーズやブレイブストーリー吹っ飛ばして1位になったよ」
みたいなことも書いてあるしなあ。
それとも向こうじゃこれくらいのトーンは普通なのか。

973 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:03:47 ID:qSLQFiw+
あ、いやGJって内容の評価じゃなくて
とりあえず一本の映画を作って、映画祭に招待されたことについて
「ご苦労様でした」
みたいな感じでどの映画にもやるんじゃない?って意味

乙 のほうが適当だったかも

974 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:04:28 ID:fHCNo3v2
>>970
理由も無く親殺して「共感すんだろ?」はねえよなwww

975 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:07:43 ID:xzabvn2Q
「少年」で親を殺した人のほとんどは、「被害者」って感じだけどね。

つーか、アレンが父王への感情を語る部分は肉声に近そうなのだけど、
「親殺し」導入はどうも映画の宣伝くさい。
「りっぱな父」への超えられない壁感なら、きちんとそこを描ききればよかったのに。

976 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:07:43 ID:0D+kWswi
OW! japanese Boys are crasy!!


977 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:09:37 ID:VYw8GLpZ
アースシー世界はヨーロッパなのかよ。こりゃ本気で
ルグインさん怒るぞ。文化人類学者の娘で、西洋中心主義に
批判的な立場なのを全くわかってないんだな。


978 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:12:24 ID:9ZXhh/5S
>>977
> "The setting is Europe, but the characters are a portrait of the young generation of Japanese," Miyazaki explains.

て書いてあるんだけど、ヨーロッパ風とかじゃなくて
「設定はヨーロッパです」とズバリ読んじゃっていいんすかね?
ゴロちゃんが日本語でどう説明したのかはわからんけど。

979 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:14:21 ID:ikEtJ7jb
>>977
だって56って別にゲド好きな訳でも無いんだろ?
アイツ原作読んだって言ってたっけ?

980 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:14:28 ID:tqliOJVH
>>977
「(気候が)ヨーロッパ」なのかも。うは自分ゴローのフォロー乙www


981 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:17:06 ID:34XSZGRQ
もうゴローの次回作は筒井ブームに乗ってパチンコ必勝原理を映画化すればいいよ

982 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:17:39 ID:xzabvn2Q
>>979

大昔に読んだらしいよ。

「親を殺したい子ども」が多いというなら、
それ以上に「子殺し」とか、ヘンテコな大人には目を向けないのか?

何言ってもしょうがないよね。
与えられたものを素直にこなす「職人監督」?らしいから。

983 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:18:00 ID:sAIvaUpK
たぶんそうだろうなとは思ってたけど、本当に原作読んでなかったんだな

984 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:21:43 ID:ikEtJ7jb
おおむかし

985 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:21:45 ID:qSLQFiw+
ゴローに原作ゲドは難しかったんだろう

ハリボタぐらいがちょうどよかったのでは?

986 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:23:46 ID:0D+kWswi
親殺しも子殺しも、別に増えてるわけではないんだけどね・・・


987 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:26:29 ID:tqliOJVH
原作をよんだ経験がなくても、イマジネーション(インスピレーションだっけ?)があれば平気ですから^^

by鱸


988 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:28:08 ID:3PQyK6b+
Critics here have debated just how entertaining "Earthsea" is. Some reviewers
have called it "immature," and many have complained about what
the Japanese see as excessive dialogue for an animated movie.

 ちゃんと悪評は伝わっているようだ。

 「ゲド戦記」がエンターテイメントかどうかには議論百出だね。レビュアーには“未完成”って言う人もいるし、映画の台詞大杉って文句も多いよ」って感じ。



989 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:33:19 ID:ikEtJ7jb
>>987
      !!                   /" ̄ ̄"''ヽ
ヾ、        〃        _. -ァi        |
                  _ ‐-′, /¨ヽ {0}   |
    し 頭        /  / i_,.ノ      .|
    そ が        j  // | |リ`‐-    _,,,,.|
    う フ        /   { ノノ_  ,r>、,r'''"   |
=  だ. ッ  =    {  ノノヘ'´:::/´_..、--―┴ヘ        !
    よ ト          ) r'〃 ̄ ̄ ̄    __.-<\} 
    お l        / j/{:.|l  _....--―T ̄ .._   |           
     っ       (( r' ハ:.ゞ_、´ソ:!   |     `T "j   
     っ          ))  r、:.:.:.:.:.:.:.:j   |/   ノ !  /   
〃        ヾ、   ((  {三:::::.:.:.:.イ    j     ! /
     !!       ヾ、_.ノ´:.:.:::::::/    /     ! /     
              r':.:..:.:.:.:.:.;r' `ニ´ /     '/_.     
            /ゝ、_/!{   ∠     { \ `ヽ
             ! : : : /  ヾ /  \ヽ二二ン ト、 /"        
             ! : r'´   /      ヾ\  \ \         
            r┤  _イ    _.\    |. \   ヽ \
            ヘ_ゝ∠:_ノー<´:::::::::\  |:.  \   !   ヽ      
                 l::::::::::::::::::::::::ノ`7|    \ !  ハ
                 l::::::::::::::::::;:イ、_/:::|       〉|!    |  
                    l:::::::::::::::f|≡!|::::::|    / !|    j
                      l::::::::::::ノj≡{|:::::::|   /   | |   /
                   l::::::::::{´  ソ::::::::|  {   l ! /


990 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:33:40 ID:/zkGpocg
ゴローは原作者のコメントに対して喧嘩上等って思ってるんだよ

・原作のストーリーのままじゃ退屈なんだよボケ
・肌の色がどうとか言ってるが、しょせん西洋人の目から見た相対化でしかないんだよカス


991 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:38:01 ID:0D+kWswi
まぁ、この映画が高評価なら
あっちの知的レベルもたいしたことないなとw
スタンディングオペレーション?
あほですかww

992 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:44:42 ID:9ZXhh/5S
Emerging from dad’s shadow
ttp://www.star-ecentral.com/news/story.asp?file=/2006/8/20/movies/15060082&sec=movies
> “This may be my first film and maybe the last,” he says.

「これが僕の最初の映画で、多分最後になるかも」と言ったようだが。
原作者に"good film"て言われた時と同じで
映画祭で拍手もらってまたいい気分になって
「アニメの仕事は大きな魔力があることが理解できました。もう一度作りたいと思います」
と言っちゃったってことなのかな?

993 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 12:46:49 ID:wuWLKbao
>>992
それBINGO
監督日誌に有頂天でベネチアの事、書きそう

994 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:50:26 ID:xsM0MMD5
ゲド戦記を見たと思ったら夢だった

995 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:53:22 ID:VLOsgKRr
>>957といい、>>922といい、向こうさんはタイトルがストレートでいいわね。

ゴローは外国に行ったことあるだろうに、(監督日誌『明日の判決』参照)

何を見てきたんだろう?日本の常識だけで行動できるただの観光ツアーだったんかな?

ところで公式BBSのこれ皮肉投稿だよね?

アレン超大好きさん 10歳〜19歳 投稿日:2006/09/04 08:47:26
宮崎吾朗さんへ ベネチエ国際映画公開おめでとうございます。
朝知りました。間違っていたら、教えてくださいね!!海外でもすごい迫力ですね!!
私ゎ、うれしいです。アレンが、人狩りに連れて行かれる所が、大好きと言っちゃなんですが、
今も心に、残っています。 次の作品よろしくお願いします。 来年、TVで、やることが決まったら、
そくびでおに、録画です  



996 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:53:23 ID:ikEtJ7jb
スタンディングオペレーション の検索結果のうち 日本語のページ 約 669 件中 1 - 10 件目 (0.10 秒)



997 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 12:56:25 ID:6APulW8w
【第63回ヴェネチア国際映画祭】筒井康隆原作のアニメ『パプリカ』が5分間のスタンディングオベーション!

「ゲド戦記」。会場は1000人を超える観客で満員で、上映終了後は5分以上のスタンディングオベーションが続いた。

ハプリカ五分<ゲド五分以上

998 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 13:03:26 ID:6APulW8w
日本のマスコミも北朝鮮なみか

999 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 13:06:15 ID:iSbsU+Cm
1000ならジブリ倒産

1000 :名無シネマ@上映中 :2006/09/04(月) 13:07:01 ID:wuWLKbao
>>998
ていうか、報道してるの読売グループだけ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

295 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)